介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年12月10日()
講座に参加した隊員は「認知症高齢者の方を搬送する際、安心して気持ちを落ち着かせてもらうためには、まず我々が相手の気持ちを知ることが必要」と語る。現在、救急搬送される人のうち、65歳以上の高齢者が占める割合は65%を超え、その割合は今後も増加すると予想され ...
「介護離職ゼロ」へ、整備計画の算定見直し 厚労省 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
安倍政権が目指す「介護離職ゼロ」の実現に向け、厚生労働省は自治体がつくる介護サービス施設の整備計画の算定方法を見直す方針を決めた。介護を受ける人の需要だけでなく、介護する人が仕事を辞めずに済む条件を加えることで、施設の定員や利用回数などのサービス ...
[社説]世界最低の出生率と若者の高い自殺率 - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
10日、政府は第3次少子化高齢社会基本計画(2016~2020)を確定発表した。「ブリッジプラン2020」と命名された第3次計画は、過去の養育支援から雇用と住居支援による晩婚非婚対策に切り替えたことが核心だ。保健福祉部は、「晩婚・非婚の最も大きな障害要因は、若者の雇用問題」とし、「この問題を解決するため ...
在宅医療シンポジウムが12月5日、高津市民館で開催され、地域住民など150人が参加した。 パネルディスカッションでは、久地さとう医院の佐藤浩則院長がコーディネーターを務め、区内の看取り経験をした家族、医師、看護師、ヘルパー、ケアマネージャーがパネリストとして ...
高齢者が入退院後に必要となる生活のフォローは、メディカルソーシャルワーカー(MSW)にとってもケアマネージャーにとって大切な仕事です。医療連携加算もつくようになり、より一層、双方が協働することが求められています。介護環境については、「在宅医療が充実していたら ...
介護施設で入所者虐待容疑 元職員を書類送検 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市の介護施設で職員が入居者を虐待していた問題で、仙台北署は10日までに、暴行の疑いで、元職員の男性(20)を仙台区検に書類送検した。 送検容疑は8月上旬、勤務していた仙台市青葉区栗生の介護付き有料老人ホーム「ベストライフ仙台西」で、入居者の80代女性 ...
ポリファーマシー削減で職能発揮を - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
療養病床や回復期リハビリテーション病床においても、長い入院期間を利用すれば、薬剤師がポリファーマシー削減に取り組みやすいと聞く。 入院中の薬剤調整が退院後も継続されるように、削減理由などを記載した情報提供書を退院時に発行するなど、情報連携の強化も必要 ...
歩行器で楽しく買い物を 県立大と福祉短大 実証実験 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県立大(射水市黒河)が開発中の歩行器で高齢者に買い物をしてもらう実証実験が十日、同市三ケのアル・プラザ小杉であった。実験には富山福祉短大(同市三ケ)も参加し、近くの特別養護老人ホーム「大江苑(おおごえん)」の利用者が協力した。(山本拓海). 歩行器は菊池 ...
公的施設である「特別養護老人ホーム」や民間の「有料老人ホーム」、最近増えている「サービス付き高齢者向け住宅」、「介護老人保健施設」など、さまざまなくくりがありますが、私はこんなカテゴリー分けはおかしいと思っています。消費者からしたら、何のことか、さっぱり理解できないでしょう。 劣悪な環境の「終の ...
ワタミの介護(同)は2015年12月1日付で、保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングス(東京都新宿区)に売却。譲渡価額は210億円、譲渡益は154億円程度を見込む。譲渡益に加えて、ワタミの介護の保有資産や負債が連結対象から除かれるため、ワタミ本体の自己 ...
認知症社会がやってくると言われていますが…自分なりの接し方はお持ちですか? - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
ユマニチュードは、フランスのイブ・ジネストとロゼット・マレスコッティにより開発された34年以上の歴史をもつメソッドで、基本となる包括的ケアメソッドのひとつ。とくに、高齢者と認知症患者において有用とされています。 認知症であっても人格を尊重するという考え方で、「見る」「 ...
クラボウが抗菌ハンカチ寄贈 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
クラボウは2014年度から、地域で清掃活動に取り組んだ従業員の人数に従って、自社製品を高齢者福祉施設などに贈る「10(テン)―100(ハンドレッド)プロジェクト」を実施。今年は鴨方工場(浅口市鴨方町六条院西)を含む全国の営業所や工場などの従業員延べ約800人が ...
あの株が「1億総活躍社会」の恩恵を受けるワケ <株探トップ特集> - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
ケアマネージャー向け人材紹介の「CJBケア人材バンク」事業に加え、介護職向け求人情報サイトの「カイゴジョブ」などを展開し、多くの介護事業者や従事者を囲い込んでおり、介護業界における求人難の深刻化でメリットを受けそうだ。同様に介護業界向け人材派遣・紹介を ...
介護保険制度導入から15年。30歳だった介護福祉士が一人ひとりに寄り添う介護を求め、千葉市で宅老所を始め、来年元日に開所10年を迎える。今年4月には介護報酬が全体として2・27%引き下げられるなど介護保険の大幅な制度改正があった。理想的な介護とは何か。
(宅老所の現場から 1)介護は振り回されてなんぼ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
代表の石井英寿(ひでかず)さん(40)が運営する宅老所「いしいさん家(ち)」。外見は普通の家だが、通所介護(デイサービス)のほか、介護保険外の自主事業として宿泊も受ける。お年寄りのほとんどが認知症だ。 歌や体操など定時の日課は決まっていない。 「家に帰らないと」と ...
保育園児の健診から高齢者の看取りまで担っている。 20年前から坂口さんが力を注いでいるのは、ターミナル ... テーマは、緩和ケアや社会福祉のあり方、死刑囚が死を間際にした心の葛藤や出生前診断など多岐にわたる。「全てのテーマが人間のあり方、ひいては生と死に ...
【意外な結末】認知症の夫に「妻との思い出の写真」を渡した結果・・・ - TABI LABO (媒体での記事掲載終了)
2014年世界保健機関(WHO)が発表した男女別の平均寿命ランキングで、スイスは男性2位、女性3位の結果。欧州でも、少子高齢化が進む国のひとつです。高齢者をどう支えるかは、国を挙げての大きな課題。それは、こんなCM広告からも伝わってきます。 認知症という身近な ...
介護の悩みや喜び語り合おう - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
要介護認定を受けて1人暮らしをしている福山市、田頭誠一さん(70)が「介護ささえあいの会」を立ち上げた。近隣住民と一緒に行政の支援制度などを勉強。「要介護者や家族たちと日々の悩みや喜びを語り合える場 ... この記事は会員限定です。 電子版にご利用登録後、ログイン ...
認知症の症状のひとつ、記憶障害の基礎知識 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
周りは思い出して欲しくて無理に訂正しがちになりますが、本人からしてみれば、「自分の言動を否定された」と感じ不安になります。不安を感じることは、逆に認知症の進行を促進させてしまう可能性があるので、本人に安心してもらうことが周り見求められる対応のようです。
2016年に話題になりそうな事、「ラグビーブーム」「五輪」に高い注目。 - Narinari.com (媒体での記事掲載終了)
また、ユーキャンの調査ということで、2016年に予定されている出来事を踏まえた上で、“2016年に武器になりそうな資格”についても質問。こちらは3年連続で「ファイナンシャルプランナー(FP)」が1位となり、以下、2位「TOEIC」、3位「社会保険労務士」、4位「ケアマネージャー( ...
国内大手証券、介護セクターの注目銘柄としてツクイとALSOKをピックアップ - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
野村証券の介護セクターのリポートでは、超高齢社会で需要増加が見込まれ、有料老人ホームやサービス付高齢者向け住宅などのインフラ整備、デイサービスや訪問介護などサービス供給余地の拡大が期待されると指摘。一方で、介護の大手企業が事業展開の困難に直面して ...
福祉・高齢者乗車券交通用福祉ICカードは大切に保管を - 福岡市 ふくおか市政だより WEB版 (媒体での記事掲載終了)
これまでに交付したICカードは繰り返し使います。残高が無くなっても大切に保管してください。ICカードを紛失した場合は、作成費用の一部負担金として、助成額から500円減額になりますのでご注意を。なお、平成27年度の乗車券は来年9月30日まで交付しています。対象は市 ...
このうち、両端のカウンセリングはケアマネージャーや終活カウンセラー、遺族ケアについては納棺師や葬儀屋が担うのが従来のシステムで、双方に介護を担当する看護師・ヘルパーは介在しない。ここに課題があり、特に介護から遺族ケアへの移行時、役割を終えて離れていく ...
介護報酬が今年4月から9年ぶりに引き下げられたなか、2015年1-11月の「老人福祉・介護事業」の倒産は66件に達した。すでに前年の年間件数(54件)を上回り、介護保険法が施行された2000年以降では、過去最悪ペースをたどっている。介護職員の深刻な人手不足という ...
<仙台東西線>バリアフリー大丈夫?調査開始 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者向けに宮城県内の観光情報を発信する仙台市の市民団体「仙台バリアフリーツアーセンター」は9日、市地下鉄東西線駅のバリアフリーに関する調査を始めた。10日までに全13駅を調べ、団体のウェブサイトで公開する。 初日は車椅子利用者の伊藤清市 ...
中国: 深刻な大気汚染、パリのCOP21より自国の問題に対応すべき - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
高齢者がこれらの問題について、より無関心で、より受身であるのは理解できると彼女は言う。「教育を受けた多くの若者 ... 彼は子どものための社会福祉や教育も、地球の裏側のオーストラリアに行く理由の中にあると言うが、最大の理由は環境だった。 「オーストラリアは、より ...
バリアフリーで外国人向け相談センター開設、東京から地方への観光を想定 - トラベルボイス(公式) (媒体での記事掲載終了)
NPO法人日本バリアフリー観光推進機構は2015年12月1日から、身体の不自由な外国人を対象に国内の旅行に関する相談を受け付ける窓口として「Accessible Travel JAPAN」(アクセシブル トラベル ジャパン)を開設した。観光庁が「訪日外国人旅行者向けユニバーサル ...
人口減少と一億総活躍社会-「介護離職ゼロ」が目指す社会とは - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
先日、一億総活躍国民会議が『一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策』を打ち出した。 「希望を生み出す強い経済」に向けて「名目GDP600兆円」、「夢をつむぐ子育て支援」に向けて「希望出生率1.8」、「安心につながる社会保障」に向けて「介護離職ゼロ」を目標に ...
【ゆうゆうLife】政府緊急対策「介護サービス」50万人分整備 詳細を詰めるのは地元の市区町村 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
具体的には、高齢者が民家などに通って一日を過ごしたり、泊まったり、そこから訪問介護を受けたりする「小規模多機能型居宅介護」や、在宅高齢者のコールに看護職や介護職が24時間体制で応じる「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」など、重度の人を家で支えるのに必須 ...
【ゆうゆうLife】長野・上田の「特養」…家での暮らし支える 施設も在宅もサービス臨機応変に - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
長野県上田市にある高齢者総合福祉施設「アザレアンさなだ」は、家での暮らしを支える施設だ。特養を中心に、在宅サービスを潤沢に用意する。 52床の特養のベッドのうち4割を超える22床が、在宅高齢者を一時的にあずかる「ショートステイ(短期入所)」。地域には10カ所の ...
【マナビ最前線】医療現場の最前線 進む医療の高度化! 医療に関わる人材に求められていることとは? - 高校生新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば患者が安全で自立した日常生活を送れるように、座る、立つ、歩くなど基本動作能力の回復や障害の悪化を防ぐためのサポートをする理学療法士が、ソーシャルワーカーやケアマネージャーと連携して住宅環境を整えたり、臨床検査技師が検査データからわかる栄養や全身 ...
親の自宅介護が始まった(2) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
Nさんがあとから知ったことだが、全額自費負担を了承すれば、介護保険の認定前から介護サービスを受けられることがある。その後、介護認定が下りれば、介護レベルに応じて8~9割が払い戻される。ただし、該当しなければ全額自己負担。介護のために、仕事を休んだり身体 ...
2015年12月09日()
神奈川区は、高齢者の緊急時に身元確認ができる「おまもりライト」の配布を、12月1日から菅田地区で試行的にスタートさせた。高齢者の徘徊や外出先で急変した際、迅速に身元確認や緊急連絡先への通報ができるよう、菅田地域ケアプラザ協力のもと同地区在住の希望者に ...
街のプラス面やマイナス面が見え、ハードのバリアフリーはもちろん心のバリアフリーにもつながると感じた」。節目を迎えたが、より良い暮らしを探求するのはこの先も変わらない。「福祉に限らず、金沢区の暮らしが幸せになるよう社協と目指していくことを広く伝えたい」と話してい ...
建物は全てバリアフリー設計。居室は車いすで通行できるほど広々した空間。トイレ、洗面所、エアコン、IHコンロなどを完備し、介助スペースも確保できる広大な浴室も魅力。同法人理事長の島村和子さんは「入居されている方の家族や友人も訪問しやすく、よく遊びに来られてい ...
特養の70%近くで人手不足 受け入れ制限も - NHK (媒体での記事掲載終了)
全国の特別養護老人ホームの70%近くで介護職員が不足し、人手不足のため高齢者の受け入れを制限している施設が全国の半数以上の都道府県にあることがNHKが行ったアンケート調査で分かりました。全国で施設の整備が進められるなか、人材の確保が大きな課題となっ ...
認知症の前段階MCI 生活習慣改善で症状回復も放置で発症50% - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
認知症1000万人社会」の到来とともに、「認知症予備群」と呼ばれるMCI(軽度認知障害)患者も急増する見込みだ。現在400万人(2012年)とされる患者数は、MCIの有病率13%(全国推定値)から推計すると、2025年には475万人にまで膨らむ。認知症・MCIの専門医院「 ...
