介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年11月30日()
高齢者が1人で食事をとる「孤食」のさまざまなリスクが明らかになってきた。1人きりのために栄養バランスがおろそかになり、食への楽しみも薄れがちだ。その結果、体力が衰えて介護が必要になる手前の状態「フレイル(虚弱)」に陥りやすくなる。要介護状態にならないために、 ...
これから日本は世界でも前例のないスピードで高齢化が進む。そのとき大きな課題となるのが「医療」と「介護」である。これにどう備えるか。その有力な選択肢の1つが、老後移住である。 2014年7月、安倍晋三首相は、「まち・ひと・しごと創生本部」に関する記者会見で「大都市圏 ...
介護離職ゼロ 人材確保が何より重要だ - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護で離職する人は年間約10万人とされ、多くは働き盛りの40~50歳代、大半は女性らしい。というのも公的色彩が強く割と低料金の特別養護老人ホームは、特に都市部を中心に52万人のお年寄りが入居を待つ人気ぶり。希望がかなわずやむなく退職する人も多い。
漫画で分かりやすく「終活」サポート 横須賀市が手作りのリーフレット - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在は三人が登録しているが、市の調査では生活保護を受けている一人暮らしの高齢者は約千九百人おり、周知が課題。市広報紙に掲載したほか、お年寄りと接することが多い民生委員や福祉関係者にも協力を呼びかけている。ただ、死生観に通じることなので、口頭で直接 ...
しかし、風邪といった軽度の病気ならともかく、入院の必要なほどの病気や長期療養の必要な病気となれば、別の問題も発生します。それは、「お金」という ... 病気の悪化や高齢により介護が必要となった場合も同じです。特に介護は、長 ... 一生涯の医療費とはいえ、かなりの高額でしょう。また、生涯医療費 ...
高齢者ドライバー加害者親族 認知症検査は机上の空論と語る - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
私たちが認識している以上の速さで、父の認知症は進行したようです。私たちが認知症と向き合う速さ以上に症状が進んでしまって…いや、もしかしたら父は自分の症状がわかっていたのかもしれませんね…。どうして私たちが気づいてあげられなかったのか、悔やんでも悔やみ ...
「経済センサス」民間事業所1.2%増 増加率全国6位 従業者数5.5%増3位 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県の担当者などによると、事業所や従業者数の増加には、高齢社会にともなう介護といった医療福祉分野の需要増や、県内を訪れる観光客の増加などにより観光業関連の需要が高まったことなどが要因とされる。また女性従業者数の増加率は7・7%で東京都に次ぐ全国2位。
介護施設で認知症高齢者にプロレス技「4の字固め」の虐待 市の監査で虚偽報告 広島・福山 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
広島県福山市御幸町の介護事業所「グループホーム かざぐるま」で、30代の男性介護職員が入居している80代の認知症の男性に、両足を押さえつけるなどの虐待をしていたことが30日、同事業所への取材でわかった。20代の男性職員も数人に暴言を吐くなどの心理的虐待を ...
ホンダ 新たな「育児・介護手当」導入へ - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
ホンダはこれまで、配偶者を扶養の場合、月額1万6000円、子ども一人あたり4800円支払っていた家族手当を見直し、配偶者の手当を廃止すると同時に子ども一人あたり2万円を支払う新制度を導入します。介護が必要な家族にも、一人あたり2万円が支払われるということです。
塩崎大臣が中津の子育て支援センターを視察 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
担当医師からは関係機関との情報共有や継続的な支援の進め方が説明されました。国は虐待防止に向けた専門委員会を設置していて今回の視察を踏まえ法改正への議論を進めます。塩崎大臣はこのほか市内の高齢者福祉施設も訪れ24時間体制で訪問介護を行う職員の ...
「70歳からの海外旅行」を発売 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー旅行の企画・販売は、現在ユニバーサルデザイン旅行センターが行っており、「杖・車いすで楽しむ旅」と、旅行中の総歩行時間を「ゆったり度1〜3」と3段階に分けて予め明示している「ゆったり旅」を国内・海外ともに展開、お客様がご自分の体の状態にあわせてツアーを選択できるよう、段階的に商品をご用意 ...
市场急剧下跌之后出现了一些利好因素,随着天气转冷,海运费已经连续近一个月持续回暖。 秦皇岛到广州5-6万吨运价从10月下旬的18.10元/吨缓慢回升到现在的23.5元/吨,同期秦皇岛到上海的运费也从15元/吨上涨到20.6元 ...
倉敷で2日 認知症テーマに講演会 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症を題材にした劇を公演する和気町の市民劇団「OiBokkeShi(オイ・ボッケ・シ)」の発起人である介護福祉士菅原直樹さんと、認知症の妻の在宅介護をしている劇団メンバーの岡田忠雄さんが講演。劇団の活動を紹介しながら、認知症介護の現状や患者との接し方など ...
【現場レポート】認知症徘徊者を位置情報サービスで捜索……台東区で実証実験 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
ちなみに実証実験に参加したのは、台東区内で在職・在住のケアマネージャーや介護サービス事業者で、実際に高齢者の捜索を行った経験がある方々。一方で「SANフラワー見守りサービス」のSANレーダーを扱うのは初めてで、操作方法はシンプルながらも、1時間という限られ ...
バリアフリー旅行の企画・販売は、現在ユニバーサルデザイン旅行センターが行っており、「杖・車いすで楽しむ旅」と、旅行中の総歩行時間を「ゆったり度1~3」と3段階に分けて予め明示している「ゆったり旅」を国内・海外ともに展開、お客様がご自分の体の状態にあわせてツアーを選択できるよう、段階的に商品をご用意 ...
厚生労働相 介護離職防止の補正予算案を検討 - NHK (媒体での記事掲載終了)
塩崎厚生労働大臣は、福岡市で記者団に対し、介護離職の防止に向けて、育児中の介護職員のために介護施設の中に保育施設を整備する費用などを、今年度の補正予算案に盛り込む方向で検討していることを明らかにしました。 政府は、一億総活躍社会の実現に向けた施策 ...
【Pepper App Challenge 最優秀賞&ベスト介護福祉賞 W受賞!】VR技術とロボットをつなげ、遠隔地にいてもまるでその場にいるようなコミュニケーションを実現 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
実際の結婚式にて「HUG」を用いて、名古屋と東京といった300km離れた距離をつなぎ、あたかもその場にいるような体験を構築。その実績や取り組みが評価され、ソフトバンク ロボティクス主催、ロボアプリ開発コンテスト「Pepper App Challenge」にて最優秀賞&ベスト介護福祉 ...
年末相場で狙う注目「17銘柄」 介護、民泊など「1億総活躍関連」に脚光 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
別表のように、子育てや介護、医療器具、人材派遣関連の銘柄が脚光を浴びている。また、準大手証券のアナリストは「企業の設備投資を喚起する政策が講じられるとの期待から、機械や情報通信関連、さらにはインバウンド(訪日客)の活性化をサポートする民泊関連などの ...
2050年の日本:高齢化を逆手に世界リード - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
それは同社だけでなく、日本が直面する最大の問題の1つ、つまり急速な高齢化による慢性的な労働力不足に取り組むためのものだ。ロボットスーツのおかげで、斉藤さんの働ける期間は延び、大林組も建設を続けることができる。 高齢化が進めば経済が縮小するという言葉通り、 ...
北上市社会福祉協議会(菊池憲一会長)主催の合同研修会は29日、同市さくら通り2丁目の市文化交流センターさくらホールで開かれた。市内の福祉関係者ら約400人が講演や演劇を通し、地域福祉や高齢者の社会参加について考えた。 大津市社会福祉協議会の山口浩次 ...
介護ジャーナリストの中村聡樹氏によれば、14年現在、利用可能な介護施設やサービスは充実してきており、「ケアマネージャーに相談すれば、いくらでも理想的な介護プランを考えてくれる」。したがって、多くの人にとって、現在の介護問題の焦点は、「どのような介護が可能か」 ...
高速道路の逆走、7割が高齢者 認知症などへの対策も - 乗りものニュース (媒体での記事掲載終了)
逆走車を運転していた人は65歳以上の高齢者がおよそ7割を占め、うち認知症の疑いがある人が12%となっています。また、逆走車の約半分が軽自動車でした。 高速道路での逆走が死亡事故につながる割合は、事故全体のうち死亡事故が占める割合の約40倍に上ることも ...
介護ジャーナリストの中村聡樹氏によれば、14年現在、利用可能な介護施設やサービスは充実してきており、「ケアマネージャーに相談すれば、いくらでも理想的な介護プランを考えてくれる」。したがって、多くの人にとって、現在の介護問題の焦点は、「どのような介護が可能か」 ...
24、 ケアマネージャー。賃金には「13時間分の固定残業代」が含まれているが、13時間を超えてどれだけ働いても、いくら休日出勤をしても一切支払われない。社長の罵声などのバワハラもひどい。 25、 仕事が遅いので休憩をとったら「休憩なんて権利ばかり主張する前にする ...
現代の日本医療に必要とされるもの(1) - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
カマチグループの蒲池真澄会長(75)と、九州大学医学研究院 病態修復内科(第1内科)の赤司浩一教授(55)はともに日本医療界における慧眼の士であり、同じ九州大学医学部で学んだ先輩と後輩の関係にある。大病院 ... 日本の医療業界は来るべき超少子高齢社会に対応すべく、地域包括ケアシステ ...
【地域防犯の取り組み】長久手市、高齢者宅へのセンサーライトの取り付けを支援 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
長久手市では、今高齢者向けの防犯対策の他にも徘徊高齢者等家族支援や家具転倒防止事業など様々な高齢者福祉サービスを行っている(画像は公式Webサイトより). 一般的に犯罪企図者は、犯行が発覚しづらい暗い場所を選ぶと言われているため、今回の取り組みは一定 ...
介護中の30代以上会社員、88.5%が介護休業制度を利用せず - @IT MONOist (媒体での記事掲載終了)
介護休業制度の利用に関しては「利用した」が11.5%。「利用していないが、利用する予定がある」人は8.0%いるものの、88.5%が介護休業制度を利用していない。2012年7月1日に介護休業制度が全面施行されてから3年が経過したが、取得率はまだ高くないようだ。
健康増進、県内の取り組みに光 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
健康づくりの優れた取り組みを実践している企業、団体、自治体を表彰する「第4回健康寿命をのばそう!アワード」(厚生労働省主催)の表彰式が今月、都内で行われた。県内からは厚労省老健局長優良賞に三つの取り組みが栄誉に輝いた。同賞の生活習慣病予防分野で、塩沢 ...
【大阪】大阪市が8月に募集した認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム、介護予防認知症対応型共同生活介護を含む)の新設または増設事業所として、18事業所が選ばれた。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
11日昼過ぎ、長野県佐久市春日の善郷寺公民館に近所の住民6人が、それぞれの家庭で作ったみそ汁を持って集まった。「1%。適正塩分が0・8%なので、ちょっと多いですね」。佐久市高齢者福祉課の栄養士保坂馨さんが塩分計でみそ汁の塩分濃度を測った。それを基に塩分 ...
また、生活データを集めて通信網でリアルタイムに送受信して役に立つのが、見守りサービスです。 例えば、ご高齢者が日常的に使用するポットなどの電気製品、開け閉めするドアにセンサーを取り付けておき、遠隔からその状態を監視し一定時間利用がないなど異常を検知すると通知します。 また、認知症の方の ...
AV女優は今でも借金で苦しむ女性のセーフティネット 第4回<親公認AV女優 裸になる娘とその親たち> - BLOGOS (媒体での記事掲載終了)
今年43歳になる父親は福祉施設でケアマネージャーとして働いている。45歳の母親は専業主婦、3歳下の弟と、16歳下の妹がいる。 「今のお父さんはお母さんの再婚相手、私が中2のときにやってきました。本当のお父さんは浮気が原因で私が小3のときに離婚して、再婚するまで ...
<検証仮設住宅>「みなし」人口流出の懸念 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市社会福祉協議会などが定期的に開催する交流会を楽しむみなし仮設の入居者ら。定住を決める人が増え ... 町社協は本年度、町に住民票を残す高齢者ら配慮が必要な人に訪問対象を絞り、専従スタッフは町内の仮設住宅の担当班と統合した。 町社協被災者生活支援 ...
2015年11月29日()
超高齢化の道をひた走る日本では、認知症患者は“予備軍”を合わせて862万人に達する。メタボは血管性認知症の源流にあるだけでなく、アルツハイマー病にも関係している。しかし、恐れるには及ばない。 全文を読む. 全文は日経Goodayでご覧いただけます。 全文閲覧には ...
11月26日、株式会社インターネットインフィニティーは同社が運営するウェブサイトの会員ケアマネージャーを対象に、政府方針への考えと、現場の実態についてアンケート調査を行ったと発表した。 主に居宅介護支援事業所ケアマネが回答. 調査は2015年11月11日~11月18日 ...
11月25日、エキサイト株式会社は介護と家事を支援するサービス「ファミリーサポーター」の開始を発表した。 昨年10月から家事代行、今年6月より介護支援サービスを東京都内で試験的に実施。ニーズの検証を進めてきた結果、クレジットカード決済を採用して本格運用を開始し ...
