介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年11月20日()
続き)さらに敬老パスは高齢者の健康維持に役立つ、それで財源を生み出せるといった主張を以前していたのが消えている。実は大阪市の医療費は無料敬老パスを実施していてもむしろ高い、介護認定率も高い、70歳からの医療費が高く平均寿命も短い。 pic.twitter.com/ ...
認知症防止へ知恵絞る企業 商品やサービス次々に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の予防や改善につながる商品やサービスが次々と生まれている。他人の目を気にせずに自宅で利用できる商品などが人気で、関連商品の市場規模は十年後の二〇二五年には約三倍超に拡大する見込み。ニーズの高まりを受けて企業の取り組みにも熱が入ってきている ...
視野狭窄に気付かず…高齢ドライバーに潜む危険 認知症以外にも - dot. (媒体での記事掲載終了)
ここのところ、高齢ドライバーによる事故の報道を目にすることが多くなった。原因のひとつとして認知症などが注目されるが、一方、高齢ドライバーに潜む危険は、認知症だけではない。 東北大学病院(眼科)の国松志保講師は、重症の緑内障患者から「歩行者を巻き込む事故を ...
2015年10月8日、厚生労働省の「介護プロフェッショナルキャリア段位制度の在り方に関する検討会」の初会合が開かれ、同制度の普及状況や今後の制度のあり方について話し合われた。同検討会は来年3月をめどに報告書を取りまとめ、制度の位置づけなどを提示する予定だ ...
患者団体が精神科を評価 ネットで公開 NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
うつ病や統合失調症などの患者や家族でつくるNPOが、精神科の医療機関の診療の内容などを独自に点数化したアンケートの結果を、インターネットで公開しました。NPOは「患者や家族が医療機関を選ぶ際の参考にしてほしい」としています。 アンケート結果を公開したのは、うつ病や統合失調症などの患者や家族ら、およそ1万人の会員でつくるNPO法人、「地域精神保健福祉機構」です。 NPOによりますと、会員の患者のうち...
ユーモアセンスの変化、認知症の前触れか - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病に関する学術誌に今月発表された研究で、ユーモアのセンスの変化は認知症の診断より最長で10年ほど前から起こり得ることが分かった。例えば、以前好んでいた皮肉や不条理なユーモアよりも、どたばた喜劇のようなユーモアを急に好むようになるのは、後に ...
平成20年度からはじまった「介護作文フォトコンテスト」は、これから更に身近になる「介護」について、関心を持ち、広く深く理解してもらうため、「作文(エッセイ)」、「写真(フォト)」と二つの部門にて、一般の方、学生の方、介護従事者を問わず、介護に携わる方の応募を広く募集 ...
「公立病院は高コスト体質」と問題視、保険者 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
これに対し、支払側の健保連は「療養病床60%以上」「それ以外」「DPC対象病院」など機能別の損益差額率のほか、「国立」「公立」「医療法人」など開設者別の損益差額率の経年変化の資料を提示した。その結果、「療養病床60%以上の病院は安定して黒字を確保している」「 ...
介護担う人材 仕事探しを後押し - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
上越と妙高のハローワークは17日、上越市の県立上越テクノスクールで、福祉や介護の分野での仕事を探している人に向けた就職面接会「介護就職デイ」を開いた。約60人の就職希望者が訪れ、事業者の採用担当者から業務内容の説明を受けながら面接に臨んだ。
福祉除雪、今冬5260世帯 高齢化進み3年連続大台 札幌市、協力員確保に懸命 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
70歳以上の高齢者や重度の障害者のみの世帯などを対象にした札幌市の福祉除雪サービスの利用申し込みは本年度5260世帯で、3年連続で5千世帯を超えた。高齢化の進行で利用申し込みは増えていて、窓口の市社会福祉協議会は除雪を担う有償ボランティアの確保に ...
「介護の日」制度拡充や改善訴え署名活動 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
介護の日」(11日)に合わせ、宮城県内の医療福祉団体や労働組合の関係者らが15日、仙台市中心部で、介護、保育両分野の制度や処遇の改善など福祉の拡充を求める署名活動を行った。 県民主医療機関連合会、社会福祉法人宮城厚生福祉会などでつくる実行委員会が ...
2015-11-20 はてブ人気エントリーをブクマしてからスパム行為(報酬32円)をしてください Web この日記では、過去にクラウドワークスやランサーズで「お金を払うので、このURLにはてなブックマークをしてください」というダークな案件を紹介してきた。今日もクラウドワークスを徘徊していたら、1件32円ではてブスパムをお願い! という案件が出ていた。今までとちょっとだけ違うのは、「私が提示した人気...
多世代交流で、認知症の理解深めて - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
新潟市南区の臼井中学校2年生約30人が17日、地域の高齢者と一緒に認知症講座に臨み、スポーツもした。生徒は認知症への理解を深めるとともに、世代間交流を ... 地域のグループホーム職員は「みなさんができることはたくさんある。みんなで支え合える地域にしてほしい」と ...
上がり続ける「介護保険」地域格差3倍以上!それでも入れない特養ホーム - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
街で年配の人に聞くと、「年金が上がらないのに介護保険料は上がる」「状況、世相があまりよくない」という声があふれている。介護保険料の全国平均額は2000年が月2911円だったのが、今年(2015年)は5514円と上がっていて、10年後には8165円になると予想される。
ビーコンを使い、子どもや認知症高齢者を見守り……JR西とHAMOLO、事業化に向け実験 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
西日本旅客鉄道(JR西日本)とHAMOLOは19日、「見守り位置検索サービス」の事業化に向け、共同実験を行うことを発表した。ビーコンを活用し、子どもや認知症高齢者の位置情報を把握するものだ。 HAMOLOは、ビーコンを活用した位置検索サービス「キンセイ」を首都圏を ...
エス・エム・エス、サービス付き高齢者住宅向け経営支援サービスを開始 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
これにともない、高齢者向けのバリアフリー構造を持ち、地域の介護や医療と連携して高齢者向けのサービスを提供するサ高住の数も増加、平成27年9月時点で約5,700棟が登録されている。 サ高住は一般的に介護事業所を併設しているケースが多く、サ高住と介護事業所の ...
20、21の両日は「バリアフリーさが映画祭2015」と題し、視覚、聴覚に障害のある人や、子どもから高齢者まで幅広い世代が楽しめるよう、副音声と日本語字幕をつけて計5本を上映する。21日の「くちびるに歌を」の上映前には、嬉野高生徒による手話パフォーマンスもある。
県は、沿岸市町村が低所得者世帯などに灯油購入費の助成を行う場合に経費の一部を支援する「被災地福祉灯油」を今冬も継続する。東日本大震災後 ... 対象世帯は沿岸12市町村の高齢者や障害者、一人親で市町村民税の非課税世帯もしくは生活保護世帯。市町村の助成 ...
高齢者の犯罪 「貧困と孤立」を防がねば - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や認知症対策が必要な受刑者も増えている。「刑務所の福祉施設化」という表現もあるほどだ。 このままでよいはずがない。犯罪対策や福祉政策といった従来の縦割り型の発想と対応では限界がある。高齢者の貧困や孤立をどう防ぐか。自ら声を上げにくい高齢者にも支援 ...
老人ホームで虐待?苦情や相談はどこに言う? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
そんなときは、老人ホームがある市区町村に話しましょう。苦情相談窓口、あるいは利用されているサービスを担当する課が窓口です。介護保険なら介護保険課、障害者福祉なら障害者福祉担当課や福祉事務所ですね。苦情や相談の内容に応じ、関連機関と協力して調整や問題 ...
