介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
体験に訪れた市内の女性(50)は「膝を痛めた祖母はそのまま寝たきり状態になった。自分もその年齢に近づき、少しずつ筋力をつけて老いに備えたい」と入会を決めた。 高齢化が進む唐津市浜玉町平原地区。この山あいの集落にも今春、ジムが開業した。JA支所跡を再利用 ...
登米市登米町の新町町内会婦人部が14日、地域の中高年の女性を対象にした「お化粧のチカラを生かして介護予防」と称する講座を地区内の集会所で開いた。 50~80代の女性14人が受講し、資生堂ジャパン仙台オフィスのビューティーセラピストが講師を務めた。参加者は ...
認知症の高齢者らが行方不明になった際、特徴などを伝えるメールを市民に配信して捜索に協力してもらう事業や、介護予防教室など両センターの取り組みを紹介するパネル約20枚を展示。骨密度を測ったり、タッチパネルでアルツハイマー型認知症の可能性を簡単に検査でき ...
訪問型サービスA」では、一定の研修を修了した、生活支援ヘルパーが、生活をサポート。「介護予防訪問型サービス」(現行相当サービス)の内容は、現在の訪問介護(ホームヘルプサービス)と同じで、ホームヘルパーが、身体介護と生活援助を行う。 「介護予防通所型サービス」( ...
高齢者がカラオケで歌いながら体を動かし介護予防 | NHKニュース - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年06月21日(水)
お年寄りに楽しみながら介護予防に取り組んでもらおうと、東京・中野区はカラオケの音楽に合わせて歌いながら体を動かす体操教室を始めました。
東京都内の自治体が高齢者の介護予防を目的に、独自の体操の普及に力を入れている。板橋区は2017年度から高齢者がグループを作って体を動かすことを推奨。豊島区も独自の「としまる体操」を広めている。体操をきっかけに地域コミュニティーに参加し、高齢者の生きがい ...
ペットの訪問介護・看護サービス運営管理システムを開発 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月19日(月)
このシステムの活用により、飼い主様と動物看護師のスムーズなマッチングを実現すると共に、今後は、ペットのヘルスケア情報の管理なども随時追加していくなど、ペットと人が共生するために必要な情報の共有と、これらの情報を解析して介護予防のアドバイスを行うなどの ...
第一興商、東京都中野区の介護予防事業を受託 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月18日(日)
東京都中野区は、介護予防事業の充実を図るため、株式会社第一興商(東京都品川区)の開発した「DKエルダーシステム」を活用したプログラムを導入し、健康教室運営を行うこととなりました。現在20箇所で開催されています。介護予防、日常生活支援総合事業において、主に ...
東京都中野区は、介護予防事業の充実を図るため、株式会社第一興商(東京都品川区)の開発した「DKエルダーシステム」を活用したプログラムを導入し、健康教室運営を行うこととなりました。現在20箇所で開催されています。介護予防、日常生活支援総合事業において、主に ...
山陽小野田市介護予防応援隊の養成講座終わる - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月16日(金)
修了式では、市高齢福祉課の吉岡忠司課長が一人一人に修了証書と認定証、認定バッジを手渡し、「高齢化が進む中、地域で実践できる技術を身に付けた皆さんと一緒に活動していけることを楽しみにしている」とあいさつした。 同応援隊は地域での参加呼び掛けや情報収集の ...
介護予防2017年6月6日、静岡県菊川市は、介護予防に関する心がけをホームページで紹介した。「元気な人が介護を必要とする状態にならない」、「介護が必要な人も、 ...
主な調査結果として「本市が優先して取り組むべき高齢者施策」は高齢者一般、高齢者介護予防ともに「訪問介護や通所介護等の介護サービスの充実」が約30%、「特別養護老人ホームやグループホーム等の施設整備」が約20%、そして「往診や訪問看護などの在宅医療の ...
最大手のニチイ学館は、介護・ヘルスケア事業の合計売上高が1474億5100万円(前年同期比0.6%増)、営業利益が116億9100万円(同58.5%増)。そのうち在宅系サービスは介護予防訪問介護、介護予防通所介護の総合事業への移行の影響などで利用者数が減り、23.5億 ...
介護予防を地域で - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月08日(木)
自宅リハ」は介護予防のためのリハビリが必要な高齢者宅を、理学療法士や作業療法士が訪問。転倒予防や介護予防の観点から、生活環境を整えるための技術的な助言のほか福祉用具設置などの指導を行う。自宅環境や高齢者自身の身体の状態に合わせて対応できるのが ...
金ケ崎町社会福祉協議会が2017年度から町の事業所指定を受けて実施する、通所型サービスA(一般型)事業所の開所式は6日、同町西根南花沢の町福祉センターで行われた。町内の介護保険要支援1、2認定者らを対象として原則毎週火曜に同センターで開設。体操や ...
