介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年08月10日()
【親の介護】4つのパターン「ウチはこれでケンカしました」 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
介護が始まったばかりのころにまずやることといえば、要介護認定。でも、ここで最初の親子ゲンカが勃発します。家族の前ではグッタリしている親が、なぜか認定調査員の前ではシャッキリ。そしてふだんあれほど痛がっていたのに、調査で聞かれれば「痛くない」。ひとりで歩くのも ...
駅前シフトの会社は「買い」? [投資の作法 Vol .1] - Forbes JAPAN (媒体での記事掲載終了)
高齢化と若者の脱クルマ社会へのシフトが、脱モータリゼーションの流れをつくり、それが街づくりや人の移動と関連しているようだ。それは当たり前の話で、モータリゼーションの進展で街が変化したことと、逆のことが起きているわけだ。だが、これは意外な盲点ではないか。
福島の原発避難区域 介護利用増で保険料急騰 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示区域に指定されている福島県の町村で、四月から改定された六十五歳以上の介護保険料が全国有数の高さとなっている。本紙が厚生労働省のデータをもとに分析した。長引く避難生活が心身に重い負担となり、避難先での介護 ...
認知症相談4年連続最多、全体の7割 兵庫県まとめ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県民総合相談センターは2014年度の各種窓口の受付状況をまとめ、高齢者やその家族の悩みを聞く「認知症・高齢者相談」で、認知症についての相談が4年連続で最も多かったことが分かった。対応に疲れた家族などから寄せられることが多かったという。(斉藤正志).
脳梗塞の薬が認知症治療に効果あり? 治験で実証へ - dot. (媒体での記事掲載終了)
脳梗塞再発防止薬のシロスタゾールは、本当に認知症治療に有効なのか。このたび、国立循環器病研究センター(大阪)の猪原匡史(まさふみ)・脳神経内科医長が、認知症予備軍の軽度認知障害(MCI)の人に治験を始めるという。認知症早期治療実体験ルポ「ボケてたまるか!
日本では2010年12月から、ユニバーサルデザイン(UD)仕様の「NV200バネットタクシー」の販売を開始。スライド式スロープや乗降用の大型手すり、車いす後退防止ベルトなどを標準装備した、高齢者や車いす利用者まで誰でも安心して利用できるタクシーとして、全国で活用 ...
在宅介護を破綻させる認知症の睡眠障害 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
私たちの研究班では、在宅で介護を受けている、もしくはグループホームに入所中の認知症高齢者594人を対象にどのような辺縁症状が介護上の問題となっているのか詳細な実態調査を行った。図はそのときに現場から報告された辺縁症状を出現頻度順に並べたものだ。
要介護認定600万人、国民の20人に1人 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
暮らしに介護が必要な高齢者が増え続けている。厚生労働省によると、2015年3月時点で要支援・要介護の認定を受けた人は606万人と前年同月に比べ22万人増えた。600万人超えは、年度末ベースでは初めて。国民のほぼ20人に1人にあたる。介護施設や職員の不足が ...
流通大手のイオン(千葉市美浜区)は、介護事業に本格参入する(関連記事:流通大手のイオンが目指す健康社会とは)。2015年9月にも千葉県野田市にあるショッピングモール内に約200m2の通所介護事業所を開設し、その後は首都圏を中心に2020年度までに50カ所の展開を ...
認知症講座 警視庁全員義務に (媒体での記事掲載終了)
8月7日に厚労省がまとめた「今後の仕事と家庭の両立支援に関する研究会報告書」は、働く男女が家庭と仕事を両立するために、国がどのような支援策を講じるべきか、幅広い提言を行っている。 主なテーマとなっているのは、仕事と「介護」および「育児」の両立支援で、特に前者 ...
「介護離職」防止に向け厚労省研究会が提言 介護休業の取得率アップへ「使い勝手」改善 - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
その理由には、介護休業・介護休暇制度が周知されていないとともに、制度自体の使い勝手の悪さもあるようだ。現行の介護休業は対象家族1人につき要介護状態に至るごとに1回、通算して93日まで休業が可能だが、同一の要介護状態では介護休業を分割して取得することが ...
現代の子どもたちに和歌山大空襲があった事実を知ってほしいと、和歌山市西庄の社会福祉法人やつなみの「グループホームやつなみ」で、戦争を体験した9人の施設利用者と中学生の交流会があり、施設利用者たちは当時の状況を記憶の限りに語った。 戦争体験を伝えたの ...
