介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年10月20日()
認知症予防に目と耳が大事 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
難聴や白内障の治療は認知症の予防につながる。日本学術会議がこのほど開いた公開講座「見ること、聞くことの大切さ」で耳や目の専門医がこんなアドバイスをした。 滋賀県立成人病センター研究所の伊藤寿一所長(耳鼻咽喉科学)は「話すことや聞くことが認知機能の低下を ...
<支えられるココロ>若年性認知症の私(上) いつも笑顔、困れば聞く - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
髄液を採取したり、脳の血流を調べたりとあらゆる検査を受け、翌年四月、三十九歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断された。 「この年で認知症?」。訳が分からず病室で携帯電話を使い、三十代での認知症のことを調べると「二年で寝たきりに」「十年後には死亡する」…
認知症徘徊 メールで捜索 自治体が不明者情報を発信 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になったお年寄りをいち早く見つけ出そうと、携帯電話への電子メールで不明者情報を発信する取り組みが全国の自治体に広がっている。地域の目で認知症の人を支えようという試みだが、住民による声掛けには認知症に対する知識も ...
世代間・世代内での公平な負担を実現するために、経済能力に応じた負担を求めるとしており、自己負担額の引き上げだけでなく、高額療養費制度や後期高齢者の窓口負担、高額介護サービス費制度も見直す方針だ。また、生活保護制度についての検討も行う。 介護負担率の ...
中国に「2020年問題」 労働力、結婚、介護で一人っ子政策影響 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
【北京=秦淳哉】中国は2020年以降、労働力難、結婚難、介護難の三つの大問題に直面する-。経済紙「第一財経日報」(電子版)は人口問題の専門家がまとめた「中国の2020年問題」をこう伝えた。「一人っ子政策」による人口抑制策が原因で早急な対策が必要と訴えている。
【京都】津島鉄工所(京都市南区、津嶋義彦社長、075・671・4025)は、介護・福祉事業に参入する。搬送機械向けなどの精密板金・切削の加工ノウハウを生かし、介護支援者の負担軽減を目的とした非電動式の歩行器「たぁーくん」を開発した。同社初の独自製品として、現場 ...
バリアフリー映画上映会初開催 上三川町図書館 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【上三川】町図書館はこのほど、目や耳が不自由な人や高齢者でも楽しめる「バリアフリー映画」上映会を初めて開いた。 同映画は、場面展開を字幕や副音声のナレーションで補い、音のない登場人物の動作や表情も解説される。同館によると、近年、東京都内の公立図書館などで ...
高齢者に買い物の楽しみ 飯田の介護用品販売業者が移動スーパー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
病院などの施設向けに介護用品を販売する飯田市上郷飯沼の「ヒューモニー」が、市内を回る移動スーパー事業に乗り出した。足腰が弱かったり、商店が遠方だったりする買い物弱者の期待に寄り添う。 「洗濯洗剤はある?」「お菓子もあるのね」。食品や生活雑貨を積んだ軽 ...
<支えられるココロ> 若年性認知症の私(上) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今すぐにではないが、可能性はあります」。主治医も不安を明確に否定せず、絶望感はさらに深まった。認知症薬の処方が始まり、その経過を見て二週間後に退院。直ちに勤務先の社長に報告した。「認知症といったって体は動くんだろう。机を運ぶなど、仕事はある」。てっきり辞め ...
自治体が不明者情報を発信 認知症徘徊、メールで捜索 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になったお年寄りをいち早く見つけ出そうと、携帯電話への電子メールで不明者情報を発信する取り組みが全国の自治体に広がっている。地域の目で認知症の人を支えようという試みだが、住民による声掛けには認知症に対する知識も ...
認知症の悩み共有 阿見 カフェ開設、家族ら交流 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族が集い、認知症について学んだり、悩みを打ち明けたりする認知症カフェ(オレンジカフェ)が、阿見町廻戸の福祉センターまほろば内に開設された。認知症に伴う悩みの共有や認知症予防が目的で、月1回開かれる。主催者は「認知症の人も家族も地域で支え ...
後発薬促進、退院支援も 厚労省が基本方針 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)の使用促進や患者の早期退院支援など、医療費の「効率化・適正化」をはじめとする四つの柱で構成。21日の社会保障審議会の部会に示して具体的に詰め、来月にも決定する。 医療費は年間40兆円を超え、高齢化とともに年々増えて ...
【官庁】介護付有料老人ホームなどの整備事業者を募集/募集要項を22日から配布/神戸市 - 株式会社建設ニュース (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
神戸市は認知症高齢者グループホームと介護付有料老人ホームの整備事業者を募集する。募集要項を22日から保健福祉局高齢福祉課施設整備係で配布する。申請書を11月20日から12月2日に提出させ、2016年3月下旬ごろに選考する。 認知症高齢者グループホームは ...
新聞スクラップ続けて2万5000点 総重量なんと60キロ - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
97歳の医師 沖縄県内最高齢で現役の秘訣は? 【宜野湾】現役医師としては沖縄県内最高齢とい. .... 尚巴志ハーフマラソン写真公開中11月1日南城市を舞台に開催された第14回尚巴志ハーフマラソン in NANJO 2015。大会の模様を収めた写真を公開しています。
厚生労働省に寄せられた「国民の皆様の声」の集計報告について(10/19)《厚生労働省》 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
これは、2015年9月1日~9月30日に寄せられた意見・質問等で、厚生労働行政の政策改善につなげる契機とするもの。総数は8,401件で、内訳は、政策・制度立案への提言328件、制度実施に関する提案1,053件、法令遵守違反0件、その他7,020件(p2参照)。 たとえば、老健 ...
認知症がなくなる日も近い?:研究員の眼 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
長寿時代を生きる私たちにとって「認知症」は極めて大きな「課題」であり、「脅威」である。 かつて高齢者等を対象としたインタビュー調査(*1)をしたときにも、多くの人が"死ぬことよりも認知症になることが怖い、絶対になりたくない"、と話していたことが記憶に新しい。 自分がわから ...
安倍首相が最近、人口減少問題に対応するために新設した「1億総活躍担当相」のように、韓国政府も少子高齢化問題を担当する「責任長官」を任命するべきだという主張が出てきた。企画財政部、雇用労働部、保健福祉部、女性家族部など複数の部処が少子高齢化対策の準備 ...
介護の交流拠点 ケアローソン開店 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
コンビニ大手のローソン(東京)の介護拠点併設型店舗「ケアローソン」が16日、上越市大日の「だいにちスローライフビレッジ」でオープンした。全国3店舗目で、本県では初めての出店。市民らが次々と訪れて介護商品などを買い求め、新たな交流拠点の誕生を祝った。
日本はこれから、人類史上未曾有の超高齢化社会を迎えます。2020年には人口の3分の1、50年には約4割を65歳以上が占めると推計されており、どこの家にも寝たきりや認知症の老人がいるのが当たり前になるでしょう。 そこで話題になっているのが「終活」で、エンディング ...
高齢者年齢基準 引き上げの議論本格化へ - KBS WORLD Radio News (媒体での記事掲載終了)
それによりますと、来年から研究を進め、2017年から少子・高齢社会委員会を中心に社会的な議論を始めるということです。 保健福祉部の関係者は、「財政面とともに高齢者の年齢基準の引き上げによる雇用、福祉など社会システム全般への影響を点検する方針だ」と話してい ...
とっておきの親孝行旅行に。3世代での大家族旅行に。『バリアフリー温泉で家族旅行』発売! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、日本全国の温泉の中から温泉エッセイストの山崎まゆみ氏が施設面のみならず心の面でも優れたバリアフリー対応の温泉を選び、取材の上執筆したテーマガイド『バリアフリー温泉で家族 ...
病院の8割 認知症「治療に影響」 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状があるがん患者が高齢化に伴って増えており、県内の病院の約8割が「がん治療への影響が出ている」と感じていることが、新潟日報社のアンケート調査で分かった。... 【社会】. 2015/10/20 09:20 ...
2015年10月19日()
認知症、自分らしく一人暮らし - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症になった後も自分らしい生き方を続け、住み慣れた自宅で一人暮らしをしている人たちがいる。服薬やお金の管理など日常生活でできないことは、介護事業所や司法書士、近所の人たちが支える。 「このあいだ、何の映画を見たの?」。介護事業所の職員から聞かれ、埼玉 ...
第1章「予想を超えて増える認知症」では、「もの忘れ外来」や「もの忘れ検診」を通して認知症の治療・診断・予防の最新知識を、第2章「明るい認知症闘病生活をめざして」では、「認知症カフェ」の紹介など、主に看護・介護に携わる人に向けてコミュニケーションの大切さを説いて ...
[社説]青年失業をこのまま放置すれば、定年65歳に耐えられるだろうか - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
政府は昨日、第3次少子高齢化社会の基本計画を発表する公聴会で、2018年以降から定年を65歳に引き上げることを推進すると明らかにした。退職しても国民年金を受け取る時まで、何も所得がない状態で過ごさなければならない「年金クレバス(隙間)」を無くすために、定年 ...
大阪市立大学大学院工学研究科の辻岡哲夫准教授はヴァイタル・インフォメーション(東京都新宿区)と共同で、認知症患者の徘徊(はいかい)対策を支援する位置情報特定システムを開発した。患者が携帯する送信機からの電波を複数の基地局が受信し、位置情報を30―50 ...
介護職支援で定住促進! 幌加内、給料保証/奨励金も 地元高新卒者など対象 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【幌加内】上川管内幌加内町は10月から、地元の幌加内高新卒者や町外のひとり親を対象に、町内に定住し介護サービス事業所に就職すると、一定の給料水準を助成で保証するほか、奨励金などを贈る支援制度を始めた。町社会福祉協議会やNPO法人が介護事業をしている ...
太田光代、介護を語る「だってイヤですよ。夫のオムツを替えるのは」 - dot. (媒体での記事掲載終了)
一人っ子どうしが結婚して25年。人気芸人である夫・太田光、所属事務所の社長として支える妻・太田光代。2013年にお互いに多忙を極めるなか、双方の母の介護問題が突然訪れた。「二人同時」という“想定外”の事態。大きな悩みの末、光代さんの実母を自宅に引き取ったが、 ...
