介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2017年02月28日()
介護の実情 漫画で学ぶ 大学の講義で教材に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の壮絶さを真正面から描くのもこの作品の特徴。二巻では鹿雄さんが家中に排せつ物をもらしたり、意にそぐわないと人の腕に血が出るほどかみついたりする場面が出てくる。授業で学ぶ大平梨紗子さん(19)は「衝撃は大きいけれど、こういう事態も起こり得るんだと心構えに ...
順天堂大などはパーキンソン病の患者に食べ物などのにおいを嗅がせて、何のにおいか特定させる臨床研究を先月から始めた。嗅覚(きゅうかく)を鍛えれば、認知機能の改善が期待できるかもしれないという。非常勤助教の小川真裕子さんは「根本的な治療法がない中、症状を ...
閉経期のホルモン補充療法(HRT)がアルツハイマー病(AD)リスクを上昇させる、減少させるとの報告が複数存在し、一貫した結果が得られていなかった。このたび、新しい研究でHRTとADリスクに関連がなかったとの新しい結果が報告された。自己申告では長期HRTとADリスク ...
在宅医療充実「家で死にたい」尊重 第1景・超高齢社会(7) 社会 福井の ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
足の骨折や心不全が重なった小林香代子さん(88)=福井市=は、病院で寝たきりになった。意識はもうろうとし、流動食をスプーンで口に入れても脇からこぼれ落ちた。病.
鳥取・北栄町にラッピングタクシー 「コナンに会えるまち」宣伝 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
人気漫画「名探偵コナン」の原作者、青山剛昌さんの出身地・鳥取県北栄町に、コナンら登場人物などを描いたユニバーサルデザイン(UD)タクシーが登場した。「名探偵 ... UDタクシーは、高齢者をはじめ、車いすやベビーカーの利用者らを含め、だれもが利用しやすいタクシー。
病院の経営支援と介護施設運営を手がけるキャピタルメディカ(東京都港区)とスポーツクラブ運営のジェイアール東日本スポーツ(JRスポーツ、同豊島区)が、専門家の監修を基に認知症発症リスクの低減を目指すデジタルコンテンツプログラム「アタマカラダ!ジム」を共同開発 ...
介護保険のサービスと介護保険でないサービスを組み合わせて提供する「混合介護」の解禁が近づいて来た。2月21日に政府の規制改革推進会議が「公開ディスカッション」 ...
介護の実情、漫画で学ぶ 大学の講義で教材に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の壮絶さを真正面から描くのもこの作品の特徴。二巻では鹿雄さんが家中に排せつ物をもらしたり、意にそぐわないと人の腕に血が出るほどかみついたりする場面が出てくる。授業で学ぶ大平梨紗子さん(19)は「衝撃は大きいけれど、こういう事態も起こり得るんだと心構えに ...
【東北】仙台水産グループと青果、食肉卸による業務用生鮮商品展示会が2月22日、仙台卸商センター・サンフェスタで開催された。4回目で135社が出展。外食、ホテル・旅館、量販店、惣菜、老健介護施設など幅広いユーザー1056人が来場した。 グループ一押し商品、解凍、調理 ...
免許返納へ買い物送迎 県内初の高齢者向けサービス 曽於市 | 鹿児島の ... - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の買い物の機会を確保し、運転免許を自主返納しやすい環境をつくろうと、曽於警察署と曽於市内の社会福祉法人が連携し、市街地のスーパーに無料送迎する支援を ...
野村不動産が介護に参入 施設運営会社に出資 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
野村不動産ホールディングスは介護事業に参入する。介護施設を運営する非上場会社へ3月中に数億円出資。「プラウド」ブランドで展開する自社マンションの周辺に介護施設を開き、新築物件購入者に親族が優先的に介護施設へ入居できる特典などを付与する。 介護施設運営 ...
免許返納へ買い物送迎 県内初の高齢者向けサービス 曽於市 | 鹿児島の ... - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の買い物の機会を確保し、運転免許を自主返納しやすい環境をつくろうと、曽於警察署と曽於市内の社会福祉法人が連携し、市街地のスーパーに無料送迎する支援を ...
免許返納へ買い物送迎 県内初の高齢者向けサービス 曽於市 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の買い物の機会を確保し、運転免許を自主返納しやすい環境をつくろうと、曽於警察署と曽於市内の社会福祉法人が連携し、市街地のスーパーに無料送迎する支援を始めた。県内初の取り組み。28日に出発式があり、2地区の高齢者が買い物を楽しんだ。 曽於署の ...
滋賀県野洲市は28日、悪質な訪問販売や電話勧誘などを行っていた業者から消費者庁が押収した顧客名簿の提供を全国で初めて受けたことを明らかにした。同市は被害防止に向け、福祉関係者らと協力して名簿にある高齢者らを見守る事業を4月に始める。 消費者庁による ...
イヤなニオイにバイバイ!竹炭消臭敷パットが新登場しました。 (プレス ... - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
虎斑竹専門店竹虎より、竹炭消臭敷パットが新しく登場し販売が開始されました。寝たきりの高齢者がいるご家庭やペットと一緒に暮らす方に喜んで頂きたいと考えています。
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
介護事業所が不正受給=補助金など1億5千万円超-東大阪市 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
大阪府東大阪市の社会福祉法人「青山会」が運営する介護事業所が5年間にわたり、市の補助金など計約1億5690万円を不正に受給していたとして、市は28日、事業所の資格を3月31日付で取り消すと発表した。 問題になったのは東大阪市内の介護事業所「ハッピークラブ」。
医療・介護で1400億円抑制 17年度予算案、高齢者も負担増 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は2017年度予算案で社会保障費の伸びを約5000億円に抑制するため、一定の所得がある高齢者に医療・介護費の負担増を求める。高齢者を一律に優遇する仕組みの継続が難しくなったためだ。高齢化の進行で社会保障費は32兆4735億円と歳出総額の3分の1まで ...
生涯学習施設の高齢者福祉探る 川崎 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
生涯学習施設が高齢者福祉にどう連携・貢献できるかを考える「フォーラム&ワークショップ」が3月12日、武蔵小杉駅近くの中原区役所会議室で開かれる。川崎市市民ミュージアムの主催。 テーマは「ミュージアム・図書館・文化芸術×福祉がひらくユニバーサルな未来」。
なぜ今、混合介護の展開が必要なのか? 24日に都内で行った講演では、2025年以降に直面する本格的な超高齢社会に対応するためだと説明した。「財政の維持が困難になることは明らか」。そんな強い危機感から、思い切った改革に踏み出さなければいけないと感じている ...
認知症予防には、認知症になる手前の「軽度認知障害(MCI=Mild Cognitive Impairment)」の段階で見つけ、適切な対処をすることが有効であることをご紹介してきた。電話で、MCIの検査が受けられるサービス「あたまの健康チェック」(ミレニア (電)03・5695・3028)なども ...
2018年度から第7期介護保険事業(支援)計画がスタートするが、その作成においては、介護保険法改正などを踏まえ、「自立支援や重症化予防の目標を立てるとともに、 ...
最初に登壇したヘルスケアマーケット・ジャパンは、訪問介護を対象とした人材マッチングサービス「ユアマネージャー」を展開。ヘルパーが高齢者の自宅に出向いて介護する訪問介護において、同社は特に「非常勤・パート」のヘルパーをターゲットに人材マッチングを実施している。
介護保険事業計画で自立支援の目標設定を義務化 - 日経メディカル (登録) (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2月27日、社会保障審議会・介護保険部会で、第7期(2018~2020年度)介護保険事業(支援)計画の基本指針の構成案を示した。2018年度介護保険制度改正で導入が検討されている自治体の自立支援・重度化防止への取り組みに対する財政的インセンティブに ...
仕事一筋で頑張ってきて退職後に認知症になった60代の男性は「地域とのかかわり方が分からなかったが、妻に助けられている」、別の参加者からは「認知症は周りからマイナスイメージで見られていると思っていたが、同じ病気を抱える人とたくさん出会ったことで前向きに生き ...
千葉大学大学院薬学研究院の研究グループは、血糖値の調節や代謝を制御するインスリンを細胞内に伝える仕組み、インスリンシグナルと加齢による記憶力低下との関わり ...
日本は保育園も介護も人手不足が課題!連合が待機児童および介護問題の気づき動画を同時公開 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
また一方、高齢化もすごい勢いで進行しており、介護の仕事をしている人たちも不足しています。この動画では、保育士さんや介護の仕事をしている人たちの賃金が低いことを指摘し、改善していこうと訴えています。連合では、今後も「クラシノソコアゲ応援団!」キャンペーンを継続 ...
健康福祉センター完成 高齢者、子育て支援中核に 伊東市 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
伊東市が同市桜木町に建設していた市健康福祉センターが完成し、27日落成式を行った。供用開始は3月1日。高齢者の生きがいづくりや子育て支援などを推進する機能を集約していて、健康福祉活動の中核を担う役割に期待がかかる。 同市大原の保健福祉センターの老朽化 ...
介護する側、される側、どちらも初心者という困難をどう乗り越える? 介護 ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
[株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン]『ある日、突然始まる後悔しないための介護ハンドブック』を株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、 ...
介護する側、される側、どちらも初心者という困難をどう乗り越える? 介護 ... - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
... 『ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック』を株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、本社:東京都千代田区)より発売しました。
虎斑竹専門店 竹虎より、竹炭消臭敷パットが新しく登場し販売が開始されました。寝たきりの高齢者がいるご家庭やペットと一緒に暮らす方に喜んで頂きたいと考えています。
<台風10号半年>避難態勢 残るリスク - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
解体された高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の跡地。奥にあるのは介護老人保健施設「ふれんどりー岩泉」で、4月に運営を再開する=2月、岩手県岩泉町. 岩手県沿岸を襲った台風10号豪雨から28日で半年となる。県内で21人が死亡、2人が行方不明となった災害の爪痕は、 ...
イヤなニオイにバイバイ!竹炭消臭敷パットが新登場しました。 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
虎斑竹専門店 竹虎より、竹炭消臭敷パットが新登場しました。体臭や汗、アンモニア臭を抑える効果に優れた竹炭を微粉末にし樹脂綿に加工して作っています。寝たきりの高齢者がいるご家庭やペットと一緒に暮らす方にぜひ知ってほしい敷きパッドです。シングルとダブルがあり ...
