介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
私は39歳で認知症と診断されたので、みなさんのご両親が明日、診断される可能性があるかもしれない。他人事ではなく、今日は自分事(じぶんごと)として、聞いてください」. 最初から学生たちをグイッと引きつけた。丹野さんは元トップ営業マンで、いまも事務職として働く。この日 ...
斎藤淳一郎矢板市長は21日、定例記者会見で、認知症などで徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者らの個人情報を事前登録する制度を9月から始めると発表した。 家族などからの申請を受け付け、万が一の際に迅速な発見や身元確認につなげる。
京都府長岡京市のお年寄りがダーツに熱中している。認知症予防に良いらしい。8月上旬、長岡京市東神足(こうたり)の地域福祉センター「きりしま苑」でダーツ会が行われると聞き、見学に行った。 団地空き家の「保健室」 若者がお年寄りの健康支援 · 絵画や音楽で認知症予防、 ...
平成27年1月に、2025年までの認知症施策として新オレンジプランが策定された。7つの柱のほか、その具体的な施策として介護保険に合わせ3年ごとに数値目標が設定されている。今回は平成32年度末の目標案が7月5日付で明示されたので、平成29年度末の目標値と ...
ご飯を食べたことを何度も忘れてしまうと、どうしても腹が立ってしまう」、参加者同士が悩みや体験を出し合い、認知症介護指導者の資格を持つ職員が助言。認知症の父を10年以上介護しているという、初参加の自営業の宮島香奈子さん(55)は「無理に型にはめた対応を取ら ...
見当識障害は、認知症の初期症状のひとつとしてよく見られます。簡単な問診やテストで把握することができるため、認知症の診断の際には、見当識の確認は必ず行われます。 認知症の種類によっても特徴があり、アルツハイマー型認知症の場合は、物忘れの次に見当識障害も ...
WHO神戸センターと神戸大学は、認知症の早期発見・介入をめざす「神戸モデル」構築をめざし、8月1日から本格的な研究を開始しました。両者はこれに先立ち、3年間の ...
「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。 認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧くだい。 上記の「内容紹介」には、こう書いてあります。 「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースは ...
介護に専念」と言って仕事を辞めると経済的にも破綻します。 鏡に映る自分を見て「お前は誰だ?」とカンカンになって怒る男性。マクドナルドに下半身を露出したまま入店し、警察に通報される女性。これが本書で紹介されている認知症が進んだ人々の介護現場の現実です。
超高齢化を迎えた日本社会が抱える「孤独」の断面である。ペットの溺愛にはご用心 .... JA福祉健康相談センターの杉浦富士宏センター長は「認知症の高齢者の介護で悩む家族は多く、『状態を少しでも改善してほしい』とデイサービスに期待している」と指摘。「専門性を高めること ...
高齢者らの徘徊(はいかい)が各地で問題になる中、京都府福知山市社会福祉協議会が今夏、身元が確認できる「安心生活見守りキーホルダー」を認知症の高齢者らに持ってもらい、保護された場合に備える事業を始めた。府内の社協では初の取り組み。高齢者の安全対策への ...
ソフィアデイサービス自由が丘(東京都目黒区)は7月25日、向かいに店を構える洋菓子の名店モンサンクレールとのタイアップ企画を実施。デイサービス参加者の皆さんは、一流の職人が腕をふるった美味しい洋菓子に舌鼓を打ち、会話も弾む楽しい午後の一時を過ごしました。
親の認知症が進む前に(判断能力がある時点で)、成年後見を締結しておく必要がある。この場合、子どもは親の「金銭管理をする権利」があるため、親が認知症になっても引き落としの希望は問題なく進む。ただ、一度に数十万円を引き落とすなど金額によっては、本当にそのお金 ...
脳神経外科医として、これまで1万人以上の脳の病気の患者さんたちを診てきた築山節先生。最新著書『定年認知症にならない脳が冴える新17の習慣』では、定年という人生の節目を迎えた人に向けて、「脳が枯れないコツ」をわかりやすく解説している。そもそも“定年認知症”と ...
デジタルセンセーション社が進めてきた認知症ケアの介護技法「ユマニチュード(R)」の普及及び、AIをフルに活用した介護者育成ツールの自動化プロジェクトにもより拍車がかかるものと期待されます。 統合により存続会社は株式会社エクサインテリジェンス(東京都文京区) ...
保育園児への雑巾の縫い方指導を高齢者の認知症予防に活用するプロジェクトを、仙台市若林区上飯田の特別養護老人ホーム「萩の風」が始めた。社会参加を実感してもらう取り組みで、関係者は「利用者の表情が生き生きしてきた」と早くも手応えを得ている。 デイサービスや ...
