介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2016年02月10日()
65歳以上の認知症患者数は、2012年の462万人が25年には700万人に増えると推計される。別の病気で入院しようとしても、トラブルを起こすかもしれないと断られるケースがあり、入院を受け入れると最大で1日1500円を支払う加算を新設。認知症に詳しい医師と看護師、 ...
「青梅市民の歌」で健康体操 介護予防に保健師ら振り付け - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢介護課の保健師らが原案を考え、地元の多摩リハビリテーション病院の関連施設(長淵)で運動指導をする池田統子(もとこ)さん(32)が負荷のかかり具合などを最終調整して、昨年十月に完成した。ラジオ体操程度の負荷だが、脚の筋力トレーニングにも有効だという。
介護地獄に陥らないよう年老いた親たちにできるだけ健康で長生きしてほしいと考えたナオコさん(49歳・会社員)。健康寿命を延ばすために国や自治体が取り組んでいる地域支援事業の中に介護予防サービスがあることを知りました。高齢者の健康や自立を支えるために創設 ...
年齢不問!一生モノの財産にできる資格6選 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
福祉住環境コーディネーターは、超高齢社会を迎えた日本において不可欠な住まいのアドバイザー的資格です。日々の暮らしにも役立つ知識としてはもちろん、福祉や介護に関わる業界においての必要知識を持ち合わせた人材として、各企業からのニーズが高い資格でもあります ...
認知症施設で虐待や暴言 北海道・日高町が立ち入り調査で確認 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【日高】日高管内日高町の認知症グループホームの施設長らが入居者を虐待したとされる問題で、立ち入り調査に入った町は10日、身体的虐待や暴言があったことを確認したと明らかにした。 町によると、虐待や暴言が確認されたのはグループホーム「あすなろ」。昨年10月ごろ ...
はぴねす体操、介護予防に 越前市が独自アレンジ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
二〇一八年の福井しあわせ元気国体・大会に向けて作られた「はぴねす体操」の曲を使い、越前市は介護予防のための「市つどい体操」を考案した。十日、同市府中一の市福祉健康センターで開かれたお年寄りらの研修会で披露した。はぴねす体操に比べて緩やかな動きながら ...
患者、まず診療所に 大病院集中を初診負担増で抑止 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 紹介状なしで大病院を受診した患者からは初診時に5000円以上の追加負担を徴収する。高額負担で患者が初診でいきなり大病院に来る動きを抑え、「まずは地域の診療所に」と誘導する。 ... 有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅でも、きめ細かい訪問診療・訪問看護サービスが受けやすくなる。 厚労 ...
介護ヘルパーが高齢者の現金窃盗 カメラに犯行とらえられ観念 - fnn-news.com (媒体での記事掲載終了)
高齢者の財布から現金を抜き取っていたのは、頼りにされていた介護ヘルパーの女。まさかの犯行をとらえた映像を突きつけられ、ようやく観念した。 身を隠すように、部屋のカーテンを閉めると、かばんから財布を取り出す女。 手早く現金を抜き取ると、洋服で、財布をしきりにふい ...
厚生労働省は、2025年には全国の認知症高齢者の数が最大730万人に上るという推計値を出している。高齢者の5人に1人という割合は、かなりインパクトがある数字だ。しかも、2060年には1154万人(高齢者の3人に1人)まで増えるというから、もはや誰にとっても認知症 ...
介護難民」、「消滅都市」、最近巷で見るのは元気のない四字熟語ばかりだ。確かに世界一の高齢率26%の日本では、こうした四字熟語が溢れるのも理解できる。今後、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」を控えるが、果たして超高齢社会はそんなに悲観 ...
公務員宿舎跡地、介護施設向けに貸し出し 東京・世田谷 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
財務省は10日、東京・世田谷にある公務員宿舎の跡地を介護施設向けに貸し出したと発表した。世田谷区の社会福祉法人が特別養護老人ホームなどを整備する予定だ。介護施設への国有地の提供は安倍政権が掲げる看板政策「介護離職ゼロ」に向けた具体策で、今回が第1 ...
2016年度診療報酬改定、要介護高齢者などの目標設定支援などしなければ、疾患別リハ料を減算―中医協総会 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
リハビリについては「アウトカムの低い回復期リハ病棟での疾患別リハビリ料の算定制限」が注目されますが、このほかに▽廃用症候群リハの創設▽要介護高齢者の維持期リハの介護保険への移行促進―なども重要ポイントです。 また、入院基本料の施設基準である「月平均 ...
【福祉車両】の疑問や税金、中古車やレンタルまで徹底解析 - GOIN [ゴーイン] (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会が進んでいる現在、福祉車両が注目を集めています。各メーカーでも取り組まれ、介護する人にも介護を受ける人にも優しい車が開発されています。国や県、市町村での助成金があり、個人で介護する人にも福祉車両が購入しやすくなっています。しかし、現状では一部 ...
中医協が2016年度診療報酬改定を答申 - インナビネット (媒体での記事掲載終了)
改定は前回同様,2025年を見据えたものとなっており,地域包括ケアシステムの推進とともに,医療機能の分化・強化,連携を図る内容となった。7対1入院基本料が見直されるなど,急性期病床の絞り込みにより,療養病床への転換が進むことが予想される。また,在宅医療や ...
町田で「サ高住」、都の認定モデル事業に ミサワホーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ミサワホームが設計・管理を手掛けたサービス付き高齢者向け住宅「清風ヒルズ金井」が竣工した。場所は東京都町田市。2月19日にオープンする予定。 同施設では、地域の医療機関と連携するほか、隣接地で当施設と同じ事業主が経営するデイサービスセンターや特別養護老人ホーム、認知症グループホーム ...
ミサワホームが設計・管理を手掛けたサービス付き高齢者向け住宅「清風ヒルズ金井」が竣工した。場所は東京都町田市。2月19日にオープンする予定。 同施設では、地域の医療機関と連携するほか、隣接地で当施設と同じ事業主が経営するデイサービスセンターや特別養護老人ホーム、認知症グループホーム ...
ベビーカーを押す夫婦に、終の棲家と決めた高齢者。705戸の住民がそれぞれ、まったく違った事情を抱えている。そんなバラバラの住民間に、いま奇跡的な一体感が生まれているのはなぜなのか。 こんなに早く決まるとは 横浜の「傾きマンション」騒動が勃発してから約3ヵ月。 いまこの現場では、これまでの不動産業界の常識では考えられなかったような、画期的な出来事が起ころうとしている。 「マンション問題は往々にして、...
戦前から旧海軍が拠点を構え、今も多くの関係者が住む地で戦没者追悼や平和祈念などの活動を続けてきたが、会員の高齢化が進み、組織の維持が困難と判断した。後継者不足が共通の ... 現在は慰霊に関する事業や遺族に対する福祉事業などを実施。毎年8月15日に県 ...
【第29回福祉優秀校 大分合同新聞賞②】城東中学校 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
配る際は全校生徒で数人ずつのグループをつくり、自分の住む地区の高齢者宅を訪問。「困ったことはありませんか」と声を掛け、話をしながら餅とカードを手渡していく。3年生の小野高誠(こうせい)さん(15)は「おばあさんが受け取ったお餅をじっと見つめ、その後何度もありがとう ...
あふれる「境界」の狭間を広げる対話とは? 「東京迂回路研究」の実践 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
東京都および近郊の病院や障害者就労支援施設、託児所、宅老所、ケアに関わる団体などを訪問して関係者にヒアリングし、参与観察(調査編)。そこで得られた気づきを参加者と共有し、話し合う(報告と対話編)。そして、研究者をゲストに招いて、理論的・方法論的な視点からも ...
シノケングループは、2月5日、子会社であるフレンドが、福岡市に認知症対応型共同生活介護(グループホーム)・小規模多機能型居宅介護併設事業所「(仮称)フレンド香住ヶ丘」を新規開設することを発表した。 なお、用地については既に手当て済みであり、土地・建物を保有した ...
なぜ若い医師や学生に自分の手術を見学させるのか - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
心臓手術に関しては、手術合併症で患者さんが寝たきりになって医療費をどんどん使っていくということは避けなければいけません。 ... その結果、かつては考えられなかったような高齢者や合併疾患がある患者さんにも安全かつ迅速に手術が実施できるようになってきました。
心臓手術に関しては、手術合併症で患者さんが寝たきりになって医療費をどんどん使っていくということは避けなければいけません。原子力発電の世界では、稼働もしていない施設に対して年間数100億円以上もの国家予算をつぎ込んでいますが、医療界でもそういった ... 患者さんが遠くから来て通院するのが ...
長距離送信の『ハイビーコン』認知症高齢者の徘徊を24時間サポート! 2016年2月10日. 2月15日より発売. 株式会社インタープロは、小型軽量化した位置特定機器『ハイビーコン』を、 2月15日より発売すると発表した。長さ83mm、幅28mm、厚さ12mm、重さ18gと携帯しやすい ...
在宅復帰率については、自宅や介護施設、回復期リハビリ病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟などに退院する患者の割合がこれまで75%以上であることが7対1入院基本料の算定要件になっていた。今改定で、評価対象となる退院先に、新設の在宅復帰機能強化加算の届出を ...
通常の食事がとれない病気の人などのために特別の配慮がされた食品を国が認定する「特別用途食品」を増やすことを目指し、消費者庁が9日、検討会をスタートさせた。糖尿病向けの食品などに対象を広げたり、表示も分かりやすくしたりして医療や介護での利用拡大を促す。
食生活に高い関心 60歳以上、講演会ほぼ満席 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市浪速区の老人福祉センターで9日、60歳以上の市民を対象にした「食生活」に関する講演会が開かれ、ほぼ満席の41人が来場した。高齢化の進展に伴って「健康寿命」が重要視される中、受講者は健康に直結する食に高い関心を寄せた。
「サービス付き高齢者向け住宅」のメリットは? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
一方、サ高住は必要に応じて介護サービスを契約するため、利用頻度が増えると費用はかかりますが、頻度が高くなければ費用を抑えられます。つまり、ある程度元気な高齢者で自分の生活を楽しみたいなら、サ高住のほうが柔軟に求めるライフスタイルを実現しやすいのです」 ...
補助額を引き上げ、サービス付き高齢者向け住宅の今後とは - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅とは、2011年に国土交通省と厚生労働省が所管する「高齢者住まい法」の改正によって創設された登録制度です。バリアフリー構造や介護・医療の連携したサービスを提供など、要件を満たした事業が登録できます。高齢者の単身・夫婦世帯の急激 ...
中年期から高齢期にかけて体重が減少すると、記憶力と思考力が低下するリスクが高まり、これが認知症につながる可能性があることが、米メイヨークリニック(ロチェスター)のRosebud Roberts氏らの研究で示唆された。研究論文は、「JAMA Neurology」オンライン版に2月1日 ...
65歳以上の高齢障害者、介護保険サービス料減免措置へ - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1月20日、65歳以上の障害者が介護保険サービスを利用する際に支払う料金について、減免措置を行う方針を決めました。今国会に提出する障害者総合支援法の改正案に盛り込まれ、成立すれば2018年度から実施される予定です。
要介護1、2の生活援助サービスが全額自己負担になる? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1月、介護保険制度で「要介護度1、2」の人を対象とした訪問介護サービスのあり方を見直す方針を明らかにしました。掃除や洗濯、買い物、薬の受け取りとなどの生活援助サービスを介護保険の給付対象から外し、原則全額自己負担とすることを検討しているそう ...
マイナンバー制度導入で介護保険申請はどうなる? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
介護保険のサービスを利用する場合は、原則として、マイナンバーの記載が必要となります。2回目以降の再申請の際、またはすでに介護保険のサービスを利用している人については、マイナンバーを記載して申請する必要がない場合もあります(各自治体に要確認)。ただ、まだ ...
2016年02月09日()
例えば、カウンセラー、学校の先生、ケアマネージャーなど。3つめは「非定型」。データの分析や秩序的・体系的操作が求められないもの。例えば、俳優、経営コンサルタント、国際協力専門家など。 土肥: 逆に、代替されやすい職業に何か特徴はありますか? 個人的に気になった ...
水越:そう、つまり、この問題の核心は販売農家が激減していて、かつ、その2/3が高齢化していて、後継者すらいないという現状です。 そして、グローバル市場で戦うのは彼らという ... 将来的には老人ホームや給食センターなど、いろんな施設にこのビジネスモデルを展開できるんじゃないかと思います。つまり、ノ ...
