介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2017年10月10日()
寝たきりに至る前段階“フレイル”を予防するためには、運動、栄養、そして社会参加の3つの柱が大切だ。とくに社会参加は、認知機能の維持にも大きく関わる。 社会参加、つまり外に出て人と話をするためには耳が遠いと都合が悪い。なのに、高齢者本人は、いよいよ不便に ...
高齢化社会の成長産業として注目される医療,福祉業界だが、介護職員の人手不足が深刻化するなど、経営のかじ取りが難しさを増し、業界内では淘汰の動きが加速している。 ※調査対象の「医療,福祉事業」には、病院、医院、マッサージ業や鍼灸院などの療術業、老人福祉・ ...
認知症の人や家族、支援者らがたすきをつないで日本を縦断するランニングイベント「RUN伴」(長野日報社など後援)が9日、上下伊那地域で行われた。上伊那は箕輪町・南箕輪村、宮田村、駒ケ根市地区の順でリレー。このうち駒ケ根市地区では19チーム、約90人が参加し、 ...
センコーグループホールディングス(HD)は10日、介護サービス事業を手がけるビーナス(堺市堺区、安田信彦社長、072・242・8533)の全株式を取得したと発表... (残り:277文字/本文:357文字). (2017/10/11 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料) ...
(3)の月末病床利用率に目を移すと、病院全体では78.8%で、前月に比べて1.0ポイント低下してしまいした。病院の病床種別に見ると、▽一般病床73.3%(前月から1.8ポイント減少)▽療養病床87.8%(同0.1ポイント上昇)▽介護療養病床90.8%(同0.4ポイント上昇)▽精神病 ...
なぜ、フィンランドの認知症死亡率は世界一高いのかのイメージ. フィンランドの認知症死亡率は、世界の中でも最も高く、認知症の隠れた原因を探るうえでも、その環境的特徴を理解することは有益である。米国・ドレクセル大学のArnold R. Eiser氏は、フィンランドにおける環境要 ...
スズケン 介護用品を患者宅に配送するサービスを開始 - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
スズケンはこのほど、医療機関、保険薬局、介護施設を対象とした医療用品カタログ通信販売「スズケン メディカルセレクションズダイレクト」(スズケンMSD)で、保険薬局からの依頼で、介護用品を患者の自宅に有料で配送するサービスを開始したと発表した。保険薬局が ...
センコー 大阪の中堅介護買収 高齢者サービス充実 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
物流大手のセンコーグループホールディングスは10日、中堅の通所介護(デイサービス)業者ビーナス(堺市)を5日付で買収したと発表した。ビーナスは大阪府内にデイサービス拠点を43カ所運営している。センコーHDは有料老人ホームを運営しており、高齢者介護に力を入れ ...
杉田かおる、芸能界を離れた理由は母の介護だった…「お母さんが大変だったら支えるのが仕事」 - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
杉田が、テレビ出演を控えている理由は母親の介護だった。 「元祖ステージママ」として子役デビューした杉田を支え続けた母親は、20年前に患った肺気腫が4年前に悪化。酸素濃縮器を付けての生活。病気になる前は、たばこを「一日100本吸っていた」と振り返った。 杉田は、 ...
その結果、かなりの確率で明らかになるのが、前頭側頭型認知症(fronto temporal dementia、以下FTD)だ。 冒頭の男性は、2015年12月に万引きで逮捕された際、執行猶予中だった。収監が避けられない中、裁判官が精神鑑定を促し、認知症の症状であることが判明。
認知症高齢者にどう接するべきか」「学習療法を認知症ケアにどう活かすか」がテーマの基調講演では、医師の田仲みすず先生(大阪府「もり内科クリニック」院長)を講師に迎える。 慶應義塾大学大学院の伊藤健先生は、奈良県天理市の取り組みを紹介。奈良県天理市では、 ...
お母様がずっと自宅で介護されてて、そのままケアマネージャーさんにご紹介されて、自宅で葬儀をされて、自宅から送り出したということに関して、やっぱりこの家を作った時からの50年ずっと過ごされたお母様は、この家から出て行くのが自然だった、というのがすごく印象的で ...
【池間島=宮古島】NPO法人いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)で1年半地域づくりに精を出し、2日付で石川県の能登里海教育研究所に移った木下靖子さん(36)を送り出す「またいらっしゃい会」が9月29日、池間島離島振興総合センターで行われた。 この記事は有料 ...
と、ほぼ同時期に認知症の兆候が出始めた。医師から「1年もつかな」と言われ、私はパート勤めを辞めた。薬の管理や食事等、誰かがそばにいなくては無理な状況だった。 発症から3年半、私は義母と一緒に泣き笑いの日々を過ごした。義母は適切な治療のおかげで痛みからも ...
あわせて一般病床・療養病床をもつすべての病院・有床診療所は毎年、自院の各病棟が現時点および将来において、どういった機能を持つのかを報告「病床機能報告」し、両者(地域医療構想と病床機能報告結果)の隔たりを地域医療構想調整会議で段階的に埋めていく議論が ...
「超高齢社会」乗り越える技術-老老介護時代の「車いす」:研究員の眼 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。高齢者の自立支援型、介助支援型、コミュニケーション型などさまざまな用途の製品が開発され、AIを活用した認知症対応のセラピーロボットなどもある。 少子化と人口減少をともなう超高齢社会を乗り越えるには、 ...
9、 新人のケアマネージャー。実際の仕事は初めてです。わからない事ばかりで、四苦八苦しています。仕事を自宅に持ち帰り、悪戦苦闘して夜半まで働いていますが、それでも仕事の量に間に合いません。上司は罵声を浴びせてきて、「いつ辞めてもらってもいい」 と言い放ちます ...
日本通所ケア研究会(所在地:広島県福山市、代表者:妹尾 弘幸(株式会社QOLサービス 代表取締役))は、地域包括ケアシステム構築に向けた2018年度同時改定後のデイ ...
働く親や人手不足に対策を 衆院選で愛知の有権者 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
山間部に位置し、急な坂道が多く高齢者が移動するには困難を伴う。 しかし、買い物や通院などに使われる昼間の路線バスの運行本数は少ないままだ。同町で高齢者宅の見守り活動などをするNPO法人「北設楽福祉支援センター」の八幡久夫理事長(61)は「お年寄りが買い物 ...
2017年1-9月「医療,福祉事業」の倒産状況 - 東京商工リサーチ (媒体での記事掲載終了)
また、「老人福祉・介護事業」は、販売不振が32件(同45.0%)だった一方で、「事業上の失敗」が17件(同23.9%)と2割を占めたのが目を引く。これは、安易な起業や本業不振のため異業種からの参入失敗など、事前準備や事業計画が甘い小・零細規模の業者が思惑通りに業績 ...
高齢者の介護予防に効果アリ! 【カラオケ×ディスコダンス】の簡単エクササイズ - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
銀座で介護予防ディスコ! 都内大田区・中央区・大阪難波で大人気の歌うエクサ! カラオケ×フィットネスの「kara-fit(カラフィット)」が 10/20(金)にカラオケ館銀座総本店にてプログラムのお披露目発表を兼ね高齢者の介護予防エンタメイベントを実施。銀座という流行の発信地 ...
介護職グループまとめるリーダー育てよ 福祉人材確保専門委員会取りまとめ - 株式会社CBnews (媒体での記事掲載終了)
政府が2015年に公表した介護人材の需給推計では、25年には約38万人の需給ギャップが生じるとの見通しが示された。当然、未経験者を含めた多様な人材の参入を促していくことになるが、介護職のリーダーには、多様な人材をマネジメントしながら、定着を促すことが求められ ...
公道に溢れ出るゴミの山、偏屈な家の主、困り果てる近隣住人…。「ゴミ屋敷」と聞いて思い浮かべるこうしたイメージは、今や昔のものになりつつある。昨今、外から見えない「マンションゴミ屋敷」が激増している。昨今このゴミ屋敷問題に新たな悲劇が生まれている。「高齢世帯」の ...
パソナライフケア『パーソナルケアサービス』10月開始 元秘書経験者等の ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
[株式会社パソナグループ]パソナグループで介護分野の人材サービスや介護保険サービス等を手掛ける株式会社パソナライフケア(本社:東京都千代田区、代表取締役 ...
松下幸之助歴史館で、パナソニックがロボット電動車いすやITツールを活用した障がい者支援の実証実験を実施 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
博物館・美術館など展示施設では、施設のバリアフリー化やボランティアによる鑑賞補助など、障がい者や高齢者が鑑賞しやすくなる取り組みが進められています。今回の実証実験では、障がいの有無に関わらず鑑賞を楽しんでいただくためのサービスを提供し、その技術検証を ...
株式会社船井総合研究所は2017年11月,東京と大阪において,介護事業所向けの「保険外サービス「施設紹介事業」付加セミナー」を開催いたします。 医療・介護のダブル報酬改定が間近に迫り,報酬減額を避けられない今,本セミナーでは高齢者の「住まい選び」に着目した ...
浜松市は10月7日(土)午前9時30分〜11時30分、市内富塚協働センターにおいて、聖隷クリストファー大学学生の企画による講座「認知症予防-海馬を鍛えよう!」を開催します。参加資格は65歳以上、定員は30名です。 同大リハビリテーション学部 作業療法学科の学生たち ...
9月27日、介護リフォーム事業を手掛けるパナソニックエイジフリー(大阪府門真市)は東京のパナソニックセンターで「ケアマネ会議」と題したセミナーを行った。今回で2回目の開催。同社とケアマネージャーの接点を強くするのが狙い。180人超が集まった。 「より地域の皆様に喜ん ...
個人ごとに認知機能の特性と経時変化を把握することで、脳の変化の予兆をつかみ、軽度認知障害(MCI)やその前段階であるプレ・クリニカル期における認知症の早期発見・予防につなげることを目指す。 脳活バランサーCloudによる認知機能の可視化は、「見当識」「注意力」「 ...
人材派遣や医療・介護分野に特化した人材紹介や建設現場で働く施工管理のなど、様々な事業を展開するTSグループ。2004年に設立をし、2,3年で10億円を作り上げ、2015年は80億円、2016年は100億、そして2017年には140億と、驚異の成長率を誇る成長企業といえる。
2017年10月09日()
足腰弱い独居高齢者の“ゴミ出し難民”問題が深刻化 NEWSポストセブン - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
公道に溢れ出るゴミの山、偏屈な家の主、困り果てる近隣住人…。「ゴミ屋敷」と聞いて思い浮かべるこうしたイメージは、今や昔のものになりつつある。昨今、外から見え ...
特別寄稿 本能的 遠距離介護⑲ 母の引き出しから出てきた繰越済みの通帳。繰越済みや解約済みの通帳を処分し、現在、利用している金融機関とその通帳を探すところから防犯対策は始まる. ある日、銀行から携帯に電話がかかって来ました。 「お母様のお兄様と名乗る方から ...