川内原発の周辺自治体「道路渋滞など課題」 - NHK (媒体での記事掲載終了)
川内原子力発電所の30キロ圏内にある鹿児島県の自治体にNHKがアンケートを行ったところ、半数以上が、住民を避難させる際に道路の渋滞などの混乱や高齢者などの避難支援に課題を感じていると答えました。 NHKは先月末から ... 一方、国は原発から30キロ圏内にある医療機関や福祉施設に避難計画の策 ...
この年齢が負の因子の例外としてこの間書いた免疫療法(本当のがん免疫療法の進歩)の効果判定に高齢者の方が効果が出やすいというのがありました。もしかすると高齢者のがんは免疫 ... また病気は治っても寝たきりになる可能性もあります。人によって使い分けながら説明 ...
じゃあ、もっとたくさんコーヒーを飲めば認知症防止効果はアップするかしら」という方、ちょっと待ってください。前述の研究によると、この効果が認められたのは毎日1~2杯。それ以上飲むと、なぜか防止効果がなくなるばかりか、前述の“MCI”の割合がかえってアップしたそうです ...
警視庁の全職員4万6千人に「認知症講座」が義務化へ - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
警察が認知症を見落として、認知症の高齢者が死に至ったケースも発生している。 昨年8月、横浜市の施設から行方不明になった83歳の認知症の男性が、東京都内の公園で死亡しているのが見つかった。 警察は2日前に、路上に倒れていたこの男性に接触していたが、男性の ...
介護職の再就職支援 受講者少なく - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
介護の資格を持ちながら現場を離れている人の復帰を後押しするため、県は再就職支援の講習会を県内各地で開いている。介護人材の不足を少しでも解消する狙いで、6年前から続けているが、受講者はなかなか集まらないのが実情だ。県は講習コースを増やすなど工夫を重ね ...
高齢者の苦労を鴨島東中生体感 吉野川市で介護研修 中学生が福祉について学ぶ「吉野川市介護基礎研修」(市教委主催)が同市の鴨島東中学校であり、2年生15人が参加した。 市社会福祉課の職員が、同市の高齢化率は32・82%に上り、県平均より1・62ポイント高いこと ...
ケアサービスが日本式介護を中国展開、上海子会社の設立手続き完了 - FISCO(フィスコ) (媒体での記事掲載終了)
*13:36JST ケアサービスが日本式介護を中国展開、上海子会社の設立手続き完了介護事業のケアサービス<2425>は10日、中国子会社の設立手続きが完了したと報告した。新会社の社名は「上海福原護理服務有限公司」。中国本土で介護事業やその関連事業を手がける。
ケアサービスが日本式介護を中国展開、上海子会社の設立手続き完了 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護事業のケアサービス<2425>は10日、中国子会社の設立手続きが完了したと報告した。新会社の社名は「上海福原護理服務有限公司」。中国本土で介護事業やその関連事業を手がける。資本金は35万米ドル(約4350万円)で、ケアサービスが全額出資した。 介護先進国の ...
認知症かどうかを客観的に“チェック”できるアプリ-NPOオレンジアクト - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の疑いを客観的にチェックするためのアルゴリズムは、同NPO法人の理事の高瀬義昌氏(たかせクリニック理事長)、東京大学の五十嵐中特任助教が中心となり開発した。開発にあたり、15項目の「認知症が疑われる行動」(疑い行動)を特定し、「改訂長谷川式簡易知能 ...
警視庁、全職員に認知症講座の受講義務化へ - TBS News (媒体での記事掲載終了)
警察官が認知症と気づかないことが原因で、高齢者が保護されないケースが相次いでいることから、警視庁は、全ての警察官と職員に認知症講座の受講を義務付けることを決めました。 警視庁は、路上で倒れている高齢者などが認知症だと気付かれず、保護されないケースが ...
慢性的な人手不足に陥っている過酷な高齢者介護現場。認知症の入所者が鳴らし続ける意図不明 ... 人手不足が常態化する夜間の特別養護老人ホームで、ヘルパーと認知症の入所者との修羅場の一部始終を録音データがとらえていた。大阪市内の特養で男性ヘルパーから「 ...
『認知症に備えるアプリ』がリリース!第三者チェックで認知症判断 - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症発症の抑制、予防のための情報を提供するボランティアによる団体、オレンジアクトから無料で出来る認知症チェックアプリ『認知症に備えるアプリ』がリリースされました!(iOS、Androidともに対応). 親が認知症になってしまったかもしれないと感じた時、怖がる親を病院に ...
うちは旧家だったもので、段差が多く、バリアフリーには遠い環境。家じゅうの段差に板を渡すなど、いろいろと苦肉の策をとっていました。 ... これからは高齢化がすすみ、もっと大変なことになる――。「家」という制度の中で、女性だけが苦労をするのはおかしい。そう感じた父は ...
