介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
徘徊する高齢者の早期発見のためのオレンジシール。靴などに貼って使用する=磐田市. 磐田市は、認知症などで徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者を対象に、専用シールを使った見守り強化事業を始めた。市の同報無線やメール配信事業と併用し、行方が分からなくなった ...
京都市で開催中の認知症国際会議で28日に開かれたワークショップで、10年前にアルツハイマー型認知症と診断された藤田和子さん(55)=鳥取県=は壇上から会場に、そして広く社会に向けて語りかけた。 ワークショップのタイトルは「認知症とともに生きるわたしたちからの ...
世界中の認知症の専門家や当事者らが集まる「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」は28日、「認知症と災害」についてのセッションが行われた。日本の医師が、東日本大震災後の認知症の患者や家族らの状況について報告し、日頃からの備えを訴えた。 東京都健康 ...
災害時の認知症者支援不十分 国内外の事例報告 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
東日本大震災や2005年のパキスタン地震などの経験を基に「認知症と災害」について考える講演会が28日、京都市の国立京都国際会館であった。各国から認知症の当事者や家族、専門家が集う「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」(29日まで)のプログラムの一つ。
週刊新潮で報道「レビー小体型認知症」とは - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
昨日(4月26日)発売の週刊新潮は、オノ・ヨーコさんがレビー小体型認知症(DLB)という病気になっている、とする記事を掲載しました。とはいえ情報は弟さんの証言をもとにしており、ご本人や担当医などのコメントは出ていないようですので、真偽については不明です。
□25年に国内推計700万人に。早期発見・治療(ちりょう)で、症状軽減も. ホー先生 認知症(にんちしょう)の人が増えているそうじゃな。 A 厚生労働省が示す推計では、国内には2012年時点で462万人いて、25年には約700万人に増える。世界保健機関(WHO)によると、15 ...
認知症見守りへ 青森県むつ市がエーザイと連携協定 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
認知症への理解を深め、早期の発見や治療につなげようと、青森県むつ市は治療薬を手掛ける製薬大手「エーザイ」(本社・東京)と連携協定を結んだ。市民や市内の企業向けの研修資料を同社から提供してもらい、高齢者や家族が安心して暮らせる街づくりを目指す。 県による ...
認知症でもできることはたくさんある」だから働く場所をつくりたい。若野達也さんの挑戦 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
家族や近しい人が認知症になったとき、どうするか。または、自分が認知症になったら? あなたは、その答えを持ち合わせているだろうか。 施設への入居や福祉サービスの利用はその1つといえるだろう。しかし、働いて自分らしく生きるという欲求を満たすには、残念ながらそれで ...
家族や近しい人が認知症になったとき、どうするか。または、自分が認知症になったら? あなたは、その答えを持ち合わせているだろうか。 施設への入居や福祉サービスの利用はその1つといえるだろう。しかし、働いて自分らしく生きるという欲求を満たすには、残念ながらそれで ...
葬儀の翌朝、食卓に朝食を並べる妻の姿が…。 実は生前、認知症を患っていたという妻・春子。ごくまれに認知症患者自身の“忘れたくない”という強烈な意思によって、その記憶が残像となって時空間に定着するケースがあるという。こうして夫・陽一郎と“妻の記憶”の奇妙な夫婦二 ...
青森県むつ市と製薬大手のエーザイは「認知症とともに生きる地域づくりに関する連携協定」を結んだ。むつ市は市民の理解促進を通じて認知症の人が安心して暮らせる地域づくりを進めており、エーザイは啓発セミナーや認知症サポータ養成講座、医療・介護関係者対象の研修 ...
青森県むつ市と製薬大手のエーザイは「認知症とともに生きる地域づくりに関する連携協定」を結んだ。むつ市は市民の理解促進を通じて認知症の人が安心して暮らせる地域づくりを進めており、エーザイは啓発セミナーや認知症サポータ養成講座、医療・介護関係者対象の研修 ...
認知症についての正しい知識の普及・啓発を目的に昨年4月に発足し、藤沢市の「地域の縁側」事業の特定型事業者に認定されている「おれんじリング湘南(松長泰幸代表)」。藤沢市と寒川町を活動地域とする同会の1周年を記念したミニシンポジウムが4月15日、辻堂市民 ...
横須賀市と横須賀市医師会、製薬会社の「エーザイ」が今月20日、認知症を支える地域づくりに向けた協定を結んだ。患者やその家族の理解者となるボランティアの人材育成などを行っていく方針。3者連携の最初の取り組みとして、5月には市民への啓発などを目的としたイベント ...
糖尿病と認知症に相関関係があるとされ、来院者の中に2つの病気を併発するケースが多く見られていたことに対しての取り組みだ。「認知症は糖尿病の合併症という認識が広まっている。今後さらに患者が増えてくることが予想されるので、支援の場を設けた」と中島茂院長= ...
