介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2018年02月10日()
介護芸人が引っ張りだこ 高齢者のツボは「容姿や体の衰え」 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
介護をするご家族にも笑いが必要だと思います。一緒にいる人のイライラ感は伝染してしまいます。でも、介護がつらくなるときもあると思うんです。 そんなとき、よく思い出す逸話があります。高校野球の試合でピンチになったチームメートがピッチャーマウンドに集まり、指をかんで口角を上げ、無理にでも笑顔を作る。すると不思議 ...
ある高齢者が徘徊(はいかい)し、行方不明になったこともありました。そのときは「娘さんの家の方にいったのではないか」とピンときた。実際、家の近くに座っていたところを見つけた。長年医療をやっているので、状況が読める。そんなときは、良かったと思いますね。 --いろんな出来事がありますね. 認知症のおばあちゃ ...
冬まっただ中です。救急外来には、夏は熱中症の患者が救急受診されますが、それに負けず劣らず、冬は意識のないお年寄りの低体温症の患者が多数搬送されてきます。低体温症とは、生命の危険にさらされるほど体温が低い状態をいいます。 体温が35度以下に低下した場合に低体温症と診断します。低体 ...
美容師の出張事業開始へ 在宅高齢者や障害者対象 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県篠山市は2018年度から、自宅で生活している高齢者や障害者で、理美容店に行くことが難しい人向けに、カットなどの訪問サービス事業を始める方針を固めた。出張費を市が負担する事業で、市内の店舗に協力を呼び掛け、趣旨に賛同した店の理容師や美容師が利用者宅を訪れてサービスを提供する。このほ ...
認知症について考えるフォーラム「元気な認知症はプラス思考!~私が認知症に向き合うと決めた時~」が10日、津幡町加賀爪の町福祉センターであり、地元劇団による認知症を素材にした劇や専門家による講演があった。 第1部には医師や主婦、認知症の当事者らでつくる津幡爆笑劇団が登場し、会場を沸かせた ...
【認知症】かかりつけ医とサポート医の連携を評価:日経メディカル - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)総会は2月7日、2018年度診療報酬改定案を了承し、加藤勝信厚生労働大臣に答申した。認知症患者への適切な医療提供体制に対する評価の概要が明らかになった。このうち認知症診療に関する改定項目は、(1)認知症に対する診療連携の評価、(2)認知症 ...
高齢化社会なのに…病院・福祉施設が“大倒産時代”突入 報酬改定と ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
2018年度の診療報酬と介護報酬の同時改定(※後述)を前に、2017年(1~12月)の「医療、福祉事業」の倒産件数は250件にのぼり、介護保険法が施行された2000年以降で最多になった。調査対象の「医療、福祉事業」には、病院、医院、マッサージ業や鍼灸院などの療術業、老人福祉・介護事業などを含む ...
高齢化社会なのに…病院・福祉施設が“大倒産時代”突入 報酬改定と ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
2018年度の診療報酬と介護報酬の同時改定(※後述)を前に、2017年(1~12月)の「医療、福祉事業」の倒産件数は250件にのぼり、介護保険法が施行された20…
2018年度の診療報酬と介護報酬の同時改定(※後述)を前に、2017年(1~12月)の「医療、福祉事業」の倒産件数は250件にのぼり、介護保険法が施行された2000年以降で最多になった。調査対象の「医療、福祉事業」には、病院、医院、マッサージ業や鍼灸院などの療術業、老人福祉・介護事業などを含む ...
介護費不正、AIで防止 富士通、自治体向け提供へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
富士通は10日、介護給付費の不正請求や事務ミスの増加に対応し、人工知能(AI)を使って請求が適切かどうかを効率的に判断できるシステムの実用化に乗り出すと明らかにした。不正防止に加え、膨大な請求を点検する自治体職員の負担軽減につなげる。実証実験を踏まえ成果を検証した上で各地の自治体 ...
介護サービスを利用する要介護認定者数は16年度が約1万5千人で、この10年間で約1・6倍に増えており、今回の改定でも数%の引き上げを検討していた。 引き上げを避けるために市は、介護保険会計の剰余金を積み立てた基金から8億4500万円を取り崩す。基金残高は約9億3千万円あり、その約9割を投入する ...
防犯ベスト:似顔絵入りで徘徊事故防げ はんこ店が開発 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
防犯ベスト:似顔絵入りで徘徊事故防げ はんこ店が開発. 2018/02/10 12:25 毎日新聞. 1. 似顔絵入りのオリジナル防犯ベストを和歌山市のはんこ店「みの印章堂」が開発した。クラウドファンディングで14日から購入希望者を募る。高齢者の徘徊などによる事故を防ごうと発案。似顔絵入りのはんこ作りを得意とする同 ...
脳梗塞で人生に絶望、何が彼を救ったか? | 家庭 | 東洋経済オンライン ... - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
介護をしている方の苦労話を聞いていると、介護のことを「下の世話」くらいに考えている場合があります。実際に、認知症になった親が、自分の糞便を投げたり弄んだりする(弄便)のを見るのは、精神的にきついもの…
世界有数の補聴器メーカー、独シバントス社のシーメンス・シグニア補聴器は、2月17日(土)10時00分〜11時30分、東京・秋葉原の富士ソフトアキバプラザ6F セミナールーム1において、認知症と難聴をテーマにした市民イベント「耳からはじめる健康セミナー」を開催します。 「難聴になると認知症のリスクが高くなる。」と ...
日本経済新聞社と英フィナンシャル・タイムズの共催による「日英認知症会議」が3月15日(木)、六本木アカデミーヒルズにて開催されます。英国の認知症専門団体であるワールド・ディメンシャ・カウンシル(WDC)の協力のもと、内外の産学官から専門家を招いて日本の認知症対策や国際連携の枠組みを議論します。
静岡市が普及を目指す介護予防体操「しぞ~かでん伝体操」に取り組むグループを表彰するチャレンジコンテスト表彰式(市、しぞ~かでん伝体操市民の会主催)が9日、同市葵区の市民文化会館で開かれた。 でん伝体操は、重りを手足に着けてゆっくり行う体操。活動拠点は2017年末時点で市内107カ所に上る ...
2018年02月09日()
介護報酬を不正に受給したなどとして、県は9日、介護会社「シフト」(清水町)が運営する訪問介護事業所など6事業所について、介護保険法に基づく指定を取り消す行政処分を行ったと発表した。処分は7日付で、28日に指定を取り消す。 県の説明によると、同社が運営する函南町、清水町、富士市にある6事業所で ...
カラオケの愛好家らが1983年に結成した住民グループ「西淡コミュニケーション・ミュージック・クラブ」(西淡CMC)が今年、結成35周年を迎える。得意のカラオケを生かし、これまでに高齢者福祉施設を訪問した回数は1月で350回に達した。広報の朗読ボランティアも続けており、自慢の声を生かして地域に貢献している。(高 ...
介護施設の夜勤、長時間で過酷な勤務実態明らかに - TBS News (媒体での記事掲載終了)
全国の介護施設の夜勤勤務の実態に関する調査結果が公表されました。人数が少ない上、長時間の労働が続く過酷な勤務実態が明らかになっています。 調査は、「日本医療労働組合連合会」が、全国165施設を対象に実施しました。 夜勤1回あたり16時間以上の長時間勤務となっている職員が7割以上に上 ...
認知症の理解と予防・介護のコツ 2月19日講演会 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
小田原市が2月19日(月)、認知症講演会を行う。生涯学習センターけやきホールで午後6時から。入場無料、申し込み不要、先着400人。 第1部では認知症によくみられる症状や家族の混乱、気持ちの変化等を描いた映画「認知症と向き合う」を上映。第2部では(公社)認知症の人と家族の会神奈川支部代表で認知症 ...
介護・福祉事業のヒューマンリンク(札幌市)は、空き家を改修して介護や福祉の拠点に活用する。食事や入浴のサービスだけでなく、リハビリのため掃除や料理などを利用者自らにやってもらうなど3つの新業態を開発。まず3月に函館市に開設する。空き家を利用して開設コストを抑えるとともに、自宅に近い環境で生活の自 ...
5秒「ひざ裏」を伸ばすだけで、 寝たきり寸前のおばあちゃんがよみがえった! ​奇跡のストレッチ​​ - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢になると背中が丸くなったり腰が曲がったりしますが、その出発点はひざの裏側! ひざ裏が硬くなると足がまっすぐのびなくなり、ゆがんだ姿勢になってしまうのです。 「1日5秒でもかまいません。ひざ裏をのばしてみましょう!」 今回、本で紹介するのは、ネーミングも楽しい3つの簡単なストレッチです。 (1)壁ドン ...
兵庫県明石市は9日までに、市立総合福祉センター(同市貴崎1)に隣接する土地について、2018年度、子どもや高齢者、障害者らを総合的に支援する「共生型支援施設」を新設する方針を固めた。多目的ホールや会議室、調理室を備え、子ども食堂や認知症カフェ、障害者の就労支援事業などに役立てる空間を創 ...
「体全体が若くなる」年金支給日には満室になるラブホも!高齢者たちの性生活に迫る - BLOGOS (媒体での記事掲載終了)
昨年、厚生労働省が発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳と過去最高を更新。また、内閣府の発表によれば、2015年時点での65歳以上の高齢者の単独世帯は約624万世帯に上るという。そんな超高齢化社会・日本で重要な問題の一つが、高齢者たちの性の問題だ。
昨年、厚生労働省が発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳と過去最高を更新。また、内閣府の発表によれば、2015年時点での65歳以上の高齢者の単独世帯は約624.
病院の統合・再編へ「地域医療介護総合確保基金」から優先補助―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
そこで、各都道府県において「一般病床・療養病床という大きなくくりだけでなく、高度急性期・急性期・回復期・慢性期といった機能ごとの必要病床数」などを定めた地域医療構想が作成されています(すでに全都道府県で作成済)。 一方、各病院・有床診療所には「自院の病棟がどの機能を持つと考えている ...
看取り、「介護医療院がよい」 日慢協の武久会長、診療・介護報酬同時改定で - 株式会社CBnews (媒体での記事掲載終了)
... 病床から慢性期病床への移動がうまく進めば、医療費の増大は免れる」などと指摘。診療報酬の「本体部分」がプラス改定となったが、そのことが必ずしも医療費の増加に結び付かない可能性に言及した。 介護医療院については、早期転換を評価する「移行定着支援加算」(93単位/日)の期限が21年3月 ...
高齢の姉妹が暮らしていた部屋。室内は大量のごみに埋もれていた=平成28年8月、大阪市内(提供写真). マンション住人の高齢化に伴い、認知症になってごみ出しができなかったり、ぼや騒ぎを起こしたりといったトラブルが目立っている。周囲が異変を見過ごし、放置される人も少なくない。子供の独立などを機に移 ...
物忘れ外来で診療している平原佐斗司医師は「認知症の診療では病名を付けるだけでは意味がなく、診断を患者と家族と共有し、患者の意思決定を支援し、家族の教育的支援につなげること、そして診断結果を基にケアの現場を支援することが最も重要です」と述べています。 しかし現実はどの項目も不十分です ...
メディプラスは2月8日、女性看護師・介護士・保育士の"女性福祉ワーカー"の職場ストレスについての分析結果を発表した。調査は昨年2~4月にインターネットで実施し、看護師・介護士・保育士各103人、計309人から回答を得た。 ストレス値が77点以上の"高ストレス者"は女性全体で16.2%。しかし看護師は18.8 ...
他の東南アジア諸国と同様に高齢化が忍び寄るミャンマー、それに注目した日本の介護企業は、将来の国内市場獲得を狙っている。 この記事の続きを読む. ミャンマーの最大都市ヤンゴンでは昨年12月から、、今後日本企業の進出が計画されている、訪問介護・看護ステーションの実証事業が始まっており、フィージビ ...
メディプラスは2月8日、女性看護師・介護士・保育士の"女性福祉ワーカー"の職場ストレスについての分析結果を発表した。調査は昨年2~4月にインターネットで実施し、看護師・介護士・保育士各103人、計309人から回答を得た。 ストレス値が77点以上の"高ストレス者"は女性全体で16.2%。しかし看護師は18.
全老健、介護福祉士の8万円賃上げに期待感 「人材がきてくれるのでは…」 - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了)
老健の経営者でつくる全国老人保健施設協会の東憲太郎会長は8日の会見で、政府が2兆円規模の新たな政策パッケージに盛り込んだ介護福祉士の賃上げをそう評価した。「人手不足がすぐに解消されるわけではないが、現場で働く職員の『頑張ろう』というモチベーションになる。いわゆる潜在介護福祉士も戻っ ...