運転免許更新の認知症検査 「若年性」もチェックを - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症とみられるドライバーによる交通事故が社会問題化するなか、全国に少なくとも三万八千人いる若年性認知症の人の運転免許対策は手つかずのままとなっている。事故を危惧する若年性認知症の人の家族は「更新の際に認知症かどうかチェックする仕組みをつくって ...
これは一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(略称UCDA)が、ユーザーにとって伝わりやすいデザインであることを認証したものである。最近では、 ... 近年の情報化や人口構造の高齢化・多様化を背景に、情報の「伝わりやすさ」は社会的課題となってきた。
見逃される高齢者の「うつ病」は認知症の誤診が招く - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了)
高齢者のうつ病を認知症と誤診しているケースが多い」と指摘するのは、くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長(日本認知症学会認定医・指導医)。それが取り返しのつかない結果を招いていることがある。 「物事を覚えられなくなった」「変な行動・言動が目立つように ...
伊勢真一監督作品「ゆめのほとり −認知症グループホーム 福寿荘-」は、認知症のお年寄りたちの穏やかな日常を綴ったヒューマンドキュメンタリー映画である。舞台は、札幌市 ... 認知症を患う高齢者に向き合う中で、当初は分からないことばかりだったという認知症介護。武田さん ...
余呉の高齢者宅で除雪作業 学生ボランティアら - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内の学生ボランティアらが九日、長浜市余呉町中河内で、一人暮らしの高齢者宅や神社の周りなどに残る雪の除雪作業を手伝った。 市社会福祉協議会が毎年主催する活動の一環で、八日から四日間の日程で始まった。期間中には高齢化率が50%を超える余呉町内の ...
「若年性」もチェックを 運転免許更新の認知症検査 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症とみられるドライバーによる交通事故が社会問題化するなか、全国に少なくとも三万八千人いる若年性認知症の人の運転免許対策は手つかずのままとなっている。事故を危惧する若年性認知症の人の家族は「更新の際に認知症かどうかチェックする仕組みをつくって ...
抑うつ症状は認知症の予測因子となりうるのかのイメージ. 抑うつ症状は、健忘型軽度認知機能障害(aMCI)においてもよく見られる症状である。抑うつ症状と認知症への転換との関連はまだ明らかになっていない。ベルギー・ブリュッセル自由大学のEllen De Roeck氏らは、aMC ...
介護休業 分割取得が可能に 2017年施行予定 - 企業法務ナビ (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、現在家族1人につき原則1回の取得に限っている介護休業を、分割して取得できるようにするという介護休業制度拡充方針を発表した。これは、仕事と介護の両立に適した環境を整備し、管理職など企業の中核となる40~50歳代の人材の、介護を原因とする離職を ...
認知症患者の支援へ. 田原市が市内6カ所で講座. 2016/02/10. 田原市は1月25日から2月1日まで同市高松校区内の集会所6カ所で、認知症サポーター養成講座を開いた。団体以外に、町単位で開催するのは今回が初めて。 同講座には、計116人の町民が参加。認知症患者 ...
介護保険改正で総合事業に移行へ - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度改正に伴い、倉敷市は3月から、介護の必要度が軽い要支援者の通所介護と訪問介護サービスについて、介護予防給付から市の総合事業に移行を始める。介護事業所に加え、NPOやボランティア団体、企業などがサービス提供者になることができる。多様な ...
【愛媛】グループホームぽかぽか(愛媛県砥部町高市1318 大平弘子代表)は、同所でのスプリンクラー設置を設計・施工で愛媛防災(松山市)に依頼、2月9日に着工した。 規模は木造平屋203平方㍍、定員9人の高齢者用施設。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、 ...
この年代になると親も高齢で病気をしたり、介護を必要としたりする頃です。親が保険に加入し、しっかり貯金できていればいいですが、家族として経済的にも助けてあげなくてはいけない場面も少なくないはず。病気の治療の場合、高額療養費制度で、自己負担額を超えると戻って ...
演劇慰問26年磐田の一座、団員高齢化で幕引き - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
磐田市の福祉施設などを慰問する演劇ボランティア「悉平(しっぺい)太郎一座」が10日、四半世紀に及ぶ舞台公演を終える。退職した女性教諭が中心となって始めた、平均年齢80歳以上の“おじいちゃん、おばあちゃん劇団”。人々に元気を与えてきた団員は「最後のステージも ...
前方・後方連携を強化し、在院日数短縮と利用率向上の実現を―病院報告、15年10月分 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
病床種別に見ると、▽一般病床16.1日(前月比0.4日減)▽療養病床156.9日(同8.0日減)▽介護療養病床310.5日(同31.5日減)▽精神病床272.7日(同5.4日減)▽結核病床68.5日(同3.0日減)―とすべてで短縮しています。有床診療所の療養病床は106.3日で、前月に比べ ...
特別インタビュー「賢人論。」第7回(前編)やまもといちろう氏|みんなの介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
ネット上での辛辣かつ過激な発言に注目が集まるやまもといちろう氏。ブロガーとしての一面ばかりがフィーチャーされがちだが、その他にも「個人投資家」「東北楽天ゴールデンイーグルス編成・育成データ担当」「データビークル取締役」「イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役」…と様々な顔をもつマルチプレイヤーだ。そしてもうひとつ、東京大学と慶應義塾大学で設立された「政策シンクネット」における、高齢社会対策プロ...
昨(2015)年、アベノミクスの「新たな3本の矢」にも含まれた事で話題になった、「介護離職ゼロ」。連日のように介護に関するニュースが流れる中で、「介護離職」という言葉はみなさん耳にした事があると思います。 少子高齢化が進む昨今、自身や伴侶の両親等の事で、一度は ...
認知症と介護 映画を通じ考えて - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症になった母親とのベトナムでの暮らしぶりを描いた映画「ベトナムの風に吹かれて」の原作者で魚沼市出身の小松みゆきさん(68)=ハノイ在住=の同級生らが12~14日、魚沼市の小出郷文化会館で上映会を開く。12日には小松さんの講演会も行われる。同級生で魚沼 ...
認知症の相談や情報共有 「あったかカフェまゆみ」オープン - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や、その家族が安心して過ごせる場所を目指す「あったかカフェまゆみ」は9日、本宮市の東北病院敷地内のまゆみの実で開所した。同趣旨のカフェは同市では初。毎月第2、第4火曜日に開き、認知症についての相談や情報共有ができる身近な場を目指す。
那賀町、高齢者見守り強化へ 全事業者に協力要請 那賀町は、町内の全事業者に呼び掛け、高齢者らの見守り活動を行う「見守りネットワーク連絡会」を月内に立ち上げる。高齢化が進む中、地域を挙げて支える体制を整えるのが狙いで、業務中に高齢者らの様子に目を配り、気 ...
嘱託員を募集します 介護保険・高齢者福祉に関する業務 - 福岡市 ふくおか市政だより WEB版 (媒体での記事掲載終了)
... 【募集案内・申込書】区福祉・介護保険課で配布中。市ホームページ(http://www.city.fukuoka.lg.jp)にも掲載。 【申し込み】持参か簡易書留(〒814-8501住所不要)で申込書を2月9日(火)必着で区福祉・介護保険課へ。
介護産業の海外進出後押し 政府、国際規格作りで主導権 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は介護関連の製品を作るメーカーやサービス事業者が海外市場に出やすくなるように国際規格作りを進める。国際標準化機構(ISO)は2月にも介護の国際規格作りに向けた基本指針を公表する。今春以降、作業が進むことから、関連省庁やメーカー、学界から人材を ...
介護業界向け「経営者が考えるべき人材難対策と人材定着」セミナー2016年2月10日(水) 13:30~16:00@新潟県三条市 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
あしたの人事評価クラウド「コンピリーダー」を手掛ける、株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋 恭介) は、2016年2月10日(水)、燕三条地場産業振興センター リサーチコア6Fにて、介護事業者様向けに「経営者が考えるべき人材難対策と人材定着」 ...
路線バスの行き先 点字も設置 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
新潟市はBRT(バス高速輸送システム)萬代橋ラインの全バス停に、発着路線の行き先などを示す点字文字を設置した。市は、障害者や高齢者に優しいバリアフリー化を進めていきたいとしている。 点字文字を設置したのは萬代橋ラインのJR新潟駅前や万代シテイ、本町、古町、 ...
介護・医療の健康会、タイに進出 まず美容サービス - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
旭川市内で急病患者に対応できる急性期病院を母体に、主に介護事業を営む健康会(札幌市)はタイに進出する。現地に合弁会社を設立、3月からまず美容サービスに乗り出す。人材活用のノウハウを蓄積し、本業の介護事業への参入を目指す。アジア諸国は日本と同様に今後 ...
加藤さんらは、認知症の初期に買い物などの活動能力(IADL)が落ちることに注目。(1)外出(2)買い物(3)食事の用意―など5項目ができるかどうかを点数化して認知症リスクの指標とし、日本老年学的評価研究 プロジェクトで集めた、要介護認定を受けていない全国53市町村の ...
認知症と図書館」シンポジウム開催(東京). 2016年2月9日. 知的コミュニティ基盤研究センターとは. 筑波大学、知的コミュニティ基盤研究センターは、高度情報ネットワーク社会での知的コミュニティ基盤の形成に係わる研究を行い、学術研究の進展と研究成果の社会への還元を ...
2016年02月08日()
調査結果 介護経験者70%が反対|認知症徘徊で起きた事故、家族は賠償責任を負うべきか - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
2007年愛知県で起きた、認知症で徘徊中の男性(当時91)が列車にはねられ死亡した事故で、JR東海は、遺族である男性の妻(93)に監督責任があるとして、損害賠償を求めています。今月2日最高裁判所で公判が開かれ、判決が3月に控えています。認知症の人が起こした ...
そのために、架空の「幸福亭子」さんをモデルに、介護保険の中で彼女がどのように動き、利用できるか。その途中(倒れた彼女が病院に搬送。その後、リハビリを経て帰宅)までを、チャート(図表)にして配布した。次は、帰宅後の幸福亭子さんが、「地域で自分らしい暮らしを最期 ...
認知症早期発見で対応 岡谷市が来年度専門チーム設置 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
岡谷市は認知症が疑われる人やその家族を集中的に訪問して、早期発見や適切な初期対応を推進するための専門チームを新年度、市地域包括支援センター(市役所内)に設置する。8日発表した新年度一般会計予算案にチームの設置などを盛り込んだ認知症施策推進の新 ...
清原和博の逮捕 認知症で施設にいる母親にはいまだ伝えず - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
2月2日の夜、覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕された元プロ野球選手の清原和博。自宅には覚せい剤のほか、注射器やパイプが見つかるなど、常習性が疑われている。 昨年末、“現場”となった都内の自宅マンションから徒歩10分ほどの距離にある、老舗蕎麦店に清原の姿 ...
認知症理解し、救急現場で生かせ 石橋消防本部で初の講座 下野 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
下野市は8日、下石橋の石橋地区消防組合消防本部で「認知症サポーター養成講座」を初めて開催した。 正しい知識を身に付け、救急時や日常生活で認知症の人や家族に適切に対応できるようにする目的。同本部職員や石橋、壬生、上三川各消防署の署員ら合計約50人が ...
身元確認へキーホルダー 認知症の高齢者見守り - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
お守りで、見守り-。認知症のある高齢者が保護された際の身元特定に活用しようと、取手警察署(吉村毅署長)と取手地区防犯協会(協会長・藤井信吾取手市長)は、県警のキャラクター入り「御守り型キーホルダー」を作製し、800個を同市へ寄贈した。同様の取り組みは県警として ...
また神津氏は、設計者の立場から、過去に手掛けた高齢者福祉施設の事例を紹介。神津氏のデザインは、いわゆる福祉向けのデザインではなく、入居者に対して人生の先輩としての尊厳を重んじた空間づくりが大切であること、空間の色彩やデザインの違いで見当識をサポート ...
介護施設虐待過去最多に 認知症になっても魂は健常 - ザ・リバティWeb (媒体での記事掲載終了)
2014年度に発覚した、介護職員による高齢者への虐待が、過去最多の300件だったと、厚生労働省がこのほど発表した。虐待の被害者のうち、77.3%が認知症の高齢者だったという。 知識不足からの虐待. 虐待の内容を見ると、殴る蹴るなどの「身体的虐待」が71.9%、暴言を ...