新婚2週間ほどで義母が倒れた後、約20年介護と子育ての生活に必死でしたが、つらいと思わないようにしていました。お金がない時も苦しいとは思わず、湯原さんとその状況を楽しんで生活してきましたし。ただそういった日々の生活で私があまりに劣化したら湯原さんが悪く言 ...
2015年08月09日()
<戦後70年 私たちのくらし>人生に定年なし 63歳・元企業戦士「社会に貢献」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市中区のグループホームで介護職員として働く。利用者の昼食作りの担当で、この日はサケの切り身を焼いた。 利用者の多くは認知症の高齢者だ。普通食が食べられない人には細かく身を刻んだり、のみ込みやすいようにとろみを付けたりして、十数人の利用者の状態に ...
被爆体験者 支援に認知症追加 (媒体での記事掲載終了)
続可能な介護保険 「元気で長寿」を合言葉に - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
特養ホームや老健施設の食事・部屋代の補助を縮小する。今までは低所得の条件で全額補助していたが、預貯金が1千万円を超える人の補助はストップ。今回の改正で約1400億円削減できるというが、介護費の埋め合わせには全く足りない。 □「元気幸齢者」□ 課題解消には ...
認知症の予備群400万人 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の予備群「軽度認知障害」(MCI)について、厚生労働省の研究班は、2012年度時点で高齢者の有病率は13%、約400万人と推計した。「高齢者の4人に1人は、認知症か予備群」との結果もあり、注目を集めた。 研究班の推計では、65~69歳8%▽70~74 ...
高齢化社会の進展にともない「健康寿命」の重要性が叫ばれている。健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のこと。平均寿命と10年前後の開きがある。健康寿命が延びることで寝たきりが減り医療費も削減できるなど、そのメリットは計り知れない。
10年後になくなる仕事、残る仕事 あなたの仕事は? - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
リクルートワークス研究所が予測した2025年の雇用環境は下のグラフの通り。超高齢化社会により、労働人口が減るものの、製造業や事務職では機械化がさらに進み、求人も減る。一方、機械が取って代わることのできない医療・福祉職はますますニーズが高まるのに、やりたが ...
さいたま商工会議所など、介護・福祉機器を産学展開−調整可能な義肢足部を共同開発 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
同会議所がコーディネーター役を担う「介護・福祉機器等開発研究会」の一環。2015年度に試作した後、2年間で製品化にめどをつけ、18年度の販売開始を目指す。 介護・福祉機器等開発研究会は、高齢者が元気であり続ける支援機器を開発しようと13年11月に設立した。
訪問介護先の一般住宅では駐車スペースが少ない場合が多く、軽自動車では公道にはみ出して駐車し、交通の邪魔になることが多い。ホンダの超小型モビリティ「MC-β」導入で、そうした課題を解決した Photo by Kenji Momota. 「ついに見つかった。これぞ、成功事例だ!」
警視庁全職員 認知症講座の受講義務化へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者への対応を警察官が迫られるケースが増える中、警視庁はすべての警察官と職員4万6000人に、認知症の症状などを学ぶ専門講座の受講を義務づけることを決めました。 認知症の高齢者がはいかいして道に迷ったり路上で倒れたりして、警察官が対応を迫 ...
新規事業の特効薬、スポーツの突破力 - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了)
筑波大の真田氏が指摘するように高齢社会におけるスポーツの役割は大きい。健康増進や地域のコミュニケーションの手段として、スポーツは高齢社会の多くの課題を解決していく強力な武器になる可能性を秘めている。周辺の取り組みで生まれるバリアフリーの環境は、障害者 ...
埼玉県知事選 上田清司氏が4回目の当選 - NHK (媒体での記事掲載終了)
埼玉県内で高齢化がピークとなる2025年に向けて、医療、福祉、介護のネットワークの充実を図りたい」と述べました。 投票率は26.63%で、知事選挙としては全国最低となった前回の24.89%を1.74ポイント上回ったものの、全国の知事選挙で3番目の低さとなりました。
長崎「被爆体験者」の医療費支援、認知症も追加へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
塩崎恭久・厚生労働相は9日、長崎原爆で爆心地から12キロ圏内にいながら、法律で定めた被爆地域の外のために被爆者と認められていない「被爆体験者」について、医療費を支給する制度の対象疾患に認知症を追加する方針を明らかにした。長崎市内で被爆者5団体と面会 ...
