介護関連ニュース 検索結果

「リハビリ」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
【関連記事】. 小室哲哉“不倫”疑惑会見へ 岡野あつこ「介護は同胞意識が芽生えやすい」dot. 小室「疲れて」と吐露 KEIKOのリハビリは漢字ドリルdot. 小室引退「大人の女性の会話は困難」KEIKOを襲ったくも膜下出血 後遺症の現実dot. 小室哲哉が『徹子の部屋』に出演、妻・KEIKOの肉声も公開「徹子さ ...
1168号 - 週刊金曜日 2018年01月18日(木)
今年3月介護療養病床が廃止されます。医療保険と介護保険も適用されるので介護保険支出抑制のため、介護老人保健施設(老健)等に移すのが目的と言われます。 老健は、リハビリを必要とする要介護1以上の高齢者の施設です。在宅復帰を目的とする中間施設で3カ月の短期入所が基本です。特別養護老人 ...
【新刊】『認知症にならない「脳活性ノート」』~物忘れ外来で生まれた“書く ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年01月17日(水)
株式会社マキノ出版(東京都文京区)は、『認知症にならない「脳活性ノート」』~物忘れ外来で生まれた“書くリハビリ”~(石井 映幸 著)を2018年1月17日(水)…
【新刊】『認知症にならない「脳活性ノート」』~物忘れ外来で生まれた“書くリハビリ”~1月17日刊行 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2018年01月17日(水)
株式会社マキノ出版(東京都文京区)は、『認知症にならない「脳活性ノート」』~物忘れ外来で生まれた“書くリハビリ”~(石井 映幸 著)を2018年1月17日(水)に刊行いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/146805/LL_img_146805_1.jpg 表紙. 【本書について】 2013年に発表され ...
車いす、選んで快適に 専門家「関心持ち 相談を」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年01月15日(月)
歩けなくなっても生活は楽しめますよ」。二〇一七年十一月。神奈川県平塚市で介護関係者らに講演した佐賀大医学部の松尾清美准教授(リハビリテーション工学)は、福祉機器の手助けで高齢者らの生活の幅がどれだけ広がるか、幾つもの実例を紹介した。強調した一つが車いすの大切さ。自身は大学生の時の ...
杉田かおる、母親が亡くなったことを報告 母親の介護に専念し女優業をセーブ - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月15日(月)
在宅介護から施設での介護に切り替えた昨年12月21日の記事では、入退院をくりかえしながらも自宅で介護を続けてきたことを振り返りつつ、「母が、自宅で倒れて肺気腫と診断されて20年。意識不明になって緊急入院したのが4年と四ヶ月前。」「今回呼吸器リハビリを受けるために自宅から離れた病院で治療していたこ ...
在宅介護から施設での介護に切り替えた昨年12月21日の記事では、入退院をくりかえしながらも自宅で介護を続けてきたことを振り返りつつ、「母が、自宅で倒れて肺気腫と診断されて20年。意識不明になって緊急入院したのが4年と四ヶ月前。」「今回呼吸器リハビリを受けるために自宅から離れた病院で治療していたこ ...
高齢者福祉 東北の現場>青森 自立支援にロボ活用 3割近い利用者の要介護度改善. さまざまな機器を使い、リハビリに取り組む「ほほえみ三戸」の利用者=青森県三戸町. 青森県三戸町の老人保健施設「ほほえみ三戸」はロボットを活用する先進施設として全国に知られる。 施設1階の機能訓練室にさま ...
現行では、予防通所介護等の事業所評価加算や老健における在宅復帰率の評価、訪問・通所リハビリの社会参加支援加算などがあります。しかし、心身機能の維持・向上を要介護度以外の客観的スケールで評価するのは初のケースといえます。 確かに、自立支援・重度化防止という方針の中で、サービスの ...
「無診察リハ」で2年分の診療報酬を自主返還 - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2018年01月09日(火)
A整形外科医院は、地方都市の旧市街地に現院長が約30年前に開業した無床診療所です。15年前に医療法人化し、A院長が理事長に就任しました。約80坪の院内は、中央の待合室を挟んで右側に受付事務室、診察室、処置室、レントゲン室が並び、左側に広いリハビリ室が配置。バリアフリーが徹底され、高齢者 ...