本当に重大な病気であれば老人ホームでは対応できませんが、認知症は長生きをすれば多くの方がなりますから、そこにはホームの介護力の差がでます。 その差は素人にはわかりにくいのですが、いくつかのホームを見学して比較していくうちに見えてくるものもあります。
同研究は日本体力医学会で発表された。 大腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉。久野教授は「大腰筋が弱くなると、すり足で歩くようになる。ちょっとした段差でつまずきやすくなり、転倒して骨折して寝たきりになる人も少なくない」と高齢者にこの筋肉が重要であることを指摘する。
まず、厚生労働省の三浦公嗣老健局長と公立みつぎ総合病院の山口昇名誉院長による講演が行われた。その後、シンポジウムに移り、「地域包括ケアシステムにおけるリハビリテーションへの期待~そして私たちは~」をテーマに討論や報告が行われた。 冒頭、堀田聰子国際 ...
<検証仮設住宅>住まい点在 支援届きにくく - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
市社会福祉協議会がみなし仮設の高齢者らに対する見回りや交流会開催といった支援を本格化させたのは、2012年度に入ってからだった。 仙台のみなし仮設入居者は市外で被災した人も多い。市の担当者は「仙台も避難元自治体もそれぞれの住民対応に追われ、特に市外 ...
秋篠宮さま 50歳の誕生日 記者会見のやり取り - NHK (媒体での記事掲載終了)
そこでは子どもたちがグループに分かれて、自分たちで計画を立て、係を決め、協力して行動していますが、その後に達成できたことや計画どおりいかなかったことなど活動の内容をふり返り、次の活動へつなげていく大切さを、友達と一緒に学んだようです。 ... 敬老の日にちなんだ施設訪問を、高齢を理由に両陛下 ...
「富山型」福祉あり方考える 富山で全国セミナー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者だけでなく、子どもや障害者も利用できる「富山型デイサービス」を展開する人たちが福祉のあり方を考える「地域共生ホーム全国セミナーinとやま」が二十九日、富山市大手町の富山国際会議場で開かれた。全国の社会福祉や行政関係者ら約八百人が耳を傾けた。
確かに、介護と仕事の両立をよく思わない職場もあるのでしょう。ただ、人手不足もあり、何とか職場に残ってもらおうと策を練っている会社も多いのが実情です。それでも介護離職を決断する人は増加し続けています。高齢化が一層すすむ日本で、仕事と介護の両立をさせることは ...
心理職は,医療機関の精神・神経科,小児科をはじめとしたほぼ全ての診療科,産業領域のメンタルヘルス,司法・矯正領域での犯罪・非行からの立ち直りや家族問題への支援,教育領域におけるスクールカウンセラー,福祉領域における社会的養護児童や高齢者への支援 ...
国がきちんと身分を証明できるカードをPRすれば交通事故は減るんじゃない? - あれこれやそれこれ (媒体での記事掲載終了)
2015-11-29 国がきちんと身分を証明できるカードをPRすれば交通事故は減るんじゃない? ☆雑感☆ ☆雑感☆-雑学? さっき買い物に行ってきました。突然割り込んで出てきた車にギョッとし、駐車場内の一方通行を逆走する車にイライラし、細い道の真中で対向車に道を譲らずジッとしている車にため息をつきながら。相手はみんな高齢の方でした。そこで思ったこと。 高齢運転手が起こす事故の件数や原因 ちょっとデ...
まにら新聞ウェブ - 日刊まにら新聞 (媒体での記事掲載終了)
比でも日本同様、高齢化の兆しが見え隠れしており、高齢者が家に引きこもり、寝たきりになることが多い。そこでこれまで培った人材のパイプを生かし、カパス町で試験的に予防介護の普及に取り組むことになった。 中心メンバーは、かつてEPA研修生として法人で働き、現在は ...
大和ハウスライフサポートは12月1日、東京都渋谷区本町に介護付き有料老人ホーム「もみの樹・渋谷本町」をオープンする。 「もみの樹・渋谷本町」は都心にありながらも落ち着いた住環境が魅力の地上5階建ての施設で、居室数は57室。 和風モダンをインテリアコンセプトに ...
高齢者や障がい者、ベビーカーを押した人でも安心して利用できる店や施設を紹介していきます。 照葉樹の森. 照葉樹の森. 雄大で生命力あふれる「照葉樹の森」は稲尾岳の麓にあり、桜島の噴火口とほぼ同じ高さに位置します。一年を通じて緑葉が茂るこの森は、淡々と四季を ...
医療現場の改革を攻めのIT経営で支援 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
同病院はこれまで、「社会的入院」と呼ばれる精神科療養病床を中心とする病院経営を行ってきたが、厚生労働省が医療費抑制や療養病床削減などを打ち出すなか、急性期化および複合化への対応が急務となり、医療現場の改革を進めている(写真1)。 その改革のカギを握って ...
自民党立党60年式典 安倍総裁のあいさつ詳報 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
若いみなさんも高齢者も、女性も男性も、障害のある方も難病を持っておられる方々も、一度失敗した人も、誰にでもチャンスがある。誰にでも生きがいがある、そういう日本をつくってまいります。 戦後最大のGDP600兆円。希望出生率1・8。介護離職ゼロ。 ... この果実を子育て支援に、そして、介護離職ゼロのための社会福 ...
ハグ、脳トレ…ペッパーの活躍を広げるアプリ大集合 - ニュースイッチ Newswitch (媒体での記事掲載終了)
総勢263のアプリの中から最優秀賞に選ばれたのはバーチャルリアリティーでペッパーに乗り移る「HUG」と、脳活性化アプリ「いきいき脳体操」。HUGの開発者はペッパーを使うことで寝たきりの祖母を自身の結婚式に参加させた。いきいき脳体操は介護施設などで高齢者の脳を ...
福崎町長選12月1日告示 三つどもえの公算 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
橋本氏は町職員を経て05年から助役・副町長を務め、町長選に向け今年6月に辞職した。宇崎氏は01年から10年まで町議を3期務め、町議会議長などを歴任した。 JR福崎駅前の再整備や、少子高齢化を受けた福祉施策の充実、悪化する町財政の改善などが課題となる。
骨がスポンジのようにスカスカの状態になって骨折しやすくなる骨粗鬆症。いちど発症すると治りにくいことで知られている。ホルモンなどの関係で、閉経後の女性に多い疾患だ。特に高齢者が骨粗鬆症になると、ちょっとした転倒で大腿骨を骨折し、そのまま寝たきりになる可能性が ...
認知症の疑いある男性高齢者の6割が運転継続との調査結果も - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
高齢者の事故が増えている大きな原因のひとつは、認知症が増加していることです。しかし、高齢者のなかにはすでに認知症でありながら、診断や治療がなされていないかたが多い。国は現在、全国に462万人の認知症患者がいると推計していますが、その半数は、診断を受け ...
【記者の目】復興計画へ議論スタート 「常総再生」の一歩 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の中、水害を機に、より良い保健医療・福祉サービスの在り方を見いだすことが大切だ。被災した市役所や市立大生小など行政・教育施設の防災機能の向上もある。 古くから伝わる有形無形の歴史や文化遺産は「常総らしさ」を表し、地域コミュニティーを支える要素 ...
介護器具の使い方学ぶ さわやかセミナー開講 - 熊本日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県理学療法士協会の竹内久美理事ら8人が、車いすや介護用ベッド、つえの使い方のポイントを解説。「ベッドを起こすときは、足を少し上げてから頭の方を上げると、体の位置がずれにくい」「車いすからベッドに移乗するときは、ベッドを低くし、ボードを使って滑るようにすれば簡単」 ...
認知症の夫“絞殺” 72歳の妻を逮捕 愛知 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
... 血を流している」と通報があり、警察が現場で死亡を確認しました。佐々野容疑者は調べに対し、「手で首を絞めた」と容疑を認めているということです。警察によりますと、次男は「丈市さんが認知症だった」と話しているということで、警察では動機などについて詳しく調べています。
「安心して死を迎えられる場所を」銀木犀の下河原忠道さんに聞く、これからの介護 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
あるおばあちゃんが骨折して入院しちゃって、もう銀木犀に戻るのは無理だろうと家族が決めて、療養病床に移すことにしたんです。でも我々は、そのおばあちゃんが、銀木犀で死にたいと強く希望していたのを知っていたので、それを改めて家族に伝えました」. 銀木犀に戻ってきた ...
急げ、高速道整備/道がつなぐ、人と地域 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
波子駅からアクアスへの徒歩での往復は、高齢者にとっては厳しいものとなります。 そこで最終的に選んだのが、車での移動でした。総勢20人の参加で ... JA島根中央会で農政、広報、福祉、青年組織などを担当。現在JC総研(日本協同組合総合研究所)客員研究員。松江市 ...
「介護離職ゼロ」へ処遇改善に努力 - NHK (媒体での記事掲載終了)
NHKの「日曜討論」で、加藤一億総活躍担当大臣は、安倍総理大臣の掲げる「介護離職ゼロ」に関連し、介護施設の人手不足の解消に向けて、実態を調査するなどして処遇の改善に努める考えを示しました。 この中で加藤一億総活躍担当大臣は、一億総活躍社会について、「 ...
サミット開催地の市民病院で院長ら3人退職へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... できるよう、大学病院などを回り医師の確保に努める」と話した。 市民病院の医師不足と赤字解消を狙い、市は今年度からの指定管理者制度移行を目指して、昨年夏に管理者を募ったが応募がなかった。このため、今年度も市の直営で外来と40床の療養病床を運営している。
原子力防災訓練、川内再稼働で現実味 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
日々刻々と状況が変動する入院患者は、福祉施設の高齢者や障害者と違い、あらかじめ避難先を確保しておくのが難しい。そこで佐賀県が独自に取り組むのが「医療救護避難所」だ。症状を見極めるトリアージや最終的な受け入れ先が決まるまで一時待機できる機能を持つ。28 ...
系列の「ヴェルペンほっとみーる」が弁当を配達したところ、利用者が「お弁当をもらっていない」と受け取ったことを忘れており、おかしいと思った配達のスタッフは、系列の地域包括支援センターへ認知症かもしれないと連絡。地域包括支援センターのスタッフが対応を行った。
2015年11月28日()
高齢者共同生活、グループリビングに脚光 兵庫県内で開設拡大 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
【グループリビング】血縁のない高齢者らが支え合って同居する住まい方。主に賃貸住宅で、それぞれの個室や共有の居間、台所、風呂などがあるのが一般的。10人前後が理想とされる。介護保険制度に基づくグループホーム(認知症の人向け)などの施設、高齢者向け住宅と ...
<五輪棄民 88年ソウル大会の闇>(下) 収容者にトラウマ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京に次ぎ、アジアで二回目の夏季五輪開催が翌年に迫っていた一九八七年一月、釜山の「兄弟福祉院」へ捜査に乗り込んだ検察官がいた。現在はソウルで弁護士業を営む金龍元(キムヨンウォン)(60)。当時、釜山地方検察庁の蔚山(ウルサン)支部にいた金は管内で、福祉 ...
大分合同新聞 > 大分県内 > 行方不明者早期保護に力 「由布市あんしんネット」認知症目配り [由布新聞] - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人が徘徊(はいかい)して行方不明になったときなどに備える「由布市あんしんネット」の運用が11月から始まった。実施主体の市と協定を結んだ81団体・事業所(10月31日現在)の協力機関が、緊急時に市から行方不明者の情報を受け取って早期発見に協力する。
行方不明者早期保護に力 「由布市あんしんネット」認知症目配り - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人が徘徊(はいかい)して行方不明になったときなどに備える「由布市あんしんネット」の運用が11月から始まった。実施主体の市と協定を結んだ81団体・事業所(10月31日現在)の協力機関が、緊急時に市から行方不明者の情報を受け取って早期発見に協力する。
買い物支援、自治体模索 田川市が配達業者を冊子で紹介、採算面に課題も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
市によると、今月1日現在の市内の高齢化率(全人口に占める65歳以上の割合)は31・1%で、10年後には34・2%まで上がると見込む。約1万5千人の高齢者の6割以上が高齢者だけで生活している。市健康福祉課は「買い物が困難な市民の生活を支援し、商業振興も図り ...
健常者と障害者の「共生」、自身も共同生活37年 「共仂の家ぴのきお」所長・河野さん - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
共生」をテーマに掲げ、健常者と障害者が寝食をともにする混在型グループホーム「共仂(きょうどう)の家ぴのきお」(北九州市若松区安屋)が開所して37年になる。設立者で所長の河野(こうの)修三さん(69)も共同生活を送る一人だ。 ... そんな思いを込めた共仂の家には、重度の脳性まひがある人や、知的障害 ...
ケアラーは介護の現場でケアマネージャーやホームヘルパー、訪問看護師など、その道の専門家と接することが多いです。でも、彼らは他にも多く利用者を担当しており、所定のサービスが終われば立ち去ります。なかには親切にアドバイスをしてくれる人もいますが、悩みを話せる ...
