介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年12月31日()
岐路の年に 格差と分断のない社会を - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
急速に進む少子高齢化を考えれば、出生率や介護問題に注力することに異論はない。問題はそれらを経済成長の条件と位置づけていることだ。 ... 目指すは、若者もお年寄りも安心して暮らせる社会だ。そのためにはまず雇用環境を整え、それを支える福祉の安全網を拡充する。
昨年は、第三期地域福祉活動計画を「おたがいさまの街づくり」の基本理念をもとに、多岐・多様化する地域特性や課題にも対応できるよう策定しました。その中で、本年も地域との連携、ボランティア活動及びネットワークづくりを通して、高齢者・障がい者福祉や子育て支援などの「 ...
糖尿病やひざ痛、腰痛持ちの方を指導するためには、服用する薬の運動中の副作用から学ぶことが必要です。健康運動指導士の資格を取得し、医療機関、大学関係者の方たちと勉強会を行っています。最近の研究では、水中運動が高齢者の健康づくりに適した運動であること、 ...
チームで見守る「総合内科」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
地域柄もあり、内科の入院患者の8割近くが高齢者だという同院。数日の入院をきっかけに寝たきりになるケースも珍しくないという高齢者が、施設や自宅に帰れるよう、リハビリにも力を入れる。「歩いてきた人は歩いて帰す、が目標。理学療法士と週に1回カンファレンスを行い、 ...
ヘルパー業務から始めた浅田敦子さんは、入社後に介護福祉士・ケアマネージャーの資格を取得。子育てをしながらも資格を得てキャリアアップできることに喜びを感じているという。 さがみはらトライアル発注認定製品の開発 同社は昨年、リウマチ疾患・脳血管疾患の後遺症など ...
交流の輪広がる「サロン」 諏訪の「いぶき ゆいの家」一室を地域に開放 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
小規模多機能型居宅介護事業所、住宅型有料老人ホームと居宅介護支援事業所を併設する複合型施設で、居宅サービス事業の一夢希(諏訪市)が2015年4月に開所した。人々のつながりとの意味から、施設名を「ゆい(結)」とした。 ... 上金子の高齢者で運営する「ほっとクラブ」の利用者は、定例会のある日に ...
全盲の外間さんケアマネ合格 介護患者、家族に光 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
全盲の外間久生(ひさお)さん(61)がこのほど、介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験に合格した。合格率1割の難関に2度目の挑戦で合格。2、3月に実務研修を受けて資格取得、登録となる。県内で登録されているケアマネのうち、視覚障がい者は1人。資格を ...
体動かし認知症を予防 大府で市民が体験 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症予防を考える市民フォーラムが、大府市役所で開かれた。参加者は講演を聞き、認知症の予防に効果があるとされる運動を体験した。 市が市制四十五周年記念事業として企画。第一部は、地元にある国立長寿医療研究センター予防老年学研究部の島田裕之部長が、 ...
遊んで木育 「ぎふ森の恵みのおもちゃ美術館」県が整備 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県は新年度、木のおもちゃで楽しむ木育の拠点施設「ぎふ森の恵みのおもちゃ美術館」(仮称)の整備に着手する。岐阜市宇佐の県美術館や県図書館を含めた文化エリアの整備構想の一環として、県図書館の隣の障害者用施設「県福祉友愛プール」跡地が候補地に挙がっている。 ... 同館で多くの高齢者 ...
認知症の早期発見を 高砂市がチェックサイト開設 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を早期に発見してもらおうと、兵庫県高砂市がサイトや対話式で調べる取り組みを進めている。7月に開設した「簡易チェックサイト」は11月末までに約9200人が利用するなど堅調で、1月には対話形式の健康チェックを実施する。市は「本人や家族が認知症と向き合い ...
認知症予防はギャンブルで? 日本で進む取り組み - CNN Japan (媒体での記事掲載終了)
ラスベガスを運営する日本エルダリーケアサービスの森薫氏は、「このカジノは脳に刺激を与え、認知症の発症を予防ないし抑制するのに役立つはず」と話す。 高齢者がギャンブルを好むのはよく知られており、ラスベガスのカジノや香港の雀荘(じゃんそう)では白髪は普通の光景 ...
ラブホテルが介護施設にリフォームされる事例がアツい? 理由に反響. 2015年12月31日 15時55分. トピックニュース. 29日、あるTwitterユーザーが、ラブホテルが介護施設にリフォームされる事例が「今アツい」として、その理由を報告する投稿をし、話題になっている。
老朽化と高齢化進む京都・向日台団地、住民本位の建て替え急務 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府は、新たに策定する来年度から10年間の府営住宅活用計画の中で、建て替え対象となる府営住宅のうち向日台団地(向日市向日町、15棟)を最優先する方針を決めた。府は現行計画でも12団地の建て替え方針を打ち出していたが、向日台団地を含む5団地は事業着手 ...
定員は申し込み先着順で、150名。参加希望者は、「代表者氏名・電話番号・参加人数」を明記のうえ、郵送・ファックス・Eメールのいずれかにて2016年1月28日までに、千葉県健康福祉部高齢者福祉課に申し込む。 〒260-8667(住所記載不要)千葉県健康福祉部高齢者福祉課
女性リーダー増やす際の障害は 保育や介護などの支援不十分 都世論調査 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
職場などの女性のリーダーを増やすときに障害になるものは何か。都が男女平等参画をテーマに実施した世論調査で、女性の半数以上が、保育や介護、家事などでの夫ら家族の支援や、保育・介護の公的サービスの不十分さを挙げた。特に二十代で公的サービス、五十代で ...
困窮者自立支援制度、十分に機能せず 相談件数は? - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
低年金の問題から高齢者のニーズも多いとみられるが、手助けが必要な人の掘り起こしの難しさが浮き彫りになっている。 この制度は「第2のセーフティーネット」と言われ、「最後のセーフティーネット」の生活保護を受ける前に就労を後押しする目的で始まった。厚労省は福祉事務 ...
「トランプ現象」で浮き彫りになった米社会の「地殻変動」 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
トランプは、年金制度や高齢者向け医療保険制度などを政府がしっかりと維持するよう求め、また道路・空港などインフラ整備への財政出動を惜しまない姿勢だ。「小さな政府」指向の(アメリカ型)保守とは明らかに違う。日本の報道では見逃されて .... リフォーモコンは、1980年代にレーガン保守革命に追い込まれた民主 ...
4カ月ぶり涙の再会 認知症の母を青森の施設に 西脇道信さん - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
神奈川県横須賀市の西脇道信さん(54)は、認知症の母みつ江さん(88)と2人で暮らしながら、LED照明の販売施工会社を経営していたが、介護と仕事の両立に行き詰まり、母を施設に預けることを決断した。ただ、地元の特別養護老人ホームに空きはなく、民間施設は高額。
お正月過ぎから介護施設を探したい人が家族会議で相談しておくべきこと - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
介護のことを采配するキーマンを家族の中で決めておきましょう。キーマン自身が介護をしなくてはいけないというわけではありません。家族の誰がどんなことで介護に関わっていくのか、家族以外のどんな力を借りるのか、など、大切なことの意思決定をする役です。介護を受けるご ...
アルツハイマー型認知症はMRIを撮らないと診断できないということはありません。ただ、認知症だと思ったときにその根底にある病気を区別したいだとか、逆に何かを見逃したらいけないと思って、撮ることの方が私の場合も多いので、そういう意味でいうとMRIを撮るのは当然なの ...
2015年12月30日()
困窮者自立支援、相談件数伸びず 4―10月で14万件 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
低年金の問題から高齢者のニーズも多いとみられるが、手助けが必要な人の掘り起こしの難しさが浮き彫りになっている。 この制度は「第2のセーフティーネット」と言われ、「最後のセーフティーネット」の生活保護を受ける前に就労を後押しする目的で始まった。厚労省は福祉事務 ...
脳卒中患者の介護者の3分の1は介護の知識が低い - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Photographee.eu - Fotolia.com. 脳卒中は介護が最も必要な病気のひとつです。介護はその病気や介護方法の知識が必要になります。今回の研究では、病院に勤める介護者を対象に、介護に関わる知識がどの程度 ...
遠距離介護 実はあるメリット (媒体での記事掲載終了)
「ダブルケア」不安の母親14% 子育てに介護も、生保調査 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
子育てと親の介護が同時進行となる「ダブルケア」に数年先に直面しそうだと考えている母親が14%いることが30日、ソニー生命保険の調査で分かった。過去に経験したり現在直面したりする母親は8%いた。 ダブルケアは、精神的体力的な負担が増すほか、経済的な困窮を招く ...
「ダブルケア」不安の母親14% 子育てに介護も、生保調査 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
子育てと親の介護が同時進行となる「ダブルケア」に数年先に直面しそうだと考えている母親が14%いることが30日、ソニー生命保険の調査で分かった。過去に経験したり現在直面したりする母親は8%いた。 ダブルケアは、精神的体力的な負担が増すほか、経済的な困窮を招く ...
歩道で転倒して縁石に頭部を強打、自転車の高齢男性が死亡 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
その弾みで転倒し、この際に縁石に頭部をぶつけた。 頭から血を流して倒れ、動かなくなった男性を通行人が発見して警察に通報。男性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、頭部強打と頚椎骨折が原因でまもなく死亡している。 現場の歩道はバリアフリーの観点から ...
認知症見守るサポーターに 網走の商店など講座受講 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【網走】市内でも比較的高齢化率の高い大曲地区で認知症の高齢者を見守ろうと地区の商店が動きだした。12月中旬、地区の5事業所が認知症の人や家族を支援する「認知症サポーター」の養成講座を受けた。来年12月には市の養護老人ホーム「静湖園」(呼人)が民営化されて ...
「触文化」って? だれもが楽しめる「ユニバーサル・ミュージアム」研究者が対談 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
障害のある人とない人、高齢者や子供を含めだれもが楽しめる「ユニバーサル・ミュージアム」の具体化を目指す公開シンポジウム「ユニバーサル・ミュージアム論の新展開」が、大阪府吹田市の国立民族学博物館で開かれた。ユニバーサル・ミュージアム研究の第一人者で、全盲の広瀬浩二郎同館准教授と ...
子どもたちが見守り、声掛け 認知症高齢者 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市東住吉区は、子どもたちが認知症高齢者との関わり方を体験型で学ぶ取り組みをスタートさせた。区民の4人に1人が65歳以上となる中、若い世代にも認知症の問題を意識してもらい、地域ぐるみで見守りや支援につなげるのが狙い。声掛け訓練など、子どもを対象にした ...
ウォーキングでお手柄 不明女性発見し感謝状 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県警築館署は栗原市志波姫の老人福祉施設から7日深夜に行方不明となった高齢女性(81)を見つけた同市志波姫の農業早坂幸夫さん(66)に感謝状を贈った。 ◇…早坂さんは8日昼ごろ、防災無線で行方不明を知った。「近くの施設かもしれない。日課のウオーキングをし ...
【藤川】介護を必要としている親御さん世代は、今の若い世代よりも圧倒的にお金を持っています。ですから、介護費用は親御さんの年金や貯蓄から引き出すというケースが多い。子供世代の所得は親世代に比べ減っていますから、親の介護で子供が負担するのはお金ではなく、 ...
遠距離介護の最大のメリットは、介護生活をリセットできることです。認知症の母と一緒に生活していると、時にはケンカになることもあります。しかし、東京に戻って数日生活すると、ケンカのことを忘れます。次回、帰省した時はイライラも消えていますし、認知症の母もケンカのこと ...
