介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
あなたは日々の記録、日記をつけていますか? スマートフォンで手軽にスケジュール管理ができたり、SNSで手軽に今日の出来事を発信できる現代ですが、日常の記録をつけている方ってどれくらいいるんでしょうか? 今回は、”日記”についてのお話です。 “セリア”のアイテムだけ ...
認知症疾患医療センター・鶴川サナトリウム病院の奥村武則医師が講師を務める「認知症の理解と予防講座」が、7月30日(月)に開かれる。会場は有料老人ホームネクサスコート栗木台(川崎市麻生区栗木台2の14の7)。 多くの臨床に携わってきた精神科医の同氏が、診療の ...
学校や自治会などに向け、認知症に関する出張講座を行う「認知症サポーター養成講座」の講師役を務める。民生委員の活動と合わせながら地域の高齢者を見守る活動を行うほか、認知症の人と地域が交流してほしいという思いからオープンカフェを中村地域ケアプラザで行った ...
厚生労働省の発表によると全国の認知症の患者数は、2012年の時点で約462万人。65歳以上の高齢者の約7人に1人が認知症でした。ですが、このまま日本の高齢化が進むと2025年には認知症患者数が約700万人となり、65歳以上の高齢者は約5人に1人が認知症を発症 ...
グループホームとデイサービスの複合型介護施設『ツクイ横浜霧が丘』が8月に新しくオープンする。同施設の入居者を募集中だ。閑静な住宅街にできる同施設は、「あなたを支えるプラットホームになります」をコンセプトに、認知症ケアに定評のある株式会社ツクイが運営している。
認知症への関心が高まっています。2025年には高齢者の5人に1人に当たる約700万人が認知症になるとの推計もあります。では、認知症になったら遺言書は作れないの ...
高齢者の睡眠を改善する取り組みが医療機関以外でも広がってきた。体内時計の正常化を図る「光療法」を導入する介護施設が登場し、自宅で睡眠状態を測定する装置の貸し出しも神奈川県で本格的に始まる。不眠は生活習慣病や認知症のリスクを高めるとされ、悩む人は増え ...
軽度認知障害」(MCI)は、認知症と正常の中間にある状態。物忘れが主な症状で、日常生活への影響は少ないが、認知症に進行しやすいので注意が必要だ。軽度認知障害をもつ人が高血圧や糖尿病を併発していると、認知症を発症する危険性が高まることが過去の研究でも ...
足ふみ健康ライフ」のコンセプトは、「座ったままウォーキングできるリハビリ健康器」だ。 木製の単純な器具でありながら、足の弱った高齢者や車いすの要介護者でも楽に歩行訓練ができるだけでなく、貧乏ゆすり(ジグリング)効果によって、寝たきり、認知症、ロコモ(運動器)疾患 ...
熊本市中央区九品寺のシモカワ熊大前調剤薬局では2カ月に1度、認知症の人や家族らが参加する「オレンジカフェ」が開かれている。県によると、薬局での認知症カフェ開催は県内で唯一。担当者は「介護家族の気分転...​. 続きを読む ...
市民向けの医療セミナー「第64回肥後医育塾」が16日、熊本市中央区の熊本テルサであった。「治す認知症!」をテーマに、熊本大医学部などの医師4人が登壇し、「早期の診断や生活習慣の改善で治療や予防に取り...​. 続きを読む ...
睡眠負債とは、日々の睡眠不足が少しずつ借金(負債)のように溜まることで、自身が知らないうちに身心にダメージを受ける状態のことを言います。この睡眠負債が積み重なると、日々の生活や仕事のパフォーマンスが低下するだけではなく、うつ病・がん・認知症などの疫病に ...
ホっとカフェは、高齢者への訪問事業などを行う町老人クラブ連合会の発案で、認知症予防に向け、町と町社会福祉協議会が昨年7月に始めた。周囲との交流を通し快活に暮らしてもらおうと、社協事務所を主な会場に月1回、コーヒーなどを飲みながら親睦を深めている。
東北6県の警察犬の内容別、県別出動件数の推移はグラフの通り。08年に不明者捜索は犯罪捜査の約1.4倍にすぎなかったが、認知症高齢者の徘徊(はいかい)などが増えた影響で、直近は3.5倍を超えた。秋田、山形両県警は直轄犬を保有し、残る4県警は嘱託犬に委ねて ...
思い切って、病院に『認知症なので着替えなどを手伝ってほしい』とお願いしてみたんです。そうしたら『いいですよ』って全部サポートしてもらえた。『あ、認知症だと伝えたらこんなに楽になるんだ』と思って。次はスーパー。商品の袋詰めや支払いがうまくできなかった。レジの人に ...
実母から告げられた衝撃的な一言からはじまる『わたしのお婆ちゃん 認知症の祖母との暮らし』(ニコ・ニコルソン/講談社)。正直、読むには勇気がいった。ニコさんのマンガは、震災で流されたご実家を再建する実録コミックエッセイ『ナガサレール・イエタテール』を読んでいたし、ご ...