日本で、今までにない新たな社会的リスクが浮上している。子育てと介護を同時に行わなければならない「ダブルケア」世帯の増加だ。 これまで「仕事と子育て」「仕事と介護」の両立は大きな課題だった。さらに近年、晩婚化・出産年齢の高齢化が加わり、「子育てと介護」の二重 ...
従来の「疾患を治して職場に戻す」という視点から、「複数の慢性疾患をコントロールしながら老後生活を送る」という医療が求められるようになっていますので、医療提供のあり方を高齢者人口の増加に合わせていくことは重要だと思います。 そのコアとなるのが地域医療構想です。これは、 ... 都道府県が構想区域 ...
<アーカイブ大震災>車いすに波 容赦なく - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
南隣のさらに高い場所にある志津川高に高齢者を避難させようとしているさなか、大津波は車いすを押す職員と、まだ入所者らが残っていたホームに襲い掛かった。入所者と ... 当時ホームにいた高齢者67人の多くは要介護度4以上で寝たきりか、車いすが必要な人たちだ。
レクリエーションって高齢者にとって本当に楽しいの? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
工作や手遊び歌、誕生日会、クリスマス会など、これだけ聞くともしかしたら「幼稚園などと同じような内容?楽しめるの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。そこで「介護のほんね」に寄せられた口コミから、実際に高齢者がレクリエーションをどのように感じているのかが ...
介護施設などでの従事者による虐待、2014年度は300件で前年度から35.7%増加―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)や介護老人保健施設、介護療養型医療施設などで従事者による高齢者虐待が2014年度には300件認められ、前年度に比べて35.7%も増加している―。こうした事実が、厚生労働省が5日に公表した2014年度の「高齢者虐待の防止、 ...
指定難病患者の「高額療養費算定基準」とレセプトへの「特記事項」への記載を整理―厚労省 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
具体的には、患者・保護者が医療費助成の認定(支給認定)を申請する際、都道府県が医療保険者(健康保険組合や国民健康保険など)に所得区分を照会し、それを医療受給者証(いわば医療費助成が行われる難病患者であることの証明書)に記入します。医療機関では、医療 ...
セコムと連携した高齢者の見守り&生活支援サービスが登場 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
福祉サービス利用援助・生活支援サービス」では、通院による受診、在宅医療の利用、各種福祉サービス利用の提案など、定期的な声かけで蓄積したデータから利用者にとって必要なサービスを適切に選択し提案する。 基本料金は月額3,500円(月1回の声かけ含む)。声かけの ...
とかく悪玉視されがちな高齢者向けの福祉ですが、その多くは無理解と誤解に基づいているようにも思います。このブログでは何度となく指摘してきましたが、結局のところ老いた親がいれば支える子供もいると言いますか、高齢者が受給する各種の福祉は現役世代にとっても補助 ...
ソニー・ライフケア、シニアビジネスへの新規参入と成長戦略を語る「シニアビジネスマーケットフォーラム2016」登壇のお知らせ - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
... に開催される「シニアビジネスマーケットフォーラム2016」に登壇することをお知らせします。当日は2016年4月にオープン予定の介護付有料老人ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」の事例をもとに、「介護事業への挑戦」をテーマに講演いたします。 .... トヨタ自動車は、8日から国内全ての車両生産ラインの操業を停止し ...
紋別藤幼稚園が新園舎落成記念式典 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者も訪れることを想定し、エレベータを設けたほか、トイレも車椅子やオストメイト対応にするなどバリアフリー対策に配慮した。 工事は平成26年11月からスタート。平成27年10月に園舎建物が完成し、11月から園児らが新園舎での幼稚園生活をスタートさせている。
年代別!想定しておくべき人生の出費 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
親の介護が視野に入ってくる60代「この年代になると親も高齢で病気をしたり、介護を必要としたりする頃です。親が保険に加入し、しっかり貯金できていればいいですが、家族として経済的にも助けてあげなくてはいけない場面も少なくないはず。病気の治療の場合、高額療養費 ...
多機能トイレでAV撮影…身障者団体がメーカーに自粛要望 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー化の流れから設置が進む一方、アダルトビデオ(AV)の撮影場所となり、模倣するカップルの存在も指摘されている。身体障害者 ... 多目的トイレは、車いすが入れる広さが確保され、高齢者用の手すりや乳幼児用におむつ交換シート、ベビーチェアなども備えたもの。
介護保険を使う(4) サービスは認定受けた人のみ - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
まず、介護保険を使えるのは要介護認定を受けた人だけです。そのため、同居の家族であっても要介護者でなければ食事はつくってもらえません。2人暮らしの夫婦がともに要介護なら、掃除などの家事の支援を頼めますが、元気な人が同居していれば、介護保険のサービス ...
「介護職呼び戻そう」 厚労省が再就職支援で最大20万円の準備金 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1日、離職した介護職員を呼び戻すための再就職支援準備金貸付制度の概要を明らかにした。対象は介護職員として1年以上働いた経験を持つ離職者で、介護福祉士など一定の知識・技術のある人。都道府県社会福祉協議会の福祉人材センターに登録することも ...
寝たきりの人を介助者1人でも迅速に避難……防災敷きパット「らっこちゃん」 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
通常時は、敷布団として使うことができ(丸洗いにも対応)、いざという時は寝たきり状態の人を寝袋のような形にくるんで、抱きかかえる要領で搬送できるというもの。肩掛けベルトが付いていることで、普通に抱きかかえるよりも負担が少なく、介助者1人でも寝たきり状態の家族や ...
NHKEテレ「ハートネットTV」では、2月8日(月)午後8時より、「シリーズ認知症 わたしが伝えたいこと ―認知症の人からのメッセージ― 」を放送する。 高齢化社会が進み、高齢者の数も今後さらに増加していくと考えられるなか、NHKでは2015年より、「認知症キャンペーン」を展開 ...
2016年02月07日()
辛東彬氏は辛格浩氏が認知症にかかった、報告をしても覚えていないなどといった主張を繰り返している。息子が父親の精神状態について争う姿を見るにつけ、道徳的堕落、反倫理という側面は否定しがたい。(朝鮮日報16年2月6日【社説】辛格浩氏に精神鑑定、泥沼ロッテお家 ...
平成28年度2月5日、厚生労働省老健局発表によると、平成26年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(以下、高齢者虐待防止法)」に基づいて高齢者虐待の対応の調査を行った結果が発表された。 この調査は、平成18年4月に施行の高齢者 ...
老化による“物忘れ” 病院での早期診断で認知症発見も - dot. (媒体での記事掲載終了)
物忘れが続くと「認知症では?」と不安になる人も多いだろう。しかし、心配のいらない、老化による物忘れかもしれない(※イメージ). 物忘れが続くと「認知症では?」と不安になる人も多いだろう。しかし、心配のいらない、老化による物忘れかもしれない。 記憶力にかかわる脳の ...
昨年4月の介護保険法の改正により、2年後の2018年度末までに「地域包括ケアシステム」の実質稼働が義務づけられた。これは「重度な要介護状態になっても、住み慣れた自宅や地域で暮らせる画期的なネットワークシステム」である。実質的には、介護保険法が成立した2000 ...
それを機にホームヘルパー2級の資格を取得し、デイサービスの職員となり、介護漬けの日々を送る。祖母の亡き後、「介護の情報が足りていない」と感じ、2012年に .... 近い将来、確実にやってくる超高齢化社会。「いつかしなければならない憂鬱な介護」ではなく、「今からできる ...
もう1つは、やはり、教育の問題でも福祉の問題でも、かなりの財政負担がかかることがネックになってくると思います。ですから、適切なる資源の配分というものを予算の中で繰り広げて、離職して介護しなくてもいいやり方は、どういうやり方があるか徹底的に考えていかなければ ...
「介護か育児をしながら働く人」が社員の多数派になる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
自動車メーカーT社の試算では、現在6万8000人いる社員のうち、4年後に親の介護を抱える社員は、1万4000人。つまり社員のうちの5分の1です。介護は平均して10年ほど続くので、介護中社員の割合は5分の2、5分の3…と累積していきます。その結果、親の介護のために ...
<原発事故>介護事業所「条件整えば帰還」5割 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東京電力福島第1原発事故で休業や移転を余儀なくされている福島県双葉郡8町村の介護事業所42カ所のうち、5年以内に地元町村での再開を予定しているのは7カ所(16.7%)にとどまることが県の意向調査で分かった。13カ所(30.9%)は地元以外での再開を希望し、22 ...
認知症高齢者グループホーム碧水(及川雅浩 施設長)の2期新築が決定し、2015年12月から建築工事がスタートしています。2016年4月より稼働を開始する予定。経営主体は、特定非営利活動法人 リスペクト(藤井雅仁 理事長)です。 雪が振り続ける中、着々と工事が進め ...
誤嚥性肺炎は、高齢者に多く、食べ物や飲み物が誤って気管に入ることで起こます。悪化すると死亡に至る ... 誤嚥性肺炎の場合、まずは安静にすることが大切ですが、今回の結果でも見られたように、寝たきりのままでは体力や筋力が落ちやすくなります。体の状態を診ながら、 ...
75歳以上の後期高齢者が増えているのは日本に限ったことではなく、2010年は世界で2億700万人だった後期高齢者人口が、2020年には2億6500万人になると言われている。 親が介護を必要としている状態ではあるものの、親元を離れて生活することは現代では珍しいこと ...
中国社会は、少子高齢化が進展し、国民に占める高齢者の人口構成が急速に増加している。中国は10年後の2025年に高齢 .... 一方、医療保険については、高額療養費の給付を目的とした「大病医療保険」の更なる整備が挙げられている。大病医療保険は、主に都市の非就労 ...
上尾市長選、島村氏が当選 2新人破り3選 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
任期満了に伴う上尾市長選は7日投開票され、現職の島村穣氏(71)=無所属、自民、公明推薦=が、元小学校教諭の中里清志氏(69)=無所属、共産推薦、会社役員の西田米蔵氏(69)=無所属=の両新人を破り、3選を果たした。 急速な少子高齢化が進む中で福祉や ...
75歳以上の後期高齢者が増えているのは日本に限ったことではなく、2010年は世界で2億700万人だった後期高齢者人口が、2020年には2億6500万人になると言われている。 親が介護を必要としている状態ではあるものの、親元を離れて生活することは現代では珍しいこと ...
ケアマネージャーに法改正のことを教えてもらって、親の財産を調べたんです。預貯金が少し減れば給付が受けられるので、どうにかして減らさないといけない。今はまだ自宅で介護できていますが、老人ホームに入るまでに生前贈与でわたしの口座に移して、1000万円を下回る ...
昨年7月、東京都北区の男性(78)は、2010年にアルツハイマー病と診断された妻を自宅でみとった。85歳。診断の翌年に見つかった心臓病が悪化した。妻は認知症が進み、治療の説明をしても具体的な意思を聞き出せる状態ではなかった。断片的な言葉を頼りに、長年 ...
【エンタがビタミン 】デヴィ夫人、認知症検診で「前頭葉の萎縮」見つかる - Techinsight japan (媒体での記事掲載終了)
2月6日で76歳になったデヴィ夫人だが、生活情報番組『サタデープラス』の企画で認知症検診を初めて受けることになった。認知症予防の専門医を訪ねた彼女は、全国の病院で認知症の診断に広く利用されている簡易診断プログラムやMRI検査、そして最新の認知症検査と現在 ...
自動車販売会社で営業マンとして働く中、39歳で若年性認知症と診断された仙台市の会社員、丹野智文さん(41)が6日、千葉市中央区の県弁護士会館で開かれたセミナーに参加し「この病気を決して恥ずかしいと思わないで」などと呼び掛けた。 このセミナーは「認知症の人 ...
定期巡回サービス 採算と認知度に課題(医療・介護最前線) - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護度ごとの定額制で、月の介護利用料は約6300~約2万8500円の5段階に分かれる(1割負担、横浜市の場合)。同会の定期巡回サービスの利用者は現在16人。半数以上が一人暮らしだという。ヘルパー約15人が24時間を分担しながら訪問する。定期巡回サービスの ...
介護施設の職員による高齢者の虐待が、急増している。厚生労働省によると、2014年度の虐待件数は過去最多の300件で、2012年度からの2年間で倍増した。 高知県でも特別養護老人ホーム、グループホームで計6件、前年度より3件増えている。 むろんこれらは「氷山の ...
認知症予防に効果的な歩幅が測れる腕時計を開発. 2016年2月7日. 歩幅が測れる腕時計「グルス」. 株式会社インテックは、歩行時の歩幅が測れるウォーキングウォッチ「GRUS(グルス)」を、2月上旬より販売開始すると発表した。 「グルス」は、東京都健康長寿医療センター研究 ...