マイナンバー、悩む介護現場 個人番号管理方法は/書類コピー禁止? 国のルール作りに遅れ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道内で20万人以上が利用する介護保険の現場で、マイナンバー制度の個人番号の取り扱いについて疑問が出ている。認知症の人の個人番号をどう管理するのかや、介護サービス利用者の個人番号が記された書類を介護事業者がどう扱えばいいのかについて、国がルールを ...
<人口激減の足音>官民挙げ利活用模索 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
データ上は空き家でも、年末年始やお盆だけ住人が戻ったり、高齢の所有者が福祉施設に入所中だったりと、売却や賃貸が難しい事例もある。 NPOの永井健副理事長は「半分程度は住めると思っていたのだが…。土地として売るのが難しい山間部では、自然に任せて朽ち果てる ...
大介護時代、到来!「ブラック視」され担い手がいない介護業界に、革命児が現れた - 現代ビジネス (媒体での記事掲載終了)
「1億総活躍国民会議」が取りまとめた主な緊急対策は、①GDP600兆円、②希望出生率1.8、③介護離職ゼロの三つだ。 いずれも目標は高く、実現は困難なものばかりだ。「介護離職ゼロ」では、介護サービスの受け皿を50万人分新規整備することになり、そのために特別養護 ...
国民の7割が賛成、フィンランドがベーシックインカム検討の背景 海外は実現に厳しい見方 - ニュースフィア (媒体での記事掲載終了)
北欧の高福祉で豊かな国のイメージがあるが、近年はそれが揺らいでいるようだ。ウェブ誌『Mashable』によれば、同国の失業 ... さらにフィンランドはEUの中でも最も高齢化が進んでおり、これが経済をさらに悪化させる要因となりうる。労働人口は縮小し、生産性は低下。所得税 ...
<診療報酬>「本体」微増方針 財源に高額療養費見直し - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
医療の公定価格である診療報酬の2016年度改定に関し、政府は薬価を除いた医師らの技術料など「本体」を微増とする方針を固めた。財源は患者の自己負担に上限を定める高額療養費見直しで捻出する。国民負担につながるため、具体策作りは来年夏の参院選後とする方針 ...
39歳で認知症と診断されたトップ営業マン - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
仙台市に住む丹野智文さんは2013年、39歳のときに若年性アルツハイマー型認知症と診断された。当時、大手系列の自動車販売会社の営業職で、成績はトップクラスだった。「これでクビになるのではないか」。そんな不安が襲ったが、会社の理解のもと、事務職に移り、今も勤務 ...
「1・17」追悼の竹灯籠作製 上郡の住民13人 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
震災から丸21年となる来年の「-つどい」をめぐっては、毎年竹灯籠を準備してきたボランティア団体「神戸・市民交流会」が高齢化などのため解散を決め、関係者が在り方や改革案を議論。実行員会が来年1月5日まで、竹灯籠で形作る文字を公募している。(杉山雅崇) ...
県内の介護離職 1年で1400人 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
同調査は5年に1度行われ、直近の12年は全国約100万人を抽出して就業状況などを調べ、理由別の離職者数を推計している。それによると、「介護・看護のため」とした離職者は全国で10万1100人。近県では広島県2900人、香川県800人、鳥取県700人などだった。
ほかにも、介護員や居酒屋勤務など異色のキャリアを持つ選手たちがプロの舞台で活躍を誓う。(プロ野球取材班). 「教官」からプロへ. 「マウンドでは“速度違反”しつつ、エンジンストップしないようにしたい」. 12月1日に東京都内で行われたロッテの新入団選手発表会。念願のプロ ...
昨今、路面電車に再び注目されています。見直される理由はいくつかあります。自動車に比べてCO2の排出が少なく、エネルギー効率がよいこと。さらに、バリアフリーな乗り物なので、地下鉄のように階段を延々と歩かせられることがない点が高齢者やベビーカーを押す若いママ ...
ホームヘルプ事業の発展向上を目指して活動する全国ホームヘルパー協議会では、平成27年12月17日(木)と18日(金)の両日、「平成27年度 ホームヘルプの質を高める研修会」を開催する。 開催の目的. 高齢化社会のピークを迎えると言われる2025年に向け、誰もが ...
軌道緑化でさらにエコになる路面電車 都電荒川線が“再チャレンジ” - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
昨今、路面電車に再び注目されています。見直される理由はいくつかあります。自動車に比べてCO2の排出が少なく、エネルギー効率がよいこと。さらに、バリアフリーな乗り物なので、地下鉄のように階段を延々と歩かせられることがない点が高齢者やベビーカーを押す若いママ ...
<法律お助け隊 坂本雅弥弁護士> 認知症の父が暴力 施設「拘束同意を」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
八十歳の父が特別養護老人ホームに入居しています。施設から、父の認知症が進み、他の利用者に暴力を振るうこともあるため、ベッドに縛って過ごすことに同意してほしいと言われました。職員は、安全のためと言いますが、父が気の毒でなりません。拘束を認めざるを得ないの ...
母の在宅介護で苦労した安藤和津 国や職場の支援必要性語る - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
安倍政権は、介護の人手不足と少子化問題の両方に対する政策として「三世代同居」を掲げている。これは、子を育てる親たちがその親世代と一緒に暮らすことを推奨する政策で、増築や購入の際に上限50万~100万円程度の補助金を出すなど、地方ではすでに独自の政策を ...
母の在宅介護で苦労した安藤和津 国や職場の支援必要性語る - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を迎えている日本。家族の介護に追われているという人も少なくないだろう。そして、家庭で介護をすることの大変さは、してみた人でないとわからない。エッセイストの安藤和津(67才)は、母が1998年に脳腫瘍と認知症と診断され、2006年に亡くなるまでの間、壮絶な ...
苗穂駅の新駅舎、エスカレーターないなんて 設置断念に住民反発 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
代わりにエレベーターを当初の11人乗りから15人乗りに変更し、「利便性とバリアフリーに一定の配慮をした」と話す。 計画変更により、JRの負担は当初より2千万円減の約7億円、国と市の負担は7千万円減の約45億円になる見通し。 札幌圏の主要駅にはエスカレーターが ...
「商売の王さま」と呼ばれる障害者集団――コンゴ川の国境ビジネスの展開 戸田美佳子 / アフリカ地域研究 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
こうした世界的な潮流のなかで、コンゴの障害者政策は非常に遅れてきた。1990年代にコンゴ戦争による急激な社会変動に晒されたコンゴ民主共和国(旧ザイール)と、2000年代初頭まで内戦を経験したコンゴ共和国では、公の社会福祉は長く放置されてきた。たとえば、隣国のカメルーンでは、1983 年には「障害者保 ...
NHK障害福祉賞の贈呈式 - NHK (媒体での記事掲載終了)
障害のある人やその家族などがつづった優れた体験記に贈られる、「NHK障害福祉賞」の贈呈式が東京・渋谷のNHK放送センターで行われました。 「NHK障害福祉賞」は、障害のある人やその家族など周囲の人たちの体験や活動を広く知ってもらおうと、NHK厚生文化事業団 ...
骨粗しょう症防ぐ遺伝子を発見 新薬開発に期待 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
これまで未解明だった発症の仕組みを明らかにし、高齢化時代で患者が増えている骨粗しょう症に有効な新薬開発につながると期待されている。 研究チームによると、骨の ... と転んだだけでも骨折する。また、背中が曲がる原因になり、介護が必要な寝たきりになるケースも多い。
“絞ったぞうきん”は運用でまだ絞れる、13%の電気代削減に成功した節電支援策 - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
日本の高齢者人口は増加の一途であり、今後ますます医療、介護、福祉サービスへの需要が高まると見られている(図1)。このような中、介護業界は2015年4月に施行された介護保険改正法による地域医療への転換やコスト構造の変革を求められ、各施設では電気料金の高騰 ...
ネウボラ拠点では、母子保健ケアマネージャーが相談に訪れる人(家庭)の状況に応じてオーダーメイドで子育てに役立つプランを作ってくれます。個別にご家庭の状況をお伺いしながら、家族に合わせたより具体的な支援が得られるという点で、これまでの支援体制ではカバーし ...
高齢者を取り巻く生活問題の解決にスマホを活用 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
高齢者のサポートなど、地域の課題解決のためにスマートフォン(以下、スマホ)を活用する「自治体スマホ連絡協議会」が発足しました。発起人は富山県南砺市長の田中幹夫氏、顧問はふるさと ... 自治体からの連絡や防災情報、災害時の安否確認が可能になるほか、徘徊や寝たきりになっていないかを日ごろ ...
同プラットフォームは、福岡市が保有する医療・介護に関する各種データを集約し、ビッグデータ分析を可能とすると同時に、医療機関・介護事業者間の情報共有などを実現するもの。2015年度に構築を行い2016年度にテスト運用を実施した後、2017年度に本格運用を開始する ...
超高齢化社会が進行するに従い、患者数が増加して経営が潤っている病院ばかりと思うかもしれないが、1月に帝国データバンクが発表した「医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査」によると2000年から14年までの累計倒産数は病院が 113 件、診療所が 226 件。07年を ...
... 認知症高齢者が増加傾向にあることを受け、今回の検証を試みることとなった。ビズロボジャパン提供のIoTを活用した「見守りクラウドロボ」と、セキュアが提供する顔認証「EUREKA」を組み合わせた統合的なサービスで、認知症介護利用者の施設外への徘徊を防止しながら、 ...
地域福祉の担い手育成 大学と連携し「つづき塾」 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 得て地域福祉の担い手育成事業に取り組んでいる。2014年度から開催している講座「つづき塾」には地元住民が受講生として参加している。15年度は「福祉でまちづくりプロジェクト」をテーマに開催。6日は同学部の学生も参加してワークショップを行い、支援が必要な高齢者や ...
2015年12月08日()
45秒に愛が一杯詰まった映像に感動! 認知症の夫が1枚の写真をきっかけに「妻とのある夜」を思い出す展開に涙!! - ロケットニュース24 (媒体での記事掲載終了)
きっと、おばあちゃんは認知症になったおじいちゃんに、少しでも何か思い出して欲しいとアルバムをプレゼントしたに違いない。もうこの時点で、どうにも目がウルウルしてきて止まらなくなってしまったが、二人の愛がいっぱい詰まったアルバムは、明らかに効果があったようだ。
特に生命保険は、高齢になると子どもが独立し、高額な死亡保障は不要になることが多く、見直す必要性が高いといえます。ただ、死後に配偶者が残された場合に経済的に不安があるのなら、ある程度の死亡保障はあったほうがいいでしょう。 別の視点で考えると、人生の終末期 ...
前回、インスリンがあっても効きにくい状態として「インスリン抵抗性」(これは全身の細胞が対象になります)についてご紹介しました。最近、「亡くなった認知症患者の脳を解剖して調べたら、神経細胞にインスリン抵抗性の特徴がみられた」といった研究結果が報じられています。
肉親が認知症になったとき、今のところ、とるべき道は4つに限られる。(1)公営の特別養護老人ホーム(特養)に入居する。(2)民営の有料老人ホームか、サービス付き高齢者住宅(サ高住)に入居する。(3)認知症の高齢者が数人で共同生活を送る、グループホームに入居する。
特養、保育園整備へ取得/世田谷区の公務員宿舎跡地利活用 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
東京都世田谷区は、国家公務員宿舎削減計画に伴う宿舎跡地の利活用を加速させる。保坂展人区長は、8日の定例会見で宿舎跡地について「まとまった形で出てくる土地は今後考えられない」とし、積極的に取得していく考えを表明。跡地利用については「高齢者の受け皿を ...
アルパカよちよちと 金沢 福祉施設に赤ちゃん誕生 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
シェア金沢は、障害児や高齢者の福祉施設を中心に住民同士の交流に重点を置いた「街」として整備されている。アルパカの飼育は、障害児の就労支援の訓練場所の一つとして昨年三月に始めた。 (兼村優希). この記事を印刷する. 中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者 ...
今年の高齢者交通事故死 15%に認知症の疑い - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年の交通事故で死亡した高齢者四十八人のうち、少なくとも約15%にあたる七人に認知症の疑いがあることが、県警の調べで分かった。八日にあった県議会十一月定例会の予算 ... 危険な横断や暗い時間の徘徊(はいかい)中の事故もあった。 伊藤泰充県警本部長は答弁で「 ...
【銀幕裏の声】殺人か、人助けか…“安楽死マシン”に希望者殺到 映画「ハッピーエンドの選び方」から見る“良い死に方”とは - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
イスラエルのエルサレムにある老人ホームで妻とともに暮らす発明好きのヨヘスケル(ゼーブ・リバシュ)は、延命治療に苦しむベッドで寝たきりの友人から、「もう楽になりたい」と言われ、ショックを受ける。さらにその友人の妻から、「夫を楽に死なせてほしい」と懇願され当惑する。
かつて「痴呆症」「痴呆」と言われてきた言葉を政府が「認知症」と言い換えたのが2004年。まだ10年しか経っていない。だが、瞬く間に浸透し、認知症への見方が大きく変わりつつある。 言葉の持つイメージが「偏見」につながる. 「痴」とは「愚かなこと」であり「呆」も「愚か」「鈍い」「 ...
著書に「大都市のひとり暮らし高齢者と社会的孤立」「福祉論研究の地平—論点と再構築」(いずれも法律文化社)、「老人に冷たい国・日本」(光文社新書)などがある。 神奈川県川崎市で今年5月、簡易宿泊所2棟の火災事件(11人が死亡)が起きました。居住していた人の多くは ...
認知症の夫の行動に衝撃 「屋外で露出」妻に匿名手紙 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の夫を介護する愛知県内の女性宅に10月、匿名の手紙が届いた。「おたくの夫が、日中に外で下半身を露出していた。病気でなければ、犯罪に当たる」。女性は衝撃を受け、とりあえず自宅のかぎを2重にして、夫が勝手に外出できないようにした。しかし「ずっとこのままに ...
超高齢化社会が進行するに従い、患者数が増加して経営が潤っている病院ばかりと思うかもしれないが、1月に帝国データバンクが発表した「医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査」によると2000年から14年までの累計倒産数は病院が 113 件、診療所が 226 件。07年を ...
