介護関連ニュース 検索結果

「住宅改修」に一致した記事 (91件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
特に、足腰の弱った高齢者にとって怖いのが「転倒」。骨折や、最悪の場合寝たきりになるのを防ぐため、専門家に危険な場所と対策について聞いてみた。 □高齢者が最もよく転ぶ場所とは お話を伺ったのは、福祉用具のレンタルや住宅改修を手掛ける株式会社カンパニュラ代表 ...
OB顧客に案内するとともに、ケアマネージャーとも連携。利用者が快適に過ごせる住宅改修も提案していく。 今後は、ほかの2つのリフォーム拠点の近隣にも展開する計画だ。 同社の2017年7月期の売上高は17億円の見込み。うちリフォームは11億円。 この記事に設定された ...
地元不動産会社のウスイホームでは6月27日(火)、高齢者のより良い住まいづくりと心配事の解消をテーマにした講座「老後の暮らし まるわかりセミナー」を開催する。 ... 第1部は「失敗しないバリアフリーリフォーム」と題して、安心・安全・快適に暮らすための住宅改修を紹介。
豊橋市介護保険関係事業者等連絡会は20日「福祉用具・住宅改修事業者研修交流会」を豊橋市神野ふ頭町のライフポートとよはしで開催した。 居宅介護支援事業所や福祉用具事業所、居宅介護のための住宅改修を手がける事業所の職員やケアマネージャーなど1... この記事 ...
介護リフォームで元気な暮らしを応援。屋内・屋外対応手すり『motte(モッテ)』を発売。 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2016年11月30日(水)
※1 住宅改修適用商品です。介護保険での住宅改修サービスをご利用になる場合には、必ず事前に居宅介護支援業者・ケアマネージャーにご相談の上、各市町村の窓口でサービス内容をご確認ください。 ※2 木造住宅の基礎と土台の間に挟み込んで使用する建材のこと。 ---
2018年には診療報酬と介護報酬のダブル改定があり、同年3月末までに介護療養病床全国約6.1万床を新たな施設「要介護高齢者の長期療養・生活施設」などへ転換することが求められている。 次回11月25日開催予定の介護保険部会では住宅改修なども含め、今までの ...
介護の縮小 「離職ゼロ」に逆行する - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2016年09月23日(金)
議論の柱は、介護の必要度が低い要介護1、2の「軽度者」が利用するサービスの縮小だ。特にヘルパーに掃除や調理、買い物をしてもらう「生活援助」や、車いすや介護ベッドなど福祉用具のレンタル費とバリアフリー化する住宅改修費の扱いが焦点となる。財政制度等審議会( ...
高齢者のためのバリアフリーで役立つ!介護保険制度を使ったリフォーム費用で補助金をもらう方法 - LIMIA inc. (媒体での記事掲載終了) 2016年08月01日(月)
前述の通り、「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用して給付が受けられるリフォーム工事には条件があります。どのようなバリアフリーリフォームでもお金が支払われるわけではないため、注意しましょう。ここでは、対象となるバリアフリーリフォームとその費用相場をまとめてみ ...
こうした課題を踏まえ、20日の介護保険部会では、厚労省老健局高齢者支援課の佐藤守孝課長から、「極端な価格差が可能な限り生じず、利用者が適正な価格の福祉用具を選択する」「住宅改修の工事価格痩せ高水準のバラつきを抑え、利用者が適切な改修を受ける」ための ...
<な~るほど介護> 失敗しない住宅改修 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2016年02月24日(水)
要介護状態になったとき、自宅に住み続けるためには住宅改修が必要になる。一部に介護保険を利用できるものの、せっかく改修しても使いにくかったり、必要以上の工事になってしまったりする事例が後を絶たない。記者が要介護状態を体験しつつ、失敗しない住宅改修の ...
要介護状態体験 段差に苦労 失敗しない住宅改修 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2016年02月23日(火)
要介護状態になったとき、自宅に住み続けるためには住宅改修が必要になる。一部に介護保険を利用できるものの、せっかく改修しても使いにくかったり、必要以上の工事になってしまったりする事例が後を絶たない。記者が要介護状態を体験しつつ、失敗しない住宅改修の ...
​知って得する申請すればお金が貰える制度、バリアフリー最大9割 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2016年01月26日(火)
介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題。そのために要介護者または要支援者がバリアフリー工事を行うのに、介護保険より費用の9割が支給される。高齢者住宅改修費用助成制度を利用して、介護リフォームを進めると良い。対象となるリフォームは、 ...
​知って得する申請すればお金が貰える制度、バリアフリー最大9割 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2016年01月26日(火)
介護が必要となった場合、住まいのバリアフリー化は緊急課題。そのために要介護者または要支援者がバリアフリー工事を行うのに、介護保険より費用の9割が支給される。高齢者住宅改修費用助成制度を利用して、介護リフォームを進めると良い。対象となるリフォームは、 ...
講演会では、国土交通省住宅局の的場弾氏(安心居住推進課高齢者住宅指導係長)が「高齢者向け住宅の最近の動向」について、厚生労働省老健局の長谷川信也氏(高齢者支援課福祉用具・住宅改修係長)が「介護保険制度における住宅改修の今後の展望」について講演する ...
<な~るほど介護>「地域包括ケアシステム」 先進地・埼玉県和光市の取り組み - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2015年07月28日(火)
隔週開催で、作業療法士や薬剤師ら外部講師も意見を述べるほか、バリアフリーの住宅改修を行う業者が、計画をセンチ単位で報告する場面も。ケアプラン作成側は、対象者と心底向き合わなければ会議をパスできない。高齢者にすれば、これほど多くの専門家が、自分のため ...