親の介護問題 太田光も「聞けなかった」母の老い - dot. (媒体での記事掲載終了)
親の介護に悩む人は多いが、爆笑問題・太田光さんの妻であり、タレント事務所「タイタン」の代表取締役社長を務める太田光代さんもその一人だった。2013年に実母は熱中症で入院、義母は骨折と、ほぼ同じ時期にその問題が発生したのだ。 * * * 親を引き取る覚悟はしてい ...
障害者や高齢者の秋田観光手助け 窓口開設へ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
秋田県観光連盟がユニバーサルツーリズムの普及に乗り出した。お年寄りや障害者ら旅行に配慮が必要な人たちのニーズを掘り起こし、観光の底上げにつなげるのが狙い。県内宿泊施設のバリアフリー化の調査を進め、2016年度には県単位では全国で初めて、専用の相談 ...
大阪市大など、30―50mの誤差内で認知症徘徊者の位置を特定できるシステム開発 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪市立大学大学院工学研究科の辻岡哲夫准教授はヴァイタル・インフォメーション(東京都新宿区)と共同で、認知症患者の徘徊対策を支援する位置情報特定システムを開発した。患者が携帯する送信機からの電波を複数の基地局が受信し、位置情報を30―50メートルの ...
認知症に早期対応 駒ケ根市の集中支援チーム活動2年 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
駒ケ根市が国のモデル事業で設置した認知症初期集中支援チームは、先行実施期間を含めると活動を始めて間もなく2年になる。これまでの支援実績は19人で、このうち9割近い17人が要介護認定前の早期の人だった。認知症に対する啓発や市地域包括支援センターの顔の ...
認知症になった後も自分らしい生き方を続け、住み慣れた自宅で一人暮らしをしている人たちがいる。服薬やお金の管理など日常生活でできないことは、介護事業所や司法書士、近所の人たちが支える。 「このあいだ、何の映画を見たの?」。介護事業所の職員から聞かれ…
《経済》 浜松の共栄プロセスが介護器具開発 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
共栄プロセスは、約二十年前に大手自動車メーカーの福祉車両部品の製造に携わったのを機に、介護用ベッドや車いすなどの福祉用品の開発を進めている。ONBUは約五年前から、浜松市内の介護施設などを巡って現場の要望を集め、介護者の悩みを解消しようと企画した。
認知症などの身元不明者情報 都の公開1人だけ… - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は6月、認知症などで保護された身元不明者について、各都道府県に対してできる限り情報をホームページなどで公開するよう通知しました。しかし、東京都は、去年5月の時点で認知症などで保護され、身元が分からない人が49人いたにもかかわらず、稲城市の ...
認知症の行方不明者を早期発見 - システム開発、大阪市立大 - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者に、位置情報を知らせる送信機を持ってもらい、自宅周辺で行方が分からなくなった際、速やかに見つけられるシステムを大阪市立大などのチームが開発し、19日発表した。数キロ四方の地域に位置情報受信用の装置を設置して網を掛ける仕組みで、比較的低 ...
認知症の行方不明者を早期発見 システム開発、大阪市立大 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者に、位置情報を知らせる送信機を持ってもらい、自宅周辺で行方が分からなくなった際、速やかに見つけられるシステムを大阪市立大などのチームが開発し、19日発表した。数キロ四方の地域に位置情報受信用の装置を設置して網を掛ける仕組みで、比較的低 ...
認知症などで身元不明の人の情報 HP公表1人だけ - NHK (媒体での記事掲載終了)
東京都は、自治体などに保護されたあとも、認知症や知的障害などで、身元が分からないまま施設などで暮らしている人が、去年5月の時点で都内で49人確認されたものの、人数を明らかにせず、身元の判明につながる情報は、稲城市から依頼のあった1人分しかホームページ ...
認知症の行方不明者を早期発見 - swissinfo.ch (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者に、位置情報を知らせる送信機を持ってもらい、自宅周辺で行方が分からなくなった際、速やかに見つけられるシステムを大阪市立大などのチームが開発し、19日発表した。数キロ四方の地域に位置情報受信用の装置を設置して網を掛ける仕組みで、比較的低 ...
高齢者が、短期間で「要介護状態」になってしまう理由とは? - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
一命はとりとめたものの、長い間入院しているうちに、ベッドで寝たきりになってしまうという話をよく聞きます。 「大事に ... この記事では、『介護で会社を辞める前に読む本』山下哲司著(ダイヤモンド社)の中から、高齢者が短期間で要介護となってしまう理由についてご紹介します。
今回の資金調達により、業務支援にとどまらない訪問看護従事者を始め、医師やケアマネージャーなどに対し情報を連携「地域包括ケアサービス」提供等の機能拡充開発を行う事、そして介護・医療保険請求の代行サービスを予定しており、一層のサービス価値向上を図って参り ...
株式会社eWeLL、リクルートホールディングス等へ総額1.2億円の第三者割当増資を実施いたしました - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
今回の資金調達により、業務支援にとどまらない訪問看護従事者を始め、医師やケアマネージャーなどに対し情報を連携「地域包括ケアサービス」提供等の機能拡充開発を行う事、そして介護・医療保険請求の代行サービスを予定しており、一層のサービス価値向上を図って参り ...
天心タイガー腹取りV うるま祭り闘牛大会 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
次回は二つの祭り闘牛が同日開催。25日(日)午前11時から、読谷村むら咲むら闘牛場で第18回読谷まつり闘牛大会、午後3時からは今帰仁村営闘牛場で、今帰仁村総合まつり闘牛大会が予定されている。いずれも入場 ... 97歳の医師 沖縄県内最高齢で現役の秘訣は?
可聴域外の信号でガイドするヤマハの「おもてなしガイド」、駅や鉄道・バス車内のアナウンスで実用化へ実証実験 - INTERNET Watch (媒体での記事掲載終了)
ヤマハ株式会社は19日、音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」の実用化と改良に向けた実証実験を、アイテック阪急阪神株式会社、クラリオン株式会社、中川電気工業株式会社、八幡電気産業株式会社、レシップ株式会社、株式会社USENと共同で行う ...
笑いで地域を健康に 川崎市職員が落語ボランティア - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
以前、市健康福祉局に勤務したとき、認知症や寝たきりの予防法が知られていないことを実感した。五、六年前から落語のボランティア公演を始め、高齢者の集いや健康づくり教室など出番は年々増え、今は年二十回ほど。「家に閉じこもらず、外に出ましょう」「友達をつくりま ...
ケアマネージャーらが研修会、床ずれの対策を学ぶ - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別市地域包括支援センターが主催する紋別市ケアマネージャー・居宅サービス事業所合同研修会が16日、市総合福祉センターで開かれ、「在宅での褥瘡(じょくそう)予防・ケア」について介護関係者ら53人が研修に努めた。講師は北海道総合在宅ケア事業団・札幌白石訪問 ...
... 約66億円)に上っている。今回の引き上げで、受給者は8千人減少する。 同市はことし、年間7億元(26億円)の敬老祝い金の支給も廃止しており、来年度は新たに12億元(約44億円)を計上し、高齢者のための福祉施設の建設や自宅介護制度の整備に当てることにしている。
介護保険制度利用して実家改修 介護用品をレンタルで節約可 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
2000年4月にスタートした介護保険制度の運営主体は市区町村。40才以上の国民が納める保険料と、国や都道府県の税金補助を財源とし、自治体から「要介護」「要支援」の認定を受けた65才以上を中心に保険給付が行われる。要介護度別に定められた限度額の範囲内で、 ...
あの人は看護師?介護士? 介護施設で働くスタッフの職種とは - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
老人保健施設(老健)などリハビリに力を入れている施設では、リハビリのスペシャリストも働いています。専門分野は次のとおり。 理学療法士(PT):起き上がり、座る、立つ、歩くなど、体を動かす基本的な動き; 作業療法士(OT):服を着る、ご飯を食べるなどの日常生活に必要な ...
砂川啓介 認知症の妻・大山のぶ代の介護日記初公開 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
認知症を公表した声優の大山のぶ代(82)の夫で俳優の砂川啓介(78)が壮絶な介護生活をつづった「娘になった妻、のぶ代へ」が23日に双葉社から発売される。発症後は姿を見せていない大山の写真と、2700日に及ぶ介護日記を初公開。徘徊(はいかい)、幻想、排せつなど ...
【高齢者の虐待防止】 川副 正敏さん - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の調査では、介護施設の職員による高齢者への虐待が2013年度に全国で221件発生。7年連続で増加した。 知人が勤める特養などを運営する社会福祉法人では、近年報道された他施設の高齢者虐待事件を題材に、介護職員らが意見交換した。全員が「介護の ...
2015年10月18日()
「介護と両立を」 増える企業の支援 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事と介護の両立に向け、支援の充実に力を入れる企業が増えている。社内の「介護カフェ」での支援策PRや介護サービス費用の負担などを通して、介護しながら仕事を続けられる風土をつくり出そうとしている。介護が必要なのはベテラン・中堅社員が多いことから、介護離職で ...
災害時「要支援者」の名簿化苦悩 各市町、認定範囲に開き - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
人工呼吸器の利用者や家族では避難させられない寝たきりの人らが該当する。名簿の基となった「要援護者台帳」は「要介護、要支援、障害者、高齢者だけの世帯、難病患者など」と幅があり、約6千人を抽出している。 担当者は「日中は独居になる高齢者などは載せておらず、 ...
増える「脱出老人」 フィリピン移住の理由は生活しやすいため - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
高齢の独身男性を狙った結婚詐欺事件、有料老人ホームでの不審な転落死など孤独な老後を送る高齢者が悲しい末路を辿るケースが昨今、後を絶たない。日本という、先行き不安な超 ... ヘルパーさんも安く雇えますから、健康的な暮らしができる。預金通帳も見せて母のために ...
