介護関連ニュース 検索結果

「介護保険」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
介護保険サービスで、現役世代並みの所得がある人の自己負担割合を3割に上げる介護保険法などの改正案が25日、参院厚生労働委員会で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。26日の参院本会議で成立する見通し。高齢化で急増する介護費を ...
一部高齢者の負担拡大 介護保険法改正案、26日成立 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月25日(木)
現役並みの所得がある高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を引き上げる介護保険関連法改正案が、25日の参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決した。26日の参院本会議で可決、成立する見通しになった。2018年8月から一部の利用者の負担 ...
将来の自身の介護に備えて民間の介護保険に加入しようと考えていますが、加入タイミングとしては払込済みまでの支払総額が増えても、40代、50代と年齢を重ねてからでもいいのでしょうか? あるいは支払総額が安いうちの30代で入るべきか。入って損なものでなければ、 ...
介護保険のサービス利用の自己負担は原則1割で、一定の所得がある人は2割。現在2割負担の人のうち、さらに所得の高い人が3割負担となる。対象は単身の場合で年収340万円(年金収入のみでは344万円)以上、夫婦世帯では463万円以上を想定しており、利用者全体 ...
私の介護保険の認定は、一番軽い「要支援1」です。2年前に大腸がんになり、入院先で認定されたときは一番重い「要介護5」でした。リハビリを頑張ったせいか、昨年度に要支援1まで下がりました。 今は病院に近い事業所で通所リハビリを受けています。送り迎えもあり、週1回で ...
定期巡回随時対応型訪問介護看護などを推進するために人員基準の緩和を行うとともに、介護保険サービスと保険外サービスとの併用を進めるために、両サービスの連続的な提供に係るルールの明確化などを図る必要がある。また社会保険診療報酬支払基金の「支部の統合・ ...
この4月から全国の市町村自治体で介護保険の「新総合事業」が始まった。現行の介護保険制度では、財源難と人手不足が深刻になるめ、自治体に一部サービスの運営を委ねることにしたものだ。 運営基準などを個々の自治体が決める。全国一律の介護保険制度からの大転換 ...
規制改革答申、「混合介護」踏み込めず 与党から反発 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月23日(火)
政府の規制改革推進会議(議長=大田弘子政策研究大学院大教授)は23日、6分野141項目の答申を安倍晋三首相に提出した。行政手続き簡素化などを通じた生産性向上、旅館の客室規制撤廃を通じた訪日外国人客拡大への対応が柱。ただ、「目玉」に据えていた介護保険 ...
厚生労働省が19日に出した介護保険最新情報のVol.590は、今年8月の実施を予定している「高額介護サービス費」の見直しを周知するとともに、その詳細なルールをアナウンスする事務連絡だ。年間の上限額を新たに設定すると改めて説明し、毎年の7月31日を基準日として ...
昨年(2016年)、社会保障審議会・介護保険部会では、介護保険制度の見直しに向けた議論を行い、▽地域包括ケアシステムの深化・推進▽介護保険制度の持続可能性の確保―の2本を柱とする意見を取りまとめました(関連記事はこちら)。政府はこの意見を踏まえ、▽新たな ...
介護保険改正案 小手先では追いつかぬ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月21日(日)
3年ごとの小手先の手直しでは、ほころびを繕いきれなくなっているのではないか。 介護保険関連法改正案が、今国会で成立する見通しだ。 高齢者のサービス利用料について、現役並みの所得がある人の自己負担を2割から3割に引き上げる。現役世代の保険料では、給与の ...
混合介護拡大 先送り 規制改革会議、与党など慎重意見 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月18日(木)
政府の規制改革推進会議は、介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」の拡大を先送りする。当初は混合介護の事業者向けのガイドライン(指針)を年内に作るよう厚生労働省に求めていた。23日に公表する答申では「2018年度上期」に「ルール整理」するとあいまい ...
【ゆうゆうLife】 死ぬまで自宅で 介護支える「定期巡回・随時対応サービス」普及進まぬ背景は… - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月18日(木)
1人暮らしでも最期まで自宅で暮らせるように、約5年前に介護保険制度に導入された「定期巡回・随時対応サービス」の普及、利用が伸び悩んでいる。市区町村で整備状況に差があり、また、サービス自体がない自治体もある。背景には、サービスを提供する事業者の収益性の低 ...