運転免許返納後の高齢者、孤立させないためには? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
福祉と連携した新たな取り組みを始めた。 認知機能検査で第1分類となった人すべてを対象に面談を実施。できるだけ家族の同席も求める。免許を返納する意思を示した人が望めば、高齢者の総合相談窓口である地域包括支援センターにつなぐという流れだ。医師から「認知症」 ...
ホー先生 認知症(にんちしょう)の人が増えているそうじゃな。 A 厚生労働省が示す推計では、国内には2012年時点で462万人いて、25年には約700万人に増える。世界保健機関(WHO)によると、15年時点で全世界に4750万人、50年までに3倍近くに増えると見込まれて ...
ヒト型ロボットを使ったイベントの企画・運営を手がける生活革命(さいたま市)は、認知症患者らの徘徊(はいかい)防止に役立つシステムを開発した。ベッドでの異変を介護者がウエアラブル端末で即座に把握できるほか、ロボットによる声かけで「予防」する機能もある。あらゆる ...
連載: プライマリケア医のための認知症診療講座 - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などを診断する際、「医学的疾患であるから、エビデンスに基づいた診断をすべきである」「科学的根拠に基づいた依った診断が求められる」などと言われることがありますが、実臨床でそれは本当でしょうか。そもそも認知症の診断は ...
4月上旬、「認知症当事者研究会」というグループが都内で開催した勉強会で、「初期」認知症であることを公表されている丹野(たんの)智文さんと、彼を「パートナー」の視点で支えている医師、山崎英樹さん(清山会医療福祉グループ代表)の話を聞いた。 医師は認知症者の「 ...
認知症でなく人をみて」当事者ら思い訴える 国際会議 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
認知症の本人たちでつくる国際認知症同盟(DAI)が開いた27日のワークショップ。司会を務めた豪州のケイト・スワッファーさん(58)が診断後の体験を語った。 49歳で認知症と診断されたスワッファーさんは、2014年に7人の仲間とDAIを設立。現在メンバーは39カ国に3500人 ...
かつて認知症の人は「痴呆(ちほう)」と呼ばれ、「なにもわからなくなった人」という偏見のなかで孤立していた。高見さんたちが家族の会を立ち上げた37年前は、公的支援もほとんどなかった。つながった家族は国への要望を繰り返し、00年4月に始まった介護保険制度にも大きな ...
開会式で、主催の「認知症の人と家族の会」の高見国生(くにお)代表理事(73)は「認知症の人も家族も、さらに生きやすく幸せになれる時代をともに作ろう」と呼びかけた。共催の国際アルツハイマー病協会のグレン・リーズ議長は「認知症が世界に重要事項として認識される時に ...
「温かい風を大きく」認知症国際会議、高見さん講演要旨 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
もうやってられない」と思ったとき、(認知症の人を介護する)家族の集まりに顔をだしました。介護している者同士が話しあった衝撃は今でも忘れられません。自分だけが苦労している、どうして苦労しなければいけないのか、と思っていました。しかし苦労しているのは自分だけでは ...
長岡京市、「Bluetooth活用の見守り」の実験結果を公表 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
同市は2014年7月から、認知症高齢者と行方不明者対策として「おでかけあんしん見守り事業」をスタート。連絡先と顔写真の事前登録制度や徘徊模擬訓練などを進めてきた。2016年2月にBluetooth受発信機器を導入した。Bluetooth機能を活用した見守りは、高齢者見守り ...
今日、ここで私が話をしようと思った理由は、認知症になったら終わりではない、全国にいるまだまだ不安のある当事者へ、認知症でも笑顔で元気で楽しく過ごせることができることを知ってもらいたかったからです。 私も診断後は、認知症イコール終わりだと思い、不安や恐怖から、 ...
認知症 本人の意思重視へ 京都で国際会議、患者も参画 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
世界各国から認知症の人や家族、専門家らが集まり、地域づくりや最新の科学的知見を話し合う「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」の開会式が27日午前、京都市の国立京都国際会館であり、実質的な議論が始まった。29日まで。 日本での開催は2004年に続き13年 ...
若年性認知症の課題など話し合う国際会議 京都 - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
27日は開会式が行われ、日本側の主催者を代表して「認知症の人と家族の会」の高見国生代表理事があいさつし、「13年前の京都での会議は、認知症への理解を進める大きな転換点となりました。認知症の人とその家族がさらに生きやすく幸せになれる時代を作っていきたい」と ...
ケアプランを決めるときは、 介護側の希望と事情を必ず言う - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
(c)清水貴子橋中今日子(はしなか・きょうこ)理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学や ...
父は数年前に脳梗塞で倒れて、少し認知症のような症状が出始めています。急に頑固になったり、忘れっぽくなったり感情の起伏も激しい。今では『お前たち夫婦は俺のカネを狙っているのか!』などと疑いだす始末。弁護士に相談して、後見人制度を利用しようとも考えましたが、 ...