自宅で介護、訪問レッスン 千葉市が無料支援 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で高齢者を介護する家族のもとにホームヘルパーや介護福祉士が出向き、状況にあった介護方法を伝える「訪問レッスン」を、千葉市が10月から始めた。介護を必要とする高齢者が増える中、技術支援をすることで介護者の負担を減らしたいという。 「お風呂から出るとき、 ...
自宅で介護、訪問レッスン 千葉市が無料支援 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
自宅で高齢者を介護する家族のもとにホームヘルパーや介護福祉士が出向き、状況にあった介護方法を伝える「訪問レッスン」を、千葉市が10月から始めた。介護を必要とする高齢者が増える中、技術支援をすることで介護者の負担を減らしたいという。 「お風呂から出るとき、 ...
保健福祉部はこの日、「来年、高齢基準を変えるためのロードマップを用意し、2017年から社会的合意の形成を推進する」と明らかにした。 福祉部はこのために保健社会研究院に委託研究を任せている。キム・ホンジュ福祉部人口児童政策官は「もはや60歳あるいは65歳を高齢 ...
東京円21銭安、1ドル=119円33〜35銭 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
東京駅のホームでご高齢の車椅子のお客様に駅員さんが献身的に乗車のサポートをなされていました。 駅員さんは車椅子に座って ... 11月4日に株式を上場する日本郵政グループ3社のうち、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式売り出し価格が19日決まった。[ 記事全文 ] ...
【西武】本田に続き香川も…。元介護員右腕、四国IL・松本の指名検討 - スポーツ報知 (媒体での記事掲載終了)
東北学院大・本田圭佑に加え“香川”にも注目した。環太平洋大時代は中日の又吉がエースで松本は遊撃手だった。医療法人養和会(鳥取)に就職し、介護員として仕事をしながら軟式野球部で投手に転向し、14年の全国大会で4強に進出。NPB入りの夢を持ち香川に入団した。
「介護と両立を」 増える企業の支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事と介護の両立に向け、支援の充実に力を入れる企業が増えている。社内の「介護カフェ」での支援策PRや介護サービス費用の負担などを通して、介護しながら仕事を続けられる風土をつくり出そうとしている。介護が必要なのはベテラン・中堅社員が多いことから、介護離職で ...
焦点となるのは,前述の推計で「一般病床・療養病床以外でも対応可能」とされている30万人前後の高齢者を各地でどうみていくかであるとした。これは地域ごとの事情や住環境によって異なってくることから,地域医療構想調整会議の最大のポイントは「慢性期の再編」と「地域 ...
介護用ベッドやベッド周辺機器の製造販売を手掛ける株式会社プラッツ(福岡県大野城市)は、ベトナムにおける合弁会社シェンバンメタル(SHENGBANG METAL CO.,LTD.、東南部ドンナイ省)の出資持分を取得し、持分法適用関連会社化した。 プラッツは2012年8月、製品品質 ...
京都)介護者らくらく新歩行器 府と金属加工会社など - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
府や福祉・医療団体などが京都市の金属加工会社とタッグを組み、新たな歩行器を開発した。介護者にとって、お年寄りなどを抱えてベッドやトイレから立ち上がらせる動作は、腰などに負担がかかる重労働だ。新しい歩行器はテコの原理を使い、介護者がほとんど力をかけずに ...
集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法制が成立してから19日で1カ月。国会前で抗議のうねりを巻き起こした大学生らが18日、日曜日の渋谷・ハチ公前広場で抗議行動をした。若者や子どもを抱いた家族連れ、高齢者までが広場を埋め尽くした。 主催した学生団体「SEALDs(シールズ)」の大学生らは「9月19日の強行採決の日、何かが終わったのではなく、何かが始まった」「諦めることなく、民主主義のために行動し...
初期の認知症、軽度認知障害(MCI、前回記事「認知症の一歩手前、軽度認知障害とは?」を参照)を疑われた人の中には、うつ病が原因で認知症のような症状が起こっている場合もある。このような状態は「仮性認知症」として認知症とは別に考える必要がある。今回は治療 ...
支えてくれる世代がいなくなるかもと漠然とした不安を感じた」(29歳/医療・福祉/専門職). 自分の世代の人たちの結婚が遅かったり、結婚していても出産経験がない夫婦が多いと、少子化を感じてしまいますよね。将来、自分が高齢者になったときに支えてくれる人がいなくなる ...
「コメント欄」がオワコン化してますよね。 Yahoo!ニュースもBLOGOSもクソまみれ。 なんでしょうね、コメント欄という仕組み自体がすでに「高齢化」しており、匿名のどうしようもないおっさんを集めるホイホイツールと化している感じがします。今の若い人はコメント欄なんて使わないでしょ。他の発信先があるし。 特にリンクは貼りませんが、Yahoo!ニュースとかBLOGOSはひどいもんですよ。ゴミの掃き溜...
【日曜講座 少子高齢時代】「介護離職ゼロ」を声高に語るより、既存施設の活用が先決だ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
総務省の「就業構造基本調査」(2012年)によれば、働きながら介護する人は291万人だ。40~50代の働き盛りが167万人を占め、男性も例外でない。管理職や主要業務を担当している働き盛りを突如として失ったら、企業への影響は計り知れない。早急に取り組むべき課題で ...
医療費カット「医者が儲からないシステムを」「死生観の政治的誘導」 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
コストパフォーマンスの悪い医療(寝たきり老人や回復の望みのない患者)に対して投入される医療・介護資源(金銭、労働力)が多いにもかかわらず負担が小さい(もしくは年金でお釣りが来る)ことを是正する。 ・医療費の負担を意識させるため、医療費の先払いにして、保険料を ...
医療費カットの切り札は「患者負担増」か「ジェネリック」? Vol.2 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
医療側のシステムについては「高齢者の検診・人間ドックの廃止」「開業医の厳選化」「整体師やほねつぎ系を医療保険から外すべき。エビデンスが ... 同会議の働きかけもあり、来年度から一部の病院が中核になって保険未承認の薬などが使えるようになる「患者申出療養制度」が始まる。同会議は「 ... 混合 ...
認知症の予防法学ぶ/高松で介護セミナー - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
スミセイさわやか介護セミナー(住友生命福祉文化財団、四国新聞社主催)が17日、香川県高松市番町の県社会福祉総合センターで開かれた。6日の介護実習、7日の調理実習に引き続き、この日は「いわき病院」(高松市)の中村光男副院長が講演し、約120人が認知症の予防 ...
道央道・岩見沢SAにハイウェイガーデンがオープン…10月31日 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
利用客の増加や高齢化社会に対応するために、「使いやすさ」に配慮し、「やさしさ」と「愉しさ」を提供する休憩施設にすべく全面リニューアルを行っている。すでに歩道部のバリアフリー化と駐車場の全面舗装の改修は完了。快適なトイレを目指し、トイレ建物の増改築とトイレ設備の ...
財務省 経済統計の取り方など見直し要請へ NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
財務省は、物価などの政府の統計が経済の実態を十分に反映していないとして、統計の取り方などを見直すよう、総務省や国土交通省などに求めていくことになりました。 しかし、総務省が発表する消費者物価指数では、調査品目に、急速に拡大しているインターネット通販で売買されている商品の価格が反映されていないのが実情です。 また、消費支出などの家計調査も、調査対象となる世帯主の半分以上が60歳以上となっていて、高齢...
2015年10月17日()
(認知症社会)反響編 暴言、やりきれない/施設か在宅か、悩む - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
母は2年前に認知症と診断された。5分前のことは覚えていない。数々の暴言の中でも、「毎日毎日、鳥のエサみたいなもんやなくて、肉が食べたいわ」と言われたのはこたえた。栄養が偏らないよう気をつけて食事を作り、昼食は仕事からいったん帰って一緒に取った。認知症の ...
(あのとき・それから)平成8年 薬害エイズ、HIV訴訟和解 国と企業の責任、問い続ける - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
移植を待つ間に母親が病で寝たきりになった。介護をする父親も70代だ。不安を数えればきりがない。でも、「受け止めるしか生き ... 被害者の高齢化も進み、加齢に伴う病気の合併症にも苦しむ人も多い。はばたき福祉事業団理事長、大平勝美(66)はいう。「和解時には想像し ...
介護・子育て支援より動き先行 「1億総活躍」狙いは労働力? - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
加藤氏は「『活躍』とは働くことだけではない」と強調するが、改造内閣では労働力確保に向けた動きが介護や子育て支援に先行している。十五日の産業競争力会議(議長・安倍首相)では、来夏にまとめる成長戦略の柱に企業の生産性向上を挙げた。具体策として女性や高齢者 ...
母は2年前に認知症と診断された。5分前のことは覚えていない。数々の暴言の中でも、「毎日毎日、鳥のエサみたいなもんやなくて、肉が食べたいわ」と言われたのはこたえた。栄養が偏らないよう気をつけて食事を作り、昼食は仕事からいったん帰って一緒に取った。認知症の ...
宮城)認知症の人の人生、写真や詩で紹介 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
青葉区で認知症病棟などを運営する「杜のホスピタル・あおば」が6年前から取り組む。本人や家族から半生を聞き取った「生活暦」の隣に、60年以上も前に撮った学生服姿の白黒写真や結婚写真が並ぶ。介護の大変さは家族の間に溝を生むこともあるが、振り返ることで、関係を ...
心房細動がある人には認知症が起こりやすい? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
オランダの追跡データから. 研究班は、オランダで1989年から2010年にかけて行われた追跡調査のデータをもとに、認知症のなかった6,514人の対象者について、心房細動の有無と、認知症の発症の関係を調べました。
仕事 2言語を話すだけで認知症発症が5年も延びる!? 今からでも遅くはない大人の外国語学習 - CIRCL(サークル) (媒体での記事掲載終了)
高齢になっても介護を必要とせず、健康でいきいきとした生活を送る「健康寿命」を伸ばすには、認知症を予防することが大切だ。ゲームなどで一時的に行う脳トレとは異なり、多言語を話すことは長期にわたって記憶力や注意力を向上させる脳トレーニングとなることから、認知症の ...
