介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (999件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
介護予防に役立ててもらおうと、江東区は独自の体操「KOTO(こうとう)活(い)き粋(いき)体操」を作成した。誰もが覚えやすいように、富岡八幡宮や小名木川など地元の名所にちなんだ動きを盛り込み、盆踊りの「江東水彩音頭」に合わせた体操も考案。DVDを作り、利用を ...
岐路に立つ介護保険 「生みの親」官僚たちの思い - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月25日(火)
介護保険制度が2000年にスタートして17年がたつ。少子高齢化を先読みしたはずの制度が、保険給付は膨らみ続け、要介護度の比較的低い高齢者への予防給付の一部は全国一律から市町村ごとの「介護予防・日常生活支援総合事業」に移った。財政が前面に出て、当初の姿 ...
高齢になると筋力が低下し、転倒する危険性が高くなる。介護認定を受ける要因の約1割が転倒で、寝たきりにつながることが少なくない。2015年度末で65歳以上の人口割合が28・9%だった同市は、筋力アップを図る介護予防運動の普及を進める一方、住民間のつながりを ...
神戸町は、認知症の人や家族、地域住民が交流する認知症カフェを新たに地域の寺で開く。初回の会が十八日、同町北一色の正覚寺であり、本堂が特設カフェになった。 町の認知症カフェは、同町神戸の介護予防施設「ばらの里」で二〇一五年から月一回開いてきた。地元住民 ...
北陸で介護予防サービスの担い手が多様化してきた。フィットネスジムが健康食を組み合わせたデイサービスを始め、自治会など住民が主体となった取り組みも広がる。4月から要介護度の低い高齢者向けサービスが市町村の事業に移管され、地域に合った工夫が求められる ...
2017年4月スタート、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは - All About NEWS (媒体での記事掲載終了) 2017年04月04日(火)
これに伴い、要支援1~2の人を対象に行われてきた「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」は、介護保険から切り離されて総合事業に移管されています。総合事業として行われる「訪問介護サービス」「通所介護サービス」の内容や料金については、市町村の裁量に任されてい ...
昔懐かしい風景写真や古い日用品など博物館の収蔵品をお年寄りに見せて思い出を語ってもらうことで脳を刺激する取り組みが、川崎市市民ミュージアム(中原区)で行われている。高齢化が進む中で認知症の介護予防につなげる目的。ほかの図書館や高齢化福祉施設などと ...
日立ハイテクノロジーズと日立製作所は2017年3月13日、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力し、Brain Scienceマークを付与したと発表した。 脳エクササイズは、画面上に表示される問題に対して全身を使ってプレイ ...
(株)日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)、(株)日立製作所(以下、日立)は、このたび、脳科学をモノづくりに活用する取り組みの一環として、(株)キッズスター(以下、キッズスター)が提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力した。
株)日立ハイテクノロジーズ(以下,日立ハイテク),(株)日立製作所(以下,日立)は,脳科学をモノづくりに活用する取り組みの一環として,(株)キッズスター(以下,キッズスター)が提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力した。 近年,日本 ...
佐賀市営バスに2月から「介護予防号」が登場した。「いきいき大作戦!」として、歌で身体機能の維持を図る「音楽サロン」や、ダンベルを使った「元気アップ教室」など佐賀市 ...
自立支援規定盛り込む=介護指針改定案を提示-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月27日(月)
厚生労働省は27日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護保険部会に、介護保険制度の自治体向け基本指針の改定案を提示した。深刻化する高齢者虐待問題への対応を強化するため、虐待防止に関する項目を新設するほか、自立支援や介護予防の推進などに関する ...
例えば、80歳を超えて転んだりして股関節を骨折してしまうと、寝たきりになってしまうケースが日本には非常に多い。だけどそれは、決して人間や高齢ゆえの限界なわけではなく、運動をすればまた歩けるようになることも多いそうです。 しかし、日本ではリハビリでトラブルが起きる ...
タイ総領事館を福岡に 知事、ドン外相に要望 [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月22日(水)
一方、小川知事は21日、少子高齢化が進むバンコク都のアサウィン知事と会談し、介護予防を柱とする高齢者施策で連携する覚書を締結した。県とバンコク都は2006年に友好提携を結んでおり、新たな覚書で協力関係を強化する。 県は今後3年間、認知症や寝たきり予防の ...
介護予防事業所向けソリューション“ロコモヘルパー”が2016年度福祉 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年02月21日(火)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)が販売する運動機能測定システム“ロコモヘルパー”は、2016年度の川崎市独自の ...
介護予防事業所向けソリューション“ロコモヘルパー”が2016年度福祉製品「かわさき基準(KIS)」に認証 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月21日(火)
運動機能測定システム“ロコモヘルパー”について 介護予防事業所は、厚生労働省の「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、以下ロコモ)」啓発活動にあわせて、ロコモの判断基準となる開眼片足立ち・椅子の立ち座りなどの運動を定期的に測定し、高齢者やその家族に運動 ...
