介護関連ニュース 検索結果

「特別養護老人ホーム」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
秋田県大仙市の西仙北高校の1年生24人が6日、西仙北地域の高齢者施設など3カ所を訪れ、クリスマスの飾り付けをした。ボランティア活動の一環。 ... は3グループに分かれて訪問。このうち同市強首の特別養護老人ホーム「ありすの街」では、共有スペースなどを飾り付けた。
そんな中、ユニークな取り組みが九州でスタートした。特別養護老人ホームなど施設に入所する高齢者に、歯磨きや歯茎のマッサージといった「口腔ケア」を定期的に行うことで、誤嚥性肺炎を大幅に減少させることに成功したのだ。施設から病院に入院する日数が減ることで、医療 ...
介護職員が大量退職した特別養護老人ホーム 入居者24人を別施設に移送 - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
福岡県行橋市の社会福祉法人「友愛会」が運営する特別養護老人ホームなど2施設で介護職員が大量退職した問題で、市は6日、2施設に現在入居する計24人全員を友愛会が市内外の別施設に移送すると発表した。市も10日以内の移送完了を目指して協力する。 2施設は、 ...
車いすの操作や介助の方法を体験する講習会がこのほど、北摂三田福祉の里(兵庫県三田市東本庄)にある特別養護老人ホーム「三田楽寿荘」であった。地域の中学生ら20人が参加し、高齢者の介護に理解を深めた。 ... 記事全文を読む ❯ ...
北海道は、地震により建物が使えなくなった厚真、安平両町の特別養護老人ホームなどに入所していた被災者を受け入れる仮設住宅を両町に1カ所ずつ建設している。全員が震災前と同じ環境で入居できる施設を想定。道によると、介護度の高い高齢者らを集団で受け入れる ...
病院や高齢者福祉施設を運営するハイネスライフグループ(長野市)はモンゴル人の介護技能実習生6人を受け入れる。モンゴルからの介護技能実習生の ... 12月11日に辞令交付式を開き、長野市の特別養護老人ホーム「朝日ホーム」などで本格的な実習に入る。6人のうち3人は国立病院の看護師で、他の ...
職員大量退職で移送検討も 福岡の高齢者施設 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年12月04日(火)
福岡県行橋市は4日までに、社会福祉法人「友愛会」が市内で運営する特別養護老人ホーム(特養)など2施設で常勤の介護職員10人中7人が11月に退職したとして改善勧告を出した。職員の補充など改善が見られなければ、入所者30人近くを別の施設に移すことも検討する。
比較的安価で手厚い介護が受けられる特別養護老人ホームの待機者が30万人を超えるなか、サ高住は施設の担い手を官から民へと転換しようとする国が切り札として、7年前に導入した。民間事業者が運営し、60歳 ... とするときは確実にやってくる。そのときに備え、介護する側・される側も高齢社会をどう生きていくか、真 ...
「365日通所介護」の落日と営業日限定・少数精鋭の戦略 快筆乱麻!masaが読み解く介護の今(33) - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年11月28日(水)
通所介護事業などは典型的なサービスだろう。制度発足当初の介護報酬は、介護バブルといわれたほど高く設定されていたが、中でも通所介護費は、1時間当たりの報酬単価が特別養護老人ホームの単価より高かった。しかも事業者数が少なかった当初は、事業を立ち上げれ ...
恵庭市高齢者虐待防止ネットワーク会議(西根輝雄会長)が21日、市民会館会議室で開かれた。市保健福祉部、民生委員児童委員連絡協議会、社会福祉協議会、町内会連合会、老人クラブ連合会、警察、弁護士会、市内の地域包括支援センター、特別養護老人ホームや介護 ...
一社)神奈川県高齢者福祉施設協議会(加藤馨会長)は11月13日、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズで創立50周年記念式典を開催した。 勤続30周年以上の永年表彰では、天利俊介さんと高橋一夫さん(両名とも特別養護老人ホーム ムツアイホームすこやか)と西迫玲子 ...
コンプレッサや塗装用スプレーガン等を製造販売するアネスト岩田株式会社(新吉田町3176/壷田貴弘代表取締役)は、横浜市社会福祉協議会高齢福祉部会会員施設の特別養護老人ホームのうち、希望する全ての施設にバッテリー式車いす空気入れ(コンプレッサ)を寄贈 ...
埼玉県鴻巣市の特別養護老人ホーム「馬室たんぽぽ翔裕園」。スバシンガは2014年に留学生として来日し、17年春に同市内の介護福祉士専門学校を卒業、このホームに就職した。同年の入管難民法改正により介護職として初めて在留資格が取得できるようになった外国人の1 ...
社会福祉法人海光会 特別養護老人ホーム「海光園」は、「高齢化日本の活性化」を目標として、1999年の事業開始以降さまざまな介護関連ロボットを導入、トップと現場が一体となって人と機器を組み合わせた新しいオペレーションに取り組み、スタッフの労働環境向上やキャリア ...
社会福祉法人海光会 特別養護老人ホーム「海光園」は、「高齢化日本の活性化」を目標として、1999年の事業開始以降さまざまな介護関連ロボットを導入、トップと現場が一体となって人と機器を組み合わせた新しいオペレーションに取り組み、スタッフの労働環境向上やキャリア ...