3つ以上あてはまったら必読!「介護・相続」危険度チェック――法改正で誰もが当事者に - 日刊SPA! (媒体での記事掲載終了)
ケアマネージャーに法改正のことを教えてもらって、親の財産を調べたんです。預貯金が少し減れば給付が受けられるので、どうにかして減らさないといけない。今はまだ自宅で介護できていますが、老人ホームに入るまでに生前贈与でわたしの口座に移して、1000万円を下回る ...
2016年02月06日()
【介護実録】 介護離職 は何を生む? - オーヴォ (媒体での記事掲載終了)
介護をはじめるにあたり、それまで就いていた仕事をやめる 介護離職 が増えています。 わざわざやめなくても、と介護に縁のない人は思うかもしれませんが、介護そのものに多大な時間と労力かかるのはもちろん、それ以外にも様々な要因が重なり、仕事の継続が難しくなること ...
予備群も含めれば日本に800万人いるといわれる認知症患者。高齢化に伴いその数は増え続ける上に、根治する方法は見つかっていない。介護する家族にも大きな負担がかかる。そうした中で、日本初の「認知症保険」が発売されるという。 団塊の世代が75歳以上になる9年後に ...
日本初の認知症保険 家族が一時金受け取れる仕組み検討も - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
そうした中で、日本初の「認知症保険」が発売されるという。 団塊の世代が75. 予備群も含めれば日本に800万人いるといわれる認知症患者。高齢化に伴いその数は増え続ける上に、根治する方法は見つかっていない。介護する家族にも大きな負担がかかる。そうした中で、日本 ...
トラブル絶えない、無届け老人ホーム 行政指導行き届かず - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人福祉法の規定では、高齢者を入居させ、食事の提供などをする施設は有料老人ホームに当たり、都道府県などへの届け出義務がある。消火設備が必要で、部屋の広さなどは、厚生労働省などが定める指針を守らなければならない。無届けの場合、罰金三十万円以下の罰則 ...
突然、親の介護が必要になったら? 仕事との両立と自己負担の減らし方 - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
担当のケアマネージャーが要介護者(親)の状態や家族の希望、予算を踏まえて介護プランを立ててくれます。また、介護が始まった後は、要介護者の症状や家庭環境に変化があった場合、必ず報告すること。公的な介護制度は、申請や報告に漏れがあると、本来利用できる ...
高齢夫婦殺害容疑で少年逮捕、知人「夫婦の介護で困っていた」 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
兵庫県赤穂市の住宅で60代の夫婦が殺害された事件で、逮捕された実の孫で養子縁組をしている19歳の少年について、勤務先の社長が「夫婦の介護で困っていた」と語りました。 今月5日、赤穂市の住宅で、69歳の男性と64歳の妻が殺害されているのが見つかり、同居してい ...
雪かき 助け合いの精神で 白山・桑島 高齢者宅に学生ら - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
白山市ボランティアセンターに登録している除雪ボランティアや県内の大学生ら十九人が六日、同市桑島地区で除雪ボランティア体験をした。 同センターと市社会福祉協議会が主催した。参加者は三グループに分かれて、一人暮らし高齢者の自宅や空き家など、地区内七カ所で ...
独立型で柔軟なケア提供 多治見の介護相談所「桔梗」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
多治見市旭ケ丘の介護相談所「桔梗」は、東濃、可児地域では数少ない独立型のケアマネジャー(介護支援専門員)の事業所だ。今年で開設から十年。経営する河村国宏さん(48)は「ケアマネの仕事を極めたい」と話す。 桔梗のスタッフは、河村さんを含む男女三人。全員が ...
介護をする際に、もっとも困難に感じるのは? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
介護を受ける高齢者(以下、要介護者)が大変なのはもちろんですが、介護をする側(以下、介護者)が介護疲れで相当苦労しているケースが多く見受けられます。介護は先が見えにくく、介護者は自分の生活や仕事、金銭など様々なものを犠牲にしなければならないことが多いの ...
ミャンマーで介護人材確保 福岡の企業など、現地に派遣会社 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療法人「芙蓉(ふよう)会」(福岡県大野城市)グループの人材派遣会社「サードステージ」(福岡市)が北海道と岐阜の介護サービス2社と共同で、介護人材派遣の合弁会社をミャンマーに設立した。現地で募集したミャンマー人を外国人技能実習制度に基づいて日本に送り、研修 ...
介護の77歳妻、血を流し死亡 病気患う83歳夫「殺した」/小川署 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
5日午後11時25分ごろ、小川町腰越、無職国崎恭子さん(77)の夫(83)から「自宅で妻を殺した」と110番があった。小川署員が国崎さん方に駆け付けたところ、1階台所で、恭子さんが首から血を流してうつぶせに倒れており、既に死亡していた。 同署によると、近くにいた夫が ...
「介護に努力していた」 逮捕少年の勤務先社長沈痛 「祖父母を楽にしてあげたいと話していたが」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
少年は数年前、実の親と暮らしていた関東から転居し、養子縁組で夫婦の息子になった。地元の県立高校卒業後の昨年4月には土木建設会社に就職し、懸命に働いていたという。社長(54)は「最近めずらしいぐらいまじめな子。介護に努力し続けた結果、歯車が狂ったのかも ...
団塊の世代に健康な心と体で人生を送ってもらうための講演会が6日、富山市内で開かれました。 講演会は「とやまライフデザイン研究所」が主催したもので、会場には介護福祉や健康づくりに関わる人など60人が集まりました。 このなかで厚生労働省老健局総務課の服部真治 ...
GHQ、禁断の「産児制限」  人工光に照らされた棚に、青々と育ったレタスが所狭しと並ぶ。兵庫県養父市の旧南谷小学校の体育館。かつて子供たちの元気な声で満ちあふれていた学舎は「野菜工場」へと変貌をとげた。  子供の数が減った影響で小中学校の廃校が相次いでいる。文部科学省によれば、公立小中学校は平成17(2005)年度からの10年で3200校近く減った。高齢者施設やオフィス、宿泊施設、レストランなどに...
防災、省エネ、バリアフリーを重視した設計で、市民の利用機会が多い窓口サービスを集約する。市はパブリックコメント(意見公募)を実施した上で、新年度 ... 市民課や高齢者支援課など窓口サービスを第2庁舎に集約。第2庁舎と本庁舎は渡り廊下で接続する。第2庁舎には ...
札幌市、認知症の初期支援拡大 新年度2区にチーム 重症化前に対応へ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市は新年度、認知症が疑われる在宅の高齢者を早期に発見し、受診や適切な介護サービスにつなげる「認知症初期集中支援チーム」の取り組みを拡大する。2015年10月から先行して中央、東、手稲の3区に設置しており、さらに2区増やす。16年度予算案に事業費4400 ...
新舞踊、見る人に喜びを【おおいたの子どもたち】 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉施設の訪問も続け「来てくれるのが楽しみ」と、お年寄りから喜ばれている。 5、6歳のころに始めたという西海明香里さん(13)は「祖母の陰の支えもあって今まで続けられています」と感謝を忘れない。 ※この記事は、2月6日大分合同新聞夕刊1ページに掲載されてい ...
高齢者虐待、施設で過去最多 県内、施設横ばい - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設での虐待は、有料老人ホームの看護職員が80代と90代の女性2人にボールペンで太ももを刺したり、暴言を吐いたりしたほか、グループホームの介護職員が90代女性をたたいたり、強い命令口調で指示するケースもあった。5件とも各市町が施設に対し、改善計画を提出 ...
デヴィ夫人、認知症疑惑に“勇気ある検診”敢行 - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
事前インタビューでは、何度も共演したピース・又吉直樹(35)の写真を見せられ、名前を答えられず、認知症疑惑を増幅させたデヴィ夫人だが、3つの単語を記憶→計算問題を解く→3つの単語を答える、というテストなどに挑戦。結果は「認知症の心配なし」との診断が下った。
県は25、26の両日、甲府市と富士河口湖町で、高齢者や障害者、外国人など誰でも利用しやすいように配慮した設計の「ユニバーサルデザイン(UD)」をテーマにしたセミナーを開く。 UDの考え方を普及させようと、2009年度から開催。今回は「食生活」をテーマに、高齢者や ...
オーダーシューズの製造販売をおこなう株式会社ベルシャンでは、足ゆびを鍛えることで歩く姿勢が自然によくなるというフットケア商品『バランスパッド』を販売中だ。 認知症は歩き方から? 同社によると認知症の人の歩き方は、背を丸め、小さな歩幅ですり足となり、足元が不安定 ...
2016年02月05日()
身延町社会福祉協議会は、町総合文化会館で、今年のえと申をかたどっただるま展を開いている。 同社協が高齢者の交流を目的に開いている「しあわせひろば」の利用者が作った72点を展示。膨らませた風船にのりで新聞紙と書道半紙を貼り付け、その上に絵の具で色を塗って ...
児童も認知症サポーターに 安中・松井田小で保健師が養成講座 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
安中市立松井田小学校で四日、小学生を対象にした認知症サポーター養成講座があり、五、六年の児童三十四人が、市地域包括支援センター職員の保健師三人から、認知症について学んだ。市内の小中学校で同講座が開かれるのは初めて。 認知症高齢者の増加とともに、 ...
介護から教育まで、50種類の“働くPepper”--写真で見る「Pepper World 2016」 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
人型ロボット「Pepper」の法人モデル「Pepper for Biz」が一同に集結した法人向けイベント「Pepper World 2016」で(1月27~28日開催)展示されたPepperを紹介する。 「日本企業の課題は“人材不足”であり、救世主はPepper for Biz。2016年はスマートロボット元年になる」―― ...
高齢者虐待127人半数が認知症 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福井県は5日、2014年度の介護事業所の職員による高齢者虐待は2件、2人(前年度比1件減、1人減)、家庭で虐待を受けた高齢者は119件、125人(前年度比同、2人増)だったと発表した。被害に遭った計127人のうち59人(46・5%)が認知症だった。 介護事業所の職員 ...
福祉3計画の策定6年分怠る 新潟知事「業務見直す」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
理由について、県の担当部署は「作成の努力はしたが、調整がつかなかった」(障害福祉課)、「詳細は分からないが調整がうまくいかなかった」(高齢福祉保健課)としている。 同省の指摘を受け、県は老人福祉と介護保険事業支援の両計画を一体化した27年度からの高齢者保健 ...
第2次世界大戦前、アメリカでは日本人が病院で診察や入院ができない時代があった。1913年に施行された外国人土地法によって、市民権を持たない日本人移民は土地の所有が禁止されていたからだ。そこで、日系移民1世を対象にした病院を設立しようと、政府を相手に最高 ...
施設職員の高齢者虐待が最多 (媒体での記事掲載終了)
高齢者虐待 経験の浅い職員、目立つ加害 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護問題に詳しい武蔵野大学の本多勇准教授(社会福祉学)は、施設での虐待が増加する背景として、職を持っていなかった若者や「転職組」が介護現場に増えている点を挙げる。「人材不足がすぐに改善されない以上、技術的な伝達を現場レベルで行い、育てていく意識も必要 ...
医療行為の介護研修に不備 大阪市の登録業者 11人が施設で業務 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
たんの吸引などの医療行為にあたるために義務付けられている介護職員の研修について、大阪府は5日、府に登録して研修を行っている人材派遣会社「コム・スタッフ」(大阪市西区)が、規定通り実施していなかったと発表した。これまでに102人が研修を終え、うち11人が実際に ...
医療行為の研修に不備か、大阪 介護職員向け、102人 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府は5日、介護職員にたんの吸引などの医療行為を可能にするための研修を行う人材育成会社「コム・スタッフ」(大阪市)が、研修内容が社会福祉士・介護福祉士法に基づく要件を満たさないまま、102人に修了証を与えていた可能性が高いと発表した。 うち11人が実際に ...
昭恵夫人の発言で話題となった「鳥取大麻」 実はすごい可能性を秘めていた!? - dot. (媒体での記事掲載終了)
高齢化率は37%超の過疎地域だが、自然を学び舎とする「森のようちえん」や森林セラピー、災害時の避難場所を提供する「疎開保険」といった独自の取り組みが受け、都市部などからの移住者が増えている。 全国で約30人、中四国でたった1人という産業用大麻の栽培者である上野俊彦さん(36)も移住者のひとりだ ...
