介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
メモに書いてある症状は、鬱というよりはアルツハイマー型認知症の初期症状と一致します。また認知機能検査では軽度の物忘れがあり、脳の磁気共鳴画像装置(MRI)検査では軽度の海馬(かいば)の萎縮を認めました。そのため、アルツハイマー型認知症の初期と診断すること ...
認知症になると何もできない、もう終わりだ――なんて思っていないだろうか。答えは否、だ。39歳のときにアルツハイマー型認知症と診断された仙台市の丹野智文(ともふみ)さん(43)は、今も仕事を続け、妻や子どもたちとともに幸せな日々を送っている。病気とつきあい、ともに ...
アルツハイマー病の診断・治療の最先端の情報を知ることができる無料公開シンポジウムが、6月16日(金)に開催されます。 シンポジウムのタイトルは「アルツハイマー病 診断・治療の将来展望:2017年」。臨床、イメージング、ナノテクノロジー、創薬、メディアといった多ジャンル ...
あなたの地域にも…ぜひ連絡を 認知症5団体が全国の拠点地図(1/3 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月24日(水)
国立京都国際会館(京都市左京区)で4月に開かれた「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」で、認知症に関わる国内の当事者組織5団体が、各都道府県にある ...
米製薬大手バイオジェンの研究開発トップ、マイク・エーラーズ上級副社長が来日し、日本経済新聞の取材に応じた。認知症の一種であるアルツハイマー病向けに開発中の治療薬「アデュカヌマブ」について「従来と薬の作用機序が全く違う。これまでの試験結果から認知機能低下 ...
【認知症だより(4)】国際会議が教えてくれたこと(1/2ページ) - 産経WEST - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月17日(水)
ADI(国際アルツハイマー病協会)と「認知症の人と家族の会」が共催して4月27~29日、国立京都国際会館(京都市左京区)で開いた国際会議が終了しました。参加者は…
升毅 映画初主演、体当たりの介護シーンでたどり着いた答え - エキサイト ... - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月15日(月)
そう語るのは、俳優の升毅(61)。若年性アルツハイマーの妻と、自らもがんを克服しながら、12年間にわたり妻の介護を続けた夫との夫婦愛をユーモアに包んだ語り口で ...
「DLBは老化に伴って神経細胞が死んでいき、認知症などの症状が現れてくる『神経変性疾患』のひとつです。この疾患=認知症ではなく、認知機能障害で自立した生活ができなくなった状態を認知症と呼びます。DLBは認知症のなかではアルツハイマー病、脳血管性認知症に ...
アルツハイマー病の謎を解く:認知症研究2025年問題」(大阪府) - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月14日(日)
公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団が主催する新適塾、「脳はおもしろい」の第17回会合「アルツハイマー病の謎を解く:認知症研究2025年問題」が2017年7月5日(水)、17時30分~20時まで、千里ライフサイエンスセンタービルにおいて開催されます。研究者の交流を ...
認知症国際会議では、「テクノロジーと認知症」をテーマにしたセミナーもあった。オーストラリア・アルツハイマー協会は、認知症の人の世界を仮想現実(VR)で疑似体験できるキットを紹介した。「認知症の人が日常生活のどんなところで困るのかを体験できるテクノロジーで、認知 ...
がん、認知症のリスクも…“かくれ高血糖”予備軍の特徴16 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年05月10日(水)
血糖値が正常な人に比べて、かくれ高血糖の人の死亡リスクは2倍になるといわれています。体内の活性酸素の増加などにより、がんの発症リスクも上がります。また、多量のインスリンのために脳内の不要なタンパク質を分解する働きが低下し、アルツハイマー型認知症にもなり ...
認知症になって22年、68歳女性「知ってほしいこと」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年05月09日(火)
4月29日まで京都市で開かれた国際アルツハイマー病協会国際会議(認知症国際会議)には、22年間にわたり認知症とともに生きるオーストラリアのクリスティーン・ブライデンさん(68)も参加しました。13年前に同じ会場であった国際会議で本人活動の重要性を訴えた ...
4月29日まで京都市で開かれた国際アルツハイマー病協会国際会議(認知症国際会議)には、22年間にわたり認知症とともに生きるオーストラリアのクリスティーン・ブライデンさん(68)も参加しました。13年前に同じ会場であった国際会議で本人活動の重要性を訴えた ...
若年性認知症の悲劇 仕事でミス続き社内で孤立、退職に追い込まれ ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了) 2017年05月03日(水)
若年性認知症を47歳で発症し、退職後にアルツハイマー病と診断された男性の妻が、初診日が在職中でなくても障害厚生年金を受給できるよう、法改正を求める署名活動を ...
