介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (649件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
節約を心がけている出費は「電気料金」が59.7%、「食費」が43.3% - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月18日(金)
できるだけクレジットカードで払ってポイントをためる(がん治療のため、毎月高額療養費の対象となる医療費を払っているが、限度額適用認定証は使わない)。携帯をスマホに変えたいが、安い料金プランが続々と出てまだまだ流動的なので、もう少しグッとがまんする、などなど。
高額療養費制度」を利用すると、1ヵ月に一定金額(※所得などによって変わりますが、一般的には8万円強)を超える医療費を負担した場合に、超過した分を払い戻してもらうことができます。仮に1ヵ月で20 ... ここからは、介護など、高齢者と関係する補助金について紹介します。
高齢者の医療・介護費が上がったの? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月16日(水)
A 変わったのは、自己負担分の月々の合計が上限額を超(こ)えた場合、超えた分が返ってくる「高額療養費」と「高額介護サービス費」の仕組みなんだ。比較的(ひかくてき)所得がある人は、この上限額が上がったよ。 ホ 上限はいくらじゃ? A 医療なら70歳(さい)以上が対象で、 ...
高齢社会突入!民間の介護保険は加入したほうがよい? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月12日(土)
健康保険の高額療養費制度と同じく負担額の上限があることは、介護への備えとして心強いものです。しかし、対象にならない費用があることは頭に入れておく必要があります。住民税課税世帯で年45万円程度の上限額は、将来改正によって負担増(引き下げ)となる可能性もある ...
介護保険で密かに進む「改悪」の実態、負担ほぼ倍増も - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月07日(月)
また、高額介護サービス費は、公的医療保険の高額療養費に連動する形で引き上げられており、そちらも今月、自己負担の上限額が4万4400円から5万7600円に上げられた。つまり近い将来、高額 ... 高齢者の介護保険料は公的年金からの天引きが原則。しかし、年間受給額 ...
今年8月から70歳以上の高齢者において高額療養費の基準額(暦月の自己負担上限額)が一部引き上げられ、あわせて多数回該当の仕組みが導入される。これに伴い、医療機関では難病法による特定医療などにおいて自院における高額療養費の支給が直近12か月で4月目 ...
また、高額介護サービス費は、公的医療保険の高額療養費に連動する形で引き上げられており、そちらも今月、自己負担の上限額が4万4400円から5万7600円に上げられた。つまり近い将来、高額 ... 高齢者の介護保険料は公的年金からの天引きが原則。しかし、年間受給額 ...
高額療養費制度とは、月に一定以上の医療費がかかった場合、限度額を超えた分は無料もしくは1%の負担だけにするという制度です。 たとえば,一般的な ... 高齢者は別にして、若いうちに長期入院したり、何度も手術を受けたような人は、どれほどいるでしょうか? 中にはいるで ...
きょうから一部で変更 社会保障の仕組みどう変わる - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年08月01日(火)
1日から社会保障の仕組みが一部、変更され、一定の所得がある高齢者について、医療費の自己負担の上限額が引き上げられるなどします。社会保障の仕組み ... 今回見直される「高額療養費制度」は、医療費の自己負担に上限額を設けて、過度な負担を防ぐための制度です。
「医療・介護」自己負担上限引き上げ - fnn-news.com (媒体での記事掲載終了) 2017年08月01日(火)
1日から、社会保障の仕組みが変わり、一定の所得がある高齢者は、医療や介護サービスの自己負担額の上限が引き上げられる。 医療では、1カ月の医療費が上限を超えた場合に、払い戻しを行う「高額療養費制度」で、70歳以上を対象に上限額が引き上げられる。 外来診療 ...
社会保障の仕組み きょうから一部変更 負担増の高齢者も - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年07月31日(月)
医療分野では、毎月の医療費の自己負担に上限を設ける「高額療養費制度」が1日から見直され、支払い能力のある高齢者の負担が増えます。 具体的には、70歳以上の人のうち、年収が370万円未満で住民税が課税される人については、外来での毎月の自己負担上限額 ...
私は今年の日本医師会代議員会で、高額薬剤の薬剤費を抑制するため、バイオ医薬品の後発医薬品であるバイオシミラーの使用を、公費医療や高額療養費制度の対象となる場合には義務付けることを提案しています。高額療養費制度をめぐっては、いろいろな議論があると思いますが、所得に ... さらに都道府県 ...
国民年金保険料も対象に!?社会保険料“値上げ”のこれから - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月28日(金)
この8月から、高額療養費制度も変更されます。患者が支払う医療費には、負担が重くなりすぎないように限度額 ... 「'00年4月に始まった介護保険制度ですが、想定より早く高齢化が進み、後期高齢者が爆発的に増えました。医療が発達して寿命が延びた半面、認知症患者など ...
介護保険料1300万人上げ 8月から、高中所得者の負担増 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月25日(火)
8月から社会保障制度の仕組みが変わり、一部個人の負担が増える。介護は収入が多い大企業社員ら1300万人の保険料が上がる見込み。医療では月々の窓口負担に上限を設ける高額療養費制度で70歳以上の負担上限を引き上げる。年金では受給資格者を増やす手立てを ...