高齢者への虐待2年連続で増加 介護疲れが一因 - NHK (媒体での記事掲載終了)
お年寄りが一緒に暮らす家族などから虐待を受けた件数は、昨年度は全国でおよそ1万6000件に上り、2年連続で増加したことが厚生労働省のまとめで分かりました。介護疲れから虐待に及んでいるケースも少なくないことから、厚生労働省は「介護する家族などへの支援を強化 ...
第18回日本補完代替医療学会学術集会において音楽療養コンテンツ『健康王国』を活用した軽度認知障害(MCI)への改善効果を発表 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
本臨床試験は、公益社団法人虹の会、株式会社ライフサイエンス研究所と弊社および介護老人保健施設ハートケア市川との共同研究として行われたもので、認知症の予備軍と言われる軽度認知障害(MCI)を対象にした補完代替医療法(運動・音楽・アロマ療法)の有効性 ...
入院患者22人ノロ感染? 給食で食中毒か 三田 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
病院によると、症状を訴えている入院患者の多くが高齢者。病院は「現時点でいずれも重症化していない」としている。 入院患者で最初に症状が確認されたのは2日夕方。同様の症状を訴える人が続出し、病院は4日、宝塚健康福祉事務所(保健所)に連絡。同保健所は、院内の ...
話題株ピックアップ【夕刊】(3):JX、テクノプロH、JT、小野薬 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
汎用業務用冷凍冷蔵庫やチップアイス製氷機が好調に推移、大量調理を行う病院・老健施設や食品工場向けに調理後の食品を急速冷却するブラストチラーも伸びている。通期業績は売上高660億3600万円(前期比2.2%増)、営業利益68億8500万円(同4.5%増)、純 ...
介護現場の経験が豊富なケアマネージャーや介護のプロが、介護スタッフが十分配置されているか、食事、排せつのケア、認知症のケアなどが適切に行われているかなど、1300の調査項目をもとにチェックして評価を下す。入所者への聴き取りも行い、生活上の不満や虐待の ...
そして近年、増えてきている医療、老健施設、店舗企画などで着実に実績と信頼を築いていきます。信頼が紹介を生み、再度お客さまから依頼されるように努めていきたいと思います。そして、最後に小規模で宅地造成を行い、ハウスメーカーへ転売するなど、不動産企画事業を ...
健康のポイントはおしりに? 器具要らずで自宅でできるおしり筋トレ - オーヴォ (媒体での記事掲載終了)
池田書店(東京)が昨年12月に発売した『「おしり」を鍛えると一生歩ける! 寝たきり・腰痛・ひざ痛を防ぐ』が、Amazonの“こり・痛みランキング”で1位になるなど話題沸騰。すでに3刷と好評だ。 高齢者や運動不足の人、関節痛のある人でもできる簡単な筋トレで「健康寿命」を延ばす ...
2020年に向けたパナソニックの“おもてなしイノベーション”の展示会が今年も開催 - PC Watch (媒体での記事掲載終了)
また、「国や東京都では、障害者対応、超高齢社会対応、健康増進、大会盛り上げ、競技力強化といった点に取り組むことになるが、パナソニックでは、バリアフリーナビやアシストスーツにより、障害者や高齢者を含めて誰もが快適に暮らせる社会を目指すアクセシビリティ、 ...
中核症状は、もの忘れ、判断力の低下、時間や場所の見当がつかない…などの認知症患者にほぼ共通しておこる症状です。治療薬(特にアルツハイマー型認知症の中核症状の治療薬)としては、コリンエステラーゼ阻害薬やNMDA受容体拮抗薬などの薬が中心となります。
<東邦銀>「聞こえづらい」顧客に優しく - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や聴覚に障害がある人への対応策の一環。全店配備は東北の地銀で初めてという。 コミューンは高性能マイクと指向性スピーカーのセットで、ユニバーサル・サウンドデザイン(東京)が開発。壁の反響音を抑え、聞き取りやすい音声を実現する一方、取引の内容など ...
子どもの貧困対策で基金 宮崎県のキワニスクラブ - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
基金を立ち上げたのは、県内で保育園や高齢者施設を運営する社会福祉法人春生会の兒玉邦彦理事長が会長を務める宮崎キワニスクラブ。キワニスクラブは、ロータリークラブやライオンズクラブなどと並ぶ民間の三大国際奉仕団体の一つ。子どもを対象にしているのが特徴 ...
福島工業が反発、業務用冷凍冷蔵庫など好調で第3四半期は19.3%営業増益 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
汎用業務用冷凍冷蔵庫やチップアイス製氷機が好調に推移、大量調理を行う病院・老健施設や食品工場向けに調理後の食品を急速冷却するブラストチラーも伸びている。 通期業績は売上高660億3600万円(前期比2.2%増)、営業利益68億8500万円(同4.5%増)、純 ...
高齢者移住拠点整備へ法改正案 介護サービス手続き簡略化 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
改正案は、企業や社会福祉法人などの事業主体と市町村が連携して拠点づくりの計画を作成することを規定。高齢者が継続的な医療・介護サービスを受けられるほか、仕事や地域住民との交流を通じて健康を維持できる生活拠点を目指す。 改正案には自治体の人口減少対策を ...
2016年02月04日()
100円ライター程度の小型・軽量サイズで、高齢者の徘徊対策や児童の所在管理、ビジネスへの応用など、スマートフォン(スマホ)と連動したIoT(モノのインターネット)を実現。同社によれば国内初という「BLE(Bluetooth low energy) Class 1」モジュールの採用と内蔵アンテナの ...
認知症の人と家族を見守る「認知症サポーター」の養成講座が、大磯警察署(磯野正彦署長)で1月28日に開かれた。行方不明や詐欺被害、万引き行為などで事件・交通事故の当事者になった認知症高齢者と接する機会がある警察官が、認知症に対する理解を深め、対応の心得 ...
介護保険見直し - 宮崎日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、介護保険制度で「要介護1、2」と認定された軽度者向けサービスを見直す方針を固めた。調理、買い物といった在宅での生活を援助するサービスを介護保険の対象から外し、原則自己負担とすることを検討する。 増え続ける社会保障費の抑制が目的だが、負担 ...
愛知県は2016年度当初予算案の歳出・歳入を固めた。予算規模は2兆5250億円で、前年度に比べて433億円(1.7%)拡大する。歳入面では好調な企業業績に後押しされ県税収入が増える。一方で高齢化の影響で社会福祉関連の支出も増え、歳出全体が拡大する。県は予算 ...
在宅でQOLをあげる−PT・OTと連携する重要さ - けあNews (媒体での記事掲載終了)
by 宮川明子 (平成17年にケアマネージャー資格を取得後、養護老人ホームにて生活支援員を10年経験。また自宅にて ... しかし高齢者は、短期間で回復を見込むことが難しいでしょう。それだけで ... 家事援助. もう一つ大切なことが、介護福祉士やヘルパーとの打ち合わせです。
シンガポールに見る「ITとバリアフリー」の今 国を挙げての“実験”も - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
東南アジアの経済の中心都市であるシンガポールは、日本と同じく高齢化が進んでいる。同政府の調べによると、2030年までには65歳以上の高齢者が人口の19%を占め、そのうち一人暮らしをする高齢者の数は8万人に達するといわれている。そんなシンガポールで、高齢者や ...
被告に懲役3年6月 認知症の父殺害で地裁判決 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年六月、長野市の自宅で認知症の父親を刺殺したとして、殺人の罪に問われた同市鬼無里、無職吉岡昌樹被告(47)の裁判員裁判で、長野地裁(伊東顕裁判長)は四日、「同情すべき点もあるが、殺害以外の手段は残されていた」として、懲役三年六月(求刑懲役七年)の判決 ...
高額介護サービス費 11市町で給付額誤り - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内11市町で介護保険の「高額介護サービス費」などの給付額に誤りがあったことが4日、分かった。所得の変更などの届け出があった場合、限度額を再計算する機能がシステムになかったことなどが原因。少なくとも延べ48人に影響があり、追加支給額は計約47万円、返還 ...
2016年2月4日|医療・介護行政をウォッチ - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
今年(2016)10月に各病院が行う病床機能報告に向けて、一般的に「救命救急入院料や特定集中治療室管理料などを算定している病棟は高度急性期機能に該当する」「特殊疾患病棟入院料や療養病棟入院基本料などを算定している病棟は慢性期に該当する」といった取り扱い ...
夫の介護のため現場離れ… 交通事故報告遅れで逆転有罪 80歳女性に罰金3万円 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
被告はすぐに事故の報告をしなかった理由として「夫の介護で一時的に現場を離れ、近くの自宅に戻っていた」ことを挙げた。昨年10月の簡裁判決は「やむを得ない」と判断したが、高裁の高橋徹裁判長は「警察官が着くまで現場にとどまるべきだったし、せめて警察に事情を話し、 ...
【東日本大震災】 福島沿岸部の介護就職支援 融資最大70万円に拡充 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は平成28年度から、福島県沿岸部で介護職員として働くために県外から移住する人を支援する就職準備金貸付制度を拡充する。家族がいる人が単身で移住する場合、最大で70万円借りられる。1年間働けば全額返済免除となる。 現行制度の貸付基本額の30万円 ...
高齢、障害者集う施設に 来月末閉校の当別・弁華別小中校舎 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【当別】町内の社会福祉法人「ゆうゆう」(大原裕介理事長)は、歴史的な校舎で知られ3月末に閉校する当別町立弁華別(べんけべつ)小を町から無償で借り、高齢者や障害者が利用できる施設として整備することを決めた。同じく閉校する近くの弁華別中も併せて活用し、指定避難 ...
郵便投票、要介護4の人も 74万人対象、参院選から - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は7月に行われる見通しの参院選から、自力で外出ができない高齢者らが郵送で投票できる郵便投票制度の対象者を広げる方針を固めた。現在は要介護認定で最も重い「要介護5」の人が対象だが、政令を改正し、新たに「要介護4」の人も加える。対象者は約74万人 ...
消費税率10%時に介護報酬でどのような対応をすべきか、介護給付費分科会がヒアリングを実施 - メディ・ウォッチ (媒体での記事掲載終了)
消費税率10%への引き上げに向けて、介護報酬でどのような対応をすべきなのか―。こうした点について日本医師会や全国老人福祉施設協議会、全国老人保健施設協会などから意見を聴取していくことが、3日に開かれた社会保障審議会の介護給付費分科会で決まりました。
「無届け介護ハウス」 運営会社社長を書類送検 - NHK (媒体での記事掲載終了)
東京・練馬区のマンションで、高齢者に介護サービスを提供する施設を無届けで運営していたなどとして、警視庁は、運営会社の社長を老人福祉法違反などの疑いで書類送検しました。こうした施設は「無届け介護ハウス」と呼ばれ、警視庁によりますと、摘発は全国で初めてだ ...
小出病院 新病棟に患者引っ越し - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
西病棟は4階建てで、1階に病児・病後児保育室やボランティア室が入る。一般病床は2、3階にあり、ベッド数は90床。患者の利便性を考えトイレの数を増やした。開設時期は未定だが4階には療養病床(44床)を配置する。 2日は職員や業者ら約100人が患者を移送したほか、 ...
伊達市内初の小規模多機能型居宅介護事業所12月開設へ - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
伊達、登別市でグループホームなどを展開するグッドライフ(伊達市舟岡町、宮崎直人社長)は、伊達市初の小規模多機能型居宅介護事業所「アウル」を12月、市内弄月町50・28に開設する。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を同じ建物内に併設し、同社が経営する各施設 ...
各自治体は、独自調査の結果を若年性認知症の相談・支援体制の拡充に生かしていく方針で、三重県では行政機関や介護事業者、一般企業を対象に若年性認知症に関する基本知識の習得やケアの向上のための研修会を開催したり、患者やその家族、支援者が集う「若年性 ...
全国で500万人といわれる認知症患者。自宅介護をする家族にとって、事故の責任を問われることとなった今回の経緯は重い意味をもつ。同居する家族にとって、一瞬の気の緩みも許されない介護を毎日続けることは、不可能に近い。最高裁で家族に責任ありとの判決が下れば、「 ...
佐賀県警は4月から、運転免許センター(佐賀市久保泉町)に認知症などの意識障害を起こす病気の相談に応じる医療系の専門員を配置する方針を決めた。増え続ける高齢ドライバーの事故対策が課題となる中、免許の更新時に合わせて認知症の早期発見や適切な対応に ...