【愛媛】社会福祉法人北条福祉協会(松山市立岩中村甲345、池内武理事長)は、松山市北条地区に認知症高齢者施設(仮称)グループホームなでしこ新築を予定しており、7~8月に一般競争入札で施工者を選定する。 規模は木一部鉄筋コンクリート造平屋728平方㍍。
介護の仕事に携わって約25年、これまで何人もの離職者を見てきました。離職の原因は大きく2つに分けられ、ひとつは無知ゆえの離職、もうひとつは自分の思いと現実を実感してのずれ、そしてそれに伴う向上心からくる離職です。 なお、新聞やテレビの報道でよく取り上げられて ...
誤嚥性肺炎の入院が激減 口腔ケアに力を入れる町社協(長野) - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
長野県の富士見町社会福祉協議会(森山誠会長)は「住み慣れた地域で最期まで暮らしたい」という高齢者の願いをかなえる実践の一つとして、通所介護・短期入所の利用者の口腔ケアに力を入れている。誤嚥性肺炎の入院を防ぐために昨年4月から始めた「セイダ式口腔ケア技法」により、利用者の入院は激 ...
認知症サポーター養成講座の開催回数上位が表彰2月4日、全国キャラバン・メイト連絡協議会が主催する「認知症サポーターキャラバン 平成28年度表彰・報告会」が行 ...
だが近年、本人が思いを語り始め、日本で初めて当事者団体ができ、安倍首相に政策を提言。23年前「痴呆病棟」で取材を始めた朝日新聞記者が、当事者の変化と最先端の「いま」を、『ルポ 希望の人びと ここまできた認知症の当事者発信』で伝えている。著者である生井 ...
さらに高齢になると、転倒することが多くなります。単なるけがにとどまらず、後遺症が出たり、寝たきりになったりする可能性が高くなります。 転倒を防ぐには、文字通りつえを使うのも一つの対策です。ただ、つえを嫌がる人もいます。その場合は代わりに、筋力、バランス能力、柔軟 ...
2017年02月27日()
がん、認知症 ネットで闘病体験語り 孤独和らげ、気づきも - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
乳がんや認知症などを患った患者や家族による体験談が、インターネットのウェブサイト「健康と病(やま)いの語り」で公開されている。当事者本人が、病気になってつらかったことや、治療に向けた自分の選択などを映像付きで語っているのが特徴。病とともに生きる人を励ます ...
医療サポートカー、命つなぐ “救急車未満”に対応 草津総合病院 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
他には、特別養護老人ホーム9・8%▽ケアマネージャー9・5%-などとなっている。 大津市石山千町の特別養護老人ホーム「千寿の郷」の片山義和施設長(49)はサービス開始時から利用している。「近くには大病院がない。体調を崩した入居者が大事にならずに病気の早期 ...
市のタウンメールなどでも、専用アプリのインストールを呼びかける。配布する対象者は市が選ぶが、相談があれば応じるという。 市高齢福祉課によると、市内での高齢者などの行方不明事案は、27年度は27件あった。担当者は「まずは地域で見守りの目を強化することが必要。
認知症はつい10年前まで「痴呆」と呼ばれ、何もわからなくなる、なったら人生の終わりだ、徘徊で大変だ……といわれてきた。だが近年、本人が思いを語り始め、日本で初めて当事者団体ができ、安倍首相に政策を提言。23年前「痴呆病棟」で取材を始めた朝日新聞記者が、 ...
難民化する老人たち――“悠々自適な老後”から程遠い、「年金」「時間」「仕事」が“ない”高齢者たちの現状 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了)
とはいえ、やはり年金が“ない”高齢者の現状は厳しい。具合が悪いのにお金がないため病院に行けない方がいる。さらに、自分の葬式代が出せないと自分の死後について思い悩む高齢者もいるそうだ。だが、「高額療養費制度」で医療費の一部を負担するのみで済んだり、場合 ...
社会の高齢化とともに、認知症の人が増えている。認知症にはできればなりたくないし、もし、なる可能性が事前に分かるのなら知りたい―そう思うのはごく自然だろう。認知症の前兆かもしれない症状の1つに嗅覚障害がある。このたび、認知症と嗅覚障害に関する研究結果が、 ...
大阪工大、梅田新キャンパス公開 介護用ロボ技術展示 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪工業大学は27日、阪急梅田駅に近い大阪市北区茶屋町で4月にオープンする新キャンパス「OIT梅田タワー」を報道陣に公開した。人が集まりやすい立地を生かし、1階のオープンスペースでロボット技術を使った介護関連機器を展示する。通りかかる市民に試してもらって ...
2017年度から会社員が支払う介護保険料に、収入連動の新方式が導入されると聞きました。保険料が大きく増える健康保険組合もあるとか。どんな仕組みか教えてください ...
将来の「認知症」を予防できる意外な方法 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
自らの足で歩かず車や電車に乗り、家事には電化製品をフル活用。そして、クリック一つで自宅に必要なものが届く。「そんな生活は脳を退化させる」と指摘する人がいた。走ることで脳が鍛えられ、認知症予防にもなるという。 階段があってもエスカレーターの行列に並び、ランチも ...
2月初旬、高齢者ケアの担い手である介護福祉士の受験者が半減したという報道に接し、愕然とした。2016年度は受験者が8万人足らずに落ち込んだという。主因と考えられているのが、ケア現場で3年以上の実務経験を積んだ人が国家試験を受ける「実務経験ルート」の条件 ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...
豊川市徘徊(はいかい)高齢者捜索模擬訓練は27日、同市中部地区で行われ、豊川署や民生委員、老人クラブ、市職員、介護保険事業所など地元の関係者約50人が参加。徘徊する認知症高齢者への声掛けや接し方を学んだ。 今回で5回目となる訓練では、情報... この記事は ...
生命保険を見直すために知っておくべきポイント3つ - ライフハッカー[日本版] (媒体での記事掲載終了)
死亡保障のほかに、生きているときのリスクをヘッジする医療保障、老後資金や子どもの教育費などに備える貯蓄性という役割があります。つまり、生命保険は「死亡」「医療」「貯蓄」 ... ご存じのとおり、日本には高額療養費制度があります。健康保険が適応される医療費であれば、 ... 高齢に近づいてから慌て ...
厚生労働省は70~74歳の高齢者が医療費の月額上限を定めた高額療養費制度を利用する際の手続きを簡素化する。1度申請すれば、2回目以降は不要にする。これまでは毎月、申請する必要があった。2017年度から市町村の判断で実施できるようにする。手続きの手間を省 ...
国交省 東京五輪前にバリアフリー化推進へ|日テレNEWS24 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
東京五輪を控え、国交省はバリアフリーを進めるための会議を開催し、バリアフリー化を進めるための対策が議論された。ホテルなど建築施設における段差の解消などの ...
認知症で徘徊の症状が出る高齢者を見守るサービスに、関連企業が相次いで取り組んでいる。財布や靴に小型発信器を付け、姿が見えなくなったとき所在確認を手伝う。高齢者も気兼ねなく身に着けることができ、家族や介護者のスマートフォンに自動的に居場所を知らせて ...
上毛新聞ニュース:【全国ニュース】国交省、バリアフリー促進策議論 6月 ... - 上毛新聞ニュース (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は27日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、駅やバスターミナル、公共施設などのバリアフリー化を加速させるため、関連法の改正も視野とした制度 ...
国交省、バリアフリー促進策議論 6月までに具体案 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 公共施設などのバリアフリー化を加速させるため、関連法の改正も視野とした制度の見直し議論を始めた。全国の財政規模の小さな自治体にどう促すかも課題となっている。3月に有識者会議を設置し、6月までに具体案をまとめる。 同日の省内会合で末松信介副大臣は「高齢 ...
自立支援規定盛り込む=介護指針改定案を提示-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は27日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護保険部会に、介護保険制度の自治体向け基本指針の改定案を提示した。深刻化する高齢者虐待問題への対応を強化するため、虐待防止に関する項目を新設するほか、自立支援や介護予防の推進などに関する ...
静岡県では初、高齢者施設にパチンコ台を寄贈 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
この寄贈は、施設を運営する社会福祉法人 遠江厚生園(所在地:静岡県磐田市)よりいただいた「入居者が楽しむ娯楽が少ないため、パチンコ台を当施設に設置してもらいたい」という要望により実現しました。なお、当社では静岡県内において初めてのパチンコ台寄贈です。
大阪府大阪市中央区に本店を構え、大阪などの関西のほか東京などの関東において、法令で定められている書類の作成提出などを行い、専門的な相続支援を手がけている ...
山口県宇部市・山陽小野田市・山口市の生活情報サイト・このまちメディアWeb - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
山陽小野田市主催の「みんなでつくる支え合いの地域づくりフォーラム」が25日、市民館で開かれた。お年寄りが住み慣れた場所で暮らし続けるための〝互助〟について、さわやか福祉財団(東京都)の職員2人が講演し、来場した市民500人が理解を深めた。 講師を務めたの ...
2014年6月に成立した医療介護総合確保推進法(正式名称:地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律)に基づき、消費税の増収分を活用して各都道府県に設置した財政支援制度。高度急性期から在宅医療・介護までの一連 ...
介護現場を中心に、福祉業界の人材不足が深刻化している。国の試算では、団塊の世代が全て75歳以上になる2025年には、全国で介護職員が38万人不足すると見込む。京都府福知山市内も例外ではなく、すでに不足感が生じている。新卒者が新しい職場に着く時期を前にし ...
「認知症の利用者の支援」に対するケアマネジャーの意識調査結果 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
全国のケアマネジャー86,000人が参加するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」(http://www.caremanagement.jp/)を運営する株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、サイト会員を対象に「認知症の利用者の支援」 ...
高齢者介護施設で火災対応訓練(愛媛県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
3月1日から始まる春の全国火災予防運動を前に、松山市内の高齢者介護施設で地元住民も参加した火災対応訓練が行われた。松山市溝辺町の高齢者総合福祉センター道後で行われた火災対応訓練には、松山市東消防署員に加えて施設の職員や地元住民ら計120人近くが ...
軽度認知障害(MCI)、認知症、死亡率における、老化に伴う危険因子の性質および共通性は、よくわかっていない。オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のDarren M ...
