介護関連ニュース 検索結果

「通所介護」に一致した記事 (682件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
兵庫県香美町村岡区入江で、今年3月末に閉園した「どんぐり保育園」の園舎を活用した、新たな通所介護施設「デイサービスどんぐり」がこのほど開業した。公立八鹿病院(養父市八鹿町)に長年勤めてきた地元の准看護師、長瀬勝利さん(51)=香美町=が運営会社を設立。
大東建託の子会社であるケアパートナーが、通所介護を行なうデイサービスセンター11カ所でパナソニック カーエレクトロニクスが開発す送迎支援システム「DRIVEBOSS(ドライブボス)」を導入することを発表しました。 福祉従事者の人手不足、年々増え続ける要介護者と、数々 ...
福祉医療機構(WAM)は11月5日に、「2018年度介護報酬改定が、介護事業所や施設にどのような影響を及ぼしたのか」という点についてのアンケート結果も公表しています。(WAMのサイトはこちら(概要版)とこちら(詳細版))。診療報酬改定に関するWAMの調査と同様に、▽ ...
介護事業については、サービス付き高齢者向け住宅、通所介護(デイサービス)施設、認知症対応型グループホーム及び小規模多機能型居宅介護施設を主として保有・運営を行い、各施設の入居率の維持・向上を図るとともに、介護関連サービスの更なる充実に努めた。売上高は ...
政府は10月22日、未来投資会議を開催し、全世代型社会保障へ向けた改革として疾病・介護予防について議論。国民健康保険の「保険者努力支援制度」(保険者が医療費適正化を進める取り組みに対する支援)や、健康保険組合の後期高齢者支援金の加算・減算制度の見直し ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。18年3月期のセグメント別 ...
介護報酬改定で自立支援のインセンティブ強化 政府方針 通所介護など対象 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年10月22日(月)
このため、厚労省の老健局は審議会などで慎重に協議を進めていくとみられる。ただこれは政権の最重要課題の1つだ。「インセンティブ措置の強化」が次期改定の大きなテーマとなる流れが加速しており、事業者の評価のあり方や公平性などをめぐる議論が一段と熱を帯びそうだ ...
「混合介護」のルール緩和、通知を整理【道路運送法上の取り扱い】 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月22日(月)
厚生労働省はこのほど、介護保険と介護保険外のサービスを組み合わせて提供する場合の取り扱いについて、通知を出した※。今回、訪問介護と通所介護の「混合介護」が弾力化される中、介護事業所の送迎についても、国土交通省が新たな解釈を示した。 通常送迎の途中で ...
地域においては、老人保健施設、高齢者住宅の役割の重要性は増してきており、従来型の在宅サービスの訪問介護、 通所介護では、 ... ヘルパー向けスマホアプリの活用取り組みと、生活支援プラットフォームへの可能性について」 ... 有料老人ホームにおける入所に関する研究」
「混合介護」のルール緩和、通知を整理【通所介護】 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月19日(金)
今回、いわゆる「混合介護」について、訪問介護や通所介護の分野でルールが緩和された。 昨日の訪問介護に続き、今回は通所介護での「混合介護」のルール弾力化について取り上げたい。【大戸豊】. ※厚生労働省老健局「介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて ...
また、「高齢者の自立支援」を目的に、今年度、全国に活動を拡大している「地域密着プロジェクト~健康安全運転講座~」や、通所介護事業者向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」に関するイベントも開催。「モノづくり」だけでなく、「コトづくり」の観点から、「地域」「高齢者」を軸と ...
ダイハツ、介護施設の業務支援 最適な送迎計画を自動作成 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年10月03日(水)
ダイハツ工業は3日、通所介護(デイサービス)施設の利用客を送迎する業務を支援するシステムの販売を10日に始めると発表した。システムの提案を通じて顧客との接点を強化し、軽福祉車両の拡販にもつなげる。 発売するシステムは、ダイハツが独自開発した「らくぴた送迎」。
今回のシステムは“短時間”で“家の前まで送迎車が来てくれる”など「施設利用者にとって嬉しいコンパクトカーを活用した送迎の普及」に向け、介護施設職員の「送迎業務に関する悩み」を解消するシステムを目指して開発し、2017年11月より事業化に向けた実証実験を実施した ...
【参考2】ソラストが目指す地域トータルケア 当社では、市、区、町などの行政区やそれをさらに細分化した地域を「エリア」と定め、同一エリア内で訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム等をそれぞれ1つ以上配置することを目指しています。
通所介護の送迎、買い物支援を組み合わせる混合介護はどこまで可能? 国交省通知 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年10月01日(月)
国土交通省は9月28日、通所介護の送迎と買い物支援などの保険外サービスを組み合わせて提供する混合介護について、ルールを改めて整理する通知を発出した。 介護保険最新情報のVol.678にも掲載されている。 保険外サービスの利用者負担に運送の対価が含まれない ...
株式会社ソラスト、株式会社チャーム・ケア・コーポレーションの介護付有料老人ホーム2施設を譲受 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月01日(月)
約2万5千人の社員を擁するソラストは、全国の医療機関から医療事務を受託する「医療関連受託サービス」をはじめ、首都圏、関西圏、名古屋地区で訪問介護や通所介護などの在宅系サービスと有料老人ホームやグループホームなどの入居系サービスをトータルに提供する「 ...
