介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
東京、神奈川、千葉、埼玉、山梨の1都4県で要介護認定者は2020年度までの3年で1割増え、約170万人に上る見通しだ。国内でも人口が密集する首都圏では今後高齢化が急速に進む。各自治体は住民の健康増進、医療費の抑制などにつなげるため、介護予防対策を進める ...
サイト内容:介護福祉士・ヘルパー・介護施設の職員などの介護職・事業者・管理者、看護師、ケアマネージャー、機能訓練指導員、社会福祉士、高齢者や要介護者、介護予防などに関わる方などに役立つ医療・福祉・健康・社会問題・リハビリテーション・自立支援などの情報を ...
久野さんの職業は、高齢者を対象に運動を指導する、介護予防トレーナーだ。同業の6人を束ねるベンチャー、be awake社の代表を務める起業家でもあり、神奈川県を中心に年間で延べ6万人のシニアに体操を指導している。そして、そのキャリアを遡れば、ドラマ『ウォーター ...
県と県老人クラブ連合会は12日から、「おおいたアクティブシニア養成講座」を大分市大津町の県総合社会福祉会館で開く。高齢者の受講生を募集している。無料。 地域の担い手となるため、知識や技術を身に付けるのが目的。初日の基礎講座の後▽健康づくり・介護予防▽ ...
介護サービスの保険指定申請の書類を2018年10月から簡素化―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了) 2018年07月03日(火)
(6)【訪問介護、夜間対応型訪問介護、(介護予防)訪問入浴介護、(介護予防)訪問看護、通所介護、(介護予防)認知症対応型通所介護、(介護予防)短期入所生活介護、(介護予防)訪問リハビリ、(介護予防)通所リハビリ、(介護予防)居宅療養管理指導、(介護予防)福祉用具貸与、(介護予防)福祉用具販 ...
東北の自治体で、高齢者が負担する介護保険料の引き上げが相次いでいる。高齢化の進展で介護を必要とする人が増えているためだ。自治体は高齢者の介護予防に力を入れ、「健康寿命」を延ばそうと躍起になっている。保険料引き下げを実現した自治体にその「秘策」を探った ...
東北の自治体で、高齢者が負担する介護保険料の引き上げが相次いでいる。高齢化の進展で介護を必要とする人が増えているためだ。自治体は高齢者の介護予防に力を入れ、「健康寿命」を延ばそうと躍起になっている。保険料引き下げを実現した自治体にその「秘策」を探った ...
高齢者や障害者向けの運動器具として開発されたケアトランポリン。安全性が高くひざへの負担も軽い。上下運動が心身を活性化させるとして、介護予防や要支援と認定された高齢者の機能維持に活用されている。 口の機能、健康のカギ かむ力や飲み込む力、保つには?
東京都練馬区は今年4月から、高齢者が1人で暮らす世帯や高齢者のみの世帯を個別に訪問する事業を始めた。 介護保険を利用している人などを除いたおよそ2万人が対象。地域包括支援センターの職員やボランティアが担い手となり、生活の状況を把握しつつ介護予防の活動 ...
京都府福知山市の市社会福祉協議会(松田規会長)が2年前から取り組む福祉出前講座が、今年度に入って人気を上げている。健康寿命増進の体操やレクリエーションを盛り込む「介護予防講座」を筆頭に選べる18講座があり、いずれも無料。受講団体に合わせて内容を変える ...
老人ホームが買い物支援 民間事業者と地域 課題を共有 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年06月19日(火)
交通手段が乏しく高齢者の買い物が困難になっている問題で、買い物支援を手掛ける民間事業者のうち、福祉施設など非営利団体の参入が広がりを見せている。企業による宅配や買い物代行サービスなどだけでなく、外出を促し介護予防に結び付けるなど、地域に合った ...
介護大手各社の2018年3月期決算出そろう - 日経xTECH (媒体での記事掲載終了) 2018年06月18日(月)
最大手のニチイ学館は、介護・ヘルスケア事業の合計売上高が1511億7600万円(前年同期比2.7%増)、営業利益が145億8500万円(同23.6%増)と増収増益。訪問介護は介護予防訪問介護から総合事業への完全移行に伴い、約300カ所で従前の介護予防訪問介護相当の ...
2017年の介護保険法改正では、自治体の介護予防や自立支援などに対する取り組みや目標設定を制度化し、要介護者らが長期入院する「介護療養病床」施設などの「介護医療院」への転換を促した。18年度は市町村が3年に1度策定する介護保険事業計画の第7期(18~20 ...
そうした中で今、市内で広がりを見せているのが、住民が地域の主役になって助け合い、声掛けをしながら、元気なうちから介護予防に取り組む「介護予防の地域づくり」だ。その内のひとつ「地域介護予防教室」(元気アップ体操)が、現在市内13カ所で開催されている。楽しく、笑い ...
横内地区町内福祉村の活動について、地域包括支援センター「サンレジデンス湘南」(同市田村)の松田容代センター長は「高齢者のボランティアにとって、活動自体が貴重な介護予防になっています」と指摘する。福祉村のボランティア活動では70代以上の活躍が目立つ。
また同荘では介護の魅力を向上させるため、「新3K」として改善介護力、国際介護力、貢献介護力を提唱する。007の取り組みは改善介護力につながり、国際介護力の一環としてEPA介護福祉士候補者(インドネシア)を受け入れ、介護予防サロン、防災など多くの地域貢献活動 ...