介護保険サービスと保険外サービスを柔軟に組み合わせる「混合介護」の早期実現をもとめ、内閣府の規制改革推進会議が意見書を提出した。混合介護が柔軟に提供されるようになれば、自費サービスの多様化や、介護士の賃金アップが期待できるなどの意見がある。一方で、「 ...
軽度介護、新サービス低調 住民主体型4%どまり :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月18日(木)
全国一律の介護保険から切り離され、今年4月までに市町村の事業に移行した軽度者向け介護サービスで、ボランティアやNPOによる住民主体型サービスの参入が低調で ...
なんとかなります」と言ってくれたのは、ケアマネージャーのTさんだった。 「ちょうど要介護1の認定が出たところだし、6月の公的介護保険制度の点数は十分にあります。松浦さんのソウル出張に合わせて、ヘルパーさんに来てもらうようにしましょう。食事のタイミングで1日3回、 ...
状態の重い高齢者が入院している介護療養病床の転換先として、看取りを含めた医療サービスと住まいの機能を併せ持つ「介護医療院」を新設することも含まれる。政府はこのほか、自立支援で成果をあげた自治体を財政面で優遇するインセンティブの仕組みを導入したり、地域 ...
介護サービス自己負担割合 引き上げる法案 審議入り - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年05月17日(水)
一定の所得以上の介護サービスの利用者の自己負担割合を、現在の2割から3割に引き上げることなどを盛り込んだ介護保険制度関連法案が、参議院本会議で審議入りし、塩崎厚生労働大臣は、負担の上限額を据え置く配慮を行っているとして理解を求めました。 続きを読む.
介護離職「相談せず」48% 辞めた理由「体力的に難しい」が最多 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月16日(火)
同社の羽田圭子チーフコンサルタントは「利用できる介護保険サービスなどを知らずに離職、転職している人がいるのではないか。企業や自治体の情報提供が望まれる」としている。調査は、正社員から離職した四十~五十九歳の千人を対象に昨年十二月、インターネットを利用し ...
介護保険サービスと保険外サービスを柔軟に組み合わせる「混合介護」の早期実現をもとめ、内閣府の規制改革推進会議が意見書を提出した。混合介護が柔軟に提供され ...
例えば、有料老人ホームの1階に訪問介護やデイサービスが併設される場合がありますが、老人ホームが業務停止命令になると、併設された訪問介護やデイサービスも指定取り消しになる可能性があります。 最後に、特に影響が大きいと言われるのが、財政インセンティブです。
2012年度に創設された新たな地域密着型の介護保険サービスである定期巡回随時対応型訪問介護看護(以下、定期巡回)や看護小規模多機能型居宅介護(以下、看多 ...
身内の介護のために仕事を辞める介護離職者が増えている。企業は介護保険などの法制度だけでなく、テレワーク(在宅勤務)などの働き方改革を通して、介護離職防止に向き合うことが必要だ。働き方改革は女性活躍をテーマに掲げる企業が多く、育児支援などでさまざまな ...
入省後、2007年には老健局老人保健課の主査になり、介護保険、地域包括ケア、療養病床の再編などを担当。その後、UCLAに留学したのは、学問的な裏付けがほしい、体系的に勉強したいと考えたからであり、公衆衛生と医療経済の両方を勉強しました。やはり医療経済の ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万 ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面 ...
行政や関係機関をたらい回しにされることなく、介護についてはケアマネージャーが、医療については保健師が、高齢者の生活支援や権利擁護については社会福祉士が、といったように、ここに行けばワンストップでそれぞれの専門家に話をすることができるのだ。 介護保険の ...
なんとなく不安を感じながら、先送りしたくなる「介護」の問題。しかし、内閣府の発表によれば、介護保険制度で「要支援」「要介護」と認定された人は2013年度末で約570万人にのぼり、日本は、「誰もが介護し、介護される」“大介護時代”に突入しています。いざ介護の問題に直面 ...
「混合介護」本格解禁へ 松本洋平・内閣府副大臣「ルール整備し、料金 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月08日(月)
内閣府の松本洋平副大臣(規制改革担当)は8日までに産経新聞のインタビューに応じ、介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」の本格解禁に向け、料金の ...
内閣府の松本洋平副大臣(規制改革担当)は8日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、介護保険内外のサービスを組み合わせる「混合介護」の本格解禁にあたっては料金透明化といった利用者保護の仕組み作りを重視する考えを示した。本格解禁は厚生労働省 ...