介護関連ニュース 検索結果

「要介護」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
昨年末、利用者さんが『要介護3』から『要介護1』に格下げされました。うちの施設では、この半年で3人目。“認定更新”の審査が、厳しくなっているんです!」 関東エリアの介護施設で働く女性ケアマネジャーはこう訴える。要介護状態の重篤度を表す「要介護度」の認定は、原則1年ごとに行われる。この認定更新で ...
川崎市高齢者ケア 「在宅」強化 29施設増へ 介護保険法改正で新計画 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月19日(金)
川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立支援や要介護度の重度化予防に取り組み、地域で暮らしやすい仕組みづくりを進める方針だ。 高齢者施策を総合的にまとめる「第7期 ...
車いす選びに関心持とう 合わないと体に悪影響、相談を(1/3ページ ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月18日(木)
持病の悪化や高齢のために要介護となって車いすを利用中だが、使い心地がいまひとつなのを我慢しているということはないだろうか。体に合わない車いすを使い続けると、新た…
在宅介護者1割が1年以内に離職 三田市アンケート - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年01月18日(木)
兵庫県三田市内で要介護認定を受けている家族や親族を在宅介護する人のうち、約1割が1年以内に仕事を辞めた-。介護離職に関する市のアンケートで、こんな傾向が浮かび上がった。フルタイムやパートタイムで働く人のうち、今後も働きながら介護を続けるのは「難しい」とする回答も2割を超えた。(山岸洋介). アンケ ...
1168号 - 週刊金曜日 2018年01月18日(木)
今年3月介護療養病床が廃止されます。医療保険と介護保険も適用されるので介護保険支出抑制のため、介護老人保健施設(老健)等に移すのが目的と言われます。 老健は、リハビリを必要とする要介護1以上の高齢者の施設です。在宅復帰を目的とする中間施設で3カ月の短期入所が基本です。特別養護老人 ...
要介護や障害者向けのバリアフリー観光が北海道で育ちつつある。介護付き旅行を手掛ける秋吉(札幌市)は今春に首都圏で付き添いのヘルパー要員を確保。旅行大手のクラブツーリズムは20日、障害者らを対象とした首都圏発着のスキーツアーを催行する。道内の受け入れ態勢の整備も進んでおり、家族の負担を ...
デイサービスは一般に、要介護の高齢者を日に6~8時間預かり、入浴や昼食などのサービスを提供する。利用者の心身機能の維持、社会的孤立感の解消、家族が介護の休息を取る「レスパイト」の機能を果たす。だが、佐藤さんが通った「ポラリスデイサービスセンター一之江」には、食事も入浴のサービスもない。利用 ...
政府は16日、行政の電子化の推進を図る関係閣僚会議で「デジタルガバメント実行計画」をまとめた。 介護も先行分野の1つ。なるべく多くの手続きをインターネットで済ませられるようにし、利用者や家族、事業者の利便性を高めていく方針を打ち出した。厚生労働省に対し、現場の実態を踏まえた具体策の立案を今年度中 ...
要介護状態になっても自分らしく生活できる「地域包括ケアシステム」の進化 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月16日(火)
後に、地域包括ケアは5要素で成り立つ植木鉢モデル(図1)を使って説明されたをが、ここでは、「介護サービスが主役」となっている。本文ではケアマネジャーのケアマネジメントのあり方を縷々述べ、介護保険制度の枠内に止まった議論だ。 介護保険制度を支える機能として、「かかりつけ医や訪問看護ステーション ...
高齢者介護だけでなく医療や子育てなど生活全般の土台として「地域包括ケアシステム」作りが注目されている。慣れ親しんだ地域の中で暮らし続けることは誰しもが望んでいるのだから当然だろう。「地域包括ケア」とは、どのような歴史を辿って登場して来たのか。どのように定義されてきたのか。その経緯を辿ってみる ...
高齢者介護だけでなく医療や子育てなど生活全般の土台として「地域包括ケアシステム」作りが注目されている。慣れ親しんだ地域の中で暮らし続けることは誰しもが望んでいるのだから当然だろう。海外では「Aging in Place」と呼ばれる。 だが、「地域包括ケア」とは、どのような歴史を辿って登場して来たのか。ど ...
八代 介護報酬は、当初の大幅な引き下げから、現在でも介護保険がつくられたときより低い水準です。十分な収益がないので、介護事業者は必要な賃金を介護士に支払うことができない。今後、増える一方の要介護高齢者の下で、ますます人手不足は深刻になります。 みんなの介護 これからどうやって介護士 ...
高齢者福祉 東北の現場>青森 自立支援にロボ活用 3割近い利用者の要介護度改善. さまざまな機器を使い、リハビリに取り組む「ほほえみ三戸」の利用者=青森県三戸町. 青森県三戸町の老人保健施設「ほほえみ三戸」はロボットを活用する先進施設として全国に知られる。 施設1階の機能訓練室にさま ...
今年発表された調査によると、要支援・要介護者の「介護が必要となった主な原因」として、認知症が初めて1位となるなど、患者数が増加しており、高齢者が住み慣れた地域で生活を続ける上で、特に認知症に対する適切なアプローチが求められています。 そこで今回、ヒューマンライフケア社が運営する全国のデイサ ...
現行では、予防通所介護等の事業所評価加算や老健における在宅復帰率の評価、訪問・通所リハビリの社会参加支援加算などがあります。しかし、心身機能の維持・向上を要介護度以外の客観的スケールで評価するのは初のケースといえます。 確かに、自立支援・重度化防止という方針の中で、サービスの ...