市は認知症など高齢者の支援や介護予防サービスなどの相談や調整は市役所内の地域包括支援センターで対応しているが、実際の支援の場面では医療機関や福祉事業者などとの連携・調整が必要。高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、医療や介護、生活支援 ...
東京国際芸術協会会員、認知症高齢者研究所研究員、認知症予防音楽ケア体操指導員、介護予防指導員、ヘルパー2級。 セミナーは8時まで、定員約60人。参加費は無料だが、申し込みが必要で、2月21日まで受け付けている。申し込みや問い合わせは、「ソレイユ三条」2階の ...
「化粧教室で高齢者が元気はつらつ」横浜市が資生堂と新手の介護予防に挑戦 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了) 2017年02月12日(日)
同社が横浜市に、高齢者の介護予防に貢献したいと提案したのは2015年4月のこと。提案を受けた横浜市は、介護予防事業を担当する健康福祉局において、実際に効果がありそうか、市民にメリットがあるかなどを検討し、同年9月に資生堂ジャパンとの連携協定の締結に至った ...
目指せ百歳、いきいき体操で介護予防 京都・西京の住民 : 京都新聞 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月10日(金)
京都市西京区竹の里の住民たちが、体操による介護予防に力を入れている。手足に重りを付けてDVDを見ながら行う高知市発祥の体操で、専門アドバイザーを招いた講習 ...
目指せ百歳、いきいき体操で介護予防 京都・西京の住民 : 京都新聞 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月10日(金)
京都市西京区竹の里の住民たちが、体操による介護予防に力を入れている。手足に重りを付けてDVDを見ながら行う高知市発祥の体操で、専門アドバイザーを招いた講習 ...
「総合事業」への移行リミット迫る、そのとき介護事業所は? - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了) 2017年02月07日(火)
2017年3月、介護事業が新たな局面を迎える。要支援者の訪問介護と通所介護が「介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)」として完全施行するのだ。これは、全国一律の介護予防給付で実施していたサービスを、市町村ごとに実施する総合事業へと移行するもの ...
介護予防に「100歳体操」 阿南市がDVD制作 2017/2/7 10:14 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月07日(火)
介護予防に「100歳体操」 阿南市がDVD制作 阿南市は、高齢者が介護予防に向けて筋力を高める「いきいき100歳体操」のDVDを制作し、6日、同市富岡町の市文化会館で市民に披露した。 100歳体操は高知市が2002年に考案した。阿南市は16年6月から市民への普及を ...
平成27年3月31日までに熊本県より指定介護予防訪問介護事業者として指定を受けた事業者は平成30年3月31日までの3年間あさぎり町総合事業の「指定」を受けたものとみなされ第1号事業・訪問型サービス(現行相当)のサービスを提供することが出来ます。※平成30年4月1 ...
五泉 商店街に拠点施設オープン - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年02月02日(木)
五泉市は1日、お年寄りの介護予防の拠点となる「いきいきシニアプラザむらまつ」を、同市村松甲にオープンした。アーケード街の一角で菓子店として使われていた空き店舗を活用しており、関係者はまちの活性化にも期待している。 介護予防拠点の施設はレクリエーションや趣味 ...
高齢者向けの介護予防ジムは、夕張市で診療所の院長を務めていた森田洋之氏の力を借りて、寝たきりになる前に自立して健康に生きることを目標とする。 知識と技術の伝承を行なう研修やワークショップと並行して、次年度以降の事業に無認可保育園「こどもラボ」、フリー ...
対象となるのは、要支援1および2認定者の訪問・通所介護で、これまで全国一律の介護予防給付で提供されていた。市町村ごとの総合事業へと移行することで、各地域の特色を生かしたサービスを創出することが狙いだ。 総合事業への移行で、介護資格を持たなくとも市町村の ...
市町村の総合事業へ移管が進められている介護予防ケアマネジメントの費用について、今年(2017年)5月審査分から、国民健康保険団体連合会(国保連)を経由した支払を可能とする―。 厚生労働省が17日に行った事務連絡「介護予防・日常生活支援総合事業における介護 ...
地域で支えあう高齢者の生きがい - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年01月25日(水)
超高齢化社会を迎える中で、高齢者自身が役割や生きがいをもって地域の中で生活できるよう、住民同士が互いに助け合って課題に立ち向かう―。そんな地域の実現をめざし、多様な関係団体の代表が集まって仕組みづくりを検討、情報を共有する「多摩市生活支援・介護予防 ...
鳥取県伯耆町は4月、温泉施設が入る町岸本保健福祉センター(同町大殿)にスポーツジム「フィットネス&スタジオ パル」をオープンする。住民の健康寿命延伸や介護予防につなげ、既存施設を有効活用した新たな雇用の場とする。 トレーニングマシンが設置されるジムエリアの ...