介護関連ニュース 検索結果

「要支援」に一致した記事 (549件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
介護保険の訪問看護、要支援・要介護で基本報酬を別々に設定へ:日経 ... - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2017年11月09日(木)
介護保険の訪問看護について、2018年度介護報酬改定の論点が社会保障審議会・介護給付費分科会で11月8日に提示された。注目点は、要支援者と要介護者で介護 ...
実は介護保険制度は今、大きな危機に直面しています。 介護保険制度が始まった当初に比べ、要介護や要支援の認定を受けた人は約3倍に増えました。 それに伴って介護にかかる費用も膨張して年間10兆円を突破しています。 一方で、65歳以上の人が負担する介護保険料も ...
要介護(要支援)認定者数は、2016 年3月末時点で620万人を超え、介護費用は10兆円に迫ろうとしている。高齢化の進展で今後も利用者数の増加は必至であり、2025 年の介護費用は20 兆円を超えるとの予想もある。
<安倍政権のシニア政策>年金カット、介護は負担増「法改悪のツケが一手に集中」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月20日(金)
しかし、高齢者の社会保障は下の「安倍政権の主なシニア向け政策」のとおり「改悪」されてきた。年金支給額が実質的に減らされる通称「年金カット法」が'16年に成立。介護では、特別養護老人ホームの入所条件が厳しくなり、要支援1、2は介護保険からはずされた。一方で ...
2018年度介護・医療・福祉同時改定に一早く対応する“デイサービス・デイケア”“認知症ケア”の全国大会を広島で開催 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月11日(水)
要支援者の大幅な単価の引き下げ」「通所介護と通所リハビリテーションの機能分化の強化」「外来維持期リハの廃止による介護保険でのリハビリ機能強化(通所リハ・老健)」「共生型サービスの新設」「多死時代への対応」「包括報酬サービス(定期巡回随時型、小多機、看多機) ...
諏訪広域連合は、2016年度の介護保険事業の運営状況をまとめた。諏訪6市町村の要支援・要介護認定者は1万723人で高齢化に伴って前年度より217人(2.1%)増えたが、介護保険サービスの費用を示す保険給付費は3700万円(0.2%)減の164億1600万円となった。
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。 全高齢人口3,446 ...
一時は起き上がれないほど悪化したため、病院に駆け込み、介護の申請手続きをした。当初の認定は「要支援1」。これは日常生活をほぼ一人でできるレベルだ。だが、その後フジ子さんは1日に10回も食事をするなど、認知症とみられる行動が目立つようになり、現在は日常生活 ...
どう乗り越える「大介護時代」-「老老介護」支える高齢介護者 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月12日(火)
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。 全高齢人口3,446万人の要介護等認定者率は18 ...
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。全高齢人口3,446 ...
ロボットが拓く未来の介護 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月05日(火)
まずスタジオを訪れる要支援・要介護者認定を受けた利用者を、最初に入口でお迎えするのはパルロです。搭載されている顔画像認識機能で、パルロと友達になった利用者にはお名前で声かけ、親しみを込めた挨拶をします。 そして約3時間の機能回復訓練(リハビリプログラム) ...
ポラリスは自立支援特化型デイサービスを通じて、要支援・要介護の高齢者の心身機能改善と共に、国庫による介護保険の負担を削減しています。我々の投資判断基準は強い社会的インパクトと経済的リターン。ポラリスの活動が広がり日本の社会保障が変わることを期待し ... 特別養護老人ホームで寝たきりの方を自 ...
県内の要介護・要支援認定者数は昨年9月末時点で10万7826人となり、介護保険制度がスタートした2000(平成12)年度から約6万5000人増え、約2.5倍となった。高齢化の進展や、東京電力福島第一原発事故による避難に伴う健康状態の悪化などが要因とみられる。
対象となるのは、要介護または要支援の認定を受けており、医療保険サービスと介護保険サービスの両方を利用している人。自己負担額は、同一世帯で合算となります。ただ、同一世帯であっても、夫が後期高齢者医療保険、妻が国民保険など、違う保険制度になる場合は別々 ...
軽度介護の担い手不足、地方で深刻 京都、都市部と格差 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月19日(土)
介護保険の「要支援1、2」の人向け一部サービスが4月から市町村事業となり、国は介護の専門職でない住民主体のサービス提供を促すが、担い手不足は京都府内でも深刻だ。人口減が顕著な自治体からは「人材豊富な都市向けの制度。介護の地域格差が広がる」と批判の声 ...
軽度者介護自治体移行 県内11市町が「苦労」 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月19日(土)
要介護度が低い「要支援1、2」の高齢者が利用する通所介護(デイサービス)と訪問介護(ホームヘルプ)が介護保険から市町村の事業に移行したのに対し、佐賀県内の11市町が「運営に苦労している」と回答した。国が検討する事業の移行拡大についても、13市町から反対が ...
