介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
そーせいグループ株式会社(東京都千代田区)の子会社、Heptares Therapeutics(ヘプタレス・セラピューティクス、以下、Heptares社)と、提携先の世界大手バイオ医薬品 ...
認知症支援へ オレンジの光 姫路城 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月21日(木)
認知症患者への支援や病気の正しい知識の普及を促そうと、「世界アルツハイマーデー」と定められている二十一日夜、兵庫県姫路市の世界遺産で国宝の姫路城が支援のシンボルカラー、オレンジ色にライトアップされた。 薄暗くなってきた午後六時ごろから約十五分かけて、 ...
糖尿病性認知症、血糖管理で発症の予防や症状の改善も可能 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月21日(木)
糖尿病患者の認知症発症リスクは、健常者の2倍以上という疫学研究の報告がある。認知症にはアルツハイマー型と脳血管性認知症があるが、実はその2つとは違う認知症があることがわかってきた。それが糖尿病性認知症だ。 罹病期間が20~30年と長く日ごろから血糖 ...
世界アルツハイマーデーの21日、公益社団法人・認知症の人と家族の会岡山県支部(尾崎善規代表)は、倉敷市美観地区一帯をパレードする「オレンジメモリーウォーク」を開き、認知症への理解を呼び掛けた。 同会員や認知症サポーターら約140人が参加。認知症啓発の ...
神戸新聞NEXT|社会|ポートタワーがオレンジ色に 認知症支援呼び掛け - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月21日(木)
「世界アルツハイマーデー」の21日、神戸ポートタワー(神戸市中央区波止場町)が、認知症支援のイメージカラーであるオレンジ色にライトアップされた。
世界アルツハイマーデーの今日(9月21日)、国際アルツハイマー病協会(Alzheimer's Disease International;ADI)は「世界中で3秒に1人が認知症を発症しているが、認知症患者のほとんどは診断やサポートを受けていない。世界の認知症危機はますます深刻化しており、 ...
89歳の母介護の男性「受け止めるのに3年、開き直るのに5年」認知症への理解を 世界アルツハイマーデー - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月21日(木)
大阪府豊能町の木寺喜義(きてらきよし)さん(63)は、認知症の症状が出始めて12年になる母のコハルさん(89)を自宅で1人で介護している。 お盆に供える花束を花筒に差し込むことができない、畑に行く軽トラックへの乗り方を忘れた…。コハルさんに認知症の症状が出始めた ...
「認知症理解して」家族会が街頭活動 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月19日(火)
世界アルツハイマーデー(21日)を前に、認知症への理解を呼び掛ける啓発活動が16日、大分市のホルトホール大分などであった。 「認知症の人と家族の会県支部」(中野孝子世話人代表)の会員や県、大分市の職員ら約50人が参加。シンボルカラーであるオレンジ色の服を着 ...
化粧品、健康食品等の販売を行う、株式会社ナガセビューティケァ(東京都中央区)は、独自に開発した食品素材「発酵オタネニンジン-CD」のアルツハイマー型認知症に対する研究を福岡大学と推進しており、この度、第34回和漢医薬学会(福岡)において、研究発表成果が優秀 ...
新潟でパネルトークやVR体験 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月18日(月)
9月の世界アルツハイマー月間に合わせて、認知症と介護について考えるイベント「認知症とともにinメディアシップ」が17日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップで開かれた。パネルトークや認知症をVR(仮想現実)で体験する会などが行われ、延べ約500人が参加し認知症 ...
宇都宮タワー、認知症照らすオレンジに 啓発色でライトアップ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月17日(日)
【宇都宮】21日の「世界アルツハイマーデー」を前に、塙田5丁目の八幡山公園にある宇都宮タワーが17日夜、降雨の中で認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされた。 認知症への理解を広げようと、市と公益社団法人「認知症の人と家族の会」県支部が共同で ...
2025年問題ともいわれる高齢化と認知症患者の増加。官民一体となった認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)の推進に関するニュースも数多く目にするところですが、同社でも、認知症への理解を深めるための取組みを推進します。具体的には次のような内容となってい ...
本サイトでも何度か紹介している、認知症簡易チェックキット「はからめ」が、世界アルツハイマー月間と敬老の日にちなみ、9月いっぱいオフィシャルサイトにおいて、1,000個限定・特別価格で販売されます。 認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症の場合、初期段階の ...
妻はアニメ「ドラえもん」でドラえもんの声などを務めた女優の大山のぶ代さん。砂川さんは妻の認知症を公表し、献身的に介護を続けてきた。2008年に大山さんが脳梗塞で倒れてから10年弱。さらには12年秋、アルツハイマー型認知症と診断されてから5年。自宅介護で重ね ...
兵庫県の明石市立天文科学館(同市人丸町)が、認知症を支援するシンボルカラーのオレンジ色にライトアップされている。世界アルツハイマーデー(21日)にちなみ、同市は9月を「認知症啓発推進月間」としており、病状の周知や予防などに積極的に取り組んでいる。 認知症 ...
認知症診断の補助検査に用いられる脳画像検査の基礎と、認知症の種類ごとに活用のポイントを詳述する。形態画像であるCTやMRI、機能画像である脳血流SPECTや脳代謝PETの基本などを示した上で、アルツハイマー病や血管性認知症、レビー小体型認知症などにおける ...