藤光樹脂,医療・介護・福祉向けコミュニケーションアプリ「D-talk(ディー ... - インナビネット (媒体での記事掲載終了)
藤光樹脂(株)は,2018年2月8日,医療・介護・福祉向け専用コミュニケーションアプリ「D-talk(ディートーク)」(iOS/Android向け)をリリースする。医療現場では患者の個人情報を日常的に取り扱う。
認知症進行、すごろくで体験 支援サービス楽しく学んで - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の進行を疑似体験しながら、症状に応じて利用できるサービスや支援内容を学ぶすごろく「認知症456(すごろく)長岡京市版」を京都府長岡京市西地域包括支援センターが作った。発祥自治体の水戸市の同すごろくを基に、長岡京市独自のサービスや支援内容を盛り込んでいる。 認知症456(すごろく)は、スター ...
政府は9日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、公共交通の段差解消などを促すバリアフリー法改正案を閣議決定した。事業者に、高齢者や障害者が安全に利用できるよう鉄道駅のスロープやホームドア設置などの対策を盛り込んだ計画作成と国への提出を義務付けることが柱。提出しない場合、50万円以下の罰 ...
2月10日(土)午後2時00分〜午後3時00分まで、NHKEテレ「TVシンポジウム」では、「認知症を正しく知る~本人にも家族にも優しい支援とは~」が放送されます。認知症をテーマに新たに知られるようになった知見を踏まえ、家族や支援者はどう向き合うべきか、当事者の経験を交え、考えていきます。 認知症が進行して ...
バリアフリーの計画義務化 東京五輪に向け、改正法案決定 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は9日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進するための改正法案を閣議決定した。事業者に段差解消策などを盛り込んだ計画の作成、公表を義務化する。作成しない場合は50万円以下の罰金を科す。 国は1日の利用客が3千人以上の旅客施設の段差を20年度 ...
交通事業者に計画作成義務=バリアフリー法改正案決定 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
交通事業者に計画作成義務=バリアフリー法改正案決定. はてなブックマーク. 2月9日(金)8時48分 時事通信. 政府は9日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、公共交通の段差解消などを促すバリアフリー法改正案を閣議決定した。事業者に、高齢者や障害者が安全に利用できるよう鉄道駅のスロープやホ ...
交通事業者に計画作成義務=バリアフリー法改正案決定 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
交通事業者に計画作成義務=バリアフリー法改正案決定. 2018/02/09 08:55 時事通信社. 0. 政府は9日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、公共交通の段差解消などを促すバリアフリー法改正案を閣議決定した。事業者に、高齢者や障害者が安全に利用できるよう鉄道駅のスロープやホームドア設置な ...
「介護離職」を回避するための5つのポイント - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
仕事と介護を両立させるのは簡単ではないが国の支援制度も改善。介護離職を避ける手がある(写真:EKAKI/PIXTA). 親の介護をするために仕事を辞める、介護離職が増えています。前回の「介護離職をすると、自分の老後が危なくなる」でも触れましたが、仕事を辞めれば自身のライフプランに大きく影響します。 もちろん ...
県内高齢者の社会参加率、男性82%、女性73%に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
千葉県は8日、2020年度を目標年度とする高齢者保健福祉計画の案をまとめた。「生涯現役社会」の実現を掲げ、高齢者の就労や地域活動への支援体制を充実。60歳を超えても企業で働いたり、地域でボランティア活動に従事したりする高齢者の割合を男性で82%(15年度67.9%)、女性で73%(同59.6%)に高め ...
2018年02月08日()
難聴の人にクリアな音質 対話支援スピーカーで優秀賞 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
... されている。 中石社長は「高齢化が急速に進む中、コミュニケーションの課題が社会的な問題であると認識された結果だと受け止めている」と受賞を振り返った。 コンテストは、ICTで新しいビジネスを創出する企業の技術革新、サービスの普及拡大を支援する取り組みとして、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と北 ...
行方不明になった認知症女性を保護 座間署、タクシー運転手に感謝状 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
十時間以上行方が分からなくなっていた認知症の女性(76)を発見し、保護したとして座間署は八日、座間市のタクシー会社「座間交通」の五十嵐和頼(かずより)運転手(75)に感謝状を贈った。 先月十九日午後八時すぎ、市内の女性が行方不明になったと通報があったのを受け、署は隣接署などに手配するのと同 ...
訪問介護の共生型サービス、身体中心で1時間未満392単位 障害報酬と同額に - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了)
障害福祉のホームヘルプ事業所が手をあげれば、4月から「共生型」として介護保険の訪問介護を提供できることになった。得られる報酬は居宅介護と重度訪問介護とで異なる。 居宅介護の場合、介護保険の訪問介護と同じ点数を算定できる。注意が必要なのは、訪問介護の基準で認められていない3級ヘルパーら ...
日本人の40代から50代の5人に4人が「ロコモティブシンドローム」か、その予備群であるといわれている。これは「運動器症候群」のことで、体を動かすために必要な運動器の衰えにより、歩く、立つなどの日常動作が困難になり、要介護リスクが高まる状態のことを指す。 自分が介護されるなどピンとこない世代かもしれない ...
札幌市は8日、火災で11人が死亡した、生活困窮者支援を目的とした共同住宅「そしあるハイム」(札幌市東区)について、老人福祉法など福祉関連の法律上の位置付けを判断するため、運営主体の合同会社「なんもさサポート」の関係者から聞き取り調査を始めたことを明らかにした。市は早ければ来週にも、結果に ...
歌って認知症予防 名古屋の病院で音楽療法行事が人気 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市中村区北畑町の偕行会(かいこうかい)城西病院が、認知症のリハビリテーションとして開く音楽療法の催しが人気だ。昨年五月から水曜以外の平日に毎日開かれ、最近では毎月延べ二百人以上が訪れるようになった。一月には参加者で作詞したオリジナルソングのCDも完成した。 認知症の本人や家族ら ...
お爺さん、お婆さんの写真を専門で撮影するカメラマンが捉えた介護現場、供養業界の実情。全部写してまとめて雑誌『*らしさ』に掲載します! - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
撮影現場では、それぞれの施設のスタッフだけでなく、ソーシャルワーカーや介護士、看護師、ケアマネージャーたちと接することがあります。何らかの病気を持つ方へ適切な対応をしてもらうためです。ヘアメイクやアシスタント以外にそういった専門職の助けが必要になるわけですが、正直、福祉系専門職の彼らがいな ...
平成30年度国際ソロプチミスト寒川奉仕事業「高齢社会を生きる幸せの条件」が2月28日(水)、午後1時30分から3時まで寒川体育館3階会議室で開催される。 当日は講師に社会福祉法人吉祥会・寒川ホームの三澤京子さんが登壇し「人の温かさと快適な生活環境」を副題として講演する。 三澤さんは、身内が病に ...
長崎市東山手町のグループホームで、入所していた高齢者5人が死亡し、5人が重軽傷を負った火災から、8日で5年となった。施設があった現場では遺族や元職員らが花を手向けて、手を合わせた。 「5年経っても、現場に来るたびに無念でならない」。火災でおばの井上ハツコさん(当時86)を亡くしたおいの飯田光 ...
若い頃はよく働き、草木を育てるのが好きなおばあちゃん。最近忘れん坊だけど子や孫たちに囲まれてとても幸せです――。流山市の元小学校教諭が、認知症のお年寄りが明るく元気に暮らす様子を描いた絵本「みどりのおうち」を作った。「長く社会を支えた人たちへの尊敬の念を伝えたい」という。 作者は同市東深井 ...
三浦市社会福祉協議会は、介護職員や在宅介護を行う人などの知識と技術の向上を目的とした「フォローアップ研修」を、3月6日(火)・9日(金)に開く。 「高齢者の健康と安全〜健やかな高齢期を過ごすために」をテーマに、講師を務める県医療福祉施設協同組合所属の看護師が現場の視点から具体的な事例を交 ...
市内の診療所と介護関係が集まり交流を深める意見交換会が今月5日、米が浜通の中島内科クリニックで開かれた。糖尿病を専門に扱う同院では、独居の認知症患者が増加。会の冒頭、実際の症例を挙げながら、介護と医療が連携することの必要性を強調した。 会では、市内の開業医や、介護・福祉関係者ら約 ...
認知症の支援者に スポセン - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
川崎市多摩スポーツセンターでは、3月15日(木)に行われる「認知症サポーター養成講座」の参加者を募集している。 認知症について正しく理解して偏見を持たず、認知症の人やその家族を温かく見守る支援者として活動する認知症サポーター。受講者には教材とサポーターの証となる「オレンジリング」が配布される ...
ペッパーを医療・介護に 長野県内システム会社開発 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
長野県内のシステム開発企業が医療・介護施設向けに、ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」を使った新システムを相次ぎ開発した。アドヴァンスト・インフォーメイション・デザイン(AID、松本市)
長野県内のシステム開発企業が医療・介護施設向けに、ソフトバンクグループのヒト型ロボット「ペッパー」を使った新システムを相次ぎ開発した。アドヴァンスト・インフォーメイション・デザイン(AID、松本市)は病院での検査案内に使用。ロゴス(長野市)は介護施設で高齢者の雑談相手にする。人手不足の深刻化を背景に ...
東京都品川区、単身高齢者の転居支援 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都品川区は一人暮らしの高齢者の転居を支援する事業を2018年度に始める。不動産業者と協定を結び、緊急時に駆けつける親族などの保証人がいなくても高齢者が転居できる仕組みをつくる。入居後の安否確認から死後の家財処分、葬儀の手続きまで一括対応するのも特徴だ。自治体が高齢者の生活を包括 ...
レビー型認知症への薬物療法をどう進めるか - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了)
今回は、レビー小体型認知症の薬物療法について臨床診断基準第4版での記載と、私の実体験を基に考えてみたいと思います。 中核症状に関する記述は非常に簡潔になっています。メタ解析の結果からは、リバスチグミンとドネペジルの使用は認知機能や全般性機能、日常生活動作を改善し、さらに改善が見ら ...
「何とかなる」楽観的な社風づくりが不可欠です - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
介護付き有料老人ホームやグループホーム、訪問介護ステーションを運営するケア21(大阪市)。同社の創業社長、依田平氏に介護事業の現状と今後を聞いた。前編では、起業の経緯と、トラブルやストレスが発生しがちな介護の現場には何が必要か、を明かしてもらった。 2013年10月期、158億円だった売り上げは ...
私にとっては、「医者として認知症に理解を示している」というよりも、「これまでずっと家族の介護を続けてきた私がたまたま医者だっただけ」というのが実感です。それほど、介護と不可分な人生を生きてきました。 私も妻も「ひとりっ子」です。それぞれの親の介護は覚悟していましたが、妻の父は胃がんで急に亡くなり、歯 ...
千葉県、高齢者の社会参加率7~8割目指す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
千葉県は8日、2020年度を目標年度とする高齢者保健福祉計画の案をまとめた。「生涯現役社会」の実現を掲げ、高齢者の就労や地域活動への支援体制を充実。60歳を超えても企業で働いたり、地域でボランティア活動に従事したりする高齢者の割合を男性で82%(15年度67.9%)、女性で73%(同59.6%)に高め ...
アルツハイマー型認知症を撃退? ビフィズス菌の驚きの効果と可能性 [T ... - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化に伴い深刻な社会問題にもなっている認知症。2025年には65歳以上の5人に1人が患うことになるという予測もされています(2015年、厚生労働省)。そして、認知症の中で実に6割を占めるのが、一度発症すると治療が困難と言われるアルツハイマー型認知症です。そのような背景を踏まえ、森永乳業は東京大 ...
型は現行の介護療養病床(療養機能強化型)とほぼ同じ基準、報酬とする。21年3月末までに介護医療院に転換すると加算がつく。 障害者が65歳になっても、これまでの事業所を継続して利用できるよう通所介護、訪問介護、ショートステイで創設する共生型サービスの基本報酬は、通常の介護報酬と区別する。例え ...
30代からは「筋肉の質」 今日からロコモ対策はじめませんか? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
30代からは「筋肉の質」 今日からロコモ対策はじめませんか?の画像. 執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ. 現在日本は、誰も経験したことがない超高齢社会に突入しています。 誰しもが年はとるものです。 ほとんどの人は最期まで健康で過ごしたいという希望を ...