ところが、この療法で若返った心臓は、その後しばらくすると破裂して突然死を起こすという恐ろしい副作用があることがわかる。さらに、「超高齢化社会の究極の解決」のため、その副作用を悪用して、寝たきり老人を減らそうと考えるエリート官僚・佐久間(滝藤賢一)が現れ、香村 ...
介護福祉事業などを手掛けるジェイコム(愛媛県西条市)は使用済み紙おむつを原料にしたバイオエタノール製造に乗り出した。市内に実証プラントを建設、今月から稼働を始めた。バイオエタノールは地球温暖化防止につながる燃料として需要拡大が見込め、廃棄物の紙おむつ ...
埼玉県にあるNPO法人空家・空地管理センターは、認知症になったときの空家と空地の活用方法として、任意後見制度を紹介している。 配偶者や子供の他にも. 成年後見制度は、配偶者や子供、親族が後見人となり、認知症患者に代わって意思決定を行う。他にも、弁護士や ...
福祉医療機構はこのほど、「2015年度 介護報酬改定等の影響に関するアンケート調査」の結果を発表した。それによると、2015年度の介護報酬改定がサービス活動収益に「影響している」と答えた特別養護老人ホームは95.0%に上った。
2015年10月16日()
親子絶縁! 夫婦離婚! 危険すぎる「実家の片づけ」――辰巳渚(「家事塾」主宰) - NEWS&BOOKS 矢来町ぐるり (媒体での記事掲載終了)
とくに高齢で持病がある場合、年々気力・体力が衰えていく。「あの時やっていれば」と本人が後悔するか、「相談してくれていれば」と ... Dさん(50代)はほぼ寝たきりの母親(80代)と実家で同居している。Dさんは数年前に夫と離婚して、実家に戻ってきた。広島駅まで車で10分程度 ...
岩手県の介護施設 人手不足などで46事業所が休廃止 今年度前半 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岩手県は15日、今年度前半に介護施設46事業所が廃止または休止したことを明らかにした。理由について半数の事業所が「人手不足」としている。景気回復を受けて待遇が良い他業種に人材が流れているほか、今年度から介護報酬が引き下げられたことが影響しているとみ ...
要介護1が半年で要支援2に 「筋出力リハビリ」の劇的効果 - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了)
高齢者の介護問題は誰にとっても大きな関心事だが、そんな中、注目を集めている要介護者向けのリハビリ方法がある。“筋出力リハビリ”だ。 筋出力リハビリとは、筋力を増やすのではなく、“今ある筋肉を最大限使えるようにする”というもの。高齢になっても寝たきりにならず、歩く、 ...
「認知症」の話題をまとめてお届けします【『医の手帳』シリーズから】 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
朝日新聞新潟版で好評連載中の『医の手帳』。病気の基礎知識から治療まで、わかりやすく解説しています。 今回取り上げるのは「認知症」編。症状などによる分類から、早期診断や予防、制度の話題まで、8回分をまとめてお届けします。 新潟大学脳研究所の西澤正豊所長と、 ...
認知症で預金下ろせない 成年後見人が財産管理 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
離れて暮らすAさんの母は認知症が重くなり、家族の判別もできなくなった。介護施設に入所させるため、母の預金を下ろそうとしたところ銀行から「成年後見人を立ててくれないと預金の解約には応じられない」と言わ…
政府、高齢者・病人の安全確保で新たな放射線防護事業に着手へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
政府が原子力発電所から半径約10~30キロ圏で地理的に孤立化が懸念される病院や社会福祉施設に対し、病人や高齢者の安全確保に向けた新たな放射線防護事業に着手することが16日、分かった。原発事故が発生した場合でも施設内への汚染を防ぐ建物に改良すること ...
介護事業者のリボーン(本社上越市)が、コンビニエンスストアのローソン(本社東京都)のフランチャイズオーナーとなって運営する、ケア(介護)拠点併設型店舗の新潟県内1号店「ローソン上越大日店」が2015年10月16日、上越市大日のだいにちスローライフビレッジ内に ...
医療・介護の現場での様々な問題を解決! NKワークスの予測型見守りシステム「ネオスケア」 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
介護や医療現場における見守り機器はすでに多数存在するが、同製品は、従来の見守り機器とは異なり、最先端のロボットテクノロジーを用いた極めて精度の高い見守り機能に加え、人の手による繊細な見守りを融合することで、今までできなかった見守りを可能とするという。
医療・介護の現場での様々な問題を解決! NKワークスの予測型見守りシステム「ネオスケア」 - ITライフハック (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
介護や医療現場における見守り機器はすでに多数存在するが、同製品は、従来の見守り機器とは異なり、最先端のロボットテクノロジーを用いた極めて精度の高い見守り機能に加え、人の手による繊細な見守りを融合することで、今までできなかった見守りを可能とするという。
日韓比較(8):医療保険制度-その3 自己負担割合―国の財政健全性を優先すべきなのか、家計の経済的負担を最小化すべきなのか:研究員の眼 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
また、70歳以上75歳未満の高齢者の場合は、平成20年度以降、減額特例措置により1割に凍結していたが、平成26年度4月1日以降段階的に見直しを行い、2割負担に全面移行することになった。 具体的には、平成26年4月1日までに70歳の ... 高額療養費制度は、家計に対する医療費の自己負担が過重な ...
介護施設入所者のカードから現金盗んだ疑い、介護士を逮捕 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
逮捕されたのは千葉県我孫子市の介護士・佐々木一也容疑者(40)です。佐々木容疑者は去年10月から今年1月までの間、勤務する荒川区の介護施設で入所していた85歳の女性のキャッシュカードを無断で持ち出し、台東区のコンビニエンスストアのATMで6回にわたって ...
第2部は「小規模デイだからこそできる先端介護サービスの提供」、第3部は「介護事業所の稼働率UP&人材確保の方法」をテーマに、営業や採用、業務改善での人材定着までを解説。さらに介護事業者の生き残り経営戦略として、「経営者のためのM&A活用法」についても解説 ...
待ったなし!団塊世代の後期高齢化・・・介護不足解消の知恵『埋もれた資源の活用』 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
きっかけは高齢者のベッド不足だが、白羽の矢を立てたのが診療所の医師など地域に埋もれた医療人材だった。主治医が緊急で在宅治療ができない場合を想定して、代わって治療する副主治医体制も整備された。薬剤師、看護師、ケアマネージャーもネットワーク化している。
老後にアルコール依存症 認知症リスク高く - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
男性を中心に高齢者のアルコール依存症の問題が深刻になっている。定年退職や配偶者との死別をきっかけに酒量が増え、依存症に陥るケースが多い。若いときと違って、高齢者では認知症や体の衰えにつながる危険もあり、家族の負担も重くなる。どんな人がどんなきっかけで ...
認知症 詳しく知るセミナー - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
県医師会と県歯科医師会、県薬剤師会は11月7日午後2時から、県民のための健康セミナー2015「認知症セミナー」を長岡市のアオーレ長岡で開く。 軽度認知障害(MCI)や、認知症と口腔(こうくう)内の健康などをテーマにした専門家による講演がある。 定員250人、入場無料 ...
介護現場で働く人は8割以上が女性。男性に焦点を当てることで従来の介護に対するイメージや考え方を変えるきっかけにしようと、米子市両三柳の「こうほうえん」(広江研理事長)など全国20の社会福祉法人が企画した。 写真集には、男性職員が高齢者らの手を取って散歩して ...
介護を受けるその前に。知っておきたい地域の介護事情 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
地域にどのような介護サービスが整備されているのか知りたいときに、まず訪ねたいのは「地域包括支援センター」です。地域包括支援センターは、言わば地域の介護の情報拠点。どんな事業者がどのようなサービスを展開していて、どのぐらいのお金がかかるのか。いざ介護に ...
注目される「介護ビジネス」関連銘柄11選 - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
今、介護関連ビジネスが注目を集めている。損保ジャパン日本興亜ホールディングスは10月2日、居酒屋大手ワタミの介護子会社を買収すると発表した。12月1日には、株式を取得し完全子会社にするとのことだ。 「ワタミの介護」は有料老人ホームの「レストヴィラ」などを埼玉、 ...
サービス付きの高齢者向け住宅/穴吹工務店 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
同工務店を傘下に収める大京グループは入居者の高齢化などを踏まえ、今年2月に東京・中野区にサービス付き高齢者向け住宅をオープン。「―栗林公園」は ... 施設の運営は、県内で同様の高齢者向け住宅や老人ホームを運営しているケア・ステーション(丸亀市)が担う。
認知症不明者捜索に救助犬訓練 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
行方不明者を捜す救助犬の訓練が、広島県神石高原町上豊松の神石高原ティアガルテンで開かれている。行方が分からなくなる認知症の高齢者が増えていることを受け、救助犬を育成する団体スニッファードッグ・カンパニー(兵庫県西宮市)がNPO法人ピースウィンズ・ ...
名古屋高速に自転車で進入 認知症?81歳男性保護 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市南区の名古屋高速の笠寺出口付近で、同市中川区に住む認知症とみられる男性(81)が自転車で高速出口から誤って進入、名古屋・南署の署員に高速道路上で保護されたことが分かった。高齢運転者による車の高速道路逆走など危険な事例が問題化する中、対策が ...
前回のコラムでは認知症にならないためには、認知症の前段階であるMCI(軽度認知障害)期に気づくことが大切だというお話をしました。今まで問題なく出来ていたことが少し考えないと出来なくなったとか、いつもと違う物忘れの仕方をした等、「あれ?何かいつもと違う」という ...
来年4月の解除を目標とする南相馬市小高区では、南相馬福祉会が特別養護老人ホーム「梅の香」とグループホーム「小高」の再開を検討している。合併前の原町、小高、鹿島の3市町が成り立ちに関わった法人として、再開は社会的使命と受け止めるが、規模は特養が60床の ...
