介護関連ニュース 検索結果

「訪問介護」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
現役の動物看護師が、ペットの訪問介護・看護サービスのケアペッツで独立開業!介護が必要な犬や猫などにホームケアの提供をスタート - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月16日(土)
現役の動物看護師である井上瑞穂は、2017年12月15日にペットのホームケア(介護・看護・シッター)を提供するケアペッツで独立開業し、「CARE PETS 静岡店」をオープンしました。 井上瑞穂は、公益財団法人日本盲導犬協会に勤務している中で、犬や猫の高齢化に伴う介護や看護サービスの必要性を感じていま ...
現役の動物看護師が、ペットの訪問介護・看護サービスのケアペッツで ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月16日(土)
株式会社CARE PETSのプレスリリース(2017年12月16日 14時25分)現役の動物看護師が、ペットの訪問介護・看護サービスのケアペッツで独立開業!介護が必要な犬や猫などにホームケアの提供をスタート.
訪問介護のサービス提供については、以下に該当する場合に10%減算とされているが、建物の範囲を見直し、いずれの場合も有料老人ホームなど(*)以外の一般の建物も対象とする。 * 有料老人ホームなど 養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅 1. 事業所と ...
具体的には、▽訪問介護の生活援助中心型の担い手拡大や、頻回訪問の是正対応の影響検証▽ケアマネジメントの公平中立性を確保するための取り組みの検討▽共生型サービスの実施状況の把握と運営基準・報酬のあり方の検討▽AIやICTなどの効果的活用方法の検討▽介護職員処遇改善加算の ...
訪問介護市場をディスラプトするHonorーーアルゴリズムを武器に変革を起こす「スマート介護」とは - THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (ブログ) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月12日(火)
こちらのデータ では、2015年時点で65歳以上の日本人高齢者比率は25%に及び世界一のスピードで高齢化が進んでいると指摘されています。また、2025年までに75歳を超える後期高齢者の比率が30%を超える「2025年問題」が大きな社会問題として日本では顕在化しています。 日本での高齢者向け生活産業 ...
来年度の介護報酬改定で訪問介護の集合住宅にかかる減算を拡充する −− 。この路線に変更はないが、厚生労働省は6日の審議会で既に提示した具体策を修正する意向を明らかにした。 第155回社会保障審議会介護給付費分科会資料 減算の割合を引き上げるターゲットを縮小し、同一の敷地内、あるいは隣接 ...
訪問介護の集合住宅減算「50人以上」で強化 - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2017年12月07日(木)
12月6日に開かれた厚生労働省の社会保障審議会・介護給付費分科会では、2018年度介護報酬改定における訪問系サービスと定期巡回・随時対応型訪問介護看護の集合住宅減算の見直しについて改めて議論した。厚労省は11月1日の介護給付費分科会で示した改定案を一歩後退させ、現行の集合住 ...
来年度の介護報酬改定をめぐる審議会の議論が大詰めを迎えている。 6日の会合では審議報告の案について意見を交換。訪問介護の生活援助の基準を緩和し、新たに創設する短時間の研修を受ければホームヘルパーでなくても担えるようにすることなど、これまでのプロセスで厚生労働省が提案した具体策の ...
厚生労働省は6日、2018年度介護報酬改定に関する報告書案を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の分科会に提示した。訪問介護のうちホームヘルパーが家事を行う「生活援助」のヘルパーの資格要件を緩和し、担い手を拡大する。分科会は来週にも報告書をまとめる。 報告書案はまた、財源が限られる中で ...
厚生労働省は2018年度介護報酬改定に向け、掃除や洗濯などの生活援助を中心とする訪問介護について、18年10月から利用回数の多いケアプランをケアマネジャーが市町村に届け出て、市町村が地域ケア会議などで内容を検証する仕組みを設ける方針を固めた。11月22日に開いた社会保障審議会介護 ...
定期巡回・随時対応型訪問介護看護(定期巡回・随時対応サービス)事業所が、「地域の利用者」にもサービスを提供しなければならないことを明確にする―。 12月1日の社会保障審議会・介護給付費分科会で厚生労働省は、こうした方針も示しました。「同一敷地内の集合住宅の居住者」のみにサービスを提供して ...
寝たきりなどで移動が困難なため、自宅で付きっきりの看護をする家族の負担は大きい。 病院で、こうした子どもや家族と接してきた村上さんは、退院後の生活を支える環境の乏しさを目の当たりにして、ステーション設立を志し、昨年末に加古川中央市民病院を退職した。県の女性起業家支援の助成を受け、自宅近くのマン ...
介護報酬についてはマイナス改定を要求。「高齢者がますます増加していくなか、費用の伸びを極力抑えていかなければ、これを賄う国民負担の大幅な増加を招くことになる」と訴えた。また、「事業者の利益率は訪問介護や通所介護などで比較的高い水準」と指摘。「報酬水準の ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)・保育事業(認可保育所運営)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。17年3月期セグメント別 ...
