介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
アルツハイマー型認知症は認知症の代表的な病態の一つであり、いくつかの症状改善薬が開発された現在もその根本的な解決策となる治療法が確立されていない。認知症に対する治療法の開発は、超高齢社会の進展に伴う認知症患者の急激な増加とともに、世界的に大きな ...
保護犬・保護猫と暮らす「障がい者グループホーム」開設 · 6. 身体拘束ゼロセミナーを開催 滋賀県 · 7. 第9回ヘルスケア・医療機器開発展 開催 · 8. 市内全27の郵便局が「高齢者見守りネットワーク推進事業」に協力 寝屋川市 · 9. CAMD アルツハイマー病研究に有用な次世代 ...
東北大学の研究グループは、軽度アルツハイマー型認知症に対する低出力パルス波超音波(LIPUS)の有効性に関する探索的医師主導治験を今月(2018年6月)から開始した。LIPUSには血管内皮機能を修復・改善することが分かっており、脳内の血管内皮機能を改善すること ...
東北大学は、低出力パルス波超音波(low-intensity pulsed ultrasound: LIPUS)がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性がある ...
東北大学は6月19日、低出力パルス波超音波がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、この6月より世界で初めて臨床の現場で探索的医師主導治験を開始すると発表した。この研究は、同大学大学院医学系研究科 ...
5年前、65歳未満で発症する「若年性アルツハイマー型認知症」の初期と診断されました。明るい性格ですが、特にはじめの半年は落ち込みました。自分では認知機能に問題ないと思っていましたから。 自営で内装業をしてきました。昔は現場に入る前に図面を見たら、しっかり ...
5年前、65歳未満で発症する「若年性アルツハイマー型認知症」の初期と診断されました。明るい性格ですが、特にはじめの半年は落ち込みました。自分では認知機能に問題ないと思っていましたから。 自営で内装業をしてきました。昔は現場に入る前に図面を見たら、しっかり ...
Ulala(ライター・ブロガー). 【まとめ】. ・仏保健省、アルツハイマー型認知症治療薬の保険適用除外を決定。 ・仏南西に「アルツハイマー病患者村」の建設開始。 ・同村では、 ...
... ・仏保健省、アルツハイマー型認知症治療薬の保険適用除外を決定。 ・仏南西に「アルツハイマー病患者村」の建設開始。 ・同村では、アルツハイマーの治療法の研究が ...
千葉県船橋市在住のイラストレーター「Nicco(にっこ)」さん(52)=本名・野島朋子=が、アルツハイマー型の若年性認知症になった母親との日々を描いた漫画本を、明石市の出版社「ペンコム」から出版した。病状の変化や自宅で介護した父親(77)の姿、病気が進む母親を ...
アミロイドβ(ベータ)」とは脳内で作られる、たんぱく質の一種です。アルツハイマー型認知症の発症に大きく関わっていると考えられており、「アミロイドβたんぱく質」、「アミロイドβペプチド」、「Aβ」などと表されることもあります。(当サイト「アミロイドβとは〜アルツハイマー型認知症の ...
6月14日は認知症予防の日だ。日本で認知症の6割を占めるアルツハイマー病を発見したドイツ人医師の誕生日にちなみ日本認知症予防学会が制定した。この病気が発見されて100年を超えるが、いまだにその原因も根本治療法も確立していない。わかっているのは、においが ...
今年からアルツハイマー博士の生誕日である6月14日は「認知症予防の日」。認知症は発症前に「MCI(軽度認知障害)」という“予備軍”の状態がある。厚生労働省等の調査結果によると、MCIの人は潜在的に「65歳以上の4〜5人に1人」と言われている。認知症と診断される人を ...
今年からアルツハイマー博士の生誕日である6月14日は「認知症予防の日」。認知症は発症前に「MCI(軽度認知障害)」という“予備軍”の状態がある。認知症と診断される人 ...
【ニューヨーク=西邨紘子】製薬大手の米イーライ・リリーと英アストラゼネカは12日、両社が共同開発するアルツハイマー型認知症の治療薬候補(一般名ラナベセスタット)の臨床試験(治験)を中止すると発表した。軽度と中度の患者を対象にそれぞれ進めていた後期段階の治験 ...
米イーライ・リリーと英アストラゼネカ、認知症治療薬治験を中止 :日本 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年06月12日(火)
【ニューヨーク=西邨紘子】製薬大手の米イーライ・リリーと英アストラゼネカは12日、両社が共同開発するアルツハイマー型認知症の治療薬候補(一般名ラナベセスタット)の ...
