介護関連ニュース 検索結果

「リハビリ」に一致した記事 (999件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
すし店チェーン「うまい鮨(すし)勘」の運営会社を傘下に持つウエノホールディングス(仙台市)は介護事業に参入した。家族の介護などですし店の従業員が離職するのを防ぐのが目的で、宮城県を中心に約30店あるすし店の近くにリハビリ施設を展開する方針だ。高齢化が著しい ...
老いる中国で介護ロボ 安川電機と美的集団 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月25日(木)
産業用ロボット大手の安川電機は中国家電大手、美的集団(広東省)と中国で介護やリハビリ用ロボットの生産・販売に乗り出す。安川が持つロボットの制御技術と美的の販路を持ち寄って開発し、2019年までに10~15機種を発売する。中国は25年に65歳以上の人口が2億人を ...
私の介護保険の認定は、一番軽い「要支援1」です。2年前に大腸がんになり、入院先で認定されたときは一番重い「要介護5」でした。リハビリを頑張ったせいか、昨年度に要支援1まで下がりました。 今は病院に近い事業所で通所リハビリを受けています。送り迎えもあり、週1回で ...
リハビリテーションが必要になるのは、当然ながら高齢者だけに限りません。病気や怪我によってこれまで有していた機能が一時的または半永久的に不良となり、それを回復させるために行う必要が生じます。ここでは高齢者が寝たきりになる原因として多い、骨折を例に考えてみ ...
リハビリ難民」の救世主となるか 自費リハビリの可能性 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年05月19日(金)
リハビリ難民が溢れ、寝たきりの高齢者が増加する。そんな状況は誰も希望しない。 わが国でリハビリの需要は急増する。ところが、リハビリの提供体制は脆弱だ。どうすれば、リハビリを受けることができるか、お上頼みではなく、社会で議論し、新しい仕組みを作っていかなければ ...
中国家電大手の美的集団は安川電機と共同開発した医療・介護機器を、5月末に中国市場に投入する。まず足のリハビリ支援装置など4製品を順次投入する。安川の技術をもとに、美的のデザインや部材調達力を活用し、現地ニーズに応じた価格競争力の高い製品を開発する。
健康なうちから気を付ければ将来の認知症を予防できるかもしれない。星城大学リハビリテーション学部教授の竹田徳則さんらの研究チームは2003年から2008年の5年間、65歳以上の高齢者を対象に認知症のリスクを調査し、その結果から2016年、認知症リスクのチェック ...
健康なうちから気を付ければ将来の認知症を予防できるかもしれない。星城大学リハビリテーション学部教授の竹田徳則さんらの研究チームは2003年から2008年の5 ...
長期入院減らし、在宅加速へ=25年の地域医療構想-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月10日(水)
15年度より長期療養向けベッドが減る見通しの区域は、訪問診療や介護サービスの充実など、退院した高齢患者の受け皿整備を急ぐ計画を立てている。救急医療や ... 一方、リハビリ患者らが入る「回復期病床」は、高齢者のニーズが高まるため、336区域で増加。増加分は、 ...
25年、入院ベッド1割減=高齢者の在宅医療促進-地域構想集計 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月09日(火)
病床は(1)救急医療や先進医療を担う「高度急性期」と「急性期」(2)リハビリなどで使用する「回復期」(3)長期療養の患者が使用する「慢性期」-の3機能に分けられる。それぞれの医療構想を見ると、高度急性期と急性期、慢性期を減らし、回復期を増やす自治体が多い。
by ボバ (老健にて通所リハビリ管理者を7年、のち支援相談員、ケアマネ、事務長を経験。現在は介護業界に身を置きながら、コラム執筆などを行っている。介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員) 2017-05-08. ツイート ...
地域医療構想 「在宅」中心へ整備を急げ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月07日(日)
病床は機能で四つに分類される。このうち、救急医療を担う「高度急性期」と「急性期」、長期療養の高齢者などが入る「慢性期」を減らす地域が多い。一方、在宅復帰を目指す高齢者のリハビリを担う「回復期」は増える。 その結果、首都圏などを除き、九州7県を含む41道府県が ...
ひで子さんが在宅で介護を受けるようになったのは平成26年9月の骨折がきっかけだ。当初は自宅近くの病院に入院した。しかし、10日を過ぎた頃、せん妄(幻覚や錯覚をみる状態)の症状が出たことに加えて、リハビリの実施もないようなので、自宅での介護を決めた。「在宅を ...
ケアプランを決めるときは、 介護側の希望と事情を必ず言う - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
(c)清水貴子橋中今日子(はしなか・きょうこ)理学療法士。リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学や ...
医療と介護 報酬同時改定向け本格的議論を開始 厚労省 - NHK (媒体での記事掲載終了) 2017年04月26日(水)
これに合わせて、厚生労働省は介護と医療の連携について話し合う専門家会議を立ち上げて、26日から本格的な議論を始めました。具体的には、医療機関だけではなく、住み慣れた自宅や介護施設などで最期を迎えられるよう「みとり」を促進することや、リハビリなどを通じて ...
介護認定 自立と逆行 過保護、高齢者のため? - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月25日(火)
介護保険法の目的だ。ところが現場では逆行することが起きていた。40代の女性ケアマネジャーが、取材班に打ち明けてくれた。 「私はある高齢者のケアプラン作りをしていました。この方、リハビリを頑張って機能が回復したんです。要介護度が下げられると思いました。介護保険 ...