【ダスキン ホームインステッド マスコミセミナー】認知症ケアの最新事情 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
2015年12月7日(月)、株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が展開する公的介護保険適用外の高齢者向け生活支援サービスを提供しているホームインステッド事業では、マスコミの皆様を対象としたセミナー『認知症ケアの最新事情 ~認知症高齢者のQOL ...
新見公立短大生が認知症の人支援 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者の捜索・保護を目的とした「認知症ひとり歩きSOSネットワーク」を導入する笠岡市・地域包括支援センターの高橋望さん(社会福祉士)、認知症に対する市民の理解度を調査している短大地域福祉学科2年小池真包さん(20)、「認知症の人と家族の会県支部」の ...
県災害派遣福祉チーム 研修会 - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
県災害派遣福祉チーム」は東日本大震災で円滑な避難所運営が行えなかったことを教訓に、県や社会福祉協議会などがおととし結成し、現在までに215人がメンバーになっています。メンバーは大規模な災害が発生した際避難所に派遣され、高齢者や障がい者など支援が必要 ...
老人医療費無料65歳以上から66歳以上へ 原村 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
1971年、「70歳以上」を対象に始まった村の老人医療費無料制度は、その後「65歳以上」に拡大。国の制度が変わった後も無料化を維持し、「日本一の福祉の村」を掲げる村の看板政策となっていた。だが、近年の急激な高齢化により、医療費特別給付金の増加が村の財政を ...
【ダスキン ホームインステッド マスコミセミナー】認知症ケアの最新事情 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
2015年12月7日(月)、株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)が展開する公的介護保険適用外の高齢者向け生活支援サービスを提供しているホームインステッド事業では、マスコミの皆様を対象としたセミナー『認知症ケアの最新事情 ~認知症高齢者のQOL ...
厚生労働省は、昨日7日、仕事と育児・介護の両立を支援する制度の改正案を、労働政策審議会の分科会に示して、大筋で了承されました。介護休業は、家族の介護などをするための休みで、家族1人について年5日(2人以上なら10日)取れますが、取得単位が1日で、年5回 ...
認知症サポーター養成へ 講師役が研修(長崎県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
... 家族をどう支援すれば良いかについて講演が行われた。研修には「認知症サポーター」を養成する講座の講師役を目指す介護施設のケアマネージャーらが参加した。佐世保市では2007年から養成講座を始めていて現在7900人の「認知症サポーター」を養成しているという。
「医療費の地域差、半減へ」、改革の指標設定 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
負担能力に応じた公平な負担、給付の適正化」では、2016年末までに、高額療養費制度の見直しや、介護保険の在り方についても議論して結論を出すとし、後期高齢者の窓口負担についても、2018年度までに検討して結論を出すと設定。スイッチOTC化された医薬品の保険 ...
ボランティア団体に助成金 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
生命保険協会県協会(高森大造会長)は7日、手話や傾聴などを行う県内17のボランティア団体に計102万円の助成金を、魚沼市の社会福祉法人「魚沼更生福祉会」に福祉巡回車1台を贈った。 助成事業は、県協会に加盟する生命保険会社22社の社員約5千人から集めた募金を財源に毎年実施している。 新潟 ...
亀田総合病院事件を刑事事件として扱うべき理由 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
安房地域医療センターでの無料・低額診療開始、民間公益活動へのふるさと納税利用の制度化、社会人に安定した雇用を提供するための看護学校創設、看護学生寮への高齢者向け住宅併設、高齢者の人生の重要な決定を支えるワンストップ相談サービスの事業化などである。 ... ところが、2015年5月1日、新 ...
滋賀県大津市は12月1日、同市が運営している市立介護老人保健施設「ケアセンターおおつ」の民営化に向けて、事業者の公募に先立ち、市場調査を実施すると発表した。調査は、アンケート調査とヒアリング調査を併用して実施し、同日付で市ホームページからアンケート調査の ...
同プラットフォームは、福岡市が保有する医療・介護に関する各種データを集約し、ビッグデータ分析を可能にすると同時に、医療機関・介護事業者間の情報共有などを行うもの。これにより住まい・医療・介護・予防・生活支援にかかるサービスを一体的に提供する地域包括ケア ...
無届け介護ハウス 「実態把握し届け出促す」 - NHK (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームにあたるのに届け出を行っていない「無届け介護ハウス」が全国で少なくとも1900件余りに上ることについて、塩崎厚生労働大臣は、実態の把握に努めるとともに届け出を促していく考えを示しました。 NHKは、無届け介護ハウスの実態について全国の県庁所在地 ...
東京都薬剤師会は11月20日、「認知症サポート薬剤師 e-ラーニング講座スクーリング」開催を発表した。今回は、e-ラーニング講座の受講修了者が対象で、スクーリング(面接授業)が行われる。 スクーリングでは、ほかの受講者と意見交換を行うことができ、認知症サポート ...
矢巾町に移転する岩手医大(小川彰理事長)の跡地約2ヘクタールをどう活用すべきか―。岩手日報社が盛岡市中心部で100人にアンケートした結果、「医療・福祉」が21・9%でトップとなった。高齢化が進む中、公共交通が充実した中心市街地に医療・福祉拠点としての機能を ...
認知症を患っていた92歳の母に小刀を突き刺した。 静かになった自宅で、長男(71)は遺体と向き合いながら一夜を明かした。「ごめんな、ごめんな」。大阪府枚方市の自宅で7月、母親を殺害したとして、殺人罪に問われた長男は、大阪地裁の裁判員裁判で「老老介護」の実態を ...
在宅での“床ずれケア”の実用書を電子化! 『新 床ずれケアナビ ONLINE』無料閲覧サービス、スタート - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
超高齢化社会を迎え、在宅における医療・介護ニーズは年々増加傾向にあります。褥瘡(じょくそう※)ケアにおいても、ケア提供場所の急激な拡大に伴い、ケアを提供する医療従事者や介護者の多様化が起きて ... 在宅での「床ずれの実用書」を目指し、在宅介護される家族をはじめ、薬剤師・栄養管理士・理 ...
国土交通省がまとめた「大都市戦略」にみる、大都市の将来像 - HOME'S PRESS(ホームズプレス) (媒体での記事掲載終了)
現代の日本は急速に進む人口減少や異次元の高齢化、首都直下地震や南海トラフ巨大地震をはじめとする大規模災害の切迫とそれに対する都市の脆弱性、グローバルな都市間競争の激化などさまざまな問題を抱えている。社会情勢や経済情勢が大きく変化するなかで、都市政策もそれに相応しいものへと転換 ...
【衝撃事件の核心】「老老介護」破綻 「殺せ!」と叫ぶ認知症母を殺害 長男は「ごめんな、ごめんな」と謝り続けた - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪府枚方市の自宅で7月、母親を殺害したとして、殺人罪に問われた長男は、大阪地裁の裁判員裁判で「老老介護」の実態を吐露した。介護費用は家計に重くのしかかり、身体にむちを打ってアルバイトをしても、「貧困」から抜け出せなかった。たった1人で母を支えた7年の歳 ...
新潟水俣病、審査前の検査枠を倍増 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
岡俊幸・県福祉保健部長は「検診に相当な時間を要している現状を踏まえ新大病院と協議した。認定審査は早ければ良いというもの ... 新潟水俣病阿賀野患者会の酢山省三事務局長は「検査に時間がかかり過ぎれば、高齢者は死んでしまう。枠が増えるのは非常に喜ばしい」と ...
高齢者もおしゃれ楽しく小山で美容師らが講座 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉理美容を活用して地域活性化を図ろうと、小山町は7日、高齢者を対象にしたおしゃれ講座を同町の一色防災会館で開いた。町の介護予防事業「元気塾」に参加している高齢者が、美容師らに本格的なメークをしてもらい、おしゃれやコミュニケーションの楽しさを実感した。
クルーグマン氏の真意は「日銀緩和失敗」なのか 財政政策は27兆円の埋蔵金で (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン教授が、アベノミクスの異次元金融緩和が失敗だったと指摘した-と一部で言われている。しかし、実際に彼のブログを読むとまったく逆で、財政政策も金融政策ももっと積極的にやれと主張している。異次元金融政策の失敗という ...
2015年12月07日()
介護休暇、半日単位で 法改正へ厚労省審議会が報告書案 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や育児と仕事の両立のあり方などを議論していた厚生労働省の審議会が7日あり、年内にまとめる報告書案がほぼまとまった。いまは1日単位の介護休暇を半日単位で取れるようにしたり、長期の介護休業を分割してとりやすくしたりする。 来年の通常国会に法改正案を提出 ...
【オリンピズム】共生社会って何だろう…(7)世界で初めて2度目のパラリンピック開く東京 官・民超えた協働が必要だ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
世界で初めて2度目のパラリンピックを開く東京にとって、高齢化社会を視野にいれた「共生モデル」を世界に示すことがより大切なのではないか。 国土交通省の調査によれば駅・ターミナルの段差解消や障害者トイレの設置、バリアフリー車両の導入は少しずつだが進んできた。
介護離職ゼロ - 宮崎日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護休業制度の取得率は12年で3・2%と低迷している。緊急対策では、複数回に分けての取得を可能にしたり、休業中の給付金を賃金の40%から67%に引き上げたりするなど、休業しやすいように見直すというが、制度だけ整っても上司や同僚らの理解がなければ取得し ...
豊田三郎さん - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
100歳を超えても古里福井市美山地区の杉や足羽川を意欲的に描き続けた洋画家で、福井県内男性最高齢の豊田三郎(とよだ・さぶろう)さんが6日午前10時半、老衰のため福井市内の病院で死去した。107歳。自宅は越前市氷坂町。葬儀・通夜は近親者で執り行う。喪主は ...
介護と少子化問題解決目指す三世代同居 現状に合うか疑問も - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
また、介護の人手不足、少子化の両問題に対する政策として安倍政権が掲げているのが「三世代同居」だ。 少子化対策と聞いて、素朴な疑問を感じたのは東京都の女. 安倍首相が9月24日に発表した新たな三本の矢。そのひとつに「希望出生率1.8」がある。また、介護の人手 ...
そのうえで「関連サービス周辺、たとえば医療分野など」(佐々木氏)に注目しているという。 たとえば、2014年の第1回フクオカ・グローバルベンチャー・アワーズで最優秀賞となったユニバーサル・サウンドデザインの『コミューン』がそれだ。コミューンは高齢者など耳の不自由なひと ...
医師・白沢卓二「糖質制限は認知症の予防にもなるんです」 - dot. (媒体での記事掲載終了)
年を重ねるにつれ、心配になるのが健康。作家・林真理子さんと対談した、『100歳までボケない101の方法』の著者・白澤卓二さんは糖質制限が認知症の予防になるという。 * * * 白澤:僕の周りで糖質制限をしてる人は、ステーキを食べますね。200グラムとか300グラムの ...
選挙権年齢引き下げ、学校出前講座で若者啓発 栃木県選管 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
... 中立性にも気を付けてほしい」と注意を呼びかけた。 同大学校1年の枝野拓未(たくみ)さん(19)は「選挙運動で禁止されていることが分かり、勉強になった。政治は高齢者や福祉にばかりに目がいくが、若者の意見が反映されていない」と投票への関心の高さもうかがわせた。
こうした世界的な潮流のなかで、コンゴの障害者政策は非常に遅れてきた。1990年代にコンゴ戦争による急激な社会変動に晒されたコンゴ民主共和国(旧ザイール)と、2000年代初頭まで内戦を経験したコンゴ共和国では、公の社会福祉は長く放置されてきた。たとえば、隣国のカメルーンでは、1983 年には「障害者保 ...
ロボットやAI、ドローンの開発で存在感増す“技術者コミュニティー” - ニュースイッチ Newswitch (媒体での記事掲載終了)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者や寝たきりの高齢者など、常にそばに介護者がついている必要のある人にとっては、自身で飲み物をとってきたり、床に落ちたリモコンを拾ったりできることは大きな喜びだ。健常者にはささいなことでも毎回介護者に頼まなくてすむ。常勤の介護者 ...
キヤノンMJ、節電支援サービスを医療機関や介護事業者向けに展開 - クラウド Watch (媒体での記事掲載終了)
今回はこのソリューションにおいて、医療機関および介護事業者向けの展開を本格的に実施するとのこと。具体的には、病院や介護施設特有の業務フローや運用を体系化して、節電効果の高いポイントを見極め、効果的な施策や利用者の快適性に配慮した継続的な節電を ...
政府は11月26日、「介護離職ゼロに直結する緊急対策」として、施設整備の拡充と介護サービスを提供するための人材の育成・確保、生産性の向上、高齢者のための多様な就労機会の確保などの目標を定めた。その中の「人材の育成・確保」について、実際の数字を基に私見を ...
「1億総活躍社会」実現に向けた国民会議(11月26日)で打ち出されたアベノミクスの新三本の矢では、介護離職ゼロが主要な目標のひとつとして掲げられている。しかし、そのためには、働き方の改革とともに、現在の介護保険が抱える基本的なジレンマを克服しなければならない ...
川野幸男・津久見新市長に聞く - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
統計データで人口減少や高齢化は分かるが、その実態を肌身に感じた。空き家、空き地が増えている ... さらに福祉・保健・医療、空き家・土地の活用、子育て支援、交通、教育などで、これを一番に―とは言いにくいが、各分野で、できることから始める。すぐには婚活事業を考えて ...
援協会員数、年々減少 10月末で1万人を割り込み - サンパウロ新聞 (媒体での記事掲載終了)
割引廃止後の会員減少は予想されたが、福祉団体の認可が取り上げられては元も子もないので、代わりとして高齢者割引を打ち出した」とし、「代案を打ち出せば大丈夫だろうという思惑があったが、現状を見ると、それも功を奏さなかったと言わざるを得ない」と話した。会員への ...
