介護関連ニュース 検索結果

「入浴」に一致した記事 (645件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
大阪市の障害者支援施設で、52歳の女性が入浴時に全身を大やけどして死亡したことがわかりました。 警察によりますと、今月12日午後4時半ごろ、大阪市阿倍野区の障害者支援施設「グループホーム・ティンク」で、利用者の川畑智子さん(52)が、1人で入浴しようとした際に ...
購入方法は2つで、入浴車や衛生車を取り扱う専門の会社や老健などの運営会社に直接問い合わせるか、中古車として販売されている車両を購入するかです。 新車で入浴車の購入を検討されている場合は、販売・取扱会社へ連絡をとって見積もりなどが必要です。(CarMe).
購入方法は2つで、入浴車や衛生車を取り扱う専門の会社や老健などの運営会社に直接問い合わせるか、中古車として販売されている車両を購入するかです。 新車で入浴車の購入を検討されている場合は、販売・取扱会社へ連絡をとって見積もりなどが必要です。なかには取引 ...
数年前から車いすでの生活となり、事件当時の介護区分は、生活全般に介助が必要な「要介護3」だった。 夫も長年の介護で腰の骨を圧迫骨折し、しゃがんだり、立ったりすることさえ困難に。脳梗塞(のうこうそく)も発症し、自身も日常生活で支援が必要な「要支援2」と認定された。それでも、妻の通院の付き添いや入浴 ...
浴場で高齢者2人死亡=西条の福祉施設-愛媛 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月30日(月)
30日午後1時ごろ、愛媛県西条市の福祉施設「西条西部地域交流センター」の浴場で、高齢の男性2人が浴槽に浮いているのを入浴客の男性が発見した。2人は市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。 県警西条署によると、死亡したのは同市明屋敷、藤田亀市 ...
介護職、セクハラ経験3割 利用者や家族から - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月29日(日)
入浴介助でいやらしい言葉を繰り返された」「介護サービス中にアダルトビデオを流す」。介護サービスの利用者やその家族からセクハラを受けたことがある介護従事者が約三割に上ることが、介護従事者の労働組合「日本介護クラフトユニオン」のアンケートの中間集計で分かった。「利用者ありきの仕事だが、従事者の安 ...
特養の女性死亡、介護士2人を起訴猶予 福岡地検 - 産経WEST - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年04月24日(火)
福岡県糸島市の特別養護老人ホームで平成28年、入浴中の女性入所者=当時(96)=が死亡した事故で、福岡地検は24日までに、業務上過失致死容疑で書類送検されていた…
デイサービス(通所介護)を主力に、訪問入浴や訪問介護、福祉用具貸与など展開。葬儀用湯灌や死化粧などのエンゼル事業も主力事業の一つ。1970年、寝たきり老人等のふとんの消毒乾燥を目的に創業、83年より介護サービスを開始。通所介護拠点は東京23区内のドミナント戦略が柱だが、2011年から西部地域 ...
入浴介護支援ロボ、21年までに実用化 富山大など産学官で :日本経済 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月17日(火)
富山県で、介護ロボを産学官連携で製品化する取り組みが動き出した。富山大学は開発中の入浴介護アシストロボットを2021年までに製品化する計画を公表。AI(人工知能)を搭載した椅子型のロボットが要介護者に自動で接近し介護者の着座や入浴を支援する。通常ならば介護職員2人で対応する入浴介護が1人 ...
富山県で、介護ロボを産学官連携で製品化する取り組みが動き出した。富山大学は開発中の入浴介護アシストロボットを2021年までに製品化する計画を公表。AI(人工知能)を搭載した椅子型のロボットが要介護者に自動で接近し介護者の着座や入浴を支援する。通常ならば介護職員2人で対応する入浴介護が1人 ...
町は利用者への影響を軽減するため、現在、高齢の町民対象に週2回開放している町老人福祉センターの入浴室利用を呼びかける。 町史などによると、本別湯は1955年、現経営者の義母・安久津キエさん(2016年死去)が「本別鉱泉」を前経営者から引き継いだもの。72年の改築時に「本別温泉」と改称して営業を続 ...