介護疲れ防ぐ、レスパイト入院 育生会横浜病院 スカイビル調剤薬局 運動器リハビリテーション 肺がん治療機能を強化 新院長に上田佐野香医師 「脳ドック」のススメ 自由な ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月02日(火)
急性期医療を終えた後、すぐに在宅や施設へ移行するのには不安のある人に対し、医学的管理、看護、リハビリなどを行い、自宅や居住系介護施設などへの復帰に向けた準備を行う地域包括病床を開設している狩場町の育生会横浜病院では、在宅で療養している患者の家族を支える体制を整えている。 そのひと ...
2016年7月1日時点で、▽7対1病床は36万9219床▽10対1病床は17万2574床▽地域包括ケア病床は4万5541床▽回復期リハビリ病床は7万9030床▽療養病床は22万1514床—となっており、もっとも手厚い看護配置を行う急性期対応の7対1病床数がもっとも多くなっています(一般病床89万1492床の41.4%)。今後 ...
古民家改装、地域の福祉拠点に 京都・与謝野、朝カフェも - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月29日(金)
体が動くようになっても行く場所がないお年寄りも多い。施設でのリハビリには限界があると感じた」と話す。施設とは違う切り口で関われないかと、独居高齢者も増える明石地区に地域福祉の拠点を作ることにした。 改装に当たって府が進める「京都ちーびず(地域力ビジネス)」の助成金を活用。宮津町家再生ネットワーク ...
車いすに関心が深いクラーク病院(札幌市)リハビリテーションセンター長の桂律也医師は「車いすが必要な高齢者は座る筋力も衰えていることが多く、車いすが快適でないと寝ている時間が延び、寝たきりにつながりやすくなる。重要な問題だが医療者の関心は高いとは言えない」と話す。 そこで、職種を超え車いす ...
【エンタがビタミン 】杉田かおる、在宅介護をしていた母親の施設入居を報告「苦渋の決断でした」 - インフォシーク (媒体での記事掲載終了) 2017年12月23日(土)
しかし21日の『杉田かおる オフィシャルブログ』によると、家族や主治医、病院関係者と相談のうえ治療と呼吸器リハビリで2か月間入院していた病院の隣にある施設に、母親を入居させる決断をしたという。実はこの入院前、杉田はブログで「心身ともに限界です」と在宅で介護を続けることに弱音を吐き、自分の不甲斐なさを責め ...
国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)情報・人間工学領域【領域長 関口 智嗣】は、茨城県立医療大学と、リハビリテーション・介護・医学系研究分野における連携・協力の推進に関する協定を平成29年12月21日に締結しました。 この協定は、両者の連携・協力を推 ...
2010年から本格的に介護事業に参入し「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」のフランチャイズ事業をスタート。2016年からは「ブリッジライフ」のフランチャイズ事業をスタートし、着々と事業拡大を進め現在、全国に130以上の事業所を展開。 半日型のデイサービス「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」においては、「寝たきりになりたくない」「自 ...
介護施設でリハビリの日々…“爆撃機”ゲルト・ミュラー氏の現在とは - サッカーキング (媒体での記事掲載終了) 2017年12月21日(木)
抜群のポジショニングと驚異的な決定力の高さで得点を量産し、“爆撃機”の異名を取った元ドイツ代表のゲルト・ミュラー氏。アルツハイマー型認知症を発症したこともあって、近年は公の場に姿を見せることはなくなったが、伝説のストライカーは介護施設で積極的にリハビリに励んでいるという。19日付のドイツ紙『ビルト』が伝えた ...
講話や体験を通して認知症への理解を深める「介護予防フェスティバルin北茨城」が10日、同市磯原町の市民ふれあいセンターで開かれ、市民ら約150人が詰め掛けた。県理学療法士会(斉藤秀之会長)主催。 同会では、市民の介護予防に対する意識付け… 有料サイトで御覧になれます; 携帯課金版 ...