患者負担の上限引き上げ浮上 70歳以上の医療費 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
2016年度の診療報酬改定を巡り、月ごとの医療費の自己負担に上限を設けた「高額療養費制度」を見直し、患者負担を増やす案が政府内で浮上している。70歳以上の負担を引き上げる内容で、財務省と厚生労働省が検討している。制度改正で浮いた財源は、医療関係者が求め ...
まず薬による治療に関しては、早期の認知機能異常者に対して薬を投与してその効果を検討、研究結果をまとめた、質の高い論文がある。それによれば、アリセプトなどの認知症治療薬を早期に使ったとしても、治療をした群では認知症の進行が遅い傾向にあるものの、統計学的 ...
データは統合して分析しなければ面白くない - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
超高齢化社会に入った課題先進国、日本。人生の最期を「寝たきりや介護を受けて暮らす」人が相当数いる国とも言えます。 この課題に挑もうと提唱されたコンセプトが、IoHH(Internet of Human Health=インターネット・オブ・ヒューマンヘルス)です。IoT(モノのインターネット)の ...
... 仕事の場であり、何世帯かで分業していることも珍しくない、という背景があるのかもしれません。病院の外来でも、「夜叉孫と暮らしている」というお年寄りを時折見かけます。 大家族で暮らしている時には、高齢者がたとえ寝たきりになっても、介護を交代で行うこともできます。
Pepper App / Innovation Challenge 2015 Winterリポート - gooスマホ部 (媒体での記事掲載終了)
開発したダックリングス株式会社の代表・高木紀和氏は、自身の結婚式を寝たきりの祖母にも見せたいという気持ちでプロダクトに着手。視線追跡技術を活用し、ヘッドマウントディスプレイを装着した祖母へ結婚式会場のPepper ... 研究成果を基にした高齢者向けの認知症予防プログラムで、テレビ用のコンテンツを改良。介 ...
日本初の"ムース食"カフェ&デリが東京・銀座にオープン トランジットがプロデュース - WWD Japan.com (媒体での記事掲載終了)
日清医療食品は12月17日、フレンチカフェ&デリ「ニューディッシュ ムース デリ&カフェ(nu dish Mousse Deli & Cafe)」を東京・銀座にオープンする。同店は本来、医療・介護食品である"ムース食"を日本で初めて、ソースやパイの具材に使用する新コンセプトのカフェ。メニューは、 ...
【みんなの介護】特別インタビュー企画『賢人論。』に、元東京都知事の猪瀬直樹氏が登場! - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
株式会社クーリエ「みんなの介護」(運営:株式会社クーリエ/所在地:東京都品川区)は、老人ホーム・介護施設の検索サイトとして、紹介可能物件数・ユーザー数・PV数はもちろん、見やすさや使いやすさなど、あらゆる面で業界No.1(※楽天リサーチ調べ)を走り続けるサイトです ...
高齢者うつ病は認知症になりやすく合併する人が2~3割 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
平成23年の厚生労働省の調査で、65歳以上の患者数は約28万人。うつ病患者全体の29%である高齢者うつ。身体の不調に隠れたり、認知症と判別が難しいため見逃されやすいため、発見はひと苦労。 めまいや発汗、耳鳴り、胃痛、頭痛、しびれなど、身体の不調かと思われる ...
“片付けられない親”に悩む人が増加 心を傷つけずに物を捨てさせる対処法は - ウートピ (媒体での記事掲載終了)
家のあちこちにモノを置いていると、上からモノが落ちてきてケガをしたり、躓いて転倒・骨折して寝たきりになってしまったりする場合もあり、大変危険です。安全・安心・健康の3つを守るうえでも、高齢者こそ正しい片付け方を身につける必要があります」(長野裕香さん) ...
認知症グループホーム(GH)の防火安全対策を考える研修会が6日、愛媛県松山市持田町3丁目の県総合社会福祉会館であった。日本認知症GH協会理事の ... 佐々木氏は2013年に長崎市の認知症GHで高齢者ら5人が死亡した火災などを紹介。消防への通報や避難誘導が ...
介護殺人 加害半数が「不眠」 (媒体での記事掲載終了)
【みんなの介護】特別インタビュー企画『賢人論。』に、元東京都知事の猪瀬直樹氏が登場! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
みんなの介護」(運営:株式会社クーリエ/所在地:東京都品川区)は、老人ホーム・介護施設の検索サイトとして、紹介可能物件数・ユーザー数・PV数はもちろん、見やすさや使いやすさなど、あらゆる面で業界No.1(※楽天リサーチ調べ)を走り続けるサイトです。介護や高齢者の ...
介護休業見直しのイメージ 総務省の調査(2012年)によると、仕事を続けながら家族などの介護を行っている人は291万人で、働いている人(6442万700人)の約4.5%に当たる。一方、家族の介護を理由に仕事を辞める「介護離職」は、1年間で10万1000人(11年10月~12年9 ...
東京国際空港ターミナル(TIAT)、日本空港ビルデング(JAT)、日本電信電話(NTT)、パナソニックは12月3日より、世界初の情報ユニバーサルデザイン高度化の共同実験を国際線旅客ターミナルで開始した。 同実験は、2020年に向けて訪日外国人の増加や少子高齢化のさらなる ...
キヤノンMJ,医療機関及び介護事業者向けの節電ソリューションを展開 - インナビネット (媒体での記事掲載終了)
日本の高齢者人口は2025年には2200万人に増加すると推計されており,今後ますます医療,介護,福祉サービスへの需要が高まると見られている。このような中,介護業界は2015年4月に施行された介護保険改正法による地域医療への転換やコスト構造の変革を求められて ...
フランスの医療と介護(4) - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
在宅入院連盟(L'hospitalisation a domicile)エリック・ジネジー事務局長サンテサービス(民間非営利のHAD事業社最大手)ミシェル・カルモン代表お二人からお話をお聞きしました。 □HAD(※1)の診療サービス「在宅入院」という名称からは医師が連日訪問するイメージがある ...
医療機関及び介護事業者向けの節電ソリューションを展開 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本の高齢者人口は2025年には2200万人に増加すると推計されており、今後ますます医療、介護、福祉サービスへの需要が高まると見られています。このような中、介護業界は2015年4月に施行された介護保険改正法による地域医療への転換やコスト構造の変革を求められ ...
「生きた心地がしない…」高額療養費制度の見直し案浮上に、不安が広がる - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
見直し案の具体的な内容はまだ決まっていないが、70歳以上の高齢者で優遇されている自己負担限度額を70歳未満の基準に合わせることなどが想定されているという。 負担増による世論の反発を避けるために、具体的な見直し内容の決定は参院選後に先送りされる見通しだ。
10人に1人の高齢者うつ病、認知症に間違えられやすい - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
落ち込んでいるのか、虫の居所が悪いだけなのか、それとも病気なのか。「高齢者うつ」は身体の不調に隠れたり、認知症と判別が難しいため見逃されやすい。 「高齢者うつ病の有病率は、おおむね10%前後。10人に1人以上の高齢者はうつ病になっているわけですから、決して ...
奈井江町立病院にサ高住 人口減、病床減に対応 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
財源は療養病床転換支援費補助金を道に要望している他、同町が策定中の「CCRC構想」の柱に位置付けることで、国の地方創生に関する交付金も期待している。 道は高齢化率や人口推計などを基に、中空知の2025年の必要病床数を現在の24%減と試算。現在、10年後の ...
東京福祉大学の栗原久教授がカフェインと健康の関係について講演しました。コーヒーなどに含まれるカフェインを摂取すると、肌の .... だいたい健康な人で2.5〜4.5時間に半分になるわけですが、高齢者はもっと長くなります。未熟児はもっと長いです。だから妊婦さんはコーヒーを ...
介護と少子化問題に対する政策「三世代同居」 女性が案外支持 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
家族の介護のために仕事を辞めざるをえない介護離職者は、年間10万人。仕事を続けながら介護を続ける人はもっと多く、約300万人いるといわれている。一方で、認可保育所に入れない待機児童数は2万3167人(今年4月時点)。出産・子育ての不安が大きいことが少子化に ...
町立病院にサ高住 北海道・奈井江町、医療と在宅介護一体 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
同病院は、2階に慢性期患者の入る医療療養病床(20床)と、介護保険が適用される介護療養病床(30床)、3階に一般病床(46床)がある。改修で一般(18床)と医療療養(32床)を2階に置き、3階を単身者向け7室、夫婦向け9室のサ高住とする。介護療養は廃止する。
65歳を境に障害者の自己負担9倍 介護保険優先維持で - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は11月27日、障害福祉サービスの利用者が65歳になり介護保険サービスの利用に移った結果、自己負担が約9倍に増えたとする調査結果(中間報告)を明らかにした。同日の ... 障害者総合支援法の見直し議論では、高齢障害者の問題が大きな論点になっている。
医療、介護関連の求人サイト 医師協力でオンライン病気事典 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医療、介護関連の求人サイトを運営するメドレー(東京)は、医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY(メドレー)」で、病気に関するさまざまな情報を分かりやすくまとめ、提供している。 事典には現職医師約290人の協力のもと、約1400の病気と約2万件の医薬品の情報を ...
上田昭弘さん、料理店主着想 13日の最終審査へ - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
町全体を学びの場とし、農業の担い手不足解消や企業の特許取得、福祉の充実などにつなげる試みだ。 コンテストは内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 ... 応募者は人口減少、少子高齢化など五つのテーマから選ぶ。自治体の現状や課題についてリーサスを使って産業、 ...
2015年12月06日()
徘徊高齢者情報を共有 前橋市と2警察署が連携協定 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症で徘徊(はいかい)する高齢者の安全を守ろうと、前橋市と前橋、前橋東の両署は、情報共有による連携協定を結んだ。 警察に捜索願が出された高齢者の情報を、市が防災ラジオやメール配信サービスで流して市民への周知、協力を呼びかける。徘徊歴がある高齢者の ...
(2)民営の有料老人ホームか、サービス付き高齢者住宅(サ高住)に入居する。(3)認知症の高齢者が数人で共同生活を送る、グループホームに入居する。(4)在宅で介護する。 どの道を選んでも、それなりの出費は避けられない。だが今後、認知症という「カネ食い虫」から逃れること ...
加藤電機は2015年11月20日、東京・台東区で「広域ロボット検索システム」を使った認知症の徘徊者捜索実験を実施した。広域ロボット検索システムは、同社の「SAN(Security Alliance Network)フラワー見守りサービス」を応用したもの。認知症患者に送信機である「SANタグ」 ...
日本版CCRC構想 高齢者の地方移住を促進 イメージ戦略が課題 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
CCRCとは、特別養護老人ホームなどの既存の福祉施設とは大きく異なり、健康なうちから地方に移住して作る新しいコミュニティーのことだ。移住後は地域社会に溶け込み、就労や社会活動、生涯学習など生きがいを持って生活する。年齢を重ねて、介護が必要になった場合に ...
若者の正社員増加、4~9月の比率71.8% 介護など採用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
正社員の若者が増えている。15~24歳の働く人(学生を除く)に占める正社員の割合は2015年4~9月に71.8%と前年同期より0.7ポイント上がった。比べられる02年以降では最高で、人手不足に悩む医療・介護や製造業で増えている。年功序列や終身雇用の「日本型雇用 ...
パレア若狭10周年 福祉と文化両立欠かせぬ - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉・健康部門にはデイサービスセンターのほか、高齢者が一時的に宿泊できる生活支援ハウス、訪問介護の拠点となるヘルパーステーション、エアロビクスなどの運動ができるフィットネスルーム、子供の遊び場キッズルーム、離乳食講習などが行われるキッチンスタジオなどが ...
夫婦別姓 世論調査で賛否大きく分かれる - NHK (媒体での記事掲載終了)
また、世代によって意見が大きく異なっていることについては「高齢の世代は、自分たちのこれまでの生活を否定する意見を持てないので、理解できないのではないか。一方、働いている男性や女性から見ると個人の呼称、自己の人格の象徴として、氏名を捉える人が多くなって ...
高額療養費制度など見直しへ 歳出抑制案 - NHK (媒体での記事掲載終了)
それによりますと、最も歳出規模が大きい社会保障費を巡って、医療費の自己負担に上限を設けている高額療養費制度を来年末までに、現在、自己負担が原則1割になっている75歳以上の高齢者の医療費の窓口負担を3年後までに、それぞれ見直すことを目標に掲げています ...
高額療養費制度に関しては、政府の経済財政諮問会議の専門調査会が4日に公表した歳出抑制に向けた工程表案で「関係審議会で具体的内容を検討し、28年末までに結論を得て、その結果に基づいて速やかに必要な措置を講ずる」と明記。70歳以上の高齢者で優遇されて ...
【無料】介護に役立つアイデア集(1)を発行 - アイデアニュース (媒体での記事掲載終了)
まず第1弾として、介護が劇的にラクになる「自動体位変換エアマット」などのご紹介です。このPDFは「0円」で販売していますので、どなたでも無料でご購入いただけます。コピーしたり、印刷したりしての配布も自由にしてくださって結構です。(有料会員向け部分はPDFには含ん ...
佐賀の吉野ケ里町に高齢者カフェ 町社会福祉協 [佐賀県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
1人暮らしの高齢者が外出するきっかけになればと、吉野ケ里町社会福祉協議会は1日、高齢者向けの交流施設「すずめカフェ」を同町目達原に開いた。 町社協はこれまでは月に一度、公共施設で高齢者交流の場を設けてきた。カフェは空き家を借りて開設。職員が常駐し、 ...
牧師の小窓(5) 福江等 - クリスチャントゥデイ (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者の暴言・暴力や徘徊など、いわゆる“周辺症状”の対応に悩む医療や介護の現場で、“ユマニチュード”と呼ばれるフランス生まれのケアを導入する動きが広がっているそうです。 「見つめる」「話し掛ける」「触れる」「立つ」を基本に、“病人”ではなく、あくまで“ ... 入浴のたびに大声を上げていた認 ...