双葉郡の介護業「地元で再開」16.7% 「条件整えば」52.4% - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
東京電力福島第1原発事故後に休業しているか、避難先で再開した双葉郡の介護事業所で、今後5年間に地元で再開する意向を示しているのが、県に回答した42事業所のうち16.7%(7事業所)にとどまることが3日、県の意向調査で分かった。一方、住民の帰還など「条件が ...
ソフトバンクロボティクスとエヌ・デーソフトウェア(NDソフト)は2月3日、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」とNDソフトの福祉業務支援ソフトウェアである「ほのぼのNEXT」を利用した、高齢者介護におけるロボット活用に向けた実証実験を、社会福祉法人セイワの ...
例えば、身寄りのない認知症で寝たきりの高齢者が特別養護老人ホームに入居、嚥下障害で経口からの食事がとれなくなった場合、胃ろうをつけるべきかどうか。 ... ケアマネやヘルパー、訪問看護師に無理やり同意書を書かせるような事態を繰り返してはならない。国が、厚生 ...
【高齢時代に挑む】シニアのすまいを確保せよ 持ち家ない高齢者の受け皿 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
その人たちが一様に高齢化、今後10年に後期高齢者激増地帯となる。 町田市下小山田町で、2001年に高齢者グループホームとデイサービスの運営を開始した社会福祉法人「嘉祥(かしょう)会」は、その後ショートステイサービスやヘルパーステーション、介護ステーションなどと ...
認知症の親を「見守る」方法 サポートグッズが充実 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
Kさん(66)は、昨年から同居を始めた認知症の父の行動に困っている。今は昼間に外出するから探しに行けるのだが…。 認知症を患う人は、ますます増えていく。一方で、国のプランでは、認知症でも住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けられる社会づくりを目標としている。
2016年02月03日()
公益社団法人横浜市病院協会主催の講演会「本当は予防できる認知症〜あなたはその秘訣を知っていますか?」が2月23日(火)、中区桜木町の県民共済みらいホールで開かれる。入場無料。 講師は国立循環器病研究センター脳神経内科医長の猪原匡史(いはらまさふみ) ...
ナオコさん(49歳・会社員)たちの世代にとって、親の介護はとても身近な問題です。親の介護をまぬがれる、あるいは先延ばしにする唯一の方法は、親世代の高齢者自身が健康に気をつけて、なるべく介護を受ける状態にならないようにしてもらうことに尽きます。ただ、予防のため ...
認知症、気づくのは周囲 自覚症状があるうちはまだ安心 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
間違ったり忘れたりしても、周囲から指摘されて“あ、そうだった”と思い出せるなら普通のもの忘れなので、大丈夫です。認知症の場合は指摘されても全く何のことか思い出せません。症状が進んでくると、“私の記憶のほうが正しい”とだんだん頑固になってくるのも特徴のひとつです ...
認知症をもっと知って 明石で接し方学ぶ訓練 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人に街で出会った時の接し方を学ぶ訓練が3日、兵庫県明石市内で行われた。市社会福祉協議会が市民に参加を呼び掛け、初めて実施した。市内12カ所の在宅介護支援センターの職員約20人が「声掛けをお願いします」と記されたベストを着て街を歩き、関心を寄せた ...
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Wissmann Design - Fotolia.com. 高齢者の認知機能の低下は転倒しやすくなる原因となります。転ぶと骨折(股関節骨折)してしまうことがあり、最悪の場合、死に至ることもあります。今回の研究では、認知症が死亡率 ...
政府は7月に行われる見通しの参院選から、自力で外出ができない高齢者らが郵送で投票できる郵便投票制度の対象者を広げる方針を固めた。現在は要介護認定で最も重い「要介護5」の人が対象だが、政令を改正し、新たに「要介護4」の人も加える。対象者は約74万人 ...
越谷市職員逮捕、不動産売却に絡み収賄の疑い - TBS News (媒体での記事掲載終了)
埼玉県越谷市役所の生活保護担当の職員が、高齢者の不動産売却に絡み、現金を受け取ったして、収賄の疑いで逮捕されました。 逮捕されたのは越谷市の生活福祉課主幹・鈴木健翁容疑者(61)で、贈賄の疑いで不動産会社の委託社員・藤倉伸博容疑者(51)も逮捕されまし ...
ソフトバンクグループ、「ペッパーで介護」実証実験 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ソフトバンクグループ 3日、ヒト型ロボット「ペッパー」の介護分野での活用効果を探る実証実験を始めたと発表した。川崎市内の介護施設で高齢者一人ひとりの介護レベルに応じて体操や服薬などを促す。システム開発会社のエヌ・デーソフトウェアの福祉業務支援ソフトとペッパー ...
遺族「施錠・監禁でいいのか」 認知症で徘徊事故訴訟 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県大府市で2007年、認知症で徘徊中の男性(当時91)が列車にはねられ死亡した事故で、JR東海が遺族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の弁論が2日、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)で開かれた。この日で結審し、判決は3月1日。認知症の高齢者が ...
介護施設において職員は、かなりの時間を排泄ケアに割いているといわれている。職員らは決まった時間に排泄のケアを行っているが、介護を受ける側は自分の思いどおりのタイミングではないため、トイレに100回誘導しても数回程度しか実際に排泄することがない、いわば「 ...
シニア期のペットを置いて家を不在にしたり、寝たきりの大型犬を介護する飼い主の声に応える。現在、利用する9割は13歳以上の老犬という。サービス内容は散歩代行や食事、入浴、排泄介助などで料金は、1日1回訪問で、1時間あたり小型犬が3千円、大型犬が4千円(交通 ...
父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録~介護する側にサポートを [前編] - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
誰でもいいから、介護に関する情報と今必要なこと、そして私のことをマネジメントしてほしい!!』 フォーマル・インフォーマル合わせて情報もある、ケアマネージャーもいる、必要なこともわかっている、そして、何をどうしていいのかも知っています。 また、役所の申請主義について ...
Pepperと福祉業務支援ソフトを連携、介護分野でのロボット活用に向けた実証実験 - @IT MONOist (媒体での記事掲載終了)
ソフトバンクロボティクスとエヌ・デーソフトウェアは2016年2月3日、Pepperとエヌ・デーソフトウェアの福祉業務支援ソフトウェア「ほのぼのNEXT」を組み合わせた高齢者介護における実証実験を開始すると発表した。 実験ではほのぼのNEXTと連携したPepperを利用し、介護 ...
バリアフリー時代に合わせて2008年からは、車椅子を使う障害者や、椅子に座って食べたい高齢者などのために、高さ60センチのハーフサイズのこんろも造っている。今年もまつり会場に並ぶ80基のうち、10基がハーフサイズだ。 市体育協会はまつり期間中に提供する、ラム ...
人型ロボ「Pepper」を活用した高齢者介護の実証実験が開始--服薬管理や体操 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
今回の実験では、異なる医療/介護システム間での情報交換を可能にする在宅医療/介護情報連携基盤を介して、ほのぼのNEXTと連携したPepperを利用し、セイワが運営する介護老人福祉施設「幸風苑」の高齢者を対象に、それぞれの介護レベルに応じた服薬管理や体操 ...
ソフトバンクロボティクスとエヌ・デーソフトウェア(山形県)は2016年2月3日、高齢者介護におけるロボット活用に向けた実証実験を、社会福祉法人セイワが運営する介護老人福祉施設「幸風苑」で実施することを発表した。期間は2016年2月3日~5日。 今回の実証実験では、 ...
今回の実証実験では、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」とエヌ・デーソフトウェアの福祉業務支援ソフトウエア「ほのぼのNEXT」を使用する。ほのぼのNEXTに登録されたケア情報に基づいて、Pepperが高齢者の介護レベルに応じた服薬管理や体操などの ...
要介護度3&4の場合、在宅介護にかかる費用の目安は、いくら? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
そのため、できるだけ介護者本人の公的年金範囲内でまかなえるようにしておくと、家計のキャッシュフロー面でも安心できます」 サービスの内容や費用、介護保険支給額の限度額は地域によって異なります。介護のサポートをしてくれるケアマネージャーに相談のうえ、必要な ...
療養病床の一部を廃止し、新たな施設創設へ - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1月15日、高齢者が長期入院する療養病床の一部廃止に伴い、新たな施設創設の方針を決めました。住居と医療の機能を併せ持つ「一体型」と、住居の近くに医療機関がある「併設型」の2種類を用意し、療養病床を持つ医療機関からの移行を想定しています。
さらに現在、議論が進む療養病床の在り方について、厚労省の他の審議の場と整合性を取りながら、議論を進めることも必要だとした。 中川氏は、改定の結果検証等においては、「NDB等の各種データを活用」とされている点について、「『等』には、TKC全国会、日本医師会、病院 ...
つらい介護体験明るく 大分市の鈴木さんが手記 実母と認知症の義母みとる [大分県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
夫の母と実母と同居し、2人をみとった大分市城東町の鈴木寛子さん(77)が介護体験記「おらんちのバッパさま」を刊行した。認知症となり悪態をつく義母に悪戦苦闘しながらも前向きに受け止めようと努め、乗り越えてきた日々をユーモラスにつづった。 実母、夫と3人で暮らしてい ...
作家の曽野綾子さん(84)が「週刊ポスト」のインタビュー記事で語った「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』がある」との主張がネット上で大反発を受けている。 高齢者は権利や機会を若者に譲り、死と向き合うべきだ――そんな「生き方」の主張だったが、「あなたからどうぞ」など ...
高鍋町の現状としては、人口21,109人、65歳以上6,254人で高齢化率は29.63%である。軽度認知障害も含め、65歳以上の4人に1人が認知症といわれている全国平均に同町を置き換えると、1,500 ... 師による)、回想法や音楽療法(認知症の進行を遅らせたり、精神的な安定を図る療法)の普及、啓発活動。 地域 ...
県人権啓発協が認知症ドラマ DVD無料貸し出し - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県人権啓発協会が、認知症をテーマにしたドラマ「ここから歩き始める」(34分)を作り、DVDの無料貸し出しを始めた。1人暮らしだった父の介護をめぐる息子らの葛藤を描き、高齢者を支えることについて、家族や地域の視点で考える内容になっている。 商事会社勤務の信介 ...
社会福祉法人風土記<9>芙蓉会 上 修行僧から改宗した創設者 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉は2003年に事業を開始した特別養護老人ホーム「みぎわ園」を基軸に、ショートステイ、通所介護デイサービスセンター、居宅介護支援事業所、吉原西部地域包括支援センター、在宅介護支援センター、地域密着型小規模複合サービス「みぎわの里」の七つの事業を ...
県の老人福祉・介護計画も未策定 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
県が、法律で策定することになっている老人福祉計画と介護保険事業支援計画について、2009~14年度の2期6年分を策定していなかったことが2日、分かった。厚生労働省によると、策定していなかったのは全国で本県だけ。県は13年度に両計画に替わる独自プランを制定し ...
高齢化が進む日本社会。自然と認知症患者が増加することも容易に想像できるわけだが、「ちょっとした物忘れをするたびに、「もしかしたら自分も認知症なのでは?」と不安になる人も多いかもしれない。 何かを記憶するだけでなく、日常生活で無意識のうちに、常に脳を使っている ...
地方点描:りらとこカフェ[湯沢支局] - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
先月の開催分を含め、これまでの参加者数は延べ200人を超えた。20〜40代の若年層から高齢者まで幅広い層が集い、世代間交流の場にもなっている。中には、当初は無口で表情が硬かったが、今では運営する側に回った人もいる。会場の設営準備や当日の接客など ...
バリアフリーで集客 情報発信や個別対応 平泉・観光シンポジウム 推進へ方策探る - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そのマーケットを獲得するには、客である障害者や高齢者がバリアがない所へ行くのではなく、行きたい所へ行くのを実現することが必要だとし、個々の状況に合わせて情報提供やアドバイスを行う相談システム「バリアフリーツアーセンター」が客にとってはバリアをなくし、観光施設 ...
総務省は2016年2月1日、ベンチャー企業支援制度「ICTイノベーション創出チャレンジプログラム(I-Challenge!)」にZ-Works(ジーワークス、東京都)の「IoT介護支援ツール」開発を採択したと発表した(プレスリリース)。 Z-WorksのIoT介護支援ツールでは、多種多様なIoT ...