第一分類と判定された場合、認知機能の低下が見られることは事実であるものの、自覚症状がなく、「専門医の診断」を受けることに、戸惑う場合も多いだろう。運転に関しては「習慣動作」として問題なく行っていることもあるからだ。しかし、注意力や判断力、情報処理能力の低下 ...
赤字の特養3割も 全国経営協が報酬改定に向け調査 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
全国社会福祉法人経営者協議会が、今春に議論が始まる2018年度介護報酬改定に向けた提言の基礎資料とする目的で行った調査結果(暫定)で、赤字の特別養護老人ホームが3割を超えることが分かった。 加中英喜・高齢者福祉事業経営委員長(社会福祉法人眉丈会理事 ...
支え合う力 育て合う家 お年寄り 元気に子の世話 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
六十五歳以上が全人口の25%超の高齢化社会を迎える中、金沢市の福祉関係者や起業家らでつくる有志グループが、元気なお年寄りを増やす場をつくろうと、準備を進めている。市内の一軒家を拠点とし、豊富な人生経験や知恵を生かして子どもの世話をしたり、料理を一緒に ...
医療関連受託事業(医療事務請負・派遣)を主力として、介護事業(訪問介護、通所介護、居宅介護支援、グループホーム、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅など)、保育事業(認可保育所)、その他事業(教育サービスなど)を展開している。16年3月期の事業別売上構成 ...
キャピタルメディカとジェイアール東日本スポーツは2017年2月23日、東京大学大学院 薬学系研究科教授の富田泰輔氏の監修のもと、認知症予防を目的としたサービス「アタマカラダ!ジム」を開発したと発表した。キャピタルメディカの介護事業子会社の施設でトライアルを実施し ...
将来の「認知症」を予防できる意外な方法 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
自らの足で歩かず車や電車に乗り、家事には電化製品をフル活用。そして、クリック一つで自宅に必要なものが届く。「そんな生活は脳を退化させる」と指摘する人がいた。走ることで脳が鍛えられ、認知症予防にもなるという。 階段があってもエスカレーターの行列に並び、ランチも ...
2017年02月26日()
介護業界「胃ろう」外しへの挑戦 第1景・超高齢社会(6) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福井県越前市の介護老人福祉施設「水仙園」で、腹部の穴を通して直接胃に流動食を流し込んで栄養をとる「胃ろう」の器具を付けた入所者は12人。脳梗塞などで食べ物を飲み込む力を損なう「嚥下(えんげ)障害」を患ったお年寄りたちだ。飲み込む力を取り戻す人もいて、現在 ...
介護業界「胃ろう」外しへの挑戦 第1景・超高齢社会(6) ふくいを生きる ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
「ちゃんとモグモグ、カミカミしてください」。職員から優しい励ましを受け、お年寄りが水ようかんや細かく砕いた野菜をほおばる。「おいしいわ」。口から食べる喜びに表.
高度な医療、在宅介護でも可能か 医師ら「自宅で看取る」意義紹介 特集 ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で看取(みと)る意義や心構えを学ぶ福井県民公開講座が26日、福井市のフェニックス・プラザで開かれた。親を看取った家族の体験談や、医師や訪問看護師らによる ...
生涯活躍のまち」構想に取り組む奈義町で介護分野の第一人者として知られる理学療法士、三好春樹氏の講演会が開かれ、「介護は創意工夫で感動になり、やればやるほど自分が豊かになる」といった、経験をもとにした三好氏の話に100人以上が聞き入った。 講演会は、町と ...
目の不自由な高齢者が暮らす高取町の養護盲老人ホーム「慈母園(じぼえん)」の入所者たちがつくる劇団「愛園座(あいえんざ)」が26日、橿原市のかしはら万葉ホールで開かれた「福祉フェア」で演劇を披露し、訪れた人らを楽しませた。 福祉フェアは県老人福祉施設協議会など ...
自らの足で歩かず車や電車に乗り、家事には電化製品をフル活用。そして、クリック一つで自宅に必要なものが届く。「そんな生活は脳を退化させる」と指摘する人がいた。走ることで脳が鍛えられ、認知症予防にもなるという。 階段があってもエスカレーターの行列に並び、ランチも ...
移動範囲が狭いにもかかわらず徘徊するかのように長時間運転するといった認知障害の兆候も見つけやすくする。 新型車の安全性能は年々飛躍的に向上しているが、経済的な理由や慣れたクルマに乗りたいという思いから古いクルマに乗り続ける高齢ドライバーは少なくない。
「外国人雇いたい」6割、福岡市の介護事業所 九経連調査、日本語能力に不安も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
九州の企業や医療法人でつくるWGで、介護現場に外国人を受け入れる際のモデルケース構築に向けて検討している。実態を把握するため、特別養護老人ホームやデイサービス、訪問介護などに取り組む1284事業所にアンケートし、22・4%に当たる287事業所から回答を得た ...
こうした薬の飲み忘れが、軽度認知障害や認知症の兆候であることも少なくないという。もちろん、薬を1回や2回飲み忘れても、それは単なる物忘れで心配はない。では、どういう飲み忘れが、認知症かもしれない飲み忘れだろうか。秋下さんによれば、「残っている薬がどのくらい ...
海越え見えた 日本の姿 富山 韓・英から帰国の2人報告会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
韓国の社会福祉の実情を見て、日本の現状を考えるきっかけになった。日本を見つめ直す機会にもなった」と感想を述べた。 富山市稲代の社会福祉法人「秀愛会」の沢田和秀理事長(54)は、昨年十月八~十五日に英国へ。高齢者福祉をテーマに、現地の福祉団体を訪れるなど ...
三菱電機は2009年度にキッズデザイン協議会に参画して以来、16年度まで8年連続でキッズデザイン賞を受賞。この分野のリーディングカンパニーとして、子供から高齢者、障害者まで「あん心(して使える)」「らく(に使える)」「楽(しく使える)」をキーワードに家電製品を開発。一人一人の暮らしのクオリティー(QOL)向上に取 ...
認知症と診断で免許失った高齢者をサポートへ 滋賀 - NHK (媒体での記事掲載終了)
高齢ドライバーに対する認知症の検査が強化される来月の改正道路交通法の施行に合わせて、滋賀県警察本部は、認知症と診断されて免許を失った高齢者の情報を自治体の福祉部門に伝えて適切なサポートを受けられるよう求める、全国で初めての取り組みを行うことになり ...
認知症とともに生きるには 日英の専門家が語るシンポから - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
その後、私よりも先に不安を乗り越えた、元気で明るい認知症当事者との出会いにより、10年たっても元気でいられることを知りました。元気な当事者との出会いにより、その人のように生きたいと思うようになりました。私が選んだのは、認知症を悔やむのではなく、認知症とともに ...
平井堅の最新シングル「僕の心をつくってよ」のMVが話題を呼んでいる。黒肌ギャルが、黒髪の介護士になる激変のビフォーアフターを見せている。ネット上でも「涙が止まら ...
夏木マリ、斎藤ノブとの結婚生活は「介護」 - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
女優の夏木マリ(64)が26日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)に出演し、2011年に結婚した音楽プロデューサーの斎藤ノブ(66)との結婚生活を「介護」と語った。 夏木は、MCの東野幸治(49)に「(斎藤の)長いお風呂は心配ですか?」と問われる ...
介護職不足をうけ 介護のお仕事魅力発見フェア(広島県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
介護職の魅力を伝えることで不足している介護職員を増やそうと広島市などが初めて「介護のお仕事魅力発見フェア」を開催した。介護ロボットや電動車イスなどの展示のほかに、ステージでは介護職の魅力を伝えようと現役の職員が、仕事のやりがいなどを語った。 [ 2/26 19:04 ...
自分が認知症になったら 将来の備え考える - NHK (媒体での記事掲載終了)
まず、参加者たちはアイマスクを着けて目が見えない状態となり、薄暗い部屋でアナウンスを聞きながら食事をします。40年後、自分が高齢者となり、認知症が始まったという想定です。 部屋には若い女性から食べこぼしをとがめられたり、軽くあしらわれたりする会話の音声などが ...
【イベント】まずは知ろう!「介護について考えてみませんか?」セミナー - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
介護と言っても...親は元気だし...。 自分が介護状態になるとしてもまだまだ先の話...。 と思っていませんか? 介護を受けている方は年々増えており、介護期間も長期にわたることがあります。 介護にまつわる現状を知り、『もしも』のときのために、今からできることを考えてみません ...
認知症になった母親と家族を救った子猫の漫画が話題に 「涙が止まら ... - ねとらぼ (媒体での記事掲載終了)
精神機能の低下により日常生活や社会生活を送ることが厳しくなる認知症。そんな認知症になった母親の変化と、その後もらってきた1匹の子猫・ミイによって救われた家族の ...
要介護者の転倒・徘徊を防ぐセンサー ベッドに取り付けて起き上がりを感知 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
コンサルティング会社の構造計画研究所(本社・東京都中野区)は2017年2月22日、ベッドに取り付けて要介護者の起き上がりを検知できるセンサー「エバー・リリーフ」を発売した。 起き上がるとナースコールで家族に知らせる。すぐに駆けつけることができるので、転倒や徘徊防止 ...
監督自身の認知症介護を通して、自分と母、夫婦、家族の姿を撮影したドイツのドキュメンタリー映画「わすれな草」が公開されます。 この作品は4月15日から順次、渋谷ユーロスペースほか全国で公開される予定となっています。
鳥取県北栄町で、漫画「名探偵コナン」のキャラクターのイラストをラッピングしたユニバーサルデザイン(UD)タクシー1台が登場した。鳥取県内のUDタクシーでは初の ... 同町産業振興課では「UDタクシーは高齢者や障害者も利用しやすい。ラッピングカーを“走る広告塔”として ...
鳥取県北栄町で、漫画「名探偵コナン」のキャラクターのイラストをラッピングしたユニバーサルデザイン(UD)タクシー1台が登場した。鳥取県内のUDタクシーでは初の ...
認知症患者個性尊重を 若年性の定義や症状学ぶ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
4年前に認知症と診断された杉野文篤さん(63)=京都市伏見区=は、日々の過ごし方に悩んでいた時、妻の由美子さん(61)の誘いがきっかけで他の患者や家族と出会って心が楽になり、テニスや卓球に夢中になって前向きになれたことなどを紹介。由美子さんは「ちょっとした ...
