介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
監修は、認知症の当事者の財産管理や、意思決定を支援する仕組みを研究している組織「意思決定支援機構」。医学や福祉、法律の専門家や行政、銀行などの企業が参加しており、それぞれの専門知識を生かして手引を作成した。金融機関の従業員だけでなく、認知症の人の ...
認知症というのは症状を指す言葉で、個別の病名ではありません。いわば、「頭痛」「腹痛」と同じで、その原因の病気はさまざまであるように、認知症にも原因になる病気がたくさんあります。その数は30とも40ともいわれていますが、認知症の中で50~60%を占めるのがよく知 ...
3年前に93歳で亡くなった父も認知症だった。徘徊(はいかい)し、家に戻れない父を交番まで迎えにいったこともある。父の死後、パートを始めたが、母を一人にできないと、今年の夏に辞めた。「介護は24時間365日、息つく暇もありません」. 介護の費用もかさみ、自身の ...
40歳代の高血圧女性、正常血圧の女性より認知症リスクが65%上昇 - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月18日(水)
40歳代で高血圧を発症した女性は後に認知症を発症するリスクが高いとする研究結果が「Neurology」10月4日オンライン版に掲載された。研究を率いた米カイザー・パーマネンテ北カリフォルニア研究部門のPaola Gilsanz氏は「これまで考えられていたよりも早い時期から ...
認知症とうつに詳しい東京医科歯科大の朝田隆特任教授は「とくに20~40代のうつの人は、適切な治療を受けることが重要だ」と語る。60歳より前にうつ病を発症した人は、そうでない人に比べて認知症になるリスクが高かった。そんな海外の研究報告もある。 なぜ、うつ病は ...
9月6日、太陽生命保険は、昨年3月に販売を開始した「ひまわり認知症治療保険」と「認知症治療保険」の合計販売件数が、9月5日時点で25万件を超えたことを発表しました。 同社の広報の方に確認したところ「ひまわり認知症治療保険」は、70歳以上の人の契約が過半数を占め ...
順天堂医院、認知症・パーキンソン病患者を対象に遠隔診療を本格導入 日本初 - 医療ITをドライブするメディア Med IT Tech (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科は2017年7月28日、パーキンソン病や認知症に代表される神経 疾患や慢性疾患による通院困難な患者を対象に、遠隔診療サービスを開始すると発表した。特定機能病院が、実証実験以外で遠隔診療を導入するのは日本初。
高齢化率の高い限界集落を多数抱える肝付町には、認知症の方の見守りについて喫緊の課題が横たわっていた。徘徊者の捜索である。兼ねてより、町の有志で徘徊者捜索の模擬訓練を行なうなど町ぐるみでの対策を進めていたが、2016年には3名の徘徊による行方不明事案 ...
認知症の介護にもつながる極意だと思いました。 遠距離介護の場合、普段、そばで細々とした手助けができない分、帰省時に何でもかんでも手を貸してしまっては、支援がその場しのぎで終わってしまいます。 目の前にある鍵や財布に気付かずに家中を探し回っているときも、 ...
徘徊対策に「SOSステッカー」 QRコードで連絡先確認 雲仙 見守り推進協が配布 [長崎県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
雲仙市や雲仙署などでつくる「市高齢者等見守りネットワーク推進協議会」は、認知症高齢者の徘徊(はいかい)対策として、外出時に身に付ける衣服や靴に貼るシール「SOSステッカー」を配布している。携帯電話でQRコードを読み取ると、緊急連絡先を確認できる仕組みで、徘徊 ...
岐阜県医師会と岐阜県は11月3日、認知症セミナー「認知症と共に暮らしていく」を開催する。 岐阜県医師会と岐阜県では、地域における認知症の理解を進め、認知症の高齢者やその家族が暮らしやすいよう支援する体制づくりに取り組んでいる。その一環として、県民向けの認知 ...
うち1年以内に入所が必要とされる在宅待機者は985人だった。 県内の本年度末時点の特養ベッド数は8734床(前年同期8275床)となる見通し。県は待機者について、本年度予定される認知症高齢者グループホームの整備や来年度以降の施設整備で対応する方針だ。
東京都目黒区の杉山則子さん(62)はパーキンソン病で認知症がある母、石綿久代さん(87)と2人で暮らす。15年前に実家に戻り、両親の介護を始めた。 3年前に93歳で亡くなった父も認知症だった。徘徊(はいかい)し、家に戻れない父を交番まで迎えにいったこともある。
2017年11月15日、東京都葛飾区は河西真二氏(浴風会リハビリ回復期病棟介護主任)を講師に迎え、「認知症サポーター養成講座」を開催する。 認知症について正しく学べる「認知症サポーター養成講座」では、認知症の人や家族が安心できる地域社会を目指す。 会場への ...
認知症予防支援サービス「認トレチャレンジ」を法人向けに提供開始~SRJと協業で社会人向け講座を展開する学習塾へ販売~ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
株式会社エス・エム・エス 介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、日本最大級の認知症専門サイト「認知症ねっと」において、認知症予防支援サービス「認トレチャレンジ」を法人向けに提供開始 ...