ゾウの「ラージャ」天国へ 豊橋、急死「マーラ」の弟|静岡新聞アットエス - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月15日(金)
寝たきり状態ながら懸命にリハビリを続け今年8月に5歳11カ月で急死した豊橋総合動植物公園のんほいパーク(豊橋市)の雌のアジアゾウ「マーラ」の弟「ラージャ」(雄、…
難聴支援機器のユニバーサル・サウンドが最優秀賞 - 日本経済新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月14日(木)
ユニバーサル・サウンドは年末拡大版で最も高い評価を受け、モーニングピッチの今年を代表するスタートアップとなった。同社は12年4月の設立で、難聴者向けの対話支援機器「comuoon(コミューン)」を開発・販売し、現在7000台が利用されている。広島大学の聴覚リハビリテーショングループとも連携し、高齢者が補聴 ...
認知症と診断されても、その段階ではまだ自身でできることは沢山残っていることでしょう。認知症の進行予防において、家庭内で本人の役割や出番を作って、前向きに日常生活を送ることは大切なことです。アルツハイマー型認知症の治療には、書き取りやドリルなどの認知リハビリテーションのみではなく、昔の出来ことを思 ...
介護・リハビリ職における採用成功のポイントについて、戸田中央医科 ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月12日(火)
ファーストコネクトのプレスリリース(2017年12月12日 10時10分)介護・リハビリ職における採用成功のポイントについて、戸田中央医科グループにて弊社代表が講演しました。
介護保険改正 自立支援強化の名目で終の棲家が地獄に - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月09日(土)
ただでさえ人手不足でリハビリ専門の職員を雇う余裕はないから、一般の介護スタッフが運動療法的なことの講習会に出席させられたりする。その成果を報告するための書類作りも必要となるでしょう。給料が上がらずに負担を押し付けられて、スタッフの定着率が下がることも考えられる。ケアの質の低下につながり、結局は利 ...
以前は町長の言葉が絶対だった時代、鞍手に住むこの町長が時代に遅れてしまっていたのでしょうが、せっかくの町の一つの財産が消えようとしています。 ただこの政治家問題とは別に、正直一般病棟100床、包括ケア病棟22床、回復期リハビリテーション病棟60床、療養型病棟40床、老健施設60床を有するケアミッ ...
ただ、私はこの夏、股関節の手術をし、リハビリに励んできましたが、病院に行くと、マッサージ目的の高齢者がたくさん来ている現実があります。最大の失敗は、老人医療費を無料化したことでしょう(老人福祉法改正で1973年から開始、1983年の老人保健法成立で廃止)。無料だったら誰もがいい加減に医療を使ってしま ...
自立支援の介護に報酬を上乗せ - ロイター (媒体での記事掲載終了) 2017年12月06日(水)
厚生労働省は6日、来年4月の介護報酬改定の報告書案をまとめた。介護サービス事業所が医師やリハビリ職と連携して自立支援に取り組んだ際の報酬を手厚くするほか、通所介護(デイサービス)の評価に、心身機能改善の成果を反映させることが柱。高齢者の自立を促し、費用を抑制する狙い。 一方、大規模な通所 ...
介護報酬改定で自立支援の報酬加算を 厚労省の審議会 - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年12月06日(水)
この中では、高齢者の自立支援や重度化を防ぐための訓練を進めるため、介護施設がリハビリの専門職を呼んで体の機能を改善する訓練を実施した場合や、デイサービスで、利用者が日常の食事や入浴などを手助け無しで行えるようになった場合に新たに報酬を加算するとしています。 また、医療と介護が連携して高 ...
たとえば、筋力トレーニングや通常よりも強い負荷をかけたリハビリに3カ月取り組んでもらい、身体機能を向上させて自立を促す「パワーアップPLUS教室」を開催しているほか、引きこもりがちな高齢者に外出の機会を与える「集いの場」も提供している。 本では支援事例やケアプランの作成方法、介護保険料の内訳、同市の福 ...
「口から食べる」を支援 半分は分譲マンションに 新たな産業拠点創出へ コンビニスタッフお手柄 想いつなぐイルミ点灯 市内2校から全国へ 昔の暮らし伝える紙芝居 まちの ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月30日(木)
この日は医師や看護師、ケアマネージャーなどの医療従事者や元患者、家族など160人が出席。「リハビリ医からみた幸せな食事」や「暮らしの中で行う摂食訓練」の講演が行われた。 また、脳幹部小脳梗塞で嚥下障害を患い、14年に同院に嚥下リハビリ入院した八王子市在住の宮城忠好さんと妻の文子さんが ...