介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (795件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
本来なら100万~200万円の治療費がかかりますが、健康保険証を持っていたので、高額療養費制度を使って自己負担は8万円ほど。 日常会話もできない ... とくに75歳以上の後期高齢者の医療費は全体の35%を占め、その額はおよそ15兆円にのぼる。「団塊の世代」が75歳 ...
さらに、月々にかかる医療費の自己負担額に上限を設ける「高額療養費制度」も団塊世代の高齢化に合わせ、自己負担額が引き上げられた。 「日本が世界に誇る良心的な制度でしたが、2017年8月に自己負担の上限が引き上げられました。(人口が多い)団塊世代が70歳になる ...
週刊現代が巻頭で報じている「日本の医療費が中国人に食い物にされている」は必読である。日本語がまったく話せない70代の中国人 ... だが、高額療養費制度を使えば、実質的な患者の負担は月5万円、年間60万円程度で済むのである。 ビザを取る方法はほかにもある。日本で ... この地域は、1962年頃 ...
経団連、75歳以上の窓口負担「原則2割に」と提言 - 財経新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月17日(木)
特に今年度中に結論を得るべき事項では後期高齢者の窓口負担に対し「75歳以上の自己負担割合を低所得者層に留意しつつ、原則2割とすべき(現役並み所得者は3割を維持)」また「高額療養費制度での外来時の特例的な月額負担の上限額(70歳以上のみを対象)について、 ...
すると、70歳までは実際に掛かった医療費の3割の負担で済む。子供や高齢者は2割以下のこともある。これを公的医療保険の「自己負担割合」という。 そして、自己負担の金額が高額になっても、一定額に達するとそれ以上は負担しなくて済む制度もある。「高額療養費」と ...
確定申告不要でも住民税の申告が必要な人は? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月03日(木)
所得が住民税の非課税限度額を下回る場合(すなわち住民税が非課税となる場合)、国や自治体で様々な恩恵を受けることが可能です。 ・国民健康保険料の減免を受けられる(所得によって5~7割減) ・高額療養費の自己負担額が少ない その他、自治体によっては以下のような優遇措置を受けられます。 ・ひとり ...
高齢になってからも月額3000円程度で入院日額1万円の保障を受けられるというのは、非常に魅力的であろう。 また終身医療 ... しかし、数十年という保険期間中には、医療制度が大きく変化したり、高額療養費制度が変わったり、といったことが起こる可能性もある。また近年は ...
30代から知っておきたい、わかりずらい「生命保険」の見直し方は? - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月30日(月)
ただし、医療費については「高額療養費」「傷病手当金」などの国の保障制度や、「傷病見舞金」などの企業の制度があることと、入院日数の減少化傾向などの医療事情の変化により、たとえば30日間の入院でも、自己負担額(治療費、食事代、差額ベッド代など)は20万円程度で収まることが多いようです。この程 ...
ただし、医療費については「高額療養費」「傷病手当金」などの国の保障制度や、「傷病見舞金」などの企業の制度があることと、入院日数の減少化傾向などの医療事情の変化により、たとえば30日間の入院でも、自己負担額(治療費、食事代、差額ベッド代など)は20万円程度で収まることが多いようです。この程 ...
高齢のご両親の面倒を見ている場合など以外は、「死亡保険」は必要ないといえるでしょう。 次に、結婚して子供がまだという時期は、共働きなら不要、専業主婦(主夫)の場合 ... ただし、医療費については「高額療養費」「傷病手当金」などの国の保障制度や、「傷病見舞金」などの企業の制度があることと、入 ...
【主張】患者負担3割超え 保険の意義を守れるのか - iza(イザ!) (媒体での記事掲載終了) 2018年04月29日(日)
健康保険組合は高齢者医療への拠出金が年々重くなり、2割強が解散してもおかしくない状況に追い込まれている。これに対し、多額の資産を保有する ... 自己負担は高額療養費制度で上限が定められているが、上限に達しないケースのほうが多い。患者の負担増が過度の受診 ...
患者負担3割超え 保険の意義を守れるのか - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月29日(日)
健康保険組合は高齢者医療への拠出金が年々重くなり、2割強が解散してもおかしくない状況に追い込まれている。これに対し、多額の資産を保有する ... 自己負担は高額療養費制度で上限が定められているが、上限に達しないケースのほうが多い。患者の負担増が過度の受診 ...
高齢化で医療費が増加しており、それに伴って保険金の支払いが増えるリスクがあるからだ。 保険会社は、リスクに見合った保険料をもらうために値上げしたいのが ... 例えば、高額療養費制度。公的な健康保険に加入していれば誰でも利用できるもので、高額な医療費によって家計の負担が重くならないようにして ...
高齢化で医療費が増加しており、それに伴って保険金の支払いが増えるリスクがあるからだ。 保険会社は、リスクに見合った保険料をもらうために値上げしたいのが本音だが、医療 ... 知っておきたい高額療養費制度. まず、死亡保障の保険でも医療保険でも何か一つでも生命保険を契約しているのであれば保 ...
一方、このままお母様が相談者さんの扶養になった場合はどうかというと、後期高齢者医療制度と健康保険は制度が違うため、医療費が高額になった場合に適用される高額療養費世帯合算はできなくなくなってしまいますが、所得税、住民税の節税のメリットは享受し続けることが ...
また、高齢患者で身体にかかる負荷の面から外科手術が困難な場合に、放射線治療や抗がん剤治療が行われることもあります。更に、外科手術や ... この場合、先進医療分の治療費は全額患者負担で、健康保険の高額療養費制度も適用されません。このため、治療費の面で、 ...