腹話術と手品で笑顔届けます 傾聴ボランティア500回 川崎の西野昭伸さん - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
クマのぬいぐるみを相棒にした腹話術と手品で和ませ、お年寄りらの胸の内の聞き役になる「傾聴ボランティア」をしている男性がいる。川崎市中原区の西野昭伸さん(73)。プロをもうならせる芸を取り入れた活動は高齢になって見つけた自らの生きがいでもあり、老人ホームなどで ...
健康マージャン講座人気 認知症予防に - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
認知症予防のため、仙台市青葉区の柏木市民センターが開いた「健康マージャン講座」が好評だ。市内の市民センターでは初めての試み。6回の連続講座は先日終了したが、センターは受講生の自主グループ化を促したり、新たな講座を企画するなどして「健康マージャンを地域 ...
病気のお年寄りや夫・妻を介護する人や、障がいを持つ家族の世話をする人……。 ケアをする人(ケアラー)は、身体も心もいっぱいいっぱいです。いつ壊れてもおかしくありません。それくらい疲れ切っている人が多いのです。 「夜3回のトイレ介助で頭が重く、寝不足がツラい。
有料老人ホーム向けに入居費用を補償する保険が新発売 - 保険市場タイムズ (媒体での記事掲載終了)
損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、2015年12月1日(火)より、有料老人ホームの運営事業者向けに「有料老人ホーム用 入居費用総合補償プラン」の販売を開始する。 家賃や介護サービス費用の滞納による損害を補償. 超高齢社会を迎え、有料老人ホームの定員数が増加 ...
自民・野田聖子氏“介護・保育の待遇改善が必要” - TBS News (媒体での記事掲載終了)
自民党の野田前総務会長は、TBSの番組「時事放談」の収録で、政府が「1億総活躍社会」実現に向けた緊急対策として100万人分の保育や介護施設の整備を打ち出したことについて、働く人の待遇を改善しなければ目標の実現は難しいと指摘しました。 「今も受け皿はあって ...
議会だより 伊万里市・嬉野市 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
... は142億4683万円(前年同期比1・3%減)。 主な歳出は、ふるさと納税の寄付金増加に伴う事業費への積立金や委託料などに3億4241万円、高齢者グループホームの防火改修補助事業に249万円など。来年度から市職員を公益法人に派遣するための条例案も提案する。
家族の介護「仕事と両立可能」1割未満 中高年に調査 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
離職せず、家族の介護と仕事を両立できると思う人は1割に満たない-。11月11日の「介護の日」に合わせ、オリックス・リビング(東京)が全国の中高年に実施した意識調査で、そんな結果が浮かび上がった。特に働き盛りの40代、50代で割合が低く、両立の難しさや、抱いて ...
高齢者の住む住宅のバリアフリー化は進んでいるのか?~住宅市場動向調査を読み解く - HOME'S PRESS(ホームズプレス) (媒体での記事掲載終了)
総人口が減少に転じたのが2005年であり、それ以降ずっと高齢化率は上昇し続け現在に至る。本調査で中古戸建住宅と中古マンションを取得した人の住宅の建築時期で最も多いのは「平成7年~平成16年」とあり、これが1995年~2004年あたりの時期に該当する。このころは ...
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センターは、アルツハイマー病の発病や進行にβセクレターゼの異常が関係していることを発表した。今回の研究は、神経研究所疾病研究6部の荒木亘氏を中心とした研究グループが行った。 原因は異常蚕白. アルツハイマー認知症 ...
認知症の母との日々を描く - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の母親との日常を描いた作品で人気の漫画家、岡野雄一さん(65)=長崎市=の個展「ペコロスのみつえばあちゃんとボク」が28日、同市金屋町のKTNギャラリーで始まる。12月4日まで。 雑誌編集者だった岡野さんは40歳の時、東京から帰郷。母親の光江さん(2014 ...
2015年11月27日()
今回3社が開始した実証実験は、サービス付き高齢者住宅に入居している高齢者、介護職員、ケアマネジャーが対象。ビズロボジャパンが提供するIoTを活用した「見守りクラウドロボ」と、セキュアの顔認証「EUREKA」を組み合わせた統合的な「高齢者見守りサービス」の実証実験 ...
一般的に特別養護老人ホームと言うと、要介護認定を受け、食事や排せつの常時介護を必要とする高齢者の「生活の場」であり、一度入所した人の多くは、そこで残りの余生を過ごす「終の棲家」という側面がある。しかし中井富士白苑では、「終の棲家」という考えにとどまらず、利用者やその家族が希望する場合に ...
高齢者の場合、健康寿命を縮めることになる病気の一つが、のみ込みに問題が生じることで引き起こされる誤嚥(ごえん)性肺炎です。一方で、高齢者に多い脳卒中、関節疾患及び骨折、転倒、認知症などは、口から食べることが出来なくなる主たる要因になります。このように、 ... パーキンソン病などの神経疾患や、口 ...
事故を懸念した認知症高齢者の運転免許返納 裏目にでることも - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
すると活発だったおじいさんの元気が急になくなり、1年も経たないうちに寝たきりになりました。ある年代の人には免許を持っていることがステイタスのようで、おじいさんは病床で免許を返納したことでもらった運転経歴証明書を名残惜しそうに眺めているそうです。息子さんの心配も ...
障害者や高齢者らを対象に、商業施設や公共施設に設けられている優先駐車区画の利用対象者を明確にするため県は12月1日から、利用証の交付を始める。優先駐車区画をめぐっては、対象 ... 窓口でも配布している。 問い合わせは、県障害福祉課(電)073・441・2532。
高甫小児童が認知症を学ぶ - 須坂新聞 (媒体での記事掲載終了)
うるさいな」「おばあちゃんはダメだな」「何回も同じこと聞かないで」などの言葉は認知症の人を不安にさせる―と感じた児童らは、どのように声がけすれば良いのかをグループごとに相談。「おばあちゃん違うよ」「もう一度言うよ」など、優しく受け止める言葉の数々を紙に書き出し、 ...
震災後に介護休業取得 解雇無効の判決 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災後の業務繁忙期に、がんになった80代の父の介護で休業を申請したら解雇されたと、不動産鑑定会社(郡山市)の仙台支社勤務だった不動産鑑定士の男性(48)=仙台市青葉区=が地位確認などを求めた訴訟の判決で、仙台地裁は27日、解雇を無効と判断し、 ...
宇奈月温泉駅「橋上駅」も階段のみ… - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
黒部市は、富山地方鉄道宇奈月温泉駅のバリアフリー化に向けた調査に乗り出す。十二月補正予算案に調査費百五十万円を計上する。同駅は、県内を代表する温泉地の玄関口にもかかわらず、構造上の理由などからエレベーターが設置されておらず、長年、高齢者らから「使い ...
炭谷 岡山県済生会は、岡山済生会総合病院を中心に診療所もあり、特別養護老人ホームやライフケアセンターなど福祉関係の施設も数多く運営。医療と福祉が総合的に連携を取れる条件がそろっている。国は地域包括ケアサービスの展開を目標にしているが、モデルはまだ ...
介護休業、3回まで分割可能に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は家族の介護が必要になった場合、現行は一つの症状につき1回ずつしか取れない介護休業を、3回まで分割して取れるようにする方針を固めた。日数は合算で93日以内に収める。柔軟な仕組みにすることで介護を理由に仕事を辞める労働者を減らし、「介護離職 ...
日本の安倍晋三政権が日本経済を浮揚するための“アベノミクス”2期政策の具体案を発表した。1期政策の核心だった量的緩和の基調を維持しつつも、少子化・高齢化社会を迎えて社会福祉と分配に重点を切り替えた点が目を引く。
<厚労省>高齢者療養病床の代替、2案示す - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は27日、有識者による「療養病床の在り方等に関する検討会」に、新たな高齢者向け施設の設置を提案した。容体の安定している患者の多い療養病床について、政府は医療費抑制のために大幅削減する方針を打ち出しており、新施設はこれに代わる高齢者の受け皿 ...
認知症の妻を首絞め殺害 79歳被告に懲役6年/さいたま地裁 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年6月、自宅で認知症の妻=当時(75)=を殺害したとして、殺人の罪に問われたさいたま市見沼区東宮下、無職島村英作被告(79)の裁判員裁判の判決公判が27日、さいたま地裁で開かれ、多和田隆史裁判長は懲役6年(求刑・懲役7年)を言い渡した。 多和田裁判長は ...
日本の将来推計人口」をもとに、女性や高齢者の就労の変化、経済成長率などを踏まえ、「経済成長と労働参加が適切に進まないケース」と「いずれも適切に進むケース」のそれぞれで30年の姿を推計した。 「進まないケース」では30年の就業者は5561万人。産業別では、卸売り・小売業が14年の1100万人 ...
てんかん患者支援強化 県、静岡センター拠点に - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事業開始にあたり、てんかん診療支援コーディネーターとして精神保健福祉士一人を新たに採用。専用電話やメールでの相談に対応する。これまでてんかん治療には ... 高齢者は認知症と混同される場合もある。かかりつけ医と専門医が連携し、いち早く正確な診断で適切な治療を ...
東京に住みたい理由は、「交通網が発達していて便利だから」が75.4%で最も多く、以下、「東京に長く暮らしているから」が48.0%、「医療や福祉などの質が高いから」が31.3%と続いた。住みたくない理由は、「生活費が高いから」が57.4%で最多となった。 昨年の今頃と比べた ...
パラ大会 共生の契機 東京五輪 政府基本方針 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
同大会のボランティアを務めた丸山文子さん(71)=東京都武蔵野市=は「六四年大会時に比べ、『障害者の環境を良くしよう』という社会の追い風が吹いていないと感じる。今は、孤独な高齢者や経済的に苦しい若者も多く、弱者を励ます契機になってほしい」と話した。 (北爪三記 ...
“老人ホームで蓄積した経験をおせち料理にのせて” やわらか食のふくなおとワタミがコラボレーション - @Press (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者用食材のメーカー 株式会社ふくなお(所在地:大阪市東住吉区、代表取締役:西野 美穂)と、外食から高齢者のお食事までトータルで食を考える企業 ワタミフードシステムズ株式会社(所在地:東京都大田区、代表取締役:清水 邦晃)は初めてタッグを組み、見た目と味、 ...
ネットワークの仕組みは、徘徊(はいかい)の恐れがある人の顔写真や身体的特徴などを記した登録票を、家族が市長寿支援課に提出。登録情報は笠岡署も共有する。登録者が行方不明になった際には、約2千人が登録する市の緊急メールや、ケーブルテレビなどで市民に情報 ...
認知症について知っておきたい基礎知識についてわかりやすく解説する本連載。今回は電車の中で座った状態でもできる、脳トレーニングを紹介する。指を動かすと、広い範囲の脳が活性化する。 全文を読む. 全文は日経Goodayでご覧いただけます。 全文閲覧には会員登録( ...
好景気だった時期に次々と導入した医療・年金などの社会保障関係費が、少子高齢化の進展とともに膨張。これに景気減速が追い討ちをかけている ... 年金や医療、福祉にかかるコストを示す社会保障関係費の急増が、中国で止まらない。 2009年には約1兆億元(約20兆円)強 ...
Check A Toilet 、東京都心のイルミネーション会場周辺の多機能トイ... - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
多機能トイレ情報共有サービス「Check A Toilet みんなで作るユニバーサルデザイントイレマップ」を運営する特定非営利活動法人Check (本部・東京都世田谷区、金子健二代表理事)は11月27日、東京都心主要10エリアのイルミネーション会場周辺の多機能トイレ所在地情報を網羅した特設ウェブページを開設し ...
11月1日、Japan Inーdepthのチャンネルで、「認知症社会を考える」の放送が公開された。ゲストに認知症や介護問題に取り組むフリージャーナリスト古川雅子氏を迎え、10年後には、認知症高齢者が700万人に達するといわれる日本の超高齢化社会に向け、その対策と心がまえ ...
年末ともなれば、医療費控除が気になります。医療費控除の対象になるかどうか、ぎりぎりのところであれば、年内に歯医者に通うなど、今ならまだやれることがあります。また、もしも親が要介護状態だった場合、親の介護費も医療費控除の対象になるかもしれません。
(一社)社労士成年後見センター福岡設立 - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
一般社団法人社労士成年後見センター福岡(木原美佐子理事長)の設立を記念した講演会と披露パーティが11月19日、福岡市内で開催された。同センターは、成年後見業務などを行う社会保険労務士が高齢者、障害者らが自らの意思で安心して日常生活を送れるように支援 ...
同センターで開設セレモニーを行い、骨粗しょう症患者専門ケアチームアドバイザーの白土修整形外科・脊椎外科学講座教授が「ほね元気外来を通して会津の高齢者の骨粗しょう症を防止し、元気を発信できるようにしていきたい」とあいさつした。ケアチーム委員長の岩渕真澄同 ...
2015年11月26日()
寝たきりや認知症、独り暮らしの高齢者に対して、話し相手や家事の世話などの奉仕活動を長年続けてきた、善行地区の老人クラブ「和楽会」の友愛チーム。約30年前に立ち上げ、今も代表を務める。「チームの活動を下支えしてきた役員8人で頂いた賞。おこがましいとは思う ...
