介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
ドラマ「大恋愛」は貴重なドラマ 医師から見た若年性認知症の問題点 - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年12月06日(木)
戸田恵梨香が若年性アルツハイマーを患う医師役に挑んで話題となったTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」が佳境を迎えた。このドラマを機に、改めて認識されている若年性認知症の問題点とは…。兵庫県伊丹市の「たにみつ内科」で診察にあたっている谷光利昭院長が、 ...
世界アルツハイマーデーと湘南オレンジプラン ― 認知症の高齢者に優しい地域づくりを目指して - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2018年12月05日(水)
世界アルツハイマーデーとは. 国際アルツハイマー病協会とWHO(世界保健機関)は共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と制定しており、さまざまなアルツハイマー病に関する啓発活動を実施しています。その由来となったのは1994 ...
J-ADNI 研究では、認知機能正常高齢者、軽度認知障害、アルツハイマー型認知症の方を脳画像検査、脳脊髄液検査、認知機能検査、臨床評価尺度を用いて 2~3 年間にわたって経時的に追跡し、各臨床病期によってどのような評価方法が最も効率的に変化を検出しうるかを ...
富士フ、アルツハイマー病薬を欧州で治験 19年春にも - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月26日(月)
富士フイルムホールディングス(HD)は2019年春、欧州でアルツハイマー病の発症を遅らせる薬の臨床試験(治験)を始める。原因たんぱく質「タウ」の減少を狙う薬で、23年ごろの販売承認申請を目指す。認知症患者は50年に世界で1億5千万人超と現在の3倍に膨らむ見通し。
このワクチンは、認知症との戦いを大きく前進させるかもしれない。従来のアルツハイマー病のワクチンには脳の炎症といった副作用が出たが、新しいワクチンをサルやウサギに投与してみたところ、体内の抗体が増加して脳内に蓄積したアミロイドβやタウの量を減らす効果があっ ...
糖尿病が進行すると、脳卒中や認知症など、命に関わる病気につながる危険が高まる。原因のひとつは、血液中のブドウ糖が過剰に増え、脳を含めた全身の血管が傷つくことだ。アルツハイマー型認知症では、原因物質が体から除去されるを高血糖が妨いでしまう可能性が指摘 ...
専門家が警鐘「嗅ぐ力」低下にアルツハイマー前兆の可能性も - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年11月21日(水)
こうした現象は、じつは深刻な病いである可能性がある。 「認知症研究の第一人者である浦上克哉先生(鳥取大学教授)は、アルツハイマー型認知症の予兆として嗅覚低下の症状を挙げています」. つまり、チェックリストに当てはまった人は、認知症になる可能性も否定できない ...
アルツハイマー病」大流行の時代へ…認知症 or 老化、どう考える ... - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月19日(月)
アルツハイマー型認知症(=AD)エピデミック」の時代、一筋縄ではいかない認知症.
浜松ホトニクスはアルツハイマー病など認知症の早期発見につながる頭部用陽電子放射断層撮影(PET)装置向けに、時間分解能が高く、早くて正確な診断を可能にする検出器(MPPC)モジュールを開発した。患者が動いても画像を補正できるため患者の負荷も軽減できる。
3回にわたって生命保険会社の認知症保険を紹介したが、共通するのは、保障の対象となっているのが「器質性認知症」であること。すべての認知症が保障対象になっているのではない。 「器質性認知症」とは、脳の組織の変化によって起きる認知症で、アルツハイマー型認知症、 ...
県内の金融機関などでつくる県金融広報委員会と佐賀県は10日、佐賀市のアバンセで「くらしとおかね講演会」を開いた。県出身のタレント荒木由美子さんがアルツハイマー型認知症の義母を介護した体験や苦労話を佐賀弁を交えたユーモラスな語り口で報告した。 荒木さん ...
【浜松】浜松ホトニクスはアルツハイマー病など認知症の早期発見につながる頭部用陽電子放射断層撮影(PET)装置向けに、時間分解能が高く、早くて正確な診断を可能にす... (残り:617文字/本文:697文字). (2018/11/16 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録( ...
本イベントでは、そうした音楽の力を活用した認知症ケアについて考えます。 上映されるのは、アルツハイマー病患者の症状を、その人が思い入れを持つ音楽(パーソナルソング)の力で劇的に改善させるという内容のドキュメンタリー映画『パーソナル・ソング』(原題:Alive Inside) ...
厚生労働省の報告によると、日本人の認知症患者の7割弱は「アルツハイマー型認知症」に罹患している。アルツハイマー型認知症は進行性の病気で、診断までに25年間かかると海外の研究で報告された(※1)。脳の機能が正常な時期から、実は脳内ではひそやかに病態が ...
40代までに始めたい、睡眠による認知症予防 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了) 2018年11月09日(金)
睡眠不足や不眠が認知症のリスクを高めるメカニズムについては、「認知症と睡眠の切っても切れない関係」や「脳の掃除は夜勤体制」の回で詳しくご紹介した。アルツハイマー病ではアミロイドβというタンパク質が脳内で過剰に蓄積することが病因に深く関わっているのだが、その ...
