介護関連ニュース 検索結果

「徘徊」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
認知症患者に徘徊の症状があることは広く知られており、徘徊中と思われる高齢者に声かけをする、行方不明者が出たときは地域で連携して捜索するなど、見守りネットワークも確立されてきています。しかし、車での徘徊はまだ対策がきちんとなされていないのが現状です。
奈良交通では、運行中の路線バスが徘徊高齢者とすれ違うケースや、徘徊の移動手段としてバスが利用されることを想定し、「みまもりタグ」の感知器を路線バス(コミュニティバスを含む)に設置することで、同事業に協力。CSR活動の一環と位置付けている。設置台数や路線など ...
自分がいる場所が分からず、時には自分のことを10代の娘だと思い、徘徊し、失禁し、便を弄び、叫ぶ姿。その認知症老人に振り回される家族たち・・・。 しかし医師として働くなかで、認知症に対する見方が少しずつ変わってきました。その理由は、「認知症の中にある幸せ」を何回も ...
認知症などで徘徊(はいかい)する高齢者らを早期発見するため、兵庫県尼崎市は「みんなで支えるSOSネットワーク事業」を始める。行方不明になる心配がある人の名前や住所、写真、日ごろよく立ち寄る場所などを事前に登録。市内の警察署に捜索願が出されると、市が日本 ...
群馬県沼田市は4月、認知症などで徘徊(はいかい)して保護された高齢者を、手のひらの静脈の形を認証する技術を使って身元を特定するサービスを試験的に開始する。県内では前橋市に続き2例目。 技術はシステム開発のクライム(高崎市栄町、金井修社長)が提供する。
2016年には災害復興や産業用として注目されたドローン。法整備なども進み実際に使われていくなかで、ドローンの有用性、そして課題がみえてきた。今月23日から「 ...
家に閉じこもりがちな高齢者は体内時計のリセットが可能な高照度光を見ることが少なく位相が不安定になる。よって、サーカディアンリズムが昼夜逆転することがあり、夜間の徘徊やせん妄(意識障害)など、介護者にとって大きな負担となる病態が生じる。高齢者のサーカディアン ...
この防犯システムは、見守り対象者に持たせたタグを防犯灯で検出し、対象者の通過時刻などをクラウドに蓄積する。管理者は、スマート端末などからクラウドにアクセスすると、対象者の行動を把握できる仕組みだ。通学途中の子どもや、徘徊高齢者の位置確認が対象である。
今回役割を付与したことが、認知症状の改善につながったケースですが、もちろんスムーズに介入ができないことも多くあります。しかし、直接的な介入ができなくても徘徊されている利用者に対し、「いつも皆さんのために安全を確認して頂きありがとうございます。これからもよろしく ...
増える認知症高齢者の徘徊によって起きる不測の事態に、急がれる対策の整備。ここでも熱い視線が注がれているのがQRコードだ。オレンジリンクス(本社:埼玉県入間市)が開発した「爪Qシール」は、人の手や足の爪に貼る身元確認用のQRコードで、通常の生活ではまずはが ...
健康長寿社会実現へ長野県と日本生命が連携協定 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月11日(土)
協定は、日本生命が県内に持つ2支社29営業拠点と約750人の営業社員のネットワークを生かし、健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」や、結婚支援についての情報提供、高齢者の徘徊(はいかい)をはじめとする地域の見守りなどに協力していく内容とした。
地域の支え意識高める. 幸校区で認知症高齢者捜索訓練/豊橋. 2017/03/12. 豊橋市幸校区の自治会や民生委員協議会などは11日、同校区内で「認知症行方不明者・捜索訓練」を実施した。認知症の高齢者が徘徊(はいかい)して不明になったと想定し、住民125人が校区内 ...
Pepperが呼びかける!顔認証とロボットを連携させた徘徊対策 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月08日(水)
Pepperが呼びかけることでの徘徊抑止効果は、まだ未知数の部分もあるが、呼びかけることで徘徊者の関心を引き、少しでも立ち止まらせることで、顔認証システムにより通知を受けたスタッフが駆けつけるまでの時間をかせぎ、徘徊の未然防止や早期の保護を実現してくれる ...
Pepperが呼びかける!顔認証とロボットを連携させた徘徊対策 - RBB TODAY (媒体での記事掲載終了) 2017年03月08日(水)
Pepperが呼びかけることでの徘徊抑止効果は、まだ未知数の部分もあるが、呼びかけることで徘徊者の関心を引き、少しでも立ち止まらせることで、顔認証システムにより通知を受けたスタッフが駆けつけるまでの時間をかせぎ、徘徊の未然防止や早期の保護を実現してくれる ...
厚労省が公表した対策の案では介護の現場も規制の対象だ。特養や老健、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービスといった高齢者が多く集まる施設は、入所者が恒常的に寝泊まりする個室を除いて禁煙。専用の喫煙室の設置も認めないとされた。健康増進法を改正し、 ...