介護サービス拠点に看護師が常勤し、看護と介護のサービスを一元的に提供する「看護小規模多機能型居宅介護(看多機=カンタキ)」が注目を集めている。医療的なケアが ...
介護サービス拠点に看護師が常勤し、看護と介護のサービスを一元的に提供する「看護小規模多機能型居宅介護(看多機=カンタキ)」が注目を集めている。医療的なケアが ...
介護サービス拠点に看護師が常勤し、看護と介護のサービスを一元的に提供する「看護小規模多機能型居宅介護(看多機=カンタキ)」が注目を集めている。医療的なケアが ...
医療関連事業などを展開する株式会社日本シューターは、転倒リスクを測定する「転倒危険度評価システム『Step+(ステッププラス)』」にトレーニング機能を追加したことを発表した。10月10日の「転倒予防の日」から販売を開始する。 同社は、高齢者の“寝たきり化”につながり ...
高知県は、10月5日、「第8回こうち介護の日」イベントを、11月11日に開催することを発表した。 県の人口は、1956年の88万3,000人をピークに、徐々に減少。近年では、出生数の減少なども影響し、2015年には72万8,000人となった。 また、国勢調査の結果によれば、65歳以上 ...
認知症の人にとって旅はリハビリ 旅先で感謝されるのが好影響 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
私(53才・女)は父の急死以降、認知症の80代の母を支えている。介護の中で見えてきたのは、認知症患者にとって旅はよいリフレッシュになるということだ。旅行だけでなく、ちょっとした外出でも、頭がスッキリして気分が上向く。高齢者も同じだ。そんなニーズに応え、高齢や認知 ...
認知症の人にとって旅はリハビリ 旅先で感謝されるのが好影響|ニフティ ... - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
私(53才・女)は父の急死以降、認知症の80代の母を支えている。介護の中で見えてきたのは、認知症患者にとって旅はよいリフレッシュになるということだ。旅行だけでなく、 ...
認知症の人にとって旅はリハビリ 旅先で感謝されるのが好影響 NEWS ... - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
私(53才・女)は父の急死以降、認知症の80代の母を支えている。介護の中で見えてきたのは、認知症患者にとって旅はよいリフレッシュになるということだ。旅行だけでなく、 ...
これは自宅で介護を受ける高齢者など、利用者側になんらかの問題があり、介護サービスを提供する側が対応に苦慮したり、トラブルが生じたりする、といった事例をさす言葉です。 その困難を主に受け止め、どう対処すべきか頭を悩ませるのは、ケアマネージャー。利用者側(本人 ...
ワシントン(CNN) トランプ米大統領と引退を表明している共和党のコーカー上院議員が8日朝、ツイッター上で批判の応酬を繰り広げた。共和党の有力議員からはこれ以前にもインターネット内外でのトランプ氏の発言をめぐって批判の声が上がっており、コーカー氏もそのひとりと ...
まず医療費の増加要因を分解していくと、(1)人口の増減(2)高齢化(3)診療報酬(4)医療技術の高度化(5)患者の期待度(たくさん検査を受けたい。高度な医療を受けたい)の5つに分けられる。このうち高齢化と患者の期待度は医療技術の高度化と結びついている。多くの場合、 ...
2017年10月08日()
認知症の80代夫妻犠牲か 未明に住宅火災、2人死亡 和歌山 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
夫妻は認知症だったという。次男は新聞配達の仕事に出かけていて無事だった。隣接する鉄筋コンクリート3階建ての長男宅もほぼ全焼した。 現場は南海和歌山市駅から北西約2㌔の住宅街。 近くに住む会社員の藤原裕子さん(49)は「玄関の方から火が出ていてガラスが ...
川崎市長選 告示 現新3人が市政への思い訴え 子育て・福祉・財政など争点 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
150万人都市の将来を占う川崎市長選が8日告示され、2週間の戦いの火ぶたが切られた。新人の前市議吉沢章子さん(53)、再選を目指す現職の福田紀彦さん(45)、新人で市民団体役員の市古博一さん(69)=共産推薦=の3人がいずれも無所属で立候補を届け出た。3人 ...
認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、当事者や家族、支援者らがたすきをつないで走る(歩く)「RUN伴(ランとも)」(長野日報社ほか後援)が8日、岡谷市役所から下諏訪町の諏訪共立病院まで約7・8キロのコースで行われた。参加者はおそろいのオレンジ色 ...
認知症の35%は予防できる 「最大の要因は聴力低下」 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
英医学誌「ランセット」の国際委員会が「認知症の35%は予防できる」とする研究論文を7月に発表して話題を呼んだ。複数の認知症に関する論文を統計的な手法で解析し、 ...
がんや認知症を防ぐ生活習慣、40万人調査で探る - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
国立がん研究センターなど国の6つの専門医療機関はがん、心筋梗塞、脳卒中の三大疾病と認知症などになりにくい生活習慣を探る研究プロジェクトを始めた。約40万人を追跡調査し、病気になった人がどんな食生活や運動習慣だったかなどを調べる。自立した生活ができる「 ...
がんや認知症を防ぐ生活習慣、40万人調査で探る :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
国立がん研究センターなど国の6つの専門医療機関はがん、心筋梗塞、脳卒中の三大疾病と認知症などになりにくい生活習慣を探る研究プロジェクトを始めた。約40万人を ...
民家火災2人死亡=高齢夫婦か-滋賀・長浜 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
成功17事例で学ぶ自治体PR戦略 ―情報発信でまちは変わる』好評発売中! 【新刊】: 社団法人・地方行財政調査会の「全国知事・市町村長ファイル2017-2018」発売開始! 【専門情報誌】: 教育・福祉・地方行政・税務・ビジネスの最前線にいるあなたに新聞が書かない情報を!
認知症男性が線路侵入…電車にはねられ死亡 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
7日夜、さいたま市の埼玉新都市交通の線路上で79歳の男性が電車にはねられて死亡した。男性は認知症で、警察は無人駅のホームから線路に侵入したとみて調べている。 警察によると7日午後10時頃、さいたま市北区にある埼玉新都市交通の線路上で79歳の男性が電車 ...
35~44歳女性、過去最低=青少年や高齢者向上続く-スポーツ庁16年度体力調査 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
体育の日を前に、スポーツ庁は8日、2016年度「体力・運動能力調査」の結果を公表した。成績の合計点では、35~39歳と40~44歳の女性が過去最低。一方、小学生~大学生や20代、高齢者などは向上傾向が続き、20~24歳と25~29歳の女性、60~64歳の ...
この「所定の作業」には、工場で何かを作ったりするほか、施設内の掃除や洗濯、炊事、差し入れされた本の整理、高齢や障碍のある収容者の介助なんかもあります。 うんとざっくり ... あとはホームヘルパー、ボイラー技士、危険物取扱者などの資格も取れるんですよ。ちなみに私 ...
ホープトラスト(埼玉県八潮市)は、国連が主導するデジタルコンテンツの「ワールドサミットアワード2016」において「地域ベストプラクティス賞」を受賞した、シンガポール発の脳波を計測できるウェアラブル機器「Neeuro SenzeBand(ニューロセンズバンド)」の日本正規販売代理店 ...
作家・曽野綾子氏(現在86歳)の夫で、文化庁長官や日本芸術院長などを歴任した作家の三浦朱門氏は、今年2月3日に91歳で逝去した。63年あまり連れ添った糟糠の妻である曽野氏が、三浦氏を亡くなる直前まで自ら在宅介護していたことを、ご存知だろうか。 曽野氏が、夫の ...
しかし高齢者のやせのサルコペニアは、運動だけでは筋肉はつかずやせてしまう。図のように、栄養が足りていないと筋肉量が減り、代謝が落ちて食欲が落ち…となり、行き着く先は“寝たきり”だ。 高齢者により必要な食べ物について、栄養学に詳しい田無病院(東京都西東京市) ...
列車にはねられ認知症男性死亡 さいたま市 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
7日夜、埼玉新都市交通の線路上で、認知症を患う79歳の男性が列車にはねられ死亡する事故があった。 警察によると、7日午後10時頃、さいたま市北区にある、埼玉新都市交通ニューシャトルの線路上を歩いていた79歳の男性が、列車にはねられる事故があった。男性は ...
ひたちなか市は9月25日、市内全15の郵便局と「地域における協力に関する協定」を締結した。郵便局のネットワークを生かし、徘徊(はいかい)する高齢者の発見情報などを市に提供する。 協定では郵便局が情報提供する場面として、(1)高齢者や障害… 有料サイトで御覧になれ ...
【人生相談】認知症の義理の母、いろいろあったけれど…いい思い出を ... - iza(イザ!) (媒体での記事掲載終了)
相談九州で1人暮らしをしている90歳の義理の母が認知症になりました。ホームヘルパーさんのお世話になっています。義理の母の長男と三男は同じ県内に住んでいて、 ...
2017年10月07日()
江の島の風景を車いすから 藤沢湘南LCと東洋大生ら協力 高齢者ら20人招待 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、島民の車との擦れ違いを整理する担当者や車いすを押す介助者など、スタッフには50人以上必要という。 実行委員会事務局の伊沢憲二さんは「2020年の東京五輪に向けて、市民と行政が協力して江の島のバリアフリーを積極的に進められれば」と話していた。 (布施谷航 ...
諏訪市地域医療・介護連携推進センター「ライフドアすわ」と諏訪赤十字病院は、市内の介護関連の施設や事業所の看護職を対象にした看護職連携研修会を始める。看護や介護の知識を高めるとともに参加者が顔見知りになり、日常的な連携につなげることが狙い。第1回は23 ...
認知症の義理の母、いろいろあったけれど…いい思い出を持たせてあげたい - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
九州で1人暮らしをしている90歳の義理の母が認知症になりました。ホームヘルパーさんのお世話になっています。義理の母の長男と三男は同じ県内に住んでいて、時々庭の手入れをしたりしていますが、ゆっくり話をしたりするようなことはありません。 以前、夫と里帰りしたとき、 ...
【橘ジュンの人生相談】認知症の義理の母、いろいろあったけれど…いい ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
相談九州で1人暮らしをしている90歳の義理の母が認知症になりました。ホームヘルパーさんのお世話になっています。義理の母の長男と三男は同じ県内に住んでいて、 ...
今は認知症当事者が語る時代だ。本書は若年性認知症当事者の大城勝史さんが、当事者のみ知る世界観や苦悩と葛藤、そして前を向いていく様を紹介している。「まさか」と思いつつも、病状を悟り始めた頃から、失う記憶を記録で補い、その膨大な記録を基にまとめ上げた書で ...
【教えて!goo】高齢者の家庭内事故が急増中!? 転倒を防ぐ対策とは ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
最も安らげる場所である自宅。しかしながら、実は家の敷地内で発生する事故が非常に多いことをご存じだろうか。特に、足腰の弱った高齢者にとって怖いのが「転倒」。
真庭市蒜山上長田の勝山高蒜山校地の生徒7人に、青少年の善意ある活動や他の模範となった行為をたたえる県わかば賞が贈られた。授業の一環やボランティアとして、蒜山地域の高齢者福祉施設や子ども園へ訪問し、交 ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録 ...
