介護関連ニュース 検索結果

「年金」に一致した記事 (998件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
【関西の議論】 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月26日(水)
若年性認知症を47歳で発症し、退職後にアルツハイマー病と診断された男性の妻が、初診日が在職中でなくても障害厚生年金を受給できるよう、法改正を求める署名活動を続けている。働き盛りの世代が認知症になった場合、仕事のミスを繰り返すなどして職場で孤立し、本人も ...
最新の国勢調査(2015年)で生涯未婚率は、男性23%、女性14%まで増えていることを見れば、高齢者の無縁仏は今後さらに増加が予想される。 一方で、税金や年金、介護や医療・福祉など高齢期を支える社会制度は、家族や親族の存在を前提として設計されている。
団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に到達する2025年、医療や年金、介護、福祉など様々な面できしみが生じ、数多くの深刻な問題が噴出する。 「そうなるのが分かっていて、指をくわえて見ているわけにはいかない」。そうした問題意識のもと、会津若松市は2025年問題の ...
人口減と高齢化のスピードはどう変わったか - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了) 2017年04月16日(日)
人口減の本質的な課題は「生産人口減」と、それに付随する「消費者人口減」であって、寝たきり老人を無理やり動かすようなミスリード狙いの記事はやめていただきたい。 若年層は老齢層の5分の1しかボリュームないのに今の保険方式の年金は今後維持できるわけない。 政府は ...
老後生活や年金に対する不安は、今やどの世代にも共通する、一番のお金の悩みとなっています。また、40~60代を中心に、介護にかかる費用に頭を悩ませる人も多くいるようです。自分はまだ先としても、親のことを考えると、そう遠くはない将来。そこで今回は、公的介護保険や ...
高齢化は、21世紀前半は先進地域を中心とした問題だが、後半は途上地域にとっても大きな負担になってくる。それまでに、公的な年金や医療補助などの高齢者福祉制度が整備されるかは、国によって大きなバラつきが出るだろう。 ただ、膨大な資金が必要なことから、多くの低 ...
病院に行っても自己負担額は原則3割で済みますし、高額療養費制度もあります。 一方、アメリカでは自由診療が基本 ... 公的年金制度も、老齢・遺族・障害保険(OASDI)がありますが、日本と同様、高齢化によって深刻な財政問題を抱えています。 したがって、おそらく「社会保障 ...
介護の国際数量比較-日本の介護は、他国よりも優れているのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也. 介護制度 高齢者の医療・介護 などの記事に関心のあるあなたへ. btn-mag-b.png. 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめ ...
【8月】医療・介護の制度見直しが相次ぐ。特に高齢者向けが目立つ。例えば70歳以上の高額療養費制度。医療費の自己負担が上限額を超えた分を払い戻すが、上限額が一部で引き上げになる。 雇用保険では基本手当日額などが毎年8月に変更される。年金制度では老齢年金 ...
税・社会保険、変更点を月別に点検 女性就労など支援 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月08日(土)
【8月】医療・介護の制度見直しが相次ぐ。特に高齢者向けが目立つ。例えば70歳以上の高額療養費制度。医療費の自己負担が上限額を超えた分を払い戻すが、上限額が一部で引き上げになる。 雇用保険では基本手当日額などが毎年8月に変更される。年金制度では老齢年金 ...
遺族年金、一転支給へ 認知症で別居の女性訴え認める - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月08日(土)
妻子と離れた男性と約25年間同居したが、男性は認知症になり、妻と同じ介護施設に入所して数年後に亡くなった-。こうした事情を持つ岡山県在住の50代の女性が平成26年5月、遺族厚生年金の支給を申請したところ認められず、厚生労働省が今年3月に一転して不支給 ...
... 「年金だけじゃ食べていけない。本当に下流老人になっちゃった」「まさか老後にこんな働くなんて思ってなかった」。ホームヘルパーとして働く73歳の女性はこう語った――。少子高齢化と細る年金。生活費を賄うため、「生涯勤労社会」がいやおうなく現実化しつつある。
ダブルケアの経験者に実際にかかる費用を聞くと、平均月額は「親の医療・介護関連」が2万9623円で、「子どもの保育・教育関連」が3万3087円。親の医療や介護費用について、ダブルケア未経験者の61・0%は親の年金や預貯金から支出しようと考えているが、経験者で親 ...
そのため、これまで優遇されてきた高齢者の医療費や介護費も見直されることになり、今年8月から70歳以上で、年金や給与などの所得が一定額以上ある人の自己負担は引き上げられる。 ひとつは、本コラムでもお伝えした健康保険の高額療養費の限度額だが、それに伴い ...
「いつか親を虐待。恐怖と闘い」 超高齢社会、読者から切実な意見 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月06日(月)
生活保護を受ける高齢者の貧困については「一般的な話ではなく、かなり特別なケースではないのか」(福井市・40代男性)といった意見があった。これに対し、同市の50代の福祉関係者は「退職し年金生活になっても、生活の質を落とすことは難しい。高い買い物をしながら、台所 ...
