介護関連ニュース 検索結果

「徘徊」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
小山市は、認知症などで徘徊(はいかい)してしまう高齢者の早期発見のため、市内の金融機関やガソリンスタンド、新聞販売店など三十二の団体・事業所と協定を結んだ。事前に登録する高齢者の行方が分からなくなった際に、各事業所から目撃情報などを提供してもらう。
認知症の人が暮らしやすい地域づくりに向け、総社市が認知症の人への対応を学ぶ模擬訓練や啓発活動に力を入れている。行方不明になった際にメールを活用して捜索するシステムや、徘徊(はいかい)している高齢者へ ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、 ...
要介護ペットが増加中 お漏らしや床ずれ、皮膚トラブルも - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月15日(水)
平成28年の犬猫の平均寿命は、犬が14.36才、猫が15.04才(一般社団法人ペットフード協会調べ)。7才以上の高齢期にあたるペットの割合は、年々増加している。ちなみに、7才は ... 相談内容の多くが夜鳴きや徘徊など、老犬の認知症が原因と思われるケース。ペットの認知症 ...
認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になった女性(94)を、靴のにおいをたどり発見したとして多摩署は14日、県警鑑識課の警察犬2頭を表彰、好物のビーフジャーキーを贈った。 川崎市多摩区の女性は6日午前、家族が目を離した隙に外出。署員約20人が捜索、近くの駅の ...
徘徊する認知症の母が死亡 暴行容疑で逮捕の60歳息子に同情の声も - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
また、高齢化が進む日本では今回のような事件も珍しくなくなってくるとの声も。「これからの日本の課題」「明日は我が身」との意見も寄せられた。 ・それだけ警察の世話になってても、公的もしくは民間との連携、取ってもらえないんだね。事件を未然に防ぐことに力を入れ欲しい.
母親は男性と2人暮らしだが、認知症を患っている影響からひとりで外を徘徊することが多く、今年6月以降で14回ほど警察に保護されていたようだ。 男性は「外出を止めたが、 ... また、高齢化が進む日本では今回のような事件も珍しくなくなってくるとの声も。「これからの日本の ...
また、高齢化が進む日本では今回のような事件も珍しくなくなってくるとの声も。「これからの日本の課題」「明日は我が身」との意見も寄せられた。 ・それだけ警察の世話になってても、公的もしくは民間との連携、取ってもらえないんだね。事件を未然に防ぐことに力を入れ欲しい.
認知症高齢者の徘徊を想定し捜索訓練 田原(愛知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
愛知県田原市で13日、認知症の高齢者が行方不明になったことを想定した訓練が行われ、地元の人や警察官ら約100人が参加した。参加者には不明者の居場所が知らされない本番さながらの訓練で、グループに分かれ、歩いて捜索を行ったほか、行方不明者が見つかった際 ...
先月末には、児童の下校を見守る住民が、徘徊(はいかい)する高齢者を発見。保護して警察へと通報した。同校区の人口は約1万6000人。主要道路の交通量は多く、不審者情報が頻発する傾向にもある。掛布副会長は「子どもを守る活動が、高齢者の保護につながった。認知症 ...
認知症の方の交通事故は誰が責任を負うのか弁護士に聞いてみた - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月07日(火)
認知症患者による交通事故の報道が後を絶たない。クルマの運転だけでなく徘徊などでも、悲惨な事故につながるケースが多いようだ。そんな認知症患者を家族に持つ悩みからか、「教えて!goo」では「認知症患者の運転および事故時の保険の適応、家族の責任について」と題し ...
認知症患者による交通事故の報道が後を絶たない。クルマの運転だけでなく徘徊などでも、悲惨な事故につながるケースが多いようだ。そんな認知症患者をなめている家族に持つ悩みからか、「教えて!goo」では「認知症患者の運転および事故時の保険の適応、家族の責任 ...
認知症の方の交通事故は誰が責任を負うのか弁護士に聞いてみた 認知症患者による交通事故の報道が後を絶たない。クルマの運転だけでなく徘徊などでも、悲惨な事故につながるケースが多いようだ。そんな認知症患者をなめている家族に持つ悩みからか、「教えて!goo」 ...
兵庫県内の行方不明者届5000件 16年受理分 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年11月03日(金)
徘徊(はいかい)していた認知症高齢者や帰宅が遅くなった子どもなどが大半だが、事件や事故に巻き込まれたほか、自殺などで遺体となって見つかるケースも後を絶たない。 神奈川県座間市の事件では、女性の兄が警視庁に届け、行方不明になる直前に女性がツイッターに ...
認知症高齢者の徘徊(はいかい)を想定した訓練が10月31日、東海村内であり、早期保護に向けて地域住民に声掛けを求めた。住民に声掛けを浸透させようと、村と県が ...
愛着障がいで病院生活を宣告された少年が、西圓寺で過ごすうちに暴力衝動が減ったことや、認知症の高齢者が自閉症の青年と交流することで、徘徊(はいかい)行動が減った事例などを説明した。 人間には人に幸せになってほしいと思う気持ちや、他人の幸せで自らも幸福に ...
