介護関連ニュース 検索結果

「介護予防」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
初年度からモデル事業としてスタートした全国14か所の1つ、東京都世田谷区の高齢福祉部 介護予防・地域支援課課長の高橋裕子さんと、世田谷区に設置されたチームの一員として実際の支援にあたっている、作業療法士の村島久美子さんに詳しく聞いた。 ◇悪化してからでは ...
いちき串木野市で高齢者が週に1回、体を動かして介護予防を目指す「ころばん体操」が広がっている。「転ばない」ための体力づくりだけでなく、高齢者の間に交流のきっかけができることで孤立防止にもつながっているという。 ころばん体操は、同市が厚生労働省の「地域づくり ...
要介護手前「フレイル」 奈良・三郷町と阪大が共同研究 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月14日(月)
同町では高齢者を対象とした介護予防や認知症予防の教室を開催。こうした場に阪大の医師らが訪れ、参加者を対象に体組成計などを用いた計測や問診を実施する。初年度は町内6、7カ所を予定する。阪大側は大学院医学系研究科先進融合医学共同研究講座の萩原圭祐特 ...
継続的な社会参加をはじめとする高齢者の介護予防を推進していけば、介護業界の人手不足を大幅に緩和する効果も見込める −− 。 経済産業省がそんな試算を公表した。 これから生じる介護職員の需給ギャップを、2025年で最大28万人、2035年で最大31万人縮小できると ...
千歳市内の各町内会や老人クラブが自主的に開催する「介護予防サロン」が広がりを見せている。現在までに市内43町内会と2老人クラブがサロン活動を展開。市が推奨し、介護予防を主目的とするサロンには、高齢者の見守りや交流の機会になるなどの副次的効果も生まれて ...
室蘭市が自宅バリアフリー化、本年度も助成 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了) 2018年05月09日(水)
室蘭市は介護予防の一環として、75歳以上の高齢者が暮らす住宅の改修費を補助する事業を2018年度(平成30年度)も実施する。申請件数は年々増加傾向にあり、6年目の本年度は申込窓口を地域包括支援センター... >>続きはこちら. 出典:室蘭民報 更新:2018/05/09.
... らに通報される。 17年度は月400件以上の安否確認が作動、緊急対応の必要だったケースは2件あったという。 また、センターにつながる緊急通報ブザーや家族からの受話、GPS検索の機能をはじめ、介護予防に役立つよう歩数を管理。毎月の距離数のわかるハガキが送付される。これまで1年間で670万歩 ...
病院経営に携わる関係者向けのブログメディアです。急性期病院の経営コンサルティング会社、グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンが、病院経営の改善、医療の質向上などに役立つ情報を発信します。
2010年、地域福祉の拠点として「こみっと」を開設した。介護予防の機能訓練室、食事サービスの調理室、カラオケや囲碁将棋を楽しむサークル室、婦人会や老人会など各種団体の共同事務所……。社協の菊池まゆみ会長(62)は「ひきこもりとか高齢者とか特定せず、福祉サービスが必要な人に集まってもらう場所にし ...
練馬区、単身高齢者の全戸訪問 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月24日(火)
東京都練馬区は一人暮らしをしている高齢者の自宅への全戸訪問を始めた。高齢者のみで構成する世帯の自宅も対象で、昨年に一部地域で実施したモデル事業を区全域へと広げた。高齢者の生活実態を把握し、介護予防や認知症患者の早期発見につなげる。 対象となる高齢者は約2万人で、すでに介護サー ...
静岡市地域リハビリテーション推進センターの専門職3人がこのほど、脳活性に重点を置いた介護予防体操「しぞ~か ちゃきちゃき体操」を考案し、DVD化した。考案者の作業療法士丸山光夫さんは「映像を見れば指導者がいなくても取り組める。自宅でも挑戦してほしい」と活用を呼び掛けている。 体操は指、口、手足を同時 ...
東京都練馬区、単身高齢者を全戸訪問 介護予防狙う :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月23日(月)
東京都練馬区は一人暮らしをしている高齢者の自宅への全戸訪問を始めた。高齢者のみで構成する世帯の自宅も対象で、昨年に一部地域で実施したモデル事業を区全域へと広げた。高齢者の生活実態を把握し、介護予防や.
18~20年度の介護保険料、新潟県内3.7%増 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年04月16日(月)
高齢者の割合が県内でも高く、介護施設や療養病床に入る人の増加を見込む。 最も低かったのは湯沢町の5200円。湯沢町は2期連続で県内最低だった。県によると町全体で介護予防に力を入れており、要介護認定が比較的少ないことが影響しているようだ。 介護保険料の ...
熊本地震後、被災地で開かれた介護予防教室に参加した高齢者は、運動機能などに著しい低下が見られなかったことが分かった。日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の研究員が3月30日、熊本市中央区の県医師会...​. 続きを読む. 平成28年熊本地震の最新ニュース. 東海大生ら黒川地区巡る催し ...
佐賀県は高齢者福祉や介護保険事業支援に関する「さがゴールドプラン21」の第7期計画(2018~20年度)を策定した。全ての高齢者が住み慣れた地域で安心して生活し、活躍する地域包括ケアシステムの実現を目指し、自立支援や介護予防の推進に加え、医療・介護の人材確保や連携強化へ重点的に取り ...
認知症予防の正しい知識を兵庫県は3月23日、「認知症予防・介護予防リーフレット」を作成したと発表した。認知症の予防に関する情報などを掲載したA4サイズ・4ページの冊子で、発行部数は5万部。認知症対策で最も大切とされている早期受診の必要性を広め、認知症予…
介護保険料、自治体で差じわり - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月22日(木)
二つ目は低所得の高齢者が多いことだ。市によれば高齢者のほぼ半数が住民税非課税世帯。保険料を軽減される対象が多く、必要な保険料収入を賄うため基準額を高くせざるを得ない。 市介護保険課の担当者は「他都市と比較して高いことは認識している。介護予防などに取り組み、引き続き国に公費負担割合の ...
