介護関連ニュース 検索結果

「アルツハイマー」に一致した記事 (1000件中  1~30件目)
親ケアニュースの森TOPへ戻る | 次のページへ >
【研究背景】 認知症は加齢につれて有病率が高くなり、超高齢社会を迎える日本でも大きな社会問題となっております。 しかし、認知症の 60-70%を占めるアルツハイマー病には現在根本的な治療法がなく、予防策が重要です。当社では、認知症予防を目的として、「ブラジル産プロポリス」に着目し、研究を進めてま ...
再生医療専門病院「トリニティクリニック福岡」(福岡市)は、韓国の「バイオスター幹細胞技術研究院」のラ・ジョンチャン博士開発の世界初の静脈内複数回投与療法について承認を受け、4月12日から認知症治療を開始しました。 同クリニックは4月12日、3人の韓国人のアルツハイマー型認知症患者に対し、およそ2時間 ...
しかし、80歳を過ぎて認知症にかかり家に引きこもりがちになった。 息子のサイモンによると、テディは認知症のせいで攻撃的な言動をとることも多かったが、英アルツハイマー協会の電話相談窓口に電話すると、機嫌がよくなったという。 アルツハイマー協会に感謝の気持ちを示したいと思ったサイモンは、父と撮影した動画をウェブ ...
認知症患者の約半数を占めるとされる「アルツハイマー型認知症」は初期から記憶障害の症状があり、直前の出来事が思い出せなくなる。今年2月には神戸地裁で、スーパーで豚肉を万引したとして窃盗罪に問われた神戸市灘区の男性(87)が、ポケットに入れた商品を記憶障害によって忘れたとして無罪判決を受け ...
宇治市の新半白集会所(宇治半白)で1日、ふれあいサロン「あじさい」(阪田憲子代表)が開かれ、「認知症と共にいかに生きるか」のテーマで市内在住の伊藤俊彦さん(74)、元子さん(71)夫妻が自身の体験を振り返った。 伊藤俊彦さんは68歳でアルツハイマー型認知症と診断された。受診した府立洛南病院では ...
アルツハイマー型認知症患者の前頭葉を調べたところ、AGE(終末糖化産物)といわれる老化物質が健常な同年齢の人の3倍以上も蓄積しているという研究結果がある。浦田クリニック副院長の森田祐二医師は、定期的に自身のクリニックで「糖化検査」を受けているという。 「患者の立場として糖化状況をみています。専用 ...
アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み - Newsweekjapan (媒体での記事掲載終了) 2018年03月30日(金)
世界で4680万人が認知症を抱えて暮らしていると言われている。英紙デイリーメールによると、英国では現在、85万人が認知症に苦しんでおり、うち3分の2がアルツハイマー病だという。2017年の英国での死亡原因で一番多かったのが、アルツハイマー病だった。 アルツハイマー病の症状を抑える薬は存在するが、病気そ ...
老人ホーム施設スタッフ 高齢者女性を介助せず、床を這う姿を撮影してクビに(英) - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年03月29日(木)
英ティーズサイドのソルトバーンにある老人ホーム施設「Four Seasons Care Centre(フォーシーズンズ・ケアセンター)」に入所していたアルツハイマーと関節炎を患うヘイゼル・ブラウンさん(83歳)。彼女の娘クリスティーン・ベルさんは3月21日に施設のマネージャーから連絡を受け、その内容に驚愕した。 マネージャー ...
介護をめぐる諸問題を剔抉する書 先月、両親を老人ホームに入所させた。85歳と86歳、ともにアルツハイマー型認知症で、要介護1の判定が出ていた。彼らの徘徊と異常な言動は昨年(2017年)夏に突然始ま.
認知症の終末期では人工栄養に延命効果なし - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了) 2018年03月26日(月)
人工栄養の導入・非導入で長らく議論の対象となっていたのが胃瘻造設だろう。アルツハイマー病や老衰が進行した患者に対して、「食べられなくなったから即、胃瘻」という考えを長年批判してきた東京大の会田氏は、「人生の最終段階にある患者に人工栄養を行うことは、患者の苦痛を増すだけでメリットがないと、欧米 ...
