介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (844件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
70歳以上は損"高額療養費制度"の新基準 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月09日(日)
健康保険法施行令が改正されて、2018年8月から「高額療養費制度」の負担上限額が見直される。高額療養費制度とは、医療費が1カ月(1 ... つまり今後は70歳以上の高齢者も特別扱いされず、現役世代とほぼ同じ負担が求められる。 大病を患う老親がいる世帯は打撃を受け ...
健康保険法施行令が改正されて、2018年8月から「高額療養費制度」の負担上限額が見直される。高額療養費制度とは、医療費が1カ月(1 ... つまり今後は70歳以上の高齢者も特別扱いされず、現役世代とほぼ同じ負担が求められる。 大病を患う老親がいる世帯は打撃を受け ...
前回の「高額療養費見直しが総仕上げ、70歳以上の負担はこう変わった」では、70歳以上の高齢者のうち、所得の高い人たちの医療費の負担が引き上げられたことを紹介した。「現役並み」と呼ばれている年収370万円以上の高所得層は、健康保険の高額療養費の限度額が ...
高額療養費の支給を受けるにあたって、いくつかの注意点があります。まず、支給を受けるには申請が必要です。何もしなければお金は戻ってきません。加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など) ...
高額療養費の支給を受けるにあたって、いくつかの注意点があります。まず、支給を受けるには申請が必要です。何もしなければお金は戻ってきません。加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など) ...
限度額適用認定証での負担軽減も 「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」 本人が支払う医療費には上限が定められている 病気やケガで長期にわたり入院することになったり、 ...
医療費を合算できる制度も. 介護費だけでなく医療費の支払いもかさんだときは、合算できる制度を使うこともできます。介護保険と医療保険の負担合計額が基準を超えたときに超過分を払い戻す仕組みです。高額介護サービス費や医療保険の高額療養費を利用できる場合は、それぞれの制度の利用後の自己負担額 ...
だが、ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏は、75歳以上の後期高齢者の医療保険加入に否定的だ。 「高齢者向けの ... たとえ高額な治療が必要になっても高額療養費制度が使えますし、今は入院日数がどんどん短くなっていて、75歳以上のがん患者で平均30日未満です。
しかし、しぼみゆく経済の中で高齢社会を迎えた日本の医療において、この議論は欠かすことができません。 まずは、こんなたとえ話から始めま ... そこで高額療養費制度という制度を使えば、あなたが支払うお金は1ヶ月に9万円で済む。これから生きられるだろう期間の2年だ ...
要介護状態となった高齢者が介護保険サービスを利用する際の自己負担が8月から最大3割に引き上げられた。 .... さらに、医療保険の高額療養費に相当する「高額介護サービス費」で毎月の負担も実質的に抑えられるため、どれだけの影響が出るのか読めない面がある。
果たして、10秒で答えられるでしょうか? 第57問高齢者の高額療養費の見直しに伴い、それぞれの所得区分に応じて、レセプトの「特記事項」欄に記載しなければならない略号、略称について、表の空欄(1)(2)に当てはまる略号、略称を選択肢のなかから選んでください。
高額療養費制度によると、70歳以上の1人当たりの外来の自己負担限度額は、年間14万4,000円(収入区分「一般」)です。75歳以上の後期高齢者医療制度の場合は、世田谷区では同じく年間14万4,000円(収入区分「一般」)、手術および世帯全体では5万7,600円/月で多数回 ...
8月から70歳以上の高齢者の「高額療養費」の限度額が再び変更され、2017年8月から段階的に見直されてきた制度改正の総仕上げが行われた。 一部に、「目を離したすきに、高齢者負担は増やされる」「高齢者の医療費、大幅引き上げ」といった報道も目にするが、実際は ...
日本人の2人に1人がかかる」などといわれるが、それはあくまで高齢者を含めての数字である。 たしかに、男女とも60 ... また、治療費が高額になった場合でも、高額療養費制度があるので、所得の区分に応じて、一定の自己負担限度額に抑えられるのだ。たとえば年収が370万 ...
今年(2018年)8月から、70歳以上の高齢者における高額療養費の見直しに伴って、診療報酬請求書等の記載要領も見直すこととする―。 厚生労働省は8月17日に、事務連絡「『診療報酬請求書等の記載要領等について』等の一部改正について(再周知)」を発出し、改めての ...
社会保障適正化には「資産」要件の加味が必要だ - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了) 2018年08月12日(日)
社会保障制度の持続可能性を中長期的に高めるとともに、世代間・世代内での負担の公平を図り、負担能力に応じた負担を求める観点から、医療保険における高額療養費制度や後期高齢者の窓口負担の在り方について検討する・・・あわせて、医療保険、介護保険ともに、マイ ...
