介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
認知症への理解」がなくてはならない今、認知症の方と関わるスキルを持つ人材の需要が高まっています。検定試験を通してすべての方に認知症について広く知ってほしいという思いから、今年も「認知症ライフパートナー検定試験」を実施いたします。年々増え続ける受験者の声 ...
札幌市北区で2010年3月、認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」が全焼し、入居者7人が死亡した火災で、業務上過失致死罪に問われた運営会社代表・谷口道徳被告(59)の控訴審が23日、札幌高裁(高橋徹裁判長)で始まった。「火災の原因は特定できない」 ...
3月21日(火曜日)午前10時から、稲穂会館(手稲区稲穂3条5丁目)で「認知症サポーター養成講座」が開催され、地域住民ら48人が参加しました。 この講座は、地域住民が認知症を正しく理解することで、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らすことができるように ...
2010年で280万人、2015年で345万人と予想される認知症高齢者は、社会福祉環境の維持発展において課題とされていますが、軽度の認知症を持つ独居の高齢者といった立場の患者も今後増えることが予想され、ケアマネジャーの認知症高齢者への取り組み姿勢に関心が ...
札幌市の認知症高齢者向けグループホーム「みらいとんでん」で2010年、入居者7人が焼死した火災で、業務上過失致死罪に問われ、一審で無罪とされた運営会社の元社長谷口道徳被告(59)の控訴審第1回公判が23日、札幌高裁(高橋徹裁判長)であった。 一審・札幌地裁 ...
立ち上がるときに一時的な血圧低下によるめまいが起こる中年成人は、後に認知症になるリスクが高い可能性のあることが、新たな研究で示唆された。
全国的な課題となっている知的障害者や認知症の高齢者らによる万引などの犯罪について、福祉支援で生活基盤の安定を図ることで再犯を防ごうと、兵庫県明石市が4月から2年間、法務省の職員2人の派遣を受けることが22日、同市などへの取材で分かった。法務省による ...
患者の性格と認知症タイプでBPSDを予測可能:旭川医大の. レビー小体型認知症(DLB)とアルツハイマー型認知症(AD)における患者の発症前の性格特性とBPSD(behavioral and psychological symptoms in dementia:認知症の行動・心理症状)との関連について、旭川 ...
時折、奇妙な宅配便が母に届いていることに気が付いた。その度に「これを払ってきて」とコンビニ用支払伝票を渡されるのである。最初は言われるままに支払っていたが、 ...
5人に1人が発症!? 将来の出費リスクを回避する“認知症保険”の知識 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月22日(水)
厚生労働省によると、2025年には認知症高齢者が約700万人に達することが見込まれ、高齢者の5人に1人が認知症になる ともいわれています。これは決して若い人たちにとっても他人事ではありませんね。 将来認知症になるリスクに備えて、『認知症保険』というものも登場し ...
5人に1人が発症!? 将来の出費リスクを回避する“認知症保険”の知識. こんにちは、FPライターのyossyです。 日本は“超高齢社会”といわれ、全人口のうち、高齢者(65歳 ...
認知症で心神喪失」漬物万引の71歳男性に無罪 大阪地裁 - 産経WEST - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月22日(水)
漬物を万引したとして、窃盗罪に問われた無職の男性被告(71)=大阪市都島区=の判決公判が22日、大阪地裁で開かれた。矢野直邦裁判官は男性が認知症を患い、 ...
認知症などで徘徊(はいかい)する高齢者らを早期発見するため、兵庫県尼崎市は「みんなで支えるSOSネットワーク事業」を始める。行方不明になる心配がある人の名前や住所、写真、日ごろよく立ち寄る場所などを事前に登録。市内の警察署に捜索願が出されると、市が日本 ...
認知症の国際会議、13年ぶり日本開催 京都で4月に:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月22日(水)
第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」は4月26~29日、京都市左京区の国立京都国際会館で開かれる。各国から医療・介護関係者、認知症患者や家族らが ...
広島市の認知症グループホームで15年5月、2階から転落した女性に職員が適切な処置をしなかった。家庭内での殺人や心中などは20件あったが、前年度比では5件減った。 調査は、厚労省が高齢者虐待防止法に基づき、毎年実施。15年度に自治体が認定した件数や相談・ ...
