介護関連ニュース 検索結果

「通所介護」に一致した記事 (584件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
次の介護報酬改定をテーマに会合を重ねてきた社会保障審議会・介護給付費分科会。13日にこれまでの議論を総括した審議報告をまとめた。何が盛り込まれているのか? 通所介護について改めてまとめた。 第156回社会保障審議会介護給付費分科会資料 今回も大幅な見直しとなったが、厚生労働省がこ ...
介護施設の物販 ネットで後押し フローウィング - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月12日(火)
デイサービス(通所介護)施設が卸値で仕入れた、おむつなど生活用品を施設利用者に販売し、新たな収入源にできるネット通販が動き出した。商品流通システム構築のフローウィング(兵庫県姫路市)が開発したシステムを活用。デイサービス利用者に施設内で注文・商品の受け取りを済ませてもらい、自宅への送 ...
デイサービス(通所介護)施設が卸値で仕入れた、おむつなど生活用品を施設利用者に販売し、新たな収入源にできるネット通販が動き出した。商品流通システム構築のフローウィング(兵庫県姫路市)が開発したシステムを活用。デイサービス利用者に施設内で注文・商品の受け取りを済ませてもらい、自宅への送 ...
自立支援の介護に報酬を上乗せ - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2017年12月06日(水)
厚生労働省は6日、来年4月の介護報酬改定の報告書案をまとめた。介護サービス事業所が医師やリハビリ職と連携して自立支援に取り組んだ際の報酬を手厚くするほか、通所介護(デイサービス)の評価に、心身機能改善の成果を反映させることが柱。高齢者の自立を促し、費用を抑制する狙い。 一方、大規模な通所 ...
帝国データバンク鳥取支店などによると、老人福祉事業の「リライフ」(鳥取市)が11月28日、鳥取地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債額は約10億円の見込み。 同社は2011年設立。通所介護事業から始まりサービス付き高齢者住宅を新築するなど、ピーク時の16年3月期には約1億6千万円の売上高があった ...
通所系サービスで利用者を栄養面から支える取り組みの推進を図る −− 。厚生労働省が29日に打ち出した方針だ。 既存の「栄養改善加算」の要件を緩和し、外部の管理栄養士と連携する形でも取得できるようにする。大小のデイサービス、デイケア、認知症対応デイが対象だ。 加えて、介護職員がBMI(体格指数)や体 ...
利用者のADLを維持・改善している通所介護事業所を、新たな加算で高く評価する。また、介護保険施設での褥瘡発生のリスク管理や、排泄に係る機能向上を目指す取り組みを新たに評価する―。 11月29日の社会保障審議会・介護給付費分科会では、来年度(2018年度)の介護報酬改定に向けて厚生労働省 ...
介護報酬についてはマイナス改定を要求。「高齢者がますます増加していくなか、費用の伸びを極力抑えていかなければ、これを賄う国民負担の大幅な増加を招くことになる」と訴えた。また、「事業者の利益率は訪問介護や通所介護などで比較的高い水準」と指摘。「報酬水準の ...
厚生労働省は29日、デイサービスや特養などの機能訓練指導員の資格要件を来年度から緩和し、はり師・きゅう師でも担えるようにする方針を固めた。次の介護報酬改定をめぐる協議を進めている審議会で提案し、委員から大筋で了承を得た。ショートステイや認知症デイ、特定 ...
評価期間の中で利用者のADLを維持・改善させた度合いが一定のレベルを超えている事業所が、その後の一定期間にわたって高い対価を得られるようにする。より効果的なサービスの展開を促すインセンティブとする考えだ。次の介護報酬改定に向けた協議を進めている審議会 ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。17年3月期セグメント別 ...
認知症を寸劇で正しく理解 白石の介護施設でサポーター養成講座 | 河北 ... - 河北新報 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月28日(火)
認知症を正しく理解し、できる範囲で患者や家族を支援する「認知症サポーター」の養成講座が19日、白石市郡山の通所介護施設「デイサービスセンターしろいし」であった。
宿泊施設で要介護者支援 ふらむはぁと、来春開業 農作業や工芸 体験 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月24日(金)
訪問看護や通所介護を手掛ける、ふらむはぁとリハビリねっと(福井県小浜市)は来年3月、要介護状態の高齢者の自立支援を促す宿泊施設を開業する。プランには農作業や ...
福井・小浜に要介護高齢者と泊まれる宿泊施設 地元事業者が来春 :日本 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月24日(金)
訪問看護や通所介護を手掛ける、ふらむはぁとリハビリねっと(福井県小浜市)は来年3月、要介護状態の高齢者の自立支援を促す宿泊施設を開業する。プランには農作業や ...
ダイハツ、介護支援新事業 送迎計画作成システム販売 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
ダイハツ工業は13日、通所介護(デイサービス)施設の利用者送迎業務を支援するシステムを開発したと発表した。介護事業大手のSOMPOケアネクスト(東京都品川区)の一部介護施設で夏から実証試験を進めており、来年度中の販売を目指す。ダイハツの軽自動車とのセット ...
