介護関連ニュース 検索結果

「寝たきり」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
骨粗鬆症による骨折のなかでも最も重篤な「大腿骨近位部骨折」は、寝たきりや要介護の要因となるほか、死亡率も増加させることから予防が重要視されている。しかし、多くの骨粗鬆症治療薬が臨床応用されているにもかかわらず、大腿骨近位部骨折の発生数が増加 ... また、リスク遺伝子多型を保有していても、その ...
お酒で赤くなりやすい人、大腿骨骨折リスクが高い…慶大調査 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月28日(火)
大腿骨近位部骨折は、骨粗しょう症による骨折の中でも、もっとも重篤であり、寝たきりや要介護の要因となる。また、骨折発生後1年で亡くなるケースなど、死亡率も増加させることから、予防が重要だという。 ... た骨芽細胞に「ビタミンE」を添加することにより、機能不全を回避できることを試験管培養にて見出した。 今回の研究か ...
大腿骨近位部骨折は、骨粗しょう症による骨折の中でも、もっとも重篤であり、寝たきりや要介護の要因となる。また、骨折発生後1年で亡くなるケースなど、死亡率も増加させることから、予防が重要だという。 ... 今回の研究から、お酒を飲むと赤くなることが、本人や家族など周りの人が骨折のリスクに気づくためのわかりや ...
高齢になると心配することの一つが、寝たきりや要介護状態など体の自由がきかなくなることです。それを防ぐには、生活習慣病や骨粗鬆(こつそしょう)症などの治療・予防が第一です。 また、不用意な転倒を予防するため、足・膝・腰の関節や筋肉を意識した適度な運動を続ける ...
音楽療法としては、高齢者のグループが、なじみの曲を歌ったり演奏することでコミュニケーション能力が上がったり、認知力が上がるといった作用があると言われています。発達障害のお子さんや、遷延性意識障害で寝たきりの人に対して刺激を与えることが、音楽の力にあるとも ...
寝たきり患者の口にビー玉、体にあざ…京都・舞鶴市民病院で虐待か 病院側「原因分からぬ」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月27日(月)
病院は長期療養者向けの療養型病床に特化しており、外来は少なく、不審者の出入りは確認できていない。患者に関わった看護師ら12人にも事情を聴いたが、原因は分からず、病院は「故意か偶発的なことか分からない」として、舞鶴署に相談したという。 井上重洋院長は「患者 ...
例えば原発事故で、原発から4.5kmの双葉病院では、寝たきりの高齢者が、避難の混乱で50人亡くなりました。これは、なぜこういうことが起きたのでしょう。 法律の制度では、国は防災基本計画、都道府県、市町村がこれに基づいて地域防災計画を策定する義務があり、そして、 ...
特養は介護保険が適用されるため他の介護施設よりも費用が安く、認知症や寝たきりの人でも受け入れることから入所希望者が多い。葉山町が2015年3月にまとめた「第6期高齢者福祉計画介護保険事業計画」(15〜17年度)によると、14年10月時点で特養に入所が可能な要介護3〜5の町民の待機者は109人に ...
親の介護にいくらかかる? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月23日(木)
親の介護費用といっても、状況によって全く異なります。長く寝たきりの場合もある反面、突然倒れ、その日のうちに亡くなるケースもあります。両親の年齢差や考え方、住む環境などによっても異なるでしょう。預貯金をそれなりに持っていると思っていても、老後の使い方次第では、 ...
親の介護にいくらかかる? [T-SITE] - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月23日(木)
親の介護費用といっても、状況によって全く異なります。長く寝たきりの場合もある反面、突然倒れ、その日のうちに亡くなるケースもあります。両親の年齢差や考え方、住む ...
親の介護費用といっても、状況によって全く異なります。長く寝たきりの場合もある反面、突然倒れ、その日のうちに亡くなるケースもあります。両親の年齢差や考え方、住む ...
夢の舞う岡」の発案者のひとりで、当時舞岡地区の民生委員を務めていた外川なみ子さんは「まちに素敵なものができれば、高齢者が歩く機会が増え、寝たきりになることが1日でも長く伸ばせる」という思いがあったという。さらに魅力的な場所になるよう、現地の小中学生が展望 ...
東日本大震災直後に避難を行った高齢寝たきり患者さんたちは、その死亡率が高かったということが知られています。高野病院による「避難しない」という決断が患者さんの転機にどのように影響したかを改めて検証することで、単なる「美談」でなく、医学的な面からも高野院長の ...
40代独身男性、父親の介護で稼ぎたくても稼げない現実「年収250万円減で結婚も諦め…」 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月21日(火)
すでに自分は40代。このまま介護中心の生活で50代を迎えそうな気がしてならないんです。父親は涙を流して『あのとき、死んでいれば……』なんてことを口にするけど、親を恨むことなんてできないですよ。ヘタしたら寝たきりの可能性もあったわけだから、そうなれば今以上に人生 ...
寝たきりになる危険も | 横須賀 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月16日(木)
高齢者が転倒すると約1割が骨折の危険があるとされ、特に股関節周囲骨折の場合は寝たきりになるリスクが高く、認知症や死亡率の悪化に繋がることも知られています」 ...