袖ケ浦市で、認知症家族のつどいを開催 - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症家族のつどい」は、平成22年から年4回、土曜日に開催され、7年目を迎える実績のある交流会です。袖ケ浦市地域包括支援センターの高齢者支援課が、主催しています。 認知症患者を介護している人、認知症患者の介護経験のある人らが集まって、認知症についての ...
袖ケ浦さつき台病院認知症疾患医療センター長の細井 尚人氏、同病院の医療デイケア部長の石井 弓子氏、地域包括支援センターの職員が参加します。 認知症について悩みを抱える家族が、少人数(10数名、多くても20名)で話しやすい雰囲気の中、専門家や参加者との交流が ...
2017年02月25日()
加藤さん、鹿沼で講演「被介護者を社会資源に」 認知症の先駆的取り組みで注目 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症のケアをテーマとした講演会が鹿沼市で開かれ、神奈川県藤沢市で高齢者向け福祉施設を経営している加藤忠相(ただすけ)さん(42)が、自ら実践している地域に密着した取り組みによって、認知症の高齢者が生き生きと暮らす姿を語った。加藤さんは「一方的に世話を ...
<帰還後どう生きる>縁を生かし暮らしたい - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
自治会が発足後に直面したのが、古里や家族と離れた失意で居室にこもり、心身が弱る高齢者の支援だった。木幡さんは初代管理人佐野ハツノさん(68)らと ... 仮設で培った縁を生かして、一緒に村に帰れるグループホームを設けて」。自治会は一昨年、入居者の意向をこんな ...
日本人移住者の高齢化が進むタイのチェンマイで、介護用品の販売や健康管理などのシステム構築に取り組む企業が出てきた。東南アジアでも高齢化が ... 栃木県内でグループホームなどを展開するフレンド(同県小山市)は、2015年からタイ北部に進出。チェンマイでつえや ...
75歳以上の手術は有効か? 初の議論でみえてきた問題とは - エキサイト ... - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
これまで注目されてこなかった「高齢者のがん」が、ようやく公の場で議題に上がったのが16年9月の厚生労働省の「がん対策推進協議会」。初めて高齢者をテーマに議論 ...
介護施設で指導的な立場の職員9人が安全性や相手への配慮などを基準に審査し、社会福祉法人寿光会(浅口市金光町下竹)のチームが総合優勝した。メンバーの渡邊ひとみさん(50)は「日ごろの経験を生かせた。利用者の方に快適に過ごしてもらえるよう今後も頑張りたい」 ...
厚生労働省の高齢者数の将来予測は、2025年は3657万人(同30.3%)で、2042年にピークの3878万人になります。その後、高齢者の数は減り、2055年には2025年とほぼ同数の3626万人となります。人数は同じ ... 次に、加齢とともに利用頻度も金額も高くなる公的健康保険は、高額療養費制度で1か月の医療費 ...
自民が「政治女子」募集 月1講座で子育てや介護などを議論 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
自民党の高階恵美子女性局長は24日、党本部で記者会見し、3月末のプレミアムフライデーから女性向けの政治講座「プレミアム・ウィメンズクラブ」を開くと発表した。「プレミアムフライデーに『政治女子』が学び、発言する機会を提供したい」と強調した。女性の政治参加を促し、 ...
物忘れがひどい…悪化して認知症にならないためには? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
簡単な単語が思い出せない…。自分は認知症なのではないか…。物忘れは自分の衰えを感じる出来事の1つです。物忘れがひどくなっているのは認知症の表れなのでしょうか? 記憶力を鍛えるにはどうすればいいのか、そして、アルツハイマーの予防についても専門家にお答え ...
キャピタルメディカとJR東日本スポーツは2月23日、軽度認知障害(MCI)の早期発見ができる認知症リスク低減運動プログラム「アタマカラダ!ジム」を共同開発し、今後販売すると発表した。東京大学大学院薬学系研究科機能病態学教室(富田泰輔教授)が監修している。
認知症予防の今と未来を考える 将来性と研究事例セミナー - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
社会の高齢化に伴い、認知症の人とその予備軍の人の数は増加しており、認知症が社会や家族、個人にもたらす影響は大きくなっています。国は制度の見直しなどを行っていますが、それらの動きを踏まえつつ、有効な認知症予防の啓蒙と普及が必要になっています。
社会の高齢化に伴い、認知症の人とその予備軍の人の数は増加しており、認知症が社会や家族、個人にもたらす影響は大きくなっています。国は制度の見直しなどを行っていますが、それらの動きを踏まえつつ、有効な認知症予防の啓蒙と普及が必要になっています。
認知症の人の運転は危険だという事で、2015年6月17日に道路交通法の一部改正が公布され、17年3月12日から75歳以上のドライバーについて、免許更新時に認知機能の低下が認められた人や、一定の違反行為を行った人について、専門医や主治医による臨時適性検査を ...
“思いやりの種”芽吹く 大阪発「ユニバーサルマナー」 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインのコンサルタント会社「ミライロ」(大阪市淀川区、垣内俊哉代表)が、13年にユニバーサルマナー協会を立ち上げ、同時に啓発に取り組んでいる。 同協会は障害者や高齢者、妊婦、外国人を含む全ての人が過ごしやすい社会の在り方を模索。一環として検定 ...
ドイツやフィンランド、英国で高齢者に関わる仕事や活動をしている青年を交えた高齢者福祉セミナーが24日、米子市内で開かれた。定年退職後、自宅にこもりがちになった男性を事例に「高齢者が自分らしく元気に一生を過ごすために、いかなる地域の連携が必要か」をテーマに ...
お母さんが、こんな笑顔を見せるなんて信じられない”と。ご自宅で介護をされていたときは、いつも無表情。すべてを拒絶する感じで会話も成り立たなかったそうです。それが別人のように笑顔を見せている。ドッグセラピーの時は、よくお話もされますよと伝えると、ご家族も喜んでお ...
私立大学の独自色ある研究を支援する国事業に選ばれた、西九州大学の認知症予防推進プログラムのキックオフシンポジウムが23日、佐賀市のマリターレ創世であった。九州保健福祉大学の小川敬之教授が講演し、認知症患者を取り巻く現状や課題、患者を地域で包み込む ...
「認知症の人と家族を地域で支えるために」講座(小平市) - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
この市民公開講座では、国立精神・神経医療研究センター病院認知症疾患医療センターセンター長の塚本忠氏による開会挨拶が行われた後、4人の講師が登壇し、認知症に関する医療や行政サービスなどについて解説します。 同センター認知症サポート医の横井優磨氏は「認知 ...
申し込み期限は2月28日3月18日、東京都小平市小川東町の国立精神・神経医療研究センターで、興味のある人を対象にした「平成28年度市民公開講座 認知症の人と家族 ...
75歳以上のがん手術 「する」「しない」論争を検証! - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
手術は成功したけれど、ほかの病気の引き金となり亡くなってしまったケース、寝たきりになってしまったケースもある。その一方で、「高齢だからもう手術はあきらめたほうがいい」と医師に言われたが、セカンドオピニオンで別の医師に意見を求めたら手術ができたケースもあると ...
75歳以上の手術は有効か? 初の議論でみえてきた問題とは - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
長島医師は同協議会において、高齢者のがん治療では、延命の視点だけでなく、寝たきりにならないか、認知症にならないか、副作用などで生活の質(QOL)は下がらないか、といった視点を持つことが重要だと主張。エビデンス(科学的根拠)を集めて、個人差の大きい高齢者に ...
2017年02月24日()
高齢者虐待防止明記へ=自治体向け介護指針-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は24日、介護保険制度の自治体向け基本指針を見直し、高齢者への虐待防止に関する項目を新たに盛り込む方向で検討に入った。家族や同居人など養護者による虐待事例は約1万6000件に上り、深刻な問題となっていることから対策を強化する。社会保障審議 ...
但馬銀が新型ローン 死亡後家売却で一括返済 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
月々の融資返済が利息だけになる仕組みで、60歳以上81歳未満を対象に駅周辺マンションへの住み替えなどを想定。神戸・阪神間を中心に高齢層の顧客開拓に役立てる。 活用例は、住み替えで新規購入するマンションを担保にする▽現住居を担保にバリアフリー仕様などに ...
認知症講演と相談会 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
北小田原病院精神科の中谷隆三医師を招き講演「認知症の理解と対応について」が行われるほか、薬剤師や看護師、精神保健福祉士、ケアマネージャーを交えた相談会もある。 講演は午後2時から3時。相談は午後4時まで。 要申し込み。参加希望は3月17日(金)までに電話 ...
認知症「告白」地域の理解支えに 第1景・超高齢社会(5) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
以来、自宅で認知症の妻勝美(まさみ)さん(78)を介護している。症状が出始めたのは約15年前。現在の要介護度は重度の5で、会話もできない。結婚して54年。夜になると、勝美さんの足元にタオルで巻いた湯たんぽを置くのが日課だ。「目が合うと、妻は笑ってくれるんや」
認知症「告白」地域の理解支えに 第1景・超高齢社会(5) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
町長在任中、福祉担当者から「高齢者の30%が認知症予備軍」と知らされた。「高齢化社会の大きな課題」と痛感した千田さんは、認知症の理解を進めるため、勝美さんの病気をオープンにした。現在は県内各地で自身の経験を語っている。「つらいときもあるが、認知症は病気 ...
認知症「告白」地域の理解支えに 第1景・超高齢社会(5) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
町長在任中、福祉担当者から「高齢者の30%が認知症予備軍」と知らされた。「高齢化社会の大きな課題」と痛感した千田さんは、認知症の理解を進めるため、勝美さんの病気をオープンにした。現在は県内各地で自身の経験を語っている。「つらいときもあるが、認知症は病気 ...
長島医師は同協議会において、高齢者のがん治療では、延命の視点だけでなく、寝たきりにならないか、認知症にならないか、副作用などで生活の質(QOL)は下がらないか、といった視点を持つことが重要だと主張。エビデンス(科学的根拠)を集めて、個人差の大きい高齢者に ...
