介護関連ニュース 検索結果

「寝たきり」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
発想の原点は、寝たきりになっても施設に入らず、自宅で療養を続けた祖母。「住み慣れた自宅で家族にみとられ、みんなで『良かった』と喜んだ」。ただ、デイサービスに行きたがらなかったのが気掛かりだった。「お風呂に入ってご飯を食べるだけのような所を嫌がった。体が不 ...
レセプト(診療報酬明細書)データ分析のデータホライゾンは九州の医薬品卸、アステム(福岡市)と医療、介護分野で連携する。骨粗しょう症の高齢女性が転倒して骨折し、寝たきりで認知症になる事例などを通じて、事前防止に向けた医師や介護士などの役割を検証。高齢者の ...
レセプト(診療報酬明細書)データ分析のデータホライゾンは九州の医薬品卸、アステム(福岡市)と医療、介護分野で連携する。骨粗しょう症の高齢女性が転倒して骨折し、寝たきりで認知症になる事例などを通じて、事前防止に向けた医師や介護士などの役割を検証。高齢者の ...
気になる症状 すっきり診断(40)アゴが外れる - 河北新報 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月19日(金)
また顎関節脱臼の再発目的に手術をすることもあります。最近は寝たきりの高齢者の顎関節脱臼が増えてきています。現在ではこのような患者に対しても状態に応じて治療法を選択することが可能です。病状が悪化しないよう、早期に口腔外科の専門機関を受診することをお勧め ...
ただ超高齢者の医療・介護って、ある意味犠牲者が必ず出る戦争現場みたいなもので、0カジュアルティーを要求されても基本不可能なんですよ。(多分一流の人はそんなことないというかもしれませんが) そうすると拘束とか抑制とかに逃げる施設・病院が出てくるんですよ。
そんな中で、今回ご紹介したいのは、介護施設のデイサービスで歩行のリハビリ機器として活用されている事例です。足が弱った高齢者の方でも、楽に歩行訓練ができるリハビリ機器として、ご愛用して頂いています。高齢者の認知症予防や寝たきり予防につながる画期的商品 ...
ソニーは4月から傘下企業の高齢者福祉施設に新型アイボを導入、ロボットで高齢者を癒やす「ロボットセラピー」を提供し始めた。認知症や寝たきりの高齢者にも効果がみられるという。 矢部さんは「アイボは自分から人に寄り添うロボット。実際に近くに寄ってくるだけではなく、人と ...
そんな中で、今回ご紹介したいのは、介護施設のデイサービスで歩行のリハビリ機器として活用されている事例です。足が弱った高齢者の方でも、楽に歩行訓練ができるリハビリ機器として、ご愛用して頂いています。高齢者の認知症予防や寝たきり予防につながる画期的商品 ...
株式会社プリンシプル(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役:上村 隆幸、以下プリンシプル)は「寝たきりだけが高齢者の姿じゃない。家族が安心して介護ができる知識と技術」をもっと多くの人に知ってもらいたい、そんな想いから、今までの“知識・経験・価値観”では計れ ...
株式会社プリンシプル(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役:上村 隆幸、以下プリンシプル)は「寝たきりだけが高齢者の姿じゃない。家族が安心して介護ができる知識と技術」をもっと多くの人に知ってもらいたい、そんな想いから、今までの“知識・経験・価値観”では計れ ...
株式会社プリンシプル(本社:神奈川県横浜市港北区、代表取締役:上村 隆幸、以下プリンシプル)は「寝たきりだけが高齢者の姿じゃない。家族が安心して介護ができる知識と技術」をもっと多くの人に知ってもらいたい、そんな想いから、今までの“知識・経験・価値観”では計れ ...
寝たきりだけが高齢者の姿じゃない!家族が安心して介護ができる「知識」と「技術」を、もっと多くの人に知ってもらいたいそんな想いから、今までの“知識・経験・価値観”では計れない、寝たきりの高齢者に向けたオーダーメイド型サービス 『歩ける1.2.3.(いち.にぃ.さん.)DX』 を ...
実際、厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、寝たきりなどの介護が必要になった主な原因の中で、「骨折・転倒」は12.5%を占めるまでになっている。これは、「認知症」「脳血管疾患」「高齢による衰弱」に次ぐ4番目に多い原因で、事故によるものでは最も多い原因になって ...
予防医療が注目され、国家戦略的に重要視されている背景には日本の抱える深刻な高齢化問題があります。日本では、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。その中でも、寝たきりの高齢者(1日のほとんどをベッド上で過ごす状態)の比率が世界各国と比べて ...
人生にはそれぞれの物語がある。そんな物語をオリジナルの映画ポスターで表現するプロジェクトを取材した。主人公は、介護施設の高齢者たちだ。 懐かしの映画のポスター、主人公は介護施設に入居するおじいちゃんやおばあちゃん。 ヒロインを務める粟津ミサヲさん82歳。
1人当たりの入院費・医療費は高齢になるほど高くなる。タバコ関連疾患で早死にする割合も多いが、高齢になって発症するケースもあり、寝たきりにつながる疾患のリスクも高い。家族の負担も大きいというわけだ。Via:2016年9月26日「高額療養費制度の見直しについて:年齢 ...
