介護関連ニュース 検索結果

「要介護」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
要介護度の改善に対するインセンティブなど、身体機能・残存機能強化に偏りがちな「自立支援」という概念。 ADL改善はもちろん重要です。介護に依存させることの非合理性 ...
認知症の母(74歳・要介護1)は、一人暮らしです。夏は熱中症の心配がありますし、冬は灯油ストーブだと火事の心配があります。そこでエアコンを設置したのですが、気温や室温を理解できません。部屋にはデジタルの温湿度計が設置してあるのですが、28度が暑いのか寒い ...
何もない場所でつまずいていませんか? 高齢者が要介護になる原因には脳卒中や認知症、加齢による衰弱などがあるが、転倒による骨折により、自らの足で歩けなくなったり立てなくなったりする人も少なくない。中でも大腿骨の付け根部分を骨折してしまうと、寝たきりのリスクが ...
何もない場所でつまずいていませんか? 高齢者が要介護になる原因には脳卒中や認知症、加齢による衰弱などがあるが、転倒による骨折により、自らの足で歩けなくなったり立てなくなったりする人も少なくない。中でも大腿骨の付け根部分を骨折してしまうと、寝たきりのリスクが ...
<2016年度(2016年5月〜2017年4月審査分)の介護給付費実態調査の結果が公表されました。要介護者に対する介護給付費を見てみると、名寄せをした実受給者の伸びは約13万5,000人で伸び率は2.8%となっています。これを利用者ニーズととらえた場合、現状の資源整備 ...
高い要介護度となった場合には、同社グループの(株)JAPANライフデザインの有料老人ホームへの移り住みもサポートする。その他ゲストルームやゲストダイニング、カラオケ&シアタールーム、コミュニティカフェなどの充実した共用施設も用意した。 専有面積は19.12~50.23 ...
主役は高齢者! 人生にスポットを - fnn-news.com (媒体での記事掲載終了) 2017年09月18日(月)
よく見ると、主役の男性の両脇には、ベッドの柵が。 実はこれは、要介護や寝たきりの高齢者の人生にスポットを当てようと、ある介護施設が始めた取り組み。 女性を主役に、青春時代に打ち込んだバレーボールをモチーフに、オリジナルの映画ポスターも完成。 「家族に見せたい」 ...
事業戦略日本は、既に「超高齢社会」に突入しており、高齢者向けの介護・医療・健康関連のニーズが高まる。高齢者人口の増加と高齢者の加齢により、要介護者数が増加の一途をたどる。市区町村単位で運営される介護保険は、地域密着の福祉用具貸与事務所が増加傾向に ...
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。 全高齢人口3,446 ...
県は優良介護事業所の表彰制度を創設し、今年度の受賞事業所を決定した。対象は「職場環境の改善」と「サービスの質向上」の2部門で、法人内に認定こども園を設置している伊豆市の事業所や要介護3以上でも一般浴槽での入浴を可能にしている浜松市南区の事業所 ...
お年寄りに朗報、聞きたい音が聞こえる骨伝導補聴具 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月13日(水)
通院する高齢者だけではなく、自宅で介護を受ける寝たきりの患者にも使いやすいよう装用時の安定感や着脱のしやすさなどを考えた新製品を、今年の10月末に発売する予定だ。 「高齢化社会を迎え、要介護2以上の寝たきりの患者を診る訪問介護の件数は1日約13万件にも ...
要介護被保険者に対する維持期・生活期リハビリテーションについて、医療保険から介護保険への円滑な移行を進めるために、リハビリ計画書の様式や取扱いなどの効率的な運用をどう進めていくべきか。また患者の状態などを踏まえて、診療報酬をどのように見直していくべき ...
どう乗り越える「大介護時代」-「老老介護」支える高齢介護者 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月12日(火)
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。 全高齢人口3,446万人の要介護等認定者率は18 ...
来年4月から介護保険のサービスが大きく変わる。18年前に始まった介護保険制度は3年に一度の制度変更を繰り返してきた。来年4月が6度目の変更期にあたる。 その審議が厚労省の社会保障審議会介護給付費分科会で月に1~2回開かれている。 要介護高齢者は増加し ...
平成29年4月分の『介護保険事業状況報告(暫定)』をみると、平成29年4月末の65歳以上要介護(要支援)認定者数は620万人だ。65歳以上75歳未満の前期高齢者が75万人、75歳以上の後期高齢者が545万人で、後期高齢者が全体の約9割を占めている。全高齢人口3,446 ...