新座で楽しむ若者向けファッション誌 十文字学園女子大生たちが作成 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人福祉センターなど公共施設に置くほか、各種団体に配布する。作成に協力した ... 地元商店の経営者や客の高齢化が進む中で、若者が訪れる機会を増やし、商店街の活性化を図ろうと、飯野真由さん(21)ら同大人間発達心理学科三年の十人が企画。昨年五月から約八カ月 ...
あん肝、いくらが認知症予防になる?米国で興味深い報告が! - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
原因はさまざま挙げられているが、アメリカ・ラトガース大学環境・生物科学大学院では、さまざまな民族を含む高齢者を対象とした研究(ジョシュア・W・ミラー教授ら)が行われ、ビタミンDの不足と認知機能低下の促進との間に関連が認められたと、米国医師会神経学専門 ...
認知症を紙芝居で啓発 日福大生が作製、披露 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
子どもたちに認知症患者への接し方や知識を知ってもらおうと、日本福祉大(美浜町)社会福祉学部二年の四人が、小学生向けの紙芝居「ぼくのおじいちゃんどうしたの?」を作って学外の催しで披露、「理解しやすい」と好評だ。全員が身内に認知症患者がいて、自らの経験や ...
積水ハウスは、育児とその後の早期職場復帰や日曜勤務対応策など、社員の生活事情に応じた仕事との両立を支援する4つの制度を2月に導入した。併せて育児、介護中の社員を対象にした在宅勤務も制度化し、働き方改革の取り組みを拡充した。勤務時間に制約がある社員 ...
心身に大きく影響が…”寝たきり”で起こる「廃用症候群」の症状 - GIRL'STALK (媒体での記事掲載終了)
消化器機能の低下長期間、身体を使わないと、食欲不振に陥り、消化管機能や腸の蠕動運動も低下してくるため、便秘がちになります。また、高齢者の場合、咀嚼や嚥下、口腔機能の障害なども食欲不振に影響し、食事量がますます減少することで、低栄養を引き起こす場合が ...
【介護離職に備えよ】老後を「どこで、誰と、どう暮らすのか?」 元気なうちに暮らし方のシフトを (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
私は講演活動も行っているが、最近多く依頼されるのは「高齢期の暮らし方」というテーマだ。老後を「どこで、誰と、どう暮らすのか?」を早めに家族で話し合い、準備しておくことの大切さを、事例を交えて解説している。ただ、この情報過多の時代に、多くの人が情報を咀嚼し、 ...
ご存知のように1年半前に、派遣の法律が変わりました。その影響もございまして、未だ派遣売上が引き続き増加しているということでございます。 その右、介護保育の要因でございますけれども、介護の利用者数の増加、そして、M&Aによる事業所数の増加。さらに利用者単価も ...
あん肝、しらす干し(半乾燥)、いわし(丸干)、身欠きにしん、すじこ、イクラなどに、特に多く含まれているのです」. 今の時期に美味しいあん肝は、群を抜いて含有量が多い。「あん肝で一杯」が認知症の予防に寄与するなら、いうことはないのだが、サプリの場合は摂りすぎがち。
トヨタ、東京都に「トヨタFCバス」納車。3月から都営バスとして運行予定 - Car Watch (媒体での記事掲載終了)
また、国土交通省が定める「ノンステップ基準」に合致するバリアフリーバスとなっており、高齢者や子供などが乗降しやすい構造になっている。 また、TFCSを活用した大容量外部電源供給システムを搭載。最高出力7.2kW、供給電力量235kWhを実現しており、災害などで停電が ...
南海トラフ巨大地震や風水害など大規模災害に備えようと、愛媛県西予市は23日、在宅の要配慮者を受け入れる福祉避難所の設置・運営を行う市内二つの社会福祉法人と協定を結んだ。 市によると、市内の要配慮者は要介護認定を受ける高齢者や障害者ら計約1800人。
介護と仕事 両立後押し 長岡福祉協会 企業向け事業開始|地域|新潟 ... - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人長岡福祉協会(長岡市)は企業向けに、従業員の介護離職を防止するサポートサービスを始めた。これまで蓄積した介護サービスのノウハウを生かし、セミナー ...
奈良県立医科大学、ナッセ、toraru、VR旅行体験の認知症予防効果 ... - Social VR Info (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
奈良県立医科大学、ナッセ、toraruの3つの団体は、認知症に関わる課題を幅広く理解し、その予防策への道筋を探るために、バーチャル旅行体験が脳にもたらす健康作用 ...
<回顧3.11証言>酷寒の避難所 犠牲拡大 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
目の前に気仙沼湾を望む宮城県気仙沼市錦町の介護老人保健施設「リバーサイド春圃(しゅんぽ)」。東日本大震災の大津波は建物の2階まで押し寄せ、車いすの高齢者をのみ込んだ。生き残った人も寒さで次々に命を落とし、犠牲者は最終的に59人に上る。避難訓練の想定を ...
音楽療法は精神的な安定や感情の表現、コミュニケーション力、意欲の増進などの効果などが期待されますが、認知症予防やその進行の抑制にも効果があるのではないかといわれています。 音楽療法は、音楽を聴く受動的音楽療法と、自ら歌ったり楽器を演奏したりする能動的 ...
例えば、80歳を超えて転んだりして股関節を骨折してしまうと、寝たきりになってしまうケースが日本には非常に多い。だけどそれは、決して人間や高齢ゆえの限界なわけではなく、運動をすればまた歩けるようになることも多いそうです。 しかし、日本ではリハビリでトラブルが起きる ...
【ベストセラー健康法】「認知症」誤診多発!薬の副作用に悩まされるケースも…診療習熟したサポート医かどうかの確認を (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
その症状、本当に認知症ですか』(扶桑社新書)の著者で神経内科医の神谷達司氏は長年、認知症の診療に携わってきた認知症専門医。本書では「専門外の医師によって認知症が誤診されるケースが多発している」と警鐘を鳴らし、誤診を防ぐ正しい理解を訴えている。
元自衛官が見つけた感動の“任務” 「木の葉一枚で人を笑顔に」 (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設や小学校など声がかかればどこへでも行く。義母が入居する施設で「故郷」を演奏したとき、涙を流しながら一緒に歌った高齢者がいた。 昨年9月、全国老人福祉施設協議会が主催する「60歳からの主張」で、佐野さんが書いたエッセーが優秀賞を受賞。講演会で話を ...
2017年02月23日()
当日は湘北地区にある福祉施設が協力し、7つのブースを出展。福祉用具体験や高齢者でも飲み込みやすい「えんげ食」の試食、年齢や障害の垣根なく遊べるスポーツやゲームの紹介などが行われ、同地区の住民らが参加した。車いすの乗車体験をした香川小4年生児童は「 ...
在宅医療の市民講演会 関心高く - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
最近よく耳にする「地域包括ケアシステム」。厚生労働省が推進する取り組みで、団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに、重度の要介護状態になっても可能な限り、住み慣れた地域で暮らせるよう、住まい・医療・介護などが一体的に支援・サービス提供される体制を構築 ...
「通勤ライナー」の価格はもったいない (1/4) - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
長時間乗車を考慮して、バリアフリー対応のトイレも付いている。通勤電車と特急電車の両方の特徴を持つから、一般紙誌からも注目され ... 少子高齢化は国として事実だけど、首都圏の通勤事情はちょっと違う。東急田園都市線の事例を紹介したように(関連記事)、東京近郊の ...
超高齢社会・認知症を考える - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
その後、地域の第一線で活動する3人が認知症高齢者への支援の実践例を報告する。中央地区社会福祉協議会会長の成田健三氏は、地域コミュニティの場である「ミニサロン」での実践例を紹介。サロンに認知症の人が来たとき、どのように受け入れていったのか事例をもとに ...
男性介護者、焦燥抱え独りぼっち 第1景・超高齢社会(4) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
この集いに3年前から参加している同市の男性(85)は半身不随の妻(78)と2人暮らしで、介護生活は12年にも及ぶ。「死にたーい」とわめく妻にいら立ち、思わず「2人で死のうか」と言ったこともある。「会社人間だったから、近所付き合いもない。介護は孤独」と漏らす。集いに ...
男性介護者、焦燥抱え独りぼっち 第1景・超高齢社会(4) 社会 福井の ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福井市の男性(66)は、ショートステイから帰宅した認知症の母親(89)を抱きかかえ、椅子に座らせた。「着替えますよ」。母親は何も言わず腕を伸ばし、男性がパジャ.
男性介護者、焦燥抱え独りぼっち 第1景・超高齢社会(4) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
この集いに3年前から参加している同市の男性(85)は半身不随の妻(78)と2人暮らしで、介護生活は12年にも及ぶ。「死にたーい」とわめく妻にいら立ち、思わず「2人で死のうか」と言ったこともある。「会社人間だったから、近所付き合いもない。介護は孤独」と漏らす。集いに ...
従業員が背負う介護負担が今後重くなることが予想される中、静岡県内の主要企業の17%が法定を上回る両立支援制度を導入した。日本経済新聞社の調査でわかった。静甲は労働時間の短縮措置を3年間で回数制限なく取得できるようにした。TOKAIグループはやむを得ず ...
『一億総貧困時代』―虐待、奨学金、介護離職、ブラック企業…。今、日本で起こっている「貧困」問題とは?【著者インタビュー】 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了)
しかし今や壮年男性が介護離職を経て路上生活者になったり、若者がブラック企業に就職してうつになり退職に追い込まれたり、学費を負担する余裕がない家庭の大学生が奨学金に頼らざるをえなかったりと、どんな人でもちょっとしたきっかけで貧困に陥る可能性が出てきました ...
介護の現場で何が起きているのか。政府の規制改革推進会議(大田弘子議長)が2月21日、東京・霞が関で公開ディスカッションを開いた。 あきらかになったのは、家族用の食事など保険外サービスの同時提供を認めない厚生労働省の頑なな姿勢だった。 高齢の要介護者に ...
認知症予防お手伝い 白山市内など 金城大生が健康チェック - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
白山市の金城大生四人が、三月から市内の高齢者らを対象に認知症早期発見を目的とした出張型の健康チェックを始める。段ボール箱を使った立ち上がりテストや認知症自己判断テストで高齢者の体力や脳機能を測定する。(冨田章午). 学生は同大医療健康学部作業療法 ...
