介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2018年08月20日()
中国、不正ワクチン事件の核心は「医療改革の失敗」 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了)
医療費も教育費(学費や教科書代)も無料だったのだが、改革開放が始まってからは、紆余曲折を経ながら自己負担となり、「医療、教育、福祉(高齢者問題)」の民営化と市場化が始まった。 そのような中、2003年12月16日、国有企業の「長春高新」もまた元国家衛生部という ...
静岡県老人福祉施設協議会は20日、第10回県高齢者福祉研究大会を静岡市駿河区のグランシップで開いた。県内の高齢者福祉施設職員ら約800人が参加し、介護現場でのサービス向上のための取り組みを学んだ。 72団体が日頃の研究成果を発表した。睡眠時に高齢者が ...
☆(3)ゲスト大川淳・東京医科歯科大学附属病院院長(整形外科). 今回のテーマは「骨粗鬆(こつそしょう)症」。高齢者の骨折はそのまま寝たきりのきっかけにもなるので要注意だ。以前は主に高齢女性の問題とされてきた骨粗鬆症だが、長寿社会になれば男性諸兄にとっても人 ...
<DCAT(Disaster Care Assistance Team)> 正式名称は「災害派遣福祉チーム」。介護福祉士や社会福祉士、保育士らが5人程度のチームを組み、被災地で高齢者や障害者らを支援する。東日本大震災を機に、国が都道府県単位で結成を呼び掛けた。自治体によって ...
介護・福祉の現場に対する「きつい」「汚い」「危険」「給料が安い」といったイメージを払拭し、仕事の魅力を発信する試みがスタートした。プロジェクト名は「これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール」。厚生労働省補助事業として行われ、深刻化する業界の人材不足を ...
介護疲れ、絵で癒やす 深刻な人材不足解消へ デザインスクール開始 魅力発信プロジェクト始まる - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護・福祉の現場に対する「きつい」「汚い」「危険」「給料が安い」といったイメージを払拭し、仕事の魅力を発信する試みがスタートした。プロジェクト名は「これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール」。厚生労働省補助事業として行われ、深刻化する業界の人材不足を ...
仕事環境や中身 理解されていない 会員調査「広報不足」4割 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本介護福祉士会が厚生労働省の補助金を受け、会員1万人を対象に実施した「『介護の仕事の社会的な意義と魅力』の整理とイメージアップ戦略のあり方についての調査研究報告書」(平成26年度、有効回収率21・2%)によると、「世間が介護の仕事の環境や中身をよく分かっ ...
酷暑で心配 !離れて暮らす親の安否を確認する「見守りサービス」 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
困った時には地域包括支援センターへこちらは、直接的な見守りサービスとは異なりますが、高齢の親が、日常生活の一部に介助が必要となってしまった場合は、要介護認定を受けることで、ホームヘルパーなどの定期的な訪問サービスを利用できる可能性があります。相談は、 ...
女性に多い? 骨粗しょう症の症状や原因、治療方法を解説 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
骨折は、運動に制限もなく、健康的な若い年齢であれば、安静療法や固定療法、または手術療法で完治を望めますが、高齢においては、部位によって、寝たきり生活を送らなければならなくなるリスクを抱えます。寝たきり生活では、不自由さを感じるばかりではなく、体全体の ...
介護施設などで高齢者に仕事をしてもらい、社会参加を促す。そんなコンセプトで経済産業省が提唱している「仕事付き高齢者向け住宅」。そのモデル事業が拡大展開する運びとなった。 社会福祉法人 伸こう福祉会と東レ建設、カゴメは、3社による「仕事でイキイキ高齢者健康 ...
介護施設などで高齢者に仕事をしてもらい、社会参加を促す。そんなコンセプトで経済産業省が提唱している「仕事付き高齢者向け住宅」。そのモデル事業が拡大展開する運びとなった。 社会福祉法人 伸こう福祉会と東レ建設、カゴメは、3社による「仕事でイキイキ高齢者健康 ...
認知症関連書籍 新刊案内 8/20 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
超高齢社会の日本。2025年には約700万人が認知症患者になると予想される現代において、介護の知識と技術を兼ねそろえ、人間味溢れる「プロフェッショナル介護人」はますます求められる存在となっています。本書では、現在介護現場で働く人や、これから働きたいと考えて ...
笑っていいんです!両親がアルツハイマー型認知症と診断され、介護と仕事の両立を余儀なくされたジャーナリストである著者。彼が下した結論は――《認知症を力強く、笑い飛ばしてしまえ! 》多数の写真を使用し、赤裸々に病気の現場をレポートした本書。「理不尽」で「理路不 ...
そういうこともあるのだろうなぁと思います。 ▽【高見国生の認知症だより(26)】なぜ周りを責めるのか…信頼する人を犯人にする「法則」. そうであっても、いつとは確実には言えないけれど、どんな困った症状も必ず終わるときが来ます。それは徐々に病気が進行し、体力が衰えて ...
【介護職へのハラスメント1:実態】「ハラスメントの域を超えている」との声も。その実態は? - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了)
今回から、4回シリーズで、ハラスメントの実態、高齢者がハラスメントを起こす背景、ハラスメントへの対応について取り上げてみたい。実のところ、介護職へ ... NCCU組合員には訪問介護のホームヘルパーが多く、回答も半数が訪問介護サービス従事者だ。NCCU政策部門長の ...
高齢化にともない、ますます必要とされている介護のお仕事。連載「介護職は見た!」では、介護業界で働く方々に取材した裏話をマンガでご紹介します(毎週月曜日更新予定)。 斉田 直世(さいだ なおよ). alt. イラストレーター・作家。1983年千葉県生まれ。日本女子大学文学部史 ...
あいらいふ 9月号 ー 今回の表紙は杉田かおるさん、特集は「今、医療ソーシャルワーカーが介護者に伝えたいこと」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の担当者が語る 第3回 [画像4: https://prtimes.jp/i/9232/86/resize/d9232-86-176915-2.jpg ] 「医療・介護のダブル報酬改定」で変わる私達の暮らし厚生労働省 老健局総務課 認知症施策推進室 室長補佐の余語卓人さんに、介護報酬改定のうち認知症分野の改定 ...
医療・介護のダブル報酬改定」で変わる私達の暮らし 厚生労働省 老健局総務課 認知症施策推進室 室長補佐の余語卓人さんに、介護報酬改定のうち認知症分野の改定ついてうかがいました。 私の「介護・医療記事」の読み方㉙ 「100歳を生きるには『軸』が必要。その軸が ...
あいらいふ 9月号 ー 今回の表紙は杉田かおるさん、特集は「今、医療 ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
[株式会社ザップ]~8/23(木)発刊介護情報誌「あいらいふ9月号」~ 株式会社ザップは、介護情報誌『あいらいふ』2018年9月号を、8月23日(木)に発刊いたします。
あいらいふ 9月号 ー 今回の表紙は杉田かおるさん、特集は「今、医療 ... - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
株式会社ザップは、介護情報誌『あいらいふ』2018年9月号を、8月23日(木)に発刊いたします。 『あいらいふ』は、初めて老人ホームを探すご家族様の施設選びのポイントを ...
(9時、コード4523). 【材料】「エーザイは開発中の認知症薬の承認申請に先駆けて設備投資に乗り出す」(20日付の日本経済新聞朝刊)… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 無料・有料プランを選択. 今すぐ登録.
最も悪い時期(2015年度)は赤字が7億1600万円でした。病院再生の4年計画の2年目ですが、この2年間は計画よりちょっと上乗せのペースで来ています。今総務省が出している基準を基に志摩市の財政当局が認めた額では、この規模(一般病床17床、療養病床60床)でこの ...
『「愛だけでは介護できない」~みんなの笑顔のために~』 2018年8月25日土曜日 開場13時 開演13時30分~15時30分 淀川区民センターにて開催されます。 入場は無料 ... - 号外NET 淀川区 (媒体での記事掲載終了)
つなげよう! つながろう! 認知症にやさしいまちづくり講演会」と副題がついています。 核家族化が進んでいる現代、介護に関しても孤立化が進み、頼れる人相談できる人が周りにおらず、追い詰められて生命の存続を脅かす事件も目にします。 家族単位ではなく、地域ぐるみで ...
2018年08月19日()
京都府長岡京市は、府立向日が丘支援学校(同市井ノ内)の建て替えに伴って生じる余剰地に、障害者や児童など多様な層への支援を担う「共生型福祉施設」の新設を検討している。このほどまとめた調査報告書で、敷地を最大で1万平方メートルと想定、市老人福祉センター「竹 ...
青森県内で家族の介護や看護を理由に仕事をやめた人は、昨年9月までの1年間で700人に上ることが、総務省が先月公表した2017年の就業構造基本調査で分かった。
訪問介護や看護の現場でのハラスメント被害を浮き彫りにする調査結果が相次いで公表された。女性が多い職場であり、特にセクハラ被害は深刻だ。 介護業界で働く人たちでつくる労働組合「日本介護クラフトユニオン」の発表では、介護職員の7割以上が利用者やその家族から ...
渡辺康平さんは、通院する香川県三豊市立西香川病院の非常勤職員として働いて1年余りになります。仕事は「オレンジカフェ」の相談員。認知症とわかった時の「どん底」を乗り越え、今は認知症の人やその家族と心を通わせることに生きがいを感じるといいます。 □働ける道、あと ...
サービス付き高齢者向け住宅 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅 高齢者が安心して在宅生活を送れるよう、部屋をバリアフリー構造とし、生活相談や安否確認サービスを提供する賃貸住宅。略称はサ高住。2011年10月に制度が創設され、今年7月時点で約23万3000戸が登録されている。(2018/08/20-06:54).
医療・介護のダブル報酬改定」で変わる私達の暮らし厚生労働省 老健局総務課 認知症施策推進室 室長補佐の余語卓人さんに、介護報酬改定のうち認知症分野の改定ついてうかがいました。 私の「介護・医療記事」の読み方㉙. 「100歳を生きるには『軸』が必要。その軸が ...