「スマート下着」「テクニカル繊維」で"テンバーガー"も夢ではない!? - 会社四季報オンライン (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
これにより認知症の徘徊高齢者がどこに行ったかわからなくなるといった事態にも対応できる。 もちろん、これらの機能を持った下着が実用化されるには、解決すべき問題が山ほどある。たとえば、洗濯などに耐えられるセンサーやチップが必要となるだろう。また、値段もアップル ...
人によって様々な症状が出現する認知症においても、患者自身および周囲の環境・人に大きな損害を与える結果になりかねない症例の初期症状といわれるものの1つが、「レム睡眠行動障害」です。 これは「レビー小体型認知症」の初期症状の1種とみられている症状で、睡眠中に ...
認知症対策に新たな解決方法「家族信託」専門サイトオープン. 2015年11月20日. 『民事信託・家族信託ドットコム』. 司法書士法人オフィスワングループは、民事信託・家族信託専門のホームページ『民事信託・家族信託ドットコム』を、2015年11月2日にオープンしたと発表した。
親の老後を看る子どもは…?(後) - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
PRESIDENT Online」(2014年12月20日)に、「ベスト・ケアマネージャー」と称するFさんが、「親が介護になっても他人事みたいな感じで、そう深刻に受け止めず、我々介護サービス業者に介護を丸投げする人が結構いるんですよね」と証言している。「家族の2人に1人が”拒否・ ...
2015年11月19日()
介護度が5から1に下がる人も多いという。「特別なことは何もしていない。逆にこれが自然な回復力だと見せつけられています」。 現在、「介護する、される」関係ではなく、「高齢者も私も笑って自分らしく」との想いをもつケアマネージャー(正社員/パート時給〜1500円)を募集中。
市内白旗にオープンした「KEiROW(ケイロウ)」は、国家資格(あんまマッサージ指圧師)の資格を持つマッサージ師が自宅や高齢者施設などに訪問する。施術はオールハンドで30分ほど、慢性的な痛みやむくみの軽減、マヒなどの機能障害の改善が期待できる。医師の同意が ...
高齢化の一途をたどる日本社会。誰もが認知症のリスクに直面することになるわけだが、そんななかNHKスペシャル『シリーズ認知症革命』が大きな話題になっている。 「ついにわかった! 予防への道」と銘打たれた第1回放送(11月14日)では、いったん発症すると治療は困難 ...
利用はケアマネージャーを通しての申込みとなる。 同院では通常のリハビリのほか、お菓子作りや工作、ミニゲーム、演奏会といった多様なレクリエーションを取り入れている。同科の高橋順子介護福祉士は「閉じこもらずに人と交流するのも健康には大切なこと。通い始めてから ...
認知症の予防策は早歩きと知的活動 習慣的なコーヒーも有効 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
付け加えるなら、認知症予防のポイントはもう2つあります。1つは食事。脂っこいもの、塩分の強いものは控え、青魚や野菜、果物を積極的に摂取しましょう。もう1つは知的活動です。パズルや折り紙、麻雀や囲碁、将棋などがいい。ひとりでやるより、大人数でワイワイと楽しんで ...
高齢化の進展に伴い、認知症など意識障害による交通事故が、大きな社会リスクとなっている。10月末には宮崎市で暴走した軽乗用車が6人をはね、うち2人が死亡する事故があり、73歳の男が自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で逮捕された。男はてんかんを患っ ...
自宅での介護が困難にもかかわらず、特養や老健、グループホームなどへの入所はますます難しい時代になっています。そのような場合、利用する人が多いのが「お泊まりデイサービス」です。しかし通称「お泊まりデイ」とも呼ばれるこのサービスについて、国が規制をかけることを ...
バブル世代のお姉さんに赤ワイン傾けながら「男ってバカね」 (媒体での記事掲載終了)
って言われたら落ちるだろ?いつも高齢女子叩いてるお前らでも。このよさがわかんねーかなあツイートする
介護だけではない 見えてきた「老老相続」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
超高齢化が進む日本の社会では、いわゆる「老老介護」の問題がよく知られています。高齢者の介護について、同じ高齢の親族などが面倒をみなければならない――。実は、これと同様の現象が相続の現場でも起こってい…
女性の就業増加でも横ばいの男女の賃金格差-男性より依然3割低く - ブルームバーグ (媒体での記事掲載終了)
これを端的に示す例が医療・福祉業界で働く女性が増えていることだと、ニッセイ基礎研究所の土堤内昭雄主任研究員は指摘する。女性は高齢者介護業界に多数進出し、低賃金の現場作業の仕事の需要を満たしているという。 女性が男性と同じように上級職に就くチャンスを得 ...
グローバルに展開するための武器とは? - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了)
その意味で、日本にあるその種のサービスや技術は高齢社会の到来によって育まれたものだと言えますよね。 左 制度的な問題はあるにはせよ、日本の介護サービスのレベル .... それは、まだヘルパーさんに家に来てほしくないとか、まだデイサービスに行くほどの歳じゃないとか、そういう感覚だからなんです ...
厚労省が医療費を抑えるために早い段階での退院を促しているため。ただ日本の入院日数は先進国の約2倍の水準といわれており、一段の短縮が課題になる。 入院ベッド(病床)の種類ごとにみると、最も大きく減ったのは慢性期の患者向けの療養病床で3.7日短縮の164.6日。
無料で人材を募集できる対象職種は、介護士、調理職員、ホームヘルパー(在宅・施設)、有料老人ホームヘルパー、介護事務員。それ以外は有料となる。 要介護者はこれからも増えていく。「カイポケ住まい」の利用により質の高いサービスを提供できる事業所が増えることが期待 ...
指切断も 高齢者の低温やけど (媒体での記事掲載終了)
岡村製作所の3製品が「IAUDアウォード2015」受賞 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
2015年11月9日、一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)から「IAUDアウォード2015」の受賞結果が発表され、株式会社 岡村製作所の3製品が受賞しました。上下昇降 ... 高齢者でも安心して立ち座りができるように、座面は回転せず固定しています。医師の ...
借金に苦しむ高齢者が多い国は幸せになれない。当事者はもちろん債務不履行のリスクにさらされる金融圏や福祉の責任を負わなければならない政府の負担も大きくなる。家計負債の構造的な悪化を防ぐ対策を急がなければならない理由だ。ほかの国に比べていまだに多い ...
介護のやりがい伝えたい 北海道・帯広大谷短大卒業生、学祭で実践発表や体験ブース - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【音更】介護に明るいイメージを持ってもらおうと、帯広大谷短大の卒業生約130人が「介護福祉士はスーパーマン 介護っていいな。プロジェクト」を始動させた。15日には同短大の学祭に合わせ、施設の特徴や仕事のやりがいを伝える実践発表や介護用ベッドなどの体験ブースを ...
いろいろ問題もあるみたい…。「超・歳の差結婚」をするときの注意点 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
結婚してすぐに彼のお父様が脳卒中で倒れて寝たきりになり介護問題が勃発。全然新婚気分なんて味わえなくて・・・・・・。この先、彼の介護も待っているかと思うとゾッとします。」(25歳/専業主婦) 年の離れた彼と結婚するということは、その親も高齢であるということ。
ベネッセHDが社内シンクタンク 介護予防や職員育成を調査研究 - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームなどを経営するグループ会社・ベネッセスタイルケア(東京)の滝山真也社長が所長を兼務し、スタッフ3人、外部顧問4人で構成する。事務所は同社内 ... 運営する高齢者施設の入居者約1万4千人や、その家族への意識調査も行い、情報を発信する。 既に東京大 ...
