介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
認知症とパーキンソン症状を主症状とする新たな神経変性疾患を発見-北大 - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年01月19日(金)
臨床症状からパーキンソン症候群の疑いがあると診断したが、診療した患者のうち亡くなった1名の脳を神経病理学的に検討したところ、海馬、淡蒼球、視床下核、黒質などと呼ばれる脳の部位を中心に神経変性が認められたという。この患者は、同部に神経原線維性変化が顕著だったが、アルツハイマー型認知症で認め ...
エーザイ株式会社と米バイオジェン・インクは、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体BAN2401について、患者856人による臨床第Ⅱ相試験(201試験)の12カ月時点の解析において、ベイジアン解析に基づく成功基準である主要評価項目を満たさなかったことを発表しました。 今後は、事前に規定したプロトコルに従い本盲検 ...
研究成果が、英専門誌の電子版に掲載された。認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えられている。 研究グループは、アルツハイマー病を発症するマウスに歯周病菌を感染させて、歯周病では ...
歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するという。 研究成果が、英専門誌の電子版に掲載された。認知症の6割を占めるとされるアルツハイマー病は、脳の神経細胞の中にアミロイドβというたんぱく質の「ゴミ」がたまり、神経細胞が徐々に死滅することが原因と考えら ...
歯周病が認知症の症状を悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、名古屋市立大学などの研究グループが解明した。歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし、認知症の症状が悪化するという。 研究成果が、英専門誌の電子版に掲載された。認知症の6割を ...
認知症発症の「脳」で何が起きているか - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月31日(日)
認知症が発症したとき、脳では何が起きているのか。脳変性疾患の場合、脳にたまった異常タンパク質が脳の神経細胞の働きを邪魔することで、病的変化が起こっていく。 アルツハイマー型認知症には脳が萎縮する病気というイメージがあるが、それは脳細胞が死んで減っていくためだ。MRIやCTなど画像診断による検査 ...
認知症関連書籍 新刊案内 12/31 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月31日(日)
認知症は生活習慣病の終着駅」。認知症の6割を占めるアルツハイマー型を元気なうちに予防するための、食事、脳と体を使う運動、ゲームやパズル、生活習慣の4種のトレーニング方法をひろかわクリニック院長、広川慶裕先生が紹介します。 「脳と体が若返る認トレ?で認知症にならない! (オレンジページ)」知ってる?認 ...
高瀬 認知症の原因となる病気って実は80種類くらいあると言われてるんです。特に知られているのは1906年にアルツハイマー先生が発見したアルツハイマー型認知症で、日本に200万人弱いるだろうと推計されています。アルツハイマー型の認知症の特徴は、エピソードをまるごと忘れちゃうの。たとえば、昨日の朝飯に何 ...
認知症に関するニュースは、日々多くのメディアで取り上げられています。 様々なメディアのニュースや特集記事の中から、興味深いものや読み応えのある記事を、編集部がピックアップして紹介します。 アルツハイマー病による認知症は予測できるのか(MEDLEY). 軽度認知症から将来アルツハイマー病による認知症 ...
この試験では、20人の認知症患者さん(内訳:アルツハイマー病18名、アルツハイマー病を伴う血管性認知症1名、アルツハイマー病を伴うレビー小体型認知症1名)で、DL・POホスファチジルコリン2粒を朝1回または朝夕1粒ずつを毎日6か月間とってもらいました。 実施中に2名の継続中止がありましたが副作用ではなく ...
若年性アルツハイマー型認知症の夫(62歳)を世話していた妻の話です。妻が外出から帰って、夕食の支度をしていると、夫が傍にきて、妻の顔を見るなり、「なぜおまえがここにいるのだ」と怪訝な顔で妻を睨んだそうです。その数日後、妻が寝室に入って寝ようとしたとき、そこにいた夫が突然、実の妹の名を呼んで、「お前 ...
認知症、日常会話で検査 京都府立医大など - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月25日(月)
京都府立医科大学の大庭輝特任助教らの研究グループは、日常会話で認知機能を簡単に検査する技術を開発した。介護現場や家庭などでアルツハイマー病などの認知症患者の早期発見につながる。高齢者の会話を促進し、認知症予防も見込めると期待しており、高齢者施設などで活用を広げる考えだ。 認知 ...
布施博、実母が認知症に!「ドッグフードはおかあさんのお菓子じゃないん ... - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月22日(金)
俳優の布施博(59)が22日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演。実母・雅子さんがアルツハイマー型認知症を患っていることを明かした。 東京・あきる野市の自宅で妻の和子さんと雅子さんと暮らして【芸能】
エーザイが大幅安、米社と開発中の認知症新薬に失望売り - 会社四季報オンライン (媒体での記事掲載終了) 2017年12月22日(金)
エーザイ(4523)がまとまった売り注文を浴びて大幅安。午前9時45分現在で前日比968円(13.6%)安の6150円で東証1部の値下がり率銘柄ランキングのトップとなっている。 米バイオ製薬大手のバイオジェンが当社と共同開発中の早期アルツハイマー治療薬「BAN2401」に関し、臨床試験(治験)第2相の経過として現 ...
介護施設でリハビリの日々…“爆撃機”ゲルト・ミュラー氏の現在とは - サッカーキング (媒体での記事掲載終了) 2017年12月21日(木)
抜群のポジショニングと驚異的な決定力の高さで得点を量産し、“爆撃機”の異名を取った元ドイツ代表のゲルト・ミュラー氏。アルツハイマー型認知症を発症したこともあって、近年は公の場に姿を見せることはなくなったが、伝説のストライカーは介護施設で積極的にリハビリに励んでいるという。19日付のドイツ紙『ビルト』が伝えた ...