遠距離介護で困ることって? じつはあまり知られていないメリットとは? - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
特に遠距離介護の場合、すべて自分で介護をしようとしてもムリです。ひとりで抱え込まず、人に頼ることが最善策です。 第2回コラムで要介護認定を受けて、介護度が決まるというお話をしました。そのあとでケアマネージャーと、どのような介護サービスを受けるかを話し合います。
自分の病気と妻の介護悲観、妻殺害しようとした容疑で夫逮捕 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
自分の病気と妻の介護を悲観して、84歳の妻の首を絞め殺害しようとしたとして、85歳の夫が逮捕されました。 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、鴻巣市に住む木村修容疑者(85)です。木村容疑者は、12月27日午前1時ごろ、就寝中だった84歳の妻の首を絞め、殺害しよう ...
岩田先生がいらっしゃる、東大の専門外来「メモリークリニック」では、認知症と診断された方に、どういった治療をされているのでしょうか? ポイントとしては、「メモリークリニック」と他の外来との違いについて、是非お聞かせ下さい。 東大の「メモリークリニック」は初診、再診の時間 ...
2015年12月29日()
生活保護受給者の転居や見守り拡充 厚労省 川崎の火災受け - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
支援に当たる社会福祉士らは、受給者受け入れに協力的な不動産業者を探し、家賃が安く安心して住める物件をリストアップ。現地で住環境を確認するほか、契約時も同行し、家賃を保護費から直接振り込む手続きを取るよう促す。介護や障害福祉サービスを利用している受給者 ...
一人でも自宅で最期を迎えるために 良いケアマネを見分ける質問とは? - dot. (媒体での記事掲載終了)
うえの・ちづこ/1948年、富山県生まれ。東京大学名誉教授、立命館大学教授、認定NPO法人WAN理事長。日本における女性学・ジェンダー研究のパイオニアで、近年は介護分野に研究領域を拡大(撮影/写真部・加藤夏子) ...
障害のある人とない人、高齢者や子供を含めだれもが楽しめる「ユニバーサル・ミュージアム」の具体化を目指す公開シンポジウム「ユニバーサル・ミュージアム論の新展開」が、吹田市の国立民族学博物館で開かれた。ユニバーサル・ミュージアム研究の第一人者で、全盲の広瀬浩二郎同館准教授と、同館 ...
わたしが定義する下流老人とは、「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」である。乱暴であるが、首都圏では単身の生活保護基準は、生活扶助費(8万円程度)と住宅扶助費(5万円程度)で、概ね13万円前後である(※世帯の状況にもよる)。介護や ...
今年の夏、米国ワシントンDCで開かれたアルツハイマー病の国際学会において、ある臨床試験の結果が発表されました。βアミロイドを攻撃するたんぱく質(抗体医薬)を使うことで、「軽度アルツハイマー病患者の認知機能が低下する速度を、抗体を使わない場合と比べて約30% ...
動機づけインタビューで股関節骨折後の機能改善 - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
股関節の骨折は中高齢者で多い病気です。歩く、階段を上るといった日常生活に必要な能力が ... 寝たきりの原因にもなり得る股関節骨折を発症すると、活動量が落ち、さらに機能が低下するという悪循環に陥ることがあります。その予防方法のひとつとして、将来的に選択される日 ...
介護施設職員の住宅確保で家賃補助へ 東京 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護施設の職員の待遇を改善し、人手不足の解消につなげようと、東京都は介護施設が空き家などを活用して職員用の住宅を確保する場合、家賃を補助する制度を来年度から導入する方針を決めました。 東京都によりますと、都内では団塊の世代が75歳以上になる2025年に ...
建物が同じ敷地に2棟以上ある場合、福祉施設や公共施設も含めて再開発すれば3分の2以上に下げる。来年の通常国会に関連法の改正案 ... 建て替えのハードルが高く、古くなる建物で空き部屋の増加や住民の高齢化などの問題が生じている。 同省によると、同じ敷地に2棟 ...
認知症の自宅介護4割継続困難 (媒体での記事掲載終了)
「介護職が考える、 最高の親の介護」アンケート結果 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
昨今、 話題になっている「仕事と介護の両立」について、 現場の介護職員はどのように考えているのか? 介護の仕事に携わる人たち自身の『親の介護』について、伺っています。 問1。政府は介護離職ゼロに向けて動き出していますが、 あなた自身は「介護と仕事の両立」ができ ...
宿泊所からの転居支援 厚労省、生活保護受給者に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
低収入の高齢者らの安定した住まい確保が課題となっている。 昨年度は福岡市など8自治体、本年度は新たに京都市など9自治体が事業を始めており、さらに多くの自治体に実施を呼び掛ける。昨年度は約1200世帯の転居につながった。 支援に当たる社会福祉士らは、受給者 ...
病病連携 介護を含めてまだ理想は遠い. 昨日大学今年最後の外来が終わりました。その中でとても残念なことがありました。 前の週にある病院の血液以外の先生から血液疾患の患者さんが紹介されてきました。その患者さんはそこの病院がかかりつけで、骨折や消化器の病気 ...
元プロ野球選手の清原和博氏が28日、認知症のため地元・大阪の施設で療養する母親を見舞い、逆に「独りでさびしないんか」などと心配されて泣いたことをブログで明かした。 清原氏は父親と共に、母が入っている施設を訪ねた。 ベッドに横たわる母が「会いに来てくれたんか」と ...
「公務員賃上げ」と「参院選対策」に消える「大盤振る舞い」予算 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
一億総活躍社会の実現」を掲げて、所得の低い高齢者などに1人3万円を支給する「年金生活者等支援臨時福祉給付金」3624億円が盛り込まれた。これには支給するための事務費234億円も含まれている。 財務省の資料には「アベノミクスの果実の均てんによる消費喚起・安心 ...
クリスマスの25日、伊万里市二里町の老健施設「ケアポート楽寿園」で披露した寸劇では、子どもと父、祖父が登場。しっかり者の孫が、夕方と未明に散歩に出る祖父に「反射材ばつけんば危なかやん」と注意する。話は訪問販売や振り込め詐欺被害などに及び、孫は「必要な時は ...
赤飯は計12自治会の一人暮らしと寝たきりの高齢者、高齢者福祉施設・ニコニコハウスの入所者の合計91人分をこしらえた。 勅使の下川口会館で、ボランティア団体「いずみ会」の会員らが、もちもちとした赤飯を蒸し上げ、5、6年生の児童が茶わんによそって量を調整してから ...
清原氏 認知症の母に心配され涙 - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
元プロ野球選手の清原和博氏が28日、認知症のため地元・大阪の施設で療養する母親を見舞い、逆に「独りでさびしないんか」などと心配されて泣いたことをブログで明かした。 清原氏は父親と共に、母が入っている施設を訪ねた。 ベッドに横たわる母が「会いに来てくれたんか」と ...
認知症患者がよりよい治療を受けるためには、医師同士の連携が大切になるかと思いますが、どういった仕組み作りが大切だとお考えですか? 私たちがつくりたいと思っているのは、患者さんの紹介のしくみです。例えば、岩田の所にこういう患者さんがいて、住んでいるのはここ ...
2015年12月28日()
年々肥大化する高齢不労層・ 補助金で生き長らえる非効率セクター・ 流動性がなく、ブラックでも辞め難い雇用制度・ 非効率な流通システム・ 効率的に使われない過剰な手元資金・ 行き過ぎた価格競争・ 消費者のデフレマインド・ 業者を搾りに搾る「お客様は神様」マインド・ ...
進研ゼミ」など通信教育最大手で、高齢者ホーム、出版など多角化している。主要な拠点は東京にもあるが、岡山を出自としており、この ... 2位には、山口を地盤とする地銀大手の山口フィナンシャルグループ(FG)が入った。続く3位は、徳島銀行と香川銀行を傘下に持つトモニ ...
「トライやる」お礼に 中学生が演劇発表 たつの - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
トライやる・ウィーク」でお世話になった地域の人へのお礼の気持ちを込め、揖保川中学校(兵庫県たつの市揖保川町正條)の2年生約20人が28日、地元の介護老人福祉施設で演劇を発表した。演じたのは、人の優しさが呼び起こす奇跡の物語。部活動などの合間を縫って準備 ...
在宅医療高齢者 48%不適な薬 (媒体での記事掲載終了)
100歳でも認知症と無縁!健康脳になれる脳コンディショニング - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
仕事から疲れて帰り、家族から相談事をもちかけられたとき、「お願い、あとにして。いまは疲れているから」なんていった経験はありませんか? これは集中力がなくなっている状態で、思考系の脳が疲れているからなのだといいます。偏った脳の使い方をしているため、脳が不健康 ...
笠間の「介護健診ネット」 情報共有で活用拡大 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
笠間市が全国の自治体で初めて導入した「介護健診ネットワーク」が定着し、活用が拡大している。介護分野の関係機関が情報通信技術(ICT)で個人情報を共有し、業務の効率化と連携強化を図るシステム。市は「緊密な連携でより良い介護が実現できれば、高齢者も安心して ...
認知症カフェ 70人が集い交流 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や、認知症の家族を支える人たちが気軽に集まって話し合う「認知症カフェ」が、新発田市の生涯学習センターで開かれた。市民や介護の専門職員ら約70人が参加。認知症や介護のことを相談し合うとともに、一緒に体操したり、歌を合唱したりするなどして交流を深め ...
「介護保険からこぼれる人々を支えたい」那覇市のNPO - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
本が好きだった寝たきり女性の家族から、読み聞かせの依頼、カラオケ好きの目の不自由な男性からはカセットテープの入れ替えや機器の操作など、支援依頼はさまざまだ。 平良さんは「高齢化が進んで共働きが増え、これからは地域の支えがますます必要になる。
高齢者虐待 通報51件増え551件 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
宮城県内の市町村が2014年度、高齢者に対する家族からの虐待の相談・通報を受理した件数は前年度より51件増え、551件に上ったことが県のまとめで分かった。障害者 ... ほかに福祉施設での虐待の通報・相談が16件増の35件で、事実関係が認められたのは9件だった。
遠距離介護の本当の問題は「準備不足」にあった - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
そこでケアマネージャーは、家族と相談して週5回の訪問介護サービスと週2回の通所介護サービスの利用を追加することにしたのである。その結果、月額費用はそれまでの約3000円から、通所介護サービスの昼食代を含めて約2万4000円に増加した。2万円以上のアップだった ...
NHK厚生文化事業団とNHKエンタープライズは1月17日13時半から、佐賀市文化会館大ホールで認知症の人たちの地域共存を考える「地域カンファレンスin佐賀 認知症の人の思いから始める」(県、佐賀新聞社など後援)を開く。「認知症の人たちにとってやさしい地域社会と ...
佐賀県が所管する介護事業所のうち、介護職員の賃金増を目的に新設された介護報酬の「処遇改善加算」を利用している事業所が48%で、半数に満たないことが県の調べ(5月時点)で分かった。国は人手不足が深刻な介護職員の待遇改善の目玉として導入したが、県内は小 ...
それは難しくて、長谷川式とか、MMSEとかは、認知症でないと異常を検出できないテストです。正常であれば満点がとれてしまいますから、天井効果といいますが、わずかな変化を見いだすためにはあまり意味がないと思います。それよりも記憶の負担がもっと大きい検査が必要 ...
25対1の医療療養などの新たな移行先、3つのサービスモデルを厚労省が提示―療養病床検討会 - 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
2017年度末で廃止される介護療養病床と、25対1医療療養病床の新たな移行先として、厚生労働省は次の3つのサービスモデルを、25日に開かれた「療養病床の在り方等に関する検討会」に提示しました。 (案1-1)医療の必要性が高く、容体が急変するリスクのある高齢者が ...