ベネッセHDが社内シンクタンク - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームなどを経営するグループ会社・ベネッセスタイルケア(東京)の滝山真也社長が所長を兼務し、スタッフ3人、外部顧問4人で構成する。事務所は同社内 ... 運営する高齢者施設の入居者約1万4千人や、その家族への意識調査も行い、情報を発信する。 既に東京大 ...
介護離職 厳しい現実 休業取得「原則1回」が壁 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
安倍晋三首相が成長戦略「新三本の矢」に掲げた「介護離職ゼロ」。介護施設整備や在宅介護の負担軽減に向けた政策の実効性が見えない中、家族の介護のために退職に追い込まれた人たちは「実態を知らない人の幼稚な言葉」と受け止める。年間約10万人とされる介護離職 ...
女性認知症へのラロキシフェンは無効【米国神経学会】 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
エストロゲン受容体に作用する薬剤は、女性のアルツハイマー型認知症患者に対する治療薬として注目されているが、エストロゲンに関しては比較的小規模の研究がなされているのみで、エストロゲンによる利益も明確になっていない。今回、研究の対象となったラロキシフェンは、 ...
その中で、産休・育休がとりづらい現場の問題点や、IT機器やグループウェアを活用して職場での「働きやすさ」や「働きがい」をマネジメントしている企業の成功事例を紹介しました。 ... こうして人口が減って、少子高齢化で子供が少なくなって。 ..... 例えば、ホームのスタッフは「週1日在宅勤務をしようね」ということを推 ...
アルツハイマー型認知症に伴う行動障害の治療薬「AVP-786」、臨床試験を開始-大塚製薬 - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
大塚製薬株式会社は11月17日、同社の米国子会社であるアバニア社が、主成分であるデキストロメトルファン(DM)を重水素化した新規化合物となる「AVP-786」に関してアルツハイマー型認知症に伴う行動障害の治療薬としての臨床試験(フェーズ3)を開始し、最初の患者登録 ...
国産使い介護食 “産地発”6次化戦略 「安全・安心」強み - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護食品の需要拡大をにらみ、高齢者向けの商品作りに取り組む生産・加工グループが出てきた。ムース状にした野菜、軟らかくした食肉加工品など、高齢者がのみ込みやすいよう工夫する。大手メーカーの介護食品は原料に輸入品を使うのが主流であることから、国産を使う“ ...
妊娠と出産。命の奇跡についてもっと知っておきたいこと - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
妊娠がわかったら、順調に育って無事に生まれてきてスクスクと成長するのが当たり前…心のどこかでそんな風に思っていませんか?でも実は、赤ちゃんが生まれてくるまでにはさまざまな出来事があります。そんな命の奇跡について詳しくみていきたいと思います。
GPSシューズで徘徊対策 スマホやPCで位置情報の追跡可能 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
同社はこれまで、行方不明になった認知症の入居者の捜索を3度経験した。徘徊時にも靴は必ず履いて出歩く点に着目し、今年9月にGPS付きの靴を商品化。サイズは女性用が22~24センチ、男性用が24~26・5センチ。税別3万5000円で、通信料として月額1500円が ...
神戸の介護事業者、9300万円不正受給か 市が告訴へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者の移動支援費や居宅介護の給付費などを不正受給したとして、神戸市は18日、同市東灘区の「あすなろ介護サービス」について、障害者総合支援法に基づく事業所指定などを取り消したと発表した。市は不正受給が総額9300万円余りにのぼるとみて同事業所に返還を ...
介護職の魅力PR 岡山で催し 21日、柔道・古賀さん招く - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護の仕事の魅力を伝えるイベント「おかやま介護の日2015 介護がイメチェン。」が21日午後1時~4時15分、イオンモール岡山(岡山市北区下石井)のおかやま未来ホールで開かれる。 介護の日(11日)にちなみ、岡山県と県社会福祉協議会が企画した。柔道五輪金 ...
同財団が5年間で30億円を拠出し、中山間地域での生活支援や地域交通のバリアフリー化、人材育成など3分野9事業に取り組む。同財団 ... 高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、移動販売車や集落と中心部を結ぶバス導入などを助成し県内全市町村に広める。
敬老パス「廃止」か「維持」か 大阪市長選争点 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
西区の男性(71)は「今でも節約している。50円も積もれば負担だ。自然と外出する機会は減ると思う」と話し、西淀川区の女性(79)は「もっと大切な政策の争点があるのでは。小さすぎる視点に驚いてます」とこぼした。 50円論争の先にあるのは少子高齢化時代の福祉施策の ...
島根大が17年春に新学部 国に来春申請、福祉など人材育成 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根大学は18日、高齢化や過疎化など島根県の直面する地域課題に焦点を当てた新学部を、2017年4月に設置する構想を発表した。福祉や健康、地域社会などを研究する「総合人間学部」(仮称)で、16年3月に国に設置申請する。既存学部の役割や定員見直しにも着手し、 ...
香川県高松市の老人介護支援センターあかねは4日、新番丁小学校で行った「認知症サポーター養成講座」の様子を報告した。 この養成講座は10月21日に開催され、養成講座資格を持ったキャラバンメイトが、4年生31人を対象に指導。講座では、子どもたちが認知症に関して ...
2015年11月18日()
座学でコミュニケーションや介助の際の留意点を学んだ後、車いすのまま乗車できるユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)や、足が不自由な人でも乗りやすいよう後部座席が回転するウェルキャブ車を操作。実際に車いすに乗って利用者の心境を学ぶなど理解を深めてい ...
なぜ、高齢者は転ぶのか」、「膝が痛くても我慢して歩かなければ、寝たきりになってしまうのか」、「高齢者の運動能力の低下は予防できるのか」といった、介護スタッフが日頃感じている疑問に回答し、翌日からすぐに現場で実践できるレクリエーションやリハビリ指導が学べる講座 ...
来年度から日本郵政・IBM・アップルが被災3県で高齢者支援 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本郵政の西室泰三社長は18日、来年度から岩手、宮城、福島の被災3県で、現地の自治体や病院などと協力し、高齢者の健康寿命を延ばすための実証実験や寝たきりの高齢者の状況を把握するサービスを始めることを明らかにした。来年初めにも計画の詳細を発表する。3 ...
11月20日の『団塊スタイル』(Eテレ 毎週金曜20:00~20:45)は、ゲストにふせえりを迎え、「認知症のサインを見逃さないためのポイントは?」を放送する。同番組は、健康、仕事、趣味、ファッションなど、明日からの生活が楽しくなる提案が盛りだくさん。今回注目するのは、健康上 ...
居酒屋大手のワタミの清水邦晃社長は険しい表情をみせた。11月11日に発表された2016年3月期第2四半期(4~9月期)業績は、売上高696億円(前年同期比10.3%減)、営業赤字14億円(前年同期は10億円の赤字)、最終赤字20億円(前年同期は41億円の赤字)と、中間 ...