同市によると、理学療法士は、高齢者や障害者らの運動機能の維持、回復を支援する専門職。多くの市町は理学療法士が在籍する病院や福祉施設に業務委託し、高齢者の介護予防教室などを実施している。内部に配置することで介護予防事業の企画や運営、検証に直接的に ...
ダンスを通じてまちづくりに取り組む兵庫県加西市の市民グループ「ドゥーイット」は、ヒップホップダンスの動きを取り入れた介護予防の体操「ビーバップリズム」を考案した。メンバーで理学療法士のセリナさん(26)が医学的な視点で監修。6月から無料で教室を開くほか、地域で ...
介護保険料、広がる自治体格差 熊本・南阿蘇村、地震後増え1500円増 長崎・長与町「閉じこもり予防」261円減 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月21日(月)
熊本地震後、介護が必要な高齢者が増える被災地では引き上げが目立つ。一方、介護予防に ... 村の高齢化率は38・8%(3月末)、要介護認定率20・3%(2017年)と、地震前の想定を超えて上昇。17年度の介護給付費は約14億円(推計値)と、15年度より2割増えた。 健康推進課は「 ... 今春、老人ホーム ...
英を参考にした「認知症初期集中支援」の中身はどんなものか? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月21日(月)
世田谷区の高齢福祉部介護予防・地域支援課課長の高橋裕子さん. 写真を拡大. 認知症の症状の出方や進行具合は個人差が大きく、本人はもちろん、家族も不安が尽きない。認知症の兆候のある親が受診や介護サービスを拒絶し、家族が困惑しているという話もよく聞こえてくる ...
英を参考にした「認知症初期集中支援」の中身はどんなものか? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月21日(月)
初年度からモデル事業としてスタートした全国14か所の1つ、東京都世田谷区の高齢福祉部 介護予防・地域支援課課長の高橋裕子さんと、世田谷区に設置されたチームの一員として実際の支援にあたっている、作業療法士の村島久美子さんに詳しく聞いた。 ◇悪化してからでは ...
いちき串木野市で高齢者が週に1回、体を動かして介護予防を目指す「ころばん体操」が広がっている。「転ばない」ための体力づくりだけでなく、高齢者の間に交流のきっかけができることで孤立防止にもつながっているという。 ころばん体操は、同市が厚生労働省の「地域づくり ...
要介護手前「フレイル」 奈良・三郷町と阪大が共同研究 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月14日(月)
同町では高齢者を対象とした介護予防や認知症予防の教室を開催。こうした場に阪大の医師らが訪れ、参加者を対象に体組成計などを用いた計測や問診を実施する。初年度は町内6、7カ所を予定する。阪大側は大学院医学系研究科先進融合医学共同研究講座の萩原圭祐特 ...
継続的な社会参加をはじめとする高齢者の介護予防を推進していけば、介護業界の人手不足を大幅に緩和する効果も見込める −− 。 経済産業省がそんな試算を公表した。 これから生じる介護職員の需給ギャップを、2025年で最大28万人、2035年で最大31万人縮小できると ...
千歳市内の各町内会や老人クラブが自主的に開催する「介護予防サロン」が広がりを見せている。現在までに市内43町内会と2老人クラブがサロン活動を展開。市が推奨し、介護予防を主目的とするサロンには、高齢者の見守りや交流の機会になるなどの副次的効果も生まれて ...
室蘭市が自宅バリアフリー化、本年度も助成 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了) 2018年05月09日(水)
室蘭市は介護予防の一環として、75歳以上の高齢者が暮らす住宅の改修費を補助する事業を2018年度(平成30年度)も実施する。申請件数は年々増加傾向にあり、6年目の本年度は申込窓口を地域包括支援センター... >>続きはこちら. 出典:室蘭民報 更新:2018/05/09.
... らに通報される。 17年度は月400件以上の安否確認が作動、緊急対応の必要だったケースは2件あったという。 また、センターにつながる緊急通報ブザーや家族からの受話、GPS検索の機能をはじめ、介護予防に役立つよう歩数を管理。毎月の距離数のわかるハガキが送付される。これまで1年間で670万歩 ...
介護予防事業への参加率や運動習慣の向上によって要介護認定率が ... - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了) 2018年05月01日(火)
病院経営に携わる関係者向けのブログメディアです。急性期病院の経営コンサルティング会社、グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンが、病院経営の改善、医療の質向上などに役立つ情報を発信します。
2010年、地域福祉の拠点として「こみっと」を開設した。介護予防の機能訓練室、食事サービスの調理室、カラオケや囲碁将棋を楽しむサークル室、婦人会や老人会など各種団体の共同事務所……。社協の菊池まゆみ会長(62)は「ひきこもりとか高齢者とか特定せず、福祉サービスが必要な人に集まってもらう場所にし ...
練馬区、単身高齢者の全戸訪問 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月24日(火)
東京都練馬区は一人暮らしをしている高齢者の自宅への全戸訪問を始めた。高齢者のみで構成する世帯の自宅も対象で、昨年に一部地域で実施したモデル事業を区全域へと広げた。高齢者の生活実態を把握し、介護予防や認知症患者の早期発見につなげる。 対象となる高齢者は約2万人で、すでに介護サー ...