介護関連ニュース 検索結果

「要支援」に一致した記事 (603件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
介護の検討を始める基準は『要支援1』の前段階となる『事業対象者』から. 介護をしなければならない状態かどうかを判断するための基準となる国が定めた7区分の「介護認定」。介護保険の対象となる初期段階となるのが『要支援1』だが、これは具体的にどういった状態を指すの ...
介護の実態を理解するうえで、もっとも明確な基準となる「介護認定」レベル。具体的には「要支援1〜2」から「要介護1〜5」までの2種7区分にわかれている。認知症の進行や身体機能の低下などによって異なるものの、介護認定の目安は以下のようになるという。 身のまわりの ...
調査方法:WEBアンケート 対象医薬品:骨粗鬆症患者(要介護、要支援)に処方されている医薬品全般 (骨粗鬆症治療薬、血管拡張剤、不整脈用剤、降圧剤、高脂血症用剤、血液凝固阻止剤、抗血小板剤、消化性潰瘍用剤、制酸剤、下剤、浣腸剤、アセチルコリンエステラーゼ ...
和歌山県内で昨年9月までの1年間に仕事を辞めた人のうち、家族らの介護や看護が理由の人の割合は3・3%(全国平均1・8%)で、47都道府県で最も高いことが、総務省の「就業構造基本調査」(2017年)で分かった。県は、全国的にみて高い高齢化率や要介護・要支援認定 ...
要介護の親に手をあげる子は家族失格か | プレジデントオンライン - PRESIDENT Online (媒体での記事掲載終了) 2018年07月22日(日)
どうすれば介護のストレスを減らせるのか。厚生労働省によれば日本国内の要介護(要支援)認定者数は、643.7万人(男性201.6万人、女性442.…
夫が認知症「もう疲れた」=高齢の妻、負担重く-長引く避難、岡山・真備 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年07月16日(月)
避難所で活動する徳洲会医療救援隊の看護師石崎菜実子さんは、「熊本地震では要支援者らと家族を集める福祉避難所があったが、現状ではつくれていない。専門の福祉チームや地元の保健師につないだり、介護施設に入れてあげたりすることが、患者や世話をする家族の ...
身体的な介護はせず、腰が痛い場合に掃除を代行したり、足が痛い人の日用品の買い物を代わりにしたりする。サービスを受ける高齢者はケアマネジャーなどへの相談が事前に必要となる。 利用料は最大で2時間利用しても350円。足腰を痛めた高齢者が家にこもり、寝たきりに ...
【「よかとこ」へ心一つ 高齢期のまちで】<7>避難時の助け合い 道半ば - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月12日(木)
昨年の九州豪雨を機に、同センターなどは避難に手助けが必要な高齢者や障害者など要支援者の避難先として、地域の介護や医療などの事業所に協力を依頼。 ... 福岡市は提供(貸与)先として「校区・地区の自治協議会と社会福祉協議会、民生委員・児童委員」と規定する。
JR豊栄駅前に複合型の介護事業所が完成 7月14日(土)~16日(月・祝 ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年07月10日(火)
【サービス付き高齢者向け住宅 愛広苑弐番館の概要】 ○ご入居いただける方 60歳以上の方 40歳以上で、要支援または要介護の認定を受けている方○このような方に ...
BPSDの要介護度悪化、生活行為の自立度が関連 厚労科研の研究班が分析 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年07月05日(木)
研究班は、2014年度に介護保険認定の調査を受けた2万4535人と16年度に調査を受けた2万6252人を調べた。14年度の要支援認定者のうち2年後の経過を追跡できた6219人について、認知機能正常群と認知機能低下群のそれぞれの群で、2年後の介護度認定の変化 ...
QRコード使って徘徊高齢者保護へ 千葉市「どこシル伝言板」導入 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月01日(日)
千葉市は、要介護認定か要支援認定を受け、徘徊の症状がみられる市内在住の高齢者を対象に、申請を受け付ける。希望者は市内六区の各保健福祉センター高齢障害支援課に申請書を提出する。受け付け後、QRコードのラベルやシール計四十枚が無料で配られる。
高齢者や障害者向けの運動器具として開発されたケアトランポリン。安全性が高くひざへの負担も軽い。上下運動が心身を活性化させるとして、介護予防や要支援と認定された高齢者の機能維持に活用されている。 口の機能、健康のカギ かむ力や飲み込む力、保つには?
高槻、摂津両市は名簿は使わず障害福祉事業所への連絡や独自の独居高齢者名簿などで安否を確認。一方、吹田、枚方、箕面の3市は安否確認自体をしていない。吹田市の担当者は「避難準備情報や避難勧告が出されていないため、安否確認しなかった」と説明している。
グループホームは、認知症の高齢者に対して、家庭に近い環境で共同生活を送りながら、認知症の改善や認知機能の維持を目指す共同生活住居。認知症専門の経験豊富な職員が24時間体制で生活をケアし、家庭的で安全な環境をサポートする。要支援2以上で、認知症と診断 ...