アルツハイマー病治療薬・フランスで医療保険から外れる 変わる認知症 ... - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2018年06月11日(月)
今回の決定はあくまでフランスで行われたもので、日本の状況に適用できるかはわかりません。
認知症患者の心を「VR」で救う、英スタートアップの挑戦|WIRED.jp - WIRED.jp (媒体での記事掲載終了) 2018年06月10日(日)
脳にじわじわと広がり、やがては人を死へと導くアルツハイマー病。治療法も予防法も確立されていないこの病は、物忘れや人格の変化といった症状を通じて患者とその家族 ...
アルツハイマー病など認知症の前段階に表れる意欲低下の症状は、脳の前頭葉に蓄積する異常なたんぱく質が原因であることを放射線医学総合研究所のチームが突き止め、7日付の英専門誌電子版に発表した。研究成果はアルツハイマー病の早期診断や治療への糸口に ...
これら4剤は、アルツハイマー型認知症の進行を抑制するとして世界中で広く使われている薬剤です。フランスでは、アルツハイマー型認知症治療薬の費用の15%が公的医療保険から支払われています。保険償還が停止される8月1日以降は、服用を続けるには全額自己負担し ...
6月1日、フランス厚生省(社会問題・健康省)はプレスリリース(※1)を発表。「現在、アルツハイマー病の治療のために使われている薬(※2)を、8月1日より医療保険のカバーから外す」としました。 今回、対象となった薬は、アルツハイマー病で認知症になった人の症状の進行を ...
大塚製薬株式会社は、「ブレクスピプラゾール(一般名)」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障害(アジテーション)を対象とした追加フェーズ3試験を本年6月より開始すると発表しました。 同社が創薬したブレクスピプラゾールは、統合失調症の製造販売承認を受けており、米国 ...
訴状や遺族の話によると、女性は2014年にアルツハイマー型認知症と診断され、17年4月に同社運営の「有料老人ホーム第2上泉」に入居。同11月には要介護度3と認定され、年齢が分からなくなったり、同じ言葉を繰り返したりするなどの症状があったという。 女性が行方不明 ...
... 【ワシントン共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った脳細胞で、アルツハイマー病との関連が疑われる遺伝子を改変すると、原因物質の分泌が抑えられたとの実験結果を米国の研究チームが31日付の米科学誌ニューロン電子版に発表した。 遺伝子は「アポE」と ...
大塚製薬株式会社とデンマーク・H.ルンドベックA/Sは5月24日、ブレクスピプラゾール(一般名)のアルツハイマー型認知症に伴う行動障害(アジテーション)対象の追加フェーズ3試験を6月より開始すると発表した。 今回開始が発表された試験は、約300人の患者を対象とした、多 ...
二度にわたる脳梗塞発症を経て急性心不全で西城秀樹さんが、そしてアルツハイマー型認知症で朝丘雪路さんが亡くなるという悲報が相次いだが、今、植物の葉に多く含まれている葉酸に今注目が集まっている。まず、認知症の予防から育毛にまで効果があるというのだ。
朝丘さんの死因がアルツハイマー型認知症と発表されたんです。夫の津川雅彦さんが、医師の診断書にそうあったと話し、この数年、自宅介護をしていたことを明かしました。しかし、死因が認知症と報じられることは珍しく、それで話題になっているのです。例えば心不全というのは ...
ビタミンCで認知症予防? 金大・山田教授、七尾の高齢者調査 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月23日(水)
認知症の一種であるアルツハイマー病を遺伝的に発症しやすい女性は、ビタミンCを多く摂取すれば認知機能低下を予防できる可能性があることを、金沢大大学院の山田正仁教授(神経内科学)らが世界で初めて明らかにした。山田教授は「認知症の原因の六割以上を占める ...
この認知症は60代から70代の患者が多いアルツハイマー型認知症とは違って、80代以降の人に起こることが多い。特徴は、正常な状態と認知症の状態とを行ったり来たりすること。午前中はしっかりしているけれど、午後になって疲れてくると、認知症の症状が出てくる。80 ...
タンパク質「E4」持つ女性 ビタミンCで認知症予防? - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年05月22日(火)
認知症の一種であるアルツハイマー病を遺伝的に発症しやすい女性は、ビタミンCを多く摂取すれば認知機能低下を予防できる可能性があることを、金沢大大学院の山田正仁教授(神経内科学)らが世界で初めて明らかにした。山田教授は「認知症の原因の六割以上を占める ...