【ゆうゆうLife】「生活援助ヘルパー」の訪問介護 現場から不安の声も(1 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月23日(木)
要介護の高齢者宅に介護ヘルパーがやってきて、食事作りや掃除などをしてくれる介護保険の「生活援助」。これに携わる介護職について、厚生労働省は平成30年度から、 ...
2017/11/22 - ソラスト(6197) の関連ニュース。 ソラスト 6197.T はしっかり。21日の取引終了後に発表した10月介護サービス利用状況で、訪問介護利用者数が前年同月 ...
ソラスト<6197>はしっかり。21日の取引終了後に発表した10月介護サービス利用状況で、訪問介護利用者数が前年同月比22.7%増、デイサービス利用者数が ...
センコーグループホールディングスは、人々の生活を支援する企業グループとして、昨年10月に訪問介護事業や住宅型有料老人ホームなどを運営する「けいはんなヘルパーステーション」(久保吉伸社長、奈良市)をグループに加え、ライフサポート事業を進めている。
介護報酬不正受給で処分へ、奈良 - SWI swissinfo.ch - swissinfo.ch (媒体での記事掲載終了) 2017年11月21日(火)
介護施設でフィリピン人職員に過酷な労働を強いたとして問題になった介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が運営する奈良市の訪問介護事業所で介護報酬の不正受給など ...
介護報酬不正受給で処分へ、奈良 - ロイター - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2017年11月20日(月)
介護施設でフィリピン人職員に過酷な労働を強いたとして問題になった介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が運営する奈良市の訪問介護事業所で介護報酬の不正受給など ...
介護報酬不正受給で処分へ、奈良 - Record China (媒体での記事掲載終了) 2017年11月20日(月)
介護施設でフィリピン人職員に過酷な労働を強いたとして問題になった介護会社「寿寿」(大阪府東大阪市)が運営する奈良市の訪問介護事業所で介護報酬の不正受給などがあったとして、市が近く事業所の指定を取り消す... 【記事を読む】. ※本記事はニュース提供社の記事 ...
月100回超も…訪問介護の使いすぎ、自治体ごと検証へ:朝日新聞 ... - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月18日(土)
厚生労働省は訪問介護の利用回数が多い人たちについて、自治体が設ける専門職らの会議で妥当性を判断する仕組みを導入する方針を固めた。財務省が月100回以上 ...
厚生労働省は17日、高齢者が訪問介護サービスを頻繁に使う場合、担当ケアマネジャーのつくった介護計画(ケアプラン)が適切かどうか市町村が点検する仕組みを導入する方針を固めた。来年10月の実施を目指す。過剰な利用を是正し、給付費用を抑える狙い。22日に開く ...
特養だけでなく老健でも同様の措置を講じるという。 厚労省の担当者はこの日の会合で、「入所者が自宅へ戻られる場合にどんなサービスが必要なのか、施設のケアマネジャーに確認してもらうことを想定している」と説明。「施設の職員が直接支援に入るだけでなく、訪問介護の ...
通所介護とそれに併設する訪問介護や居宅介護支援などの設備は、サービスの提供に支障がない範囲で共用できる −− 。厚生労働省は8日の審議会で、来年度から改めてそう明確化する方針を示した。現行の基準は曖昧で分かりにくい、といった指摘に配慮。委員から大筋で ...
老人ホーム破綻 事業継承者が不利益変更契約を強いてきたら? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月05日(日)
介護業界では、近年、倒産や休廃業が急増している。東京商工リサーチによれば、2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件にのぼり、過去最多を更新した。 倒産の原因には、介護報酬のマイナス改定や、資金調達力に劣る新規事業者の参入などが挙げられている。倒産の業種では訪問介護がもっと ...
老人ホーム併設の集合住宅、訪問介護を抑制 厚労省 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月02日(木)
厚生労働省は訪問介護サービスの使いすぎを抑える。有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅(サ高住)など訪問介護事業所が併設された集合住宅に住む人について、 ...
生活援助中心型の訪問介護の従事者を育てる研修(新研修)を創設し、介護人材確保の裾野を広げてはどうかー。 社会保障審議会の介護給付費分科会が11月1日に開いた会合では、厚生労働省のこうした提案をめぐって議論しました。新研修の創設に強く反対する委員はい ...
介護業界では、近年、倒産や休廃業が急増している。東京商工リサーチによれば、2016年には老人福祉・介護事業の倒産件数は108件にのぼり、過去最多を更新した。倒産の原因には、介護報酬のマイナス改定や、資金調達力に劣る新規事業者の参入などが挙げられている。倒産の業種では訪問介護がもっとも ...
厚生労働省は1日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、訪問介護の集合住宅にかかる減算を来年度から拡大する方針を示した。 第149回社会保障審議会介護給付費分科会資料 現行では有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などに限定しているが、これら以外 ...