介護関連ニュース 検索結果

「通所介護」に一致した記事 (653件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。18年3月期のセグメント別 ...
厚生労働省は4日、今年度の介護報酬改定に関するQ&AのVol.5を公表した。介護保険最新情報で周知している。 今回の問いは、 ○ 通所介護や通所リハなどの栄養改善加算について ○ 介護療養病床の機能訓練室の兼用について ○ 施設・居住系の身体拘束廃止未実施 ...
介護サービスの保険指定申請の書類を2018年10月から簡素化―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了) 2018年07月03日(火)
(6)【訪問介護、夜間対応型訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、(介護予防)訪問看護、通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)短期入所生活介護、(介護予防)訪問リハビリ、(介護予防)通所リハビリ、(介護予防)居宅療養管理指導、(介護予防)福祉用具貸与、(介護予防)福祉用具販 ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。18年3月期のセグメント別 ...
ついでにペットの散歩も——介護保険外サービスでできること - 女性自身 (媒体での記事掲載終了) 2018年06月06日(水)
こういった個別のサービスの提供で、さらに利便性をよくしようという考え方です」(厚生労働省老健局). 通所介護で、すでに先行している例として“お泊まりデイサービス”がある。 「デイサービスまでは介護保険の範疇ですが、お泊まりになると、その分は自己負担になります。
ヘルスケアソリューション事業(短時間リハビリ型の通所介護サービス「レコードブック」を直営・FC展開するレコードブック事業、ケアマネージャー会員ネットワーク「ケアマネジメント・オンライン」で仕事と介護の両立などを支援するWebソリューション事業)、および訪問介護などの ...
業種:サービス業時価総額:610億円. PER:23.92倍. PBR:2.77倍 通所介護などの在宅介護が主力であり、神奈川県を地盤に全国展開している高齢者介護サービス大手。有料老人ホームや人材派遣にも展開している。 新店純増が32店と前期の30店を上回り攻勢が続いている ...
厚生労働省は29日、今年度の介護報酬改定に関するQ&AのVol.4を公表した。介護保険最新情報のVol.657で周知している。
【国頭】廃校となった国頭村立佐手小学校辺野喜分校を利活用し、介護サービスやんばる(山川勇代表取締役)が福祉施設「グループホーム国頭」と「トレーニングリハビリ国頭」を開所した。今年3月から「通所介護( ... [記事全文] ...
東北町の医療法人すみれ会は6月1日、同法人が運営する八戸市江陽5丁目のグループホーム舟見町で、市内で初となるグループホーム共用型の認知症対応型通所介護「共用型デイサービスすみれ」の運営を開始する。自 ... [記事全文] ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。18年3月期のセグメント別 ...
職員の付き添いサービスを使って外出している時間は、デイサービスの利用料は発生しない。それ以外の保険外サービスを使う場合にデイサービスの利用料をどうするかは今後検討する。 一方、訪問介護の際に利用者本人の食事とともに、保険外サービスとして同居する家族の ...
厚生労働省は介護保険と保険外のサービスと組み合わせて提供する「混合介護」を拡大する。通所介護(デイサービス)を使う高齢者の買い物を代わったり、外出に付き添ったりするサービスが可能になる。高齢者や家族の利便性が高まるほか、事業者は自助努力で収益を増やし ...
厚生労働省は介護保険と保険外のサービスと組み合わせて提供する「混合介護(総合・経済面きょうのことば)」を拡大する。通所介護(デイサービス)を使う高齢者の買い物を代わったり、外出に付き添ったりするサービスが可能になる。高齢者や家族の利便性が高まるほか、事業 ...
厚生労働省は介護保険と保険外のサービスと組み合わせて提供する「混合介護」を拡大する。通所介護(デイサービス)を使う高齢者の買い物を代わったり、外出に付き添ったりするサービスが可能になる。高齢者や家族の利便性が高まるほか、事業者は自助努力で収益を増やし ...
介護事業は、サービス付き高齢者向け住宅、通所介護(デイサービス)施設、認知症対応型グループホーム及び小規模多機能型居宅介護施設を主として保有・運営を行い、各施設の入居率の維持・向上を図るとともに、介護関連サービスの更なる充実に努めた。売上高は前年 ...
通所介護(デイサービス)施設を運営する愛媛県のJAうまは、介護職員の資格取得の支援などを通じて人材確保とサービス充実につなげている。職員のなり手を増やすことで、これまで休みだった土曜日も開所できる施設ができた。4月の介護報酬改定で報酬が下がる事業所が出る中でも、利用者の増加と収益の確保 ...
介護施設利用者「働き隊」 牧之原で発足 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月07日(月)
牧之原市勝田の通所介護施設「憩の家 みち」が、施設利用者が草取りや掃除などの依頼を有償で請け負う「働き隊」を発足した。勤労意欲が高く、働く能力もある利用者に活躍の場をと、施設の家長を務める石津道弘さん(46)が考案した。 石津さんは二〇〇七年に施設を開所。認知症の男性利用者が「何か仕事は ...