介護・福祉サービスを提供するプレミア・ケア(東京都千代田区)と一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック、大阪市城東区)は、ダンスを通じて高齢者の運動機能などをサポートする「ダンス介護予防指導士」の資格制度を4月からスタートさせる。東京に資格取得を目指すための養成スクールを開講する。音 ...
ロボットによる介護予防体操アプリを23施設の老人ホームに導入した結果、体操への参加率増加したと言う。入居者へのアンケートでわかり、今年の初めに発表したもの。 この介護予防体操アプリを開発したのは、長谷工シニアホールディングスと長谷工アネシス。この体操は、健康寿命を延ばすことを目的として、同グ ...
詳細を集計中だが、各県市区町村によるご当地体操は、少なくとも3分の1の自治体にあるという。主な対象は「すべての世代」と「高齢者」で9割以上。財団の調査担当者は「基本的には地域のみなさんを対象に、手軽に運動していただくことが目的なのでしょうが、高齢者が増える中、介護予防への危機感が背景に ...
新規指定. 平成30年4月1日以降、あさぎり町の介護予防・日常生活支援総合事業の「第1号事業」を開始しようとする事業者は、開始しようとする2ヶ月前の末日までに町へ「新規指定申請書類一式」を提出してください。 ※従前の「みなし事業所」も平成30年4月1日以降、本町で事業を開始もしくは、指定を希望する場合 ...
「音ゲー」介護予防効果は? 福祉施設で検証へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月12日(月)
音楽に合わせて体を動かすゲームを介護予防に取り入れる事業を愛知県一宮市が始める。ゲームセンターにあるアーケードゲーム機を置いた介護予防交流スペースを福祉施設に設け、「音ゲー」による介護予防効果を検証する。 目指せ介護予防! 奈良で広がる「通いの場」. ゲーム機を導入するのは、福祉施 ...
上伊那口腔保健センターと上伊那歯科医師会は10日、シンポジウム「口腔機能の向上による介護予防~地域包括ケアシステム構築に向けた、歯科からの提言」を宮田村民会館で開いた。歯科医師やケアマネジャー、行政関係者ら約100人が参加。基調講演とパネル討論で、介護予防の手法の一つとして取り ...
西川ヘレンさん「自暴自棄にもなったが…」 京都で介護体験語る - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月09日(金)
介護予防や家族介護のあり方を考える講演会「とかく介護は◯◯◯しだい」が8日、京都府長岡京市神足2丁目のバンビオ1番館であった。タレントの西川ヘレンさんらが体験談などを話し、市民らが耳を傾けた。 市と長岡記念財団、市老人クラブ連合会が認知症市民公開講座と健康長寿のつどいの一環で初めて企画し ...
『ダンス介護予防指導士』の資格認定制度スタート 日本の介護職員の人手不足の打開と活性化に繋げる - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年03月07日(水)
エンタメ福祉事業を行っている株式会社プレミア・ケア(東京都千代田区、代表取締役:関根 浩)と、文部科学省・厚生労働省・スポーツ庁後援のダンス研修会を全国各地で開催し、指導者養成を行っている一般社団法人ダンス教育振興連盟JDAC(ジェイダック)は、2018年より新たに『JDACダンス介護予防指導士』という ...
高齢者支える地域包括ケア、埼玉県全域に整備へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月05日(月)
傍聴していたのは、地元の介護事業所の職員と、他市町村の地域包括ケアの担当者だった。 川島町健康福祉課の三角和徳主査は、地域ケア会議によって「開かれた会議でノウハウを共有でき、地域の高齢者に関する課題を具体的に知ることもできる」と成果を話す。 県のモデル事業では、このほかに介護予防の ...
介護はみんなで支える 穴水でボランティアら会合 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月23日(金)
介護予防や要支援の高齢者に地域ごとのサービスを提供する「介護予防・日常生活支援総合事業」の説明会が二十三日、穴水町甲の兜(かぶと)公民館であった。 兜地区のボランティアら約五十人が出席し、支え合いの体制づくりを話し合った。 介護予防・日常生活支援総合事業では、介護保険でまかなわれ ...
マイドームおおさか(大阪市中央区本町橋2)で2月28日、高齢者支援に取り組む団体と社会人ボランティアが集う「大阪ええまちプロジェクト大交流会」が開催される。主催は大阪府。 地域団体と社会人ボランティア「プロボノワーカー」の集合写真 「大阪ええまちプロジェクト」は、大阪の高齢者の介護予防・生活支援に ...
静岡市が普及を目指す介護予防体操「しぞ~かでん伝体操」に取り組むグループを表彰するチャレンジコンテスト表彰式(市、しぞ~かでん伝体操市民の会主催)が9日、同市葵区の市民文化会館で開かれた。 でん伝体操は、重りを手足に着けてゆっくり行う体操。活動拠点は2017年末時点で市内107カ所に上る ...
18年度に2件着工/18年度予算案は約9億円/渋谷区の福祉複合施設 - 日刊建設通信新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月06日(火)
施設規模はS一部RC造地下1階地上10階建て延べ7020㎡。12月に着工し、21年1月の完成を目指す。総和技術研究所が設計を担当している。 特別養護老人ホームと介護予防事業のための多目的ホール、地域包括支援センターなどで構成する。 恵比寿西二丁目複合施設は、恵比寿西2-13-4ほかの敷地 ...