静岡県が16日までにまとめた2015年度の介護保険事業状況によると、65歳以上の第1号被保険者数は103万4703人で、介護保険制度導入時の00年度と比べて1・52倍に膨らんだ。要介護(要支援)認定者数は2・48倍の16万4153人。利用者負担を除いた介護給付費 ...
高齢社会に必要な介護保険って何を保障してくれる保険なの? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月15日(火)
要介護状態区分は軽い状態から順に「要支援1」「要支援2」「要介護1」「要介護2」「要介護3」「要介護4」「要介護5」となります。非該当の場合もあります。要介護1~5の場合は、自立生活への支援を目的とした在宅(訪問介護等)や施設(介護老人福祉施設等)、地域密着型( ...
高齢社会に必要な介護保険って何を保障してくれる保険なの? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月14日(月)
要介護1〜5の場合は、自立生活への支援を目的とした在宅(訪問介護等)や施設(介護老人福祉施設等)、地域密着型(夜間対応型訪問介護等)等の介護給付サービスを利用できます。要支援1〜2の場合は、重度化の予防・状態の改善を目的とした在宅や地域密着型(一部) ...
増える介護負担にも福利厚生倶楽部の「家事代行補助制度」は有効高齢者人口の増加に伴い介護制度上の要支援・要介護認定者も増え、介護による離職者は年間約10万人ともいわれています。介護者の多くは企業においての管理職を担う ... さらに、介護による日常的負担を軽減するとともに、本制度では全 ...
沖縄県内で介護保険サービスを利用するのに必要な要介護(要支援)認定を受けた65歳以上高齢者のうち、何らかの支援が必要な認知症と判定された人は3月末現在、3万9574人と過去最多になったことが29日、県高齢者福祉介護課のまとめで分かった。 この記事は有料 ...
厚生労働省が発表した2015年度介護保険事業状況報告で、県内の65歳以上に占める要介護・要支援認定率が22・2%となった。2年連続の全国最高であり、それに伴って、介護保険給付費も増加する状況が続いている。 [続きを読む] ( 2017年7月4日 更新) ...
株式会社ジェイアール東日本スポーツが運営する運動型通所介護施設【プラチナジム】新店舗がさいたま市武蔵浦和に2017年7月誕生! - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年07月03日(月)
株式会社ジェイアール東日本スポーツ(以下、当社)は、2017年7月3日(月)に、運動型通所介護施設であるジェクサー・プラチナジムの5店舗目、「ジェクサー・プラチナジム武蔵浦和店」を開業いたします。要支援及び要介護の方を対象に、からだとココロの健康づくりをサポートし、 ...
民間にも介護に備える介護保険があります。支払い条件に該当すると、介護一時金や介護年金が受け取れます。支払い条件は商品によりますが、一般的には要介護2か3以上で受け取れます。 ただし「少額短期保険」には、要支援1以上で介護一時金が受け取れる保険が ...
2016年、75歳以上の要介護者・要支援者については、主に介護する人の30.2%が「75歳以上の配偶者」であり、いわゆる老老介護の世帯が3割を超えている―。 厚生労働省が27日に公表した2016年の「国民生活基礎調査の概況」から、このような状況が明らかになりました( ...
介護保険のサービスが削減されても、保険料は高くならない方がよいと考える人の割合が増えていることが、諏訪広域連合が在宅で暮らす6市町村の要支援・要介護認定者を対象に実施したアンケート調査(速報)で分かった。 調査は3年に1度行っていて、今回は第7期介護保険 ...
簡単にいえば、軽度要支援高齢者を病院や介護施設から締めだし、自宅に帰らせて、地域住民のボランティアなどによって介護をするという取り組み。軽度要支援高齢者は普通に歩行ができる認知症高齢者が多く、間違いなく大混乱となります。普通に考えて徘徊による高齢者の ...
介護予防の拠点開所 福祉センター内で週1 金ケ崎 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月07日(水)
金ケ崎町社会福祉協議会が2017年度から町の事業所指定を受けて実施する、通所型サービスA(一般型)事業所の開所式は6日、同町西根南花沢の町福祉センターで行われた。町内の介護保険要支援1、2認定者らを対象として原則毎週火曜に同センターで開設。体操や ...
岡山県は6日、県内の3月末時点の要支援・要介護認定者が前年同期比1・0%増の11万4824人となったことを明らかにした。高齢化を背景に、この10年間で約3割増えた ...
金ケ崎町社会福祉協議会(佐藤惇会長)は6日、同町西根の福祉センター2階に、高齢者の介護予防などを行う通所型サービスA事業所を開所した。 同事業所は、要支援1、2の認定を受けた人や、生活機能が低下するなど事業対象と判断された人が利用できる。週1回、個別に ...