むつ市の福祉避難所、大雨で想定外の浸水 高齢者96人避難. e-mail; 印刷. 16日から17日朝にかけて東北地方で降った大雨の影響で、むつ市川内町の特別養護老人ホーム「せせらぎ荘」が床上浸水し、入所者が近くの川内小に自主避難した。ホームは大規模災害時の福祉 ...
関西を中心に、高齢者の自立支援に特化したデイサービスを手掛ける「ポラリス」。森剛士社長は、日本の介護サービスのアジア各国への輸出を促進させる、官民による協議会のワーキンググループのメンバーも務める。「高齢者に『歩けるかもしれない』との希望を抱いてもらうこと ...
これは要介護度の高い高齢者向けに開発した、車椅子にもなる電動の介護ベッドだ。ロボット技術を応用しており、ベッドの半分が分離して、そのまま車椅子に変形する。このため要介護者を持ち上げずに済み、介護者が1人だけでも車椅子に移乗させることができる。これまでは ...
政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に ...
日本各地で高齢者施設や療養病床を運営する湖山医療福祉グループ代表の湖山泰成氏は,介護現場の課題として,①不十分な教育制度,②医療側の介護に対する無関心の2点を指摘。「介護の世界には医療の光を当てなければならない」と語り,経験豊富な看護師が介護 ...
こうしてお聞きしていると、親と自分がお互いに年を取って、生活の面倒を見たり、あるいは介護をしたりすることで、大人同士というか、1人の人間として親を見る関係になっていく、そこをどう受け止めるかが、親が老いてきた子供にとっての課題になるんでしょうね。ジェーン・スー ...
音楽療法で認知症予防 戸畑に常設型カフェ 一般にも開放、交流の場に [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の予防や進行を抑える「音楽療法」を行う常設の認知症カフェ「メモリーカフェ・オン」が6月、戸畑区中本町にオープンした。開設したのは医療法人藤誠会。同法人が運営する後藤クリニック(同区千防1丁目)院長で認知症が専門の後藤誠一さん(70)は「認知症予防として ...
山形:逆走で正面衝突、80代夫婦が死亡 3人重軽傷 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
うちの地方も運転中に認知症発症して車で深夜徘徊しとったのいたわ。都市部に移住していただき徒歩で住む ... 高齢者は小型自動車以下の重量の車、ミニカーにサイドカー、トライクにクアッド、それ以下のバイクに乗り換えるべきなのに。バイク系はバックが出来ない上、安定 ...
エーザイ、次世代認知症薬を生産 50億円投資 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイは開発中の認知症薬の承認申請に先駆けて設備投資に乗り出す。約50億円を投じ工場に薬の主成分である「原薬」を作る設備を導入する。開発中の薬は認知症の原因物質とされるたんぱく質の発生を抑え、従来の薬では難しかった症状の進行を抑える効果が期待され ...
兵庫県宝塚市の市民劇団「BIGMOUSE(ビッグマウス)」が25日、認知症をテーマにした劇「もしもし、和子さん!」を同市栄町2の宝塚ソリオホールで上演する。
政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に ...
政府、外国人介護士に新枠設定 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
政府は19日、経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士を目指してインドネシアなど3カ国から来日する人材の受け入れに関し、高い日本語能力がある人材を対象とした新たな枠を設ける方向で調整に入った。人数制限を一部緩和し実質的に拡大する。深刻な人手不足を背景に ...
認知症の人の心はガラスのようにナイーブです。僕自身の体験、例えば72歳で認知症とわかった頃の不安や混乱、物忘れはしてもできることを楽しむこと、そんなことを話し、その人が心を開くまでじっくり待つよう心がけています。初めはうつむいていた人が顔を上げ、笑顔になり、 ...
川内原発近くの病院など、鹿児島県がヨウ素剤を事前配備 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
原発事故の際に甲状腺被曝(ひばく)を防ぐ安定ヨウ素剤について、三反園訓・鹿児島県知事は17日の定例会見で、川内原発から30キロ圏内の医療機関や福祉施設に配備すると発表した。これまで在宅の高齢者や障害者を対象に事前配布を進めてきたが、新たに施設の入所 ...
2018年08月18日()
日本では「バリアフリー法」のため、全車2階建て、もしくは全車高床(ハイデッカー)の車両を製造しにくくなっています。2006(平成18)年に成立した「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」、いわゆるバリアフリー新法に基づいて、国土交通省は「移動等円滑化 ...
認知症の治療薬として使われている4種の医薬品が、フランスではこの8月から医療保険の適用から外れたという報道があった。 その4種類とは日本でも、認知症患者に対してよく使われているもので、ドネペジル(商品名アリセプトなど)、ガランタミン(レミニールなど)、 ...
高梁市の「ホタルの里」は目の前を流れる成羽川の氾濫(はんらん)で1階部分が浸水した。駐車場に水が入ってきた6日午後7時半ごろ、1階の部屋にいた利用者36人は2階に上がってもらうことにした。途中、停電でエレベーターが使えなくなったため、寝たきりの人や車いすの人 ...
介護の悩み語り合って 少ない“仲間” 同世代共感の場に. 2018/08/19 03:00. 若年性認知症などになった親の介護を担う10~40代を対象にし・・・. ここからは会員様専用コンテンツになります。 ぜひ登録(無料)いただき、さまざまな機能をお楽しみください 会員登録は大分合同 ...
2018年度介護保険制度改正で創設された「介護医療院」への移行が始まりました。療養病床を持つ医療機関は、地域ニーズに応じた病棟機能の再編に動き出しています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、8月号の特集「療養病床 再編の幕開け」で、介護医療院を ...
在宅介護のお悩み解決. 28日に市民講座/中部福祉保育医療専門学校. 2018/08/19. 中部福祉保育医療専門学校(豊川市馬場町)は28日午後2時から、市民講座「知って得する介護の知識―在宅介護で役立つ楽ワザ介護技術」を同校で開く。 「うまく立ち上がらせることが ...
仕事、貯金、自分の時間…介護でどこまで日常生活が変わる? - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の平成28年度の調査によると65歳以上の者がいる世帯数は全世帯の48.4%。 そのうち、要介護者がいる世帯の中で、介護する人の約6割は要介護者と「同居」しているといいます。 ”介護は突然始まる”とはよく聞きますが、家族を介護するにあたって生活はどのように ...
「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち――2018上半期BEST5 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
また、24時間対応の内容や、診療所の医師数も確認してください。それから、家族だけで受診して在宅医と話し、医師との相性を確認することも重要です。可能なら、訪問看護師さんやケアマネージャーさん、それから実際に在宅看取りを経験したご家族から話も聞いてみてください ...
子どもたちに高齢者との関わりを深めてもらおうと、日南市の横通地区では、同市戸高の地区公民館で認知症サポーター養成講座を開いた。市認知症地域支援推進員でもある同地区子ども会会長の増田彩さん(38)が、地域の協力を得て企画。市によると、小学生向けの講座は ...
「愛してる」と言って亡くなった小林麻央さんの最期を作り話だという医師たち——2018上半期BEST5 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
また、24時間対応の内容や、診療所の医師数も確認してください。それから、家族だけで受診して在宅医と話し、医師との相性を確認することも重要です。可能なら、訪問看護師さんやケアマネージャーさん、それから実際に在宅看取りを経験したご家族から話も聞いてみてください ...
新幹線「Max」引退、中央線グリーン車投入 2階建て車両の利点と欠点 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
日本では「バリアフリー法」のため、全車2階建て、もしくは全車高床(ハイデッカー)の車両を製造しにくくなっています。2006(平成18)年に成立した「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」、いわゆるバリアフリー新法に基づいて、国土交通省は「移動等円滑化 ...
認知症への関心や支援の輪を広げようと、高鍋町の「認知症架け橋委員会」が認知症に関する川柳を募集している。過去2回の作品では、認知症の人と向き合う日常を思いやりとユーモアを込めて表現し、好評を博した。31日まで受け付けている。 認知症架け橋委員会は町の ...
山梨観光のプロに聞く!ぶどう狩りおすすめスポット5選 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者、子どもから大人までみんなが楽しめるぶどう園. バリアフリーのトイレや着替えスペースなどがあることはもちろん、車いすに座ったままぶどう狩りを楽しむことができたり、食べ物の柔らかさなど一人ひとりに合った食事を提供してくれるのだそうです。 【ぶどう園 ...
2018年08月17日()
大口病院連続点滴中毒死事件と終末期医療の現場の苦悩 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
都内の総合病院傘下で、主に終末期医療を受ける高齢者ばかりが入院するA病院に勤務する丸尾直也さん(仮名・30歳)が力なく語るのは、終末期医療という現場の過酷さであり、そこで働く医療従事者達の悲痛な叫びである。 「事件のあった病院では、 数か月で数十人が亡くなったと報道で見ました。それがす ...
高齢者にとって築年数は大きな問題ではない。それよりも生活しやすいほうがいい。たとえば、転倒しないように手すりがあったり、転んでもケガしにくい安全な床であったり、トイレとベッドが近い部屋が良かったりする。あるいは年金生活なので家賃が安い方がよかったりする。
介護タクシー追突され104歳女性死亡 宮城 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
17日夕方、富谷市で、停車していた介護タクシーに後ろから走ってきた軽乗用車が追突しました。この事故で、介護タクシーを降りようとしていた梁川まささんが病院に運ばれましたが、死亡しました。また、一緒に乗っていた介護施設の40代の女性職員2人が足の骨を折るなどの ...
むつ市の福祉避難所、大雨で想定外の浸水 高齢者96人避難 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
ホームは大規模災害時の福祉避難所に指定されており、市は今後の対応策を検討する。 職員らによると、17日午前2時50分ごろ、施設のすぐ横を流れる幅80センチ~1メートルほどの於法(おほう)沢から水があふれ出し、施設のグループホームなどに流れ込んだ。入所者らは ...
