介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
太陽光やそれに近い光を浴びることにより生体リズムを整える高照度光療法器具「ブライトライトME+Pro」が介護保険サービス「デイサービス」の分野でも注目され、高齢者の睡眠を改善する取り組みとして導入され始めています。
認知症の教育・啓発に製薬企業が一役買っている。エーザイは学校教材の開発に着手した。2017年12月中に発売する計画で、学校での授業に的を絞った初の教材となりそ… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 無料・有料プランを選択. 今すぐ登録. 会 ...
高齢者人口の増加とともに介護を必要とする人も増加することが容易に想像できる。 介護離職の理由の一つにあげられるのが、年齢に比例して有病率の上がる認知症患者の介護。認知症になった親の介護に疲れた子どもが殺人を行ってしまう「介護殺人」というショッキングなニュースを目にする機会も多い。 厚生労働 ...
認知症の教育・啓発に製薬企業が一役買っている。エーザイは学校教材の開発に着手した。2017年12月中に発売する計画で、学校での授業に的を絞った初の教材となりそうだ。核家族化で子ども世代の多くが、高齢者と日常的に触れ合う機会が限られてきた。教育を通じて知識を身につけてもらい、認知症の人と共 ...
自転車をこぐ要領で運動をしながら認知機能訓練ができる機器を設置。市内にある国立長寿医療研究センターが市と65歳以上の市民の協力を得て研究し、効果的とされる「コグニサイズ」を活用。認知症の不安のないまちづくりを目指す。 「コグニサイズ」とは認知症予防を目的に、有酸素運動などをしながら課題を解くなどの ...
人の顔が覚えられない-。それは、もしかするとアルツハイマー型認知症の予備群に入ったサインかもしれません。熊本大の研究チームは、人の顔を短期記憶できない場合は、軽…
それは、もしかするとアルツハイマー型認知症の予備群に入ったサインかもしれません。 熊本大の研究チームは、人の顔を短期記憶できない場合は、軽度認知障害の疑いがあることを見いだした。英科学誌のサイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。軽度認知障害は放置すると認知症に進行する可能性が高く ...
若年性認知症とともに生きる会社員丹野智文さん(43)=仙台市=が十六日、富山市湊入船町のサンフォルテで講演した。丹野さんは、患者を支える周囲の環境と理解が大切と強調。「人生は大きく変わったけど、認知症でも新しい人生はつくれる」と呼び掛けた。(山中正義). 丹野さんは二〇一三年、会社の同僚の名 ...
認知症の恐れのある高齢ドライバーが運転免許証を自主的に返納するのに、「かかりつけ医」による診断が一役買っている。静岡県医師会と県警が進める制度で、判断力が低下した高齢者の事故を防ぐ有効手段の一つでもある。信頼する医師の説明ならば納得できるという側面もあり、今後さらに事例が増えそうだ。 今年 ...
講話や体験を通して認知症への理解を深める「介護予防フェスティバルin北茨城」が10日、同市磯原町の市民ふれあいセンターで開かれ、市民ら約150人が詰め掛けた。県理学療法士会(斉藤秀之会長)主催。 同会では、市民の介護予防に対する意識付け… 有料サイトで御覧になれます; 携帯課金版 ...
愛媛県認知症施策市町連携会議が15日、松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館であり、中予6市町や県警などの関係者が若年性認知症支援の在り方などを話し合った。 この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。 E4を購入する; ログイン. キーワードで ...
認知症の患者や家族だけでなく、地域住民も気軽に集う場として近年、全国で取り組みが始まっている「認知症カフェ」。「オレンジカフェ」とも呼ばれるこれを、昨年のビッキーふれあい祭りで、江北町内で初開催した。来年1月にはさらに同町上小田の貸しスペース「おへそのおへそ」でも開き、少しずつ地域に広げていく考え ...
中部電、電柱活用し高齢者見守り 名工大と実験 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月15日(金)
中部電力は名古屋工業大学と共同で、電柱を使った高齢者の見守りシステムの実証実験に乗り出した。高齢者が携帯する電波発信機の電波を、電柱25本につけた固定型受信機で受信し、外出した高齢者の位置を家族らにスマートフォンで知らせる仕組みだ。その情報をもとに認知症による高齢者の徘徊(はいかい ...
リスク減らし予防を 認知症の専門医が講演 日田市 - 西日本新聞 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月15日(金)
認知症疾患医療センターに指定されている日田市の上野公園病院の長野浩志院長が、同市で認知症予防について講演した。認...
認知症疾患医療センターに指定されている日田市の上野公園病院の長野浩志院長が、同市で認知症予防について講演した。認知症と、病気や生活習慣との因果関係を示しながら予防策、リスク低減策を解説。「身近なものとして予防に取り組んで」と呼び掛けた。 認知症には、アルツハイマー型やレビー小体型 ...
若年性認知症の方は、以上の条件を満たしてはいませんので、介護認定は低くなってしまうにもかかわらず、収入を得るのが困難です。 知らない方にとても役に立つお話としてお知らせしたいのは、若年性ではなくとも、親御さんの介護が必要になった時、日本の現行制度では、充分な補助が受けられない可能性が ...