JALは1月から、国内14空港のアナウンス用スピーカーとして「ミライスピーカー」を導入した。同スピーカーは特殊な内部構造と形状により、耳が聴こえにくい高齢者などにも声が届きやすい。近年、空港だけでなく、銀行や企業、介護施設などにも採用されている。開発したサウンドファン(東京・台東)の佐藤和則代表は「『音 ...
広島)認知症の高齢者に認知症マフを贈呈 - 朝日新聞社 (媒体での記事掲載終了)
府中町の認知症サポートグループのメンバーが先月、同町のグループホームで暮らす認知症の高齢者に、両手を中に入れて温める筒状の防寒具「マフ」を贈った。イギリスでは「Twiddle Muff」と呼ばれ、高齢者施設や病院で多くの認知症の人が使っているという。ただ日本ではあまり知られておらず、サポートグ ...
【静岡県】富士市田子浦団地E棟の全面的改善が完成~手摺り設置などバリアフリー化~. 田子浦団地E棟. 富士市公営住宅田子浦団地E棟の全面的改善事業が完成した。市営住宅の再生事業を推進し、居住性の向上と長寿命化を図るため、エレベーターや廊下棟を設置し、高齢者の円滑な移動を可能とした他 ...
医療と介護の同時報酬改定については、介護療養病床の経過措置の6年間延期や、介護医療院の創設、退院時の医師と介護職の連携促進などについて、「地域包括ケアシステム構築に向けてきめ細かな配慮がなされた」と述べた。 薬価制度の抜本改革については、「中央社会保険医療協議会主導で ...
NECは2月8日、エクシングの介護施設向け対話アプリ「健康王国トーク for Pepper」に、顔認証クラウドサービス「NeoFace Cloud」を提供したと発表した。 NECによると、「NeoFace Cloud」では顔認証の人工知能(AI)エンジンをクラウド上に搭載し、顔認証機能および顔認証の管理機能を提供する。スマートフォンやロボットな ...
高齢者施設火災5年、遺族ら追悼 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設火災5年、遺族ら追悼. 1 分で読む. 長崎市で高齢入所者5人が死亡した認知症グループホーム火災から5年となった8日、施設のあった場所で遺族らが献花し、犠牲者を追悼した。 火災は2013年2月8日夜に発生。入所していた当時77~90歳の女性5人が、一酸化炭素(CO)中毒などで死亡した ...
高齢者施設火災5年、遺族ら追悼 長崎、犠牲の5人に献花 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設火災5年、遺族ら追悼 長崎、犠牲の5人に献花. 2018年02月08日 13時33分. 長崎市で高齢入所者5人が死亡した認知症グループホーム火災から5年となった8日、施設のあった場所で遺族らが献花し、犠牲者を追悼した。 火災は2013年2月8日夜に発生。入所していた当時77~90歳の女性5人が ...
看護・介護・保育 女性ワーカーの職場ストレスを調査 改善の鍵はリラックス“方法”にあり - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
政府の主導で働き方・休み方改革が進められていますが、あまたある職業の中でも、看護や介護、保育に関わる「福祉ワーカー」の環境改善は急務の一つです。オフラボが調査した女性の職業別「ストレスオフ指数」でも、看護師「-23.4」保育士「-28.6」介護士・介護補助「-35.9」と平均値を下回る結果でした ...
長崎市のグループホーム「ベルハウス東山手」で2013年2月、入居していた高齢者5人が死亡した火災から8日で5年。遺族らは同日午前、グループホームがあった場所で献花し、「無念という気持ちは今も変わらない」と声を落とした。 ホームの運営会社元代表は業務上過失致死傷罪に問われ、長崎地裁は今月 ...
父と娘の親子セットで売り出し中の“落語家コンビ”が今、引っ張りだこだ。桂歌丸(81)の一番弟子、桂歌春(うたはる、68)とタレントの長女、田代沙織(33)。2月15日に介護を受ける高齢者向けに初の落語鑑賞会を開くが、歌春は「全国どこへでも」と娘の沙織とともに腕をぶしている。 柔和な笑顔のナイスミドル歌春と、謎かけが ...
お爺さん、お婆さんの写真を専門で撮影するカメラマンが捉えた介護現場、供養業界の実情。全部写してまとめて雑誌『*らしさ』に掲載します! - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
撮影現場では、それぞれの施設のスタッフだけでなく、ソーシャルワーカーや介護士、看護師、ケアマネージャーたちと接することがあります。何らかの病気を持つ方へ適切な対応をしてもらうためです。ヘアメイクやアシスタント以外にそういった専門職の助けが必要になるわけですが、正直、福祉系専門職の彼らがいな ...
介護ロボット導入・活用セミナー ~介護ロボットの今を知る!~ - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
BCC株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下当社)の社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度*1を手掛けるスマイル・プラスカンパニー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:伊藤 一彦、以下スマイル・プラス)が運営*2する日本最大規模の介護・福祉・健康関連の常設展示場 ...
インスタグラムユーザーのひだまり日和さんのお宅には、7匹の猫ちゃんと、1匹のワンちゃんがいます。 唯一のワンコ・しのちゃんは17歳のおばあちゃん犬。認知症を患って …
撮影現場では、それぞれの施設のスタッフだけでなく、ソーシャルワーカーや介護士、看護師、ケアマネージャーたちと接することがあります。何らかの病気を持つ方へ適切な対応をしてもらうためです。ヘアメイクやアシスタント以外にそういった専門職の助けが必要になるわけですが、正直、福祉系専門職の彼らがいな ...
2月9日(金)午後8時00分〜同8時45分、NHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」では、「認知症も予防!冬のあったか健康鍋」が放送されます。
お爺さん、お婆さんの写真を専門で撮影するカメラマンが捉えた介護現場、供養業界の実情。全部写してまとめて雑誌『*らしさ』に掲載します! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
撮影現場では、それぞれの施設のスタッフだけでなく、ソーシャルワーカーや介護士、看護師、ケアマネージャーたちと接することがあります。何らかの病気を持つ方へ適切な対応をしてもらうためです。ヘアメイクやアシスタント以外にそういった専門職の助けが必要になるわけですが、正直、福祉系専門職の彼らがいな ...
日本の少子高齢化が進んでいる。総務省によると2025年には20歳から65歳の現役世代が75歳以上の後期高齢者を3人で1人支える時代がやってくる。また、介護を取り巻く環境も厳しさに直面している。厚生労働省の調査によると「介護をしている人」の7割が60歳以上なのだ。そして介護施設への入所と並んで、在宅で ...
2018年02月07日()
開発中の認知症治療薬の途中経過成績が不調だったことから昨年12月に株価急落の憂き目を見たエーザイ。その顛末は、「株価を急落させた、エーザイのアルツハイマー薬開発」に書いた。 そもそも日本では2011年7月を最後にアルツハイマー型認知症の新薬は登場していない。そして現在、アルツハイマー型認 ...
医療の見直し 介護との一体化進むか - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二年に一度見直される医療サービスの新価格が決まり、二〇一八年度から提供されるメニューが出そろった。超高齢社会を迎え、増える高齢者が不安なく過ごせる医療への転換が進むだろうか。 今回の診療報酬改定は、団塊世代が七十五歳以上となる二五年に向け、実質的に最後の介護報酬との同時改定になる ...
移行が進めば診療報酬の抑制にはつながるが、医療関係者からは「急性期病床の削減が進むかは不透明」と踏み込み不足を指摘する声も上がる。 ◇介護医療院を受け皿に 診療報酬改定では、リハビリで実績を上げた病院ほど報酬を増やす仕組みを強化し、高齢患者の退院も後押しする。退院後は自宅や介護 ...
認知症と診断された当事者が集まり、暮らしについて語り合う「本人ミーティング」と呼ばれる取り組みが、御坊市と有田地域の1市3町で広がっている。認知症の“本人”同士がつながる場をつくるとともに、当事者の率直な思いを地域の支援に生かすことを目指す国の研究事業の一環。認知症になっても自分らしく生き続けら ...
国土交通省は、交通旅客ターミナル施設のバリアフリー整備基準を見直す。乗降客が多い鉄道駅を対象に、現在は一律に1ルート以上の確保を原則化している車いす利用者らの移動経路数を、2ルート以上確保するよう新たに規定する。新規定を盛り込んだ省令を10月1日に施行する。 交通旅客ターミナル施設のバリ ...
文化芸大生が介護食の工夫調理学ぶ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
静岡文化芸術大(浜松市中区)の学生が六日、同大で、浜松市北区細江町の「レストラン食楽工房」のオーナーシェフから介護食の調理方法を学んだ。学生は実際に試食をして、その柔らかさやおいしさに驚いていた。 ユニバーサルデザイン(UD)研究を専門とするデザイン学部の小浜朋子准教授が主宰した講習会 ...
医療の見直し 介護との一体化進むか - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
二年に一度見直される医療サービスの新価格が決まり、二〇一八年度から提供されるメニューが出そろった。超高齢社会を迎え、増える高齢者が不安なく過ごせる医療への転換が進むだろうか。 今回の診療報酬改定は、団塊世代が七十五歳以上となる二五年に向け、実質的に最後の介護報酬との同時改定になる ...
茨城県は日本三名園の一つ「偕楽園」(水戸市)のバリアフリー化を急いでいる。17日に開幕する水戸の梅まつりに合わせ、高齢者や車いすの利用者にも安心して散策してもらえるよう、スロープの仮設置や多目的トイレを整備する。同園は国の特別史跡・名勝に指定されている文化財。県は「価値を損なわないよう注意し ...
18年度調剤報酬改定を読み解く チェーン薬局に厳しく 地域の保険薬局の ... - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
18年度調剤報酬改定を読み解く チェーン薬局に厳しく 地域の保険薬局のあり方示す | 超高齢社会の到来が迫り、複数の疾患を合併する高齢者が増加する中で、2018年度診療報酬改定では、医薬品の適正使用推進にひとつの軸が置かれた。保険薬局の点数としては、地域支援体制加算や、服用薬剤調整 ...
超高齢社会の到来が迫り、複数の疾患を合併する高齢者が増加する中で、2018年度診療報酬改定では、医薬品の適正使用推進にひとつの軸が置かれた。保険薬局の点数としては、地域支援体制加算や、服用薬剤調整支援料を新設する。かかりつけ薬剤師が服薬情報を一元管理し、急性期病院や地域包括ケ ...
人材問題」に全力 市高齢者福祉施設協議会. 社会. あいさつする大久保会長. (一社)相模原市高齢者福祉施設協議会(大久保祐次会長)は1月29日、市民会館で賀詞交歓会を行った。 冒頭、大久保会長は「私達は社会福祉法人として『人の心』を最も大切にしてきたが、それだけではこの時代を乗り切れな ...
課題は災害対策高齢者福祉 一方、磯子区が取り組むべき課題では、「災害対策」(28・6%)が最も高く、「高齢者福祉」(28・2%)、「防犯対策」(24・6%)が上位に。この3つは、前回調査でも上位を占めた。 生活環境に対する項目別の「不満」「やや不満」の割合では、「商店街の振興」がもっとも高く40・6%、「誰もが ...
金沢区平潟町にある済生会若草病院が2月1日、誤嚥性肺炎を題材にした講座「介護教室」を開いた。 この肺炎は、ものを飲み込む嚥下機能障害などが原因で、誤って気道に細菌を吸引し発症。飲み込む力が低下する高齢者や寝たきりの人がかかりやすい。 解説した同院の鈴木淳一副院長は、発熱や頭痛、倦 ...
介護疲れで妻殺害か…85歳夫逮捕 足利市 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
栃木県足利市で、78歳の妻を殺害したとして、85歳の夫が逮捕された。警察は、介護疲れによる殺人事件の可能性もあるとみて調べている。 殺人の疑いで逮捕されたのは、足利市の無職・今井徳二容疑者。警察によると、今井容疑者は6日夜、自宅で妻のアキヱさんの首をタオルで絞めるなどして殺害した疑いが持 ...
レビー小体型認知症と闘ったある紳士の最期 - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了)
... 「認知症の患者にもホスピスケアを」――。これは、認知症専門病院である春日部セントノア病院(医療法人忠洋会、埼玉県春日部市)で、内科医師として認知症患者の診療に当たる高野正孝氏の訴えです。10年以上にわたって認知症のホスピスケアに挑んできた高野氏に、重度の認知症患者を診る意味を ...
認知症か?怨念か!自ら書いた遺言を疑った母 - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
こんにちは。私は相続を生業としている弁護士や税理士等の専門家で組織された協会、相続終活専門士協会の代表理事を務める江幡吉昭と申します。本連載では、我々が幾多の相続案件の中で経験した事例を何回かに渡ってご紹介したいと思っています。 伝えたいことはただ一つ。どんな仲が良い「家族」でも ...
