介護関連ニュース 検索結果

「要介護」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
伊勢喜屋グループ(茨城)はいままで要介護の方を対象に有料老人ホームの運営をしてまいりました。しかし、自立の方、要支援の方を対象外としていたため、生活保護を受けており身寄りがなく比較的お身体が元気な方たちを受け入れる施設がないという状況でした。今回、伊勢喜屋グループと一般社団法人ロン ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員 ... [記事全文]. 関連記事一覧 · 16日のボストン・マラソンで初優勝し、久喜高校の竹本淳. 川内選手がプロ転向 公務 ...
道は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、道内の65歳以上の高齢者が172万人を超え、要支援・要介護者は17年度比約7万4千人増の約39万5千人、必要な介護職員は同2万5千人増の11万7千人に上るとの推計をまとめた。本年度から3年間の「道高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援 ...
このため、従前より「要介護度改善に向けたインセンティブ」が検討され、2018年度の介護報酬では、通所介護・地域密着型通所介護において【ADL維持等加算】が新設されました。「要介護度の改善が見込まれる軽度者のみを選別する」(クリームスキミング)ことが生じないように配慮した上で、利用者のADL維持・改善 ...
入浴介護支援ロボ、21年までに実用化 富山大など産学官で :日本経済 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月17日(火)
富山県で、介護ロボを産学官連携で製品化する取り組みが動き出した。富山大学は開発中の入浴介護アシストロボットを2021年までに製品化する計画を公表。AI(人工知能)を搭載した椅子型のロボットが要介護者に自動で接近し介護者の着座や入浴を支援する。通常ならば介護職員2人で対応する入浴介護が1人 ...
富山県で、介護ロボを産学官連携で製品化する取り組みが動き出した。富山大学は開発中の入浴介護アシストロボットを2021年までに製品化する計画を公表。AI(人工知能)を搭載した椅子型のロボットが要介護者に自動で接近し介護者の着座や入浴を支援する。通常ならば介護職員2人で対応する入浴介護が1人 ...
要介護人口が600万人を超えた今、介護サービスを必要とする利用者と、介護サービスとの橋渡し的な存在として、ますますその重要性が高まっているのがケアマネジャー(介護支援専門員、以下ケアマネ)だ。だが、...
18~20年度の介護保険料、新潟県内3.7%増 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月16日(月)
県内平均は前期(15~17年度)に比べ3.7%多い月額6178円で、介護保険制度が始まった00年度から増え続けている。高齢化に伴う要介護認定者の増加などが要因だ。 65歳以上の介護保険料は市町村が3年ごとに定める介護保険事業計画に基づいて見直している。県内30市町村のうち、8割の23市町村 ...
新潟県は2018~20年度に65歳以上の高齢者が負担する介護保険料の基準額をまとめた。県内平均は前期(15~17年度)に比べ3.7%多い月額6178円で、介護保険制度が始まった00年度から増え続けている。高齢化に伴う要介護認定者の増加などが要因だ。 65歳以上の介護保険料は市町村が3年ごと ...
介護業務 AIで効率化 金沢工大、ロジックと研究 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月16日(月)
ロジックはIT(情報技術)を利用した介護業界向けのサービスを展開しており、年間1千万件以上の介護記録をデータとして蓄積。こうしたビッグデータをAIに学ばせる。金沢工大との研究では年齢や要介護度など介護利用者の情報のほか「一人でトイレにいけるようになる」といった目標を入力し、個々の状況に合わせて計画 ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
介護保険制度は2000年から始まった比較的新しい事業です。市町村から認定(要介護、要支援)を受けた高齢者等が必要な介護サービスを利用することができます。65歳以上の者を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と呼びます。原則として、費用の1割を利用者が自己負担し ...
前回の原稿で介護認定の申請の流れを説明しましたが、具体的にはどのような調査が行われるのでしょうか。認定調査員が面談しながら実施する調査ですので、申請者の自己申告やそのときの健康状態によって、かなり差が出そうに思います。今回は介護保険の認定調査について、詳しく見ていきましょう。
介護はなかなか家族だけで乗りきれるものではありません。65歳まで現役だとすると、親御さんの介護が必要な時期に子どもたちがまだまだ夫婦で働いているケースも、普通に起こりえます。ただ、親や自分たちの介護認定への対処は、働きながらではなかなか手が回らないでしょう。 「老老介護」という言葉もありま ...
未曽有の少子高齢化が進む我が国では、▽要支援・要介護ニーズを抑え▽高齢者を介護の支え手として迎え入れる―ことが必要不可欠である。とくに後者については、元気高齢者を「介護サポーター」として迎え入れることで、専門職である介護職員等の業務負担等が図られ、人材の確保・定着にもつながる。ただし ...
これまで介護経験などない仕事人間の喜一さんでしたが、頑張って介護を続けました。しかし、数年後、娘さんが喜一さんの異変を感じて受診したところ、喜一さんにも血管性認知症になっていることが分かりました。 急いで介護保険の手続きをして、二人とも要介護1と認定されるまでは良かったのですが、その後、大変なこと ...
