介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
全国老人クラブ連合会(以下、全老連)が主催し、講座の受講を通じて地域での健康リーダーを養成する「介護予防・健康づくり支援事業」。横浜市で初めて鶴見区での開催が決まり、11月7日から4回に渡って独自の講座が開講中。11月30日には一般向けの「ボッチャ体験会」も ...
住民が主体的に介護予防の教室を開く「通いの場」。佐賀中部広域連合は、教室によっては我流になっている運動や参加者の減少などの課題を受け、介護予防の推進員を派遣し、介護予防の効率性や継続性を高めようと取 ... 記事全文を読む ❯ ...
藤沢市が独自基準で行っている高齢者の生活支援「訪問型サービスA」が、スタートして2年。研修を修了した担い手は120人超と着実に増えている一方で、利用者は伸び悩んでいる。市はこの事業を、「介護予防だけでなく、助け合いの地域づくりの一環」と位置付け、アピールに ...
文京学院大学、超高齢社会におけるソーシャルワーカーの役割についてセミナーを開催、地域包括ケアシステムの構築を進めながら組織的にアウトリーチを駆使した ... - マイライフニュース Mylife News Network (媒体での記事掲載終了) 2018年11月07日(水)
地域包括センターでは、社会福祉士・保健師等、主任ケアマネージャーの3つの保健・医療・福祉の専門職が、高齢者が住み慣れた地域で生活できるように介護予防、介護保険サービス、その他の保健福祉サービスなどの相談に応じている」とのこと。「この3つの専門職の連携・協 ...
介護予防―はつらつとした老後をおくるために 「フレイル」予防の生活や栄養改善解説 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月05日(月)
川崎学園(倉敷市松島)が倉敷市と共催する第6回市民公開講座が10月13日、くらしき健康福祉プラザ(同市笹沖)で開かれた。テーマは「介護予防―はつらつとした老後をおくるために」。川崎医療短期大学の小池将文学長らの講師陣が、加齢とともに心身の活力が低下し生活 ...
介護予防でスポーツジムと連携 厚労省、枠組み検討 “通いの場”の強化 ... - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年10月24日(水)
市町村などが地域で開催している高齢者の“通いの場”を強化するため、厚生労働省は民間のスポーツジムやスポーツインストラクターなどの協力が得られる枠組みを検討し ...
介護予防は「プレフレイル」からの取り組みも必要 高齢者の保健と介護予防の一体化、厚労省 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月24日(水)
厚生労働省は24日、「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議」を開催し、次回の取りまとめに向けた総合的な話し合いを行った。委員からは取り組みの主体を国が明確にしないと「譲り合い・押し付け合い」で進まなくなるなどの意見が出された。
政府は10月22日、未来投資会議を開催し、全世代型社会保障へ向けた改革として疾病・介護予防について議論。国民健康保険の「保険者努力支援制度」(保険者が医療費適正化を進める取り組みに対する支援)や、健康保険組合の後期高齢者支援金の加算・減算制度の見直し ...
JAL×「早稲田イーライフ」 介護予防チャーターを企画 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月23日(火)
日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)と、株式会社早稲田エルダリーヘルス事業団(*1)(本社:東京都港区、代表取締役社長:筒井 祐智)の2社は、軽度の介護認定を受けた介護予防に取り組む高齢者の「もう一度旅に出たい」という ...
藤崎町の介護予防ボランティア団体「脳トレ咲楽ん坊(さくらぼう)」(横山恵子会長)が今月から、認知症予防・支援に役立つプログラムを活用した高齢者向けのサロンを藤崎、常盤両地区でそれぞれ月1回のペースで開く。16日は常盤地区で初回のサロンが開かれ、参加したお ...
翌年4月にNPO法人設立認証申請し、8月にNPO法人として同団体が設立された。現在は、医療、介護、法律、仏事、不動産など26事業所が参加。相談窓口を1つにし、各事業者が連携して対応することで、高齢者が安心して老後を暮らしていけるような福祉社会の実現を目指し ...
「寿命と健康寿命の差を限りなく縮める」 政府、介護予防に注力 次世代ヘルスケア展開へ - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了) 2018年10月09日(火)
介護予防・健康づくりの具体策では“次世代ヘルスケア”の確立が目玉だ。AIやロボット、センサー、IoTなどの技術を積極的に使う。ひとりひとりが自身の健康状態をタイムリーに手間なく把握できるようにしたり、生活習慣病やフレイルなどを防ぐよりスマートなソリューションを提供し ...
介護予防従事者研修会が4日、松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館であり、市町の担当者や地域包括支援センター職員ら約75人が、元気な高齢者を増やすための支援の在り方を考えた。 効果的な介護予防の展開を目指す市町の取り組みを後押ししようと、県が毎年 ...
地域包括支援センターは、介護保険法が定める高齢者への総合相談や実態把握、権利擁護などのほか、市実施の介護予防事業援助やケアマネージャーへの指導・助言のほか予防給付のマネジメントを担っている。 これにより市内の地域包括支援センターは、岡本地区センター ...
「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施」 厚労省、医療・介護保険部会へ年内報告を目指す - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月05日(金)
厚生労働省は5日、3回目となる「高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議」を開催した。保健事業のフレイル(虚弱)予防と介護保険の介護予防を一体的に実施する「介護・フレイル予防」の枠組みを具体化するため、9月から有識者会議で話し合いを ...