日本郵政、東北3県で来年度新サービス 高齢者の健康や状況を把握 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
日本郵政の西室泰三社長は18日、来年度から岩手、宮城、福島の被災3県で、現地の自治体や病院などと協力し、高齢者の健康寿命を延ばすための実証実験や寝たきりの高齢者の状況を把握するサービスを始めることを明らかにした。来年初めにも計画を発表する。東北3県 ...
同社にはグループをあげて、徹底した再発防止策を求めたい。同時に、介護の質をどう高めていくか、社会全体で考えていく必要がある。 川崎市のホームや系列の施設では、高齢者への虐待も起きていた。高齢者の尊厳を守るべき場所で、あってはならないことだ。川崎市は、 ...
地域の課題にスマホ活用 61市町村が連携 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
第1弾は群馬県下仁田町の高齢者見守り実験。一人暮らしの高齢者や認知症の人らに全地球測位システム(GPS)機能付きのスマホを携帯してもらい、徘徊(はいかい)や寝たきりなどになっていないか見守る予定だ。異常があった場合は、自治体や医療機関の関係者が確認 ...
2025年、日本の認知症患者・認知症予備軍の数は合計1000万人を突破する——。65歳以上の3人に1人、全国民の約10人に1人がボケるという、人類の歴史でも例を見ない事態が、10年後に迫っている。 元大蔵省主計官で、政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏が ...
「福祉給付金出るからATMへ」高齢女性から200万円詐取、容疑の4人逮捕 大阪府警など - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
合同捜査本部は、グループが今年8~10月、大阪など4府県の高齢者8人から計約1100万円をだまし取ったとみて捜査している。 逮捕容疑は10月5日、共謀の上、千葉県印西市の70代の無職女性宅に同市職員などをかたり、「福祉給付金が出る。ATM(現金自動預払機)に ...
架空のサービスで介護費480万円不正受給 事業所指定取り消し 刑事告訴の方針 神戸 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
神戸市は18日、障害福祉を手掛ける会社「大地」(同市東灘区)が運営する事業所「あすなろ介護サービス」が介護給付費など計約480万円を不正受給したとして、障害者総合支援法に基づき、事業所指定を取り消したと発表した。 市によると、平成24~27年、実施していない ...
1億総活躍で緊急提言=子育て・介護支援が柱—自民 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
自民党は18日、安倍政権の看板政策「1億総活躍」社会の実現に向け、緊急対策の提言を取りまとめた。原則年1回となっている保育士試験を2回にする自治体を増やすなど、子育てや介護の支援策が柱。今月末に政府が策定する緊急対策に反映させることを目指す。 安倍晋三 ...
「医療・介護の現実を赤裸々に語る」今を生きる人へのメッセージ。竹宮一恵さんの挑戦が始まっています - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
この日から在宅生活がはじまるも、容態が急変し、がん緩和ケア病棟で入院することに。このころには、母の体力は極度に落ち込んでいて、もはや歩くことはおろか、自分の足で立つことさえままならない状況だった。 私は、日々できないことが増えていく母の看病をしながら、死期 ...
認知症入居者を身体拘束 埼玉・熊谷、34人不適切 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
埼玉県熊谷市の特別養護老人ホーム「愛心園」で、厚生労働省が求める手続きを取らずに認知症の入居者34人を身体拘束していたことが18日、県への取材で分かった。不適切な身体拘束は少なくとも2年前から続いていたといい、県は身体拘束の必要性があったのかなど法令 ...
熊谷の特養 認知症入居者を身体拘束 手続きなく34人 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
埼玉県熊谷市の特別養護老人ホーム「愛心園」が二〇一三年四月以降、七十~九十歳代の認知症の入居者三十四人に対し、国が定めた手続きを取らずに車いすにベルトで固定したり、ベッドの周りを柵(高さ約五十センチ)で囲ったりする身体拘束を行っていことが、県への取材 ...
日本財団、鳥取県に30億円 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
鳥取県と日本財団(東京)は、高齢者や障害者の福祉環境の充実などを目指した共同プロジェクトに取り組むことで合意し、18日に鳥取市で協定書の調印式を開いた。県が日本財団から5年間にわたって総額30億円の支援を受ける内容。 県と日本財団によると、健康づくりに ...
橋下市長は、敬老パスの改革により、そうした特定の人たちが税金を食い物にするようなケースを防止するとともに、改革により浮いた財源を特別養護老人ホームといった高齢者福祉に活用してきたのです。自共民陣営の市長候補は再び無料に戻すことを公約していますが、財源 ...
花王は、誰にでもわかりやすく使いやすいというユニバーサルデザインの考え方に基づく製品開発と、包装容器由来の環境負荷低減の一環として、シャンプー・コンディショナーのような粘度の高い製品のつめかえ用に「ラクラクパック」を開発した。 同社は、製品容器の使いやすさ向上に取り組んでおり、つめかえ用 ...
在宅介護にIoT機器活用、靴へGPS埋め込みや常時見守りも - dot. (媒体での記事掲載終了)
在宅介護の現場でもIT機器の活用が積極化している。子などの介護者が両親の部屋を遠隔で見守るサービスや、徘徊(はいかい)により居場所が分からなくなった時でもGPSでいち早く見つけ出せるような機器が充実し始めている。 在宅介護サービスを首都圏を中心に展開する「 ...
地域医療向上へUターン開業 下田に20年ぶり新歯科医院 - @S[アットエス] by 静岡新聞 (媒体での記事掲載終了)
若い女性らしい視点で口腔(こうくう)ケアを―。下田市内で今月上旬、地元出身の歯科医細川玲奈さん(31)が「細川歯科医院」を開業した。市内での開業は20余年ぶり。歯科医の高齢化も進むだけに、「次代を担う人材」(森田広賀茂歯科医師会長)と期待が高まっている。
"3世代同居の促進"は介護離職・介護殺人予備軍を作る愚策 〜 子育て支援にはならない・・・ - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
今月17日付け共同通信ネット記事などによると、国土交通省が、省エネやバリアフリーに係るリフォーム減税制度の対象に3世代同居のための増設工事を加えることを検討しているとのこと。 《記事要旨》 ・祖父母が同居して孫の面倒を見るといった世代間の支え合いにつなげる ...
介護離職ゼロ 施設数を増やすだけでは - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族の介護を理由に仕事を辞める介護離職者は、年間約10万人に及ぶ。当事者はもとより、経済や社会にとっても深刻な事態だ。介護と仕事が両立できる環境づくりを急がねばならない。 安倍晋三首相が掲げる「新三本の矢」の一つである「介護離職ゼロ」の実現に向け、厚生 ...
現在、センターが患者を認知症かどうか診断し、その後の療養計画を作成することにより「認知症専門診断管理料」を算定できることとなっているが、診療所型のセンターは算定が認められていない。厚労省は、診療所による診断を、ほかのセンターと同様に評価する案を検討中だ。
東急リバブル/仲介店舗にミニバン営業車導入、高齢者や障がい者など配慮 - 週刊住宅新聞 (媒体での記事掲載終了)
東急リバブルは、高齢者や障がい者、子ども連れの顧客などに配慮して売買仲介店舗の一部にミニバンの営業車を導入する。同社の仲介で不動産を売買した消費者のうち、高齢者と子育てを合わせた層は売却・購入ともに約7割を占めている。こうした状況を受けて首都圏、関西 ...
2015年11月17日()
高齢化が進むにつれて、以前は先の話と思われていた介護の問題がいよいよ現実のものとなってきました。最近は、親の介護を理由に仕事を離れる人の話をよく聞くようになっています。安倍政権では、このような介護離職をゼロにするという政策を掲げましたが、実現は不可能 ...