ワイズマンは、医療・介護連携サービス「MeLL+シリーズ」に、医療機関・介護事業所と利用者家族とのコミュニケーション機能を追加した「MeLL+family」を「第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017」(2017年9月27~29日、東京ビッグサイト)で初披露した。 事業所向けにWeb ...
【第10回】介護作文・フォトコンテスト 応募総数720件から選ばれた “受賞作品”&授賞式を盛り上げる“テーマソング”が決定! - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
9月27日(水)に開催された最終審査会で、株式会社harunosora 代表取締役・編集長 尾崎純郎、金沢大学非常勤講師(写真家)鈴木心、全国老人福祉施設協議会 理事 矢田宏人をはじめとした審査員によって、受賞作品が決定いたしました。各部門の受賞作品は全国老人福祉 ...
同市旭区は、要介護3以上で寝たきりの高齢者を対象に歯科健康診査事業を10月から始めた。医療機関に通院して受診する後期高齢者医療歯科健康診査があったが、医師による自宅訪問型は市内で初めて。 区内では要介護3以上の65歳以上が約2200人おり、そのうち ...
2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演されます。 介護とどうしようもない生活苦から、「もう生きられない」と ...
こちらの介護老人福祉施設「市原寮」を含め、すぐ近くにある全室個室ユニット型特別養護老人ホーム「花友いちはら」、同じく介護老人福祉施設「花友しらかわ」「花友にしこうじ」、地域密着型介護老人福祉施設および小規模多機能の「花友はなせ」、デイサービスおよび多目的施設「花友じゅらくだい」と、京都市内の各地 ...
経営コンサルタント、社会福祉士、介護支援専門員、ファイナンシャルプランナー。1967年生まれ。立命館大学経済学部卒業後、銀行に入社。以後、介護スタッフ、社会福祉法人マネジャーを経て、2002年より介護ビジネスや高齢者住宅についての経営コンサルティング、講演、 ...
富山中学校(岡山市中区海吉)で、認知症への理解を呼び掛けるパネル展が開かれており、生徒らが症状や患者との接し方について理解を深めている。13日まで。 中学生にも認知症について知ってほしいと、地域で患者や家族を支える活動をしている「認知症サポートリーダー」 ...
介護の生活サポーターふるまい 長野の同業傘下入り 競争激化や報酬減 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設運営などの生活サポーターふるまい(見附市)は、信越地方や北関東で介護事業を展開するエフビー介護サービス(長野県佐久市)に全株式を譲渡した。競争の ...
2017年10月06日()
<法律お助け隊 滝沢香弁護士> 「高齢者用ホテル」入居時の注意は - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
お悩み> 単身で生活していた母(74)が「高齢者用ホテルに入ることにした」と言っています。入居にあたって2000万円の一時金を払うそうです。パンフレットを見ると、豪華な施設のようですが、途中で退去した時にお金は戻るのか、寝たきりになっても居続けられるのか。簡単に ...
株式会社明治と社会福祉法人吉祥会 特別養護老人ホーム 寒川ホームの共同研究グループが、「OLL1073R-1株で発酵したヨーグルトの長期摂取が施設入居高齢者、施設職員の健康状態に与える影響」を発表をした。発表は、9月13日~15日に開催された第64回日本栄養 ...
一連の出来事の背後には、超高齢化社会を迎えた日本の行政が、成年後見人制度を「活用」して「空きや問題」を解決しようとしているという、驚くべき事実があった。内閣府の ... こうして、目黒区内のグループホームを訪れた佐伯さんは、8ヵ月ぶりにおばあちゃんと再会できた。
北日本銀行、介護ロボット紹介で大和ハウスと提携 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
北日本銀行は介護ロボットの販売代理を手掛ける大和ハウス工業とビジネスマッチング契約を結んだ。同行の取引先にロボットを紹介することで、介護現場での人手不足などの問題に対応する。医療・介護分野での融資拡大も狙う。同社と介護ロボット紹介で提携する金融機関は ...
川崎市長選、8日告示22日投開票、財政運営が争点 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
市古氏は福田氏が中学校の完全給食実施に踏み切ったことを評価しながらも「川崎の財政は全国有数の豊かさなのに、その豊かな財政が湾岸開発などで無駄に使われている。もっと子育て支援や高齢者福祉に使うべきだ」と主張。「湾岸開発をやめれば、川崎の豊かな財政は ...
新潟・見附の介護事業者、長野の同業の傘下に :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設運営などの生活サポーターふるまい(見附市)は、信越地方や北関東で介護事業を展開するエフビー介護サービス(長野県佐久市)に全株式を譲渡した。競争の ...
... セキュリティ対策)」、「ハウスキーパー (家事支援)」の順となったが、年代・性別別に見た場合、ワーキングママは「ハウスキーパー」を、60代は「ホームドクター」「ケアマネージャー」を期待。10代は「ガードマン」「家庭教師」「家計アドバイザー」「セラピスト」を期待しているとの結果と ...
彼女の母親が御殿場にある介護施設エメラルド・ガーデンに入所していることは有名だ。以前テレビで特集しているのを見たが、施設というより豪華ホテルみたいで、ヘルパーの人数も十分すぎるほどだった。そして、そこで働くヘルパーときたら、いかにも育ちの良さそうな清潔感 ...
大手も参入し始めた 保険業界“隙間商品”知恵比べ - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者を対象にした短期少額保険商品の開発も活発だ。例えば、家財保険と傷害保険をセットにしたアスモ少額短期保険が提供する「転ばぬ先の杖」。対象者は、有料老人ホームの個室入居者に限り、年間7000円からの保険料で、施設内外のケガ治療で5日以上の入院に対し、 ...
東大病院が、2017年度「高齢者教室」を開催する。高齢者本人はもちろん、高齢者の家族、福祉・医療関係者など誰でも参加できる公開講座。 開催日は11月22日、12月6日、12月20日、12月27日、2018年1月17日、1月24日、1月31日、2月14日、2月28日、3月14日。
そうした中、福岡地盤に土地保有者に対し「資産運用」策としてアパート・マンションの運用を企画・提案し、施工・(賃貸)住宅の管理運営をグループ内で一貫して手掛けるシノケングループが、グループ内企業の一社で週休3日制の導入に踏み切った。その一社というのが興味深い。シノケンウェルネス。介護関連 ...
第4回九州チャレンジ・ワークショップを開催します - 経済産業省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
今回は、ユニバーサルデザインをテーマに講演・意見交換を行います。これまでユニバーサルデザインやバリアフリーは、主に福祉行政が担うもの、あるいは企業のCSR活動として捉えられてきましたが、今や障がい者、高齢者、育児世帯等、日常生活において不自由を感じている ...
高齢者を対象にした短期少額保険商品の開発も活発だ。例えば、家財保険と傷害保険をセットにしたアスモ少額短期保険が提供する「転ばぬ先の杖」。対象者は、有料老人ホームの個室入居者に限り、年間7000円からの保険料で、施設内外のケガ治療で5日以上の入院に対し、 ...
大洲 車いすの高齢女性スズメバチに襲われ死亡(愛媛県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
先月、大洲市でデイケアサービスから帰宅中の車いすの女性がおよそ50分間に渡り150か所をスズメバチに刺され死亡していたことが分かった。福祉施設や消防によると先月11日の午後4時ごろ大洲市内の福祉施設でデイケアサービスを終えた菊地チヱ子さん(87)が山あい ...
【女の転職@type】社会貢献できる仕事!介護・保育・医療・福祉業界の専門求人サイトをリリース - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
昨今、求人ニーズが急速に高まる「介護・保育・医療・福祉業界」。それらの求人情報が充実しているのはもちろんのこと、「残業の有無」「資格支援」など気になるワードから求人を探せる“条件検索”や、勤務地が多岐に分かれる介護・保育・医療・福祉業界に適応した“勤務地検索” ...
AIやロボットで認知症・介護予防 最新機器が続々登場 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症や介護が必要な状態にならないように、高齢者の生活の場にロボットやIT(情報技術)を活用する取り組みが進んでいます。介護の担い手が不足する中で、健康寿命を延ばす「介護予防」の切り札になるのでしょうか。 介護とわたしたち · 千葉県佐倉市の介護付き有料老人 ...
安永さんは、市介護者家族の会(かたらい会)の会長を務め、悩みを抱える仲間の相談に乗っている。「介護のサービスをうまく使えるかどうかは、地域包括支援センターやケアマネジャーに左右される。でも、行政からどんどん仕事が回されて、みんな忙しそう。利用者やその家族と ...
【第10回】介護作文・フォトコンテスト 応募総数720件から選ばれた “受賞作品”&授賞式を盛り上げる“テーマソング”が決定! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
9月27日(水)に開催された最終審査会で、株式会社harunosora 代表取締役・編集長 尾崎純郎、金沢大学非常勤講師(写真家)鈴木心、全国老人福祉施設協議会 理事 矢田宏人をはじめとした審査員によって、受賞作品が決定いたしました。各部門の受賞作品は全国老人福祉 ...
「UDトーク for Moverio」(法人利用は有償)は、音声認識を使って対話を文字化して障害者支援や「コミュニケーションのユニバーサルデザイン化」を目指したアプリ。日本語 ... JIS S 0042 高齢者・障害者配慮設計指針- アクセシブルミーティング」を参考に作成されたアプリだ。
介護者にとってよくない変化が生じたとき医師でもないけれど「認知症が進んだ」と判断することがある。 そんな時、「それは本当か?」と問いかけたら、違うものがみえるかも。 何より「認知症が進んだ」の裏側に「だから、しかたない」というあきらめが隠れていないかよく観察しておき ...
「UDトーク for Moverio」(法人利用は有償)は、音声認識を使って対話を文字化して障害者支援や「コミュニケーションのユニバーサルデザイン化」を目指したアプリ。日本語 ... JIS S 0042 高齢者・障害者配慮設計指針- アクセシブルミーティング」を参考に作成されたアプリだ。
... の急速な少子高齢化と人口減少の進展/地域で異なる変化の大きさとスピード/社会資源(マンパワー・財政)の相対的抑制トレンド⇒(検討課題例)構造改革(体制転換)の推進 7対1入院基本料病棟をはじめとした急性期~回復期入院医療体制のあり方/療養病床のあり方
認知症高齢者の徘徊(はいかい)による行方不明者らを捜索するため、焼津市は16日、緊急連絡転送システム「おでかけ見守りネットワーク」(通称・おみね輪プロジェクト)を始める。事前に登録した認知症高齢者が行方不明になった場合、市民や企業に情報を通知。発見者が ...
高齢者の占める割合は4.2ポイント増の50.1%となっている。高齢者への対応強化として、保健・医療・介護の連携を推進。かかりつけ医を持つことの重要性の啓発のほか、かかりつけ医や訪問介護士、ケアマネージャーなど関係者が連携し、相談や往診を行えるよう体制を整備し ...
