介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。この日に開かれた ...
平成29年7月1日(土)、午前9時30分〜午前11時30分(開場9時00分)、東京駅八重洲口から徒歩6分のアットビジネスセンター東京駅305号にて、『「うっかり」「物忘れ」で悩む家族のための認知症セミナー2017』が開催されます(入場は無料)。 主催は、医療画像診断の活用範囲 ...
認知症の人やその家族らが集う「おれんじカフェ」は24日、滝沢市巣子の喫茶店「茶房結の蔵」で開かれた。同市内のグループホーム4施設が合同で企画し、蔵の落ち着いた雰囲気の中で月1回開催。誰もが気軽に集まり、息抜きや情報交換をするひとときを提供している。
岡山県内で「認知症カフェ」急増 地域への周知や運営方針に悩みも - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年06月25日(日)
認知症の人や介護者が交流する「認知症カフェ」が岡山県内で急増している。現在、少なくとも80カ所以上あり、この1年ほどで倍増した。認知症の人たちの安らぎの場であったり、認知症への理解を広げる拠点としての役割が期待されているが、地域への周知や運営方針に悩む ...
計8回の研修では、認知症看護認定看護師で、宅老所を運営するぐるり(伊那市)代表取締役の中村祐希さんを講師に、認知症を学び、事例を検討する予定だ。 初回の研修では「認知症を深めていく」をテーマにした講義を聴き、事例検討を行った。中村さんは介護を楽しみ、続け ...
この記事では、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式で紹介します。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。 【問題】最近、認知症の予備群として、記憶力は低下しているが生活に支障はない「軽度認知障害」という状態が注目されています。軽度認知障害と ...
この記事では、今知っておきたい健康や医療のネタをQ&A形式で紹介します。ぜひ、今日からのセルフケアにお役立てください。 【問題】最近、認知症の予備群として、記憶力は低下しているが生活に支障はない「軽度認知障害」という状態が注目されています。軽度認知障害と ...
金沢大学大学院脳老化・神経病態学神経内科学の山田正仁教授らの調査で「緑茶を毎日飲む人は、緑茶をまったく飲まない人に比べて、認知症あるいは軽度の認知障害にかかるリスクが約7割も低い」ということが、わかりました。 また、米国ミズーリ大学の研究報告では、 ...
認知症新薬「空白時代」に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月24日(土)
患者が増加の一途をたどる認知症。エーザイなど5陣営は病気の悪化を抑える新薬の開発を進めるが、病気のメカニズムが難しく実用化は至難の業だ。実用化は早くて2020年代だが、臨床試験の成功率は1%に満たず、患者数が増加し続けている。製薬各社は早期の患者に ...
認知症新薬「空白時代」に :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月24日(土)
患者が増加の一途をたどる認知症。エーザイなど5陣営は病気の悪化を抑える新薬の開発を進めるが、病気のメカニズムが難しく実用化は至難の業だ。実用化は早く ...
宮城県石巻市は認知症で徘徊(はいかい)する高齢者を早期発見するため、事前に登録した高齢者にQRコードラベルを配る取り組みを始めた。発見者がスマートフォンでQRコードを読み取ると、自動的に保護者に通知する仕組みで、迅速な保護につながるという。 市が警察署と ...
認知症になった夫と「性格の不一致」を理由に離婚できる? - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2017年06月24日(土)
先日、「教えて!goo」で「認知症の夫と離婚したくてもできない!妻の悩みはどう解決すべき?」という記事をリリースした。認知症を理由に離婚を成立させるのは、現在の判例ではなかなか難しいと聞く。しかしながら、熟年離婚を現実的に考えていた矢先のことであれば、元々「 ...
認知症の見守り 地域社会の連携が急務 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
超高齢社会の下で、今後も増加が予想される認知症の人をどう守っていくか。 行政や地域社会が急いで取り組まなければならない課題である。 昨年1年間に、認知症かその疑いにより行方不明になったとして、警察に届け出があった人の数は、1万5432人だった。 前年比で3千 ...
2025年には認知症患者が700万人になると予測されており、さらに“認知症1300万人時代”と言われる超高齢化社会を迎えることになる。日本で認知症の型で最も多いアルツハイマー病は、早期発見できれば改善、予防ができる。同セミナーでは、認知症を早期予防し、ボケない ...
私の母も認知症で、私を泥棒扱いしたこともありました。とても人ごととは思えません。夜も眠れないほど追い詰められてケアマネジャーに相談したところ、親身になってプランを立ててくれました。最初はショートステイの利用から始めて、今は母を施設に預けています。母はとても ...