<フォーカス 23区の予算案>世田谷区 全出張所で福祉相談対応 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年七月から、区内二十七カ所の出張所・まちづくりセンターで、高齢者や障害者、子育て家庭からの相談、支援に応じる。施設整備や新たに配置する相談員の人件費など三億五千七百五十一万円を計上。保坂展人区長は「NPO、町会、自治会、民間事業者とネットワークを組ん ...
2016年02月02日()
介護の職業訓練、受講者集まらず 総務省が改善勧告 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護以外も含めた訓練の受講者は2014年度に約19万人いて、うち約8割は民間の訓練を受けた。 総務省によると、民間委託した介護分野の訓練の定員充足率は14年度に72・3%で、全体の82・6%を下回った。介護分野は就職率は高いものの、仕事が大変なため、受講者 ...
介護付き高齢者住宅に住む女性から現金686万円を盗んだ疑いで介護士を逮捕 和歌山東署 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
勤務先の介護付き高齢者住宅に住む女性の部屋で現金686万円を盗んだとして、和歌山東署は2日、窃盗などの容疑で、和歌山県岩出市中黒の介護士、岡本紘明容疑者(35)を逮捕した。「知らない」と容疑を否認しているという。 逮捕容疑は平成27年9月11日~10月14 ...
認知症徘徊で事故、家族の賠償責任判断へ 最高裁弁論 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族の責任は、いま介護中の人だけにかかわるものではない。認知症の人は2012年に高齢者の7人に1人で、25年には5人に1人になる。徘徊(はいかい)中の事故のほか、車の事故や火の不始末などのトラブルの増加も避けられず、誰もが認知症と無縁でいられなくなる。
60歳以上であれば入居可能だが、サービス付きであることから要介護以上の高齢者を想定しており、集団生活が可能であることが望ましいとのこと。 完全バリアフリーの環境が整った設備となっている。 問題を解決しより良い介護へ. 同社は2010年2月設立。同年5月に訪問看護 ...
認知症の高齢者が増加する中、安中市は4日、同市松井田町の松井田小(滝沢邦夫校長)で認知症サポーター養成講座を開く。児童・生徒を対象にした養成講座の開催は初めてで、同市の地域包括支援センターは「できる限り早い段階から認知症を知り理解を深めることが重要」 ...
後輩が山口県で介護事業を行っていた縁で、ホームヘルパーやケアマネージャーなどの養成を開始。派遣契約が終了した技術者を研修して、緊急避難的に施設に派遣した。 事業開始2年目には、ハローワークから山口県下での訓練事業者の認定を受け、資格試験や介護 ...
「玄関の除雪で精いっぱい」 大雪の岩見沢市、915世帯見回り - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【岩見沢】降り始めから24時間の降雪量が50センチを超える大雪から一夜明けた2日、市は安否確認を兼ねた独り暮らしの高齢者や障害者の見回りを始めた。朝から除雪に追われた高齢者から ... でも、5~10年後は寝たきりになる人もいるだろう。そうなったら除雪なんてとても ...
月末土曜はカレーの日 湖南の女性部会「子ども食堂」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
子どもや高齢者の孤立といっても、地域の実態はつかみにくいのが現実。食堂事業の代表者の山元照代さん(70)は「多くの人に利用してもらい、月末の土曜日はカレーの日と認識してもらえたらいいと思う。不安だったが、予想以上に来てくれて良かった」とホッとした様子だった。
サ高住を推進する厚労省や国交省からも称えられ、全国の市町村や福祉事業者の視察が相次いでいる。従来の定型的な高齢者住宅の殻を破った斬新な発想であることは間違いないようだ。 CCRCとは、Continuing Care Retirement Communityの略。健康な時に移り住んで、 ...
誤嚥性肺炎の入院激減 介護職員主体で新技法口腔ケア - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設を悩ませている誤嚥(ごえん)性肺炎による入院を、口腔(こうくう)ケアの徹底でゼロに-。富山市の歯科衛生士が、口の中の清掃やマッサージなどの技法を考案し、富山県内の10施設で入院ゼロを達成した。介護施設が自ら清潔さを保てるよう、職員に技法を指導した ...
徘徊事故 家族の責任初判断へ (媒体での記事掲載終了)
マニラの空港に到着すると入国審査の場所には、「OFW lane」(Overseas Filipino Workers=海外労働者)の特別レーンが設けられ、海外雇用庁や海外労働福祉庁といった専門官庁も完備されている。 インドネシアと同様、国策として1970年代から海外就労を奨励し、キリスト教徒が多い同国の ... 約1億5710万 ...
高齢者人口の増加とともに介護問題の深刻さが増している。厚生労働省によると、2010年に国内の要介護認定者数は500万人を超え、75歳以上の人の3人に1人は「要介護」となった。一方で、それをサポートする介護人材が不足しており、団塊の世代が75歳を上回る2025年に ...
41WBrjBqIaL._SX331_BO1,204,203,200_ 久野譜也/Shinya Kuno 筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。スポーツ医学の分野において、サルコペニア肥満、中高年の筋力トレーニング、健康政策などを研究。2002年に「日本全国を元気にする」というミッションを掲げ、 ...
認知症患者の事故 家族の責任は…注目裁判 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故をめぐり、介護をしていた家族に監督責任があるかどうか争われた裁判で、最高裁は2日、当事者双方の意見を聞く弁論を開いた。認知症 ... 厚生労働省は2025年に認知症の高齢者が約700万人になると推計。
認知症で徘徊事故訴訟、3月に判決 賠償責任、初判断へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 年、認知症で徘徊(はいかい)中の男性(当時91)が列車にはねられ死亡した事故で、JR東海が遺族に約720万円の損害賠償を求めた訴訟の弁論が2日、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)で開かれた。この日で結審し、判決は3月1日。認知症の高齢者が起こした事故 ...
太陽生命、国内初の認知症対応保険 診断受けると給付金 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
太陽生命保険は認知症と診断されると給付金を支払う保険を3月に発売する。高齢化で認知症の患者が増えるなか、社会的な需要が高まっていると判断した。給付金で認知症の進行を遅らせたり、症状を緩和させたりするのに役立ててもらう。 同社によると、認知症に対応する ...
認知症患者の列車事故、介護する家族の監督責任は? - TBS News (媒体での記事掲載終了)
認知症のお年寄りが徘徊中に列車にはねられ死亡した事故で、遺族はJRに賠償金を支払う必要はあるのか。そんな裁判が最高裁で開かれました。介護する家族に監督責任があったかどうかが焦点です。 全国で500万人といわれる認知症患者。川崎市内の病院では、内科の ...
介護職員の確保策、都道府県が数値目標設定へ 厚労省 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、人手不足が深刻な介護職員の確保策について、各都道府県に数値目標を設けてもらうことを決めた。安倍政権が掲げる「介護離職ゼロ」の実現を目指す2020年代初頭には、約25万人の職員が不足するとされる。人材の掘り起こしや確保に向けた目標を明確に ...
JR東海 認知症事故訴訟 「家族の介護負担、一層過酷に」遺族側が請求棄却求める - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
責任能力がない認知症男性が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡した事故で、家族が鉄道会社への賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審弁論が2日、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)で開かれた。男性の妻と長男側は「認知症介護は家族の犠牲と負担で ...
今年は「おしり」がキーワード!健康書がたちまち重版!好評発売中!! - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
株式会社 池田書店発売1か月ですでに重版2回!注文続々! 歩くというのは、二足歩行する人間にとって基本動作。しかし、年齢を重ねるごとに筋力が衰え、歩くことが不自由になっていきます。しかも、歩く速度が一定以下になると認知症の可能性まで増えると言われています。
ここ20年で4倍に! 高齢者の犯罪が増加中……窃盗や傷害・暴行事件など - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
こうした高齢者による犯罪の増加の背後には、高齢者の孤立が考えられます。実際に起こった事件でも、高齢者の夫婦の片方が寝たきりになってしまい、介護施設の利用料が工面できず、誰にも相談できずに手をかけてしまったとか。万引でも、ただの生活苦ではなく、周囲に ...
認知症で徘徊中に事故、家族の監督責任は… - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
認知症患者が徘徊(はいかい)中に起こした事故をめぐり、介護をしていた家族に監督責任があるかどうかが争われた裁判で、2日、最高裁は当事者双方の意見を聞く弁論を開いた。 この裁判は2007年、愛知県大府市で認知症男性(91)が、妻がうたた寝をした隙に自宅を出て ...
ここ20年で4倍に! 高齢者の犯罪が増加中……窃盗や傷害・暴行事件など - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
孤立する高齢者こうした高齢者による犯罪の増加の背後には、高齢者の孤立が考えられます。実際に起こった事件でも、高齢者の夫婦の片方が寝たきりになってしまい、介護施設の利用料が工面できず、誰にも相談できずに手をかけてしまったとか。万引でも、ただの生活苦では ...
今年は「おしり」がキーワード!健康書がたちまち重版!好評発売中!! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
寝たきり・腰痛・ひざ痛を防ぐ』を2015年12月に発売し、Amazonのこり・痛みランキングで1位になるなど話題沸騰。すでに3刷と大好評となっ ... 高齢者や運動不足の人、関節痛のある人でもできる簡単な筋トレで「健康寿命」を延ばす画期的な一冊です。 □おしりの筋肉は、何歳 ...
認知症男性の事故責任巡り最高裁で弁論 - NHK (媒体での記事掲載終了)
9年前愛知県で、はいかいしていた認知症の男性が電車にはねられ死亡した事故を巡り、JRが対応にかかった費用の賠償を男性の家族に求めている裁判が最高裁判所で開かれました。JRが「家族には、はいかいを防ぐ義務があった」と主張したのに対して、家族側は「一瞬も目 ...
国交省が情報バリアフリー化でアプリ公開、外国人や高齢者など誰でも移動をスムーズに - トラベルボイス(公式) (媒体での記事掲載終了)
国土交通省はこのほど、屋内外や地下で利用できるナビゲーションアプリ「ジャパンスマートナビ」を期間限定で公開する。2020年の東京オリンピック開催に向けた「情報バリアフリー」施策の一環として、2016年2月4日から3月6日まで東京駅周辺でアプリを使った実証実験を行う ...
認知症患者の列車事故訴訟、最高裁で弁論 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
2日に最高裁で開かれた弁論で、遺族側は「他人に危害を加えない認知症老人の一人歩きを阻止する義務は家族にはない」「事故による損害は障害者と健常者の共生社会実現のための企業コストと考えるべきだ」などと主張し、JR側の訴えを退けるよう求めました。一方、JR東海 ...
高齢者の「見守り活動」で協定 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
一人暮らしの高齢者らを地域で支えようと、県信用金庫協会と県は1日、見守り活動に関する協定を結んだ。県と宅配業者などの協定はあるが、金融機関とは初めて。地域での信用金庫のネットワークを生かし、病気や認知症などの異変に気付いた場合、福祉などの専門機関に ...
パソナライフケア 介護職員の業務負担の軽減を実現する『ケアアシスタント職 導入サービス』2月開始 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
パソナグループで介護分野の人材サービスや介護保険サービス等を手掛ける株式会社パソナライフケア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 髙橋康之、http://www.pasona-lc.co.jp)は、介護事業所を対象に、介護職員の業務負担を軽減する『ケアアシスタント職 導入 ...
損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)は介護事業強化のスピードを上げる。運営する有料老人ホームに見守りセンサーなどを導入し、サービス向上と効率化を進める。相次ぐ買収により業界2位になる同社をはじめ、大手企業が相次いで介護事業に参入している。
金ケ崎町は1日、介護予防・日常生活支援総合事業を開始した。介護保険制度改正により、介護の必要度が低い「要支援1、2」の人向けのサービス(予防給付)のうち、訪問介護と通所介護を町事業に移行。地域の実情に応じた多様なサービスの提供を目指す。 同町西根の町 ...
楽にバス乗り降り 縁石に効果あり - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー縁石は、車道側の側面に傾斜を付けることでバスと歩道との隙間や段差を減らし、乗り降りの負担を軽減する効果が期待できる。欧州など ... 市によると、高齢者や障害者に優しい環境を整えることで乗降時間が短縮でき、バスの定時運行にも効果が期待できるという。
こちらのニュースもどうぞ. 地銀、地の利を活かし、認知症高齢者見守り活動などで地方自治体と協力体制続々. 広島銀行が見守りネットワーク事業へ参加広島銀行が6月17日、「おのみち見守りネットワーク事業」への活動に取り組… 徘徊者自動発見技術の実証実験にタクシー ...