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
難民化する老人たち――“悠々自適な老後”から程遠い、「年金」「時間」「仕事」が“ない”高齢者たちの現状 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
命の危機、声上げられない貧困者 第1景・超高齢社会(2) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月21日(火)
これまで「明日は何を食べようか」と眠れなかったが、ゆっくり休めるようになった。 福井県内の生活保護世帯は06年度は1780だったが、16年10月現在で88・5%増の3356。県地域福祉課の担当者は「高齢者の単身世帯が増え、年金だけでは生活できないことが背景にある」 ...
自分が介護される立場になったときに準備していることは、「貯蓄、投資など、経済面での備え」が17.4%で最も多く、以下、「民間金融機関の介護保険への加入」が8.7%、「民間金融機関の個人年金への加入」が7.8%と続き、3割以上が金融商品などの備えをしていることが ...
「高齢社会を迎えた日本は成熟した文化をつくるチャンスです」――五木寛之(作家) - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月15日(水)
しかし、80歳を過ぎても矍鑠とし、海外旅行などを楽しみ元気に暮らしている人もいる一方で、70代を前に自分の足では満足に歩けなくなり、寝たきりで介護もままならず、年金を頼りにギリギリで生活している人も少なくない。高齢になると、生活の格差も露わになってきます。
さらに、妻自身の老齢基礎年金が受け取れる65歳になるまで「中高齢寡婦加算」58万5100円(平成28年度)が毎年受け取れる。 子どもが社会人に ... 高額療養費制度」で、ひと月の自己負担限度額は9万円前後だ(標準報酬月額28万~50万円の場合)。入院しても、経済的には ...
高所得者は3割負担に=介護保険法改正案を閣議決定 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月06日(月)
政府は7日、介護保険制度の見直し内容を盛り込んだ介護保険法改正案を閣議決定した。2018年8月から現役並みに所得が高い高齢者について、介護サービス利用時の自己負担割合を現在の2割から3割に上げることが柱。対象は、年金収入のみなら年344万円以上の収入 ...
政府広報関心のトップは「医療・年金・介護」 - エキサイトニュース - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月05日(日)
内閣府が全国18歳以上の日本国籍を有する3000人を対象に「政府広報」についての世論調査を行った結果、1899人が回答し、政府広報で取り上げてほしい分野では ...
<生きる支える 心あわせて> 認知症で一人暮らし(下):暮らし:中日新聞 ... - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年01月25日(水)
「お金がないのが心配だけど…」。浜松市内で一人暮らしをする玉木たつよさん(88)がつぶやいた。「年金が入るから、大丈夫だよ」。
医療費、介護費の負担もズシリ…75歳高齢者で下流老人急増も - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年01月24日(火)
日本老年学会と日本老年医学会の「高齢者は75歳以上」という提言が波紋を呼んでいる。現在、65歳を基準にしている社会保障の制度が多く、基礎年金の支給が始まり、介護保険で原因に関わらずサービスを受けられるのは65歳以上だ。もし実現した場合、その基準も引き上げ ...
日本老年学会と日本老年医学会の「高齢者は75歳以上」という提言が波紋を呼んでいる。現在、65歳を基準にしている社会保障の制度が多く、基礎年金の支給が始まり、介護保険で原因に関わらずサービスを受けられるのは65歳以上だ。もし実現した場合、その基準も引き上げ ...
事実、すでに政府は年金支給額のカットや高齢者の医療費負担増といった施策を打ち始めている。 仮に100歳まで生きたとしたら、 .... 外出もさせないで、院内はすべて車椅子。胃ろうをつけて寝たきりにしてしまえば、介護の手間とコストをかけずに儲けを出せるというわけです」 ...
さらに自治体の高齢者向けサービスとして、65歳以上の高齢者にバスや地下鉄乗り放題の「敬老パス」の配布や福祉タクシー利用券の配布、水道料金の減免、鍼灸マッサージ券などが提供されているケースが多い。それらのサービスも対象年齢が75歳以上に引き上げられる ...
75歳へ高齢者の定義見直しで医療費や年金等支出激減 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年01月19日(木)
さらに自治体の高齢者向けサービスとして、65歳以上の高齢者にバスや地下鉄乗り放題の「敬老パス」の配布や福祉タクシー利用券の配布、水道料金の減免、鍼灸マッサージ券などが提供されているケースが多い。それらのサービスも対象年齢が75歳以上に引き上げられる ...
介護保険サービスの自己負担を3割に引き上げる対象について、厚生労働省は年金などの収入が年340万円以上の高齢者とする方針だ。これに該当して負担が増えるのは約12万人で、受給者全体の3%程度と見込んでいる。全国の自治体の担当者を集めて19日に開催した ...