介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (888件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
時効は2年!高額療養費の世帯合算を絶対に忘れないほうが良い理由(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2021年02月18日(木)
時効は2年!高額療養費の世帯合算を絶対に忘れないほうが良い理由 - ニュース・コラム - Y!ファイナンス - Yahoo!ファイナンス (媒体での記事掲載終了) 2021年02月18日(木)
卑屈な奈良県民bot @nntnarabot 新成人の諸君へ伝えたい、学校では教えてくれないのに知らなかったら人生詰むこと1 ・リボ払いは絶対にするな ・ネット上の儲け話は100%詐欺 ・税金はクソ高いが払わないと悲惨な目に遭う ・逆に国から貰える手当等は基本的に申請しないと貰えない ・失業保険、高額療養費制度、医療費控...
高額療養費制度、月の負担の上限は?申請方法は? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了) 2021年01月06日(水)
75歳以上医療費2割負担で確認しておきたい高額療養費制度(女性自身) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2021年01月01日(金)
知らないと損する医療費制度 高額療養費制度や付加給付で負担減(マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2020年12月28日(月)
知らないと損する医療費制度 高額療養費制度や付加給付で負担減 - auone.jp (媒体での記事掲載終了) 2020年12月28日(月)
申請忘れると1円ももらえない「高額療養費制度」申請書の書き方 - auone.jp (媒体での記事掲載終了) 2020年07月14日(火)
病院通いの人が使える制度8種 高額療養費制度や入院時生活療養費等 - マネーポストWEB (媒体での記事掲載終了) 2020年04月19日(日)
月をまたいで入院すると損するかも!?高額療養費制度の落とし穴(女性自身) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2020年02月28日(金)
高額療養費」の要注意ポイント3つ 保険適用外の治療、差額ベッド代、自己負担額も要確認(マネーの達人) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2020年02月08日(土)

高齢者の医療保険はどこまで必要か 医療保険は「転ばぬ先の杖」と評される。だが無駄な医療保険こそが、「負け組高齢者」を生む一面もある。「高額療養費制度がある ...

月またぎの入院は損!高額療養費制度「自己負担が増える」落とし穴| A子さんとB子さんは、この10年、悩んできた膝の痛みをとるために、同じ病院で膝の人工関節手術を ...

【女性自身】最近相次いで、超高額な新薬が保険診療に組み込まれている。高額な治療も、保険が利けば1~3割負担になる。しかも「高額療養費制度」が利用でき、負担は ...

高額療養費制度」は、病気やケガで医療費の支払いが膨らんだときに負担を抑える公的な仕組みだ。内容を知っていれば、万一の際も安心して診察や治療を受けることが ...

高額療養費制度を利用すれば、多額の医療費の自己負担額が低く抑えられる。一方で先に提示額をクレジットカードで払い、ポイントを大量獲得する人も。支払い後に高額 ...

【女性自身】「重篤ながんになったとしても“医療費が払えなくて苦労した”という声はあまり聞きません。日本には『高額療養費制度』という、収入に応じて上限を設けて医療費 ...

これまで医療費については、一定額を超える分は戻ってくる「高額療養費制度」があるから安心だとされてきた。しかし、国民の負担を軽くするはずのこの制度に、大きな変更 ...

病気のリスクが高い高齢者世帯にとって頼みの綱が「高額療養費制度」だ。万が一、手術や入院で100万円単位の医療費がかかっても、支払いが一定額を超えた分は還付される。 年金生活を送る多くの夫婦が当てはまる「世帯全員住民税非課税」(70歳以上)の場合、1か月の ...
病気やケガのとき"役所からもらえるお金" - livedoor (媒体での記事掲載終了) 2018年11月22日(木)
たとえば、医療費が高額になったら健康保険の「高額療養費」、障害が残ったら年金保険の「障害年金」がもらえるほか、雇用保険や福祉サービスにも病気やケガによる経済的負担を軽くできる制度があります。 とはいえ、これらは病気になればいつでも自由に使えるわけではなく、 ...
病気やケガのとき"役所からもらえるお金" - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年11月22日(木)
たとえば、医療費が高額になったら健康保険の「高額療養費」、障害が残ったら年金保険の「障害年金」がもらえるほか、雇用保険や福祉サービスにも病気やケガによる経済的負担を軽くできる制度があります。 とはいえ、これらは病気になればいつでも自由に使えるわけではなく、 ...
病院への付き添い、家の様子を見に来てもらうなど、高齢になると人の手が思いの外、必要。頼れる人がいなければ、有料でサービスを受けることになります」. 老後は健康・医療面の心配が大きくなりがちだが、「現状では高額療養費制度もあるのでさほど心配しなくてもOK。