計画は、特別養護老人ホームや介護施設の職員の処遇を改善し、「介護助手」の立場で高齢者や女性を参入させて20万人強を確保するというのが大きな柱だ。さらに、外国人労働者の受け入れ拡大に絡み、来年4月からの新たな在留資格に基づき、最大6万人の外国人労働者 ...
群馬県伊勢崎市と安中市の特別養護老人ホームが今月、インドネシア人女性4人を外国人技能実習制度に基づく介護実習生として受け入れた。介護現場の人材不足解消の目的で、昨年11月に制度が変わった。県内の受け入れは初めてとみられる。人材確保の決め手となる ...
老人保健施設(老健)や特別養護老人ホームからデイサービス、認知症の方をサポートするグループホームなど、様々な介護サービスを総合的に展開している「みかん・こケアグループ」は現在一緒に働く職員・スタッフを求めています。 同グループでは職員一人ひとりが働きやすい ...
葛飾区は、高齢者保健福祉計画と介護保険事業計画をまとめた。対象期間は2018~20年度。特別養護老人ホームなどの高齢者施設整備支援の他、区の全体計画に基づき、公園への健康遊具の設置やインフラのバリアフリー化など、高齢化を踏まえたまちづくりに取り組む。
りゅうせき(浦添市)が地域密着型の複合老人施設「百穂苑」の開業に向けて準備を進めている。利用者が地域にいながら複数の支援を受けられるように、デイサービスやグループホーム、特別養護老人ホームなど五つの ... 記事全文を読む ❯ ...
... 密着型の複合老人施設「百穂苑」の開業に向けて準備を進めている。利用者が地域にいながら複数の支援を受けられるように、デイサービスやグループホーム、特別養護老人ホームなど五つの事業所を併設した複合型の施設を建設する。2019年4月の開業を予定している。17年2月には百穂苑を運営する社会 ...
介護職員の満足度上げたい ICTで支え手不足解消を 最新事例 宮崎の山田さんが紹介 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月08日(木)
超高齢社会で深刻化する介護や医療などの「支え手」不足を情報通信技術(ICT)によって解消を図る試みが九州でも広がる。運営する特別養護老人ホームや保育園などで先進的なシステムを導入している宮崎県都城市の社会福祉法人「スマイリング・パーク」理事長の山田一久 ...
フェスタで健康増進 相談や体験コーナーも - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年11月07日(水)
特別養護老人ホーム「緑の郷」で午後2時から4時まで。 ... 鉄町の横浜総合病院、横浜シルバープラザ、緑の郷を運営する同グループの地域向けイベント。 ... 高齢・障害疑似体験や介護食の試食コーナーも。50食限定のカレーの振る舞いや和太鼓演奏(2時〜)も行われる。
特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護付き有料老人ホームなど、主要な高齢者施設の多くは、認知症の人を入居者として受け入れている。その一方で、高齢者施設のスタッフによる入居 ... あるグループホームに往診したときのことです。一人の患者さんの様子が気になった ...
上島町弓削下弓削の弓削商船高等専門学校の学生が、町特別養護老人ホーム「海光園」(同町生名、定員69人)でお散歩ボランティアを行っている。外出する機会が少ない上、若者と触れ合えるとあって入所者から喜ばれている。 同校が昨年から始めた「地方創生演習」を受講 ...
福島県石川郡平田村に本拠を置く誠励会グループが開設した特別養護老人ホーム「さくらの里」の開設式に参加するためだ。 「さくらの里」は、東日本大震災後に閉校した菅谷小学校の跡地に建てられた(トップ画像)。11月1日オープン予定で、定員は100人だ。佐久間裕施設長 ...
福島県石川郡平田村に本拠を置く誠励会グループが開設した特別養護老人ホーム「さくらの里」の開設式に参加するためだ。 「さくらの里」は、東日本大震災後に閉校した菅谷小学校の跡地に建てられた(トップ画像)。11月1日オープン予定で、定員は100人だ。佐久間裕施設長 ...
介護分野での外国人技能実習生の受け入れが群馬県伊勢崎、安中両市の特別養護老人ホームで始まったことが1日、施設への取材で分かった。インドネシア国籍の女性4人が同日から働き始めた。県によると、昨年11月に技能実習制度で介護職が加わって以降、県内での ...
厚木市消防本部(鈴木佐重喜消防長)が10月28日、秋季火災予防運動の一環で高齢福祉施設での火災を想定した消防演習を実施した。 演習は特別養護老人ホーム第二森の里(飯山)の2階リネン室から出火し延焼が拡大、入居者の避難誘導を行ったが、施設内に3人が ...
「オムツゼロ」目標掲げ気力UP 介護施設入所者 歩行訓練、積極的に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月30日(火)
特別養護老人ホームなどの施設で、オムツを使わない「オムツゼロ」介護が広がっている。利用者の尊厳を保つとともに、車いすの人がトイレに行くのに「自力で立ったり歩いたりしたい」などの目標を持つことにつながっている。職員たちも、そうした利用者の変化が励みになっている ...