1億総活躍社会、緊急対策まとめ 保育と介護の課題は? - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
政府は11月26日、1億総活躍社会への具体策を検討する「1億総活躍国民会議」を首相官邸で開き、緊急対策を決定した。「希望出生率1.8」「介護離職ゼロ」などの達成に向けて、保育と介護の受け皿をそれぞれ新たに50万人分拡充することなどが柱となった。ロイターなどが報じ ...
兵庫県発表によると、平成27年12月12日、兵庫県看護協会のハーモニーホールにて「日本認知症ワーキンググループ」の共同代表、藤田和子氏を招き、若年性認知症支援担当者研修を開催する。 昨年好評だった藤田和子氏に、若年性認知症当事者本人の声を聞き、支援の ...
兵庫県西宮市のNPO法人「つどい場さくらちゃん」は、認知症の家族を支援する市民団体です。 理事長の丸尾多重子さんは、毎年、要介護状態にある認知症の人を引き連れて、北海道やお伊勢さんなどに2泊3日の旅行を続けてこられました。 昨年の行き先は沖縄で、その様子 ...
高齢者向け案内ロボットをレンタルします! - ニュースイッチ Newswitch (媒体での記事掲載終了)
実証実験などで確認した現場のニーズを踏まえ、実用機を開発した。試作機は視覚障害者向けだったが、高齢者らの一般利用者にもターゲットを広げ、市場投入に踏み切る。タッチパネル上で簡単に目的地を設定できるのが特徴。医療・福祉施設、商業施設、公的施設などでの ...
実施計画の具体策として高齢者支援の分野では、団塊の世代が75歳以上となる25年を見据え、地域包括ケアシステムの理解促進に向けた普及啓発のほか、特別養護老人ホームや認知症高齢者グループホームの整備拡充、要介護度の維持・改善を図った事業者に ...
3年ほど前から大手の介護サービス会社が運営するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のひとつで暮らす友人の話です。 ある日、別 ... 生活相談といってもホームヘルパー2級(介護職員初任者研修終了)の資格があればよいので、専門性が高い人とは限りません。サ高住は、 ...
障害者用駐車場に利用証交付へ 長野県が条例改正案、使用基準明確化 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
車椅子のマークが描かれた障害者用駐車場は、公共機関や一定規模以上の商業施設などの出入り口付近に1区画あたり幅3・5メートル以上を確保して設置するよう、バリアフリー法で義務付けられている。ところが利用者に関する基準が不明確なことから、健常者 ... そこで県は、パーキング・パーミット制度を導入し ...
北欧の病院を訪れる日本人が驚くのは、寝たきりのお年寄りがあまりいないということだそうです。自分の口で食事ができなくなっ ... たとえ、亡くなられた方が高齢者であっても、事情聴取を受けなければなりませんので、家族が疲れてしまいます。普段からホームドクターを決めて、 ...
保育・介護施設を100万人分増 仕事と両立支援 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は26日、安倍晋三首相が掲げた「一億総活躍社会」(総合2面きょうのことば)実現への緊急対策を決めた。育児や介護にかかわる人が仕事をやめずに両立できるよう、計100万人分の保育・介護施設の整備を打ち出した。働く人全体の懐を温かくし個人消費の喚起につなげ ...
宜野湾市長選:辺野古が争点 志村氏政策発表 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
普天間問題以外では、3月末で返還された西普天間住宅地区について、国際医療拠点などの土地利用区分は基本的に尊重する一方、高齢者のリハビリ・介護機能などを強化したいと述べた。待機児童ゼロ、中学生までの医療費や給食費無料化などの教育・福祉施策も盛り込ん ...
若者にとっては、まちが一つの福祉システムですから」(西川). 2011年の福島原発事故が大きなきっかけとなった。中村氏は「人々が避難所に集まると、元々あった問題が克明に現れた。高齢者問題、引きこもり問題などが凝縮されて明らかになった。(外部の)誰かが手助け ...
地域の課題、演劇で描く 28日花園小で上演 明石 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
取り組んでいるのは望海中学校区の医療、福祉、自治会関係者らでつくる「望海地区在宅サービスゾーン協議会」。1999年に「ぼうかい劇団」を創設し、毎年、地元の課題を劇にして解決への知恵を出し合ってきた。 今年は「花園まちおこし物語・花園が虹色に輝く!!」と題し、今から10年後の2025年が舞台。児童の登 ...
保育・介護施設100万人分増 一億総活躍で緊急対策 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は26日、安倍晋三首相が掲げた「一億総活躍社会」実現への緊急対策を決めた。育児や介護にかかわる人が仕事をやめずに両立できるよう、計100万人分の保育・介護施設の整備を打ち出した。働く人全体の懐を温かくし個人消費の喚起につなげたいと、最低賃金を ...
一億総活躍、見えぬ実現性 介護離職・出生率など壁 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府が26日まとめた「一億総活躍社会」に向けた緊急対策に対し、企業からは仕事と育児や介護の両立を支援する政策を期待する声が上がっている。ただ「介護離職ゼロ」や「出生率1.8」といった目標はいずれもハードルが高く、政策をすべて実行できても到達するかどうかは ...
笠岡で認知症患者登録の呼び掛け - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
地域全体で認知症患者を支える「笠岡市認知症ひとり歩きSOSネットワーク」事業の利用が低調だ。65歳以上の高齢者の4人に1人が患者とその予備軍とされる中、「地域ぐるみの支援システム構築が不可欠」と、市などは積極的な利用を呼び掛けている。 ネットワークの仕組み ...
07年不正経理で損害全額未回収 岡山市「元主幹が不明」 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
この日の市議会保健福祉委員会で報告。市高齢者福祉課によると、センターは確認した使途不明金約1億2500万円について、経理担当だった元主幹ら4人を相手取って損害賠償を求める訴訟を起こし、元主幹は13年10月に判決が確定した。しかし、支払いはなく、回収に向け ...
... 出身者が中産階級以上になった割合は、昨年22.6%で歴代最低水準だった。「私が作る福祉国家」のオ・ゴンホ共同運営委員長は、「階級上昇がますます難しくなっている原因は、福祉政策が脆弱な状態で、仕事の質が落ち、高齢者の貧困が深刻化したせいだ」と指摘した。
認知症見守り訓練(岩手県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進むにつれ、「認知症」になる人は、年々増加している。こうした中、認知症の人をどのように地域全体で見守り、支えていくのかを学ぼうという訓練が盛岡市で行われた。盛岡市の青山地区で行われた訓練には、町内会等から約50人が参加した。訓練は自らがどの場所 ...
“介護離職”の現実 「妻の首に手をかけた」 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
「NEWS23」の新シリーズ、“命をつなげる”が24日から始まります。このテーマには、介護や貧困など決して他人事ではすまされない問題と向き合い、そこにある「命」をつないでいきたいという思いが込められています。 初回は、介護が原因で仕事を追われる「介護離職」の問題 ...
「認知症」を地域で見守るためには - ニュースエコー 岩手放送 (媒体での記事掲載終了)
盛岡市は、認知症患者も安心して暮らせる街を目指そうと今年度から様々な事業を行っています。その一つとして開かれた青山地区での講習会には60代・70代を中心とした住民、およそ50人が参加しました。」「帰り道がわからない」、「お金の支払いができない」など、認知症 ...
積水化学・東京セキスイ、立川にサ高住 高齢者向けブランド第一弾 - 住宅新報 (媒体での記事掲載終了)
鉄骨造2階建て、延べ床面積1644平方メートルで全40戸。1人~2人向けの間取り4タイプで構成され、各住戸には完全バリアフリーの浴室を配置した。共用部には食堂やリビング兼用応接室、共用ラウンジを備える。子会社の東京セキスイハイムが企画・設計・施工を担当し、アイ ...
第一興商とNTTは、介護施設などにおける高齢者のカラオケや介護予防の取り組みを支援する実証実験を実施する。2015年7月から開始した高齢者分野やエンターテイメント分野における両社の共同検討の一環。実験期間は、2015年11月25日~2016年3月31日。 第一興商が ...
日商会頭が恒久財源確保、介護・外国人活用を要望=1億国民会議 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
加藤勝信1億総活躍担当相が明らかにした。 総活躍相によると、三村氏は「社会保障の重点化や効率化、財源の高齢者から少子化対策への思い切った再配分」の重要性を強調。「介護人材への外国人材の活用拡大など労働力確保に対する規制緩和を強力に進める必要が ...
増加する高齢者のアルコール依存は認知症への警鐘? - JIJICO (媒体での記事掲載終了)
増加する高齢者のアルコール依存は認知症への警鐘? 最近、老後にアルコール依存症になる人が増え、認知症のリスクの危険性が懸念されるようになりました。アルコール依存症の65歳以上の割合は2012年に24.3%にまで増えましたが、その増加要因について考えてみます ...
警察官が徘徊高齢者への接し方学ぶ 岡崎(愛知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
行方不明となった認知症患者の捜索などに役立てようと愛知県警岡崎署で26日、約160人の警察官が徘徊(はいかい)する認知症患者への接し方を講師の実演を見て学んだ。不安を与えないよう優しい言葉を選ぶことや、後ろからではなく前から目を見て声掛けすることが重要 ...
2015年11月26日 人類は少子高齢化しました Tweet TEDにおける伝説的なプレゼンの一つにHans Roslingによる Stats that reshape your worldview がある。1000万回以上も視聴されたプレゼンなので見たことがある方も多いだろう。彼はTrendalyzerという自作のソフトを用いて、統計データを視覚化し世界の様相を伝えている。 Trendalyze...
一億総活躍に向けた「介護離職ゼロ」に対するケアマネジャーの意識調査 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護関連メディア事業を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:別宮 圭一)は、運営するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネジャーを対象に、政府方針に対する考えと、現場の実態についてアンケート調査を ...
一方、介護離職ゼロに向けては、特別養護老人ホームの自宅待機者解消を目指し、介護保険事業計画などで定めた20年度までの増加枠約38万人以上の整備加速化に加え、介護施設、高齢者向け住宅の整備を12万人分前倒し・上乗せし、約50万人に拡大する。 介護に ...
超高齢・人口減少社会で、国民皆保険を守るためになすべきこと - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
③国民健康保険の給付率も被用者保険の被扶養者の給付率も5割にとどまっていた(現在は高額療養費制度の効果もあって実質的な給付率は87 %)。 今から見れば、「そんな時代があったのか」という感覚かもしれないが、今後、高齢者の増加による医療・介護費の増加、生産 ...
(皇族方の素顔)秋篠宮ご夫妻、ブラジルとの「架け橋」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
最高齢の100歳が3人いて、日の丸を手に秋篠宮ご夫妻を出迎えました。 紀子さまに花束を手渡したのは、東京 ... 園を運営する社会福祉法人「救済会」の吉安園子さん(87)は「お年寄りのみなさんは本当に喜んでいました」と話していました。 園には、ご夫妻からプレゼントが贈 ...
こども園開設に遅れ 日田市の夜明交流センター - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
同センターは小学校跡地を活用し、園児や高齢者の集う「幼老共生」を掲げた施設。新しい拠点として生まれ変わることを ... 市や県によると、こども園への移行手続きをしていたのは社会福祉法人「明円寺会」(佐藤真昭理事長)の明円寺保育園。県の審査で不適切な会計処理が ...
1121kansyajou.jpg 福知山市内の高齢者夫婦が特殊詐欺被害に遭いそうになっていたところを察知して未然に防いだ市内の女性にこのほど、福知山署(家入紀幸署長)から感謝状が贈られた。普段は農作業服でいることが多い知り合いの老夫婦が、よそ行きの服を着て、 ...
ブラジル人の家族が借りたこの民家は、昨年末まで高齢の女性が1人で暮らしていたのだが、福祉施設に入居することになったので売りに出た。築年数は約60年、敷地面積は約160平米(建物は60平米)で、価格は約500万円だった。横浜市内では破格の安さだ。 しかし、急峻な ...
高齢者徘徊への対応学ぶ 岡崎警察署(愛知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
認知症が原因とみられる高齢者の行方不明事案が増える中、愛知県岡崎市の岡崎警察署で26日、警察官が徘徊(はいかい)する高齢者への接し方などについて学んだ。この講習会は、行方不明となった認知症患者の捜索などに役立てようと行われたもので、愛知県警では ...
認知症の人への接し方など紹介 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の特徴や、認知症の人への接し方を分かりやすく紹介する「認知症ケア講座」が12月19日、tばめ市の吉田産業会館で開かれる。 主催は燕労災病院(燕市)。講座は認知症サポーター養成講座を兼ね、参加者には「オレンジリング」を配布する。 NPO法人認知症ケア研究 ...
ご注意!「老人ホーム詐欺」豪華な偽パンフレットや「入居権当たりました」の電話 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
老人ホームの豪華なパンフレットや入居権通知の電話で高齢者をだます詐欺が横行している。パンフレットには「安らかに暮らせます」「家族が安心」「医療施設も併設」「ご自宅と変わらない」などのうたい文句が並び、「間もなくオープン」などと誘いをかける。もちろん真っ赤な嘘で、 ...
買い物困難者、強力サポート - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
南魚沼市社会福祉協議会は、日常の買い物に困っている高齢者らを支援しようと、電話で注文すると自宅まで商品を配達してくれる市内の店舗を集めた「南魚沼お届け電話帳」を初めて作成した。同協議会によると県内では珍しい取り組みで、11月末までに地域の民生委員 ...