要介護者の体調や症状にあった介護サービス計画を作成する技術を開発し、来春から介護事業者などに売り込むという。介護の専門企業がAI導入に着手するのは初めてであり、その動向が注目されるところだ。 認知症対策にAIを活用 政府が掲げたビジョンの通り、介護現場に ...
東日本大震災被災地 要介護の高齢者 5年で2倍以上に - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年09月11日(月)
東日本大震災の被災地では、介護が必要なお年寄りの割合が震災からの5年間で2倍以上に増えたことが厚生労働省の研究班が宮城県内で行った調査でわかりました。研究班では、「働いていた高齢者が被災をきっかけに閉じこもるケースが増えたことが原因の一つと見られ、 ...
【買い】インターネットインフィニティー (6545) 介護費膨張 3つの温床 要介護度レベルを上げないためには・・・ 第948回」(達人の予想)(公開日時:2017年9月11日 9時14分) ...
厚生労働省は介護サービスを受ける人の自立支援で成果を上げた事業者への介護報酬を手厚くする方針だ。いまは要介護度が軽くなれば報酬が減ってしまうため、自立支援の成果が報われるよう上乗せ措置をつくる。事業者を通じて利用者の要介護度の改善を促し、将来的な ...
要介護3程度になると、介護や医療体制が整った沖縄本島などに移るため、渡名喜島のように島内は全員、要介護2以下で「独り暮らしが可能な元気な高齢者しか残っていない」(村社会福祉協議会)という事例も。与那国島、南北大東島でもそれぞれ4割を超え、南部離島で高い ...
介護度改善で報酬上げ 利用者の自立を評価 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月07日(木)
厚生労働省は介護サービスを受ける人の自立支援で成果を上げた事業者への介護報酬を手厚くする方針だ。いまは要介護度(総合2面きょうのことば)が軽くなれば報酬が減ってしまうため、自立支援の成果が報われるよう上乗せ措置をつくる。事業者を通じて利用者の要介護度 ...
介護度改善で報酬上げへ 利用者の自立評価 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月06日(水)
厚生労働省は介護サービスを受ける人の自立支援で成果を上げた事業者への介護報酬を手厚くする方針だ。いまは要介護度が軽くなれば報酬が減ってしまうため、自立 ...
... 公的介護保険制度を利用することをまったく考えていなかったが、周囲のアドバイスによって介護申請手続きを行うと、母は「要介護1」の認定を受け、ケアサポートが受けられるようになったのだ。15年5月、松浦はようやく孤独な介護から解放され、ケアマネージャーの協力のもと ...
【9月6日 CNS】中国・重慶市(Chongqing)の介護施設が、要介護者の移動を手助けする「介護用移動機」を自主設計し、導入した。 スイッチを入れると、「持ち上げる」「移動する」などの動作を手伝い、介護職員の不注意によりお年寄りにけがを負わせるといった危険を回避でき、 ...
ロボットが拓く未来の介護 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月05日(火)
まずスタジオを訪れる要支援・要介護者認定を受けた利用者を、最初に入口でお迎えするのはパルロです。搭載されている顔画像認識機能で、パルロと友達になった利用者にはお名前で声かけ、親しみを込めた挨拶をします。 そして約3時間の機能回復訓練(リハビリプログラム) ...
2017年4月時点の「要介護者1人当たりの費用額」は前年より300円増加し、19万1200円となった。都道府県別に見ると最高の沖縄県と最低の福島県では2万8400円の開きがあり、医療と同様に「西高東低」の傾向が伺える―。 このような結果が、厚生労働省が8月31日に公表 ...
要介護高齢者や単身高齢者が増加する中で、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)において「入居者の状況変化に対応した適切な医療・介護サービス」などが提供される ...
TOTO 居室内に設置できる要介護者向けトイレ「ベッドサイド水洗トイレ」を4年ぶりに刷新し、10月2日に発売する。既存製品に比べて小型軽量化し、本体後方にキャス... (残り:121文字/本文:201文字). (2017/9/4 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料) ...
介護経営コンサルタントを手がける「人とくらしラボ」(高松市)は高齢者らの生活支援サービスを一覧できる情報サイトを立ち上げた。家事、配達、シルバー住宅といった利用形態ごとに提供業者を登録。エリアや料金などの詳細を紹介する。今後、介護保険の対象が中重度者中心 ...
「受けたい介護がすぐわかる手続き便利帳」小泉仁監修 - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了) 2017年08月29日(火)
保険料を払っている割には、必要になったとき、介護保険の利用法が分からない人は多い。まずは地域包括支援センターか役所の介護保険担当部署に行けば、要介護認定の申請の仕方を教えてくれる。認定されたらケアマネジャーに相談すると利用者に合った「ケアプラン」を ...