介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症とアルツハイマー病発症リスクとの間に関連が認められたとの研究論文を発表された>. 国際アルツハイマー病協会(ADI)によると、世界全体の認知症患者数は2015年時点で4600万人を超え、2050年までには1億3150万人規模に増加 ...
印刷ボタン. 非常に高度なアルツハイマー病に対する抗認知症薬の有効性のイメージ. 高度なアルツハイマー病(AD)において、抗認知症薬(ADD)の処方をいつまで行うべきかに関するエビデンスは、不十分である。韓国・釜山大学病院のYun Jeong Hong氏らは、ドネペジル ...
東京都は、「世界アルツハイマーデー」を記念して平成19年度より、毎年9月に認知症の正しい理解を促進するためのシンポジウムを開催しています。今年は9月15日(土)に開催、「認知症とともに暮らす~介護者への支援について考える~」をテーマに、講演・パネル ...
あなたの「スマホ認知症」危険度チェック(1)脳にゴミをためているような状態 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月10日(金)
私が開設している『もの忘れ外来』の患者さんは、かつては大半が認知症の不安を抱えた高齢者の方たちでした。ところが、5年ほど前から30代~50代の働き盛り世代が目立つようになり、現在は約5割が65歳までの世代。皆さん、自分はアルツハイマー型認知症ではないか、と ...
介護者に負担を強いる認知症、予防できるの?:日経ビジネスオンライン - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了) 2018年08月07日(火)
認知症は、患う本人だけでなく、介護者にも大きな負担をかける。認知症をきたす疾患は多い順にアルツハイマー病と血管性認知症。アルツハイマー病は今なお明確な予防 ...
お金の問題に直結する"認知症対策"の要点 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年08月07日(火)
認知症とは病気の名前ではなく症状です。認知症を起こす病気はアルツハイマーをはじめ約100種類。認知症は治らないと思っている人が多いのですが、実は外科的な手術やビタミン剤を飲む程度で治るものもあります。専門病院である認知症疾患医療センターでCT、MRI、PET ...
過去に行われた複数の調査で、2型糖尿病と認知症が密接に関係していることが示されてきた。本誌米国版によると、そこで米コロンビア大学の研究者たちは、本当に2型糖尿病が認知症のリスクを高めるのか検証するため、高齢者2226人を対象に7年にわたる追跡調査を実施 ...
認知症は「先送り」めざして 長生きすればリスク誰でも - asahi.com (媒体での記事掲載終了) 2018年08月01日(水)
アルツハイマー型認知症の原因としていまのところ有力なのが、脳に異常なたんぱく質がたまるなどして神経細胞が障害を受けるというものです。この異常たんぱく質は、早い人では40代からたまりはじめます。80代になると、認知機能が正常な人も含め9割以上にこのたんぱく質 ...
私が開設している『物忘れ外来』の患者さんは、かつては大半が認知症の不安を抱えた高齢者の方たちでした。ところが5年ほど前から30代~50代の働き盛り世代が目立つようになり、現在は約5割が65歳までの世代。みなさん、自分はアルツハイマー型認知症ではないか、と ...
認知症の中で最も多いのが、アミロイドβなどのたんぱく質が脳に蓄積して脳の神経細胞が死滅していくのが主な原因とされる「アルツハイマー型認知症」。次に多いのが、脳梗塞や脳出血などが原因となり脳の血液循環が悪くなり、脳の一部が壊死する「脳血管性認知症(血管性 ...
アルツハイマー型認知症の引き金になると見られているのが脳内でのアミロイドβ(タンパク質の一種)の沈着です。この沈着が起きると脳に老人斑(アミロイド斑)が生まれます。動物実験で対象の動物を断眠(眠らないように)すると、脳のアミロイドβの沈着が3倍に増えるというの ...
大好きだった“わたしのお婆ちゃん”が、気がついたらアルツハイマー型認知症になっていた——。 認知症になった実家の祖母との暮らしや介護についてつづったニコ・ニコルソンさんのエッセイマンガ『わたしのお婆ちゃん〜認知症の祖母との暮らし〜』(講談社)が6月に発売されまし ...
AAIC(R) 2018で集中血圧治療が軽度認知障害と認知症の新症例を減らす初の臨床試験発表(下) - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月27日(金)
この研究結果は、アルツハイマー病ないし他の認知症のリスクがある、あるいは現在罹患している高齢のLGB+の個人向けの文化的に有益なヘルスケアおよび習慣の必要性を強調している。社会的孤立と、友人や家族介護者へのアクセスが往々にして制限されていることが懸念 ...