富山大学は、高齢者の入浴介護をアシストするロボットを開発し実用化を目指していくと発表しました。 富山大学の研究チームが開発し実用化を目指すのは高齢者の介護施設での利用を想定した入浴支援ロボットです。 ロボットの特徴は高齢者に自動で接近し立ち上がったり、座ったりする際に体重移動を助けるほか、人 ...
認知症介護に「知恵袋」 加古川の団体が冊子 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月11日(水)
認知症の人と介護者がともに穏やかに暮らせるためのノウハウを共有しようと、市民団体「加古川認知症の人と家族、サポーターの会(加古川元気会)」が、会員の寄稿を冊子「知恵袋-寄り添って思うこと-」にまとめた。会話や入浴、服薬管理など、実体験に基づく約60の知恵を紹介している。 認知症当事者を含む5人 ...
富山)入浴介護ロボットの開発進める 富山大 - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月11日(水)
富山大工学部の中島一樹教授(高齢者工学)らが、介護施設で高齢者の入浴を手伝うロボットの開発を進めている。11日には開発中のロボットについて、報道陣に説明した。 中島教授らは2016年に開発を開始。県内企業や介護福祉士などと協力して施設の現場を調べたところ、入浴を手伝う作業が介護者にとって最も ...
苫小牧市の社会福祉法人陽樹会が運営する、特別養護老人ホーム「陽だまりの樹」は2016年9月開所。市内でも比較的新しい特養で、大きな特徴はユニット型の個室でプライバシーを守りながらも手厚い介護を受けられる点。定員は50人。 個室の広さは17・7平方メートルで、トイレや洗面台も設置されている。入浴も1人 ...
介護ITで「わくわく」 記録を即データ化、生活リズム把握 物理学者から特養顧問に転身 システムを開発した吉岡さん - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月05日(木)
結婚を機に3年前、特別養護老人ホームの仕事に転身した物理学者が、情報技術(IT)の力で介護を変えようとしている。福岡県福智町の社会福祉法人「福智会」特別顧問、吉岡由宇さん(34)。食事や入浴など利用者のケアの記録を、職員が携帯端末を使って簡単に入力できるシステムを開発した。省力化だけで ...
【訪問介護】見守り的援助、身体介護の範囲を明確化 「老計10号」改正 厚労省 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年04月04日(水)
訪問介護の身体介護には、排泄や入浴の介助、体位変換などと並んで「見守り的援助」がある。単に「やってあげる」のではなく、利用者の自立を後押しする観点から安全に配慮しつつ寄り添って「共に行う」支援を指す。お風呂から自分で出られるよう必要な時だけ手を差し伸べたり、移動の際に転ばないよう隣につい ...
兜太さん 終の9句 介護施設での時を詠む - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月02日(月)
二月二十日に九十八歳で亡くなった俳人・金子兜太(とうた)さんの遺作九句が、主宰する俳誌「海程(かいてい)」四月号(一日発行)に掲載された。夜は介護施設で過ごす身の上を、「さすらい」と表現。施設での様子を<さすらいに雪ふる二日入浴す>などと詠んだ。 金子さんは本紙「平和の俳句」の選者をしてい ...
高齢社会支える「介護ロボット開発室」 きょう始動厚労省 専門家を9人起用 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月31日(土)
厚生労働省は、介護現場向けロボットやセンサー機器の開発、活用を進めようと「介護ロボット開発・普及推進室」を設置する。併せて工学やリハビリテーションなどの専門家九人を参与として起用し、態勢の強化を図る。設置は四月一日付。 入浴や移動の介助など介護は重労働で、家族や施設職員の負担軽減のほか ...
厚労省、介護ロボット室を新設 - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2018年03月31日(土)
厚労省、介護ロボット室を新設. 1 分で読む. 厚生労働省は、介護現場向けロボットやセンサー機器の開発、活用を進めようと「介護ロボット開発・普及推進室」を設置する。併せて工学やリハビリテーションなどの専門家9人を参与として起用し、態勢の強化を図る。設置は4月1日付。 入浴や移動の介助など介護は重労働 ...
厚労省、介護ロボット室を新設専門家9人も起用 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月31日(土)
厚生労働省は、介護現場向けロボットやセンサー機器の開発、活用を進めようと「介護ロボット開発・普及推進室」を設置する。併せて工学やリハビリテーションなどの専門家9人を参与として起用し、態勢の強化を図る。設置は4月1日付。 入浴や移動の介助など介護は重労働で、家族や施設職員の負担軽減のほか、高 ...
