介護関連ニュース 検索結果

「徘徊」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
高齢者の徘徊や子どもが被害にあう犯罪が相次ぎ、地域での「見守り」体制が課題になっている。東京都渋谷区と東京電力ホールディングス(HD)は、様々なものをインターネットで結ぶ「IoT」技術を使い、高齢者や子どもの居場所を把握する「見守りサービス」の実証実験を2017 ...
【釧路】認知症の人や家族らを支援する民間団体「全国キャラバン・メイト連絡協議会」(東京)と通信大手ソフトバンク(同)は24日、釧路市内で、徘徊(はいかい)して行方不明になった高齢者をスマートフォンのアプリを使って捜索する実証実験を行った。アプリは2018年度の実用 ...
徘徊する認知症患者に遭遇した際の対応を実体験する「みんなの高齢者見守り・SOSウォークラリー」(神戸新聞社など後援)が21日、兵庫県姫路市本町の姫路城周辺で開かれた。地域住民ら約100人が5キロと10キロのコースを歩きながら、路上で出会った高齢者役の学生 ...
セキュリティーサービスのALSOK(アルソック)は、認知症患者の行方不明対策サービス「みまもりタグ」「みまもりタグ感知器」「みまもりタグ専用靴」を2017年6月15日から販売を予定している。 同社は、国土交通省選定モデル事業として、全国の10の自治体と、これら「みまもり」 ...
認知症不明者を守る靴発売へ 発信器内蔵、メールで通知:朝日新聞 ... - asahi.com (媒体での記事掲載終了) 2017年05月18日(木)
認知症患者が徘徊(はいかい)した時、家族らが発見しやすい靴をアキレスが開発した。靴に小型発信器が内蔵されており、半径300メートルの範囲であれば居場所が特定 ...
500円で始める見守り、東電と渋谷区がIoT活用で実証へ - ITmedia (媒体での記事掲載終了) 2017年05月17日(水)
渋谷区の長谷部健区長は「私たちが進めている高齢者福祉政策において、高齢者の見守り対応は大きな課題の1つである。認知症高齢者の徘徊は特に社会問題化しており、発見の遅れは大きな事故につながる可能性もあることから、早期発見が必要だ。そのためICT機器の ...
フランスベッドがなぜ介護ロボットなのか。2025年には、認知症の有病者数は約700万人にのぼるというデータがあるという。フランスベッドは、認知症向けに、(1)睡眠支援、(2)セラピー用具、(3)徘徊(はいかい)感知器、(4)生活動作支援──の4つの取り組みを行っている。
総会には販売店所長や茨城新聞幹部ら約160人が出席し、2017年度事業計画案などを原案通り可決した。 山本会長は「社会貢献策として高齢者の見守り活動を推進したい。孤独死や徘徊(はいかい)による行方不明を未然に防ぎたい。無読者対策では若い人に試読してもらう ...
高齢者保護で警察から感謝状(鳥取県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月16日(火)
米子市の路上を徘徊していた高齢の女性を保護したとして、15日、2家族に感謝状が贈られた。米子警察署の岸田親久署長から感謝状が贈られたのは、鳥取県大山町の門脇みち子さんと息子の義浩さん。そして、岡山県真庭市の富岡裕和さんと息子の和城さんの4人。4人 ...
アルソックは15日、すでに全国10の自治体と取り組んでいる地域の見守りネットワークで使用している商品「みまもりタグ」「みまもりタグ感知器」「みまもりタグ専用靴」を、6 ...
ALSOK<2331>は後場一段高となり、年初来高値を更新した。同社はきょう、認知症高齢者の徘徊対策商品「みまもりタグ」や「みまもりタグ感知器」などの一般向け販売を6 ...
また、高齢者にありがちなのが徘徊。家族にとって心配のタネだが、 iCaneではGPSで居場所をリアルタイムに確かめられる。必要に応じて、移動ルートを確認することも可能だ。 fullsizeoutput_299a 加えて、iCaneはLEDライトを搭載して懐中電灯のようにも使える。夜道でも ...
搭載されたセンサーが利用者の動きを検知してナースステーションに通知することにより、ベッドからの転倒、転落の危険性を軽減するほか、認知症の方の徘徊による事故等の予防につながります。『動き出し』・『起き上がり』・『端座位』・『離床』・『離床管理』の5つの通知モードから ...
GPS機能は高齢者の徘徊を減らすことができるのか - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月09日(火)
平均寿命が延び高齢化が進む中、認知症高齢者の徘徊は社会問題の1つとして課題となっています。 そのような中、GPSやQRコードを用いた徘徊対策が商品化されてきました。 このような機器を用いることによって、実際に徘徊を減少させることができるのでしょうか。
このような機器を用いることによって、実際に徘徊を減少させることができるのでしょうか。 認知症高齢者が徘徊をした際に伴うリスクはいくつかありますが、ここではしばしば発生する2つのケースとそれにGPS機能を持った商品がどのように対応するかについて紹介したいと思い ...
GPS機能は高齢者の徘徊を減らすことができるのか - JIJICO (媒体での記事掲載終了) 2017年05月08日(月)
このような機器を用いることによって、実際に徘徊を減少させることができるのでしょうか。 認知症高齢者が徘徊をした際に伴うリスクはいくつかありますが、ここではしばしば発生する2つのケースとそれにGPS機能を持った商品がどのように対応するかについて紹介したいと思い ...
