介護関連ニュース 検索結果

「デイサービス」に一致した記事 (999件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
幼稚園や特養・老健のデイサービスなど、子どもや高齢者を預かる施設から、緊急連絡を保護者のスマホへ音声ライブで一斉放送。いまこの瞬間を伝えなければならない急 ...
大学病院受診から要介護認定を受けるまでに2か月を要しました。さあ、これで母が、送迎付きのデイサービスに通って、運動やレクリエーションを楽しみ、ホームヘルパーの訪問を受けて、調理サービスをお願いできる。 そう思ったのですが、要介護認定を取得しても、すぐに介護 ...
社会保障審議会・介護給付費分科会は6月21日開かれ、通所介護(デイサービス)と通所リハビリテーション(デイケア)などについて議論した。通所介護についてはOT、PTなどのリハビリスタッフを配置して自立支援や重症化予防に取り組む事業所を手厚く評価する方向で概ね ...
施設系サービスの月末入居率は、グループホームが97.9%、有料老人ホームが99.1%、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が92.7%といずれも前年同月を上回り、高水準で推移している。事業所数は、17年4月末から変化はなく、訪問介護が66カ所、デイサービスが64カ所、 ...
認知症の母に無理やり食事を食べさせる息子 - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年06月21日(水)
Aさん(90歳・女性)は、息子(65歳)と二人暮らし。息子は、仕事(営業)をしながらAさんの介護をしています。現在は、週4日のデイサービスを利用し、1日2回ヘルパー(トイレ介助・食事介助)が訪問しています。訪問診療や訪問看護の利用はありません。 認知症の母に無理やり ...
特定施設を運営する事業者らでつくる「全国特定施設事業者協議会」が、今月に開催した総会で団体名を「全国介護付きホーム協会」へ変更した。「一般的に特定施設と言ってもあまり理解されない(担当者)」ことが最大の理由。デイサービスやショートステイ、グループホームなど ...
『〈老い〉の営みの人類学』 高齢期を主体的に生きる - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月18日(日)
後半では辻老人憩いの家や地域ふれあいデイサービスなど、那覇市の高齢者福祉サービスを受ける老年者が、自分にとってサービスは単なる受け取りなのか、健康改善に役立つのか、友人との交流の場なのか、人生の意味化ができる場なのかといったことを意味づけていると ...
神埼清明高の生活・福祉系列3年生18人が16日、高齢者のデイサービス事業を行う「もみじの湯」(神埼市神埼町)を訪問し、利用者と交流した。利用者12人が生徒が企画したレクリエーションをともに楽しんだ。 交流会では「きよしのズンドコ節」の歌体操や睡眠効果のあるオイル ...
あら、うれしいわ」と言う母に、認知症になる前の姿を見たような気がしました。昨日、デイサービスに行ったことを覚えていないし、5分前に誰から電話が来たかも覚えていない母ですが、認知症と診断されて5年経った今でも買い物に行くと必ずラーメンを買ってきてしまうのは、「 ...
前々回(「「肩が痛い」母の言葉を疑ったばっかりに」)に書いた脱臼騒ぎの結果、居室は2階の自室から、1階の応接間に移った。応接間に設置した介護用ベッドで寝起きする。 1週間単位のスケジュールは以下のようなものになった。 まず月曜日はデイサービスに通う。朝の9時 ...
段差(バリア)があるデイケアセンター身体能力が低下した高齢者が快適に暮らせるよう、今では当たり前に導入されているバリアフリー。とあるデイサービスセンターでは、このバリアを敢えて取り入れています。段差や障害があることで、高齢者は不便ながらも日常的に体を動かす ...
ヒューマンライフケア 介護施設紹介サービスに参入 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月14日(水)
ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で介護事業等を展開するヒューマンライフケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:瀬戸口信也、以下「当社」)はこのほど、有料老人ホームなどの介護施設への入居を希望する高齢者に、施設を紹介する「介護施設紹介 ... 老人ホーム、デイサービス、グ ...
不便は手間だが役に立つ!? いま話題の『不便益』って知ってる? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年06月13日(火)
段差(バリア)があるデイケアセンター身体能力が低下した高齢者が快適に暮らせるよう、今では当たり前に導入されているバリアフリー。とあるデイサービスセンターでは、このバリアを敢えて取り入れています。段差や障害があることで、高齢者は不便ながらも日常的に体を動かす ...
段差(バリア)があるデイケアセンター身体能力が低下した高齢者が快適に暮らせるよう、今では当たり前に導入されているバリアフリー。とあるデイサービスセンターでは、このバリアを敢えて取り入れています。段差や障害があることで、高齢者は不便ながらも日常的に体を動かす ...
自立支援に軸足を置いた新しい介護システムを構築する、と明記。客観的なデータやそれに基づくエビデンスを重視する「科学的介護」の推進も打ち出した。来年度の介護報酬改定に向けては、訪問介護やデイサービスなどの効率化・適正化を検討していくと記載。自立支援を ...
