介護関連ニュース 検索結果

「高額療養費」に一致した記事 (604件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
「2人に1人はガンになる」のウソ・ホント - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月18日(土)
ガン治療においては先進的治療が多くあり、保険適用でない場合には高額療養費の適用はなく、治療費が高額になるからだ。また、入院中の食事代、差額ベッド代、自由診療費なども高額療養費の対象にはならないので、入院は個室がいいという人はその費用は自分で払わ ...
しかし、保険料はうまくできていて、高齢になるほど保険料は高くなる。 高齢になってから ... また、入院中の食事代、差額ベッド代、自由診療費なども高額療養費の対象にはならないので、入院は個室がいいという人はその費用は自分で払わなければならない。 その点、ガン保険 ...
鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説! - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月15日(水)
治療内容や収入、年齢によって治療費は異なりますが、平均的な年収の70歳未満サラリーマンの手術費用としては腹腔鏡80,000円、切開法60,000円程度です。 ただし、所得の多い方や健康保険に付帯する高額療養費制度を利用しなかったり、入院で手術を受けたりするかたは ...
鼠径ヘルニア(脱腸)とはいったいどんな病気?症状から手術内容まで医師が徹底解説! - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月15日(水)
治療内容や収入、年齢によって治療費は異なりますが、平均的な年収の70歳未満サラリーマンの手術費用としては腹腔鏡80,000円、切開法60,000円程度です。 ただし、所得の多い方や健康保険に付帯する高額療養費制度を利用しなかったり、入院で手術を受けたりするかたは ...
その背景には、「高額療養費制度や傷病手当金など公的医療保険が手厚いので、あえて入る必要はない」という最近の論調があるようだ。私の基本的な考え方 ... 掛け金は安いが、高齢になれば複数の病気を抱えている人も少なくなく、私は大きな問題と考えている。だから、医療 ...
人生100年、医療保険はどんなものに入れば安心か - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月11日(土)
その背景には、「高額療養費制度や傷病手当金など公的医療保険が手厚いので、あえて入る必要はない」という最近の論調があるようだ。私の基本的な考え方 ... 掛け金は安いが、高齢になれば複数の病気を抱えている人も少なくなく、私は大きな問題と考えている。だから、医療 ...
そのため、これまで優遇されてきた高齢者の医療費や介護費も見直されることになり、今年8月から70歳以上で、年金や給与などの所得が一定額以上ある人の自己負担は引き上げられる。 ひとつは、本コラムでもお伝えした健康保険の高額療養費の限度額だが、それに伴い ...
みんなの介護 高齢世代の負担の見直しも進められています。例えば、今年の8月から70歳以上の方の医療費が見直されました。 鴨下 高額療養費制度の改正ですね。多少の資産や、現役並みの収入があった人はそれなりの負担をしていただこうという流れが今回できつつある ...
入院したり、高い治療や薬剤を使ったりで、3割の自己負担が高額なった場合は、高額療養費制度が適用され、1か月(暦の1日から末日まで)の自己負担限度額を超えた分は払わなくてすみます。限度額は所得と年齢で区分されており、69歳までは所得で5つに区分されています。所得が多くなるにしたがって、限 ...
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
難民化する老人たち――“悠々自適な老後”から程遠い、「年金」「時間」「仕事」が“ない”高齢者たちの現状 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - ライフハッカー[日本版] (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...
厚生労働省は70~74歳の高齢者が医療費の月額上限を定めた高額療養費制度を利用する際の手続きを簡素化する。1度申請すれば、2回目以降は不要にする。これまでは毎月、申請する必要があった。2017年度から市町村の判断で実施できるようにする。手続きの手間を省 ...
厚生労働省の高齢者数の将来予測は、2025年は3657万人(同30.3%)で、2042年にピークの3878万人になります。その後、高齢者の数は減り、2055年には2025年とほぼ同数の3626万人となります。人数は同じ ... 次に、加齢とともに利用頻度も金額も高くなる公的健康保険は、高額療養費制度で1か月の医療費 ...
先日ので議論になった国民健康保険について、国の動向含めて整理しておきます。 ご承知の通り高齢化が進んでまして、医療費負担が増加、ひいては、健康保険の保険料の値上がりにつながっています。 大田区の国民健康保険の基準保険料は 118,411円(年額)になる方向 ...
