介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2016年01月10日()
ローソンが山口県にて河村福祉サービスと共同で、西日本初となる介護拠点併設型店舗「ローソン宇部中央町一丁目」をオープンさせる。 開店日は、1月15日。山口県を中心に地域密着型の介護サービスを展開する河村福祉サービスが併設する介護相談窓口を運営し、子会社の ...
「ダブルケア」支援に広がり 横浜の産官学連携に全国関心 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
晩婚や晩産、少子高齢化などが重層的に引き起こす社会問題に対し、横浜発の取り組みが県内外から注目を集めている。 ... 同団体の活動にかかわる英ブリストル大の山下順子講師は「ケアマネジャーやホームヘルパーなどの訪問型支援者が当事者に寄り添うキーパーソン。
「離婚の多い職業」3位観光業、2位介護・看護職…1位は? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
・2位・・・看護・介護職、マッサージセラピスト看護職は時間が不規則でストレスの多い職場。そのストレスの上を行く可能性も高い介護職は、看護職に比べて給与も低めなのもマイナス要因に。またマッサージセラピストや医師も含め、癒しに携わる仕事は職場であった出来事や ...
介護受け皿 計画の7割どまり (媒体での記事掲載終了)
シルバー社会の未来を担う介護ロボの最前線 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
先進国では、高齢化が急速に進んでいる。それとともに、在宅でがんばるお年寄りを社会がどう支援するかという問題が、切実さを増している。 NYタイムズ 世界の話題. イリノイ大学のロボット研究者ナイラ・ホバキミヤンの答えは――ドローンの活用だ。 他の部屋にある薬の容器を ...
介護離職ゼロを目指し、人材確保と整備などに633億円 - エコノミックニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
1月4日の年頭記者会見にて、安倍晋三首相が「一億総活躍元年の幕開けだ」と介護離職ゼロなどの目標実現に意欲的な姿勢を見せた。今年度の補正予算案では、介護人材の育成・確保などに444億4800万円、サービス付き高齢者向け住宅の整備に189億円を計上し、「 ...
同市五ケ堀之内の東海道線沿いに「池ちゃん家・ドリームケア」本社はある。15年前に元看護師の池谷千尋社長(58)が独立して立ち上げた有限会社で、本社と、焼津、藤枝市内に設けた複数拠点で、高齢者を対象にデイサービスや小規模多機能ホームなどを展開する。今でこそ ...
親を要介護にしない病気けがの予防法 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
厚労省が発表した内容によると、要介護状態になる理由として多い病気に、脳血管疾患や認知症、高齢による衰弱などがある。 「たとえば、深酒をするとか大量の煙草を吸う習慣は、体への負担が大きく、介護生活になる時機が早まることが考えられます。甘いものが好きで糖尿病 ...
へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々 鹿子 裕文さん (ナナロク社・1620円) - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護専門のルポライターでも、社会問題を斬るジャーナリストでもない。一介のフリー編集者が、福岡市の小さな高齢者介護施設「宅老所よりあい」で起きるドタバタを記録した。それだけなのに、面白い。 「よりあい」は福岡市でデイサービスなどを展開し、住み慣れた地域で暮らす ...
要介護や要支援の認定を受けた人は家事支援やデイサービスといった介護保険のサービスを利用できる。利用に際しては、どのサービスを、どのような頻度で利用するかなどを検討し、ケアプランを作成、自治体に届ける必要がある。プラン作成はケアマネージャーに依頼するのが ...
親を要介護にしない病気けがの予防法 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢になると、転倒して骨折し寝たきりになることや、病気がきっかけで要介護になる可能性も出てくる。介護の情報サイト『親ケア.com』を運営する横井孝治さんに、親に元気で自立した生活を続けもらうには、どんなことに気をつけたらいいのか、教えてもらった。 「要介護になり ...
この冬も安心して 高齢者世帯で除雪奉仕 西和賀 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
細井洋行町長と米沢一男町社会福祉協議会長による激励の言葉に続き、参加者を代表して、ワークステーション湯田・沢内の田村豊実さん(37)=同町細内=は「元気に声掛けをしながら、けがなく安全に雪かきに取り組み、地域で困っている人たちの不安を少なくしていく」と誓い ...
今回は、認知症の「早期発見」「予防」について考えるセミナーとなる。認知症はどのように診断されるのか、早期発見するにはどんなことに気をつけたらいいのか、認知症にならないために、あるいは進行を遅らせるためにはどんな方法があるのかなど、さまざまな不安や疑問に ...
2016年01月09日()
認知症を予防するために開発中、『食べるフィルムシート』 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
脳と消化管や腸内細菌は互いに関係し合っており、腸内細菌が精神状態にも影響を与えていると考えられていますので、乳酸菌が免疫力を活性化させ、腸内環境を整えることで、認知症の予防・悪化防止に効果が期待できるといわれています。 テアニンと乳酸菌、両成分の相乗 ...
認知症対策に「強めの筋トレ」 記憶力改善に効果 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
このMCIの早期発見と認知症への移行予防に役立つと期待されているのが、「強めの筋トレ」だ。 MCIは、もの忘れはあるが日常生活には支障がない状態。いわば認知症の予備軍だ。約15年間、介護予防教室などで運動指導をしている総合能力研究所の本山輝幸所長は、MCI ...
日系人の紅白歌合戦、忘れぬ故郷 サンパウロ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本生まれの1世からポルトガル語しか話せない5世まで、10~90代の歌好きの男女58人が、「ブラジル日本文化福祉協会」の大講堂の舞台に立った。 ... 会長で宮崎県出身の1世、蛯原忠男さん(66)によると、高齢者を歌で元気づけようと始めたのがきっかけだった。費用は ...
救急と在宅医療の連携強化を - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
超高齢化時代の地域医療の在り方をテーマにした講演会(岡山大疫学・衛生学教室、御津医師会など主催)が9日、岡山市北区鹿田町の岡山大Jホールであり、湘南メディケアグループ(神奈川県)の山本五十年(いそとし)理事長が、救急と在宅医療の連携強化を呼び掛けた。
救急と在宅医療連携を 超高齢化テーマに岡山で講演会 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
超高齢化時代の地域医療の在り方をテーマにした講演会(岡山大疫学・衛生学教室、御津医師会など主催)が9日、岡山市北区鹿田町の岡山大Jホールであり、湘南メディケアグループ(神奈川県)の山本五十年(いそとし)理事長が、救急と在宅医療の連携強化を呼び掛けた。
金融庁職員名乗り投資話=高齢女性、3600万円被害―大阪[時事] - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
大阪府警豊中南署は9日、昨年12月下旬に同府豊中市の無職女性(84)が、金融庁職員などを名乗ったグループからうその投資話を持ち掛けられ、計3600万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。同署が詐欺事件として調べている。 同署によると、女性は、同庁職員や商社社員、建設会社社員を名乗る3人の男 ...
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱 - アサ芸プラス (媒体での記事掲載終了)
約8カ月間の自宅療養中は、元夫の城石が大橋の体を気遣い、毎朝手作りのスムージーを飲ませるなど献身的な介護を行ったことで知られています。そんな背景があるため『尽くしてくれた旦那をよく捨てられるものだ』などと、大橋への非難が集中してしまうのはしかたないかも ...
中国で寝たきり高齢者に行政が「冬のプレゼント」 でも78歳のおじいさんに「この品」は無理でしょ - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
陝西省宝鶏市岐山県蒲村鎮では、行政が音頭を取って企業から寄付を募り、体に障害がある高齢者に「冬のプレゼント」を贈ることになった。脳溢血の後遺症で8年間も寝たきりの生活を余儀なくされている78歳の男性、孫さんも対象になった。中国メディアの新京報が伝えた。
陝西省宝鶏市岐山県蒲村鎮では、行政が音頭を取って企業から寄付を募り、体に障害がある高齢者に「冬のプレゼント」を贈ることになった。脳溢血の後遺症で8年間も寝たきりの生活を余儀なくされている78歳の男性、孫さんも対象になった。中国メディアの新京報が伝えた。
障害者病棟、3月閉鎖 移転方針の登別病院、医師不足や経営難で - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
医師不足と経営難を理由としている。近隣地域で入院患者29人の受け入れ先を探し、関係する職員は系列病院に転勤させる方針。 同病棟は、パーキンソン病といった神経難病や寝たきりの肢体不自由者らを受け入れている。登別市や室蘭市などの高齢者が大半で、数年単位で ...