デイサービス通所初日から、左肩脱臼というとんでもないトラブルに見舞われたが、おかげで母の生活の拠点を2階の自室から1階の居間に移すことができた。 失禁は相変わらずだが、ヘルパーさん達の誘導(介護の世界では「説得」とは言わない。自らその方向に動くように“誘導 ...
センサーとAI(機械学習)を活用し、通所介護(デイサービス)施設におけるケア記録を自動生成する。奈良先端科学技術大学院大学 准教授の荒川豊氏のグループは、そんなシステムの開発を進めている。「第11回 ITヘルスケア学会学術大会」(2017年5月27~28日、名古屋市) ...
デイサービス拠点数世界一企業の創業者で「CARE PETS」藤田英明社長と、見守りデバイス「みまもーら」河合斎行社長が、メディアを活用した事業創造企業・メディア ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月05日(月)
◾️LoRa+GPS搭載のGPS位置探索バンド「みまもーら」の河合 斎行社長がアドバイザーとして就任 株式会社みまもーらは、近い将来必ず来る認知症高齢者500万人時代の徘徊見守り対策の解決策として、世界初・バンドサイズのLoRa+GPS搭載の高齢者見守りデバイス「 ...
青森市のグループホーム「サニー・ライフ」。リビングに設けられたネイルケア会場では、入所 ... SMBAは、ネイルサロン経営の荒木ゆかり代表(55)がデイサービスに通う高齢女性にネイルケアをしたところ、喜ばれたのをきっかけに2年前に設立。約300人が登録されている。
高齢者の寝たきりや認知症を防ぐ健康体操の指導で人気の『ごぼう先生』が2日、富山にやってきました。 全国で人気の健康体操とは・・・。 富山市の粟島(あわしま)ふれあい会館にやってきたのは愛知県在住で、デイサービスを運営する鍼灸師の簗瀬寛(やなせ・ひろし)さんです。
ケアマネージャーや看護師、介護福祉士などの資格を持つスタッフを新たに雇い、6人体制でスタートした。 要介護認定を受けたお年寄りの入浴、排泄、食事などの一部介助を行うデイサービスを、1日20人をマックスに行う。施設は最大40人まで収容できる広さがあり、将来的には ...
ウェルクス、障害者施設専門の求人サイト【障害者支援求人ナビ】をリリース - 時事通信 (媒体での記事掲載終了) 2017年06月02日(金)
生活介護や就労継続支援、通所・入所施設、グループホーム、放課後等デイサービスなど幅広い施設形態に対応し、職種も保育士や看護師、PT・OT・STなどに限定して募集することも可能です。 求職者の ... それは高齢者介護施設のみではなく障害者施設も同様です。このこと ...
医師に認知症と診断された高齢者のみを対象とする通所介護。それが認知症対応型デイサービスだ。本人が落ち着ける環境で密度の濃いケアを実践できるよう、1事業所あたりの利用定員は12人以下に抑えられている。事業所の管理者となるためには、国の定める認知症 ...
か細い体に青紫色のあざが発見されたのは、デイサービスの入浴時だった。重度の認知症があり、思うように自身の考えを言葉にできない田原ヨシ子さん(80代)。本人に、あざの理由の説明を求めるのは難しい。その後も指を骨折して来所するなど、不自然なけがが相次いだ。
... 密着型の小規模デイサービスの参入を市町村が制限できるようにすること、高齢者と障害者の双方を受け入れる「共生型サービス」を作ることも含まれる。悪質な有料老人ホームに事業の停止を命令できる権限を自治体に与えたり、介護療養病床の転換先として「介護医療院」を ...
社会保障審議会・介護給付費分科会は5月24日開かれ、認知症対応型共同生活介護(グループホーム=GH)と、認知症対応型通所介護(デイサービス)の介護報酬のあり方について議論した。このうちGHに関しては医療ニーズがある利用者が年々増加していることなどから、 ...
認知症対応型共同生活介護(グループホーム)における医療ニーズ対応や福祉用具貸与についてどう考えるか、認知症対応型通所介護(認デイ)と地域密着型通所介護との ...
すぐ駆けつける?見守る?医療現場と介護現場で異なる視点. 今まで、病院、デイサービス、グループホーム、高齢者施設、など様々な現場をみてきました。様々な現場を見てきて感じているのは、医療現場と介護現場で、転倒リスクの視点が違う、ということです。
犬も猫も長寿になり、老後期間が長くなっている。老化のスピードには個体差があり、症状もさまざまだが、足腰が立たなくなったり認知症が出たりと、介護が必要になる比率 ...
犬も猫も長寿になり、老後期間が長くなっている。老化のスピードには個体差があり、症状もさまざまだが、足腰が立たなくなったり認知症が出たりと、介護が必要になる比率 ...