わが国の65歳以上の高齢者の認知症有病率は約15%とされています。その中で一番多いのはアルツハイマー型認知症で、脳血管性認知症がそれに続きます。脳血管性認知症は…
認知症の世界的権威であるデール・ブレデセン医師の著書が全米で20万部を突破。日本でも2月に翻訳本『アルツハイマー病 真実と終焉』(ソシム)が出版され、わずか2週間で2万5000部というベストセラーになっている。 「今や、4人に1人が認知症になる時代。うち6割がアルツハイマー型認知症です。今までは進 ...
米食品医薬品局(FDA)が早期のアルツハイマー病(AD)に対する治療薬開発に関わるガイダンスを2018年1月29日に公表しました。 ADの治療薬開発は困難を極めています。ADの病理学的な特徴として、アミロイドβ(Aβ)の蓄積によって生じる老人斑の出現、リン酸化タウの蓄積による神経原線維変化の出現があります。こ ...
「認知症」行動で分かる“初期サイン” - 日刊大衆 (媒体での記事掲載終了) 2018年03月06日(火)
高齢化が進む現代において“国家的な課題”ともいわれる認知症。その研究は、日本国内だけを見ても日進月歩で進んでいる。「今年1月8日には、東京大学などの研究グループがアルツハイマー型認知症の原因物質といわれるアミロイドβを分解する酵素のメカニズムを解明したことを報告。また、同29日には、ノーベ ...
【どこまで分かる その検査】認知症リスク検査の最新事情 2種類の血液検査で将来の危険度判定 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了) 2018年03月06日(火)
認知症の種類の中で、最も多く約60%を占める「アルツハイマー病」。脳にアミロイドβ(ベータ)という老廃物が20年ほどかけて徐々に蓄積し、神経細胞を障害して発症する。その発症リスクを調べる2種類の血液検査がある。各検査の特徴について、認知症に詳しい「銀座内科・神経内科クリニック」(東京)の霜田里絵院長 ...
エーザイ 国内初の認知症に備える少額掛け捨て保険、保険会社と共同開発 - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了) 2018年02月26日(月)
エーザイは2月26日、セント・プラス少額短期保険株式会社(以下、セント・プラス社)と共同で認知症診断一時金保険「認知症のささえ」を開発し、セント・プラス社が同日から発売を始めたと発表した。アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症などの器質性認知症と診断された場合に、保険プランによって20万円 ...
森永乳業は、病態モデル動物を用いたアルツハイマー型認知症の予防効果の検討を行い、「ビフィズス菌A1(Bifidobacterium breve A1)」がアルツハイマー病の発症を抑える可能性があることを発見しました。今後は、ヒトに対する効果の検証を含めて研究を継続し、エビデンスを積み重ねていくとしています。
株式会社ビーアンドエス・コーポレーション(東京都千代田区)は、アルツハイマー病患者の脳で減少するプラズマローゲンを補い、認知機能改善効果のある「ホタテプラズマローゲン(R)」(国際特許出願中)配合製品が累計出荷数50万個を突破したと発表しました。 「ホタテプラズマローゲン(R)」は、ホタテから高純度で抽 ...
神戸市内のスーパーで万引きしたとして、窃盗罪に問われた同市の無職男性(87)の判決で、神戸地裁(倉成章裁判官)は23日、アルツハイマー型認知症による記憶障害で手にした商品の存在を忘れていたと判断し、窃盗の故意が認められないとして無罪(求刑罰金30万円)を言い渡した。【医療】過度なスマホ依 ...
豚肉パック万引…87歳男性に無罪判決「認知症で記憶に障害、盗む意思なかった」 神戸地裁 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月23日(金)
神戸市灘区のスーパーで、約300円の豚肉1パックをポケットに入れたままレジを通過し万引したとして、窃盗罪に問われた男性(87)に、神戸地裁の倉成章裁判官は23日、「アルツハイマー型認知症の影響で、短時間で記憶がなくなる障害があり、盗む意思はなかった」として無罪判決を言い渡した。求刑は罰金30万 ...