千葉・松戸市 在宅介護でも医療受けやすく - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月06日(金)
千葉県松戸市は、市民が要介護状態になっても在宅のまま適切な医療を受けられるよう、医療と介護に関わる人たちの連携体制を強化する。地域住民と医師との橋渡し役になる「在宅医療・介護連携支援センター」が4月に発足。訪問診療を必要とする高齢者と医師を結び、住み慣れた地域で人生の最期まで過ごせる ...
この4月1日から制度化された介護医療院は、介護保険法上の介護保険施設だが、医療提供施設として医療法上でも法的に位置付けられている。要介護者に対し、「長期療養のための医療」と「日常生活上の世話(介護)」の両方を提供できるのが特徴。 介護療養病床(2018年3月末で廃止。6年間の経過措置期 ...
そこで父親と相談の上、サービス付高齢者住宅に入居してもらうことにしたんです」. サービス付高齢者住宅(サ高住)は「介護の必要があまりない比較的元気な高齢者のための施設」です。要介護度の高い人が入所する老人ホームには介護職員が数多くいて、食事や入浴、排せつなど生活全般の介助を行い ...
訪問介護利用制限に懸念 「独居」「老老」世帯の生活援助枠 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月27日(火)
生活援助の利用抑制> ことし10月から、ケアマネジャーが基準の回数以上の生活援助中心型訪問介護を提供する場合、市区町村へのケアプランの事前届け出を義務付ける。基準について厚労省は、直近1年間の全国平均の利用回数を基に、1カ月当たり要介護1で27回、要介護3で43回などとする方針。4月 ...
訪問介護利用制限に懸念 「独居」「老老」世帯の生活援助枠 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月27日(火)
生活援助の利用抑制> ことし10月から、ケアマネジャーが基準の回数以上の生活援助中心型訪問介護を提供する場合、市区町村へのケアプランの事前届け出を義務付ける。基準について厚労省は、直近1年間の全国平均の利用回数を基に、1カ月当たり要介護1で27回、要介護3で43回などとする方針。4月 ...
高齢者の転倒リスクを回避する杖の使用方法 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年03月26日(月)
後々のダメージが深刻になることもある高齢者の転倒。骨折や脳損傷による寝たきりや要介護、転倒の恐怖感による閉じこもりや廃用症候群などのリスクがある。 杖や靴など、転倒リスクを回避するために工夫されたグッズはどうだろう。セコム医療システム 取締役 ケアサービス部長・武石嘉子さんに聞いた。 「杖を使うこ ...
介護をめぐる諸問題を剔抉する書 先月、両親を老人ホームに入所させた。85歳と86歳、ともにアルツハイマー型認知症で、要介護1の判定が出ていた。彼らの徘徊と異常な言動は昨年(2017年)夏に突然始ま.
... 自治体が高齢者の体力などに関してデータ収集したり、解析をする取り組みは珍しいという。 調査対象は、介護認定を受けていない75歳以上を検討。1月1日現在、村の75歳以上は836人いて、うち541人が要介護認定を受けていない。 同センター職員と研修を受けた村民が検査スタッフを担当する。認知機能の調 ...
玉野市は3年ごとに見直す65歳以上の介護保険料(基準月額)について、4月以降も現行の6千円を据え置く方針を決めた。現在の保険料の算定根拠の一つとなった2015~17年度の要支援・要介護者数が見込みを ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます ...
高齢者の方の家庭内での事故が増加しています。 段差の多い廊下や滑りやすい浴室、狭いトイレをリフォームすることで、安心して生活できるお家に変えませんか? >>成田市在住の非課税世帯の方は最大で68万円の助成金が受けられます。 ※課税世帯の方は最大で44.6万円となります。 要介護(支援 ...
確かに祖父がまだ歩けていた頃、(要介護1)祖父の存在を知られたくなかったですし、外部との関わりは要らないとすら思っていましたが、寝たきりとなった今ではショートステイに月1回5日泊しています。またケアマネージャーと緊急時に繋がるようになっています。本当はデイケアにも行ってほしいのですが、祖父の ...
骨粗鬆症の恐ろしいところは、痛みなどの自覚症状が無く進行していくところ」と語るのは、ゆりクリニック(東京・芝)の矢吹有里院長。骨折して気付くケースも多いというが、高齢の場合「たかが骨折」とはいかなくなる。 内閣府の「高齢社会白書」(平成29年版)によれば、65歳以上の要介護者等で介護が必要になった主 ...
高い水準の医療が必要な高齢者、認知症による常時の見守りが必須の高齢者や寝たきりの高齢者には、アシステッドリビング(軽度要介護者賃貸住宅)が良い選択肢になるかもしれない。しかし、そのような施設を選択した人々は、標準的なサービスに加えて、個人的な介護士を雇わねばならず、年間6万~7万ドルを ...