病院経営は多様化の時代に 診療報酬改定で介護との連携に加算 「みとり」充実にも配慮 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
平成30年度の診療報酬改定は、2年に1度行われる診療報酬改定と3年に1度の介護報酬の同時改定となり、団塊の世代が75歳以上になる37年に備える上で実質的に最後の機会となる。医療と介護の連携体制を整える絶好の機会ともいえ、入院医療から在宅医療を促進させるために、さまざまな加算が新設された ...
センサー+カメラで高齢者見守り イツモスマイル、介護施設に導入 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービスを手掛けるイツモスマイル(徳島市)は、高齢者の健康状態をセンサーとウェブカメラで二重に見守るシステムを開発した。ベッドのセンサーで呼吸数や心拍数を監視し、異常があればカメラの映像や通話で確認する。容体急変を確認したら、すぐ職員らに知らせることができる。自社の施設に導入しており、今後は外 ...
4区分になる【地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料】で、新設区分の報酬は入院料1が2,738点、入院料3は2,238点に決まった。これら病棟(病室)では実績要件として、▽自宅などからの入棟患者1割以上▽自宅などからの緊急患者の受け入れ数が3カ月で3人以上-の実績が求められる(p36~p40参 ...
睡眠薬に指摘される危険性 譫妄症状の副作用あるものも - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
服用を続けると、筋力低下作用のほか、軽度の意識混濁(錯覚や幻覚など)を指す“譫妄(せんもう)症状”などの副作用があります。夜にトイレへ行こうとした高齢者が、これらの症状によりベッドや階段から転げ落ち、大腿骨を骨折して寝たきりになってしまったケースもあります」. 厚労省も2015年策定の『かかりつけ医のた ...
父親が亡くなった後、鳥居さんはキーパーソンとして約10年間、母親を介護。施設や病院、行政側に対する窓口役を担ってきた。あるとき、老人ホームの入居一時金を払おうと母親の預貯金を確認したことがきっかけで、「被害」に気づく。 母親は、大手銀行の外回りの女性の勧めで投資信託をしていた。しかし、運用益による分 ...
在宅医療・みとりを手厚く 診療報酬改定、かかりつけ医強化 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は七日、医療機関に支払う診療報酬の四月からの改定内容を決めた。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる仕組みづくりを掲げており、介護と連携して在宅医療や施設での看取(みと)りを進める。高齢で慢性疾患を抱える患者の増加を背景に、ニーズに合わせた病床再編を促し、かかりつけ医 ...
福知山市内で高齢者・障害者福祉施設、保育園を運営する社会福祉法人みつみ福祉会(本部・兵庫県丹波市春日町、婦木治理事長)の栄養士15人でつくる「栄養士会」が、健康に役立つ料理レシピ集をつくって法人ホームページで一般公開。地域で綾里教室も開いている。 栄養士たちは、福知山市内の6施設 ...
在宅医療・みとり推進 診療報酬改定 かかりつけ医を強化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は七日、医療機関に支払う診療報酬の四月からの改定内容を決めた。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる仕組みづくりを掲げており、介護と連携して在宅医療や施設でのみとりを進める。高齢で慢性疾患を抱える患者の増加を背景に、ニーズに合わせた病床再編を促し、かかりつけ医の役割を ...
第30回介護福祉士国家試験が1月28日に行われ、社会福祉振興・試験センターは31日、受験者数が9万2654人(速報値)だったと明らかにした。前年に比べ1万6331人増えた。 今回から介護福祉士養成施設卒業生も原則として受験することになったが、現時点では何人受験したか分からない。 従来、介護福祉士 ...
農林水産ビジネスのヒントも満載です。 【教育支援サイト】: 教育に関わるすべての皆様へ送る総合教育ポータル。「授業で役立つプログラム集」や「教育法規あらかると」など教育現場と企業・団体をつなぐ架け橋。 【新刊】: 脱「広報」のススメ=地方創生はPRなくして成り立たない!『成功17事例で学ぶ自治体 ...
育児に励む専業主婦のpinkyさんが、家庭内介護について知ってほしいことや介護・育児にまつわる豆知識などを紹介する4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」。今回は「子どもの名前」に関するお話です。 4コマ漫画連載「ときどき介護のち育児へ」のワンシーン. 折に触れて子どもたちの名前を…… 認知症のウ ...
入院医療から在宅医療へ リハビリ病棟への転換促進 介護との連携に加算、診療報酬改定まとまる - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働相の諮問機関「中央社会保険医療協議会」(中医協)は7日、平成30年度の診療報酬改定案をまとめ、加藤勝信厚労相に答申した。団塊の世代が75歳以上となる平成37年を見据え、各地域で医療と介護の切れ目のない連携を進める「地域包括ケアシステム」の構築を掲げている。同時に入院医療から ...
厚生労働省は7日、医療機関に支払う診療報酬の4月からの改定内容を決めた。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる仕組みづくりを掲げており、介護と連携して在宅医療や施設でのみとりを進める。高齢で慢性疾患を抱える患者の増加を背景に、ニーズに合わせた病床再編を促し、かかりつけ医の役割を強 ...
ヒット商品となった眠り製作所の「抱かれ枕・アーチピローシリーズ」に、腕部を左右60cm長くした新ラインナップ「なが~い抱かれ枕」が登場しました。イビキをかく人は認知症になる可能性が高いともいわれ、横向きに寝ることでイビキの解消にもなる本商品に注目です。 日本医科歯科大学快眠センターのの玉岡明洋・副センタ ...
2|歩行・移動手段の提供を既に必要とする 超高齢社会の急速な進行一般的に高齢者の歩行能力の維持・増進には、様々な体操やストレッチ、ウォーキングが最初の対策であろう。さらに加齢が進み状態像が変化することで自身に適した福祉用具として杖や歩行器、歩行車、シルバーカー、各種車いすなどの活 ...
2018年02月06日()
来年度の介護報酬改定に向けた協議を進めてきた社会保障審議会・介護給付費分科会の1月26日の会合 −− 。厚生労働省が提示した見直し案が了承され、訪問介護のサービス提供責任者を取り巻くルールが厳格化されることも正式に決められた。 第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料 旧ホーム ...
介護労働安定センター・宮城支部、魅力ある職場づくりに向けて「『先進・好事例』事業所」を選定 ~2月15日(木)に経験交流会を実施予定~ - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
公益財団法人 介護労働安定センター 宮城支部(事務所:宮城県仙台市若林区、支部長:黒田 茂樹、以下 介護労働安定センター)は、介護職の魅力ある職場づくりを目的に、先進的制度導入と雇用管理良好事例の事業所を選定しましたのでご報告いたします。 また、魅力ある職場づくりの普及へ向け「介護職 ...
<ともに>認知症 理解深める契機に 白球追い「距離」縮める - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症の鈴木泰弘さん(54)=名古屋市中川区=がマウンドから投球すると、部員たちの元気な声がグラウンドに響く。安心したように、鈴木さんが次の球を投げようとすると、部員が走り寄り「ここです」と白線を指さし、正しい位置に誘導。鈴木さんはまた投球に集中した。 「少しのサポートがあれば、プレーできる。特に若 ...
《 2018年度 介護報酬改定 》通所介護の共生型サービス、障害者 ... - 介護のニュースサイト Joint (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は5日、来年度から適用する障害福祉サービスの新たな報酬を公式サイトで公表した。大臣政務官を主査とする有識者会議の了承も得ており、この内容に沿って3月にも告示を改正する。 平成30年度障害福祉サービス等報酬改定の概要 高齢者と障害者をともに受け入れる「共生型サービス」の単価も示され ...
18年度に2件着工/18年度予算案は約9億円/渋谷区の福祉複合施設 - 日刊建設通信新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設規模はS一部RC造地下1階地上10階建て延べ7020㎡。12月に着工し、21年1月の完成を目指す。総和技術研究所が設計を担当している。 特別養護老人ホームと介護予防事業のための多目的ホール、地域包括支援センターなどで構成する。 恵比寿西二丁目複合施設は、恵比寿西2-13-4ほかの敷地 ...
介護のツクイ 「ケアサポーター」を導入 現場職員負担減めざす - 労働新聞社 (媒体での記事掲載終了)
介護事業を展開している㈱ツクイ(神奈川県横浜市、津久井宏代表取締役社長、グループ計=1万9700人)は現場で働く職員の負担軽減に向け、新職種の「ケアサポーター」を導入した。食事の配膳や片付け、事務作業など周辺業務を担う。雇用形態はパートとし、1回当たり半日程度の勤務を想定。あくまで介護自 ...
2介護事業所取り消し 指定の豊田市、報酬不正受給で:愛知:中日新聞 ... - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊田市は六日、市に申請した施設とは別の施設を拠点に活動していたことが介護報酬の不正受給などに当たるとして、市内の訪問介護事業所二カ所の指定を二十三日付で取り…
2介護事業所取り消し 指定の豊田市、報酬不正受給で:愛知:中日新聞 ... - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊田市は六日、市に申請した施設とは別の施設を拠点に活動していたことが介護報酬の不正受給などに当たるとして、市内の訪問介護事業所二カ所の指定を二十三日付で取り…
近所の公民館などに高齢者が集まり、体操や交流を楽しむ「通いの場」が県内各地に広がっている。住民主体の介護予防の取り組みだ。高齢者の介護予防につなげようと、県が2015年度からモデル事業として始め、モデル市町村以外にも広がる。 1月中旬、宇陀市榛原下井足(しもいだに)の下井足コミュニティセン ...
老健は黒字転換に向け、在宅強化型へのシフトと利用率アップの両立目指せ―福祉医療機構 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
従来型」や「加算型」の介護老人保健施設(老健)では、定員に対して人員配置が多い傾向が見られる。黒字転換に向けては、利用率を高めるための方策とともに、単価アップのための加算取得や在宅強化型へのシフトを検討すべきである―。 福祉医療機構(WAM)は1月31日に ...
介護給付費は4月から電子請求が原則、3月までに届け出れば例外も認める―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
インターネットなどでの請求が困難な場合などは、要件を満たせば 例外規定として書面での請求を引き続き認めるが、例外規定の適用を希望する施設・事業所は、3月末までに審査支払機関(国民健康保険団体連合会)に届け出る必要がある―。 厚生労働省は2月2日に事務連絡「介護給付費等の書面による請 ...
大阪府は2月6日、日本郵便と見守り活動等を通じて、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるまちづくりを目的とした「高齢者にやさしい地域づくり推進協定」を締結したと発表した。 協定の正式名称は「大阪府高齢者にやさしい地域づくり推進協定」。 内容は、「高齢者等に対する「緩やかな見守り」の ...
増えるペットの“老老介護”、ずさん管理対策へ協会設立 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
増えるペットの“老老介護”、ずさん管理対策へ協会設立. 年老いたペットを高齢者が介護する「老老介護」が増え、ペットを引き取る施設が急増しています。しかし、中にはずさんな管理の施設もあることから、関連する事業者が協力して対策に乗り出しました。 鳴き続けるネコ、このネコは耳が聞こえず目も見えません。ここは ...
植物を育てる介護予防の“園芸療法”、収穫し食べることが大事 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者は、体力の低下や認知症で外出が億おつ劫くうになり、家に閉じこもりがちになる。すると、お腹が空かないので食べない。足腰が弱って歩けなくなる、寝たきりになる…と生活不活発病への悪循環に陥りやすくなります。 介護予防として園芸療法を行う場合、まずその人の心身の状態、本人の希望などをもとに治 ...
厚生労働省が2月5日に公表した、「医療施設動態調査」(2017年11月末概数)によると、病院の総病床数は155万6,157床となり、前月比で474床減少した。最も減少数が多かったのは、精神病床で380床減の33万1,664床。そのほか一般病床は89万1,609床(309床増)、療養病床は32万5,859床(320床減)、感染 ...
地域包括ケアにおける医療介護関係者の連携を充実させる仕組みの ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
大王製紙株式会社のプレスリリース(2018年2月6日 15時00分)地域包括ケアにおける医療介護関係者の連携を充実させる仕組みの『研究会』を開催.
高齢者や観光客「快適」 ミニバン型タクシー相次ぎ発売 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
トヨタ自動車は今年1月にタクシー向けなどの「コンフォート」や「クラウンコンフォート」など現行車種の生産を終了。それに先駆け、17年10月に新型車の「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を発売した。こちらも後部の乗降口は電動スライドドアで高齢者や車いす使用者でも乗り降り可能なユニバーサルデザインの車両。スロープを設 ...