まちづくりの活動をしている人はもちろん、各種団体で活動している人、マネージメントを求められる看護師やケアマネージャー、職場のチームビルディングの生かしたいと思っている人など幅広く有益なスキルをもたらしてくれる。 受講料は無料、昼食が必要な人は860円で弁当の ...
評伝 宮崎勇元経企庁長官 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
特に思い出深いのは、これからの社会福祉の在り方を展望する「21世紀福祉ビジョン」(1994年)をとりまとめる有識者懇談会の会長をお願いしたことだ。 高齢者福祉が、厚生省だけの狭い領域ではなく、日本全体の課題に躍り出た時代で、宮崎さんのような経済理論に詳しく、 ...
フランスベッドホールディングスは、認知症の人がひとりで外出するのを防ぐ「認知症外出通報システム おでかけキャッチ WS―01」の販売とレンタルを始めた。玄関などに人の動きを感知する機器を置き、認知症の人が通ると、別の部屋にいる家族に受信機の画面や音で知らせる ...
報告では、医療相談所やシェルターを利用する人のそれまでの経緯を読み取った結果、若年層・女性・高齢者の中で認知症の疑いがある人が増えてきているという。そのため、今後は認知症の疑いのある人の支援をすすめ、日本においても先駆けとなるこの活動の成果を、国内に ...
金色の毛沢東像、解体される - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
陝西省宝鶏市岐山県蒲村鎮では、行政が音頭を取って企業から寄付を募り、体に障害がある高齢者に「冬のプレゼント」を贈ることになった。脳溢血の後遺症で8年間も寝たきりの生活を余儀なくされている78歳の男性、孫さんも対象になった。中国メディアの新京報が伝えた。
補正予算で低所得の高齢者に1人あたり3万円、総額約3600億円の年金生活者等支援臨時福祉給付金を支給することに関しては、「選挙前の5月、6月にばらまく」ものであると指摘した。この予算をねん出するために子ども1人当たり3千円を支給する子育て給付金の16年度 ...
2016年01月08日()
高齢化や晩婚化の社会を迎えた昨今、1人暮らしのがん患者は少なくない。 NPO法人・HOPEプロジェクトが2013年に実施したアンケート ... 一方で公的な福祉制度が十分に周知されていないという指摘もある。「おひとりさまの老後」の著書などがある東京大名誉教授の上野 ...
認知症高齢者徘徊対策でシール配布 箕輪町 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
箕輪町は今月から、徘徊(はいかい)による行方不明の恐れがある認知症高齢者を対象に、反射シールの配布を始めた。 シールは、靴のかかとに貼るタイプで、縦一・五センチ、横五センチの楕円(だえん)形。町が二〇一二年に取得した世界保健機関(WHO)認証「セーフ ...
認知症 地域で見守り 連絡先入りカプセル配布 栃木市 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症は65歳以上の高齢者の5人に1人が発症するとされ、市は、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年に、市内の認知症患者が1万人を突破すると予測している。そのためカプセルの配布で、認知症患者と家族が安心して生活するための支援体制を強化する。
障害のあるなしや、年齢などにかかわらず、誰でも利用しやすいモノ作りを目指す「ユニバーサルデザイン」。この考えを生かした商品開発が多くの業界で広がっています。市場規模は2013年度で約3兆円。この15年で倍増しました。花王はヘアケア製品で詰め替えパックを発表。
厚労省、低所得高齢者の介護費補助を縮小 8月から - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は8月から、所得が低い高齢者向けの介護費用の補助を一部縮小する。補助が減る可能性があるのは住民税が非課税となっている世帯で、遺族年金や障害年金を受け取りながら介護施設で暮らす人だ。収入の基準に当てはまると、個室の場合で居住費・食費の ...
要介護認定の審査手順(前編) - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
介護保険法では、日常生活において介護を必要とする状態を意味する『要介護認定(第27条)』と、日常生活に見守りや支援を必要とする状態を意味する『要支援認定(第32条)』の、2種類が別々に規定されている。 手続きはほぼ同一であり、また要介護認定を申請したのに要支援 ...
これにより在宅で介護サービスを受けている人が短期入所を希望する場合は、居宅介護支援事業所のケアマネージャーがその場で空き状況を確認して仮予約を入れることが可能になった。 これまでは電話で空き状況を聞いて見つかるまで探す必要があったが、ホームページから ...
民維、補正予算案で組み替え動議提出へ 給付金撤回求める - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
所得の低い高齢者への1人3万円の臨時給付金や環太平洋経済連携協定(TPP)関連の国内対策費など約8000億円を削除し、国債の減額に充てるのが柱。保育や介護関連の施設整備の基金に積み増す1542億円も削る。 動議は福祉や農業予算を「バラマキ」と印象づけるの ...
高齢者の健康状態を見るバロメーターは、お肌なんですよ。 だって、毛細血管でお肌の栄養をあげてるでしょ。毛細血管が強くなれば、お肌が .... 床ずれとか寝たきりなんてね、栄養状態だけですよ。病院に行って床ずれができるっていうのはね。栄養士の指導が間違ってるんです ...
ソニー・ライフケアグループ初の介護付有料老人ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」事前説明会開催のお知らせ ~睡眠の専門家と「高齢者の睡眠と健康」について考える~ - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ソニー・ライフケア株式会社(東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長 出井学)の子会社である、ライフケアデザイン株式会社(同上)は、2016年4月に開設する介護付有料老人ホーム「ソナーレ祖師ヶ谷大蔵」につきまして、2016年1月17日(日)と2月14日(日)に事前説明会を開催 ...
【講演内容】なぜスウェーデンでは認知症が重症化しないのか。『オムソーリ』のケアにヒントをみる - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区両国)が運営する認知症の情報WEBマガジン「認知症ONLINE」(http://ninchisho-online.com/)は、昨年12月17日に行われた医療福祉ジャーナリズム学博士・藤原瑠美氏による講演会「スウェーデンのケアの概念としてのオムソーリ」( ...
講師の「大石逸子」氏は、永年看護師として勤務された後「地域でできるだけ自立して暮らしていくことが理想の人生の送り方」と考え、地域に根ざした介護事業を展開しながら、県内外各地で講演もされておられます。 認知症を知り、地域との関わり合いを再認識する絶好の機会 ...
IoT(モノのインターネット)のコンセプトと技術を活用し、人の健康状態や健康管理をオンタイムで可視化して予兆をつかみ、「未病」の段階で成人病や認知症を含むリスクを明確化して対応していこうという構想です。「一億総活躍社会」の大前提といえるこのコンセプトを踏まえ、 ...
これまで認知症は前段階であるMCI(軽度認知障害)期に気づくことが大切であるというお話や、早期発見されたことにより効果的な対策を講じることができ、物忘れが軽減できたという事例を紹介しました。 高齢化が進む現代、認知症患者が急増しています。認知症疾患を取り扱う ...
調布市は、2015年度分の認知症対応型共同生活介護施設(認知症高齢者グループホーム)の整備運営事業者を1月から再公募する。また、16年度分については2月から公募する予定。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
自宅などでも認知症の簡易検査を容易に行うことが可能となる。 今回開発したパッチ式脳波センサーは、柔軟な電極とシート型ワイヤレス計測モジュール及び小型電池からなる。形状は手のひらサイズで厚みは6mmと薄く、重さはわずか24gである。生体適合性のある密着性 ...
