介護関連ニュース 検索結果

「白内障」に一致した記事 (39件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
加齢により避けることができない白内障──。白内障による視力の低下が、認知機能の低下につながるとする研究が近年、進められている。白内障の手術で視力が回復すると認知機能も改善したというデータもある。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知 ...
そのため症状が進み、手遅れになることも少なくありません」(深作先生、以下同). ここに挙げた病気は目の老化で起こる、どれも一般的なものだという。 3月に厚生労働省が発表した統計「完全生命表」によると、日本人の平均寿命は女性が86・99歳、男性は80・75歳。一方、目 ...
阿智高生が福祉体験学習 - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了) 2016年06月27日(月)
高齢者疑似体験では、足や腕の関接を覆うサポーターやおもり、白内障や視野の狭さを体感するメガネ、耳栓などを身につけて階段の上り下りや財布からのお金の出し入れ、服の着替えなどに挑戦。一つ一つの動作が大変で時間がかかることや視界がぼやけて天候やコンロの炎 ...
獣医師・佐々木彩子氏に聞く「犬の認知症の典型症状は?」 - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了) 2016年04月08日(金)
近年、人間同様、犬の社会でも高齢化(7歳以上がシニア犬)が進んでいる。シニア犬の割合は全体(991万7000匹=日本ペット協会調べ)の半数を超え(54.6%)、病気になる犬たちが増加中。歩くのが遅くなる、段差につまずくなど足腰の老化や白内障、耳が遠くなる症状も ...
視力悪いと認知症になる?“眼”との正しい付き合い方 - dot. (媒体での記事掲載終了) 2016年04月04日(月)
... 「年だから見えなくても仕方ない」「眼を手術するのは怖い」など、白内障手術に踏み切るのはハードルが高い。しかし、手術後の成績はよく、QOL(生活の質)とともに認知機能が改善されるのではと、研究が進んでいる。現在発売中の週刊朝日MOOK「眼のいい病院」から高齢者 ...
イワタ / 電通 / UCDAが開発した科学的に読みやすいフォント「みんなの文字 明朝体」 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2016年03月29日(火)
株式会社イワタ、株式会社電通、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(UCDA)は、共同で「みんなの文字 明朝体」を開発。2016年3月28日(月)に販売を開始したことを発表した。 ... みんなの文字」は、高齢者 / 老眼 / 白内障の人にも読みやすいことを科学的に検証して設計され、UCDAが ...
認知症予防に目と耳が大事 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2015年10月20日(火)
難聴や白内障の治療は認知症の予防につながる。日本学術会議がこのほど開いた公開講座「見ること、聞くことの大切さ」で耳や目の専門医がこんなアドバイスをした。 滋賀県立成人病センター研究所の伊藤寿一所長(耳鼻咽喉科学)は「話すことや聞くことが認知機能の低下を ...
こうした市場の変化を見据え、家電各社は誰にでも使いやすい設計のユニバーサルデザイン戦略の一環として、シニア層を想定した研究開発体制を導入。パナソニックは眼科医と共同で白内障の疑似体験ゴーグルを開発し、商品開発に取り入れた。製品表示やカタログ、取扱 ...
白内障に緑内障】高齢者の見えづらい生活を支えるにはどうすればいい? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了) 2015年08月06日(木)
高齢社会白書(平成27年版)のデータによると、高齢者の事故の8割近くが住宅で起こっていることがわかります。事故の原因は転落・ .... 施設の検索サイトです。有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの費用や立地、評判などを紹介しています。
TOCOLがオフィシャルWebサイトにUD(ユニバーサルデザイン)フォントを採用 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2015年01月19日(月)
ユニバーサルデザインを標榜するTOCOLが、Webサイトに採用したUDフォントはUCDAとイワタ、電通が共同開発した「みんなの文字」。 その特徴は・小さくても見やすい・長文時の可読性が高い・英数字の見分けがつきやすい・老眼・白内障・高齢の方も読みやすいなどだ。
7) 父の介護、母泣く姿に危機感 - asahi.com (媒体での記事掲載終了) 2014年12月28日(日)
【及川綾子】 三橋良博さん(60)は今年9月に父が96歳で亡くなるまで、妻と両親の3人を介護してきた。 横浜市旭区の2世帯住宅の1階には、父良夫さんと、母美代子さん(86)が暮らしていた。1階には文具の開発・販売の会社もあり、父子で営んできた。 父は白内障の手術を ...