「無届け介護ハウス」 全国に1900件余 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護が必要な高齢者が増え続けるなか、法律で義務づけられた届け出を行わないまま空き家などに高齢者を入居させ介護などのサービスを提供する、いわゆる「無届け介護ハウス」が全国で少なくとも1900件余りに上ることが、NHKの取材で分かりました。専門家は「行政の ...
高齢者向けマンション 密室性が高まる中で虐待が生じやすい - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
今年2月、東京都北区の高齢者向けマンションで発覚した認知症高齢者への虐待事件はその典型といえる。 入居する認知症高齢者ら数十人を、提携する診療所の医師の指示でベッドに縛りつけていた。事件について、ある自治体の福祉担当職員は言う。 「表向きは高齢者向け ...
... に参加するための審査を12年7月に受け、ボランティア犬としてデビュー。今では、目印の黄色いバンダナを首にまき、散歩中に登下校中の小学生を見守る防犯パトロールに毎日出動する。週に4回は高齢者の福祉施設のセラピーや小学校の愛護教室にも出かけ、大忙しだ。
ナース座談会「オネエ患者が病室プレートをキャサリンに変更」 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
以前、混合病棟に勤務していたころは認知症で徘徊する高齢患者が少なくなかったんですが、トイレに付き添っていたらいきなり首を絞められて壁にガンと押さえつけられた。たまたま通りかかった看護師長が止めに入ってくれたんですけど、歯形が残るほど腕を噛まれてしまって。
避難計画不安消えず 川内原発(鹿児島)再稼働ルポ - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
川内原発から1キロほどの場所にあるグループホーム「お多麻さんの家」(薩摩川内市)には高齢者ら18人が入居している。施設は県と連携して避難計画を作り、避難先を車で1時間半ほどかかる鹿児島市にある特別養護老人ホームとした。ただ、海沿いや山沿いの道路が避難 ...
認知症の悩み話し合う場を提供 由利本荘のNPO - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
秋田県由利本荘市のNPO法人が、認知症の人とその家族が気軽に話し合えるサロンを毎月開いている。テーブルを囲み、紅茶やケーキを味わいながら互いの体験談に耳を傾ける。少しでも気持ちを和らげ、悩みの解決の糸口を見いだしてもらおうという趣旨だ。 2年前に東京・ ...
20日、バリアフリーテーマに講演会 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPOバリアフリーネットワーク会議(沖縄市)の親川修代表が、自身が沖縄県の那覇空港や国際通りに設立した「しょうがい者・こうれい者観光案内所」などを例に、災害時に誰でも安全に避難させるための心構えや工夫の数々を紹介した。 親川代表は「入り口のバリアフリーはもはや当たり前。大事なのは出口」と指摘 ...
シャレにならない介護危機〜急増する「老人ホームもどき」、行政は見て見ぬフリ - 現代ビジネス (媒体での記事掲載終了)
昨今、「高齢者向け」と謳いながら、自治体に対して無届けのまま運営する「老人ホームもどき」(無届け介護ハウス)が後を絶たない。 厚生労働省によると、その数は全国で961ヵ所(2014年10月末現在)。「空き家や賃貸マンションがあるから高齢者に貸したい」などと、安易な発想 ...
HAMOLOは、子供の安全対策や認知症高齢者の徘徊による行方不明などへの対策として、2015年4月より見守り位置検索サービス「キンセイ」を開始。子育て中の保護者や教育機関、高齢者を介護する家族、介護・福祉施設事業者らを手助けし、地域と連携した安全・安心な街 ...
認知症「早期発見を」 福島医大公開講座、取り組み紹介 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
福島医大は5日、福島市で公開講座「福島県認知症医療最前線」を開いた。講演したあずま通りクリニック(福島市)の小林直人院長は、認知症の予備軍とされるMCI(軽度認知障害)に当たる人が全国で400万人いるとされることを紹介し、「MCIの約半数が認知症に移行すると ...
2015年12月05日()
東京国際空港ターミナル、日本空港ビルデング、NTT、パナソニックの4社は、羽田空港の国際線および国内線旅客ターミナルにおいて、12月3日より世界初の情報ユニバーサルデザイン高度化の共同実験を開始すると発表。デモンストレーションが行われた。 この共同実験は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される ...
全国の老人ホームで、不明朗な契約で損失受ける事例が多発 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
老人福祉法、介護保険法に照らしても違法の疑いが強く、山田さんは行政への告発も考えている。同様の被害は枚挙にいとまがない。 厚生労働省が平成25~26年にかけて行った『高齢者向け住まいに関する意見交換会』では、自治体から以下のような事例が報告されている。
エーザイ、新薬開発 がん・認知症に特化 他分野売却へ交渉 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイはがん分野と認知症などの神経分野に新薬の開発を集中し、他の分野で開発中の品目を全て売却する方針を固めた。2015年度内に売却先を固めるため、複数の製薬会社と交渉に入った。売却で数百億円の資金を確保できる見通しで、主に研究開発に使う。
「私、働きたいんです」 生きがいもう一度 認知症社会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
静岡県富士宮市の石川恵子さん(52)は48歳のとき、アルツハイマー病と診断された。今はグループホームでパート職員として働く。給料は月約7万2千円。障害年金約7万円を合わせ、市内に住む母親の手助けを得て暮らしている。「お給料があるから生活できる。みんながいる ...
認知症でも「おれはおれ」 若年性患者 静岡の佐野さん講演 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県認知症フォーラムが五日、金沢市鞍月の県地場産業振興センターであった。県内の介護・医療関係者ら約四百人は、認知症患者の佐野光孝さん(67)=静岡県富士宮市=や妻明美さん、支援者の稲垣康次さんから、認知症にやさしい地域づくりのヒントを得た。(飯田樹与).
働きやすい介護職場へ 県が本年度から認定証で就職後押し - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
深刻な人手不足となっている介護業界への就職を後押ししようと、県は本年度から「介護事業所人材育成認証評価事業」を始める。研修制度や処遇改善など人材育成への取り組みを評価し、働き続けやすい職場環境を備えた施設に認定証を発行する。高齢福祉課の担当者は「 ...
岩盤規制の打破へ二の矢、三の矢を放て - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
千葉県成田市で、国際医療福祉大学が2017年4月に医学部を新設する計画が認められた。東日本大震災の復興目的で特例的に ... しかし鉄道やバスのない地域でうまく使えば、高齢者や外国人観光客などの需要に応えられる公算が大きい。政府は解禁の結論を出すべきだ。
エーザイ、がん・認知症薬に特化 他分野売却へ交渉 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイはがん分野と認知症などの神経分野に新薬の開発を集中し、他の分野で開発中の品目を全て売却する方針を固めた。2015年度内に売却先を固めるため、複数の製薬会社と交渉に入った。売却で数百億円の資金を確保できる見通しで、主に研究開発に使う。
しめ縄販売して活動費に、上毛町の「東上ひまわり会」 独居高齢者ら初の試み - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
世話人で民生委員の松本二三年(ふみとし)さん(67)によると、当初はお茶を飲みながら会話するだけだったが、講話を聞くために役場や社会福祉協議会の職員、駐在所の警察官を招くなど活動は広がった。ときには輪投げにも興じ、今月に行われた町内18のいきいきサロン ...
介護など担う外国人 仕事で感じたことは - NHK (媒体での記事掲載終了)
EPA=経済連携協定に基づいて日本を訪れ、介護現場などで働いている外国人が、日々の仕事の中で感じていることを日本語で発表するコンテストが開かれ、心温まるエピソードや苦労話などが紹介されました。 このコンテストは、EPAに基づいて介護福祉士や看護師の資格の ...
認知症予防などにコミュニケーションロボット導入 上越市の「桑の里」 - 上越タウンジャーナル (媒体での記事掲載終了)
相手を認識して名前などを記憶でき、自発的に会話することもできることから、認知症予防のための話相手やレクリエーション用に導入する施設が増えつつある。 桑の里では、デイサービス開設から今年で7年目を迎え、目先を変えたレクリエーションを取り入れようと導入を決めた ...
認知症の徘徊を想定して長洲町で捜索訓練 - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が徘徊したことを想定した捜索と声かけの訓練が5日玉名郡長洲町でありました。長洲町では認知症の高齢者を地域で支えていこうと毎年、訓練を重ねていて5日は約40人が参加しました。訓練は認知症の高齢者が行方不明になったという想定で、地区に5人の ...
王培安国家衛生と計画生育委員会副主任は4日、青島で開かれた全国医療福祉連携事務会議で「現在、中国は高齢化の高速発展期を迎えている。第13次5カ年計画の期間は、中国が2回目の高齢化ピークを迎える前の安定期となるため、医療資源と福祉資源の連携政策を ...
「頭が悪くなる」はホントだった? テレビっ子は“認知症予備軍” 1日3時間以上の視聴で悪影響 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
研究チームは“老いる”ことと関連づけて考えられてきた認知症を食い止める方策について、「若い頃から考えるべきだ」と指摘、視聴時間の削減といった生活習慣の健全化を促している。 □25年間、3000人を追跡調査. 調査結果はサンフランシスコにある退役軍人医療センターの ...
個性的な漫才で人気だったあしたひろしさんの訃報に悲しみの声多数 - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
ひろしさんに順子が「私がこの人のマネージャーです。ケアマネージャーなんです」などとけしかけ、それをひろしさんが「それが余計だってんだよ」と返すなど、イジりスタイルが定着し、老若男女に人気となった。 特に「男はあなたひろし」、「女は君さ順子ぉ」、「切なさが胸に来る」と2 ...
バリアフリー化推進を 坂井・阪神電鉄会長が講演 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
... にとって身近で親しみやすいのでは」と紹介した。 今後は生産年齢人口の減少が予想されるが、「鉄道会社には、鉄道ネットワークの利便性向上による交流人口の増加や、バリアフリー化など高齢者が安心して出掛けられる環境づくりなどが求められている」と熱弁を振るった。
配信日時:2015年12月5日(土) 12時20分 - Record China (媒体での記事掲載終了)
2015年12月4日、韓国企画財政部が2060年までの長期財政見通しを発表し、低成長、高齢化、社会保険支出の増加といったリスクに適切に対応しなかった場合、45年後、国債残高がGDP(国内総生産)対比100%に迫るという厳しい見方を示した。韓国・ニューシスなどが伝え ...
経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均(2016年115.4%)より低いが、韓国は高齢化のペースが速く、福祉支出が急速に増えている。さらに選挙が行われるたびに票を意識した政界の福祉対策が相次げば、国家債務は管理不可能なレベルになることも考えられる。
豊浦の豊和会がグループホーム整備、障害者の自立支援 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人豊浦豊和会(豊浦町大和、矢島勉理事長)は、町内船見町に障害者が共同生活するグループホームを整備する。国が障害 ... 山本家弘統括施設長は「障害者も高齢化が進み、保護者が他界するなど、自立した生活を送る環境づくりが求められている」と話している。
<仙台東西線>全駅・車両でバリアフリー - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を見据え、仙台市地下鉄東西線はバリアフリーを重視したのが特長だ。障害のある人やお年寄りに配慮し、各駅構内と車両に工夫を凝らした。 車いす利用者が使いやすいよう、券売機の位置を低くし自動改札機の幅を広げた。大型の「ひろびろトイレ」も全駅に最低2 ...
2015年12月04日()
本来はケアマネージャーが同席して、どのような介護が必要なのかプランを練るのが当たり前です。そうでない施設では、要注意です。 また、入居費用の安さを強調しすぎる施設も危険です。そういうところは介護保険をぎりぎりまで使って、入居者を介護漬けにすることで収益を ...
介護や自立に活用 大分市に福祉用具展示場 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
大分市明野東の県社会福祉介護研修センターでは、高齢者や障害者の介護や自立を助けてくれる福祉用具約1600点を展示している。センターでは「これだけの数、種類の充実した施設は全国でも数少ない。気軽に訪れ、使い勝手などを体感してほしい」と活用を呼び掛けている ...
政府が4日、2060年までの「長期財政見通し」を発表し、初めて事実上の“社会保険料引き上げ”を主張したのは、高齢化時代に入るにつれ、社会保険財政の見通しが暗くなったからだ。 ... もちろん、社会保障負担が少ないからといって、必ずしも福祉が脆弱なわけではない。
福崎町長選、6日投開票 財政健全化など争点 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
会社経営者である宇崎氏は、民間感覚を前面に「物流センターなどを誘致し若者の雇用創出、税収増につなげる」などと主張する。 木村氏は若者や高齢者、障害者ら「誰もが暮らしやすい町」を打ち出し、福祉の充実や交通弱者対策、教育環境整備などを訴える。 町議補選には ...
玉島署員が一座結成 事故防止訴え - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
高齢者の相次ぐ交通事故に歯止めをかけようと、来春退職予定の玉島署交通課員3人が“一座”を結成し、寸劇による交通マナー講習会を開いている。交通畑を歩んできた3人は在職中で最後の務めと位置付け、事故防止に役立つポイントを発信、「事故で大切な人を突然亡くす ...
一般家庭で老猫引き取り 二つ目の家でも幸せ - sippo(シッポ) (媒体での記事掲載終了)
高齢の飼い主が飼い続けられなくなったペット。もとの飼い主から、別の一般家庭に引き取られて大切 ... 一人暮らしをしている息子の同僚の義母(80)が、アミを飼っていたのだが、認知症が進んで老人福祉施設への入居が決まった。そのため、あきこさん親子が引き取ったのだ。
健康コーポレーションは2015年12月3日、子会社でパーソナルトレーニングジムを運営するRIZAP(ライザップ)と、介護ロボットの開発などを手掛けるネクスグループが業務提携すると発表した。ネクスグループと協業関係にあり、特別養護老人ホームを運営する善光会の協力を ...