栃木市は、1月4日、緊急時の連絡先等の情報が入った「安心見守りカプセル」の配布を開始した。 近年、認知症高齢者の人が徘徊により行方不明になる事件や、交通事故等に遭うなどの報告が多数寄せられていることから、市では、このカプセルを配布することで、迅速かつ ...
女優で歌手の大場久美子(56)の父で、昨年大みそかに肝臓がんのため84歳で亡くなった大場宣夫(のぶお)さんの通夜が7日、東京都北区の北区セレモニーホールで営まれ、親族や親しい友人が参列した。 喪主を務めた大場は取材に「最後の約1カ月半の介護が壮絶で涙も ...
両国の医療体制の特徴として、医療へのアクセスの良さが長寿に貢献しているとして、(1)平等な国民皆保険制度、(2)実質的にフリーアクセスの確保された自由な開業医制、(3)重度者が気軽に利用できる療養病床を含めた入院医療の充実――の3点を指摘した。
... 能を活用して、定期的な安否確認ができる。 また、地域単位でも同様に高齢者の活動を見守り、異常がないかなど、安否確認ができるようにした。ほかに、認知症の高齢者については、センサーを持たせることで、徘徊を心配する家族へ外出が通知される仕組みを用意した。
新春対談「1億総活躍社会と福祉」終 社会福祉法人にとって新3本の矢はチャンス - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
同年から社会福祉法人南山城学園(京都 府)の理事長を務め、現在、障害者施設、保育園、老健施設など約40事業所を経営。2015年2月に法人創立50周年を迎えた。全国社会福祉法人経営者協 議会会長には15年5月に就任した。 関連書籍. 社会福祉法人ハンドブック 七訂 ...
セラピー犬、愛情注がれ門出 岐阜市の福祉施設に譲渡 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
県動物愛護センター(美濃市片知)で高齢者や入院患者の心身を癒やす「セラピードッグ」になる訓練を受けてきたゴールデンレトリバー「ホープ」(雌、推定8歳)が、岐阜市の福祉施設に譲渡されることになった。同センターで育成した第1号のセラピードッグ。ホープは多くの利用者 ...
前兆なし「5年で1000万円がパー」高収入者でも老後に届かぬ「中年破産」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
手術のときの入院費用や抗がん剤治療などの費用は、それなりにかかっていると思いますが、高額療養費制度なども利用できましたし、それほど負担には感じませんでした。それよりも大変だったのが、毎月の生活費や住宅ローン返済、子どもたちの教育費負担ですよ。とりわけ、 ...
つくばに医療福祉ロボット開発拠点 サイバーダイン、県有地取得へ仮契約 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
ロボットスーツ開発のベンチャー企業「サイバーダイン」(つくば市、山海嘉之社長)は、医療福祉や物流などを支えるロボット技術の研究開発拠点となる街「サイバニックシティ」を整備するため、市内の県有地約八・四ヘクタールを取得する仮契約を県と締結した。山海社長は「二〇 ...
社説:診療報酬改定 地域医療を守る配分に - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢化に伴い医療や年金、介護など社会保障費は膨らんでいる。国の16年度当初予算 ... 17年度以降の恒久財源として、月ごとの医療費が一定額を超えた場合に公的医療保険が超過分を賄う「高額療養費負担」の患者負担を増やすことも一時検討された。だが与党が難色を ...
2016年01月07日()
市福祉センターで行われた贈呈式には、同クラブの会員のほか鎌倉市、市社協の関係者らが出席。藤井会長は「高齢者の皆さんに喜んでもらうとともに、伝統的な行事の継承につながればうれしい。今後も続けていきたい」と挨拶した。また市社協の梅澤会長は「暮れの忙しい ...
補助は受講料の20%(上限2万円)で、ホームヘルパー2級程度の研修に対し実施。介護保険サービスを提供する市内施設などでの3カ月以上の就労、これまでに同補助を受けていないといった各種条件がある。申請期限は3月31日(木)だが、年間の補助予定者数(70人)に達 ...
また、私たちの目の前には、超高齢社会、そして、人口減少社会が迫っています。そうした変化の中にあっても、 ... また、新たな取組として、こころのバリアフリーを進めるため、様々な機会を活用して、障害者と地域との交流を図ってまいります。 また、環境問題への対応として『 ...
駐停車失敗・道順忘れ… 高齢者の運転ミス、認知症か - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
駐停車の失敗や急ブレーキ、ウインカーの出し忘れ――。高齢ドライバーが運転する車に乗っていて、ヒヤッとした経験がある人は少なくないはず。個人差はあるが認知症のサインかもしれず、家族が早めに変化に気付くことが事故防止のカギだ。身体機能が明らかに衰えたり、 ...
サ高住 市町村に計画策定権限/政府、今国会に一括法案独自の適正配置促す - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
高齢者居住安定確保計画は市町村と協議の上、都道府県が定めることになっている。国土交通、厚生 ... ハード面の登録基準には、原則25㎡以上の床面積や一定基準を満たす構造・設備、バリアフリーなどがあるが、これらを自治体側で変更可能になるわけだ。都道府県レベル ...
親和会が病院、老健施設/ともに三井住友で設計施工 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
親和会(名古屋市中川区)は、新たに177床の病院「(仮称)松和病院富田計画」と、80床の介護老人保健施設「(仮称)松和苑かの里計画」をそれぞれ建設する予定だ。両施設とも設計施工は三井住友建設が担当する。 ともに3月中旬に着工し、2017年6月末の完成を目指す。
EXADONは「エクササイズ」、「佐渡」、「ドン(太鼓の音)」をあわせた造語。2014年から佐渡市高齢福祉課の保健師との連携で、佐渡太鼓体験交流館「たたこう館」で太鼓教室「太鼓たたいてエクサドン!」が始まった。 太鼓と芸能で、心地よい運動習慣、楽しく社会参加する習慣、 ...
あっという間に2016年! 気分も新たに「今年こそ〇〇に挑戦しよう」と、決意している方も多いのではないだろうか。その候補に、ぜひ「アンチエイジング」を加えてみてはいかがだろうか。最新予防医学を活用すれば、老化のスピードを緩やかにして、見た目も中身も健康な状態を ...
福祉の相談一括した窓口、夏ごろ開始へ 亀井市長が新春会見 - YOU (媒体での記事掲載終了)
160107_1.jpg 名張市の亀井利克市長は1月7日、同市鴻之台の名張市役所で新春記者会見を開き、2016年度の市政展望を語った。新施策では、高齢者や子育て、生活困窮者など福祉に関したさまざまな相談を一括して対応する「地域福祉総合支援システム(仮称)」の実施を ...
岡山市認知症向けロボットに効果 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岡山市は、国から認定された総合特区に基づき全国で唯一行っている介護機器6種類のレンタル事業の中間成果をまとめた。主に認知症の人のコミュニケーション力や問題行動の改善を目的としたロボット2種類はいずれも一定の効果が見られた。ただ、他の4種類も含めて利用 ...
「そうか、あかんか」認知症母殺人心中未遂 息子「後追い自殺」報道にネット「心が痛い」と衝撃 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
社会に衝撃を与えた、いわゆる「京都認知症母殺害心中未遂事件」で執行猶予判決を受けた男性が、その後「自殺していた」と報じられた。 介護制度や生活保護をはじめとする日本の社会福祉のあり方に大きな課題を突き付けたこの事件。その悲劇的な結末に、ネットユーザー ...
こりゃ世界最速で進行中の少子高齢化大国になるわ、と。 まず①の、40年ずっとプライベートを顧みなかったのは ... ③については、児童福祉を全く理解していない発言で、本当にこれで子育て支援政策とか作れるのか、と。 赤ちゃんの脳は生後すぐに人間の顔を認識していて、2 ...
米優良企業で育児・介護休暇拡充の動き - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
昨年、米国の代表的な優良企業で育児休暇延長という大きな変化が起こったことで、多くの新米の親たちの生活が変わった。だが、変化はまだ始まったばかりだ。 ネット通販のアマゾン・ドット・コム、ソフトウエアのマイクロソフト、コンサルティングのアクセンチュア、動画配信の ...
