介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
超高齢化社会へと足を踏み入れた日本において、切り離せないのが「介護問題」。そんな中、今回の『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが取り上げているのは、父を看取り、現在は認知症の母親の世話をしている阿川佐和子さんと、高齢者医療 ...
インプレッション株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役:小島 雄一、以下 当社)は、電位治療器『IAS30000』について、2018年10月30日に、一般社団法人日本認知症予防協会より、業界で唯一『認知症予防に対して効果が期待できる』と推奨・認定をいただきましたことをご ...
【100歳時代プロジェクト】認知症患者の生活、質向上 アロマやマニキュアで楽しく - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月07日(金)
お年寄りを、美や香りの力で元気に. 認知症で介護を受けるお年寄りを、美や香りの力で元気にしようという取り組みが広がっている。ネイル(爪)を好みの色に塗って雰囲気を明るくしたり、香りで気分を安定させたり。直接的な医療とは異なるが、患者の生活の質向上に働きかける ...
経済協力開発機構(OECD)の資料(2017年版の医療に関する報告書)によると、日本の人口における認知症患者の割合が、世界で一番高いことがわかりました。日本は医療機関での認知症診断が進んでいることもありますが、高齢者人口が多いことも指摘されています。
“救済制度”導入 認知症が住みやすい町「神戸市」を見習え - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月07日(金)
厚労省の調査によると、神戸市には今年3月時点で約6万3000人の認知症患者がいる。条例成立で患者本人と家族は万一の事故の際に市に助けてもらえる上、被害者側も賠償金が支払われず「泣き寝入り」するケースは激減するとみられる。財源は、個人の市民税均等割に ...
茨城県つくば市とエーザイは6日、認知症と共生する地域づくりに関する連携協定を結んだ。小中学生などを対象とした認知症に対する教育や、認知症への理解促進、行政や医療、介護関係者の連携強化に向けた体制づくりなどに取り組む方針だ。 同日、同市で連携協定の締結 ...
認知症のお客さま どう対応? 西区が「お店版ガイド」作る - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
横浜市西区は、コンビニやスーパーなどで働く人向けに、認知症が疑われる人が来店した際の接客方法をまとめた「お店版 認知症ガイド」を作った。区によると、店向けのガイド作成は市内で初めて。 「一日に何回も店に来て、同じ物を買っていく人がいる」といった相談が寄せ ...
私自身は介護ビジネスの経験は3年くらいですが、人口動態や家族構成の変化などもあり、認知症への漠とした不安が大きくなっていると感じています。そのことを正面から議論したり、ソリューションに取り組んだりする機会が少ないことが、認知症に対する偏見や差別を生んでいる ...
認知症にもつながる!?ホントは怖い「脳疲労」の原因と対策 - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
脳疲労」があるかと聞かれると、多くの人はYESかNOかを答えられないだろう。それもそのはず、脳疲労は自覚がないものだそうだ。しかし、放っておくと仕事への悪影響や認知症などにつながる恐れもあるという。そこで今回は、脳疲労に詳しい早稲田大学の矢澤一良教授に脳 ...
認知症で事故…保険料や被害者救済費も負担、神戸市条例 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
神奈川県大和市や愛知県大府市などで、民間保険に加入する費用を肩代わりする同様の制度は導入済みだ。2007年に大府市で認知症の高齢男性が列車にはねられて死亡し、遺族がJR東海から損害賠償を求められたことを受け、導入の動きが広がりつつある。
エーザイと認知症施策で連携協定 茨城・つくば市 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
茨城県つくば市と製薬大手「エーザイ」(東京都文京区)は6日、認知症の人が安心して生活できる地域づくりの促進を目的に、認知症の施策を推進するための地域連携協定を締結した。 両者が連携するのは、行政、医療、介護の連携強化に向けた体制づくり▽小中学生を含め ...
ドラマ「大恋愛」は貴重なドラマ 医師から見た若年性認知症の問題点 - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
戸田恵梨香が若年性アルツハイマーを患う医師役に挑んで話題となったTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」が佳境を迎えた。このドラマを機に、改めて認識されている若年性認知症の問題点とは…。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で診察にあたっている谷光利昭院長が、 ...
認知症の父親と、その父に翻弄される娘を描いた、フランス発の舞台「Le Père 父」が日本の名優たちにより、東京・兵庫などで公演となります。フランスでは、演劇賞最高位のモリエール賞・最優秀脚本賞などを受賞した、フロリアン・ゼレールの作品です。東京公演は2019年2月2 ...
備えなく認知症の親を引き取った娘の後悔 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
高齢になった親は子を当てにしているが、子は「かかわりたくない、鬱陶しい」と避けたがる。 ... しかし、退院後、息子夫婦が関わりを拒否し、同一市内に住む長女(70歳)が通って世話をしながら、介護サービス及び自費負担のヘルパーを利用し、在宅生活を継続。 .... きましたが、今年初めにインフルエンザに罹り、そ ...
大手生損保が本腰 「認知症保険」は老後の手助けになるか - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
第一生命が12月18日に販売を開始するのが「かんたん告知『認知症保険』」。40歳から85歳まで加入でき、契約から2年が経過し、認知症と診断されれば加入期間に応じて200万円から1000万円の保険金が支払われる。仮に加入から2年以内に認知症になった場合は、 ...