7) 父の介護、母泣く姿に危機感 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年12月28日(日)
【及川綾子】 三橋良博さん(60)は今年9月に父が96歳で亡くなるまで、妻と両親の3人を介護してきた。 横浜市旭区の2世帯住宅の1階には、父良夫さんと、母美代子さん(86)が暮らしていた。1階には文具の開発・販売の会社もあり、父子で営んできた。 父は白内障の手術を ...
“高齢者の実情”理解 郡山でバス、タクシー乗務員も参加 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了) 2014年10月23日(木)
参加者は、白内障の状態を再現した眼鏡、耳栓や荷重チョッキ、肘・膝サポーター、手袋など疑似体験セットを身に着け、高齢者(75~80歳)の肉体的、心理的変化を体験。実際にバスに乗車し、乗り降りの難しさや信号機の見づらさなどをチェックし、バリアフリーの必要性と重要 ...
認知症合併患者の白内障手術で一石二鳥のベネフィットの可能性 - Medical Tribune (登録) (媒体での記事掲載終了) 2014年07月15日(火)
白内障と認知症の合併は高齢者にしばしば見られる。認知症に対してはいまだ根治療法がないのが現状だが,白内障の治療による認知症への影響についてはあまりよく分かっておらず,認知症患者への手術の安全性や周術期合併症を懸念する意見もあるようだ。米Case ...
高齢者の生活、介助知ろう 来月、体験イベント - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年07月15日(火)
高齢者疑似体験では、ゴーグルなどで白内障や腰が曲がった状態を再現。バリアフリー住宅では昇降機や車いすが入るトイレなどを見学し、工作では聞こえを助けるもしもしフォン、靴下がはきやすい靴下エイド、ペットボトルのふたが簡単に開くオープナーを作る。13日は佐賀 ...
【やさしきモノたち ユニバーサルデザイン物語】<16完>不便への共感原点 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2013年07月25日(木)
... た高齢者体験ワークショップの参加者. これまで15回にわたり、ユニバーサルデザイン(UD)のさまざまな取り組みを紹介してきました。 ... 参加者は、体の動きを制限する装具を着けたり、白内障を再現できる眼鏡をかけたりして高齢者になりきります。そして一般の家庭を模した ...
藤ノ花女子高校(山崎宏人校長)が先ごろ行った、家庭看護・福祉講座「白内障、嚥下(えんげ)機能が低下している高齢者への擬似体験学習(食事編)」。人間にとって「食べる」という行為について、あらためて考えさせられる講座だった。学習の内容をまとめる。 人はなぜ食べる ...
社会福祉援助技術のクラスでは、神奈川社会福祉専門学校(平塚市)の土屋尊範氏を講師に迎え、生徒16人が高齢者の身体の状態を疑似体験するプログラムを行った。生徒たちは両腕と脛に重りを巻き、白内障の症状を体感できるゴーグルや耳栓などを装着した状態で廊下や ...
体に重り児童が高齢者体験 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了) 2012年10月08日(月)
尾道市因島土生町の土生小4年生24人がこのほど、高齢化による身体機能の衰えや福祉用具の使い方について学んだ。ボランティア精神を養ってもらおうと、日本福祉用具供給協会(東京)広島県ブロックが主催した。 体育館で、耳栓をつけて会話したり、白内障を体感できる ...