「いてくれるだけでいい」 認知症の夫を支える妻の思い - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月18日(月)
太田さんは当時56歳。1949年生まれの「団塊の世代」で、長崎県諫早市で暮らしていた。04年夏にアルツハイマー病と知らされ、翌春、「認知症と明るく生きる」をテーマに講演を始めた。 主治医の菅崎弘之さん、作業療法士の上村(うえむら)真紀さんとの、3人による座談風「トリオ講座」。聴衆の質問にも答えるざっくばらん ...
最近顔が覚えられない…それ認知症のサインかも - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月17日(日)
それは、もしかするとアルツハイマー型認知症の予備群に入ったサインかもしれません。 熊本大の研究チームは、人の顔を短期記憶できない場合は、軽度認知障害の疑いがあることを見いだした。英科学誌のサイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。軽度認知障害は放置すると認知症に進行する可能性が高く ...
最近顔が覚えられない…それ認知症のサインかも - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月17日(日)
それは、もしかするとアルツハイマー型認知症の予備群に入ったサインかもしれません。 熊本大の研究チームは、人の顔を短期記憶できない場合は、軽度認知障害の疑いがあることを見いだした。英科学誌のサイエンティフィック・リポーツ(電子版)に掲載された。軽度認知障害は放置すると認知症に進行する可能性が高く ...
リスク減らし予防を 認知症の専門医が講演 日田市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年12月15日(金)
県認知症疾患医療センターに指定されている日田市の上野公園病院の長野浩志院長が、同市で認知症予防について講演した。認知症と、病気や生活習慣との因果関係を示しながら予防策、リスク低減策を解説。「身近なものとして予防に取り組んで」と呼び掛けた。 認知症には、アルツハイマー型やレビー小体型 ...
特に、女性でこの傾向が顕著に見られ、70歳の時のBMIの値が1増えるごとに、アルツハイマー型認知症の発症リスクが36%増えることがわかりました。 このような報告は数多くあるものの、肥満と認知症発症の関係は明らかではありません。そこで、中国の山東大学のZhuang博士らのグループは、肥満とアルツハイマー ...
九州の3会場で開催福岡シティ福祉サービスの主催による「認知症の理解とBPSD~認知症の理解と周辺症状、介護記録から介護計画立案まで~」が九州の3会場で開催される。現在、認知症とくにアルツハイマー型認知症が世界的に問題となっており、日本の福祉施設でも認…
株式会社わかさ生活(京都市)は、12月7日(木)の生命科学系学会合同年次大会において、アルツハイマー型認知症の予防に繋がる可能性がある、鳥取大学との共同研究「アミロイド線維形成抑制に働く天然物化合物の探索」を発表しました。
認知症と診断されても、その段階ではまだ自身でできることは沢山残っていることでしょう。認知症の進行予防において、家庭内で本人の役割や出番を作って、前向きに日常生活を送ることは大切なことです。アルツハイマー型認知症の治療には、書き取りやドリルなどの認知リハビリテーションのみではなく、昔の出来ことを思 ...
歌って家事をするだけで認知症対策に! 脳を活性化させるトレーニング「認トレ」の実践方法 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年12月10日(日)
65歳以上の4人に1人は発症していると言われる病気・認知症。2017年11月30日(木)に発売された『脳と体が若返る認トレ(R)で 認知症にならない!』では、認知症を予防するトレーニング法「認トレ(R)」を紹介している。 どんな人でも発症する可能性のある認知症だが、最新の研究ではアルツハイマー型の発症リスクが ...
この研究は「メタアナリシス」という複数の研究のデータをまとめて解析するという手法で、研究の世界では最も信頼性が高い研究手法として知られています。その研究ではビタミンDの血中濃度が高い方が認知機能テストの点数が高く、アルツハイマー病ではそうでない人と比べてビタミンDの濃度が低かったということです ...
酒田虎夫さん(仮名)74歳は、2年前にアルツハイマー型認知症と診断され、要介護2で、妻の由美さん(仮名)が在宅で介護しています。週3回、デイサービスを利用し、その間由美さんは、趣味の陶芸教室に通い、普段さほど負担も感じず世話をしてきました。2週間前、虎夫さんは初めてデイサービスの施設にあるショー ...
スペアミントのロスマリン酸がアルツハイマー型認知症の予防に対する可能性を発見! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了) 2017年12月07日(木)
厚生労働省によると、2012年では65歳以上の高齢者の15%(約462万人)が認知症を発症しており、2025年iには認知症患者は約700万人、さらに軽度認知障害(MCI)患者数を加算すると約1,300万人が認知症を患っている可能性があると発表されています。 認知症の中でも「アルツハイマー型認知症」は、最も多い割 ...
... 「アルツハイマー病の治療薬開発を目指して、バイオマーカーを用いて認知症早期段階を詳しく定義しようという動きが進んでいる。最も新しいものは、症状とは無関係に、アミロイド、タウ、神経細胞死の3つのバイオマーカーで患者を分類するものが提唱されている」。11月24日から金沢市で開催された第36回日本認知症 ...
18F-フルテメタモールPETによって軽度認知障害からアルツハイマー病による認知症に進行するかどうかを予測した2件の研究が見つかりました。 対象者数は2件の合計で243人でした。3年追跡した時点で81人(36.2%)がアルツハイマー病による認知症に進行していました。 3年時点でアルツハイマー病による認知症に ...
糖尿病性認知症(DrD)の背景病理は、加齢に伴う海馬領域を中心に神経原線維変化が出現するタウ蛋白異常症(primary age-related tauopathy;PART)がメインで、アルツハイマー型病理は少ないことが示された。11月24日から金沢市で開催された第36回日本認知症学会学術集会で、東京医科大学高齢総 ...