脚光を浴びる「認知症保険」 人気の理由、各社の違いに迫る! - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月30日(月)
高齢化で進展する認知症になった際の経済的負担に備える「認知症保険」が、50、60代を中心に注目を浴びている。 ... 私の知り合いも、ご両親のどちらかに『徘徊癖』があるため、誤って家の外に出て事故などにあわないように、窓もドアも高い所にカギを付けたそうです。
高齢者は服やかばんなどにそのステッカーを貼る。家族が捜索依頼を出すと、半径20キロ圏内にいるアプリに登録済みの捜索協力者に通知される。発見者はステッカーに記載されたフリーダイヤルに電話をかけ、ID番号を入力すれば、自分の個人情報を知られずに、徘徊高齢者 ...
認知症が悪化しても「家族の努力不足」と思わないで… - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月29日(日)
認知症になり、記憶や見当識(場所や時間、季節)、理解・判断力などに障害(中核症状)が出ると、それに伴う不安や焦りから、うつ症状や幻覚・妄想、徘徊、興奮、暴力などの周辺症状が表れます。周辺症状はその人の性格や環境、心理状態などに大きく影響されるため、周りの ...
高萩市は26日、認知症などによる不明者の早期発見、保護のための「徘徊(はいかい)SOSネットワーク」の模擬訓練を行った。行方不明者役が市内を歩き回り、一般住民や事業所、高萩署などの協力で情報の発信と収集訓練を実施。同ネットワークの周知や認知症などへの理解 ...
春にプレ上映会を行ったところ好評だったため、実現した。 認知症の母を持つ女性を描いたドキュメンタリー映画「徘徊(はいかい) ママリン87歳の夏」(28日)、幅広い世代に人気の「怪盗グルーのミニオン危機一発」(29日)などが上映される。 「ママリン」では高齢者介護の専門家らを交えたトークイベントも行うなど、映画 ...
認知症サポーター 徘徊高齢者対応声のかけ方学ぶ 渋川 - 上毛新聞ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月27日(金)
認知症サポーター 徘徊高齢者対応声のかけ方学ぶ 渋川. 更新日時:2017年10月27日(金) AM 11:00. 徘徊 ( はいかい ) する高齢者の早期発見につなげるため、お年寄りへの声かけ訓練(群馬県渋川市主催)が26日、同市の子持ふれあい公園で開かれた。 認知症サポーター ...
綜合警備保障(ALSOK)は6月に玄関先にセンサー付きの専用装置を置き、徘徊(はいかい)時に警備員が駆け付けるサービスを開始。底に発信器を付けた靴はアキレスなどが開発、セコムも位置情報と通報による駆け付けサービスが付いた専用端末を販売する。 行方不明と ...
県警によると、昨年、新聞配達員が実際に徘徊(はいかい)中の高齢者を見つけ、通報した事例があった。 県内で今年発生した交通事故による死者数は今月16日現在、47人で昨年同期比10人減。うち高齢者は22人で同15人減という。 県警は平成27年6月から同制度を運用。
このシステムは、介護施設や高齢者住宅向けの徘徊対策システム。施設利用者が施設の出入口に近づいたときや呼出しボタンを押した位置を、スマートフォンやタブレットなどに通知する。 身につけても邪魔にならない小型・薄型ボタン. 施設利用者が呼出しボタンを、名札ケース ...
NEC、AIで患者の症状や退院先を予測 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月23日(月)
NECは23日、人工知能(AI)を活用した病院経営改善の実証実験を実施し、成果が出たと発表した。脈拍などの生体データの変化から、患者の徘徊(はいかい)やベッドから ...
ドコモ、BLEを利用した見守りサービスのパッケージ製品 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月19日(木)
本サービスの活用事例としては、学校法人向けに児童の登下校時の見守り、老人ホーム向けに徘徊する高齢者の見守り、博物館などの屋内施設向けに来場者の導線把握及び分析、屋内施設や倉庫にある物品の管理、医療機器や医薬品の管理、家畜の見守りなどを想定して ...
本サービスの活用事例としては、学校法人向けに児童の登下校時の見守り、老人ホーム向けに徘徊する高齢者の見守り、博物館などの屋内施設向けに来場者の導線把握及び分析、屋内施設や倉庫にある物品の管理、医療機器や医薬品の管理、家畜の見守りなどを想定して ...
3年前に93歳で亡くなった父も認知症だった。徘徊(はいかい)し、家に戻れない父を交番まで迎えにいったこともある。父の死後、パートを始めたが、母を一人にできないと、今年の夏に辞めた。「介護は24時間365日、息つく暇もありません」. 介護の費用もかさみ、自身の ...
高齢化率の高い限界集落を多数抱える肝付町には、認知症の方の見守りについて喫緊の課題が横たわっていた。徘徊者の捜索である。兼ねてより、町の有志で徘徊者捜索の模擬訓練を行なうなど町ぐるみでの対策を進めていたが、2016年には3名の徘徊による行方不明事案 ...
徘徊対策に「SOSステッカー」 QRコードで連絡先確認 雲仙 見守り推進協が配布 [長崎県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月17日(火)
雲仙市や雲仙署などでつくる「市高齢者等見守りネットワーク推進協議会」は、認知症高齢者の徘徊(はいかい)対策として、外出時に身に付ける衣服や靴に貼るシール「SOSステッカー」を配布している。携帯電話でQRコードを読み取ると、緊急連絡先を確認できる仕組みで、徘徊 ...