介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2016年02月29日()
介護業界初!助成金活用により実質無料でオンライン研修受講し放題のサービスが登場! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
は介護事業者向けに、介護施設での現場経験・研修経験豊富なプロフェッショナル講師が実施する講義をオンラインで受講できる介護業界初のサービスです。実際に研修で使用する資料もサイト内からダウンロード出来、介護事業者が継続的に教育用資産として活用することも ...
有効求人倍率、1月は1.28倍に上昇 24年ぶり水準 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
訪日外国人客の増加で宿泊・飲食サービスなどの求人は堅調で、高齢化に伴う医療・福祉分野の求人も増えた。求人全体では1.6%減だった。一方、求職者は2.1%減った。厚労省は雇用情勢について「着実に改善が進んでいる」との見方を示した。 雇用の先行指標とされる新規 ...
5分でわかる認知症動画チャンネル「認知症ねっと」で開設 - http://www.newsalt.jp/ (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
今回公開した動画では、日本での認知症の現状として、認知症患者や予備群の人数、認知症の種類と割合、各種類による症状の違いについて、医者のキャラクターを使ったアニメで分かりやすく紹介する。今後、認知症の予防や進行を遅らせる方法として、生活習慣の改善方法 ...
ひだまり講座「旅と介護と温泉と~バリアフリーの温泉宿」は、3月19日(土)14時から女性総合センター5階第3学習室にて無料開催される。 この講座では、高齢者でも介護の必要な人でも安心していけるバリアフリーの温泉宿、立川市のグループ旅行高齢者支援制度を紹介。
国土交通省は、建築基準法施行令及び関連する告示を改正し、6月1日より建築基準法における定期報告制度の対象にサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)やグループホームなどの就寝用福祉施設を加える。 今回の改正は、避難上の安全確保の観点から実施するもので、 ...
<金口木舌>来月から障害者差別禁止法 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
法律は2013年に成立し、周知期間が3年近くあったにもかかわらず、ことしに入って国から指針が次々示され、ドタバタ感は否めない。28日の沖縄市社会福祉センターでの研修会では、こんな報告があった▽知的障がい者が預金通帳の発行を依頼した際のこと。「銀行に『名前と住所を漢字で書いて』と言われても書けな ...
「責任ない」信じる=死亡男性の長男−認知症事故訴訟 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
認知症事故訴訟の最高裁判決を前に、死亡した男性の長男(65)は「(事故以降は)JR東海の強い姿勢に翻弄(ほんろう)された苦しい8年間だった。最高裁では、賠償責任だけでなく家族の監督責任や、父が一人で外出することの危険性について問題がないと認められると信じて ...
介護理由で退職、15% 県内企業、仕事との両立に壁 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護による離職が問題となる中、県が県内企業三千五百七社を対象に初めて実態を調査した。この結果、回答した九割の企業が「仕事と介護の両立」を図る必要性を認識しながらも実際に従業員の介護の状況を把握できているのは半数にとどまり、15・9%の百九十三社で介護 ...
介護施設向け国有地、300カ所に 割安で貸し出し、離職ゼロ後押し - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
財務省が特別養護老人ホームなど介護施設を整備する事業者向けに割安で貸し出す国有地が、首都圏を中心に全国で約300カ所に上ることが29日、分かった。介護施設は、高齢者の増加率が高く、地価の高い首都圏などで不足が指摘されている。安倍晋三政権の目玉政策「 ...
認知症で電車事故 きょう最高裁判決 家族の責任は - NHK (媒体での記事掲載終了)
9年前、愛知県で認知症の男性が電車にはねられ死亡した事故を巡り、JRが対応にかかった費用の賠償を男性の家族に求めた裁判で、最高裁判所は1日午後、判決を言い渡します。認知症の人が事故を起こした場合の家族の責任について、最高裁がどう判断するか注目され ...
“川崎老人ホーム惨殺事件”介護士・今井隼人容疑者の素顔とは?(2)疑いがかかったのは窃盗事件がきっかけ - アサ芸プラス (媒体での記事掲載終了)
介護が必要だった高齢者が自力で乗り越えるのは難しく、遺書も発見されていなかった。それでも転落事件後に発表された施設の報告書には、「県警の現場検証の結果、転落による事故」と記されていた。警察は、いずれの遺体も外傷以外に目立った傷が確認されなかったため、 ...
サアード市は農業が中心。人口約9800人で、このうち高齢者が約1250人、要介護障害者が約210人。若年層が職を求めて都会へ移動する傾向がある。2007年から、国際協力機構(JICA)が高齢者、要介護者向けのケアワーカー、ケアマネージャーなどの人材育成を進め ...
目指せ!一生安泰!これからに困らない“食べられる”資格情報 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者や身体障害者など福祉サービスを必要とする人たちからの相談を受け、アドバイスや指導などの援助を行える資格です。職場も老人ホームや在宅介護支援センター、病院、児童福祉施設、身体障害者療護施設など全国各地に幅広くかつ多くあります。採用時にも資格手当 ...
立候補予定3氏が公開討論 県知事選 - 熊本日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
幸山氏は、少子高齢化と人口減少で地方の衰退が進んだとして、「良き流れという認識自体が重大な問題だ」と指摘。県民の暮らしや ... 不十分」と批判。安全保障法制や消費税増税などを進めた安倍政権に対しても意見を主張し、住民福祉を重視した県政に転換すべきだとした。
認知症の当事者でつくる「日本認知症ワーキンググループ」が、地域社会でよりよく暮らしていくための提案をまとめた。その中で「私たちが外出することを過剰に危険視して監視や制止をしないで」などと要望。認知症の男性が列車にはねられた事故で遺族がJR東海から損害賠償 ...
高齢社会の在り方問う=認知症事故、専門家も注視―最高裁、1日に判決[時事] - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
愛知県大府市で認知症の男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に列車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が3月1日、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)で言い渡される。高齢化社会の在り方に影響を与えるとみ ...
上野さんは元東京大学教授(現在は立命館大学特別招聘教授)で、女性学、ジェンダー研究の代表的な理論家であり、近年は高齢者の介護をテーマにした『おひとりさまの老後』『ケアのカリスマたち―看取りを支えるプロフェッショナル』など多くの著作を出版、2011年からは女性をつなぎエンパワメントするための認定 ...
認知症の母との思い出をつづったエッセー漫画「ペコロスの母に会いに行く」の作者・岡野雄一さん(66)=長崎市=が28日、愛媛県新居浜市大生院の県総合科学博物館でトークライブショーを開いた。介護を受ける高齢者やその家族ら約300人を前に、気持ちにゆとりを持つよう ...
高齢社会の在り方問う=認知症事故、専門家も注視—最高裁、1日に判決 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
愛知県大府市で認知症の男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に列車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が3月1日、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)で言い渡される。高齢化社会の在り方に影響を与えるとみ ...
高齢社会の在り方問う=認知症事故、専門家も注視-最高裁、1日に判決 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
愛知県大府市で認知症の男性=当時(91)=が徘徊(はいかい)中に列車にはねられ死亡した事故をめぐり、JR東海が家族に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が3月1日、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)で言い渡される。高齢化社会の在り方に影響を与えるとみ ...
だが、それはできない。病室を辞して廊下に出たとたん、涙がこぼれ落ちた。 さらに2週間して病室を訪ねると、娘さんの自宅近くの療養病床へ転院したとかで、そこに彼女の姿はなかった。 あれから1年がたち、鳴ることも鳴らすこともなかった番号が、消せずに今も携帯電話に残っ ...
「下流老人」にならないためのNISA、確定拠出年金の活用法を考える - ハーバー・ビジネス・オンライン (媒体での記事掲載終了)
下流老人」の定義は、「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」(「下流老人」(朝日新書)の著者で、社会福祉士の藤田孝典氏による定義)のこと。生きてはいけるが、周囲と比べて明らかに貧乏な暮らしをしている状態の65歳以上の高齢者が、現在22% ...
グループホームでの介護には介護保険が適用されますが、家賃や食費、光熱費などは有料老人ホームと同様に全額自己負担します。要するに、共同生活をするシェアハウスのような賃貸住宅で、認知症の専門知識がある職員に助けてもらいながら生活する施設、と考えて下さい ...
若年性認知症への理解深める - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症への理解深める 写真あり 新潟でセミナー. 65歳未満で発症する「若年性認知症」をテーマにしたセミナーが28日、県庁で開かれた。関係者ら約140人が支援の在り方などを考えた。... 【社会】. 2016/02/29 15:54 ...
みんなで楽しく健康づくり~稲穂金山健康づくり事業開催 - 札幌市役所 (媒体での記事掲載終了)
2月27日(土曜日)、北海道手稲養護学校(手稲区稲穂3条7丁目)で、稲穂金山健康づくり事業「健康っていいね♪稲穂金山」が開催され、近隣住民ら約140人が、健康体操や体力測定などさまざまなイベントを通じて健康づくりに取り組みました。 この催しは、高齢になっても元気 ...
御社は昨年10月に、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構より障害者雇用優良企業として、表彰を受けています。さらには障害者の ... そこで、福祉事業を担う会社を立ち上げ、国の補助を受けながら、育成そして自立支援につなげてもらおうと考えたのです。 ――グループ全体 ...
移動助ける電動カート 成田空港で試験導入 - NHK (媒体での記事掲載終了)
障害のある人や高齢者などの移動を助けようと、成田空港のターミナルに「電動カート」が3月1日から試験的に導入されることになり、29日、報道関係者向けに公開されました。 成田空港では、4年後の東京オリンピック・パラリンピックに向け、施設のバリアフリー化を進めることが ...
認知症への理解広め人権賞 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
新潟市中央区のホテルで開かれた贈呈式で県支部の金子裕美子代表は、認知症が世界中の問題になっていると指摘。「来年の春に京都で国際会議が開かれる。認知症の人や介護者が健やかに暮らせるよう、さまざまな施策や社会の理解が進むことを願っている」と話した。
JR認知症事故、1日に判決 遺族「介護の実情踏まえて」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した認知症の男性(当時91)の遺族に、JR東海が損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が来月1日、最高裁で言い渡される。男性の長男(65)は「介護する家族の実情を踏まえた判断をしてほしい」と願っている。 男性は2007年12月7日 ...
これに対してホームヘルパー22万円(44歳平均)、福祉施設介護員21万9000円(39歳平均)。全産業平均よりも10万円低い。 ... 以下「心身の不調(腰痛を除く)、高齢」「労働時間・休日・勤務体制があわなかった」「腰痛」とランクされた。前出の介護コンサルタントは次のように ...
日本人は一番認知症になりにくい人種 それでも安心できない理由 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の発症率が人種によって異なることは知られていたが、生活習慣の違いや貧富の差などの影響が考えられるため、はっきり立証できていなかった。 米カリフォルニア大学の研究チームが、同じ地域に住む同一条件の大規模集団で調査した結果、やはり人種ごとに大きな差 ...
日本人の死亡原因の3分の2を占めるといわれている生活習慣病ですが、認知症にも影響があることをご存知でしょうか。生活習慣病は、認知症のなかでも脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症の発症に関与しているという論文も発表され、このなかでは生活習慣病への ...
現在、社会問題となっている高齢化社会の問題では、盛んに寝たきりの予防が叫ばれています。その寝たきりになってしまう要因の一つが骨折です。特に大腿骨頚部(太ももの骨上端近くのくびれ)を骨折してしまうと、立ち上がることも困難になってしまいます。大腿骨頚部骨折の ...
急速に進む高齢化や都市部への人口流出に歯止めがかからない中、空き家は今後も増え続けるとみられる。何も対策を講じないと、空き家率は23年に全国で21%、35年には32%になるとの民間シンクタンクの試算もある。 放置しておけば、老朽化し ... 空き家対策を重要施策と位置付け、危険な空き家の撤去に加えて ...
2016年度の診療報酬改定について、介護現場にどのような影響がおよぶのかを考えます。今回は、(1)認知症患者への適切な医療と、(2)回復期から維持期にかかるリハビリに関するそれぞれの評価を取り上げましょう。いずれも、ケアマネジメントの在り方を左右するポイントが ...
スマートフォンサービス「TONE」を展開するトーンモバイル株式会社は、認知症や寝たきりの予防につながる「奇跡の研究」とも称される「中之条メソッド」を、東京都健康長寿医療センター研究所の老化制御研究チームで医学博士青栁幸利博士の監修により「TONE」のサービスに ...
認知症を患った親の遺言書は無効か? 公的な証明ができるように備えたい - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
A.非常に複雑な法律問題となる。公的な証明ができるように備えたい。 2025年には高齢者の5人に1人が認知症といわれる時代になり、認知症と遺言書の関係をめぐるトラブルが増えてきた。 「母と弟と三者合意で、自筆で母の遺言書を作成したのですが、母の死後、晩年に ...
2016年02月28日()
働き続ける米高齢女性、経済をどう変えるのか - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
コニー・ブランチェットさん(72)はミネソタ州アノカ郡の社会福祉機関で働く比較的新しい非常勤職員だ。そのため、長期間働いてきた大半の公務員とは退職給付制度が異なる。彼女は「できるだけ長く働くつもり」と話す。 ブランチェットさんは金融危機で仕事と家、そして貯蓄も失っ ...
【今週の焦点】電車にはねられた認知症男性の介護家族は、賠償責任をどこまで追うのか? 最高裁が判断へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
責任能力がない認知症男性が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故で、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審判決が3月1日、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)で言い渡される。認知症高齢者を介護する家族がどこまで監督義務を ...
