介護関連ニュース 検索結果

「認知症」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
大阪府高槻市の集合住宅で今月4日、高齢夫婦が死亡しているのが見つかった。認知症の妻(70)が衰弱死した直後、長年にわたって ... 寝たきりでしんどかったやろな」「無理やりにでも早く病院に連れて行ってあげたかった」。丁寧に書かれた文面は、妻への思いにあふれていた ...
認知症をテーマにした寸劇の練習に励む、尚志館高校の生徒=志布志市文化会館. 認知症や介護の仕事を理解してもらおうと、志布志市の尚志館高校医療福祉科の生徒が、認知症をテーマにしたオリジナル寸劇の練習に励んでいる。これまでは校内での発表にとどまっていた ...
認知症や介護の仕事を理解してもらおうと、志布志市の尚志館高校医療福祉科の生徒が、認知症をテーマにしたオリジナル寸劇の練習に励んでいる。これまでは校内での発表にとどまっていたが、12月に開かれる認知症関連の講演会で、一般向けに初めて披露する。
認知症を正しく理解し、本人や家族を見守る地域の「応援者」となる認知症サポーターが、苫小牧市内で2万人台に達した。15日、苫小牧清水小学校(松井操人校長)で6年生を対象に行われた養成講座で到達し、節目に居合わせた児童らは大喜び。当初の目標よりも順調に ...
生命保険会社で取り扱っている認知症保険は、保険会社によって、給付金の支払い要件が異なる。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が今年10月に発売した「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」の特徴は、軽度認知障害(MCI)から給付金の支払い対象となっていることで ...
『 介護レクインストラクター&認知症予防レクインストラクターW資格取得講座 』新規リリース! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年11月16日(金)
キャリカレの「介護レクインストラクター&認知症予防レクインストラクター講座」は、介護レク経験20年以上、今でも第一線で活躍するベテラン講師監修の基、「介護レクの企画・実施方法」「介護度別のレクの取り入れ方」「声掛け・進行の仕方」などの知識と技術を基礎からやさしく ...
大森医師会や大田区薬剤師会などで構成する「大森地区3師会」は14日、認知症に罹患している可能性を医師、薬剤師などの医療者が患者に簡易にチェックできる「TOP-Q(トップQ)」の取り組み状況を発表した。トップQは、動物の動きを手で模倣できるかなど3項目を質問し、 ...
認知症高齢者に声かけを 奈良市で初の見守り訓練 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年11月15日(木)
認知症の高齢者が行方不明になるケースが全国的に相次ぐなか、徘徊する認知症高齢者に声をかける模擬訓練が奈良市で初めて実施された。地域を挙げて見守り、安全を確保するのが狙い。訓練はJR奈良駅から近鉄新大宮駅にかけての路上で行われ、地域住民ら約40人が ...
県内の金融機関などでつくる県金融広報委員会と佐賀県は10日、佐賀市のアバンセで「くらしとおかね講演会」を開いた。県出身のタレント荒木由美子さんがアルツハイマー型認知症の義母を介護した体験や苦労話を佐賀弁を交えたユーモラスな語り口で報告した。 荒木さん ...
親の「認知症」、自身の「急病」や「相続問題」、頻発する豪雨や地震などの「自然災害」――。こうした日常を脅かす事態への対策はできているだろうか。万が一のとき暮らしを支えるお金の準備と資産管理を3回にわたり紹介する。第1回は親の認知症への備えについて解説する。
【浜松】浜松ホトニクスはアルツハイマー病など認知症の早期発見につながる頭部用陽電子放射断層撮影(PET)装置向けに、時間分解能が高く、早くて正確な診断を可能にす... (残り:617文字/本文:697文字). (2018/11/16 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録( ...
老人保健施設(老健)や特別養護老人ホームからデイサービス、認知症の方をサポートするグループホームなど、様々な介護サービスを総合的に展開している「みかん・こケアグループ」は現在一緒に働く職員・スタッフを求めています。 同グループでは職員一人ひとりが働きやすい ...
第1回のこの日は、町社会福祉協議会のケアマネージャーや民生委員、通りがかりの買い物客などが参加。認知症とともに前向きに生きるヒントを集めた「旅のことば」というカードを使った対話などで交流を図った。 地域包括支援センターの社会福祉士・三枝美和子さんは「認知症 ...
多くの福祉施設を手掛ける(株)メディカルケアシステムの認知症対応型グループホーム「ちいさな手ききょうの花鎌倉」が現在、入居者を募集している。同社の運営するグループホームはどこも常に満室で順番待ちも多い状態。そんな中、今回は1室のみ、新たに入居者を募集して ...
認知症の当事者らが語り合い、さまざまな情報を得ることができる集いの場が鎌倉・大船で開催される。主催は(一社)かまくら認知症ネットワーク。 鎌倉駅近くのギャラリー檜松(扇ガ谷1の7)では、若年性認知症の本人や家族らを対象とした「ほっとサロン」が11月18日(日)に ...