介護ロボット導入、国が補助へ 人手不足緩和する狙い - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は来年2月にも、介護施設が高額な介護用ロボットを導入する際にかかる費用への補助を始める。施設への介護ロボット導入を促すことで介護に従事する人の負担を軽くし、介護分野の人手不足の緩和につなげる狙いがある。 「移乗介助(介助者による抱え上げなど)」「移動 ...
2015年12月27日()
武蔵野市、高齢者介護の情報共有へ 実例まとめ冊子に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
市健康福祉部高齢者支援課の担当者は「町ぐるみのケアの仕組みをつくる上で、異なる介護現場の当事者たちが情報を共有することは貴重。市民にも具体的な介護情報として参考にしてもらえるのでは」と話し、来年以降も続ける予定。 冊子は市役所の高齢者支援課や市政資料 ...
何軒か病院を回り、50歳を過ぎたころ、アルツハイマー病と診断された。まだ若く、明るく社交的だった母が認知症になったことが信じられなかった。症状は進み、父は介護に専念するため、定年を前に58歳で退職した。 二村さんは変わっていく母にどう接すればいいのか悩んだ。
仕事と介護「両立できる」は10% 民間ネット調査 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事と家族の介護を両立できると考える人はわずか10%-。40代以上の男女を対象にしたアンケートで、こんな結果が明らかになった。政府は「1億総活躍社会」の実現に向け、2020年代初頭に介護離職ゼロを目指すが、道は険しそうだ。 アンケートは有料老人ホームを運営 ...
人手不足補う介護ロボット、世界市場も視野 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
人口減と高齢化が加速する日本で、人手不足の介護を支えるロボット技術や、公共交通網の衰退をカバーする自動運転など、さまざまな技術が独自の進化を遂げはじめた。 ... 今夏、神奈川県二宮町の介護老人福祉施設「メゾン・二宮」の多目的ルームに愛らしい声が響いた。
人口減と高齢化が加速する日本で、人手不足の介護を支えるロボット技術や、公共交通網の衰退をカバーする自動運転など、さまざまな技術が独自の進化を遂げはじめた。こうした技術開発は、日本を追うように高齢化していく世界の市場も見据えている。▽1面参照.
おひとりさまの認知症“家での看取り”に成功したケースとは? - dot. (媒体での記事掲載終了)
新田:一人暮らしの元商社マンで、娘さんが関西のほうに住んでいた方の例です。60代後半で認知症になり、コンビニに行ったきり帰れないという状態が何度も続いたことを、地域の人たちが見ていて発覚しました。施設に入るという選択肢もありましたが、ケアマネジャー(ケアマネ) ...
<川内原発>要援護者避難に不安 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
原発からわずか約1キロの高齢者グループホーム「お多麻さんの家」(入所者18人)は、鹿児島市内の福祉施設に車で避難する計画を作った。宮内啓司事務長は「避難開始時に原発と逆方向に向かう道が県道1本しかない。そこを抜けても途中に山間部や海沿いの道があり、 ...
介護ロボの進化、支える人手不足 歩行補助はアシモ源流 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
人口減と高齢化が加速する日本で、人手不足の介護を支えるロボット技術や、公共交通網の衰退をカバーする自動運転など、さまざまな技術が独自の進化を遂げはじめた。こうした技術開発は、日本を追うように高齢化していく世界の市場も見据えている。 接客などで人気を ...
最新機器で快適な療養 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
幼児から高齢者まで一体的なリハビリ医療に取り組む県リハビリテーション病院・こども支援センター(富山市下飯野)が、一月一日に開所するのを前に、県民向けの内覧会が二十七日あった。見学者からは「明るい空間で雰囲気がいい」「万一の備えのために来たが、施設が充実 ...
厚生労働省は12月25日、療養病床の在り方等に関する検討会に、介護療養病床、医療療養病床(25対1)の転換先として、長期療養を行う医療提供施設、住まいの機能を強化し居住スペースに病院・診療所を併設する“医療外付型”の新たな施設類型を提案した。介護療養病床 ...
世界で高齢化の最先端を走る日本。だが、日本ほどではないとはいえ、少子高齢化は先進国に共通する現象であり、想定外に長くなった老後の過ごし方に、どの国の人々も悩んでいる。アッパーミドルクラス向けのCCRC(Continuing Care Retirement Community, 継続介護 ...
認知症 大量契約取り消し可に (媒体での記事掲載終了)
高齢者ら歌や踊り披露 福祉施設でクリスマス会 - 常陽新聞スマートフォン版 (媒体での記事掲載終了)
土浦市生きがい対応型デイサービス施設「いきいき館 たいこ橋」(坂本繁雄館長)のクリスマス会が25日、同市大和町、ウララ2の市老人福祉センターで催された。日頃、同施設で活動するサークルなどが、民謡踊りやハーモニカ演奏、カ…続きを読むにはログインが必要です。
福岡県発表によると(担当、介護保険課)来年1月に「認知症あったかホームコンサート」を開催する。介護をより身近なものとしてとらえ、地域の中で支え合う意識などを高めるため、認知症をテーマに開催するもので入場無料で行われる。 認知症カフェやフリージャーナリスト町永 ...
またケアマネージャーもそのやりとりを見ることが出来る。家族と介護スタッフが顔の見える連絡を取り合うことで距離感が縮まり安心へつながっていく。 無料トライアルで好評を得て. 今回の有料サービスには無料期間が設けられており、有料化後は事業者向け料金は1サークル ...
認知症患者の大量購入契約、取り消し可能に 法改正へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
消費者の契約トラブル救済策を拡大するため、消費者契約法(消契法)の改正を議論してきた内閣府消費者委員会の専門調査会は25日、報告書をまとめた。高齢や認知症などで判断力が低下した人が、大量の商品を買わされる例が後を絶たないことから、そうした契約を ...
福島県で起きた原子力発電所事故の責任を問うことと、現地での放射線被ばくによる直接的な健康被害が軽微なものであると考えることは矛盾しない - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
南相馬市などでは、事故後に出された避難指示等によって、強引に病院や施設から移動した高齢者などの死亡率が高まってしまったことが、その後の調査で判明しました。もしそのような避難による被害が、中通りの大都市を含む地域でより大規模に発生し、現在のJR常磐線の ...
運動や買い物で脳活性化 認知症重度化予防モデル事業 浜松市 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
浜松市は1月末まで、介護事業に取り組む市内のNPO法人など2団体に委託し、軽度認知症の重度化予防対策のモデル事業を市内で展開している。有酸素運動と買い物や調理などを組み合わせて脳と体を活性化させる内容。予防効果や運営手法を検証し、政策立案に ...
32歳女性アナ、母を介護する日々「一緒に幸せになりたい」 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
午後9時過ぎ、フリーアナウンサーの岩佐まりさん(32)は仕事を終え、母が待つデイサービス事業所への道を急いでいた。呼び鈴を押すと、男性職員に手を引かれ、母桂子さん(67)が姿を見せた。「お母ちゃん、帰ろっ」。この日は、5時間延長して預かってもらっていた。
日本初!ムース食のデリ&カフェが銀… - @DIME (媒体での記事掲載終了)
ムース食は病院や社会福祉施設での高齢者向け食事サービスのひとつとして、噛んだり、飲みこむのが困難な人向けに開発されたものだ。 ... ムース食は見た目もおいしく香りもあり、素材の味を感じることができる「ユニバーサルデザインフード」として近年注目を浴びている。
介護事業者の倒産 過去最多に - NHK (媒体での記事掲載終了)
ことしに入ってから先月末までに倒産した全国の介護事業者は66件で、年間の倒産件数としてはこれまでで最も多くなったことが分かりました。調査を行った信用調査会社は「ことし4月の介護報酬の引き下げや労働力不足による人件費の上昇が影響しているとみられる」と分析し ...
認知症患者の方とコミュニケーションをとるうえで、本人に認知症の自覚があるかないかで対応の仕方も変わってくると思うのですが、認知症の方たちは、ご本人に認知症だという自覚はあるのでしょうか? それは段階によります。軽症の方であれば、ご自分でも「ちょっと危ないな」 ...
2015年12月26日()
12月24日、株式会社インターネットインフィニティーは訪問介護時の調理について調査を行ったと発表した。 運営ウェブサイト会員が対象者. 同社は介護関連メディア事業を手掛けている。調査は運営するウェブサイトの会員であるケアマネージャー567名を対象として12月10 ...
諦めない、仕事も恋も母も シングル介護の若者たち - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
母の障害年金と給料で介護費用と家賃・生活費をまかなうが、家計は楽ではない。 母は早朝や入浴介助の時に機嫌が悪くなる。着がえさせようとして「バカヤロー」と罵声を浴びる日もある。トイレの失敗も増えてきた。「なんなの、この病気」。深夜にトイレの床を拭いていると、涙が ...
普天間飛行場の返還手法に違い 宜野湾市長選討論会 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
さらに福祉・医療のうち子育て支援策については、両氏とも待機児童をゼロにすることや子どもの医療費・給食費無料化の拡大などに取り組むとした。また高齢者介護の充実なども打ち出された。一方でこうした施策の財源確保については何度も応酬があったが、具体論としては ...
患者情報を「仮想化」 「攻めのIT百選」北陸で唯一選定 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同病院では百八十九床のうち半分は病気の発症間もない患者向けの急性期(一般)病床で、残りは回復してきた慢性期患者向けの療養病床。国は医療費抑制のため慢性期の入院を減らして社会復帰を促すため、将来的には療養病床をなくす見込み。そのため同病院では急性 ...
認知症の「困った」分かりやすく 県内の団体、手引き作成 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会県支部は、「認知症で困ったときの手引き」を作成した。金沢林子(かなざわしげこ)代表は「支部会員が実際に困ったことを持ち寄り必要な情報を網羅した」とし、言葉遣いも易しく分かりやすい内容となっている。 今秋、本県で初めて開かれた同会全国研究 ...
認知症で免許取り消しのドライバーが急増 - NHK (媒体での記事掲載終了)
道路交通法では、交通事故を起こしたり免許を更新したりした際に、警察官などが認知症の疑いがあると判断した場合、ドライバーは「臨時適性検査」と呼ばれる医師の診断を受けるよう定められています。そして認知症と診断されると、症状によっては、交通事故を起こすおそれが ...
国の事業「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」に取り組む県立松尾高校(山武市松尾町)の課題研究発表会が、山武市役所であった。1年生23人が高齢者福祉や街づくりの課題などを「地域への提言」として、市職員ら約50人の前で披露した。 同校は今年度、世界で活躍 ...
卒業後は就職せず、父が亡くなる2013年12月まで、アルバイトをしながら、母とおむつ交換などの介護を続けた。 友人から「何してるの」と聞かれたとき、「父の介護」とは言えず、「ハイパー家事手伝い」と答えた。いまはNPO法人若年認知症サポートセンター(東京都)の事務局 ...
32歳女性アナ、母介護の日々「一緒に幸せになりたい」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
午後9時過ぎ、フリーアナウンサーの岩佐まりさん(32)は仕事を終え、母が待つデイサービス事業所への道を急いでいた。呼び鈴を押すと、男性職員に手を引かれ、母桂子さん(67)が姿を見せた。「お母ちゃん、帰ろっ」。この日は、5時間延長して預かってもらっていた。
Wii Fitを使うとどんな効果が期待できるか? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
今回の研究では、老人ホームに入所中で、過去に転倒した経験を持つ65歳以上の高齢者60人を対象に、6週間のバランストレーニングを行いました。バランストレーニングは、Wii Fitを使用する群と、通常のバランストレーニングを行う群に分け、身体能力や転倒の発生状況 ...
