介護関連ニュース 検索結果

「要介護」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:高橋 薫)は、2017年4月2日から、医療保険(2014)と低解約返戻金型終身保険に付加できる特約として、「介護一時金特約」を発売します。この特約は公的介護保険制度の要介護1以上と認定されたお客さまが、介護 ...
地域包括ケアシステム」実現のために開発されたクラウドサービス。在宅ケアを受ける患者・要介護者一人ひとりについて,地方自治体や医師,訪問看護,ケアマネージャー,介護サービス事業者など,多職種・他法人間でのリアルタイムな情報の共有・集約を可能にする。現場に ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万 ...
骨粗鬆症による骨折のなかでも最も重篤な「大腿骨近位部骨折」は、寝たきりや要介護の要因となるほか、死亡率も増加させることから予防が重要視されている。しかし、多くの骨粗鬆症治療薬が臨床応用されているにもかかわらず、大腿骨近位部骨折の発生数が増加 ... また、リスク遺伝子多型を保有していても、その ...
お酒で赤くなりやすい人、大腿骨骨折リスクが高い…慶大調査 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月28日(火)
大腿骨近位部骨折は、骨粗しょう症による骨折の中でも、もっとも重篤であり、寝たきりや要介護の要因となる。また、骨折発生後1年で亡くなるケースなど、死亡率も増加させることから、予防が重要だという。 ... た骨芽細胞に「ビタミンE」を添加することにより、機能不全を回避できることを試験管培養にて見出した。 今回の研究か ...
大腿骨近位部骨折は、骨粗しょう症による骨折の中でも、もっとも重篤であり、寝たきりや要介護の要因となる。また、骨折発生後1年で亡くなるケースなど、死亡率も増加させることから、予防が重要だという。 ... 今回の研究から、お酒を飲むと赤くなることが、本人や家族など周りの人が骨折のリスクに気づくためのわかりや ...
介護を理由に、 恋愛や結婚をあきらめてはいけない - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月28日(火)
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面 ...
やさしい献立」シリーズは、かむ力やのみ込む力といった消費者の状態によって選びやすいよう、「ユニバーサルデザインフード(以下、UDF)」の4つの基準に基づいた商品設計および表示をしている。市販用のやわらか食として、市場シェアの7割を占めている。 高齢化が進む日本において、要介護・要支援認定者数は ...
高齢になると心配することの一つが、寝たきりや要介護状態など体の自由がきかなくなることです。それを防ぐには、生活習慣病や骨粗鬆(こつそしょう)症などの治療・予防が第一です。 また、不用意な転倒を予防するため、足・膝・腰の関節や筋肉を意識した適度な運動を続ける ...
特養待機3割減36万人 昨年、入所条件厳格化が影響 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月27日(月)
厚生労働省は27日、特別養護老人ホーム(特養)への入所を申し込んでも入れない待機者が昨年、全国で約36万6千人だったとの調査結果を発表した。2013年の前回調査の約52万4千人より30%減った。介護費用の膨張を ... しかし軽度の要介護1、2でも認知症や知的障害、虐待の恐れなどから自宅で暮らす ...
16年4月の特養入所希望者、36.6万人に 前回調査から3割減 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月27日(月)
厚生労働省は27日、特別養護老人ホーム(特養)の入所希望者が2016年4月時点で約36万6千人だったと発表した。前回調査(13年度)から3割減った。新規入所を原則、要介護3以上にした影響が大きい。 厚生労働省は15年4月、入所優先度の高いとする要介護3以上に絞る ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面 ...
学研、認知症予防や配食サービス拡充 介護施設を拠点に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月26日(日)
学研ホールディングスが介護事業で保険外の実費サービスを拡充する。4月から健常者向けに認知症予防を目的とした教室を開くほか、高齢者の住宅に食事を届けるサービスも始める。要支援・要介護になる前から高齢者にサービスを浸透させ、将来的に自社で手掛ける介護 ...
大人気『Fate』シリーズの原典、劇場アニメ化!劇場版「Fate/stay night[Heaven's Feel]I.presage flower」2017年10月14日公開決定! - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月26日(日)
要介護の男性と、女性ケアマネとの間に頻発する「トラブル」とは? プレジデント社3月26日(日)11時15分. □ケアマネージャーの性別で介護内容は変わるのか?老親など家族が要介護になり介護生活が始まると、密接な付き合いをすることになるのが介護支援専…[ 記事全文 ].