個々の施設・事業所の運営方針や特徴、所在地、職員数、サービスの種類、営業時間、連絡先、衛生管理の体制といった様々な情報が、厚労省のウェブサイトから調べられるようになっている。介護報酬の年間の収入が100万円を超えている事業者は、こうした情報を都道府県に ...
実業家の堀江貴文氏が22日深夜に日本テレビ系で放送された「ナカイの窓」に出演し、旧証券取引法違反の罪で懲役2年6月の判決を受けて服役していたとき、受刑者の作業として介護をしていたことを明かした。高齢者の「下の世話」もしていたという。 堀江氏は長野刑務所時代 ...
朝食後の一服は緑茶で「認知症予防のための生活改善」1 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
そう語るのは、アンチエイジングの専門家として知られる白澤卓二先生。現在、認知症予防に関して多くの情報があふれているが、実は生活スタイルをちょこっと改善するだけで、効果を生むものも多いという。そこで、1日の生活スケジュールのなかの「朝から昼」にしぼり、認知症 ...
夜はオルゴールで脳の血流UP 「認知症予防のための生活改善」3 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
そう語るのは、アンチエイジングの専門家として知られる白澤卓二先生。現在、認知症予防に関して多くの情報があふれているが、実は生活スタイルをちょこっと改善するだけで、効果を生むものも多いという。そこで、1日の生活スケジュールのなかの「夕方から夜」にしぼり、認知症 ...
認知症予防トレーニング「認トレ教室」は、月2回、第2、第4木曜日に新宿で定期開催しています。 3月は3月9日(木)と3月23日(木)に行います。 認知症の基礎知識の講座から、認知症予防に効果的な体操や知的トレーニングなど日々の生活に活かせる貴重なプログラムを体験!
老健局の担当者は、「被災した利用者が身近にいる場合は、きちんと援助が受けられるよう確認などを手伝ってあげて欲しい」と要請している。 この減免措置は、震災が発生した2011年から継続されているもの。原発事故の影響が深刻な地域の場合、利用者は原則として保険料 ...
昨年(2016年)11月末から12月末にかけて、病院の一般病床数は168床減少した一方で、療養病床は48床とわずかながら増加。また有床診療所数は25施設減少し、7550施設となった―。 このような状況が、厚生労働省が22日に公表した医療施設動態調査(2016年12月末 ...
認知症のため行方不明になった高齢者らを地域の協力で捜索し、早期発見と保護につなげる「SOSネットワーク」。沖縄タイムスの調査では、1月時点で宜野湾市や南風原町など県内7市町村で立ち上がり、4市町ではネットワークを活用して発見に至った事例がある。 この記事 ...
パナソニックは22日、犬のトイレ用消臭剤を3月1日に発売すると発表した。介護施設向け製品の技術を応用した。愛犬を連れて外出する飼い主が増えていることに着目し、主に動物病院などペット関連施設での使用を想定する。 犬の便や尿、皮脂の臭いの元となる分子を短時間 ...
高齢ドライバー死亡事故「認知症の恐れ」34人 16年 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年1年間に死亡事故を起こした75歳以上のドライバー459人のうち、34人が免許更新時の認知機能検査で「認知症の恐れ」の第1分類だったことが23日までに、警察庁の集計で分かった。3月12日施行の改正道交法により、更新後に臨時の認知機能検査の対象となる違反を ...
高齢者支援へ連携 吉岡町と社協、初の座談会 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者支援へ連携 吉岡町と社協、初の座談会. 地域の声を取り入れたまちづくりを進めようと、群馬県吉岡町と町社会福祉協議会は22日、地域連携を深めるための初の座談会を町老人福祉センターで開いた。 民生委員や認知症サポーターら約50人が高齢者の支援方法 ...
看護・介護の研究成果、地域で共有 鹿沼・御殿山病院で発表会 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【鹿沼】看護や介護の現場での研究成果を地域で共有しようと、今宮町の御殿山病院(波木道夫(はぎみちお)院長)は、毎年開催している「看護研究・介護研究発表会」に今年初めて外部の参加希望者を受け入れた。介護や看護の技術面のほか、職員が抱く不安や悩みを分 ...
「人気家族パートリッジ」のデヴィッド・キャシディ 認知症を告白 - シネマトゥデイ (媒体での記事掲載終了)
デヴィッドによると、祖父も母も認知症だったという。「最後の方は、僕が部屋に入ると、母の頬を一筋の涙が落ちるのを見て、僕を認識している時がわかった。僕も将来そうなるんだろうかと恐ろしかったよ」とコメント。その思いを否定しようとしてきたが、頭のどこかでは避けられない ...
地域の声を取り入れたまちづくりを進めようと、群馬県吉岡町と町社会福祉協議会は22日、地域連携を深めるための初の座談会を町老人福祉センターで開いた。 民生委員や認知症サポーターら約50人が高齢者の支援方法について意見を交わした。
【TOTO・DAIKEN・YKK AP 3社共同主催】「TDYリモデルスマイル作品コンテスト2016」入賞作品決定 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
また、バリアフリー、ベンチや手すりなど高齢者に優しいアイデアを採用したリモデル作品が増えています。 プランニングにおいては、コンセプトに沿ったデザイン表現、ニッチなどの壁の工夫や色の使い方、モザイクタイルなどポイントとなる素材の採用など、こだわりのあるアイデア ...
2016年に沖縄県内で行方不明になった高齢者は191人(暫定値)で、うち約4割に当たる74人が認知症だったことが22日、県警への取材で分かった。認知症者の統計を取り始めた12年以降、行方不明高齢者全体に占める割合は4割前後で推移。一人歩き(徘徊(はいかい)) ...
「半ダース介護~6人のおジジとおババお世話日記~」第14回 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
実の父を看取った後、一念発起し介護ヘルパーの資格をとり、今度は夫の実父を看取ったハルコさん。 その葬儀の最中に今度は夫の育ての父(通称 くまパパ)が倒れてしまいます。なんと前立腺がんでした…。 手術後排尿障害となってしまったくまパパを介護するのは…
2017年02月22日()
団地内住替え案として敷地内にバリアフリーの子どもと高齢者が寄り添う「ゼロ・エネルギー施設」の設置を提案した。 今回、同協議会が行った提案に対し、今後各管理組合が検討し住民の合意が得られれば実施に向けて動いていくことになるという。 同協議会では「今回は3つの ...
認知症を劇で学ぶ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
65歳以上の高齢者のうち、4人にひとりが認知症、または認知症予備軍と言われている昨今。そこで多摩市では、認知症になっても住み慣れたまちで暮らしていくことができるようにと、「認知症になっても自分で自由に歩みたい」をテーマにした講座を3月4日(土)、午前10時〜11 ...
国保・介護 算定の違い注意 株損失の確定申告で社会保険負担増 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二つ以上の口座で取引をしている人が、各口座の利益と損失を相殺する損益通算のために確定申告したときは、国保、介護ともに保険料が上がる可能性がある。A口座でプラス五十万円、B口座でマイナス三十万だとすると、差し引きプラス二十万円が保険料の算定基準に加え ...
「下流老人」著者に聞く貧困対策 第1景・超高齢社会(3) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の貧困を取り上げた「下流老人」の著者で、生活困窮者の相談業務を担うNPO法人の代表でもある社会福祉士の藤田孝典さん(34)=さいたま市=に、高齢者の現状や貧困対策について聞いた。藤田さんは「貧困は社会全体で改善すべき問題」と指摘した。 ―貧困の ...
「下流老人」著者に聞く貧困対策 第1景・超高齢社会(3) 社会 福井の ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の貧困を取り上げた「下流老人」の著者で、生活困窮者の相談業務を担うNPO法人の代表でもある社会福祉士の藤田孝典さん(34)=さいたま市=に、高齢者の ...
成川院長によると、高齢者の転倒は療養生活が長引くことが多く、寝たきりにつながることも多い。外出ができなくなった結果、自宅に引きこもりがちとなり、認知症を発症するケースを多く見てきたという。成川院長は「転倒予防は認知症予防につながることを多くの人に知って ...
認知症の疑いがある祖母が唐突に回復した体験談 - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
あなたの周りに、認知症の方はいますか? いらしても私は驚きません。厚生労働省の発表によれば、認知症の人口は2025年に700万人を超えると言われます。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人は認知症という時代がもうすぐそこまで迫っているのです。 私の家系はもともと ...
心身両面でお年寄りをサポートしたい」としている。 町の事業の実施に合わせ、同じ建物内で町内の民間福祉事業者2社が、障がい者の生活支援や障がい児の放課後の受け皿となる施設を開く計画もあり、高齢者と障がい者の福祉向上のための複合施設となる予定だ。
タイ総領事館を福岡に 知事、ドン外相に要望 [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、小川知事は21日、少子高齢化が進むバンコク都のアサウィン知事と会談し、介護予防を柱とする高齢者施策で連携する覚書を締結した。県とバンコク都は2006年に友好提携を結んでおり、新たな覚書で協力関係を強化する。 県は今後3年間、認知症や寝たきり予防の ...
<生きる支える 心あわせて> “燃える闘魂”介護士:暮らし:中日新聞 ... - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「おはようございます。元気ですか!」 朝八時。特別養護老人ホーム「千歳敬心苑(けいしんえん)」=東京都世田谷区=の居住フロアに、アントニオ猪木氏張りに気合が…
三宅伸行が監督を務めた今回のミュージックビデオは、福岡で介護士をしながらギャルユニット・Black Diamondでも活動する黒ギャル“はるちゅら”の日常に迫ったドキュメンタリー。介護士として高齢者と接する姿や仲間と盛り上がる姿など、彼女が自身の大切な人たちと心を通わ ...
東病院では、2005年から併設の老健施設に研修医を受け入れている。済生会熊本病院、熊本中央病院が運営する臨床研修プログラムの一環だ。私は、老健施設田迎ケアセンターの理事長の肩書も持っているので、1日は研修医の教育係を務めている。 医師・医学生の不祥事 ...
政府の規制改革推進会議が21日、いわゆる「混合介護」の弾力化をテーマとする公開ディスカッションを開催した。大田弘子議長(政策研究大学院大教授)ら参加者は、保険 ...