身体サポートだけじゃない。まずは介護の本質を理解しよう - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
介護といえば、入浴やトイレ、食事のサポートをする『身体介助』を思い浮かべる人が多いと思います。しかし、それだけが『介護』ではありません。社会資源をとことん利用して、親の生活全般をサポートすることも『介護』です。そのために、子どもは『司令塔』になって、親の介護全体 ...
寿命伸びて膨らむ介護費 負担は月平均7万9000円 「健康寿命」が重要に. 2018/8/18. 介護が長期にわたると負担が重いし、介護保険や医療保険を通じて国の社会保障費もふくらむ. お盆休みの筧家。ファイナンシャルプランナー(FP)の幸子はダイニングテーブルに資料を広げ ...
鹿児島)原発30キロ圏の病院など、ヨウ素剤事前配布へ - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了)
原発事故の際に甲状腺被曝(ひばく)を防ぐ安定ヨウ素剤について、三反園訓知事は17日の定例会見で、川内原発から30キロ圏内の医療機関や福祉施設に配備すると発表した。これまで在宅の高齢者や障害者を対象に事前配布を進めてきたが、新たに施設の入所者ら計1 ...
記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病(AD)に似ているが、アミロイドβ(Aβ)の沈着をほとんど認めない認知症として、1990年代に発見された神経原線維変化型老年期認知症(SD-NFT)。臨床的にADと診断された患者の2割前後がSD-NFTに該当することが近年、明らかになっている。SD-NFT ...
介護タクシーに車が追突、104歳女性が死亡 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
17日午後4時20分ごろ、宮城県富谷市富ケ丘4丁目の市道で、停車中の介護タクシーに軽乗用車が追突した。介護タクシーに乗っていた梁川まささん(104)が全身を強く打つなどして死亡し、タクシーの運転手ら2人と軽乗用車を運転していた男性(86)もけがをした。
また環境の変化とストレスも大きな危険因子。入院してベッドで寝たきりになったとき、集中治療の後などに起こりやすいのはよく知られているので、“せん妄は病院で起きるもの”と思われがちだが、家庭など日常生活のどこでも発症するという。 「高齢者に多いのは、ショートステイ ...
親や配偶者など、複数の人を同時に介護する「多重介護」。お笑いタレント・西川きよしさんの妻、西川ヘレンさんはきよしさんの両親、実母と40年以上にわたって同居し、家事や仕事をしながら自宅で多重介護を経験した。2018年6月に日本精神神経学会学術総会の市民公開講座 ...
システム開発のサンクレエ(札幌市)は北海道大学と共同で、介護現場を支援するシステムを開発する。人工知能(AI)がカメラとセンサーでベッドに横たわる人の動きを観察し、異常があれば通知する。介護日誌を自動作成する機能も整備し、介護士の負担を減らす。国内と ...
認知症医療の第一人者が語る「みずから認知症になってわかったこと ... - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第4位は、こちら!(初公開日:2018年5月6日)。* * * 社会の高齢化に伴い、 ...
介護タクシーに車が追突 104歳女性が意識不明 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
17日午後4時20分ごろ、宮城県富谷市富ケ丘4丁目の市道で、停車中の介護タクシーに軽乗用車が追突した。介護タクシーに乗っていた104歳の女性が意識不明の重体となり、タクシーの運転手ら2人と軽乗用車を運転していた男性(86)もけがをした。 大和署によると、現場は ...
高齢者が車いすなどでも出入りしやすいよう玄関が広めにとられ、部屋の行き来も段差をなくしたバリアフリーです。 「仮設住宅に比べたら広くて」「やっと落ち着いた日常生活が取り戻せるかなと」(入居予定者) 落成式で日置和彦村長は「一日も早く安定した暮らしをしたいという ...
7月31日、樹木希林さんは、「後期高齢者、75歳になりまして。ぱっと覚えて、今、何にも覚えてないんで ... カ月くらいは歩けない状態で。結局、寝たきりになっている方が多いので、ほとんどの方は手術して、リハビリして、なるべく早く歩けるように戻すことが目標です」と話した。
第567回:メイド・イン・イタリーのフィアットが消滅? ブランドの“国籍”について考える - webCG (媒体での記事掲載終了)
例えばボクがイタリアに住み始めた20年前、ポーランドの人といえば故郷に家族を残して期間労働者としてやってくる高齢者家庭向けホームヘルパーが多かったものだ。いっぽう今日では、イタリアの大学を卒業したり、店をもったりして、イタリア社会に溶け込んでいるポーランドの ...
鹿児島県の三反園訓知事は17日、2019年度にも九州電力川内原発(同県薩摩川内市)から30キロ圏の高齢者や障害者らの入所施設などに、安定ヨウ素剤を事前配布する方針を表明した。これまで5キロ圏の住民や学校施設などに加え、30キロ圏内でも自宅からの迅速な ...
30キロ圏高齢施設に配布拡大 ヨウ素剤で鹿児島知事方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島県の三反園訓知事は17日、2019年度にも九州電力川内原発(同県薩摩川内市)から30キロ圏の高齢者や障害者らの入所施設などに、安定ヨウ素剤を事前配布する方針を表明した。これまで5キロ圏の住民や学校施設などに加え、30キロ圏内でも自宅からの迅速な避難 ...
社名にあるウィザードは魔法使いを意味する。AIが得意なプログラマーのことをいうのだが、「介護の達人もウィザード。5階層の多様なウィザードたちが協力してAIで社会課題を解きにいこうと、10の18乗のウィザードを意味するエクサウィザーズという名前にしたくらいですから」 ...
命の危機にかかわることもある「せん妄」脱水や環境の変化に注意 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
入院してベッドで寝たきりになったとき、集中治療の後などに起こりやすいのはよく知られているので、“せん妄は病院で起きるもの”と思われがちだが、家庭など日常生活のどこでも発症するという。 「高齢者に多いのは、ショートステイの利用や旅行時。たとえ楽しい家族旅行であっ ...
猫は外に出るのを嫌がる、往診専門の動物病院も誕生 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
また、高齢猫や病末期などで、病院まで連れて行けない子の緩和ケアも行っている。 「本当に獣医療を必要としているのは、通院できずに寝たきりの子だったりします。往診だとそのような子たちにも手を差し伸べられると思い、往診専門の動物病院を開業しました」(江本さん)
私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、ここ20数年で50歳前後の結婚増加が判明。総数から見れば ...
介護人材の確保に向けて、介護福祉士等を目指す介護職員へのバウチャー(いわばクーポン券)支給、元気高齢者を介護職員等として雇用した場合の助成金拡充、介護 ...
認知症、地域と連携で外来増 早期発見へサポート医養成 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岩手県内で認知症の高齢者が増えている。昨年3月末現在の患者数は、65歳以上の12%となる4万6375人で、5年前と比べて2割以上増えている。専門医療機関である認知症疾患医療センターへの外来件数も前年度と比べて1割以上増加。センターに指定された医療機関 ...
博愛会 介護員のノーリフト研修開く - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
御坊市名田町の社会福祉法人博愛会(小林隆弘理事長)は16日、介護員の腰痛予防対策として、一般社団法人日本ノーリフト協会(神戸市)の研修会を県内初開催した。腰への負担を減らす介護の動作や機器の活用などを指導する研修。9月には利用者を持ち上げる福祉機器 ...
認知症の人の言動の理解は、ほんとに一筋縄ではいかないなぁとまた実感しました。以前に、財布をなくして「あんたが盗んだ」と介護者を責める認知症の人は、誰かのせいにした方が自分は楽で、しかも信頼している人を犯人にするという「法則」があるのだから、そういうときは怒っ ...
青森県むつ市川内町の特別養護老人ホーム「せせらぎ荘」では同日未明、近くの排水路があふれグループホーム2棟が床上浸水し入所者約100人が小学校に避難、同市川内町の内水面漁協の養殖施設が冠水するなどの被害が出た。青森地方気象台によると同日昼前から県内は雨が上がり、次第に曇りと ...
厚労省の発表によれば、2012年時点で国内の65歳以上の認知症患者数は462万人にのぼり、2025年には約700万人、高齢者の約5人に1人が認知症になると推計されている。 精神科医の長谷川和夫氏(89)は、1974年に認知症診断の物差しとなる「長谷川式簡易知能評価 ...
認知症 早期発見を強化 - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了)
県内で認知症の高齢者が増えている。昨年3月末現在の患者数は、65歳以上の12%となる4万6375人で、5年前と比べて2割以上増えている。専門医療機関である認知症疾患医療センターへの外来件数も前年度と比べて1割以上増加。センターに指定された医療機関では、 ...
血圧管理は軽度認知障害や認知症のリスクを軽減 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
積極的な最高血圧抑制を通じて軽度認知障害(MCI)およびMCIと認知症の複合リスクを大幅に軽減することが、米国シカゴで行われた「2018年アルツハイマー病協会国際会議(AAIC=Alzheimer's Association International Conference ) で報告されたSPRINT MIND研究 ...
積極的な最高血圧抑制を通じて軽度認知障害(MCI)およびMCIと認知症の複合リスクを大幅に軽減することが、米国シカゴで行われた「2018年アルツハイマー病協会国際会議(AAIC=Alzheimer's Association International Conference ) で報告されたSPRINT MIND研究 ...
2018年08月16日()
報酬改定「福祉主眼」を直撃 B型事業所 多くが減収に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害福祉サービスを提供する事業所に支払われる国の基本報酬が四月に改定され、一般就労が難しい障害者が働く「就労継続支援B型事業所(B型)」の多くが減収となっている。利用者に支払う ... センターは、高齢なろうの人の行き場をつくろうと十三年ほど前に開所。一日に五 ...
認知症当事者団体がシンポ 来月16日、東京で - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の当事者らでつくる「公益社団法人認知症の人と家族の会」など、全国的な活動をしている4団体が連携して昨年発足した「認知症関係当事者・支援者連絡会議」が9月16日、「認知症で日本をつなぐシンポジウム2018」を東京都千代田区の東京都医師会館で開く。
認知症当事者団体がシンポ 来月16日、東京で - 産経ニュース - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の当事者らでつくる「公益社団法人認知症の人と家族の会」など、全国的な活動をしている4団体が連携して昨年発足した「認知症関係当事者・支援者連絡会議」が9 ...
