介護関連ニュース 検索結果

「徘徊」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
大和市では、「はいかい高齢者個人賠償責任保険」、「シルバー・ドライブ・チェック」といった認知症・高齢化関連の事業を実施します。「はいかい高齢者個人賠償責任保険」は、認知症による徘徊の恐れがある高齢者を被保険者として、市が保険契約者となって保険に加入します。
認知症の徘徊(はいかい)や虐待の防止にも役立つ」と、幹部の一人は力を込める。 本部長通達を受け、各部門は具体的な対策を検討中だ。「高齢者対策は、いつまでに何かを仕上げる性格のものではない。できることから速やかに実施に移す」(松本裕之本部長)。 福島の試み ...
全国の100歳以上の高齢者は年々増加し、約6万8千人に上る。長寿はめでたい。一方、高齢化社会ならではの難問も膨らんでいる。高齢運転者による交通事故や認知症患者の徘徊(はいかい)、社会保障費の増大などだ。 多くの人が支える「胴上げ型」から「騎馬戦型」を ...
認知症の母と介護の娘に密着 ドキュメンタリー上映 23日 飯塚市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月16日(土)
認知症の母と介護する娘の生活を明るく描いたドキュメンタリー映画「徘徊(はいかい)~ママリン87歳の夏」の上映会が23日、飯塚市飯塚のコミュニティセンターで開かれる。筑豊地区での上映は初めて。主催する「認知症の人と家族の会いいづか」は「子どもからお年寄りまで ...
徘徊高齢者、増える捜索 帯広SOSネット、既に25人 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月12日(火)
認知症の徘徊(はいかい)などで行方不明となった高齢者を地域ぐるみで探す「帯広市徘徊高齢者等SOSネットワーク」の捜索人数が増えている。本年度は既に25人(12日現在)と、ネットワーク制度が始まった20... 記事全文<のサイトに移動します> · 北海道新聞. この記事が ...
認知症の徘徊(はいかい)などで行方不明となった高齢者を地域ぐるみで探す「帯広市徘徊高齢者等SOSネットワーク」の捜索人数が増えている。本年度は既に25人(12日現在)と、ネットワーク制度が始まった2014年度以降で最高だった15年度の27人に迫る。不明者が他 ...
超高齢社会が迫るなか、医療・介護現場の人手不足は深刻で、あぶれだした高齢者が施設ではなく在宅での「老老介護」を選ぶしかなくなる。そうしたなかで、認知症の行方不明者は年間1万5000人を超え、かつてないペースで激増しているのだ。 「行方が分からなくなるのには“ ...
認知症患者の徘徊、姿が消えてから「1時間以内」に対応を - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月09日(土)
超高齢社会が迫るなか、医療・介護現場の人手不足は深刻で、あぶれだした高齢者が施設ではなく在宅での「老老介護」を選ぶしかなくなる。そうしたなかで、認知症の行方不明者は年間1万5000人を超え、かつてないペースで激増しているのだ。 「行方が分からなくなるのには“ ...
センサーとAIを結びつけて高齢者のための'スマートリストバンド'(腕輪)を提供するスウェーデンのAiflooが、510万ユーロの資金を獲得した。 このシリーズAのラウンドをリードしたのはEQT Venturesで、同社のアナリティクスパートナーのHenrik Landgrenは、“大量のデータと現代 ...
徘徊している認知症の高齢者が鉄道などの事故にあい家族らが高額な損害賠償を求められるケースに備え、神奈川県大和市は最大で3億円まで支払われる民間保険に公費で加入すると発表した。8月30日に開会した市議会に、初年度の保険料など約323万円を盛り込んだ補正 ...
福井フェニックスロータリークラブ(RC)は、徘徊(はいかい)中の高齢者の居場所を探索する衛星利用測位システム(GPS)発信器を福井市内の20人に、本年度から2年間無償で貸し出す。発信器は靴に埋め込むなどして、パソコンやスマートフォンで即座に徘徊者の居場所を ...
事故に対応、市が保険加入社会 「よかった」55% 体験中心の参加型訓練に 昇格かけた戦いへ ヤマトン部門を新設 市内から3選手が出場 目指すは日本一 9/4くらべて ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月01日(金)
自治体が徘徊の恐れのある高齢者を被保険者として保険契約を行うのは、全国で初。保険の対象者は「はいかい高齢者SOSネットワーク」に登録している人(7月末時点で237人)すべて。補正予算額は初年度の保険契約料約323万円。保険は、事故を起こした徘徊者のけが ...
NTT東日本は新たに開発した高齢者などの徘徊(はいかい)検知システムの実証試験を、釧路市の介護施設で始めた。発信機などを持たなくても部屋を出るとスタッフに通知する仕組み。介護スタッフと高齢者双方の負担軽減につながる。NTT東は人口減少などで介護職員の ...
認知症の高齢者らが繰り返し徘徊[はいかい]するのを防ぐため、県警は9月から、保護した人の情報を自治体に提供するモデル事業を荒尾市と長洲町で始める。両市町は適切なケアや新たな支援につなげ、地域で見守る体制を強化する。警察庁によると、全国で大阪府警に続く ...