だがこれは高齢者を含めた数字で、現役世代の罹患率は決して高くない。例えば40歳の男性が10年以内にがんにかかる確率は2%にすぎない。 ... さらに治療費がかさむ場合には、高額療養費制度が使えます。例えば、70歳未満で月収28万~50万円の人の場合、1カ月の自己 ...
"2人に1人はがんになる"にダマされるな - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月10日(火)
日本には公的医療保険があり、会社勤めの人は勤務先を通じた健康保険に、自営業者なら国民健康保険に入っています。この制度のおかげで、病院窓口での支払いは基本的に3割負担で済みます。さらに治療費がかさむ場合には、高額療養費制度が使えます。例えば、70歳未満で月収28万~50万円の人 ...
「相談サポート通信 相談者実態調査」悲しんでばかりはいられない…煩雑な相続手続きとタイトなスケジュールに困惑する人が8割 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月05日(木)
様々な請求手続き高額療養費(2年以内) 生命保険金(2年以内) 死亡退職金(会社員の場合). 遺族基礎年金、遺族厚生年金の請求(5年以内) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 相続の手続きは、このように期限があるものが多く、様々な煩雑な書類手続きが必要です。相続発生時は、気持ちも沈みがちなうえ、何度 ...
その後、国民健康保険は3割に軽減されましたが、医療費が高額になった場合の負担が大きかったため、1973年に高額療養費制度が創設されました。あわせて1973年には、高齢者に対して老人医療費支給制度が創設されるなど、以後、高齢者と現役世代それぞれに対して自己負担が設定されるようになりました ...
... 考えだったが、システム改修費がかさむことが判明。また医療費の自己負担額に上限を設ける「高額療養費制度」に世帯合算の仕組みがあるため、現行の世帯ごとの番号も引き続き必要となった。 このため同省は、現在の番号の末尾に2桁付け足して個人識別する意向。改修コストを抑え、世帯と個人の両方 ...
医療費が高額になってしまったらどうすればいいの?:基礎研レター - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2018年03月20日(火)
貸付金の水準は、概ね、高額療養費制度で支給される金額の8割程度ですが、加入する公的医療保険によって異なります。 (2) 現物給付の場合. 一方、現物給付を受ける場合は、保険証以外に、市町村民税が非課税の低所得者は「健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を、70歳未満は「限度額適 ...
医療費を支払ったときに受けることができる所得控除が「医療費控除」だ。本人以外の一滴順を満たした配偶者や親族のために支払った医療費も控除の対象となる。 実際に所得控除される金額の計算をするためには、まず生命保険で受け取る入院給付金や健康保険で受け取る高額療養費などの補てん金額の合 ...
大きすぎる保障は再検討を!荻原博子勧める「保険見直し」術 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年03月02日(金)
しかし、国の高額療養費制度も、老齢になるほど負担が減る設計になっています。高額療養費制度は、年齢や収入などによって、月々の医療費の負担上限が決められており、それを超えて支払った医療費は、申請すれば払い戻しが受けられます。負担上限は、70歳未満の一般的な収入の方なら、月約9万円です ...
大きすぎる保障は再検討を!荻原博子勧める「保険見直し」術 - 女性自身 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月02日(金)
しかし、国の高額療養費制度も、老齢になるほど負担が減る設計になっています。高額療養費制度は、年齢や収入などによって、月々の医療費の負担上限が決められており、それを超えて支払った医療費は、申請すれば払い戻しが受けられます。負担上限は、70歳未満の一般的な収入の方なら、月約9万円です ...
そして直近入院時の自己負担費用や逸失収入については、73.8%もの人が生命保険を充当手段としている (『平成28年度 生活保障に関する調査』より)。 日本には高額療養費制度が存在するものの、食事費や差額ベッド代、交通費(見舞いにくる家族の交通費も含む)など、治療費の他に数万円単位の自己負 ...
さらに、住民税非課税世帯でなくなると、国民健康保険の減額が適用されず、自治体によっては、医療費の優遇などが受けられなくなる場合がある。 昨年8月からは高齢者の「高額療養費」も引き上げられた。カットと負担増を強いられる年金生活者はハシゴを外された気分に違いない。 「年金者向けの控除廃止もそうで ...
佐川宣寿国税庁長官の罷免求めるデモ「第2弾」が3月3日開催へ 参加者はさらに増加も - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月27日(火)
さらに、住民税非課税世帯でなくなると、国民健康保険の減額が適用されず、自治体によっては、医療費の優遇などが受けられなくなる場合がある。 昨年8月からは高齢者の「高額療養費」も引き上げられた。カットと負担増を強いられる年金生活者はハシゴを外された気分に違いない。 「年金者向けの控除廃止もそうで ...
年金生活者ターゲット 相次ぐ課税強化に「一揆」第2幕へ - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月27日(火)
さらに、住民税非課税世帯でなくなると、国民健康保険の減額が適用されず、自治体によっては、医療費の優遇などが受けられなくなる場合がある。 昨年8月からは高齢者の「高額療養費」も引き上げられた。カットと負担増を強いられる年金生活者はハシゴを外された気分に違いない。 「年金者向けの控除廃止もそうで ...
また(4)の「高齢者医療制度」については、持続可能な仕組みとするために、▽後期高齢者支援金に対する全面総報酬割の導入(段階的に進行中)▽70歳以上の高額療養費の上限額等の段階的な見直し▽75歳以上の後期高齢者の窓口負担(原則1割、現役並み所得者は3割)見直し―などを打ち出してい ...