介護関連ニュース 検索結果

「バリアフリー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
... のある人、ない人、高齢者、ベビーカー持っている人が他の人と同じように移動できたりするものがないと思っている」と話しました。一方、河村たかし市長はエレベーター以外のバリアフリー化を探りたいとしています。市は障害者を交えた協議会を6月にも立ち上げるとしています。
明治大学和泉キャンパスでは2012~2016年度まで、学生有志「バリアフリー映画祭実行委員会」が毎年「バリアフリー映画祭」を開催し、多くの視覚障がいの方や支援者の方、地域の方々と貴重な交流を行ってきました。今後、障がいのありなしに関わらず、国内人口の高齢化 ...
バリアフリー計画を義務化 改正法、公共交通向け - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月19日(土)
鉄道、バスなど公共交通のバリアフリー化を促進する改正法が18日の参院本会議で可決、成立した。施設整備や従業員による介助体制を明記した計画の作成、公表を事業者に義務付けるのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックが迫る中、高齢者や障害者らが安心して移動 ...
東京新聞TOKYO Webの東京都に関するニュースを配信するページ。地域の話題を日々掲載しています。
改正法は、バリアフリー化推進に向け、事業者に高齢者や障害者が安全に移動できるようスロープやエレベーターなどの設置を盛り込んだ計画策定を義務付け、共生社会の実現を目指す。職員を対象とした障害を持つ乗客らに対する介助研修などソフト対策の実施も促し、計画の ...
バリアフリー計画義務化 改正法、公共交通業者に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月18日(金)
鉄道、バスなど公共交通のバリアフリー化を促進する改正法が18日の参院本会議で可決、成立した。施設整備や従業員による介助体制を明記した計画の作成、公表を事業者に義務付けるのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックが迫る中、高齢者や障害者らが安心して移動 ...
改正法は、バリアフリー化推進に向け、事業者に高齢者や障害者が安全に移動できるようスロープやエレベーターなどの設置を盛り込んだ計画策定を義務付け、共生社会の実現を目指す。職員を対象とした障害を持つ乗客らに対する介助研修などソフト対策の実施も促し、計画の ...
鉄道、バスなど公共交通のバリアフリー化を促進する改正法が18日の参院本会議で可決、成立した。施設整備や従業員による介助体制を明記した計画の作成、公表を事業者に義務付けるのが柱。2020年東京五輪・パラリンピックが迫る中、高齢者や障害者らが安心して移動 ...
鉄道、バスなど公共交通のバリアフリー化を促進する改正法が18日の参院本会議で可決、成立した。施設整備や従業員による介助体制を明記した計画の作成、公表を事業 ...
観光庁は高齢者や障害者などでも参加しやすい「ユニバーサルツーリズム」の普及に向け、旅行会社などが企画する同種のツアー商品開発にかかる費用の一部を負担する実証事業を始める。2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向け、国内旅行のバリアフリーなイメージを ...
名古屋城木造新天守にエレベーター必要?高齢者らの声 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月17日(木)
河村たかし市長は代替案としてロボットなど新技術によるバリアフリーを掲げている。ただ、その新技術で何階まで上がれるのか。河村市長は「少なくとも1階まで上がれることは保証する」と述べるにとどまっている。 育児休業中の中区の小学校教諭木村未来さん(32)は、社会 ...
名古屋城EV問題 障害者団体、設置訴え 河村氏は持論 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月17日(木)
エレベーターは、障害者だけでなく、高齢者、子ども連れの人にも必要だ」と訴えた。 ... 木造化に反対しているわけではない」とする一方で、市が代替案とする「ロボットなど新技術によるバリアフリー化」については、「どういうものか見えていない段階で賛同はできない」とした。
公共交通を利用したバリアフリー教室が16日、水戸市文京2丁目の茨城大で開かれ、学生たちが車椅子を使ったバスの乗降体験や高齢者疑似体験などに取り組んだ。 さまざまな立場の人の不自由さを理解し、社会参加 ... [記事全文] ...
公共交通を利用したバリアフリー教室が16日、水戸市文京2丁目の茨城大で開かれ、学生たちが車椅子を使ったバスの乗降体験や高齢者疑似体験などに取り組んだ。 さまざまな立場の人の不自由さを理解し、社会参加に積極的に協力する「心のバリアフリー」の推進が狙い。
「新技術、明確にして」 天守エレベーター問題で障害者団体 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月16日(水)
会見で加賀時男代表(76)は「障害者や高齢者の意見が反映されることなく、当初からの計画である『エレベーターを設置しない』と決定されたのは、遺憾と言わざるを得ない」とする声明を読み上げ、今後も設置を求めていくとした。 市はロボットやはしご車の応用など新技術を導入し、 ... 現段階でバリアフリーになるのは ...