商工会議所のハウンさんは、「国は医療や教育などのサービスを提供し、国民は高い税を納める。国の運営のためには、この間のバランスを取らないといけません。これは福祉国家ならどこでも直面する問題だといえるでしょう」と話した。ただ、社会の高齢化が進むなかで、移民の ...
最近、老後にアルコール依存症になる人が増え、認知症のリスクの危険性が懸念されるようになりました。アルコール依存症の65歳以上の割合は2012年に24.3%にまで増えましたが、その増加要因について考えてみます。 アルコール依存症は定年退職や配偶者との死別を ...
国立研究開発法人 放射線医学総合研究所は、株式会社アトックスの研究チームと共同で、世界初のヘルメット型PETの開発に成功したことを、11月5日に発表した。 PETは、体の中の生体分子の動きを外から見ることができる画像診断法の1つで、これを利用することで、認知症 ...
秦野市内の福祉施設や個人宅を定期的に訪問し、障害者や高齢者を対象に傾聴ボランティアを行っている団体「なでしこ傾聴の会」(藤村冨士雄会長)が今年発足10年を迎えた。「市民の方にも傾聴の大切さを伝えたい」と、12月12日(土)には秦野市文化会館で創立10周年記念 ...
有料老人ホームや高齢者グループホームに入居している人たちや家族に日帰り旅行を楽しんでもらおうと、(株)エクシオジャパンは4日、神代植物公園へのバス旅行を実施し、職員を含め40人が青空のもと秋の一日を満喫した。 参加したのは、住宅型有料老人ホーム「ムート」の ...
2015年11月25日()
介護施設、50万床へ増設方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚労省が集計した自治体の整備計画では、20年までに特養やグループホーム、介護老人保健施設といった宿泊機能を備えた六つの介護サービスは昨年度から約34万人分増える。厚労省は12日、これに6万人分を上積みすれば介護離職をゼロにできると提案していた。 これに対し、安倍首相は25日、家族を介護し ...
神戸市と兵庫県が今秋、相次いでカジノやパチンコ、マージャンなどの設備を備えた高齢者向けの「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれる介護事業所を規制する改正条例を制定した。射幸心をそそるサービスは、ギャンブル依存につながりかねず、税金が投入される介護保険 ...
介護の受け皿「50万人」に拡大 27年度補正予算に必要経費を計上 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、「介護離職ゼロ」の実現を目指し、特別養護老人ホームなど介護サービスの2020年代初頭までの整備計画も上方修正し、保育と同様に50万人分の「介護の受け皿」づくりを進める。安倍首相の指示を受け、厚生労働省が検討してきた40万人分からさらに上積みした。
同社では「家族みんなが暮らしやすい家」を目指し、高齢者向けの手すり設置やバリアフリー工事から家計に優しい窓・サッシなどの断熱改修、子どもも嬉しいバスルーム改修まで、仕事の大小に関わらず迅速に対応してくれる。施工責任者の山崎さんは「もちろんペットリフォームも ...
高齢期の生き方、実践 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設等を訪問し、認知症予防活動を続けるほか、寝たきり防止の「はまちゃん体操」の普及員の資格取得にも挑戦。資格を取得し地域で幅広い活動を進めることにより、地域の高齢者の生きがいや健康づくりに貢献している。特技は腹話術や歌唱。 津金澤さんは今回の選考 ...
地道なボランティア活動を長年続けてきた近畿の団体や個人を顕彰する「第41回産経市民の社会福祉賞」(産経新聞厚生文化事業団主催)の表彰式が25日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれ、3団体に表彰状が贈られた。 式典では、高齢者の介助や安否確認などの ...
田舎の求人 (媒体での記事掲載終了)
介護介護土方土方土方営業営業調理師調理師調理師工場工場工場営業パチンコ 薬 剤 師   ああああああああああああああああああああああああああああああああ ツイートする
介護離職ゼロへ 追加整備指示 (媒体での記事掲載終了)
秋篠宮ご夫妻と謁見 10月28日、日本語センターとJICA関係者 - サンパウロ新聞 (媒体での記事掲載終了)
ご夫妻に日系人アイデンティティーの向上や高齢者への福祉支援など、JICAの活動を話すことができたことを大変嬉しく思います。それと同時に、傾聴してくださったご夫妻には大変に感謝しています」と喜びを口にした。 会話の内容についてスザノ学園の石森和磨さん(28、東京) ...
介護休業3回までの分割可 厚労省方針、残業免除制度も - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は家族の介護が必要になった場合、現行は一つの症状につき1回ずつしか取れない介護休業を、3回まで分割して取れるようにする方針を固めた。日数は合算で93日以内に収める。柔軟な仕組みにすることで介護を理由に仕事を辞める労働者を減らし、「介護離職 ...
介護施設整備、50万人分に引き上げ 厚労省方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日の一億総活躍国民会議で、介護施設を2020年代初頭までに50万人分整備する目標を打ち出す方針だ。これまでは14年度から20年代初頭までに特別養護老人ホームや在宅介護施設などを40万人分つくるとしてきた。従来の計画に加え、サービス付き高齢者 ...
訪日外国人向けユニバーサルツーリズム相談窓口を新宿に12月1日開設 - NEWS for Travel (媒体での記事掲載終了)
日本バリアフリー観光推進機構は、2015年12月1日(火)に、海外からの身体の不自由な旅行者などを対象に、バリアフリーの日本国内旅行についての相談対応とアドバイスをする相談センター「Accessible Travel JAPAN」を開設する。
ホームヘルパー、悪意の暴露ブログ  :日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える。  「どんな輝かしい経歴の持ち主でもボケるときはボケるのだね」。高齢の文化人の介護に派遣されたホームヘルパーが、インターネット上のブログで文化人の近況を暴露し、人格をおとしめるような書き込みをした。会社に言われて出向い...
認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になる人が増加している問題を受け、和歌山市内で初めての「徘徊模擬訓練」が21日、島橋地区で行われた。河西田村病院(島橋東ノ丁)が主催し、自治会員、民生委員、医療・介護関係者ら約50人が参加。認知症の人を支える地域 ...
美作で認知症患者支援学ぶ研修会 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
医療関係者が認知症患者の在宅支援の在り方を考える研修会が24日夜、美作市北山の美作保健センターで開かれた。 美作市、岡山県西粟倉村から医師や介護士、生活相談員ら約100人が出席。みまさか認知症疾患医療センターの近藤啓子センター長が、認知症について ...
安倍首相、特養の追加整備指示=介護離職ゼロへ40万人分超に - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
安倍晋三首相は25日、「1億総活躍社会」の具体的目標である介護離職ゼロの達成に向け、特別養護老人ホームなどの介護施設の追加整備を塩崎恭久厚生労働相に指示した。首相は介護の実情を把握するため、配偶者らの介護に当たっている一般の男女10人と首相官邸で ...
高齢の文化人の介護に派遣されたホームヘルパーが、インターネット上のブログで文化人の近況を暴露し、人格をおとしめるような書き込みをした。会社に言われて出向いた謝罪の場でも開き直り、さらに悪態の書き込みを重ねる始末。文化人と親族はプライバシー侵害と名誉毀損 ...
やまぶき色の『東京防災』~「伝わりやすさ」への工夫:研究員の眼 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
これは一般社団法人 ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(略称UCDA)が、ユーザーにとって伝わりやすいデザインであることを認証したものである。最近では、行政や金融機関を中心に、この認証を取得する組織が増えている。 近年の情報化や人口構造の高齢化・ ...
これから数か月にわたり、タイトルにあります「糖尿病予防は認知症予防」というテーマで大阪大学の里 直行(さと・なおゆき、認知症と老年医学が専門)と順天堂大学の綿田裕孝(わただ・ひろたか、糖尿病が専門)がお話を進めてまいります。実は二人は後輩(里)・先輩(綿田) ...
宅老所の現場をルポしたシリーズ。 2回目は「歩くのも介護」です。 詳しくは記事をご覧ください。 http://www.asahi.com/articles/ASHDC3219HDCUBQU00B.html… (宅老所の現場から 2)歩くのも介護、「ありのままに」:朝日新聞デジタル. 認知症のお年寄りが利用する介護 ...
(2015/12/11) 会員の方は全文読めます; (宅老所の現場から2)歩くのも介護、「ありのままに」(2015/12/11) 会員の方は全文読めます; (宅老所の現場から 1)介護は振り回されてなんぼ(2015/12/10) · 「生と死を語る会」20年 坂口医師「死への準備教育広めたい」(2015/12/10) ...
宅老所の現場から④)「人として向かい合えるか」 詳しくは記事をご覧下さい。 http://www.asahi.com/articles/ASHDG66C0HDGUBQU004.html… (宅老所の現場から)「人として向かい合えるか」:朝日新聞デジタル. 「ジャンケンポン!」。俊太君(3)が小さい手を差し出すと、 ...
「もみの樹・渋谷本町」オープン(ニュースリリース) - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大和ハウス工業のグループ会社である大和ハウスライフサポート株式会社(本社:東京都港区、社長:高山隆夫)は、2015年12月1日、東京都渋谷区本町に介護付有料老人ホーム「もみの樹・渋谷本町」をオープンします。 当社は現在、介護を必要とする方を対象とした介護付 ...
要介護認定者を減少させるサービス - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
世界188カ国を対象に行った調査において、日本の健康寿命は男性71.11歳、女性75.56歳で第1位でした。健康寿命とは、介護の必要や日常生活に支障が出る病気がなく、自立して過ごせる期間を指しているもので、厚生労働省では「健康寿命をのばしましょう」をスローガンに ...
エキサイト 介護・家事支援サービス「ファミリーサポーター」を本格始動 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、「ファミリーサポーター」は、「介護離職ゼロ」の一助を担うべく、家事支援や生活支援のサポートサービスを相互に扶助する、地域の助け合いの仕組みを目指します。この仕組みを通じて、家事・介護の経験者(サポーター)はユーザに対してそのスキルを提供し、サポーターは ...
老人ホームなどの倒産が増えている。東京商工リサーチの調査では、今(2015)年1~10月の「老人福祉・介護事業」の倒産が62件に達し、すでに前年の年間件数(54件)を上回った。介護保険法が施行された2000年以降では、過去最悪のペースをたどっている。介護報酬が ...
薬剤師による「在宅医療サービス」って何? - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
それが、介護保険を利用した薬剤師の「在宅医療サービス」(居宅療養管理指導)です。そのサービス内容について、東京都文京区で「在宅医療サービス」に携わっている薬剤師・平野良枝さん(文京区薬剤師会理事、平成調剤薬局 管理薬剤師、ケアマネージャー)にお聞きしました ...
知的障害者や高齢者の出所後の行き先確保などに当たる「地域生活定着支援センター」も2011年度までに全都道府県に設けられ、刑務所をはじめとする矯正施設と福祉施設とをつなぐコーディネーターの役割を果たすようになった。 ところが、いま山本さんが懸念しているのは「 ...
身体疾患の認知症患者ケア、チーム医療評価 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症あり」の患者は、7対1もしくは10対1入院基本料の病床への入院患者の約2割、療養病棟では6割以上を占め、認知症患者が有する身体疾患は、脳梗塞、肺炎、骨折・外傷、心不全、尿路感染症、片麻痺など、多岐にわたる。「認知症なし」の患者よりも、看護提供頻度が ...
「もみの樹・渋谷本町」オープン(ニュースリリース) - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
... を構築します。 当社は、今後も加速する超高齢社会において、ご入居者が安全・安心な生活が送れる、家庭的で暖かな雰囲気と先進の技術を併せ持った施設を拡充していきます。 ... COMUOON」は、ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の登録商標です。 ※6.「JINRIKI」 ...
認知症の幻覚や暴言といった具体的な症状、認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)の特徴などをパネル16枚で紹介している。ケアマネジャーら専門家が、判断能力が不十分な人を支援する「成年後見制度」や、介護保険サービスなどに関する質問に答えるコーナー( ...
介護実習普及センターの講座・教室 - 福岡市 ふくおか市政だより WEB版 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
申し込み 12月1日以降に電話かファクス、来所で介護実習普及センターへ。ホームページ. (www.fukuwel.or.jp/practice/)でも受け付け。 【自助具製作教室】. 足元に手が届かなくても靴下を履くことができる「ソックスエイド」を作ります。 □日時/来年1月16日(土)午後2時~4時.
「社会福祉法人のプライド持って臨む」 老施協大会に2000人 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
全国老人福祉施設協議会の第72回大会「2025社会保障大改革(介護新時代)は現場の力で」が11日から3日間、都内で開かれた。約2000人 ... 開会式典には塩崎恭久・厚生労働大臣が駆け付け「世界で最も早く高齢化が進む現場で活躍しているのが皆さんだ。自信と誇りを ...
たしかに、自動車全体の売上からいえば、福祉車両のマーケットは小さい。しかし、その市場は、じわじわと右肩上がりだ。背景には、日本社会の高齢化がある。高齢社会は障害者中心社会であり、バリアフリー社会にならざるをえない。そのとき、移動の主役が福祉車両になるのは ...
