介護関連ニュース 検索結果

「要支援」に一致した記事 (588件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
寝たきりや要介護になる人のほぼ半数は、認知症の発症や転倒による骨折、衰弱が原因です」. こう話すのは、タニタヘルスリンクの管理栄養士で、健康運動指導士の龍口知子さんだ。厚生労働省の'16年度の調査によれば、要支援や要介護が必要になったきっかけは、認知症 ...
そんな悩みを抱えているあなたは、“寝たきり予備軍”かも。老後を元気に生きる ... 厚生労働省の'16年度の調査によれば、要支援や要介護が必要になったきっかけは、認知症が18%、高齢による衰弱が13.3%、骨折・転倒が12.1%、関節疾患が10.2%となっている。 若いころに ...
ウチヤマホールディングス(HD)は、大阪北部の地震で被災した要介護高齢者(65歳以上で要支援1~要介護5)を、子会社の介護施設に無償で受け入れる。一時避難先として、大阪府内の3施設など全国99施設で約100室を用意。部屋代や食費など入居料を無料とし、リハビリ ...
11年当時、要支援・要介護状態でなかった人は6603人。その中で「近所づきあいがない」「独居」「ボランティアなど社会参加をしていない」「経済的に困窮」の4項目のうち、二つ以上が該当する社会的つながりが弱い人は1186人いた。うち約半数の575人が6年後までに要 ...
南海トラフ「臨時情報」へ県が対応案 高齢者らに事前避難促す - 産経 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年06月15日(金)
「南海トラフ地震に関する臨時情報」発令時の県の対応を協議する県防災会議専門部会が15日開かれ、危険予想地域の要支援者らを対象に「避難準備・高齢者等避難」 ...
11年当時、要支援・要介護状態でなかった人は6603人。その中で「近所づきあいがない」「独居」「ボランティアなど社会参加をしていない」「経済的に困窮」の4項目のうち、二つ以上が該当する社会的つながりが弱い人は1186人いた。うち約半数の575人が6年後までに要 ...
岡山県は5日、県内の3月末時点の要支援・要介護認定者が前年同期比0・9%増の11万5849人となり、過去最多を更新したと明らかにした。介護保険制度が始まった2000年度の約2・4倍。同日、岡山市内で開かれた県介護保険制度推進委員会(会長・小池将文川崎医療 ...
動けなくなる前に、福祉村のような所に出てきてほしい。高齢者サロンの小規模サテライトなどもやっていきたい」と話す。「近くに身内がいないと、高齢者にはできないことも多く、生活支援が必要。困っていれば、要支援要介護に関係なく助けていきたい」と、力強く語った。
わが国では、総人口の4人に1人以上が65歳以上の高齢者という超高齢社会に突入。1990年代と比べ、前期高齢者の運動能力は10歳前後の“若返り”をみせているが、一方で要介護者・要支援者と認定された後期高齢者たちは10年前と比べ5割以上増加している。アクティブシニアの関心は健康な心身で老後 ...
高齢化の進展とともに、要介護者の数は年々増加を続けています。平成27年度の要介護(+要支援)認定者数は620万人に上っています。介護保険導入年(平成12年)の数は256万人でしたから、要介護者数は15年で倍以上になったわけです。(「介護保険事業報告年報」).
福祉用具流通市場の販売実績は前年同期16.2%増の31.30億円となった。介護保険制度の状況において、18年1月時点の要支援及び要介護認定者の総数は、前年比で1.9%増加し656万人、総受給者数は同3.7%減少し499万人となっている。また、福祉用具貸与制度 ...
数年前から車いすでの生活となり、事件当時の介護区分は、生活全般に介助が必要な「要介護3」だった。 夫も長年の介護で腰の骨を圧迫骨折し、しゃがんだり、立ったりすることさえ困難に。脳梗塞(のうこうそく)も発症し、自身も日常生活で支援が必要な「要支援2」と認定された。それでも、妻の通院の付き添いや入浴 ...
団塊の世代が全員75歳以上になり、後期高齢者が急増する「2025年問題」に備えるため、介護の担い手を増やす必要がある。 道は、25年に要支援・要介護者が17年度比7万4千人増の39万5千人に増えるため、介護職員も2万5千人多い11万7千人が必要になるとの推計をまとめた。 本年度から3年間の「道高 ...