認知症当事者団体がシンポ 来月16日、東京で - SankeiBiz(サンケイビズ) - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
認知症の当事者らでつくる「公益社団法人認知症の人と家族の会」など、全国的な活動をしている4団体が連携して昨年発足した「認知症関係当事者・支援者連絡会議」が9 ...
【介護離職に備えよ】介護保険「3割負担」で生活はどう変わる? 所得の高い高齢者を対象に実施 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
いよいよ8月1日から、所得の高い高齢者を対象に介護保険の自己負担割合が3割になった。 介護保険を利用して介護サービスを受ける場合、費用の1割を負担することは大抵の人は知っているだろう。だが、その後、一定の所得のある高齢者の負担は2割となり、今回ついに3割 ...
渡る世間に鬼はなし」というが、高齢者ホームには鬼と仏が存在するという。集団行動だった小・中学校時代、上司の命令に背けなかった会社員時代と、今まで幾多の社会を見てきたあなた。しかし、施設はこれまでとひと味違った世界なのだ。ここでの世渡り術を覚えておいて、損 ...
1人暮らしの高齢者と世代間交流 宮城・美里の児童ら「暮らしの手伝い隊」に任命 - 株式会社河北新報社 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
宮城県美里町の児童らが1人暮らしの高齢者宅で身の回りの手伝いをし、世代間交流を図る「暮らしの手伝い隊」が初めて行われた。夏休みを利用し、町社会福祉協議会が主催した。 本年度の「児童による高齢者生活支援体験事業」として、町生活支援体制整備協議会が ...
1人暮らしの高齢者と世代間交流 児童ら「暮らしの手伝い隊」に任命 宮城・美里 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県美里町の児童らが1人暮らしの高齢者宅で身の回りの手伝いをし、世代間交流を図る「暮らしの手伝い隊」が初めて行われた。夏休みを利用し、町社会福祉 ... 町社協の浅野恵美地域福祉課長は「年齢にかかわらず、互いに見守ることが大事。核家族が増える中、地域ごと ...
高齢化社会が進み、加齢と関連が深い疾患への対策が急務となっている。中でも認知症とがんは、加齢に伴って発症リスクが増大する代表的な疾患だ。国民の2人に1人ががんになるといわれ、認知症は2025年には65歳以上の5人に1人が発症すると予測されている。自分や ...
「どこでも起こり得る」介護虐待、広がる不安 熊本・入所者暴行死 背景に深刻な人手不足 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所・グループホーム全国ネットワーク代表世話人の惣万(そうまん)佳代子さんは「この数年で経験不足の人が介護現場にどんどん入ってきている感じだ。認知症などへの理解が不十分なことも多く、適切に判断できない人に夜勤を任せていたのでは。職員間でフォローし ...
もし、自宅を所有していれば、自らが意思決定できるうちに売却し、その資金や預貯金を元手に介護ケア付き老人ホームに移るという選択もあります。自分で動けるうちは、普通の暮らしと同じように自由に生活でき、介護が必要になると手厚い介護サービスが受けられるのが特徴 ...
高山・介護施設5人死傷、発覚から1年 遺族「真相知りたい」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高山市桐生町の介護老人保健施設「それいゆ」で昨年七~八月、入所者の男女五人が相次いで死傷した問題は十八日、発覚から一年となる。県警は高山署に特別捜査本部を設置し、事件と事故の両面で捜査を続けているが、目撃情報や物証に乏しいとされ、結論を出すには ...
連載: アドバンス・ケア・プランニング事始め. 前日の決定を忘れる認知症患者への対応は? 2018/8/16. 西川 満則(国立長寿医療研究センター病院. この記事を印刷する. 前回は、人生の最終段階とはいえ、比較的早期の段階で、事前指示を表明し、医療ケアチームがその背景 ...
認知症について認知症の人から学ぼう!鎌倉」と題したイベントが7月28日、鎌倉生涯学習センターホールで開催された。 認知症ケアに関わる介護施設のスタッフや医師らが企画したもので、トークセッションでは認知症と診断された本人らが登壇。診断を受けたときの心境や、 ...
同団体では、介護施設や個人宅などを訪問し相手の気持ちに寄り添いながら話を聞き援助している。3人は、普段のような訪問ではなく、高齢者自身に外に出てもらい、元気づける場を提供しようとサロン企画を立ち上げた。一人暮らしの高齢者や高齢夫婦に、会話の機会や社会 ...
市内の児童や学生がボランティア活動に挑戦する川崎市社会福祉協議会など主催の「チャレンジボランティア」が今年も市内各区で実施された。 宮前区内は5つのプログラムが用意され、土橋会館では8月1日に「演じて知ろう認知症!認知症カフェでの寸劇・おもてなし体験」と題 ...
英国のWhitehall IIスタディのコホートを利用して、中年期から初老期までの飲酒量を調べ、その後の認知症リスクとの関係を調べた仏Paris-Saclay大学のSeverine Sabia氏らは、1週間の飲酒量が1~14ユニットの人に比べ、非飲酒者(たまにしか飲酒しない人を含む)と、14 ...
厚生労働省の社会・援護局長を3年務めた後の2008年7月、同省を退官した中村秀一氏。以後、社会保険診療報酬支払基金理事長、2010年からは内閣官房社会保障改革担当室長として「社会保障と税の一体改革」の事務局を歴任した。そんな中村氏に、介護業界が抱えて ...
いずれも認知症の延長のようでいて“豹変”といえる変化で数時間後にはケロリと収束。これがせん妄の特徴らしい。 極めつきは4年前の暑い夏、今のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)に引っ越したとき。環境変化が認知症を悪化させるといわれたが、母はむしろ無表情だった ...
それは、高齢者福祉制度と医療保険の中で対応されていた「措置制度」から高齢者介護を独立させ、サービス提供者と利用者の間に「契約関係」を成り立たせる重要な動きだった。大臣官房政策課長として介護保険の普及に尽力し、2002年からの老健局長時代には3年ごとに行 ...
中村秀一氏は、「福祉元年」と言われた1973年に厚生省(現・厚生労働省)に入省。1990年に老人福祉課長、2002年から老健局長を務めるなど、老人福祉や高齢者介護を担当し、2010年からは内閣官房社会保障改革担当室長に就任。以後、菅内閣、野田内閣、第二次安倍 ...
酸素チューブ誤接続で男性患者死亡 奈良東病院 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療・介護が専門の奈良東病院(奈良県天理市)で平成28年8月、看護師らが80代の男性患者を入浴させる際に、酸素吸入チューブの接続方法を誤った結果、容体が急変し、死亡していたことが16日、同病院への取材で分かった。病院側は医療事故として遺族に説明 ...
酸素チューブ誤接続で男性患者死亡 奈良東病院 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療・介護が専門の奈良東病院(奈良県天理市)で平成28年8月、看護師らが80代の男性患者を入浴させる際に、酸素吸入チューブの接続方法を誤った結果、容体が急変し、死亡していたことが16日、同病院への取材で分かった。病院側は医療事故として遺族に説明 ...
知多厚生病院篠島診療所(愛知県南知多町) 所長 保里恵一さん(64) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
島と言っても交通の便がいいから、みんな船で通院するんですよ。診療所を使うのは主に高齢者」。本院の知多厚生病院(同県美浜町)の同僚や、へき地医療研修の若手医師らで外来診療を分担する。寝たきり患者の往診に出掛けることもある。子ども世代が島を離れても、独居 ...
新潟県上越市岩木の元UR都市機構の11階建ての賃貸マンションが、60歳以上が入居できるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の「ライズワン上越」に改修され、2018年8月から入居可能となった。築34年の賃貸マンションをリノベーションし、最上階には市内を展望できる ...
介護福祉士 1987年に成立した社会福祉士・介護福祉士法で定められた国家資格。高齢者や障害者ら日常生活を営むのに支障がある人に対し、入浴や食事、排せつなどの介護を行う。専門的な知識と技術を持ち、他の介護スタッフへの指導など現場で中心的な役割を担う。
テナント付きの物件を購入する場合には、テナントが埋まった状態で購入すると損をする可能性があるため、埋まっていない状態で購入することをおすすめします。空きテナントは、トランクルームへの変更のほか、高齢者を対象のバリアフリー仕様の居室に変更するなど、有効活用 ...
厚生労働省は16日、介護の実務経験がある人が介護福祉士の資格を取るために必要な「実務者研修」の費用補助を拡充する方針を決めた。雇用保険の教育訓練給付制度を見直し、最大で費用の7割(年間上限56万円)を支給する。介護の人手不足が続く中、キャリアアップを ...
認知症に似た「せん妄」の恐怖、不可解な暴言や鬼の形相に - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢になると、入院時はもちろん、それ以外の環境でもせん妄を発症しやすく、症状の出方も多様。認知症と似てはいるが、分けて考え、適切な対処や治療が必要だという。これはごく最近、知った。 今思えば、母にもせん妄が起きていたと思い当たることがいくつもあった。
薬局が地域の健康サポート 相談会や認知症支援も - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
国の推計で団塊の世代が後期高齢者になる2025年には75歳以上の割合が18%、認知症高齢者は700万人に達し、多くの要介護者が在宅で医療を受けることが想定される。同省は地域における支援の要の一つに、かかりつけ機能を持つ健康サポート薬局を組み入れる方針だ ...
介護経験者と未経験者で、「長生き」に関する意識を比較すると、介護経験者では「長生きは必ずしも良いことではない」と考える人の割合が多くなる。また、健康上の問題を抱える人では、そうでない人に比べて「長生きは必ずしも良いことではない」と考える割合が多くなる―。
韓国、若くなる孤独死…40・50代男性が高齢者より多い(2) - 中央日報 (媒体での記事掲載終了)
専門家らは、孤独死が失職・離婚率の増加のような経済・社会的原因と福祉問題を理由に増加すると分析している。イ研究委員は「大韓民国の40~50代は職場を通じて社会的関係を結ぶ場合が多いため、失職すれば人間関係が断絶され、ひどい時は家族と遠ざかる場合も ...
