介護関連ニュース 検索結果

「年金」に一致した記事 (999件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
介護保険は、国民健康保険、国民年金保険と並ぶ独立した社会保障制度だ。1997年に「介護保険法」を制定し、2000年4月から施行された。記事はその第1条を引用し、介護が必要になった人が「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように ...
介護保険は、国民健康保険、国民年金保険と並ぶ独立した社会保障制度だ。1997年に「介護保険法」を制定し、2000年4月から施行された。記事はその第1条を引用し、介護が必要になった人が「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように ...
日本の介護保険制度は、中国にとって大いに参考になる—中国メディア - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月24日(土)
介護保険は、国民健康保険、国民年金保険と並ぶ独立した社会保障制度だ。1997年に「介護保険法」を制定し、2000年4月から施行された。記事はその第1条を引用し、介護が必要になった人が「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように ...
日本の介護保険制度は、中国にとって大いに参考になる―中国メディア - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月24日(土)
介護保険は、国民健康保険、国民年金保険と並ぶ独立した社会保障制度だ。1997年に「介護保険法」を制定し、2000年4月から施行された。記事はその第1条を引用し、介護が必要になった人が「尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように ...
イエス大学社会福祉学科のキム・ギョンフィ教授は23日に開かれた国民年金老後所得保障パネル学術大会で、高齢者1457人の2005年・2015年の所得・資産変化を分析した「高齢者貧困特性研究」の結果を発表した。貧困とは個人基準で中位所得(所得順に並べた場合の ...
一見、高齢化が進む日本において「自分の老後には年金がもらえなくなるのではないか」という懸念はもっともなように思える。しかし、それは大事な真実を見落としているのだと著者は ... (1) 年金は保険であり福祉ではない。将来自分がどれくらい受給できるのかを知ることで、「 ...
死亡隠し年金不正受給、行政介入に家族の壁 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月08日(木)
本人に会えず、支援を拒まれても強制的には介入できない」と話し、岐阜市高齢福祉課も「不正を疑っているのではなく、あくまで支援の手を差し伸べようと思い訪問している」と説明する。 年金などの不正受給にもつながるが、厚生労働省年金局事業管理課は「死亡届が出される ...
県知事選 有権者3割超が「医療・福祉」に期待 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月07日(水)
最も多かったのが「医療・福祉の充実」。高齢者を中心に35人が挙げた。93歳の母親を在宅で介護している神戸市の70代男性は「老老介護の大変さを実感している。県民医療の充実が高齢社会を豊かにする」。夫婦2人で年金が月15万円という阪神間の70代男性は「医療費が ...
現役並み所得者の介護保険負担3割へ、上限超えれば払い戻しも - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月01日(木)
介護保険で、現役並みの所得がある人の負担割合を3割に増やす介護保険法などの改正法が5月26日、参院本会議で可決されました。 介護保険については、以前は1割負担でしたが、2015年8月からは、単身で年金などの所得が年間280万円以上なら2割負担になりました。
介護法案26日成立、3割負担に - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2017年05月25日(木)
介護保険のサービス利用の自己負担は原則1割で、一定の所得がある人は2割。現在2割負担の人のうち、さらに所得の高い人が3割負担となる。対象は単身の場合で年収340万円(年金収入のみでは344万円)以上、夫婦世帯では463万円以上を想定しており、利用者全体 ...
訪問介護・通所介護の現状-介護職員不足は、どのように解消すべきか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也. 介護制度 高齢者の医療・介護 などの記事に関心のあるあなたへ. btn-mag-b.png. 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたに ...
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、 ... 寝たきりの状態を体験するためにベッドでしてみようかとも思ったが、万が一の事態を考えると勇気がなく、お風呂場に移動した。尿意はあるのだが、不思議なもので、トイレ以外の ...
いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に ...
いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に ...
職も介護もなんとかなった「山梨・都留市に移住してよかったこと」とは? - livedoor (媒体での記事掲載終了) 2017年05月13日(土)
いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に ...
いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に ...
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。全身がん ...
いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に ...
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。全身がん ...
ただし、配偶者が亡くなるまでの間、配偶者の両親を事実上、介護していたという人も少なくなく、そういう場合には「特別の事情」があるとして扶養義務が発生する場合もありえます。しかし、終了届を提出すれば、「特別の事情」の有無にかかわらず、扶養義務が課せられることは ...
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。話題の昼 ...
少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、ひたすら下流老人化を恐れる人生でいいのか。どこかに突破口はあるはずだ。「年を取るのは怖いですか?」――AERA5月15日号は老後の不安に向き合う現場を総力取材。全身がん ...
昨年夏に東京から移住した小森谷四郎さん。野山に囲まれて暮らすのは生まれて初めて。休日、自転車で出かけるのが楽しい(撮影/工藤隆太郎). いい言葉を聞いたことがない。「少子高齢化」「福祉の縮小」「年金消滅」……。私たちの老後は本当に真っ暗なのか。このまま、 ...
だが、年金・福祉制度が成熟していないため、引退しても仕事を辞められない老人層も相当数いることが確認されている。2015年、韓国の老人貧困率は市場所得基準(単独世帯含む)で63.3%で、OECD加盟国のうち最も高かった。75歳以上の高齢者自殺率もOECD平均 ...
若年性認知症の悲劇 仕事でミス続き社内で孤立、退職に追い込まれ ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年05月03日(水)
若年性認知症を47歳で発症し、退職後にアルツハイマー病と診断された男性の妻が、初診日が在職中でなくても障害厚生年金を受給できるよう、法改正を求める署名活動を ...
最新の国勢調査(2015年)で生涯未婚率は、男性23%、女性14%まで増えていることを見れば、高齢者の無縁仏は今後さらに増加が予想される。 一方で、税金や年金、介護や医療・福祉など高齢期を支える社会制度は、家族や親族の存在を前提として設計されている。
団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に到達する2025年、医療や年金、介護、福祉など様々な面できしみが生じ、数多くの深刻な問題が噴出する。 「そうなるのが分かっていて、指をくわえて見ているわけにはいかない」。そうした問題意識のもと、会津若松市は2025年問題の ...
人口減と高齢化のスピードはどう変わったか - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了) 2017年04月16日(日)
人口減の本質的な課題は「生産人口減」と、それに付随する「消費者人口減」であって、寝たきり老人を無理やり動かすようなミスリード狙いの記事はやめていただきたい。 若年層は老齢層の5分の1しかボリュームないのに今の保険方式の年金は今後維持できるわけない。 政府は ...
老後生活や年金に対する不安は、今やどの世代にも共通する、一番のお金の悩みとなっています。また、40~60代を中心に、介護にかかる費用に頭を悩ませる人も多くいるようです。自分はまだ先としても、親のことを考えると、そう遠くはない将来。そこで今回は、公的介護保険や ...