通所介護の送迎の効率化を支援するクラウドサービスをパナソニックが開発した。 その日の条件や利用者の情報などをもとに、人工知能(AI)が合理的な送迎計画を提案。車内のカーナビを通じて最適なルートを案内する。到着・出発時刻の記録もワンタッチで済む。事業所に戻れば、送迎実績の日報の原案が自動で作 ...
今回の介護報酬改定で通所介護に導入された「ADL維持等加算」。この新たなアウトカム評価をめぐり、厚生労働省は事務処理の手順などを詳しく解説する通知を発出した。来年度から取得したい事業所は、今年の12月15日までに指定権者に届け出る必要があるという。介護保険最新情報のVol.648で周知している ...
老人福祉事業者の2017年度(17年4月―18年3月)の倒産件数は90件となり、16年度(88件)に続き2年連続で過去最多を更新した。90件の業態内訳は、通所介護36件、訪問介護32件、有料老人ホーム10件、高齢者専用住宅8件、グループホーム3件、老人センター1件。
高齢者が日帰りで施設に通う通所介護(デイサービス)で、厚生労働省は全額自費の介護保険外サービスとして、利用者が滞在中に職員に買い物の代行や外出の付き添いなどをしてもらうことを認める方針を決めた。 介護保険適用のサービスと保険外サービスを組み合わせて使うことは「混合介護」と呼ばれ、一部制 ...
【買い】ケアサービス(2425)規模の大きい中国での介護事業展開。介護業界を対象にした人材紹介事業も興味深い。 - minkabu PRESS (媒体での記事掲載終了) 2018年04月22日(日)
デイサービス(通所介護)を主力に、訪問入浴や訪問介護、福祉用具貸与など展開。葬儀用湯灌や死化粧などのエンゼル事業も主力事業の一つ。1970年、寝たきり老人等のふとんの消毒乾燥を目的に創業、83年より介護サービスを開始。通所介護拠点は東京23区内のドミナント戦略が柱だが、2011年から西部地域 ...
伝道活動のため牧師である夫とともに82年に渡伯し、立上当初から会に携わってきた玉置会長は「かつて15人ほどいたボランティアも高齢化し、今では5人ほど。会は過渡期に差し掛かっている」と窮状を語る。 障害者向け支援には、バリアフリーの設備のほか、専門知識を持ったボランティアの確保が必要となるなど課 ...
通所介護におけるアウトカム評価【ADL維持等加算】の詳細を通知―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了) 2018年04月18日(水)
このため、従前より「要介護度改善に向けたインセンティブ」が検討され、2018年度の介護報酬では、通所介護・地域密着型通所介護において【ADL維持等加算】が新設されました。「要介護度の改善が見込まれる軽度者のみを選別する」(クリームスキミング)ことが生じないように配慮した上で、利用者のADL維持・改善 ...
介護報酬改定で導入された「BI」向けアプリ、Moff - ITpro (媒体での記事掲載終了) 2018年04月17日(火)
デジタルヘルスベンチャーのMoffは、2018年度介護報酬改定において導入された通所介護のアウトカム評価の指標「バーセルインデックス(BI:Barthel Index)」を、iPadから入力・記録できる専用アプリ「モフトレBI」の提供を開始した。同社が手掛ける高齢者の自立支援サービス「モフトレ」と連携したアプリであり、モフト ...
Moff 平成30年度の介護報酬改定に用いられるアウトカム評価指標 ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月17日(火)
[Moff]株式会社Moff(代表取締役社長:高萩昭範、以下「Moff」)は、平成30年度の報酬改定において導入された通所介護のアウトカム評価の指標「バーセルインデックス(BI:BarthelIndex)」を、iPadから手軽に入力・記録できる専用アプリ『モフトレBI』をリリースいたしました。『モフトレBI』は、IoTによる高齢者の自立 ...
従来の予防給付から「新しい総合事業」へ移っていく経過期間が終わるタイミングで、要支援者に対する訪問介護や通所介護から撤退する事業者がいる −− 。そう答えた市町村が全国676ヵ所にのぼるという調査の結果を、厚生労働省が新たに明らかにした。 事業者が撤退したことで、必要なサービスを提供していくた ...
ソラストは自律調整一巡して上値試す、18年3月期2桁営業増益予想で19年3月期も収益拡大基調 - 財経新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月16日(月)
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。17年3月期セグメント別売上構成比は医療関連受託事 ...
介護保険が適用されるサービスとされないサービスをニーズに応じて組み合わせる「混合介護」について、厚生労働省は13日、ルールの明確化に向けて策定・発出する予定の通知の概要を明らかにした。 通所介護の利用者に対して、外出の同行支援や買い物の代行、物販、レンタルサービスなどの保険外サービ ...