「“食ぼそり”負のスパイラル」が寝たきりと要介護を招く! - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年06月20日(水)
こう話すのは、タニタヘルスリンクの管理栄養士で、健康運動指導士の龍口知子さんだ。厚生労働省の'16年度の調査によれば、要支援や要介護が必要になったきっかけは、認知症が18%、高齢による衰弱が13.3%、骨折・転倒が12.1%、関節疾患が10.2%となっている。
厚生労働省の'16年度の調査によれば、要支援や要介護が必要になったきっかけは、認知症が18%、高齢による衰弱が13.3%、骨折・転倒が12.1%、関節疾患が10.2%となっている。 「そして、これらを引き起こすのが、高齢者に多い『サルコペニア』や『フレイル』と呼ばれる状態 ...
そんな悩みを抱えているあなたは、“寝たきり予備軍”かも。老後を元気に生きる ... 厚生労働省の'16年度の調査によれば、要支援や要介護が必要になったきっかけは、認知症が18%、高齢による衰弱が13.3%、骨折・転倒が12.1%、関節疾患が10.2%となっている。 若いころに ...
ウチヤマホールディングス(HD)は、大阪北部の地震で被災した要介護高齢者(65歳以上で要支援1~要介護5)を、子会社の介護施設に無償で受け入れる。一時避難先として、大阪府内の3施設など全国99施設で約100室を用意。部屋代や食費など入居料を無料とし、リハビリ ...
11年当時、要支援・要介護状態でなかった人は6603人。その中で「近所づきあいがない」「独居」「ボランティアなど社会参加をしていない」「経済的に困窮」の4項目のうち、二つ以上が該当する社会的つながりが弱い人は1186人いた。うち約半数の575人が6年後までに要 ...
南海トラフ「臨時情報」へ県が対応案 高齢者らに事前避難促す - 産経 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年06月15日(金)
「南海トラフ地震に関する臨時情報」発令時の県の対応を協議する県防災会議専門部会が15日開かれ、危険予想地域の要支援者らを対象に「避難準備・高齢者等避難」 ...
11年当時、要支援・要介護状態でなかった人は6603人。その中で「近所づきあいがない」「独居」「ボランティアなど社会参加をしていない」「経済的に困窮」の4項目のうち、二つ以上が該当する社会的つながりが弱い人は1186人いた。うち約半数の575人が6年後までに要 ...
岡山県は5日、県内の3月末時点の要支援・要介護認定者が前年同期比0・9%増の11万5849人となり、過去最多を更新したと明らかにした。介護保険制度が始まった2000年度の約2・4倍。同日、岡山市内で開かれた県介護保険制度推進委員会(会長・小池将文川崎医療 ...
動けなくなる前に、福祉村のような所に出てきてほしい。高齢者サロンの小規模サテライトなどもやっていきたい」と話す。「近くに身内がいないと、高齢者にはできないことも多く、生活支援が必要。困っていれば、要支援要介護に関係なく助けていきたい」と、力強く語った。
【特集】アクティブシニアサポート ~注目の骨・筋肉商材~ - 健康メディア.com (媒体での記事掲載終了) 2018年05月21日(月)
わが国では、総人口の4人に1人以上が65歳以上の高齢者という超高齢社会に突入。1990年代と比べ、前期高齢者の運動能力は10歳前後の“若返り”をみせているが、一方で要介護者・要支援者と認定された後期高齢者たちは10年前と比べ5割以上増加している。アクティブシニアの関心は健康な心身で老後 ...
高齢化の進展とともに、要介護者の数は年々増加を続けています。平成27年度の要介護(+要支援)認定者数は620万人に上っています。介護保険導入年(平成12年)の数は256万人でしたから、要介護者数は15年で倍以上になったわけです。(「介護保険事業報告年報」).
プラッツ—3Q増収、福祉用具流通市場、高齢者施設市場、海外市場で2ケタ伸長 - まぐまぐニュース! (媒体での記事掲載終了) 2018年05月07日(月)
福祉用具流通市場の販売実績は前年同期16.2%増の31.30億円となった。介護保険制度の状況において、18年1月時点の要支援及び要介護認定者の総数は、前年比で1.9%増加し656万人、総受給者数は同3.7%減少し499万人となっている。また、福祉用具貸与制度 ...
数年前から車いすでの生活となり、事件当時の介護区分は、生活全般に介助が必要な「要介護3」だった。 夫も長年の介護で腰の骨を圧迫骨折し、しゃがんだり、立ったりすることさえ困難に。脳梗塞(のうこうそく)も発症し、自身も日常生活で支援が必要な「要支援2」と認定された。それでも、妻の通院の付き添いや入浴 ...
団塊の世代が全員75歳以上になり、後期高齢者が急増する「2025年問題」に備えるため、介護の担い手を増やす必要がある。 道は、25年に要支援・要介護者が17年度比7万4千人増の39万5千人に増えるため、介護職員も2万5千人多い11万7千人が必要になるとの推計をまとめた。 本年度から3年間の「道高 ...
伊勢喜屋グループ(茨城)はいままで要介護の方を対象に有料老人ホームの運営をしてまいりました。しかし、自立の方、要支援の方を対象外としていたため、生活保護を受けており身寄りがなく比較的お身体が元気な方たちを受け入れる施設がないという状況でした。今回、伊勢喜屋グループと一般社団法人ロン ...
要介護・支援 25年度39・5万人 道推計 担い手2・5万人増必要、助手養成拡大へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了) 2018年04月19日(木)
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員 ... [記事全文]. 関連記事一覧 · 16日のボストン・マラソンで初優勝し、久喜高校の竹本淳. 川内選手がプロ転向 公務 ...