介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
初年度からモデル事業としてスタートした全国14か所の1つ、東京都世田谷区の高齢福祉部 介護予防・地域支援課課長の高橋裕子さんと、世田谷区に設置されたチームの一員として実際の支援にあたっている、作業療法士の村島久美子さんに詳しく聞いた。 ◇悪化してからでは ...
認知症などで徘徊はいかいする高齢者の早期発見に役立てようと、同社など4社が、GPSを内蔵できる靴を開発したと報じられている。鹿児島県肝付町でこの靴を使った捜索実験を行い、「有用性が確認できた」としている。かかとの部分にGPS機能を備えたチップを埋め込み、 ...
認知症などで徘徊はいかいする高齢者の早期発見に役立てようと、同社など4社が、GPSを内蔵できる靴を開発したと報じられている。鹿児島県肝付町でこの靴を使った捜索実験を行い、「有用性が確認できた」としている。かかとの部分にGPS機能を備えたチップを埋め込み、 ...
《かまくら認知症ネットワーク代表理事で介護事業所を運営する稲田秀樹さん(57)と、フォークデュオ「ヒデ2(ツー)」を結成したのは去年1月だ。「『ナンチャッテ』でバンドでもやりますか」と持ちかけたのは近藤さん。認知症の講座から商店街のお祭りまで、ライブは30回を超えた》.
《かまくら認知症ネットワーク代表理事で介護事業所を運営する稲田秀樹さん(57)と、フォークデュオ「ヒデ2(ツー)」を結成したのは去年1月だ。「『ナンチャッテ』でバンドでもやりますか」と持ちかけたのは近藤さん。認知症の講座から商店街のお祭りまで、ライブは30回を超えた》.
認知症などで徘徊はいかいする高齢者の早期発見に役立てようと、同社など4社が、GPSを内蔵できる靴を開発したと報じられている。鹿児島県肝付町でこの靴を使った捜索実験を行い、「有用性が確認できた」としている。かかとの部分にGPS機能を備えたチップを埋め込み、 ...
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「心のときめきが最大の要因」。 * * * 【ポイント】 (1) ベルクソンのいう生命 ...
世田谷区は、6月6日に認知症高齢者グループホームなど高齢者福祉施設の運営事業者に向けた説明会を開く。事業者募集は7月2日から31日に行う。 ���� · �I�[�g�f�X�N. このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
認知症の人が行方不明になるケースが後を絶たない。群馬県警が受理した行方不明届の件数は、年間約200件ペース。各警察署では「強盗事件並み」に人数を割いて捜すなど、業務上の大きな負担になっている。県警は、GPS機器貸し出しサービスの利用など、各家庭の ...
40代からのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、メタボ)対策が、60代以降のアルツハイマー型認知症の予防に重要だとわかってきた。アルツハイマー型認知症の予防法から、治療、家族の心得までを紹介する。3回目は、認知症の薬物療法や介護の心得について見てい ...
老いや認知症、介護をテーマにした演劇に取り組む岡山県の劇団「OiBokkeShi」の公演が20日、熊本保健科学大(熊本市北区和泉町)であった。認知症の妻の介護を続ける92歳の俳優の日常生活を切り取り、介護の現場で見られる演技性などを表現した作品が上演された。
映画.com ニュース]故ロビン・ウィリアムズさんが晩年は認知症に苦しんでいたことが明らかになった。米Deadlineが報じている。 人気俳優だったウィリアムズさんは2014年8月に自ら命を絶ち、世界中のファンに衝撃を与えた(享年63歳)。今月、全米発売される伝記「Robin( ...
岡山市は、認知症高齢者の増加を見据え、初期対応を強化するための体制づくりに乗り出した。専門医を登録する制度を創設し、地域のかかりつけ医らと協力して早期の発見や診断、支援につなげることが柱。関係者と検討会を設けて議論を重ね、9月までに医療機関などとの ...
認知症になっても人生を楽しめることを知ってもらいたいと、若年性認知症の男性がメンバーのデュオ「ヒデ2」と「ひろし&きー坊」の2組による路上ライブが19日、鎌倉市今泉台で行われた。記憶障害など症状が進む中での取り組み。57歳の時に若年性認知症と診断されたヒデ2 ...
両親の壮絶な介護を通じて直面せざるを得なくなった「人間らしい臨終の迎えかた」。両親を看取り、新刊『死の島』で〈自ら死を選ぶことは罪なのか〉というテーマを問いかけた小池真理子さん。両親の介護の中で書いた『長女たち』で認知症を患った親と子の葛藤を描いて共感を ...