娯楽型介護保険事業所・施設に対する意識調査結果 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
利用時間のほとんどをパチンコや麻雀などをして過ごす娯楽型介護保険事業所・施設(カジノ型・アミューズメント型とも言う)について、神戸市と兵庫県は、条例で規制することを決めました。娯楽型介護保険事業所・施設については賛否が分かれるところですが、介護現場の ...
安くて安心の特別養護老人ホーム。入れたら奇跡だが、どうやって入るか? - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
[7]基本的には介護の必要がない、自立して生活のできる健康な高齢者のための施設。入居者全員が自立者であるため、周囲には元気な高齢者が多く友人ができやすいというメリットもある。介護が必要になった際には、退去する契約と、介護付きのホームに移れるシステムが ...
娯楽型介護保険事業所・施設に対する意識調査結果 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
利用時間のほとんどをパチンコや麻雀などをして過ごす娯楽型介護保険事業所・施設(カジノ型・アミューズメント型とも言う)について、神戸市と兵庫県は、条例で規制することを決めました。娯楽型介護保険事業所・施設については賛否が分かれるところですが、介護現場の ...
布施博、テレビで衝撃告白 母を自宅で介護の「覚悟」 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
衝撃の告白だった。俳優の布施博(57)が6日、フジテレビ「ノンストップ!」に出演し、認知症を患った82歳になる母親を、自宅で介護していることを初めて明かしたのだ。 1年ほど前、布施の母親は病院からの帰り道が分からなくなるなど物忘れがひどくなったため、検査を受け、 ...
千葉市が始めた「在宅介護の訪問レッスン」とは? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
市内に住所があり、高齢者を自宅介護している人や介護見込みの人であれば、1時間のレッスンを無料で受けることができます。講師となるのは、訪問アドバイザーとしての研修を受けたホームヘルパーや介護福祉士など、介護現場を知るプロフェッショナル。実際に介護に携わる ...
不思議に心がゆるくなる、認知症の父と家族をめぐる物語 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
もちろん、取り上げられるのは、認知症ゆえに日々起きる不測の事態に家族が右往左往する場面であるが、それでも、「自宅の場所は忘れても、難読漢字はかける」、「出てくる言葉はちぐはぐでも、なぜか会話が成立する」、「妻であることは忘れても、顔を見れば、安心しきった顔を ...
超小型車普及へ発進、埼玉や奈良で貸し出し 用途探る - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
宮城県美里町は、健康福祉センターの職員が、高齢者や子育て世帯を訪問する際などの公用車として活用。維持費の安さも考慮して導入を決めたという。 国土交通省によると、超小型車の導入に向けた補助金事業は15年9月までに全国で約40件実施された。同省は、各事業を ...
認知症に特化した情報WEBマガジン「認知症ONLINE」が業界ニュース配信サービスを開始します! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社ウェルクス(東京都墨田区、代表取締役社長:三谷卓也)(http://welks.co.jp/)が運営する認知症の情報WEBマガジン「認知症ONLINE」(http://ninchisho-online.com/)は、メディアとしての発信力を高めるため、業界ニュースや外部のリリースを取り扱うサービスを ...
認知症女性の預金着服、司法書士に有罪判決 福岡地裁 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
成年後見人として管理していた認知症の女性の預金を着服したなどとして、業務上横領と有印公文書偽造・同行使の罪に問われた司法書士井本秀教被告(43)=福岡市早良区=に対し、福岡地裁は7日、懲役3年保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年6カ月)を言い渡した。
松山の映画館でドキュメンタリー上映 「ポジティブな老後を考える」テーマに - 船橋経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
松山・シネマルナティック(松山市湊町3)で1月9日から、「ポジティブな老後を考える」をテーマに、「アドバンスト・スタイル その人生がファッション」と「徘徊(はいかい) ママリン87歳の夏」が上映される。 シネマルナティック 公式サイト 1992年からレイトショー上映という形で活動を始めた同施設 ... ず、ただ見守ることに徹 ...
仕事・介護両立できる「10%」 離職ゼロの道険しく - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事と家族の介護を両立できると考える人はわずか10%――。40代以上の男女を対象にしたアンケートで、こんな結果が明らかになった。政府は2020年代初頭に介護離職ゼロを目指すが、道は険しそうだ。 アンケートは有料老人ホームを運営するオリックス・リビング(東京)が ...
認知症」の人やその家族については、「認知症サポーター」で知られるように多数の支援、理解が社会から得られるようになってきた一方で、「若年性認知症」という65歳未満で発症する認知症については、その若年性故の課題などまだまだ理解が進んでいない。具体的には、推定 ...
和歌山市が公募していた介護保険関連施設整備の協議対象法人として、白惠会(地域密着型特別養護老人ホーム)と、西日本マインド(認知症高齢者グループホーム)の2者が選定された。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
新春対談「1億総活躍社会と福祉」④ 他産業にひけをとらない賃金に - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
【磯 彰格・全国社会福祉法人経営者協議会長】1960年、兵庫県生まれ。86年に関西医科大卒業、95年に医学博士。同年から社会福祉法人南山城学園(京都 府)の理事長を務め、現在、障害者施設、保育園、老健施設など約40事業所を経営。2015年2月に法人創立50周年を ...
2016年01月06日()
おかげさま(6)認知症99歳の周りで 共に生きるみんなに役割 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
後藤さんの母、井田ゆき子さんは七十三歳で認知症になり、「いしいさん家」から車で十五分の所にある同系列の宅幼老所「みもみのいしいさん家」で生活した。しっかり者で、食事前になると「お客さんは何人いらっしゃるの?」と、忙しそうにスタッフを手伝った。母の利用を機に働き ...
具体的には、高齢者および身体障がい者を対象に、家族や地域住民と連携し、多様な見守りサービスを提供することで、高齢者や認知症徘徊者の早期発見につなげたい考えだ。 そして「情報配信」については、同社のタブレット端末eoスマートリンクに「養父市向けホーム画面」を ...
高齢者の貧困問題 『下流老人』著者「希望に変える重要な年」 - dot. (媒体での記事掲載終了)
藤田孝典ふじた・たかのり/1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学人間福祉学部客員准教授。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。著書に『ひとりも殺させない』など(撮影/写真部・堀内慶太郎) ...
<おかげさま 支えてくれてありがとう> (6)認知症99歳の周りで - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ここは千葉市花見川区の宅老所「いしいさん家(ち)」。二人は、近くの自宅などから毎日のように通っている。認知症のお年寄りや精神疾患、知的障害のある人らが利用しており、みんながともに生きる優しい時間が流れている。 センさんは以前、東京都内の有料老人ホームで「 ...
年金世帯の所得控除拡充 介護保険料を合算、財務省検討 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
財務省は介護保険料を支払った年金受給者の所得税の負担を減らす仕組みを拡充する検討に入る。年金で生活する主婦らで、介護保険料を支払った場合に生じるはずの控除分が反映されていないケースがあるためだ。年1万円ほどの負担減になる世帯もあるという。高齢の低 ...
例を挙げると、入院医療では病院の高度急性期病床を慢性期、リハビリ用の病床に転換しつつ、入院患者の在宅療養への移行を図り、外来医療では大病院ではなく主治医機能を有する地域の医療機関を受診するように促す、医療と介護、住宅、予防、生活支援などのサービスを ...
「妻の介護に疲れ殺害」と供述 71歳夫を起訴 - NHK (媒体での記事掲載終了)
先月、栃木県那須町で寝たきりの妻の首をベルトで絞めて殺害したとして、71歳の夫が殺人の罪で起訴されました。これまでの調べに対して夫は「妻の介護に疲れ、殺害した」と供述しているということです。 起訴されたのは、栃木県那須町高久甲の常松正根被告(71)です。
日高川町三百瀬の公民館前で、町内初となる小規模多機能ホームとグループホームを併設した高齢者介護施設「なごみ・みよせの里」の建設が進んでいる。地元住民が代表を務める「NPO法人なごみ」が運営。地域密着の施設として、4月の開設を目指している。 同地区では ...