SOMPOケアメッセージ 老人ホームにAIロボ、徘徊防止 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月30日(水)
介護大手のSOMPOケアメッセージ(東京・品川)は運営する有料老人ホームに入居者を見守る人工知能(AI)搭載ロボットを順次導入する。入居者の顔を学習して識別し、 ...
超高齢化と核家族化が進む中、日本は深刻な状況にある。2025年には、第一次ベビーブームの時期に生まれた世代が後期高齢者(75歳以上)になり、介護・医療費等の社会保障費が急増すると懸念され、高齢者は約3,500万人(人口比約30%)、さらに認知症の患者数は約700 ...
時々、ニュースなどでも取り上げられている高齢者の運転免許自主返納。しかし「もう乗らないだろうな」と思って ... 結局、警察に捕まってしまったものの、「やすらぎの郷」の政治力で「認知症による一種の徘徊」ということでウヤムヤにしてしまう。……恐ろしい組織だ、「やすらぎの ...
そこで、養鶏家の西雅志さんが、ふもとの町を徘徊(はいかい)していたわしらをスカウトして、土佐ジローの「番猫」にしたんだ。その数は増えて今や20匹。どこにいても、出て行こうが自由で、たまに町に降りていく仲間もいるが、2、3日で帰ってくる。ここは天国なんだ。 世間は、猫 ...
東京新聞:認知症で踏切事故 家族に高額請求 大和市が保険加入 最大3 ... - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月24日(木)
認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に踏切事故に遭うなど、不測の事態で家族が高額の損害賠償を求められるケースに対応しようと、神奈川県大和市は二十四日、賠償 ...
<年金プア 不安の中で> 認知症の母、援助する娘の家計圧迫 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月23日(水)
年金だけでは生活費が足らない高齢の「年金プア」。年齢を重ねるにつれ、アルバイトなどの ... 母はかつて、娘夫婦と同居していたが、自宅周辺を徘徊(はいかい)し迷子になって帰宅できなくなることもあったため、二年前に施設に入居した。それ以来、娘は週に一回は母の部屋を ...
超高齢化社会を迎え、徘徊(はいかい)する認知症とみられる人が増加の一途をたどる中、「鼻の捜査官」こと警察犬の出動が福井県内で急増している。行方不明者の捜索に昨年は26回出動しており、2011年の4回から6・5倍に増えた。一方、警察犬や指導手の数は伸び悩んで ...
高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月23日(水)
アイデア雑貨のネット販売を手掛ける「アイデア雑貨ショップZ」が、7月15日、高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントの販売を開始しました。このQRコードアイロンプリントは衣服に貼り付けることができ、認知症を患う高齢者の行方不明防止や、安全の確保、迅速な身元 ...
アイデア雑貨のネット販売を手掛ける「アイデア雑貨ショップZ」が、7月15日、高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントの販売を開始しました。このQRコードアイロンプリントは衣服に貼り付けることができ、認知症を患う高齢者の行方不明防止や、安全の確保、迅速な身元 ...
『恍惚の人』は認知症だったか? ―引きずっている偏見を正す― - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月22日(火)
認知症の人は何もわからず、困ったことばかりする。暴言を吐き、徘徊し、乱暴になり、糞尿をもてあそぶ。介護は大変な労苦ばかり――こんな認知症への否定的な見方がいまも社会の中に大きくある。これができた要因の一つは、1972年に発刊された有吉佐和子の小説『恍惚の ...
認知症になっても幸せに生きられる社会の構築を考える講演会が21日、沖縄大学で開かれた。主催は認知症ケア実践研究会沖縄事務局。広島県で医療・介護の30事業所を運営する医療法人「好縁会」の下山直登理事長が、暴言や徘徊(はいかい)、もの取られ妄想など認知 ...
「Thinkstock」より 先日、筆者は徘徊高齢者を発見した。保護から家族に出会うまで、約30分の超スピード解決となった。わずかの時間とはいえ、得た教訓は大…(1/3)
斎藤淳一郎矢板市長は21日、定例記者会見で、認知症などで徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者らの個人情報を事前登録する制度を9月から始めると発表した。 家族などからの申請を受け付け、万が一の際に迅速な発見や身元確認につなげる。
関係者以外は退出困難 徘徊防止で岐阜の介護施設 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月20日(日)
岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で高齢入所者3人が死亡した問題で、あばら骨が肺に刺さったことなどによる外傷性血気胸で死亡した女性(87)の胸にあざがあったことが20日、捜査関係者への取材で分... [ 記事全文 ] · <岐阜の介護施設>死亡女性、首と胸に ...
高齢者らの徘徊(はいかい)が各地で問題になる中、京都府福知山市社会福祉協議会が今夏、身元が確認できる「安心生活見守りキーホルダー」を認知症の高齢者らに持ってもらい、保護された場合に備える事業を始めた。府内の社協では初の取り組み。高齢者の安全対策への ...
福岡市でスマホアプリとステッカーによる徘徊対策 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年08月19日(土)
有休スペースの活用など自治体向けサービスを提供する株式会社ホープ(福岡県福岡市)は、「福岡市認知症高齢者見守りネットワーク事業」へ参画、認知症高齢者の徘徊に対応するサービスの提供を開始しました。 セーフティネットリンケージ(北海道札幌市)が展開する「 ...