ましてや、子供がいない夫婦や、ひとり暮らしの高齢者が認知症になった場合には、自治体の係員やヘルパーなどが自宅を訪れないかぎり、誰も気付かないまま放置されてしまう。街を徘徊しても探す人はおらず、万引きや傷害といった事件、自動車事故などを起こして、ようやく認知症と分かる--そんな事態がすでに ...
「認知症徘徊」対策 福岡県大牟田市のシンプルな取り組みとは - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了)
高齢者の5人に1人が認知症といわれるだけに、他人事ではない。 ... 07年12月に認知症で徘徊中に電車にはねられて死亡した愛知の男性の家族に、JR東海が約720万円の損害賠償を求めた裁判で、最高裁は10日、当事者の意見を聞く弁論を来年2月に開くことを決めた。
座布団で風呂介護安心 高齢者の滑り、けが防止 滋賀・長浜の福祉用品会社開発 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護が必要な高齢者などの入浴中の事故が報告されるなか、事故の発生を防止しようと、長浜市口分田町の福祉用品販売メーカー「ふれあいサポート」は浴槽用座布団を開発した。湯船の底に敷いて使うことで、湯船で滑って溺死するなどの危険防止や、背中や尻の痛みの軽減 ...
老後の面倒は誰が見る?(上) 日本の介護制度は在宅が大前提 - THE PAGE (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進むにつれて、以前は先の話と思われていた介護の問題がいよいよ現実のものとなってきました。最近は、親の介護を理由に仕事を離れる人の話をよく聞くようになっています。安倍政権では、このような介護離職をゼロにするという政策を掲げましたが、実現は不可能 ...
女性が活躍できる社会の実現を目指す「ホルモンケア推進プロジェクト」は、全国の40歳代、50歳代の男女447人を対象に意識調査を行った結果、「配偶者に介護が必要になる可能性は低い」と回答した人が6割に上ったと発表した。同プロジェクトは、介護について他人事と考えて ...
認知症語らう場に 岡谷市にカフェオープン - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
介護事業を展開する「和が家」(今井祐輔社長、岡谷市湖畔)は、認知症の人やその家族らが気兼ねなく集える場所「認知症カフェ」を17日、開設した。初回は地域住民や福祉、行政の関係者らを招き、今井社長らが定期開催への思いを伝え、協力を求めた。毎月1回、第3週の ...
つくば市民大学、芸術でバリアフリー体験 障害者と音楽や写真共遊 - 常陽新聞スマートフォン版 (媒体での記事掲載終了)
同大学を主催する市民組織「ウニベルシタスつくば」(徳田太郎代表)の幹事で、これまで、演劇的手法を用いたワークショップを開き地域の人と人をつなぐ試みを続けてきたつくば子ども劇場元事務局長の赤松洋子さんと、障害者向け教材を使ったり、最新のバリアフリー研修制度を紹介するワークショップを開いてバリアフ ...
<支えられるココロ> NPOとの縁を大事に(上) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高山さんは以前、家事は妻に任せっぱなしにしており、妻が寝たきりになった半年ほどは、介護と家事の負担が一気に押し寄せた。「一人で介護をもう半年か一年続けたら、自分も倒れていたかも」。りんりんとの縁は、妻の介護でヘルパーを利用したのが始まりだ。 ... りんりんは、介護保険制度施行前の一九九四年 ...
埼玉の特養、手続き経ずに身体拘束 法令違反の有無調査 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県福祉監査課によると、同園が身体拘束をしているとの情報を元に、9月4日に特別調査を実施。70~90代の入居者のうち認知症の男女35人に対し、ベッドを柵で囲ったり、体を車いすにベルトで縛ったりしていたほか、排泄(はいせつ)物を自分で触らないよう手袋を着けさせる拘束が行われているのを確認。35人のうち34人に ...
自民 一億総活躍社会へ子育てや介護の提言案 - NHK (媒体での記事掲載終了)
自民党は、一億総活躍社会の実現に向けて、保育士不足を解消するため保育士の試験を原則年1回から2回に増やすことなど、子育てや介護を中心に、緊急に取り組むべき対策を盛り込んだ提言案をまとめました。 自民党は、安倍総理大臣が掲げる一億総活躍社会の実現に ...
父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~要介護の父が、我が家の主役になりました [後編] - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
介護が中心となった生活の中で、自分が追い込まれてしまうことを防ぐには、自分の人生と介護を必要とする人の人生、そしてほかの家族等とも適度な距離と関係を上手く保つことが大切になります。 私の場合は、父の介護のためにできる限り、多くを犠牲にすることも、我慢する ...
今回は、都市部において認知症による徘徊などで行方不明者が発生した際に、早期発見と保護につなげることを目的とした訓練となり、台東区介護サービス事業者連絡会のモニター調査の協力によりおこなわれる。「広域ロボット検索システム」は、テクノエイド協会の福祉用具・ ...
番組の司会は草野満代、板垣龍佑の両アナウンサーが務め、生活術のスペシャリストとして俳優の永井大さんが登場、認知症専門病院である埼玉県・和光病院のユッキー先生こと今井幸充院長も招き、「新型認知症」の特徴&今すぐできる予防法を詳細にお茶の間に届ける番組 ...
<話題の焦点>=ユニバーサルデザインフードが拡大、2030年には39%が高齢者に - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインフード」の市場が拡大をみせている。病院食は、医師の処方による「治療食」として診療報酬の対象となるのに対し、加齢に伴う咀嚼・嚥下機能の低下や、通常の食べ物が食べにくい・飲み込みにくい、といった人のための食べ物がユニバーサルデザインフード ...
認知症サポートで連携 各務原市がエーザイ、医師会など協定 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市は16日、大手医薬品メーカーのエーザイや市医師会などと、認知症の情報共有などを進める連携協定を締結した。官民に加え、医療、介護、福祉の各従事者が連携し、早期発見や相談体制の充実などを図る。 協定には市とエーザイ、市医師会のほか、市歯科 ...
2015年11月16日()
企業信用調査や各種経済調査などを手がける株式会社東京商工リサーチは2015年11月11日、2015年1月から10月までの「老人福祉・介護事業」の倒産状況を公表した。 今年の4月から介護報酬が9年ぶりに引き下げられたなか、2015年1月から10月までの有料老人ホーム、 ...
パネリストは、経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏、東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授の秋山弘子氏、信州大学 医学部 教授の野見山哲生氏、スウェーデンのロボットクラスターであるロボットダーレン ヘルスロボテクスマネージャのアダム・ ...
大阪在住の外山努さん(64)は、13年前から認知症の妻(65)を介護している。当時は葬儀大手の公益社で遺体を洗う湯灌の仕事に携わり、多忙を極めていた。ある日、様子がおかしくなった妻を病院へ連れて行くと、52歳で認知症と診断された。
高齢者支援で国から表彰 掛川市と湖西の企業 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
羽立工業は高齢者の自立体力維持を目的にした「自立体力テスト」を静岡大と共同開発し、三十都道府県の三百団体が活用していることが評価され、厚労省老健局長優良賞を受賞した。 掛川市の浅井正人副市長と羽立工業の原田利枝さんらが県庁を訪れた。原田さんらは「 ...