半日型のデイサービス「LET'S倶楽部(レッツ倶楽部)」においては、「寝たきりになりたくない」「自分の事は自分でしたい」「日常生活を普通に過ごしたい」という介護サービスを受けるご利用者様の前向きな気持ちを実現させるために、「パワーリハビリテーション」という社会的ニーズ ...
けっこうご高齢の方ですよね? 武藤将胤氏(以下、武藤) 70代後半でしたかね。 樋口 ですかね。「今、奥さんと来ているけど、気管切開なんかしたらこれ以上迷惑をかけることになる。だから、僕は気管切開するつもりなんかないんだよ」みたいな話をされて。武藤さんはそれに対し ...
ここをチェック。息子として注意すべき、介護のシグナル - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
また、親が食事をつくっていないようであれば、ヘルパーさんを入れる、食事の宅配サービスを検討するなど、サポートにもさまざまな選択肢があります。家族がなんでもかんでも行うのではなく、親の生活全般を見直して支えてあげることが、介護においては非常に重要なのです」 ...
连日来,福建省第十届老健会开幕式文体展示演出节目排练正在各地紧锣密鼓地开展。所有参演人员精神振奋、配合严密,力求为观众呈现一场高水准的精神盛宴。
医療・介護に特化した会員制交流サイト(SNS)が登場し、医師や看護師、ケアマネジャーなど職種間で患者の情報を共有するサービスが広まっている。高齢化や医療費対策 ...
上に挙げた「病院不足・医者不足・介護福祉士の賃金」問題、「いつまでも自分の足で歩くことを楽しみとしたい」高齢者が増えている点などを考えた時に、体操用エアマットの製造・販売において国内シェアNo.1を誇る(株)おさるの森が出した答えは「歩行訓練をより効果的に行う ...
脳がめざめるお絵かき」は、認知症の症状が改善されることを目的として開発されたオリジナルアートプログラムです。医療や教育現場で注目されている芸術療法「臨床美術」をベースとし、日本臨床美術協会監修のもと芸術造形研究所とフェリシモによって開発されました。
2018年08月15日()
6月にあった県高校生介護技術コンテストで最優秀賞に輝いた神埼清明高生活福祉系列3年生3人が、初めて出場する九州大会に向けて練習を重ねている。大会に挑むのは、角綾子さん(17)=吉野ヶ里町、江頭奈生さん(17)=みやき町、宮田あいみさん(17)=佐賀市。8月末 ...
この数字をどう評価するかですが、当の老健局長も「本来の姿ではない」というように、施策者側としても「決して芳しくない」というのが現状の認識となっているようです。 さて、これは17年6月時点、つまり全市区町村でスタートした直後の調査です。この中の多様なサービスについて ...
同イベントは認知症を広く知ってもらおうと、NPO法人「認知症フレンドシップクラブ」が主催。2011年に北海道で開催してから、年々、実施エリアが拡大。現在では、都道府県ごとに「RUN伴実行委員会」を組織し、北海道から沖縄まで広がりを見せている。昨年は台湾でも開催。
アルツハイマー型に代表される「脳変性性」の認知症には、他にもレビー小体型やピック病などがある。これらの認知症は脳の変性によって神経細胞の死滅が広がり、脳が萎縮することで起こるが、萎縮の原因が明らかでないため治すのが難しい。アルツハイマー型はβアミロイド ...
高齢化社会が進み、加齢と関連が深い疾患への対策が急務となっている。中でも認知症とがんは、加齢に伴って発症リスクが増大する代表的な疾患だ。国民の2人に1人ががんになるといわれ、認知症は2025年には65歳以上の5人に1人が発症すると予測されている。自分や ...
認知症患者に水を飲ませるには?高齢者のかくれ脱水. 連日の猛暑により熱中症患者が後を絶たない。総務省によると、今年度の全国の熱中症による救急搬送人員数は5万7,000人(7月29日時点)であり、昨年の同時期(3万1,000人超)と比較し2万人以上も多い。とりわけ高…
認知症について学ぶ サポーター養成講座 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
講座では講師として横浜市認知症キャラバンメイトと南永田山王台地区社会福祉協議会の協力のもと、認知症の原因や症状、行動や心理症状についての説明をする。認知症サポーターとして、認知症の人や家族との向き合い方をスライドや寸劇を用いながら分かりやすく紹介する ...
泉区の社会福祉法人や施設等が地域貢献の一環として、高齢者の移動等の支援をする「泉サポートプロジェクト」を立ち上げた。約30団体が加盟し、9月より本格始動する。 同プロジェクトは特別養護老人ホーム「天王森の郷」の鈴木啓正理事長を中心に発足。社会福祉法人、特 ...
日本と同じように、認知症の高齢者が増加しているアメリカで、「思い出」に着目したテーマパーク型のデイケアセンターが関心を集めている。 カリフォルニア州にオープンした ...
トマト銀行は、創業や業態転換などの第二創業を支援するファンドから、ユニバーサルデザイン(UD)の介護用品などの製造・販売を手掛けるスタートアップ、エナジーフロント(岡山市)に出資した。投資額は1000万円で、同社は今年6月に岡山県倉敷市に開設した直営店の内装 ...
このような高齢の親の変化は、単に「年のせい」だけではなく、心身機能などが低下して「フレイル」となっている可能性がある。フレイルとは、健康な状態と要 ... 年のせい』と考えることが多い。フレイルを自覚して改善することで、寝たきり予防になることを理解していただきたいです」 ...
医療機関で、軽度認知障害(MCI)や、認知症の疑いがあるといわれたと、心配して相談をしてくる人があります。「様子を見ましょう」と言われ、ひどく落ち込んで、「目の前が真っ暗だ」という人もいます。認知症に限らず、「様子を見ましょう」は、「悪くなるのを待ちましょう」と言われて ...
尾谷いずみ - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
本日8月15日(水)のプライムニュース18時台の特集は『認知症』がテーマです。 今回は私が担当しました。 認知症と診断された御主人と支える奥様の日常の様子をはじめ行政などで作る集中支援チーム、 認知症カフェなど認知症の人やその家族を支える存在も取材をさせて ...
小笠原記念外来プラザ(札幌市南区)などファミリードクターズグループのグリーンプラザ(同)は、JR岩見沢駅チカで「ローソン岩見沢4条西七丁目店」の裏にあたる岩見沢市4条西7丁目で介護付き有料老人ホーム「ファミリードクターズホーム岩見沢」の建設工事を進めている。
日本は高齢化が進み、福祉車両(バリアフリー車両)の需要は確実に増加している。そんななかで2017年、輸入車販売大手であるヤナセは福祉車両に参入すると発表。ヤナセのグループ会社である「ヤナセオートシステムズ」は、高齢化が進み需要の増加が確実に見込まれる ...
増える男性介護者、悩み相談できず孤立も 全国で144万人 料理教室で交流、福岡で取り組み - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢になった家族の在宅介護を、男性が担うケースが増えている。国の調査では徐々にその割合が高くなり、2016年は在宅介護者全体 ... 妻は突然、家を飛び出して徘徊(はいかい)することがある。病院に行くのも身の回りの世話も拒み、せっかく申し込んだデイサービスにも ...
日本通所ケア研究会/福山認知症ケア研究会、NPO法人日本介護福祉教育研修機構は9月8日(土)・大阪、15日(土)・東京の2日間、「新しい総合的認知症ケア研修会」を開催します。講師にはケアのエキスパートが集結、一般社団法人日本認知症ケア学会の認知症ケア専門 ...
京都府長岡京市粟生の市老人福祉センター「竹寿苑」は14日、夏恒例の「盆踊り大会」を同施設で開いた。市内の高齢の女性が冷房の効いた涼しい大広間で踊りを楽しんだ。 同センターが利用者に体を動かしてもらいながら季節感を味わってもらう場として毎年実施しており、 ...
2018年08月14日()
介護ロボットに力入れる日本、開発応用にはさまざまな壁―中国メディア - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2017年9月末現在、日本では65歳以上の高齢者が人口の27.7%を占め、そのうち半分は一人暮らしだという。こうした背景の下、日本は年金制度や介護保険制度の一層の充実を図る一方で、介護ロボットやスマート介護設備の ...
介護ハラスメント 「密室」の被害、防がねば - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の現場から悲鳴が上がり始めた。訪問介護や施設介護に携わる全国約8万人を対象にした、労働組合「日本介護クラフトユニオン(NCCU)」(本部・東京)の調査で、回答者の実に7割以上が要介護者やその家族からセクハラ、パワハラに遭った覚えがあるという。 調査結果を ...
受け入れ10年 EPA外国人介護職 求人増え獲得競争に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づき、日本が外国人の介護職を受け入れるようになって今年で十年。昨年度までにインドネシア、ベトナム、フィリピンの三カ国から計約三千五百人が来日し、日本の高齢者施設に溶け込みつつある。一方、日本人は介護職離れが進んでおり、現場の ...
オレの金を勝手に使ってるだろ!」 「郵便局がオレの金を勝手に使ってて、けしからん!」 「こないだお前が帰ってきたとき、金がなくなった。盗っただろ! もう帰ってくるな!」 埼玉県K市に住むAさんは、北海道で一人暮らしをする87歳の父親からかかってきた一方的で怒鳴るような ...
認知症の患者・家族が前向ける本 選んで貸し出して交流 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症になって絶望しそうになったとき、読めば前を向ける――。「おすすめ本」を、本人や家族が自ら選び、伝えたい。そんな願いを込めた取り組みが広がっている。 若年性アルツハイマーの母を漫画に 介護に悩む人に届け. 「この本読みはった? おすすめです」. 5月半ば、堺市 ...