なぜ高齢者施設からの救急搬送が絶えないのか? - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
正直私の福祉に対する理解が少なかったのですが、福祉と医療は全く別物であることを、認識させられました。そして高齢者施設で医療の一部まで考えて実行していくのは難しい現状があるのだということが分かりました。 -今後、このアンケートはどのように活用する予定ですか ...
妻殺害、男が自首「毎晩妻が枕元に…」 介護疲れ主張で起訴猶予処分も自首 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
約2年半前、認知症で介護が必要な内縁の妻=当時(82)=を殺害しながら、死因不明で起訴猶予処分となっていた大津市の無職男(52)が今月になって自首し、奈良県警に殺人容疑で逮捕された。男が自首した理由は、今年に入って真夜中に頻発する「ある現象」がきっかけ ...
そんな状況を受けて安倍首相はこの9月、「介護離職ゼロ」の目標を掲げ、そのための施策を明示しました。(1)不足している特別養護老人ホームなど介護施設の増設、(2)介護人材の確保、(3)介護家族の柔軟な働き方の確保、(4)家族に対する相談・支援の充実が施策の4本 ...
実父の介護をした時にお世話になったケアマネージャーのFさんに聞くと、こんな答えが返ってきました。 「政府が介護離職をゼロにするという目標を立てて動き出したのは良いことですし素直に評価すべきです。ただ、私もこの施策では介護離職者を減らせないと思います。施設や ...
というのも、親の介護をきっかけに下流老人の生活を強いられる可能性は誰にでもあるからだ。たとえ今それなりの収入があっても、ある日突然、親に身体的・精神的な問題が発生してしまえば、私たちの人生は昨日まで考えていたものと全く別のものとなってしまう。 親、仕事、 ...
アプリで早期発見 認知症“5人に1人時代” - NHK (媒体での記事掲載終了)
研究グループの1人でNPO法人「オレンジアクト」の高瀬義昌医師は「家族だけでなく、高齢者と接する機会が多い薬剤師やケアマネージャー、それに交番勤務の警察官など周りの人が認知症に早く気付くことができれば、その後の適切な対応につなげることが、できるようになるの ...
療養病床再編で新施設提案 14万床、医療・住居一体に - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
療養病床再編で新施設提案 14万床、医療・住居一体に. 2015年12月26日 11:55 社会・くらし 注目 · Twitter · facebook · +1 · B! hatena. この記事はプレミアム会員限定です。 会員登録するとすべて読むことができます。 会員ログイン · 会員になるには? ※ 記事・写真の無断 ...
認知症予防に最適なのは「愛の営み」だってホント? - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
... 「認知症? 俺にはまだ関係ない!」というお父さん、最近、御無沙汰じゃありませんか? あまり大きな声では言えないンですけど、ボケ防止にはいいそうですネ。奥さん、大事にしてくださいヨ~。 愛情に年齢など関係ないのです(イラスト:サカタルージ). 愛情に年齢など関係ない ...
豊丘村会が初の政策提言、新年度予算に反映を - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了)
交通弱者対策では、高齢者や障害者などが1回700~1400円で利用できる福祉タクシーについて、特定施設の病院に加え、村外の商業施設も対象にするよう要望した。対象年齢は73歳以上となっているが、運転免許証を返上した場合は72歳以下でも利用できるよう求めた。
街のバリアーなくしたい 高知大学の学生団体「コンパス」. 2015年12月26日08時21分. 授業を機に ... 障害者や高齢者、幼い子や妊婦の目線でまちを見回すと、移動や買い物を阻む段差や不親切な設備は無数にあり、海外や県外からの観光客がまち歩きを楽しむには表示や言語に壁がある。そうしたもろもろの ...
佐賀市のJR佐賀駅構内のトイレが障害者や高齢者、小さな子ども連れの家族らだれもが使いやすいユニバーサルデザイン(UD)のトイレにリニューアルされた。25日、現地で完成披露会があり、山口祥義知事らが新たに取り入れたアイデアや新機能について説明を受けた。
<虐待介護施設>受け入れ停止3ヵ月処分 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市は25日、青葉区栗生の介護付き有料老人ホーム「ベストライフ仙台西」の職員が高齢の入居者を虐待したとして、新規入居者の受け入れを来年1月1日から3カ月間停止する行政処分を実施したと発表した。 介護保険法に基づく措置で、市が高齢者への虐待を理由に介護 ...
ナカちゃんの歌や踊り披露 徳島・阿南の団体、魅力伝え公演 那賀川の人気者だったアゴヒゲアザラシ「ナカちゃん」の歌や踊りを創作し、披露している阿南市のボランティアグループ「ナカちゃんナカヨシグループ」が活動を始めてから10年を迎え、高齢者施設などで行っている公演が200回に達した。ナカちゃんの魅力を伝 ...
業種別では医療・福祉業が9.9%増、卸売・小売業が11.5%増、宿泊・飲食サービス業が19.6%増、製造業が9.7%増など、主要業種で求人が増えた。高齢化に伴って医療関係の求人も引き続き増えているほか、訪日外国人客の急増などを背景に小売業や宿泊業でも求人が出て ...
認知症の人たちの地域共存を考えるフォーラムが来年1月17日、佐賀市文化会館で開かれる。NHK厚生文化事業団が主催する地域カンファレンス・イン佐賀「認知症の人の思いから始める」(県、佐賀新聞社など後援)で、認知症の人たちにとってやさしい地域社会とはどういうも ...
変化への不安「今の生活で満足」進む高齢化 川崎市 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
福祉事業を行う業者に支援を委託し、物件探しや、賃貸契約に必要な保証会社の手続き、家財道具をそろえる手伝いなどをしている。場合によっては、転居先での人間関係の構築などの見守りや、生活保護費を管理するなどの自立への支援も行っている。事業を強化した9月 ...
今回は東京大学医学部附属病院 神経内科 特別外来 メモリークリニックでアルツハイマー病(AD)やレビー小体病、前頭側頭葉型萎縮症等の疾患の診断、治療に当たって ...
2015年12月25日()
南足柄市の高齢者福祉施設でケアマネージャーとして働く宮本幸恵さん(51)は「こういった交流会にはじめて参加したが、異業種の人でも共通する悩みや課題があることが共有できた。次回はぜひ職場の仲間も誘いたい」と話す。 石井実行委員長は「カジュアルな雰囲気で交流を ...
温泉水でトラフグ養殖 札幌・清田区の「福祉村」 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
農業生産法人つしまファーム(対馬徳昭社長)は、関連法人の福祉施設が集まる札幌市清田区真栄の「アンデルセン福祉村」で、高級魚トラフグの養殖を始めた。高齢者や障害者の雇用創出が狙い。敷地内で湧く温泉水を使い、冬も適温で育てられるため、道内では珍しいフグ ...
認知症患者らへの大量販売契約 取り消し可能に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
消費者の契約トラブル救済策を拡大するため、消費者契約法(消契法)の改正を議論してきた内閣府消費者委員会の専門調査会は25日、報告書をまとめた。高齢や認知症などで判断力が低下した人が、大量の商品を買わされる例が後を絶たないことから、そうした契約を ...
介護の仕事、漫画に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
十一月に二冊発行し、今月中旬に県内の中高生に配布した。今後も続きを発行する予定という。高橋さんは「仕事を知ってもらい、進路選択の一つとして介護の仕事を考えるきっかけにしてほしい」と話す。一般にも無料で配布している。(問)県福祉人材センター=026(226)7330.
高齢世帯DV 支援充実 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者世帯の配偶者暴力(DV)を早期に発見するため、県は社会福祉協議会と情報共有することで見守り体制の充実を目指す。男性が被害者となるDV相談も増えているため、富山市の県民共生センターの窓口で男性が相談しやすい環境づくりも行う。県DV対策基本計画部会 ...
高齢化が進むなか、住宅のバリアフリー化を進めるリフォームももっと後押ししたい。地球温暖化をにらみ、住宅の省エネ性能を高める必要もある。 住宅政策は今、大きな転換点を迎えている。新規物件の建設から既存物件の流通促進へ、政策の重点を大胆に変えるときだ。
介護大手のツクイは2016年度から、特定の地域に集中して介護拠点を設けるドミナント展開に乗り出す。主力のデイサービス(通所介護)や訪問介護の拠点、高齢者向け居住施設などが同じ市区町内で5カ所以上になるようにする。介護状況に応じて同じ地域で様々な施設が ...
介護士の暴力どう対処 入所者の首絞めた元職員に有罪判決 専門家「精神的なケア充実を」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
北九州市若松区の認知症対応型グループホームで入所女性の首を絞めたとして、元介護士の男(20)が16日、傷害罪で地裁小倉支部から懲役1年2月、執行猶予3年の判決を受けた。公判では認知症の影響で軽微な暴力を振るう入所者に元介護士がストレスを募らせ、事件に至った経緯が ... 厚生労働省に ...
カシオの介護情報共有アプリ、介護事業2社で採用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
カシオ計算機は、介護情報共有ツール「DaisyCircle(デイジーサークル)」の有料サービスを2016年5月に始める。親と離れた場所で暮らす家族と、親の介護スタッフの情報共有に向けたスマートフォン利用型サービスで、2015年7月から無料トライアルを提供中。 介護サービス ...
コープこうべ サービス付き高齢者住宅運営に参入 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)は、高齢者の単身・夫婦世帯向けの「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」の運営事業に参入すると発表した。来年10月、「コープは~とらんどハイム本山」を同区内に初めて開設する。 サ高住はバリアフリー構造の建物と、専門家 ...
兵庫医大教授を懲戒解雇 認知症の著書、論文に虚偽記載 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
兵庫医大(兵庫県西宮市)は25日、認知症に関する著書や論文への虚偽記載など複数の規定違反があったとして、医学部生体情報部門の西崎知之主任教授を懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は24日付。 大学によると、西崎氏は今年出版した著書「認知症はもう怖くない」 ...
礼拝堂に鳴り響く主イエス・キリストへの賛美 横浜海岸教会でクリスマス賛美礼拝 - クリスチャントゥデイ (媒体での記事掲載終了)
オリジナルの建物の良さをできるだけ残しつつ、バリアフリー化も実現させている。特に、外に付けられたエレベーターは、2階が礼拝堂なので、高齢者からも喜ばれている。改修中は、近隣にある横浜YMCAやミッションスクールの協力を得て礼拝を守ってきた。 賛美礼拝に参加 ...
厚生労働省は25日の検討会で、長期入院の高齢者向けベッド(療養病床)を持つ病院の転換先として、2つの新たな施設のモデルを示した。医師が常駐して必要な治療を施せる医療型の施設や、医療機関と併設する住宅型施設を創設する。既存の介護施設も含めて、転換先を ...
公正取引委員会が市場を監視し、税制改革で税収を増やし、高齢貧困層、青年失業者、ワーキングママのための福祉を大幅に拡充し、小商工人を支援する対策を急がなければ、韓国社会は階層間・世代間破片化の沼に落ち、四方でその破片がぶつかる音が騒がしくなるだろう。
12月24日、鳥栖市内の高齢者宅に、福祉保健課の職員を名乗る男から「払戻しの書類が届いていたと思いますが、出されていないようです。今ならキャッシュカードで還付の手続きができます。ATMで手続きができます。」などと、うその電話がありました。 高齢者の方は、家族に ...
実は高石市では地域包括ケアに取り組むにあたり、厚生労働省から資金マネジャーに来ていただいている。まさに国家の命運を握るような時期に来ているのだ。ありとあらゆる知恵を絞り、ネットワークを活用して克服するのがこうした会議の目的でもある。 ――笠間市も超高齢化・ ...