認知症予防支援サービス「認トレチャレンジ」を法人向けに提供開始~SRJと協業で社会人向け講座を展開する学習塾へ販売~ - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
厚生労働省の発表によると、2025年には65歳以上の高齢者の認知症患者は約700万人にのぼり、高齢者の約5人に1人が認知症患者になると推計されています。こうした社会背景から、「認知症予防」への関心が社会的に高まっていると推察されるなかで、当社はより多くの方に ...
認知症予防に効果があるとされる「健康マージャン」が高齢者を中心に人気が広がっている。2年前に「ぐんまねんりんピック」の正式種目になり、教室や大会を開催する社会福祉協議会も。 「飲まない・吸わない・賭けない」が前提の健康マージャンの普及で、マージャンは ...
認知症カフェのススメ~土橋カフェレポート - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
土橋カフェには、ドクターや看護師、弁護士やケアマネージャー、地域包括センターの職員など、多くの頼もしい専門職が、皆に混じって参加しています。何か問題があった時には、気軽なお喋りの中で相談に乗ってくれるのです。堅苦しさは一切なく、必要な人材にスムーズに繋い ...
東京都文京区の東京大学医学部附属病院では、認知症や生活習慣病など高齢者の病気や予防に関する、2017年度「高齢者教室」を開催します。予約不要、参加費無料にてどなたでも自由に参加できます。日程と内容は以下のとおりとなっています。 【場所】入院棟A・15階 大 ...
外出や社会交流のきっかけとして、認知症を地域で支える取り組みとして、そして情報蒐集の場としてなど、様々な役割を持つ認知症カフェが各地で増えています。参加者にとってはメリットの多い認知症カフェですが、きっかけが掴めず、未体験の方も多いのではないでしょうか。
「床に点々と糞」「おむつバトル」高齢者の“介護あるある” - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
多くの高齢者が直面するといわれる失禁。母に“その時”が来たらどんな態度で何をすればいいのか。義母のおシモ問題経験者で『伴走介護』の漫画でもおなじみのなとみみわさんに、認知症の80代の母を介護するN記者(53才)が話を聞いた――。 なとみさんは、夫と義母、息子 ...
淡路市の認知症サポーター講座 受講者5千人突破 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
兵庫県淡路市が2007年に開始した認知症への理解を深める「認知症サポーター養成講座」の受講者数が、延べ5千人を超えた。10年余りをかけて迎えた節目に、関係者は「認知症でも安心して暮らせるまちづくりを目指し、さらに取り組みを続けたい」とする。(内田世紀).
正念場の認知症研究、新薬不発 発症前治療に転換 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。発症前から治す必要があると発想を転換する動きが出始めた。国内では認知症を患う人が2025年に約700万 ...
正念場の認知症研究、新薬不発 発症前治療に転換 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。
恍惚(こうこつ)の人」から「希望の人びと」へ:4(マンスリーコラム). 認知症と診断されたとき、本人の意思はどこまで生かされるのか。本人の思いの対極にあるものは何だろうか。 認知症を公に語った女性 「しょうがない」笑顔の意味は · 39歳で若年性認知症 丹野さん「僕にとって ...
敬老の日を迎えるころに総務省統計局から、日本の高齢者動向をまとめたレポートが発表されました。それによると65歳以上(高齢者)の人口は2017年9月15日時点で3514万人となり、総人口に占める割合は、27.7%に達しました。まさに超高齢社会の日本であり「サービス ...
タイ北部・チェンマイ 海外移住 高齢化の陰 認知症 貧困 孤独死 現地 社会保障の枠外に - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
急速な高齢化に伴い、日本人の孤独死や徘徊(はいかい)が相次ぐなど、思わぬ事態が生じている。 (バンコク浜田耕治). 「おじいさんは今も元気でしょうか? 1人で部屋にこもりがちだったけど、うちの子にお菓子をくれることもあったんですよ」。チェンマイの中心部にある古びた ...
若い頃はやんちゃなイメージが強くて、それほど好きというわけでもなかった。 きっかけは友達が誘ってくれたコンサートだった。タダでチケットをくれると言うからついて行っただけで、その時はまさかこんなに好きになるとは思っていなかった。 コンサート会場で前から3列目の私に、 ...
アルツハイマー原因物質に疑念? 認知症治療の最前線 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月15日(日)
アルツハイマー病治療薬を開発するうえで有力な戦略とされてきた「アミロイド仮説」に対する疑念が表面化している。脳での有害なアミロイド(アミロイド・ベータ)沈着を妨げる働きがあるとされた治療薬候補が治験で十分な結果を残せなかったためだ。アミロイド仮説は死んだの ...
ノルウェーの18の高齢者福祉施設,352人の認知症患者(MMSE 20以下,FAST 4以上)で行われた疼痛治療のRCTでは,治療群でNPIが有意に改善(-15.9 vs. -4.8, p<0.001)し,特に興奮症状の改善が顕著だった。この結果からも,認知症患者の疼痛が,精神症状を ...