胃薬と認知症に関連性はあるのか - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
定期的なPPIの胃薬を使っている患者(n=2950;平均[SD]年齢、83.8[5.4]歳;その内77.9%が女性)とPPIの胃薬を使っていない患者(n=70729;平均年齢83.0[5.6]歳;その内73.6%が女性)を比較したところ、認知症リスクの有意な増加がみられた。(ハザード比1.44[95%CI、1.36 ...
介護保険料最高/制度熟成でサービス充実を - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度は40歳以上が保険料を負担する。65歳以上の第1号、40~64歳の第2号の被保険者に区分される。40~64歳の保険料は公的医療保険を通じて納め、本人負担は原則半分。残りをサラリーマンであれば事業主が、自営業者であれば公費で負担する。65歳以上 ...
紙芝居使い認知症を説明 仁愛大生、武生楽市で啓発活動 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
仁愛大(越前市大手町)の学生が二十八日、同市横市町の武生楽市で認知症の啓発活動をした。手作りの紙芝居の読み聞かせを通じて、症状や対応方法を説明した。 学生は、水上喜美子准教授(心理学科)の研究室所属の三年生五人。市内の量販店などで啓発活動に ...
長谷工コーポレーショングループのセンチュリーライフ(東京都港区)と生活科学運営(同)は川崎市高津区で、高齢者向け住宅事業を共同展開する。 センチュリーライフが3月1日から運営するのは有料老人ホーム「メディカルケア センチュリーハウス溝の口」。看護職員の24時間 ...
厚生労働省(平成26年度雇用動向調査)と財団法人介護労働安定センター(平成26年度介護労働実態調査)の集計によると、介護職員(常勤)の離職率は16.3%で、全産業平均の12.2%を4%上回った。事業所規模別に見ると、介護職員の離職率が10%未満の事業所が約半数 ...
福島復興の現実(2) 60代も介護の戦力に - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
通所する知的、身体など20人弱の障害者を40~60代の職員9人で介護する。震災前から働く職員は施設長を含め3人だけ。原町区がある市中部は、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が2011年9月に解除されたが、放射線への懸念もあり、市外に避難した子育て ...
【今週の焦点】介護家族の責任、最高裁判断へ 施設の委縮懸念、実情見た判決を - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
国が新たな認知症対策「新オレンジプラン」を策定するなど、機運が高まっていた中で続いた今回の訴訟。公益社団法人「認知症の人と家族の会」(京都市)代表理事の高見国生(くにお)さん(72)は「家族に責任を押しつけるのではなく、社会全体が身近なこととして取り組むべき ...
認知症JR事故死 判決待つ長男 (媒体での記事掲載終了)
新たに認知症になる人は減り続けている? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
年齢と性別で調整した認知症の5年間の累積ハザード率は、第1期(1970年代末から1980年代初)には100人あたり3.6人、第2期(1980年代末から1990年代初)には100人あたり2.8人、第3期(1990年代末から2000年代初)には100人あたり2.2人、第4期(2000年代末 ...
介護殺人 ケアマネ55%が危惧 (媒体での記事掲載終了)
韓国:基本所得が代案社会戦略にならない理由 - レイバーネット日本 (媒体での記事掲載終了)
労働党と緑色党などが2016年の総選挙を控えて社会福祉拡充と代案社会に到達するための核心公約として設定したのだ。 世界的にも基本所得計画は広がる傾向 ... したがって、伝統的な所得保障制度を代替するために企画された基本所得論が、 社会(福祉)政策が語る社会的給付なのかを確かめる必要 ...
大分認知症カンファレンス研修会 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族を地域で支えようと医療や介護の専門スタッフらによる研修会が開かれ活動の成果を発表しました。医療や介護などの関係者で構成する「大分認知症カンファレンス」は2014年度から県の委託で「認知症地域ネットワーク事業」に取り組んでいます。28日は ...
0 認知症介護に困ったらどこに相談すればいい? - 介護のほんねニュース - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の家族の介護で困ったときや悩んだときは、ひとりで抱え込まず、しかるべき場所へ相談することが大切です。 では、いったいどこに相談すればいいかご存じでしょうか ...
少子高齢化が進む中、奈良市が若者の就労マッチング事業の一環として開催している「福祉職魅力発見バスツアー」が低調だ。福祉職の現場を見て回るツアーで、平成24年から毎年1回開催し、これまでに計63人が参加したが、正社員採用に結び付いたのはたった1人。
冬の浴室、急死リスクを回避=空調、断熱で温度差縮小-住宅各社 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
真冬に暖かいリビングから寒い浴室やトイレに移動する際、急激な温度変化により血圧が大きく変動する「ヒートショック」を起こし、心筋梗塞や脳卒中で倒れる高齢者が増えている。急死するケースも少なくないため、原因と ... 三井ホームは、全館空調で部屋ごとの温度差をなくす健康空調システム「スマートブリーズ ...
介護殺人に温情判決 やむにやまれぬ犯行と認められた面あり - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
昨年7月、世間の関心を集めた2つの介護殺人事件の判決が下された──。7月8日、妻(当時83歳)に対する嘱託殺人の罪で起訴されたA氏(93歳)に、千葉地裁は「懲役3年、執行猶予5年」を言い渡した。公判で明らかにされたのは60年以上連れ添った最愛の妻を自らの手で ...
認知症、温かい目で 徳島・海南小でサポーター講座 認知症患者やその家族を地域で支える「認知症サポーター」の養成講座が25日、海陽町の海南小学校であり、5、6年生78人が認知症への理解を深めた。 町地域包括支援センターの保健師海部栄子さん(48)が講師を務め、 ...
佐賀県上峰町社会福祉協議会は2月24日、地域住民と共に認知症で徘徊する高齢者を見守る「上峰町高齢者SOSネットワーク」を立ち上げた。 同町の町老人福祉センター「おたっしゃ館」で行われた調印式には、鳥栖署の松吉昭典署長、鳥栖・三養基地区消防事務組合の石橋 ...
... そうである場合と、病床の特性上医師がうまく説明しているだけの場合があると思う。延命治療を望むことが悪いことであるかのような印象を与えられる。少しでも長く生きて欲しいと、家族は望んではいけないのか。早く追い出されるだけの急性期、延命治療出来ない療養病床。
3月21日(月・祝)は、現在家族の介護をしている男性やその配偶者を対象として、「男性が介護を担うとき -経験者が語る傾向と対策-」をテーマに、パネルディスカッションと対話会がおこなわれる。コーディネーターは男性介護ネット事務局長の津止正敏氏。さまざまな介護経験談を ...
佐藤准教授は「適度な運動が認知症の予防につながる可能性については知られている。今回、音楽と組み合わせることで『上乗せ効果』があることが明らかになった」と話す。現在行っている音楽療法室でも、グループで受けることで社会性やコミュニケーションへの好影響を期待し ...
介護のストレス軽減 沼津で精神科医香山さん講演 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
SBS学苑イーラde沼津校は27日、「介護うつ」の予防をテーマにした特別講演会を沼津市魚町のサンフロントで開いた。精神科医で立教大教授の香山リカさんが父親を介護した体験談を交えながら、介護中の心の持ち方などについて語った。 香山さんは介護をする人が大きな ...
2016年02月27日()
ココアについてはこれまでも多くの病院や介護施設で使用されて、寝たきり患者の排便コントロール効果、床ずれの早期改善、便秘の改善などで良好な結果を得ている。 森永製菓ではココアの活用により、高齢化社会に向けてさらに介護者の負担軽減や、介護される側の生活の ...
元越谷市課長を再逮捕 業者と共謀、費用水増し詐欺容疑 埼玉 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
越谷市役所に生活相談中だった高齢男性の不動産処分をめぐる贈収賄事件で、家屋の解体費用などを水増しして詐取したとして、県警捜査2課は27日、詐欺の疑いで、同市東越谷、元越谷市社会福祉課長、鈴木健翁(たけおう)被告(61)=収賄罪で起訴=を再逮捕した。
「サ高住」って何? 高齢者向け住居の選び方 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
週末の夕方。初野家では利子と新衣紗が夕食の準備をしています。藤志郎の田舎でとれた野菜を使った鍋料理のようです。一方、藤志郎は居間で何やら考え込んでいます。そこに夕食に誘われた鯛吉がやってきました。 とうしろう 遅いぞ、鯛吉くん。そろそろ食事と相談はセットだ ...
最期の医療、苦痛の緩和か延命か 悩む患者や家族たち - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... そうである場合と、病床の特性上医師がうまく説明しているだけの場合があると思う。延命治療を望むことが悪いことであるかのような印象を与えられる。少しでも長く生きて欲しいと、家族は望んではいけないのか。早く追い出されるだけの急性期、延命治療出来ない療養病床。
認知症対策テーマに支え合い訴える 東近江で児童ら - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症対策を主題にした「地域から医療福祉を考えるフォーラム」が二十七日、東近江市やわらぎホールであった。専門家や市職員らに交じって、市内の市原小学校六年生十九人が堂々とステージ発表し、支え合いの大切さを訴えた。 子どもたちは一学期から、地元の有志で ...
家族の賠償責任、1日に判決 大府の認知症JR事故訴訟上告審 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県大府市で二〇〇七年、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審判決が三月一日、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)で言い渡される。認知症患者の事故の責任 ...
台湾、外国人頼みの介護 人手確保に危機感、賃金アップ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
台湾は1992年から、介護を担う「看護工」になってくれる外国人を受け入れ始めた。家庭内で介護を主に担ってきた女性の社会進出を、支えるねらいがあった。資格要件はほとんどなく、2014年末に約21万8千人。インドネシア人が約17万3千人で最も多く、フィリピンやベトナム ...
横須賀で女性殴られ死亡 認知症? 傷害容疑で夫を逮捕 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
26日午後5時40分ごろ、神奈川県横須賀市桜が丘の県営団地の住民から「年配の男性が警察官を呼んでほしいといっている」と110番通報があった。県警浦賀署員が駆けつけると、団地の一室で女性(68)が倒れており、間もなく死亡が確認された。女性は顔に殴られた痕が ...
生活保護受給者の土地購入 市内部調査で不正判明 市議「市の責任は大きい」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
詐欺容疑で再逮捕された埼玉県越谷市の元社会福祉課長、鈴木健翁容疑者(61)=収賄罪で起訴。市の内部調査では、同 ... 越谷市によると、平成27年2月、生活保護受給者の高齢男性の土地と家を処分する際、買い手を自分の息子とする売買契約を締結。約500万円で売買 ...
女性死亡 認知症疑いの夫を逮捕 - NHK (媒体での記事掲載終了)
26日、神奈川県横須賀市の団地の1室で女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認され、警察は女性の70歳の夫を暴行した疑いで逮捕しました。警察は、夫が認知症の疑いがあるということで、慎重に詳しいいきさつを調べています。 26日午後5時半すぎ、神奈川県 ...
要介護1と2の「軽度者」に対してホームヘルパーが訪問介護で行っていた買い物、調理、掃除といった生活援助サービスを介護保険の給付対象から外すというものです。 見直しの背景には、 ... 高齢者向けに栄養バランスや消化の良さも考えられています。また、手渡しする、玄関 ...
ケアマネージャーのFさんは言います。 「(“要介護”より軽度の)“要支援”の方にも生活援助サービスを利用しているケースがあって、そこが給付除外になるのはやむを得ないといえます。でも、要介護1と2を除外対象にするのはひどいですよ。その方たちがどんな状態か、考えてみて ...
野良猫を通して考える人間関係、生死、共存 映画「Peace」上映会 - sippo(シッポ) (媒体での記事掲載終了)
ボランティア同然で介護の世話をする高齢の夫婦とその家に住みついた野良猫にカメラを向けた作品だ。義父が飼っている野良猫の世界を撮っているうちに、義父母の福祉関係の仕事や周囲の人々の暮らしも撮影するようになったという。平和とは、共存とは、生と死とは――。
「介護の疲弊理解を」兵庫の家族会、対策要望 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
1日の最高裁判決を控え、「認知症の人と家族の会」兵庫県支部代表の河西(かわにし)美保さん(65)=神戸市中央区=は「家族がいかに日々神経をすり減らし、自宅で疲弊して介護しているかを分かってほしい。賠償責任を家族に負わせるのは酷だ」と話す。 河西さんは、認知 ...
認知症支援広がって! つえにQRコード、捜索協力者を登録 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
認知症による高齢者らの徘徊(はいかい)への対応や事故防止を支援する行政の取り組みが県内で本格化してきた。しかし、支援は一部にとどまり、介護に携わる家族には、いまだ厳しい現実が浮き彫りになっている。地域全体で認知症患者を支える態勢づくりが求められる。
今後は、認知症の予防・改善に役立つとされる中鎖脂肪酸などの研究をはじめ、食生活を改善することによる健康寿命延伸の可能性を追求し、地場食材を活用することにより地域活性化を図っていく意向だ。 高齢者が自分らしく生きるまち『すずか』を. 鈴鹿市では、平成27~29 ...
高齢者施設で利用者の話し相手をする傾聴ボランティアの養成講座が3月6日(日)と26日(土)各午後1時、和歌山市手平のビッグ愛9階で開かれる。企画するボランティア ... 約20年間、老人ホームで歌や手遊びなどのレクリエーションを行ってきた同グループ。人前で歌うことや ...