西日本豪雨で堤防が決壊し、甚大な被害が出た岡山県倉敷市真備町地区。認知症の夫(83)を抱え、自宅近くの小学校に避難する女性(78)は「もう疲れたよ」とつぶやいた。避難所生活が始まって1週間余り。夫の症状は悪化し、周囲にも気を使う。自宅は浸水し、片付けも ...
夫が認知症「もう疲れた」=高齢の妻、負担重く-長引く避難、岡山・真備 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年07月16日(月)
高齢の身に、負担が重くのし掛かる。 「お父さん、逃げるよ」。豪雨に襲われた6日夜、夫に避難を促した。夫婦2人で暮らす家。夫は「ここにいる」と応じず、救援のボートに助けられた。女性は「今でも自分の置かれた状況を分かっていないのだろう」と話す。 避難所で暮らし始めてから、夫に以前は見られなかった症状が出 ...
避難所で活動する徳洲会医療救援隊の看護師石崎菜実子さんは、「熊本地震では要支援者らと家族を集める福祉避難所があったが、現状ではつくれていない。専門の福祉チームや地元の保健師につないだり、介護施設に入れてあげたりすることが、患者や世話をする家族の ...
大日本住友製薬株式会社(大阪市)は、パーキンソン病治療剤「トレリーフ®OD 錠 25mg、トレリーフ®錠 25mg」(一般名:ゾニサミド)について、レビー小体型認知症に伴うパーキンソニズムの効能・効果の追加に係る製造販売承認事項の一部変更承認を取得しましたと発表しま ...
エーザイ株急騰、認知症薬の開発で逆転劇! - 会社四季報オンライン (媒体での記事掲載終了) 2018年07月15日(日)
エーザイ株急騰、認知症薬の開発で逆転劇! 世界で失敗相次ぐ中、一歩リード. 大西 富士男. 2018/07/16 06:00. アプリで見る · シェア ツイート · mailto:?subject=URLをメールで送る&body=/tk/news メール · 印刷. ※本稿は『週刊東洋経済(7月21日号)』の「株up&down」記事 ...
思い切って、病院に『認知症なので着替えなどを手伝ってほしい』とお願いしてみたんです。そうしたら『いいですよ』って全部サポートしてもらえた。『あ、認知症だと伝えたらこんなに楽になるんだ』と思って。次はスーパー。商品の袋詰めや支払いがうまくできなかった。レジの人に ...
介護退職ーーそんな苦渋の選択に迫られた友人がいる。彼の母親は地方で一人暮らしをしているのだが、つい最近認知症と診断された。一人息子の彼は当然母親の介護をしたいと考えているのだが、ここで仕事を辞めてしまうと彼自身にとっても将来的に「下流老人」「老人破産」 ...
認知症になっても、かけがえのない家族であることに変わりはありません。何よりも大切なのは本人の声を聞くことです。思いが通じ合えばより暮らしやすくなる、心地よい環境を作ることで認知症の症状は必ず変わります。4つの章から構成された、暮らし方のヒントが見つかる、 ...
警察庁が16日から10月末まで常習失踪認知症高齢者4000人を対象にGPS基盤の徘徊感知器を無償で配布する。昨年6000人に感知器を配布したのに続き2度目の普及だ。指紋の事前登録などを通じ昨年認知症高齢者の発見率は99.9%水準だが、発見に多くの時間と ...
同セミナーで講師を務めるのは、新宿区『暮らしの保健室』にて高齢者の脱水対策を呼びかけている秋山正子氏と、認知症ケアで活躍している介護福祉士・和田行男氏。秋山氏は「水を向けても飲まない人へ ~誘い水としての経口補水ゼリーの効用~」、和田氏は「高齢者の脱水 ...
50歳の時点で「収縮期血圧(SBP)値が130mmHg以上」だった人は、血圧が低かった人と比べ、後に認知症を発症するリスクが高い可能性がある――そんな新たな研究が示された。 論文の筆頭著者で国立保健医学研究所(フランス)のJessica Abell氏は「正常高値 ...
多摩大学ルール形成戦略研究所は、高齢者の認知症発症トレンドや、医療費等に与える影響に関する将来予測を行い、軽度認知障害(MCI)段階での早期発見・治療・予防対策によって認知症の発症を平均5年遅らせれば、2025年時点の認知症高齢者数を40%減の水準に ...
83歳の認知症の夫が行方不明になる。「突然いなくなったと思ったら、市外まで歩き続けて」。発見場所は福井県の鯖江市、坂井市、永平寺町、福井市…。探し回ったことは30回以上。「毎回どの方角に行くかも見当が付かない。家族だけではとても見つけられなかった」。
【ユマニチュード 普及進む】<下>ケアのあり方 問い掛ける 推進の福岡市 市民向けに講座 裾野広げる - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月13日(金)
九州北部の特別養護老人ホーム(特養)の女性職員(24)もそう感じている。認知症の人を中心に約50人が入所。一度に15人 ... 福岡県の別の特養関係者も「少人数のグループホームや在宅介護なら可能だが、特に導入当初は1人の介助に時間をかけるため、入所者が100人近い施設は難しい」と明かす ...