布施博、母の認知症を初告白「イライラせず前向きに」自宅介護 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
狭心症で通院していた布施の母は、自宅への帰り道が分からなくなるなど物忘れがひどくなり、病院で検査を受けるとアルツハイマー型認知症と診断された。1年前から鍋を焦がしたり、洗濯機に大量の洗剤を入れて洗濯するなど、病気の影響が出始めたといい、布施は母が毎日 ...
という3つの要因です。日本は高齢化が進行することで、人口が減少し、生産年齢人口比率が低下しています。生産年齢人口比率は1990年代前半 ... ハブ国家を自称するシンガポールは、進出企業に低負担であるために、低負担低福祉の小さい政府となっています。 そのため、永住権を取得するまでは移民 ...
... 日本三大ドヤ街のひとつだ。ドヤとは宿(ヤド)とも呼べぬほど祖末なものであるという差別的な呼称であり、最近では簡易宿泊所、略してカンシュクなどと言うこともある。かつて日雇い労働者の街として知られた山谷も、時代の変化や高齢化によって、福祉の街へと変わり、今や.
沖水高生に最優秀賞 福祉大賞コンテスト - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【糸満】昨年11月に長崎県で開催された「第17回高校生福祉大賞コンテスト」(長崎ウエスレヤン大学主催)で、糸満市の沖縄水産高校総合学科福祉サービス系列の生徒たちが最優秀賞に輝いた。発表テーマは「共に支え合う糸満の街づくりプロジェクト~だれでもみんな“ふくしん ...
どう乗り切る?いつかはやってくる親の介護! - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
昨日までは元気に暮らしていたのに、次の日の朝、脳梗塞を発症し入院、一命はとりとめたものの身体に重度の後遺症が残ってしまい、一人で自宅で暮らす事は出来ず、しかし治療自体は終了したので病院からは退院しなければならない……。 もしも親の介護に専念するという ...
山崎さん:「高額療養費制度」があるので、基本的に不要です。制度の自己負担分をまかなえる ... でも、今の制度を前提とすると、公的年金は積立金が枯渇しても、徴収した保険料を高齢者に配っているだけですから、ぽっきり折れることはありません。「30年後には受給額が今 ...
介護・見守り」では、高齢者および身体障がい者を対象に、家族や地域住民と連携した「介護・見守り」サービスを提供する。 家族による見守りのため ... 認知症患者の見守りに向けては、徘徊などに対応するため、センサーの活用により外出を家族へ通知する。 「情報配信」では、 ...
介護現場 「辞めない」職場づくり - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大量に必要な介護の担い手を確保できるのか。政府は「介護離職ゼロ」を目標に掲げるが、現場からは「仕事がきつい割に賃金が低い」「働き続けても給料があまり上がらない」と不満の声が上がる。働きたい人の意欲をどう後押しし、働きやすい環境を整えていくか。工夫をし始め ...
この写真は、母の財布の中にあった小銭です。買い物の際、お札でばかり支払いをした結果、小銭だらけになるという認知症の典型的な症状のひとつです。今回は小銭ではなく、もっと大きな介護にかかるお金に関するお話です。
12月17日、日清オイリオの「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策プロジェクト」は、40歳以上の男女1,200人を対象に行った認知症予防に関する意識調査の結果を公表した。調査の背景にあるのは、日本の超高齢化が進み、2025年には認知症の患者数が700万人に達すると言われて ...
俳優の布施博(57)が6日、フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」(前9時50分)に出演し、母親(82)が認知症を患い自宅介護を続けていることを初告白した。 1年ほど前に、狭心症を患って通院していた母が病院からの帰り道を間違ったことをきっかけに検査、「アルツハイマー ...
在宅介護にかかる総費用は400万円! じつは一番気になる介護のお金 - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
この写真は、母の財布の中にあった小銭です。買い物の際、お札でばかり支払いをした結果、小銭だらけになるという認知症の典型的な症状のひとつです。今回は小銭ではなく、もっと大きな介護にかかるお金に関するお話です。
増加が見込まれる外国人介護士、その現状と課題は - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
福祉事業を手掛ける株式会社笑顔いちばん(岐阜県)と、北海道と福岡県にある同業2社は、ミャンマーに、介護人材を日本に派遣する合弁会社を設立しました。現地で採用したミャンマー人に日本語教育を行い、一定の水準に達した人を日本に派遣。その後、介護職員初任者研修 ...
布施博、母の認知症を初告白「とにかく前向きに」自宅介護で支える - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
1年ほど前に、狭心症を患って通院していた母が病院からの帰り道を間違ったことをきっかけに検査、「アルツハイマー型認知症」が発覚。番組では、毎日飲む薬を貼りつけたカレンダーや母が焦がしてしまった鍋、洗濯機に「まだ洗濯機回さないで下さい」と貼り紙した様子などを ...
介護離職ゼロを目指すという。一見、心地よい目標だが、どうやって実現するのか疑問だ。 厚生労働省は2015年を地域包括ケア元年とし、施設に頼らず地域で介護が必要な高齢者を支えようと構造改革を始めたところだ。 「施設に頼らない」とはいうが、実際には施設では対応し ...
介護・育児で退職の元教員を「特別選考」 県教委が制度新設 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県教委は5日、公立学校の新規採用教員選考試験の変更点を発表した。介護や育児などで退職した教員向けに、年齢制限を撤廃し、学力試験と実技試験を免除する特別選考を新設。小学校教員の選考では、外国語が必修化されたことを受けて実技試験に英語を加える。2017 ...
介護・福祉・医療 - ドリームゲート (媒体での記事掲載終了)
終末期患者を中心に独自の訪問看護サービスを提供するベンチャー。60ヶ所の訪問看護ステーションと連携し、年800件以上の保険外看護サービスを行う。 展開している事業の内容・特徴終活というキーワードが最近よく聞かれるになった。超高齢化に伴い第二の人生ともいえる ...
2016年01月05日()
「ストレスチェック最安値保証」AltPaper、静岡県で医療介護業界を中心にコンサルティングを行うNurse-Companyとストレスチェックサポート業務で提携 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、患者、家族様にもどのようなケアがベストかを追求している。さらにストレスチェック実施者として、静岡県東部を中心に展開している。会社員の方々が健康に働くことができるよう、支援を行う。ケアマネージャーの資格もあり、介護保険の相談事にも対処できる。 安さの理由.
投資していいのは「国債」「国内外投資信託」だけ!? - 経済評論家が語るお金を増やす上で「やってはいけないこと」【後編】 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
山崎さん:「高額療養費制度」があるので、基本的に不要です。制度の自己負担分をまかなえる ... でも、今の制度を前提とすると、公的年金は積立金が枯渇しても、徴収した保険料を高齢者に配っているだけですから、ぽっきり折れることはありません。「30年後には受給額が今 ...
リフォーム営業マンが選ぶオススメ商材が決定!≪リフォーム大賞2016≫ - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
セットプランが選べるので、お客様に合わせて提案しやすいです。高齢の方にはバリアフリー対応の「サポートプラン」を、女性には「間仕切りユニットトール収納」が特徴の収納プランをお勧めできます。収納プランの丸い形の鏡もかわいいですね。
認知症老人対策に詳しい介護職員は「認知症の人には時々、攻撃性スイッチが入ります。約束していない約束を破ったなどと激高したり、他人のささいな言動に対して被害妄想に取りつかれて、本人としては正当な防御のつもりで、攻撃性を爆発させます。私も認知症の人から『 ...
老人ホーム入居の男が女性殺害 介護現場でキレる認知症の現実 - 東スポWeb (媒体での記事掲載終了)
4日午前0時ごろ、埼玉県戸田市本町2丁目の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ戸田公園」で、入居者の無職小田みと子さん(87)が自室で血だらけになっているのを巡回中の男性職員(43)が発見した。小田さんは顔を殴られており、搬送先で死亡が確認された。蕨署は、 ...