介護職賃上げ 6000円止まり 政府施策後も遅い改善 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
不足する介護人材の確保と定着のため、政府が二〇一五年度の介護報酬改定に合わせて実施した介護職員処遇改善加算。一人当たり月額一万二千円相当の賃上げを図るはずが、実際には六千円弱しか上がっていないことが、介護業界最大の労働組合「UAゼンセン日本介護 ...
外国人介護福祉士 訪問介護を解禁へ EPA見直し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日した外国人の介護福祉士の働き場を施設だけでなく訪問介護にも広げる方針を決めた。介護現場の深刻な人手不足を少しでも和らげたい考えだ。厚労省の有識者検討会がこの日、方針を了承した。2017年度にも ...
2016年02月26日()
「地域の高齢者がいつまでもお元気でいられるように」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームや有料老人ホームの経営をはじめデイサービスなど多岐にわたる事業を展開し、地域の中で常に高齢者福祉のパイオニアとして存在価値を示している。今回、同法人が ... これは、旧ヘルパー2級と呼ばれていた資格を取得するための講座。介護の業界で働く ...
介護職員“賃金が増えた”は2割にとどまる - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護現場の人手不足を解消するためとして、去年、職員の賃金を引き上げるなどした施設への介護報酬が上乗せされたにもかかわらず、賃金が増えたとする職員は5人に1人にとどまっていることが労働組合のアンケート調査で分かりました。 このアンケート調査は労働組合の ...
認知症、予防には他人と交わり適度な運動を - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
先日、和歌山医大認知症センター主催の市民公開講座が行われ、多くの方にお越しいただきました。講演のテーマは「認知症の予防」についてです。参加されなかった人のため、ここで概略を説明しましょう。 厚生労働省の試算によると平成37年には認知症患者は700万人を ...
認知症になりやすい人の12の特徴 - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
認知症の発症率は1,000人年あたり、60から79歳(6,017人)で1.88(95%信頼区間、1.83-1.93)、80から95歳(7,104人)で16.53(95%信頼区間、16.15-16.92)であった。60から79歳の予測因子は年齢、性別、社会的欠乏、喫煙、BMI、アルコールの大量摂取、降圧薬、糖尿病、 ...
指揮者つんく 、石巻の子ども合唱団“つながり隊”と共演 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
つながり隊の子どもたちは仮設や老健の人たちに聴いてもらうために一生懸命に練習します。そして今回、3・11という運命の日に、サントリーホールで合唱できる機会に恵まれたことは、頑張ってきた子どもたちへの人生のプレゼントになるのではないかと思っております」と話す。
市職員名乗り不審電話 松阪市、注意呼び掛け - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松阪市職員を名乗る不審な電話が二月中旬、市内の高齢女性宅に掛かった。市は注意 ... 市によると、実在しない「市保健福祉課」を名乗る男から「平成二十年から二十三年までに三万七千五百円の還付金があり、通知を昨年四月に送ったが確認したか」と電話が掛かってきた。
指揮者つんく 、石巻の子ども合唱団“つながり隊”と共演 - ORICON STYLE (媒体での記事掲載終了)
つながり隊の子どもたちは仮設や老健の人たちに聴いてもらうために一生懸命に練習します。そして今回、3・11という運命の日に、サントリーホールで合唱できる機会に恵まれたことは、頑張ってきた子どもたちへの人生のプレゼントになるのではないかと思っております」と話す。
スズケン社長に宮田氏発表、「介護や海外、伸ばす」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医薬品卸大手のスズケンは26日、宮田浩美副社長(55)が4月1日付で社長に昇格する人事を正式発表した。社長交代は9年ぶりで、太田裕史社長(67)は取締役相談役に就く。宮田次期社長は記者会見で、主力の卸売りを柱に据えながら、介護など他事業も伸ばして多角化を ...
認知症事故、家族に責任? JR賠償請求で最高裁1日判決 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人が起こした事故の賠償責任を介護してきた家族が負うべきかどうか。愛知県で2007年、認知症で徘徊(はいかい)していた男性(当時91)が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海が男性の家族に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決が3月1日、最高裁で言い渡さ ...
豊川市は26日、国府地区で、徘徊(はいかい)高齢者捜索模擬訓練を行った。同市高齢者地域見守りネットワークや地区民生委員、老人クラブ、介護保険関係事業所などから約50人が参加。情報の伝達や高齢者への声かけ、保護などの手順を実際の流れに沿って確認した。
“ビキニ被ばく”元船員ら労災認定求め申請 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
ビキニ事件について、30年以上前から調査を続けてきた市民団体の山下正寿事務局長は、元船員たちが高齢になっていることから早い対応を求めた。 元船員などを支援する市民 ... 少ない80代で残っている人が、ほとんど病気で寝たきりの状態。なんとか早めに申請認定を伝え ...
ロボ介護機器やICTを本格導入した有料老人ホーム - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
オリックス・リビングは、ロボット介護機器やICT機器を本格導入した有料老人ホーム「グッドタイム リビング 流山 弐番舘 -おおたかの森-」を2016年6月1日にオープンする。同社が運営する有料老人ホームとしては25棟目となり、25棟を合わせた部屋数は2129室となる。
外国人介護福祉士の訪問介護解禁へ EPAで厚労省 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日した外国人の介護福祉士の働き場を施設だけでなく訪問介護にも広げる方針を決めた。介護現場の深刻な人手不足を少しでも和らげたい考えだ。厚労省の有識者検討会がこの日、方針を了承した。2017年度にも ...
介護職員 給与増加は4人に1人にとどまる - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
政府は今年度、介護職員の給与を増やす仕組みを導入したが、実際に月給が増えた職員は、4人に1人にとどまっていることがわかった。 労働組合の全労連の調査によると、介護現場で働く職員のうち去年4月の時点で「月給が増えた」と答えた人は25.3%、「変わらない」 ...
徘徊(はいかい)中に列車にはねられた認知症の男性の遺族が、鉄道会社から損害賠償を求められた裁判の行方が注目されています。一、二審では、徘徊は他人に害を及ぼす危険性がある行為との認識が示されましたが、そうなのでしょうか。…[続きを読む] · 介護中の妻殺害 ...
今年の大田区予算編成における4つの重点課題のひとつは「少子高齢化の進行など人口構成の変化への対応」で、その中に子育て、教育、健康、福祉、医療の充実と書かれてはいますが、具体的な保育施策は、民間建物(土地)を一括借り上げした事業所内保育所開設支援に ...
来日介護職員、訪問介護事業所での勤務認める 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日、経済連携協定(EPA)に基づいて来日した介護職員が訪問介護事業所で働くことを認めると決めた。介護福祉士の資格のほか一定の実務経験や日本語能力が条件だ。対象の介護施設に年2人以上の受け入れを求めていたルールを改め、施設で同国人が ...
認知症 鉄道事故で死亡22件 (媒体での記事掲載終了)
富士通、介護サービス事業者向けの業務支援システム--SNS形式の情報共有など - ZDNet Japan (媒体での記事掲載終了)
HOPE LifeMark-WINCAREは、既存の介護サービス事業者向け業務支援システムに、任意の医療機関や自治体、訪問看護事業者などとのSNS形式の情報共有機能や、介護施設内での掲示板機能、スマートデバイスで介護スケジュールや介護記録の入力、参照が可能な ...
芙蓉総合リース、東京都の官民連携福祉貢献インフラファンドと5億円のファンド契約 - Market Newsline (媒体での記事掲載終了)
AIP都内福祉貢献投資事業有限責任組合は、AIPヘルスケアジャパン合同会社がファンドマネジャーを務めることで、今年の2月12日付けで設立された都内の福祉貢献型建物に投資を行う官民ファンドとなる。東京都の出資額は25億円で、運営期間は7年(1回に限り1年間の延長 ...
フジ「いつ恋」介護福祉士会から意見書も…現場の萎縮「ない」 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
ドラマでは、女優の有村架純(22)演じる高齢者介護施設に勤める主人公が24時間労働など過酷な労働環境で働いている。同会がホームページで公開した意見書によると、同会に「本当にあのような環境なら、身内の介護の資格取得をやめさせようと思う」とのメールが届いた ...
スマートデバイス対応では、ネットワーク接続が可能であれば、施設内の介護現場や要介護者宅など、いつでも、どこでも介護スケジュールや介護記録の入力・参照が可能になる。また、ケアマネージャーが作成した介護プラン案を、スマートデバイスを使って要介護者や家族と見 ...
認知症支援のカフェ開設へ 帯広市、近隣住民との交流も - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
開催は週に1回程度。包括支援センターの職員らが参加し、患者たちとの交流や家族が介護の思いや悩みを情報交換する。特定のテーマや話題を設けることも検討している。 金森克仁高齢者福祉課長は「高齢化が進む中、認知症の人に理解を持ち、一緒に暮らしていく下地や ...
神経変性疾患の1つであるアルツハイマー型認知症では、神経炎症が発症のプロセスに強く関与すると考えられています。また、一部の非ステロイド系抗炎症薬がアルツハイマー型認知症の予防や治療に効果を示す可能性が、動物モデルや臨床研究で報告されています。
“ワタミ”介護施設で女性死亡、施設長ら4人書類送検 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
業務上過失致死の疑いで書類送検されたのは「ワタミ」のグループ会社が運営していた東京・板橋区にある介護付き有料老人ホームの当時の施設長(46)やケアマネージャー(37)ら4人です。 施設長らは2012年2月、74歳の女性を1人で入浴させた後、転ぶのを防ぐといった ...
オリックス・リビングは、ロボット介護機器やICT機器を本格導入した有料老人ホーム「グッドタイム リビング 流山 弐番舘 -おおたかの森-」を2016年6月1日にオープンする。同社が運営する有料老人ホームとしては25棟目となり、25棟を合わせた部屋数は2129室となる。
富士通、スマホ利用した介護サービス業務支援システムを発売 - IT Leaders (媒体での記事掲載終了)
富士通は2016年2月25日、介護サービス事業者向け業務支援システム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-WINCARE」を発表した。スマートデバイスを活用して、情報の共有と介護記録業務時間の短縮を図れる。発売は2016年2月29日。
高齢者1万人、認知症と生活習慣の関係探る 8大学が調査計画 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の発症と生活習慣の関係などを調べるため、九州大を中心に全国8大学が連携して、高齢者1万人を対象にした大規模な調査を計画していることがわかった。健康状態を10年間にわたって追跡し、発症までの経過を調べ、効果的な予防や治療につなげる。国の補助事業に ...
骨粗しょう症の予防に情熱燃やす - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
医師として長年取り組んできた骨粗しょう症の予防に、古里の島で情熱を燃やす。佐渡市両津地区の介護老人保健施設「親里」の施設長を務めるかたわら、近くの両津病院で「骨健康外来」を開く。骨密度を測り、将来骨粗しょう症にならない生活習慣をアドバイス。「腰や背中が ...
認知症患者の徘徊は、目的なく歩き回っているように見えるが、実はほとんどの場合、本人はきちんと目的を持って歩いている。 情緒不安定な状態であることにより、今いる ... 漢方薬は、西洋薬に多く見られる副作用もなく、高齢者でも比較的取り入れやすい。漢方薬と日常ケアを ...
認知症対応、一般病院も強化 患者や家族の不安軽減 - 熊本日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が増える中で、肺炎や骨折といった「身体合併症」を治療する病院でも認知症の人への適切な対応が求められている。県は独自の取り組みとして、2014年度から県内の病院を対象に「オレンジドクター・ナース」の養成事業を開始。認知症の診療を専門として ...
早稲田エルダリーヘルス事業団とGEヘルスケア・ジャパンは、歩行リハビリテーションの数値化と見える化を実現したシステム「AYUMI EYE(アユミ アイ)」の開発と導入展開について説明。介護度を悪化させない「介護予防」から、介護度を改善する「脱介護」が可能になるサービス ...
晩婚化が進み、今の女性は育児をすると同時に、親の介護についても考えなければならないという現状があります。そんな「ダブルケア」の視点から、この問題にどのように取り組んでいくべきなのか、クラウドファンディングやオープンデータを活用した横浜市の事例が話されてい ...
独法URのコンプライアンスの視点から見た甘利問題 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
事業の内容が、民間の住宅建築・住宅供給と競合することから、事業の効率化、合理化が求められ、民営化の議論が遡上にのぼってきたが、一方で、これから超高齢化社会を迎え、また、若年世代の貧困も大きな社会問題となっている我が国社会において、住宅供給を民間のみに ... 公益法人としての経営の効率 ...
2025年問題で介護人材確保 県、元気な高齢者の介護職就労支援も - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉課によると、介護職員は高齢化の進展に伴い年々増えており、13年は約7万1千人。ただ、25年には12万1千人が必要になると見込まれ、約10年で5万人増やす必要がある。 さらに厚生労働省の推計によると、25年には県内の介護職員は2万7千人が不足する ...
室蘭・総合福祉センターの同好会が20回目の油絵展 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
室蘭市総合福祉センター油絵同好会(藤田正治会長)の第20回油絵展が3月2日から、山手町のNHK室蘭放送局プラザμで開かれる。会員23人が日ごろの活動成果 ... 最高齢の清水武さん(90)=水元町=は「絵は定年退職後の趣味で始めました。今では生きがいになってい ...
室蘭の美術史や活動を紹介、港立市民大学が講座 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
小、中学生の時に描いた絵を紹介し「担任の先生が一生懸命になると、子どもにとっては大きな励みになりますね」と当時を振り返った。同級生の“ゲージツ家”クマさんこと、篠原勝之さんとのエピソードなども披露した。彫刻家で北海道福祉教育専門学校専任教員の坂本正太郎さん ...