埼玉県知事選 現職の上田清司氏が当選確実 - NHK (媒体での記事掲載終了)
4回目の当選を確実にした上田氏は、「みずからつくった多選自粛条例を守れなかったが、公のため、埼玉のためにしっかりと頑張りたい」と述べました。また、埼玉県内で急速に進む少子高齢化については、「県内で高齢化がピークとなる2025年に向けて、医療、福祉、介護の ...
宝くじを嬉々として買う人を見ると (媒体での記事掲載終了)
悪徳業者に騙される認知症の老人を見るのと同じ悲しみを感じるツイートする
リハビリのために介護老人保健施設(老健)に入所しても、入居期間は原則3カ月で見直される。いずれにしても、すぐに在宅介護に直面することになる。 「家族で介護できる状況であればいいですが、仕事や家庭の状況で厳しいケースも多い。特に高い要介護度や要医療管理、24 ...
私は脳外科医ですが、一方で地域の認知症患者の診察も多く行なっています。意識障害と認知症は症状こそ違いますが、脳の働きが落ちている点は同じです。そこで意識障害の患者に脳のアセチルコリンを増やす認知症治療薬(コリンエステラーゼ阻害薬)を使えば、意識を改善 ...
有効な手段なかった意識障害に認知症薬で劇的な回復例を確認 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
私は脳外科医ですが、一方で地域の認知症患者の診察も多く行なっています。意識障害と認知症は症状こそ違いますが、脳の働きが落ちている点は同じです。そこで意識障害の患者に脳のアセチルコリンを増やす認知症治療薬(コリンエステラーゼ阻害薬)を使えば、意識を改善 ...
脳卒中や転倒骨折など、介護は入院から始まることが多い。だが、入院期間はどんどん短縮されており、平均すると20日前後。リハビリのために介護老人保健施設(老健)に入所しても、入居期間は原則3カ月で見直される。いずれにしても、すぐに在宅介護に直面することになる。
“いざ”というとき、「介護流民」にならないためには - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
リハビリのために介護老人保健施設(老健)に入所しても、入居期間は原則3カ月で見直される。いずれにしても、すぐに在宅介護に直面することになる。 「家族で介護できる状況であればいいですが、仕事や家庭の状況で厳しいケースも多い。特に高い要介護度や要医療管理、24 ...
3姉妹死亡 詐欺被害で窓を閉めきりか NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
8日、東京・板橋区の住宅で熱中症とみられる症状で死亡しているのが見つかった、高齢の姉妹3人は、ことし、詐欺の被害に遭ったことから、それ以降、用心して窓を閉めきることが多くなっていたことが、知人らへの取材で分かりました。警視庁は、東京都心で猛暑日が連続するなか、死亡したとみて調べています。 警視庁によりますと、3人は体の状態などから熱中症の疑いがあるということです。 3人が倒れているのを見つけて通報...
非核三原則堅持し核軍縮主導する決意 首相あいさつ全文 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年、被爆者の方々の平均年齢が、はじめて八十歳を超えました。高齢化する被爆者の方々に支援を行うために制定された「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」も、施行から二十年を迎えました。引き続き、保健、医療、福祉にわたる総合的な援護施策を、しっかりと進め ...
2015年08月08日()
夏場の高齢者の介護予防運動で気をつけたいこと3つ - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
体力増進や健康管理のために、年をとっても欠かせないのが日々の運動。もちろん「介護予防」という側面もありますね。まだまだお元気な方、体の機能が一部制限されてしまっている方。それでも自分なりに体を動かそうと心がけている方は、多いのではないでしょうか。
《認知症:2》 アルツハイマー病を早期に診断するためには - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回は認知症、特にアルツハイマー病(AD)の診断を取り上げます。認知症の診断は、問診と診察で特徴的な臨床症状の有無を確かめ、検査結果を組み合わせて総合的に行います。検査には各種の認知機能検査と脳画像検査、脳脊髄(せきずい)液検査などがあります。
日本郵政グループは情報通信技術(ICT)を活用する高齢者向けサービスの提供に向けて、米IBM、米アップルと手を組んだ。アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」の使い勝手のよさと、IBMが得意とする分析・開発力を活用するのが狙い。モバイル端末と連動した健康情報 ...
名古屋全区に認知症支援チーム 専門職で早期発見 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢福祉部によると、今年三月時点で市内で確認している認知症患者は約五万三千人。ただ、この数は介護保険申請の際に把握できた患者に限られ、実際はさらに多いとみられる。一人暮らしで症状に気付いていないお年寄りや、家族が認知症に無関心なケースも多いという ...