高齢者の歩行を支援するロボットが登場……介護者の負担軽減も - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
安川電機は24日、ロボット介護機器「屋内移動アシスト装置」を開発したことを発表した。足腰が弱った高齢者がベッドやトイレの往復などを行う際に、立ち座りと歩行を支援するものとなっている。 立ち座りの際にサポートテーブル部が垂直上昇することで、必要な力をアシストする ...
カシオ計算機は、介護情報共有ツール「DaisyCircle(デイジーサークル)」の有料サービスを2016年5月に始める(ニュースリリース)。親と離れた場所で暮らす家族と、親の介護スタッフの情報共有に向けたスマートフォン利用型サービスで、2015年7月から無料トライアルを提供中 ...
虚偽の書類作成…介護報酬を不正請求 介護3施設、県が指定取り消し - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は24日、不正に介護サービス費などを請求したとしてアクティヴワン(東京都板橋区、広川明人代表取締役社長)が運営する介護保険指定事業所のデイサービスらく楽上尾(上尾市川)、らく楽鴻巣(鴻巣市箕田)、らく楽桶川(桶川市泉)の介護保険事業所の指定取り消しと効力 ...
ダブルケアをする人への支援で必要だと思うもの」を聞いたところ、「介護も育児も合わせて相談できる行政窓口」(90.5%)、「ダブルケア経験者が、地域で直接相談にのってくれる」「ダブルケアに直面していない人も、ダブルケア当事者も参考となる子育てと介護をテーマとした ...
認知症ケアの現場では、認知症の人が望む生活を実現するために、日々新しいケアを確立し、支援の工夫やシステムづくりをおこなっていく必要がある。この研修会では、根拠に基づいたアプローチを学ぶことで総合的な認知症ケアの「能力」を身につけ、認知症ケアの本質を理解 ...
クリスマスを祝って老人ホームの認知症高齢者らを訪問. 2015年12月25日. 「赤鼻のトナカイ」など10曲を演奏. 特定非営利活動法人イマジンは、12月20日(日)、音楽ボランティア・バンド「秋桜(コスモス)」とともに東京都文京区の老人ホームを訪れ、クリスマスを祝って「赤鼻の ...
完全失業率、11月は3.3%に上昇 自己都合の退職や新規求職増える - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方で高齢化を背景に、医療・福祉は22カ月連続で増加した。製造業は女性の正社員雇用が進み、9カ月ぶりに増加した。 就業者数(季節調整値)は6358万人で、前月比38万人減少した。仕事を探していない「非労働力人口」は4492万人と23万人増えた。完全失業率を男女 ...
世間の不平不満の原因を高齢者のせいにして、そして「若者の味方」を装う政治家や論者は数多います。高齢者向けの福祉の削減を訴えて「若者のため」「次世代のため」と唱えれば世間の受けは悪くありません。逆に高齢者向けの政策を検討すれば、この小泉進次郎みたいな輩 ...
2015年12月24日()
作成にいたる背景には、今年度に開催された「さいたま市認知症対策方針検討会議」(市とさいたま市4医師会連絡協議会による共同開催)にておこなわれた、認知症専門医を中心とするシニアサポートセンター職員、認知症疾患医療センター職員による対策の検討があった。
有効求人倍率、11月は1.25倍に上昇 23年10カ月ぶり高水準 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
業種別では医療・福祉業が9.9%増、卸売・小売業が11.5%増、宿泊・飲食サービス業が19.6%増、製造業が9.7%増など、主要業種で求人が増えた。高齢化に伴って医療関係の求人も引き続き増えているほか、訪日外国人客の急増などを背景に小売業や宿泊業でも求人が出 ...
新百合ヶ丘介護老人保健施設 つくしの里」で1月30日(土)、講演会「認知症について理解しよう〜もの忘れとの違い〜」が開かれる。開催時間は午後2時から3 時20分(1時40分受付開始)。 講師は医師でもある、同施設の市来嵜(いちきざき)潔(きよし)施設長。同施設は「高齢 ...
在宅介護と口腔ケア - けあNews (媒体での記事掲載終了)
そのため、口腔ケアをあまり丁寧に行えていないのが現状です。特に嚥下障害がある高齢者は、歯磨きした際のうがいができません。そのため、口腔をきれいに保てている方は少ないでしょう。 しかし口腔ケアについては、「口の中にある残滓を除去し、きれいにする方法が ...
医療と介護の療養病床14万床再編へ 厚労省 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、高齢者らが医療機関で長期入院するベッドの「療養病床」のうち、5割強の14・3万床を療養病床から転換させる案をまとめた。治療の必要性が少ない「社会的入院」が問題化している療養病床を減らす狙い。25日に開かれる療養病床のあり方を議論する有識者 ...
<介護施設虐待>新規受け入れ一時停止 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市青葉区栗生の介護付き有料老人ホーム「ベストライフ仙台西」の職員が入居者を虐待した問題で、市は24日、介護保険法に基づき、施設に対し、新規入居者の受け入れを一時停止とする行政処分を実施する方針を固めた。 施設の立ち入り調査と職員からの聞き取りを ...
介護や医療支援の最新ロボットを紹介 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護や医療などの現場で使われる最新のロボットを集めた展示会が、神奈川県藤沢市で開かれています。 藤沢市はロボット産業を推進する国の総合特区に指定されていて、展示会の会場には介護や医療の現場で使われる最新のロボットおよそ50点が並べられています。
安川電機、ロボット介護機器「屋内移動アシスト装置」を開発 - IoTNEWS (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護の分野においては、ロボットやメカトロニクス技術を応用した介護支援機器の開発とその実用化が強く期待されている。同社では、長期経営計画「2025年ビジョン」でヒューマトロニクス(注2)事業分野の確立を掲げ、こうした分野のニーズに応えるべく、ヒューマトロニクス機器 ...
高齢者の憩いの場となっている浦安市老人福祉センター(Uセンター)の入館者がのべ100万人に達し、24日、同センターで記念式典が開かれた。 同センターは2009年7月に移転、開館 ・・・ 【残り 322文字、写真 1 枚】. 全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ
来年度予算案決定 子育て・介護・TPP 重点項目は - NHK (媒体での記事掲載終了)
来年度予算案決定 子育て・介護・TPP 重点項目は. 12月24日 18時34分. 来年度予算案では、誰もが活躍できる「一億総活躍社会」に向けて「希望出生率1.8」や、「介護離職ゼロ」、それに「強い経済」の実現に向けた施策に多くの予算が振り向けられます。
国土交通省 - J-Net21 (媒体での記事掲載終了)
平成18年12月施行の「バリアフリー法」(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)の趣旨を踏まえ、公共交通機関、建築物、道路などのバリアフリー化を進めるとともに、国民の意識啓発に一層努めることとしています。このため、国土交通分野におけるバリア ...
介護・福祉系の仕事 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護・福祉の資格今後介護・福祉の仕事に就くことを考えて、すでに介護福祉士やホームヘルパーなどの勉強を進めている方も多いことでしょう。そんな方にお勧めのワンランクアップできる資格があります。日本生活環境支援協会主催の『収納マイスター認定試験』『ハウス ...
「自分の足で立って歩く」を手助けするロボット介護機器、安川電機が開発 - @IT MONOist (媒体での記事掲載終了)
安川電機は2015年12月24日、高齢者などに向けたロボット介護機器「屋内移動アシスト装置」を開発したと発表した。足腰が弱くなり歩行器への乗り移りが難しくなったひとが利用することでベッドとトイレの往復など、屋内での移動と立ち座り動作を支援し、QOLの向上につなげる ...
訪問介護における「調理」に関する調査結果 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護関連メディア事業を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、運営するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネジャーを対象に、介護保険サービスの訪問介護における、生活援助の「調理」 ...
介護・福祉系のお仕事をされている人に人気の資格です~2月実施『収納マイスター認定試験』『ハウスクリーニングアドバイザー認定試験』のお申込が間もなく始まります~ - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
病院はもちろんデイサービスセンター、高齢者介護施設、障害者支援施設などでの活躍ができます。 介護・福祉職の ... 介護・福祉の資格今後介護・福祉の仕事に就くことを考えて、すでに介護福祉士やホームヘルパーなどの勉強を進めている方も多いことでしょう。そんな方にお ...
カシオ計算機は、親の介護スタッフと離れた場所にいる家族を結ぶ情報シェアツール「DaisyCircle(デイジーサークル)」の有料サービスを2016年5月から開始する。すでに、東京都と兵庫県の事業者が有料サービスの採用を決定。なお、7月7日から開始した無料トライアル ...
装着型歩行支援ロボットが高齢化社会を変える? - ハーバー・ビジネス・オンライン (媒体での記事掲載終了)
歩行が困難になった高齢者は、歩くのがおっくうになりやすい。歩行習慣がなくなると、筋力低下が進み、車椅子生活や寝たきりに移行するケースも多い。高齢者が介助者の手を借りない生活を維持するには、歩行の再建は欠かせないと考えました」(Honda歩行アシスト開発責任 ...
北谷町が救急医療情報登録へ 県内初、高齢者や障がい者に緊急対応 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【北谷】北谷町(野国昌春町長)は2016年1月から、緊急時に家族の助けを得にくい高齢者や障がい者に対し、持病やかかりつけ医などの情報を登録し、消防が円滑に対応できる態勢を目指す「町救急医療情報登録事業」を県内で初めて開始する。 町と比謝川行政事務組合は24 ...
共催に至った背景 NTT西日本では、他企業とのアライアンスやオープンイノベーション※2の取り組みである「Startup Factory※3」等を通じて、ICTを活用した便利で快適なサービスの提供に向けて取り組んでいます。一方、大和ハウス工業は、少子高齢社会が求めるロボット技術 ...
NTT西日本×大和ハウス工業の共催によるビジネスアイデアコンテストの開催について - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
一方、大和ハウス工業は、少子高齢社会が求めるロボット技術の開発と普及をめざして、2008年1月、ロボット事業推進室を立ち上げ、サイバーダイン株式会社が開発・製造する「ロボットスーツHAL(※4)」のリース・レンタル販売をはじめ、セラピー用アザラシ型ロボット「パロ(※5)」、狭小空間点検ロボット「moogle(モーグル)」、難 ...
子育て中の介護「ダブルケア」…30代4人に1人が身近な問題 - リセマム (媒体での記事掲載終了)
ソニー生命や大学の研究グループは、「ダブルケア」に関する調査の結果を公表した。ダブルケアとは、子育てと介護に同時に携わることで、晩婚化や出産年齢の高齢化で直面する人が増えている。調査では30代の4人に1人が身近な問題と回答し、今後も増加することが ...
「認知症」進行ストップ!ぜんそく薬に画期的効果・・・国立長寿医療研が発表 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
ぜんそく薬の成分に認知症の進行を抑える効果があることがわかったと国立長寿医療研究センターが発表した。最新の研究では、認知症は神経細胞にあるタンバク質「タウ」の異常によって起こると分かってきた。タウ本来は神経細胞を安定させる役目を担っているが、何らかの ...
アルツハイマー型認知症の原因と症状の特徴 - GIRL'STALK (媒体での記事掲載終了)
年をとると、記憶が衰えたり、もの忘れが多くなったように感じることがよくあります。もの忘れがひどくなると、ただの老化なのか、それとも「アルツハイマー型認知症」なのかと不安になることもあるでしょう。しかし、実はこの二つにははっきりとした違いがあるのです。「アルツハイマー ...
