介護関連ニュース 検索結果

「後期高齢者医療制度」に一致した記事 (393件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
日本人は全員が何らかの医療保険に加入している。勤め人は勤務先の健保、75歳以上は後期高齢者医療制度、それ以外の人は「国民健康保険」(国保)となる。国保の加入率は27.1%(2020年9月末現在)。4人に1人は国保に入っているが、保険料はきわめて高い。しかも支払いが滞ると自治体から「差し押さえ処分」を受け、そこ...
75歳以上が対象!「後期高齢者医療制度」ってどんな制度? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了) 2022年07月25日(月)
スットコドッコイアナルバズーカP @y_sublimen_bot 死んだ親父が重度の心筋梗塞にかかり発生した1か月分のクソデカ医療費約1030万円(保険点数*10)に、後期高齢者医療制度が発動して請求金額が15万円までに下がるという健康保険が全力出した画像 pic.twitter.com/6UXv6eR0Yd 2021-06-17 18:41:30
後期高齢者医療制度 年間保険料の上限額 2万円引き上げ案 - NHK NEWS WEB (媒体での記事掲載終了) 2019年11月19日(火)
75歳以上の後期高齢者医療制度、2017年度は単年度で357億円のマイナス決算―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了) 2019年04月17日(水)

75歳以上の方が加入する「後期高齢者医療制度」は、2017年度には単年度で357億円の支出超過(いわば赤字)となった。収支がマイナスの広域連合は22で、前年度から9 ...