介護を検討する際に役立つ『基本チェックリスト』とは? - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の検討を始める基準は『要支援1』の前段階となる『事業対象者』から. 介護をしなければならない状態かどうかを判断するための基準となる国が定めた7区分の「介護認定」。介護保険の対象となる初期段階となるのが『要支援1』だが、これは具体的にどういった状態を指すの ...
聖市近郊にあるスザノ市(ホドリゴ・ケンジ・デ・ソウザ・アシウチ市長)は先月18日、同市福祉活動施設で、日本式の「認知症サポーター養成講座」を開催した。援協傘下のスザノ・イペランジャホーム、全国キャラバン・メイト連絡協議会(本部=東京都)、国際協力機構(JICA) ...
求人増え獲得競争に 受け入れ10年、EPA外国人介護職 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知、岐阜、長野の三県で特別養護老人ホーム(特養)などを運営する社会福祉法人サンライフ、サン・ビジョングループのブースでは、昨年十二月からグループの特養で働くフィリピン人スタッフ、サンチャゴ・メリ・アン・アクランさん(32)が、日本の介護現場で使われる単語を交え ...
子どもたちが認知症について学ぶ出前講座が8日、鹿嶋市木滝の高松まちづくりセンターで行われた。夏休みに放課後児童クラブを利用している約20人が、紙芝居で認知症の人への接し方などについて理解を深めた。 講座は同市宮中の「ウェルポート鹿… 記事全文(405文字)
大久保さんは旅館「宝船温泉 湯元ことぶき」の若女将だ。2代目の父が営み、大久保さんは調理の補助、接客、配膳、予約管理などを担う。鈴木さんは、母が立ち上げたデイサービスの介護事業所で働く。看護師の資格を持ち、事業所の管理者も務める。 大久保さんは5歳から ...
リラ・ピリピーナは毎年、終戦記念日に合わせて大使館前での抗議集会を行っていたが、元慰安婦女性の高齢化などのため昨年は実施されなかった。 リラ・ピリピーナによると、比で存命の元慰安婦女性はわずかになり、その多くは寝たきり。同日は唯一、出歩くことができるエステ ...
北海道東川町は、介護人材を確保するため外国人留学生への奨学金制度の新設に乗り出す。同町にある北工学園旭川福祉専門学校と連携し、留学生1人に付き年間約200万円支給する奨学金を共同で創設するよう、道内の他の自治体に呼びかける。同町をはじめ道内では ...
運転ミス」「パワハラ」「詐欺」――ニュースでよく聞く高齢者トラブルの「なぜ?」 2018年08月15日 00時00分週プレNEWS. 高齢化が加速する日本社会。7年後の2025年には団塊世代が75歳を迎え、国民の5人に1人が75歳以上、3人に1人が65歳以上という、世界にも類を見 ...
新潟では7万5000人余り追悼 遺族の高齢化進む - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東京・北の丸公園の日本武道館で開かれる、平成最後となる全国戦没者追悼式には県内から遺族61人が参列するが、高齢化が進んでいる。 県福祉保健課援護恩給室によると、全国戦没者追悼式の参列者は80代13人、70代41人、60代4人、59歳以下3人。昭和19年9月に ...
若年性認知症の有病率は0.016% 中野区が調査結果を公表 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了)
東京都中野区は、若年性認知症に関する調査結果を公表した。若年性認知症は36人で同区の18歳以上65歳未満の22万6583人(2017年10月1日現在)に占める割合(有病率)は0.016%。年齢階級別に見ると「50-54歳」から出現率が上昇していた。【新井哉】. 【関連記事】.
1980年にできた全国組織「認知症の人と家族の会」の鈴木森夫代表理事(福井県敦賀市)に、認知症の人が安心して暮らせる社会の在り方について聞いた。2025年には日本の高齢者の5人に1人が認知症という時代を見据え「社会の第一線から離れても、何らかの居場所、 ...
医療機関に協力の動き、自治体の若年性認知症対策 支援コーディネーター配置や専門外来開設 - 株式会社CBコンサルティング(CBnews) (媒体での記事掲載終了)
医療機関が自治体の若年性認知症対策に協力する動きが広がっている。早期受診・診断の後押しにつながる若年性認知症の相談業務に関しては、医療機関に支援コーディネーターを置くケースが少なくなく、特に患者が多いとみられる都市部の自治体で目立っている。公立病院 ...
訪日する障害を抱えた外国人は約7万5000人以上に上るとも予想されており、空港だけでなく色々な場所でバリアフリー化が進んでいる。 ロンドンパラリンピックを取材した乙武 ... 乙武氏が指摘するように、交通の要となるタクシー業界では、車いす使用者・足腰の弱い高齢者・ベビーカー利用の親子連れ・妊娠中の人な ...
若い頃の写真を手にこだわりの髪形をオーダーする女性や、若い美容師と楽しく語らう高齢者、髪をきれいに整えてもらうと表情がぐっと和らぐ女性もいた。こうした訪問美容は高齢化とともに急速に拡大しているようだ。 この番組を見ながら10年以上前に取材した人を思い出した。
移動するPepperを介護施設の見回りに活用!「昼はレク、夜は巡回」で無駄のない活用を提案 X-mov Japan - ロボスタ (媒体での記事掲載終了)
日本は今後、高齢者社会が進行し、深刻な介護士不足の状況を迎える。長安氏は「2025年には約40万人の看護士が不足すると予測 ... 夜間に徘徊している人を検知すると撮影して画像を管理者に送ることができる。また、顔認識機能もあるので、予め入居者を登録しておけば、誰 ...
団塊ジュニア世代は、仕事、親の介護、自分の老後と実は悩みが多い。独身だからといって、安心はできない。ではどうすればいいのか(写真:Kazpon / PIXTA). 現在、40代前半~半ばの団塊ジュニアは、激しい受験競争の中で育ち、バブル崩壊後の就職難に直面した世代です ...
大山崎町では、社会福祉協議会職員の沼田健仁さんが16年11月に就任した。地域住民や商工会、介護関係者らとの話し合いで見えてきた課題は「高齢者の居場所がない」ことだった。「施設サービスに重点が置かれた介護保険制度の弊害で、近所づきあいが少なくなったり、 ...
大山崎町では、社会福祉協議会職員の沼田健仁さんが16年11月に就任した。地域住民や商工会、介護関係者らとの話し合いで見えてきた課題は「高齢者の居場所がない」ことだった。「施設サービスに重点が置かれた介護保険制度の弊害で、近所づきあいが少なくなったり、 ...
事前に知れば理解も深まる。「介護認定」レベルの基礎知識 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の実態を理解するうえで、もっとも明確な基準となる「介護認定」レベル。具体的には「要支援1〜2」から「要介護1〜5」までの2種7区分にわかれている。認知症の進行や身体機能の低下などによって異なるものの、介護認定の目安は以下のようになるという。 身のまわりの ...
アリス・イン・チェインズが、元ハートのギタリスト、スコット・オルソンが認知症と診断されたことを明かし、彼の治療費や生活費を支援してくれるよう呼びかけた。 ◇スコット・オルソン画像 オルソンは1995~1998年/2002~2003年、ハートに在籍。アリス・イン・チェインズとは、彼ら ...
沖縄県内介護4社が組合 全国初、外国人材確保へ - 琉球新報 - 沖縄の ... - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
介護職の人手不足に対応して海外から長期的に働ける人材を確保しようと、沖縄県内の介護事業所4社が「県外国人介護事業協同組合」を設立し、13日に登記をした。9 ...
太平洋戦争で死んだはずの夫が帰国し、感動の再会を果たす-。京都府京丹波町富田の通所介護施設「くろまめさん」の職員が、施設利用者の戦争体験談をもとにした絵本「ユキさんの戦争のおはなし」を作った。無事の帰還を願う家族の思いや戦時中の暮らしが描かれている。
2018年08月13日()
川南町社会福祉協議会(小嶋明夫会長)は13日、認知症高齢者らの金銭管理事業を5年前から担当する事務局長補佐の男性職員(48)が、利用者の口座から引き出した現金の入出を記録しないなど不適切な事務処理をし、現時点で約1400万円の使途不明金があると発表 ...
プラッツは10日、2018年6月期連結決算を発表した。売上高が前期比9.6%増の55.59億円、営業利益が同35.1%減の1.32億円、経常利益が24.1%減の3.25億円、親会社 ...
福祉用具流通市場の販売実績は前年同期比7.5%増の42.81億円となった。医療・高齢者施設市場の販売実績は施設への新規開拓活動を強化したことにより、前年同期比で21.1%増の9.30億円となった。家具流通市場の介護用電動ベッドの状況は、一般ベッドと同様に減少 ...
7月下旬、町民から「年金機構から通知された介護保険料の引き落とし額と、介護保険料納入通知書の額が異なる」と問い合わせがあったことから発覚した。町から年金機構に提出した8月分の介護保険料算定に関するデータが間違っていたのが原因という。 また、過少引き落とし ...
介護保険料1270万円過大徴収 5538人から 兵庫・太子町 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
兵庫県太子町は13日、今月15日支給分の町民の年金から徴収する介護保険料について、5538人から総額1270万円分を誤って過大に引き落とす処理をしていたと発表した。同町では対象の町民に還付案内を郵送し、過大徴収分を返還することにしている。 7月下旬、町民 ...
また身体が衰えたとしても「おばあちゃんの知恵袋」のような圧倒的な経験値からの示唆力は、高齢でも変わりません。そこで生きていける社会をつくれると、健康寿命よりも働きがい寿命の方で延命できると思います。たとえば、寝たきりのおばあちゃんがリモートとVR技術を使って ...
老親が骨折し「コルセットをつけて安静に」と医師に言われた――。この場合、別の治療法を考えた方がいいかもしれない。東海大学医学部付属八王子病院整形外科の山本至宏医長に聞いた。 高齢者の骨折原因のほとんどは骨粗鬆症である。最も多い部位が椎体(脊椎)で、次 ...