急激な少子高齢化の影響が危惧される日本社会において、増え続ける国民医療費への対応は喫緊の課題と認識されている。国は制度を変更し、国民の負担 .... 国民皆保険制度に加え、高額療養費制度がある日本では、医療費の自己負担額は最高でも年間200万円程度です。
急激な少子高齢化の影響が危惧される日本社会において、増え続ける国民医療費への対応は喫緊の課題と認識されている。国は制度を変更し、国民の負担 .... 国民皆保険制度に加え、高額療養費制度がある日本では、医療費の自己負担額は最高でも年間200万円程度です。
一般の所得(年収156万~370万円)の人は、外来の自己負担限度額が2千円増の月1万4千円、入院が1万3200円増の5万7600円になる。また、外来には年間で14万4千円の上限を設けた。入院については、同一世帯で過去1年以内に3回以上の高額療養費の支給を受け ...
厚生労働省は2017年度から実施する、医療や介護の負担増について、その大枠を発表した。医療費の患者負担に上限を設ける「高額療養費制度」に対しては、一定の所得がある世帯の限度額を引き上げる。また、75歳以上が加入する、後期高齢者医療保険では保険料負担の「 ...
「オプジーボ」以外にもある!? 夢の新薬 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月16日(木)
実際には、高額療養費制度により患者本人の負担額はそれほど多くありませんが、その一方で、大部分は健康保険料によって公的に賄われることになるため、高齢化の進展などで逼迫している公的医療保険の財政をますます圧迫する要因になってしまうと危惧されました。
後期高齢者療養費、事務ミスで未支給 愛西市 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月16日(木)
愛知県愛西市は16日、後期高齢者医療保険の高額療養費の事務手続きに誤りがあり、2014年11月~16年11月に医療機関を受診した市民54人に計11万4826円が支給されていなかったと発表した。市は近く対象者に謝罪文などを郵送し、支給申請を案内する。 高額療養 ...
さらに、妻自身の老齢基礎年金が受け取れる65歳になるまで「中高齢寡婦加算」58万5100円(平成28年度)が毎年受け取れる。 子どもが社会人に ... 高額療養費制度」で、ひと月の自己負担限度額は9万円前後だ(標準報酬月額28万~50万円の場合)。入院しても、経済的には ...
75歳以上の後期高齢者医療制度の保険料アップ、70歳以上の高額療養費の負担上限引き上げ、療養病床に入院する65歳以上の光熱水費の負担増―。今年開始されようとしている医療分野での国民負担増の数々です。介護保険の分野では、一定の所得以上の人の利用料 ...
昨年(2016年)末に塩崎恭久厚生労働大臣と麻生太郎財務大臣との折衝によって決定された「高額療養費制度の見直し」により全体で約720億円(給付費ベース)、「医療療養病床における居住費負担の見直し」により全体で約50億円(同)の医療費適正化効果が見込まれる―。
医療保険部会が2016年後半に議論した医療保険制度改革は、(1)70歳以上の高額療養費制度の見直し:2017年8月施行、(2)後期高齢者の保険料軽減特例の見直し:2017年4月から、2018年4月、2019年4月にわけて段階的施行)、(3)入院時の光熱水費相当額に係る患者 ...
会社員の健康保険は5日以内、国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者は14日以内に保険証を返却し、資格喪失の手続きを取る。 ... 死亡前に病院などに入院すると、高額療養費の対象になり、1カ月に自己負担した医療費が一定額を超えると払い戻しを受けられる。
(1)の医療保険制度改革の内容は多岐にわたりますが、まず「70歳以上高齢者の高額療養費の見直し」が注目されます。鈴木保険局長は「低所得者に配慮した上で、『世代間、世代内の公平性』を確保するための見直しである」ことを指摘(関連記事はこちらとこちら)。
また、年に3回以上高額療養費の支給を受けている場合、4回目以降は自己負担限度額が低くなるという多数回該当などのオプションによって、治療が長引いた場合の負担軽減策もあるので、保険診療の範囲内であれば青天井で医療費がかかるという心配はありません。
... 自宅などで療養する在宅医療。ふくらみ続ける国民医療費を抑制するため、政府は入院患者の早期退院を促しており、高齢者を中心に今後ますます広がる見通しだ。 ... 医療費は、国の高額療養費制度によって自己負担の上限が定められている。上限額は年齢や収入によって ...