251名に緊急アンケート!「H30年度の介護報酬改定、満足ですか?」に72%が「不満」 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
介護報酬が上がるということは、いずれ介護保険料に跳ね返ってくるだろうから、悩ましいところだと思います( 女性/40代/ケアマネージャー ); 介護職員の給料がアップするのは良いことだと思いますが、それによって利用者の方の負担が増えるのはどうなんでしょうか?(女性/50代/常勤介護職員); 介護報酬 ...
直売農家の高齢化 避けられぬ集出荷支援 順調に伸びてきた農産物直売所が、多くの課題に直面している。一つが農家の高齢化だ。直売所まで運べない“出荷弱者”のため、集荷に回る直売所が増えつつある。地元にある農産物は積極的に集める。その視点が必要だ。 直売所は出荷者が商品の値決めを ...
みんなの介護 まず、日本の高齢化と、それに伴う介護の問題について、赤羽さんはどのようにお考えですか? 赤羽 日本の高齢化と介護の問題は、日本人の平均寿命が延びることで引き起こされました。寝たきりの状態が長く続くことで、本人も家族もつらい思いをしているのではないでしょうか。 みんなの介護 たっ ...
今野先生コラム「食事で認知症予防」第8回:オンジについて解説します - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
一つ目が健康な成人を対象にしたもの、もう一つは健康な高齢者を対象としたものでした。これらの研究によると、まずオンジから抽出したエキスはアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を持ち、ラットを使った実験では神経保護作用を認め、人工的に与えたストレスによる健忘症の改善に効果がありました。 この結果をもとに、健 ...
有床診療所の減少続く、2018年度同時改定で歯止めがかかるのか―医療施設動態調査(2017年11月) - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
一般病院のうち、「療養病床を有する病院」は3790施設で、前月末から3施設減少し、「地域医療支援病院」は557施設で、同じく1施設増加しました。 一方、医科診療所は10万1981施設(前月比12施設増)で、うち有床診療所は7236施設となり、前月末から25施設減少しています。 有床診療所は、2年前(2015年11月 ...
251名に緊急アンケート!「H30年度の介護報酬改定、満足ですか?」に72%が「不満」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護報酬改定に対するその他のコメントをご紹介します。 4:報酬引き上げにともなう介護保険料の負担増に懸念の声も【自由回答(一部抜粋)】. 介護報酬が上がるということは、いずれ介護保険料に跳ね返ってくるだろうから、悩ましいところだと思います( 女性/40代/ケアマネージャー ) 介護職員の給料がアップ ...
[株式会社ウェルクス]平成30年度、3年ぶりの介護報酬改定が行われます。介護報酬は、介護事業所の経営状況や介護スタッフの給与に大きな影響を与える重要な要素です。今回の改定では、0.54%のプラス改定に決着しました。プラス改定は、人員配置の充実や職員の待遇アップなどにつながる反面、税金 ...
大阪・豊中の独居高齢者5人死亡火災2カ月 つながり少なく身元特定は… - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪府豊中市の木造アパート「みやび荘」で昨年12月、5人が死亡した火災は発生から約2カ月となったが、全員の身元の特定に至っていない。いずれも独り暮らしの高齢者で親族や近隣住民とのつながりが少なかったとみられ、地元の福祉関係者からは「支援に限界がある」と嘆く声も上がる。 「DNA型鑑定に必要な ...
<むすび塾>津波避難訓練時間を検証 神奈川新聞社と共催 平塚で防災ワークショップ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
神奈川県が2015年2月に更新した津波浸水予測で「地震発生から6分で最大9.6メートルの津波が押し寄せる」とされた見通しを基に、約30人がグループホームや保育園など3カ所を起点とする訓練に取り組んだ。 避難先は平塚市が昨年11月に作った「逃げ地図」で示した高台。各地域から高台への最短ルートを記 ...
株式会社船井総合研究所は2018年2月と3月に,それぞれ大阪と東京において「脳梗塞リハビリ新規参入セミナー」を開催いたします。 今後,日本人の人口が減少していく中,次の事業の柱を検討中の経営者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで,船井総合研究所から,医療・介護分野で成長が期待できる ...
251名に緊急アンケート!「H30年度の介護報酬改定、満足ですか?」に72%が「不満」 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
今回の調査では、平成30年度の介護報酬改定に満足している人はわずかは27.1%と低い結果となりました。改定のポイントとなっている「自立支援」や「医療と介護の連携」より、「処遇改善」や「認知症対応」への改善をより強く求めているということがわかります。 介護報酬改定に対するその他のコメントをご紹介します。 4 ...
2018年02月05日()
仕事と介護の両立考えるセミナーに100人 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事と介護の両立をテーマにした企業向けセミナーが佐賀市で開かれた。人材の確保や定着が課題になる中、県内企業の労務担当者らが社会保険労務士の講演などを通し、短時間勤務など柔軟な働き方ができる職場環境をどう整えていくかを考えた。 多久島嘉明社労士が、介護休業の取得率が低い現状 ...
2016年に倒産した老人福祉や介護関連事業者は108件に上り、過去最多を更新した。背景には何があるのか?(※写真はイメージ). 高齢者ホーム 2018 プロに教わるやすらぎの選びかた (週刊朝日ムック). 朝日新聞出版定価:980円(税込). 978-4022775375. amazon.co.jp. 高齢者ホームの選択肢が ...
人材不足や超高齢化が進む中での働き方を考えるシンポジウム「これからの働き方~過去からの変化と未来に向けた課題から」がこのほど、神戸市中央区中山手通4のラッセホールであった。雇用・就労形態の多様化を受け、兵庫勤労福祉センター(同市中央区)と連合兵庫(同)が企画し、組合員らが参加した。 ま ...
有賀さつきさん 覚悟の闘病…仕事に子育てに介護 一人で抱え - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんが死去していたと5日付スポニチ本紙特報版が報じたことを受け、父親の洋さん(84)が取材に応じた。有賀さんが1月30日午前8時ごろに亡くなったと明かした。52歳。死因は不明。葬儀・告別式は親族で行ったという。闘病を公表していなかった有賀さんの突然の ...
シークワーサーの果皮に含まれるフラボノイドの一種「ノビレチン」の最新研究についてのセミナーが1月30日、東京都内で開かれ、抗認知症作用や排尿改善効果などが紹介された。 中部大教授で、沖縄リサーチセンター(沖縄県うるま市)の禹済泰社長は、ノビレチンの高純度粉末の摂取による排尿障害の改善作用 ...
介護報酬改定、ここだけは【老健、介護医療院編】 在宅復帰機能、外部との連携を評価 - 株式会社CBnews (媒体での記事掲載終了)
先月下旬の社会保障審議会介護給付費分科会では、2018年度介護報酬改定におけるサービスごとの改定事項が示された。 今回は介護老人保健施設(老健)と新設される介護医療院の項目を中心に紹介する。【大戸豊】 老健の基本報酬は、在宅強化型を推進するというメッセージの強いものになった。長期に利 ...
元ブラック企業の社長が懺悔の気持ちで築いた「介護の理想郷」 - まぐまぐニュース! (媒体での記事掲載終了)
小さな運送会社を10年で従業員500人の会社に育て上げた筒井健一郎氏。しかし、それらはすべて従業員の気持ちなどを顧みず、半ば強引に築き上げた「ブラック企業」そのものでした。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。従業員からの信頼を失い、社長職 ...
病気や障害で介護が必要になると外出がままならず、趣味など楽しみを諦めてしまいがちだ。青森県八戸市でデイサービスや居宅介護支援を手がける池田介護研究所は、そんな高齢者たちを旅行に連れ出すなど、要介護者が健康だった時と同じように人生を楽しめるサービスに力を注ぐ。 2017年4月、同社の通所介 ...
京葉ガス、デイサービス・介護用品販売 同一店で :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
京葉ガスはグループの介護事業者を通じ、介護用品販売とデイサービスを同じ店舗内で手がける「京葉ガス介護ステーション船橋」(千葉県船橋市)を新設した。ガス小売り全面自由化で本業の競争激化を見据え、事業領.
遺産相続を巡っては、介護に関しての制度変更も言われている。これまでの制度では、介護に尽くしたけれども相続する権利がなくて一銭ももらえず、不公平だという声もあった。今回の改正案では、こうした介護に貢献した親族も新たに金銭を請求できる制度を設けようという内容も盛り込まれた。」どう変わる?相続制度 ...
病院機能別でみた入院医療費の伸びは、地域医療支援病院(6.2%増)、DPC対象病院(4.3%増)、特定機能病院(2.9%増)で高く、精神病床のみ病院(0.0%増)、療養病床のみ病院(1.1%増)で低かった。推計平均在院日数が減少する一方で、1日当たり医療費、推計新規入院件数の対前年度比が伸び ...
【18年度介護報酬改定答申・速報8】グループホーム入居者の「入院・再入居」を円滑に - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
グループホームの入居者は、▽肺炎を発症する▽転倒して骨折する▽BPSDが悪化する―などの理由で一時的に入院し(グループホームは一時退居)治療を受けることがあります。2018年度改定では(b)のとおり、「一時的に入院した入居者が再入居しやすくなる」よう、(1)【初期加算】を算定しやすくする(2)入居者の ...
その後のパネルディスカッションでは、粟田さんのほか、保険会社、家族会、市の担当者などが、認知症の治療や介護にかかる費用について事例を紹介しながら、認知症とお金の問題について考える。 講座を企画した日本医科大の「街ぐるみ認知症相談センター」は「認知症の人は2025年には約700万人になるとい ...
認知症予防の中でも特に関心が寄せられている「食事」。多くのメディアで様々な食材や栄養素が取り上げられる中、どんなものをどのように摂ったらよいのか、戸惑っている方も多いのではないでしょうか。 そこで、認知症予防のプログラムを提供するブレインクリニックの院長であり、栄養についても詳しい今野裕之先生が ...
シーメンス・シグニア補聴器 「耳からはじめる健康セミナー 」“認知症と難聴”をテーマに市民イベント開催小川郁先生と補聴器ユーザー鳥越俊太郎氏が講演 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
そんなショッキングな報告が厚生労働省から発表されました。2015年1月、政府は高齢化が急速に進む日本の問題に、認知症の対策強化に向けて新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)を策定しました。高齢者の4人に1人は認知症、またその予備軍といわれています。本セミナーは、日本の耳科学、聴覚 ...
詐欺グループの一員が高齢者に電話をかけ、老人ホーム入居希望者のために、名義を貸してもらえないかと依頼してくるという。ここで快諾したが最後、老人ホームの入居権を持つ会社の人間を装った別の詐欺師が名義貸しをあげつらい、「重大な犯罪」だと責め立てる。このようにして、詐欺師たちは高齢者の金銭をだ ...
85歳の容疑者は、半年前ごろから、車を車庫に接触させるなどの物損事故をくり返していた。再三にわたる家族の免許返納の説得も無視し続けたため、今年の年頭には「カギを隠す」旨を宣告されていた――。 しかし、1月9日の朝、一瞬の隙をついて家族の目を盗み、通常よりも2時間早く車を発進させて、市内の老人福 ...
睡眠中の酸素不足は認知症発症のリスクを3倍に高めると、豪クイーンズランド大学の研究者が明らかにした。研究のプレスリリースは脳研究所のサイトに公開された。 スプートニク日本. しばしばいびきを伴う睡眠時無呼吸症候群を患う人々は、酸素不足により脳の一部の領域の変性が起こる可能性があるリスク群に分類さ ...
「第8回 介護福祉合同就職フェア」を2月10日開催!55社による採用相談 ... - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
株式会社ベストパーソン(本社:東京都港区、代表取締役:田中 雅彦)が運営する介護福祉求人サイト「e介護転職」は、介護・福祉業界に就職を希望される方のために介護・福祉に特化した就職フェア「第8回 介護福祉合同就職フェア」を2018年2月10日に新宿にて開催いたします。
「第8回 介護福祉合同就職フェア」を2月10日開催!55社による採用相談や講演会など@新宿エルタワー - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
介護福祉合同就職フェア」は、介護・福祉の業界に特化した就職フェアとして共催・読売エージェンシー、後援・読売新聞東京本社広告局で開催してまいりました。好評をいただき8回目となる今回は多くのイベントを用意し、介護・福祉業界を目指す新卒者及び既卒者、転職を検討中の方や介護・福祉のお仕事に興味の ...