2015年10月15日()
車いすでも江の島へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
藤沢湘南ライオンズクラブ(林裕之助会長)は10月9日、車いすを利用する高齢者らを対象とした江の島見学会を開催した。 8回目の今年 ... と笑顔をみせた。 林会長は「江の島は五輪会場にも決まったので、こうした活動が広がり江の島のバリアフリー化につながれば」と話した。
気になる老後の不安を解消 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会といわれる昨今。老後の生活や介護に不安を感じている反面、高齢者住宅や介護保険について正しく理解している人は少ないのでは。今から知識を深め、備えておくのが賢い選択と言えそうだ。 最新情報が満載「高齢期の住まい方」 長谷工グループの(株)センチュリーライフと、平成25年に同グルー ...
「人として最低限のルール守れ」 暴言に無許可テントの反原発派に住民「ノー」 川内2号機再稼働 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
車中には透析のため病院に向かう高齢者もいたという。 不満や不安の理由は他にもある。原発近くの久見崎海岸には、昨年9月から反原発派がテントを張り、居座る。 「異様な ... 薩摩川内市議の森満(もりみつ)晃氏によると、このほか反原発派の行為として、使用が許可されていない海岸でのイベント▽墓地用の ...
また、建物内での動線管理のために人の動きをモニタリングすることで、高齢化社会に備えて建物の構造をバリアフリー、ストレスフリーな環境に最適化するというような使い方もあるでしょう。 グローバルには製造業から始まったIoTですが,日本の場合、製造業はFA化が進んで ...
カジノ型介護施設に規制も、マージャン・パチンコで賛否 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
極端に言うなら、町のマージャン屋さんが『(店の)少し空いたスペースで体操してもらう。それで介護保険のサービス事業所に名乗りをあげます』と言ったときに、これまでの基準であれば指定せざるを得ない。税金も投入した介護保険サービス事業としてそれでいいんですか?
模擬カジノ、規制に困惑 介護施設で認知症予防に活用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
カジノやマージャンなどを取り入れた介護施設を巡り、神戸市が9月、全国で初めて娯楽サービスの提供を規制する条例を制定した。市は「射幸心をあおりかねない」といった点を問題視。10月には兵庫県も追随したが、認知症の予防効果などへの期待から、同様のサービスを提供 ...
花王は介護関連商品の販売を強化する。在宅介護の必要性が高まっていることに対応し、消臭力を高めた洗剤などの商品を2倍の10品目に増やすほか、ドラッグストアなど取扱店舗を4割多い1万7000店に広げる。 消臭力を高めた「消臭ストロング」のシリーズ商品を増やした。
首相「簡単な目標ではない」 GDP、介護離職ゼロ…… - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
安倍内閣は15日、「1億総活躍社会」の実現に向け、事務局の「1億総活躍推進室」を内閣府に設置した。安倍晋三首相は、室長の杉田和博官房副長官ら約20人の職員に訓示し、「名目GDP(国内総生産)600兆円」「希望出生率1・8」「介護離職ゼロ」の目標を改めて挙げた。
麻生太郎財務相は14日、安倍晋三首相が与党に検討を指示した軽減税率について「きちんとやるのはすごい手間になる。(税金が)安くなればその分、福祉に回る金が減る」と述べ、慎重な姿勢を示した。札幌市内で開かれた自民党の会合で語った。麻生氏は「中小・零細企業の消費税を払っていないところに全部、インボイス(明細書)を書いてもらう」と述べ、事業者の事務負担が増えることを指摘。税収が減り、社会保障に回る予算が減...
長寿時代を生きる私たちにとって「認知症」は極めて大きな「課題」であり、「脅威」である。かつて高齢者等を対象としたインタビュー調査1をしたときにも、多くの人が“死ぬことよりも認知症になることが怖い、絶対になりたくない”、と話していたことが記憶に新しい。自分がわから ...
高齢化が進み、病床不足・医療費高騰が深刻さを増す一方、「自宅で最期を迎えたい」という人が急増しているのである。 世界のどこにも負け ... 確かに、長期間入院ができる療養型の病院に入院したり、広々とした個室の老人介護施設に入るよりは安上がりです。ですが、介護を ...
47NEWS > 共同ニュース > 地方でも介護施設不足に コンサル、創成会議と異なる推計 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者住宅運営の有力コンサルタント、タムラプランニング&オペレーティング(東京)は、全国の政令指定都市と中核市(計65市)のうち、4分の3に当たる48市では2030年に介護施設が不足する、との独自推計を15日までに公表した。 東京圏で介護施設が大幅に不足する ...
交流にわっくわく カフェきょう開店 倶知安の障害者ホーム内 自家栽培野菜の定食も - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【倶知安】精神障害者の自立を支援するNPO法人「ともに」(小林敦子理事長)は15日、運営するグループホーム「わっくわく」(北3西2)内にカフェを開店する。障害者の就労訓練の場にするとともに、近隣の独居高齢者らに健康的な食事を提供する。 同法人は町内でグループ ...
ショートステイ最大手「ユニマット」が新社名に - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
同社はデイサービス・ショートステイ・グループホーム・有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅など介護事業所を経営。現在は全国で278拠点に「そよ風」ブランドの介護施設を展開し、約630事業所を運営する。ショートステイの運営拠点数と床数は第1位を獲得している。
大京グループの穴吹工務店初のサービス付き高齢者向け住宅 「かがやきの季(とき) 栗林公園」 竣工 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー化が施された住宅に安否確認や生活相談サービスが付いた、60歳以上の高齢者向けの賃貸住宅です。国は今後の整備方針として、高齢者が住み慣れた地域で生涯暮らせるよう、生活に便利な中心市街地での建設や、地域に開 ...
さまざまなお仕事のバイト体験をさせていただいているこちらの企画ですが、今回は介護施設でいわゆるデイサービスと呼ばれる「通所介護」をおこなう施設・グリーンライフ湘南にて介護士の体験をさせていただくことになりました。 介護のお仕事は今まで一度も携わったことがない ...
約4600平方メートルの敷地に古い民家が2軒。畑にナスが実り、犬がほえる。熊本県荒尾市川登の「デイサービスわだち製作所」(定員25人)は介護施設には見えない。そこに若年性認知症の人たちが集まり、思い思いに時を過ごす。 「楽しかよ。うちにおっとかかあともむっけん( ...
廃寺改修し温泉福祉施設に…にぎわいづくり一役 石川 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
石川県小松市の荒れ果てた寺が、天然温泉の銭湯を備えた福祉施設に生まれ変わり、地域のにぎわいづくりに一役買っている。サービスを受ける高齢者や障害者に加え、一般の利用客も含めると、多い時で250人近くの人が訪れるという。 施設は三草二木西圓寺。2008年に ...
現在、日本語のわからない訪日外国人観光客や店内アナウンスの聴こえにくい高齢者、聴覚障がい者が安心・安全にショッピングや旅行を楽しめるよう、店内放送のインバウンド対応、バリアフリー化へのニーズが急速に高まっている。両社はこうしたニーズに対応すべく、USEN ...
事故死した母ウミガメの「忘れ形見」 体内から取り出した卵ふ化 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
97歳の医師 沖縄県内最高齢で現役の秘訣は? 【宜野湾】現役医師としては沖縄県内最高齢とい... 家賃3万円の「再生古民家」にアクセス殺到! 沖縄の ..... 夜回り続ける“元ヤンキー”少年補導員 「深夜徘徊は地獄の一丁目」 · NMB山本彩、“秘書スタイル”で妄想実現 タイトな ...
USENとヤマハ、店内放送に「おもてなしガイド」を簡単導入できるよう協力 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
店内放送をユニバーサルデザイン化することで、日本語のわからない訪日外国人観光客、店内アナウンスが聴こえにくい高齢者・聴覚障がい者のサポートが可能。今回の協力により、USENの店内放送導入店舗が簡単に「おもてなしガイド」に対応したアナウンスを放送可能になる ...
USENとヤマハ、全国の店内放送に「おもてなしガイド」を簡単導入できる機能開発と普及に向けた共同検討を開始 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
現在、日本語のわからない訪日外国人観光客や店内アナウンスの聴こえにくい高齢者、聴覚障がい者が安心・安全にショッピングや旅行を楽しめるよう、店内放送のインバウンド対応、バリアフリー化へのニーズが急速に高まっています。両社はこうしたニーズに対応す ...
経済産業省委託事業で、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後の県内における糖尿病や認知症の早期発見、重症化への予防に努める。健康運動サポーター養成講座のほか、地域の薬剤師が糖尿病患者に寄り添って相談に応じる仕組みをつくる。蓬莱地区をモデルに ...
松坂慶子 車いすの母の介護生活明かす - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
女優・松坂慶子が96歳の実母の介護と仕事の両立生活を15日、フジテレビ系「ノンストップ!」で明かした。 東日本大震災をきっかけに、車椅子で生活する母との同居を開始したという松坂。最初は頑張りすぎていたようだが、安藤和津が母の介護を記した著書を読み、ヘルパーに ...
本検定は、地域社会において予防への関心と知識を多くの方々に理解して頂く支援活動の中心となる人材を育成する為に、認知症についての基礎知識から、行政機関やサポートプログラムの利用方法、そして効果的な非薬物療法による予防方法等を網羅し、認知症予防 ...
あきらめないで楽しんで!介護施設の旅行事情とは? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
まずは大阪府堺市の有料老人ホーム「アミーユレジデンス堺浜寺」。行事やイベント ... もちろん高齢者や障がいをお持ちの方が安心して参加できるようにバリアフリーの宿泊施設を選んでの旅行です。 「通常の ... ひとつめは東京都東大和市の有料老人ホーム「気まま館東大和」。
認知症対策の支援強化へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
超高齢社会を迎え、ますます増加が見込まれる認知症。国は認知症の人やその家族を地域で見守り、支援する「認知症サポーター」の養成を進めているが、その養成講座の講師役を務めるのが介護従事者、相談員などの「キャラバン・メイト」と呼ばれる人々だ。相模原市は ...
女性のライフスタイルの多様化に応えた勤務体系を提案し続けてきたライオンファミリーグループ。「深夜勤務なし」「土日祝日休み可」などの業界異例の条件に、新たに『資格所持なし可』が加わった。準社員・社員として勤務しながら資格・免許を取得できるもの。高齢者向け ...