絶対的貧困背景にした悲劇 介護殺人や親殺し・子殺し - 長周新聞 (媒体での記事掲載終了)
少ない年金しか頼るすべがなく、まともな介護が受けられない高齢者や、低賃金で必死に働きながら子育てをしなければならない若い親たちにとって「明日は我が身」という切実感をもって受け止められている。 ... さらに離婚した元夫が抱えていた借金返済のために自分名義で借りた消費者金融や社会福祉協議 ...
誰しもある程度の年齢になれば他人事ではない「認知症」。新聞や雑誌、テレビなどでは、認知症に関する特集が頻繁に組まれ、特定の食品などが、認知症に効くと取り上げられれば、あっという間に、店頭から消えることに。 厚生労働省によると、団塊の世代が75歳を超える2025 ...
高齢者福祉 国際貢献に本腰 県立看護大 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
石川県立看護大(かほく市)の研究者が二〇一六年、国際協力機構(JICA)と連携し、南米パラグアイで高齢者福祉対策をテーマにした国際貢献プロジェクトに本腰を入れる。これまで大学はJICAを窓口に地元の羽咋市社会福祉協議会と協力してパラグアイに移住した日系人を ...
プロトンポンプ阻害薬(PPI)を日常的に服用する高齢患者では、認知症リスクが4割以上高まることが、ドイツ公的健康保険データを用いた前向きコホート研究から明らかになった。ドイツ神経変性疾患センターのWilly Gomm氏らがJAMA Neurology2月15日オンライン版に報告 ...
NPO法人労働相談センター:「労働時間」相談事例(12月分)紹介 - レイバーネット日本 (媒体での記事掲載終了)
3、 群馬県、老健保険施設。夜勤明けでクタクタの中、入浴介助をさせられたり、夜勤明けに続く日勤もある。施設の行事は夜勤明けだろうが強制参加。有給休暇もない。 4、 岩手県。コンビニ。実際の休憩1時間を、オーナーが勝手に、2時間、3時間休息したことにしてくる。
2016年02月25日()
同予算案には、2020年東京五輪に向け、開催準備関係費として1414万8千円、江の島のバリアフリー化に1069万2千円、合わせて約2500万円が計上された。セーリング競技に対する市民の盛り上がりを高めることを目的に、ヨット乗船体験や競技説明イベントの開催、リオ ...
昨年から相続税が増税された。過度な節税対策を駆り立てる情報も多いが、実は最も大切なのは介護トラブルの対策だという。老後の生活設計、そして良い介護や医療を受けるために適切な対策とは。専門家の司法書士、市川英昭氏に話を聞いた――。 「増税されても実際に ...
かながわ信用金庫綾瀬支店が「第8回神奈川県バリアフリー街づくり賞」を受賞し、同信金(設置者)とミーズ設計連合協働組合(設計者)、(株)大神(だいじん)設備工業(施工者)が、ハード部門で県から表彰を受けた。 通りの歩道から店舗内に至るまで全てフラットにし、貸金庫室を車いすで入れるよう設計するなどハ ...
高齢者福祉では、介護予防事業の拡充(9795万円)として訪問型口腔・栄養指導や介護予防ボランティアポイント事業の実施などに取り組む。 教育では、全小中学校へのエアコン設備設置(2330万9千円)のほか、放課後学習「あすなろ教室」事業(112万7千円)など環境整備 ...
施設内での看取りも行う。「病院や老健施設等からの退所を勧められていたり、医療依存度が高い人やご家族の在宅介護が難しい人、認知症の症状がある人―など、個々の状態に応じた”オーダーメイドのケア体制”でサポートします」と同施設の田中芳夫事業部長は話している。
ガジェット通信では『認知症ONLINE』の記事を配信しています。 『認知症ONLINE』は、認知症とポジティブに向き合える情報を発信しているWEBマガジンです。 認知症介護を「楽しい!」と感じるのはどんな時?介護経験者100名に聞きました · 介護家族が願うこと~川崎市・老人 ...
認知症患者も宇宙飛行士も救う? 最先端のLEDで体内時計を調整 - CIRCL(サークル) (媒体での記事掲載終了)
LED照明の進化が止まらない。LED照明は電球が長持ちして、電気代が安いのがメリットだと思っていたが、いつの間にかすごい進化を遂げていた。最も人工的な光のように思いがちなだが、さまざまな最新のテクノロジーと組み合わせることで、LEDはどんどん自然な太陽光に ...
拡充事業には、子どもの多い低所得世帯への支援として、私立幼稚園就園奨励と幼稚園保育料補助の充実(2億2212万円/1億7713万円)、認知症高齢者グループホーム整備を補助する事業(4318万円)などが挙げられている。 新年度予算案は、今月25日に開会した ...
家族の「監督義務」争点 認知症JR事故、1日に判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
3月1日に最高裁は、徘徊(はいかい)中の認知症の男性(当時91)がJR東海の列車にはねられた事故で、家族が賠償責任を負うかが争われた裁判の判決を言い渡す。 民法714条は、責任能力がない人の賠償責任は「監督義務者」が負う、と定めている。子どもが起こした事故 ...
ワタミの介護施設長ら書類送検へ 入浴中死亡させた疑い - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ワタミグループの「ワタミの介護」が運営していた東京都板橋区の介護付き有料老人ホーム「レストヴィラ赤塚」で2012年2月、入浴中の女性(当時74)が死亡した事件で、警視庁は、ホームの当時の施設長や職員ら計4人を業務上過失致死容疑で26日に書類送検する方針を ...
認知症徘徊、地域で見守り 警察、消防と情報共有 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県上峰町社会福祉協議会が、認知症を患う高齢者の見守り事業を開始した。対象者の情報を警察や消防と事前に共有しておき、行方不明時には官公庁だけでなく、医療機関や各種事業所、一般住民の協力員にメールやSNS(会員制交流サイト)ですぐさま情報を伝達。
2014年度に認知症の人が当事者として死亡した鉄道事故が、少なくとも22件にのぼることが国土交通省への取材でわかった。愛知県で07年に列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91)の遺族が、JR東海に訴えられた裁判が関心を集めており、同省は調査を続けて ...
配信日時:2016年2月26日(金) 3時10分 - Record China (媒体での記事掲載終了)
サイバーダイン社の事業領域は、脳神経系疾患の患者向けの機能改善治療を行う医療サービス、介護福祉用の生活支援サービス、建設・工場現場向け産業支援サービスなど多岐にわたるという。人間の ... 今、少子高齢化問題をどう解決するかが大きな課題となっている。
福岡市予算、7区の主な事業 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
若者が集まる場所や高齢化が進む集落など地域の実情や課題に対応し、健康づくりや文化発信、防犯強化など独自の事業に取り組む。各区の主な ... このため、運航状況に左右されないインフラとしてスカイプを導入し、健康福祉サービス拡充にもつなげる考え。地域保健福祉課 ...
富士通は2016年2月25日、介護サービス事業者向けの業務支援システム「FUJITSUヘルスケアソリューションHOPE LifeMark-WINCARE(ホープ ライフマーク ウインケア)」を発表した(図)。2月29日から販売する。価格は個別見積もりで、クライアント機の台数や機能の ...
「徘徊=害」と決めつけないで 事故訴訟、1日に最高裁判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護労働を生きる」(現代書館)などの著書があり、いまはデイサービスで認知症高齢者の支援をしているライターの白崎朝子さんは「最高裁の判決によっては、私たち介護職員は利用者を監禁し管理する『牢獄の看守』になるしかない。判決がケアの未来を決める」と話す。
今月、川崎の老人介護施設で職員による殺人事件が話題になった。ここまで極端なケースでなくとも、低賃金で体力仕事であるため、介護職当事者で何らかの強い不満を募らせている人も多いかもしれない。そのため、離職者は一般的に多いとされている。では、具体的に、介護 ...
真庭で薬の多剤処方考える懇談会 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
真庭で薬の多剤処方考える懇談会 医師や介護福祉士ら意見交換. 薬の正しい服用について意見交換する参加者. 真庭市と岡山県新庄村の医療・福祉関係者らによる医療と介護を考える懇談会が24日夜、同市勝山の勝山文化センターで開かれ、患者が不必要な薬を処方される多剤問題などをテーマに意見を ...
事業の内容が、民間の住宅建築・住宅供給と競合することから、事業の効率化、合理化が求められ、民営化の議論が遡上にのぼってきたが、一方で、これから超高齢化社会を迎え、また、若年世代の貧困も大きな社会問題となっている我が国社会において、住宅供給を民間のみに ... 公益法人としての経営の効率 ...
「徘徊は他人に害」と決めないで 列車事故訴訟、3月1日に最高裁判決 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
介護労働を生きる」(現代書館)などの著書があり、いまはデイサービスで認知症高齢者の支援をしているライターの白崎朝子さんは「最高裁の判決によっては、私たち介護職員は利用者を監禁し管理する『牢獄の看守』になるしかない。判決がケアの未来を決める」と話す。
千歳市休日夜間急病センター 10月着工 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
機能性を重視し、ユニバーサルデザインを採用。診療室2室のほかレントゲン室、はしかやおたふく風邪など感染力の強い疾病の ... 施設内は障害者や高齢者が使いやすいようバリアフリー化する。待合室は30人収容できる。 医師、看護師ら医療スタッフが質の高い医療を提供 ...
認知症、正しく知って 北海道石狩市、HPで啓発動画配信 DVDも貸し出しへ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【石狩】市は認知症への理解を広めようと、市ホームページ(HP)の「市民生活便利帖」で認知症の啓発動画「認知症!正しく知って備えよう!」の配信を始めた。認知症の基礎知識や効果的な予防法、相談窓口などを5話にまとめて紹介している。制作した市高齢者支援課は「認知 ...
九大などが認知症の調査を計画 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
九州大を中心に全国8大学が連携し、認知症のメカニズムや予防方法を探り高齢者の健康増進を図るため、65歳以上の男女1万人を対象にした10年間にわたる追跡調査を計画していることが24日、分かった。8大学は、早ければ2016年度内に国から認可を得て調査を始め ...
「下流老人」の著者 新潟で語る - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
住み慣れた地域で暮らし続けることを考えるシンポジウムが28日、新潟市中央区東万代町の万代市民会館で開かれる。高齢者の貧困問題について取り上げた「下流老人」の著者藤田孝典さん(埼玉)が講演する。 市中央区役所と中央区社会福祉協議会の主催。藤田さんは「 ...
水原総合体育館が一新、公民館も - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
阿賀野市の水原公民館と水原総合体育館の耐震化・大規模改修工事が終わり、3月1日からリニューアルオープンする。どちらも外装を塗り直し、バリアフリー化し、高齢者や体の不自由な人も使いやすくなった。市生涯学習課は「今まで以上に安心して快適に使える施設に ...
高齢女性から800万円詐取未遂 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は詐欺グループのメンバーと共謀。以前、老人ホームの入居をめぐるトラブルの解決料名目で200万円だまし取った倉敷市の女性(87)が入金証書を要求してきたことから、2月17~23日に「1千万円以上の入金がないと証書は出せない。800万円送って」と電話でうそ ...
富士通,介護サービス事業者向け業務支援システム「HOPE LifeMark-WINCARE」販売開始 - インナビネット (媒体での記事掲載終了)
富士通(株)は,介護サービス事業者向け業務支援システム「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-WINCARE(ホープ ライフマーク ウインケア)」(以下,「HOPE LifeMark-WINCARE」)を2月29日より販売する。 本製品は,同社がこれまで提供してきた介護サービス事業者向け ... また,介護プランニン ...
今、介護業界で最も注目を集めている高齢者向け介護福祉施設「あおいけあ」をご存じでしょうか?神奈川県藤沢市の ... あおいけあは、小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」、デイサービス「いどばた」、グループホーム「結」の3つの介護事業所を同じ敷地内で運営しています。
独居老人の生活を支えるために、病棟の心電図モニターと同じような管理が在宅医療で確立できないか――。 心臓血管外科医として、へき地・離島や在宅寝たきり高齢者の医療現場から、訪問看護施設を通じ主治医や専門医が遠隔医療を実施可能なシステムの確立を目指す ...
夕刊フジは3月13日午後1時半から、東京・芝公園のホテルメルパルク東京(港区芝公園2の5の20)3階「牡丹の間」で、「認知症予防トレーニングセミナー」を開催する。夕刊フジで毎週木曜に「認知症予防運動」を連載中のメモリークリニックお茶の水院長で、認知症予防の第一 ...
抱え上げない介護に取り組む「日本ノーリフト協会」が3月9日午前10時~正午、神戸市長田区の神戸市立地域人材支援センターで「らくらく介護教室&体験会」を開く。講師は同協会の保田淳子代表理事ら。 会場には、介護ベッドや福祉用具などを展示。参加者は医療職や介護 ...
大型集客施設の誘致に重点 三木市16年度予算案 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化率40%に迫る緑が丘地区で、高齢者の集合住宅への住み替えや、一戸建て住宅への若者の流入を促すため、リフォーム助成などを行う。神戸電鉄粟生(あお)線の利用促進に向け、市内の70歳以上と障害者を対象に「神戸電鉄福祉カード」を交付。1日当たり350円で ...
仕事と介護の両立、社内支援制度を4割利用 愛知県企業 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県は24日、仕事と介護の両立支援に関する企業の実態調査の結果を発表した。「家族などの介護に直面した従業員が社内の支援制度を利用した」と答えた企業は37.8%となり、全体の4割に迫った。具体的には「半日や時間単位での休暇取得」が最も多く、介護休業、介護 ...