悪玉「虫歯菌」が脳出血引き起こす 認知症予防する歯磨き法を伝授 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が脳出血を引き起こし、認知症の原因となっている可能性があることが京都府立医科大学の研究でわかった。研究成果は英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)の2016年12月9日号に発表された。 研究チームは「日常の歯磨きが ...
介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エスは、介護職向け求人・転職情報サイト「カイゴジョブ」主催の介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」にて、VR認知症の無料体験会を開催します。 このVR認知症体験会は、「VR認知症プロジェクト」を推進する、 ...
高齢者支援や介護技術学ぶ 柏原赤十字病院で講習 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
家庭での看護や介護の方法を学ぶ「健康生活支援講習支援員養成講習」が20、21日に兵庫県丹波市柏原町柏原の柏原赤十字病院であった。受講者は座学や実技を通して、高齢者の支援や自立に向けた介護技術などを学んだ。 同病院が高齢期の理解を深め、地域福祉 ...
岡山弁護士会と岡山県社会福祉士会は、罪を犯して容疑者や被告となった高齢者、障害者らの更生支援に向けた協定を3月9日に締結する。それぞれの事情を配慮した支援計画を作るなど、連携してスムーズな社会復帰と ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、 ...
中医協が2018診療報酬改定に向け各論の議論をスタート - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
中医協は今後その対応を議論する予定だが、診療側委員からは「介護療養病床と同じ6年の経過措置を設けるべき」との意見が出た。 在宅医療では、(1)看取りや在宅医療を含む療養のニーズが多様化している、(2)在宅医療を受けている患者の状態や要介護度が多様で、医療 ...
市民らから虐待に関する相談や通報を受けたときは、まず地域包括支援センター職員や市介護福祉課職員らで構成するコアメンバー会議が虐待の有無の調査や緊急性の判断、対応方針を検討。必要に応じてネットワーク会議を開き、最適な対応やサポートを実践していく。
認知症の人も生きる意味や目的を持っていることには変わりありません。認知症の世界を知らないことで、勝手な解釈や想像が生まれ、それが認知症の人の困った感情や行動の理由と決めつけるのではなく、世話をする人が少し視点を変えて、自分と同じ感情を持ち、同じように ...
認知機能は55歳頃から明らかに低下 「読む、書く、食べる」で認知症予防 (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
認知機能は50歳を境に低下していく-この衝撃的な事実をご存じだろうか。認知症専門サイト「認知症ねっと」(運営=エス・エム・エス)が提供する「認知機能チェック」ツールの受験結果を医師が分析したところ、認知機能は40歳頃まではゆるやかに上昇するが50歳頃から少し ...
往年のアイドル、デビッド・キャシディが認知症を告白 - CNN Japan (媒体での記事掲載終了)
(CNN) 1970年代にアイドルとして人気を博した米歌手・俳優のデビッド・キャシディさん(66)が、20日発売の米誌上で自身の認知症を告白した。 キャシディさんは芸能誌ピープルとのインタビューで、祖父や母も認知症だったと話した。そういう家系だという現実から目をそら ...
高齢者の方は、体型や身体の状態(腰の曲がり方、四肢の可動範囲等)、生活環境(生活スタイルや介護サービスの有無等)が個人によって大きく異なります。靴下やアーム ... 当社は昨年の設立以来、ユニバーサルデザインブランド≪ユニユルク≫を展開して参りました。
離床時の転倒や徘徊を予防する介護ベッド用見守りセンサー「EVER ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
構造計画研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長:服部正太)は、介護施設における課題解決を目的として、非接触で体動や心拍・呼吸などのバイタルデータを感知 ...
老人ホーム入居権巡り現金詐取 警視庁、容疑の少女ら再逮捕 :日本 ... - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人ホームの入居権を巡るトラブル解決金名目で高齢者から現金1千万円をだまし取ったとして、警視庁少年事件課は22日までに、東京都府中市の無職少女(17)と江戸川 ...
中野区は、江古田3丁目の区有地に認知症高齢者グループホームなどの高齢者福祉施設を整備・運営する事業者として悠遊(西東京市)を選んだ。今後、東京都との補助協議などを経て、11月に既存建物の解体、18年2月に本体工事に着手する。 このコンテンツの続きをお読み ...
【5】 在宅介護デイサービスやホームヘルパーなどの介護保険サービスを利用しながら、子や配偶者などが介護する。家族間で主介護者(介護の中心となり、介護保険サービスとの窓口や家族の介護の分担などの調整をする人)を決め、主介護者を中心に、地域包括支援センター ...
入居率推移は、グループホームが97.5%、有料老人ホームが98.3%、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)が92.0%となり、高水準の入居率で推移している。事業所数は、訪問介護、デイサービス、有料老人ホーム・サ高住がそれぞれ1カ所増え、グループホーム、その他( ...
<宮城県予算案>4選見据え 福祉へ配分 | 河北新報オンラインニュース - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
村井嘉浩宮城県知事が東日本大震災からの「復興新ステージ予算」と名付けた2017年度一般会計当初予算案が17日、県議会2月定例会に提出された。沿岸被災地の ...
認知症予防に新手法 アロマとハンドマッサージ - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アロマ(芳香)とハンドマッサージの組み合わせで認知症の進行を防ごうと、日本介護美容セラピスト協会(大阪市福島区)が啓発活動をスタートさせた。自律神経への働き掛けなどで効果が見込まれるという。高齢者の5人に1人が認知症になるとされる中、介護する側もされる側も ...
高齢者の方は、体型や身体の状態(腰の曲がり方、四肢の可動範囲等)、生活環境(生活スタイルや介護サービスの有無等)が個人によって大きく異なります。靴下などの衣料品の ... 当社は昨年の設立以来、ユニバーサルデザインブランド≪ユニユルク≫を展開して参りました。
政府がUD2020行動計画策定/交通バリアフリー基準改正 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
ホテルなどの設計基準の改正は、1人でも多くの高齢者、障害者らが利用できるよう、「バリアフリーに配慮した一般客室」の設計標準を新たに追加する。既存施設の合理的・効果的なバリアフリー改修方法も提案し、より利用しやすい施設の絶対数を増やしていく。3月中に成案を ...
政府がUD2020行動計画策定/交通バリアフリー基準改正 | 建設通信新聞 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
政府は20日、2020年東京パラリンピックを契機に、誰もが生活しやすい街の実現に向けた『ユニバーサルデザイン2020行動計画』を策定した。同日開催した関係閣僚会議 ...
介護職のこだわりユニホームを表彰 グランプリに愛生苑 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設職員のユニホームのおしゃれ感、オリジナリティー、コンセプトなどを審査し表彰するイベントが2日に都内で開かれ、グランプリに特別養護老人ホーム愛生苑(社会福祉法人大和会、東京都多摩市)が選ばれた。 近隣の服飾大学の学生が施設を見学し、介護のイメージ ...
精神的な刺激となる活動への取り組みと、軽度認知障害(MCI)またはアルツハイマー病のオッズ低下との、横断的な関連が報告されている。しかし、70歳以上の高齢者 ...
なぜ「医療・介護」が日本を救うのか? - ニフティニュース (媒体での記事掲載終了)
いま、医療・介護の世界では「2025年問題」が取り沙汰されています。8年後に、団塊の世代が75歳以上になり、後期高齢者の仲間入りをするからです。それに備えて、病院はもとより治療後のリハビリや介護を担う施設の一体経営が、国および地方自治体にとって急務の課題に ...
認知症の高齢男性が2007年、徘徊(はいかい)中に電車にはねられて死亡し、その後、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟などを受け、シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」が3月29日、神戸市灘区六甲台町の神戸大・六甲台第1 ...
いま、医療・介護の世界では「2025年問題」が取り沙汰されています。8年後に、団塊の世代が75歳以上になり、後期高齢者の仲間入りをするからです。それに備えて、病院はもとより治療後のリハビリや介護を担う施設の一体経営が、国および地方自治体にとって急務の課題に ...
2017年02月21日()
認知症の高齢者の自宅に次々と高額なリフォーム工事などを行ったのは不法として、静岡市駿河区の男性(87)が同区で住宅リフォーム業を営む男性(48)を相手取り、工事代金と慰謝料569万円を求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、静岡地裁(関口剛弘裁判官)であった。
今や世界人口の半数以上が、2か国語またはそれ以上の言語を毎日使っていると言われています。母国語以外の言語は、当然ながら世界共通語の英語になります。 これで4歳で英検3級に合格も可能!? 今までなかった、乳幼児への英語の教え方 残念ながら日本では、 ...
<生きる支える 心あわせて>“燃える闘魂”介護士 ケアと後進育成に情熱 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
業界内で、山口さんは「“燃える闘魂”介護士」と呼ばれる。猪木氏を人生の師と仰いでいる、というだけではない。「介護職は、体力以外にコミュニケーションやマーケティングなど多様で高度な能力を発揮する最強のプロフェッショナル」と断言。誇りと情熱を持って、入居者のケアと ...
命の危機、声上げられない貧困者 第1景・超高齢社会(2) - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで「明日は何を食べようか」と眠れなかったが、ゆっくり休めるようになった。 福井県内の生活保護世帯は06年度は1780だったが、16年10月現在で88・5%増の3356。県地域福祉課の担当者は「高齢者の単身世帯が増え、年金だけでは生活できないことが背景にある」 ...
命の危機、声上げられない貧困者 第1景・超高齢社会(2) ふくいを生きる ... - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
即席ラーメンは二つに割って2日に分けて食べた。申し訳ないと思いながら、他人の畑から野菜を頂戴したこともある。福井市の男性(71)は「ダイコン一本で、3日は生きられ ...
歳をとっても頭脳明晰でありたい、そう願う人が大半です。しかし、実際には認知症(*)になり、社会生活はおろか個人の生活も成り立たせることができなくなる人がたくさんい ...
国交省は、20日にユニバーサルデザイン2020関係閣僚会議で「ユニバーサルデザイン2020行動計画」が策定されたことを受け、バリアフリー法を中心とする同省の施策を見直すことが必要と判断。 ... 21日の閣議後の記者会見で石井啓一国交相は、東京五輪を契機に高い水準のバリアフリー化を実現するため、道路 ...