40兆円超えた医療費 終末期医療の効果的な実施を 立ちはだかる尊厳死問題 (1/2ページ) - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
欧米に寝たきり老人はいない』という本が出版され、よく売れたが、たしかに人工栄養摂取の措置が施された寝たきり老人は、あまり欧米では見かけない。「いない」というのはやや言い過ぎにしても、国際長寿センターの国際比較調査でも日本はフランス、英国などと比較して多いの ...
朝日新聞との共催でおこなわれ、高齢者を中心に約600名が集う会となった。 世界アルツハイマーデーに合わせ ... 氏は、チューインガムを使った調査をもとに「ゆっくり良く噛むことで脳の働きが活発になる」「寝たきりになっても最後に動くのは口。とても大事な機能」と述べ、噛む ...
2015年10月14日()
認知症の母と異国で生きる 映画「ベトナムの風に吹かれて」17日公開 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本とベトナムの初の合作映画「ベトナムの風に吹かれて」(大森一樹監督)が十七日、全国で公開される。ハノイで日本語教師をする娘が、故郷の新潟から認知症が進む高齢の母を呼び寄せ、ベトナムで介護しながら暮らす物語だ。現地で暮らす日本語教師小松みゆきさんの ...
今年12月、港南区最戸に認知症高齢者グループホームと小規模多機能ホームを併設した「ちいさな手横浜こうなん」がオープンする。運営するのは横浜市内で数多くの福祉施設を手掛ける(株)メディカルケアシステム。現在、内覧会(事前予約制)も行っている。 グループホーム( ...
認知症フォーラム - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
主催の「認知症ケアを考える会オレンジ」では緑区とその近隣に在勤する認知症介護指導者(認知症介護研究・研修センターが実施する「認知症介護指導者養成研修」を修了した者)有志と中山地域ケアプラザ、東本郷地域ケアプラザの地域包括支援センターが中心となり、勉強 ...
介護報酬改定→ベア実施2割 待遇改善は「一時的」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
4月から増額された介護職員の待遇改善のための加算金をベースアップ(ベア)に使った特別養護老人ホーム(特養)は2割強だったことが、独立行政法人福祉医療機構が14日に公表した調査結果でわかった。同機構は加算金の使い道について「一時的な改善方法が多く、恒久 ...
老老介護、乗り切るケアプランは? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
回復期リハビリ病棟で脳梗塞(こうそく)のリハビリを受けていた80歳の義父がようやく退院となりました。これからは介護保険サービスを利用しながら自宅で生活する予定です。しかし、75歳の義母が義父の世話を一身に背負うことになり、ナオコさん(49歳・会社員)と夫のマサオ ...
市から派遣されたホームヘルパーや介護福祉士が担当するもので、1回約1時間。14日現在で4件の応募があり、すでに実施されたレッスンもある。同課は今年度中に150回のレッスンを行うとしている。市はこのほか、4月に「家族介護者支援センター」を中央区中央港に設置。6 ...
老人福祉事業者や介護事業者の倒産が昨年を上回るハイペースに! - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
民間調査会社の発表によると、老人福祉事業者や介護事業者の倒産が増えていることが分かった。 帝国データバンクが発表した「2015年の老人福祉事業者の倒産動向調査」によると、今年9月末時点における老人福祉事業者の倒産は45件。 2000年以降で最も多かった2012 ...
財務省は年内に国有地の賃料を下げる方針を固めた。特別養護老人ホームなど介護施設の整備に使うのを条件に最大で半額にする。都市部では介護施設が足りず、親の介護のために仕事を辞める現役世代が増える一因になっている。安倍晋三首相は「介護離職ゼロ」を政策 ...
シャワーヘッド「水通せば殺菌」 福岡のメーカー開発:朝日新聞デジタル (媒体での記事掲載終了)
薬剤を使わず、水を通すだけでレジオネラ菌などを殺菌・滅菌するシャワーヘッドを福岡のメーカーが開発した。メーカーは公衆浴場のほか、高齢者の介護施設などでの利用を想定している。 新商品「助太刀K&D」を開発したのは、節水シャワーヘッドで知られる「田川化工」(福岡県香春町、大熊洋史社長)。ヘッドの内部に鉱石の「トルマリン」が組み込まれている。同社によると、通った水が電気分解される。ヘッド内では気泡や衝撃...
「他の患者の送迎をただで手伝わされた」元患者が都内「精神科クリニック」を刑事告訴 - 弁護士ドットコム (媒体での記事掲載終了)
代理人の中川素充弁護士は「高齢患者の送迎補助は、患者の転倒リスクを伴う危険な作業。歩行訓練補助 ... 職員から「ホームヘルパーの資格を持っていたら食いっぱぐれない」「ボランティアをしていれば資格が取れる」といった趣旨の説明を受けたことがきっかけだったという。
帝国データバンクは、10月8日、老人福祉事業者の倒産動向についての調査結果を発表した。 なお、老人福祉事業者とは、訪問介護・通所介護サービス、各種老人ホーム、高齢者向け住宅などのサービス(医療行為を除く)をする事業者。これらの倒産動向調査は、2015年1月 ...
朝日新聞デジタル、障がい者スポーツアスリート連載を開始「チャレンジド wander athletes」 - サイクルスタイル (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインの考え方を踏まえ、読み上げソフトへの対応、コントラストや色調に配慮したデザイン、テキストで説明を補った動画コンテンツなど、障がいのある人や高齢者も利用しやすいページになっている。 初回は、女子短距離と走り幅跳びで世界の頂点を目指す高桑 ...
統合失調症は認知症発症と関係する? - MEDLEY(メドレー) (媒体での記事掲載終了)
写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) freshidea - Fotolia.com. 統合失調症は脳に起こるほかの問題とも関連があると考えられています。今回の研究では、統合失調症の患者を長期間追跡し、認知症を発症する危険性を検証しました。
岩手県、介護職員「5000人足りない」 2025年度見通し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岩手県は13日、県内の介護職員数が、10年後の2025年度に必要な約3万人に対し、約5千人不足するとの見通しを明らかにした。年々上がる介護保険料も、65歳以上の人(第1号被保険者)の県平均額(基準月額)が現在の5577円から約5割アップして8647円となる見通し ...
介護福祉士目指し人生リセット 札幌の女子刑務所で研修スタート - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道内唯一の女子刑務所「札幌刑務支所」(札幌市東区)は本年度から、介護福祉士の資格取得に必要な「実務者研修」を全国の刑務所で初めて行っている。受刑者の再犯防止に向けた就労支援策だ。介護の担い手不足の中、福祉関係者は「新たな人材育成の場になる」として ...
2015-10-14 今からドキドキが止まらない『3世代同居の住宅政策』が推進された後の日本 解説・まとめ 子育て 介護 今日の法律・統計 結婚 つい先日、こんな報道がありました。 国交相 “3世代同居の住宅政策”急ぐ NHKニュース 石井国土交通大臣は、9日、就任にあたって行われた報道各社とのインタビューで、「安倍総理大臣からは、希望出生率1.8の実現を目指し大家族で支え合うことを支援するため祖...
介護の実情と介護予防を考える - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大和ハウス工業株式会社大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、3社合同セミナー『介護の実情と介護予防を考える』を2015年10月19日(月)にスポーツクラブNAS松戸(千葉県松戸市)にて開催します。 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野 ...
健康は私たちにとって一大トピックです。テレビや雑誌で、いろいろな健康法が紹介されており、「1日5分でOK」「~するだけで効果あり」などなどどれも簡単にできそうな方法ばかりです。みなさんも何かこういった「健康法」を試したことがあるのではないでしょうか。 では、その健康 ...
全国で12ヵ所目の本格的療養環境を備えたプレイルーム - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
29日の堺市立総合医療センターでの贈呈式には、堺市立病院機構より北村惣一郎理事長、子ども 健康フォーラムより長嶋正實理事長、篠原佳則理事・運営委員長、マニュライフ生命より岡本英己シニア マネージャー、社会福祉法人中央共同募金会より島村糸子事務局長が ...
介護の実情と介護予防を考える - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
セミナーは3部に分かれており、第1部では、介護の現状と介護保険制度についてファイナンシャルプランナーより解説していただきます。第2部では、近未来と思っていた介護ロボットを皆さまの身近に感じていただけるように、実際の介護ロボットに触れていただきながら、既に介護 ...
【レポート】知っているようで知らない「高額療養費」と「傷病手当金」 - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
病気やけがで医療機関にかかるときに必要不可欠な健康保険。保険証があれば医療費は3割負担で済むのは誰でも知っていることですが、その負担も医療費自体が高額になれば3割でもキビシイとなんとなく不安を感じている人もいるのでは? その不安を解消するために医療 ...
認知症を学ぶ講座 - 福岡市 ふくおか市政だより WEB版 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
認知症サポーター養成講座 認知症の症状や対応、予防について学びます。 □日時/11月28日(金曜)午… 2014年11月1日. 募集. 認知症サポーター養成講座~認知症を正しく学ぼう~. 認知症サポーター養成講座~認知症を正しく学ぼう~ 認知症は誰にでも起こり得る脳の ...
「チャレンジド wonder athletes」 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインの考え方を踏まえ、身体に障がいのある方や高齢者をはじめ、一人でも多くの方々が動画やCGを含むコンテンツを利用できるようにページを設計しました。視覚に障がいがある方のための読み上げソフトへの対応、コントラストや色調に配慮したデザイン、 ...
気になる介護時のニオイ、その消臭のコツ - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
... 教授、日本心療外科研究会代表、体臭・多汗研究所所長。ワキガの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。
これだけの階段歩行困難者がデパートで買い物を楽しむことができるのは、ひとえにバリアフリー化が進んだからですが、災害が起きてエレベータやエスカレータが使えなくなると、これだけの人たちをどうやって避難誘導するのか――。高齢者がこれだけ増えた現実を踏まえると、 ...
福祉避難所に4施設 那須町が協定締結 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
協定では、高齢者や障害者、妊産婦など通常の避難所生活において特別な配慮を必要とする要支援者に対し町は「日常生活用品、医療材料などの物資の調達に努める」「看護師、ボランティアなど介護支援者の確保に努める」などと規定している。受け入れ人数や必要な介護 ...