誰しもが自分の人生を健康なまま謳歌したいと考えているはずだ。だが、加齢に伴い体が弱まっていくのは避けようのない事実であり、場合によっては車いすでの移動や寝たきりの生活を余儀なくされてしまう。 厚生労働省が発表した「平成22年国民生活基礎調査の概況」によると、要介護度が最も高い「要介護5」と ...
男性用脱毛クリニックの、脱毛を施術する部屋。ツルツル肌は若者ばかりではなくなっている(写真:メンズリゼ提供). 脱毛は「女性」から「男性」へ、「美容」から「介護」目的へと変化している。 厚生労働省の調べによると、2017年9月時点で、要介護・要支援認定者数は全国で約640.7万人いる。両親を介護したり、知人の介 ...
仕事から離れて年金生活へ向かう70代は自身の医療・介護問題が目の前の課題となる。2018年の介護保険制度改正では、自治体や施設に要介護度を改善することへの“インセンティブ”が設けられるのが目玉だ。ただ、この制度改正により、要介護認定がより厳しくなるのではないかという専門家の指摘もある。だからこ ...
高齢期の暮らしと介護まで見据えた住まいを考える - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月04日(木)
12月14日号に続き、高齢期の暮らしや介護まで見据えた住まいを考える。今回は自宅で住み続けた場合に受けられるサービスを紹介。大きく分けると自宅で受ける、通うの二つ。 自宅で受けられる 支援やサービス 居宅介護支援は要介護認定を受けた人が利用でき、目的は自立支援など。ケアマネージャー(介護 ...
1月16日、愛知県名古屋市中川区吉良町の中川図書館が、名古屋市社会福祉協議会中川区介護保険事業所との共催で「介護なんでも相談会」を開催する。参加対象に制限はなく、誰でも参加できる。事前の予約申し込みは不要、参加費も無料となっている。 中川図書館. 身近に要介護の人はいなくても. 介護 ...
高齢者や障がい者をサポートするという倫理的な営みと、「福祉をビジネスとして成功させる」という野望は、決して矛盾しない。いや、むしろ、そのふたつの思いが交差するところにこそ、日本社会における福祉の未来はある──。要介護者など高齢者の付添い介護.
また、乳幼児や寝たきりの高齢者、要介護者、医療施設などに入院中の病人を対象にしていない。後半のインタビュー部分も含め、あくまで日常的な留意点や予防などについて高齢者を含めた健常者を想定している。 人間が口から物を食べたり飲んだりする以上、基本的に誤嚥のリスクは誰にでも必ずある。筆者に ...
カラオケは介護予防になる 歌う喜びは認知症母の力に - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了) 2017年12月28日(木)
54才で認知症の母(83才)の介護にあたる女性セブンのN記者。今回は歌によって母の生き生きとした姿を見られたという。「カラオケは介護予防にいい」ということに気付いたという。介護予防とは、高齢者が要介護状態になるのを防いだり、要介護状態の悪化を防ぎ改善を図ることを意味する。 * * * 「さぁみなさん! ご ...
ヒューマンライフケア デイサービスで2018年1月から認知症予防プログラムをスタート - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月26日(火)
今年発表された調査では、要支援・要介護者の「介護が必要となった主な原因」として、認知症が初めて1位となるなど、患者数が増加(厚生労働省「2016年国民生活基礎調査(概況)」=右表=)。高齢者が住み慣れた地域で生活を続ける上では、特に認知症に対する適切なアプローチが求められています ...
40~50代に差し掛かる頃には、自分の体調だけでなく親の健康も気にかかる。ちょうど足腰が弱る年代にさしかかった家族を介護するため、仕事を一時休業しなくてはならないケースも出てくるが、そういう時には雇用保険から給付金が支給されるので、ぜひ忘れずに利用したい。 それが、「介護休業給付」だ。要介護状 ...
県は平成28年度の「介護保険事業状況報告」を発表した。今年3月末現在の要介護、要支援の認定者数は3万8103人(前年度比0・9%増)で、統計を取り始めた平成12年度以降で最多となった。保険給付額も651億6439万円(同0・9%増)と過去最高を更新。65歳以上の被保険者数も過去最高の24万1509人(同1 ...
要介護度が低い要支援1と2の人向けのサービスを介護保険から切り離して本年度から市町村が担うことになった介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」について、岡山県内の全27市町村のうち、「事業移行に賛成」「事業が円滑に進んでいる」とする自治体がいずれも4市町にとどまっていることが、山陽新聞 ...
介護保険“改悪”で何が起きる?】 今年5月に成立、2018年4月に施行される「改正介護保険法」は、介護が必要な高齢者の「自立支援」や「要介護状態の重度化防止」を高らかに謳っているが、現場からはすでに疑問の声が上がっている。 懸念されているのが、介護保険利用者.
介護保険改正 自立支援強化の名目で終の棲家が地獄に - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月09日(土)
介護保険料は利用者の要介護度によって給付の上限が決められている。地域差もあるが、最も軽い要介護度1であれば上限が19万円程度、最も重度の要介護度5は41万円程度だ。介護保険の利用者はこの上限を目安に介護サービスを組み合わせて利用する。 「介護保険を使って受けられるサービスの幅が狭ま ...
介護保険“改悪”で何が起きる? 今年5月に成立、2018年4月に施行される「改正介護保険法」は、介護が必要な高齢者の「自立支援」や「要介護状態の重度化防止」を高らかに謳っているが、現場からはすでに疑問の声が上がっている。 懸念されているのが、介護保険利用者の「自立支援」という名目での「インセン ...