介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
視力はいいと思ってたけど、全然見えなかった」「こんなに反応できないなんて」。70歳以上が免許更新の際に行う講習に、受講者からは驚きの声やため息が漏れた。受講した東京都内で一人暮らしの主婦(72)は自らハンドルを握り、買い物に行く。「家族からは認知症になれば ...
研修は、認知症の知識を広める活動をする「日本高齢者アタッチメント協会」(本部・東京都北区、林炎子代表)が作成したソフトを使った。 参加者はゴーグルのような装置をかけると、立体映像が映し出され、首を振ると周りが見られる。「ものの名前がわからなくなる」「時間の感覚 ...
この言葉が16年を経て、現実のものになりつつある。島津製作所や国立長寿医療研究センターなどのグループは今年2月、微量の血液からアルツハイマー型認知症の原因物質とされるアミロイドベータ(Aβ)の蓄積の有無を高精度で判定できる技術を英科学誌ネイチャーに発表 ...
認知症があると、服薬管理や出先での迷子も心配だ。自身も母親の介護に当たっており、深刻になりがちな介護を“しれっと”こなすアイディアをブログなどで発信する“くどひろ”さんこと工藤広伸さんが考える、別居介護で押さえるべき点とは? 「母は、幸い薬は自分でのめるのです ...
認知症だとわかっていても、叩かれて良い気はしません。とはいえ、介助者が感情的に声を荒らげたり叩きかえしたりするわけにはいきません。人目があるということは、不適切な行動をしないための抑止となるかもしれません。しかし人目を気にして堪えることは、大きな負荷となっ ...
先日、電車に乗っていた時の出来事です。通勤ラッシュの時間を過ぎているものの座席は埋まり、立っている人もいました。 突然向かいの席に座っていた老婦人が立ち上がり ...
岐阜市にある「TS福祉介護サービス協同組合」の研修施設。十四日、外国人技能実習生への日本語の講習会があった。広東省出身の蔡冬蓮(さいとうれん)さん(26)は「祖母が認知症になった時に自分はなにもできず、後悔があった。日本で介護福祉士の資格を取りたい」と話 ...
研修は、認知症の知識を広める活動をする「日本高齢者アタッチメント協会」(本部・東京都北区、林炎子代表)が作成したソフトを使った。 参加者はゴーグルのような装置をかけると、立体映像が映し出され、首を振ると周りが見られる。「ものの名前がわからなくなる」「時間の感覚 ...
迅速な保護につながったのは大和市が2017年に導入した小型の全地球測位システム(GPS)端末の活躍が大きい。男性は自転車に乗って徘徊(はいかい)する習慣があり、家族が自転車の荷台に取り付けていた。高齢福祉課の課長の杉内直は「猛暑で捜すのに時間がかかれ ...
何もわからないし、何もできない。そんな認知症の見方をやめ、本人の意思を尊ぶ介護が重視されている。国の施策「新オレンジプラン」(2015年策定)は、これまでの施策が「支える側」の視点に偏っていたと省み、認知症の人の思いをくみ取る大切さをうたう。21日の世界 ...
昨年4月5日から始まったこの連載も1年4カ月がたちました。この欄の左下に「認知症の人と家族の会」の電話相談を案内してもらっているので、時々、「産経新聞の連載で知った」という方からも相談があり、認知症のことで悩んだり困ったりしている人に情報が届けられていること ...
アルツハイマー型認知症の原因は、脳内にアミロイドベータ(Aβ)が蓄積するためか。エーザイとバイオジェンが共同開発中の新薬候補が初めて症状の改善や進行を止める可能性を示したことは、Aβの蓄積が認知症の要因とする「Aβ仮説」が再び“創薬の中心”となる可能性を示し ...
【100歳時代プロジェクト 認知症薬に挑む】(中)正解分からず試行錯誤 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月17日(月)
アルツハイマー型認知症の原因は、脳内にアミロイドベータ(Aβ)が蓄積するためか。エーザイとバイオジェンが共同開発中の新薬候補が初めて症状の改善や進行を止める ...
(上)「進行抑える」効果の光が見えた 原因物質減少を治験で確認 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月17日(月)
製薬大手のエーザイと米バイオジェンは、共同開発中のアルツハイマー型認知症治療薬「BAN2401」の臨床試験(治験)で良好な結果が得られたことを公表した。エーザイの株価は学会を前に連日急騰し、公表直前の25日に上場来高値を更新するなど期待の大きさをうかがわ ...
「進行抑える」効果の光が見えた 原因物質減少を治験で確認 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月17日(月)
製薬大手のエーザイと米バイオジェンは、共同開発中のアルツハイマー型認知症治療薬「BAN2401」の臨床試験(治験)で良好な結果が得られたことを公表した。エーザイの株価は学会を前に連日急騰し、公表直前の25日に上場来高値を更新するなど期待の大きさをうかがわ ...