おもな収入が公的年金だけの高齢者は、現役世代より相対的に所得は低い。医療費が家計の過度な負担にならないように、窓口での自己負担割合も、1カ月の医療費の自己負担額に上限を設けた高額療養費も、70歳になると軽減される。まず、70歳になると、自己負担割合は3 ...
高齢者が最良の治療を安価で受ける方法 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月23日(日)
おもな収入が公的年金だけの高齢者は、現役世代より相対的に所得は低い。医療費が家計の過度な負担にならないように、窓口での自己負担割合も、1カ月の医療費の自己負担額に上限を設けた高額療養費も、70歳になると軽減される。まず、70歳になると、自己負担割合は3 ...
高齢者が最良の治療を安価で受ける方法 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月23日(日)
おもな収入が公的年金だけの高齢者は、現役世代より相対的に所得は低い。医療費が家計の過度な負担にならないように、窓口での自己負担割合も、1カ月の医療費の自己負担額に上限を設けた高額療養費も、70歳になると軽減される。まず、70歳になると、自己負担割合は3 ...
18年度予算案 社会保障費の切り込みカギ - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年07月20日(木)
18年度予算の概算要求では、高齢化に伴う社会保障費の自然増が6300億円となる見込み。政府が財政 ... 医療費の患者負担が重くなりすぎないように上限を設けた「高額療養費制度」で、70歳以上を対象に上限額を引き上げるなどして財源を手当てする見通しだ。 社会保障 ...
30年度予算、社会保障費の切り込みがカギ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月20日(木)
30年度予算の概算要求では、高齢化に伴う社会保障費の自然増が6300億円となる見込み。政府が財政 ... 医療費の患者負担が重くなりすぎないように上限を設けた「高額療養費制度」で、70歳以上を対象に上限額を引き上げるなどして財源を手当てする見通しだ。 社会保障 ...
30年度予算、社会保障費の切り込みがカギ - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年07月20日(木)
30年度予算の概算要求では、高齢化に伴う社会保障費の自然増が6300億円となる見込み。政府が財政 ... 医療費の患者負担が重くなりすぎないように上限を設けた「高額療養費制度」で、70歳以上を対象に上限額を引き上げるなどして財源を手当てする見通しだ。 社会保障 ...
高額療養費制度」知って 月額医療費、一定額超えると還付 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月19日(水)
仮に医療費が総額百万円(自己負担は三割の三十万円)かかったとすると、限度額は八万百円に超過分の1%を足した八万七千四百三十円となり、高額療養費として二十一万二千五百七十円が戻る計算=表上。 ... 余力のある高齢者に負担を求める流れの一つ」と清水さん。
高額療養費制度」知って 月額医療費、一定額超えると還付 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月19日(水)
仮に医療費が総額百万円(自己負担は三割の三十万円)かかったとすると、限度額は八万百円に超過分の1%を足した八万七千四百三十円となり、高額療養費として二十一万二千五百七十円が戻る計算=表上。 ... 余力のある高齢者に負担を求める流れの一つ」と清水さん。
維持できない理由としては、高齢者の医療費増大、医療の高度化などが多く見られます。一方、維持できると ... 医療費が高額になった場合は、さらに補助される仕組み(高額療養費制度)がありますから、日本において重篤な病気で病院にかかれないということはまずありません。
... 国の財政全体(関連記事はこちらとこちら)、2025年に向けた急激な高齢化とそれに伴う医療費増)、今年度に行われる国民の負担増(高額療養費や高額介護サービス費の見直し、高額所得者に対する介護保険の自己負担3割導入)などを考慮すれば、財政当局などは「厳しい ...
維持できない理由としては、高齢者の医療費増大、医療の高度化などが多く見られます。一方、維持できると ... 医療費が高額になった場合は、さらに補助される仕組み(高額療養費制度)がありますから、日本において重篤な病気で病院にかかれないということはまずありません。
実際、東洋経済や週刊ダイヤモンドのように比較的掘り下げた記事を掲載する雑誌においては、日本の年金制度と支給額、医療制度と高額療養費などを分析して、「世界各国とも比較して、巷で言われるほどには日本の制度は悪くない。」ということを繰り返し強調している。
これは病気が多くなる高齢期の「後期高齢者医療」も原則、おなじ仕組みです。万一時の10万円に、貯金で備えるのと、月7千円とかで終身加入の医療保険で備えるのと、どっちが合理的か? I:高額療養費は、いったん払ってあとで還付が原則だけど、最近ははじめからその金額 ...
両社の今後の動きを見極めてから、比較検討して選択するのが得策でしょう。 保険も、特に高齢の人は大きな節約が可能です。高齢期になったら、死亡保障を小さくする一方で医療保障を充実させるという人が一般的だと思います。 しかし、高額療養費制度があるので、現実には ...
わが国は世界で類を見ないスピードで高齢化が進んでおり、2025年には高齢者が人口の約30%を占めるようになると言われています。その中で、従来の ... ただし、高額療養費制度などの各制度を利用することで費用を抑えることが可能となる場合もあります。 訪問診療を開始 ...
高額療養費に関して、前回の所得区分の見直しに関しては、70歳未満が対象でした(平成27年1月から)。平成29年8月からは、70歳以上75歳未満の方の上限額が変更される予定です。健康保険は、後期高齢者医療の被保険者になった日に、被保険者資格を喪失します(健保 ...