香川県内で官民が介護人材不足への対策への取り組みを強めている。高松市はサービス付き高齢者向け住宅などで転倒事故が増えている現状を踏まえ、IT(情報技術)を使って事故を防ぐ実証実験を10月から始める。民間の介護施設では人材確保に向け待遇改善の動きが出 ...
神戸新聞NEXT|神戸|段差が巨大化、立ちくらみ… 認知症の世界 ... - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
階段の段差がものすごく高く見えたり、視野が狭くなって振り向くだけで立ちくらみがしたり…。認知症の主な症状を特別な機器を使った「バーチャルリアリティー(仮想現実.
ラヒホイタヤは、准看護師、保育士、ホームヘルパー、歯科助手などを統合した資格で、「日常のケアをする人」を意味している。少子高齢化社会になった時の人手不足への対応とサービスの質向上を目的に、1993年に誕生した資格だ。 日本生まれで結婚を機にフィンランドに ...
介護離職を本気で減らそう - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族の介護のために仕事をやめる人が、依然として多い。働き盛りの社員の退職は、企業にとっても国民経済にとっても損失だ。経営者は介護離職防止を重要課題ととらえ、手を打つ必要がある。 総務省の2017年の就業構造基本調査によると、過去1年間に介護や看護を理由に ...
前社長の高齢化や後継者不足などにより配偶者や親から同族承継するケースが多く、「内部昇格や出向による就任は男性社長を著しく下回っている」(同支店)という。 業種別では保育(44.7%)や美容(27.7%)、老人福祉(25.1%)などを手がける企業の比率が高かった。
前社長の高齢化や後継者不足などにより配偶者や親から同族承継するケースが多く、「内部昇格や出向による就任は男性社長を著しく下回っている」(同支店)という。 業種別では保育(44.7%)や美容(27.7%)、老人福祉(25.1%)などを手がける企業の比率が高かった。
介護職種での外国人技能実習生の来日が本格化する。7月に宮崎県の施設が中国人2人を受け入れたのに続き、今月下旬には介護・医療施設を運営するのぞみグループ(長野県小諸市)が中心に設立した介護施設協同組合(同市)にインドネシア人実習生が到着して初任者 ...
高齢者や障害者の現金管理代行の社協職員、1400万着服か 宮崎・川南町 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
宮崎県川南町の町社会福祉協議会は13日、高齢者や障害者の現金管理を代行する事業を担当していた事務局長補佐の男性(48)が計約1400万円を着服した疑いがあると発表した。 町社協によると、事務局長補佐は平成26年4月~今年6月、利用者の口座から無断で現金を ...
介護保険料1270万円を過大徴収 太子町 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県太子町は13日、作業上のミスで、7069人に今月15日支給される年金から誤った金額の介護保険料を引き落とすことになったと発表した。5538人の計1270万円を過大徴収し、1531人の計約603万円が徴収不足となる。年金支給日までに額を訂正するのは難しく、 ...
病院で火災、9人死亡=寝たきり高齢者ら犠牲に-台湾 - livedoor (媒体での記事掲載終了)
地元消防当局によると、火災は13日午前4時半(日本時間同5時半)ごろ、高齢者が入院する7階の病室で発生。病室1室が全焼し、隣室にも若干延焼したが、約1時間後に消し止められた。 7階には32人の患者が入院していたが、寝たきりなど体の不自由な高齢者が逃げ遅れ ...
元NHKアナが書籍を出版医療的ケア児の現状知って - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
元NHKアナウンサーで、2年前に福祉施設のマネジャーに転職した内多勝康さん(55)が「『医療的ケア』の必要な子どもたち」(ミネルヴァ書房)を出版する。内多さんは13日、東京都内で記者会見を開き「現状を知ってもらい、家族だけでなく、社会全体で支えていくべき問題だと ...
介護職員などが利用者やその家族から暴言や性的な嫌がらせといったハラスメント被害に遭っている問題で、厚生労働省は2018年度中に実態調査に乗り出すことを決めた。調査結果をもとに事業者向けの対策マニュアルをつくり、職場環境の改善や再発防止などにつなげる。
【8月13日 時事通信社】台北郊外の新北市新荘区にある公立病院で13日早朝、火災があり、入院患者9人が死亡、看護師を含む15人が重軽傷を負った。同病院は衛生福利部(厚生省に相当)が運営しており、頼清徳行政院長(首相)は「患者やご家族、社会のみなさんにおわび ...
元NHKアナウンサーで、2年前に福祉施設のマネジャーに転職した内多勝康さん(55)が「『医療的ケア』の必要な子どもたち」(ミネルヴァ書房)を出版する。内多さんは13日、東京都内で記者会見を開き「現状を知ってもらい、家族だけでなく、社会全体で支えていくべき問題だと ...
介護リハビリSaaSのリハブ、8000万円調達 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護事業所向けリハビリ特化型SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)「リハプラン」を展開するRehab for JAPAN(リハブ・フォー・ジャパン、東京・品川、大久保亮社長)は、キャピタルメディカ・ベンチャーズ(東京・港)から第三者割当増資で8000万円を調達した。調達資金は ...
介護リハビリSaaSのリハブ、8000万円調達 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護事業所向けリハビリ特化型SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)「リハプラン」を展開するRehab for JAPAN(リハブ・フォー・ジャパン、東京・品川、大久保亮社長) ...
緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症とアルツハイマー病発症リスクとの間に関連が認められたとの研究論文を発表された>. 国際アルツハイマー病協会(ADI)によると、世界全体の認知症患者数は2015年時点で4600万人を超え、2050年までには1億3150万人規模に増加 ...
介護疲れで92歳母親を殺害した69歳娘 「闇が深すぎる」「介護は心を殺す」の声 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
(Nayomiee/iStock/Thinkstock/写真はイメージです). 神戸市東灘区で同居している母親(92)の鼻と口をふさいで殺害したとして、警察は12日、娘(69)を殺人の容疑で逮捕した。 母親を殺害するという残酷な行為にネット上では怒りの声が相次ぐ一方、犯行に至った経緯に ...
ペットの健康市場を狙え…起業続々、検査や餌、介護(1/2ページ) - 産経 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
犬や猫などペットの健康に対する意識が高まり、病気の遺伝子検査や栄養に配慮した餌の販売など関連ビジネスが盛況だ。ペットを家族のように扱い、支出をいとわない ...
... 【台北時事】台北郊外の新北市新荘区にある公立病院で13日早朝、火災があり、入院患者9人が死亡、看護師を含む15人が重軽傷を負った。同病院は衛生福利部(厚生省に相当)が運営しており、頼清徳行政院長(首相)は「患者やご家族、社会のみなさんにおわびする」と ...
自分も死のうと思ったが死ねなかった」と110番通報したという。 警察が自宅に駆けつけたところ、ベッドで意識不明の母親が見つかり、病院へと搬送されたが死亡を確認。そばにいた女は手首を切っていたが軽傷だったようだ。 女は母親と2人暮らし。母親は寝たきりの状態で介護 ...
免許停止、簡単にいかぬ事情 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症と診断されたら運転免許取り消し(停止)になるという道路交通法の改正について、認知症の人の団体(日本認知症ワーキンググループ)が施行直後に「提案」を発表しました。その内容は、認知症と診断されたら一律に免許を取り消すやり方に疑問を呈し、運転技能を客観的 ...
免許停止、簡単にいかぬ事情 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症と診断されたら運転免許取り消し(停止)になるという道路交通法の改正について、認知症の人の団体(日本認知症ワーキンググループ)が施行直後に「提案」を発表しました。その内容は、認知症と診断されたら一律に免許を取り消すやり方に疑問を呈し、運転技能を客観的 ...
少子化のほうは、将来の人口が減り、社会の活力が失われるなど、様々な問題を孕んでいる。 長寿化という観点から、日本人の生活に焦点を当ててみたい。日本では、介護保険の導入など高齢者福祉に関する施策が進んでおり、20年前に比べると格段の進歩を遂げたと言って ...
今年7月に総務省より公表された「平成29年就業構造基本調査」では過去1年間に「介護・看護のため」に離職した人は5年前と比べてほぼ横ばいという結果に。しかし、今回の調査で自分自身もしくは家族が「介護離職した・離職予定がある人」は約3割いたものの、現在仕事をして ...
ケアマネージャーほか、頼れる介護のプロたちに出会えれば、ストレスを軽減するための道筋、つまりこれからあるべき生活の形も見えてくる。 離職は確かにストレスを大きく軽減してくれるが、その先に待ち構えているのは、社会からの断絶である。その状態が長く続けば、再就職 ...
認知症への理解を訴え、認知症当事者と家族、支援者が全国をリレーする「RUN伴(ランとも)」が9月29日から3日間、県内で行われる。リレーはNPO法人「認知症フレンドシップクラブ」などの主催で毎年実施され、今年は7月1日に北海道の宗谷岬を出発し南下を続けている。
92歳母親を殺害容疑、娘を逮捕 「介護に疲れた」供述:朝日新聞デジタル - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同居している母親(92)を殺害したとして、兵庫県警は13日、神戸市東灘区住吉本町2丁目の無職小沢節子容疑者(69)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め、「介護 ...
認知症に関するニュースは、日々多くのメディアで取り上げられています。 様々なメディアのニュースや特集記事の中か…
その想いから、清風会グループとして介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」の他、地域包括ケア病棟を抱える日本原病院、岡山の家庭医療の推進に取り組む岡山家庭医療センター(奈義、湯郷、津山)、利用者さんに最適なプランをご提案するケアプランセンター、ご自宅まで ...
記録的な猛暑が続く中、本人や周囲も気づかないまま脱水状態に陥る高齢者の「かくれ脱水」が懸念されている。医療や福祉の専門家らによって構成される「教えて!『かくれ脱水』委員会」はこのほど、全国の高齢者(65歳以上)、その年代の親を持つ子世代、介護従事者の ...