名古屋城エレベーター不設置に抗議声明 地元障害者団体 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年05月16日(水)
フォーラムの辻直哉事務局長は、エレベーターを設置せず新技術の開発でバリアフリー対策を講じるとした市の方針を「障害者や高齢者の意見を無視した人権侵害で差別」と批判。「新技術とは具体的に何なのか示すべきだ」と指摘した。 フォーラムは11日にも、県の障害者差別 ...
階段一段の高さである「蹴上げ」を、バリアフリー法の基準に沿った16cmとすることで高齢者の負担を軽減。あわせて踏面も27cm以上とし、踏み外し事故の減少につなげていくという。 間取りを変更することなく、折れ階段やらせん階段などにも取り付けが可能。見本を使った自宅 ...
バリアフリー法の基準に沿った蹴上げ16cmへの変更で、高齢者や障害者等も階段の上り下りが楽になります。従来の工事に比べ、日程は5分の1、費用は3分の1程度。
この16cmという長さは、建物の階段の設置基準となるバリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)に基づく国土交通省令「建築物移動等円滑化誘導基準」第四条に規定される「けあげの寸法は、十六センチメートル以下」に合わせたものです。
そんな高齢者のために救いの手は用意されている。住宅ジャーナリストの山本久美子氏がいう。 「超高齢化社会への対応と在宅介護を促すために、自宅のバリアフリー化には各種の補助金や優遇制度があります。たとえば東京都は23区すべてでバリアフリー化工事費用を一部 ...
車椅子利用者の目線で、バリアフリー情報の収集や障害者と高齢者がハンディを気にせず楽しめる旅行「ユニバーサルツーリズム」の普及に力を入れている。 昨年10月、橋本さんら車椅子利用者4人とボランティアら約40人で大分市の高崎山に登った。「障害の有無に関係なく ...
ドローンなどの移動型ロボットが室内空間で精緻に安全に移動するには、ドローン本体だけでなく、上記にあげたような周辺環境の整備が必要で、高齢化に備えて「バリアフリー」住宅がトレンドになったように、今後、移動型ロボットが活用されていくには「ロボットバリアフリー」環境 ...
バリアフリーのまち、石川県中能登町ルポ イベントや観光 パラ選手の意見反映 [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月11日(金)
人口減少と高齢化に直面する町は、特産の繊維製品を使った地域おこしを考え、横浜市で開かれた義足の女性によるファッションショーに着目。運営方法を学ぶ中で、ブログでバリアフリーについて発信している上原さんと出会った。 町職員や地元の中高生らと交流を深め、昨年4 ...
名古屋城新天守「必ず世界の模範に」 河村市長 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月10日(木)
復元される名古屋城の木造天守(五階建て)にエレベーターを設置しない方針を示した河村たかし名古屋市長は、十日午前に海外出張から帰国し「エレベーターだけがバリアフリーではない。(障害者や高齢者が)少なくとも一階までは確実に上がれるようにする」と話した。 市長は三 ...
河村市長「1階まで上がれるように」 名古屋城新天守 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月10日(木)
復元される名古屋城の木造天守(5階建て)にエレベーターを設置しない方針を示した名古屋市の河村たかし市長は、10日午前に海外出張から帰国し「エレベーターだけがバリアフリーではない。(障害者や高齢者が)少なくとも1階までは確実に上がれるようにする」と話した。
昨秋には学識経験者や行政、高齢者・障害者等を含む市民、事業者など35団体から成る「横浜市バリアフリー検討協議会保土ケ谷区部会」を設置。部会メンバーらが3エリアで危険個所などを見て回ったほか、市民の意見を募集するなどして、各エリアの課題を抽出する作業を ...
東京都は2018年度、高齢者や障害者が快適に過ごせるようバリアフリーに取り組む宿泊施設への補助を拡大する。20年東京五輪・パラリンピックに向けて誰もが旅行しやすい環境整備につなげる狙い。17年度までは対象外だった1000平方メートル以上の改築にも最大2800万 ...
室蘭市が自宅バリアフリー化、本年度も助成 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了) 2018年05月09日(水)
室蘭市は介護予防の一環として、75歳以上の高齢者が暮らす住宅の改修費を補助する事業を2018年度(平成30年度)も実施する。申請件数は年々増加傾向にあり、6年目の本年度は申込窓口を地域包括支援センター... >>続きはこちら. 出典:室蘭民報 更新:2018/05/09.
住み慣れた自宅で高齢者が転倒するなどしてケガをする事故が後を絶たない。事故によるケガがきっかけで介護が必要になる場合があるだけでなく、重いと命にかかわることもある。安全のためにバリアフリー化などの改装もできればよいが、身の回りのちょっとした工夫でも、 ...
南知多町内海にバリアフリーの福祉旅館「サポートイン南知多」が四月下旬にオープンした。別料金で介助サービスも提供し、足腰の不自由な高齢者や障害者らの宿泊を手助けする。六月からは障害者も働き始める。 運営するのは、飲食業などを手掛ける企業「マザーズリヴ」( ...