すごろくはA1判。マス目は全部で71あり、認知症の進行具合が4段階に分かれていて、マスごとに症状や支援策が記されている。水戸市が作成したすごろくを参考にした。 「変化の起き始め」と題した第1段階は「物忘れが多くなってきた」など、本人や周囲が気づける初期症状を ...
西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「認知症とサプリメント」。 * * * 【ポイント】 (1)サプリメントは使い方次第で ...
鳥取大学医学部の浦上克哉教授と勝部史也大学院生らは、動脈硬化病変があると認知症の原因となるたんぱく質「アミロイドベータ」(Aβ)が脳の神経細胞から排出されにくく、Aβが蓄積しやすいことを突き止めた。動脈硬化病変を示す頸(けい)動脈のプラーク(血管のコブ)が ...
東京都内の気温が35度を超えた8月。酷暑の街角を65歳の男性が黙々と歩いていた。隣には妻が寄り添い、片方の手でつえをつきながら歩く。顔見知りの一人が声をかけた。「仲がよろしいんですね」. 男性に異変が起きたのは5年ほど前だ。「パスワードは何だっけ」。60歳過ぎの ...
東京都内の気温が35度を超えた8月。酷暑の街角を65歳の男性が黙々と歩いていた。隣には妻が寄り添い、片方の手でつえをつきながら歩く。顔見知りの1人が声をかけた。「仲がよろしいんですね」. 男性に異変が起きたのは5年ほど前だ。「パスワードは何だっけ」。60歳過ぎの ...
診断されたとき、認知症は「忘れていく病気」だと考えて、(元子さんに)「おれの人生を預けた」と。へそくりの通帳まで預けてしまいました。でも、急激に悪くはならないし、困っていることもない。というより、困らないように努力しています。物は決めた場所に置く。出かけるときは行き先 ...
認知症や介護…シニアの人生歌に込めて 高松の介護士シンガー - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月16日(日)
昔から祖父と話すのが好きで、介護福祉士に。施設の利用者と接し、相手の記憶を丹念にたどるうち、曲や歌詞が自然に生まれてきた。 しかし、仕事は想像以上に過酷だった。体力的に行き詰まり、閉塞(へいそく)感で「周りが見えなくなった」。音楽も手に付かず、正社員として3 ...
昔から祖父と話すのが好きで、介護福祉士に。施設の利用者と接し、相手の記憶を丹念にたどるうち、曲や歌詞が自然に生まれてきた。 しかし、仕事は想像以上に過酷だった。体力的に行き詰まり、閉塞(へいそく)感で「周りが見えなくなった」。音楽も手に付かず、正社員として3 ...
茨城県つくば市の「つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」の最終審査が行われ、ペンギンシステム株式会社(茨城県つくば市)の「健診時に嗅覚も検査することで認知症に早めに気付ける社会を実現!」を含む5つの事業が選ばれました。 つくば市では、国が第5期科学 ...
高齢の女性Hさんは糖尿病に認知症も併発していました。ある病院で「認知症の人に透析をしても意味がない」と断られたと、息子さんが相談にきました。診断してみると、認知症より、糖尿病が進んで起きた尿毒症のために意識レベルが低くなっていました。透析をすれば尿毒症が ...
認知症でさまよう母、GPS機器で見張ることに抵抗持つ介護者 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月15日(土)
母はその後、認知症と診断されたが、4年前、今のサ高住に転居してからも散歩はやめず、案の定、初めての街で何度も迷子になっている。ケアマネジャーからはGPS携帯電話を提案されたが、昔から機械が苦手な母は頑として拒否。仕方なく、サ高住の事務所と私の連絡先を ...
認知症関連書籍 新刊案内 9/15 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月15日(土)
認知症を防ぐ最大のカギは耳にあった!イヤホンやヘッドホンの使い過ぎ、耳かきのしすぎは耳によくない?といった素朴な疑問に対するQ&Aから、聴力と認知機能の関係性、聞こえの改善方法など、慶応義塾大学教授・小川郁医師が全面監修した、加齢によって起こる「聞こえ」 ...
アルツハイマー病は治る: 早期から始める認知症治療. これまでにアルツハイマー病に関する2冊を含む4冊の著書を出版している、ドイツのミヒャエル・ネールス博士の新刊。生活習慣と食事の改善の他に、運動、補助的医療などを組み合わせた6か月の集中治療により認知症が ...
また、湯川さんが勤める和歌山ケアマネージャーの会理事長で、活動を応援する市原正登さんは「介護業界で人材が不足している中で、子どもたちが介護の仕事に関心を持つきっかけにもなれば」と期待を寄せている。 写真上=「飴あげる」のワンシーン、同下=手作りの人形を手 ...
老後の認知症不安、民間保険をどう考える? - 会社四季報オンライン (媒体での記事掲載終了) 2018年09月14日(金)
17日の敬老の日を前に、VR(バーチャルリアリティ)技術を活用した認知症体験セミナーに参加してきました。実際に装置を自分の頭にセットしてスタートしてみると、自分はビルの屋上から地上を見下ろしていて、今にも落ちそうな臨場感のある映像に思わず足がすくみます。