フランスの医療と介護(3) - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
①SSIAD(身体介護)+レスパイトにて在宅療養を支援②認知機能が低下してきた場合→メモリー外来→症状に応じてデイケアや日帰り病床→長期療養病床・アルツハイマー病床(40床)へ。病院としてはデイケアを上手に使うことで在宅療養期間を長くしたいと考えている。
認知症サポート医 静岡県内5町で依然「空白」 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府が全国の全市町村での設置方針を決めた「認知症初期集中支援チーム」で、中核を担う認知症サポート医の県内での養成が遅れている。認知症サポート医が一人もいない自治体も賀茂地域を中心に5町に上り、県は「体制整備は急務。空白域は早く解消しなければ ...
介護送迎車がスリップ 2人死亡3人けが - NHK (媒体での記事掲載終了)
4日朝、北海道佐呂間町で、介護施設の送迎車がスリップして対向車線にはみ出したところに別の車が突っ込む事故があり、送迎車に乗っていた80代の男性2人が死亡したほか、男女3人が重軽傷を負いました。3日夜の低気圧による雨の影響で、当時路面は凍結し滑りやすい ...
桜坂の結婚式場、葬祭場に生まれかわる - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
建築主は(株)積善社(ユウベルグループ企業)で、設計者は大旗連合建築設計(株)。着工予定は2016年2月となっている。 近辺に他社葬祭場が2カ所あるものの、同所在地は、地下鉄七隈線桜坂駅から徒歩10分圏内とアクセスも良い。4人に1人が高齢者という時代を迎え、終 ...
宮崎県日向市は12月から、医師と介護の専門家がチームをつくり、高齢者宅を訪ねて認知症の早期発見や介護の助言をする取り組みを始める。お年寄りが住み慣れた自宅や家族と暮らし続けられるよう支援するもので、市によると県内の市町村では初めての試みという。
国の債務 2060年にGDPの62%に - KBS WORLD Radio News (媒体での記事掲載終了)
それによりますと、経済成長率は下落を続けるものの、少子高齢化で福祉費用が増え続けるため、現在GDPの40%にあたる国の債務は、2060年に62.4%にまで増える見通しだということです。 ただ、財政支出を毎年10%ずつ減らす「歳出の構造調整」を行う場合、2060年の国の ...
ふくおかFG、遺品整理を代行 相続対応の拡充で - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が相続対応を拡充する。故人の遺品整理サービスを全国の地方銀行に先駆けて始めるほか、高齢者の安否を携帯端末を使い見守るサービスでセコムと提携する。高齢化で増えるサービス需要に銀行でワンストップで対応できる体制を整え、相続を切り口としてオーナー層や富裕層 ...
羽田空港の国際線旅客ターミナル(以下、国際線ターミナル)は、建設時から、空港内設備においてユニバーサルデザインの実現に積極的に取り組んできた。2010年の開業以降も、何度も改良を重ねてきたという。国際線ターミナルの運営事業を手掛ける東京国際空港ターミナル( ...
ロボットスーツで介護楽々 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
体の動きを補助するロボットスーツ「HAL」を使った介護技術の実習講座が3日、新潟市中央区鐙西1の新潟テクノスクールで開かれた。県内の介護士ら36人が参加してHALを腰に装着し、ベッドであおむけになった高齢者役を起こす動きを体験した。 在職者向けに年に3回開か ...
昨日の夕飯何食べたっけ?は物忘れ 誰と食べたっけ?は認知症 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
今や予備群も含めると860万人(2012年)、65歳以上の4人に1人が認知症とされる時代だ(厚労省推計)。初期段階の認知症の“サイン”として重要視されているのが物忘れだ。ただし認知症による物忘れと、老化による物忘れは全く別物だという。国家公務員共済組合連合会立川 ...
病院だけでなく介護施設や保育所でも看護師需要が増し、人材確保が課題となっている。資格を持ちながら自身の育児や介護などで職を離れている“潜在看護師”の復職支援に向け、両立しやすい働き方が広がり、静岡県ナースセンター(静岡市駿河区)は職場紹介、ブランクに ...
旅行会社各社も余裕のあるスケジュールを組んだり、バリアフリーのサービスを提供したりするなど年齢に配慮した旅を用意している。ただ、加齢とともに体力は低下するもの ... 旅なかまは、介助が必要な高齢者が車いすで参加できるツアーだ。平成20年のスタート以降、利用者は ...
介護事業者、もし倒産したら? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設に通ったり、自宅でサービスを受けたりと介護事業にもいろいろあります。なかでも有料老人ホームに一時金を払ってずっと暮らせると思っていた場合は、業者に「事業を続けられなくなった」といわれても困ります。 業界団体の全国有料老人ホーム協会によると、いきなり退去を ...
同会は、今後、認知症患者やその家族、医師へアンケートを行い、認知症治療薬の副作用について調べる方針だという。 認知症治療薬の副作用には、怒りやすくなったり、歩行障害などがあり、「抗認知症薬の適量処方を実現する会」は、患者にあった適切な量と使用を訴えていく ...
無料で介護福祉士の国試対策 リクルートがウェブサイト「ケアトレ」を開設 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
リクルートキャリアは10月30日、介護福祉士の国家試験対策ができるウェブサイト「ケアトレ」を開設した。スマートフォンやパソコンなどを使い、厳選された過去問題を無料で解くことができる。 サイトは自身のメールアドレスやフェイスブックアカウントを登録すると利用できる。
日本原病院(津山市日本原)が、ご当地グルメのホルモンうどんを、かんだり飲み込んだりするのが難しい高齢者でも食べやすい「嚥下(えんげ)食」にアレンジしたレシピを考案した。実際に作ったホルモンうどんを部材ごとにムース状にして固めており、風味をそのまま楽しめると入院患者から ... ホルモンうどんは ...
総社市は3日、2016年度から10年間のまちづくり指針となる第2次市総合計画案で掲げた都市像「岡山・倉敷に並ぶ新都心 総社~全国屈指の福祉文化先駆都市~」の実現に向け、市幹部と有識者の計25人による全国屈指福祉会議を設置した。 高齢者支援▽医療体制 ...
認知症支えよう、小山・豊田中で養成講座 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【小山】認知症サポーター養成講座が3日、豊田中で開かれ、1年生57人が認知症を患う人との接し方などを学んだ。生徒たちは受講後、認知症について正しく理解した証として、オレンジリングを受け取った。 国が進めるサポーター養成の一環。市で中学生を対象にした養成講座は ...
<仙台東西線>バス大規模路線再編6日開始 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
折り返し便は従来通り「電力ビル前」に止まるため、行き帰りで異なる経路になる。 市は昨年2月、現行の4206便を3700便に減らす再編案を示したが、各地の市民説明会で批判が噴出。廃止予定区間を復活させるなどして便数を3979便とし、減便幅を約500から225に圧縮したが、高齢者の間には「乗り継ぎは負担だ」との ...
2015年12月03日()
加藤電機と愛知県の半田市役所は12月1日、認知症高齢者の行方不明捜索訓練を実施した。 加藤電機の「SANフラワー見守りサービス」を使った実証訓練で、認知症サポーターによる本格的な行方不明捜索が行われた。 「SANフラワー見守りサービス」は、プラチナバンドと ...
渋谷区は、12月1日、「平成27年度渋谷区認知症フォーラム~認知症へのアプローチ~」を開催することを発表した。 なお、このイベントは、12月23日(水・祝)、文化総合センター大和田の1階~4階を使用して実施される計画だ。 定員は500名. 当日15:30~17:30まで4階さくら ...
横浜市鶴見区医師会で在宅部門総括責任者(訪問看護師、ケアマネジャー)をしている栗原美穂子さんが、ベッドサイドでの足浴とマッサージ、ひげそりのための工夫、耳が遠い高齢者とコミュニケーションをとる場合に使えるキッチンの廃棄物利用をアドバイスしてくれました。
最近は公的補助などもあって、バリアフリーに改築する人も増えています。しかし、やはり結構な金銭的負担を強いられることになりがちでしょう。「家の中の段差を何とかしたい」と思っていても、すべての段差を無くすのはなかなか実現が困難といえそうです。 高齢になると、たとえ ...
老老相続時代 認知症で遺産分割の現場が混乱 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が亡くなり、その故人の遺産を同じく高齢の相続人が引き継ぐ――。現代の日本では、このような「老老相続」が珍しくなくなってきました。それに伴い、老老相続に典型的なトラブルも増加してきているように感…
「認知症カフェ」全国に600カ所、関心あれば誰でも - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症のお年寄りや家族などが集う「認知症カフェ」が全国で広がっている。お茶を飲みながら困りごとなどを語り合い、専門家のアドバイスも受けられる。運営側は認知症について正しく理解してもらおうと、当事者以外の人にも「来店」を呼びかける。カフェはどういう仕組みなのか ...
認知症 楽しく情報交換 七尾で12日 カフェオープン - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者や家族、地域住民が集って悩みを相談したり情報を交換したりする「認知症カフェ」が十二日、七尾市内で初めて開催される。同市袖ケ江町の多機能型事業所「ぱいんの家」を会場に、来年三月までに月一回の計四回を予定。住み慣れた地域で安心して暮らし続ける ...
地方創生「金沢に先進的モデル」 福岡・内閣府副大臣が視察 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
内閣府の福岡資麿(たかまろ)副大臣が三日、地方創生の取り組みの視察で金沢市若松町の福祉交流施設「シェア金沢」などを訪れた。 シェア金沢は、障害児や高齢者の福祉施設を中心に温泉やスポーツ教室、学生向け住宅などもそろえ、高齢者らの自立や地域住民との交流 ...
有料老人ホームで受けるサービスのすべてに介護保険からの支給があるわけではありません。要介護度に応じて認められるサービスは決まっています。それ以外にも職員が買い物や散歩などに同行してくれることもあります。こちらは介護保険の対象外で、全額自己負担になり ...
寒河江市丸内の寒河江小学校3年、川島和香菜(わかな)さん(9)と弟の1年、匠(たくみ)くん(7)が、同居する認知症の祖父(83)への思いをよんだ川柳が、同市が実施した「さがえ認知症ほほえみ川柳コンテスト」で「子ども川柳賞」を受賞した。一緒に遊ぶ時の楽しさや、外に出て ...
救急隊の心肺蘇生「止めてもよい」3割近く NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
末期がんなど終末期の人が心肺停止状態になった場合、本人が蘇生を望まず、かかりつけの医師なども同意していれば救急隊は蘇生を止めてもよいと決めている消防本部が、全国21の政令指定都市などの3割近くに上ることが分かりました。専門家は、高齢者などの間であらかじめ終末期の対応を示しておくリビングウィルが広がるなか、救命を第一に考えてきた救急隊も対応が求められる時期に来ていると話しています。 その結果、広島市...
羽田空港、ITで多言語対応や情報バリアフリーを目指す「情報UD高度化の共同実験」 - トラベル Watch (媒体での記事掲載終了)
TIAT(東京国際空港ターミナル)とJAT(日本空港ビルデング)、NTT、パナソニックは、訪日外国人観光客や高齢者、障害のある人をターゲットとし、音、光、画像、無線などの最先端情報技術を活用した、世界初の情報UD(ユニバーサルデザイン)高度化の共同実験を、12月3日 ...
高齢者捜索で県警嘱託犬の出動増 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者の徘徊(はいかい)による行方不明が頻発する中、捜索に当たる「岡山県警嘱託犬」の出動が近年増加傾向となっている。他のケースも含めた行方不明者の捜索で今年出動した件数(11月末現在)は222件と、10年前(2005年)の2倍以上。県警は向こう10 ...
やさしい手、GPSから位置情報の提供を行う生活支援「いまどこちゃんサービス」提供開始 - IoTNEWS (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者が徘徊して自宅への道が分からず行方不明になることを防ぐために、小型GPS端末をレンタル。またこの小型GPS端末を所持するために、小型GPS端末を収納できるケアシューズを用意。 もし行方不明になった時には、パソコン、タブレット、スマートフォン、フューチャー ...
3日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で神田うのが、認知症を患う高齢者の自動車運転について「いい迷惑」と声をあげる一幕があった。 番組の「あなたの知らないセケン」のコーナーでは、高齢者ドライバーが連日引き起こしているという交通事故を取り上げた。 10月、宮崎 ...
嘱託警察犬の技術を競う訓練競技会 - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
認知症による徘徊などで高齢の行方不明者が増加するなか、警察犬の需要は増していますが、普段は家庭で育てられている嘱託警察犬のなり手不足に歯止めがかからないといいます。犬種では全国初の警察犬になり話題となったミニチュアダックスフントのベッキーのように全国 ...
総社市を全国屈指の福祉都市に - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
総社市は3日、2016年度から10年間のまちづくり指針となる第2次市総合計画案で掲げた都市像「岡山・倉敷に並ぶ新都心 総社~全国屈指の福祉文化先駆都市~」の実現に向け、市幹部と有識者の計25人による全国屈指福祉会議を設置した。 高齢者支援▽医療体制 ...
群馬・高崎市で不明の認知症男性、市が貸出のGPSで発見 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
群馬県で、行方がわからなくなった認知症の高齢者が、警察に保護されました。高崎市が貸し出したGPSを身に着けていたため、居場所が判明したということです。 保護されたのは市内に住む80歳の男性で、2日午後、外出した後、行方が分からなくなっていましたが、家族から ...
臭いに鈍感だと認知症になる危険性が高い!? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Piotr Marcinski - Fotolia.com. 認知症の症状のひとつとして嗅覚障害が知られています。今回の研究では、軽度認知障害とアルツハイマー型認知症の発症を予測する指標として、嗅覚を測定することが有効であるか ...
独居高齢者などに対する灯油の配送について. <ご質問>: タンクではなく、18リットルポリ容器など ... 容器での配送を行っていると認識しています。 上記以外にも、福祉灯油や価格抑制に係る行政への問題提起や緊急避難場所の暖房の状況について、意見交換を実施しました。
インターネットインフィニティー、『一億総活躍に向けた「介護離職ゼロ」に対するケアマネジャーの意識調査』 - 日本の人事部 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護関連メディア事業を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、運営するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネジャーを対象に、政府方針に対する考えと、現場の実態についてアンケート調査を ...