金ケ崎町社会福祉協議会(佐藤惇会長)は6日、同町西根の福祉センター2階に、高齢者の介護予防などを行う通所型サービスA事業所を開所した。 同事業所は、要支援1、2の認定を受けた人や、生活機能が低下するなど事業対象と判断された人が利用できる。週1回、個別に ...
東京・中野区の「音響機器を活用した介護予防事業」を受託 DKエルダーシステムを利用した健康教室を運営 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月03日(土)
株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)の直轄販売事業所である東京支店(東京都中野区)は、本年度に中野区が実施する「音響機器を活用した介護予防事業」を受託し、6月5日より同区の施設20カ所において、生活総合機能改善機器「DKエルダー ...
中央市社会福祉協議会は31日、玉穂総合会館で市内のお年寄りを対象にした「はじめてタブレット体験講座」を開いた。 介護予防事業「健康まなびや」の一環で、市内の60~80代の高齢者20人が参加。タブレット端末を手に、ドコモCS山梨支店と山梨日日新聞社の社員から ...
湖西市社会福祉協議会は高齢者の介護予防に市内33地区で行っている「健康体操教室」の指導者を募集している。現在、市内の指導者は約120人が担っているが、中には高齢などで継続困難な人もいて、徐々に世代交代を要している。現役の指導者は「自分の健康づくりにも ...
あさぎり町では、受講者自身の介護予防や健康づくりおよび地区サロンの理解者を増やす取り組みとして介護予防サポーター養成講座を実施しています。平成23年度から合計303人が受講し、各地区のサロンでご活躍されています。今年度も30人程度を募集しましたがまだ定員 ...
年齢に応じてスタンプの必要数は異なるが、どの年代も介護予防教室か老人クラブ行事のいずれかに1~2回参加することが条件となっている。 応募用紙はホームページからダウンロードできるほか、各市町の高齢福祉担当課や社会福祉協議会、各市町老人クラブ連合会に設置 ...
週イチ倶楽部 だいんだいん」は、NPO法人千厩まちかどケアセンターが運営する小規模多機能型居宅介護施設宅老所せんまやを活動拠点に開設。参加者が介護予防効果が期待できる重りを使った筋力運動「いきいき百歳体操」で体力の向上を図る。 8日に行われた初回の活動 ...
仙台市青葉区高松地区で2~4月、栄養学の視点を生かした介護予防教室が行われた。東北生活文化大家政学部の川俣幸一准教授(スポーツ栄養学)が中心となり、研究を兼ねて実施。運動をした高齢者に軟らかく加工した肉を食べさせ、体力強化との関係を調べた。学生が ...
介護予防に役立ててもらおうと、江東区は独自の体操「KOTO(こうとう)活(い)き粋(いき)体操」を作成した。誰もが覚えやすいように、富岡八幡宮や小名木川など地元の名所にちなんだ動きを盛り込み、盆踊りの「江東水彩音頭」に合わせた体操も考案。DVDを作り、利用を ...
岐路に立つ介護保険 「生みの親」官僚たちの思い - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月25日(火)
介護保険制度が2000年にスタートして17年がたつ。少子高齢化を先読みしたはずの制度が、保険給付は膨らみ続け、要介護度の比較的低い高齢者への予防給付の一部は全国一律から市町村ごとの「介護予防・日常生活支援総合事業」に移った。財政が前面に出て、当初の姿 ...
高齢になると筋力が低下し、転倒する危険性が高くなる。介護認定を受ける要因の約1割が転倒で、寝たきりにつながることが少なくない。2015年度末で65歳以上の人口割合が28・9%だった同市は、筋力アップを図る介護予防運動の普及を進める一方、住民間のつながりを ...
お寺で認知症カフェ 神戸町 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月18日(火)
神戸町は、認知症の人や家族、地域住民が交流する認知症カフェを新たに地域の寺で開く。初回の会が十八日、同町北一色の正覚寺であり、本堂が特設カフェになった。 町の認知症カフェは、同町神戸の介護予防施設「ばらの里」で二〇一五年から月一回開いてきた。地元住民 ...
北陸で介護予防サービスの担い手が多様化してきた。フィットネスジムが健康食を組み合わせたデイサービスを始め、自治会など住民が主体となった取り組みも広がる。4月から要介護度の低い高齢者向けサービスが市町村の事業に移管され、地域に合った工夫が求められる ...
2017年4月スタート、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)とは - All About NEWS (媒体での記事掲載終了) 2017年04月04日(火)
これに伴い、要支援1~2の人を対象に行われてきた「介護予防訪問介護」「介護予防通所介護」は、介護保険から切り離されて総合事業に移管されています。総合事業として行われる「訪問介護サービス」「通所介護サービス」の内容や料金については、市町村の裁量に任されてい ...
昔懐かしい風景写真や古い日用品など博物館の収蔵品をお年寄りに見せて思い出を語ってもらうことで脳を刺激する取り組みが、川崎市市民ミュージアム(中原区)で行われている。高齢化が進む中で認知症の介護予防につなげる目的。ほかの図書館や高齢化福祉施設などと ...