NSGグループの社会福祉法人上越あたご福祉会が運営するデイサービスセンター三和愛宕の園では、10 月4 日に株式会社ポーラ、株式会社明治の協力のもと「レディースデイ」を開催しました。 今回の企画は、同 ... 株)明治は、高齢者の健康法について紹介。最近は、見た目が ...
江蘇省が始めた高齢者・認知症患者の家族対象の「息抜きプログラム」とは―中国 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
記事はまず、「母親が認知症になって15年。付きっきりで睡眠も満足に取れない日々が続いている。夫は耐えきれず離婚してしまった」「母親は12年前から認知症で、父親も尿毒症になってしまった。もう疲れた」などと話す人々の声を紹介し、公的な介護サービスを利用するにも ...
2017年10月05日()
夫は耐えきれず離婚してしまった」「母親は12年前から認知症で、父親も尿毒症になってしまった。もう疲れた」などと話す人々の声を紹介し、公的な介護サービスを利用するにも月額4000元(約6万8000円)の費用がかかることから、低・中収入世帯には負担が大きく、家族が常に ...
東京新聞:<届かぬ声 置き去りにされた有権者>(下) コラムニスト ... - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
ハンディがあるために一票を投じられない障害者や高齢の人たち。政治が最も守っていくべき当事者が声を上げられない現状と、制度の不備を放置し続ける政治の不作為を ...
太っている人はもちろん、やせていても、高齢者なら体重とともに注意したいのがロコモティブシンドローム(ロコモ)だ。筋肉や関節、骨などの運動器の障害のために、移動がしにくくなった状態のことを言う。若林医師は、高齢になると「ロコモ肥満」か「やせロコモ」のどちらかになる ...
国会出席拒まれた、ALS患者の岡部さん 共生社会へ論戦を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、障害者の権利を守る障害者差別解消法が一六年四月に施行された後も、障害者に対する差別的対応が相次いでいることについて、岡部さんは「(バリアフリー推進だけでは)お互いの理解は進まない」と指摘する。障害の種類や程度をその人の個性として受け入れることが、 ...
動脈硬化が認知症と関連することは、脳が血流豊富な臓器であることからすれば、納得しやすいものですが、果たして「認知症になりやすい性格」というものはあるのでしょうか。たとえば几帳面で神経質な人が認知症になりやすいのか、それともおおらかで少し抜けているところが ...
加齢とともに低下する聴力。「みんなそうだから」「仕方ない」とあきらめてしまう人も多い。でも、聞こえの悪さが認知症につながるとしたら……。それでも「年のせいだから」と放っておきますか? 週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、聞こえと ...
介護VBのシーディーアイ、2.3億円調達 MS&ADなど出資 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護大手セントケア・ホールディングや産業革新機構などが出資するシーディーアイ(東京・中央)は新たに2億3000万円の資金調達を実施した。MS&ADインシュアランスグループホールディングスや損害保険ジャパン日本興亜など11社が新たに出資する。人工知能(AI)で介護 ...
一見、自動車業界の動向とだけ見えてしまうが、実は、この動きこそ鉄道の将来に暗雲をもたらすものなのだ。 その理由は、大きく2つある。EVによってガソリン車よりランニングコストなどが低下することと、自動運転による究極のバリアフリー実現の2つだ。どんなことが起こりうる ...
ハンディがあるために一票を投じられない障害者や高齢の人たち。政治が最も守っていくべき当事者が声を上げられない現状と、制度の不備を放置し続ける政治の不作為を四、五の二日にわたって紹介した。社会のバリアフリー化が進む一方、投票制度・投票所は当事者の人たち ...
地域福祉の新たな拠点に社会 陸上競技2種目で国体へ サブカルチャーと初コラボ 国体県代表チームに選抜 市内初 こども食堂開設 狭き門抜け、綾瀬2選手選抜 初出場 ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
福祉・介護・保健・医療の連携拠点として福祉会館跡地に建設が進められていた「綾瀬市保健福祉プラザ」(深谷中4の7の10/【電話】0467・77・1120)が、10月1日に開所した。妊娠期から子育て世代、高齢者、障害児者など多様な相談に保健師や社会福祉士等の専門職員 ...
認知症についてあなたはどの程度の知識をお持ちでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが取り上げているのは、認知症になった方ご本人による「認知症患者のありのままの姿」が記された一冊。柴田さんも「近年 ...
「文字検索は面倒」も「人前での音声検索は恥ずかしい」が約7割 KDDIの音声操作に対する意識調査 - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
... 支援)」(22.8%)、5位が「買い物コンシェルジュ (買い物支援)」(17.6%) となる。年代別では60代の「ホームドクター (健康管理支援)」(33.9%)や「ヘルパー・ケアマネージャー (介護支援)」(26.8%)、10代の「家庭教師 (学習・教育支援)」(27.7%)が他の年代層より高い。
介護の現場に高校生社会 高齢者住宅事業に注力 手編みマフラーに挑戦 多彩な催しでPR 「新三崎八景」を独自選定 いにしえの三浦を知る バザー献品に協力求む 10月6 ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
午後6時、食事を待つ特別養護老人ホーム入居者のもとへ、高校生たちが慣れた手つきでキビキビと配膳を始めた。介護福祉士やヘルパーなど専門資格を持たないため、おもに配膳・下膳、お茶出しや簡単な洗い物、傾聴などを担当。職員らをサポートする介護補助員(介護助手) ...
「難聴は認知症の危険因子」 社会 みんなで行こう!南林間文化祭 東京五輪も夢じゃない 「赤い羽根」スタート プロ棋士の指導も 早めのライト点灯を 全国の「うまいもの ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が2015年に発表した認知症施策推進総合戦略「新オレンジプラン」では、難聴が認知症の危険因子として挙げられている。田中さんは難聴で陥るコミュニケーション齟齬の例を挙げ、「相手にわざわざ聞き返さなくても問題のない会話」こそが人間関係には大切と話 ...
認知症介護の講座社会 昭和の川崎南部の写真募集 ヘイト根絶決議文を手交 競馬場の馬や人描いた個展 踏切地蔵尊で供養会 史実再現 酒飲み合戦 幸区一大フェス「区 ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
日本鋼管病院は「認知症介護」をテーマにした市民講座を10月14日(土)、こうかんクリニック(川崎区鋼管通)で開く。 認知症を早期発見するサインを寸劇で紹介するほか、同病院・吉井康裕医師による講演、認知症家族会、ケアマネージャー、ソーシャルワーカー、地域包括支援 ...
江蘇省が始めた高齢者・認知症患者の家族対象の「息抜きプログラム」とは―中国 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
記事はまず、「母親が認知症になって15年。付きっきりで睡眠も満足に取れない日々が続いている。夫は耐えきれず離婚してしまった」「母親は12年前から認知症で、父親も尿毒症になってしまった。もう疲れた」などと話す人々の声を紹介し、公的な介護サービスを利用するにも ...
介護ベッドに横たわる田中ハル子さん(94)にヘルパーの女性(51)が手をあて、姿勢を変える。隣室で見守る長女の佐藤英子さん(68)は「たくさん声をかけてくれて、母の表情も病院にいたときより明るくなりました」。しばらくして「あとはお願いします」と声をかけ、買い物に出かけた ...
行方不明の認知症高齢者を探す訓練を実施 | NNNニュース - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
NNNニュースは最新のニュースを24時間お伝えする日本テレビネットワーク各局のニュース専門チャンネルです。
認知症の症状には、脳が壊れて生じる「中核症状」と、生活環境や体調が影響して起きる「行動・心理症状:BPSD」とがあります。とくに中核症状のひとつ「記憶障害」は、認知症の顕著な症状として知られています。 誰にでも起こりうる正常な「もの忘れ」と認知症特有の「病的なもの ...
最近、よく耳にする言葉に「軽度認知障がい(Mild Cognitive Impairment:MCI)」があります。これは認知症の前段階で、認知症にはなっていないけれど、ものを覚える力や判断力、見当をつけることなどの認知力がいくらか低下している状態を指します。ひとりで生活できている人 ...
「療養病床の今後の方向」に関するアンケート調査結果について=独立行政法人福祉医療機構 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
療養病棟入院基本料2(医療療養2)の病床では、半数の病院が医療療養1を中心に医療機能を強化する方向での病床転換を予定しており、転換時期は今年度および来年度と回答した割合が半数を超えていました(65.9%)。一方で、転換先を「未定」とした病院のなかには、「報酬 ...
不明の認知症患者探せ、市民と行政が連携訓練 京都 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
向日市では市民ら約40人が7班に分かれて阪急東向日駅周辺の商店を回り、街をうろついている認知症患者の役を演じ、店主に対応を求めた。事前告知されておらず驚く店主もいたが、患者役に優しい口調で話し掛け、参加者から「本当に患者さんが来た時も、そのように対応し ...
総選挙、株式市場の勝ち組は育児・介護、防衛銘柄か-ゴールドマン ... - ブルームバーグ (媒体での記事掲載終了)
安倍晋三首相が総選挙で勝利すれば、株式市場での勝ち組は育児や介護サービス、防衛関連企業となるだろう。ゴールドマン・サックス・グループはこうみている。
知人の看護師から「金沢市内に、介護食を出す居酒屋がある」と聞き、足を運んでみた。場所はJR金沢駅から1.5キロほど。店名は「TsuBameyA(ツバメヤ)」という。「食物を咀嚼(そしゃく)して胃に送り込む」という意味の語句「嚥下(えんげ)」に「燕(つばめ)」という文字が使われて ...
認知症介護 悩み共有し制度利用を - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深めてもらおうと「認知症フォーラム」が、佐渡市中原のアミューズメント佐渡で開かれた。認知症の人と家族の会・前代表理事の高見国生さん(京都市)が講演し、「介護者に必要なのは、悩みを共有する仲間を持つことや介護保険のサービス利用だ」と訴えた。
厚生労働省の社会保障審議会医療部会(部会長;永井良三・自治医科大学学長)は10月5日、介護保険法改正で2018年度から創設される介護医療院の名称について議論、同省は法律上の名称と、看板などにどう掲示するかは分けて考えるべきと説明、看板には介護医療院の ...
ウベモクが県内初の大型機械3基導入 - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
同社ではここ数年、福祉施設、アパートなど大型物件の受注が増えており、施工能力が限界に近づいていたこと、さらに職人の高齢化が進み、今後、職人不足が予測されることから、大型投資による機械導入を決断した。 導入したのは、合板の切断・加工を行う合板加工機、3 ...
住民の高齢化と建物の老朽化が進んでいる大規模団地で近年、さまざまな高齢者サービスが生まれている。団地の一室に介護事業所を設けて地域の拠点になることを目指したり、まるごと一棟を高齢者住宅にリフォームしたり。かつて若い家族らで活気にあふれていた団地が、 ...