利根川介護心中未遂事件〜「本当は生活保護なんて受けたくなかった」。逮捕後、三女が漏らしたという言葉の意味 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
この事件の報道を追っていくと、老いた両親を2人抱え、三女がいかに献身的に介護をしていたかを伝えるものが圧倒的に多い。十年ほど前にクモ膜下出血で倒れ、それをきっかけに体調を崩し、認知症が悪化していった母。三女は介護のため離職し、朝から晩までトイレやお ...
今は80代の母が「妻の使命」であるかのように、父の介護に日々取り組んでいます。すっかり家の中での父と母の立場が逆転していますが、父が昔どうであったとしても、今がどうであるとしても、母は父が大好きで、父への愛情にあふれています。母の女性としての心の強さには、 ...
いざというとき、慌てないために 災害時の介護を考える - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
また、平常時から災害を念頭に置いた訓練の実施が重要です。東日本大震災の際、ある施設では寝たきりの高齢者を別の場所に移動させる手段がありませんでした。地震発生翌日ようやく、町の手配で避難のためのバスが来ましたが、寝たきりの患者を運ぶには適さないもので ...
自分や配偶者に介護が必要な時はくるのか? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
ホルモンケア推進プロジェクト」が、「夫婦間における介護への意識と対策」について、インターネット調査(2015年実施)をしたところ、40・50代の約6割以上は、配偶者に介護が必要になる可能性は低いと認識していることが分かりました。 出典:配偶者が将来要介護になる可能性
「情報共有システムで変わる在宅医療」 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
... を有効にする方法 · 東京都の有料老人ホーム・高齢者向け住宅の検索なら【SUUMO介護】 >; 介護ジャーナル >; ニュース >; 「情報共有システムで変わる在宅医療」. 「情報共有システムで変わる在宅医療」. SUUMO介護編集部. 2015年12月24日(木). 2025年に到来する超高齢社会を前に、在宅 ...
介護報酬改定で、小規模事業者の経営悪化が顕著に - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
介護施設の経営悪化の1つには、今年4月に介護報酬が引き下げられたことがあります。介護報酬とは、介護の事業者や施設がサービスを提供した際に、その対価として支払われるサービス費用のこと。原則として利用者は報酬の1割を負担し、残りの9割は介護保険料と公費から ...
糖尿病の人は認知症になりやすい!? その負のスパイラルとは - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
最近の研究によって、高血圧や脳卒中などの生活習慣病と認知症が大きく関連していることが分かってきました。特に、糖尿病と認知症は無視できない関係性があります。 認知症は「アルツハイマー型」と「脳血管型」に大きく分けられますが、糖尿病の高齢者は、糖尿病ではない ...
ライザップが介護事業に参入!? シニア層に向けたフィットネスクラブの変化 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
パーソナルトレーニングを行うRIZAP株式会社(新宿区、以下 ライザップ)と、株式会社ネクスグループ(岩手県花巻市、港区)と協業関係にあり、介護ロボットの導入や開発、特別養護老人ホーム運営などを行う善光会(大田区)は、「RIZAP介護プロジェクト」を始動させます。
まるみをおびた見た目や愛らしい動作で、親しみやすくデザインされている。ゲーム、ダンス、クイズ、レクリエーションの司会進行など、すでに介護の現場で実際に活躍している。また、積極的に話しかけてくるため、コミュニケーションをとることで、認知症予防やボケ防止、うつ予防 ...
2015年12月23日()
障害福祉サービスは、多くの障がい者が無料で利用できるが、介護保険サービスでは利用者負担が生じる。厚労省は「社会保障制度の原則は保険制度優先」としているが、一般の高齢者と比べて障がい者は所得や資産が少ない。何らかの負担軽減ができないか、政府は検討す ...
<支えられるココロ>「認知症」からの“復活”(下) 最高の薬は周りの理解 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二〇一二年秋、一匹の虫を幻視したのをきっかけにレビー小体型認知症を疑った千葉県の樋口直美さん(53)。治療について医師から突き放され「自分で進行を止める」と誓ったが、当時の日記には、薄氷を踏むがごとくの不安と恐怖をつづっていた。意識障害、疲労感、物忘れ ...
財政難の最大のポイントは、福祉や社会保障にかかる扶助費。医療費や介護費がどんどん嵩み、ボディブローのように効いている。職員を削減していかなければ、高齢者や子どもたちの予算が確保できないのだ。 しかしこのような状況でも、高石市はさまざまな策を施して少子 ...
この10年間で市の人口はおよそ4000人減少し、少子高齢化対策は急務となっている。こうした中、市 ... 1982年国士舘大学政経学部卒、88年に社会福祉法人尚生会理事、特別養護老人ホームを開設。90年から茨城県議会議員4期連続当選、2006年から笠間市長。現在3期目 ...
「ムース食」を使った日本初の飲食店、有名シェフ監修の味は?:話題の商業施設オープン速報 - 日経トレンディネット (媒体での記事掲載終了)
しかし、同店で使用されるのは、病院や介護福祉施設向け給食を提供する日清医療食品が開発した、かんだり飲み込んだりすることが困難な人向けの介護食。 ... 撹拌したり刻んだりすると量が増えてしまい、特に少食の高齢者の方などは必要な栄養素を摂取しにくくなる。
「ひとり行くぜ、東北」旅エッセイ(3)宮城県気仙沼市のコーディネーター村上充さんのこと - アイデアニュース (媒体での記事掲載終了)
村上さんのフェイスブックページは、気仙沼の医療事情が現場の視点で書かれています。2015年12月4日の記事には、ボランティアとして気仙沼の軽費老人ホームやグループホームを訪ねた医療従事者の方からの感想が紹介されていました。「入居されている高齢者の方の医療 ...
県リハビリ病院 竣工 富山 医療、介護など連携図る - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県リハビリテーション病院・こども支援センターの竣工(しゅんこう)式が二十三日、富山市下飯野の同施設であり、県や医療、福祉関係者百七十七人が完成を祝った。 式では、石井隆一知事が「地域の医療、福祉、介護関係者と連携し、総合的なリハビリテーションの推進を図る」と ...
容体悪化で「雰囲気変わった」 那須「介護疲れ殺人」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきり状態だった妻葉子(ようこ)さん(69)の首を絞め殺害したとして、殺人の疑いで那須町高久甲、無職常松正根(つねまつまさね)容疑者(71)が逮捕されて24日で1週間。仲の良かった夫婦に何があったのか。周囲に「葉子さんの状態が変わった数年前から、雰囲気に変化 ...
外出先での困りごと、認知症にも支援拡大 県障害施設・事業協会 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者福祉施設などでつくるNPO法人「県障害施設・事業協会」(菊地達美(きくちたつみ)会長)は、公共交通機関や商業施設などで困りごとに遭遇した知的障害者を支援する「セーフティ・ネット拠点事業」を強化した。新たに認知症も対象に加え、県内各地の拠点事業所が県警、 ...
最低賃金1500円を要求する人たちが勘違いしていること。 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの父と高齢の祖母を支える高校生のために時給は上げるべきか? 否定的な反応が多かった理由として、デモの内容だけではなく、報道された記事の内容も影響していると思われる。 「父は寝たきりで祖母も高齢。高校時代、家族で唯一働ける僕のバイト代は時給850円 ...
母親は長年認知症を患い、三女はその介護のため、3年前に仕事をやめていたという。一方、父親は74歳という高齢で新聞配達をして家計を支えていたものの、事件のちょうど10日前、頸椎損傷からくる手足の痺れなどを理由に仕事を辞めていた。年金収入はなく、貯金もない。
リベラルは日本でも復権するか。学者ら、民主に政策提言へ - ハーバー・ビジネス・オンライン (媒体での記事掲載終了)
緊縮路線に終止符を!」という愚直なまでの左派政策が労働党の草の根を支える支持者たちに突き刺さり、見事、党首戦に勝利した。二大政党制のイギリスでは野党第1党の党首は「影の内閣の首相」として扱われる。そのため高齢の急進左翼が労働党の党首に就任することは ...
最も目につくのは、何と言っても今回の補正予算案の中での最大規模の予算項目たる「低所得高齢者等への福祉給付金」。一人当たり3万円を配るというものです。 政府からヒアリングをしていて、全くその意図がはっきりしません。 景気対策か、と言うと、今回の補正予算案自体 ...
認知症、どうやって病院へ連れて行く?早期診断・早期絶望にならないために - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
第1回「帰省先でも簡単にできる! 親が認知症かどうかがわかる5つのチェック」では、年末年始に帰省した際にできる具体例をご紹介しました。実際試してみたら、認知症の疑いがあった、どうしよう……というのが、今回のお話です。
また、ダブルケアに直面したことがある82名に、ダブルケアで大変な時、支えてくれた人はだれか複数回答で聞いたところ、「夫(パートナー)」41.5%が最も多く、次いで、「親・義理の親」24.4%、「ケアマネージャー」19.5%、「親戚」と「友人」いずれも17.1%が続きました。他方、「 ...
高齢者 5人に1人は一人暮らし - KBS WORLD Radio News (媒体での記事掲載終了)
韓国の65歳以上の高齢者の5人に1人は一人暮らしで、20年後にはその割合が倍に増える見通しです。 保健福祉部のまとめによりますと、現在、一人暮らしの高齢者は全国で137万人に上り、これは高齢者全体の20.8%に当たります。 また、統計庁のまとめを見ますと、 ...
「住みやすい」82%、子育て施策も浸透 さいたま市が市民意識調査 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
市の発展の方向性についての希望は、在住者が「高齢者が暮らしやすいまち」が33・6%でトップ。今後力を入れて取り組んでほしい施策も「高齢者福祉」が37%で3年連続トップとなり、高齢者の健康づくり支援、活躍の場をつくるといった高齢者福祉の充実が求められている。
プログラムは、「認知症の方に『寄り添う』ってどういうこと?」「脳の仕組みから知る認知症の思考プロセス」「現場での観察ポイントとケアの実践」「認知機能障害と行動・心理症状のつながりの理解」「『記憶障害』がもたらす生活のしづらさ」など、どれも興味深い内容となっている。
徘徊高齢者保護に協力 タクシー運転手の菅野さん - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
北上市川岸の都タクシー(斎藤芳昭代表取締役)のタクシー運転手菅野雅文さん(46)=同市孫屋敷=は22日、行方不明となった高齢者の早期発見、保護に貢献したとして北上警察署から感謝状を受けた。菅野さんは「高齢化が進むのでこれからも惜しみなく協力したい」と気を ...
2015年12月22日()
<わたしの転機>「事務屋」の経験 福祉に 元労働組合幹部 倒産経て介護ボランティア - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
今は、四十年暮らしてきた団地で、高齢者と障害者の集いの場「なごみサロン」や、困り事を手伝う「おたすけ会」の活動に取り組んでいます。労働組合からの人生を振り返ると、私は社会を変える運動への参加を通じて人と人をつないでいきたいと考え、行動してきたのだと思います ...
<支えられるココロ>「認知症」からの“復活”(上) 絶望感経て闘志わく - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 「ニンチショウ」-。何て絶望的な言葉なのか。毎日、脳細胞が死んでゆき、回復はない。人格は崩壊しやがては衰弱して…。「本当にひどい。その恐怖といったら、発狂しそうになるくらい。必死にそこからはい上がった今、『認知症』は深く誤解された言葉だと、私は訴えたい」.
バリアフリーのベル響く 障害ある人と健常者 文京でXマス演奏会 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
児童館や高齢者センターなどで演奏するノエルズは二〇一一年から、やまどりで演奏指導をしてきた。ノエルズの山村美鈴代表(57)は「はじめは演奏できるかなと思いましたが、表現したいという強い思いに驚いています」と話した。やまどり支援員の斎藤元紹(もとつぐ)さん(47) ...