「隠れ育休」や「隠れ介護」。周りができることって? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
休暇を取って産後の妻をサポートしたい。介護が必要となった家族に寄り添いたい…。日本では、支えなくてはいけない家族がいる人に対し、一定日数の休暇を取得することができる制度が設けられています。 でも残念ながら、こうした制度を実際に活用できているのはごく一部。
安心できる旅情報を提供 札幌駅にバリアフリー案内所開業 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者、子ども連れの観光客に安心して旅行してもらうため、車いすの貸し出しやバリアフリーの情報を案内する「北海道ユニバーサル観光センター・札幌」が3日、JR札幌駅構内にオープンした。 福祉団体などでつくる北海道ユニバーサルツーリズム推進協議会が、道の ...
「日中独居高齢者」家族と同居しているのに孤独死!一人暮らしより受けにくい介護サービス - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
ケアマネージャーとして介護の現場を経験している淑徳大学の結城康博教授は「介護というのは家族がある程度やっていくものだ、家族がいれば十分で、社会保険サービスでやる必要がないという考え方が制度に残っています」と話す。 しかし、家族や雇用のあり方は昔とは変わっ ...
RIZAP株式会社による株式会社ネクスグループとの業務提携および社会福祉法人善光会との介護プロジェクト開始のお知らせ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
今般、国内最大級の複合福祉施設を運営し、CYBERDYNE株式会社のロボットスーツHAL(R)をはじめとした介護ロボット導入や、株式会社ネクスグループとも介護ロボット開発で協業を行うなど先進的な取り組みを行う、社会福祉法人善光会の協力のもと、高齢者が安心して ...
談合情報で入札を中止 石巻市 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
福祉総務課が市の登録業者の中から他市で実績のある10社を選んだ。 談合情報は11月30日、市にはがきで ... 管理システムは、災害時の避難に支援を要する高齢者や障害者らを管理し、地図上に位置を表示させる機能がある仕様という。 関連ページ: 宮城 社会. 2015年12 ...
空港の情報ユニバーサルデザイン高度化の共同実験を開始 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
... 高齢者などの空港を起点とした移動を、最先端情報技術の活用により安心・便利にサポートしていくことを目指し、訪日外国人とユニバーサルデザインを同時に対象として、「音」「光」「画像」「無線」等による最先端情報技術を活用した、世界初の情報ユニバーサルデザイン高度化 ...
... 高齢者などの空港を起点とした移動を、最先端情報技術の活用により安心・便利にサポートしていくことを目指し、訪日外国人とユニバーサルデザインを同時に対象として、「音」「光」「画像」「無線」等による最先端情報技術を活用した、世界初の情報ユニバーサルデザイン高度化 ...
健康コーポレーション---RIZAPによるネクスGとの業務提携、善光会との介護プロジェクト開始へ - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・障害者支援施設等を運営し、CYBERDYNE社のロボットスーツHALRをはじめとした介護ロボット導入など先進的な取り組みを行っている社会福祉法人善光会の協力のもと、介護施設へ低糖質フードの提供やRIZAPトレーナーによる安全で効果的な介護メソッド等、高齢者 ... また ...
介護用ベッド贈呈式 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
県内の自動車販売店が地域福祉に役立ててもらおうと、高齢者などが使用する介護用ベッド2台を県社会福祉協議会に寄贈しました。日産プリンス大分販売と労働組合は、社会貢献活動の一環として1995年から毎年福祉器具を寄贈しています。今年は介護用ベッド2台が、県 ...
1人気と2人気と3人気の間に食い込むスペースは、今年もありそうだぞ。 - netkeiba.com (媒体での記事掲載終了)
ステイヤーズSは、ユニバーサルでバリアフリーなレースだ。3歳も4歳も高齢馬もセン馬もみんな同じようにやって来る。なんでも来いのオールカマーよりもオールカマーなレースだ。 1人気成績 4-1-1-4 馬券圏内率6割。連対率5割。 ユニバーサルなレースとしてちょーどいい成績に ...
大館市立病院、認知症治療の県北拠点に 県指定センター開設へ - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
秋田県の大館市立総合病院(舘岡博院長)は来年度、県北の認知症治療の中核となる県指定の「認知症疾患医療センター」と、急性期治療後の患者を受け入れる「地域包括ケア病棟」を開設し、地域医療の強化を図る。開設時期はセンターが来年10月、ケア病棟が同4月。
介護職のマイナスイメージをなくし、人材育成を図ることを目的に、鳥取県内の老人福祉施設などで構成する県老人福祉施設協議会が初めて開いた。中、西部の中学でも予定している。 ロボットを提供した大和ハウス工業ロボット事業推進室の宮本興主任が、呼び掛けに反応し ...
ミャンマーから介護人材 福祉事業会社3社が派遣会社設立 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉事業を手掛ける「笑顔いちばん」(岐阜県各務原市那加雄飛ケ丘町、山口専太郎社長)は、北海道と福岡県の同業2社とミャンマーに、介護人材を日本へ派遣する合弁会社を設立した。介護現場では人材不足が深刻化しており、国が来年度にも外国人技能実習制度の ...
親の自宅介護が始まった(1) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
親の介護は急に始まる。病院に入院していれば、まだ介護の準備期間はある。だが、自宅で動けなくなると、介護する側や本人の心の準備が整わない。すぐに入居できる施設は簡単には見つからず、その間、自分たちで対応する必要がある。昨今、妻も自分の親の介護で忙しい。
2015年12月02日()
笑顔招く舞い1周年 大田の日本舞踊サークル「翔の会」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
大田区の日本舞踊サークル「翔(しょう)の会」が、高齢者施設を訪問して舞踊を披露するボランティア活動でお年寄りとその支援者らに喜ばれている。先月、活動を始めて一周年を迎えた。メンバーは「うれしそうな顔を見られるのが何よりのやりがい。仲間を増やして活動を広げ ...
11月に東京であった全国の介護事業所が取り組み事例を発表する「介護甲子園」決勝大会で、愛媛県松山市安城寺町のグループホーム「ルンビニー」が最優秀賞を受賞した。ホームでみとった利用者に行う「最期の入浴ケア」が評価され、岡本将宗ホーム長(31)は「取り組みに ...
その理由は、高齢になり寝たきりになった場合、取り外しができる入れ歯の方が洗浄しやすく、飲食後の口腔内を清潔に保つには適切なケースもあるからだ。その上でインプラントのメリットの1つとして、途中で入れ歯に変更してもしっかりと固定できる点が上げられるという。
介護報酬を不正受給 介護事業所の代表を刑事告訴 神戸市 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同事業所はほかにも、24年4月~27年6月、移動支援を提供したにもかかわらず、「居宅介護」を行ったとする嘘の書類を市に提出し、338件分の介護給付費計約200万円を受け取るなどしていた。市は過去5年で、計約9400万円を不正に請求したとみて、返還を求めている。
中山に「認知症カフェ」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
中山地域ケアプラザは、近年増加傾向にある認知症の人とその家族へのサポートを強化するため、今回の「オレンジカフェ」の開所を決めた。ケアマネージャーや地域包括支援センター職員と市の養成研修を受けたボランティア(認知症キャラバン・メイト)などが協力して実施する。
17位のヤフーでは、社員の傷病や家族の介護など万が一の場合に備え、有効期間を過ぎた年次有給休暇を「積立年休」として積み立てることができるという(最大30日)。「子どもが小学校を卒業するまで、1日の所定労働時間を5時間までに短縮する制度もある。「産休および、 ...
業績悪化から大規模な店舗リストラに加え、主力3事業の1つだった“虎の子”の介護事業の売却も余儀なくされた。平成28年3月期連結決算でようやく3期ぶりに最終黒字を確保できる見通しになったが、主力の外食事業は価格やメニューの対応でもちぐはぐさが目立ち、本業の ...
入居を待つ人も非常に多いので、順番待ちの手続きをして、リハビリをするための「老人保健施設」(老健)を探すのがいいでしょう。老健は有料老人ホームほどは高くありませんが、一般的には3カ月程度しかいられません。老健も順番待ちが多いので、並行して有料老人ホームも ...
介護ロボット最前線を報告、ニ足歩行ロボ応用のウェアラブル装置も実演:「Health 2.0 Asia - Japan」レポート - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
介護ロボットや歩行支援装置など、ヘルスケア分野においてはロボット技術が進化を続けている。2日目のセッション「Robotics 2.0」では、介護ロボットの現状と今後について、ロボット研究開発の第一人者が講演した。介護ロボットの例として、歩行支援装置のデモも披露された。
認知症に認定看護師 県内初の教育課程 高崎健康福祉大 - 上毛新聞ニュース (媒体での記事掲載終了)
高崎健康福祉大(高崎市)は来年度、認知症の高齢者に対する看護の専門知識と技術を備えた「認知症看護認定看護師」を養成する教育課程を開設する。認知症の高齢者は増え続けていて、認知症看護に明るい人材の育成が必要と判断した。 日本看護協会が認定する県内初 ...
「体不自由な人の役に」尼崎の町工場がアイデア商品 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
... で簡単に取り外しができるスライド式の衣類用ボタンを開発した。大手家電メーカーの下請けとして、長年培ってきたプラスチック加工技術を生かした“自社第1号”のアイデア商品で、「体が不自由な人の暮らしに役立てたい」と福祉関係の衣料品業者などへの販路開拓に力を入れている。(石川 翠) ... ボタンホー ...
手作りの温かさ伝わる絵手紙123点 加東で展示 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年12月に81歳で亡くなった同市上久米の山本敏子さんが20年にわたって描き続けた。山本さんはボランティアグループ「青い鳥」のメンバーで、同市社会福祉協議会が一人暮らしのお年寄りらに弁当を届ける給食サービスに毎月1回、絵手紙を添えていた。 「青い鳥」は阪神・淡路大震災の起きた1995年、旧社町 ...
会話を工夫し認知症ケア 「老いの風景」の渡辺さんが体験基に小説 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の進行に気付いたのは三年ほど前。郡上市の民生委員が「鍵をよくなくし、回覧板が回せない。認知症ではないか」と電話をくれた。急いで実家に戻ったが、敏子さんはいつも通りで信じられなかった。しかし、冷蔵庫の中を見ると、腐った漬物や凍った糸こんにゃくがいくつも ...
機械などで代替できる確率が高い職業 低い職業 - NHK (媒体での記事掲載終了)
... 演奏家、グラフィックデザイナー、ケアマネージャー、経営コンサルタント、芸能マネージャー、ゲームクリエーター、外科医、言語聴覚士、工業デザイナー、広告ディレクター、国際協力専門家、コピーライター、作業療法士、作詞家、作曲家、雑誌編集者、産業カウンセラー、産婦人 ...
老人ホームの名義貸し詐欺で男の逮捕に密着 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
老人ホームの入居権をめぐるトラブルの解決金名目に高齢者から現金をだまし取ったとして犯行グループの男が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕 .... を始める。 県内の自動車販売店が、社会貢献活動の一環で、佐伯市と豊後高田市の社会福祉協議会に介護ベッドを贈呈する。
介護報酬改定で事業所の69%が経営悪化 鹿児島県内 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島県は2日、介護事業者を対象に実施した2015年度の介護報酬改定に対するアンケートで、「経営が悪化した」と回答した事業所が69%に上ったことを明らかにした。県議会本会議で、県民連合の桃木野幸一議員(姶良市区)の代表質問に、古薗宏明保健福祉部長が答え ...
介護事業所の69%、報酬改定で経営悪化 鹿児島県内 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島県は2日、介護事業者を対象に実施した2015年度の介護報酬改定に対するアンケートで、「経営が悪化した」と回答した事業所が69%に上ったことを明らかにした。県議会本会議で、県民連合の桃木野幸一議員(姶良市区)の代表質問に、古薗宏明保健福祉部長が答え ...
新見で入退院支援ルール策定 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
お年寄りの退院後の生活や療養を切れ目なく支援するため、新見市内の医療・介護従事者らが連携し、「新見地域入退院支援ルール」を策定した。医療機関と介護事業所の間で情報の引き継ぎが徹底されず、退院後の介護サービス再開に時間がかかるなどの課題が生じており、 ...
認知症の妻と生きる 「閉じ込めたくない」夫の苦悩 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
ニュース23のシリーズ「命をつなげる」。認知症と生きる夫婦を取材しました。認知症による徘徊(はいかい)などが原因で行方不明になる方は年々増え、2年前、1万人を超えて、さらに増え続けています。妻が徘徊する不安。その現実と向き合い続ける夫がいます。動画でご覧 ...
受動喫煙防止条例を提案 美唄市、制定なら道内初 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
学校や高齢者施設などの公共施設は敷地内または施設内を禁煙とするよう施設管理者の努力義務を盛り込んだ。喫煙者は学校の校門を ... 五回の会合を経て、市保健福祉部は「受動喫煙による健康への影響や条例の目的について理解が深まった」とする。 高橋幹夫市長は「市 ...
介護、災害対策も注目=国際ロボット展開幕 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
産業用から家庭向けまで多彩なロボットを集めた「2015国際ロボット展」が2日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。今回は過去最大規模の446社・団体が出展。介護の重労働を支援するリュック型の補助スーツや、災害時に人の入れない場所で作業する人型ロボット ...
介護疲れ心中 逮捕の三女、生活苦かひと回り痩せていた - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
県警深谷署は23日、川岸で救助された三女の無職・波方敦子容疑者(47)を母・ヨキさんの殺害容疑と父・慶秀さんへの自殺幇助容疑で逮捕。 「母が約10年前から重い認知症で介護に疲れた。生活苦で貯金もない。年金もない。仕事を辞めた父が“死にたい”というので、車で川に ...
グループホームかざぐるま」では、今年6月頃30代の男性職員が共同スペースの和室で、80代の認知症の男性に両足を押さえつけるプロレス技「4の字固め」などの虐待を行っていたことが、30日までに分かった。男性にはケガは無かった。 他にも20代の男性職員が、別の認知症 ...