既存の病院・診療所が介護医療院へ転換した場合、都道府県への開設届出を行う際には「介護医療院」の文字を含めた名称を用いることが必要です。一方、看板など「表記 ...
介護業界西日本最大級のBtoB展示会「第2回CareTEX関西2017」セミナー登壇、BCC 代表取締役社長 兼 日本アクティブコミュニティ協会理事 伊藤一彦 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
レクリエーション介護士制度*1を手掛けるBCC株式会社(本社:大阪市西区、以下当社)の代表取締役社長 伊藤 一彦は、2017年10月18日(水)から10月20日(金)にかけて開催される、介護業界西日本最大級のBtoB展示会「CareTEX関西2017」内の専門セミナーに登壇 ...
最上級クラブフロアご利用プランに新たな特典 『2018年京王プラザホテルのお正月宿泊プラン』 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
また、ホテル館内のバリアフリー対応がソフト・ハードともに整っている点などがご好評を博し、毎年約600組のお客様にご利用いただいている人気宿泊プランです。 三世代でご利用いただくケースも多く、小さなお子様からご高齢のお客様まで幅広く、そして長期のご滞在でも飽きずにお過ごしいただけるよう、様々な ...
介護職の人手不足は「IoT」で解消できる - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の人材が不足している。リハビリのプロなど専門職は病院に遍在しており、介護業界には少ない。介護の生産性を上げるにはどうすればいいか。ひとつのヒントが「IoT」の活用だ。これまで技術革新では「ロボット」に注目が集まってきたが、センサーをネットでつなぐ「IoT」で、 ...
最上級クラブフロアご利用プランに新たな特典 『2018年京王プラザホテルのお正月宿泊プラン』 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
また、ホテル館内のバリアフリー対応がソフト・ハードともに整っている点などがご好評を博し、毎年約600組のお客様にご利用いただいている人気宿泊プランです。 三世代でご利用いただくケースも多く、小さなお子様からご高齢のお客様まで幅広く、そして長期のご滞在でも飽き ...
介護職の人手不足は「IoT」で解消できる|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の人材が不足している。リハビリのプロなど専門職は病院に遍在しており、介護業界には少ない。介護の生産性を上げるにはどうすればいいか。ひとつのヒントが「IoT」…
2017年10月04日()
来年度に控える同時改定に向けて、介護報酬の引き上げを求める業界の署名運動が始まった。広く協力を呼びかけているのは、全国老人保健施設協会や全国老人福祉施設協議会、日本介護福祉士会など9団体。中心的な役割を担う全老健は、「加わってくれる団体をさらに ...
財務省の「財政制度等審議会」は4日に分科会を開き、今後の社会保障制度の改革をめぐって意見を交換した。 財政制度分科会(平成29年10月4日開催)資料一覧 高齢化 ...
多くの高齢者は、健康な状態からいきなり寝たきり(要介護状態)になるわけではなく、「フレイル」という段階を経ると考えられている。 フレイルとは「虚弱」を意味する英語が由来。加齢によって、体の環境を快適な一定の状態に保つ働き(恒常性維持機構)が低下したため、 ...
アマノが新中計 介護浴槽の開発体制強化 売上高60億円目指す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護用浴槽製造販売のアマノ(磐田市)は、2017年度から3カ年の新中期経営計画を策定した。開発やメンテナンスの要員を増やして製品・サービスの品質向上を図り、17年6月期に51億円だった売上高を、20年6月期に60億円に高める。今後増加が予想される介護・医療施設 ...
一人ひとりの障がい特性に合わせた仕事づくりに奔走し、「食品廃棄×冷凍ロールケーキ」「高齢者×お墓参り代行」「大学の資料×スキャン」など、新しい発想で工賃向上に貢献。2014年には大阪・淀屋橋に「オフィス街のランチカフェ×障がい者福祉施設」をテーマにした、就労継続 ...
昔の写真や道具から当時を思い出し、語ることで認知症の予防につなげる「回想法」を富士見町内で普及しようと、町社会福祉協議会が、富士見高原病院、有識者らの協力で町オリジナルの「回想法セット」作りに取り組んでいる。 お年寄りが楽しく取り組みやすいとして、町社協 ...
認知症の人支援、自治体が動く 医師や市民団体が連携|健康・医療 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や、その疑いのある人を支援しようと、自治体が独自の取り組みを進めている。京都府は昨年から、初期から軽度の認知症の人を、医療から生活まで総合的に ...
認知症の人や、その疑いのある人を支援しようと、自治体が独自の取り組みを進めている。京都府は昨年から、初期から軽度の認知症の人を、医療から生活まで総合的に ...
認知症の人や、その疑いのある人を支援しようと、自治体が独自の取り組みを進めている。京都府は昨年から、初期から軽度の認知症の人を、医療から生活まで総合的に支援する「リンクワーカー制度」を立ち上げた。北九州市は医師や市民団体などが連携して支援する「ワンス ...
九州北部豪雨3か月 避難者の半数は高齢者 巡回を強化 - NHK (媒体での記事掲載終了)
このため地元の自治体は、高齢者の1人暮らしや夫婦だけで暮らす世帯を中心に、保健師や社会福祉士の資格をもつ地域包括支援センターの職員を巡回させ、健康状態や生活状況を把握する活動を強化しています。 朝倉市の委託を受け仮設住宅を巡回する「南陵・十文字地域 ...
財政審分科会 3年間で自然増1.5兆円圧縮は堅持 診療報酬・薬価改定で更なる深堀も - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
社会保障関係費については、16年度から18年度までの3年間を集中改革期間と位置づけ、高齢化に伴う自然増を1.5兆円に抑制する方針を堅持する方向だ。18年度予算編成では、自然増6300億円を5000億円に圧縮するため、1300億円分を診療報酬・薬価改定などで対応する考えが浮上している。財務省の阿 ...
やりがいは「ありがとう」 | 平塚 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
平塚市内の高齢者施設などでボランティア活動をするとポイントが与えられ、その獲得数に応じて交付金や商品がもらえる「ひらつか元気応援ポイント」事業。この活動に参加 ...
住んで実感「いきいき自適」 | 青葉区 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
人生90年、元気に楽しく暮らしたい…。そんな「生き生き自適」な生活を望むシニア世代の人に参考にしてほしいのが、積水ハウスグループのサービス付き高齢者向け住宅 ...
地域で支える高齢者 | さがみはら南区 | タウンニュース - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の現場では今、地域の人材が求められています。今回の特集では、共に働くスタッフを募集している介護施設を紹介。主役は「あなた」、地域のチカラを福祉に活かしてみ ...
住んで実感「いきいき自適」 グランドマスト町田 「空家のままの実家」「相続させたい土地」どうする 11月1日、古淵にグループホーム開所 「腰部脊柱管狭窄症について」 女性 ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
人生90年、元気に楽しく暮らしたい…。そんな「生き生き自適」な生活を望むシニア世代の人に参考にしてほしいのが、積水ハウスグループのサービス付き高齢者向け住宅 グランドマスト町田。「引っ越す前より元気になった」という声があるなど、健康で自由な暮らしを叶える住まい ...
VRで認知症体験社会 認知症への理解訴えリレー 「忘れられない大会に」 第3、4話を配信 秋の木の実でリースつくり 手を繋ぎゆっくりと まちかど博物館めぐり 介護の ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症」をテーマにした今回の健康塾では、区における「認知症初期集中支援チーム」体制や訪問看護などについて専門の医師と看護師が講演。講演会前の正午から1時までVRの技術を活用し認知症の中核症状を疑似的に体験することで、新たな寄り添い方を見つけるヒントを ...
「認知症患者の思い大切に」 社会 前職、新人が戦う構図に 交通安全、絵で呼びかけ 「お月見」身近に感じて スポ・レクを体験 長屋門公園で作品展 終末期ケアの在り方とは ... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症患者との接し方を学ぶ講座「認知症の理解と関わり・私たちに出来ること」が10月28日(土)、軽費老人ホーム睦荘(阿久和東3の55の1)で開かれる。 認知症について理解して接することで、患者と介護者がともに笑顔になろうという講座。睦荘と阿久和地域ケアプラザが ...
食べやすい介護食=クリニコ - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
森永乳業グループのクリニコ(東京)は、高齢者が食べやすい介護食「やわらか亭 親子丼/しょうが焼き丼/角煮丼」を通信販売中心に発売。柔らかく炊いた1食分のご飯と煮込んだ具材をセットにした。家庭のほか、医療・介護施設でも利用できる。柔らかさと見栄え、おいしさを ...
改正育児・介護休業法施行 育児休業、DCMは3年に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
子供が2歳になるまで育児休業が取れるようになる改正育児・介護休業法が1日に施行され、企業の対応が相次いでいる。ホームセンター最大手のDCMホールディングスは最長3歳まで取得を認め、期間を2倍にする。KDDIは正社員と非正規社員の待遇差があった育休制度の ...
ただのもの忘れ?認知症の始まり? 違いや特徴の見分け方 - エキサイト ... - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状には、脳が壊れて生じる「中核症状」と、生活環境や体調が影響して起きる「行動・心理症状:BPSD」とがあります。とくに中核症状のひとつ「記憶障害」は、認知 ...
ただのもの忘れ?認知症の始まり? 違いや特徴の見分け方 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状には、脳が壊れて生じる「中核症状」と、生活環境や体調が影響して起きる「行動・心理症状:BPSD」とがあります。とくに中核症状のひとつ「記憶障害」は、認知症の顕著な症状として知られています。 誰にでも起こりうる正常な「もの忘れ」と認知症特有の「病的なもの ...
【10月10日は「転倒予防」の日!】転倒危険度評価システム「Step+」にデュアルタスク能力を向上するトレーニング機能をプラス - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
株式会社日本シューター(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:新井 秀明)は、高齢者の寝たきり化につながる転倒事故の抑止のため、転倒リスクを評価して転倒予防の意識啓発を促す製品「転倒危険度評価システム『Step+(ステッププラス)』」に、新たに「トレーニング機能」 ...
障害の妹殺害した介護の兄、懲役12年 岐阜地裁 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
岐阜県海津市で平成28年3月、自宅に火を付けて全焼させ、同居していた障害のある妹=当時(56)=を焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火などの罪に問われた無職、野村裕被告(59)の裁判員裁判で、岐阜地裁は4日、懲役12年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した ...
株式会社日本シューター(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:新井 秀明)は、高齢者の寝たきり化につながる転倒事故の抑止のため、転倒リスクを評価して転倒予防の意識啓発を促す製品「転倒危険度評価システム『Step+(ステッププラス)』」に、新たに「トレーニング機能」 ...
愛有会(東村山市)は、東村山市内で運営する久米川病院の機能を一部転換し、既存施設を移転する格好で「介護老人保健施設 久米川」を整備する。施設整備に対する東京都の補助内示を得たことから今後、施工者の選定作業などを進め、2019年10月の開設を目指す。
学研グループの中で、シニア向けサービスや保育事業担当として学研ココファンホールディングスがあり、その中で当社は高齢者向け住宅の開発と運営を担当しています。サービス付き高齢者向け住宅だけでいうと90棟4914戸、有料老人ホームも合わせると110棟5403戸運営し ...