地域で声掛け 認知症者行方不明防止へ訓練 うるま市 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
同市は行方不明になる恐れがある高齢者の情報を事前に登録した上で、警察署や介護事業所と連携し、行方が分からなくなったときの早期発見につなげる「認知症高齢者等SOSネットワーク」を10月に発足させた。この日はネットワークを活用し「通報・連絡・捜索・発見」の情報 ...
代表的な認知症のアルツハイマー病では、この海馬に最初に萎縮が起こっていることが、MRI(核磁気共鳴を用いた脳画像検査)によってしばしば確認されます(図1)。そして、アルツハイマー病における最初の症状は記銘力の障害です。最近、新聞やテレビなどでよく耳にする ...
中国は日本と同じで少子高齢化が進み、年金制度、福祉制度などが、かなり大きな問題となっています。さらに、約7千万人と言われる貧困層をどう助けるのか、格差問題をどのように解決するのかも問題になっています。今回の(5)政策では、「国有企業の利益は全て年金に ...
認知症高齢者の早期保護へ 警察署長が行方不明届 - NHK (媒体での記事掲載終了)
行方が分からなくなった認知症の高齢者などを早期に保護するため、警視庁は、家族などに代わって警察署長が行方不明の届けを出す方式を取り入れることになりました。届け出までの時間が大幅に短縮され、より効率的な手配や保護が期待されるということです。 認知症の ...
被害続出!「成年後見人」弁護士に認知症老人の財産が狙われている - 現代ビジネス (媒体での記事掲載終了)
認知症を患い、財産の管理が難しいことから、親族が家庭裁判所に成年後見人の申請を行った。 認知症やその他の病、重度の障害などで、財産の管理が難しい人に対して、本人に代わって資産を管理し、介護契約などを始め、必要な契約や財産の処分を行って人生の最終盤を ...
<支えられるココロ> 「認知症」からの“復活”(上) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 「ニンチショウ」-。何て絶望的な言葉なのか。毎日、脳細胞が死んでゆき、回復はない。人格は崩壊しやがては衰弱して…。「本当にひどい。その恐怖といったら、発狂しそうになるくらい。必死にそこからはい上がった今、『認知症』は深く誤解された言葉だと、私は訴えたい」.
<わたしの転機> 元労働組合幹部、倒産経て介護ボランティア - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
40年近いサラリーマン生活の半分以上を会社の再建に費やしたものの、58歳のときに倒産。しかし、立ち止まることはなかった。愛知県知多市の鈴木信重さん(76)は、第二の人生を福祉で生きる道を選び、介護ボランティアとして活動。会社員の経験を生かした「事務屋」 ...
スマトラから仲間入り 横須賀の特養に2人の研修生 介護福祉士目指し来日 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
インドネシアからの看護師・介護福祉士候補生の受け入れは2008年7月発効のEPAに基づいて始まった。太陽の家ではEPAを活用して5年前から、今回の2人を含め12人の研修生を受け入れ、これまで4人が国家資格を取得している。石渡庸介理事長(71)は「インドネシアの ...
コーヒーで認知症がわずかに改善 - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Polina Ponomareva - Fotolia.com. コーヒーの摂取と認知症の関連について、様々な研究が行われその効果が注目され始めています。今回、1日にコーヒーを飲む量と認知機能の関連を調べました。
復興住宅の継続入居不可は2世帯 兵庫県が判定 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医師や弁護士らで構成する第三者委員会が、入居者の介護や障害の程度、医療や福祉サービスの利用状況などを総合的に検証し判定した。 不可の2 ... 判定を申し込んだ大半が継続入居可能になったのは、継続要件に該当する高齢者や障害者の世帯が多かったためという。
公的年金の受給総額、14年度に過去最高 53.4兆円 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
前年度に比べ1.1%増えた。高齢化で受給者数が増えたことが主因だ。一方で支え手の現役世代は減った。 公的年金は国民年金と厚生年金、共済組合、福祉年金の4つがある。受給者数は6988万人で2.8%増えた。保険料を払う公的年金の加入者は6713万人で0.1%減った。
下流老人にならないためにおさえておきたい3つの基本 - 新刊JPニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度」とは、要介護の高齢者を社会全体で支援する仕組み。自立を支援しながら、利用者の選択により多様な機関や事業者からサービスを受けられる。 たとえば、家族の支援が受けられない状態なら、医療・福祉のサービスを専門のプランナーが計画し、民間企業 ...
厚労省 介護離職ゼロ対策を自治体に説明 - NHK (媒体での記事掲載終了)
家族の介護を理由に仕事をやめる介護離職をなくそうと、施設などの受け皿の整備を盛り込んだ今年度の補正予算案について、厚生労働省が全国の自治体を対象に説明会を開き、自治体の担当者からは「施設の整備だけが進んでも人手不足のなか、サービスの質が低下しかね ...
介護休業 3回まで分割可能に (媒体での記事掲載終了)
認知症のケア 寸劇で学ぶ - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者のケアや介護をする家族への理解を深める講座が19日、燕市吉田産業会館で開かれた。講演や介護職らでつくる劇団による寸劇を通じ、参加者は分かりやすく認知症への関わり方を学んだ=写真=。 講座ではNPO法人認知症ケア研究所(水戸市)の統括管理者、 ...
初日は認知症には当たらないが、その前段階とされる軽度認知障害(MCI)の診断を受けた60~80代の5人が参加。見通しの悪い交差点で左右確認をしているかなどを、同乗した指導員がチェックした。一時停止の標識を見逃す人や、バックしながら駐車する際に距離感をつかめ ...
普天間問題の行方左右 宜野湾市長選立候補予定者2人に聞く - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
米軍普天間飛行場問題の行方を左右するとして全国的な注目が集まる一方、福祉や財政など地域の課題も問われる。現職で再選を目指す佐喜真淳氏(51)と、新人の元県幹部職員、志村恵一郎氏(63)の立候補予定2氏に所信を聞いた。(聞き手=中部報道部・前田高敬).
フィンランド人に聞いた「ベーシック・インカム」の実現性 - ライフハッカー[日本版] (媒体での記事掲載終了)
こちらの記事でも少し触れましたが、近年になって注目が集まってきていた背景はあるものの、これまで単純に「アイデア」として語られていたベーシック・インカム制度が、国の福祉施策として真面目に検討されることになった、という点が重要なポイントです。 それでは、実際にフィンランド国内に住むフィンランド ... インカム的なもの ...
【地獄耳3銘柄】「1億総活躍社会」介護分野で期待の本命『エス・エム・エス』 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
安倍政権が目指している『1億総活躍社会』のテーマで、介護の分野に関連して大いに活躍しそうな『エス・エム・エス』(東1・2175)に注目しています。同社はネットを通じて介護・医療に特化した人材紹介や求人広告を展開しており、老人ホーム運営など箱モノの介護関連企業と ...
例えば、児童手当の支給制限や医療費の高額療養費の自己負担額が大きいなどのケースです。 ここでまず考えるべきは長男と次女の教育資金です。 介護はまだ50 ... また、世帯主の両親は2人とも70歳を超え、高齢。つまり、いつ介護が必要になってもおかしくない状況です。
その対象は高齢者の方がほとんどだったんです。高齢者の方って視界が狭いということが大体わかってきて、その大変さを知るためにはどうすればいいのか。 グリースをメガネに塗ってかけて歩いてみたり。昔ユニバーサルデザインの勉強をしたことがあって、そのときはマタニティ ...
埼玉県内のグループホームに入所している田村千鶴子さん(87歳・仮名)の親族の女性はこう憤る。怒りの矛先は、千鶴子さんの「成年後見人」である弁護士だ。 千鶴子さんは、埼玉県内の自宅の他、山梨県にも前述の一戸建て住宅を持ち、不動産を中心に億単位の資産がある。
現在グループホームなどでアロマセラピーの臨床研究をしており、エッセンシャルオイル(精油)の効果についても解説してくれる。 セミナーではまず、看護・介護ケアにおけるアロマセラピーの基本として、(1)高齢者・認知症高齢者に対する基本的な心構え、(2)ケアに使用しやすい ...
2015年12月21日()
<ユアハウスだより 普段着の認知症介護>なぜ私は老人ホームに? 「納得」まで真実一つ一つ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状が進行していた三浦さんは、介護を受けることを拒否していました。 そこでスタッフの短時間訪問から始め、ほかの利用者さんと自宅でお茶会をしたり、散歩の際にユアハウスに寄ってもらったり…。三カ月かけて関係を築き、半年後には宿泊もできるようになって、ご ...
バリアフリー地図アプリ開発 来年4月から運用 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
この地図アプリは、飲食店などの入り口に階段が何段あるか、車椅子が通るスペースが確保されているかなど、街のバリアフリー情報を利用者に入力してもらい、共有する仕組みです。開発を手掛けたのは自らも車椅子で生活するコンサルティング会社「ミライロ」の垣内俊哉社長 ...
静岡流通センター福祉避難所に「民間」異例の検討 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
同自治会連合会などは要望書で「地区に多くの福祉施設があるが、障害のある方が他の避難者の目を気にせず安心して安全に避難できる場所がない」と指摘。新東名インター(IC)のアクセス道路に隣接していることなどを挙げ「避難場所として中心的な役割を果たせる」としている ...
堺市、原山公園プール移転含めた再整備 PFI導入調査費等補正予算可決 - 日刊建産速報社 (媒体での記事掲載終了)
... 向け遊具や健康遊具を設置▽憩いの森(1・5ha)=整備・維持管理により森を再生、憩える空間を創出▽ため池(1・9ha)=水上デッキをかけて駐車場を設置(カフェ、レストラン)▽緑道・主園路=バリアフリーの観点から高齢者や障がい者が安全に通行できる動線の見直し。
野田聖子氏、政権の女性活躍推進は「本気度感じない」 【インタビュー】 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
同時に「安倍首相周辺は、これらの政策のエキスパートではない」と指摘。「少子高齢化は政治が考えるほど悠長な問題ではなく、超高齢化社会に突入するのを想定し、もっと重厚な少子化対策を実現したい」とし、高齢者よりも若年層対策を重視した政策パッケージに意欲を示した ...
宝くじ 売れたお金どこへ? - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
このうち68%を少子高齢化の対策に使っているの。保育所や老人ホームの運営、赤ちゃんの医療費など ... 日本と同じように、国や自治体が宝くじを売って売上金の一部を公共事業や社会福祉、スポーツ振興などに回しているのよ。 からすけ 宝くじに興味が出てきたよ。1枚300円 ...
メッセージは「アミーユ」などのブランドで有料老人ホームを展開し、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が主力。SOMPOは今12月21日から2016年1 ... なおSOMPOは12年9月には、九州地盤のシダー(107億円)も投資事業有限責任組合を通じて関連会社としており、グループとしては一挙にトップに匹敵する規模 ...
【刻印2015】(3)〝天下無双の飛び道具〟橋下氏引退 大阪維新を待ち受ける試練 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
その理由を、ある維新幹部は「市がなくなれば、高齢者福祉が切り捨てられるという反対派のネガティブキャンペーンが効いた」と分析した。 大阪維新にとって住民投票はトラウマに近い負け戦となったが、この出来事が所属議員の意識を大きく変えた。住民投票までは、強力な発信 ...