認知症を予防する上でたいせつなことの1つは、人との関わり合いだといわれている。認知症を発症した初期段階で、家から出なくなり人との関係が減っていくと、認知症状は加速度的に進行していく。会話は、重要な認知症の予防策だ。しかし加齢にともない耳が聞こえにくく ...
15年後働く人790万人減少 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
卸売・小売業も1100万人が847万人に落ち込む。一方で医療・福祉は、高齢化に伴い747万人から910万人に増えると推計した。 研究会は、長時間労働の抑制といった働き方の改革を進めることで女性や高齢者らの雇用を増やすことのほか、生涯を通じた能力開発によって ...
2015年11月24日()
先日あるネット記事で、介護職には一般常識に欠ける人や教養の低い人が多いというような記事を見た。その記事の中では、ヘルパー2級はお金さえ払えばだれでも取れる、介護福祉士は国家資格の中で最も簡単な資格、介護施設では女性同士のパワーハラスメントが蔓延して ...
【産経抄】介護問題「解決には命を絶つしか…」そこまで追い詰められた人を救い出すことが急務だ 11月25日 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
安森さん一家は、淑子さんの母親を8年に及ぶ介護の末に看取(みと)っている。認知症が進んだ母親は、夜中に突然起き出して、徘徊(はいかい)しようとする。〈おかあさんお母さんと我を呼び赤子のごとくなりゆく老母(はは)は〉。疲れ果て眠れぬ夜が続いた淑子さんは、母親の姿 ...
産経抄】介護問題「解決には命を絶つしか…」そこまで追い詰められた人を救い出すことが急務だ 11月25日 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
安森さん一家は、淑子さんの母親を8年に及ぶ介護の末に看取(みと)っている。認知症が進んだ母親は、夜中に突然起き出して、徘徊(はいかい)しようとする。〈おかあさんお母さんと我を呼び赤子のごとくなりゆく老母(はは)は〉。疲れ果て眠れぬ夜が続いた淑子さんは、母親の姿 ...
老人ホームなどの倒産、過去最悪のペースで増加 人手不足も - エコノミックニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
老人ホームなどの倒産が増えている。東京商工リサーチの調査では、今(2015)年1~10月の「老人福祉・介護事業」の倒産が62件に達し、すでに前年の年間件数(54件)を上回った。介護保険法が施行された2000年以降では、過去最悪のペースをたどっている。介護報酬が ...
<な~るほど介護>レクリエーション 「生きがい」を支える - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
それぞれの介護現場がばらばらに行っているレクリエーション(介護レク)を体系化しようとしたのが、大阪市のIT会社「スマイル・プラス」。介護レクに関する一定の知識と技能を備えた人をレクリエーション介護士(レク介護士)と認定する制度を設け、昨年度に養成講座を開講。
老後の面倒は誰が見る?(中)老人ホームはどこに? 地方移住という議論も - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
これまで特養は、社会福祉法人が自ら建物を建てて所有する必要がありましたが、東京など都市部に限ってこの規制を緩和し、地主が建物を建て、丸ごと社会福祉法人に貸し出すことを認める方針です。自ら建物を所有する必要がないため、資金面での柔軟性が高まり、特養の ...
28日に認知症へ理解深める講座 宇都宮、講師に医師2人 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人シナプス埼玉精神神経センターの丸木雄一センター長が「認知症ケアネットワークの必要性」と題し、薬に頼らない医療について話す。自治医科大ステーション・ブレインクリニックの藤本健一氏は「しあわせになれる認知症のみかた」として、薬の飲み方について講演 ...
都心部を中心に、高齢者向け住宅事業を強化する動きが相次いでいる。先行してきた介護事業者に対抗しようと、積水化学工業が高齢者向けの新ブランド「ハイムガーデン」を本格展開するほか、大和ハウス工業はグループ会社を通じ、介護付き有料老人ホームを12月に開設する ...
介護慰労金の再開要望 群馬県市長会、補正予算措置も - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県市長会(会長・清水聖義太田市長)の市長会議が24日、前橋市内で開かれ、平成28年度の県予算に関して、市長会として提出する予定の要望書の中身について議論した。 会議では、26年度末で廃止となった「介護慰労金支給事業」などが議題となり、同事業については県に ...
ホームヘルパー、悪意の暴露ブログ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える「法廷ものがたり」。 「どんな輝かしい経歴の持ち主でもボケるときはボケるの ...
社説[介護離職ゼロ]掛け声は勇ましいが… - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
家族の負担、とりわけ「妻、嫁、娘」に集中していた介護を、社会全体で引き受けようと2000年にスタートしたのが介護保険制度だった。お年寄りや家族を支える制度として定着する一方、家庭の中では女性が仕事との両立に苦労するケースが目立ち、負担が偏る現実は変わってい ...
<な~るほど介護> レクリエーション - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護に一番必要なことって何だろう。食事、入浴、排せつの世話-。それで、介護を受ける人の生活はすべて快適になるのだろうか。同じくらい必要なのは、日々の楽しみ。もっと言えば、生きがい。それを支えるのが「介護レクリエーション」だ。
抗認知症薬の少量投与容認を 医師ら団体設立 添付文書改訂など目指す - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
患者個々の状態に合った形で抗認知症薬を使うには、承認用量では認められていない少量投与が容認される必要があるとして、医師らが設立した「抗認知症薬の適量処方を実現する会」(代表理事:長尾和宏氏・長尾クリニック院長)は11月23日、初めての総会を都内で開き、 ...
2015 -11 -24 本が読めなくなった祖母へKindle ー 高齢の方にこそ電子書籍を ライフ モノ 「本が読めなくなった」 読書家だった祖母が、電話で話していた時に漏らしていた言葉です。 My Kindle 読書を教えてくれた祖母 母方の祖母は今年で90歳。 小さい頃からとても僕を可愛がってくれ、家に行くたびに書道や絵画などの創作を色々教えてくれました。 祖母が熱心に読書している姿はあまり...
夫婦は2人暮らしで、寝室から「介護に疲れた。死にます」とメモされたノートが見つかったという。 寝屋川署によると、妻はベッド横の床の上で布団がかけられた状態で仰向けに倒れており、目立った外傷はなかった。メモは夫婦の連名で書かれ、離れて暮らす娘に宛てたものだっ ...
ワタミ、2期ぶり復配 介護事業売却で特別益 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
居酒屋大手のワタミは24日、2016年3月期の配当予想と株主優待制度の変更を発表した。本業は苦戦しているが、介護事業の売却で特別利益が出て最終黒字を確保できる見込みとなり、期末配当10円を実施する。復配は2期ぶり。株主優待は外食店舗などで使える優待券の ...
財務相、社会保障費増「5000億円弱に抑制」と念押し - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
診療報酬本体については、7対1入院基本料のほか、療養病床入院基本料の引き下げを提言。会議では、民間議員が、「2014年度改定の成果について、厚労相から説明を受けたが、『too late、too little』ではないか。7対1入院基本料の病床も、療養病床もわずかしか変化してい ...
介護施設向け国有地貸し出し、賃料半額に 財務省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人などの負担を減らして施設の積極的な整備を促し、安倍晋三政権が掲げる「介護離職ゼロ」につなげる。首都圏などの国有 ... 対象地域は高齢者増加率や介護離職率が高い東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、兵庫、福岡で公務員宿舎の跡地などを活用する。
先日、テレビを観ていると「NHKスペシャル シリーズ認知症革命」(NHK総合)という興味深い番組が放送されていた。第1回(11月14日放送)は「ついにわかった! 予防への道」と題されている。 初回から認知症との闘いにケリをつけに来たかのようなこの副題は嫌いじゃないが、 ...
診療報酬改定で歳出改革、後発医薬品半額以下に=諮問会議民間議員 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
東京 24日 ロイター] - 経済財政諮問会議の民間議員らは24日の同会議で、社会保障分野の歳出改革を大胆に推進するため、後発医薬品の価格を先発品の半額以下にすることや、医療の必要度が低い療養病床の診療報酬を引き下げるべき、などと提言した。 伊藤元重・東京 ...
労働力推計 15年後に800万人近く減少も - NHK (媒体での記事掲載終了)
このうち、経済成長率がほぼゼロで高齢者や女性の労働参加が進まない場合は、すべての都道府県で人口の減少を上回るペースで働く人が減り、15年後の2030年には就業者数は5561万人と、去年の平均値の6351万人から790万人、率にして12%減少すると推計され ...
<ユアハウスだより 普段着の認知症介護>繰り返される言葉 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
以前は他区のデイサービスを利用していましたが、認知症の症状が進行してきたため、主治医が施設入所を勧めました。しかし、ご家族の「住み慣れた自宅での暮らしを続けさせてあげたい」という思いと、ご本人の「施設は嫌」との意思から、デイサービスの管理者さんが、 ...
非正規社員の比率が初の4割台。で、得をしたのは誰か? - ハーバー・ビジネス・オンライン (媒体での記事掲載終了)
私が注目したいのは、非正規社員の増加は、定年退職した高齢者の再雇用が増えたからだという指摘だ。それをていねいに論じたのは、東洋経済オンラインの〈非正規雇用比率「4割大台乗せ」の正しい見方〉という記事。2013年月施工の改正高齢者雇用安定法が再雇用を促した ...
群馬県前橋市は、11月20日、認知症等による徘徊から高齢者の生命や身体の安全を守るため、前橋警察署及び前橋東警察署と連携や情報の共有に関する協定を締結したことを発表した。 主な取り組み内容. この取り組みは、原則、保護責任者の同意を得た上で、認知症徘徊 ...
「まるで違うクルマ? 激変した走りの謎に迫る!」トヨタ プリウス試乗レポート - Corism (媒体での記事掲載終了)
旧型は、姿勢変化が少なく高齢者でも楽に座れた点は美点だった。ある意味、ユニバーサルデザインでもある。新型もシートリフターで、なるべく高い位置に設定しておけば、ある程度は解決できる。また、新型はボンネットのカウルの高さを低くし、ヒップポイントが下がっても視界は ...
都市部の国有地 介護施設向け賃料原則半額へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
財務省は「介護離職ゼロ」など一億総活躍社会の実現に向け、都市部にある国有地を特別養護老人ホームなど介護施設に積極的に活用してもらおうと、来年1月から賃料を原則、今の半額まで引き下げることになりました。 これは、24日に開かれた有識者で作る財政制度等審議 ...
メッセージが3日続落、不祥事による業績悪化は限定的との見方も - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
ただ、一方で同証券では入居者数は、9月が前月比60人減、10月が同120人減となったが、「病院・ケアマネージャーなどからの紹介チャネルはほとんど変動がないようだ」と指摘。入居者動向をみるうえで重要度が高い紹介チャネルの堅持で「入居者減少は長期化しないと ...
ワタミ、2期ぶり復配 今期10円 介護事業売却で財務改善 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ワタミ(7522)は24日、2016年3月期の年間配当を10円にすると発表した。従来予想は前期に引き続き無配としていた。介護事業の売却による財務改善が見込まれることから2期ぶりに復配する。株主優待については業績への影響を考慮し、送付枚数を削減するなど変更する ...
認知症は、その症状が現れる十数年も前から脳に異常が起き始めているため、明らかな認知症を発症したときは進行が進んでおり、その後の予防対策は極めて困難となる。それを回避するために重要となるのが、認知症の前段階と言われる「軽度認知機能障害(MCI)」の時期 ...
両親・祖父母が一人暮らしになったら?知っておきたいサービス付き高齢者向け住宅(サ高住・サ付き)の基礎知識 - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリー構造を標準採用しているため、住宅内の移動がしやすく、安全性が高いので安心して生活できるというのが大きなメリットです。有料老人ホームと比べてると、サービス付き高齢者向け住宅の方がバリアフリー構造の基準が厳しく定め ...
認知症による交通事故の防止を図るため、鳥取県警は12月から県内3カ所の運転免許センターに看護師ら医療関係の有資格者を配置する。県内でも認知症が疑われるドライバーの事故は起きており、免許の更新時だけでなく普段から検査や相談の機会を設け、早期発見で事故 ...
介護福祉士、養成校定員割れ 道内需要は増加 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
国家資格の介護福祉士を養成する学校で定員割れが深刻になっている。道内の学校の入学定員に対する充足率は減少傾向で、本年度は5割を切った。「介護の仕事は過酷」というイメージから、他業種に若い人が流れていることが背景にある。高齢化が加速するなか、介護の ...
高齢者の負担増、受診抑制懸念か容認か? - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
骨太の方針」では、(1)社会保障制度の持続可能性と世代間・世代内での負担の公平化、負担能力に応じた負担を求める観点から、医療保険における高額療養費制度や後期高齢者の窓口負担の在り方について検討、(2)かかりつけ医の普及の観点から外来時の定額負担 ...
戦没者鎮魂 次代まで 遺族援護 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一関市室根町矢越字射勢沢の及川恭一さん(83)は、遺族会の発展などに努めたとして、社会福祉功労者(戦没者遺族援護)の知事表彰を受けた。「遺族会は高齢化が進み、次の世代へどうつなぎ、どう盛り上げていくかが課題」と継承への決意を新たにしている。 及川さん ...