備えなく認知症の親を引き取った娘の後悔 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
高齢になった親は子を当てにしているが、子は「かかわりたくない、鬱陶しい」と避けたがる。 ... しかし、退院後、息子夫婦が関わりを拒否し、同一市内に住む長女(70歳)が通って世話をしながら、介護サービス及び自費負担のヘルパーを利用し、在宅生活を継続。 .... きましたが、今年初めにインフルエンザに罹り、そ ...
親と子で介護に対する考えが食い違うケースが増えている。高齢になった親は子を当てにしているが、子は「かかわりたくない、鬱陶しい」と避けたがる。社会学者の春日キスヨ氏は、実際に介護に苦しんだ家族の実例をあげながら、介護について「親子で早めに話し合うべき」と警鐘 ...
日本歯科大学新潟生命歯学部(新潟市)は、食べた物を飲み込むのが難しくなる「摂食嚥下(えんげ)障害」に悩む認知症患者や家族らを支援するカフェを、新潟キャンパスで9日開設する。歯科医師や管理栄養士、同大の学生らが運営に参加し、月1回ほど定期的に開催する予定 ...
認知症高齢者をGPSで見守り 富岡市 - 産経ニュース - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
富岡市は、衛星利用測位システム(GPS)機器を活用した「認知症等高齢者見守り事業」を始めた。対象は、認知症などで徘徊(はいかい)する心配がある65歳以上の高齢 ...
認知症高齢者らが事故を起こし賠償を求められた際に神戸市が給付金を支給する救済制度の財源として、市民税の400円引き上げなどを盛り込んだ条例改正案が5日、市会の賛成多数で可決、成立した。改正に向け、市が9、10月に募った市民の意見には396通が寄せられた ...
認知症は他人事ではない。2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるとの推計もあり(「平成29年版高齢社会白書」概要版)、もはや立派な国民病だ。あなたの親やパートナー、そしてあなた自身の誰かが認知症になる可能性は、きわめて高いといえるだろう。 今のところ認知 ...
東戸塚地域ケアプラザ 認知症学ぶイベント初開催 SNS使い、声かけ体験も - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
こうした状況を受け、同ケアプラザは16年から地域住民や高齢者施設、民生委員、西武東戸塚店、イオンスタイル東戸塚などが参加する会議を開き、認知症高齢者の対応方法を、専門の医師を招くなどして学んできていた。今イベントは、不特定多数が行き交う東戸塚駅周辺で ...
横浜市 シールで高齢者見守り 行方不明者の早期発見へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
横浜市は、行方不明になった認知症の高齢者らができるだけ早く自宅に戻れるように、本人の身元を特定できる「見守りシール事業」を12月3日から開始した。市は、条件を満たす認知症高齢者やその家族にシールを配布し、行方不明者の早期発見などに役立てたい考えだ。
認知症条例案を可決 事故被害者など救済制度 神戸市 - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
認知症の人が起こした事故の被害者や賠償金負担を救済する制度を盛り込んだ神戸市の条例改正案が5日、市議会で可決された。被害者に対し、市が最大3000万円の見舞金を出し、加害者が賠償を求められた場合は民間の保険会社から最大2億円を支払う全国初の仕組み。
日本歯科大学新潟生命歯学部(新潟市)は、食べた物を飲み込むのが難しくなる「摂食嚥下(えんげ)障害」に悩む認知症患者や家族らを支援するカフェを、新潟キャンパスで9日開設する。歯科医師や管理栄養士、同大の学生らが運営に参加し、月1回ほど定期的に開催する予定 ...
認知症専門医療、県内全二次医療圏で提供可能へ 鹿児島県が認知症疾患医療センターを公募 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
鹿児島県は、認知症疾患医療センターを運営する病院・診療所の公募を始めた。同センターがない二次医療圏(熊毛圏域)が対象。20日まで受け付け、2019年2月に選定結果を通知、3月に1カ所指定する予定。指定できれば県内全ての二次医療圏で認知症専門医療の提供体制 ...
... したばかり。3期目の責任を果たしたい」と表明した。 その後の記者会見では、高齢者施策について、認知症や寝たきりでも地域で安心して過ごせる施策や、老後の不安に総合的に寄り添う窓口の創設を表明。社会を支える側として高齢者が活躍できる場を増やす考えを示した。
脳のはたらきが低下して、日常生活に支障を来す「認知症」。予防策としては生活習慣を改善し、若いうちから脳の「認知予備力」を鍛えることが大切です。認知症を防ぐ4つの ...
経済協力開発機構(OECD)の資料(2017年版の医療に関する報告書)によると、日本の人口における認知症患者の割合が、世界で一番高いことがわかりました。日本は医療機関での認知症診断が進んでいることもありますが、高齢者人口が多いことも指摘されています。
世界アルツハイマーデーと湘南オレンジプラン ― 認知症の高齢者に優しい地域づくりを目指して - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
世界アルツハイマーデーとは. 国際アルツハイマー病協会とWHO(世界保健機関)は共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と制定しており、さまざまなアルツハイマー病に関する啓発活動を実施しています。その由来となったのは1994 ...