<な~るほど介護> 自立支援に向き合う - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2015年07月28日(火)
隔週開催で、作業療法士や薬剤師ら外部講師も意見を述べるほか、バリアフリーの住宅改修を行う業者が、計画をセンチ単位で報告する場面も。ケアプラン作成側は、対象者と心底向き合わなければ会議をパスできない。高齢者にすれば、これほど多くの専門家が、自分のため ...
悪徳業者が横行! プロが教える“失敗しない”介護リフォーム - dot. (媒体での記事掲載終了) 2015年07月22日(水)
介護保険には要支援・要介護の高齢者が住宅改修をおこなった際の費用の9割を負担する制度(15年8月からは一定所得がある人は8割)があるが、「どの業者を選べばよい」という明確な基準がない。じつはこれまでも介護保険を使った住宅改修の「質」を懸念する声は少なく ...
陽気で食欲旺盛な母は週3回、運動専門のパワーリハビリに通っているが、要介護4で自宅介護ができるとは思えない。市に確認すると、「転居すれば、もう一度、住宅改修ができる」とのこと。家は狭いが小さな庭もあり、駅から徒歩圏内で、病院も近い。引っ越せば駅や病院から ...
認知症の高齢者が骨折、リハビリ病院の先はどこへ? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2015年07月15日(水)
転倒を予防する対策とは、まず家の中の段差をなくして、つまずいて転ばないようにバリアフリー化することです。回復期病院では必要に応じて退院前にリハビリスタッフが患者の自宅に出向いて生活環境を確認し、住宅改修や福祉用具の選定に関するアドバイスを行っています。
"バリアフリー専門集団" 高齢者住環境研究所、東京... - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了) 2015年03月03日(火)
高齢者住環境研究所は、高齢者や障害者向けの住宅改修を専門とするリフォーム会社だ。1993年、バリアフリーに詳しい建築士の溝口千恵子氏(現・同社会長)が設立。東京・渋谷に本社、加えて都内6カ所に営業所を設けて東京都全域にバリアフリーリフォームのネットワークを ...
厚生労働省は、介護給付費実態調査月報(平成26年10月審査分)を明らかにした。 なお集計対象は、各都道府県国民健康保険団体連合会が審査した介護給付費明細書、給付管理票等とし、福祉用具購入費、住宅改修費など市町村が直接支払う費用(償還払い)は含まないと ...
都市機構が「健康団地」 地域の高齢化に対応 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年11月20日(木)
健康寿命サポート住宅」とは、都市機構が掲げる高齢化対策のコンセプト。高齢者の転倒防止に配慮した住宅改修を行うと同時に、散歩したくなるような屋外環境も整備する。高齢者の自立した生活をサポートするのが狙いだ。これまでにも団地の建て替えに合わせてバリアフリー ...
高齢者の困難な動作は一人一人異なる、多方面か...(ノウハウ) - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年10月20日(月)
ケアマネージャーや訪問看護師、介護ヘルパー、理学療法士など利用者に関わる専門家と密に連携し、客観的な意見を聞くことも必要不可欠です」と話すのは、介護保険住宅改修の専門店としてつくば市、土浦市を中心に事業を展開している小川バリアフリープランの小川仙月 ...
奈良県は、住宅改修と福祉用具展示車を活用した事例紹介について学ぶ「介護講座」を、8月20日に奈良県で開催すると発表した。 (画像はホームページより) 講義及び実習「住宅改修の実際」では、住宅改善を紹介した再現住宅や車いす体験通路などが設置されている福祉住宅 ...
室蘭市の高齢者住宅改修補助事業費用の受け付け開始 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了) 2014年05月15日(木)
屋内の手すり取り付けや段差の解消といったバリアフリー改修工事に要する費用。条件を満たしている場合に90%を助成する。上限額は18万円。 助成を受けるには、事前に最寄りの地域包括支援センターへの相談が必要。市高齢福祉課は「予算額に達した段階で終了します。
賃貸住宅改修、1戸当たり最大100万円補助/国交省 - 週刊住宅新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年05月12日(月)
3カ月以上空き家が続いている賃貸住宅で改修後に高齢者世帯、子育て世帯などの入居を拒まないことが要件。対象となる工事は耐震改修のほか、バリアフリー改修(手すり設置、段差解消など)、省エネルギー改修(窓、外壁の断熱など)のいずれか。改修工事費用の3分の1 ...
主な集計対象は、各都道府県国民健康保険団体連合会が審査した介護給付費明細書、給付管理票等で、過誤・再審査分は含まず、原審査分のみとなる。 また、原審査分の中でも、市町村が直接支払う費用(福祉用具購入費、住宅改修費等)は含まないとしている。 結果の概要.
バリアフリー住宅改修 事業者を育成 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年03月18日(火)
住宅、木材関連の業界と行政でつくる「さがの木・家・まちづくり協議会」は、バリアフリーの視点を持つ住宅リフォーム事業者の育成に取り組んでいる。福祉、介護の知識を習得し、体の動き具合や生活の不便さなど個別の事情に応じて改修を提案する狙い。急速に進む高齢化の ...
手すりをつけたい」、「段差を解消したい」、介護保険を利用しての住宅改修のニーズは、高まっている。ところが、介護保険の住宅改修費は、20万円までとなっており、多くの要介護者や要支援者は、「できればこの範囲内で、どうにかできないだろうか」と頭を悩ませている。
介護保険利用の住宅改修、立て替え払い不要に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2014年02月19日(水)
厚生労働省は、在宅介護のために手すりを付けるなどの住宅改修事業で、施工業者の登録制度をつくる。不適切な工事や費用請求を排除する狙い。自治体の研修を受けることを登録の条件とする。登録業者が工事すれば、介護保険で賄う改修費の9割は自治体が業者に直接 ...