セコム、「セコム親御さん安心パッケージ」の販売を開始 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月08日(月)
また、自宅に押しかける振り込め詐欺、熱中症、認知症による事故や徘徊など、高齢者を取り巻く社会的不安も増加しています。 「セコム親御さん安心パッケージ」は、企業や団体が福利厚生として導入することにより、こういった課題を解決しようとするものです。セコムでは、2014 ...
少子高齢化が社会問題となっている日本。「長寿大国」としての誇りを持ってこれからも歩み続けていくために、認知症対策は避けて通れない大きなテーマのひとつです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者の廣田信子さんが「高齢者に対する地域 ...
日常生活に不安がある人、 ひとり暮らし、または、ひとり暮らしと同様の状況にある人、高齢者のみの世帯の人、日中や夜間に一人になる人が助成を受けることができる。 高齢者見守り型緊急通報システムの使用料助成を受けている人、徘徊高齢者位置探索サービスの助成を ...
ALSOK、認知症高齢者向け商品 発信器付き靴など - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月02日(火)
綜合警備保障(ALSOK)は6月、徘徊(はいかい)する認知症高齢者向け商品の販売を始める。小型発信器を取りつけた専用靴(8500円など)をはじめ、外出の動きをキャッチするために玄関に置く感知器など計5種類… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録 ...
磐田市は、認知症などで徘徊(はいかい)の恐れがある高齢者を対象に、専用シールを使った見守り強化事業を始めた。市の同報無線やメール配信事業と併用し、行方が分からなくなった場合の早期発見につなげる。 高齢者の家族が地域包括センターに名前や身体的特徴、緊急 ...
ヒト型ロボットを使ったイベントの企画・運営を手がける生活革命(さいたま市)は、認知症患者らの徘徊(はいかい)防止に役立つシステムを開発した。ベッドでの異変を介護者がウエアラブル端末で即座に把握できるほか、ロボットによる声かけで「予防」する機能もある。あらゆる ...
長岡京市、「Bluetooth活用の見守り」の実験結果を公表 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
同市は2014年7月から、認知症高齢者と行方不明者対策として「おでかけあんしん見守り事業」をスタート。連絡先と顔写真の事前登録制度や徘徊模擬訓練などを進めてきた。2016年2月にBluetooth受発信機器を導入した。Bluetooth機能を活用した見守りは、高齢者見守り ...
認知症の薬、上手につきあうためには - asahi.com (媒体での記事掲載終了) 2017年04月25日(火)
認知症になると、物忘れや判断力の低下に加え、妄想や徘徊(はいかい)など行動・心理症状(BPSD)が出る人もいる。こうした症状を減らすため、抗認知症薬や抗精神病薬などの精神機能に作用する「向精神薬」を服用する場合は副作用が出ないかを注意深く見守りつつ、薬と ...
相互協力協定を結んだ香取署と東庄町。締結式には江田署長(左)と岩田町長が出席した=17日、同町役場. 東庄町と香取署は、認知症などで徘徊(はいかい)する高齢者らの早期発見に向け、相互協力協定を結んだ。同署によると、管内4自治体では初めて。また、県内各署で ...
世界初・バンドサイズのLoRa+GPS搭載の見守りデバイス「みまもーら ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月21日(金)
株式会社みまもーら(東京都港区・代表取締役 河合斎行)は、近い将来必ず来る認知症高齢者500万人時代の徘徊見守り対策の解決策として、世界初・バンドサイズ ...
大和市は、増加傾向にある徘徊高齢者の保護とその家族の支援および負担軽減を目的に、小型GPS端末が収納できる靴を無料で提供する。GPS端末と靴をセットで提供するのは県内で大和市が初。 GPS付靴の提供は、今年度の新規事業の一つで、小型のGPS端末を専用の ...
認知症対策グッズ、商品開発進む 靴のかかとにGPS、QRコードシール - iza(イザ!) (媒体での記事掲載終了) 2017年04月18日(火)
認知症に伴う徘徊をめぐっては近年、衛星利用測位システム(GPS)付きの機器を携帯させたり、身元特定に役立つQRコードを衣服に貼ったりするなど、さまざまな対策や商品開発が進んでいる。 高齢者向け賃貸住宅を経営する「ウィッシュヒルズ」(京都府木津川市)は、かかと ...
路線バスが徘徊見守り基地局に 奈良、認知症高齢者の位置送信 全国初 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月18日(火)
認知症高齢者らの徘徊や失踪が社会問題となる中、奈良交通(奈良市)は5月以降、奈良県内を走る路線バスで無線通信を活用した高齢者らの見守り活動を始める。専用の小型発信器を身につけた人が乗車したり、バスとすれ違ったりするとバス内の感知器が位置情報を取得 ...
靴のかかとにGPS、QRコードシール 徘徊対策グッズ開発続々(1/2 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月18日(火)
認知症に伴う徘徊をめぐっては近年、衛星利用測位システム(GPS)付きの機器を携帯させたり、身元特定に役立つQRコードを衣服に貼ったりするなど、さまざまな対策や ...