いま、振り返ると「若年性アルツハイマー型認知症」と診断される1年前から、男性(55)には、症状が出ていた。仕事がうまくいかず、ひどくストレスを感じるようになっていた。それでも手元のタスクを懸命にこなしたが、“ありえない事務的なミス”を連発してしまい、その話はすぐ部署 ...
いくつか種類がある認知症の中で半数以上を占める「アルツハイマー型認知症」。発症の10~20年前から原因となる「アミロイドβ(ベータ)」というタンパク質が脳内に蓄積する。しかし、これまで、その蓄積を調べる方法がなかった。 それが近年、「アミロイドPET」という検査法が ...
介護する人を応援し、支え合いの地域づくりを目指す「なら介護の日2018」(奈良介護の日実行委員会主催、奈良新聞社など後援)が27日、奈良市三条宮前町のなら100年会館で開かれた。11月11日の「介護 ... 記事全文を読む ❯ ...
日本は世界でも有数の“睡眠不足大国”として知られているが、個人差はあるものの、多くの人にとっては6~8時間程度眠ることが最適だということがわかっている。 「自分はショートスリーパーだから、短い睡眠で大丈夫」というのは無理があるという。本当に睡眠時間が5時間未満 ...
ロッキングチェアセラピーは、高齢者の身体的・精神的幸福感やQOLを高める効果が得られると、American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dementias(AJA)アメリカンジャーナルでも報告されました。このAJAは、アルツハイマー病のケアや認知症、臨床的鬱病に ...
先日、国際的な学術誌Scienceに、運動が認知症の症状改善につながる仕組みを調べた論文が発表されました。アルツハイマー型認知症ではβアミロイドというタンパク質が脳に蓄積するのが特徴です。過剰なβアミロイドは神経細胞を破壊し、脳の働きを妨げると考えられてい ...
10月19日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、認知症患者と家族に密着。スタジオゲストのムロツヨシが「皆さんの受け入れての行動が」と支え合う家族に感心する場面があった。 金スマ「気になる病」として、若年性アルツハイマー型認知症をテーマに ...
「金スマ」若年性アルツハイマー型認知症特集に反響 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月20日(土)
10月19日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、認知症患者と家族に密着。スタジオゲストのムロツヨシが「皆さんの受け入れての行動が」と支え合う家族に感心する場面があった。 金スマ「気になる病」として、若年性アルツハイマー型認知症をテーマに ...
10月19日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、認知症患者と家族に密着。スタジオゲストのムロツヨシが「皆さんの受け入れての行動が」と支え合う家族に感心する場面があった。 金スマ「気になる病」として、若年性アルツハイマー型認知症をテーマに ...
この秋は、思わず見てしまいたくなる連続テレビドラマが目白押しですね。やはり恋愛ものが多いようですが、一筋縄ではいかない系の恋愛ドラマが多い印象です。 そんななか、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)は、「女医が若年性アルツハイマー型認知症を発症する恋愛 ...
アルツハイマー型認知症、元来の性格や人間性は変わらない - BLOGOS (媒体での記事掲載終了) 2018年10月16日(火)
記者の母(83才)は78才時の認知症診断当時も、大混乱していた。人生最大のストレスともいわれる配偶者(父)の急死が重なったこともあるが、それまで見たことのない表情、言動、そして認知症の典型的なもの忘れ、妄想が次々に現れ、私自身も混乱し、とても意思の疎通は ...
アルツハイマー型認知症、元来の性格や人間性は変わらない - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年10月15日(月)
親が認知症になると、本人だけでなく家族の困惑も大きい。もの忘れや生活上の失敗など、目に見える変化はどうしても気になるし、接し方に戸惑ってイライラが募り、思わず声を荒らげてしまうこともある。 悲しく切なく、親とはいえ、遠い存在に思えてしまうのも、正直な気持ち ...
英国国立認知症ケア・アカデミー「ハマートンコート」では、「パーソン・センタード・ケア」という考え方に基づいた認知症ケアを実践し、認知症の重症患者の状態が改善するなどの成果を上げている。認知症の母の日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』 ...
発症した本人のみならず、家族の負担も大きい「アルツハイマー型認知症」(AD)。高齢化社会に突き進む中、世界の認知症人数は約4680万人(2015年)が、50年に約1億3150万人まで増加の見込み。治療や介護にかかるコストは、今年中に1兆ドル(約112兆円)を超える ...
今から5年前、39歳のときに若年性アルツハイマー型認知症と診断された。自動車販売会社でセールスをしていたが、しばらく前から大切な顧客の名前を忘れたり、同僚の顔を思い出せなくなったりしていた。ストレスだろうと思って、近くの病院に行ってみたら、すぐに大病院を紹介 ...