米製薬大手バイオジェンのミシェル・ヴォナッソス最高経営責任者(CEO)は20日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、効果に応じて患者に支払いを求める成功報酬型の導入を含め検討していることを明らかにした。日本で認知症患者の治療や介護にかかるコストは14兆円以上とされる。「患者に薬を届ける ...
認知症薬 効果で支払い 米バイオジェンCEO、導入を検討 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月21日(水)
米製薬大手バイオジェンのミシェル・ヴォナッソス最高経営責任者(CEO)は20日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、効果に応じて患者に支払いを求める成功報酬型の導入を含め検討していることを明らかにした。日本で認知症患者の治療や介護にかかるコストは14兆円以上とされる。「患者に薬を届ける ...
米バイオジェンCEO、認知症薬で「成功報酬型の支払制度の導入検討 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月20日(火)
米製薬大手バイオジェンのミシェル・ヴォナッソス最高経営責任者(CEO)は20日、開発中のアルツハイマー型認知症治療薬について、効果に応じて患者に支払いを求める成功報酬型の導入を含め検討していることを明らかにした。日本で認知症患者の治療や介護にかかるコストは14兆円以上とされる。「患者に薬を届ける ...
40代から始める認知症を防ぐための生活習慣 - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了) 2018年02月17日(土)
最新の研究によると、認知症を起こす原因の6割以上を占めるアルツハイマー病は、食事や運動、睡眠といった生活習慣を40代から見直し、必要なサプリを補うことなどで、予防できる人が多いという。さらに、認知機能を維持するために食べるべき食品、避けるべき食品も明らかになった。 アメリカで認知症から500人以上を回復させ ...
食事から糖質を摂り過ぎてしまうと、インスリン分泌量が増え過ぎます。するとインスリン分解酵素は、インスリンの分解を優先します。 そのため、インスリン分解酵素は、アミロイドβの分解をすることができなくなり、アミロイドβがたまり、神経細胞が死んでしまうと考えられています。ある研究者は、アルツハイマー型認知症を脳の糖尿病と ...
ココがキニナル 認知症が予測可能に? (2018年02月13日 17時25分) 「ココがキニナル」は、認知症の最新の研究成果に注目します。 日本の研究チームが、認知症の6割以上といわれる、アルツハイマー病の原因物質が、脳にたまっているかどうかを、簡単に検査できる方法を開発しました。 この検査法を開発し ...
アルツハイマー型認知症を撃退? ビフィズス菌の驚きの効果と可能性 [T ... - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月08日(木)
高齢化に伴い深刻な社会問題にもなっている認知症。2025年には65歳以上の5人に1人が患うことになるという予測もされています(2015年、厚生労働省)。そして、認知症の中で実に6割を占めるのが、一度発症すると治療が困難と言われるアルツハイマー型認知症です。そのような背景を踏まえ、森永乳業は東京大 ...
開発中の認知症治療薬の途中経過成績が不調だったことから昨年12月に株価急落の憂き目を見たエーザイ。その顛末は、「株価を急落させた、エーザイのアルツハイマー薬開発」に書いた。 そもそも日本では2011年7月を最後にアルツハイマー型認知症の新薬は登場していない。そして現在、アルツハイマー型認 ...
微量血液で認知症を発見 国立長寿研と島津製作所 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了) 2018年02月01日(木)
わずかな量の血液で、認知症の一種であるアルツハイマー病の原因物質が、脳に蓄積しているかどうかを調べられる検査法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)や島津製作所(京都市)などのチームが31日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。病気の診断が安価で簡単になるとしている。治療 ...
アルツハイマー型認知症の発症抑制に光 「ビフィズス菌A1」実験で成果 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了) 2018年02月01日(木)
空間認識力を評価する「Y迷路試験」、学習・記憶能力を評価する「受動回避試験」、記憶や学習能力に関わる脳組織「海馬」の遺伝子発現の解析の結果から、ビフィズス菌A1の摂取によりアルツハイマー病モデルマウスの認知機能改善作用があることや、脳内の過剰な免疫反応や炎症を抑えることが認められ、すなわ ...