若きエリートによる意見交換 - 現代ビジネス (媒体での記事掲載終了)
福祉関係者やジャーナリストら生活保護制度の実情を知る人ほど、女性の発言には批判的だったようだ。 そもそも女性の発言は、健常者で労働 ... だが、実際に生活保護を受けている約163万世帯のうち、5割近くは65歳以上の高齢者世帯。働きたくても働けない、傷病者世帯と ...
健康寿命 県が研究拠点 予算計上へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
健康寿命> 介護を受けたり寝たきりになったりせずに、自立して健康的に生活できる期間を示し、厚労省が2012年から3年に1度公表している。厚労省は男女別の数値のみを公表している。これをもとに静岡県は男女総合の数値を試算し、公表している。12年は県男女総合は ...
介護離職ゼロ」が新3本の矢で謳われた。働く人の家族介護による離職をなくすために施設や在宅サービスなどの充実をめざし、それらの供給を計画より大幅に引き上げることになった。GDPを600兆円に増やす経済成長路線を新3本の矢の最大目標に掲げ、それを達成させる ...
【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家夢見る父さん氏:いよいよ貯蓄から投資の年になるか - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
はっきりいって、これは少子高齢化への対策で、これまで国が老後の面倒をみる公助に頼っていた日本で、自助努力が必要だと打ち出した福祉政策の一大転換です。公助だけでは老後の生活は大変だということで、高齢者の労働参加がますます奨励され、再雇用などで70歳まで ...
介護殺人 孤独だった加害者 (媒体での記事掲載終了)
しかし、生活保護申請や介護保険など福祉的支援が入れば、前の76歳の男性同様、再犯率は極めて少なく抑えられるということだ。 これらの高齢者の実像から、凶悪な高齢者がいたり、貧困な人々が犯罪をするのではないことが理解できる。 社会福祉の手が及んでいないことに ...
「コンビニで気軽に介護相談」 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
高齢化が急速に進む今、これまで以上に社会や家庭で、介護関連の商品やサービスへのニーズが高まるのは明らかです。身近なコンビニに相談窓口や介護関連商品があれば、利用しやすいのではないでしょうか。行政を頼るほどではない問題も、買い物ついでに気軽に相談 ...
ケイ・オプティコム、まちぐるみで取り組むICTを活用した「生活支援サービス」のトライアル実施 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
次に「介護・見守り」については、高齢者および身体障がい者を対象に、家族や地域住民と連携した「介護・見守り」サービスを提供いたします。多様な見守りサービスを提供することで、単身世帯や軽度支援を要する高齢者、認知症徘徊者の早期発見に貢献し、将来的な介護・ ...
介護福祉士が女性襲う 強制わいせつ容疑で小倉北署が逮捕 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡県警小倉北署は5日、北九州市小倉北区霧ヶ丘3丁目、介護福祉士の男(34)を強制わいせつ容疑で逮捕した。調べでは、介護福祉士は昨年9月29日午前1時38分ごろ、同区内の路上で、サービス業の女性=当時(31)=を背後から襲い、暴行を加えて抵抗できなくした上 ...
代ゼミ大阪校跡地、医療介護大手が取得 医療拠点検討 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨春に閉鎖した代々木ゼミナール大阪校(大阪府吹田市)の跡地を、医療介護大手のシップヘルスケアホールディングス(HD)が取得したことが分かった。取得額は約36億円。旧校舎は複合オフィスビルに建て替え、ホテルを併設する予定だ。海外からの医療ツーリズムの拠点に ...
このうち3,624億円を計上しているのが、低所得の年金受給者1人に対して3万円が支給される「年金生活者等支援臨時福祉給付金」だ。子育て世帯の子ども1人に対して3,000円を支給する「子育て世帯臨時特例給付金」が平成28年度以降、廃止されることもあり、一部からは「 ...
父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~介護者の心にも休息を![前編] - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
そしてありがたいことに、職場や周りも介護や福祉の専門家。細かいことでもすぐに聞けるし、情報も知識も、そして状況さえもわかってくれる環境でした。父の介護に関するケアマネージャーや訪問看護師等も、もちろんとてもありがたい存在で、本当にたくさんの援助をいただきまし ...
東京都世田谷区は、1月1日、認知症サポーターステップアップ講座を無料開催することを発表した。 参加対象は、世田谷区内在住で、地域で活動する意欲があり、全回(2日間)参加できる人。また、認知症サポーター養成講座を受講、すなわち、オレンジリングをもらったことのある ...
北海道商工会議所連合会(道商連)は12月21日、介護業界のイメージアップと人材確保を図ろうと、漫画「マナミ 介護の星目指す‼」を発刊した。漫画の主人公は介護の仕事に興味を持つ札幌の女子高生。介護施設のデイサービスをインターンシップで体験するストーリーで、介護 ...
2016年01月04日()
新春対談「1億総活躍社会と福祉」① 新3本の矢は手段であり目的 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
安倍政権は「1億総活躍社会」を目指して「新3本の矢」を放ちました。第2の矢「希望出生率1・8」、第3の矢「介護離職ゼロ」は社会福祉法人にも大きくかかわる施策です。ここ数年、批判的な見方をされてきた社会福祉法人にとって千載一遇のチャンスとも言えます。しかし、大 ...
都が障害者スポーツ基金 パラリンピックへ200億円 新年度方針 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
ほかに、高齢者施設の介護職員向けに宿舎を借り上げた事業者を支援する補助制度も新たにつくる方針。介護が必要なお年寄りや障害者を災害時に受け入れる福祉避難所として、区市町村の指定を受けた施設の事業者が対象。職場の近くに職員が住みやすくして介護人材の ...
鹿児島県内特養の待機指数、3年間で2割改善 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島県内の特別養護老人ホームの床数(定員)に対する待機者割合を示す指数が、第5期介護保険事業計画期間(2012~14年度)中に約2割改善したことが、県介護福祉課のまとめで分かった。県内の9高齢者保健福祉圏域間の格差はやや改善したものの、なお2倍を超え ...
埼玉老人ホーム殺人 認知症78歳男が寝たきり87歳女性殴る - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
埼玉県戸田市本町の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ戸田公園」で4日午前0時ごろ、入居者の無職小田みと子さん(87)が、自室で血だらけになっているのを巡回中の男性職員(43)が発見した。小田さんは顔を殴られており、搬送先で死亡が確認された。蕨署は、入居者 ...
高齢化社会に突入した日本にとって、「介護離職」は国をあげて考えなくてはならない大きな問題です。もし、あなたが両親や家族などを介護しなければならない立場になったとき、どうしますか? メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、給付金などの制度があることを ...
老人ホーム入居の女性、殴り殺害した疑い 別の部屋の男逮捕/戸田 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
小田さんは寝たきりで、職員が小田さんの部屋に入った際、車椅子の男がいた。2人の部屋は同じ建物の2階で10メートルほど離れていた。2人の間に目立ったトラブルはなかったという。 現場は、JR戸田公園駅から北西に約400メートルの住宅街。同ホームによると、男は昨年9 ...
2016年に移住したい世界22都市:「ストックホルム」in スウェーデン - ライフハッカー[日本版] (媒体での記事掲載終了)
スウェーデンといえば、デザインではIKEA やH&M、ITではSpotifyやスカイプ、音楽では古くからはABBA、最近ではAvicii やAlessoなど、小規模な国の割には世界的なブランドやアーティストを輩出している国です。また、社高福祉高負担の包括的な社会保障制度は、少子高齢化 ...
介護職の魅力発信へあの手この手 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護職の魅力を発信する取り組みが岡山県内で目立っている。現場で輝いている若手職員を発掘し、PR役に任命するプロジェクトが昨秋始動。2月には介護技術を公開で競うイベントも計画されている。職員の不足が深刻化する中、業界のイメージアップを図り、人材の確保に ...