東京新聞:認知症の人は不安だらけ VRで患者の気持ち体験:暮らし ... - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月21日(火)
二〇二五年には高齢者の五人に一人が認知症を患うとされている。風邪なら自身の経験を基に患者の気持ちを思いやることができるが、認知症の人がどんな場面でどんな ...
前回に引き続き、「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常連、中井要蔵(93歳)、吉乃(86歳)さん夫妻の話である。進行した認知症、要介護度認定のための検査と診断。ケアマネージャー(以下ケアマネ)による問診の失敗。容態の急変による救急搬送。夫妻とも「悪いところなし」 ...
認知症にやさしい街へ 当事者の声が社会を変える:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月21日(火)
13年ぶりに京都で開かれる認知症の国際会議は、公益社団法人「認知症の人と家族の会」が運営にあたっています。家族の会の設立から携わってきた高見国生代表 ...
二〇二五年には高齢者の五人に一人が認知症を患うとされている。風邪なら自身の経験を基に患者の気持ちを思いやることができるが、認知症の人がどんな場面でどんな思いをしているのかは想像しにくい。そこで、東京都内の企業が開いているバーチャルリアリティー(VR= ...
厚生労働省は21日、特別養護老人ホームなど介護施設の職員による高齢者への虐待が、2015年度に408件あったと発表した。前年度に比べ108件増え、過去 ... 認知症グループホームで15年5月、2階から転落した女性に職員が適切な処置をせず放置。女性は死亡した。
厚生労働省は21日、特別養護老人ホームなど介護施設の職員による高齢者への虐待が、2015年度に408件あったと発表した。前年度に比べ108件増え、過去 ... 認知症グループホームで15年5月、2階から転落した女性に職員が適切な処置をせず放置。女性は死亡した。
地震や台風などで高齢者施設が被災した際に備え周辺の施設同士で助け合う応援協定が締結された。 県と災害時の応援協定を締結したのは高齢者施設3団体。特別養護老人ホームや認知症グループホームなど県内570施設が所属している。今後、県が各施設の物資や ...
高齢ドライバーの問題を認知症患者に押しつける改正道路交通法 ... - Newsweekjapan (媒体での記事掲載終了) 2017年03月21日(火)
最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容と ...
2015年、カマンベールチーズは認知症予防に効果があるとの研究結果が発表された。 年齢を重ねると、脳内に「アミロイドβ」という老廃物がたまる。これが沈着すると、脳の働きをつかさどる神経細胞「ニューロン」の情報伝達が正しく行われず、記憶や認知機能が維持できなくなる ...
塗り絵といえば、子どもの遊びだと思っている人も多いかもしれませんが、このところ「大人の塗り絵」を楽しむ人が増えています。 特に、日本認知症予防学会医師が「誰でも今日から始められる認知症予防として大人の塗り絵は効果的」だと、2015年にテレビで発言して以来、高齢 ...
ごぼう総活躍のまちづくりプロジェクトの一環で、認知症になっても希望を持って暮らせるまちづくりを目指している御坊市は19日、本年度に取り組んだ認知症地域支援体制構築事業の全体報告会を御坊商工会館で開催。アドバイザーを務めてきた認知症介護研究・研修東京 ...
認知症の人を過度に警戒する必要はなく、むしろ、それまでと変わらない生活をできる限り続けることが、穏やかに暮らし続ける最善策なのだ。とはいえ、もし自分の親や配偶者が認知症になったら、どう対応すればいいのか不安になるのも当然だ。そんな時に心がけてほしいの ...
認知症が疑われる75歳以上のドライバーに医師の診察を義務付けた改正道交法が施行され、1週間が経過した。秋田県内では16日までに認知機能検査を受けた高齢者6 ...
認知症の進行予防や症状緩和に役立つリハビリテーション。 今回は、昨年12月に行われた日本認知症学会学術集会にお…
笑って健康に 認知症予防など学ぶ公開講座 金沢 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月20日(月)
金沢市で開かれた日本循環器学会学術集会の関連行事として市民公開講座「~笑って健康! 頭と心~認知症と心臓病」(第81回日本循環器学会学術集会、朝日新聞社など主催)が20日、同市昭和町の県立音楽堂であった。脳卒中や認知症の予防について医師らが講演し、 ...