2016年02月24日()
福祉、まちづくりに重点 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
相模原市は17日、2016年度の当初予算案を発表した。一般会計は2577億円で、15年度と比べると0・9%増え、過去最大の予算規模となった。生活支援コーディネーターの配置など高齢者福祉サービスの充実を図るほか、リニア中央新幹線の新駅設置や小田急多摩線延伸 ...
「バンビ」が受賞 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
障がい者や高齢者をはじめ、誰もが利用しやすいように配慮された街づくりに貢献している個人や団体を表彰する「神奈川県バリアフリー街づくり賞」がこのほど発表され、ハード部門(施設整備)で南区新磯野の「児童発達支援センターバンビ」(岩田勢津子園長)が選ばれた。
居宅介護事業所・訪問看護事業所」には、ケアマネージャー(介護支援専門員)や赤枝病院のスタッフが常駐。窓口では「要介護認定」の申請代行や、居宅サービスの計画作成などを行う。また、ケアマネージャーと主治医が連携し、自宅で療養生活を送る人に対して、訪問看護も ...
認知症予防へ新健診プログラム 浜松・聖隷センター - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
聖隷福祉事業団保険事業部は4月から、認知症全体の6割を占めるアルツハイマー型認知症の兆候となる軽度認知障害(MCI)に着目した健診プログラム「MCIドック」を浜松市中区住吉の聖隷健康診断センターで開始する。MCIに特化し、検査と運動指導などを一体化した健診 ...
少子高齢化が進む中、奈良市が若者の就労マッチング事業の一環として開催している「福祉職魅力発見バスツアー」が低調だ。福祉職の現場を見て回るツアーで、平成24年から毎年1回開催し、これまでに計63人が参加したが、正社員採用に結び付いたのはたった1人。
その結果、寝たきりや認知症などの介護が必要な状態につながりやすくなります。在宅の高齢者を追跡した調査では、閉じこもりの人とそうでない人の30カ月後を比較したところ、要介護の発生率が閉じこもりの人は25%、そうでない人は7.4%と、閉じこもりの人のほうが圧倒的 ...
手厚い介護よりも目先の収益に 介護業界に劣化のひずみ - dot. (媒体での記事掲載終了)
彼らが高齢者の仲間入りをして、65歳以上の高齢者人口は3384万人(15年)に。 ... 介護福祉士、介護職員、ホームヘルパーの平均年収は、279万円(15年10月発表の介護求人ナビのデータによる)と、給与水準は他産業に比べて月平均10万円ほど低い。介護職員の離職率 ...
贈収賄で元越谷市課長ら起訴 相談者の不動産を息子名義で購入も - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
越谷市役所に生活相談中だった高齢男性の不動産処分をめぐる贈収賄事件で、さいたま地検は24日、収賄罪で元越谷市社会福祉課長、鈴木健翁容疑者(61)=同市東越谷=を、贈賄罪で不動産仲介業「ハウスナビ」の委託社員、藤倉伸博容疑者(51)=上尾市本町=を ...
嫌なら預けるな - INSIGHT NOW! (媒体での記事掲載終了)
ところが、じつは、日本経済において、年金の総額は莫大だ。年間50兆円にもなる。つまり、国家予算の半分にも相当する巨額のカネが、毎年、高齢者などの年金口座に振り込まれている。給与も同じ。昔は企業グループの縛りがあったが、いま、どこの金融機関で給与を受け取る ...
空き家対策に専門家がタッグ 宝塚にNPO開設 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
田舎だけでなく、40~50年前に開発された都市部のニュータウンなどでも問題となりつつあり、高齢住民がより便利な地域へ移住する一方、若者が進学や就職で離れ、人口減が深刻化している。 阪神地域では、尼崎市が最多の約3万9千戸で、西宮市が約2万4千戸で続く。
成年後見制度を学ぼう 28日、篠山でフォーラム - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の男性が訪問販売などの被害に遭い、別居している家族が成年後見制度を利用するため、同センターに相談するというストーリー。同制度に詳しい弁護士の講演もある。 市地域福祉課は「高齢化が進む中、地域での支え合いが大切になってくる。広く市民の人に参加して ...
悩み打ち明け情報交換 大田原 認知症介護者の集い - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【大田原】市内の認知症の家族を介護している人たちが自由に話をする「ひなげしの会」が20日、浅香3丁目の市福祉センターで開かれた。 同会は、市が15年ほど前から毎年開いている介護者向けの研修会の参加者からの声を受け2003年にスタート。市が毎月会を開き、介護者 ...
<な~るほど介護> 失敗しない住宅改修 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護状態になったとき、自宅に住み続けるためには住宅改修が必要になる。一部に介護保険を利用できるものの、せっかく改修しても使いにくかったり、必要以上の工事になってしまったりする事例が後を絶たない。記者が要介護状態を体験しつつ、失敗しない住宅改修の ...
2月22日、認知症情報サイト「認知症ONLINE」を展開する株式会社ウェルクスは認知症介護を「楽しい」と感じる時に関する調査結果を発表した。 技術の習得より人との関わりに充実感. 調査は2月12日(金)~2月14日(日)の間行われた調査対象は、認知症介護経験を持つ全国の ...
たび重なる物忘れに、もしかしたら認知症の始まりではと悩んでいる中高年は多いのではないだろうか。認知症にならない、病気を食い止める生活とは?認知症「予備軍」といわれる軽度認知障害(MCI)の時期から進ませないためのケアも始まっている。海外の調査研究で、「皮肉 ...
老人ホーム選びポイント「認知症患者の入所を拒否しない」 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
川崎市幸区にある介護付き有料老人ホーム『Sアミーユ川崎幸町』で入居者を殺害したとして、元職員・今井隼人容疑者(23)が逮捕された。 高齢化社会が進む昨今、少しでも安心して入居できる施設選びについて専門家の意見を聞いてみた。『一般社団法人 有料老人ホーム入居 ...
介護中の妻殺害容疑の83歳、2週間食事拒み死亡 埼玉 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
埼玉県小川町腰越の自宅で介護中の妻(77)を殺害したとして今月8日に殺人容疑で逮捕されていた無職国崎誠一容疑者(83)が、その後約2週間にわたり食事をほとんどとろうとせず、搬送先の病院で病死した。同県警が23日発表した。逮捕時に「認知症の妻の介護に疲れた」 ...
倉敷で27日 認知症ケアセミナー - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
NPO法人・岡山県認知症高齢者グループホーム協会(浅口市寄島町)は27日午後3時から、倉敷市幸町の倉敷リハビリテーション学院で公開セミナー「一緒に考えてみませんか?『認知症ケア』」を開く。 倉敷平成病院認知症疾患医療センター(倉敷市老松町)の涌谷陽介 ...
家族だったら対応は? 小学校で認知症サポーター養成講座 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
同日は道徳で家族愛について学ぶことから4年生が対象となり、県社会福祉協議会副主査で認知症キャラバン・メイトでもある庄司直生さんが講師を務めた。庄司さんが認知症を詳しく解説した後、認知症のおばあちゃんが自宅に戻ってこない場合を想定し、その際の家族の気持ち ...
40-64歳の介護保険料 最高に (媒体での記事掲載終了)
妻殺害容疑で逮捕の夫 食事拒み続け死亡 - NHK (媒体での記事掲載終了)
今回の事件について社会福祉が専門の埼玉県立大学の長友祐三教授は「独居世帯だけが孤立と捉えられがちだが、実際、孤立しているのは高齢者世帯や事件のように老老介護で夫婦で孤立し、地域と接点を失っている家庭はとても多く、こうした家庭を支援する仕組みを考える ...
「天竜で働こう」採用難の10事業所が異業種連携浜松 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
呼応したのは医療、介護、ドラッグストア、木材加工などの事業所。社会福祉法人天竜厚生会の久野宗孝総務課長(41)は「募集は高齢者施設など10人程度。経験者に来てもらえれば理想的」と期待する。看護師も介護職員も人手不足の代名詞的な職種だが、「地域のため、 ...
最近物忘れが増えた…?認知症の超初期症状とは!? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
最近自分自身や家族の物忘れがひどい……もしかして認知症かも?などと思われたことはないでしょうか。認知症は初期の対応が大切といわれます。では、認知症のごく初期の症状とはどのようなものなのでしょうか? 今回は、認知症の初期症状について医師に解説して ...
介護殺人 「気持ちはよくわかる」と感想漏らす人が多い - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
公的な介護サービスを上手く利用して負担を軽減すると同時に、友人、知人、家にやって来るケアマネージャー、地域の家族会など、不満やSOSを言える複数のチャンネルを確保しておくことが大事です」 無理なく介護することが、“最悪の事態”を回避する唯一の方法といえるのだ。
介護職の人材不足深刻 有効求人倍率2.4倍 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県の調査によると、県内の介護業界では、高齢化社会の進展などで有効求人数が増加する一方、有効求職者数は横ばいの状態が続き、人材不足に陥っている。 2014年度の介護業界の有効求人倍率は2・4倍に達し、全産業(0・91倍)よりもかなり高い数値となっている。
高齢・障害者の総合支援、会員制サービス 札幌・村松法律事務所 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市中央区の弁護士事務所「村松法律事務所」が、高齢者や障害者らを対象にした会員制の総合支援サービス「ゆとりろ」を始めた。財産管理や遺言など通常の法律問題だけでなく、健康や介護など生活全般の相談も受け、提携を結ぶ医療・福祉施設を紹介するなどの対応を ...
高齢者による高齢者のためのイベント 90代までみんな元気に 26日北広島 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【北広島】90代まで寝たきりにならず、元気に暮らす方法を考えるイベント「健康で活躍社会への道しるべ」が26日午前10時~午後5時、芸術文化ホールで開かれる。70~80代の13人でつくる「健心学(けんしんがく)実行会」が初めて企画した。高齢でも活躍している市内の医師 ...
介護職のやりがい発信 大学生がドキュメント映像 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
人手不足が続く介護業界を、若者の目線でイメージアップを図ろうと、神戸芸術工科大(神戸市西区)の学生らが、介護福祉施設で働く若手職員らのドキュメンタリー映像を制作している。「3K(きつい・汚い・危険)」など、業界につきまとうイメージを払拭(ふっしょく)し、生き生きと働く ...
われわれは土壌分析をして肥料成分割合を変えていくし、農家も工夫しているわけです。肥料の種類を減らすということは農家が工夫するための選択肢を減らすということではないかと思います。高齢化など労働力が不足にも対応し撒布回数を減らす肥料を開発するなどの開発の ...
話題株ピックアップ【夕刊】(2):クオール、ホシザキ、信越化、OLC - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
ホテルや病院・老健向けなどにも営業開拓が進んでいることが、16年の業績を押し上げそうとみて、16年12月期営業利益を355億円(会社計画は342億円)と予想。レーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を8620円から9800円に引き上げている。
埴生の養護老人ホーム長生園、民営化へ - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
山陽小野田と宇部の両市でつくる一部事務組合が運営している埴生の養護老人ホーム長生園の民営化準備が進んでいる。両市は、県内の社会福祉法人を対象に、運営者を5月から公募する。開会中の市議会3月定例会に関連議案が上程されている。 前身は1953年4月に ...
利用者の歩行データから歩行の重要な要素である「推進力」,「バランス」,「リズム」を解析し,点数化することで利用者もケアマネージャーも歩行リハビリの評価をすぐに把握でき,測定後のアドバイスやトレーニングプログラム検討の際に活用できる。また,歩行データのスコア ...
空き家紹介し地域で歓迎「ピクニック」開催へ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
中山地区では、町内会や商店街が中心となり、市や宮城大、東北福祉大、東北工大などと地域活性化策を模索。子育てや空き家、高齢者対策などを盛り込んだ地域コミュニティー活性化構想を昨年まとめた。今月4日には、構想実現に向けた活動を展開するNPO法人を立ち上げ ...
高齢者38人 囲碁で交流 鳥栖市長杯 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鳥栖市主催の第54回鳥栖市長杯高齢者囲碁大会が20日、同市本町の中央老人福祉センターであり、60歳以上の38人が対局を楽しんだ=写真。自己申告の技量別の3クラスで勝者同士、敗者同士の対戦を進め、各クラスの優勝を競った。 出場者の大半は、日頃から田代、 ...
ホシザキ電機、国内有力証券がアップグレード、16年12月期営業利益を355億円と予想 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
東海東京調査センターでは、足元の国内売り上げは前年比で5%程度の増収を確保していると指摘。15年は猛暑であったこともあり、16年は業務用冷蔵庫や製氷機、ビルディスペンサなどの設備投資が増加すると予想。ホテルや病院・老健向けなどにも営業開拓が進んでいる ...
高齢になると筋力が低下し、すり足気味になりがちです。このため、絨毯や敷居など、ちょっとした段差でつまずくことがあります。段差をなくしてバリアフリーにするのもいいですが、「デイサービスわをん」では、あえて絨毯を敷いて、踏み越えることを習慣づけて転倒を防ぎます(休憩 ...
認知症の脳でも音楽は認識できる―音楽療法の患者・家族への効果 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他の何よりも彼らを回復させる力がある」. 完全な治療法がないと言われている認知症ですが、音楽療法は彼らとその家族 ...
認知症予防と歩行の関係、早歩きでなくても良かった!? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
昨年、あるテレビ番組で早歩きが認知症予防に効果的とされていましたが、歩くことと認知症予防にはどのような関係があるのでしょうか? 「例えば、70~80歳の女性の認知機能テストの成績と日ごろの運動習慣の関係を調べた研究によると、日ごろよく歩く人はテストの成績が ...