高齢で寝たきりなどになって健康寿命は短くなるが、「まだ先の話」と思う人もいるだろう。ところが、中年期からその道筋をつけてしまうことがある。 厚労省の調査結果によれば、要介護が必要になった原因の第1位は認知症、第2位は脳血管疾患、第3位は高齢による衰弱。
地域における医療・介護・健診に関する個々の施策は、国民健康保険、後期高齢者医療広域連合、介護保険広域連合、県庁をはじめとする複数の異なる制度や組織がそれぞれ担っていることから、従来、自治体において医療・介護・健診を一体的に捉えて分析し、施策の立案に ...
近年は、認知症の人はあてもなくさまよっているのではないという理解が広まってきて、「徘徊」というのは正しくない、呼び方を変えようという動きがみられます。「認知症の人のお出掛け」とか「一人歩き」とかを使っている場合もありますが、いまひとつぴったりの言葉が見つかってい ...
週刊朝日ムック「腰痛 肩こり ひざ痛のいい病院 首・股関節の病気も解説」10/6発売 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
体の痛みやこりは、放置すると寝たきりの原因にもなる切実な問題だ。2016年の「国民生活基礎調査」では、自覚症状がある病気やけがのうち、男女ともに腰痛と肩こりが2トップを占めており、「どうせ治らない」と諦めている人も多いだろう。週刊朝日MOOK「腰痛 肩こり ひざ痛のいい病院 首・股関節の病気も解説」は、運動 ...
重傷女性死亡、司法解剖へ 岐阜の介護施設5人死傷 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」で高齢入所者5人が相次いで死傷した問題で、あばら骨を折る重傷を負った女性(92)が4日までに老衰のため自宅で死亡 ...
地元の住民自治協議会と地域づくりに取り組む広島国際大学の学生が高齢者を支援・交流 -- 「地域がキャンパスin黒瀬」 - 大学プレスセンター (媒体での記事掲載終了)
地域がキャンパスin黒瀬」は、同協議会と同大医療福祉学科の学生が2015年に設立。福祉・介護・保育の観点から地域のあり方を考え、高齢者を対象にした取り組みのほか、児童や乳幼児向けのイベント、健康や福祉をテーマにしたお祭りへのブース出展などを企画・運営し、 ...
あなたの周囲に、介護のために仕事をやめたという人はいないでしょうか。40歳を過ぎると急速に身近な問題になってくるのが親など家族の介護。最近は晩婚・晩産化が進んだため、育児をしながら介護もする「ダブルケア」を迫られる人も増えています。訪問介護サービス会社を ...
障がい者や高齢者らの支援を行う特定非営利活動(NPO)法人バリアフリーネットワーク会議は3日、沖縄県工業技術センターや静岡県の伊東産業と協力して、高温対策の施された優先駐車場の開発に成功したと発表した。障がい者や高齢者、妊婦などが利用する優先駐車場 ...
高齢者の入院は“せん妄”(意識混濁)から寝たきりになる可能性があるので、しないに越したことはないと前回、説明した。病院もただ手をこまねいているわけではない。 消化器外科医でもある田無病院(東京都西東京市)の丸山道生院長が語る。 「ある程度の規模の病院であれ ...
高齢者の栄養状態把握へ 掛川、国際研究チームが実証実験 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京工業大や早稲田大、スウェーデンの企業などでつくる国際共同研究チームが、食事介助ロボットと食べ残し量の記録分析ソフトを組み合わせて高齢者の栄養状態を把握するシステムを開発するため、掛川市の福祉施設で実証実験を始める。チーム代表の西條美紀東工大 ...
さいたま市は7日と21日、災害時に一般の避難所では生活が困難な高齢者や障害者などを受け入れる福祉避難所の開設訓練を初めて実施する。熊本地震で福祉避難所の受け入れ準備が難航したことを踏まえ、施設への受け入れ要請や避難者の移送などの流れを確認。
2017年10月03日()
<届かぬ声 置き去りにされた有権者>(上) 郵便投票制度 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
政権維持のため電撃解散に打って出た安倍晋三首相。だが、最も政治の手を必要とする当事者は、またも置き去りにされようとしている。投票する権利も意思もあるのに、高齢などで心身が弱り、投票できなくなった有権者たちだ。郵便で投票する制度があるが実際にはハードルは ...
「超高齢社会」乗り越える技術-老老介護時代の「車いす」 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了)
段差解消のための数メートルの緩やかなスロープも高齢者が介助用車いすを押すのは大きな負担で、緩やかな下り坂でも高齢者が車いすのスピードを抑えることは想像以上の力を要するからだ。 高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。高齢者の自立支援 ...
あなたの周囲に、介護のために仕事をやめたという人はいないでしょうか。40歳を過ぎると急速に身近な問題になってくるのが親など家族の介護。最近は晩婚・晩産化が進んだため、育児をしながら介護もする「ダブルケア」を迫られる人も増えています。訪問介護サービス会社を ...
虚弱な高齢者の自立的な生活を促す国際共同研究プログラムの実証研究が、掛川市の福祉施設などで始まった。日本食に合った食事介助ロボットを開発し、食事の量や栄養の偏りなどが確認できる遠隔操作システムを構築する。東京工業大とスウェーデンの福祉機器メーカー「 ...
音声対話ロボットの差別化が進んでいる。日立製作所やパナソニックは、高齢者や幼児を対象とした対話ロボットを開発。ユカイ工学(東京都新宿区)は“心遣い”ができ音声認... (残り:696文字/本文:776文字). (2017/10/4 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録( ...
政権維持のため電撃解散に打って出た安倍晋三首相。だが、最も政治の手を必要とする当事者は、またも置き去りにされようとしている。投票する権利も意思もあるのに、高齢などで心身が弱り、投票できなくなった有権者たちだ。郵便で投票する制度があるが実際にはハードルは ...
認知症に理解の深い地域づくりを目指し、県はこのほど「あいちオレンジタウン構想」をまとめた。県によると、認知症について町づくりの観点で対策を進めるのは、全国でも珍しいという。 オレンジタウン構想は大府市と東浦町全域が対象。同地域には国立長寿医療研究 ...
東区に認知症カフェ開所 多々良公民館 専門家相談や情報提供 [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族などが気軽に訪れることができる「認知症カフェ」が福岡市東区でオープンした。特別養護老人ホームいきいき八田や、たたらリハビリテーション病院など区内の11団体が連携して取り組む事業。多々良公民館(多々良1丁目)で毎月第4土曜の午後2~4時に ...
だんじりが盛んな大阪府泉大津市で、参加者が「認知症サポーター」になる動きが広がっている。祭りで培われた地域のつながりを、認知症の人の支援にいかす取り組みだ。7、8日の本祭りには、サポーターの証しであるオレンジ色の腕輪をつけ、意気込みをアピールする。
【利用者が急増中】放課後等デイサービスのプログラム内容とは? - GIRL'STALK (媒体での記事掲載終了)
老人介護のケアマネージャーのような立場で、研修を経て都道府県から資格を交付され、児童一人ひとりに対する個別支援計画を作成する人です。 児童発達支援管理者は、養護学校で進路指導や教育相談の実務経験を積んだ人もいます。 放課後等デイサービスの注意点
生活クラブ共済連が「生活クラブ福祉事業基金」を創設 「たすけあい」のこころを福祉事業の拡充に活かします - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
生活クラブ共済事業連合生活協同組合連合会は、生活クラブグループの各団体が取り組む福祉事業の拡充のために、必要な資金を助成する「生活クラブ福祉事業基金」を創設し、2017年8月から基金への寄付の呼びかけを始めました。共済事業と福祉事業のつながりを目にみえる形にして、共済ならではの価値を ...
【国際福祉機器展2017】気分は送迎車!? トヨタが快適なお出かけをサポートする「サポトヨプラス」の新用品を出展!! - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
助手席や運転席、運転席側のスライドドアでは点灯しないとのことで、その理由を伺ったところ、高齢者の送迎時に乗り降りに時間がかかるので、後続車に乗降中というお知らせをする必要があるということで開発されたアイテムなので、主に高齢者の送迎時に使われる助手席側の ...
公園は遊ぶためだけの場所じゃない!? 健康や防災に役立つ遊具って? - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
市の高齢福祉課によると、誰でもゲーム感覚でチャレンジできる遊具を設けたそうで、実際に使った高齢者からもいい運動になると好評のようです。 また兵庫県三田市も、公園に健康遊具を設けています。三田市は、80年代後半から90年代後半にかけて、10年連続で人口増加率 ...
この日、市民病院で行われた開所式では、高橋正樹市長が「総合医療能力を発揮し、認知症になっても安心して暮らせるようにお願いする」と式辞。遠山一喜院長は「認知症を地域で見守る医療とネットワークが大事」と、センターの役割を重視した。根上センター長は「正しく鑑別 ...
【国際福祉機器展2017】気分は送迎車!? トヨタが快適なお出かけをサポートする「サポトヨプラス」の新用品を出展!! - Autoblog 日本版 (媒体での記事掲載終了)
助手席や運転席、運転席側のスライドドアでは点灯しないとのことで、その理由を伺ったところ、高齢者の送迎時に乗り降りに時間がかかるので、後続車に乗降中というお知らせをする必要があるということで開発されたアイテムなので、主に高齢者の送迎時に使われる助手席側の ...
認知症支援へ声聞いて 患者急増、選挙機に議論を - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
神戸市によると、同市の認知症高齢者は2016年度末時点で約4万6千人となっており、65歳以上の約1割を占める。25年には約6万人に増え、認知症予備軍といわれる「軽度認知障害」の約6万人を含めると合計で約12万人になる見込み。同市高齢福祉部の松原雅子担当 ...
カナミックネットワーク<3939>は2日、同社が提供する「カナミッククラウドサービス」において、Tポイントを貯めることができる新サービスの提供を開始したと発表。医療・介護分野において、Tポイントを活用できるクラウドサービスの提供は初の試みとなる。「カナミッククラウド ...
認知症理解へリレー 208人力走 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症でも安心して暮らせる地域づくりを訴えながら日本列島を縦断する駅伝「RUN伴(とも)」の魚沼エリアのリレーが、十日町市などで開かれた=写真=。認知症の当事者や福祉関係者ら208人が、ゴールの十日町市本町2の「分じろう」を目指し力走した。 RUN伴は2011年 ...
介護施設で茶に睡眠薬、被告に有罪判決 保護観察付き - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県東海市の介護施設で昨年12月、茶に睡眠薬を入れて従業員10人を体調不良にさせたとして、傷害の罪に問われた元従業員高屋律子被告(51)=同市=の判決公判が3日、名古屋地裁であった。山田耕司裁判官は懲役2年6カ月保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役2 ...