世代も人種も越えた[エロス]を追い求める介護劇の幕が上がる! 1月27 ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
社会医療法人清風会のプレスリリース(2018年2月5日 09時00分)世代も人種も越えた[エロス]を追い求める介護劇の幕が上がる! 1月27・28日、社会福祉法人光風福祉会特別養護老人ホーム蛍流荘で[老いと演劇]OiBokkeShiによる[カメラマンの変態]を上演!
2018年02月04日()
親が認知症かも?遺産相続でトラブルにならないために気を付けたいこと ... - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症になった場合、財産管理は重要事項の一つ 高齢になれば発症のリスクが高まる認知症。2012年では認知症高齢者数が462万人、65歳以上の7人に1人。2025年には5人に1人になると言われており、身近な人が発症することも十分考えられま…
入所系施設で困った……ショートステイの持ち物忘れや衣類間違いを防ぐには. by ボバ (老健にて通所リハビリ管理者を7年、のち支援相談員、ケアマネ、事務長を経験。現在は介護業界に身を置きながら、コラム執筆などを行っている。介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員) 2018-02-05 ...
そして、認知症がある高齢者になると、これらのリスクはさらに高くなる。なぜなら認知症の人は、自分の現状を適切に表現し、伝えることが難しいからだ。痛みが強い場合は表現できるが、ちょっとした痛みやかゆみといった違和感がなかなか正しく伝えられない。 「例えば、認知症の人に理学療法士さんがリハビリで歩き方の指 ...
65歳以上の高齢者の7割は何らかの足のトラブルを抱えているといわれる。しかし、多くの人は小さな足病変(足に傷や腫れなどの病的な変化が見られる状態)を見逃してしまったり、自覚していても「大したことはない」と放置して、重症化させる可能性が高い。
介護予防策掲げ交流 ももの会サロン 市が支援、初の拠点 - 琉球新報 ... - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【うるま】高齢者の活動拠点の場を目指す、高齢者交流サロン「赤道区ももの会サロン」の開所式が1日、沖縄県うるま市の赤道公民館で開かれた。サロンでは、うるま市の支援を受けながら参加者の興味や関心に合...
寝たきり社長の働き方改革(1)重度障がい者でも総活躍できるんですか? - J.Score Style (媒体での記事掲載終了)
現在、株式会社「仙拓」の代表取締役社長を務めています。会社を経営する一方で、「障がい者は雇われるだけではなく、起業できる社会づくりが必要だ」と訴え続けています。「寝たきり社長」こと佐藤さんの「働き方改革」とはどんな考え方なのでしょうか? 佐藤さん自身が連載で思いを語ります。 誰もが活躍できる社 ...
老後の生活が厳しくなる制度改革が行われつつある! - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
次に、加齢とともに利用頻度も金額も高くなる公的健康保険は、高額療養費制度で1か月の医療費の自己負担にストップがかかります。70歳以上は優遇されている、つまり、負担額が少ないのですが、その負担額が増える改革が行われます。また、75歳以上の後期高齢者の中で一定の条件に合う人は健康保険 ...
老後の生活が厳しくなる制度改革が行われつつある! - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
次に、加齢とともに利用頻度も金額も高くなる公的健康保険は、高額療養費制度で1か月の医療費の自己負担にストップがかかります。70歳以上は優遇されている、つまり、負担額が少ないのですが、その負担額が増える改革が行われます。また、75歳以上の後期高齢者の中で一定の条件に合う人は健康保険 ...
2018年2月22日、東京都葛飾区は「認知症サポーター養成講座」を開催する。 「認知症サポーター養成講座」では、認知症への理解を深めて、認知症の人や家族が、安心して暮らせる地域社会を目指す。 認知症サポーターは、認知症への正しい知識と理解を持ち、認知症の人やその家族を温かく見守る。 また、地 ...
先日、病院の待合室で、おばあさんに話しかけられました。「生きるって大変なことですね。運動したくなくてもしなくちゃいけない」と。 高齢者が増え、医療や介護に大変な費用がかかる。だからお国のために元気でいるか、早く死んでください。僕も70歳をすぎ、骨折のリハビリをしていますが、そんな圧力をひしひしと感じます ...
認知症患者 生きる意欲が湧き、道端の花にも気づくように|ニフティ ... - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の母(83才)の介護を続けている女性セブンのN記者(女性・54才)。植物に心を寄せる母の姿に、何を感じたのか。N記者が明かす。 * * * 母は認知症の診断以前から、同じ話を繰り返すなど、それ…
ガンバ大阪などで活躍した元プロサッカー選手の森岡茂が2日にアメブロを更新。介護していた義母が亡くなったことを報告した。
地域包括ケア策探る 福島で多職種連携教育シンポ | 東日本大震災 ... - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
さまざまな職種が連携した医療福祉の在り方を考える福島「ごちゃまぜIPE(多職種連携教育)」シンポジウムは3日、福島市のこむこむで開かれ、学生や住民、行政などが「ごちゃまぜ」(一体)となった地域包括ケアの仕組みづくりを考えた。 福島民報社などでつく...
恐ろしい勢いで進化する中国の「超AI監視社会」が世界を覆う日 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
日本を含めた先進国もこうした技術を「防犯目的」、あるいは少子高齢化社会における「徘徊(はいかい)高齢者の監視・保護」などといった“善意の利用”のために買うことは十分にありえる話です。 かつての冷戦時代は、東西両陣営が「相手にはネジ一本渡すものか」という猜疑(さいぎ)心に取りつかれ、世界は真 ...
恐ろしい勢いで進化する中国の「超AI監視社会」が世界を覆う日 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
日本を含めた先進国もこうした技術を「防犯目的」、あるいは少子高齢化社会における「徘徊(はいかい)高齢者の監視・保護」などといった“善意の利用”のために買うことは十分にありえる話です。 かつての冷戦時代は、東西両陣営が「相手にはネジ一本渡すものか」という猜疑(さいぎ)心に取りつかれ、世界は真 ...
限界だと感じたら、親を放り出してもいい - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
親の介護は大変だ。とはいえ、どこがどのように大変なのかは、実際にはじまってみなければわからない。私の知っているケースでは、両親の「要介護度」が違ったことが仇になった。 ご存じの通り、要介護度は身体の状況や、それによってどれくらいのサポートが必要かなどで決まる。たとえば、食事や衣類の着脱 ...
JR大津駅ビル「使いづらい」 バリアフリー求めシンポ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
2016年秋に大津駅に開業した「ビエラ大津」はエレベーターが設置されていない。障害者や足の不自由な高齢者、ベビーカーを使う母親らに不便な状況となっている。 シンポでは「障害者差別のない『おおつ』をめざす会」代表で、電動車いすで生活する同市の中川佑希さん(28)が思いを語った。「滋賀の玄関口な ...
50歳男性介護士、同居の76歳父を殺害容疑で逮捕 大津 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同居している父親の首を絞めて殺害したとして、滋賀県警大津北署は4日、殺人の疑いで、大津市朝日の介護士で息子の伊藤智夫容疑者(50)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。 逮捕容疑は4日、自宅で就寝中の父、紘(ひろし)さん(76)の首を絞めるなどして殺害したとしている。 同日午前 ...
2018年02月03日()
因應社會人口結構、工作型態等的變化,日本出現越來越多幼老複合設施,也稱作宅幼老所或共生型福祉設施等,此般銀髮新態樣已然成為另一潮流。(宅幼老所,共生型福祉,銀髮族, 少子化,台灣銀行家)
認知症ではなく、年齢による物忘れであってほしいという思いや、今までしっかり家のことをしてくれていた奥さんを物忘れ外来に連れて行くことに対する抵抗感などがあったそうです。 物忘れの検査をすると、30点満点で22点(23点以下が認知症の疑い)と少し認知機能の低下があり、MRI(磁気共鳴画像装置)による脳 ...
介護施設にロボ集約 宮城県が新年度、数カ所でモデル事業 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県は新年度、高齢者の生活をサポートする介護ロボットなどの最新機器を県内数カ所の介護施設に集約し、公開するモデル事業を始める。実際に介護現場でロボットを活用する様子を施設関係者が見学・体験できるよう整備し、県内全域への導入を後押しする。 配置する最新機器は、高齢者の転落や徘徊(はいかい ...
山形の「思いやり除雪」/東北全体に広げていきたい - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者にとっては、体にこたえる厄介者となる。 市町村では通常、道路の除雪は建設課などが、高齢者の生活上の困りごとは福祉課などが、それぞれ受け持つことになっているのだろう。しかし、うまく連携が取れているという話はあまり聞かない。そこで雪の多い東北の自治体には新庄、寒河江両市のケースをぜひ ...
介護現場の「3・11」語る 金沢で講演会 七尾に避難の女性 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災発生時に福島県内の特別養護老人ホームで働いていて、現在は七尾市に避難している石井いづみさん(62)の講演が三日、金沢市三社町の県女性センターであった。「介護の現場で体験した3・11」と題し、自らの経験を語った=写真。 石井さんが働いていたのは東京電力福島第一原発から十一 ...
藤枝駅前再開発「ミキネ」竣工式 医療や福祉機能 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高層マンションの周辺に子育て支援や医療、高齢者福祉などの機能を集約した「フジエダ ミキネ」=写真=の竣工(しゅんこう)式が三日、藤枝市駅前の現地であった。 市や地権者でつくる再開発組合が主催。再開発事業は二〇一一年度に始まり、JR藤枝駅北口近くの約七千平方メートルの区域内に四つの建 ...
【主張】介護報酬改定 抑制へ踏み込みが足りぬ(1/2ページ) - 産経ニュース - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む現状において介護保険制度を持続させていくには、これまで以上にメリハリを利かせていくしかない。4月からの介護報酬改定に問われていたのは、介護にかかる費…
【主張】介護報酬改定 抑制へ踏み込みが足りぬ(1/2ページ) - 産経ニュース - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む現状において介護保険制度を持続させていくには、これまで以上にメリハリを利かせていくしかない。4月からの介護報酬改定に問われていたのは、介護にかかる費…
認知症、全職員学ぶ サポーター講座開始 姶良市 | 鹿児島のニュース | 南 ... - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島 を代表するローカル紙「南日本新聞」の公式サイト。鹿児島のニュース、生活情報、レジャー観光、気象情報、桜島ライブカメラなど地域ポータルとしてご活用ください。
住宅は生活困窮者らを支援する民間団体が運営しており、生活保護を受けていた70~80歳代の高齢者が多く犠牲になったようだ。 改めて浮かび上がるのは、防火対策が万全とはいえない老朽化した住居が、経済的に苦しく行き場のないお年寄りらの受け皿になっている現実である。火災の原因や管理の適否は ...
第1部では、活動事例の報告、パネルディスカッションのほか、落語家の笑福亭学光さんによる講演(落語)「お笑い福祉士」を、また第2部では、「地域課題、テーマ別分科会」を行う予定だ。 なお、参加対象者は、地域住民、地域活動に取り組むNPO及び地域団体のほか、高齢福祉・地域福祉の関係者など。「大交 ...
典型的なのが介護問題。慈しみ助け合うはずの家族が重荷となり、介護する側の人生の歯車が狂わされていきます。 本書の主人公アジェの一家は1979年にインドからアメリカに移住。物質的な豊かさに驚き、文化の違いに戸惑いながらも、兄ビルジュが超難関高校に合格したことで一家には輝かしい未来が待っている ...
ペットにも飼い主にも快適な余生を――。そんな思いから、「老犬ホーム」の経営者有志が今月、飼育環境にルールを定めて普及させようと業界団体を設立する。全国の施設にも参加を呼びかける予定だ。 特集:どうぶつ新聞. 「老犬ホーム」は、老いて動けなくなったり、飼い主が高齢や病気になり飼うことが難しくなっ ...
<宮城県>介護施設経営者育成へビジネス塾 若い担い手の確保目指す - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県は新年度、介護福祉施設の若手経営者を育成する「伊達なケアビジネス塾」を開講する。福利厚生の充実などで職員の定着率が高い全国の成功モデルを学びながら、魅力ある職場づくりを広げ、介護職の確保につなげるのが狙いだ。 介護業界への新規参入を目指す県内在住者らが対象で、定員は ...
災害発生時などの緊急時に役立つ用品を入れた「非常持ち出し袋」の贈呈式が1月29日、鳥取県倉吉市福吉町の倉吉福祉センターで行われた。高齢者世帯や独り暮らしのお年寄りらが受け取り、防災意識の向上を誓った。 石田会長(右)から「非常持ち出し袋」を受け取る対象者. 倉吉市共同募金委員会(会長・石 ...