8年連続増加! 介護施設職員による高齢者虐待 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2月5日、2014年度の介護施設や居宅サービスの職員による高齢者虐待は300件(前年度比35.7%増)に上ったことを発表しました。本調査は虐待の通報義務を定めた2006年施行の高齢者虐待防止法に基づき、毎年実施しています。高齢者への虐待件数は調査 ...
郵便投票制度、「要介護4」の人も対象に - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
朝日新聞は今年7月に行われる見通しの参院選から、介護を必要とする高齢者が郵送で投票できる「郵便投票制度」の対象者を拡大する方針を固めたと報道しました。今までは「要介護5」認定者が対象でしたが、「要介護4」まで拡大する見通しです。
トヨタやホンダ、ロボット実用化へ事業育成 技術力で市場優位性狙う - ITmedia エグゼクティブ (媒体での記事掲載終了)
玉置章文パートナーロボット部長は「障害者や高齢者も含めて全ての人に移動の自由を支援したい」と話す。トヨタは1970~80年代に工場で溶接や塗装 ... タブレット端末で操作し、寝たきりの患者らの代わりにペットボトルなどを持ってくる。「ご飯を食べるなどいろいろな作業を要 ...
新潟県上越市で高齢福祉、障害福祉などに取り組む社会福祉法人「みんなでいきる」副理事長でNPO法人「全国地域生活支援ネットワーク」副代表理事の片桐公彦(かたぎりきみひこ)さんが「災害時の福祉施設における対応」と題して講演する。 参加費1千円。東北被災地の ...
有床診の減少止まらず7864施設に、2016年度診療報酬改定の効果のほどは?―医療施設動態調査(15年12月) - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
一般病院の中で、療養病床を持つ病院は3841施設(前月から1設減少)、地域医療支援病院は503施設(前月から3施設増加)という状況です。 有床診療所は7864施設で、前月から41施設減少しました。8月末に8000施設を割り込み、その後も減少にまったく歯止めがかかっ ...
パナソニックES社、仙台に「リフォームパーク」開設 - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢社会におけるリフォームニーズの高まりを想定。東北に暮らす50、60代のセカンドライフを考えた生活空間展示を新設した。 キッチン、トイレなどの住宅設備機器の取り換えだけではなく、バリアフリー対応や生活空間価値を向上させるリフォームを追求する。「スマートHEMS」 ...
新年度から介護予防サービス無料化 岐阜・岐南町 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐南町で、要支援認定されているのは約160人で、高齢者の約3%を占める。介護予防サービスの、公的負担分を含めた利用料総額は14年度、4400万円。無料化で16年度以降は最大約2億円に伸びると見込む。ただ、町は、健康な高齢者が増えれば、特別養護老人ホーム ...
2016年02月23日()
要介護状態体験 段差に苦労 失敗しない住宅改修 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護状態になったとき、自宅に住み続けるためには住宅改修が必要になる。一部に介護保険を利用できるものの、せっかく改修しても使いにくかったり、必要以上の工事になってしまったりする事例が後を絶たない。記者が要介護状態を体験しつつ、失敗しない住宅改修の ...
最大の焦点は軽度者への介護サービスをどう抑えるか。介護現場から「軽度者切り捨て」との批判の声があるが、厚労省「制度の持続には不可欠なものばかり」(老健局)と強気だ。制度の維持には保険財政の安定が欠かせないが、国民の理解と制度への信頼の方がより大切 ...
以上、糖尿病を治療する薬にはたくさんの種類があります。こうした治療をきちんとすることで、糖尿病によって引き起こされやすい腎症や網膜症、脳梗塞(こうそく)などの血管障害といった合併症を防ぐことができます。では、最初の疑問である認知症予防の観点からはどうなので ...
介護者の苦労を軽減する尿意センサー - Forbes JAPAN (媒体での記事掲載終了)
通知は本人だけでなく、トイレを介助してくれる家族や介護スタッフにも送信することができる。何分前に知らせるかは、自由に設定できる。さらに、実際の排泄までにどれぐらいの時間がかかったかのデータをクラウド上に蓄積し、独自のアルゴリズムで予測精度を高めていく。
川崎老人ホーム転落事件 “死の天使”が生まれる介護環境 - dot. (媒体での記事掲載終了)
そんな理由で丑沢(うしざわ)民雄さん(当時87)ら3人の高齢者を殺害した今井隼人容疑者(23)が逮捕された。当時、川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」に務めていた今井容疑者。精神医学や介護のプロたちが徹底分析した。 精神科医の片田珠美氏は、3人続けて転落 ...
中国の高齢者約1,200人を調べたところ、血液中のビタミンD濃度が低いと、認知症の前段階ともいえる認知機能障害になる危険性が最大で3倍まで高まることが分かった。シンガポール国立大学医学大学院のチョイライ・チェイ氏が、1月末に鳥取市で開催された日本疫学会の ...
女性の社会進出とともに進む晩婚化と高齢出産。不妊治療を受ける人も増えている。国立社会保障・人口問題研究所によると、不妊治療や検査をする夫婦は実に6組に1組。その中心である30~40代は、組織で責任ある仕事を任されるようになる時期でもある。それだけに、先の ...
現役世代の介護保険料、過去最高に 厚労省が推計 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険は利用者が原則1割を負担し、残りは税金と40歳以上が支払う保険料で半額ずつ賄う。40~64歳の保険料は人口構成を踏まえて毎年度見直され、いまは全体の28%分になる。16年度の40~64歳は4240万人で、保険料総額は2兆7千億円となる見込み。
玉置章文パートナーロボット部長は「障害者や高齢者も含めて全ての人に移動の自由を支援したい」と話す。トヨタは1970~80年代に工場で溶接や塗装 ... タブレット端末で操作し、寝たきりの患者らの代わりにペットボトルなどを持ってくる。「ご飯を食べるなどいろいろな作業を要 ...
認知症発症率は過去30年間で低下:フラミンガム心臓研究/NEJM. フラミンガム心臓研究の参加者では、30年間に認知症の発症率が経時的に低下していることが、米国・ボストン大学医学部のClaudia L Satizabal氏らの検討で明らかとなった。研究の成果は、NEJM誌2016 ...
全国のボランティア優秀賞 西九州大のサークル受賞 [佐賀県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
ESRDには社会福祉などを学ぶ学生37人が所属。障害者や高齢者も簡単に遊ぶことができるスポーツを企画し、交流の輪を広げている。顧問の山田力也准教授(スポーツ社会学)は「交流の場をつくると同時に、運動を通じて参加者の体と心を育む機会になれば」と話す。
住生活基本計画の最終案を了承 空き家抑制に初の数値目標 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
国土交通省の社会資本整備審議会の分科会は23日、平成28~37年度の「住生活基本計画」の最終案をとりまとめた。3月中旬に閣議決定される。子育て世帯への住環境整備やマンション・団地の老朽化対策、急増する空き家への対応など、少子高齢化に伴う諸課題への方針 ...
認知症ケアで3月12日発表会 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
唐松荘や関連グループの介護福祉士ら5人が「アルツハイマー型認知症の進行にあわせたケアの実践」などと題して一人ずつ事例を発表。こころの医療たいようの丘ホスピタル(高梁市)の兒玉昌純副院長とNPO法人高齢者介護研究会のどか宅老所(津山市)の矢山修一理事長 ...
介護疲れで妻殺害容疑の夫 逮捕後に食事拒み続け死亡 - NHK (媒体での記事掲載終了)
今月5日、埼玉県小川町の住宅で無理心中を図ろうと77歳の妻を殺害したとして、83歳の夫が逮捕されましたが、夫は逮捕後、食事をとることを拒み続け、23日、入院していた病院で死亡しました。 今月5日、埼玉県小川町の住宅で國崎誠一容疑者(83)が妻の恭子さん(77)の ...
より良い社会へ ユニバーサルデザイン学ぶ講演会 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
誰にとっても使いやすい「ユニバーサルデザイン」(UD)について学ぶセミナーが22日夜、明石市立勤労福祉会館(兵庫県明石市相生町2)で開かれた。国内外の動きに詳しい同志社大学教授の関根千佳さんが講演し、「高齢化社会では多くの人が障害を持つ。UDを『配慮』でなく『 ...
「お客さま視点で変わり続けて必然企業に」セコム・前田修司氏 - QUICK (媒体での記事掲載終了)
現在の事業領域を"サービス"分野で表現すると、データセンターを核とした「セキュリティ」「超高齢社会」「災害・BCP(事業継続計画)・環境」となり、"オールセコム"でイメージしやすくなりました。 【問】これまで何度か転機 ... 例えば、1964年東京オリンピックでの選手村警備や、1965年4月スタートの宇津井健さん主演の ...
基本的には、1年でも早くプライマリー・バランスの黒字化をはかり、政策的支出を膨らませて、最大の高齢化社会を乗り切る財政的基盤を固めることが肝要だと考えます。2月15日に発表された「10月-12月期GDP速報」では、マイナス成長という結果になっています。このような経済の実情などを考慮すれば、 ... 今日の ...
孤立化防止に一役 徳島・那賀町の高齢者サロン、開設1 那賀町のNPO法人「出逢(であい)」が同町阿井の事務所で週1回開いている高齢者交流サロンが好評だ。1年前の開設以来、毎回10人ほどが参加し関係を深めており、孤立化や引きこもりの防止に一役買っている。
若年性認知症 悩み語り合おう - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症の人と家族が参加して日ごろの悩みや思いを語り合う集いが3月12日、新潟市中央区八千代1の市総合福祉会館で開かれる。 「認知症の人と家族の会県支部」の主催。若年性認知症は65歳未満で発症する認知症の総称で、全国に約4万人いるとされる。
HOME'S介護presents『大沢逸美のいきいき有料老人ホームツアー』~女優・大沢逸美が介護の最先端をレポート~ - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
全国無料放送のBS12トゥエルビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森内 譲)は、日本最大級の老人ホーム・高齢者住宅検索サイト「HOME'S介護」の運営を行う株式会社Lifull Senior(本社:東京都港区、代表取締役社長:泉 雅人)と協力して『HOME'S介護presents 大沢 ...
年金で暮らせる老後へ 藤沢・住まいの講演会 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
同市片瀬地区で高齢者の自立支援をする「片瀬地区福祉ボランティア・しおさい」(田村順子代表)主催。会員とその家族約30人が参加した。 講師は「NPO法人シニア住まい塾」(同市)の相談員・栗原道子さん。同NPOは県内を中心に介護施設や高齢者向け住まいの見学会を ...
認知症の夫が火事を起こしたら…妻が経験語る - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県内で列車にはねられて死亡した認知症の男性の妻らに、JR東海が損害賠償を求めた訴訟の判決が3月1日、最高裁で言い渡される。「夫婦は協力し合う義務がある」とした民法の規定を理由に、監督責任を妻に負わせた二審判決が見直されるかが焦点だ。3年前、認知症 ...
社会保障費削減を二木氏が試算 5年間で1.9 兆円の見通し - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
療養病床を大幅に削減、在宅医療への転換も強制力はなく、また、在宅での医療費削減効果も疑問だ。県単位の地域医療構想推進のために、厚労省が診療報酬で病床減らしを誘導する可能性がある。 昨年 6月、政府の専門委員会が病院の必要性を見直し、病床を大幅に削減 ...
夫が火事を…訴えられた妻の苦悩 認知症、重い監督責任 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県内で列車にはねられて死亡した認知症の男性の妻らに、JR東海が損害賠償を求めた訴訟の判決が3月1日、最高裁で言い渡される。「夫婦は協力し合う義務がある」とした民法の規定を理由に、監督責任を妻に負わせた二審判決が見直されるかが焦点だ。3年前、認知症 ...
世界初のセルフ健康検査ブースで、認知症の簡易検査が可能に! 2016年2月23日. 『ネットワークヘルスキオスク』を上海で実証実験. 株式会社NTTドコモは、株式会社スマートサービステクノロジーズ(SST)が開発・製造した『ネットワークヘルスキオスク』に、ドコモ開発の「呼気 ...
認知症外来閉鎖、患者500人影響、秋田県立脳血管研究センター - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
秋田市千秋久保田町の秋田県立脳血管研究センター(鈴木明文センター長)が年度内に、認知症患者を診察する「もの忘れ外来」を閉鎖することがわかった。担当医師3人が3月末までに退職するため。かかりつけの患者約500人は、県内の別病院に順次引き継ぎするという。
特殊詐欺被害 高齢者ではアダルトサイトに関する相談が急増 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
その老人ホームに入居したいお年寄りがいるので、人助けと思って代わりに申し込んでもらえないか? 謝礼は払う”と電話がかかって ... つい先日も、同様の手口で現金1000万円をだまし取ろうとした詐欺グループ10人が摘発されたばかり(2月11日)。同グループからすでに20人 ...
在宅医療は 各施設の連携が鍵 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の在宅医療を円滑に進めようと、柏崎刈羽地域の医療、介護関係者による意見交換会が先週、市産業文化会館で開かれた=写真=。 ... 互いの仕事を理解するため、病院、老人福祉施設、地域包括支援センター、訪問看護ステーションの代表者が仕事内容を紹介した。
歳出では、高齢者福祉などに充てる扶助費が引き続き膨らみ、6・4%増の158億6400万円を計上した。普通建設事業費は30・6%減の大幅減となる41億500万円。借金返済に充てる公債費は3・3%減の63億5400万円となった。 公共施設の老朽化など将来の課題に備え、 ...
