介護関連ニュース 検索結果

「要支援」に一致した記事 (574件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
伊勢喜屋グループ(茨城)はいままで要介護の方を対象に有料老人ホームの運営をしてまいりました。しかし、自立の方、要支援の方を対象外としていたため、生活保護を受けており身寄りがなく比較的お身体が元気な方たちを受け入れる施設がないという状況でした。今回、伊勢喜屋グループと一般社団法人ロン ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員 ... [記事全文]. 関連記事一覧 · 16日のボストン・マラソンで初優勝し、久喜高校の竹本淳. 川内選手がプロ転向 公務 ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員は同2万5千人増の11万7千人に上るとの推計をまとめた。本年度から3年間の「道高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援 ...
従来の予防給付から「新しい総合事業」へ移っていく経過期間が終わるタイミングで、要支援者に対する訪問介護や通所介護から撤退する事業者がいる −− 。そう答えた市町村が全国676ヵ所にのぼるという調査の結果を、厚生労働省が新たに明らかにした。 事業者が撤退したことで、必要なサービスを提供していくた ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
要支援向け介護の事業者、676市区町村で撤退意向 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月12日(木)
撤退の理由は、もともと利用者がいないことなどが挙げられていたという。また、重度者に比べて報酬が低いことの影響もあるとみられる。 利用継続のため別の事業者に引き継ぐなど調整が必要になったのは、83市区町村の610人。このうち607人は別事業者で利用を続けたり、利用をやめたりしたが、内訳はわかってい ...
未曽有の少子高齢化が進む我が国では、▽要支援・要介護ニーズを抑え▽高齢者を介護の支え手として迎え入れる―ことが必要不可欠である。とくに後者については、元気高齢者を「介護サポーター」として迎え入れることで、専門職である介護職員等の業務負担等が図られ、人材の確保・定着にもつながる。ただし ...
玉野市は3年ごとに見直す65歳以上の介護保険料(基準月額)について、4月以降も現行の6千円を据え置く方針を決めた。現在の保険料の算定根拠の一つとなった2015~17年度の要支援・要介護者数が見込みを ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます ...
介護はみんなで支える 穴水でボランティアら会合 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月23日(金)
介護予防や要支援の高齢者に地域ごとのサービスを提供する「介護予防・日常生活支援総合事業」の説明会が二十三日、穴水町甲の兜(かぶと)公民館であった。 兜地区のボランティアら約五十人が出席し、支え合いの体制づくりを話し合った。 介護予防・日常生活支援総合事業では、介護保険でまかなわれ ...
軽度介護、250自治体で撤退 - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2018年02月20日(火)
加藤勝信厚生労働相は20日の衆院予算委員会で、市区町村が手掛ける軽度者向け介護サービスについて、全国の250自治体で事業者が撤退の意向を示しているとの1月時点の調査結果を明らかにした。事業者の人手不足や、大手の撤退が相次いでいることが影響したとみられる。 要介護度が低い要支援1、2を ...
第2は、サービス付き高齢者住宅やデイサービスを利用している要支援2~要介護2に認定された高齢者を対象にする。農作物の栽培や保育園行事の手伝い、施設での掃除などの仕事を行ってもらう。 第3は、デイサービスやサービス付き高齢者住宅、グループホーム、特別養護老人ホームなどを利用する要介護1 ...
認知症に、初期集中支援 茂木町が高齢者などの福祉計画素案 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月17日(土)
【茂木】町は2018年度から3年間の高齢者保健・福祉などの方針を示す「町高齢者総合保健福祉計画(いきいきプランもてぎ)」と「町障害児者福祉計画」の素案をまとめた。20日までパブリックコメントを実施している。 高齢者計画では、町の現状について17年10月現在で38・2%に達する高齢化率のほか、要支援・介 ...
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...
「働く世代」の介護者、支援も手薄で「孤独」...小室さんの苦悩、他人事ではない - 弁護士ドットコム (媒体での記事掲載終了) 2018年02月01日(木)
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...
死亡年齢は現在の女性の平均寿命87歳よりも4~5年延びることが予想されますので、92歳(93歳の誕生日の前日)に死亡すると仮定しています」(齋藤さん). 例:85歳のAさんは自宅での生活も可能な要支援2だったが、一人暮らしということもあり、安心するために早めに入所を選択(※入居金720万円)。24時間の見 ...
介護サービス利用者が増加する中、昨年の老人福祉事業者の倒産件数は過去2番目、負債総額は過去最大を記録した。 厚生労働省は1月15日、「介護保険事業状況報告 平成29年10月分(暫定)」を公表した。それによると、10月末時点の要介護. ・要支援認定者数は前年同期比11万9,000人増の641万6 ...