ガイナ選手と「福は内」願う 淀江の高齢者施設. 鳥取県米子市淀江町淀江の高齢者福祉施設「いずみの苑」で2日、節分イベントがあり、サッカーJ3ガイナーレ鳥取の選手らが、利用者や保育園児らと一緒に今年の「福は内」を願った。 鬼に扮したスタッフ(左)に紙球をぶつけるフェルナンジーニョ選手=2日、米子市淀 ...
<仙台市>4月から介護保険料400円値上げ | 河北新報オンライン ... - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市は2日までに、65歳以上の高齢者が4月以降に支払う介護保険料の基準月額を、現行(5493円)より400円値上げし、5893円とすることを決めた。4月の介護報酬の改定などに伴う措置で、全体の値上げ.
札幌共同住宅火災 公的支援の充実急ぐべきだ - 熊本日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
2013年に長崎市で起きたグループホーム火災などを受け、特別養護老人ホームや認知症グループホームなど、自力避難が難しい人が入所する社会福祉施設はスプリンクラー設置を義務化するなど規制が強化されてきた。自立支援住宅も、本来なら福祉施設に入る高齢者が利用するケースが多い。 しかし、自 ...
「認知症サポーター」知って 県と専門学校生が独自マーク考案 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人とその家族を支える「認知症サポーター」の活動を広く知ってもらおうと、県と横浜デジタルアーツ専門学校(横浜市港北区)の学生が独自のマークを考案した。県はマークをデザインしたバッジやシールを製作。家族やサポーターが身に着ければ、一緒に個室トイレに入る際などに奇異な目で見られず、活動が ...
「認知症サポーター」知って 県と専門学校生が独自マーク考案 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人とその家族を支える「認知症サポーター」の活動を広く知ってもらおうと、県と横浜デジタルアーツ専門学校(横浜市港北区)の学生が独自のマークを考案した。県はマークをデザインしたバッジやシールを製作。家族やサポーターが身に着ければ、一緒に個室トイレに入る際などに奇異な目で見られず、活動が ...
ビッグデータの活用が叫ばれ始めて久しい。ところが介護分野での動きは遅い。日本では2000年から介護保険が始まり、膨大な情報が蓄積されているにもかかわらずだ。本書は、効率的な介護制度をつくるためには科学… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます ...
2018年02月02日()
自治体も「無届け施設」頼み 札幌11人死亡火災 運営実態確認へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
火災で十一人が亡くなった自立支援を掲げる札幌市の共同住宅「そしあるハイム」は、無届けの有料老人ホームだった可能性が出てきた。低所得で身寄りがない高齢者だけでなく、介護施設の整備が追い付かない自治体も無届け施設に頼らざるを得ないのが実情だ。高齢化が進む中、専門家は対策不足を指 ...
認知症介護 症状を共有 徘徊・抑うつ、進み具合を数値化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
不安」「興奮」「うつ」など十一項目について、十二点満点で症状の進み具合が数値化される。 具体的な数字があることで、介護にかかわる関係者は、ケアの優先度などを議論しやすくなる。 プログラムは一六年度、世田谷、足立両区と武蔵野市の居宅介護支援事業所やグループホームなどで先行的に導入し ...
育て60歳以上の介護助手 人材不足解消へ向け講座 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護現場の人材不足を解消しようと60歳以上の高齢者を対象とした介護助手を育成する講座が1月30、31の両日、佐賀市文化会館であった。「やる気」のある元気な高齢者35人が、介護の意味や口腔(こうくう)ケアなど介護についての知識を2日間かけて学んだ。受講者の一部は今月中にも介護の現場で活躍するこ ...
リアルな日常、認知症理解を 中央市社協職員ら15分の寸劇…地域から ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
中央市で社会福祉協議会と市役所の職員9人が、認知症への理解を深めるため昨年9月、劇団を立ち上げ、オリジナル寸劇を演じている。地域住民の依頼を受け上演。高齢女性に…
修猷館高卒業生バンドが有終ハワイアン 公演172回「慰問先の人より年上に-」 [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回がさよなら公演。心を込めて演奏します」。同区重留の老人福祉センター早寿園(中田千明施設長)の大広間。結城さんが集まった約60人に切り出すと、甘美なハワイアンの演奏が始まった。女性陣によるフラを交えながら、歌謡曲なども含め約20曲を披露。アンコールの声が上がると、結城さんは「打ち合わせ通りです ...
介護老人保健施設に在宅「超強化型」 - 日経メディカル (媒体での記事掲載終了)
この記事を印刷する. 2018年度介護報酬改定で介護老人保健施設はサービス類型が見直され、改定後は「基本型」「加算型」「在宅強化型」「超強化型」「その他」の5タイプになる(図1)。加算型は在宅復帰・在宅療養支援機能加算Iを算定している基本型施設、超強化型は同加算IIを算定している在宅強化型施 ...
大人向けグッズ界のパイオニア『TENGA』が意外な“新規事業”に乗り出した。 介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」は、1月16日、TENGA社との協働を発表した。デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売するなど、利用する高齢者・障害者の性生活を高める取り組みを開始すると ...
1991年に生まれてほどなく脊髄性筋萎縮症と診断され、以来、寝たきりの生活を送っている佐藤仙務さん。高校卒業後、「雇ってもらえなければ会社を起こそう」とホームページや名刺の作成を請け負う会社を起業しました。現在、株式会社「仙拓」の代表取締役社長を務めています。会社を経営する一方で、「障がい者 ...
血糖値が高い人ほど認知機能が低下しやすい DebbiSmirnoff-iStock. <英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究によると、血糖値が高い人ほど、認知機能が低下しやすいことがわかった>. 認知症と糖尿病との関連については、長年、様々な研究がすすめられてきた。2011年には、九州大学の清原裕博士の研 ...
ワタミの研究所では、要介護認定を受けた高齢者への訪問栄養指導にも取り組む。個人の状態に合わせて高栄養の補助食品などを取り入れると、寝たきりだった高齢者が歩けるようになるなど、回復する例も多いという。麻植有希子所長は「栄養状態は教育次第で改善できる。症状が重くなればなるほど回復が難しい ...
... ○日本アルトマーク社が1月30日に公表した療養病床の全国調査によると、全療養病床の34%が介護医療院などへの転換対象病床であることがわかった○2017年9月時点の療養病床数は全国で32万5,079床。このうち介護療養病床は5万1,237床で療養病床全体の15.8%、25対1医療療養病床は6万 ...
前橋・女子高生2人はねた85歳、暴走のワケ 高齢社会に突きつけられた「認知機能」と「恋愛」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で逮捕された川端清勝容疑者=同市下細井町=は85歳の高齢で、「気がついたら事故を起こしていた」という供述から認知症などが疑われたが、明確な兆候はなかった。ただ、頻繁に物損事故を起こして家族に運転をやめるよう説得され、「(車の)鍵を隠す」とまで言われて ...
企業も対策迫られる「大量離職時代」 老人ホーム利用できず仕事辞めて介護、一人で抱え込むケースも… - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
2020年の東京五輪・パラリンピックまで、あと2年と迫ってきた。当欄で筆者が再三指摘しているとおり、介護離職が激増し、社会問題としてさらに顕在化するのも20年ごろからだろう。そういう意味では、五輪に浮かれているばかりでは危ないと言いたい。 20年には団塊ジュニアも50代に突入する。彼らは生涯未婚率が高いこと ...
介護保険改定情報発表の翌日開催!1/27『訪問看護ステーションの未来創り』に業界関係者500名が来場。トップランナーが最旬の介護報酬改定を分析! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
東京城南地区で訪問看護シェアNo.1のソフィアメディ株式会社(本社:東京都目黒区)は、1月27日(土)、日経ホールにて、在宅医療業界を牽引する有識者や実務者が集うシンポジウム『訪問看護ステーションの未来創り』を開催しました。聴講には医師、看護師、セラピスト、介護職、教職、経営者、管理者と、幅広い ...
札幌市東区で31日(2018年1月)深夜に起きた自立支援のための共同住宅の火災では、48~85歳の男性8人、女性3人が死亡した。建物は築40年の元旅館で、14年前に賃貸アパートに改築し、低所得の高齢者やホームレスに月3万6000円で貸していた。実質的には福祉施設といえるようなところだったが、消火 ...
DPC病院や地域医療支援病院は病床稼働率の維持に苦労、規模が適正か検討しては―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
まず病院機能別の1日当たり医療費(いわば単価)を見ると、医科入院では▽特定機能病院7万2141円(前年度に比べて1788円・2.5%上昇)▽地域医療支援病院6万436円(同802円・1.3%上昇)▽DPC病院5万6470円(同450円・0.8%上昇)▽療養病床のみの病院2万1584円(同107円・0.5%上昇)―などと ...
北九州市の介護施設で平成28年11月、寝たきり状態の90代女性が頭部骨折などで死亡する事故があり、福岡県警は2日、介助の際に誤って女性をベッドから床に転落させ、頭部骨折などで死亡させたとして、業務上過失致死の疑いで女性元職員を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者 ...
直売農家の高齢化 避けられぬ集出荷支援 順調に伸びてきた農産物直売所が、多くの課題に直面している。一つが農家の高齢化だ。直売所まで運べない“出荷弱者”のため、集荷に回る直売所が増えつつある。地元にある農産物は積極的に集める。その視点が必要だ。 直売所は出荷者が商品の値決めを ...
介護離職後に陥る負のスパイラル… - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了)
豊富なデータと実体験に基づいた「仕事と介護を両立させる人生」を提案する、『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけないこれだけの理由』が2018年1月26日(金)に発売された。 いま介護をするために離職する人は、年間10万人を超えるという。「介護と仕事の両立が困難」「後悔しないように、親の介護をしっかりとやり ...
介護報酬改定 利用者目線で自立支援を - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域で暮らす高齢者を支える通所介護(デイサービス)は、利用者の状態が改善するといった成果に応じ、報酬を加算する。 自立生活が可能な人を増やし、増大する介護費用を抑制する方向性は理解できる。高齢者の「生活の質」の向上も期待されよう。 ただし、高い報酬を得ようと、利用者に自立を押し付ける風潮が広がら ...
BCC株式会社(大阪市)は、健康寿命延伸のため、認知症などの健康科学関連の課題解決を目指す合同会社ウェルネスオープンリビングラボ(大阪市、以下WOLL)の事業目的に賛同し、2017年12月31日、出資参画しました。 WOLLは、大阪市立大学元学長の児玉隆夫氏を代表社員とし、目的に賛同する16社が出資 ...
群馬県は21日、ご当地アイドル「あかぎ団」による認知症啓発イベントを前橋市内で開いた。社会貢献活動の一環で定期的に高齢者施設を訪れているあかぎ団のメンバーが、自らの経験を踏まえて認知症の正しい知識や認知症の人との接し方などを、集まった450人の参加者に伝えた。 イベントには、あかぎ団のメン ...
2018年02月01日()
介護利用者から預かった買い物代で自分用食材購入 姫路市社協の ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
姫路市社会福祉協議会は1日、訪問介護のパートヘルパーとして勤務する非常勤職員の女性(44)が昨年10月以降、市内の女性利用者(67)から買い物代として預かった計…
火災から一夜明けた1日、旭川市内でグループホームなどを運営する緑ケアライフサービスの板井清春社長(77)は札幌の火災を受け、防火対策の重要性を強調した。 同社が運営し、高齢者20人が暮らす市内の有料老人ホーム「ライフサポート豊清水」は1月、国の補助制度を活用し約750万円かけ、スプリンクラーを ...
東京新聞:「認知症サポーター」知って 県と専門学校生が独自マーク考案 ... - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人とその家族を支える「認知症サポーター」の活動を広く知ってもらおうと、県と横浜デジタルアーツ専門学校(横浜市港北区)の学生が独自のマークを考案した。県はマークをデザインしたバッジやシールを製作。家族やサポーターが身に着ければ、一緒に個室トイレに入る際などに奇異な目で見られず、活動が ...
認知症専門の私設図書館開設 専門書など300点 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症者や介護家族の支援に取り組むNPO法人「播磨オレンジパートナー」(兵庫県たつの市)が9日、専門書籍や資料約300点を集めた私設図書館「認知症ライブラリー」を開設する。診断を受けて当惑する当事者や家族のサポートを念頭に、必要な情報を提供することで安心や希望を見いだしてもらう。(松本茂祥 ...