同社は看護やリハビリなどのサービスも提供でき、介護士に加えてケアマネージャー、看護師、理学療法士が情報を共有しながら同じ被介護者を担当するケースが多くある。急を要するような体調変化の報告が介護士から上がれば、投稿を見た担当の看護師がいち早く被介護者 ...
支援受けられない危惧も 「自立」促す介護保険法改正案 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月18日(火)
ただ、自宅の掃除や買い物には不自由し、たびたびケアマネジャーに生活援助のヘルパー派遣を頼んだ。しかし、ケアマネからは「買い物に行けるようにリハビリ ... 全国には、徹底した生活管理を基本とするこの理念の実践で、入居者の「おむつゼロ」を目指す特別養護老人ホームも多い。 さらに、今回の法案で ...
地域包括ケアシステムが始まって、1年が過ぎました。この制度は、高齢者や障がいのある方をはじめ、誰もが住み慣れた地域や自らが望む場で暮らし続けることができるよう、地域において「介護・リハビリテーション」「医療・看護」「保健・予防」「福祉・生活支援」などの必要な ...
トヨタ、初の医療・介護ロボ商用化 9月からリハビリ支援用レンタル - ITmedia エグゼクティブ (媒体での記事掲載終了) 2017年04月13日(木)
トヨタ自動車は12日、下半身まひのリハビリを支援するロボットを商用化すると発表した。医療機関へのレンタルを9月に始める。トヨタが医療・介護用のロボットを実用化するのは初めて。自動車で培ったセンサーやモーター技術を応用展開することで、産業用から愛玩用まで幅広い ...
トヨタ、初の医療・介護ロボ商用化 9月からリハビリ支援用レンタル (1/2ページ) - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年04月12日(水)
トヨタ自動車は12日、下半身まひのリハビリを支援するロボットを商用化すると発表した。医療機関へのレンタルを9月に始める。トヨタが医療・介護用のロボットを実用化するのは初めて。自動車で培ったセンサーやモーター技術を応用展開することで、産業用から愛玩用まで幅広い ...
高齢者が退院した後も、寝たきりにさせない、関節を拘縮させない、認知症を進ませない、といったケアを継続しなくてはなりません。例えば、本来であれば、病院から胃ろうが入った状態で出てきた人であっても、きちんと嚥下リハビリと通常のリハビリを繰り返せば、1カ月後には胃 ...
病院と同等の機能を持つ街をつくる - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了) 2017年04月09日(日)
高齢者が退院した後も、寝たきりにさせない、関節を拘縮させない、認知症を進ませない、といったケアを継続しなくてはなりません。例えば、本来であれば、病院から胃ろうが入った状態で出てきた人であっても、きちんと嚥下リハビリと通常のリハビリを繰り返せば、1カ月後には胃 ...
高齢者が退院した後も、寝たきりにさせない、関節を拘縮させない、認知症を進ませない、といったケアを継続しなくてはなりません。例えば、本来であれば、病院から胃ろうが入った状態で出てきた人であっても、きちんと嚥下リハビリと通常のリハビリを繰り返せば、1カ月後には胃 ...
病院併設型介護老人保健施設としては岡山県で初となる「ドッグセラピー」プログラムを導入。 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月06日(木)
社会医療法人清風会 今年創立60周年を迎える社会医療法人清風会は、岡山県津山市を中心とする県北エリアで、地域包括ケア病棟である「日本原病院」を中核に、24時間365日体制のファミリークリニック、在宅復帰強化型老健の「おとなの学校 岡山校」、短時間通所リハビリ・ ...
医療の受け皿が機能しきれていない! 八戸の家庭医が挑戦する多職種連携のあり方とは? - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年04月06日(木)
難治性てんかんによって人工呼吸、経鼻経管栄養が必要となった13歳のお子さんは、感染症により入退院を繰り返したり、胃瘻造設を目的とした入院をしたり、リハビリのため通院が続いたりしています。小児の在宅医療にはケアマネージャーがいませんし、小児の場合はこの ...
病院併設型介護老人保健施設としては岡山県で初となる「ドッグセラピー」プログラムを導入。 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年04月05日(水)
社会医療法人清風会 今年創立60周年を迎える社会医療法人清風会は、岡山県津山市を中心とする県北エリアで、地域包括ケア病棟である「日本原病院」を中核に、24時間365日体制のファミリークリニック、在宅復帰強化型老健の「おとなの学校 岡山校」、短時間通所リハビリ・ ...
by ボバ (老健にて通所リハビリ管理者を7年、のち支援相談員、ケアマネ、事務長を経験。現在は介護業界に身を置きながら、コラム執筆などを行っている。介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員) 2017-04-03. ツイート ...
8年前に認知症と診断された85歳男性が誤嚥性肺炎で入院となった。半年前にも肺炎で入院歴あり。週3回デイサービスを利用。排泄にはリハビリパンツを使用しており,尿失禁あり。寝室から居間への移動にも介助を要する。仙骨部にI度褥瘡あり。家族にDNARの話題を提起 ...
入院ベッド15万病床削減 地域医療構想で25年までに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月01日(土)
利用者の多くを占める現役世代が減る影響もあり、全都道府県で減る。逆に高齢者らのリハビリなどを担う回復期のベッドは全都道府県で増え、計約38万床(同190・7%増)。長期療養の患者が入る慢性期のベッドは計約28万床(同19・5%減)で、首都圏など一部を除き減る。