介護関連ニュース 検索結果

「徘徊」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
高齢者演者が街に飛び出す試みも。さいたま市内で期間中、3日間にわたって行われた徘徊演劇「よみちにひはくれない」では、観客は「徘徊中」と書かれた札を首にかけ、俳優の後を追い街中を歩いた。20年ぶりに帰郷した男が、地元高齢者と対話する物語は、介護福祉士でも ...
記者コラム 窓 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月20日(土)
新田泰久さん(87)は認知症の妻と、高齢者住宅の別室でそれぞれ暮らす。その入居前後の日々を「新田泰久詩集 夢の祈り」にまとめ、金沢市の市民文学賞に選ばれた。 妻はトーストを焼く数を毎朝間違え、午前二時に夜道を徘徊(はいかい)する。それでも夫は、心に宝石を宿す ...
<ラテンアメリカから>日本のベンチャー開発の「発電床」 ブラジルに試験導入 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月18日(木)
日本国内では既に、福祉施設で高齢者の徘徊(はいかい)や転倒を防ぐためベッド脇に置いて離床を察知するセンサーや、民家のベランダへの侵入を感知して通報する防犯マットなどに活用されている。同社は今回、国際協力機構(JICA)が進める中小企業支援事業を利用して ...
高齢者の国際舞台芸術祭としては日本初の「世界ゴールド祭」(埼玉県芸術文化振興財団主催)が8日まで2週間、さいたま市で開かれた。雑誌の特集も相次ぐ「老いの演劇」の可能性とは。 9月22日、さいたま市浦和区の埼玉会館。観客30人ほどが「徘徊(はいかい)中」と記され ...
古い写真、どう整理する? 親子で一緒に整理すれば家族の会話にも - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月17日(水)
高齢者が昔の写真を見て、当時の思い出や経験について話をするのは「回想法」と呼ばれ、認知症の予防にも効果があるとされる。写真整理で子供は親 ... 親が万一徘徊(はいかい)したり、災害に遭ったりした際も、すぐに写真が出せれば本人確認しやすくなる。亡くなった場合は ...
... 【電子版】スイス・モンブラン、グーグルWear OSスマートウォッチ「Summit 2」発売(18/10/16) · パナソニック、運転手の体調分析 カメラ・においセンサー活用(18/10/16) · NTT東、電話・ナビの新技術開発は共感重視(18/10/16) · ネクストシステムラボ、靴にGPSで徘徊対策 高齢 ...
ネクストシステムラボラトリーズ(奈良県大和高田市、藤本都志郎社長、0745・24・3388)は、認知症高齢者の徘徊(はいかい)感知機器「i―coco(アイココ)... (残り:471文字/本文:551文字). (2018/10/16 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)する ...
市内には現在、8千人を超す認知症高齢者がいるとされ、2025年には1万2千人に達する推計もある。現在でも年間30件程度の徘徊(はいかい)事案が発生しており、市では高齢者を担当する福祉部と、ごみ収集を所管する環境農政部とで「認知症の市民を見守る、より多くの目 ...
トラッキモGPS、介護シューズにGPS端末を供給 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月15日(月)
GPS端末・IoT関連サービスの世界的サプライヤーである米国Trackimo社の日本総代理店、株式会社トラッキモGPS(東京都文京区)は、介護シューズの株式会社トレイル(兵庫県神戸市)と業務提携し、同社が認知症による周辺症状BPSD(徘徊)対策として製造・販売するGPS ... 両社は、高齢化により認知症高齢者 ...
GPS端末・IoT関連サービスの世界的サプライヤーである米国Trackimo社の日本総代理店、株式会社トラッキモGPS(東京都文京区)は、介護シューズの株式会社トレイル(兵庫県神戸市)と業務提携し、同社が認知症による周辺症状BPSD(徘徊)対策として製造・販売するGPS ... 両社は、高齢化により認知症高齢者 ...
季節外れの服装、靴をはいていない、目的がなさそうに歩いているなど、徘徊(はいかい)が疑われる高齢者にはいくつかの特徴があるという。警察が把握した情報を共有した後、それらを見極める“目”を生かして行方不明者の早期発見につなげる。実際に2016年6月に祐愛会 ...
老人ホーム、介護施設、高齢者住宅利用者のモニタリング、外出検知、徘徊捜索; 地域包括ケア、遠隔医療などでの遠隔モニタリング; 屋外で働く人のヘルスケアみまもり(労働者、バス・タクシー運転手など); 屋内における動線管理; 各種アクティビティ、スポーツ. 【関連リンク】
福祉機器を手掛けるテクノスジャパンは、「第45回 国際福祉機器展H.C.R.2018」(2018年10月10~12日、東京ビッグサイト)に「徘徊ナビGP」を参考出展した。徘徊時の位置情報や居宅内 ... これによって高齢者がこまめに充電する手間を省くことができる。 GPSタグには3次元 ...
嬉野市は、認知症で徘徊(はいかい)する高齢者の見守りを強化する「見守りシール」を導入した。QRコードが印刷されたシールを読み取ると、登録した家族へ通知メールが送信される。高齢者の行方不明事案が増える中、市民が一体となった見守り体制を強化する。 市によると、 ...
嬉野市は、認知症で徘徊はいかいする高齢者の見守りを強化する「見守りシール」を導入した。QRコードが印刷されたシールを読み取ると、登録した家族へ通知メールが送信される。高齢者の行方不明事案が増える中、 ... 記事全文を読む ❯ ...