“出前医者”太田秀樹医師の20年を紹介 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月16日(木)
太田医師が在宅医療に身を投じたきっかけは、高齢者には入院そのものがリスクだと実感したから。腕の骨折で入院しただけなのに、寝たきりの時間が長いために筋力低下で歩けなくなったり、機能低下でチューブ栄養になったりすることもある。今は在宅医として、暮らしの環境を ...
【海外発!Breaking News】病身の祖母、92歳曾祖母の世話をする5歳の女の子 過酷な運命に涙(中国) - インフォシーク (媒体での記事掲載終了) 2017年03月15日(水)
しかし残されてしまったAnnaちゃんを世話し、可愛がってあげるほど祖母や曾祖母は裕福でも健康でもなかった。祖母は重い関節炎を患って家事や育児どころではないうえ、曾祖母は寝たきりに近い。こうしてAnnaちゃんは炊事をはじめ日々の家事に追われ、高齢の2人の体を ...
低血糖になると転倒するリスクが高まり、骨折して認知機能の低下や抑鬱、寝たきりになることもあります。 ただ、これまで日本で高齢の糖尿病患者を対象にした研究が少なく、どれぐらいの血糖値にすればいいかよく分かっていませんでした。 そこで、65歳以上の糖尿病患者を ...
超高齢社会で医療費削減は大きな課題であり、費用対効果に優れた健康管理サービスが求められる。その中で ... 例えばロコモの展開では、計測データから筋肉スコアや寝たきり年齢、その時の姿を動き付きのアバターで提示することで、ロコモ予防活動につなげられるだろう。
本人は高齢で寝たきりのため何も言いませんが,確かにご家族は一癖も二癖も……。控室から出てきた看護師さんと目が合ったへっぽこ先生,「先生担当でしょ。どうにかしてよ!」と言われてしまいました。 (へっぽこ先生) どうにかしてって言われても,僕が何を言ってもダメなん ...
近年、介護を受ける高齢者の増加により現場で問題になっているのが、介護事故に伴うトラブルの多発だ。大きな法人でもかなり痛手を被る事態が生じており、旧・ワタミの介護(株)(現在はSOMPOケアネクスト[株])は有料老人ホームでの入浴介助時の水死事故が相次ぎ、 ...
退院先がない・・・地域医療の課題に向き合う - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月11日(土)
高齢者は、入院すると日常生活動作(ADL)のレベルが落ちることが多い。例えば、入院する前は、歩いてトイレに行けるように自立していた人も、入院して何日かすると寝たきりになってしまう人がいる。治療によって病状が改善し、リハビリをしても「トイレまでよろよろ歩きながら ...
また『高齢者だからこのくらいにしておこう』と加減すれば、寝たきり患者を増加させることになる。せめて車いす自立し、自分で食事・排泄できるようにすべきである」と訴えました(関連記事はこちら)。 今後、詳細を詰め、6月頃に具体的な診療報酬・介護報酬改定への要望の中に ...
だからドイツには、寝たきり状態の高齢者はかなり少ない。食事が摂れなくなった患者に栄養を補助しないと、数ヵ月で死にます。でもドイツの人たちは「それが人間だ」と考えています。「自分の口でものを噛んで食べること」は、会話したり、笑ったり、道具を使ったりするのと同じく「 ...
現在はDRAGON GYM東京、トイカツ道場でインストラクターを務めており、今後は両ジムで指導する傍ら、トイカツ道場では「格闘技の魅力を色んな人に広めていく一環として、僕は介護福祉の資格を持っているので高齢者が格闘技をやることで寝たきり状態になることを防ぐ、 ...
高齢社会が進み、寝たきりの人がますます増え、医療費は高騰し、やがて社会は立ち行かなくなる。 そうした暗い予測が多いなか、日本慢性期医療協会の武久洋三会長は2017年 2月16日、東京で開かれた医療関係者の研究会(主催・医療介護福祉政策研究フォーラム)で、「 ...
酒井法子さん元夫に懲役1年 危険ドラッグ使用 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月03日(金)
高齢社会が進み、寝たきりの人がますます増え、医療費は高騰し、やがて社会は立ち行かなくなる。そうした暗い予測が多いなか、日本慢性期医療協会の武久洋三会長は2017年2月16日、東京で開かれた医療関係者の研究会(主催・医療介護福祉政策研究フォーラム)で、「 ...
【住まいの処方銭】年を重ねると増える住まいの中の危険 「滑る」「燃える」に注意 (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2017年03月02日(木)
高齢になると住まいの中の危険が増える。転んで寝たきりになると、入院費用が必要になるだけでなく、痛みで動きづらくなり最悪、脳や心疾患を引き起こしてしまう。 横山彰人建築設計事務所(東京・新宿区)の横山彰人さんは、「室内では段差などのつまずきに意識がいくが、滑る ...
「いざ」に備え受け入れ訓練 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年03月01日(水)
災害時要援護者とは、災害が起きた時に、地域防災拠点での避難生活が困難な高齢者や障害者のことを指す。区ではこういった人たちの一時的な避難 ... 要援護者には認知症や寝たきり、介護認定のある人などさまざまなケースを想定。職員らは人員や本人の状況などから ...
ケアマネ、要介護者を支える要に 第1景・超高齢社会(8) 社会 福井の ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年03月01日(水)
「お父さん、体調はどうですか」。ケアマネジャー(ケアマネ=介護支援専門員)の飛田まゆみさん(54)が、担当して5年になる福井県坂井市の寝たきりの男性(81)に.