AAIC(R) 2018で集中血圧治療が軽度認知障害と認知症の新症例を減らす初の臨床試験発表(上) - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月27日(金)
シカゴ開催のAlzheimer's Association International Conference(AAIC)2018(2018年アルツハイマー病協会国際会議)で報告された新研究結果のハイライトは、集中血圧治療が軽度認知障害(MCI)の新症例、およびMCIと各種原因による認知症の複合リスクを減少させる ...
エーザイは開発中のアルツハイマー型認知症治療薬が臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認した。世界の認知症患者は2050年に1億3000万人を超える。世界の競合他社が相次ぎ認知症薬開発で挫折する中、エーザイへの期待は大きい。だが今回は中間の ...
エーザイの認知症薬、実用化の壁なお高く - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月26日(木)
エーザイは開発中のアルツハイマー型認知症治療薬が臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認した。世界の認知症患者は2050年に1億3000万人を超える。世界の競合他社が相次ぎ認知症薬開発で挫折する中、エーザイへの期待は大きい。だが今回は中間の ...
エーザイの認知症薬、実用化の壁なお高く :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月26日(木)
エーザイは開発中のアルツハイマー型認知症治療薬が臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認した。世界の認知症患者は2050年に1億3000万人を超える。
エーザイは開発中のアルツハイマー型認知症治療薬が臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認した。世界の認知症患者は2050年に1億3000万人を超える。
認知症は、その原因によりアルツハイマー型が50%、脳血管性20%、レビー小体型が約20%、その他が10%(そのうち5%がパーキンソン病の認知症)とされる。レビー小体型認知症は、脳の大脳皮質や呼吸などにかかわる脳幹など様々な場所にレビー小体が蓄積する病気だ。
エーザイは26日、開発中のアルツハイマー病治療薬の臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認したと発表した。実用化に向けた第2段… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 無料・有料プランを選択.
エーザイの認知症薬候補、最終治験へ 効果確認を説明 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年07月26日(木)
エーザイは26日、開発中のアルツハイマー治療薬の第2相臨床試験(治験)で認知機能の低下を抑える効果を確認したことを受け、都内で説明会を開いた。臨床開発を担当する津野昌紀上席執行役員は「しっかりしたデータが得られた」と述べ、製品化前の最終段階にあたる大 ...
「BAN2401」については、既に公表されたとおり、早期アルツハイマー病(軽度認知障害から軽度アルツハイマー病)を対象とした201試験の結果について口頭発表を予定しています。本試験については、進行抑制およびバイオマーカーエンドポイントであるアミロイドPETによる脳内 ...
【シカゴ2018年7月24日PR Newswire=共同通信JBN】シカゴのAlzheimer's Association International Conference (AAIC) 2018(2018年アルツハイマー病協会国際会議)で発表された新たな研究は、アルツハイマー型認知症を患っている人々が経験する非認知症状に対する ...
シカゴでの2018年Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2018(2018年アルツハイマー病協会国際会議)で報告された研究は、女性の出産歴と認知症リスクの初の大規模研究を含め、生涯における認知症やアルツハイマー病と関係のある性差を浮き彫り ...
シカゴでの2018年Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2018(2018年アルツハイマー病協会国際会議)で報告された研究は、女性の出産歴と認知症リスクの初の大規模研究を含め、生涯における認知症やアルツハイマー病と関係のある性差を浮き彫り ...
大好きだった“わたしのお婆ちゃん”が、気がついたらアルツハイマー型認知症になっていた——。 認知症になった実家の祖母との暮らしや介護についてつづったニコ・ニコルソンさんのエッセイマンガ『わたしのお婆ちゃん〜認知症の祖母との暮らし〜』(講談社)が6月に発売されまし ...
今、アメリカ市場では認知症の改善効果をうたう健康サプリが広く出回っており、医薬品と異なり規制が緩く安価なため、脳の機能低下やアルツハイマー病に不安を感じる中高年層から高い人気を得ています。しかし、認知症に確実な治療法はなく、あるかのように思わせることは ...
宝塚歌劇団出身で舞台や映画、テレビで活躍した女優の朝丘雪路さん(本名・加藤雪江)が4月27日に82歳でこの世を去った。5年ほど前からアルツハイマー型認知症を患い、2009年から別居していた夫の津川雅彦さん(78)が3年ほど前から同居し、介護をしていた。45年間、 ...
これまでに書いてきたように、認知症の中でもっとも数が多いのはアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)で、全体の60~70%を占めると言われていますが、若年性認知症(65歳未満で発症する認知症)では血管性認知症の割合が高くなります。診療所のデータでは若年 ...
エーザイは米バイオジェンと共同開発中のアルツハイマー型認知症(AD)治療薬「BAN2401(開発コード)」について、第2相臨床試験で有効性を確認した。臨床症状の進行 ...