介護関連ニュース 検索結果

「寝たきり」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
同校には、約1キロ離れた特別養護老人ホームの入所者70人も避難。寝たきりの入所者も多かったが、ホームの職員約20人が何度も往復して搬送し、混乱はなかった。台風10号豪雨で岩手県岩泉町の高齢者グループホームで入所者9人が死亡したことを受け、学校と施設が ...
脳梗塞で寝たきり、経鼻チューブを頻繁に抜く85歳の患者(生命予後:数年)に対して、家族が胃ろう造設に反対しているケースでは、(1)経鼻栄養の継続、(2)家族を説得して胃ろう造設、(3)ポートを増設して中心静脈栄養、(4)終末期なら末梢点滴――考えられるとした上で、看護師が患者の「人生の ... 命の長さ ...
ほぼ寝たきりの夫(82)と2人暮らし。3月末、夫の介護中に左膝を骨折してから、地域住民の助け合い組織「鶴が丘はあとネット」に買い物を頼んでいる。 「もう83歳。足が治っても買い物に出歩くのは自信がないかな」。窓の外をぼんやりと見詰める。 <高齢者割合35%>
... は、高齢者の転倒事故が増えていることに対して、予防を目的として企画されたもの。当日は脚力を数値で知ることができる健脚度測定を実施。また、転びにくい体づくりのためのストレッチ方法なども紹介する。同イベントの開催を主導した朝香好平さんは「転倒で寝たきりになる ...
国内の高齢化が進むなか、同社では高齢者が高齢者の介護にあたる老老介護や福祉施設での介護職の人材不足、また現役世代減少などの課題解決に注力している。 病院や介護・福祉施設においては、寝たきりの人の床ずれ防止のため、介護者が昼夜問わず2時間おきに体位変換をサポートする必要 ...
まず多田氏は,患者・国民の課題として,寝たきり・要介護への不安,高齢者に多い併存疾患,働き盛りを襲う疾病について言及。また,医療機関では,人材の偏在,医療の質と生産性,医業収益の改善が課題であると指摘した。さらに,多田氏は,政府・自治体の課題として,健康 ...
さらに言うならば、寝たきり、病気をしがちでは楽しめない。つまり人生とは「健康」ありきなのだ。 ここまで ... 港区が2013年に公表した資料に「港区における75歳以上高齢者を含む2人世帯の生活に関する調査報告書」なるものがある。この調査で興味深いのが「仕事の状況」だ。
給与はなく、通信費など活動費が支給されるだけ。47年からは児童委員をかね、支援対象は乳児、高齢者、障害者へと広がった。 かつては生活保護が必要な人の相談に応じ、行政に情報を提供することが業務の主。70年ごろから、寝たきり高齢者や妊娠している女性の状況 ...
両親にプレゼントしたくなるウェアラブル。転倒を自動で通知してくれる「マイドクターウォッチ」 - ギズモード・ジャパン (媒体での記事掲載終了) 2017年07月07日(金)
実家から離れて暮らしているとやっぱり両親の健康は心配ですよね。高齢になってくるとちょっとした転倒でそのまま寝たきりになってしまうことも多く、自宅で転倒してしまい立ち上がれないまま救急対応に長い時間がかかってしまうこともよくあります。あんまり想像したくない状況 ...
両親にプレゼントしたくなるウェアラブル。転倒を自動で通知してくれる「マイドクターウォッチ」 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月07日(金)
実家から離れて暮らしているとやっぱり両親の健康は心配ですよね。高齢になってくるとちょっとした転倒でそのまま寝たきりになってしまうことも多く、自宅で転倒してしまい立ち上がれないまま救急対応に長い時間がかかってしまうこともよくあります。あんまり想像したくない状況 ...
訪問歯科診療について - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月07日(金)
また高齢化社会となり「寝たきりあるいは要介護状態」となり通院できない方への訪問診療のニーズが高くなっていることです。 しかし、訪問診療を必要とする患者さんの数に対して、歯科医師数はかなり不足しているというのが実態のようです。この実態の要因は歯科医側の問題 ...
身体的虐待と心理的虐待、ネグレクトの被害が重複して認定された高齢者も3人いた。 職員全員のネグレクトとみなされた地域密着型介護老人福祉施設では、重度認知症で寝たきりの80代女性の床ずれを放置し、仙骨部を壊死(えし)させた。女性は骨の露出部から感染し、高熱 ...
床擦れ防ぐベッド センサーで体圧検知し分散 寝返り助ける製品も - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月04日(火)
高齢者が寝たきりになって心配なことの一つに、床擦れ(褥瘡(じょくそう))がある。予防には、適切な肌のケアや栄養補給も大切だが、何といっても1カ所に体圧がかからないようにする工夫が必要だ。頻繁に体の向きを変えさせる看護・介護者の負担を減らす病院や介護施設向け ...
床擦れ防ぐ画期的ベッド センサーで体圧検知し分散:暮らし:中日新聞 ... - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月04日(火)
高齢者が寝たきりになって心配なことの一つに、床擦れ(褥瘡(じょくそう))がある。予防には、適切な肌のケアや栄養補給も大切だが、何といっても1カ所に体圧がかか…
そこで今回の取り組みは、「生体センシングによるデータを機械学習することによって、寝たきりの主要な要因リスクを早期に検知する技術の実現を目指すもの」(佐藤氏)だという。 具体的な手法は、高齢の被験者にウエアラブル生体センサーを装着し、歩行動作における加速度・ ...