今年発表された調査によると、要支援・要介護者の「介護が必要となった主な原因」として、認知症が初めて1位となるなど、患者数が増加しており、高齢者が住み慣れた地域で生活を続ける上で、特に認知症に対する適切なアプローチが求められています。 そこで今回、ヒューマンライフケア社が運営する全国のデイサ ...
男性用脱毛クリニックの、脱毛を施術する部屋。ツルツル肌は若者ばかりではなくなっている(写真:メンズリゼ提供). 脱毛は「女性」から「男性」へ、「美容」から「介護」目的へと変化している。 厚生労働省の調べによると、2017年9月時点で、要介護・要支援認定者数は全国で約640.7万人いる。両親を介護したり、知人の介 ...
ヒューマンライフケア 2018年3月1日に立川グループホーム・立川の宿(東京都立川市)、新百合ヶ丘グループホーム(川崎市)をオープン! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年01月05日(金)
当社が東京都立川市に新設する「ヒューマンライフケア立川グループホーム」と、神奈川県川崎市麻生区に新設の「ヒューマンライフケア新百合ヶ丘グループホーム」は、9人を1ユニットとした2ユニット計18人を定員とするグループホームです。認知症と診断された要支援2以上の方へ、スタッフが一緒に日常の家事などを ...
策定が進まない理由について、25都府県が手助けする人の不足を挙げた。策定率18・5%(同)の熊本県の担当者は「支援の中心となる民生委員が地域の高齢化で不足している」と話した。 国の指針は1人の支援者に負担が集中しないよう求めているが、兵庫や長野、埼玉、高知、熊本、福岡など7県では、複数 ...
ヒューマンライフケア デイサービスで2018年1月から認知症予防プログラムをスタート - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月26日(火)
今年発表された調査では、要支援・要介護者の「介護が必要となった主な原因」として、認知症が初めて1位となるなど、患者数が増加(厚生労働省「2016年国民生活基礎調査(概況)」=右表=)。高齢者が住み慣れた地域で生活を続ける上では、特に認知症に対する適切なアプローチが求められています ...
県は平成28年度の「介護保険事業状況報告」を発表した。今年3月末現在の要介護、要支援の認定者数は3万8103人(前年度比0・9%増)で、統計を取り始めた平成12年度以降で最多となった。保険給付額も651億6439万円(同0・9%増)と過去最高を更新。65歳以上の被保険者数も過去最高の24万1509人(同1 ...
要介護度が低い要支援1と2の人向けのサービスを介護保険から切り離して本年度から市町村が担うことになった介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」について、岡山県内の全27市町村のうち、「事業移行に賛成」「事業が円滑に進んでいる」とする自治体がいずれも4市町にとどまっていることが、山陽新聞 ...
介護保険の訪問看護、要支援・要介護で基本報酬を別々に設定へ:日経 ... - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2017年11月09日(木)
介護保険の訪問看護について、2018年度介護報酬改定の論点が社会保障審議会・介護給付費分科会で11月8日に提示された。注目点は、要支援者と要介護者で介護 ...
実は介護保険制度は今、大きな危機に直面しています。 介護保険制度が始まった当初に比べ、要介護や要支援の認定を受けた人は約3倍に増えました。 それに伴って介護にかかる費用も膨張して年間10兆円を突破しています。 一方で、65歳以上の人が負担する介護保険料も ...
要介護(要支援)認定者数は、2016 年3月末時点で620万人を超え、介護費用は10兆円に迫ろうとしている。高齢化の進展で今後も利用者数の増加は必至であり、2025 年の介護費用は20 兆円を超えるとの予想もある。
<安倍政権のシニア政策>年金カット、介護は負担増「法改悪のツケが一手に集中」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月20日(金)
しかし、高齢者の社会保障は下の「安倍政権の主なシニア向け政策」のとおり「改悪」されてきた。年金支給額が実質的に減らされる通称「年金カット法」が'16年に成立。介護では、特別養護老人ホームの入所条件が厳しくなり、要支援1、2は介護保険からはずされた。一方で ...
2018年度介護・医療・福祉同時改定に一早く対応する“デイサービス・デイケア”“認知症ケア”の全国大会を広島で開催 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月11日(水)
要支援者の大幅な単価の引き下げ」「通所介護と通所リハビリテーションの機能分化の強化」「外来維持期リハの廃止による介護保険でのリハビリ機能強化(通所リハ・老健)」「共生型サービスの新設」「多死時代への対応」「包括報酬サービス(定期巡回随時型、小多機、看多機) ...