阪神電鉄では、阪神沿線の風景をイラスト化した「塗り絵」と「周辺マップ」がセットになったリーフレット「ぬりえ旅 阪神」を、12月15日(金)から各駅で配布します。
増田所長は「明るく、頭を使って、あきらめない」の頭文字を取った認知症予防プログラム「スリーA方式」を考案。同方式が重要な役割を果たす映画「折り梅」が2001年に製作された。講演は県内では初めてで市社会福祉協議会が主催し、市内外の132人が聴講した。 認知症について増田所長は「誰にも起こり得る。さ ...
特に、女性でこの傾向が顕著に見られ、70歳の時のBMIの値が1増えるごとに、アルツハイマー型認知症の発症リスクが36%増えることがわかりました。 このような報告は数多くあるものの、肥満と認知症発症の関係は明らかではありません。そこで、中国の山東大学のZhuang博士らのグループは、肥満とアルツハイマー ...
九州の3会場で開催福岡シティ福祉サービスの主催による「認知症の理解とBPSD~認知症の理解と周辺症状、介護記録から介護計画立案まで~」が九州の3会場で開催される。現在、認知症とくにアルツハイマー型認知症が世界的に問題となっており、日本の福祉施設でも認…
認知症リスクは、軽い難聴の人は1.89倍、中くらいの難聴で3倍、重い難聴で4.94倍にもなるとわかった。 難聴を放置すると認知症の発症率が高くなるという研究報告はほかにも多数ある。人と会話すると、相手が何を話すか推測したり、自分が何と答えようか考えるので、脳が働いている。聞こえが悪くなり人との会話が不 ...
株式会社わかさ生活(京都市)は、12月7日(木)の生命科学系学会合同年次大会において、アルツハイマー型認知症の予防に繋がる可能性がある、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を発表しました。
狛江市立中央図書館(和泉本町1丁目)が、17日に開く認知症予防の講演会をPRしようと、職員の手づくり弁当の写真などを館内で展示している。読書や料理をつくることが、「脳に好ましい刺激を与える」と言われていることから、展示で図書館の利用促進にもつなげたい考えだ。 同館によると、料理や健康関連の本7冊を ...
みんなで学ぼう認知症 区がサポーター養成講座 | 緑区 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月13日(水)
認知症の基本的な知識や対応方法について学ぶ講座「みんなで学ぼう認知症」が12月20日(水)、緑公会堂で開催される。時間は午後1時半から午後4時(開場午後1時)。オレンジリングを配布 認知症のことを知り、温かく見守る姿勢とそっと手助けする方法を学ぶ同講座。受講者には「認知症サポーター」として自分の ...
新聞配達時に地域見守り 「横浜らしさ」を重視 民泊新法受け条例案 14年ぶり選手権へ 事務負担 軽減化進む 「共に働く社会」学ぶ 農業、自然のPR続け30年 創立3周年 ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月13日(水)
認知症サポーターとは、認知症の人やその家族を見守る応援者のこと。行政では定期的に養成講座を実施しており、今回は認知症自体の解説のほか、「驚かせない」「急がせない」「自尊心を傷つけない」「否定しない」といった具体的なコミュニケーション方法などが解説された。 その後は、寸劇として「配達時に徘 ...
... -認知症の患者さんは不安感を抱えているようです。 「患者さんは記憶障害のために体験の全体を忘れます。記憶の帯が切れ切れになり不安感やパニック、混乱状態、間違い行動などのBPSD(行動・心理症状)を来す...​. 続きを読む. 医療の最新ニュース. 肺炎球菌ワクチン間隔置かず再接種 荒尾市 ...
認知症高齢者5人死亡の施設火災、元代表、起訴内容認める - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月13日(水)
長崎市の認知症グループホーム施設で平成25年、高齢の入所者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営会社「アイ・エル・エス」(同市)の元代表、枡屋幸子被告(66)は13日、長崎地裁(小松本卓裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。 起訴状によると、火災は25年2月8日夜に発生 ...
育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「おしゃべり」に関するお話です。 4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」のワンシーン. おばあちゃんのおしゃべりは、時にヒヤヒヤもの. 認知症 ...
大阪府門真市は、12月8日、「認知症ケアパス(ガイドブック)」が完成したことを発表した。 高齢者の増加を背景に、認知症となる高齢者も増加することが見込まれる。このような状況下、くすのき広域連合門真支所(門真市高齢福祉課)では、認知症について市民にわかりやすく伝えたいとしている。 カラーでイラストもあり. こ ...
認知症と診断されても、その段階ではまだ自身でできることは沢山残っていることでしょう。認知症の進行予防において、家庭内で本人の役割や出番を作って、前向きに日常生活を送ることは大切なことです。アルツハイマー型認知症の治療には、書き取りやドリルなどの認知リハビリテーションのみではなく、昔の出来ことを思 ...