座間警察署(川口博幸署長)は11月8日、認知症などの診察を行う「塚原クリニック」(相模が丘・塚原信也院長)と、「地域安全に関する協定」を締結した。クリニックを訪れる該当患者やその家族に対し、振り込め詐欺の注意喚起チラシなどを渡し、警察への相談を提案するもの。
認知症患者や介護者、一般市民が集うほか専門家に相談もできる「認知症カフェ」と、一般向けの交流の場として設けられる「地域カフェ」。3回目になる交流会では、各カフェ運営者や関心のある人同士で、スタッフや参加者を増やす工夫など運営側の課題解決に向けた情報共有 ...
現在は麻雀やビーズ作りなどを行っている。多いときで20人程度集まるが、周知不足も課題という。同自治会は住民への周知を進める他、開催内容を検討。近隣の福祉施設や区社会福祉協議会、民生委員らと連携し、講師を呼んだ認知症講座や情報交換会などを考えている。
【いま注目の認知症保険】両方契約も可能な「一時金タイプ」と「年金タイプ」 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2018年11月15日(木)
生命保険会社で取り扱っている認知症保険には、所定の認知症に当てはまった場合に、一時金が支払われる「一時金タイプ」と所定の認知症に当てはまり、また、その後も支払い要件に当てはまっていれば、毎年、年金が支払われる「年金タイプ」がある。 どちらか一方だけ ...
認知症の早期診断が進むにつれ、診断された人は認知症として生きる人生が長くなりますし、介護する家族の介護の期間も長くなっています。 症状が進むほど介護は大変になると思われがちですが、実は初期の頃の方が本人も家族もつらくて大変なのです。 《夕方になるといつも ...
認知症を発症した人の財産を守る!「法定後見制度」ってどんな制度? - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月14日(水)
老後に向けてしっかり資産形成ができていたとしても、認知症を発症した場合は保有している財産が凍結されてしまいます。その対策として「成年後見制度」という制度が注目を浴びています。これには、認知症を発症した方が利用する「法定後見制度」と、意思判断能力があるうちに ...
吉野ヶ里町社会福祉協議会などがこのほど、三田川中(有馬ゆかり校長)で「認知症見守り隊」の養成講座を開いた。社協を中心に「認知症になっても安心して暮らせる ...
=東西南北= 認知症の知識深める - 47NEWS (媒体での記事掲載終了) 2018年11月14日(水)
認知症の知識深める 吉野ヶ里町社会福祉協議会などがこのほど、三田川中(有馬ゆかり校長)で「認知症見守り隊」の養成講座を開いた。社協を中心に「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」を推進。2年生 ... 記事全文を読む ❯ ...
町田市は「認知症の人にやさしいまち」の実現に向けて、2016年度に認知症当事者とその家族をはじめ、医療福祉関係者、企業、NPO、学術研究者などで話し合い、「16のまちだアイ・ステートメント(文章)」を作成した。これは「やさしいまち」のあるべき姿を認知症当事者の視点 ...
家族が認知症になったらどうなるの――。広島県呉市で暮らす年老いた両親の日々を東京で働く一人娘が撮影したセルフ・ドキュメンタリー映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」が、17日から県内で公開される。監督の信友直子さん(56)は「認知症になったから終わりでは ...
若年性認知症とは、64歳以下の人が発症する認知症。若いうちに発症するため、物忘れなどで仕事や生活に支障をきたしても認知症と気づかないケースや、うつ病・更年期障害などと誤診されることもあり、原因の特定や完治が難しい病気とも言われる。市内には200人ほどが ...
福祉クラブ生協るるる*みどり館(十日市場町840の3)で25日(日)、講座「認知症を理解する」が開催される。福祉カフェ るるる*オアシス、福祉クラブ生協地域協議会準備会主催。当日は、認知症対応型デイサービスDayみどり管理者が講師となり講座を実施。参加費用は100 ...
東京都は大規模な住宅団地に、認知症の支援拠点を開設する。区市町村に補助金を出し、高齢者が集まる拠点を設置。人員も配置し、住民間での安否確認の実施や認知機能の訓練、医療や介護の相談などに取り組む。都内では高度経済成長期に整備した団地が多く、住民の ...
(CNN) 首にある頸動脈(けいどうみゃく)の血流をわずか5分間、超音波検査で調べれば、10年後に認知症を発症するリスクが予測できるとの研究結果が発表された。 英ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームが米心臓協会(AHA)の年次会合で報告した。
【いま注目の認知症保険】認知症診断保険金と予防給付金がセットになった新商品 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2018年11月14日(水)
前回は、損害保険会社で取り扱っている認知症保険を紹介したが、今回からは、生命保険会社が取り扱っている認知症保険を紹介する。 生命保険会社の認知症保険は、被保険者(保険の対象となる人)が、まだ認知症になっていない場合に、契約することができる。 保険会社 ...