光文社の女性月刊誌「美ST」は、「第8回 国民的美魔女コンテスト」の結果を発表。ケアマネージャーとして働きながら、2人のお子さんを育てる村田優美さん(大阪府)が第8代グランプリに輝きました。 「第8回 国民的美魔女コンテスト」最終選考会は9月29日(金)に丸ビルホール& ...
「茶に睡眠剤」介護施設元従業員に有罪判決 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県東海市の介護施設で従業員用のお茶に睡眠導入剤が混入された事件で、傷害罪に問われた同施設の元従業員、高屋律子被告(51)の判決が3日、名古屋地裁であった。山田耕司裁判官は同被告に懲役2年6月、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を ...
中高年の多くが直面するのが、高齢になった親の健康問題だ。中でも「寝たきり」は、親本人はもちろん家族もできる限り避けたい状態である。防ぐために、本人や家族ができることは何か。近年明らかになってきた老年医学の専門医から、親や将来の自分を守るための、健康寿命 ...
お茶に睡眠薬混入、介護施設元従業員に有罪 待遇に不満持っての犯行 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
愛知県東海市の介護施設で昨年12月、お茶に睡眠導入剤を混入、従業員10人を薬物中毒にさせたとして、傷害の罪に問われた同市の元従業員高屋律子被告(51)に ...
「超高齢社会」乗り越える技術-老老介護時代の「車いす」 - 株式会社ニッセイ基礎研究所 (媒体での記事掲載終了)
高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。高齢者の自立支援型、介助支援型、コミュニケーション型などさまざまな用途の製品が開発され、AIを活用した認知症対応のセラピーロボットなどもある。少子化と人口減少をともなう超高齢社会を乗り越えるには、 ...
医療・介護の現場で患者や高齢者、スタッフのケアに当たる専門僧侶「ビハーラ僧」を育てようと、浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)は2日、京都市下京区の同派施設「伝道院」で養成研修を始めた。僧侶6人が受講し、現場で必要になる知識や技能を約4カ月間かけて学ぶ。
2017年10月02日()
二〇一三年に伊豆大島を襲った台風の土砂災害をきっかけに、翌年スタートした埼玉県の高校生による宿泊ボランティア体験が、同島で行われた。参加した高校生からは「災害の歴史や人との関わりの大切さを学べた」「生涯忘れることのできない三日間になった」などの感想が ...
遠距離介護を支えてくれるのは、ICT機器を中心とする便利グッズなのですが、購入しても、母が使いこなせなかったり、身に付けてくれなかったりして、結果的に役に立たなかったものもたくさんありました。 代表格は、携帯電話です。行動を監視されているようで持ちたくない――。
若い方はそうなのでしょうが、高齢者は入院によってかえって健康状態を悪くさせてしまうことがある。安易な入院は控えようと思いました」(同) 入院することで、寝たきりになる、認知症が進む、骨粗しょう症になる、心臓や肺の機能が弱る、介護度が上がるなど、高齢者の場合、 ...
介護で「ちょこっと就労」を 福井県、高齢者に呼びかけ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
慢性的な人手不足に悩む介護現場で就労意欲のある元気な高齢者に短時間就労してもらおう-と県は「ちょこっと就労」として、就労希望者を募集している。県長寿福祉課は「高齢者の働き口や、やりがいなどにつながる一方、手伝うことで施設の介護職員の負担軽減にもなる。
「未病」に効くIoT、徘徊運転や認知症を検知 :日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症、熱中症、徘徊運転、介護疲れ、睡眠負債──。日本の医療費はついに40兆円の大台を超え、今も膨らみ続ける。高齢化社会を迎え、費用と介護の両面で働き盛り ...
介護効率化“待ったなし” 介護従事者不足で、製品・サービスに知恵 - ニュースイッチ Newswitch (媒体での記事掲載終了)
介護機器や福祉機器各社が、要介護者の自立支援や介助者の負担軽減につながる製品・サービスに知恵を絞っている。高齢化の進展で介護需要の増加が見込まれるものの、労働力人口の減少や離職率の高さから介護現場の人手不足は深刻だ。介護の効率化は“待ったなし” ...
高齢者の買い物支援の一環として町内店舗の出張販売も取り入れる。 開設した建物は旧恋月荘の西棟(平屋建て約570平方メートル)で、このうちの一部を富士見高原医療福祉センターから借りた。平日の午前9時~午後4時開所し利用は無料。町が同医療福祉センターに委託 ...
TDKとトーカイ、医療・介護向け遠隔モニタリング - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
TDKはトーカイが取り組んでいる医療・介護向けバイタル情報の24時間遠隔モニタリングシステムに対して、リストバンド型ウエアラブル端末(製品名:SilmeeW20)ならびに通信機器(製品名:SilmeeL10)で使われるセンサーデバイスを提供する。さらに、医療関係者向けデータ ...
たすきつなぎ認知症啓発 宝塚で21日「RUN伴」 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を広く知ってもらおうと、患者や家族、支援者、一般の人がたすきをつないで日本を縦断するイベント「RUN伴(ランとも)2017」に、兵庫県宝塚市の市民グループが加わり、21日に市内でもイベントが開かれる。「認知症は特別なものではない。互いのことを知れば、 ...
Yes!高須まつりに潜入!あの超有名医師にお会いしてきた - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
関連施設には介護老人保健施設や居宅介護支援事業所など、高齢者の介護支援を展開している『医療法人社団福祉会』の中核病院です。ところで皆さん、『Yes!高須』と言えば……そう、高須クリニックですよね。CM効果で高須クリニックの知名度は抜群、高須克弥医師は美容 ...
介護機器や福祉機器各社が、要介護者の自立支援や介助者の負担軽減につながる製品・サービスに知恵を絞っている。高齢化の進展で介護需要の増加が見込まれるものの、労働力人口の減少や離職率の高さから介護現場の人手不足は深刻だ。介護の効率化は“待ったなし”.
若い頃絶対に相容れないと思っていた、『俺に似たひと』のために、仕事帰りにスーパーでとんかつを買い、『風呂はいいなあ』の言葉を聞きたくて入浴介助を続けた――。2009年の暮れから11年6月までの1年半、ほぼ単身で父親の介護をした日々を『俺に似たひと』として上梓した ...
大津市民病院、介護施設廃止へ 赤字続きで来年3月 : 京都新聞 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
地方独立行政法人の市立大津市民病院は2日、運営する介護老人保健施設「ケアセンターおおつ」(同市本宮2丁目)を来年3月末で廃止する、と発表した。赤字体質が改善 ...
大津市民病院、介護施設廃止へ 赤字続きで来年3月 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
地方独立行政法人の市立大津市民病院は2日、運営する介護老人保健施設「ケアセンターおおつ」(同市本宮2丁目)を来年3月末で廃止する、と発表した。赤字体質が改善されず、民間施設でも代替可能として、昨年度までセンターを運営していた市が判断した。54人いる入所者 ...
年金支給開始、70歳超も可能に=高齢社会対策で提言-内閣府検討会 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
内閣府の有識者検討会は2日、高齢社会に対応した社会保障制度の在り方に関する報告書をまとめた。高齢者の就業意欲を高めるため、公的年金の支給開始年齢を70歳より後にできる制度を取り入れるよう提言した。厚生労働省など関係省庁と協議した上で、年内にも「高齢 ...
Yes!高須まつりに潜入!あの超有名医師にお会いしてきた - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
愛知県西尾市。抹茶の産地としても有名なこの田舎町、実は知らない人はいないくらい超有名人のゆかりの土地だったりします。 西尾市には高須病院という地域密着型の総合病院があります。関連施設には介護老人保健施設や居宅介護支援事業所など、高齢者の介護支援を ...
持ち家である自宅を担保に金融機関から融資を受けられるリバースモーゲージは、超高齢化が進む日本において老後資金の生活費や有料老人ホームの入居費用などに活用できる資金調達方法として注目されている。一方で、利用期間が長期間である ... 同信用金庫のリバースモーゲージを不動産担保ロー ...
高齢者の限定免許など検討=有識者ら分科会が初会合-警察庁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
成功17事例で学ぶ自治体PR戦略 ―情報発信でまちは変わる』好評発売中! 【新刊】: 社団法人・地方行財政調査会の「全国知事・市町村長ファイル2017-2018」発売開始! 【専門情報誌】: 教育・福祉・地方行政・税務・ビジネスの最前線にいるあなたに新聞が書かない情報を!
と話していた。 日本整形外科学会のウェブサイトによると、大腿骨頚部骨折は、骨粗鬆(しょう)症で骨がもろくなった高齢者に多発する。日本国内では年間十数万人を数え、「多くの方が骨折を契機に寝たきり、閉じこもりになってしまうので社会問題となっています」と指摘している。
光文社の女性月刊誌「美ST」は、9月29日(金)に丸ビルホール&コンファレンススクエアで『第8回 国民的美魔女コンテスト』最終選考会を開催し、ケアマネージャーとして働きながら、2人のお子さんを育てる村田優美さん(大阪府)を第8代グランプリに決定いたしました。 第8代 ...
金融機関との提携によるリバースモーゲージ保証業務開始のお知らせ - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
持ち家である自宅を担保に、金融機関から融資を受けられる制度であるリバースモーゲージは、超高齢化が進む日本において、老後資金の生活費や有料老人ホームの入居費用など様々な使途に活用できる資金調達方法として、1981年に東京都武蔵野市が国内で初めて導入して以降、公的年金への信頼低 ...
光文社の女性月刊誌「美ST」は、9月29日(金)に丸ビルホール&コンファレンススクエアで『第8回 国民的美魔女コンテスト』最終選考会を開催し、ケアマネージャーとして働きながら、2人のお子さんを育てる村田優美さん(大阪府)を第8代グランプリに決定いたしました。
『第8回 国民的美魔女コンテスト』2人のお子さんを育てるケアマネージャー美魔女、村田優美さんがグランプリに決定! - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
光文社の女性月刊誌「美ST」は、9月29日(金)に丸ビルホール&コンファレンススクエアで『第8回 国民的美魔女コンテスト』最終選考会を開催し、ケアマネージャーとして働きながら、2人のお子さんを育てる村田優美さん(大阪府)を第8代グランプリに決定いたしました。
社会福祉法人 吉祥会 特別養護老人ホーム 寒川ホーム(理事長:三澤 京子)と株式会社 明治(代表取締役社長:川村 和夫)の共同研究グループは、OLL1073R-1株で発酵したヨーグルトの長期摂取により、アンケート調査からは高齢者施設の入居者、施設職員の健康状態が ...
社会福祉法人 吉祥会と株式会社 明治の共同研究グループは、OLL1073R-1株で発酵したヨーグルトの長期摂取により、アンケート調査からは高齢者施設入居者、施設職員 ...
金融機関との提携によるリバースモーゲージ保証業務開始のお知らせ - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
持ち家である自宅を担保に、金融機関から融資を受けられる制度であるリバースモーゲージは、超高齢化が進む日本において、老後資金の生活費や有料老人ホームの入居費用など様々な使途に活用できる資金調達方法として、1981年に東京都武蔵野市が国内で初めて導入して以降、公的年金への信頼低 ...
