介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
人間の寿命が延び、世界の平均寿命は2000年時点より5歳延びて71歳を超えている。だが、高齢化に伴う最大の疾患の一つであるアルツハイマー型認知症をどのように克服するかは、まだ解明されていない。脳を萎縮させるこの進行性の病は、公衆保健上世界最大の課題の ...
T-817MA、軽~中等度のアルツハイマー型認知症のP2試験で有効性確認-富士フイルム - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月24日(月)
... 中等度(認知機能の簡易検査MMSEのスコア:12~22点)のAD患者を対象に、高用量(448mg)、低用量(224mg)のT-817MAまたはプラセボを52週間投与。認知機能の評価項目のADAS-cogや全般的臨床症状改善度の評価項目ADCS-CGICを主要評価項目として、52週 ...
... 「臨床試験(治験)のために医師から紹介された人でも、大半は基準から外れている」。米製薬大手バイオジェンのマイク・エーラーズ上級副社長は、アルツハイマー病の診断の難しさに苦渋の表情を浮かべる。 同社はアルツハイマー病治療薬を開発中で、日本などで最終段階 ...
認知症でも働ける 丹野智文さんが編み出した“ノート2冊の仕事術” - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月23日(日)
... 「ネッツトヨタ仙台」でトップ営業マンだった丹野さんは30代半ば頃から体に異変を感じ始めた。お客さんの顔を忘れる、受話器を置いた途端に用件を忘れる。「若年性アルツハイマー型認知症」と診断されたのは39歳の時だ。当時娘たちは小学生と中学生。どんな仕事でもいい ...
認知症でも働ける 丹野智文さんが編み出した“ノート2冊の仕事術” - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月23日(日)
... 「ネッツトヨタ仙台」でトップ営業マンだった丹野さんは30代半ば頃から体に異変を感じ始めた。お客さんの顔を忘れる、受話器を置いた途端に用件を忘れる。「若年性アルツハイマー型認知症」と診断されたのは39歳の時だ。当時娘たちは小学生と中学生。どんな仕事でもいい ...
認知症予防などに関するランセット国際委員会は20日、ロンドンで開催されたアルツハイマー病協会国際会議で、「認知症のリスクファクターのうち、約35%が生活習慣に起因するもの」であり、予防できる可能性がるとの考えを示した。同委員会は生活習慣に起因するリスク ...
いまや世界的な問題である認知症。国際アルツハイマー病協会(ADI)によると、世界で認知症の人は2015年に4680万人、50年には1億3150万人に増加すると予測されており、認知症の治療や介護にかかるコストは、15年の8180億ドル(約91兆円)から18年には1兆ドル( ...
ランセット認知症予防、介入、ケアに関する国際委員会(Lancet International Commission on Dementia Prevention, Intervention and Care)は20日、ロンドンの2017年アルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference)(AAIC 2017)に ...
超高齢化社会だというのに、高齢者にとっては生きにくい社会ではないだろうか。高齢者が生きやすい社会にするために医療費や福祉を当てにするだけでは心もとない。 高齢者はもちろんだが、若い世代から年を重ねるということに対しての意識改革が、これからの高齢化社会を ...
富士フイルム、開発中の認知症薬が治験の最終段階に 18年度にも - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月19日(水)
富士フイルムは臨床試験(治験)を実施中のアルツハイマー病の治療薬について、重症になる前の患者に対して症状の進行を抑える効果を確認したと19日に発表した。2018年度にも最終段階の治験に入る。アルツハイマー病分野は製薬各社が新薬開発に挑んでいるが、開発の ...
認知症予防は「万能」オリーブオイルで - Newsweekjapan (媒体での記事掲載終了) 2017年07月19日(水)
研究チームはエクストラバージンオリーブオイルと認知症の関係を調べるため、マウスを使って実験。アルツハイマー病の遺伝子を組み込んだマウスを生後6カ月の時点で2つのグループに分け、片方のグループだけにエクストラバージンオリーブオイルを豊富に含む餌を与えた。
認知症は人生の終わりじゃない 「常識」変えた本人の力 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月17日(月)
ここで私が話をしようと思った理由は、認知症になったら(人生は)終わりではない。全国にいるまだまだ不安のある当事者へ、認知症でも笑顔で元気で楽しく過ごせることを知ってもらいたかったからです」. 丹野さんは、39歳でアルツハイマー型認知症と診断された元トップ営業 ...
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。発症前から治す必要があると発想を転換する動きが出始めた。国内では認知症を患う人が2025年に約700万 ...
正念場の認知症研究、新薬不発 発症前治療に転換 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2017年07月16日(日)
アルツハイマー病に代表される認知症の治療研究に、大きな難題が突きつけられている。原因物質を取り除く新薬候補はいずれも患者で効き目が表れず、相次ぎ不発。発症前から治す必要があると発想を転換する動きが出始めた。国内では認知症を患う人が2025年に約700万 ...