避難計画作成、7割近く 福祉施設対象、国モデルの津市 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
河川氾濫で被災する恐れがある福祉施設を対象に、国が津市をモデル地域に進めている避難計画の作成支援について、津市の前葉泰幸市長は一日の定例会見で、一月三十日までに対象百五十施設のうち、百三施設で避難計画が完成したことを明かした。 昨年十一月に講習を開いてから急速に進み、作成 ...
札幌の住宅火災 安全対策は尽くされたか - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームなど設備の整った施設に入れない人は多い。高齢化が急速に進む中で、小規模で共同生活を送るグループホームなどへのニーズも高い。 経済的に困窮する高齢者らの受け入れ施設が足りないことも深刻で、今回のような施設に居場所を求める人が増えている実態を知るべきだ。 そうした ...
認知症サポーター認定者数全国一 豊後高田市が人口5万人未満で ... - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊後高田市は、2016年12月~17年11月末までの1年間に延べ1123人が認知症サポーターになり、人口5万人未満の自治体で1年間の認定者数が全国一の多さとなった。16年度から市内の全中学生を対象に講座を展開したことで数字が伸びた。3日に東京で開かれる全国大会で表彰される。 国は認知症に対す ...
グループホーム火災、元代表に有罪判決 高齢者5人死亡 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で2013年2月、入所していた高齢者5人が死亡、5人が重軽傷を負った火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた施設の運営会社元代表、桝屋幸子被告(66)の判決が1日、長崎地裁であった。小松本卓裁判長は禁錮2年執行猶予4年(求刑禁 ...
三井住友海上福祉財団は1月30日、高齢者福祉、交通安全分野の研究に対する2017年度助成事業で、シンガポールの4案件について助成贈呈式を実施した。シンガポールでは07年に助成を開始して以来、今回で11回目となる。 助成対象に選ばれた4件の内訳は、高齢者福祉に関する研究… 関連国・地域 ...
微量血液で認知症を発見 国立長寿研と島津製作所 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
わずかな量の血液で、認知症の一種であるアルツハイマー病の原因物質が、脳に蓄積しているかどうかを調べられる検査法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)や島津製作所(京都市)などのチームが31日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。病気の診断が安価で簡単になるとしている。治療 ...
長崎市の高齢者5人死亡施設火災、運営会社の元代表に有罪判決 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
2013年に高齢の入所者5人が死亡した長崎市の認知症グループホーム火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営会社元代表の被告(66)に、長崎地裁は1日、禁錮2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。 コレ読まれてます · 難関大「合格する人」と「しない人」の違いは? 「キャバクラどうですか」客引 ...
この改定では介護保険の未来が危うい - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は介護サービスの公定価格である介護報酬を4月に改定する。介護保険制度を安定的に維持するには、メリハリをつけながら総額の伸びを抑えることが欠かせないが、一連の見直しはあまりに踏み込みが足りない。団塊世代がすべて75歳以上になる2025年に向け、一層の改革が要る。 介護報酬は事業者の経 ...
高齢者ドライバー「免許証返納」のタイミングとは - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
昨今、問題となっているのが、高齢者ドライバーによる自動車事故。1月9日にも、群馬県前橋市で女子高生2人が被害に遭った。全国紙記者が解説する。「歩いていた女子高生2人に、乗用車が逆走する形で、猛然と突っ込み、2人が重傷を負った。運転手は85歳の男で、老人福祉センターに向かう途中でした」 この男性 ...
認知症 特に注意が必要な人は?予防法は? (東京都) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
2025年には約700万人にのぼるといわれる認知症患者。65歳以上の高齢者、約5人に1人にあたる。 東京医科歯科大学・朝田特任教授「認知症予防となると糖尿病、高血圧、生活習慣病がある人は、若い時から注意して頑張っていただきたい」 特に気をつけるべき人は?そして、日頃からできる認知症予防とは ...
体操、買い物楽しみ介護予防 金ケ崎町社協 - 岩手日報 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了)
金ケ崎町社会福祉協議会(佐藤惇会長)は1日、体操講座と買い物支援を組み合わせた高齢者対象の事業「体操ショッピングバス」を始めた。高齢者同士の交流や健康づくり、買い物を楽しんでもらい、介護予防につなげる。 初回は17人が参加。自宅周辺から同協議会の福祉バスで同町西根の町福祉センターに ...
認知症 特に注意が必要な人は?予防法は? - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
2025年には約700万人にのぼるといわれる認知症患者。65歳以上の高齢者、約5人に1人にあたる。 東京医科歯科大学・朝田特任教授「認知症予防となると糖尿病、高血圧、生活習慣病がある人は、若い時から注意して頑張っていただきたい」 特に気をつけるべき人は?そして、日頃からできる認知症予防とは ...
アルツハイマー型認知症の発症抑制に光 「ビフィズス菌A1」実験で成果 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
空間認識力を評価する「Y迷路試験」、学習・記憶能力を評価する「受動回避試験」、記憶や学習能力に関わる脳組織「海馬」の遺伝子発現の解析の結果から、ビフィズス菌A1の摂取によりアルツハイマー病モデルマウスの認知機能改善作用があることや、脳内の過剰な免疫反応や炎症を抑えることが認められ、すなわ ...
大人向けグッズ界のパイオニア『TENGA』が意外な“新規事業”に乗り出した。 介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」は、1月16日、TENGA社との協働を発表した。デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売するなど、利用する高齢者・障害者の性生活を高める取り組みを開始すると ...
5人死亡のグループホーム火災 当時の代表に有罪判決 長崎 - NHK (媒体での記事掲載終了)
5年前、長崎市のグループホームで入居していた高齢者5人が死亡するなどした火災で、業務上過失致死傷の罪に問われている運営会社の当時の代表に対し、長崎地方裁判所は「火災で高齢者の命が奪われる危険が見通せたのに、漫然と運営を続けていた責任は重い」として執行猶予のついた禁錮2年 ...
三菱地所レジデンス(株)は1日、新たに「有料老人ホーム開発事業」および「シェアハウス開発事業」に参画すると発表した。 「有料老人ホーム事業」は、高齢化が進展する中、同社が分譲するマンション居住者からのニーズが見込まれることから展開するもの。建物を開発し、オペレーター会社に賃貸するスキームで展 ...
オフィスウェア情報誌「Lezene(レゼン)」2018年春夏 最新号!特集[かわいい×ユニフォーム] / 6社ノミネート「ベストドレッサーカンパニーアワード2018」WEB投票開始 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
社名:有限会社和みの里 なごみの里ケアプランセンター所在地:福島県田村郡事業内容:ケアプラン作成サービスコメント:清潔感があり、着心地や機能性も良い私達ケアマネージャーの制服は、訪問先でも大好評です。制服は動く看板でもあり、この制服を着用する事で、プロとしての意識を高め、気持ちを引き締めて ...
高齢者ドライバー「免許証返納」を判断するタイミング - 日刊大衆 (媒体での記事掲載終了)
昨今、問題となっているのが、高齢者ドライバーによる自動車事故。1月9日にも、群馬県前橋市で女子高生2人が被害に遭った。全国紙記者が解説する。「歩いていた女子高生2人に、乗用車が逆走する形で、猛然と突っ込み、2人が重傷を負った。運転手は85歳の男で、老人福祉センターに向かう途中でした」. この男 ...
社名:有限会社和みの里 なごみの里ケアプランセンター所在地:福島県田村郡事業内容:ケアプラン作成サービスコメント:清潔感があり、着心地や機能性も良い私達ケアマネージャーの制服は、訪問先でも大好評です。制服は動く看板でもあり、この制服を着用する事で、プロとしての意識を高め、気持ちを引き締めて ...
TENGAが介護現場に参入した意図とは - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
大人向けグッズ界のパイオニア『TENGA』が意外な“新規事業”に乗り出した。 介護サービス業を全国展開する株式会社「いきいきらいふ」は、1月16日、TENGA社との協働を発表した。デイサービス店舗「いきいきらいふSPA」において『TENGA』を販売するなど、利用する高齢者・障害者の性生活を高める取り組みを開始すると ...
みなさん「MCT」をご存知でしょうか。MCTとは、近年認知症(アルツハイマー型)に対する効果が確認されつつある「中鎖脂肪酸」を含むオイルのことです。そんなMCTをMCI(軽度認知障害)の予防・治療に積極的に取り入れているひろかわ脳とこころの健康クリニック院長の広川慶裕先生に、MCTのもつ働きと取り入れ方につい ...
障害のある人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、奈良県生駒市は今年1月から、障害者の独り立ちや集団生活を後押しする支援事業を始めた。家族が病気や事故に見舞われた際に障害者を一時的に保護したり、将来的にグループホームへの入所を考えている人に集団生活を体験する機会を ...
【18年度介護報酬改定答申・速報5】老健の報酬体系再編、在宅復帰機能「超強化型」を創設 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
老健については、主に次の3つの見直しが行われます。1つずつ眺めていきましょう。 (a)在宅復帰機能をさらに重視し、報酬を3区分から5区分に再編する(b)入所者への感染症治療などを適切に行うため【所定疾患施設療養費】を2区分にする(c)医薬品の適正使用を目指した「 ...
長崎・高齢者5人死亡火災で有罪 施設会社元代表、業過致死傷罪 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
2013年2月に高齢の入所者5人が死亡した長崎市の認知症グループホーム火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営会社の元代表枡屋幸子被告(66)に、長崎地裁(小松本卓裁判長)は1日、禁錮2年、執行猶予4年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。 起訴状によると、火災は13年2月8日夜に発生 ...
長崎市のグループホーム「ベルハウス東山手」で2013年2月、高齢の入居者5人が死亡した火災で、業務上過失致死傷罪に問われた運営会社元代表の桝屋幸子被告(66)の判決が1日、長崎地裁であり、小松本卓裁判長は禁錮2年、執行猶予4年(求刑禁錮2年)を言い渡した。 起訴状によると、火災は13年 ...
2013年に高齢の入所者5人が死亡した長崎市の認知症グループホーム火災で、業務上過失致死傷の罪に問われた運営会社の元代表枡屋幸子被告(66)に、長崎地裁は1日、禁錮2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。 速報ニュース. 長崎の高齢者5人死亡火災、元代表に有罪(1日 13:44) · 札幌の ...
高松市は、「第7期高松市高齢者保健福祉計画(素案)について」のパブリックコメントを実施、2月14日まで意見を募集する。 高齢者の保健福祉および介護サービスなどに関する総合的な計画として、2018年度から20年度を期間とする計画をまとめた。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが ...
農林水産ビジネスのヒントも満載です。 【教育支援サイト】: 教育に関わるすべての皆様へ送る総合教育ポータル。「授業で役立つプログラム集」や「教育法規あらかると」など教育現場と企業・団体をつなぐ架け橋。 【新刊】: 脱「広報」のススメ=地方創生はPRなくして成り立たない!『成功17事例で学ぶ自治体 ...
各地で相次ぐ高齢者入居施設の火災 防火対策も問題に - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
1月31日深夜に火災が起きた札幌市の自立支援関連施設「そしあるハイム」では、高齢者らが多く入居していたとみられる。高齢者が住む施設や住宅での火災は各地で相次いでいる。 2009年3月には、群馬県渋川市の高齢者施設「静養ホームたまゆら」で10人が死亡する火災が起きた。犠牲者の大半は東京都 ...
「働く世代」の介護者、支援も手薄で「孤独」...小室さんの苦悩、他人事ではない - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...
「働く世代」の介護者、支援も手薄で「孤独」...小室さんの苦悩、他人事ではない - 弁護士ドットコム (媒体での記事掲載終了)
会見では赤裸々に介護の日々を語った。仕事が増えていく中で、常に隣でサポートすることが難しくなったこと。小室さん自身も病気を患い、1人で闘病生活をおくったことーー。 KEIKOさんが介護保険法の要支援・要介護認定を受けていたかなど、具体的な状況は分からないが、男性が同居しながら介護をするというのは ...
介護サービス事業者向け情報メディア「介護経営」オープン! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社グランシーズ(本社:大阪市北区梅田 代表取締役:西垣俊平)は、平成30年2月1日、介護サービス事業を営む経営者や経営管理者向け情報メディア「介護経営」ウェブ版を(http://yts.jp)をオープンしました。 これまで「経営会議ドットコム」により幅広い層に情報提供して参りましたが、超高齢社会を迎え ...
吉田町が配布を始める見守りオレンジシール。靴などに貼って活用する=同町役場. 吉田町は、認知症で徘徊(はいかい)の可能性がある高齢者の見守りを強化する。行方不明時、早期発見の目印になるよう「見守りオレンジシール」を作製した。1日から、徘徊の不安を抱える要介護認定を受けた認知症高齢者の家族 ...