など話題作を手掛けてきた佐々部清監督の最新作『八重子のハミング』が5月6日より公開されます。ガンに冒された夫がアルツハイマー病にかかった妻を12年間介護し、家族と一緒に寄り添う日々を綴った感動のヒューマンドラマ。MAG2 NEWS世代にもリアルな問題とも思える ...
京都市で開かれていた第32回国際アルツハイマー病協会国際会議は29日、閉幕した。本人の視点を重視し、「ともに新しい時代へ」をテーマに掲げた会議を反映し、認知症の人の参加は過去最多の200人を超えた。 終了後の記者会見で、国際アルツハイマー病協会のマーク・ ...
若年性認知症の施策など議論 アルツハイマー国際会議が閉幕 :日本 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月30日(日)
京都市で4日間開かれていた第32回国際アルツハイマー病協会国際会議が29日、閉幕した。70以上の国や地域から認知症の人や家族、介護福祉士など約4000人が参加 ...
認知症国際会議が閉会 4千人参加、当事者約200人も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月29日(土)
閉会式で、主催する「認知症の人と家族の会」の高見国生(くにお)代表理事(73)は「今回の交流が、世界の認知症問題の(改善へ向けた)進展と発展に大きな力になる」と話した。閉会式のあとの記者会見で、共催の国際アルツハイマー病協会のマーク・ウォートマン事務局長は、 ...
「災害時も認知症患者に適切な治療、ケアを」 国際アルツハイマー病会議 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
世界中の認知症の専門家や当事者らが集まる「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」は28日、「認知症と災害」についてのセッションが行われた。日本の医師が、東日本大震災後の認知症の患者や家族らの状況について報告し、日頃からの備えを訴えた。 東京都健康 ...
災害時の認知症者支援不十分 国内外の事例報告 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月28日(金)
東日本大震災や2005年のパキスタン地震などの経験を基に「認知症と災害」について考える講演会が28日、京都市の国立京都国際会館であった。各国から認知症の当事者や家族、専門家が集う「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」(29日まで)のプログラムの一つ。
連載: プライマリケア医のための認知症診療講座 - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などを診断する際、「医学的疾患であるから、エビデンスに基づいた診断をすべきである」「科学的根拠に基づいた依った診断が求められる」などと言われることがありますが、実臨床でそれは本当でしょうか。そもそも認知症の診断は ...
開会式で、主催の「認知症の人と家族の会」の高見国生(くにお)代表理事(73)は「認知症の人も家族も、さらに生きやすく幸せになれる時代をともに作ろう」と呼びかけた。共催の国際アルツハイマー病協会のグレン・リーズ議長は「認知症が世界に重要事項として認識される時に ...
認知症 本人の意思重視へ 京都で国際会議、患者も参画 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月27日(木)
世界各国から認知症の人や家族、専門家らが集まり、地域づくりや最新の科学的知見を話し合う「第32回国際アルツハイマー病協会国際会議」の開会式が27日午前、京都市の国立京都国際会館であり、実質的な議論が始まった。29日まで。 日本での開催は2004年に続き13年 ...
認知症を正しく理解し、本人やその家族を支える「認知症サポーター」。12年前に日本で始まったこの取り組みが計11カ国、約1200万人に広がっている。京都市で26日から始まった国際アルツハイマー病協会国際会議(認知症国際会議)で、その活動が報告される。同会議 ...
明日はわが身の認知症。厚生労働省の推計では、現在500万人近い認知症の患者数が、2025年には約700万人に達するといわれています。わが国の最大の社会問題に違いありません。そんな中、少しでも発症を遅らせることはできないものかと連載を始めて4年目に入りまし ...
アルツハイマー国際会議 運営担う認知症の杉野文篤さん:朝日新聞 ... - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年04月24日(月)
杉野文篤さん(64) 「認知症の人が百人いれば百様の困りごとがある。だからできるだけ多くの人に、こうして抜け出したんだよと発言してほしい」 70以上の国と地域から認知 ...
2013年、イギリス医学研究評議会の研究チームが「動物の脳細胞が死ぬのを止めること」に世界で初めて成功し、世界中でニュースとなりました。しかし、この実験で使用 ...
中国における老人性認知症の疫学及び介入のための施策 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了) 2017年04月17日(月)
中国における老人性認知症罹患率に係る研究は比較的少なく、60歳以上の高齢者では0.9~1.2%とされている。中国でもアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症は最もよく認められる2種類である。認知症全患者数のうち、アルツハイマー型認知症が50~70%を占め、脳 ...
認知症の母との日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』(2012年製作)のヒットに続き、続編『毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編』を2014年に公開した映画監督の関口祐加さんは、次回作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』の上映に ...
認知症の母との日常を記録したドキュメンタリー映画『毎日がアルツハイマー』(2012年製作)のヒットに続き、続編『毎日がアルツハイマー2 関口監督、イギリスへ行く編』を2014年に公開した映画監督の関口祐加さんは、次回作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル』の上映に ...