8日午前10時5分ごろ、東京都板橋区板橋の民家で、この家に住む無職、蔵津直子さん(90)と、湯浅登喜さん(86)、坂本登茂さん(82)の姉妹が倒れているのを訪ねてきた知人女性が発見。すでに死亡していたといい、警視庁板橋署は熱中症の疑いがあるとみている。 同署によると、蔵津さんは寝室で、湯浅さんは玄関で、坂本さんは居間で倒れていたといい、いずれも外傷はなく、死後3~4日経過しているとみられる。 親族...
低所得よりも怖いのは“精神的な貧困” (週刊SPA!) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了)
「未婚化が進む日本では、高齢男性の“おひとりさま”世帯はより増えていきます。経済的な貧困の解決は政治の問題ですが、“精神的な貧困”に陥らない方策を提示することが社会学的な課題です」 そう語るのは社会学者の阿部真大氏。精神的な貧困の代表である孤立化は未婚化が進む現代人にも悩みの種だ。 「老人ホームの調査をする際、たむろしておしゃべりしている女性に対して、男性は独りぽつねんとしている姿を目にします。別...
暮らしに介護が必要な高齢者が増え続けている。厚生労働省によると、2015年3月時点で要支援・要介護の認定を受けた人は606万人と前年同月に比べ22万人増えた。600万人超えは、年度末ベースでは初めて。国民のほぼ20人に1人にあたる。介護施設や職員の不足が ...
「介護漬け」に「囲い込み」、ひょっとしたら知らないうちに・・・ - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
以前から一部の有料老人ホームなどで「囲い込み」が行われていることが指摘されていました。施設側が ... こうした問題を受け、今年7月から改正・適用された「有料老人ホーム設置運営標準指導指針」では、有料老人ホームに対して .... 前期高齢者、後期高齢者の定義まとめ!
『認知症に備えるアプリ』がリリース!第三者チェックで認知症判断 - techjo(テクジョ) (媒体での記事掲載終了)
認知症発症の抑制、予防のための情報を提供するボランティアによる団体、オレンジアクトから無料で出来る認知症チェックアプリ『認知症に備えるアプリ』がリリースされました!(現在Androidのみ。iOSは順次リリース予定). 親が認知症になってしまったかもしれないと感じた時、 ...
【都市伝説】マンションで自殺した老人...その後相次いで目撃された「入れ歯の幽霊」 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
後日、管理人は、現在の住居人には知られないように、そっと玄関前で線香をたいてお参りしたそうだ。それ以来、マンション内を徘徊する「入れ歯」を見た人はいなくなった。 余談だが北関東、東北関係者の警察関係者たちの話によると、多いときなどは1日3回以上、高齢者の死亡 ...
2015年08月07日()
介護施設に入れるのは、かわいそうなこと? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
親を介護施設に預けた」という話を聞いて、「かわいそう」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか。そして、もしこれが自分の家族だったらと考えると、やっぱり「かわいそう」と思ってしまうのではないでしょうか。 デイサービスなどの短期的なサービスは、本人のリハビリや家族の ...
アピタルトップ > ニュース > 徘徊のお年寄り、保護ステッカー ふじみ野市配布 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
認知症などで徘徊(はいかい)するお年寄りの早期発見と保護に役立てようと、ふじみ野市は「ひとり歩き(徘徊)高齢者早期発見ステッカー」の配布を始めた。今月5日までに11人が利用を開始。7月下旬には市内の郵便局を訪れてきた70代女性の身元をナンバーから特定し、 ...
アニマルセラピー、介護の現場で活用 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
犬を連れたボランティアメンバーが「さわってみますか」と高齢者に話しかけながらひざの上に犬を乗せると、顔が一段とほころんだ。 施設の介護支援専門員、根尾亮介さん(45)は「今日は私たちでは引き出せない表情をされています」。普段寝たきりの人が犬をひざにのせると、 ...
ウイズネットは、埼玉県を中心に介護サービスを展開しており、認知症高齢者に向けた訪問介護とグループホームに力を入れている。 「居宅介護支援事業所」併設のコンビニ. ローソンとウイズネットは、2015年4月、ケア拠点併設型店舗1号店「ローソン川口末広三丁目店」を ...
香港では高齢者人口が増加の一途をたどっており、総人口に占める65歳以上の高齢者の比率は16%以上で、約110万人に達しており、2050年には全人口の3分の1を占めるとみられる。このため、香港特別行政区政府は政府予算に占める高齢者のための福祉予算が大きな ...