妻が82歳夫の殺害認める 介護疲れで無理心中か - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
鳥取市の無職伊藤禅さん(82)が自宅で殺害されているのが20日見つかった事件で、手首などを負傷して搬送され、入院中の70代の妻が「夫を殺して自分も死のうと思った」という趣旨の説明をしていることが23日、鳥取県警への取材で分かった。県警は介護疲れによる無理 ...
『人』『ロボット』で技術開拓へ サイバーダイン・郡山新工場 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
山海社長は「後継者不足で技能が消えてしまうという少子高齢化の課題解決にもつながる。手探りで(新技術を)開拓し続けるシステム ... 同社は、最先端の医療用ロボットスーツ「HAL」(ハル)など医療・福祉用ロボットの開発で知られる。郡山市の新工場では、HALの各種タイプ ...
韓国の公共社会福祉の支出(2013年度)は国内総生産(GDP)比で9.33%になり、依然として10%の壁を越えられない実態が分かった。また、韓国の福祉や租税制度は、貧困と不平等を緩和させるのにかなり不十分だった。この調査結果は、韓国保健社会研究院(保社研)が ...
40代で下流老人としての未来が確定しつつあ… - 日刊SPA! (媒体での記事掲載終了)
下流老人』とは社会福祉士・藤田孝典氏の著書で、その定義は「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」のことだが、人生のボタンを掛け違え、早くも下流老人としての未来がほぼ確定しつつある40~50代の人たちがいる。その胸中に迫った。
2016年02月22日()
<ユアハウスだより 普段着の認知症介護>最期まで自分らしく 言葉聞き続け伴走 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 「最期まで自分らしく生きる」とは、どういうことでしょうか。認知症が進行すると、できなくなることが増え、自分らしく生きることが難しくなっていきます。介護職は、本人の過去・現在・未来の話に耳を傾け、それを踏まえて「どんな生活を送りたいか」を一緒に描き、ゴールに向けて ...
介護施設で事件や事故が起きると、施設に肉親を預けることに対して不安になる方は少なくないと思います。介護施設はサービス業であり、各介護施設はより良い介護、より良い施設を目指して日々努力しています。それでも、すべての施設がそうならないことは事実です。
中国の認知症患者は900万人、政府の対策は欠落したまま―英メディア - Record China (媒体での記事掲載終了)
中国人の平均寿命は1960年の45歳から現在は77歳にまで延び、急速に高齢化が進んでいることから、現在国民の6人に1人が60歳以上という状況になっている。2025年には4人に1人にまで増えるだけでなく、肥満や喫煙、運動不足、糖尿病など、生活習慣の変化から認知症 ...
甲府市28年度予算案 子育て支援など重点 一般会計735億円 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
主な歳出は、子育て支援関係(新規)は、県と折半する、第2子以降の3歳未満児の保育料無料化(9871万円)▽子ども相談センターの設置(1574万円)。既存政策の予算拡充では、市独自の第3子以降の保育料の補助(1328万円)。 高齢者対策は、玉穂福祉センター(甲府市 ...
【レポート】「サービス付き高齢者向け住宅」は「老人ホーム」とどう違う? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢になると健康面での不安はもとより、介護が必要になったらどうしよう? 寝たきりになって頼れる家族もいなくなったら生活はどうなるのか、といった様々な不安がよぎります。親がもしかしたら介護が必要になって施設のお世話になるかもしれないという人もいるかもしれません。
介護始めたら会社へ即座に報告 「勤務態度悪い人」評を回避 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省によれば、65才以上の認知症の人の数は2012年の段階で462万人、2025年には700万人、高齢者の実に5人に1人が認知症になる見通しとなり、大きな社会問題になりつつある介護離職。 40~50代になれば、親の認知症に直面する. 厚生労働省によれば、65才 ...
軽度者への手厚い介護サービスで重度化が進めば、本末転倒である―日慢協・武久会長 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
さらに武久会長は、「急性期の入院期間を先進諸外国並みに短縮すれば、後方病床(回復期や慢性期)の入院期間も大幅に短縮できる。嚥下や ... この点について武久会長は、「日慢協は6年ほど前から東京大学医学部附属病院老年病科の秋下雅弘教授の指導に基づいて『入院患者の処方薬は5種類以 ...
[介護保険見直し] 徹底した議論が必要だ - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の社会保障審議会が、介護の必要度が比較的低い「要介護1、2」の人向けのサービスを見直す検討を始めた。 調理や買い物などの在宅援助を介護保険の対象から外し、原則自己負担とすることが柱だ。年末をめどに結論を出し、来年の通常国会で法改正を目指す ...
逆流性食道炎のつらい胸焼けから救ってくれる胃薬「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」だが、新たな副作用として認知症になる危険性が高まることが、ドイツから報告された。ドイツ神経変性疾患センターのブリッタ・ヘーニシュ氏らは、認知症のない75歳以上の高齢者約7万人を対象に ...
<点検復興創生>試される知事の本気度 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
一軒家やアパートなど民間物件を活用し、知的障害者らが共同生活を送るグループホーム。これまで県の整備助成は国庫補助の県負担 ... 県は東日本大震災や親の高齢化で17年度までに600人分、100カ所の需要が生まれると試算。「従来の整備ペースを上回る、容易では ...
社説/介護ロボットの活用−北九州市が特区指定、新産業に挑戦 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
わが国を代表するモノづくりの街・北九州市が、国家戦略特区を核とした新たな挑戦に乗り出した。企業集積の強みを生かしたロボット技術を高齢化対策や介護に結びつけ、新ビジネスを生み出そうという試みだ。 北九州市は特区の3次募集に応募し、1月末に「北九州市スマート ...
16年度診療報酬改定 病院機能明確化で急性期、在宅、療養病床 競争激化か 全日病セミナー - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
2016年4月実施の診療報酬改定で、病院機能が明確化される中で、病院経営の戦略立案においても、地域の医療需要を分析、シミュレーションすることの重要性が高まっている。特に、16年度改定で影響が大きいとみられる急性期病床、在宅医療、療養病床では、競争の激化が ...
運送業界で人材不足が叫ばれて久しいが、介護業界でも深刻化している。厚労省が発表した2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)によると、介護人材の需要見込み(2025年度)は253万人、現状推移シナリオによる介護人材の供給見込み(同)は215.2万人 ...
認知症には、すべてを忘れてしまう「記憶障害」、的確な判断ができない「判断力障害」、物事を計画的に進めることができない「実行機能障害」、時間・場所・人物を確認できなくなる「見当識障害」など、さまざまな障害が起こる。それに伴い、徘徊や帰宅願望、物とられ妄想、意欲の ...
高齢者に対するベンゾジアゼピン系薬の処方は認知症リスクを高めるのではないかと心配されていたが、米Washington大学のShelly L Gray氏らは、薬剤と認知症の因果関係に否定的な研究結果を報告した。米国の高齢者を対象とした同氏らの前向きコホート研究の結果 ...
総合体育館 整備本格化 東区・アイランドシティ [福岡県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市は、アイランドシティ(東区)のまちづくりのコンセプトに「健康、医療、福祉の先進都市」を掲げている。健康分野の中核を担うのが、西日本最大級のアリーナを備える体育館として、2018年12月に開館予定の「総合体育館」。まちづくりエリアのほぼ中央部に位置し、市は新 ...
でも、入所者の中には大声で喚き散らす人、たえずヘルパーを呼びつける人、自分がわからなくなってしまった人、思うようにならないとヘルパーの手にかみつく人など、さまざまです。 そんな人達の家族に限って 面会に来ることがなく、ホームに預けっぱなしなのです。 私は夫 ...
乳幼児より注意が必要!? 高齢者の“RSウイルス感染”が危険な理由 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者は身体の抵抗力が弱いので、老健施設などで集団生活をしている場合に、その中の1人がRSウイルスに感染すると次々と感染者が増えていきます。こうなるとRSウイルス感染がきっかけとなって死亡する人が出やすくなります。 喫煙をしていて肺気腫になっている高齢者 ...
46都道府県が税収増 16年度当初予算案、歳出伸び抑制 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
歳出の伸びを抑制する背景には、高齢化に伴う介護・福祉費用などが増加傾向なうえ、国の計画に沿って、39都道府県が地方債の発行を削減することがある。日本経済新聞社が17年度の地方税収の見通しを聞いたところ、「増えそう」は8府県。36都道府県が「不明」と回答した。
【東京五輪】遠藤五輪相「パラリンピックに注力」 ユニバーサルデザイン初会合、8月に中間報告 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
政府は22日、2020年東京五輪・パラリンピックを通じた共生社会の実現を目指し、関係府省庁による連絡会議の初会合を開催した。高齢者や障害者らが使いやすいように配慮したユニバーサルデザインの公共施設などへの積極導入や、障害者らへの意識を変える「心のバリア ...
東京五輪へ障害者の利便性向上を=政府、関係府省会議が初会合 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
政府は22日、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、公共施設などを障害の有無や老若男女に関係なく利用しやすくする「ユニバーサルデザイン化」推進のための関係府省等連絡会議の初会合を内閣府で開いた。障害者に優しいインフラ整備や防災対策策定、障害者への ...
超高齢化や貧困、変わる日系社会のニーズに対応、リトル東京サービスセンターがガーデナにOPEN - USFL.COM (媒体での記事掲載終了)
ロサンゼルスの日系社会では最近、50年以上続いてきた「敬老」の老人ホームなど4施設が売却される、という大きな事件があった。 高齢化、介護の問題、それを ... 高齢者が人口に占めるこれらの割合は、ほかのどの人種・民族グループよりも高いという。 LTSCは、「サウスベイ ...
鈴鹿市、鈴鹿医療科学大学、日清オイリオグループ、健康寿命延伸に向けた産学官連携協力に関する協定を締結 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
こうした中、三重県鈴鹿市では、平成27年度~平成29年度までの高齢者福祉計画において、「地域の中で高齢者が自分らしく生きるまち「すずか」をめざして」を掲げ、生活支援・介護予防の推進に注力しています。最近、ココナッツオイルなどに含まれる「中鎖脂肪酸(ちゅうさし ...
家にいるのに「帰りたい」――夕暮れ症候群をご存知ですか - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の方が病院や介護施設に入ると、「子どもに晩御飯を作りますので、家に帰ります」と何度も話すことがあります。また、自分の家なのに、「そろそろ帰らせてもらいますね。」とそわそわしたり、帰る準備をはじめたり。こうした症状は夕方によくみられるため、「夕暮れ症候群」と ...
鈴鹿市、鈴鹿医療科学大学、日清オイリオグループ、健康寿命延伸に向けた産学官連携協力に関する協定を締結 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
こうした中、三重県鈴鹿市では、平成27年度~平成29年度までの高齢者福祉計画において、「地域の中で高齢者が自分らしく生きるまち「すずか」をめざして」を掲げ、生活支援・介護予防の推進に注力しています。最近、ココナッツオイルなどに含まれる「中鎖脂肪酸(ちゅうさし ...
サイバダイン社長、認知症対策「ロボットやサイバネティックスにも期待」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護用の装着型ロボットを開発するCYBERDYNE(サイバダイン、7779)の山海嘉之社長は22日、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。山海社長は講演で、2015年3月に世界保健機関(WHO)が初めて認知症の国際会合を開いたことに触れ「多くの方が薬の研究 ...
足元ケアし介護予防 亀島さん講演 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
講演会には介護に関わっている老人ホーム職員、ホームヘルパーや看護師ら約50人が参加した。亀島さんは「高齢者の足や爪のケアが介護予防につながる。足元のトラブルとして代表的な外反母趾(ぼし)やうおのめやたこ、偏平足だと、足の骨が正しい位置にないので転び ...
ドイツで新たな要介護認定基準、日常動作や認知能力など応じて要介護度は5区分に設定 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
ドイツで新しい要介護認定が始まります。これまでは、「日常生活の基本動作」と「家事」の2分野について必要な支援時間を基準に3つの区分で「要介護」状態が判定されていましたが、2017年から、よりきめ細かい基準を設け5区分の要介護度で判定されることになります。
<適少社会>津波・原発被災地10万人減 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
飯舘村は福祉施設入所者が41人、葛尾村は帰還のための準備宿泊者が18人おり、それぞれ居住と見なされた。 福島県南相馬市は18.5%減ったが、小高区の避難指示が今春解除されれば回復すると期待する。「交通網が整えば高齢者が戻りやすくなる」として、解除に合わせ ...
<検証地域医療>被災地 増える加齢疾患 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
若者が減り、超高齢化社会の最前線のようになっている。放っておくと高血圧や高脂血症、糖尿病など加齢に伴う疾患 ... 幸い依存症になる患者は多くなかったが、仮設診療所で行政、福祉関係者と連携できたことは大きい」 -本院再開が間近だ。 「当初は内科、外科、整形外科 ...
また、高齢の方は転倒による怪我で突然寝たきりになってしまうリスクも高いのです。そこで、当社ではささえシリーズ、ささえ京友禅、アガサ・クリスティなど他のデザインにもこの「雨にも負けず」を標準装備したシリーズを発売し、杖が必要な皆様に毎日楽しく安全に過ごして ...
「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」、企業調査力を活かして高齢社会が生み出す成長企業を発掘し、資産の大きな成長めざす - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
三井住友アセットマネジメントが設定・運用する「三井住友・げんきシニアライフ・オープン」がモーニングスター アワード ファンド オブ ザ イヤー 2015の国内株式中小型部門で最優秀ファンド賞を受賞した。2015年のトータルリターンは30.66%と、参考指数である東証株価 ...