【大田原】看護師らの講演や手軽にできる療法の体験などを通して認知症への理解を深める「第4回地域医療交流会」が3月18日、那須野が原ハーモニーホールで開かれる。 当日は、県内に17人という認知症看護認定看護師で同病院の森(もり)あかね看護主任(50)が「認知症 ...
横浜で不審火相次ぐ 空き地で雑草燃える - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
警察や消防によると21日午後4時半頃、横浜市瀬谷区にある団地の近くの空き地で、「雑草が燃えている」と119番通報があった。火は約30分後に消し止められたが、雑草は1000平方メートルにわたって燃えたという。現場近くには高齢者のグループホームがあり、利用者が ...
認知症患者の免許、医師の6割「確認してない」 - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
運転免許に関連して認知症の診断が求められる高齢者は年4000人から5万人に急増すると見られ、認知症の診療現場への影響が懸念されている。今回のアンケートでは、認知症の患者を診療している医師2856人に、改正道路交通法に対する認識、認知症患者の運転免許所有 ...
調査を担当したトロント大学公衆衛生学部のホン・チェン准教授は、「交通量が多い地域に生活している人は認知症の発症率は高くなったが、パーキンソン病や多発性硬化症との関係性は認められなかった」と述べて、大気汚染の原因となる二酸化窒素と微粒子に長時間さらされる ...
1970年代のアメリカのドラマ『パートリッジ・ファミリー』で人気を博した俳優/ミュージシャンのデヴィッド・キャシディ(66歳)が、認知症と闘っていることを明かした。 ◇デヴィッド・キャシディ画像 キャシディはつい最近、カリフォルニアで公演を開いた際、50年近く歌い続けてきた歌詞 ...
災害時に備え 福祉避難所開設・運営訓練 加古川 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
災害時に一般の避難所での生活が困難な高齢者や障害者ら要援護者を受け入れる「福祉避難所」の開設・運営訓練が21日、兵庫県加古川市別府町新野辺の特別養護老人ホーム佰楽苑(ひゃくらくえん)であった。加古川、高砂市、稲美、播磨町にある社会福祉法人28施設で ...
昨年10月、横浜市で児童の列に軽トラックが突っ込み、小学1年生の男の子1人が死亡したほか、7人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑 ...
介護予防事業所向けソリューション“ロコモヘルパー”が2016年度福祉 ... - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)が販売する運動機能測定システム“ロコモヘルパー”は、2016年度の川崎市独自の ...
介護予防事業所向けソリューション“ロコモヘルパー”が2016年度福祉製品「かわさき基準(KIS)」に認証 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
運動機能測定システム“ロコモヘルパー”について 介護予防事業所は、厚生労働省の「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、以下ロコモ)」啓発活動にあわせて、ロコモの判断基準となる開眼片足立ち・椅子の立ち座りなどの運動を定期的に測定し、高齢者やその家族に運動 ...
混合介護で討論会 「職員の待遇改善」「高額利用料の恐れ」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)は21日、介護保険と保険外サービスを組み合わせる「混合介護」をテーマに都内で公開討論会を開いた。事業者側は、多様な介護サービスが提供できれば「介護職員の待遇改善につながる」と主張。厚生労働省 ...
「ふるさと納税」による「税源流出30億円」に直面して - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
世田谷区は、この1年間で人口が約1万人増加し、未就学児童も増加し続けて「保育の充実・拡大」「子育て支援」に多額の投資をする一方で、高齢化社会を受けて特別養護老人ホームや高齢者施設、グループホーム等の需要にも応えています。 都市部特有の財政需要があり、 ...
... 入院加療が必要になる人など、その原因はさまざま。そしてこうした方々は高齢のため、退院時には入院前の状態に戻れていることがほとんどありません。 ... それでも、同居する寝たきりの奥さんの面倒をみていました。 奥さんのおむつ交換や食事介助等はヘルパーが行い、 ...
リアルすぎる医療マンガ『じたばたナース』【連載】『じたばたナース』第2話「認知症の孤独」 - ダ・ヴィンチニュース (媒体での記事掲載終了)
リアルすぎる医療マンガ『じたばたナース』【連載】『じたばたナース』第2話「認知症の孤独」. じたばたナース. 「死の描写が生々しくてグッときた」 ――看護師の目を通じてリアルな「人の死」が表現されたマンガが先日、ツイッターで話題になりました。 認知症患者さんの看護、暴れる ...
足こぎ車いす「COGY」を開発・製造する株式会社TESSに出資します(ニュースレター) - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
足こぎ車いす「COGY」の開発背景 要介護や寝たきりなど運動器障害になるリスクが高いロコモティブシンドローム(※2)の予備軍は、2009年には4700万人(※3)に上ると推定されており、今後も高齢化に伴い増加していくことが予測されます。そのような社会的課題を解決する一 ...
【医師監修】子どもに多い「マイコプラズマ肺炎」ってどういうもの? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
肺炎とは簡単に言ってしまえば、肺が炎症を起こすことを肺炎と言います。肺炎を引き起こす原因には細菌、ウイルス、誤嚥などがあります。現在肺炎は、日本人の死因第4位となり高齢者や持病を抱える方が最もかかりやすく重症化しやすいのです。また、抵抗力の弱い幼い子供 ...
足こぎ車いす「COGY」の開発背景 要介護や寝たきりなど運動器障害になるリスクが高いロコモティブシンドローム(※2)の予備軍は、2009年には4700万人(※3)に上ると推定されており、今後も高齢化に伴い増加していくことが予測されます。そのような社会的課題を解決する一 ...
高齢者施設の防災に力 今月から17市町村で研修会 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
... 者らに防災情報の活用法などを学んでもらう研修会が2月から始まった。国交省と県などの主催。本年度内に県内17市町村で実施し、災害時の適切な避難行動や事前準備を呼び掛ける。 16年8月、台風10号の影響で川が氾濫し、岩手県岩泉町の高齢者グループホーム…
介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」にてVR認知症体験会を ... - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)は、当社が運営する介護職向け求人・転職情報 ...
高齢者施設の防災に力 今月から17市町村で研修会 - 大分のニュース ... - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
水害や土砂災害から施設利用者を守るため、高齢者施設関係者らに防災情報の活用法などを学んでもらう研修会が2月から始まった。国交省と県などの主催。本年度内に ...
不動産業界から高齢者施設まで!スマートロックを応用したIoT ... - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
ライナフは20日、同社が提供する「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」が、三井不動産レジデンシャルリースの一部物件に導入されることが決定したと発…(2017年02 ...
米70年代アイドルのD・キャシディ、認知症が明らかに| ロイター - ロイター (媒体での記事掲載終了)
TVドラマ「パートリッジ・ファミリー」などで1970年代に人気を博した米俳優・歌手のデビッド・キャシディさん(66)が認知症に苦しんでいることが明らかになった。週末に行 ...
京都府福知山市の市議会行政視察研修報告会が20日、市役所5階で開かれた。自治基本条例や福祉、地域活性化などをテーマに、4常任委員会、議会改革検討会議と6会派が、各地で行った視察の内容を発表するもので、それぞれの事例を詳しく説明した。 市民への情報公開 ...
『パートリッジ・ファミリー』のデヴィッド・キャシディ66歳、認知症を公表 - エキサイトニュース (媒体での記事掲載終了)
ドラマ『パートリッジ・ファミリー』など多くのTV番組に出演したほか、映画俳優や歌手としても活動してきたデヴィッド・キャシディ(66)。そのデヴィッドがこのほど「認知症を患っています」と明かし、闘病を続けていると語った。 このほどデヴィッド・キャシディが米メディア『PEOPLE』の ...
介護のきついイメージ払拭 高校生らが研究会 | 河北新報オンラインニュース - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市内の高校で唯一の福祉系学科がある明成高(青葉区)が「きつい、汚い、給料が安い」の3Kと言われる介護職場のイメージを払拭(ふっしょく)しようと力を入れて ...
岡山市は、高齢者施設(グループホーム)整備事業者を追加募集する。整備対象地区は山南・芳田・香和・建部・桑田中学校区(日常生活圏域)。募集床数は5ユニット45床。各中学校区の上限は2ユニット18床。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録か ...
伊勢志摩サミット開催地・志摩市でバリアフリー観光講演会 - 伊勢志摩 ... - 伊勢志摩経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPO法人伊勢志摩バリアフリーツアーセンター(鳥羽市鳥羽)が2月20日、同NPO理事長中村元さんによる講演会「集客売上10倍の成功例をもとに導く バリアフリー観光の ...
その不安は現実となった。1月30日午前10時、社協の相談員とケアマネージャー(以下ケアマネ)をともなって「要介護の認定」の問診のため、ご夫妻の部屋を訪ねた。ブザーを押すが、中から返事がない。ブザーを見ると、通電確認のボタンが点灯していない。「ブレーカーが落ちて ...
僕の親父は100歳の時、またエージ・シュートをやると言って張り切りすぎ、脳梗塞と大腿骨骨折を起こし、寝たきりの認知症になった。 老人ホームの手厚い介護とリハビリで徐々に回復 ... 高齢者の介護そのものに問題が山積している。 そしてアンチエイジング医学の抱える最大の ...
糖尿病と高血圧で通院している70代女性が「糖尿病だとアルツハイマー型認知症になる確率が高いと聞いたのですが、私は大丈夫でしょうか?」と心配そうに尋ねてきました。女性の母親が晩年に認知症を患い、その世話が大変だったこともあり、「認知症だけにはなりたくない」 ...
先日ので議論になった国民健康保険について、国の動向含めて整理しておきます。 ご承知の通り高齢化が進んでまして、医療費負担が増加、ひいては、健康保険の保険料の値上がりにつながっています。 大田区の国民健康保険の基準保険料は 118,411円(年額)になる方向 ...
静岡市駿河区の長田西自治会連合会は、スマートフォンを活用した高齢者の身元確認サービスを2月末から始める。外出先で体調不良になったり、認知症で徘徊(はいかい)したりしている高齢者を発見した人が、自身のスマホを使って迅速な身元特定や救護に役立てることが ...
県は仮設住宅や借り上げ住宅などに生活支援相談員を派遣し、高齢者らの心のケアや孤立防止対策を進めている。ただ、県全体で400人が必要なのに対し、確保できた相談員は300人にとどまる。派遣元となっている県内26市町村の社会福祉協議会単位でも、双葉郡8町村を ...