香港 高齢者の広東省への移住推進も大陸側から強い反発出る - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
香港では高齢者人口が増加の一途をたどっており、総人口に占める65歳以上の高齢者の比率は16%以上で、約110万人に達しており、2050年には全人口の3分の1を占めるとみられる。このため、香港特別行政区政府は政府予算に占める高齢者のための福祉予算が大きな ...
徘徊のお年寄り、保護ステッカー ふじみ野市配布 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などで徘徊(はいかい)するお年寄りの早期発見と保護に役立てようと、ふじみ野市は「ひとり歩き(徘徊)高齢者早期発見ステッカー」の配布を始めた。今月5日までに11人が利用を開始。7月下旬には市内の郵便局を訪れてきた70代女性の身元をナンバーから特定し、 ...
愛猫と”さいごの日”まで幸せに暮らすということ - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
治療の続行、安楽死、自宅療養といったことどう決めるのか、家族内でも「若い人には若い人なりの死生観が、高齢者には高齢者なりの死生観」があり、正解などない。大切なのは“苦渋の決断”ではなく、“考えた末の最善と信じる決断”であることだという言葉に、飼い主としての ...
仕事と家庭の両立支援策を検討してきた厚生労働省の研究会は7日、報告書をまとめ、介護休業を分割して取れるよう制度の見直しを提言した。介護休業の取得率は3.2%と低く、年7万~9万人程度が離職を余儀なくされている。制度の使い勝手を良くして、仕事を続けられるよう ...
在宅医療・介護充実へ本腰 神奈川県医師会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
団塊の世代が75歳以上になる「2025年問題」に対応しようと、神奈川県医師会は在宅医療を充実させる施策に本格的に乗り出す。県の支援を受けて10月にも、「在宅医療トレーニングセンター(仮称)」を設置。情報通信技術を利用した在宅医療・介護の連携システムの運用も ...
「認知症カフェ」大阪でフォーラム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族、地域の人たちをつなぐ「認知症カフェ」を考えるフォーラムが、7月25日に朝日新聞大阪本社で開かれました。カフェに期待される役割や、運営費をどうまかなうかといった課題に対し、専門家が意見を交わしました。 京大付属病院神経内科講師で、認知症カフェ ...
村上 主要登場人物ですが、70代後半から90歳ぐらいの、いわゆる後期高齢者と呼ばれる人たちです。僕は『カンブリア宮殿』というテレビ番組のインタビュアーをやっていて、その世代の経営者とよく会う機会があります。彼らのエネルギーはとにかくすごい。原則にしばられず、 ...
3つのアクション+1が『健康寿命』を延ばす!スマート・ライフ・プロジェクト - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
世界でも有数の長寿国、日本。平均寿命は男性80.5歳、女性86.8歳です(厚生労働省平成26年簡易生命表より)。そして最近注目されているのは、健康寿命の方。健康寿命とは、健康上何の問題もなく自立した日常生活を送れる期間です。日本人の健康寿命は男女ともに平均 ...
87歳介護必要な義母を刺殺、長男の妻61歳を逮捕へ - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
7日午前8時25分ごろ、北海道小樽市入船3丁目の住宅で「妻が母を刺したようだ」と119番があった。北海道警によると、住人の無職、山根久子さん(87)が腹から血を流して倒れており、病院に運ばれたが死亡が確認された。道警は殺人容疑で、同居している長男(67)の無職 ...
小さな島の祈り伝える 特攻隊員救助 つなげた平和への思い - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
戦争は殺し合いだ」という江名さんの言葉を胸に刻む。ちえみさんは映画化に専念するため、高齢者グループホームでの介護の仕事を四月に辞めた。 「黒島の人や江名さん、そして夫…ゆかりのみなさんの平和への思いを一つにする作品づくりに加わりたい。ざっぷーんと飛び込む ...
87歳女性死亡 「介護に疲れた」長男の妻逮捕 - NHK (媒体での記事掲載終了)
7日朝、北海道小樽市の住宅で、同居する87歳の義理の母親を刃物で刺して殺害したとして、61歳の長男の妻が殺人の疑いで逮捕されました。 警察によりますと、調べに対し容疑を認めたうえで、「介護に疲れた」などと供述しているということで、警察がいきさつを調べています。
ひき逃げ容疑者「認知症の可能性あり」で免許停止に - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
後に容疑車両が特定され、男性は道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で警察の任意聴取を受けることとなったが、この際の言動が一貫せず、意味が通じない受け答えもみられたことから、警察では認知症の可能性が高いと判断。認知症疑いを理由として、同月23日から60日間の ...