福岡市でスマホアプリとステッカーによる徘徊対策 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月19日(土)
有休スペースの活用など自治体向けサービスを提供する株式会社ホープ(福岡県福岡市)は、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業」へ参画、認知症高齢者の徘徊に対応するサービスの提供を開始しました。 セーフティネットリンケージ(北海道札幌市)が展開する「 ...
有休スペースの活用など自治体向けサービスを提供する株式会社ホープ(福岡県福岡市)は、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業」へ参画、認知症高齢者の徘徊に対応するサービスの提供を開始しました。 セーフティネットリンケージ(北海道札幌市)が展開する「 ...
これまでの研究で、外来血圧の変動が認知障害および認知症のリスク因子になることが報告されているが、家庭血圧での検討はなされていない。久山町研究(主任研究者=九州大学大学院衛生・公衆衛生学分野教授・二宮利治氏)では家庭血圧の日々の変動と認知症および ...
介護老人保健施設の入所者、半月で5人死傷、なぜ? 理事長「五里霧中」 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年08月19日(土)
わずか半月ほどの間に、岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で相次いだ、高齢入所者5人の死傷事案。施設で何があったのか。遺族からは真相解明を願う声が聞かれた。 5人はいずれも施設2階の認知症の専門棟の入所者だった。施設を運営する医療法人の折茂 ...
岐阜県高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」で7月末以降、入所する80~90代の男女3人が死亡し、90代の女性2人が負傷して入院していたことが18日、分かった。施設側は記者会見で、5人はいずれも認知症患者を受け入れる2階に入所していたことを明らかにした ...
さわらびグループは、1962年、山本理事長が同市東雲町に前身となる山本病院を開院して以来、55年にわたり高齢者医療や福祉の発展に寄与。国内で認知症医療にいち早く取り組み、高齢者や障害者の自立・助け合う場所となる「福祉村」を市内に整備、地域福祉向上に貢献 ...
このため、厚労省は▽特別養護老人ホーム▽介護老人保健施▽介護専用型特定施設▽認知症高齢者グループホーム―などについて、「必要利用定員総数・必要入所定員数」という上限を設け、これを超過した整備申請(開設申請など)は「介護保険の指定を市町村や都道府県 ...
認知症サポーター養成へ研修 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月18日(金)
研修では、みどり病院(新潟市中央区)の成瀬聡院長が認知症の症状や支援法について説明。「正しい認識を持ち、地域全体で患者を支えていく必要がある」と話した。その後九つのグループに分かれ、講師としてどんな講座内容が企画できるかを話し合い、発表した。参加者全員 ...
認知症の人によく起こる症状をいくつか紹介しましたが、もう一つ、今回は「小銭入れパンパン現象」を紹介しましょう。認知症の人の小銭入れを見ると、パンパンに膨らんでいる人が多いのです。 8月の初めに開かれた「家族の会」京都府支部の男性介護者のつどいでも、その話が ...
近年、高齢者施設などで認知症予防や進行の抑制を目的に「スケッチ」を取り入れるところが出てきているという。「絵を描く」というと、何となくハードルの高さを感じるお父さんもいるが、やってみると意外に楽しいし、何より「脳の活性化」に役立つという。今回は、そんな趣味と実益を ...
認知症カフェ 情報一目で - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月17日(木)
三条市は、認知症の人や家族が気軽に集える認知症カフェの情報をまとめた「さんじょうオレンジカフェマップ」を初めて作成した。市内11カ所の開催日時や場所を分かりやすく編集した市は、「それぞれの生活スタイルに合ったカフェで悩みを共有してほしい」と活用を呼び掛けて ...
お年寄りの行方が分からなくなった場合、家族らはネットで専用の伝言板に日時や場所などを入力。QRコードが読み取られると家族にメールが届き、市役所や警察などを介さずに伝言板で発見者とやりとりできる。 志摩市内の高齢者は約1万9千人。このうち1割程度が認知症と ...
認知症というのは記憶障害があり、覚えていられない、忘れてしまうという症状があります。 ですからご家族には「昼食は何を食べたの?」「今日は何したの?」と聞かないでくださいね、と伝えています。そのかわりに、お渡しした昼食の写真を一緒に見ながら「今日はコレを食べたの ...
<9つの対策>があなたの「認知症」を防ぐ~教育・肥満・難聴・喫煙などで35%予防可能 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月17日(木)
超高齢社会となった日本で、大きな課題となっているのが認知症患者の急増だ。2025年には高齢者の5人に1人、700万人を超える人が認知症を患うと推計されている。 これは世界的な問題でもある――。最新の推計によると、全世界の2015年の認知症患者数は約4700万人。