体も頭も刺激が大切! 郡山で高齢者健康づくり教室 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
郡山市老人クラブ連合会は16日、同市総合福祉センターで、高齢者の健康づくり教室を開き、参加者が脳トレに挑戦、健康的な体づくりに理解を深めた。 会員約80人が参加。県レクリエーション協会顧問の国馬善郎市スポーツレクリエーション協会長が講師を務めた。 参加者は、 ...
... 心電図が変化する様子を見せた。 東洋紡は平成29年をめどに心電図や発汗量、血圧など6項目を同時に測れるウエアをスポーツ衣料向けに製品化する考え。立命大は超音波スピーカーを使った運動プログラムなどと合わせ、高齢者の寝たきり予防などに生かすとしている。
介護タクシーの全国組織にソフトバンクのIP無線機 - ケータイ Watch (媒体での記事掲載終了)
日本福祉医療輸送機構は、16日に設立された一般社団法人で、日本福祉タクシー協会、東日本介護タクシー協同組合といった介護タクシーの事業者団体15団体が加盟する、介護タクシー業界初の全国組織。加盟事業者は約2200事業者。西菱電機およびソフトバンクは、同団体 ...
超福祉展*1」では、アーティストのsense+KAZ氏とのコラボレーションでライブペイントを実施。多くの人の注目を集めた。要素技術開発部の松山元昭氏は「渋谷という場で若い人たちの目に触れることは貴重。実際に使う高齢者の方だけではなく、その家族の方々にも電動車いす ...
大東建、医療・介護事業のソラストに出資 100億円規模 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大東建託(1878)は16日、医療関連の受託事業や介護事業などを手掛けるソラスト(東京・港)に出資し、持ち分法適用会社にすると発表した。協業を通じて同社の持つノウハウを活用し、高齢者向け住宅事業などを強化する。米大手投資ファンドで同社の筆頭株主である ...
サービス付き高齢者住宅向け経営支援サービス「カイポケ住まい」を開始 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)はサービス付き高齢者住宅(以下「サ高住」)向け経営支援サービス「カイポケ住まい」の提供を開始いたします。本サービスを通じて、サ高住における業務を ...
髙松建設は、これまで土地オーナーへの土地活用の提案として高齢者施設の企画設計・施工を42棟1900戸以上を手がけてきた実績と、日本建商の2万3000戸以上にもなる賃貸マンションの入居募集・管理ノウハウを連携させ、サービス付き高齢者向け住宅の自社ブランド「 ...
「地域で徘徊者の見守りを」と、琴芝で模擬訓練 - 宇部日報 (媒体での記事掲載終了)
琴芝4区・15区の住民や「見守り愛ネット」の民間事業者、南部高齢者総合相談センターや市、市社協の職員が参加。開会行事で石原会長が「琴芝校区の高齢化率は30・2%。住民は9965人いるが統計的には647人が認知症になる計算だ。認知症は誰もがなる可能性があり、 ...
サービス付き高齢者住宅向け経営支援サービス「カイポケ住まい」を開始 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護・医療の情報サービスを提供する株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部上場、以下「当社」)はサービス付き高齢者住宅(以下「サ高住」)向け経営支援サービス「カイポケ住まい」の提供を開始いたします。本サービスを通じて、サ高住における業務を ...
川崎の火災半年 73歳「簡宿」生活に別れ 市の支援で転居、再出発 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
このため市が、福祉関係の支援を行う民間事業者に「緊急連絡先」になってもらうなどして身元や家賃の保証手続きを支援。新生活に必要な家財道具の購入費 ... また、転居するにしても足腰の弱い高齢者には一階が適しているが、空いているとは限らない。そもそも受け皿となる ...
11月11日、ベネッセスタイルケアは「ベネッセ シニア・介護研究所」を開設すると発表した。奇しくも同日は、厚生労働省が定めた「介護の日」であり、今回の発表の内容も含め、ベネッセグループがいかに“介護”事業に力を入れているかを印象づけた。
犬、猫の長生きサポート アムリットホーム医療STATION - 山陽新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
往診を希望するのは、動物が高齢で移動がストレスになったり、寝たきりで移動そのものが困難であるケースが多く、飼い主自身が高齢で病院までの移動手段がない場合もある。高齢の動物の場合、手術などの積極的な治療ができず在宅介護をしていることも多い。それぞれ事情 ...
アルツハイマー認知症の進行における悪循環メカニズムを解明、BACE1の異常が関与-NCNP - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー認知症は、脳内に異常蛋白であるアミロイドベータ蛋白(Aβ)が蓄積して発病することが知られている。特に、最近の診断技術の進歩により、発病の10~20年前からAβの蓄積が始まっており、次第にその程度が増悪していくことがわかってきていた。Aβは正常でも ...
エーザイ株式会社は、2014年9月、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト(R)」について、新たにレビー小体型認知症に関する効能・効果の承認を取得した。これによってアリセプトは、レビー小体型認知症の症状を緩和する効果のある、世界で初めての薬剤となった。
乳幼児より注意が必要!? 高齢者の“RSウイルス感染”が危険な理由 - GIRL'STALK (媒体での記事掲載終了)
高齢者は身体の抵抗力が弱いので、老健施設などで集団生活をしている場合に、その中の1人がRSウイルスに感染すると次々と感染者が増えていきます。こうなるとRSウイルス感染がきっかけとなって死亡する人が出やすくなります。 喫煙をしていて肺気腫になっている高齢者 ...
笠岡市保健センターで10月末、「福祉を考える講演会」(社会福祉法人天神会主催)が開かれ、武藤芳照・日体大総合研究所長が「転ばぬ先の杖(つえ)と知恵~高齢者の転倒・骨折・寝たきりを防ぐために~」の題で話した。医師として早くから転倒予防の必要性に着目し、現在 ...
吉野ケ里町は9日、佐賀市の第一生命保険佐賀支社と「町ふれあいネットワーク見守りに関する協定」を結んだ。保険外交員が業務中に高齢者を見守り、異変に気付いた場合は町に連絡する。認知症による徘徊(はいかい)をいち早く見つけて保護にもつなげる。町が企業と見守り ...
高齢化によって介護需要の増加が続く中、今期は介護人材の不足によって利用者数の減少が続くという、異例の事態となっていた。今年4月、支店体制の見直しによる人材確保策を打ったが、 ... 一つの理由は、他社が有料老人ホームなどの施設系やデイサービスなどの通所系を主力としているのに対し、ニチイ学 ...
高齢者の暮らし、支え合う地域に - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む中、地域で支え合う暮らしについて考える「福祉・介護・健康フェア2015」(新潟日報社、県社会福祉協議会、新潟市社会福祉協議会主催)が15日、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれた。福祉機器の展示やステージイベントなど多彩な催しがあり、家族連れら約1 ...
2015年11月15日()
でこピッと」はおでこで素早く測定でき、測定時間が約1秒とスピーディーで手軽なので、短時間に多人数の測定が必要な老健施設や学校、保育・介護施設、病院、会社などで使用するのに適し、利用が増えている。 体温測定が容易になれば体調の確認はもちろん、体調変化を ...
パート介護職員引き留めたい 高い離職率 人材不足深刻 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護に関する資格がなかった林さんは、会社の費用負担で、介護の初任者研修を受講。仕事を開始した時の技能レベルは最も下で、時給は千二百円だった。その後も業務時間内に研修を繰り返し受講し、今年六月には技能レベルが四段階上がり、時給は千三百五十円にアップ ...