9月1日から30日までの1カ月間、日本有数の売り場面積と書籍数を誇る東京池袋のジュンク堂書店池袋本店で、認知症の当事者が書いた本を集めたブックフェアが開催中だ。連日たくさんの人がフェアの会場を訪れ、認知症の人が書いた本を手に取っている。なかにはうんうんと ...
アルツハイマーになったら悪いのでしょうか」“認知症の私たち”が本を書く理由 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月10日(日)
9月1日から30日までの1カ月間、日本有数の売り場面積と書籍数を誇る東京池袋のジュンク堂書店池袋本店で、認知症の当事者が書いた本を集めたブックフェアが開催中だ。連日たくさんの人がフェアの会場を訪れ、認知症の人が書いた本を手に取っている。なかにはうんうんと ...
認知症月間 優しく照らす 宇都宮で啓発活動次々と - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年09月09日(土)
21日の世界アルツハイマーデーにちなみ、9月を「みんなで考える認知症月間」と定めている宇都宮市は、認知症に関する啓発活動を展開している。12日からは市内の商業施設などでパネル展と相談会を開くほか、16日には記念講演会を予定している。 考える月間は認知症へ ...
... 再生を促す優れた物質として注目されています。要するに細胞レベルのアンチエイジングを行う治療であり、肌の若返りや脱毛・薄毛改善といった美容系の効果だけでなく、痴呆・アルツハイマーにも効果があり、さらに、脳梗塞後遺症、関節症状、腰痛も適応範囲となっています。
認知症に対する抗精神病薬処方、治療反応の予測因子は:慈恵. 東京慈恵会医科大学の永田 智行氏らは、精神病性攻撃的症状を有するアルツハイマー型認知症に対する、非定型抗精神病薬の8週間の治療継続および治療反応を、CATIE-AD(Clinical Antipsychotic Trials of ...
秋田市土崎港の道の駅あきた港内にあるポートタワー・セリオン(高さ143メートル)が1日、初めてオレンジ色にライトアップされた。国際アルツハイマー病協会と世界保健機関の定める今月の「世界アルツハイマー月間」に合わせたもので、色は認知症啓発のシンボルカラーとした。
ノバルティスファーマ、情報サイト「認知症相談ナビ」を開設 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年09月01日(金)
スイスに本社を置く、ヘルスケアの世界企業ノバルティス ファーマ株式会社は、アルツハイマー型認知症のご本人とご家族を対象に認知症に関する情報を提供するWebサイト「認知症相談ナビ」(URL:http://www.d-sodan-navi.com/)を開設しました。 同社は、2011年に ...
スイスに本社を置く、ヘルスケアの世界企業ノバルティス ファーマ株式会社は、アルツハイマー型認知症のご本人とご家族を対象に認知症に関する情報を提供するWeb ...
9月21日の世界アルツハイマーデーを中心に、毎年9月は世界アルツハイマー月間となっています。公益社団法人「認知症の人と家族の会」では、認知症の啓発を目的に、ポスターとリーフレットの配布、東京と京都における記念講演が予定されています。 さらには、上山城(山形 ...
<生きる支える 心あわせて>認知症サポーター養成の講師に 当事者の声から学んで - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月30日(水)
山田さんがアルツハイマー型認知症と診断されたのは五十一歳の時。市の給食調理員だったが、次第に包丁をうまく使えなくなったりして休職した。診断直後は落ち込んで自宅に引きこもったが、二〇一三年に若年性認知症の人と家族の交流会「あゆみの会」に参加。当事者同士 ...
山田さんがアルツハイマー型認知症と診断されたのは五十一歳の時。市の給食調理員だったが、次第に包丁をうまく使えなくなったりして休職した。診断直後は落ち込んで自宅に引きこもったが、二〇一三年に若年性認知症の人と家族の交流会「あゆみの会」に参加。当事者同士 ...
アミロイドβ可視化による認知症検査、さらなる普及に一歩 - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了) 2017年08月30日(水)
現在の認知症検査は、神経心理検査や画像検査など包括的に検査を行った上で統合的に診断が下される。しかし、非定型的な症状が現れているためにこれらの検査では確定診断が難しい患者もいる。例えば、アルツハイマー型認知症にしては年齢が若かったり、アルツハイマー ...
【サプリで認知症予防&健康長寿】赤ワインは血管と脳にイイ 認知症、予防効果に期待の「レスベラトロール」 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2017年08月29日(火)
さて、レスベラトロールに認知症予防効果があるのか、急ピッチで研究されています。認知症で一番多いのが、「アミロイドβ」という異常タンパクが脳細胞に沈着して起こる「アルツハイマー型認知症」です。アミロイドβは55歳を過ぎると脳への沈着が始まり、糖尿病などで過度に ...
「ロバ隊長」身に着け、認知症への理解啓発 大田原市議会でマスコットの飾り着用 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年08月28日(月)
【大田原】市は28日の定例記者会見で、9月の世界アルツハイマー月間に合わせて「認知症への理解を広めるための普及啓発推進プロジェクト」を実施すると発表した。9月定例市議会で市幹部などと議員が認知症サポーターキャラバンのマスコット「ロバ隊長」の飾りを身に着け ...