朝丘雪路さん、82歳で死去。アルツハイマー型認知症のため療養していた - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2018年05月20日(日)
女優、歌手、舞踊家など幅広く活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ)さんが4月27日に死去した。5月19日、朝日新聞デジタルなどが報じた。82歳だった。 死因は不明だが、アルツハイマー型認知症のため療養していた。葬儀・告別式は近近親者で行ったという。 朝丘さんは東京 ...
東京大学大学院医学系研究科の岩坪威教授らのチームは、日本人のMCI(軽度認知障害)が認知症に進展してゆく過程を初めて明らかにしました。これにより、アルツハイマー病の進行や薬剤効果を早期段階から評価できることから、治療薬開発の加速に資することが期待され ...
朝丘雪路さん死去、アルツハイマー型認知症で療養中 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
俳優、歌手、舞踊家とマルチに活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ)さん(本名加藤雪江=かとう・ゆきえ)が4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。死因は不明。最近はアルツハイマー型認知症のため療養を続けていた。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行っ ...
【脳を知る】認知症予防の9カ条 日常生活で心がけを(1/2ページ) - 産経 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
今までは認知症の予防は難しいとされましたが、最近では認知症のリスクは減らすことができると考えられるようになっています。高血圧、糖尿病、脂質異常症( ...
【脳を知る】認知症予防の9カ条 日常生活で心がけを(1/2ページ) - 産経 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
今までは認知症の予防は難しいとされましたが、最近では認知症のリスクは減らすことができると考えられるようになっています。高血圧、糖尿病、脂質異常症( ...
今までは認知症の予防は難しいとされましたが、最近では認知症のリスクは減らすことができると考えられるようになっています。高血圧、糖尿病、脂質異常症( ...
介護の味方に「介護マーク」を-。那覇市が認知症の人や身体障がい者を介護する家族らに、首から下げる「介護マーク」を交付している。夫や妻の介護中、異性のトイレに入ったり、下着を買ったりするなど、周囲から誤解を招く場面も多いことから、マークを示すことで介護者の ...
朝丘雪路さん死去 認知症療養「ボインちゃん」人気 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
女優、歌手、舞踊家として幅広く活躍した朝丘雪路さんが4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。死因は不明だが、アルツハイマー型認知症のため療養していた。 朝丘さんは、幼少から日本舞踊に親しみ、父で日本 ...
認知症の理解深めて」 鉄道事故で死亡男性の遺族が著書 - 産経WEST - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
認知症男性の電車事故訴訟の被告で、男性の長男高井隆一さん(67)=愛知県大府市=が、裁判の経緯や介護について記録した著書「認知症鉄道事故裁判」を出版した。
英紙「The Telegraph」(5月18日付)によると、軽度の認知症を患っており、週に2回90分ほどジムで汗を流している人は、そうでない人よりも症状の進行が早くなることが、学術誌「The British Medical Journal」に公開された英・オックスフォード大学の研究で明らかになったという ...
杵島郡大町町の認知症高齢者のグループホーム「ホームタナカ」の運営会社「シャロン」(福岡市)が杵藤地区広域市町村圏組合に対し、介護事業者の指定更新申請を不受理とした扱いの取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、佐賀地裁(達野ゆき裁判長)で開かれた。
ちょうど一年前の5月19日に放送されたNHK『クローズアップ現代』が、ネット上を中心にとんでもない反響を起こしたことをご存じだろうか。テーマは「高齢者の性の悩み」、ゲストはジャーナリストの田原総一朗氏と、産婦人科医で性科学者の宋美玄さん。 NHKが高齢者の性 ...
脳画像から認知症予測 滋賀医大・椎野准教授が開発 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月18日(金)
認知症の前段階として知られる「軽度認知障害(MCI)」を持つ患者が、認知症に進行するかどうかを人工知能(AI)が患者の脳の画像で識別する解析プログラムを、滋賀医科大学神経難病研究センター(大津市)の椎野顕彦准教授が開発した。検証実験では85%の確率で識別 ...
名古屋市中区大須を認知症にやさしい街としてアピールしようと、大須商店街や地元学区などでつくる「大須プロジェクト」は十八日、活動開始を周知するキックオフイベントを、商店街の中のふれあい広場で開いた。本年度以降、認知症の基礎知識を学ぶ研修を随時実施し、街に「 ...
高齢者らを対象に、6月から認知症予防事業に乗り出す神戸大は18日、今後の計画や協賛企業などを発表した。神戸市や世界保健機関(WHO)神戸センター、医療機器メーカー「シスメックス」(神戸市中央区)などの協力を得て、同市内の高齢者や同大OBらを対象にした「認知 ...