通所介護事業施設向けの送迎支援システム「らくぴた送迎」を開発 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
今回のシステムは“短時間”で“家の前まで送迎車が来てくれる”など「施設利用者にとって嬉しいコンパクトカーを活用した送迎の普及」に向け、介護施設職員の「送迎業務に関する悩み」に焦点をあて、計画作成/運行管理への悩みを解消するシステムを目指した。システムの特長 ...
「世界ゆるスポーツ協会」×プラス「スマート介護」“介護のアイドル”による、介護のためのダンス 年齢を問わず歌って踊れるプラスダンス(DVD)」発売開始! - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
介護のお兄さん 若山克彦氏プロフィール 株式会社意欲支援パートナー代表取締役社長。2000年から介護現場に携わり、ホームヘルパー、デイサービス、ケアマネジャーなどを経験。現在は通所介護事業所を経営する一方、介護福祉士養成専門学校で教員や介護スタッフの ...
与党や一部の関係者などから要望が出ていたデイサービスの「延長加算」の拡充について、厚生労働省は来年度の介護報酬改定での実施を見送る方針を固めた。「介護職員の働き方改革に逆行する」といった慎重論が噴出したことに加えて、ニーズがそう高くないという調査結果 ...
通所介護や通所リハビリテーションの提供時間に応じた基本サービス費を、1時間刻みで細かく設定し直してはどうか―。 11月8日の社会保障審議会・介護給付費分科会の ...
通所介護とそれに併設する訪問介護や居宅介護支援などの設備は、サービスの提供に支障がない範囲で共用できる −− 。厚生労働省は8日の審議会で、来年度から改めてそう明確化する方針を示した。現行の基準は曖昧で分かりにくい、といった指摘に配慮。委員から大筋で ...
機能訓練に取り組みやすい環境を作り、サービスの質の向上や利用者の重度化防止につなげていく狙いがある。 厚生労働省は8日の審議会で、外部のリハビリテーション ...
厚生労働省は来年度から、通所介護のサービス提供時間区分を見直す。現行では2時間ごとに設定しているが、実態に合わせてきめ細かく評価できるよう1時間ごとに改める。次の介護報酬改定に向けた協議を進めている審議会で8日に提案し、委員から大筋で了承を得た。
青山里会は1974年、市内初の特別養護老人ホームから始まり、通所介護、障害者支援施設、在宅介護支援センターなどを展開。昨年商店街に福祉相談所を開設する ... 武田美代子さん(日系ブラジル人)は旧ヘルパー2級資格を持つ。初めて介護現場を見た時は衝撃を受けた ...
医療・福祉事業が倒産最多へ…将来の介護に備えるには? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月27日(金)
デイサービス(通所介護)』は、利用者が事業所に通って介護を受けるものです。利用者宅で介護を行う『訪問介護』や、利用者が短期的に宿泊する『ショートステイ』と並んで、在宅介護を支える中心的サービスの1つです。事業として考えると、訪問介護はヘルパーの確保や管理が ...
給付費の膨張や保険料の上昇を抑制する努力が欠かせないとして、訪問介護と通所介護を中心に踏み込んだ具体策を多く提言。来年度の改定で介護報酬を引き下げるよう迫ったほか、サービスを使える回数に一定の上限を設けたり、居宅サービスにも総量規制をかけられるよう ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。17年3月期セグメント別 ...
2018年度介護・医療・福祉同時改定に一早く対応する“デイサービス・デイケア”“認知症ケア”の全国大会を広島で開催 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月11日(水)
要支援者の大幅な単価の引き下げ」「通所介護と通所リハビリテーションの機能分化の強化」「外来維持期リハの廃止による介護保険でのリハビリ機能強化(通所リハ・老健)」「共生型サービスの新設」「多死時代への対応」「包括報酬サービス(定期巡回随時型、小多機、看多機) ...
業者、許可求め提訴 住宅地での通所介護事業 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月26日(火)
日出町の住宅地で高齢者の訪問介護を営む会社が、同じ建物で通所介護(デイサービス)事業を認められないのは不当だとして、町に対して不許可処分の無効などを求める訴訟を26日までに、大分地裁に起こした。住宅地は町が地区計画で「良好な居住環境を維持する」と定め ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。17年3月期セグメント別 ...
IoTで認知症テストのスコアが向上~ウェアラブルIoTによる自立支援サービス「モフトレ」により~ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月14日(木)
iPadアプリ『モフトレ』を使ってトレーニングを実施したグループ(介入群)において、認知機能が116%と可動域が115%と向上。 株式会社Moffは、当社が開発するウェアラブル端末「Moffバンド」を使ったIoTによる自立支援サービス(iPad用アプリ)『モフトレ』を使い、「通所介護利用 ...