運動型通所介護施設「プラチナジム」、武蔵浦和にオープン - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月28日(金)
高齢化社会に向けた認知症発症リスク低減プログラムを導入し、隣接するゆめの駅保育園の園児との定期的な交流も予定されています。 コトニアは、JR東日本グループが開発を進める、多世代交流をテーマにした子育て支援と高齢者福祉の複合施設です。2013年に第一号と ...
高齢化社会に向けた認知症発症リスク低減プログラムを導入し、隣接するゆめの駅保育園の園児との定期的な交流も予定されています。 コトニアは、JR東日本グループが開発を進める、多世代交流をテーマにした子育て支援と高齢者福祉の複合施設です。2013年に第一号と ...
小規模通所介護の事業所が減少 通常・大規模型は増加 改定が影響 2017年 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年09月26日(水)
厚生労働省が20日に結果を公表した2017年の介護サービス施設・事業所調査 − 。通所介護の事業所数が4万4089ヵ所にとどまり、前年(4万4101ヵ所)を初めて下回ったと報告されている。通常規模型と大規模型は559ヵ所増えているが、規模の小さな「地域密着型」が571ヵ所 ...
人生100年時代の前哨段階で施行された介護保険制度とは、ヘルパーの訪問による居宅介護や、日中6~8時間、専門の施設で過ごせる通所介護(デイサービス)、ひいては特別養護老人ホーム(特養)などの施設での介護を、1~2割(2018年8月からは1~3割)負担で受け ...
人生100年時代の前哨段階で施行された介護保険制度とは、ヘルパーの訪問による居宅介護や、日中6~8時間、専門の施設で過ごせる通所介護(デイサービス)、ひいては特別養護老人ホーム(特養)などの施設での介護を、1~2割(2018年8月からは1~3割)負担で受け ...
市中心部から離れた住宅街にある「さくらや」は、福祉施設も運営する同市の不動産業「ダイヤコーサン」が手掛けた。 築約150年の古民家は10年ほど空き家になっていた。広さは約100平方メートルで、デイサービス(通所介護)や宿泊利用に対応。施設内には氷を使った冷蔵庫 ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。18年3月期のセグメント別 ...
太平洋戦争で死んだはずの夫が帰国し、感動の再会を果たす-。京都府京丹波町富田の通所介護施設「くろまめさん」の職員が、施設利用者の戦争体験談をもとにした絵本「ユキさんの戦争のおはなし」を作った。無事の帰還を願う家族の思いや戦時中の暮らしが描かれている。
高齢化で介護サービス利用者の増加が見込まれる一方、事業所では介護ケアを担う職員の不足が深刻化している。人材の確保が介護保険事業の重要な課題になる中、諏訪広域連合は介護職場の ... 調査は、訪問介護や通所介護(デイサービス)、小規模多機能型居宅介護、居宅介護支援、介護老人福 ...
若年性認知症、有償の社会参加活動はOK? 厚労省が介護サービス事業所メニューで見解 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年07月31日(火)
厚生労働省は、認知症対応型通所介護などの介護サービス事業所が、若年性認知症の利用者に対して社会参加型のメニューを実施する場合の取り扱いに関する見解をまとめ、都道府県などに事務連絡した。有償ボランティアに参加する治療者について、「利用者と外部の企業等 ...
認知症デイサービスで仕事OK 厚労省、後押しへ通知 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月30日(月)
厚生労働省は30日までに、認知症の人向けの通所介護(デイサービス)事業所などに通う人が、利用時間内に地域で有償ボランティアに参加することが可能だとする通知を全国の自治体に出した。先進的に取り組む事業所では、若年性認知症の人らが「仕事」にやりがいを感じ ...
認知症デイサービスで仕事OK - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月30日(月)
厚生労働省は30日までに、認知症の人向けの通所介護(デイサービス)事業所などに通う人が、利用時間内に地域で有償ボランティアに参加することが可能だとする通知を全国の自治体に出した。先進的に取り組む事業所では、若年性認知症の人らが「仕事」にやりがいを感じ ...
労働の環境・時間が整備されれば、親の介護は会社を辞める理由になりません - 「賢人論。」第67回小室淑恵氏(中編) - BLOGOS (媒体での記事掲載終了) 2018年07月27日(金)
株式会社ワーク・ライフバランスの経営者として、またワーク・ライフバランス・コンサルタントとして活躍する小室淑恵氏は、2010年に親族の介護を経験したことから、介護ヘルパー2級の資格を取得。また、通所介護施設 ... 日本では年々高齢化が進行し、要介護と認定される人の絶対数も増加していますから、今後、介護離職 ...
「介護いりません」こそが介護保険だ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月24日(火)
大分市内で3つのデイサービスセンター(通所介護施設)などを経営するライフリーの佐藤孝臣社長は、異端の介護経営者と言っていいだろう。地元の要介護高齢者を介護保険の利用から「卒業」させることを、半ばなりわいにしているからだ。 □高齢者の権利意識強く.