行方不明になった高齢者らをいち早く保護するため、群馬県警は3日、沼田市など北毛8市町村と情報共有に関する協定を締結し、県内全市町村と結び終えた。認知症やその疑いのある人の行方不明の届け出は多い年で200人を超え、市町村境を越えてさまよう人もいる。県全域 ...
「地域見守り体制整備・活性化支援事業」への協力について - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年03月03日(金)
目的 徘徊高齢者が社会的な問題としてクローズアップされているなかで、運行中の路線バスが徘徊高齢者とすれ違う可能性や、徘徊の移動手段として当社のインフラ網が利用される機会も多いと考えられることから、この特性を生かすとともに、地域に根差した交通系インフラ ...
高齢者の捜索に活用 オレンジステッカー交付 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月02日(木)
対象は市内在住のおおむね65歳以上で徘徊(はいかい)する恐れのある認知症患者。徘徊する高齢者の家族らが申請すると、高齢者にアルファベットと3桁の番号が割り当てられる。市は高齢者1人につき、ステッカー20枚を無料で配る。反射材の付いた粘着力の強いステッカー ...
認知症の高齢者が、外出したまま自宅に戻れず、行方不明になるなどのケースが増えている。自治体では、本人や家族の負担を少しでも減らそうと、IT(情報技術)を活用する動きが広がってきた。居場所を捜すのをきめ細かく支援したり、住民にボランティアになってもらい、 ...
認知症はつい10年前まで「痴呆」と呼ばれ、何もわからなくなる、なったら人生の終わりだ、徘徊で大変だ……といわれてきた。だが近年、本人が思いを語り始め、日本で初めて当事者団体ができ、安倍首相に政策を提言。23年前「痴呆病棟」で取材を始めた朝日新聞記者が、 ...
豊川市徘徊(はいかい)高齢者捜索模擬訓練は27日、同市中部地区で行われ、豊川署や民生委員、老人クラブ、市職員、介護保険事業所など地元の関係者約50人が参加。徘徊する認知症高齢者への声掛けや接し方を学んだ。 今回で5回目となる訓練では、情報... この記事は ...
認知症で徘徊の症状が出る高齢者を見守るサービスに、関連企業が相次いで取り組んでいる。財布や靴に小型発信器を付け、姿が見えなくなったとき所在確認を手伝う。高齢者も気兼ねなく身に着けることができ、家族や介護者のスマートフォンに自動的に居場所を知らせて ...
移動範囲が狭いにもかかわらず徘徊するかのように長時間運転するといった認知障害の兆候も見つけやすくする。 新型車の安全性能は年々飛躍的に向上しているが、経済的な理由や慣れたクルマに乗りたいという思いから古いクルマに乗り続ける高齢ドライバーは少なくない。
要介護者の転倒・徘徊を防ぐセンサー ベッドに取り付けて起き上がりを感知 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月26日(日)
コンサルティング会社の構造計画研究所(本社・東京都中野区)は2017年2月22日、ベッドに取り付けて要介護者の起き上がりを検知できるセンサー「エバー・リリーフ」を発売した。 起き上がるとナースコールで家族に知らせる。すぐに駆けつけることができるので、転倒や徘徊防止 ...
2016年に沖縄県内で行方不明になった高齢者は191人(暫定値)で、うち約4割に当たる74人が認知症だったことが22日、県警への取材で分かった。認知症者の統計を取り始めた12年以降、行方不明高齢者全体に占める割合は4割前後で推移。一人歩き(徘徊(はいかい)) ...
離床時の転倒や徘徊を予防する介護ベッド用見守りセンサー「EVER ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月22日(水)
構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長:服部正太)は、介護施設における課題解決を目的として、非接触で体動や心拍・呼吸などのバイタルデータを感知 ...
認知症の高齢男性が2007年、徘徊(はいかい)中に電車にはねられて死亡し、その後、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟などを受け、シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」が3月29日、神戸市灘区六甲台町の神戸大・六甲台第1 ...
静岡市駿河区の長田西自治会連合会は、スマートフォンを活用した高齢者の身元確認サービスを2月末から始める。外出先で体調不良になったり、認知症で徘徊(はいかい)したりしている高齢者を発見した人が、自身のスマホを使って迅速な身元特定や救護に役立てることが ...
須坂市は須坂警察署と協力し、認知症などによる徘徊(はいかい)で保護された高齢者の身元を迅速に確認するための「安心みまもるシール」の登録受け付けと配布を3月1日から始める。 事前に割り当てられた会員番号を記載したシールを家族が本人の衣服や所持品などに貼り ...
大阪府 大阪タクシー協会と協定「高齢者にやさしい地域」に - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月18日(土)
全国的に高齢化社会が問題となっている中、大阪府でも一人暮らしの高齢者の孤独死や認知症高齢者の徘徊への対策が求められています。そこで民間事業者に、業務を通じて、高齢者が安心して暮らせる地域づくりのために協力してもらおうと、この協定が設けられました。