介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (621件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
ただし、高額療養費制度などの各制度を利用することで費用を抑えることが可能となる場合もあります。 訪問診療を開始するためには、担当医による判断が必要となります。訪問診療を希望される方は、1度担当のケアマネージャーやかかりつけ医、訪問診療を行っている医療機関 ...
高額療養費に関して、前回の所得区分の見直しに関しては、70歳未満が対象でした(平成27年1月から)。平成29年8月からは、70歳以上75歳未満の方の上限額が変更される予定です。健康保険は、後期高齢者医療の被保険者になった日に、被保険者資格を喪失します(健保 ...
70歳以上の高額療養費制度が改正(2017年) - BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月27日(土)
所得の多い人は負担増、少ない人は負担が軽減病気やケガで入院や手術をした際に、医療費の負担を軽減できるのは「高額療養費制度」があるためです。公的医療保険 ...
ただ、高額療養費制度の自己負担額も「高所得の人は低所得の人よりも多く負担する」ようになっており、同じような治療を受けても、収入が多いと、自己負担する額も増えてしまう。 この制度を活用できたとしても、毎月数万円の治療費がかかると、その負担は決して軽いものでは ...
病気やケガで入院や手術をした際に、医療費の負担を軽減できるのは「高額療養費制度」があるためです。公的医療保険制度の代表 ... 2017年8月より、70歳以上の人の高額療養費制度が改定、さらに1年後の2018年8月に続けて改定されます。 医療費の負担を考える際の ...
高齢化に伴いニーズが高まるとして保険会社はこの20~30年ほど、激しく開発を競い、商品性は絶えず変化してきました。最新の ... さらに公的医療保険には、1カ月間の自己負担額に上限を設ける高額療養費制度があり、過剰に医療費負担を心配しなくて済みます。 その一方 ...
高齢化に伴いニーズが高まるとして保険会社はこの20~30年ほど、激しく開発を競い、商品性は絶えず変化してきました。最新の ... さらに公的医療保険には、1カ月間の自己負担額に上限を設ける高額療養費制度があり、過剰に医療費負担を心配しなくて済みます。 その一方 ...
高齢化に伴いニーズが高まるとして保険会社はこの20~30年ほど、激しく開発を競い、商品性は絶えず変化してきました。最新の ... さらに公的医療保険には、1カ月間の自己負担額に上限を設ける高額療養費制度があり、過剰に医療費負担を心配しなくて済みます。 その一方 ...
老後にかかる医療費はいくら? - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月09日(火)
それでは、老後の医療費にはどのように備えればいいのでしょうか。年齢を増すごとに医療費は増えていきますが、高額療養費制度によって、さほど自己負担が掛かりません。ただし、70歳以上の高額療養費制度の上限額が引き上げられていることからも、今後ますます高齢化が ...
高齢化とともにどんどん増えていく国の医療費。70才未満であれば国民の治療費負担は3割で、残りは健康保険から支払われる。とはいえ、多額の医療費が必要な場合に利用するべきなのが、「高額療養費」だ。『読むだけで200万円節約できる!医療費と医療保険&介護保険の ...
医療費保険には加入していません。公的医療保険制度が最強だからです。 日本は国民皆保険で、高額療養費制度(高額の医療費がかかっても、自己負担には上限があるという制度)がありますから、どんな難病を患っても、自己負担額はそれほど大きくありません。それを知った ...
超高齢化社会を迎え、今や医療費が国家予算90兆円の半分に迫る勢いだ。1人当たりの医療費は年額32万7000円(75才未満が平均22万円、75才以上が94万8000円)と、こちらも過去最高。家計を逼迫させる ... そんな場合、絶対に利用するべきなのが、「高額療養費」である。
病院に行っても自己負担額は原則3割で済みますし、高額療養費制度もあります。 一方、アメリカでは自由診療が基本 ... 公的年金制度も、老齢・遺族・障害保険(OASDI)がありますが、日本と同様、高齢化によって深刻な財政問題を抱えています。 したがって、おそらく「社会保障 ...
【8月】医療・介護の制度見直しが相次ぐ。特に高齢者向けが目立つ。例えば70歳以上の高額療養費制度。医療費の自己負担が上限額を超えた分を払い戻すが、上限額が一部で引き上げになる。 雇用保険では基本手当日額などが毎年8月に変更される。年金制度では老齢年金 ...