原発事故避難で患者44人死亡…遺族の思い - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月30日(金)
双葉病院では混乱の中、過酷な避難を強いられたことが原因で、高齢者ら44人が犠牲となった。 旧経営陣らの初公判を前に、 ... 藤吉さんは寝たきりの状態で、8時間以上の移動を余儀なくされ、病院への再搬送を待っている間に亡くなったという。 事故が起きてしまった原因を、 ...
高齢女性強殺で無期求刑 名古屋地裁 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月29日(木)
埼玉県川越市の市立中学校在籍時にいじめを受けていた男性(20)が、2年生だった2012年1月、同学年の少年3人による暴行で寝たきりの状態になったとして、市などを相手取り損害賠償を求めた訴訟で、市は和解金約1億9740万円の支払いを決め、和解に関する議案を28 ...
「5年ほど前に妻が倒れ寝たきりになり、手術や入院費用で貯金が無くなりました。65歳までタクシードライバーをやっていたんですが、年金も少なく働き口もない。スポーツ新聞で送迎の仕事を見つけ応募し、この会社にお世話になっています」(片瀬さん). 片瀬さんは、東京東部に ...
逆に、寝たきり予防プログラムの一環で、高齢者にVRを使った疑似世界旅行を体験してもらうという取り組みもある。介護施設で働く登嶋健太さんがクラウドファンディングを利用して、自ら世界各地に赴いて360度パノラマの映像を撮影。そのコンテンツを寝たきり予防や介護の ...
「夜の世界」でも重宝される高齢者が増えている - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月27日(火)
「5年ほど前に妻が倒れ寝たきりになり、手術や入院費用で貯金が無くなりました。65歳までタクシードライバーをやっていたんですが、年金も少なく働き口もない。スポーツ新聞で送迎の仕事を見つけ応募し、この会社にお世話になっています」(片瀬さん). 片瀬さんは、東京東部に ...
健康寿命」という言葉をご存じでしょうか。健康寿命とは実際の寿命ではなく、大きな病気や寝たきりにならず、健康で暮らすことができる寿命のことです。日本では健康寿命は実際の寿命より約10年も短いとされ、いかに健康寿命を延ばすかは高齢社会の重要な課題の一つです。
体験に訪れた市内の女性(50)は「膝を痛めた祖母はそのまま寝たきり状態になった。自分もその年齢に近づき、少しずつ筋力をつけて老いに備えたい」と入会を決めた。 高齢化が進む唐津市浜玉町平原地区。この山あいの集落にも今春、ジムが開業した。JA支所跡を再利用 ...
オフィス彩り」は高齢化社会に則し、高齢者の生活に密着したサービスを提供しようと、行政書士の本國和奈さん(31)が昨年2月に開設。 ... 本國さんは「『配偶者が寝たきりでどうすればよいか』『財産の管理をしてほしい』など、さまざまな相談を気軽にしていただければ」と話す。
生活が一変することもある「脳梗塞」 予防はできる? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月25日(日)
言語障害」や「手足の麻痺」などの後遺症が残る場合もあり、「寝たきり」の原因となる疾患の第1位です。また、高齢化にともない、脳梗塞の罹患率が増加することも予想されています。 ですから、私たちは脳梗塞にならないために、生活の中で予防していくことがとても大切となり ...
生活が一変することもある「脳梗塞」 予防はできる? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月25日(日)
言語障害」や「手足の麻痺」などの後遺症が残る場合もあり、「寝たきり」の原因となる疾患の第1位です。また、高齢化にともない、脳梗塞の罹患率が増加することも予想されています。 ですから、私たちは脳梗塞にならないために、生活の中で予防していくことがとても大切となり ...
血小板凝集塊の存在はアテローム血栓症と関連があることから、本技術は血栓性疾患研究を加速し、人工知能を用いた画像解析による高齢者予防医療へと応用展開されることが期待される。 ... また、寝たきりなど生活の質(QOL)を落とす重要な原因です。アテローム血栓症 ...
「高齢者の肺炎は治療しない選択肢も」学会発表の衝撃提言 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月23日(金)
若い健康な方なら抗菌薬で完治できますが、高齢になると誤嚥によって何度も肺炎を引き起こしてしまう。完治までの展望が見えないまま治療を繰り返せば、患者さんを苦しめるばかりになる可能性もあります。寝たきり状態の方では、誤嚥性肺炎の治療が実質的な延命治療に ...
派遣先は同国でも比較的のどかなドゥアルテ県にある保健サービス局。現地職員とともにHIVの感染予防や高齢者の寝たきり防止、母子保健などの啓発活動を行う予定で、「今は不安より楽しみが大きい」と話し、「長いようであっという間。積極的に取り組んで成果をあげられ ...
「高齢者の肺炎は治療しない選択肢も」学会発表の衝撃提言 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月22日(木)
若い健康な方なら抗菌薬で完治できますが、高齢になると誤嚥によって何度も肺炎を引き起こしてしまう。完治までの展望が見えないまま治療を繰り返せば、患者さんを苦しめるばかりになる可能性もあります。寝たきり状態の方では、誤嚥性肺炎の治療が実質的な延命治療に ...
骨粗鬆症予防外来が好評 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月21日(水)
転倒などで一度骨折すると運動機能が低下し、他の部位も骨折しやすくなる。その結果、寝たきりになる高齢者が増加傾向にあることから、新潟労災病院は2015年11月に骨粗鬆症予防看護外来を新設。骨粗鬆症マネジャーの資格を持つ看護師や理学療法士、薬剤師がチーム ...