テラモーターズは、同社の電動バイク「BIZMOII」が、医療看護介護リハビリ生活総合サービスステーションが運営する「あわーず訪問看護リハビリステーション」の4つの拠点に導入されたと発表した。訪問看護・介護業界における電動バイクの導入は初めてだという。
認知症“誤診” 専門医増など対応強化へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
また、はいかいなどの症状が出た認知症の高齢者に「抗精神病薬」が投与され、寝たきり状態になるなどの重い副作用が出ていることについては、「介護のしかたで症状を和らげるなど薬以外の方法による対応をまず検討するのが原則だ。国のガイドラインの見直しを適宜やってい ...
【在宅介護】まずは「かかりつけ医」を決めておこう - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
介護も医療も、施設型から在宅型への移行を目指す今の日本。そんな中、再び見直されているのが「かかりつけ医」の存在です。今は風邪をひいたら内科へ、目の具合が悪ければ眼科へ、といったように症状に合わせて病院を選ぶのは当たり前ですね。でも一昔前は、体のどの ...
日看協では、「認知症に強い看護体制づくり」と「認知症の人が安心して暮らせるまちづくり支援」を掲げ、認知症看護認定看護師の育成に力を入れている。今回の認定審査では新たに181人が認定され、認知症看護認定看護師は653人となり、過去3年で約2.5倍に増加した。
2015年08月06日()
決定打は店主の高齢化と地代更新の負担の大きさだった。娘たちは既に嫁ぎ、後を継ぐ者もいない。いまさら銭湯に ... 衛生施策の観点から維持すべきとされ、バリアフリーや耐震のための改築費用などが予算化されている。東京都ではお年寄りに入浴券が付与される。これは ...
認知症、飲み誤り防止に「お薬カレンダー」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
年を重ね、複数の持病を抱えるようになると、薬の種類や量が増え、患者が薬を管理し、医師の指示通りに飲むのは負担が大きい。認知機能が衰えてきたら、なおさらだ。医師の指示で患者の自宅を訪ね、薬を飲む工夫を助言する薬剤師の役割が改めて注目されている。
介護認定に至らない高齢者が増加しているため、「要支援」からさらに「二次予防事業対象者」という区分が定められた「介護予防・日常生活支援総合事業」のガイドラインが出されました。これは介護の重度化を予防するためにつくられた事業で、介護費用を抑えることが期待され ...
認可済の医薬品に「アルツハイマー病」の進行を止める効果を発見か!? - TABI LABO (媒体での記事掲載終了)
高齢者に発症することが多く、徘徊するようになったり、寝たきりになることもあります。 厚生労働省が発表しているように、臨床試験の結果を正確に判断することが難しい症状ではありますが、その安全性が認められれば世界中の人々の生活を助けることができる大きな発見となる ...
灯籠に込めた被爆者の思い継ぐ ボランティア・松嶋さん - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松嶋美智子さん(30)=広島県呉市=は、あるボランティアグループで活動している。「ピースポータープロジェクト」。高齢になったり介護施設に入っていたりして、原爆の日に元安川で灯籠を流せないお年寄りらの代わりを務める活動をしている。 松嶋さんは今夏、広島原爆養護ホーム(広島市)に住む木本美智子さん ...
つえや車いす利用でも行ける「慰霊の旅 グアム 4日間」クラブツーリズムが発売 - NEWS for Travel (媒体での記事掲載終了)
クラブツーリズムは、戦後70年の特別企画として、車いすの旅行者も参加できる「慰霊の旅 グアム 4日間」の発売を、2015年8月1日(土)から開始した。同一のホテルの連泊や歩く距離を短くするなど、高齢者や持病を抱える人に配慮してツアー日程を組んでいる。
最近話題の認知症検査「物忘れドック」とは!? - T-SITEニュース (媒体での記事掲載終了)
最近物忘れが激しく、もしかして認知症……?なんて心配になられたことはないでしょうか。まだ年が若くても認知症やその他の病気によって物忘れが激しくなることがあります。その物忘れの原因に、隠れた病気がないかどうか人間ドッグのように調べるのが「物忘れドッグ」です。
介護保険制度改正、負担増に今後はどう備えればいいのか? - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
制度改正前は、要介護度1から入居が認められていた特別養護老人ホームについては、2015からは入居要件が原則要介護3以上に引き上げられることになりました。ただし、現在すでに入居済みの要介護1~2の者は対象外であり、退去する必要はありません。入居条件を厳格 ...
介護利用、過去最多588万人 26年度 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護サービス別の内訳では、通所介護が前年度比9万7千人増の184万5千人、訪問介護が2万8千人増で142万人だった。施設サービスの利用者は、特別養護老人ホームが62万人、老人保健施設は53万9千人といずれも増加する一方、介護型療養病床は10万5千人で、前 ...
