介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
加齢とともに物忘れが多くなったことから、認知症(アルツハイマー型認知症)を心配する人も多いはず。しかし、その症状は認知症の一歩手前にあたるMCI(軽度認知障害)の可能性もある。MCIの段階で適切な対策をとれば、認知症を防ぐことも可能という。詳しい話を専門家に ...
日本メジフィジックス アルツハイマー型認知症の診断支援に用いる ... - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了) 2017年11月15日(水)
日本メジフィジックスはこのほど、PET検査で用い、アルツハイマー型認知症の診断支援をするイメージング剤ビザミル静注(一般名:フルテメタモル(18F))を発売したと発表 ...
ビル・ゲイツ氏が110億円投資 認知症の治療法開発など研究を支援 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月13日(月)
米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、認知症の治療法の開発などを支援するため、研究基金やベンチャー企業に計1億ドル(約113億円)を投資する方針を明らかにした。ロイター通信が13日、伝えた。 ゲイツ氏は同日、ブログで「高齢化社会の到来で、アルツハイマー型の ...
高齢化に伴い増加するアルツハイマー型認知症(以下、AD)に関しては現在、4種類の治療薬が存在する。しかし、日本では2011年7月を最後に、ADに対する新薬は登場していない。患者数が増加の一途をたどっている病気で、ここまで長期にわたって新薬が登場しないケースは ...
レビー小体型認知症はアルツハイマー型に次いで多く、認知症患者全体のうち最大で20~30%を占める。今回のライセンス取得により、同社は18年中に単剤投与による第2相臨床試験を開始するとしている。発表を受けて、新薬開発による業績への寄与に期待する買いが向かっ ...
LDLコレステロール値と関連している血漿中プロ蛋白質変換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)と、3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリル-コエンザイムA(HMG-CoA)還元酵素の阻害、およびその他の遺伝子変異が、さまざまな神経疾患(アルツハイマー病、血管性認知症、全て ...
小野薬品工業は9日、バイオ医薬品を開発するスイスのベンチャー企業、ニューリミューン社(本社チューリヒ)とアルツハイマー型認知症やパーキンソン病など、神経変性疾患の分野での新薬開発について提携したと発表した。(2017/11/09-18:45). 【経済記事一覧へ】 【アクセス ...
ビールを醸造する際に、原料であるホップから生まれる苦み成分。キリンホールディングス傘下の健康技術研究所は、その「苦み」に認知機能低下をやわらげる効果があると、今年7月に開催された国際アルツハイマー病学会で発表しました。 ビールに含まれるイソα酸に、老廃物の ...
大塚製薬株式会社とデンマーク・H.ルンドベックA/Sは11月1日、「ブレクスピプラゾール」について、アルツハイマー型認知症に伴う行動障害(アジテーション)対象の追加フェーズ3試験実施を決定したと発表した。 アルツハイマー型認知症の患者の約50%は、介護者に対する ...
ブレクスピプラゾール、アルツハイマー型認知症の行動障害で追加P3試験-大塚製薬ら - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年11月06日(月)
先に終了した2本のフェーズ3試験では、ブレクスピプラゾールがアジテーション症状の改善を示したものの、一貫した結果が得られず、両社はFDAと協議してきた。追加フェーズ3試験は2018年前半に開始予定だという。 ブレクスピプラゾールは、大塚製薬が創製した独自の作用 ...
アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)は、特殊なタンパク質が脳の中に蓄積し、正常な神経細胞を変化させることで、脳の働きを低下させたり、萎縮を進行させたりする脳疾患だ。 従来、その原因となるタンパク質のひとつ「アミロイドβ」は脳組織で生成されるものと考えられ ...
エーザイ株式会社とバイオジェン・インク (米国)は、アルツハイマー病(AD)治療剤の共同開発・共同販売に関して提携契約を拡大しました。この契約により、エーザイは、 ...
抗精神病薬「ブレクスピプラゾール」アルツハイマー型認知症に伴う行動障害(アジテーション)を対象とした追加フェーズ3 試験の実施について」適時開示はPDFで閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるもの ...
若年性アルツハイマー型認知症を宣告された50代の弁護士・本庄英久が、徐々に記憶を失っていく中で過去の事件を暴き、家族と向き合っていく様を描く。 息子を自動車事故で失った過去を持つ主人公の本庄役を演じるのは中井貴一。ドラマ『HERO』『5→9~私に恋したお ...
父母は長野県の実家で2人暮らしで、ともにアルツハイマー型認知症と1年以上前に診断されました。道路交通法では、認知症は免許取り消し・停止の対象です。買い込んだ食品を腐らせるといった症状もあらわれ、月に1、2度の帰省時に「運転をやめて」と懸命に説得しました。
高齢者の4人に1人が認知症又はその予備群と言われる現在、認知症は人ごとではない身近な病気となりました。本セミナーでは、55歳で若年性アルツハイマーを発症されたお母さまの介護を続ける岩佐まりさんの介護体験をベースに、認知症の早期発見と早期治療、そして正しく ...
抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2017年10月26日(木)
2017年8月に「認知症疾患 診療ガイドライン2017」(以下、診療ガイドライン)が発刊されました。今回は、このガイドラインに掲載されているアルツハイマー型認知症の薬物療法と道路交通法に焦点を当て、批判的立場から私の意見を述べてみたいと思います。 抗認知症薬の ...
人の認知症には、アルツハイマー型認知症(全認知症の約60%を占めます)や脳血管型認知症(全認知症の約20%を占めます)、レビー小体型認知症などがあります。一方、犬の認知症は、認知障害症候群もしくは認知機能不全症候群と呼ばれ、人のような分類はされていませ ...
認知症にかかるコストは医療費以外も含めて世界で110兆円に上ると言われますが、30年にはこれが倍増すると予測されています。しかも、このうち8割は医療費ではなく、介護など社会的費用とされ「家族の負担軽減なども含めた価値の評価を実現することが必要」と訴えました ...
認知症の3分の1は防げる?40代から出来る対策とは - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年10月24日(火)
7月、権威ある専門誌『THE LANCET』に「認知症の3分の1は、予防しうる」とする論文(*1)が掲載されました。 認知症は、記憶をはじめとした認知能力が衰え、自力で日常生活を送ることが難しくなる状態です。その原因となるアルツハイマー病など脳の病気を治す方法は、残念 ...
歯周病の治療や予防が、認知症リスクの低減につながる理由とは? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月23日(月)
川崎さん「歯周病を放置した場合に、歯周病菌によって酪酸が産生されることがあります。この酪酸が、アルツハイマー型認知症の発症リスクを高める可能性があると言われているのです。口腔内で歯周病菌によって産生された酪酸が、血管を通して脳に到達すると、その部分で鉄 ...
今年4月、京都で「国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」が開催されるのを機に、プレイベントとして、2月に東京と大阪で国際シンポジウム「認知症になっても安心して暮らせる街~認知症フレンドリーコミュニティー~をめざして」を開いた。英国アルツハイマー協会の ...
アルツハイマー型認知症の予防に赤ワインが良いってホント?? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年10月21日(土)
年齢を重ねるにつれ、不安が高まるアルツハイマー型認知症。予防策についてはまだまだ不明な点が多いが、最近の研究によれば、なんどアルツハイマー型認知症の予防に赤ワインが良いというから驚きだ。詳しい話を、医学博士の栗原さんに聞いた。 □□今回のアドバイザー
正念場の認知症研究、新薬不発 発症前治療に転換 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。発症前から治す必要があると発想を転換する動きが出始めた。国内では認知症を患う人が2025年に約700万 ...
正念場の認知症研究、新薬不発 発症前治療に転換 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月16日(月)
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。
アルツハイマー原因物質に疑念? 認知症治療の最前線 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月15日(日)
アルツハイマー病治療薬を開発するうえで有力な戦略とされてきた「アミロイド仮説」に対する疑念が表面化している。脳での有害なアミロイド(アミロイド・ベータ)沈着を妨げる働きがあるとされた治療薬候補が治験で十分な結果を残せなかったためだ。アミロイド仮説は死んだの ...
あるとき、物忘れ外来を通院中の80代のアルツハイマー型認知症の女性を母親に持つ娘さんが、私におっしゃいました。 どういうことがあったのか尋ねると、女性はデイサービスに行って途中で帰ってきた際、娘さんに「しんどくなったから、途中で帰宅した方がいいといわれて帰っ ...
同大は、精神医学、心理学および神経科学の研究で英国内で1位にランク付けされており、認知症に関する研究論文の数では世界で1、2を争う存在です。アルツハイマー病やパーキンソン病の研究における9人のノーベル賞受賞者を輩出するなど、脳と神経系の働きに関する画期 ...
「認知症が死因」認識弱く 予防や治療の壁に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年10月13日(金)
アルツハイマー型認知症が原因で死亡したのに死因として算定されにくい実態が明らかになってきた。2025年に患者数は700万人超と試算され、死を招く病であるはずだが、肺炎などアルツハイマーが引き起こした別の疾患による死亡と医師が認定するケースが多かった。
これは、「突然の怒りの爆発」であり、言葉の攻撃「叫ぶ、ののしる」、あるいは身体的攻撃「叩く、殴る、蹴る、噛む」などの激しい行動が突然出現した状態を言います。アルツハイマー型認知症の人の約40%に見られると報告されていますが、本人を取り巻く環境が原因のようです。