ITヘルスケア学会は、医療・福祉・健康分野における情報と情報利活用に関わる学術学会(今年の学会レポート記事集)。 木村氏によれば、現在ITヘルスケア学会では医療・健康データのデータベース構築を ... このデータウェアハウス構想には、膨張する一方の国民医療費問題、団塊世代が後期高齢者 ...
地方点描:認知症[南秋田支局] - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
五城目町の介護老人保健施設「湖東老健」職員の鈴木学さん(44)は今夏、認知症の人と一緒に富士登山を経験した。多少落ち着かない様子こそあったが、仲間と登る姿は楽しそうだったという。「こうした触れ合いが、認知症に関心がある地域づくりにつながるのでは」と鈴木さん。
[FISCO]個別銘柄戦略:今週は介護関連や保育関連など政策期待銘柄に関心 - Klug クルーク (媒体での記事掲載終了)
TPP対策に絡んだ物色は限定的にとどまる可能性だが、「希望出生率1.8」、「介護離職ゼロ」などをテーマとして、育児・保育関連や介護関連などに注目度が高まっていくものと考える。また週末の報道では、革新機構がルネサス株の売却提案などと伝わっている。電子部品・ ...
個別銘柄戦略:今週は介護関連や保育関連など政策期待銘柄に関心 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
TPP対策に絡んだ物色は限定的にとどまる可能性だが、「希望出生率1.8」、「介護離職ゼロ」などをテーマとして、育児・保育関連や介護関連などに注目度が高まっていくものと考える。また週末の報道では、革新機構がルネサス株の売却提案などと伝わっている。電子部品・ ...
2015年11月23日()
トリプル・ダブリュー・ジャパン(東京)は、腸などの動きや変化を超音波センサーで察知し、排泄(はいせつ)のタイミングを予測してスマートフォンに知らせる機器「DFree(ディーフリー)」を開発した。現在、高齢者施設などで試験的に使用しており、来年4月を目標に、先行予約した ...
遊技提供の介護施設規制 県、神戸市「税金投入適さぬ」 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
神戸市と兵庫県は今秋、介護予防を目的にパチンコやマージャンなどの遊技を長時間提供するデイサービス(通所介護)施設を規制する全国初の条例を相次いで制定した。「カジノ型」や「アミューズメント型」と呼ばれ、高齢者が楽しみながら利用できる介護施設として注目され、 ...
老夫婦 利根川無理心中 認知症の妻、高齢の夫は介護疲れ… - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
署によると、波方容疑者は低体温症の状態で川岸におり、近くで母親が発見された。「生活が苦しく認知症の母の介護に疲れた。父が“死にたい”と言うので、3人で車に乗り川に入ったが車が止まってしまったので母親の手を引いて川に入った」と話している。署は無理心中を図っ ...
介護疲れ 無理心中か 利根川で両親死亡、容疑の娘逮捕 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
生活が苦しく、認知症の母の介護に疲れた。父が『死にたい』と言うので、3人で車に乗り川に入ったが、車が止まってしまったので母親の手を引いて川に入った」と話している。署は無理心中を図ったとみている。 逮捕容疑は21日ごろ、母親の藤田ヨキさん(81)を利根川に引き入れ ...
「一緒に死のう」介護疲れなどで無理心中か - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
埼玉県の川で高齢の夫婦が死亡しているのが見つかり、47歳の三女が逮捕された。警察は認知症の母親の介護疲れなどから、三女が無理心中をはかったとみて調べている。 記事全文. 埼玉県の川で高齢の夫婦が死亡しているのが見つかり、47歳の三女が逮捕された。警察は ...
認知症治療薬の処方量、現場の声集め提言 医師ら新団体設立 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療に携わる医師らがつくった「抗認知症薬の適量処方を実現する会」(兵庫県尼崎市)が23日、東京都内で設立総会を開いた。代表の長尾和宏医師は、徐々に量を増やして使わなければならないという認知症の薬の規定について「規定通りだと症状が悪くなるケースが ...
医師らが認知症薬の適量処方を呼びかけ - TBS News (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者が治療薬を必要以上に処方され、副作用が起きるケースが相次いでいるとして、医師らが適切な量の薬を使うよう呼びかけました。 医師や弁護士らでつくる一般社団法人「抗認知症薬の適量処方を実現する会」は、23日午後、東京都内で設立総会を開き、認知症 ...
住民ら「徘徊者」に優しく声掛け つくば吉沼で認知症対応訓練 - 常陽新聞スマートフォン版 (媒体での記事掲載終了)
安心して暮らせる地域づくりを進めようと、認知症の高齢者の徘徊(はいかい)に対応する声掛け訓練が23日、つくば市の吉沼小学校区内で行われた。住民ら計117人が、地域を歩く高齢者役に優しく声掛けした。市地域包括支援課が主催…続きを読むにはログインが必要です。
米国では、高齢になればなるほど、多くの方が”事前指示書”という形で、終末期の対応における自らの希望を事前に考え、書面にしています。 病院の側も、” ... 心肺蘇生してもらいたいですが、管につながれた状態で長生きするのも、寝たきりで生きるのも嫌です。もし元のように ...
予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「脳を使う競馬は効果的?」 - アサ芸プラス (媒体での記事掲載終了)
認知症の特効薬ができていない以上、その時が来るまで発症を遅らせるしかない。そのためには一度、自分の日常を見直し、脳が活性化できるよう積極的に習慣を変えていくこと。結局は、ちょっとしたくふうと努力の積み重ねが予防につながる。それに尽きます」. 手遅れになる前 ...
認知症の母の介護の心労で無理心中か - NHK (媒体での記事掲載終了)
22日、高齢の両親を車に乗せて川に入り、無理心中を図ったとして、埼玉県深谷市に住む47歳の三女が殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕された事件で、三女は認知症の母親の介護を続けていたということで、警察では病気で父親が働けなくなった生活苦のほか、介護の心労も ...
安倍政権が掲げる「一億総活躍社会」の実現について検討する「一億総活躍国民会議」は22日、小中学校の必修科目として「農業」を新設する案を提案した。少子高齢化が進むなか、子どもの労働力に着目し、これを積極的に活用していく狙いがあるとみられる。授業時間は文系科目の国語と社会を削減して捻出する。  日本の未来を切り開く新たな国づくりの方針として「強い経済」など、3つの柱からなる政策「新・三本の矢」を掲げる...
介護離職をしない・させないために、私たちができること - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
労働や介護休業に関する法律では、10人以上の社員がいる企業の就業規則に、介護休業(対象者・手続き・期間)の取り扱い、その間の賃金、短時間労働や時間差出勤などのルールを記載し、それを労働基準監督署に届けることを義務付けています。しかし、企業や法律がこの ...
大分市の高齢者福祉施設で山車や囃子を披露 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
地域のお年寄りに元気を届けようと大分市鶴崎地区の高齢者福祉施設で人形山車の曳き回しが勇壮に披露されました。大分市鶴崎の高齢者施設、「さわやか荘」に登場したのは市内屈指の大きさを誇る人形山車と太鼓山車です。施設から「お年寄りに祭りの山車を見せてあげ ...
介護苦に無理心中か、高齢夫婦死亡 三女を逮捕 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
高齢の両親とともに、埼玉県深谷市の利根川に入り、母親を殺害し父親の自殺を幇助したとして47歳の三女が逮捕されました。母親の介護を苦にした無理心中とみられています。 殺人と自殺幇助の疑いで逮捕されたのは、埼玉県深谷市の無職・波方敦子容疑者(47)です。
安倍晋三政権の目玉政策「新3本の矢」の一つ「介護離職ゼロ」の具体化へむけて、厚生労働省が介護サービス「充実・加速化」案を検討しています。従来の在宅・施設整備計画に6万人程度上乗せするなどというものです。特別養護老人ホームの入所待ちの高齢者が50万人を ...
広がれ、希望の美容 「闘病生活 前向きに」二宮町の高塚さん - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
キレイになって明るく生きて-。闘病中の患者や高齢者らにマッサージや化粧を施し、身体・精神的苦痛を和らげて「生活の質向上」を目指すソシオエステティック。医療や福祉の知識に基づくケアの効果に対する理解と認知度を高めようと、ソシオエステティシャン高塚静恵 ...
民間資金活用で複合ビル 都、保育所や高齢者住宅を併設 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
東京都は、民間資金を活用して、保育所や高齢者住宅といった福祉施設を併設した複合ビルやマンションを整備する事業に乗り出す。来年2月までに都の出資と民間から集めた資金で100億円規模のファンドをつくり、投資家には賃料収入から配当を還元する。 東京都心は地価 ...
深夜に都内をただただ歩き回る「深夜徘徊の会」は瞑想や座禅に似た感覚を味わえるらしい - ねとらぼ (媒体での記事掲載終了)
街をさまよい歩く「徘徊」。この、あてもなく歩きまわる行為をイベント化したものが都内で行われている。 その名もズバリ「深夜徘徊の会」。略して「徘会」といわれるこのイベント、集まった参加者で何をするのかというと、約3時間のコースをただ「歩く」というもの。なんともアバウトな ...
三浦は民族差別の解消に取り組んできた社会福祉法人の職員。民族名で通える保育園を1970年代から運営し、孤立しがちな子どもたちの居場所をつくり、せめて心安らかに老後を過ごしてほしいと在日高齢者の福祉を担う。 三浦には思い当たる節があった。9月、桜本で在日1 ...
「母が認知症で疲れた、父も死にたいと」47歳女逮捕 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
警察の調べによりますと、波方容疑者は両親を軽自動車に乗せて川に入った後、3人で車を降り、深い所まで歩いていったということです。波方容疑者は「母が認知症で介護に疲れた。父も死にたいと言っていた」と話していて、警察は波方容疑者が無理心中を図ったとみて殺人 ...
【パーキングパーミット制度】 関根 千佳さん - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
無理もない。海外の多くの国では、障害者用の駐車場にニーズのない人が停(と)めることは許されていない。車いすユーザーは、乗降の際に大きくドアを開閉する必要があるため、広いスペースが必要だ。歩行困難な高齢者や妊産婦の場合は、入り口に近い方が有難(ありがた)い ...
自民党支持者のかなりが松井、吉村両候補に投票をしたことを見ても、民主党や共産党と組んだことへのアレルギーがあったのと、若い世代から搾取して高齢者福祉にばらまこうとした大阪自民党には、有権者をなんら説得する中味がなかったことになります。結果、大阪自民党 ...
「生活相談員の実務」算入 人材確保策、社会福祉士・受験資格 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
本県など被災地では相談員が被災者に寄り添いながら多くの経験とノウハウを身に付けており、キャリアを実務経験として認めることで、相談員経験者に高齢者福祉の分野など活躍の場を広げてもらう狙いもある。 社会福祉士の国家試験は昨年度、約4万5000人が受験した。
日清オイリオは、40歳以上の男女1200人を対象に「認知症予防に関する意識調査」を実施し、その結果を発表した。40代でも5割の人が認知症の予防に関心があると答えた。 今回の調査は、日清オイリオが行う「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策PJ」のうちの1つ。 40代でも情報 ...
介護職場のイメージアップ - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職の魅力をPRする「ながさき介護ありがとうフェア」が22日、長崎市浜町のベルナード観光通りであり、市民らが展示やステージを楽しみながら介護の現場について理解を深めた。 介護職場のイメージアップなどを図り人材確保につなげようと、県社会福祉協議会などが ...
2015年11月22日()
老人ホーム入居権詐欺横行 親切心つけこむ売買話、巧妙 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
あなたに老人ホームの入居権が当たった」「困っている人がいるので、名義を貸して」と高齢者にうその話を持ち掛け、現金をだまし取るニセ電話詐欺が相次いでいる。老人ホームの入所待ちが多い現状や、親切心につけ込もうとする手口とみられ、国民生活センターなどへの相談 ...
跡見学園女子大生と地域のお年寄り 世代を超えて料理を楽しむ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
跡見学園女子大(文京区)のゼミ生が高齢者との食事会をしている。学生がメニューを考え、一緒に作って食べる。大学の提案を区が世代間交流事業のプロジェクトの一つに位置づけ、十月から始まった。文京総合福祉センターで十二月まで月一回開き、区内の高齢者クラブから ...
認知症 「MCI」段階で早期診断できれば発症を防ぎ後戻り可 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
全国に約500万人いる認知症患者は2025年に最大730万人に達する。10年後には65才以上の高齢者の5人に1人が認知症となる――厚労省は今年初め、そんな試算を発表して、世間に衝撃を与えた。 どんどん日本人の平均寿命は延び、誰もが認知症. 全国に約500万人いる ...
自宅や介護施設における多剤耐性菌対策 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ただ、それに準じた対応を在宅ケア(≒暮らし)でも実践するとなると、利用者が一緒に食事をしたり、レクリエーションをしたり、トイレを共用するような介護サービスを受けることなんて、とても許されないような気がするでしょう。 ただし、デイサービスがダメだとするなら、スーパーへの ...
認知症の介護苦に無理心中か 三女を逮捕 - NHK (媒体での記事掲載終了)
22日、埼玉県の利根川で74歳と81歳の夫婦が川の中で死亡しているのが見つかり、警察は、47歳の三女が認知症の母親の介護を苦に無理心中を図ったとして殺人と自殺ほう助の疑いで逮捕しました。 22日午前9時すぎ、埼玉県熊谷市間々田の利根川で、埼玉県深谷市の ...