そこで父親と相談の上、サービス付高齢者住宅に入居してもらうことにしたんです」. サービス付高齢者住宅(サ高住)は「介護の必要があまりない比較的元気な高齢者のための施設」です。要介護度の高い人が入所する老人ホームには介護職員が数多くいて、食事や入浴、排せつなど生活全般の介助を行い ...
特養ホームで入浴中に死亡、介助の介護士2人を書類送検 - TBS News (媒体での記事掲載終了) 2018年03月23日(金)
去年10月、福岡県糸島市の特別養護老人ホームで、96歳の女性が入浴中に溺れて死亡した事故で、警察は、23日、介助をしていた2人の介護士を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。 書類送検されたのは、福岡県糸島市の特別養護老人ホームに勤務していた55歳と56歳の女性介護士です。2人は ...
介護士2人を書類送検=老人ホームで入所者溺死—福岡県警 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年03月23日(金)
福岡県糸島市の老人ホームで、入浴中の女性=当時(96)=の見守りを怠って溺死させたとして、県警糸島署は23日、作業に当たっていた55歳と56歳の女性介護士を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検した。いずれも容疑を認めているという。 送検容疑は2016年10月15日、糸島市の老人ホームで、入 ...
女性介護士2人を書類送検 監視怠り入所者死亡 福岡 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年03月23日(金)
福岡県警糸島署は23日、同県糸島市の特別養護老人ホームで、入浴中の監視を怠り女性入所者を死亡させたとして、業務上過失致死の疑いで50代の女性介護士2人を書類送検した。 書類送検容疑は平成28年10月15日午前11時45分ごろ、糸島市の特別養護老人ホーム「志摩園」で、寝たきりの女性=当時 ...
多くの介護職を悩ませる腰痛。車いすへの移乗や入浴介助などで相手を持ち上げたり、支えたりすることで、体に大きな負荷がかかるためだ。介護の負担を減らそうと、抱え上げない介護「ノーリフト」を目指す取り組み...​. 続きを読む. 医療の最新ニュース. 飛ぶ花粉、種類も検出 熊本大・戸田教授ら新たな手法を開 ...
焦点:刑務所に高齢化の波、寝たきり介護も 再犯防止が急務 - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2018年03月15日(木)
徳島刑務所には1人、寝たきりの高齢受刑者がいる。殺人、強姦、現住建造物等放火などの罪で無期懲役となった92歳の男性だ。刑務作業は行えず、所内の「病棟」と呼ばれる施設に収容されている。入浴や排せつの世話をするのは非常勤の介護専門スタッフ。天気の良い日は車いすを押して屋外に出る。 「今日 ...
〔インサイト〕刑務所に高齢化の波、寝たきり介護も 再犯防止が急務 - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2018年03月14日(水)
徳島刑務所には1人、寝たきりの高齢受刑者がいる。殺人、強姦、現住建造物等放火などの罪で無期懲役となった92歳の男性だ。刑務作業は行えず、所内の「病棟」と呼ばれる施設に収容されている。入浴や排せつの世話をするのは非常勤の介護専門スタッフ。天気の良い日は車いすを押して屋外に出る。 「今日 ...
ライフリーから在宅介護での“新・おしり清潔習慣”を提案 『ライフリー おしりクリーンシャワー』2018年4月24日より全国にて新発売 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年03月13日(火)
発売の背景 近年、介護者の5人に1人が70歳以上(※1)となり、介護者の平均年齢上昇に伴い、老老介護における負担が増加傾向にあります。そのような中、3大介護(食事・入浴・排泄)の一つである「排泄介護」は介護者や介護を受けられるご本人双方にとって大きな負担となっています。特に、在宅介護では ...
... のは、新宿区の福祉政策である「ことぶき祝金」と「ふれあい入浴」。 「ことぶき祝金」は70歳に5,000円、77歳に7,000円、88歳に1万円、96歳に3万円を長寿の「祝い金」として支払い、合計で6600万円が毎年新宿区の予算から支払われています。また、「ふれあい入浴」は60歳以上の区民が月4回まで無料で ...