今年のプログラムにはこのほか、さいたまゴールド・シアター 徘徊演劇「『よみちにひはくれない』浦和バージョン」や、さいたまゴールド・シアター×デービッド・スレイター「BED」、さらにダンスでは、イギリスのサドラーズ・ウェルズ劇場の高齢者ダンスカンパニー、カンパニー・オブ・ ...
認知症患者の徘徊(はいかい)によるトラブルを防ぐため、むつ市は情報通信技術(ICT)を活用したシステムづくりを進めている。近距離無線通信「ブルートゥース」を搭載した小型タグとスマートフォンを組み合わ ... 記事全文を読む ❯ ...
スマホで認知症患者見守り むつ市「ミマモリオ」東北初導入へ タグ身に着けアプリで位置情報把握 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月04日(木)
認知症患者の徘徊(はいかい)によるトラブルを防ぐため、青森県むつ市は情報通信技術(ICT)を活用したシステムづくりを進めている。近距離無線通信「 ... むつ市高齢者福祉課の担当者は「認知症患者が安心して暮らせるよう市民にも専用アプリの存在を周知したい」と話す。
桐生市の建設業フューチャーアンドスペース(FAS)と群馬大大学院理工学府は、高齢者介護施設向けの見守りロボットを共同開発した。ロボットは、徘徊(はいかい)している高齢者を見つけると、優しく声を掛けて足止めし、職員に無線連絡する。ロボットの導入で、介護現場の ...
認知症の人を支えるための「旭区徘徊SOSネットワークシステム」の発見協力機関に、10月から旭区内の全郵便局20カ所とゆうちょ銀行1カ所が加わり、全体で35カ所となった。9月26日には登録式が行われ、下田康晴区長から、代表の横浜今宿南郵便局の佐藤弘行局長に ...
今年のプログラムにはこのほか、さいたまゴールド・シアター 徘徊演劇「『よみちにひはくれない』浦和バージョン」や、シンガポールの高齢者演劇グループ、グロウワーズ・ドラマ・グループの「カンポン・チュンプダ(チュンプダの村)」、さらにダンスでは、イギリスのサドラーズ・ウェルズ ...
今年のプログラムにはこのほか、さいたまゴールド・シアター 徘徊演劇「『よみちにひはくれない』浦和バージョン」や、さいたまゴールド・シアターがイギリスのエンテレキー・アーツ芸術監督であるデービッド・スレイターと共同制作する「BED」、シンガポールの高齢者演劇グループ、 ...
認知症1万人時代に備えるまち − 。今後の超高齢化を念頭に自らをそう明確に位置づける自治体が登場した。以前から「健康都市」を目指す方針を掲げてきた神奈川県大和市だ。 徘徊中に起きた事故の損害賠償責任を補償する制度を全国で初めて導入し、改めて大きな注目を ...
更に、介護スタッフが行っている夜間の定期巡回を、Pepperが代替・補助できるかの検証も行われる。夜間の定期巡回の検証では、Pepperが施設内を巡回し、廊下を徘徊などする利用者を発見すると、施設の管理者に通知を行う。通知を受けた管理者は、Pepperのカメラ ...
今年2018年のプログラムにはほかに、さいたまゴールド・シアター 徘徊演劇「『よみちにひはくれない』浦和バージョン」や、60歳以上を対象とした彩の国さいたま芸術劇場の芸術クラブ活動であるゴールド・アーツ・クラブが、ノゾエ征爾脚本・演出で挑む「病は気から」、さいたま ...
日本からは、55歳以上の団員からなる演劇集団「さいたまゴールド・シアター」と菅原直樹(OiBokkeShi)による『徘徊演劇「よみちにひはくれない」浦和バージョン』、同劇団とイギリスの演出家デービッド・スレイター(エンテレキー・アーツ)による野外パフォーマンス『BED』、60歳以上 ... 新作2018 トリプルビル』、オーストラリア ...
世界ゴールド祭」は、昨年2017年に「高齢社会における芸術文化の可能性ー劇場は地域に何をもたらすことができるのか」をテーマに行われた「世界ゴールド祭 キックオフ!」を前提とする、高齢者舞台芸術の祭典。 今年2018年のプログラムにはほかに、さいたまゴールド・シアター 徘徊演劇「『よみちにひはくれない ...
認知症は“接し方”で変わる! - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了) 2018年09月24日(月)
物忘れや徘徊(はいかい)など、認知症を患っている家族の行動にどのように対処すればいいのか。 「接し方で認知症は変わる」と話す横浜相原病院の吉田勝明院長 ... 超高齢社会ニッポンの抱える悩みに答えます! ※BS日テレ「深層NEWS」9月24日放送分より。詳しくは動画 ...
また「よみちにひはくれない」というタイトルは、老いと演劇 OiBokkeShiのメンバーである92歳の看板俳優・岡田忠雄の口癖だと言い、「超高齢化社会を前にした日本で、高齢の方に『よみちにひはくれない』と言われると、また違った響きがあります」と語った。さいたまゴールド・ ...
重度の認知症となると、徘徊して行方がわからなくなってしまうケースも決して少なくない。このほど認知症の妻に犬のリードをつけて地元のファンフェア(移動遊園地)を訪れていた夫が逮捕されたというニュースがアメリカから飛び込んできた。『Metro』『York Daily Record』などが ...