介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (999件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >

住み慣れた地域で、いつまでも元気に――。地域住民に体力作りへの意識を高めてもらおうと、四日市市常磐地区でこのほど、介護予防を目的としたオリジナルの「ご当地 ...

厚生労働省は4日、第5回一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会を開催した。今回は先月取りまとめられた3つの論点のうち、特に「PDCAサイクルに沿った推進 ...

[ロイヤルカナン ジャポン合同会社] 獣医師団体Team HOPEと共に高齢化するペットの介護予防を啓発.

熊本県長洲町が32カ所の拠点を設けて取り組む介護予防活動が成果を上げている。65歳以上の人口に占める要介護認定者の割合は、ピークだった2011年度の20・5% ...

熊本県長洲町が32カ所の拠点を設けて取り組む介護予防活動が成果を上げている。65歳以上の人口に占める要介護認定者の割合は、ピークだった2011年度の20・5% ...

都城市の介護予防事業「こけないからだづくり講座」の効果を検証するため、市は県立看護大(宮崎市)と協定を結んだ。講座参加者の体力アップの状況、それに伴う医療費 ...

都城市の介護予防事業「こけないからだづくり講座」の効果を検証するため、市は県立看護大(宮崎市)と協定を結んだ。講座参加者の体力アップの状況、それに伴う医療費 ...

公社では大阪府が進める「スマートエイジング・シティ(※)」の具体化に向けた取組みの一環として、「健康増進・疾病予防・介護予防」によって健康寿命の延伸につなげる ...

厚生労働省は8月23日、「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会」の中間報告を公表した。介護予防活動に参加するとポイントがもらえる仕組み(例=ためた ...

介護予防P(プログラム)を体験 各いきいき元気センター | 多摩 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2019年09月04日(水)

多摩市は9月、高齢者向けに実施している通所型短期集中予防サービス「元気塾」の体験会を実施する。参加無料。 会場は市内の各いきいき元気センターで、日時は ...

市町村が取り組みやすい指標で効果的な事業評価を - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2019年09月04日(水)

厚生労働省老健局の「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会」は4日、市町村による介護予防に関する事業効果を点検・評価するための指標の在り方について ...

東京商工リサーチによると、今年上半期の介護事業者の倒産件数は55件。介護保険制度が施行された2000年以降、上半期としては過去最高になった。年間を通しても過去 ...

東京商工リサーチによると、今年上半期の介護事業者の倒産件数は55件。

福島市は28日、同市の福島テルサでいきいき介護予防大会を開き、口周りの筋力を鍛える「お口のももりん体操」の一部を初公開した。 同体操は、舌を出すなど口の運動 ...

鶴田町独自の「つるりん体操」が、町内でじわりと広がりを見せている。健康増進・介護予防のためにつくられた体操で、町は今後、町内の各種イベントや小学校の授業でも ...

一般介護予防でモデル事業、「自治体へ方策提示」 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2019年08月26日(月)

厚生労働省は、「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会」の中間取りまとめを公表した。中間取りまとめでは、高齢者の多くが医療機関を受診していることに触れ、 ...

「リーチ!」。大人の握り拳ほどもある特大の麻雀牌(マージャンぱい)を使って、高齢者が和気あいあいと...

主婦の友社は、敬老の日間近の9月5日(木)、簡単な動きで、高齢者自身で健康になるためのストレッチ「ひざ裏のばし」の体験会を開催します。 「ひざ裏のばし」とは、医師で ...

厚生労働省は7日、住民主体の“通いの場”を柱とする介護保険の「一般介護予防事業」をめぐる有識者会議で、今後の展開に向けた中間報告の案を提示した。

超高齢社会を迎え、労働人口不足が進むなか、福岡市は、就業意欲の高い高齢者が働きやすい環境を整えようと「短時間雇用」...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に ...

厚生労働省は6日、介護保険の介護予防と医療保険の保健事業を一体的に行う新たな取り組みのスキームを固めた。住民と距離が近い市町村が実施主体となり、地域支援事業の“通いの場”で専門職によるフレイル対策なども併せて展開していく。後期高齢者医療制度の保険 ...
高齢者の保健と介護予防の一体的な実施、報告書を公表 厚労省 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年12月04日(火)
厚生労働省は3日、「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議報告書」を公表した。報告書には、一体的な実施に向け、新たな専門職を配置するための費用の一部を市町村に交付する必要性なども盛り込まれた。厚労省は、年内に開催される社会保障 ...
この分野は、自助努力が喚起される仕組みにより、個人の主体的な介護予防などを奨励するための介護予防、高齢者生活支援に対するもの。三条市は福祉保健部高齢介護課地域包括ケア推進室の取り組み「生涯輝く!『プラチナエイジ躍進計画』~社会参画機会創出による健康 ...
地域の“保健室”で健康相談 高齢者の介護予防も - 産経ニュース - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年11月17日(土)
看護師や保健師などの専門家に、健康に関する悩みを気軽に相談できる“地域の保健室”の取り組みが広がっている。「病院に行くほどじゃないんだけど」と気後れする高齢者 ...
全国老人クラブ連合会(以下、全老連)が主催し、講座の受講を通じて地域での健康リーダーを養成する「介護予防・健康づくり支援事業」。横浜市で初めて鶴見区での開催が決まり、11月7日から4回に渡って独自の講座が開講中。11月30日には一般向けの「ボッチャ体験会」も ...
住民が主体的に介護予防の教室を開く「通いの場」。佐賀中部広域連合は、教室によっては我流になっている運動や参加者の減少などの課題を受け、介護予防の推進員を派遣し、介護予防の効率性や継続性を高めようと取 ... 記事全文を読む ❯ ...
藤沢市が独自基準で行っている高齢者の生活支援「訪問型サービスA」が、スタートして2年。研修を修了した担い手は120人超と着実に増えている一方で、利用者は伸び悩んでいる。市はこの事業を、「介護予防だけでなく、助け合いの地域づくりの一環」と位置付け、アピールに ...
文京学院大学、超高齢社会におけるソーシャルワーカーの役割についてセミナーを開催、地域包括ケアシステムの構築を進めながら組織的にアウトリーチを駆使した ... - マイライフニュース Mylife News Network (媒体での記事掲載終了) 2018年11月07日(水)
地域包括センターでは、社会福祉士・保健師等、主任ケアマネージャーの3つの保健・医療・福祉の専門職が、高齢者が住み慣れた地域で生活できるように介護予防、介護保険サービス、その他の保健福祉サービスなどの相談に応じている」とのこと。「この3つの専門職の連携・協 ...
介護予防―はつらつとした老後をおくるために 「フレイル」予防の生活や栄養改善解説 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月05日(月)
川崎学園(倉敷市松島)が倉敷市と共催する第6回市民公開講座が10月13日、くらしき健康福祉プラザ(同市笹沖)で開かれた。テーマは「介護予防―はつらつとした老後をおくるために」。川崎医療短期大学の小池将文学長らの講師陣が、加齢とともに心身の活力が低下し生活 ...
介護予防でスポーツジムと連携 厚労省、枠組み検討 “通いの場”の強化 ... - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年10月24日(水)
市町村などが地域で開催している高齢者の“通いの場”を強化するため、厚生労働省は民間のスポーツジムやスポーツインストラクターなどの協力が得られる枠組みを検討し ...