治った目、妻介護に光 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2012年04月26日(木)
白内障の手術を受けるのを決断したのは先生の一言と、「これからもしっかり家内の介護をせんと」との思いを強くしたからだ。 同い年の妻のカオルさんは、2年ほど前から1人で立って歩くことができなくなった。夫は妻の杖となり、身の回りの世話をする日々となった。
電通、高齢者が読みやすい文字を開発 ねんきん定期便で採用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2012年04月10日(火)
文字の形を工夫し、読み手が白内障や老眼でも読みやすく、印刷でかすれたりつぶれたりしても内容を判別しやすいのが特徴。高齢者社会の到来で、高齢者に配慮したユニバーサルデザイン(UD)の需要が急増しており、1年間で100社への導入を見込む。
【電通】高齢者や白内障を患う人にも読みやすい書体を。電通が開発着手。 - 販促グッズニュース (媒体での記事掲載終了) 2012年01月01日(日)
このプロジェクトの協力者として「一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会」がいる。同協会の理事長である福田泰弘は、トッパン・フォームズの相談役でもある。 同社と同協会が協力提携し、この書体の開発に乗り出したのは、消費者への多様性に配慮して ...
肛門周囲膿瘍 - 徳島新聞 2011年12月25日(日)
いびき・睡眠時無呼吸症候群 7/31 10:49. パニック障害 7/24 11:02. 腰椎椎間板ヘルニア 7/17 11:44 Photo. 自然気胸 7/10 11:17. 熱中症 7/3 10:56. ヘリコバクター感染症 6/26 11:06. 膣壁のう胞・腎盂拡張 6/19 10:27. 白内障 6/12 10:43. 胃がん 6/5 11:08. 高齢者の蛋白 ...
電通、可読性高い書体開発に着手 - AdverTimes(アドタイ) (媒体での記事掲載終了) 2011年12月22日(木)
電通は22日、高齢者や老眼、白内障を患う人など、年齢や障害の有無に影響されずに読みやすい書体の開発に取り組むと発表した。 同社内の横断プロジェクト「電通ダイバーシティ・ラボ」が一般社団法人ユニバーサルコミュニケーション デザイン協会(理事長=福田泰弘 ...
UCDA、高齢者や老眼、白内障の人にも読みやすく見分けやすい「UCDAフォント」を発売 - Web担当者Forum (媒体での記事掲載終了) 2011年11月15日(火)
情報コミュニケーションにおけるユニバーサルデザインのあり方を考えるユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は、高齢者や老眼、白内障の人にも読みやすく、小さい文字を見分けやすい「UCDAフォント」を11月1日発売した、と11月15日発表した。 ...
高齢、老眼、白内障の方にも読みやすい「UCDAフォント」(文字)の販売を開始 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2011年11月15日(火)
11月1日、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(UCDA/理事長 福田 泰弘)は、高齢の方にも読みやすく、小さい文字でも見分けやすい「UCDAフォント」を発売しました。 これは、これまで視認性で定評のあった「イワタUDフォント」をベース ...
誰でも見やすい印刷物の表現を 浜松工業高デザイン科生がMUD講座 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2011年10月19日(水)
MUDは、誰もが利用しやすいユニバーサルデザイン(UD)の考え方を、印刷物などのメディアに取り入れる試み。村松さんは「高齢者や白内障患者は、文字の太さや形によって見えづらい」と説明。適切な行間や字間を取り、写真やイラストを有効に使うべきだと紹介した。 ...
メディア・ユニバーサルデザイン検定開始 - 日刊!目のニュース (媒体での記事掲載終了) 2011年05月15日(日)
6月より特定非営利活動法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会では、「メディア・ユニバーサルデザイン教育検定」(MUD教育検定)を開始することを発表した。 同検定は、色覚障がいの方々や老眼や白内障の中・高齢者などにも見やすい印刷物、ウエブ、サインなどを制作 ...
メディア・ユニバーサルデザイン教育検定開始のお知らせ - 財経新聞 (媒体での記事掲載終了) 2011年05月11日(水)
特定非営利活動法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会(以下MUD協会)は、本年6月より「メディア・ユニバーサルデザイン教育検定」(以下MUD教育検定)を開始する。 MUD教育検定は、老眼や白内障の中・高齢者や色覚障がいの方々などにもわかりやすい ...
メディア・ユニバーサルデザイン教育検定開始のお知らせ - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2011年05月11日(水)
特定非営利活動法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会(以下MUD協会)は、本年6月より「メディア・ユニバーサルデザイン教育検定」(以下MUD教育検定)を開始する。 MUD教育検定は、老眼や白内障の中・高齢者や色覚障がいの方々などにもわかりやすい ...