皆さん、下のところ、「コレステロール摂取量を制限すると、たんぱく質不足を生じ、特に高齢者において、低栄養を生じる可能性があるので注意」。ほらもう、コレステロールを減らすと、高齢者が低栄養で困ってるよって(書いてある)。 だから、認知症の問題とか寝たきりの問題。
1人暮らしの高齢者におせち料理 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
おいしいおせちで明るい新年を―。玉野ライオンズクラブは12月30日、おせち料理100食と日めくりカレンダー200部を市内の1人暮らしの高齢者に市社会福祉協議会を通じて贈った。 この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。
認知症?帰省時の親の様子が - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
年末年始に帰省し、古里で過ごした人も多いだろう。久しぶりに会った親の様子がどことなく以前と違う…。そんなとき、認知症が潜んでいる可能性があると、専門家は指摘する。繰り返し同じことを言うといったことが認知症の症状としてよく知られるようになったが、実はこうした症状 ...
函館市、移住促進へ「福祉エリア」 首都圏の高齢者照準 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉の機能を日吉地区に集める構想は4年前にスタート。国が昨年、地方創生の柱として高齢者移住を打ち出したのに合わせ、その受け皿となる共同体「日本版CCRC(生涯活躍のまち)」の機能を目指すことになった。国が奨励する多世代交流施設も整備し、幅広い世代 ...
年間1万7千人が心肺停止に ヒートショックの怖さとは - dot. (媒体での記事掲載終了)
2014年に高橋さんらが発表した報告によると、11年の1年間に浴室で心肺停止した65歳以上の高齢者は、9360人。ここから高橋さんは全国で1万7千人が入浴中に心肺 ... の一つと考えられているのが、“ヒートショック”だ。国際医療福祉大学教授でリハビリ医の前田眞治さんは、
子育て・介護の「ダブルケア」、母親の14%「直面しそう」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
子育てと親の介護が同時進行となる「ダブルケア」に数年先に直面しそうだと考えている母親が14%いることが、ソニー生命保険の調査で分かった。過去に経験したり現在直面したりする母親は8%いた。 ダブルケアは精神的・体力的な負担が増すほか、経済的な困窮を招くことも ...
介護中の息抜きにも!家事代行の使い方いろいろ - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
利用者の生活の援助を行う訪問ヘルパーのお仕事。法律によってそのサービスの範囲は決まっており、利用者本人に関係のない家事を行うことはできません。ですが、ヘルパーさんに「お願いできたら助かるのに」という家事だってたくさんあるはず。 そこで、今回は便利な家事 ...
高齢者は消費性向が高いと説明していますが、若年の独身者や子育て世代の消費力をアップする方が将来の日本のためになることは間違いなく、一億総活躍社会の実現のためだとして、高齢の低年金者に3万円配るのは選挙目当てのバラマキだと言われても反論できないと ...
流通ワードランキングの病名・症状カテゴリーで「認知症」が2015年首位を獲得. 2016年1月4日. 「今年の流通ワード」発表. 12月15日、データアーティスト株式会社(以下、データアーティスト)は2015年版の『ビッグデータに基づく今年の流通ワード』を発表した。 データアーティスト ...
2016年01月03日()
国その他トップが語る2016年 【年頭所感】 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
人口減少や高齢化に伴って生活機能維持が困難になってきている地域において、道の駅等にコミュニティバスやデマンドタクシーといった交通機関の結節点、働く場などの機能を持たせるなど、生活サービスを維持し、効率的に提供できる「小さな拠点」づくりを推進してまいります。
介護職員宿舎・学習支援へ空き家活用補助 東京都方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
都関係者によると、補助対象になるのは、災害時に高齢者や障害者ら特別な配慮が必要な避難者を受け入れる福祉避難所(約1200カ所)のうち、施設周辺の空き家を災害時に素早く対応できるよう職員用の宿舎として借り上げる高齢者介護事業者。家賃の一部を都が補助する ...
そもそも、認知症とはどんな病気なのでしょうか。解釈はさまざまですが、ここでは「認知機能に低下があり、日常生活に支障のあるもの」と定義しておきます。しかし日常生活に支障こそなく元気なものの、認知症の症状が出ている方が少なくありません。ここでは、そんな「元気な ...
空き家を活用なら補助金 東京都、介護職員宿舎など想定 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国の空き家の約1割が集中する東京都が、空き家を借り上げて職員宿舎として活用する介護事業者や、児童養護施設を出た子どもに空き家を貸す所有者らに、経費を補助する独自の有効活用策に乗り出す。新年度予算案に数億円を計上する方針だ。 都道府県レベルの空き家 ...
社説[ここにある「貧困」]支援の土台つくる年に - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉を含めた社会保障政策の持続性・安定性を高めるためにも、子どもに対する社会投資は重要である。 国が来年度沖縄予算で、子どもの貧困対策事業を打ち出したことは歓迎するが、小さな一歩を踏み出したにすぎない。 4月には県子どもの貧困対策推進計画が ...
非薬物的介入の併用で認知症への抗精神病薬使用が. 英国・ロンドン大学のClive Ballard氏らは、介護施設に入居中の認知症患者を対象に、抗精神病薬の見直し、社会的交流、運動などの介入が、抗精神病薬の使用状況や興奮、うつなどの症状に及ぼす影響を評価した。
生産年齢人口 福岡市も減少 16年推計 100万人割る - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京23区を除き全国的にも同様の傾向が加速しており、超高齢社会を支える世代の先細りを踏まえた社会保障政策の抜本的な見直しや、東京一極集中の是正が急務だ。 国の最新の統計によると、14年の人口増加数は1万1988人で、全市町村 ... 【解説】都市の活力の指標となる生産年齢人口が今年、福岡市 ...
「認知症カフェ」、自宅に出張 ボランティアが話し相手に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2016年度から、認知症の人や家族などが集まる「認知症カフェ」で交流しているボランティアが、認知症の人の自宅を訪問する事業を始める。家族の仕事の都合や地理的事情でカフェに頻繁に通えない人の家に積極的に「出張」して話し相手になり、本人や家族を ...
95歳の認知症おじいちゃんが受け取った、人生最高のサプライズ - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
ピアニストであり、第二次世界大戦に従軍した退役軍人であるエドワード・ハーディ。認知症を患った彼は、介護施設に入ることになった。 彼はそこで孤独を感じることになった。一緒に音楽を演奏するバンド仲間が、一人もいなくなってしまったのだ。 そこでハーディは、介護施設の ...
アミノ酸×乳酸菌 食べる認知症予防 金大教授ら食用シート開発 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高級緑茶に含まれ、神経細胞の新生を促すことが明らかになってきたアミノ酸「テアニン」と、人の腸内の免疫力を活性化させる「乳酸菌」を組み合わせた独自の食用フィルムシート=写真=が、金沢大の研究グループによって開発された。両成分の相乗作用で認知症などへの ...
「番長」清原の「さみしすぎる」ボッチ正月 離れて暮らす息子、認知症の母親への思いと涙 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
元プロ野球選手の清原和博さん(48)が始めたブログの内容に、「泣けました」「切ない」と大きな反響が寄せられている。 ブログには、離れて暮らす息子への思い、認知症を患った母とのやり取りなど、知られざる一面が綴られている。時にクリスマスや正月は「大嫌い」と「弱音」を ...
六本木ヒルズで培ったノウハウを活かし、森ビルが「禅の里」のまちづくりをサポート - HOME'S PRESS(ホームズプレス) (媒体での記事掲載終了)
この複合ビルはCCRC(※)の機能を持ち、デイケアやターミナルケアなどの医療福祉施設や高齢者向け賃貸住宅、分譲住宅などから構成される。高齢化が進む地域における1つのソリューションとして構想されたものだ。 こうした複合ビルの建設のみならず、同社では商店街の再 ...
なぜ介護を続けられたのか。林さんはある日、おじの遺影にバナナを供えて祈る母を見た。比・レイテ島で戦死した弟の月命日と聞かされ、はっとした。「同居しているのに、そんな母の姿を全く知らなかった。経済発展にかこつけ、親の面倒を見ない時代に自分も甘んじていた」と ...