「介護破産」寸前! 支援してくれる制度は? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月09日(日)
介護費と医療費の双方が高額になった場合は、医療費と介護費の自己負担額を合算して払い戻してくれる「高額医療・高額介護合算療養費制度」を利用することもできます。「高額療養費制度」の支給が月単位 ... 東京都高齢者福祉施設協議会会長。大正大学非常勤講師。
税・社会保険、変更点を月別に点検 女性就労など支援 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月08日(土)
【8月】医療・介護の制度見直しが相次ぐ。特に高齢者向けが目立つ。例えば70歳以上の高額療養費制度。医療費の自己負担が上限額を超えた分を払い戻すが、上限額が一部で引き上げになる。 雇用保険では基本手当日額などが毎年8月に変更される。年金制度では老齢年金 ...
「人生100年時代」リタイア後35年間“お金で困らない”戦術 - ホウドウキョク (媒体での記事掲載終了) 2017年04月05日(水)
厚生労働省は2016年、100歳以上の高齢者が全国に6万5692人いることを発表した。 65歳に定年を迎えて100歳まで ... それに、もし病気になったとしても『高額療養費制度』があるため、月に一定以上の医療費がかかった場合は国が負担してくれます。自分で引き出したい時に ...
平成28年度地方財政審議会(1月20日)議事要旨 - 総務省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年03月27日(月)
平成29年度予算案において、介護納付金の総報酬割導入や高額療養費の見直し、後期高齢者医療の保険料軽減特例の見直し等が行われているが、一つ一つの施策だけでなく、全体として、負担能力に応じた負担など、どのような方向性で見直しを行うかについて、より国民に ...
「2人に1人はガンになる」のウソ・ホント - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月18日(土)
ガン治療においては先進的治療が多くあり、保険適用でない場合には高額療養費の適用はなく、治療費が高額になるからだ。また、入院中の食事代、差額ベッド代、自由診療費なども高額療養費の対象にはならないので、入院は個室がいいという人はその費用は自分で払わ ...
しかし、保険料はうまくできていて、高齢になるほど保険料は高くなる。 高齢になってから ... また、入院中の食事代、差額ベッド代、自由診療費なども高額療養費の対象にはならないので、入院は個室がいいという人はその費用は自分で払わなければならない。 その点、ガン保険 ...
鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説! - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月15日(水)
治療内容や収入、年齢によって治療費は異なりますが、平均的な年収の70歳未満サラリーマンの手術費用としては腹腔鏡80,000円、切開法60,000円程度です。 ただし、所得の多い方や健康保険に付帯する高額療養費制度を利用しなかったり、入院で手術を受けたりするかたは ...
鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説! - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月15日(水)
治療内容や収入、年齢によって治療費は異なりますが、平均的な年収の70歳未満サラリーマンの手術費用としては腹腔鏡80,000円、切開法60,000円程度です。 ただし、所得の多い方や健康保険に付帯する高額療養費制度を利用しなかったり、入院で手術を受けたりするかたは ...
その背景には、「高額療養費制度や傷病手当金など公的医療保険が手厚いので、あえて入る必要はない」という最近の論調があるようだ。私の基本的な考え方 ... 掛け金は安いが、高齢になれば複数の病気を抱えている人も少なくなく、私は大きな問題と考えている。だから、医療 ...
人生100年、医療保険はどんなものに入れば安心か - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月11日(土)
その背景には、「高額療養費制度や傷病手当金など公的医療保険が手厚いので、あえて入る必要はない」という最近の論調があるようだ。私の基本的な考え方 ... 掛け金は安いが、高齢になれば複数の病気を抱えている人も少なくなく、私は大きな問題と考えている。だから、医療 ...
そのため、これまで優遇されてきた高齢者の医療費や介護費も見直されることになり、今年8月から70歳以上で、年金や給与などの所得が一定額以上ある人の自己負担は引き上げられる。 ひとつは、本コラムでもお伝えした健康保険の高額療養費の限度額だが、それに伴い ...
入院したり、高い治療や薬剤を使ったりで、3割の自己負担が高額なった場合は、高額療養費制度が適用され、1か月(暦の1日から末日まで)の自己負担限度額を超えた分は払わなくてすみます。限度額は所得と年齢で区分されており、69歳までは所得で5つに区分されています。所得が多くなるにしたがって、限 ...
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
難民化する老人たち――“悠々自適な老後”から程遠い、「年金」「時間」「仕事」が“ない”高齢者たちの現状 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - ライフハッカー[日本版] (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...