伊勢喜屋グループ(茨城)はいままで要介護の方を対象に有料老人ホームの運営をしてまいりました。しかし、自立の方、要支援の方を対象外としていたため、生活保護を受けており身寄りがなく比較的お身体が元気な方たちを受け入れる施設がないという状況でした。今回、伊勢喜屋グループと一般社団法人ロン ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員 ... [記事全文]. 関連記事一覧 · 16日のボストン・マラソンで初優勝し、久喜高校の竹本淳. 川内選手がプロ転向 公務 ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員は同2万5千人増の11万7千人に上るとの推計をまとめた。本年度から3年間の「道高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援 ...
従来の予防給付から「新しい総合事業」へ移っていく経過期間が終わるタイミングで、要支援者に対する訪問介護や通所介護から撤退する事業者がいる −− 。そう答えた市町村が全国676ヵ所にのぼるという調査の結果を、厚生労働省が新たに明らかにした。 事業者が撤退したことで、必要なサービスを提供していくた ...
高齢者などが、これら自走用車いすや電動車いすの活用に至るまでに、杖や歩行器、歩行車といった移動支援用の機器群を体験するのが一般的である。 介護保険制度では福祉用具貸与などで要介護認定者(要支援含む)は比較的廉価に様々な福祉用具を借りることができる。なぜレンタルかというと要介護者の ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の人を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
要支援向け介護の事業者、676市区町村で撤退意向 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月12日(木)
撤退の理由は、もともと利用者がいないことなどが挙げられていたという。また、重度者に比べて報酬が低いことの影響もあるとみられる。 利用継続のため別の事業者に引き継ぐなど調整が必要になったのは、83市区町村の610人。このうち607人は別事業者で利用を続けたり、利用をやめたりしたが、内訳はわかってい ...
未曽有の少子高齢化が進む我が国では、▽要支援・要介護ニーズを抑え▽高齢者を介護の支え手として迎え入れる―ことが必要不可欠である。とくに後者については、元気高齢者を「介護サポーター」として迎え入れることで、専門職である介護職員等の業務負担等が図られ、人材の確保・定着にもつながる。ただし ...
玉野市は3年ごとに見直す65歳以上の介護保険料(基準月額)について、4月以降も現行の6千円を据え置く方針を決めた。現在の保険料の算定根拠の一つとなった2015~17年度の要支援・要介護者数が見込みを ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます ...
介護はみんなで支える 穴水でボランティアら会合 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月23日(金)
介護予防や要支援の高齢者に地域ごとのサービスを提供する「介護予防・日常生活支援総合事業」の説明会が二十三日、穴水町甲の兜(かぶと)公民館であった。 兜地区のボランティアら約五十人が出席し、支え合いの体制づくりを話し合った。 介護予防・日常生活支援総合事業では、介護保険でまかなわれ ...
軽度介護、250自治体で撤退 - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2018年02月20日(火)
加藤勝信厚生労働相は20日の衆院予算委員会で、市区町村が手掛ける軽度者向け介護サービスについて、全国の250自治体で事業者が撤退の意向を示しているとの1月時点の調査結果を明らかにした。事業者の人手不足や、大手の撤退が相次いでいることが影響したとみられる。 要介護度が低い要支援1、2を ...
第2は、サービス付き高齢者住宅やデイサービスを利用している要支援2~要介護2に認定された高齢者を対象にする。農作物の栽培や保育園行事の手伝い、施設での掃除などの仕事を行ってもらう。 第3は、デイサービスやサービス付き高齢者住宅、グループホーム、特別養護老人ホームなどを利用する要介護1 ...
認知症に、初期集中支援 茂木町が高齢者などの福祉計画素案 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月17日(土)
【茂木】町は2018年度から3年間の高齢者保健・福祉などの方針を示す「町高齢者総合保健福祉計画(いきいきプランもてぎ)」と「町障害児者福祉計画」の素案をまとめた。20日までパブリックコメントを実施している。 高齢者計画では、町の現状について17年10月現在で38・2%に達する高齢化率のほか、要支援・介 ...
「働く世代」の介護者、支援も手薄で「孤独」...小室さんの苦悩、他人事ではない - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月01日(木)
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...
「働く世代」の介護者、支援も手薄で「孤独」...小室さんの苦悩、他人事ではない - 弁護士ドットコム (媒体での記事掲載終了) 2018年02月01日(木)
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...