光岡眞里氏が代表をつとめる株式会社サムライトは、9月26日、神戸市で開催された「第5回日本認知症予防学会学術集会」において、同社開発の「みつおか式 脳若トレーニング」が、認知症予防および地域コミュニティの発展に役立つ講座であることを発表した。 「みつおか式 脳 ...
介護者同士が語らう ケアフェスに500人集う - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
介護、看取り、子育てなどケアする当事者や団体による「ケアフェス2015」が9月27日に都内で開かれた。30以上の団体・企業によるセミナーやワークショップ、出展者ブースがあり、参加者は500人を超えた。 ケアフェスは、介護者が自ら情報発信したり参加者同士で対話したり ...
ところがこうなると、認知症の初期患者であれば安楽死が実行しやすいが、後期認知症患者になると安楽死が認められづらいという事象が発生します。 オランダでも認知症患者の安楽死実施のケースは増加しており、初期の認知症患者の場合、審査委員会で引っかかることは ...
欧州で実用される認知症の切り札 イチョウ葉エキス「ギンコライド」 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
まず、秋の風物詩のひとつに数えられるイチョウの登場です。実は認知症予防の切り札といえばイチョウ葉エキスなのです。なにせイチョウは約2億5000万年前から地球に存在し、度重なる地球の異変をもろともせずに生き延びてきた強靭(きょうじん)な植物です。秘めたる可能性 ...
2015年10月13日()
介護予防にバレエいかが 亀有で高齢者向け教室 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
境野(さかいの)幸子さん(79)=葛飾区亀有=は「この年でバレエを始めるなんて夢にも思わなかった。血行が良くなった」と満足げ。大学一年の孫も通う佐藤富子さん(68)=千葉県柏市=は「介護で家族の手をわずらわせないように、自分の体は自分でケアしたい」と話す。
骨の健康から免疫強化まで、さまざまな効果が期待されているビタミンDだが、不足することで認知症になる可能性が示された。米ラトガース大学環境・生物科学大学院のジョシュア・W・ミラー教授(栄養学)らは、さまざまな民族を含む高齢者を対象とした研究で、ビタミンDの不足と ...
NPO法人沖縄バリアフリーネットワーク会議(親川修代表)が那覇空港と国際通りで運営する「しょうがい者・こうれい者観光案内所」への相談件数が急増している。2015年上半期(4~9月)の両施設の利用総件数は前年同期比19・5%増の8106件に上り、年間では過去最高 ...
人口の高齢化による社会保障費の増大は世界各国の共通の課題であり、とりわけ治療薬のない認知症への取り組みは困難を極める。医療だけでは解決できない。どのような対応策が必要か。各国が課題を共有し、共に手を取り合おうと国際会議「サミット」まで開催され出した。
介護保険事業拠点を開所 飯田病院、在宅患者や家族支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
飯田市大通の飯田病院は、介護保険事業拠点施設「えんじゅビル」を病院近くに整備し、十三日から業務を開始した。地域で高齢化が進む中、在宅医療や訪問看護を推進し、在宅患者や家族を支える態勢を強化する。 ビルには、従来のデイサービスセンターメイプルに加えて、 ...
愛媛)認知症、地域で支え合い 宇和島にNPOがカフェ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人やその家族が気軽に訪れ、相談したり交流したりできる「認知症カフェ」が宇和島市にオープンした。誰でも自由に利用可能で、この病気に対する理解を深める狙いもある。 宇和島城に近い市中心部・堀端町にある「オレンジカフェひだまり」。約170平方メートルの店内 ...
香川)バリアフリーで観光客増へ、高松市が講演会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者にも宿泊施設などを利用しやすくすることで観光客を増やそうという講演会が13日、高松市のサンポート高松であった。バリアフリー観光の推進は大西秀人高松市長が今年4月の市長選で公約に掲げており、講演会はその具体化に向けた第1弾。市は今後、民間 ...
日田、木材燃やした疑い 介護士の男を逮捕 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
日田市石井の製材所の木材に火を付けたとして、日田署は13日、器物損壊の疑いで、同市三和、介護士中島勇太容疑者(26)を逮捕した。 逮捕容疑は、9日午後6時45分ごろから午後11時半ごろまでの間に、市内石井の製材所の原木置き場で、固形の着火材にライターで火 ...
認知症の貼付薬、コンプライアンスは上がるがアドヒアランスは改善しない - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
2011年に発売された認知症に対する貼付薬(商品名イクセロンパッチ、リバスタッチ)が広く用いられている。メーカーの宣伝パンフレットに、本剤は「コンプライアンスを向上させることが、介護者の負担の軽減につながる」、「投与が簡便」などという意味の記載を見たこともある。
というのも多くのホテルが、客室に手すりなどを張り巡らし、隅々まで行き届いた完璧なバリアフリー仕様の客室を整えたからです。もちろん、こうした設備が充実すれば障がい者や一部の高齢者などにとっては、使いやすいかもしれません。けれど、それ以外の一般の宿泊客が ...
介護にもウエアラブル、熟練介護士が遠隔指導 - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了)
コニカミノルタは遠隔での介護支援に向けた眼鏡型ウエアラブル端末「ウェアラブルコミュニケータ」を開発し、「第42回 国際福祉機器展 H.C.R. 2015」(2015年10月7~9日、東京ビッグサイト)で披露した。介護士が装着し、遠隔地にいる熟練介護士と現場の情報をインターネット ...
カジノ型”デイサービスで波紋 パチンコ・マージャンは介護予防? 日帰りで利用する介護施設が多様化しています。今日取り上げるのは、カジノのようなサービスを提供する施設です。新しい形のデイサービスとして注目を集める一方で、ギャンブル依存の影響をあたえるとして規制 ...
すでに3年目となる「世田谷らしい空き家等の地域貢献活用モデル事業」を呼びかけて、地域交流、福祉、保育と多彩な活用モデルが誕生してきました。冒頭の考えは、こうした議論のやりとりの中で生まれてきた問題意識でした。 ハフィントンポストで大きな反響を呼んだ記事が ...
「人生90年時代」へ《第5回》最終回 時代に合った社会の仕組みに変える - 福岡市 ふくおか市政だより WEB版 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
人生90年時代」へ《第5回》最終回時代に合った社会の仕組みに変えるシリーズ最終回は「時代に合った社会の仕組みに変える」と題して、10年後を見据えた市の課題認識や、今後目指す方向性を紹介します。 変わっていく社会の姿これから市も「超高齢社会」に向かい、人口 ...
今、「介護の問題」が社会問題となっている - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
2015年、日本において、65才以上の高齢者の占める割合が4分の1を超えたという統計が、総務省から発表されました。 10年後には、総人口の3分の1近くが高齢者になると言われています(総務省「人口統計」2015年5月1日現在)。 この急速な高齢化とともに、「介護の ...
高齢者の6割が「コンビニ難民」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者の約6割が徒歩によるコンビニエンスストアへのアクセスに不便を感じる「コンビニ難民」と推計されることが、三井住友トラスト基礎研究所の調べでわかった。2015年8月10日に公表。10月9日発売の中央公論(11月号)が取り上げた。[ 記事全文 ] ...
韓国 MERS 回復の患者から再びウイルス NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
韓国政府は、今月1日に「MERSコロナウイルス」の感染から回復したと発表した患者から再びウイルスが検出されたことを明らかにし、今月下旬に予定されていた国際的な基準にのっとった終息宣言の発表に影響が出るのではないかとみられています。 しかし、韓国の保健福祉省は12日夜、記者会見を開き、回復したと発表した患者が11日に熱を出すなどの症状で病院を訪れ、検査を行ったところ再びウイルスが検出されたことを明ら...
ダスキンが運営するホームインステッド事業は9日、10月より「色彩組色ドリル」を導入したと発表した。 「色彩組色ドリル」は、カラースペース・ワムとの共同開発により完成。今後は、認知症患者の認知する力の維持と、向上を目的として使用する。 ホームインステッドは、オリジナル ...
千葉県浦安市は、10月17日に開催する「栄養の新情報と、認知症家族との食事の知恵」の講座についてホームページ上で紹介した。 今回の講座は、聖徳大学人間栄養学科で講師を務める廣木奈津氏を講師に迎える。 キラキラ応援隊が主催. 今回の講座の主催を、NPO法人 ...
調剤薬局でお薬を出してくれる薬剤師さん。日々どんな仕事をしているの? - GIRL'STALK (媒体での記事掲載終了)
この場合、訪問診療を行う医師、看護士、ケアマネージャーと連携をとり医療チームの一員となって業務を行います。高齢化社会の進む今、在宅訪問服薬指導は、ますます需要が高まる傾向にあります。 病院やドラッグストアでの業務 【病院】 病院で働く薬剤師は、チーム医療の ...
83歳女性がバーベル軽々 沖縄 失明宣告はねのけ鍛錬 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
約1時間のトレーニングを週5回。BGMは沖縄民謡。浦添ボディビルセンターで一番の古株だ。5人の子どもの世話が一段落つき「ずっと家庭にいて、このまま寝たきりになったら…」と不安がり始めた当時50歳の松田さんに、姉が近所のボディビルセンターを紹介してくれたという。 20代や30代の生徒に混じる松田さんを ...
屋内や地下でも距離と方角を特定……認知症徘徊探知機器「HITOCOCO」 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
子機の寸法が60×40×12mmで重さ20gと小型なので、お守り袋に入れて高齢者に持たせることなどもできる。ブースでは見守りセンサー機能のみの「居宅介護モデル」と徘徊捜索機能を追加した「ハイブリッド」モデルが展示されており、「居宅介護モデル」には介護保険が適用され ...
2015年10月12日()
糖尿病が認知症発症のハイリスク要因 久山町コホート研究 - Nk Jiho.Jp (媒体での記事掲載終了)
認知症の有病率はここ30年で増加しており、特にアルツハイマー病(AD)が急増していることが、九州大大学院医学研究院付属総合コホートセンターの二宮利治氏らが実施した福岡県久山町でのコホート研究で分かった。耐糖能異常があるとADの発症リスクは2倍となり、糖尿病 ...