100歳を超えても微笑みを。自律の支援をする社会医療法人清風会。美作市とともに「喜寿(きじゅ)」のお祝い会を開催しました! - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
平成30年7月11日、社会医療法人清風会の介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」のご利用者様が100歳のお誕生日「喜寿(きじゅ)」を迎えられ、ご利用者様の出身地である美作市の職員とともにお祝い会と開催しました! 平成30年7月11日に、ご利用者様のT様が100歳の ...
老老介護の疲れか 92歳母殺害疑いで神戸の69歳女逮捕 - 産経WEST - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
寝たきりだった母親の鼻と口をふさいで殺害したとして、兵庫県警東灘署は13日、殺人の疑いで、神戸市東灘区住吉本町、無職、小沢節子容疑者(69)を逮捕した。
寝たきりの母親(92)を窒息死させたとして、兵庫県警東灘署は13日、殺人の疑いで、神戸市東灘区住吉本町、無職、小沢節子容疑者(69)を逮捕した。同署は高齢者が高齢者を介護する「老老介護」の疲れが動機の可能性もあるとみて調べる。 << 下に続く >> ...
100歳を超えても微笑みを。自律の支援をする社会医療法人清風会。美作市とともに「喜寿(きじゅ)」のお祝い会を開催しました! - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
その想いから、清風会グループとして介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」の他、地域包括ケア病棟を抱える日本原病院、岡山の家庭医療の推進に取り組む岡山家庭医療センター(奈義、湯郷、津山)、利用者さんに最適なプランをご提案するケアプランセンター、ご自宅まで ...
警察庁の統計によると、認知症を理由に行方不明になったのは2016年で1万5432人で、12年から1・5倍となっている。市でも昨年度、行方不明となった高齢者の捜索依頼は13件あり、本人の安全と家族らの捜索の負担を軽減するため貸与事業を開始した。10日現在で7件の ...
子どもが生まれて育児に追われ、やがて、親が年老いて介護が必要になる」――かつては、中長期のスパンで起こったライフイベントが、いっぺんに訪れる「ダブルケア」の ...
2018年08月12日()
今回は認知症への音楽療法について取り上げたいと思います。認知症の患者さんに様々な音楽療法が行われ、効果が出ています。これはすでに認知症になった方に対しての療法なのですが、音楽が認知症の症状をやわらげるのであれば、認知症予防についても力を発揮するに ...
2016年4月に34歳の若さで三重県の国民健康保険志摩市民病院(一般病床17床、療養病床60床)に就任した江角悠太氏。就任後の2年間で、赤字を2億円減少させるなど病院改革を進める一方、地域住民、高校生、医大生などを巻き込んで“人作り”、“街作り”にも力を入れる。
群馬県渋川市は、もしもの時に備えて自分の情報や希望を整理して書き留めておく「エンディングノート」=写真=を初めて作成した。希望者に市高齢福祉課で配布している。
「突然キレる」「同じ昔話を繰り返す」――親に感じ始める「なぜ?」の原因と付き合い方 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
例えば公共の場でキレる高齢者に困惑し、家では親のヘンな言動に戸惑い......。 かといっ ... 息子が、実家の70代の両親に「お父さんのために、家をバリアフリー化しよう」と話したところ、静かに聞いていた父が突如「うるせえ、俺はまだ年寄りじゃねえ」と激怒し始めた。以来、親子 ...
群馬県渋川市は、もしもの時に備えて自分の情報や希望を整理して書き留めておく「エンディングノート」=写真=を初めて作成した。希望者に市高齢福祉課で配布して...
お盆休みで実家に帰省している人も多いはず。久しぶりに家族と顔を合わせるせっかくの機会、相続や不動産などお金にまつわる「実家の大問題」を家族で話し合ってみては ...
印刷ボタン. 非常に高度なアルツハイマー病に対する抗認知症薬の有効性のイメージ. 高度なアルツハイマー病(AD)において、抗認知症薬(ADD)の処方をいつまで行うべきかに関するエビデンスは、不十分である。韓国・釜山大学病院のYun Jeong Hong氏らは、ドネペジル ...
中年期に飲酒しなかった集団および中年期以降に過度な飲酒を続けた集団は、飲酒量が適度な場合に比べ認知症のリスクが高まることが、フランス・パリ・サクレー大学のSeverine Sabia氏らが行った「Whitehall II試… [続きを読む]. (医学ライター 菅野 守). 原著論文はこちら.
泉区社会福祉協議会でも、単独でタクシーや公共交通機関の利用が難しい人を対象に通院などでの送迎サービスを行っているが、高齢者は要介護認定を受けている人が対象。移動の問題にどう対応するか、泉区全体、各地域ケアプラザごとに、生活支援コーディネーターが中心 ...
社会保障適正化には「資産」要件の加味が必要だ - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了)
社会保障制度の持続可能性を中長期的に高めるとともに、世代間・世代内での負担の公平を図り、負担能力に応じた負担を求める観点から、医療保険における高額療養費制度や後期高齢者の窓口負担の在り方について検討する・・・あわせて、医療保険、介護保険ともに、マイ ...
美作市社会福祉協議会は家庭で不要になったシニアカー(ハンドル型電動車いす)を募り、高齢者や障害者らに譲り渡すリユース(再利用)事業を始めた。 高齢による身体機能の衰えを理由に運転免許証を返納したり、運転を控えたりする人が増える中、地区の社協などから移動 ...
宮崎・門川町に8月11日、地場食材加工品のアンテナショップ「SA・Te(さーて)黒潮」がオープンした。 8月11日にグランドオープンした「さーて黒潮」. 場所は国道10号線沿いの門川尾末。同じ場所に工場を持ち、製造、加工、販売を行う。食を通じて、社会、福祉、地元の課題を ...
登別市は、介護サービス人材確保対策事業の一環として、市内で高校生を対象とした出前講座を開いた。介護分野への就職を検討する高校生8人が仕事内容に理解を深めた。 将来の職業として介護、福祉分野を選択 ... 記事全文を読む ❯ ...
東京都は、「世界アルツハイマーデー」を記念して平成19年度より、毎年9月に認知症の正しい理解を促進するためのシンポジウムを開催しています。今年は9月15日(土)に開催、「認知症とともに暮らす~介護者への支援について考える~」をテーマに、講演・パネル ...
総務省の2017年就業構造基本調査によると、介護や看護を理由に仕事を辞めた人は同年9月までの1年間で9万9千人に上った。12年の前回調査(10万1千人)に比べ横ばいで、政府が15年に成長戦略の金看板の一つに掲げた「介護離職ゼロ」の目標からは程遠い状態だ。
2018年08月11日()
残留孤児:介護施設へ話し相手派遣 中国語のボランティア - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
終戦時の混乱で旧満州(現中国東北部)などに取り残され、日中国交回復後に永住帰国した残留孤児らを対象に、厚生労働省は昨年度から介護施設に出向いて中国語で話し相手になる「語りかけボランティア訪問」を始めた。高齢化が進んでおり、介護施設で言葉の壁や生活 ...
長男が責任を取るべき? 介護分担での優先順位の決めかた - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
民法877条では、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と定められており、法的に扶養義務が子どもにある親の介護。扶養義務者(兄弟姉妹)が複数いる場合、優先順位について法的な規定はあるのだろうか? 「法的には『家族間のルールにまかせ、むやみ ...
いきいき百歳体操広がる 介護予防に効果 加古川 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
市は、筋力の維持向上によって将来的な介護予防にもつながるとし、さらなる普及を目指す。 いきいき百歳体操は、気軽にできる運動として、2002年に高知市で始まったプログラム。続けることで筋力アップし、日常生活の動作が楽にできるようになるなどの効果がある。 加古川市 ...
2025年には5人に1人が認知症に!介護問題って何から始めればいい? - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
現在、認知症高齢者数は500万人とも600万人ともいわれています。 また、認知症の年齢層は50~40歳代にも下がってきており、若いからといって決して安心はできません。 介護をテーマに、誰にでも起こりうるさまざまな問題についてご紹介していきます。 “セリア”のアイテム ...
厚生労働省は介護保険サービスの利用状況や利用者の状態などに関するデータを民間の研究機関などに開放する。膨大なデータを民間の知恵を生かして分析することで、介護サービスの効果的な提供の手法や効率化策などの発見につながる可能性があると判断した。
病気になる一歩手前の状態である「未病」に関するビジネスが拡大しそうだ。65歳以上の人口が3割近くを占める超高齢社会を迎え、医療や 介護にかかる費用がさらに増加することが予想されるなか、病気の予防が今後ますます重要になってくる。今月24日からはパシフィコ横浜 ...
東京・江戸川区の社会福祉施設で高齢の男性が死亡しているのが見つかり、同じ部屋に住む40代の男が逮捕されました。 警視庁によりますと、10日午後2時ごろ、江戸川区の社会福祉施設で入居者の70代の男性が意識のない状態で倒れているのが発見されました。男性は ...
[TKU-NEWS 夕方 18.08.11 ] 介護施設高齢女性傷害致死 介護職員を送検 - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
今月7日、熊本市西区の介護施設で入所していた女性を暴行し死亡させた疑いで逮捕された職員の男が11日送検されました。傷害致死容疑で送検されたのは上益城郡嘉 ...
8月10日の『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)では、マツコ・デラックスさんが悩める女性たちにアドバイスを送るシーンを未公開映像と共に一挙放送。マツコさん ... マツコさんの周りでも高齢出産が原因でキャリアを積めなくなり、苦労している女性は少なくないらしい。そのため、 ...
車検でやってきた69歳男性と会話が噛み合わず、業者は神奈川県警に相談した。認知症の疑いのある男性を県警は「車検切れ」で逮捕し、男性の車を押収。事故を起こす前 ...
参加者は1985年の調査開始時に35~55歳だった公務員。20〜30年後における認知症の発症と飲酒の習慣やライフスタイル、健康に関する問題などの関連性について調べるため、参加者たちにはこられに関する定期的な報告が求められた。最終的に調査対象となった約9000 ...