カラオケが介護予防になるって本当? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
最近、カラオケが介護予防に効果的だということが分かってきました(11月10日読売新聞より)。歌いながら身体を動かすことで脳機能の活性化やストレス軽減、唾液分泌量の増加によるドライマウスや感染症予防につながるとのこと。こうした動きから、カラオケを介護事業に ...
認知症の中でももっとも発症頻度が高いのがアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症の進行は比較的緩やかですが、しかし確実に進行していきます。今回は、その「アルツハイマー型認知症」と「アルツハイマー病」との違いや早期発見に関してお聞きしました。
【政界徒然草】安定政権だからできる? 安倍首相が“票”にならない犯罪者更生に力を入れるワケは… - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医療施設、福祉施設などの連携が重要であり、官民が力を合わせていく。そうした取り組みを含め ... 視察では、高齢受刑者への健康指導や介護の職業訓練の様子などを見学し、薬物依存からの克服に取り組む受刑者を指導する職員らと意見交換もした。 安倍首相は、この約2 ...
また、特定の施設にお金を落とすため老人に必要以上の料金を支払わせようとするケアマネージャーも多数いるという。未来に目を向けると、2025年以降は団塊世代が後期高齢者入りすることから、さらに悲惨な状況が予想される。本書は、このような厳しい現実を乗り越えるため ...
2016年01月02日()
第一興商は、住民のための「健康運動サポーター」を養成する講座を開催したほか、地域住民を対象とした認知機能低下チェックの実施や「運動・口腔・認知」の機能改善として同社の「DKエルダーシステム」を活用した音楽運動教室を開くなど、住民らが楽しく参加できるプログラム ...
介護離職者が年間10万人超という事態を打開しようと、政府が社員の仕事と介護の両立支援に取り組む企業を対象に新たな助成金を創設することが2日、分かった。育児・介護休業法では介護を抱える社員らに休業や時短勤務措置といった制度を設けているが、取得者が少ない ...
2016年、ウェアラブル端末の時代がいよいよ到来か? - エコノミックニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、福祉の現場では高齢者の見守りサービスへの活用など、用途が広がっている。 一方、そんなウェアラブル端末の普及に伴って求められているのが、毎日24時間のデータをストレスなくセンシングするための、いくつかの基本的な性能の向上だ。まず、電池寿命が長いこと。
国費の支出は『(1)一億総活躍社会の実現に向けた緊急対策:1兆1646億円』のうち、「希望出生率1.8」と「介護離職ゼロ」に直結する緊急対策〔3,951億円〕と、年金生活者等支援臨時福祉給付金〔3624億円〕の計7575億円。 (1)は、「希望出生率1.8」と「介護離職ゼロ」に大別 ...
厚生労働省は2016年度から、認知症の人や家族などが集まる「認知症カフェ」で交流しているボランティアが、認知症の人の自宅を訪問する事業を始める。家族の仕事の都合や地理的事情でカフェに頻繁に通えない人の家に積極的に「出張」して話し相手になり、本人や家族を ...
国土交通省総合政策局の安心生活政策課に聞いてみると「バリアフリー新法に基づいて、設置数や駐車スペースの幅などの設置基準は定められていますが、誰が使っていいのかという点については、法律上は定めがありません。それぞれの駐車場の管理者が決めています」との ...
親の介護、お金の面はどうしたら? - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護期間は思っているよりも長丁場です。生命保険文化センターの調査によると、平均的な介護期間は14年1カ月。要介護になったときの初期費用は約262万円、月々にかかる費用は平均すると17万2000円です。そのほか、利用するであろう介護サービスの費用を合わせて ...
しかし、高齢化の進展により働ける年代も低減しているため、労働をめぐる状況が大きく変化することはないでしょう。 技術革新はどのようなもので ... 日本では医療機器の認証に時間がかかるため、最初は福祉機器として販売する予定です。しかし、このような最先端の技術を駆使 ...
気仙沼の物件は同じ場所で通所型の介護施設となり、仙台の分は宮城県名取市に移して倉庫にする。年度内にも譲渡契約が結ばれる予定だ。 震災後、被災地全体で5万3千戸余りのプレハブ仮設住宅が建てられた。厚生労働省の告示では、1戸あたりの費用は約240万円と ...
今回は東京大学医学部附属病院 神経内科 特別外来 メモリークリニックでアルツハイマー病(AD)やレビー小体病、前頭側頭葉型萎縮症等の疾患の診断、治療に当たっていらっしゃる岩田淳先生にインタビューさせていただきました。 岩田先生は認知症の診断・治療だけではなく、 ...
2016年01月01日()
高齢者福祉向けのパルロは、15年12月にモデルIIを追加し“進化”した。肩ならし体操や足ならし体操などできる動きを追加したほか、肘と肩甲骨の部分にアクチュエーターを追加。頭部のLEDにも色を追加し、動きと表現力を増した。こうした進化を続けつつ、高齢者福祉施設向け ...
認知症診断の手がかりになる症状と検査 - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Ocskay Bence - Fotolia.com. 最近各方面で認知症について話題にのぼることの多い時代になってきました。記憶力が悪くなる、物忘れがひどくなる、徘徊など多彩な症状がある認知症ですが、どのような症状があり、 ...
方言離れに対策 専門学校で鹿児島弁授業、奄美島口伝承活動に力 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
南日本新聞の調査で、浮き彫りになった子どもたちの方言離れ。高齢者の鹿児島弁を理解できない学生が増えている福祉系の専門学校では、若者らが必要に迫られて方言を学ぶ。一方、徹底した標準語教育の影響などで、方言の「島口」が一時“消滅危機”にひんした奄美では、 ...
RUN伴(とも)、認知症の人のやりたいことを応援するネットワークフォーラム【2016.1】 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
これは 認知症の人や家族、支持者、一般人らがひとつのタスキをつなぎ、少しずつゴールを目指すもので、認知症フレンドシップクラブが定期的に主催しているもの。 今年、2015年は、7月4日に北海道をスタートし、太平洋や日本海側のルートも通りながら、福岡大牟田まで3,000 ...
産業構造や社会福祉システムの構造、少子高齢化など根本的な日本の課題解決について手付かずなのは、大問題だと憂慮するけれど、とりあえずは今の流れが2020年までは続くと思って良いだろう。そんな中で、音楽ビジネスにとっての今年から3〜5年間のトレンドについても ...
実際に経験されている方はご高齢ですし、存命の間に、被爆や戦争を起こしてはならないという思いを次代を担う子どもたちに繋げていくためにも、こうして植樹式ができたことは良かったと思います。 ... 寝たきりにならない、そういう介護が必要な期間をさらに短くしていく。これを ...
オールバリアフリーの明るい院内には、充実したキッズルームを完備。子どもが病院嫌いにならないよう配慮がされている。「子どもから ... 成人や高齢者の内科、外科、肛門科、救急医療などにも従事してきた加藤院長。同時に小児の年間手術総数国内最多の順天堂大学小児 ...
医師会でもイキイキ・はつらつとした生活に不可欠な”本物の健康”を保つ重要性を説いているが、取り組みの対象は高齢者だけではないという。渡邊院長は、誰 ... 傾斜のある場所に手すりが取り付けれた完全バリアフリーの院内は、常に清潔に保たれ、明るい雰囲気を醸しだす。
投与の対象となったのは、認知症の段階の人たちでした。このために、効果がみられなかったのは、認知症の段階ではアミロイドβが十分に沈着した状態で、神経細胞の障害が既に強い段階だったからであり、MCIもしくはもっと前の段階だったら、効くかもしれないという論理に ...
団塊世代が75歳以上になる2025年に向け、国や自治体が取り組んでいる「地域包括ケアシステム」の構築。その中核を担うのが地域包括支援センターだ。鎌倉市では、2006年4月から市内の社会福祉法人等に設置され、現在は7つのセンターが「高齢者のためのよろず相談 ...