介護予防の新事業、枠組み固まる 市町村が展開 専門職を置きサロンを高機能化 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
厚生労働省は6日、介護保険の介護予防と医療保険の保健事業を一体的に行う新たな取り組みのスキームを固めた。住民と距離が近い市町村が実施主体となり、地域支援事業の“通いの場”で専門職によるフレイル対策なども併せて展開していく。後期高齢者医療制度の保険 ...
どうする高額な医療費? 知っておきたい高額療養費制度 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月03日(月)
高額療養費の支給を受けるにあたって、いくつかの注意点があります。まず、支給を受けるには申請が必要です。何もしなければお金は戻ってきません。加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など) ...
どうする高額な医療費? 知っておきたい高額療養費制度 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月03日(月)
高額療養費の支給を受けるにあたって、いくつかの注意点があります。まず、支給を受けるには申請が必要です。何もしなければお金は戻ってきません。加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽの都道府県支部・市町村国保・後期高齢者医療制度・共済組合など) ...
老後資金はいくら必要なのか? - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月24日(金)
高額療養費制度によると、70歳以上の1人当たりの外来の自己負担限度額は、年間14万4,000円(収入区分「一般」)です。75歳以上の後期高齢者医療制度の場合は、世田谷区では同じく年間14万4,000円(収入区分「一般」)、手術および世帯全体では5万7,600円/月で多数回 ...
75歳以上の医療費「3割負担」、対象を拡大 現役世代の過重負担軽減 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月07日(火)
政府・与党が、75歳以上の後期高齢者医療制度で現役世代と同じ3割負担の対象の拡大を検討していることが6日、分かった。高齢者医療費の増加に伴い、現役世代の ...
膨張する医療費に対処する秘策…後期高齢者医療制度への自動調整メカニズム導入 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月23日(水)
医療費の自己負担は、これらを考慮したものであるが、現在の国民医療費は約40兆円で、そのうち自己負担(患者負担)は約5兆円となっている。残りは保険料と公費で賄っており、国民医療費を100%とすると、高額療養費制度の影響を含めて自己負担は約12%となっている。
膨張する医療費に対処する秘策…後期高齢者医療制度への自動調整メカニズム導入 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月23日(水)
医療費の自己負担は、これらを考慮したものであるが、現在の国民医療費は約40兆円で、そのうち自己負担(患者負担)は約5兆円となっている。残りは保険料と公費で賄っており、国民医療費を100%とすると、高額療養費制度の影響を含めて自己負担は約12%となっている。
膨張する医療費に対処する秘策…後期高齢者医療制度への自動調整メカニズム導入 - Business Journal (媒体での記事掲載終了) 2018年05月22日(火)
医療費の自己負担は、これらを考慮したものであるが、現在の国民医療費は約40兆円で、そのうち自己負担(患者負担)は約5兆円となっている。残りは保険料と公費で賄っており、国民医療費を100%とすると、高額療養費制度の影響を含めて自己負担は約12%となっている。
別居の親を扶養に入れると節税に?ただし75歳以上は要注意 - MONEY PLUS (媒体での記事掲載終了) 2018年04月17日(火)
一方、このままお母様が相談者さんの扶養になった場合はどうかというと、後期高齢者医療制度と健康保険は制度が違うため、医療費が高額になった場合に適用される高額療養費世帯合算はできなくなくなってしまいますが、所得税、住民税の節税のメリットは享受し続けることが ...
まず退職金の確認と年金の計算、次に見直すべきはこれだ--金持ち定年を目指して - ZUU online (媒体での記事掲載終了) 2017年12月13日(水)
後期高齢者医療制度は75歳以上の人すべてを対象としています。ほかに選択肢はありません。 会社をリタイアした人も自営業者も、あるいはまだ現役で会社員をやっている人も一律に加入します。 自己負担が軽減されたとはいえ、後期高齢者医療制度にも保険料は発生します。 保険料は都道府県によって異なり ...
後期高齢者医療制度 保険料軽減特例 段階的に廃止へ 2017/2/17 10:22 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月17日(金)
一般の所得(年収156万~370万円)の人は、外来の自己負担限度額が2千円増の月1万4千円、入院が1万3200円増の5万7600円になる。また、外来には年間で14万4千円の上限を設けた。入院については、同一世帯で過去1年以内に3回以上の高額療養費の支給を受け ...
「病、それから」 多病息災、制度にも感謝評論家 樋口恵子さん - 47NEWS (媒体での記事掲載終了) 2017年02月07日(火)
驚いたのは医療費です。世界一痛い手術の費用は約500万円。後期高齢者医療制度でも私の収入では自己負担率3割なので、150万円程度は覚悟していました。しかし実際の支払額はなんと約14万円! 文字通り、涙が出ました。医療費負担が過重にならないよう、一定額を ...
後期高齢者医療制度県広域連合が発足 【2007年2月1日】 10年前の ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年01月31日(火)
七十五歳以上のお年寄りらを対象に二○○八年度から都道府県単位で創設される「後期高齢者医療制度」で、福井県内全十七市町でつくる運営主体の「県広域連合」が一 ...
主張/社会保障削減計画/暮らし壊す「工程表」は中止を - BLOGOS (媒体での記事掲載終了) 2017年01月27日(金)
75歳以上の後期高齢者医療制度の保険料アップ、70歳以上の高額療養費の負担上限引き上げ、療養病床に入院する65歳以上の光熱水費の負担増―。今年開始されようとしている医療分野での国民負担増の数々です。介護保険の分野では、一定の所得以上の人の利用料 ...
相続・贈与・お墓――ひと目でわかる各種手続き工程表 - BLOGOS (媒体での記事掲載終了) 2017年01月21日(土)
会社員の健康保険は5日以内、国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者は14日以内に保険証を返却し、資格喪失の手続きを取る。 ... 死亡前に病院などに入院すると、高額療養費の対象になり、1カ月に自己負担した医療費が一定額を超えると払い戻しを受けられる。
「取れるところから取る」財源苦慮でツギハギ感 高齢者の医療、年収が高い所得層ほど負担増へ (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2016年12月23日(金)
1400億円抑制の内訳は▽医療費の自己負担に月額上限を設ける「高額療養費制度」の見直し(224億円)▽75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険料軽減特例の段階廃止(187億円)▽入院時の光熱水費の値上げ(17億円)▽高額ながん治療薬「オプジーボ」 ...
社会保障費の抑制では目標達成もつじつま合わせの様相 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2016年12月22日(木)
1400億円抑制の内訳は▽医療費の自己負担に月額上限を設ける「高額療養費制度」の見直し(224億円)▽75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険料軽減特例の段階廃止(187億円)▽入院時の光熱水費の値上げ(17億円)▽高額ながん治療薬「オプジーボ」 ...
主張/医療・介護負担増/暮らし破壊の削減路線転換を - BLOGOS (媒体での記事掲載終了) 2016年12月20日(火)
安倍晋三政権が22日予定する2017年度予算案の閣議決定に向け、医療と介護の負担増案をまとめました。70歳以上の高額療養費の上限引き上げ、75歳以上の後期高齢者医療制度の保険料軽減措置の縮減、療養病床に入院する65歳以上の光熱水費引き上げなどが ...
厚労省が医療保険制度改革案を提示 75歳以上の後期高齢医療の保険料軽減を廃止へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2016年11月30日(水)
厚生労働省は30日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会で、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の保険料の特例軽減廃止や、毎月の患者負担に上限を設ける「高額療養費制度」の上限額引き上げなどを柱とする医療保険制度改革案を提示した。