【健康情報を選別する鍵】 丸山 泉さん - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
中央社会保険医療協議会は、医療機関などに支払われる診療報酬の2016年度改定の内容を厚生労働相に答申した。かかりつけ医への受診推進や認知症対応など、プライマリ・ケア重視は評価されるべきだ。予定通り17年度から消費税率を10%にできるか、経済環境の ...
若年認知症を発症した人の思いとして、鳥取市内の50代男性が自らの状況を伝えるコーナーもあり、男性は「言葉として知っていたが、自分が発症したと知ったときは頭の中が真っ白になった」と振り返り、「仕事ではできることはまだあると思っている。それを分かってもらいたい」と ...
初回となる「認知症教室 第1回 認知症とは」は5分弱の作品で、日本での認知症の現状として、認知症患者とその予備群といわれる人の数や、認知症の種類とその割合、またそれぞれの種類による症状の違いを、医者のキャラクターを使ったアニメでわかり易く紹介している。
三好市の社会福祉法人・池田博愛会は、拠点を置く同市池田町箸蔵地区に「福祉タウン」をつくり、移住者を受け入れる構想を練っている。美馬市も移住者の受け皿となる施設整備を検討中だ。「徳島型CCRC」の構築を目指す県と連携し、今後の手本となるモデルをつくってほしい ...
ただ、日本全体が、それら業態にシフトすることは簡単なことではありません。というのは、欧米他国と違い日本は高齢化問題を抱えており、医療福祉サービスに従事する人が急増しているからです。総務省の経済センサスによると、医療福祉サービスで従事する人が平成24年度 ...
個別銘柄戦略:不動産セクターのほか、介護関連などにも関心 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、訪問介護に外国人との報道は、在宅介護を中心に介護関連各社にポジティブな材料となろう。輸出関連では、米アプライドの株価上昇を背景に、半導体製造装置関連などに関心が向かう余地。一方、トヨタの車用鋼材値下げ報道はあらてめて鉄鋼株などに逆風となりそう。
福島県内避難者の孤独死16人 男性13人、14年6月~15年11月 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
仮設住宅や借り上げ住宅を訪問して避難者を見守る生活支援相談員から2014(平成26)年6月~15年11月の約1年半の間に県社会福祉協議会(県社協)に報告された孤独死の人数が16人に上ることが21日、県社協への取材で分かった。特に50~70代の男性の孤独死が顕著 ... 割が65歳以上の1人暮らし世 ...
2016年02月21日()
介護保険を使う(5) 突然の介護、負担・生活どうなる - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
訪問介護は自宅にヘルパーが来ます。この計画では火曜日と土曜日の午前9時から1時間程度となっています。着替えや食事の手伝いをしてもらう「身体介護」を受けます。身体介護は、身体の状況に応じて、おむつを替えたり体位を変えたりもします。地域などによって料金が ...
疲れていなかった頃の自分に戻れるクッション「p!nto」 ある家族の物語 - アイデアニュース (媒体での記事掲載終了)
そこで、ケアマネージャーさんに来てもらうことになり、訪問サービスでは珍しい言語聴覚士さんのリハビリができるようになりました。 言語聴覚士福原さんのリハビリ=撮影・松中みどり. ケアマネージャーさんをはじめとする人と人とのつながりからうまく情報を手に入れ、p!ntoを開発 ...
認知症介護を「楽しい!」と感じるのはどんな時?介護経験者100名に聞きました【調査結果】 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
認知症の情報サイト『認知症ONLINE』を展開する株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区両国)は、認知症の介護経験をお持ちの方を対象に、認知症介護を「楽しい」と感じるのはどんな時か?調査を実施しました。辛いことがフォーカスされやすい認知症の介護において、実際 ...
介護ITのビーブリッド竹下氏、ソニーでダブルワークの津田氏らが語る「幸せな働き方」 - ソフトバンク ビジネス+IT (媒体での記事掲載終了)
ITACHIBA実行委員であり、サイボウズフェローの野水克也氏はこう宣言し、後半のセッションが始まった。まずライトニングトークに登壇したのは、介護とITを同時に考える会社、ビーブリッド代表取締役の竹下康平氏。介護離職防止対策促進機構の理事も務めている人物だ。
<検証地域医療>患者情報 福祉と共有 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の公立志津川病院は昨年12月、南三陸病院として再開した。岩手、宮城両県で被災した公立病院で、最も早く移転先で再スタートを切った。福祉を担う総合ケアセンター南三陸を併設し、小さな町だからこそできる南三陸型の地域医療の ...
橋川氏、3選果たす 草津市長選 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 渉氏(67)が、無所属新人の建築会社会長白井幸則氏(53)を破り、三選を果たした。 橋川氏は大半の自民や民主系市議の支持、連合滋賀の推薦を受け有利に選挙戦を進めた。市の人口増が続く中、子育て支援や高齢者福祉の充実、草津川跡地整備事業の推進を訴えた。
仮設住宅、進まぬ退去 自力再建遅れ、空室いまだ4割 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
早く仮設を出ることができる被災者は、自力で自宅を再建できるなど経済力を持つ傾向もあるとされる。今後、空室が増える仮設に、高齢者や障害者がとどまって孤立を深めることも懸念されている。自治体や社会福祉協議会などによる見守りなど弱者支援が一層求められそうだ。
最近の労働環境は「ハラスメントブーム」状態。課長にとって、おそらく過去最大レベルに労働法の知識が求められる時代が訪れています。新刊『課長は労働法をこう使え!』の中から、事例とともに実践的な「法律の使い方」をお伝えする連載第4弾。 第1回:「ハラスメントブーム」の ...
MMRでは,質的・量的アプローチを体系的に組み合わせることで,どちらか一方のみの研究アプローチを使用したときよりも現象を立体的に見ることができ,研究課題に関するよりよい理解が得られます。看護以外でも,教育,社会福祉,経済,経営,コミュニケーションといった, ...
認知症に優しく対応 増えるオレンジカンパニー - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人に優しく対応することを心掛ける企業・団体「オレンジカンパニー」が県内で増えている。高齢化が進む中、当事者や家族が安心して暮らせる地域づくりを進めようと、これまでに金融機関やスーパーなど日常生活に関わりの深い131の企業・団体がサポーターになった。
人はいくつになっても、おいしいものを食べたいと思うもの。有料老人ホームや通所介護(デイサービス)など、高齢者を対象とした介護事業所は年々競争が激しくなっているが、差別化戦略の1つとして今注目されているのが「食べること」だ。食の満足度を高めるためには、 ...
滋賀・草津市長に橋川氏3選 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 渉氏(67)が、無所属新人の建築会社会長白井幸則氏(53)を破り、3選を果たした。 橋川氏は大半の自民や民主系市議の支持、連合滋賀の推薦を受け有利に選挙戦を進めた。市の人口増が続く中、子育て支援や高齢者福祉の充実、草津川跡地整備事業の推進を訴えた。
岡山で介護職員16組が技術競う - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岡山県内の施設職員を対象にした「第1回おかやま介護グランプリ2016」(県介護福祉士会主催)が21日、岡山市北区駅元町の岡山コンベンションセンターであり、職場単位の16チーム計48人が介護技術を競った。 チームを構成する3人がそれぞれ「排せつ介助」「入浴介助」「 ...
手元にいま、風変わりな雑誌がある。名前は「ヨレヨレ」。なんだか気のぬけた感じだ。サブタイトルには「ぼける前に読んでおきたい『宅老所よりあい』のおもしろい雑誌」とある。福岡市にある介護老人施設「宅老所よりあい」を全面的に扱うが、広報誌ではなく、介護専門誌でもない。
ぶっとばせ貧老! 本当に「老後の沙汰も金次第」なのか - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
手元にいま、風変わりな雑誌がある。名前は「ヨレヨレ」。なんだか気のぬけた感じだ。サブタイトルには「ぼける前に読んでおきたい『宅老所よりあい』のおもしろい雑誌」とある。福岡市にある介護老人施設「宅老所よりあい」を全面的に扱うが、広報誌ではなく、介護専門誌でもない。
【老人ホーム転落死】 背景には介護現場の深刻な人材難 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
全国の介護施設関係者をはじめ、入所者や家族の衝撃、不安は大きい。介護施設職員による虐待も年々増加している中、特異な事件として片付けず、背景の介護現場の構造的問題にもメスを入れない限り、安心は取り戻せまい。 県警は当初、一連の転落死を、事件か事故か ...
アルツハイマーの爆心地”青斑核”が、認知症治療に革命を起こす - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
530万人が罹患しているとされ、高齢者の3人に1人の死因がアルツハイマーなどの認知症で死亡しているアメリカでは、アルツハイマーは特に「早急になんとかするべき深刻な病気」です。 アメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health.NIH)が資金を提供する ...
最近、芸能人の名前が出てこなかったり、新しいことを覚えにくくなっていたりしませんか? 買い物に行こうとメモをしたのに、メモしたことを忘れてスーパーで思い出せないなんてことも。 「年齢とともに、脳が老化してきたのかしら……」と嘆きたくなりますが、ひょっとするとその症状、 ...
... 高知県四万十市西土佐津野川)の生徒有志でつくる地域ボランティア隊「Rapport(ラポール)」がこのほど、社会教育団体「公益財団法人修養団」(東京都)の「第10回SYDボランティア奨励賞」の特別賞を受賞した。西土佐地域での児童学習支援、高齢者福祉施設の訪問活動 ...
ケガしない、疲れない「70歳から理想の家づくり」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者は身体機能の低下にともなってすり足で歩くようになるので、わずかな段差でもひっかかりやすい。高齢者は転倒しただけでも骨折等の ... 一級建築士で「リフォームの匠」としても知られる中西ヒロツグさんに、バリアフリー化のテクニックを聞いた。 まず気になるのは、室内の ...
バリアフリー基準で、床の高低差は5mm以下と定められています。しかし一般的な日本の住宅には、敷居や和室との境目など数cm単位の段差がいたるところにあります。この程度なら平気と考えるのは間違い。高齢者は身体機能の低下にともなってすり足で歩くようになるので、 ...
認知症の義父に「運転やめて!」 家族に亀裂 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
千葉県の保育士の女性(48)は、レビー小体型認知症の義父(75)が車の運転をやめてくれず、苦しんだ。 義父は、女性の家から車で1時間半ほどかかる農村部で一人暮らしだった。最寄りのコンビニまで約2キロ、スーパーまで約4キロ。バスは不便で、買い物や農作業のため、 ...
「運転やめて」家族に亀裂 鍵隠しても事故 認知症社会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そのうちレビー小体型認知症の特徴である幻覚が出た。女性が訪ねると、軽トラの前後がへこんでいた。他人の敷地の木に衝突して折ったこともある。 「もうやめてください。誰かを巻き添えにしたらどう責任をとるんですか」。夫(49)といさめるたびに義父は激高した。「うるさい。
介護職の人材確保、離職防止 県、マンパワー強化. 鳥取県は2016年度、介護職の人材確保と家族の介護を理由とした離職防止に力を入れる。団塊世代が75歳以上を迎える25年に向け、介護分野の就労者をコンスタントに増やす必要があるため。 会員登録すると続きをお読み ...
介護職じゃない人も知っておきたい、介護の知識が身につく資格は? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化に伴い、年々増加の一途をたどる認知症患者数。認知症はけっして他人事ではなく、より多くの国民が認知症を理解し、支え合う…そんな環境づくりが求められています。そこで、認知症について正しい知識を身につけ、認知症を抱える人との接し方を学ぶ機会が設けられる ...
脳の仕組みから認知症の解明に挑む研究の紹介に続き、今回は患者の行動を見守るシステムの開発です。認知症で課題になるのが、徘徊(はいかい)への対策。軽量で安価な機器を使って、患者の位置を知る仕組みづくりが進んでいます。 □発信・受信、見守り網 スマホ片手に ...
楽しく遊んで足腰強化 リハビリ用ゲーム機、さいたまの業者が販売 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
当初は老人ホームから偶然依頼を受けて中古パチンコ機を提供したのを機に、独自に高齢者向けビデオゲーム機を作って販売。介護施設を中心に700件近く ... 12年秋の国際福祉機器展に出展して大きな反響を呼び、13年春に3種類のマシンを発売。今では全国250以上の ...
バリアフリー演奏会 3月和歌の浦ACで - わかやま新報オンラインニュース (媒体での記事掲載終了)
通常のコンサートには足を運びにくい障害者にも気兼ねなく生演奏を楽しんでもらおうと、音楽療法士によるバリアフリーコンサート「みんなのおんがくかいvol・2」が3月26日、和歌山市和歌浦南の和歌の浦アート・キューブで開かれます。午後1時開場、1時半開演。 音楽療法士とアンサンブル楽団「ユナイテッド」が ...
私は、祖父の代から歯科医院を引き継いで診療しています。また、摂食嚥下評価医として、介護施設、在宅を問わず、訪問歯科診療を通して、高齢者の食支援を行っています。 歯科医として活動を続けていて感じるのが、認知症高齢者に適切な歯科医療が行き渡っていないという ...
今回のシンポジウム第1部では、まず厚生労働省老健局振興課の川部勝一氏による基調講演「『介護予防・日常生活支援総合事業』を活用した住民主体の『居場所』について」が開催される。 続いて第2部では、「都市型認知症コミュ二ティカフェへの挑戦~cafeオレンジリボン ...