住生とアクサ、介護関連サービスで提携 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年10月03日(水)
住友生命保険とアクサ生命保険は3日、介護関連サービスを共同開発し、保険契約者向けに提供を目指すことで業務提携したと発表した。介護予防に効果があるプログラムを大学などと連携して作成する方針だ。長寿化を背景に介護関連の需要は高く、保険の販売増加に ...
介護事業のエムダブルエス日高(群馬県高崎市、MWS日高)が今年8月に前橋市内の大型商業施設に開設した、通所型のデイサービス施設が注目を集めている。要支援の高齢者らを対象に、「買い物」を通じて要介護に移行するのを食い止めるのが狙いだ。店内の歩行や会計 ...
<NPOの杜>「男前」に介護予防体操 - 株式会社河北新報社 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年10月01日(月)
加齢や運動不足によって足腰の筋力やバランス力が低下して起こるロコモティブシンドローム(運動器症候群)。国は、これを予防することで、年々膨らむ医療費を年間約5000億円も削減できると試算しています。全国の自治体も、元気な高齢者を増やして生涯現役社会を実現 ...
高齢者に交通安全呼び掛け 三田署などが教室 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年09月30日(日)
高齢者を対象にした交通安全教室がこのほど、兵庫県三田市川除の市総合福祉保健センターであった。お年寄り58人を前に、三田署交通課の向井延年警部補(55)が講演したほか、県警音楽隊が華やかなマーチングを披露した。 市社会福祉協議会が行う介護予防事業「高齢 ...
来週10月1日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。10月2日(火)時間未定 閣議10月3日(水)14:00-16:00 第16回社会保障審議会 介護給付費分科会 介護報酬改定検証・研究委員会10月5日(金)10:00-12:00 第3回高齢者の保健事業と介護予防 ...
オープンイノベーションによるICT活用対話型AIロボットを活用した高齢者の健康増進サポート長谷工とハタプロが共同で最適な食事や健康等の情報提供の実証実施 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2018年09月27日(木)
超高齢化社会を迎えるなか、健康寿命の重要性に対する認識の高まりから、長谷工シニアが運営する高齢者住宅において、コミュニケーションロボットを活用した介護予防体操(ゆうゆう体操)の普及を行っています。加えて2018 年5 月より自立型の有料老人ホームにて、入居者 ...
オープンイノベーションによるICT活用対話型AIロボットを活用した高齢者の健康増進サポート長谷工とハタプロが共同で最適な食事や健康等の情報提供の実証実施 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2018年09月27日(木)
超高齢化社会を迎えるなか、健康寿命の重要性に対する認識の高まりから、長谷工シニアが運営する高齢者住宅において、コミュニケーションロボットを活用した介護予防体操(ゆうゆう体操)の普及を行っています。加えて2018 年5 月より自立型の有料老人ホームにて、入居者 ...
社会福祉法人長岡京せいしん会は10月1日から、介護予防型通所施設「ぷらっと天神の杜(もり)」を京都府長岡京市開田3丁目に開設する。同市と連携した初の施設で、生活機能や認知機能向上のためのサービスを提供する。 国が2017年度に要介護1と2の人の介護予防・ ...
ポンとひらめき、カンさえる? 高齢者、卓上熱く「ロン」 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了) 2018年09月25日(火)
高齢者に生きがいづくりの場を提供しようと、仙台市泉区老人クラブ連合会(松坂尚会長)が高齢者を対象にした健康マージャン大会を泉社会福祉センターで初めて開催した。指先を動かし、脳を活性化させることで介護予防につなげる狙いもある。大会では区内の33老人クラブの ...
保健指導と介護予防、健康寿命延伸へ一体的実施 厚労省方針、関連法改正も視野 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年09月17日(月)
厚生労働省が高齢者の保健事業と介護予防を一体的に実施する方針を固めたことが17日、分かった。健康な状態から要介護に至る中間的な状態は医療保険で、介護予防は介護保険で別々に行われているが、これらを一体的に実施し、保健師らが高齢者に効率的に接触する ...
お年寄りも食べやすい料理「ケアごはん」の調理実演と試食では、中央調理製菓専門学校静岡校(同市葵区)の調理師らが野菜を下ゆでしたり、小さく切ったりして工夫したメニューを来場者に紹介した。16日は午前10時~午後4時半。介護予防に取り組む「ごぼう先生の健康 ...
100歳以上の増加について、県高齢福祉保険課の佐藤剛グループマネージャーは「医療技術の進歩に加えて、介護予防や健康づくりなど、平均寿命延伸への取り組みが浸透してきたのではないか」と分析している。 青森県の人口10万人当たりの100歳以上の割合は46.4人(前 ...
2部では当事者と支援者が、それぞれの立場から「認知症と共によりよく生きるためにどうすればよいか」などを語る。そのほか青葉公会堂内1階ロビーでは認知症カフェやパネル展、市民が介護予防活動ができる場の紹介コーナーも。(問)区高齢・障害支援課【電話】045・978・ ...
厚生労働省は2017年度の介護給付費等実態調査で、1年間に介護サービスを受けた人の総数が対前年度比で9万6000人(1・6%)減って604万1200人になったと、4日までに発表しました。15年度の介護保険法改定で、「介護予防給付サービス」の対象だった要支援者を ...
高齢者らの移動支援、福祉タクシー出発 各務原 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年09月03日(月)
介護予防教室、ショッピングセンターに通う高齢者のタクシー代を行政と自治会が補助する事業が、各務原市で進められている。三日には、同市鵜沼丸子町で「丸子町福祉タクシー」がスタート。県内では先駆的な取り組みで、高齢者の健康維持や社会参加、運転免許証の自主 ...