スターツコーポレーション(東京都中央区)は高齢者向け施設住宅の紹介サービス『サードライフ』をフランチャイズ展開していくために、1日から加盟店となる不動産会社の受け付けを開始した。 加盟すると、全国2300件の施設情報と施設を紹介するための知識習得を本部が ...
高齢者だけでない単独世帯の「孤独死」の問題。急がれる総合的な防止対策 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
孤独死」の定義は明確でなく、全国を網羅した統計なども見当たらないが、東京都福祉保健局「東京都監察医務院」がまとめた資料によれば、東京23区内における「一人暮らしで65歳以上の人の自宅での死亡者数」は、2003年に1,451人だったが、その後はおおむね右肩上がり ...
日本バリアフリーダイビング協会は、1997年に法人格を取得し、公益財団法人日本障害者スポーツ協会に登録された団体として活動しています。沖縄での20回を数える全国大会の他に、山口県での14回にわたる中国大会、伊豆半島の伊東等を中心に開催される関東大会も18 ...
ANA、「赤い羽根 空の第一便」中央伝達式実施。全国の知事、市町村長に赤い羽根を届ける - トラベル Watch (媒体での記事掲載終了)
この運動は昭和22年(1947年)に『国民たすけあい運動』として開始されて以来、国民の皆さまの善意と助け合いの精神のもと、我が国の地域福祉の増進に大きく寄与してきました。 少子高齢化が進み、さまざまな福祉ニーズが顕在化しています。5月には子供、高齢者、障がい者 ...
埼玉県内の障害者入所施設で働く男性(42)が9月29、さいたま地方裁判所に労働審判の申し立てを行った。男性は、施設側が希望を無視したシフトでの勤務を命じ、それに応えられなかったことを理由に解雇を言い渡したのは不当だと訴えている。 代理人の指宿昭一弁護士 ...
【国際福祉機器展2017】カートにもなる!! 座って移動できる超小型電動パーソナルモビリティ「ILY-A」をアイシン精機が出展!! - Autoblog 日本版 (媒体での記事掲載終了)
お年寄りを含めたユニバーサルデザインという点では、座って移動できるメリットは大きい。 なお、この状態で座席に荷物を ... 高齢化社会でのパーソナルモビリティは重要な移動手段となることが想定できるので、一日も早い実用化を期待したい。 アイシン精機 公式サイト
50代の独身男が介護で家庭に入ると、どうなる?|ニフティニュース - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
わたしは科学技術が専門のフリーライターとしてこれまで仕事をしてきたのですが、ここ3年近く認知症の母の介護に関わって、仕事ができず収入がかなり落ち込んでいました ...
高齢者だけでない単独世帯の「孤独死」の問題。急がれる総合的な防止 ... - HOME'S PRESS(ホームズプレス) (媒体での記事掲載終了)
孤独死の増加が大きな社会問題となっている。高齢者の単独世帯が今後ますます増えることで孤独死問題の深刻化も懸念されているが、若い世代への対策が必要とする ...
自社及び提携セントラルキッチン(CK)をベースに、お取引先は小規模多機能事業所・デイサービス・グループホーム・有料老人ホーム・サ高住から特養・老健・200床クラスの病院さままで多種多様。 様々な施設さま・病院さまのスタイル合わせたサービスを展開。 最近ではCK ...
うつ病が認知症の発症リスクの増加に関連しているというデータについては、すでにいくつかの先行研究において示されています。今回の報告では、うつ病に対して用いられる抗うつ薬が、うつ病そのものや、その他の認知症リスクを上昇させる疾患とは独立して、認知症リスクに ...
頭と体を同時に使って運動することで認知症を予防する運動プログラム「コグニサイズ」が評判だという。英語の「コグニション=認知」と「エクササイズ=運動」を合わせた造語で、愛知県の国立長寿医療センターが開発した。県内では浦添市の名嘉村クリニックがことし2月から ...
介護研修のマナビタ!オンライン講座と連動したeラーニング機能を追加。受講成果の把握を容易に。 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
900以上のオンライン講義にeラーニングが追加!研修の理解度も簡単に把握! 株式会社オーボックス(代表取締役社長 片貝浩樹) は2017年10月3日より、介護研修のマナビタ!に、オンライン動画と連動したeラーニング機能を追加し、これまで把握が難しかったオンライン講義 ...
また介護職員などの勤続年数が長いこと、ベテランと若いスタッフがバランスよくそろっていることが望ましいと考え、見学の際には質問しました。離職率が高い施設ということは働きにくいということであり、慢性的な人手不足になるようでは困るからです。また、スタッフの方が変わっ ...
認知症の人や、その疑いのある人を支援しようと、自治体が独自の取り組みを進めている。京都府は昨年から、初期から軽度の認知症の人を、医療から生活まで総合的に支援する「リンクワーカー制度」を立ち上げた。北九州市は医師や市民団体などが連携して支援する「ワンス ...
2017年10月01日()
現場で実習生を教える指導員のうち1人は、より高度な知識・技術を備えた者としなければいけない −− 。そんな要件も記載した。介護福祉士や看護職に加えて、5年以上の経験を持ち「実務者研修」を修了した介護職員が該当するとしている。指導員に講習を受けてもらうことも ...
介護施設・事業所の経営は今後ますます厳しくなっていくのではないか −− 。そんな観測が一段と強まるなか、この分野に特化したM&Aの仲介に力を入れている企業がある。BtoBのサービス・福祉機器などの展示会「CareTEX」や介護用品のeコマースなどで知られるブティックス ...
日常生活や生き方を通して、お金の価値観を考えるきっかけになるような話題の本をMONEY PLUS編集部がピックアップ。書籍の担当編集者に読みどころやこだわり、制作 ...
福祉車両は、高齢者の介護だけでなく身体の不自由な人にも向けてさまざまなタイプがある。助手席や後部座席への乗り降りをサポートするシートを採用したモデルや、車いすのまま乗車できるようにしたミニバンが代表的だ。身体の不自由なドライバー向けに、乗り降りしやすくし、 ...
老朽化した温泉施設の活用アイデアを募集、射水市 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
富山県射水市は、天然温泉を利用した高齢者向けの保養施設である足洗老人福祉センターについて、民間事業者から意見を募集するサウンディング型市場調査を実施する。民間への売却を前提に、温泉資源を活用した新たな事業展開の可能性を把握したい考えだ。調査は11 ...
タイムス女性倶楽部の第42期5回目の講演会が30日、沖縄県宜野湾市内のホテルであり、ジャズシンガーの綾戸智恵さん(60)が母親の介護の話など、笑いを交えて紹介した。92歳の綾戸さんの母は認知症を患っているという。母との介護時の会話や病院でのエピソードなどを ...
もともとロコモティブシンドロームのテストは寝たきりや要介護状態を予防するために高齢者に行うものでしたが、まるのうち保健室でも調査をしてみたところ、20~30代女性の約3割がロコモティブシンドロームであることが分かりました」(細川さん). 今は女性も長く働くことを前提に ...
川中美幸最愛の母・久子さん死去 介護のため独立、最期みとる - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
所属事務所によると久子さんは14年に心筋梗塞で16時間に及ぶ手術を受けるなど、ここ数年入退院を繰り返すように。5月に入院した際に胃がんが見つかり、6月に退院して在宅介護に切り替えていた。 川中は3月、介護に注力することを理由に長年所属していた芸能事務所を ...
熊谷組、在宅向け介護ロボットに参入 自立歩行器5万台販売目指す - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
熊谷組は、在宅向けの介護ロボット事業に参入する。電動アクチュエーターによる立ち座り介助、転倒防止、バネによって体重を軽減する体重免荷という3つの機能をそろえた自立歩行支援機器「フローラ・テンダー」を開発。グループ会社のファテック(東京都新宿区)が同社の代理 ...
認知症になりにくい性格はのイメージ. 「誠実さ」が認知症に対して保護的に働くことが、複数の研究で示唆されている。米国・フロリダ州立大学のA. R. Sutin氏らは、「誠実さ」の特定の因子が認知機能障害に対し最も保護的であるか、これらの関連が患者… [続きを読む].
自分、あるいは家族が一定の年齢になると、老後の暮らしについて具体的に考えるようになる人も多いのではないでしょうか。内閣府の調査によれば、30年前に比べ、65歳以上のシニアで一人暮らしをしている人が7倍に増える一方、子どもと同居している人は4分の1に減少し、 ...
2009年の暮れから11年6月までの1年半、ほぼ単身で父親の介護をした日々を『俺に似たひと』として上梓した平川克美氏(文筆家、「隣町珈琲」店主)。前回、前々回の杉田かおるさんとの対談では、母を介護する女性×男性、の視点で語り合っていただいたが、今回は、男性が、 ...
介護現場 虐待・身体拘束の疑い3割 厚労省委託調査 : 日本経済新聞 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設の職員による高齢者への虐待や身体拘束が疑われる行為を介護相談員の33.1%が目撃していたことが、厚生労働省の委託調査で分かった。虐待が明確な事例は ...
医療や介護の需要も高まり、厚生労働省は「37万人の介護士が不足する」と試算。そのため、EPA(経済連携協定)締結国の介護士に在留資格を付与する形で、日本は労働力の受け入れを進めているそうだ。 この問題に対し、杉村が「ただ、外国の方に介護されたいですかねぇ?
物価上昇の背景と金融政策の影響 - Yahoo!ニュース 個人 (媒体での記事掲載終了)
8月の前年比が拡大した要因として、原油や液化天然ガスの価格が上昇し、電気料金と都市ガス代が値上がりしたこと、さらに高額療養費制度の見直しで70歳以上の高齢者の自己負担額が引き上げられたことなどが主な理由としている(NHK)。 原油価格の指標として使われて ...
... おり、認知症は2番目の多さとなっています。 現在、平均寿命が延びるとともに、こうした病気も増加する傾向にあり、ご本人の心身への負担だけにとどまらず、膨れ上がる医療費や社会福祉費の問題、不足する介護要員など、各方面への少なからぬ影響が懸念されています。
高齢ドライバーによる事故の防止が社会的課題となる今、大阪府医師自動車連は、認知症の状態や運転免許証の返納について理解を深める大阪府民講座「認知症と運転免許証」を開催、参加者を募集しています。日時内容は以下の通りです。
このままではなかなか普及させることは難しいと、現在、量産化に向けた技術開発に奮闘中とのことだ。「なんとか70万円程度に持って行きたい」と同社関係者と話し、今後は病院や福祉施設だけでなく、博物館や美術館、あるいは空港などで、足の弱った高齢者の移動手段として ...
スマート介護』は、プラスの社内カンパニーであるジョインテックスカンパニーが運営しているサービス。介護福祉施設において必要となるモノ・コト・サービスが、カタログ1冊に詰まったデリバリーサービスとなっている。2014年のサービス開始以来、登録施設数は拡大を続けて ...