その一方で、医療や介護に頼らずに日常生活を普通に送れる2016年の健康寿命は、男性が72.14歳、女性が74.79歳。健康寿命の平均寿命との差は年々縮小しているとはいえ、多くの高齢者は男性が約9年、女性が12年以上にわたって、寝たきりも含めて医療や介護を受け ...
骨折や寝たきりを防ぐために心がけることは? 10月20日は世界骨粗鬆症デー、検診呼びかけ - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月13日(土)
高齢期の骨量は中学生時代のカルシウム摂取量で決まるが、1970年頃から日本人の摂取量はむしろ減り気味で、骨粗鬆症の危険は大きくなっている。 骨粗鬆症は50歳以上の女性に多い。その予防のため、女性を対象に健康増進法などに基づき自治体による検診が行われて ...
松橋事件再審やっと、病床で朗報 宮田さん弁護団「命あるうちに無罪を」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月12日(金)
最高裁の再審決定を伝えると、寝たきりで言葉も失った宮田浩喜さん(85)の瞳に光が宿ったようだった。松橋(まつばせ)事件での逮捕から33年、待ち続けた再審の扉がようやく開いた。12日、病床 ... 原口さんも高齢で、入院生活が続く。「検察側は無意味な抗告を続け、2人が死ぬまで待っているように見える。不正義 ...
実は、高齢の方が寝たきりになるのは「転倒」がきっかけの場合が多いんですが、転ぶ原因のひとつに“脚の裏側や足首の硬さ”があります。硬いと転びやすくなってしまうんです。 柔らかくするには、やっぱり伸ばすこと、ストレッチですよね。でも、例えばよくある柔軟体操で、座った ...
プリンシプルは「寝たきりだけが高齢者の姿じゃない。家族が安心して介護ができる知識と技術」をもっと多くの人に知ってもらいたい、そんな想いから、今までの“知識・経験・価値観”では計れない、寝たきりの高齢者に向けたオーダーメイド型サービス『歩ける1.2.3.(いち.にぃ.さん.
県内のマクドナルドで「ビッグマックセット」などの対象商品が最大110円安くなるサービスですが、SNS上では「高齢者がマクドナルドに行くのかな」「どの年齢層がターゲット?」などの声が .... 高校時代に亡くなったうちの寝たきりの祖父はケンタッキー大好きだったわ。高齢者が ...
特別養護老人ホームで入所者の寝たきりの女性に暴行し死亡させたとして、京都府警は10日、傷害致死の疑いで、京都府向日市の特養「サンフラワーガーデン」の介護職員、安村南海(なみ)容疑者(22)=京都市中京区=を逮捕した。「納得できない」などと容疑を否認している ...
特養で91歳女性が両脚骨折し死亡 傷害致死容疑で職員の女逮捕 京都 - iza(イザ!) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月10日(水)
特別養護老人ホームで入所者の寝たきりの女性に暴行し死亡させたとして、京都府警は10日、傷害致死の疑いで、京都府向日市の特養「サンフラワーガーデン」の介護職員、安村南海(なみ)容疑者(22)=京都市中京区=を逮捕した。「納得できない」などと容疑を否認しているという。 逮捕容疑は、7月10日午前 ...
<傷害致死容疑>介護職員を逮捕 91歳女性死亡 京都 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月10日(水)
京都府向日市の特別養護老人ホーム「サンフラワーガーデン」で7月、入所していた寝たきりの高齢女性に暴行を加え死亡させたとして、府警は10日、施設の介護職員、安村南海(なみ)容疑者(22)=京都市中京区=を傷害致死容疑で逮捕した。「納得できません」と容疑を否認し ...
傷害致死容疑:介護職員を逮捕 91歳女性死亡 京都 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月10日(水)
京都府向日市の特別養護老人ホーム「サンフラワーガーデン」で7月、入所していた寝たきりの高齢女性に暴行を加え死亡させたとして、府警は10日、施設の介護職員、安村南海(なみ)容疑者(22)=京都市中京区=を傷害致死容疑で逮捕した。「納得できません」と容疑を否認し ...
歩くことは、お金をかけずにすぐできる健康法である。でもいったい、1日にどれくらい歩けばいいのだろうか。そこで年代別の目標歩数を導き出した。歩数を見てひるんではいけない。家事をするだけで3千歩にもなるという。 【年代別の目標歩数はこちら】 健康増進を目的とした運動 ...
肥満や寝たきり、肺血栓塞栓症のリスク 慢性への移行も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月05日(金)
患者が増えている背景には、食生活の欧米化による肥満や、高齢化による寝たきりの人の増加があります。 がんの治療歴のある人や、経口避妊薬(ピル)を使用している人などもリスクが高くなります。乗り物での移動で長時間同じ姿勢でいることや、災害時の車中避難(車中泊) ...
【アピタル+】患者を生きる・慢性肺血栓塞栓症 肺の動脈に血のかたまり(血栓)が詰まる肺血栓塞栓(そくせん)症。急性と慢性があり、どちらも近年、患者が増え続けている ...
肥満や寝たきり、肺血栓塞栓症のリスク 慢性への移行も:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年10月05日(金)
肺の動脈に血のかたまり(血栓)が詰まる肺血栓塞栓(そくせん)症。急性と慢性があり、どちらも近年、患者が増え続けている。どんな人にリスクがあるのだろうか。慶応大学 ...