下流老人が増える日本 五木寛之「今の社会福祉は暴動予防」 - dot. (媒体での記事掲載終了)
例えば介護保険制度でこれぐらいしか予算がないから、これぐらいでサービスを提供しましょうとか、そういう統制側です。現状だと、そうした統制の手先にさせられるのが社会福祉で、本当に困っている人を「まあまあ」となだめるのが実際の姿です。本当は、困窮している高齢者 ...
<社説>高齢者再犯増加 社会で孤立防ぐ取り組みを 2015年11月16日 06:01 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
このため女性高齢者が起訴猶予処分などで釈放されたら、親族がいない場合は更生保護施設や自治体、社会福祉機関への橋渡しが重要となっている。現在、保護観察所が検察の依頼に基づき、釈放後に福祉サービスを受け、住居を確保するため、関係機関と調整する社会復帰 ...
年末やお盆に帰省したり、たまに電話したりする中で親の老いを認識し、ふと「介護」の2文字が頭をよぎる――。40代、50代のビジネスパーソンで、こうした経験をする人は少なくないだろう。 「この先直面するかもしれない親の介護に不安を持っているが、何もやっていない人 ...
雲仙・普賢岳噴火、17日で25年 溶岩ドーム崩壊想定し訓練 [長崎県] - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホームから車で運ばれる車椅子のお年寄りもいた。 市が運営する同市新湊の避難施設では、集まった住民に消防署員が「早朝 ... 同協議会によると、1人暮らしの高齢者の参加が少なかったという。阿南達也副会長(77)は「近所同士の助け合いが必要だ。自主的な訓練 ...
ストレスも軽減 楽しく介護を続ける3つの『R』とは - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
政府が試算した、2025年に在宅医療や介護を受ける人の数は約30万人。 「10年後、3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上に!」こんな衝撃的な数字がニュースを賑わせる昨今。 高齢化が進むなか、厚生労働省は「在宅医療・介護推進プロジェクトチーム」を発足し、公費 ...
若年性認知症、社会に橋渡し 専門コーディネーター、熊本県、熊本市は先行配置 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
65歳未満の若年性認知症の人や家族を支援する専門のコーディネーターが、2016年度から全都道府県に順次配置されるが、熊本県と熊本市が昨年5月に九州で初めて先行配置し、1人が既に活動を始めている。働き盛りで発症し、勤務先の会社から退職を余儀なくされ、社会 ...
もちろん、障害者や高齢者にも使いやすいユニバーサルデザインがベースになっていることはいうまでもない。前輪は24個の小さなタイヤからなるオムニホイールを採用し、半径70cmの小回りを実現。さらに四輪駆動で最大7.5cmの段差も乗り越える走破性も両立する。
ヤマハが開発した音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」の実証実験が国内各地で行われているそうだ。11月中旬からは関西私鉄5社が参加するとのこと(乗りものニュースの記事)。 おもてなしガイドは定型文または音声認識によるテキストデータを人間の可聴域外となる18kHz~20kHzの ...
高齢者の服薬トラブル防止・対策あれこれ - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
病院で処方された薬…。せっかく貰ってきたのに、ついつい飲むのを忘れてしまうことってありませんか。 「あれ?飲んだかどうか忘れた。とりあえずいま飲んでおこう」なんてことも、ときにはあるかと思います。認知症など、複数の慢性疾患を併せ持つ高齢者にとってはなおさら深刻 ...
認知症高齢者見守ろう 声掛け訓練実施 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
徘徊(はいかい)する認知症高齢者の見守り態勢を強化しようと、山形県天童市は13日、住民による声掛け訓練を初めて実施した。介護事業所職員や市民ら55人が、市役所周辺で高齢者役の市職員ら5人を探し、対応手順を確認した。 参加者は高齢者を見つけると「どこから来 ...
高齢者対象の「宅老所」と、子どもや障害者をはじめ全世代を受け入れる「ぬくもいホーム」があり、住民やNPO法人が運営主体となっている。 この日は宅老所・グループホーム全国ネットワーク代表の惣万(そうまん)佳代子さん(64)=富山県、写真=が基調講演。地域共生 ...
10年後の在宅介護数は約30万人! 介護ストレス対策法 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進むなか、厚生労働省は「在宅医療・介護推進プロジェクトチーム」を発足し、公費負担が多い病院ではなく、在宅介護へとシフトしようとしている。 誰もが介護に直面する可能性がある今、社会問題となっているのが、介護をする人のストレス。その負担を増大させるもの ... 被介護者も、ニオイを気にするあまり排泄 ...
「最愛の妻」になぜ 老老介護の夫に猶予判決 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症が進む最愛の妻(当時81)に夫が手を掛けた。今年2月、大津市で起きた老老介護の末の事件。半世紀連れ添った夫婦に何が起きたのか。4日間の裁判の傍聴から振り返る。 「被告を懲役3年に処する。5年間、刑の執行を猶予する」。12日、殺人罪に問われた重政司朗 ...
認知症と生きる人生よくしたい 当事者活動の先駆者来日 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
自分の後に続く認知症の人たちの人生をよくしたい――。スコットランドで認知症の人自身によるグループを立ち上げ、政策提言などを行ってきたジェームズ・マキロップさん(74)が来日し、14日に都内で講演した。日本でも昨年、認知症の人が政策提言する団体が設立され「本人 ...
奈留港 バリアフリー対応 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
公益財団法人九州運輸振興センター(福岡市)は13日、五島市奈留島の奈留港にバリアフリー対応型のタラップを設置した。福江港と博多港を結ぶ ... 全長約9メートルあり、高齢者や車いす利用者らを考慮し、階段からスロープへの切り替えができる仕組み。電動式で、使用する ...
2015年11月14日()
室内はバリアフリーで、風呂やトイレなどを広めにすることを提案している。 また、約20年前の風呂やトイレ、キッチンを最新設備と併設しており、来場者は昔の浴槽の高さに「足を高く上げないといけないので高齢者は大変」などと話し、最新型との違いに驚いていた。 平成25年の ...
認知症患者の家族が訴えられるリスク ボール訴訟で流れ変化 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
今年4月に最高裁で出た判決が注目されています。児童が蹴ったボールを避けたバイク運転中の男性が転倒し死亡した事故で、遺族が児童の親を相手取って損害賠償を求めていましたが、監督義務が狭く解釈され、親が免責されたのです。これは認知症高齢者のケースにも影響 ...
なぜ高齢者は肺炎になりやすいの? - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
そのため高齢者は、寝ている間にも自然と誤嚥の状態になっている場合があり、気管内に唾液や異物が垂れ込む可能性は多いでしょう。就寝時や寝たきりの状態が長く続くことで、誤嚥の状態を引き起こしている事を、沈下性肺炎といいます。 嚥下機能と咳嗽反射機能の低下は、 ...
最新の「かっこいい福祉機器」を体感…渋谷でイベント開催中 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
高齢者向けの商品でも若いアーティストの表現媒体になるということを証明し、「心のバリアフリー」を促す活動だ。 またステージでは、ヤマハ技術本部デザイン研究所の川田学所長とヤマハ発動機デザイン本部の福井美佐デザイナー、そしてSLOW LABELの栗栖良依ディレクター ...
大山団地が国交省表彰、ユニバーサルデザインなど評価 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の対策としてユニバーサルデザインを積極的に導入し段差がない設計を行った。介助も想定して、風呂やトイレを広めにし、車椅子も入れる工夫を凝らした。間取りのタイプによっては、押し入れを取り外したり、半分の広さにできるようにした。冬期間の風雪対策として ...