フリーライター 相沢光一=文ケアマネージャーの性別で介護内容は変わるのか?老親など家族が要介護になり介護生活が始まると、密接な付き合いをすることになるのが ...
老親など家族が要介護になり介護生活が始まると、密接な付き合いをすることになるのが介護支援専門員=ケアマネージャー(以下、ケアマネ)です。 利用者(要介護者)の状態をチェックし、また介護を担う家族の事情を聞きながら、必要と思われる介護サービスを組み込んだケア ...
ケアマネージャーの性別巡り、要介護者とトラブル 高齢男性は男尊女卑的な考えも - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月26日(日)
介護も、ホームヘルパー、訪問看護師、デイサービス事業者職員など、さまざまな専門性を持った人たちによる、いわばチームプレー。利用者の身体の状態や家の事情などをくみ取り、それに適したサービス事業者を選ぶことを含めてケアプランを作るのがケアマネの仕事です。
要介護の男性と、女性ケアマネとの間に頻発する「トラブル」とは? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月26日(日)
介護も、ホームヘルパー、訪問看護師、デイサービス事業者職員など、さまざまな専門性を持った人たちによる、いわばチームプレー。利用者の身体の状態や家の事情などをくみ取り、それに適したサービス事業者を選ぶことを含めてケアプランを作るのがケアマネの仕事です。
突然、親の介護をすることに……。そんな時、サポートしてくれるのがケアマネだが、性別やタイプによって付き合い方は違うらしい。
要介護の男性と、女性ケアマネとの間に頻発する「トラブル」とは? プレジデント社3月26日(日)11時15分. □ケアマネージャーの性別で介護内容は変わるのか?老親など家族が要介護になり介護生活が始まると、密接な付き合いをすることになるのが介護支援専…[ 記事全文 ].
特養は介護保険が適用されるため他の介護施設よりも費用が安く、認知症や寝たきりの人でも受け入れることから入所希望者が多い。葉山町が2015年3月にまとめた「第6期高齢者福祉計画介護保険事業計画」(15〜17年度)によると、14年10月時点で特養に入所が可能な要介護3〜5の町民の待機者は109人に ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万 ...
要介護度を維持・改善させているケースが多いなど、結果を出した市町村を財政面で優遇するインセンティブの仕組みを設ける方針だ。新年度の予算案にも施策を盛り込んでいる。ケアマネジメントの手法を標準化したいとして、新たなモデル事業を展開していくための経費を計上。
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面 ...
前回に引き続き、「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常連、中井要蔵(93歳)、吉乃(86歳)さん夫妻の話である。進行した認知症、要介護度認定のための検査と診断。ケアマネージャー(以下ケアマネ)による問診の失敗。容態の急変による救急搬送。夫妻とも「悪いところなし」 ...
日常生活に対する支援が必要になった65歳以上の人は、市区町村から介護が必要と認定をされた場合に、なるべく自立した生活をおくれるようにするための介護保険サービスを受けることができます。 介護の必要な度合によって、要支援・要介護に分けられ、それぞれのレベル ...
内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入したといえます。ただ、介護の現場では、介護する人の多くが精神的にも肉体的にも追いつめられているの ...
要介護度が低い「要支援1、2」の高齢者が利用する通所介護(デイサービス)と訪問介護(ホームヘルプ)が、4月に介護保険から市町村の事業に完全移行する。高齢化で ...
加齢に伴う症候群であるサルコペニア(Sarcopenia)とフレイル(Frailty)は,要介護の主な原因の1つである。その脆弱性は不可逆なものと考えられてきたが,適切な介入 ...
市町村が担う軽度者介護 通所・訪問を来月移行 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月19日(日)
要介護度が低い「要支援1、2」の高齢者が利用する通所介護(デイサービス)と訪問介護(ホームヘルプ)が、4月に介護保険から市町村の事業に完全移行する。高齢化で膨らみ続ける介護保険の費用を抑え、地域の実情に合わせた多様なサービスを提供するのが狙い。ただ過疎 ...