高齢者支えて17年 気仙沼ぶどうの会 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
高齢者を支援する気仙沼市の市民団体「ぶどうの会」が、東日本大震災を乗り越えて活動を続けている。「お年寄りの暮らしを支えることができ ... 地元の福祉施設の手伝いをしながら、2000年から週1回の弁当宅配やデイサービスを始めた。後藤さんが、母の介護で集いの場など ...
介護保険あり方考える 安曇野で集会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪社会保障推進協議会(大阪市)の日下部雅喜さんが「これからの社会保障と介護保険制度」と題して講演し、介護サービス事業者に支払われる介護報酬が四月から2・27%引き下げられたことに「一刻も早く介護報酬を引き上げるべきだ」として引き下げに反対を主張。
問題を一層複雑にしているのは、認知症の方の割合が高齢者で非常に増加することだ。すでに65歳以上の4人に1人が認知症と言われている。 だが現状、私たちはどれだけ「認知症」について正しく理解できているだろうか。老化、物忘れと認知症の違いは? うつ病と認知症の ...
新人介護福祉士を演じた若手女優・吉岡里帆、介護の理想と現実を痛感 - シネマトゥデイ (媒体での記事掲載終了)
新人介護福祉士を演じた吉岡は「新人で理想があって、でも現実で自分が介護するときはうまくいかなくて。その目の前で韓国から来た自由奔放で優しい女性が、介護を通して人と絆(きずな)を結んでいくのを見せつけられるという辛い役どころでした」と演じた役柄について説明。
予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「ジョギングは控えめの方が良い」 - アサ芸プラス (媒体での記事掲載終了)
【5】認知症になるリスクが少ないのは「営業職」と「事務職」のどっち? 「例えば数字の計算だけを行うような事務系の仕事は単純作業が多いため、どうしても想像力を発揮する機会が少ない。営業であれば、あらゆる角度から情報を入手し、それを分析。どういう作戦で相手を ...
石倉三郎「明日はわが身」初主演映画で介護される役 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
タレント石倉三郎(68)が22日、都内で、介護をテーマにした初主演映画「つむぐもの」(犬童一利監督、来春公開)の舞台あいさつを行った。 介護をされる役を演じた石倉は「明日はわが身。役でやっているのか、本当になったのか分からないくらい熱中して演じた。撮影を終えて宿 ...
【深掘り】投与めぐり対応ばらばら 認知症薬、模索続く - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
記憶力低下の原因解明、九大 抗てんかん薬副作用. 【深掘り】投与めぐり対応ばらばら 認知症薬、模索続く. 2015年11月22日 11:11 社会・くらし 医療・健康 深掘り 注目 認知症 · このエントリーをはてなブックマークに追加. この記事は沖縄タイムス+プラス有料会員限定です。
生保協会県協、福祉巡回車など贈る - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀市の県社会福祉会館であった贈呈式では、施設の巡回や高齢者宅の訪問などに使う福祉巡回車両や草刈り機、収納庫などが贈られた。鳥栖市社会福祉協議会の小石正明会長は「現在、使用している公用車が老朽化して安全な運行に支障が出る状況だったので、車両の ...
高齢者福祉など、栃木県知事が町民と意見交換 上三川で元気フォーラム - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
福田富一(ふくだとみかず)知事が県内各市町に出向き県民と対話する「知事と語ろう!とちぎ元気フォーラムin上三川」が21日、上三川町上蒲生の上三川いきいきプラザ大会議室で開かれ、町民ら約80人が参加し高齢者福祉などに関し意見交換した。 フォーラムでは、町食生活 ...
バルーントイレ建て替えへ 佐賀市 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年秋の熱気球世界選手権に向け、佐賀市は嘉瀬川河川敷会場にあるバルーントイレを建て替える。バルーンの外観でランドマークとしても親しまれてきたが、築20年以上で老朽化していることに加え、高齢者や身障者の利用にも対応できるユニバーサルデザイン化の必要性が ...
その結果、40代・50代夫婦の約6割以上が、「配偶者に介護が必要になる可能性は低い」と回答した。自身の健康状態についてどれだけ把握しているかの調査では、健康診断の受診頻度が、男性は毎年受診するという人が約8割と高いのに対し、女性は約半数にとどまった。
2015年11月21日()
認知症薬、審査に地域差 9県で少量投与認めず - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
認知症の進行を遅らせる抗認知症薬を規定の有効量を下回って少量投与した場合、過去3年間で全国の国民健康保険団体連合会(国保連)のうち9県が医療機関からの診療報酬支払い請求を認めない査定をしたことが、共同通信の調査で21日、分かった。26都県では、認め ...
さらに、シニア住宅の看護師やケアマネージャーが健康や安全面をサポートし、安心して体操ができる態勢を整えている。 入居者の約6割が「ロコモ予防体操教室」に参加しており、「体調が良い」、「体力が付いた」といった声が寄せられている。また、スタッフも、施設内に活気が出 ...
高齢者の交流重点「ひのき荘」が完成 越谷できょう開所 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
越谷市で四番目となる老人福祉センター「ひのき荘」(同市川柳町二)が完成し、二十二日に開所式を行う。介護予防や相談窓口の機能を持つ地域包括支援センターが入居し、充実した高齢者同士のレクリエーションや交流イベントなどを実施できるようになる。 定員は三百人。
障害者と農業つなぐ 白井の「ニッポン食堂」 栽培から販売まで一緒に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者らと一緒に、農業ビジネスに挑戦している会社が白井市にある。福祉と農業をつなげ、障害者の雇用と農家の人手不足という二つの問題を解決しようとする取り組み。将来的には、豊かな自然を生かした体験農園や、障害者の居場所づくりもしたいと意気込む。 (三輪喜人).
<かわさき見聞記>目指す「川崎のレガシー」 市独自の試み「かわさきパラムーブメント」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
五十一年をへて高齢化社会となった今、市は「かわさきパラムーブメント」を推進する。二〇二〇 ... 委員の一人で、企業などにユニバーサルデザインの提言やコンサルティングを行う「バリアフリーカンパニー」の中沢信さん(54)=東京都=がアイデアの一端を披露する。 中沢さん ...
医療・介護機器の開発支援 県、トップ企業育成へ - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は、医療・介護などに関連する特定分野で強みを発揮し、世界トップレベルの優れた技術開発力を誇る中小企業育成に乗り出す。機器の研究開発から製品化、導入促進、海外展開まで一貫して支援するプロジェクトで、企業の成長を促すとともに、医療・介護現場などの作業 ...
高齢者福祉など、町民と意見交換 元気フォーラムで栃木県知事 上三川 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
福田富一(ふくだとみかず)知事が県内各市町に出向き県民と対話する「知事と語ろう!とちぎ元気フォーラムin上三川」が21日、上三川町上蒲生の上三川いきいきプラザ大会議室で開かれ、町民ら約80人が参加し高齢者福祉などに関し意見交換した。 フォーラムでは、町食生活 ...
高齢者福祉など、町民と意見交換 元気フォーラムで栃木県知事 上三川 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
福田富一(ふくだとみかず)知事が県内各市町に出向き県民と対話する「知事と語ろう!とちぎ元気フォーラムin上三川」が21日、上三川町上蒲生の上三川いきいきプラザ大会議室で開かれ、町民ら約80人が参加し高齢者福祉などに関し意見交換した。 フォーラムでは、町食生活 ...
家計の担い手が発症したら 経済的支援は 認知症社会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
夫が普通に働き続け、退職金の一部で家のローンの残額を減らして……」。東京都の女性(59)が思い描いた将来は、公務員だった夫(61)が2008年に54歳で若年認知症と診断されたことで白紙になった。 夫は電話応対の失敗や書類の提出忘れが続き、診断を機に休職した。
恵楓園内の保育所、入所者と交流定着 行事を一緒に、ともに癒やし - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
国立ハンセン病療養所菊池恵楓園(熊本県合志市)内で保育所「かえでの森こども園」(松崎景子園長)を運営する社会福祉法人が、2017年春までに建物を新築し、定員(36人)を最大120人まで拡大することになった。開設当初は園児不足に直面したが、入所者との交流や運営実績を積み重ね、現在の認可外保育 ...
「カイゴ」男女グランプリが決定 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岡山県内の介護現場で活躍する「カイゴ男子」「カイゴ女子」を発掘するプロジェクトの最終審査会が21日、岡山市北区下石井のイオンモール岡山おかやま未来ホールで開かれ、入場者による投票で初代のグランプリ、準グランプリの各2人が決まった。イベント参加や写真集の ...
警視庁 認知症の対応ハンドブック作成 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者などの対応を警察官が迫られるケースが相次いでいることから、警視庁は保護が必要な状態かどうか対応する際の注意点をまとめたハンドブックを作成し、すべての警察官と職員4万6000人に配布して、現場で活用することになりました。 認知症の高齢者が ...
認知症薬、審査に地域差 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
認知症の進行を遅らせる抗認知症薬を規定の有効量を下回って少量投与した場合、過去3年間で全国の国民健康保険団体連合会(国保連)のうち9県が医療機関からの診療報酬支払い請求を認めない査定をしたことが、共同通信の調査で21日、分かった。26都県では、認め ...
認知症薬、審査に地域差 9県で少量投与認めず - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の進行を遅らせる抗認知症薬を規定の有効量を下回って少量投与した場合、過去3年間で全国の国民健康保険団体連合会(国保連)のうち9県が医療機関からの診療報酬支払い請求を認めない査定をしたことが、共同通信の調査で21日、分かった。26都県では、認め ...
予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「睡眠中の脳は運動している」 - アサ芸プラス (媒体での記事掲載終了)
家族や友人のみならず、自分のこともわからなくなり、生活にも大きな支障を来す──。誰もがそうなる危険性を秘める認知症。健康な人生を全うするために、ふだんの生活でできることはあるのか。専門家が「脳活性化の秘策」をズバッと14選抜! 予備軍も含め、その数は800万 ...
認知症 「MCI」段階で早期診断できれば発症を防ぎ後戻り可 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
全国に約500万人いる認知症患者は2025年に最大730万人に達する。10年後には65才以上の高齢者の5人に1人が認知症となる――厚労省は今年初め、そんな試算を発表して、世間に衝撃を与えた。 どんどん日本人の平均寿命は延び、誰もが認知症のリスクに直面する ...
「一億総活躍社会」 緊急対策の原案判明 NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
一億総活躍社会の実現に向けて、国民会議で取りまとめる緊急対策の原案が明らかになり、緊急に対応すべき施策として、認可保育所などの整備の前倒しや、都市部に介護施設を確保するための国有地の賃料の減額などが盛り込まれています。 それによりますと、「希望出生率1.8の実現」に向け、不妊治療の支援拡充や認可保育所などの整備の前倒し、3世代同居のための住宅建設支援などを、緊急に対応すべきものとして盛り込んでいま...
ドッグケアホーム「セカンド・マム」 介護が必要な愛犬をサポート - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
東西線の行徳駅から徒歩約7分の距離にある「セカンド・マム」(千葉県市川市)は、筋力低下や病気など、シニア期に入り介護が必要な愛犬を安心して預けられるドッグケアホームだ。 老犬介護のスペシャリストがサポートしてくれるので、犬を家に残して出かけるのが不安な人に ...
敬老パス(シルバーパス)という歪んだ制度の行方に、日本政治の未来がある -大阪ダブル選挙の応援を終えて- - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
続き)さらに敬老パスは高齢者の健康維持に役立つ、それで財源を生み出せるといった主張を以前していたのが消えている。実は大阪市の医療費は無料敬老パスを実施していてもむしろ高い、介護認定率も高い、70歳からの医療費が高く平均寿命も短い。 pic.twitter.com/ ...
【トラトラ株】2万円大台が目前! 注目銘柄は『学研HD』『セレス』『クオール』 (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
ちなみに、同社の2015年9月期の高齢者福祉・子育て支援事業における売上高は前期比38・7%増の145・74億円、営業利益は前期比4・2億円増の1・01億円となった。介護報酬改定による減収や譲受物件の引き継ぎなどによる固定費増があったが、増収に加え、施設運営 ...
「地域の子供が、おじいちゃんに会いにくる」 "銀木犀"の高齢者が幸せそうな理由 下河原忠道さんに聞く - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
入居してきたばかりの人で、『認知症による摂食障害』とケアマネージャーさんから言われていた女性がいたんです。銀木犀を担当する心ある在宅医が、病院の食事が美味しくなかっただけなんじゃないかと考えて、『おばあちゃん、何食べたい?』と聞いてみたんです。そうしたら『 ...
<ゆめのほとり―認知症グループホーム福寿荘―> 伊勢真一監督「寄り添いドキュメンタリー」明るくてたくましい認知症のお婆ちゃんたち - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
北海道札幌市白石区のグループホーム「福寿草」の2年にわたるドキュメンタリー映画である。住人は認知症のお年寄り9人。福寿草は春一番先に咲く花だ。雪が解けて、誰が見ていなくても一番先に咲く。美しくて強い。みんながひとりずつ強くなれればいい。だから「福寿荘」と ...