高齢者が「虚弱」(フレイル)であることの主な要素として、「サルコペニア(加齢性筋肉減少症)」が知られている。サルコペニアは、全身性の筋量減少や筋力低下が特徴。年齢を経るにしたがい筋肉量が減少し、歩行速度の低下や握力が弱くなるなど、身体機能障害や生活機能の ...
2015年11月13日()
高齢受刑者、初の1割超え 高い再犯率…「福祉施設」化 犯罪白書 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
平成26年に刑務所に入った2万1866人のうち65歳以上の高齢者は2283人で、統計を取り始めた3年以降初めて1割を超えたことが、13日に公表された27年版犯罪白書で分かった。高齢者は再犯率が高く、出所後に住居や仕事がないため犯罪を繰り返して服役期間が長期 ...
彼女の夫である俳優の砂川啓介(78歳)が、認知症を患った妻の現実と介護の日々を綴った本を上梓した。その生々しい描写が今、話題を呼んでいる。 砂川は、妻の大山を「ペコ」と親しみを込めて呼んできた。大山夫妻には子供がいない。最初の子供は死産で、二人目も未熟児 ...
高齢者の徘徊見守り訓練 神戸・兵庫区の住民や商店主 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などで街を出歩く高齢者を早期に保護する「徘徊(はいかい)見守り模擬訓練」が13日、神戸市兵庫区の夢野、湊山、新開地の3地区で行われた。地域の住民や商店主は、相手を不安にさせないような声掛けや、区などへの通報の手順を確認した。 高齢者の徘徊は、行方 ...
高松建設グループの高齢者向け住宅事業「エニシエ」ブランド第1号 サービス付き高齢者向け住宅「エニシエ川西加茂」11/14(土)オープン - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高松建設株式会社(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:西出雅弘)と高松建設100%子会社の株式会社日本建商(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:高鶴保夫)は、兵庫県川西市にサービス付き高齢者向け住宅「エニシエ川西加茂」(鉄筋コンクリート造3階建・総戸数32 ...
カラーユニバーサルデザイン通帳・メディアユニバーサルデザイン通帳の販売 色の識別が困難な人にも分かりやすい配色・デザインを施したカラーユニバーサルデザイン通帳と、高齢者や障害者、色覚障害者など、誰もが使いやすいメディアユニバーサルデザイン通帳を販売。
愛知県健康福祉部は、病床整備計画の2015年度第2回受付を16日から開始した。一般病床と療養病床は海部など10の医療圏への整備を受け付ける。受付期間は12月4日まで。 病床整備計画は、病院開設許可申請の前に提出するもの。 このコンテンツの続きをお読み ...
老人ホームで3人転落死、川崎市が施設に行政処分 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
川崎市の老人ホームで入所者3人が転落死した問題で、川崎市は施設に対し、介護報酬の請求を3か月停止する行政処分を行う方針を決め、13日朝、運営会社に伝えました。 川崎市は、入所していた高齢者3人が相次いで転落死した有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」に ...
東京五輪に向け「おもてなしトイレ」を 最先端、羽田空港の取り組みから学ぶ - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
概要説明にあたった、東京国際空港ターミナル会社(TIAT)によると、同空港はユニバーサルデザインの考えに基づき、障害者だけでなく高齢者や妊婦、子ども連れが利用可能なトイレ計画を立てている。例えば車椅子使用者同士がすれ違えるようにトイレ内の通路の幅をゆったり ...
地域共生ステーションは住民やNPO法人が運営主体で、高齢者向けの「宅老所」と、子どもや障害者を対象にした「ぬくもいホーム」がある。県内には10月末現在で204カ所ある。 シンポジウムは、共生型福祉の先進的な取り組みで知られる「富山型デイサービス」について、NPO ...
2015年11月12日()
重り付きベストで高齢者の体、疑似体験 UD出前講座 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザイン」をテーマに、3年1組の児童が参加。関節を曲がりづらくするサポーター、重り付きのベスト、ゴーグルなどを身に着け、友人に手を取ってもらいながらゆっくり室内を歩いて高齢者の身体状況を疑似体験したほか、車いすに試乗して段差のある場所を進む難し ...
急増する高齢者住宅「サ高住」、賃貸経営のメリットとデメリット - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅は、各居住部分の面積が原則25平方メートル以上で、居住部分に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備え、バリアフリー構造であることが求められる。共用部分に共同利用の台所や収納設備、浴室を備えれるなど一定条件を満たす場合 ...
福島県川内村も紅葉の季節がすぎ、冬の準備をそろそろ始めなければいけないと感じている中、遠藤村長は帰村者が安心して生活するため、そして戻りたくても戻れず避難先の介護施設で生活している村民のために、念願だった特別養護老人ホームを11月1日に開所することが ...
「介護離職ゼロ」のために優先すべきは介護スタッフの待遇改善 - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
介護離職を減らすためには介護を頼める施設を増やす必要があるという認識は正しい。財政難を理由に近年、施設介護から在宅介護へのシフトを誘導する国策が採られてきたが、政府もようやく間違いに気づいたのかもしれない。在宅介護をしたい人への支援は充実すべきだが、 ...
看護師やケアマネージャーが在籍. 訪問看護リハビリステーション「ハートライン」(公塚悦弘代表)がこのほど南区相模大野に開所した。 利用者が、病院ではなく自分の住み慣れた環境で「その人らしく」療養生活を送れる訪問看護は、「病院から在宅へ」という政策のもと、近年 ...
2015年11月11日()
認知症の高齢者が行方不明になるケースが全国で相次いでいるなか、大阪府豊中市社会福祉協議会は11日、メールによる捜索システム「徘徊(はいかい)SOSメール」を活用した模擬訓練を同市内で実施した。 このシステムは、同協議会と市が協力して平成19年に運用を開始 ...
介護施設整備の基金積み増しへ 厚労省「離職ゼロ」対策 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、特別養護老人ホーム(特養)などの整備を促すため、介護施設の建設に使える基金を積み増しする方針を固めた。政府が月内に ... 高齢者が住み慣れた地域で医療や介護を受けられる「地域包括ケア」の環境整備を目的とし、厚労省が2014年度に消費増税分を財源に創設した。医療向けと介 ...
リハビリとは事故や怪我、脳梗塞などの病気で体の一部に障害が出たとき、それを回復させることである。「そんなのは病院や老健(介護老人保健施設)で行われているじゃないか。何を今さら」と思われるかもしれない。 しかし、ワイズの早見会長によると、リハビリ事業は将来性が ...
篠山の老健施設で防災訓練 地震想定、職員ら25人参加 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
地震を想定した防災訓練が11日、兵庫県篠山市東吹の介護老人保健施設「咲楽(さくら)荘」で行われ、施設職員と篠山署員合わせて25人が参加した。 地震発生を知らせる放送の後、職員が施設内を回って被害状況を確認。車いすの利用者を4人1組で階段から降ろすなどした ...
パネリストは、経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏、東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授の秋山弘子氏、信州大学 医学部 教授の野見山哲生氏、スウェーデンのロボットクラスターであるロボットダーレン ヘルスロボテクスマネージャのアダム・ ...
二重払いがあったのは、月500円以上の医療費を負担した障害者に対し、残る全額を市と県が分担する重度心身障害者医療費助成制度と、国の医療保険や介護保険制度に基づき、自己負担限度額を超えた場合に支給される県後期高齢者医療広域連合の高額介護合算療養費 ...