アルツハイマー病患者の徘徊による怪我や事故を防いでくれる ... - THE BRIDGE,Inc. / 株式会社THE BRIDGE (プレスリリース) (登録) (ブログ) (媒体での記事掲載終了) 2017年07月16日(日)
アルツハイマー病協会によると、北米では540万人の患者がいるという。この数字は、今後ベビーブーマー世代が高齢化するにつれてさらに増えていくことが予測される。
日本における認知症の人の数は2012年で約462万、25年には65歳以上の5人に1人にあたる約700万人となることが予測されています。国籍、性別、職業に関係なく誰でも発症の可能性がある国民病でありながら、「○○をすれば治る」「○○を食べれば予防できる」など誤解を ...
HDS-Rでアルツハイマー型認知症を鑑別できる? - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年07月13日(木)
認知症の判断では、「詳細な病歴聴取」と「患者さんへの丁寧な問診・診察」が基本となることを、以前から私は強調してきました。恐らくこの2つのステップをきちんと行うことができれば、その患者さんが認知症か否かの判断は可能だと思います。もし、認知症に進展している、 ...
認知症に対するココナッツオイルの効果が広まるきっかけになったのは、米国の小児科医、メアリー・T・ニューポート医師が著した「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能(SBクリエイティブ)」という本でした。著者のニューポート医師の ...
青酸化合物を使った近畿の連続殺人事件で高齢者4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判が13日、京都地裁(中川綾子裁判長)であり、被告を精神鑑定した医師が「現在、軽度のアルツハイマー型認知症」としたが「犯行に精神疾患の影響はない」と ...
衰える足腰、量が増える失禁、度重なるトイレでの排便の失敗――老衰とアルツハイマー病の両方の進行により、2016年の秋の母は弱り、ますます介護に手間がかかるようになっていった。 10月に入ると、これらに加えて過食(「介護体制が整ったと思うや、病状が進行…
認知症、でも大丈夫【第146回 老年学・老年医学公開講座】 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2017年07月12日(水)
血管性認知症であれば、脳卒中の予防が直接認知症予防に直結します。しかしそれだけでなく、アルツハイマー型認知症でも、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療で進行を抑制できた研究結果があるのです。生活習慣の管理が認知症予防に繋がることが明らかになってき ...
血管性認知症であれば、脳卒中の予防が直接認知症予防に直結します。しかしそれだけでなく、アルツハイマー型認知症でも、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療で進行を抑制できた研究結果があるのです。生活習慣の管理が認知症予防に繋がることが明らかになってき ...
2つ目は、「アルツハイマー病患者が中鎖脂肪酸油を摂取することで周辺症状(BPSD)が改善され、笑顔が増えた」という報告です。 1つ目の報告をもとにした研究では、介護老人保健施設に入所している認知症患者に中鎖脂肪酸を摂取してもらったところ、問題のあった食行動と ...
要介護3の判定が出たあたりから、私は漠然と「将来的に母をどこかの施設に預ける必要がある」と考えるようになった。 アルツハイマー病は治らない病気で、症状は進行する一方だ。そこに通常の老化も加わる。断熱もままならない築40年の古い家で、専門家ではない自分が母 ...
介護体制また崩壊、預金残高の減少が止まらない:日経ビジネスオンライン - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了) 2017年07月05日(水)
要介護3の判定が出たあたりから、私は漠然と「将来的に母をどこかの施設に預ける必要がある」と考えるようになった。 アルツハイマー病は治らない病気で、症状は進行する ...
認知症というのは、その代表的なものにアルツハイマー型認知症と脳血管型認知症の二つがあるのですがこの両者ともに血管の老化が発症の主要因子となっていることが近年の研究から明らかになっています。 それゆえ血管の健康を保つようなアプローチがそのまま認知症の ...
人間の寿命が延び、世界の平均寿命は2000年時点より5歳延びて71歳を超えている。だが、高齢化に伴う最大の疾患の一つであるアルツハイマー型認知症をどのように克服するかは、まだ解明されていない。脳を萎縮させるこの進行性の病は、公衆保健上世界最大の課題の一 ...
問診からアルツハイマー型認知症を鑑別できるか - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了) 2017年06月29日(木)
認知症診療で認知症の有無を判断するための2大ツールは、患者さんの生活状況をよく知る家族や周囲の人々からの病歴聴取と、患者さんへの問診・診察です。前回は、病歴から健常者とアルツハイマー型認知症を鑑別できるかについて述べました。今回は、問診から両者を ...
2025年には5人に1人、全国で700万人にも達すると言われる認知症。そんな中、4月26日から4日間にわたり、世界各国から認知症の人や家族、専門家ら4000人が集まる「第32回・国際アルツハイマー病協会・国際会議」が京都市で開かれた。会議では、各国の認知症対策、 ...
日本人にもっとも親しまれているお茶といえば、緑茶。「夏も近づく八十八夜~」とうたわれるように、春から夏は新茶の季節の到来です。新茶を飲むと1年間無病息災で過ごせるといわれていますが、新茶をふくめ緑茶を飲むことで将来に及ぶよいことがありそうです。 緑茶に含ま ...