療養病床については、地域間格差を是正し、病床数を減少させていく必要性を明確化した上で、医療必要度の高い患者が対象となる医療区分2,3の受療率で地域格差が大きいことを指摘。要件の厳格化、客観化を進めるべきとした。一方で、医療必要度の低い医療区分1 ...
超低床フロアに収納式スロープ(助手席側)、フロアリフト(リヤ)を備えていることで、まさにバリアフリーを実現。室内には2台の車いすをそのまま乗せる可能というのも、超高齢化社会へ向かう日本の未来を見据えたコンセプトといえそうです。 さらに技術展示として、ダイハツの ...
徳島市でグループホーム全国大会 県内関係者らが事例報告 全国の認知症グループホームの職員らが集まり、これからの認知症ケアの在り方について考える第17回日本認知症グループホーム大会(日本認知症グループホーム協会主催)が11日、徳島市のアスティとくしまで ...
創作で認知症予防 島根で広がる - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
創作活動を通じて認知症の予防や症状改善を目指す「臨床美術(クリニカルアート)」の取り組みが、島根県内で広がっている。県内の臨床美術士9人がことし2月、「島根臨床美術の会」を結成。高齢者施設や認知症カフェでの実践に加え、一般向けの体験会を開き、普及に努めて ...
早期認知症学会が公開講座 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
医療関係者らでつくる日本早期認知症学会(事務局・東京)が11日、認知症への理解を促す公開講座を新潟市中央区の朱鷺メッセで開いた。市民約150人が参加し、患者の心理や患者との向き合い方などについて学んだ。 同学会が10、11日に同市で開催した学術大会の一環。
取組みは今年2月、スウェーデン南部の都市ヨーテボリにある介護施設スヴァテダーレンズ・ケアホームで始まりました。スタッフには好評で「これまではいつも疲れていて帰るとソファに倒れこんでいたけれど、今は仕事でも家庭でも元気でいられます」といった声が聞かれているそう ...
開発チームは、メンバーの看護師や介護現場でのヒアリングなどから、認知症患者の実際の行動傾向を分析し、反応を想定しながら会話を組み立てている。デモ映像の『ニンニンPepper』と高齢者役の男性とのやりとりが、ユーモラスでのんびりしていておもしろい。
【東京モーターショー15】ダイハツは4台の世界初公開でアピール - carview! (媒体での記事掲載終了)
超低床フロアに収納式スロープ(助手席側)、フロアリフト(リヤ)を備えていることで、まさにバリアフリーを実現。室内には2台の車いすをそのまま乗せる可能というのも、超高齢化社会へ向かう日本の未来を見据えたコンセプトといえそうです。 さらに技術展示として、ダイハツの ...
スウェーデンのある介護施設で、働き方に関する試験的な取組みが行われていると、英ガーディアンが紹介しています。施設で働く看護師の労働時間を8時間から6時間へと削減するもので、職員には好評のようです。 取組みは今年2月、スウェーデン南部の都市ヨーテボリにある ...
要介護の男性と連絡とれず 姫路の民家で火災1人死亡 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
11日午前8時45分ごろ、姫路市北平野の女性(43)方から出火。木造2階建て住宅を全焼し、1階から男性1人の遺体を発見。女性ものどをやけどする軽症を負った。 姫路署によると、女性の父親(77)と連絡が取れておらず、同署は遺体が父親とみて調べている。父親は介護が ...
東京商工リサーチによると、「人手不足に伴う人件費の上昇が経営を圧迫している。特にデイサービスセンターの倒産が多く、中でも小規模事業所の倒産が目立つ。今後は、介護報酬マイナス改定の影響が出てくるため、年末から来春にかけて倒産事業者がさらに増加するのでは ...
2015年10月11日()
少子高齢化の影響などで、親の介護と子供の育児を同時に行う「ダブルケア」に悩む女性の声が聞かれるようになった。横浜国立大の研究者らが、実態 ... 投薬により1日のうち2時間ほどは体を動かせるが、それ以外はほぼ寝たきりで介護が必要だ。 長女を出産後の育児休業中 ...
【生活プレミアム】介護&育児ダブルケアの女性14・2% 衝撃の調査結果に国も実態把握へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の影響などで、親の介護と子供の育児を同時に行う「ダブルケア」に悩む女性の声が聞かれるようになった。横浜国立大の研究者らが、実態 ... 投薬により1日のうち2時間ほどは体を動かせるが、それ以外はほぼ寝たきりで介護が必要だ。 長女を出産後の育児休業中 ...
高齢者や障害を持つ人が乗り降りや運転をしやすい福祉車両が、多彩になってきた。10月初めに東京都内で開催された「国際福祉機器展」で、マツダは手だけで運転できるスポーツカー「ロードスター」を参考展示した。トヨタ自動車は発売したばかりの小型ミニバン「シエンタ」の ...
【深掘り】費用抑制と医療充実が難題 診療報酬改定 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
前回の14年度改定では急性期病床の要件を厳しくし、リハビリ病床への転換を促したが、最も看護師が手厚い病床では改定前の約38万床から1万6千床しか減っていない。厚労省は、今回の改定でもさらに推し進める考えだ。 自宅療養する高齢者らを支えるため、在宅医療を ...
厚生労働省の推計によると、40年後(2055年)、日本の総人口に占める65歳以上の高齢者は39・4%に達する。こうした現状を見据え、需要拡大が見込める介護ベッドメーカーを目指し平成4年に創業した。 当時、介護ベッド業界はパラマウントベッドやフランスベッドといった ...
「名駅の利便性不十分」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
連絡協事務局長の入谷忠宏さん(45)=同市西区=は「障害者が使いやすい駅は大きい荷物を背負った観光客や高齢者、妊婦など誰もが使いやすい。各鉄道事業者はバリアフリー化を進めているが、連携が不十分。リニアの開業に向けた再開発を機に、行政が音頭を取って ...
運動習慣ある高齢者は元気 昨年度調査 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
体育の日を前にスポーツ庁は十一日、昨年度の体力・運動能力調査を公表して、日常的に運動習慣のある高齢者は、全くない人より長時間歩けるなど比較的健康な状態にあると分かった。同庁は「運動と健康の相関関係は明らか。運動を習慣にするよう意識してほしい」と ...
一億総活躍、11月末に緊急対策 介護休暇取得など促す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
安倍晋三首相は週内に、誰もが活躍できる「一億総活躍社会」の実現に向け、11月末までに緊急対策をとりまとめるよう加藤勝信一億総活躍相に指示する。人口維持のための少子高齢化対策や、子育てと仕事との両立支援策などが柱となる見込み。総活躍相を経済財政諮問 ...
加藤一億総活躍相 早期に国民会議 具体的政策を NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
NHKの「日曜討論」で、加藤一億総活躍担当大臣は、少子高齢化の中で、国民一人一人が夢や将来の実現に取り組み、活躍してもらうことで、強い経済を作ることを目指す考えを強調したうえで、国民会議を早期に設け、具体的な政策の取りまとめを進める考えを示しました。 菅官房長官は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について「TPPは、日本にとって大きなメリットがある。そのなかで、農業をはじめ『影響を受ける』と言...
10年後の医療・介護、中高生どう考える? 医師ら連続講座 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
団塊世代が75歳以上になり医療・介護体制が追いつかなくなる「2025年問題」について、中高生に考えてもらう連続講座「医療現場で考える10年後の未来プロジェクト~体で感じる医療の現場」が25日、横浜市内で始まる。25年には社会に出ている中高生に超高齢社会の実態や課題について知ってもらい、自分 ...
高齢者の体力・運動能力 向上傾向続く - NHK (媒体での記事掲載終了)
一方、65歳以上の高齢者は男女ともに、ほとんどの種目で記録が向上する傾向が続いています。▽6分間にどれだけの距離を歩くことができるかをみる種目では、75歳から79歳の女性で534メートル18センチと、この種目の調査を始めた平成10年より50メートル近く伸びた ...
■子どもと貧困 昨年10月、大阪府内のアパートの一室。弁護士の男性(36)がドアを開けると、室内は薄暗かった。電気はつかず、カーテンのない窓から街灯の光が差し込み、ごみに埋もれた部屋を照らす。床には、携帯電話を充電するための乾電池が50個以上転がっていた。 住んでいたのは高校3年で18歳の少年と、無職で17歳の妹。一緒に暮らしていた父親は3週間ほど前に失踪した。家財道具は炊飯器と洗濯機と毛布1枚で...
臼杵市と臼杵ケーブルネット、ソフトバンクグループのWireless City Planningは、地域無線サービス普及促進検討会での公共サービス検討ワーキンググループの一環として、高齢者の認知症対策を目的に、11月から大分県臼杵市にて、近距離無線通信技術の一つで ...
今回の実証研究では、「直近の位置情報や日常の行動履歴が、行方不明になった徘徊者の捜索に役立つか」など、記録された位置情報の有用性や家族・関係者への注意喚起の効果について検証する。具体的には、高齢者の生活動線を考慮したエリアと普段の動線にはない非 ...
認知症センター開設 初期対応1度の受診で - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台西多賀病院(仙台市太白区)が、県内で6カ所目の「認知症疾患医療センター」を開設した。検査体制を整え、早期発見が重要な認知症を初診で確定診断するとともに、介護サービスなどの情報提供を合わせて行う。認知症の初期対応を1度の受診で済ませられるのは、県内 ...
岐阜県羽島市の羽島市民病院は、10月1日より「認知症外来」を開始した。羽島市民病院は、「心のかよう医療を通じて、地域に貢献します」をスローガンに、身近な医療を目指している。 今回スタートする「認知症外来」での診察は、かかりつけ医からの電話で、診療予約を取り、 ...
88歳の男性。あまりにも物忘れが強く認知症ではないかと心配したご家族が、和歌山県内のかなり山奥の村から、はるばる診察に連れて来られました。検査をすると結果は低得点で確かに物忘れが強く、それどころか1時間程度かけていろいろな検査を行ったことも、検査技師 ...