認知症やALS、大切なのは道徳か - Medエッジ (媒体での記事掲載終了)
認知症やALSなどの神経変性を伴う病気の人にとって、アイデンティティーを失わないためには道徳がポイントとなるようだ。 自分は誰か? 米国のエール大学とアリゾナ大学の研究グループが、サイコロジカル・サイエンス誌2015年9月号で報告したもの。 研究グループによると、 ...
過去最多ペース……入居した老人ホームが倒産したらどうすれば? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
老人ホームでの事故、売却や倒産など気になるニュースが続いています。商工リサーチの調査によれば、2015年1~10月の「老人福祉・介護事業」の倒産は62件に達し、過去最多のペースで推移しているそう(前年同期比34.7%増、前年同期46件)。 もし、入居した施設が倒産 ...
国際ロボット展 介護サポート型や災害対応ロボットなどに注目 - fnn-news.com (媒体での記事掲載終了)
2年に一度開かれる「国際ロボット展」が、東京都内で開幕した。介護サポート型や、人が入れない場所で活躍する災害対応ロボットなど、最新の技術に注目が集まっている。 「2015国際ロボット展」には、過去最大規模の446社が出展し、工場用から、福祉や農業の現場など、 ...
介護離職ゼロは無理。やれることを最大限やっていきましょう。 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
介護離職ゼロ」実現のための具体策として、 在宅や施設による介護サービスの受け皿を、2020年代初頭までに40万人分増やし、都市部での特別養護老人ホームの運営要件の緩和や、用地確保が難しい地域での空き家を活用した施設整備などが掲げられています。
深谷・介護疲れ心中 逮捕された三女「生活苦で貯金もない」 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
でも、お母さんの介護サービスを申請したばかりだったし、お父さんは1週間後に首の手術をする予定だったのに、なぜ、それを待たずに一家心中なんて考えてしまったのか……」(前出の主婦). 深谷市稲荷町の無職・藤田慶秀さん(74)と妻ヨキさん(81)と判明した。県警深谷署は23 ...
【出展者に聞く!】 介助者の負担の軽減が 老老介護に安心を与える (株)オフィス・ラボ - 展示会とMICE (媒体での記事掲載終了)
オフィス・ラボは「新価値創造展2015」に、同社が展開する“みんなで創る福祉家具のブランド”スマイルケアを出展した。 なかでも注目を集めていたのは、自立促進・腰痛予防に効果の高いラバーウッド製の「カチェットチェア90」(=写真)で、座面が回転するため、立ち座りの介助 ...
老親の介護負担の実態 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
①公営の特別養護老人ホーム(特養)②民営の有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)③数人で共同生活を送るグループホーム④在宅介護。施設利用で最も負担が少ないのは特養だ。医療・介護事業をサポートする会社を運営する中村聡樹(さとき)氏によると「介護 ...
NEDO事業の成果をもとに、WHILL(株)が開発したパーソナルモビリティ「WHILL Model A」が2015年度グッドデザイン大賞を受賞しました。 受賞した製品は、従来の電動車椅子とは一線を画すデザインで、障害のある方、高齢の方にも使い易い、ユニバーサルデザインをベース ...
徘徊高齢者SOSネットワーク事業 早期対応へ情報共有 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一関市と平泉町の「徘徊(はいかい)高齢者SOSネットワーク事業」合同設立会議は1日、市役所で開かれた。同事業では、徘徊の可能性がある高齢者らの情報をあらかじめ家族らが市町に登録し、関係機関が情報を共有。当該高齢者らの行方不明時に、関係機関が連携し「多く ...
場所は東京都千代田区大手町の日経ホールにて、2015年12月6日13:00~15:35に開催される。なお当日は、谷村新司氏によるビデオメッセージや、谷村新司氏の長女である谷村詩織氏による応援ライブもおこなわれる。当日は、認知症ねっと編集部もイベントの取材に参加する ...
2015年12月01日()
放射線医学総合研究所(千葉市)などのチームは、頭部だけを精密に検査できるヘルメット型の陽電子放射断層撮影装置(PET)を開発したと発表した。実用化されれば、認知症の早期診断などに役立つとしている。 全身を検査する従来のPETは、感度を上げるために放射線検出 ...
那覇市テンブス館が介護施設向け公演 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
那覇市ぶんかテンブス館はこのほど、介護福祉施設の利用者らを対象にした伝統芸能公演をテンブスホールで実施した=写真。今年で6年目。沖縄県内の各福祉施設から入居者・利用者200人以上が来場し、うちなー芝居や琉球舞踊を楽しんだ。 3日も昼の部で介護施設向け ...
[認知症初期支援] 早期対応の体制整備を - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人を早期に診断し、適切な治療や介護を受けられるようにする「認知症初期集中支援チーム」の普及が思うように進んでいない。 政府は国家戦略の「新オレンジプラン」で、2018年4月までに全ての自治体に設置する方針を打ち出している。だが、15年度中に設置・設置 ...
卒業後も・・高校生との縁つなぐ 川俣で初の「心縁祭」 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【日光】少子高齢化や人口減少が進む栗山地域の川俣地区で、地域活性化に取り組む市内の高校生グループのメンバーに卒業後も活動を続けてもらおうと、同地区の「元服式」を模した「心縁祭(しんえんさい)」が29日、川俣集会所で初開催された。企画した川俣自治会の平英一(たいらえい ... をどう継承する ...
ロボ普及、中小にも−感染回避・品質均一・味高まる、効率化の枠超え - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
中小企業のほか高齢者福祉などサービス産業でロボットが採用されている。 中小企業がロボットを利用するケースが増えてきた。ショーモン(さいたま市見沼区)は5月に新設した産業廃棄物処理工場に焼却処理施設へドラム缶を搬送するロボット2機を導入した。廃棄物の搬送や ...
行政の支援があれば… 介護者支える「ケアラーズカフェ」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護者を支援する常設の「ケアラーズカフェ」が経営難に直面している。介護の悩みをいつでも相談できる場所として頼りにされているが、運営関係者は「熱意だけでは支えきれない」と、行政などからの支援を求める。 十月中旬、愛知県春日井市のケアラーズカフェ「てとりん ...
ロボットスーツ技術は医療用にもテロ対策にも有効 - Sputnik 日本 (媒体での記事掲載終了)
それゆえ重病者や高齢者の介護を軽減する器具や、そうした人達が自分で歩くのを助けるような仕事は、実用科学的開発において非常に重大な方向性を持っています。高齢者や寝たきりの病人に対する医療やケアは、現在、ロボットを使う意味のある極めて重要な分野です。
その結果、最初に糖尿病と診断された人は糖尿病でなかった人に比べて、認知症およびアルツハイマー病を発症するリスクが2倍あるということが判明しました。さらに、インスリンで治療している糖尿病の患者さんはリスクが4.3倍と高まりました。この結果から、糖尿病は認知症 ...
入居者にプロレス技・犬のような名 介護事業所を処分 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県福山市は1日、介護事業所「グループホームかざぐるま」で、管理者だった男性が認知症の入居者に虐待をしていたと発表した。プロレス技をかけたり、犬のような名前で呼んだりしていたという。市は1日、施設に対し、新規入居者の受け入れを半年間停止させる行政処分を ...
ヘルスケアMが優待制度 無料介護相談や体験入居 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームをはじめとしたヘルスケア施設に投資する不動産投資信託(REIT)のヘルスケア&メディカル投資法人は1日、投資主(株主に相当)への優待制度を導入すると発表した。保有する施設の運営会社を通じて、介護に関する無料相談や無料体験入居を提供 ...
広島の介護事業所、高齢者にプロレス技で虐待 - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
広島県福山市は1日、同市御幸町の介護事業所「グループホームかざぐるま」で4月以降、施設管理者だった30代の元男性職員が、認知症の80代男性にプロレス技の「4の字固め」をかけるなどの虐待をしていたと発表した。 市は介護保険法に基づき、運営会社「リブネット」( ...
虐待があったのは、福山市御幸町の介護施設「グループホームかざぐるま」。施設などによると、今年4月と5月、当時、施設の管理者だった30代の男性職員が、80代の認知症の男性にプロレス技の「4の字固め」をかけ、虐待したという。福山市に虐待の情報が寄せられ、内部 ...
NHKスペシャル制作者がニコ生で実況、介護危機語る - ウオーカープラス (媒体での記事掲載終了)
みんなのニュース」(毎週月~金昼3時50分、フジテレビ系)などで知られる津田大介司会の下、NHK報道局社会部の堀家春野副部長、同局社会番組部の丸岡裕幸ディレクター、東北大学大学院の白川泰之教授が、番組の見どころと“介護危機”問題について詳しく語る。
高齢者にプロレス技 広島のグループホーム - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県福山市は1日、同市御幸町の介護事業所「グループホームかざぐるま」で4月以降、施設管理者だった30代の元男性職員が、認知症の80代男性にプロレス技の「4の字固め」をかけるなどの虐待をしていたと発表した。 市は介護保険法に基づき、運営会社「リブネット」( ...
認知症男性に「4の字固め」 ストレス発散で虐待 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
広島県福山市によりますと、介護事業所「グループホーム かざぐるま」で今年4月と5月、管理者の立場にあった30代の男性介護福祉士が80代の認知症の男性に「4の字固め」をかけ、虐待しました。「言葉で言っても徘徊(はいかい)をやめてもらえなかったストレスのため」としてい ...
偽造介護ヘルパー修了証発行 資格取得講座運営会社元社員を書類送検 警視庁 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
架空の介護研修を実施し、受講者に偽造した旧ホームヘルパー2級の修了証を発行していたとして、警視庁新宿署は、有印私文書偽造・同行使容疑で、資格取得講座の運営会社「ヒューマンアカデミー」(東京都新宿区)元社員の男(42)を書類送検した。 ヒューマン社は平成19 ...
認知症のために補うべき栄養素はあるか? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Ocskay Mark - Fotolia.com. 食事やサプリメントで認知症を予防できるかがよく話題になりますが、効果が確かなものはあるのでしょうか。欧州臨床栄養代謝学会の国際チームによって、認知症と栄養についての新しい ...
交通系ICカードなどの残額も音声で通知する機能も有しているため、紙幣だけでなく、交通系や流通系のICカードの残額も簡単に確認できます。 NEDOは、今後も福祉用具の実用化開発を推進し、高齢者や障害者の積極的な社会参加(ノーマライゼーション)を支援し、豊かさを ...
ホンダは30日、定年を現行の60歳から65歳に延長することで労働組合執行部と基本合意したと発表した。グループ6社の従業員約4万人が対象。また育児・介護に関する制度も充実し、シニアや女性ら多様な人材の活躍を促す。2016年度中の実施を目指す。 国内の自動車 ...
高齢化が進めば経済が縮小するという言葉通り、過去に例を見ないペースで進む高齢化が日本に厳しい未来を突きつけている。このロジックに従えば、高齢者は非生産的で年金や医療の資源を浪費する存在であり、一方で労働や収入、消費、納税を通じて成長にほとんど貢献 ...
大阪府にご在住のS様の旦那様は、認知症となった奥様の介護に困り、悩んだ時に、ケアマネージャーの紹介でホームインステッドと出会いました。認知症ケアの専門教育を受けたホームインステッドのスタッフのおかげで、S様の症状も緩やかになり、家族も笑顔で過ごせるように ...
高齢者が健康に暮らし続けられる住宅へ。URの「健康寿命サポート住宅」を見てきた - HOME'S PRESS(ホームズプレス) (媒体での記事掲載終了)
こうした状況に対応すべくURは、団地内への医療福祉施設等の誘致や、高齢者が安全に住み続けるために必要な居住環境「健康寿命サポート住宅」の整備、また、多様な世代の支えあいが可能なコミュニティの場の提供といった「地域医療福祉拠点」の形成を推進している。
社会貢献、都内で表彰 兵庫から4個人・団体 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会貢献支援財団(安倍昭恵会長)は30日、障害者福祉や児童養護、被災者支援などで功績があった49の個人・団体を東京都内で表彰した。 ... の課題を考える「望海地区在宅サービスゾーン協議会」(明石市)▽35年以上にわたって重度心身障害児(者)や家族と運動会などで交流する「神戸市立住吉中 ...
転職会議は11月30日、育児・介護の休暇制度が充実している企業のランキングを発表した。同ランキングは、同社が運営しているサイトに寄せられたクチコミに基づくもの。 今回、同率で第1位にランクインしたのは資生堂、ルネサス・エレクトロニクス、イケア・ジャパン、ケイ・ウノ。
首都圏と同じくベッドタウンとなっている地域や工業団地があり多くの労働者を抱えている地域などは、人口構成が比較的若く、高齢化が進めば医療や介護は急速に逼迫してくるだろう。 一方、中部圏では、愛知県が厳しい状況になることが予想される。特に医師不足、介護難民の ...
三大都市圏について2030年時点での「医師不足」と「介護難民」の危機レベルを2次医療圏ごとに示した。2次医療圏とは、厚生労働省が医療法にもとづき、入院ベッド数などに応じて複数の市町村を1つの単位にまとめたもの。これからは、ほかの2次医療圏と比較して、医療需要 ...
丸井今井小樽店跡に新施設 病院・サ高住きょう開業 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【小樽】旧丸井今井小樽店と旧小樽グランドホテルの閉店後、明かりの消えていた小樽市稲穂1の商業ビル跡地に1日、医療福祉系の2施設がオープンする。地元のサンモール一番街 ... 敷地のうち、北側にサービス付き高齢者住宅(サ高住)を建設した。南側は小樽掖済会病院の ...
一方、中部圏では、愛知県が厳しい状況になることが予想される。特に医師不足、介護難民のいずれも最高レベルの「V」になったのが「豊田市、三好町」だ。愛知県は人口構成が若かったため、病院の受け入れ能力はほぼ全域で全国平均を下回る。介護施設の余裕も少なく、 ...