認知症検査強化で14人が運転免許証取り消し - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
75歳以上の高齢者ドライバーへの医師による認知症の検査が強化された改正道路交通法で、施行からおよそ2か月半で1270人余りが新たに義務づけられた医師の診断を受けた結果、14人が認知症と診断され、運転免許証の取り消しなどの処分を受けたことが警察庁の ...
大規模調査で見えたアルツハイマー病予防のヒント - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
今から100年以上前、神経病理学者アルツハイマーは、認知症を患っていたある中年女性の脳に、異常なたんぱく質が固まった老人斑と、神経細胞内で線維状のたんぱく質が絡み合った神経原線維変化が見られたことを報告した。当時はまったく注目されなかったが、1970年代 ...
75歳以上のドライバー、認知症の恐れ1万人超 3~5月 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
75歳以上の高齢ドライバーの認知機能検査を強化した改正道路交通法が施行された3月から5月末までの間に、運転免許更新時などに「認知症の恐れがある」と判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。このうち8.5%の987人が医師 ...
75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。この日に開かれた ...
75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能検査を強化した改正道交法が3月12日に施行されてから5月末までの間に、運転免許更新時などに認知症の恐れがあると判定された人が1万1617人(暫定値)に上ることが23日、警察庁のまとめで分かった。この日に開かれた ...
AIと空調で認知症予防の空間を ダイキンと大阪大が連携 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
ダイキンの淀川製作所(大阪府摂津市)で記者会見した同社の十河政則社長は「夢みたいだが、空調で認知症防止ができるような空間など健康や快適性を追求したい」と表明。大阪大の西尾章治郎学長は「情報科学分野の人材はそろっているので、イノベーションを必ず生み出し ...
先日、「教えて!goo」で「認知症の夫と離婚したくてもできない!妻の悩みはどう解決すべき?」という記事をリリースした。認知症を理由に離婚を成立させるのは、現在の判例ではなかなか難しいと聞く。しかしながら、熟年離婚を現実的に考えていた矢先のことであれば、元々「 ...
認知症になった夫と「性格の不一致」を理由に離婚できる? - エキサイト ... - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
先日、「教えて!goo」で「認知症の夫と離婚したくてもできない!妻の悩みはどう解決すべき?」という記事をリリースした。認知症を理由に離婚を成立させるのは、現在の ...
ユマニチュード」は、二人のフランス人、イブ・ジネストとロゼット・マレスコッティが編み出した認知症ケア。“見る”、“話しかける”、“触れる”、“立つ”の4つの基本柱を組み合わせた150を超える手法を駆使して、患者さんと円滑なコミュニケーションをはかります。詳しくは、おすすめリンク ...
どのような取り組みが認知症に効果的かを調べた研究は数多くあるのですが、今回取り上げる論文は、ヨーロッパで行われている大規模研究を例に取り、認知症予防研究において、被験者数や介入期間、介入時期、追跡期間がどれ位が妥当であるかについて論じたものです。
4度のがん手術を乗り越えながら、若年性アルツハイマー型認知症の妻を12年間にわたって介護した夫の日々を描いた映画「八重子のハミング」が福井県内で唯一、福井市のテアトルサンクで公開されている。がん闘病や認知症、老老介護といった高齢化が進む現代社会で多く ...
認知症の高齢者らが行方不明になった際、特徴などを伝えるメールを市民に配信して捜索に協力してもらう事業や、介護予防教室など両センターの取り組みを紹介するパネル約20枚を展示。骨密度を測ったり、タッチパネルでアルツハイマー型認知症の可能性を簡単に検査でき ...
県警嘱託警察犬競技会(山口県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月22日(木)
また、出動した事案の内訳は犯人の追跡が14件、行方不明者の捜索が76件となっていて、行方不明者の捜索は認知症などによる高齢者の徘徊によるものが多いという。競技会の開会式で、県警の横道宏明刑事部長は「科学技術でも適わない鼻を持つ警察犬の活躍に期待して ...
運動は「末端」を意識すると認知症予防になる!自ら老人たることを知るものは少ない――。これは、フランスの文筆家ラ・ロシュフコーの言葉だ。「まだまだ大丈夫」と思ってい ...
これは、フランスの文筆家ラ・ロシュフコーの言葉だ。「まだまだ大丈夫」と思っていても、自分が気付かないうちにやってくるのが「老い」だ。 それとともに、いつの間にか認知症認知症の予備軍になってしまっている、という人も少なくない。本人が健やかに暮らし続けるため、家族 ...