国内外から宿泊客を県内に誘致する仕組みを考える第5回「観光力創造塾」(南都銀行主催)が1日、橿原市久米町の橿原新宮会館で開かれた。県内の観光関係者約100人が参加。「バリアフリー観光」をテーマに、高齢者や障害者らが安心して観光できる集客のヒントなどを学ん ...
高齢障害者が介護保険に移行した際の負担軽減へ - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、障害福祉サービスを利用していた人が65歳になって介護保険サービスへ移行した場合の負担軽減策を検討していることを、1月19・20両日に開かれた全国厚労関係部局長会議で明らかにした。介護保険サービスは介護報酬の1割を利用者が負担することが原則 ...
介護の職業訓練、7割が定員の80%以下 14年度総務省調査 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
総務省は2日、求職者を対象にした公的職業訓練の実態調査結果を公表した。人手不足の介護分野の職業訓練コースについて21都道府県を対象に調べると、2014年度は7割の15都道府県で受講者数が定員の80%に満たなかった。同省は周知が足りないとし、厚生労働省に ...
認知症リスクに地域差 趣味やスポーツ参加割合と関連 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症になるリスクが高い高齢者の割合を市町村間で比べると約3倍の格差があることが、平成医療短大(岐阜市黒野)の加藤清人教授らの分析で分かった。趣味やスポーツの集団活動の参加割合が高い市町村ほど、認知症リスクが高い人が少ないという関連がみられた。
あさぎり町高齢者コミュニティセンター高山荘の指定管理者の指定について4.あさぎり町ふれあい福祉センターの指定管理者の指定について5.専決処分した和解及び損害賠償の額を定めることの報告について6.専決処分した平成27年度あさぎり町簡易水道特別会計補正 ...
2016年02月01日()
晩年過ごす介護施設は自分で決定 元気なうちに終活バスツアー - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
人生の終わりをより良いものとするため備えておく「終活」。「家族に迷惑をかけたくない」と、晩年を過ごす場所をあらかじめ決めたいという人が福井県内で増えている。介護施設や高齢者用住宅が急増しサービスも多様化している中、何を基準に選んだらいいのか悩む人も多く、 ...
同じ本を2度買うと認知症? もの忘れと認知症の違い解説 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
これは認知症の症状の1つですが、一方で単なるもの忘れということもあります。見極めるポイントは、同じ失敗を繰り返すかどうかです。たまにやってしまうくらいなら、たまたま忘れてしまっただけでしょうけど、何度も何度も同じ間違いを繰り返すようだと認知症の可能性があります ...
9割が下流老人予備軍に 今後は親子共倒れなど負の連鎖に - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
聖学院大学人間福祉学部客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で活動する傍ら、生活困窮者支援の在り方を問う。昨年発売された『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新書)がベストセラーに。
これって脳卒中? 疑う症状あれば受診ためらわずに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
脳卒中は「寝たきりの原因」でも最多の35・7%。本人だけでなく ... 2009年に約250人の脳卒中の患者を調べた調査では、65歳以上の高齢者の2人世帯や一人暮らしの場合、3人以上の世帯に比べて、発症から病院到着まで3時間を超えやすいとの結果が出た。さらに夜間に ...
シニア「君を一生介護したい」増える親の再婚で“子供と溝”は当然? - dot. (媒体での記事掲載終了)
高齢化のなか、超熟年婚をする人が増えている。第2、第3の人生を謳歌しようと積極的にも思えるが、意外なトラブルも。 ... 二人は10年前に介護付き有料老人ホーム「星にねがいを」で出会った。熟年ヘルパーとして働くスタッフ同士、職場結婚で今も二人はホームで働いている。
篠山の10社会福祉が連携 情報共有で地域支援 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県篠山市内の社会福祉法人10団体が1日、連絡協議会を設立した。高齢化が進み、介護予防教室などを地域が担う流れにある中、社会福祉法人が専門性を生かして地域を支援するのが狙い。 高齢者、障害者、児童、地域を事業の対象としている各福祉法人が参加。
失禁によって引き起こされる皮膚損傷の機序は、さまざまな実験的研究から提示されているが、長期臥床者で失禁に起因する皮膚特性を検討した研究は非常に限られている。花王株式会社 生物科学研究所の藤村 努氏らは、寝たきり高齢者、健常高齢者および壮年者とで失禁 ...
認知症高齢者の行方不明防げ 広がる「見守りネット」 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
ネットワークがうまく機能するか確認したり、地域住民の意識を高めるため、徘徊高齢者役を捜索する模擬訓練を実施するところもある。14年と15年に取り組んだ由布市は「認知症の人に優しい街は、みんなが住みやすい街。継続的に啓発活動をして意識を高めることが大事」 ...
損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)は介護事業強化のスピードを上げる。運営する有料老人ホームに見守りセンサーなどを導入し、サービス向上と効率化を進める。相次ぐ買収により業界2位になる同社をはじめ、大手企業が相次いで介護事業に参入している。
連載: Dr.徳田の「ケースで学ぶ 薬のカシコイ使い方」 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
... 【ケース002】72才男性。レビー小体型認知症 認知症患者に生じた動悸とめまいの原因薬剤は? 2016/2/2. 徳田安春(JCHO本部総合診療顧問). 新シリーズの第2弾です。このシリーズのテーマは薬剤。薬剤の副作用、ポリファーマシー(一般に5剤以上の多剤併用)、不適切 ...
そもそも、認知症は治せるのか? 現在使われている認知症の治療薬はどんなもので、根本治療薬や予防の可能性はないのだろうか。 それを知る上では、まず認知症のメカニズムを簡単におさらいしておく必要がある。知っておいてほしい生物の知識として、私たちの体の組織は ...
善光会では介護施設の人手不足の解消、介護負担の軽減、介護サービス利用者の自立支援の 促進などを目的とし、介護ロボット研究室を設置、積極的に機器の試験的導入を行っています。今回の検証を行った特別養護老人ホーム バタフライ ヒル細田においては、人の ...
日常圏域ニーズ調査」というアンケートを実施し、地域ごとの課題を把握。例えば認知症の高齢者が多い地域に重点的にグループホームを設置するなどの施作を実施する。介護保険を「卒業」する高齢者を増やすことは、高齢者自身はもちろん、自治体の財政健全化の為に非常に ...
パナソニック、介護関連の子会社4社統合 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
パナソニックは1日、介護関連の子会社4社を統合し、4月1日付で新会社「パナソニックエイジフリー」(大阪府門真市)を発足させると発表した。新会社の従業員数は約3100人。経営資源を統合して、需要に合った商品の企画開発を進める。 介護サービスのパナソニックエイジ ...
情報提供でスイス社会への適応を支援 - swissinfo.ch (媒体での記事掲載終了)
このプロジェクトの目的は、高齢に達した移民が栄養摂取や精神衛生、社会保険、定年退職などに関する公の情報を得られるように支援すること、および提供されているサービスを彼らに教えることだ。 「1960年代や70年代にスイスへ ... スイスの老人ホームもそんなひどい所だと思っている。情報がなければ、時代が変 ...
少子高齢化社会において、施設スタッフや同居家族の介護負担は相当なものだ。たとえば、徘徊老人を抱えた家族は、夜ゆっくりと眠ることすらできないという。また、老老介護(老人が老人を介護する)という状況もかなり起きているという現状がある。 そんな中、「がんばらない ...
小中学生が高齢者買い物支援付き添い、代行で手助け磐田 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
きっかけは磐田市見付地区社会福祉協議会が、聖隷クリストファー大(浜松市北区)のボランティアサークル「いぶき」の提案で昨年開催した「ラウンドテーブル」(円卓会議)。10代から80代までの住民や福祉の専門職らが計6回の会議を重ね、「高齢者の買い物支援」という地域 ...
少子高齢化も進み、社会福祉施策のための財源確保など日本と共通の課題を抱えている。 こうした事情を背景に、多様な産業育成の必要性を感じたフィンランド政府は、学生らを対象にした起業教育を重視するようになり、「スタートアップ」と呼ばれる新興企業に対する支援にも力 ...
認知症徘徊の列車事故訴訟、家族の責任は? 2日に弁論 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症で徘徊(はいかい)中に列車にはねられて死亡した男性(当時91)の遺族に対し、JR東海が損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)が2日、当事者双方の意見を聞く弁論を開く。今春にも予想される判決の内容によっては、高齢化社会が進む中、 ...
パナが介護4社を統合 大阪・門真に経営資源を集中 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
パナソニックは1日、介護関連事業を手掛ける4つの子会社を4月に統合すると発表した。「パナソニックエイジフリー」(大阪府門真市)として経営資源をまとめ、商品開発や職員の採用で柔軟に対応できるようにする。 パナソニックは平成10年に介護分野に参入し、需要が多い関西 ...
2016年社会・精神・介護の福祉士国家試験終わる 問題を全文公開 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
第28回社会福祉士・介護福祉士国家試験が1月24日、第18回精神保健福祉士国家試験が23・24両日に行われ、社会福祉振興・試験センターは27日、受験者数の速報値を明らかにした。 受験者数は社会福祉士が4万4765人、介護福祉士が15万2573人、精神保健福祉士 ...
I-Challenge!の補助金交付決定~「がんばらない介護」を実現するIoT支援ツールの開発~ - 総務省 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
対象となる技術開発課題は、センサー端末、スマホアプリ等の開発を行い、それらを介護に活かすことで。介護者・被介護者が安心して生活できる社会及び介護離職ゼロに貢献することをめざしています。 1.概 要. 先に採択候補課題として決定していた下記案件について、以下の ...
調剤薬局と介護相談窓口 コンビニに併設 - NHK (媒体での記事掲載終了)
お年寄りが利用しやすいようにと、病院などの処方箋を扱う調剤薬局と介護の相談窓口を併設したコンビニエンスストアが、1日、東大阪市にオープンしました。 この店舗は、コンビニ大手の「ローソン」が地元のドラッグストアと提携してオープンしたもので、病院などの処方箋を扱う ...
... の介護付有料老人ホーム「エイジフリー・ライフ大和田」の開設を起点に、2000年の介護保険制度導入に合わせ、介護用品レンタル・販売・介護リフォームを行う介護ショップ事業と介護用品・設備の開発・販売事業を立ち上げ、2014年にはサービス付き高齢者向け住宅事業を開始。 ... これにより、パナソニックグルー ...
介護・医療の人手不足が顕著に 昨年求人数急上昇ランキング - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
介護人材不足が深刻といわれる中、ケアマネージャー、ヘルパー、機能訓練指導員などが上位にランクされた。医療関連では、看護師や医師だけでなく、管理栄養士、医療事務、調剤薬局など幅広いジャンルで求人数が増加した。高齢化を背景に、これらの分野の求人はますます ...
府中市長選 高野氏が大差で再選 「地域の連携強めたい」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二期目に向けては「少子高齢化社会を迎える。地域のつながりの仕組みをつくる福祉コーディネーターを配置するなど、地域の連携を強めたい」と述べた。子どもの貧困や保育園待機児童解消の対策にも取り組むほか、府中駅南口再開発で市全域ににぎわいが広がるよう、活性化 ...
介護・医療の人手不足が顕著に 昨年求人数急上昇ランキング - オーヴォ (媒体での記事掲載終了)
介護人材不足が深刻といわれる中、ケアマネージャー、ヘルパー、機能訓練指導員などが上位にランクされた。医療関連では、看護師や医師だけでなく、管理栄養士、医療事務、調剤薬局など幅広いジャンルで求人数が増加した。高齢化を背景に、これらの分野の求人はますます ...
杉原の働く老人ホーム(井吹の父が会長をつとめるグループ企業が経営)に現れ、バスケットボールでドリブル。車イスの高齢者の皆さんのまわりで、運動が得意な中高生ならできそうなテクニックを自慢気に駆使してダムダム。杉原が「ぶつかったら危ない」と至極まっとうな注意を ...
上司宅に放火未遂容疑 訪問介護員の女逮捕 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県警捜査1課と角田署は31日、昨年10月12日に角田市の上司宅兼事務所に火を付けようとしたとして、現住建造物等放火未遂の疑いで、同市小田、訪問介護員八島正子容疑者(52)を逮捕した。上司宅は8日後に不審火とみられる火事で全焼、同月上旬にも2件の不審 ...
認知症介護研究・研修センター(東京、大府、仙台に設置)は、認知症介護に関する研究を推進している。また、認知症介護に関する研修システムを整備し、認知症介護の専門職員を育成している。 仙台センターでは、2016年3月12日に「認知症カフェセミナー2016~認知症カフェ ...