大分大の新学部 連携担う人材育成 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
2016年度から新設される大分大学の新学部「福祉健康科学部」の開設準備が大詰めを迎えている。工学部以来45年ぶりの学部新設。超高齢化社会で増加が見込まれる在宅医療の現場で活躍する人材育成の他、地域で一体となって患者を支援できるようにする地域包括ケア ...
転落死の老人ホーム、介護報酬の請求3カ月停止処分 川崎市 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で昨年、入所者3人が相次いで転落死した問題で、市は21日、介護保険法に基づき、介護報酬の請求を来年2月から3カ月間、施設に停止させる行政処分をした。 市によると、施設では職員による虐待や窃盗事件もあった ...
認知症の鉄道事故 責任は誰に (媒体での記事掲載終了)
発症を5年遅らせれば認知症患者数は半分以下に - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
超高齢化社会に入った課題先進国、日本。人生の最期を「寝たきりや介護を受けて暮らす」人が相当数いる国とも言えます。 この課題に挑もうと提唱されたコンセプトが、IoHH(Internet of Human Health=インターネット・オブ・ヒューマンヘルス)です。IoT(モノのインターネット)の ...
高齢者の脳血管疾患や骨折転倒は約3カ月にわたる長期入院の間に、認知症になる可能性が非常に高い。認知症が直接的な死因にはならないものの、次第に症状は悪化し、介護が必要な状態は続いていく。場合によっては亡くなるまでの期間、10~20年にわたり認知症の介護 ...
損保ジャパン、介護大手買収に3つの難題 - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
損保ジャパン日本興亜ホールディングスが、介護事業大手のメッセージを買収する。2015年3月に3.5%を出資しており、同12月からTOB(株式公開買い付け)を実施し、260億円以上、最大609億円を投じて51%以上を取得するという。損保ジャパンは2015年10月に居酒屋大手、 ...
中でも、“家族の重さ”を痛感させられる事件が多かった。 つい先日も、70代の男が「介護に疲れて首を絞めた」と、妻とみられる女性の遺体を車に乗せて出頭。先月には、介護状態にあった高齢の両親をクルマに乗せて無理心中を図ったとして、47歳の女性が逮捕。個人的にも、“ ...
豊橋市の婦人ボランティア団体「さなえ会」(大橋とし子会長)は、市社会福祉協議会がホームヘルパーを派遣している高齢者世帯へ、おせち料理を届ける活動をしている。同市八町地域福祉センターの調理室で準備作業が始まっている。21日は、おなますや黒豆... この記事は ...
交流施設「いこいの杜」がオープン 豊岡・但東 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
約5年前に閉店したスーパー跡地を改装し、市社会福祉協議会などが運営。平日に喫茶・軽食を提供するほか、食料品や手作り品の販売、広い空間を利用したイベント、展示会の開催など幅広く活用する。 2014年2月時点で同校区の人口は979人、高齢化率は40・1%(県 ...
大阪の「イレブンスリー」暴走で新たに12人を摘発 30代の男も - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
イレブンスリーをめぐる摘発者は、深夜徘徊(はいかい)や喫煙などの補導を含めて計48人となった。 3人の逮捕容疑は、11月3日午前0時半〜2時ごろ、岸和田市内の国道26号を乗用車で走行中に後部座席の窓から身を乗り出して旗を振り回すなどしたとしている。いずれも ...
新3本の矢の少子高齢化対策を評価する一方、政権の女性活躍推進は「本気度が感じられない」と批判。9月の自民党総裁選では出馬断念に追い込まれたものの、次期総裁選への出馬にあらためて意欲を示した。 来夏の参院選は衆参同日選をめぐる思惑が永田町で広がって ...
インタビュー:政権の女性活躍「本気度感じない」=野田聖子氏 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
新3本の矢の少子高齢化対策を評価する一方、政権の女性活躍推進は「本気度が感じられない」と批判。9月の自民党総裁選では出馬断念に追い込まれたものの、次期総裁選への出馬にあらためて意欲を示した。 来夏の参院選は衆参同日選をめぐる思惑が永田町で広がっているが、野田氏は「安倍首相は ...
介護休業を分割で取得可能に 制度の見直しを - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護を理由に仕事を辞める「介護離職」をなくそうと、厚生労働省の審議会は、介護休業を利用しやすくするため分割して取得できるようにするなど、制度の見直しを求める報告書を取りまとめました。 厚生労働省によりますと、家族を介護するために仕事を辞める「介護離職」は年間 ...
和歌山市島崎町6丁目に新築移転された市立芦原文化会館の竣工式が20日、会館前で行われ、関係者ら106人で完成を祝った。耐震性を向上させるとともにバリアフリー化し、旧会館になかったエレベーターも1基設置。高齢者、身体障害者など、より多くの人が交流できる施設 ...
認知症テーマに市民と医師ら議論 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
参加者は6グループに分かれ、「自分自身」「家族」「近隣住民」がそれぞれ認知症になったらどうするかとの設定で意見交換。「家族」では、「仕事が手に付かなくなりそう」「介護を通じて家族関係が悪化したと聞いたことがある」といった不安のほか、「恥ずかしがらずに近所に ...
学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議(第19回) 議事要旨 - 文部科学省 (媒体での記事掲載終了)
複合化の定義について,平成3年にも行っており,また平成9年の報告書「複合化及び高層化に伴う学校施設の計画・設計上の配慮について」にも複合化の定義があり,そこから変更を加えたのは「社会教育施設や地域の福祉施設等」としていたところを「他の公共施設等」とまとめた ... 資料1-3の7ページの ...
優良な住宅部品の開発・普及および住生活水準の向上のため調査研究などを行う一般財団法人ベターリビング(東京都千代田区)はこのほど、高齢期になっても安心して暮らしていくための、住まいと健康に関する情報を集積した一般生活者向け情報ウェブサイト“50代からの ... 主なコンテンツは、住まいの暖かさと ...
... ていくんですね。今の0歳児人口はいよいよ100万人を割る水準まできて、ここから90万人台80万人台と下がっていって、我々のようなオヤジがどんどん高齢社会のほうに上がっていくと、少なくとも日本の人口はどんどん少なくなっていきます。 ..... 例えばメッセンジャーのようなツールの場合だと、仕組みとしては ...
ただし、同一の対象家族について受給できる日数は通算93日までとなっており、介護という終わりの見えないものの実情に添わないという意見もあるが、介護と仕事を両立する体制を整えるために、市町村や地域包括センター、担当ケアマネージャーなどとの相談調整期間と考えて ...
介護報酬請求を3カ月停止 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で昨年、入所者3人が相次いで転落死した問題で、市は21日、介護保険法に基づき、介護報酬の請求を来年2月から3カ月間、施設に停止させる行政処分をした。 市は9~10月、同法などに基づいて施設に立ち入って ...
1日プラス1000円で介護放棄を防ぐ! 介護サービス利用法 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
そこでケアマネージャーが行政と家族の三者で話し合う場を設け、1日2回の訪問介護と週2回の通所サービス(デイサービス)を利用することを提案した。それまでに利用していた介護保険サービスは週1回の入浴介助だけだったので、月額費用は約2000円だった。そこに1日2回 ...
自宅で看るか、施設ならどこに頼るか。介護パターンの選び方によって、家族のお金と心の負担に大差がつく。実例を通して「わが家のベスト」な選択を考えよう。 同居している家族が要介護状態になったとき、まず家族が考えることは「自分たちでなんとかしよう」ということである。
認知症原因の「神経細胞脱落」抑制する薬剤発見-日本医療研究開発機構ほか - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本医療研究開発機構は12月16日、国立長寿医療研究センターの添田義行脳科学推進プログラム研究員、高島明彦分子基盤研究部長らが、理化学研究所(理研)と、同志社大学の井原康夫教授グループとの共同研究で、アルツハイマー型認知症の原因となる「神経細胞 ...
人間は「認知症になりにくいよう」進化した? 米で研究 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を迎え、日本でも65歳以上の5人に1人がなる認知症が問題になっているが、実は、人間は進化の過程で認知症になりにくい遺伝子を持つようになったことが、米カリフォルニア大学のエジット・バーキ教授らの研究で明らかになり、米科学アカデミー紀要「PNAS」2015 ...
《zak女の雄叫び お題は「爆」》「カジノ型介護施設」に待った!に待った (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
「1日でも1秒でも寝たきりにならず自立して生活できるようにすることが、私たちの目標。家に引きこもりがちな高齢者の心のアクティブに火をつけるよう工夫しています」 こう話すのは、疑似通貨を用いたビンゴゲームなどを行う兵庫県内のデイサービス施設の関係者。 前ページ; 1 ...
認知症患者による排泄のトラブルの原因はひとつではない。「トイレがどこにあるかわからない」「尿意をもよおしたらトイレに行くということがわからない」といった認知機能の低下、トイレに移動できないなど運動機能の低下、消化器や泌尿器の機能低下などが複合的に重なって ...
50代からの住まいと健康応援サイト「住まいで元気NAVI」を開設 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
(2) 住まいの安全バリアフリー、耐震、親の見守りなど、将来にわたって安全に暮らせる住まいにするための情報について、事例を交えて具体的に提供しています。公的機関へのリンク集もあり関心事からすぐに検索できます。 (3) 住まいの将来リタイア後の暮らしをどうするか?
300日でねんりんピック - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
スポーツなどを通して高齢者の健康増進を図る全国大会「ねんりんピック長崎2016」の開幕まで300日となった20日、大村市の長崎空港旅客ターミナルビルにカウントダウンボードが設置された。 除幕式では県福祉保健部の伊東博隆部長が「健康、長寿、いきがいをテーマに ...
介護アロマセラピーの第一人者として知られるあさいマッサージ教育研究所(神奈川県川崎市)所長の浅井隆彦さん(64)による介護アロマセラピー入門セミナーが、佐賀市白山の佐賀商工ビルで開かれた。 浅井さんは日本の医療や介護の現状などの概要を話したうえで「医療、 ...
宮田材木店、リフォームショールームオープン - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 提案を重視したリフォームを本格的に開始した。ターゲットはアクティブな高齢者を指す「プラチナ世代」。 ... バリアフリーのデザインだけではなく、断熱性を高め、天然素材を使用することで、年を重ねてもずっと住みやすい住まいを目指す。 店舗には「わいわいスペース」「団らん ...
続く第2部では「町田・相模原における在宅医療の取り組みと、ICTの活用」と題し、薬剤師・ケアマネージャーの小林輝信氏(徳永薬局在宅統括部長、グローライフ取締役)が、それぞれ講演を行う。また、スペシャルゲストと小林氏による「在宅医療の現状」をテーマにした対談も予定 ...
【提言委員座談会】民主主義鍛え直せ 九州から地域再生 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
... に入社後、UDの重要性を感じ、98年にユーディットを設立。2012年より現職。著書に「ユニバーサルデザインのちから」など。 .... エネルギー問題や少子高齢化など共通課題を探し、議論を進めるべきだろう。日本は過激派組織「イスラム国」への空爆などに参加していないが、 ...
障害者の高齢化に対応 総合支援法を改正へ - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は14日、社会保障審議会障害者部会(座長=駒村康平・慶應義塾大教授)に報告書案を示し、大筋で了承された。障害者の高齢化・重度化に対応することが柱。介護保険優先原則は維持した上で、新たなサービスを設ける。利用者負担の拡大は引き続き検討すること ...
医療介護の連携探る 静岡県立大が政策研究会 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
静岡県立大医療経営研究センター(西田在賢センター長)は20日、地域の医療介護連携のあり方を探る政策研究会を静岡市駿河区の同大で開いた。同市内などの病院や介護事業者、行政関係者ら約260人が、「地域の医療介護総合確保のマネジメントを考える」をテーマに ...