高齢者医療費の自己負担引き上げは是か非か~「骨太方針2018」を通じて背景と論点を考える~ - 株式会社ニッセイ基礎研究所 (媒体での記事掲載終了) 2018年08月08日(水)
さらに、「医療サービスを多く使う75歳以上高齢者の自己負担を減らす」という制度設計が可能かもしれない。具体的には、一定額以上の医療費を還付する高額療養費と絡めることで、健康上の理由で医療サービスを多く使う高齢者については、自己負担が一定額以上に達した ...
【実録】ガンになったらどれだけお金がかかる?森山さんの場合 - SmartFLASH (媒体での記事掲載終了) 2018年08月06日(月)
病院からの帰りの電車で、斜め前に座っていた高齢の男性を見て『この人より先に死ぬんだ』って思ったことを、今でも覚えています」. 2010年9月、38歳で肺 ... 僕は最初の入院から、国の高額療養費制度を利用しているので、月の支払いはずっと、4万4400円。また、仕事が専門 ...
"医療費"が負担増になる高齢者の所得条件 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月05日(日)
そのうち65歳以上の高齢者は3515万人で、高齢化率は過去最高の27.7%を記録した。急速に進む高齢化社会に対応するため、ここ数年、矢継ぎ早に打ち出されているのが医療・介護分野の制度改革だ。そのひとつが70歳以上の人の「高額療養費」で、17年8月~18年8月 ...
"医療費"が負担増になる高齢者の所得条件 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月05日(日)
そのうち65歳以上の高齢者は3515万人で、高齢化率は過去最高の27.7%を記録した。急速に進む高齢化社会に対応するため、ここ数年、矢継ぎ早に打ち出されているのが医療・介護分野の制度改革だ。そのひとつが70歳以上の人の「高額療養費」で、17年8月〜18年8月 ...
医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費はかさむ。現役世代との負担をなるべく公平化するため、70歳以上の高所得者の負担をさらに増やすしくみに変わった。 すぐ計算できず. 「ここまで複雑な計算式に ...
医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費はかさむ。現役世代との負担をなるべく公平化するため、70歳以上の高所得者の負担をさらに増やすしくみに変わった。 「ここまで複雑な計算式になると、上限額がすぐに ...
8月からの社会保障サービスの制度改正により、現役並みの収入を得ている高齢者の負担額が一部で引き上げられる。高齢化により社会保障費は膨張の一途をたどっており、政府は引き続き抑制策を検討する考え。高齢者にも所得に応じた負担を求める傾向は、今後も強まり ...
... 方も多いのではないかと思います。しかし、しぼみゆく経済の中で高齢社会を迎えた日本の医療において、この「費用対効果」の議論は欠かすことができません。 まずは、こんな例え話から始めましょう。 ... 値引きは、「高額療養費制度」という制度に基づいて行われています。支払うのは「保険者」です。この ...
70歳以上高齢者の高額療養費制度の上限額が2018年8月から引き上げられる。2017年8月から2年連続での引き上げとなるが、昨年と大きく異なるのは、現役並み所得者の適用区分が細分化される点。制度改正を前に、改めて整理してみることにする。 70歳以上高齢者の高額 ...
陽子線治療は本年度から新たに前立腺、頭頸部の一部、手術困難な骨軟部のがんに公的保険が適用されるようになった。前立腺がん患者の利用が最も多く、公的保険適用後は約2・5倍になっているという。月ごとの医療費に上限を設ける「高額療養費制度」を活用すれば、患者 ...
いよいよ医療・介護サービスの受益者負担が目に見えて増えてきました。8月からは、高所得の高齢者は、医療費の「高額療養費」の負担が増えるほか、介護サービスも3割負担にアップします。詳しく見ておきましょう。
めざせ300万円!独身男性30歳が貯蓄を増やすには? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年06月24日(日)
... な制度が2つあることをご存じでしょうか。1つめが「高額療養費制度」。一般的な収入の方なら、健康保険適用範囲であれば、病院への支払額がたとえ100万円でも、出費が約9万円に抑えられます(ただし差額ベッド代や食事代など、健康保険適用外の費用は支払いが必要)。
6月15日 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年06月14日(木)
ところが健康保険証を持っていたので、高額療養費制度も使って、8万円ほどの自己負担ですんだ。ほんのわずかな保険料で、国保に加入する方法はいくつもある ... ただでさえ超高齢社会で医療費がかさむ一方である。担い手となる働き盛りの人口は減っていく。「国民皆保険の ...
ところが健康保険証を持っていたので、高額療養費制度も使って、8万円ほどの自己負担ですんだ。ほんのわずかな保険料で、国保に加入する方法はいくつもある ... ただでさえ超高齢社会で医療費がかさむ一方である。担い手となる働き盛りの人口は減っていく。「国民皆保険の ...