認知症の高齢者に抗精神病薬 重い副作用も - NHK (媒体での記事掲載終了)
はいかいなどの症状が出た認知症の高齢者に「抗精神病薬」と呼ばれる薬が投与された結果、寝たきり状態になるなどの重い副作用が出ていたケースがあることがNHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で明らかになりました。「抗精神病薬」は慎重な使用が求められている ...
中島京子さんの介護体験「おもしろいことがたくさんあった」 - 週刊女性PRIME [シュージョプライム] (媒体での記事掲載終了)
かつて、中学校の校長や公立図書館の館長を務めた東昇平には3人の娘と孫がおり、長年、妻とふたり暮らしをしている。昇平は10年ほど前から認知症を患い妻や娘の名前すらも忘れてしまっているのだが–––。 中島京子さんの新刊『長いお別れ』は、認知症を患った父親と、彼を ...
介護給付費9・3兆円、高齢化で最高更新 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は6日、平成26年度の介護予防を含む介護給付費が前年度比4・6%増の9兆3038億円で、過去最高を更新したと発表した。高齢化に伴い、65歳以上の利用者が過去最多の588万人(前年度比3・9%増)に達したためで、今後も給付費は増える見通しだ。
生活クラブグループが新たな福祉政策をスタート!「生活クラブ安心システム連合」を設立 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
これまで700以上の福祉事業所を展開してきた生活クラブグループが、地域密着型の福祉への取組みをさらに充実させます。「生活クラブ安心システム連合」に参加する福祉事業者は、要介護者に対する制度外のケアを含めた在宅生活支援や、地域の孤立しがちな高齢者や ...
生活クラブグループが新たな福祉政策をスタート!「生活クラブ安心システム連合」を設立 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
2015年7月、生活クラブ生協を母体とする3つの社会福祉法人と生活クラブ共済連によって、「生活クラブ安心システム連合」が設立されました。これまで700以上の福祉事業所を展開してきた生活クラブグループが、地域密着型の福祉への取組みをさらに充実させます。
【白内障に緑内障】高齢者の見えづらい生活を支えるにはどうすればいい? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢社会白書(平成27年版)のデータによると、高齢者の事故の8割近くが住宅で起こっていることがわかります。事故の原因は転落・ .... 施設の検索サイトです。有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの費用や立地、評判などを紹介しています。
高齢者、障害者宅を点検 京都・向日で防災福祉パト - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府向日市内の高齢者や障害者のみの世帯を対象にした「防災・福祉合同パトロール」が5日、行われた。福祉関係者や消防署員らが6世帯を訪問、電気やガスを点検したり、生活の困り事などについて話を聞いた。 パトロールは市社会福祉協議会が主催し、向日消防署や府 ...
新日鉄住金 「NSスーパーフレーム工法(R)」が4階建て物件に初採用 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
今後は、老朽更新時期を向える企業の社宅・寮や高齢化に伴い益々増加が予想される老健施設向け建物を中心に採用を働きかけ、将来的には公共住宅での採用も目指していきます。 また、新日鐵住金(株)とNSハイパーツ(株)は、7月末に、この4階建てスチールハウスで開発 ...
認知症で徘徊(はいかい)する高齢者らを交通事故から守るため、佐賀県バス・タクシー協会(金子晴信会長、68団体)は5日、県警と相互協力の覚書を交わした。「生活の足」として地域に密着したバスやタクシーの乗務員が徘徊が疑われる高齢者や、泥酔し路上に寝込んでいる ...
大きな反響を呼んだTBS「夢の扉+」での、藤野武彦先生の臨床研究、認知症患者様の認知機能改善の様子は、このホタテから抽出されたプラズマローゲンを用いたものでした。このよりヒトに近いプラズマローゲンをいち早く、高純度サプリメントとしてお届けできる運びとなりまし ...
夏休み福祉体験学習が3日、佐世保市栄町の市福祉活動プラザであり、小学1~5年生約30人が高齢者や障害者が体を動かすときに感じる不自由さを疑似体験した。 福祉について考えてもらおうと同プラザが昨年から始めた。子どもたちは、車いすの利用体験をしたり、手首や ...
平成27年8月6日広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式あいさつ - 首相官邸 (媒体での記事掲載終了)
今年、被爆者の方々の平均年齢が、はじめて八十歳を超えました。高齢化する被爆者の方々に支援を行うために制定された「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」も、施行から二十年を迎えました。引き続き、保健、医療、福祉にわたる総合的な援護施策を、しっかりと進め ...
親の介護、何歳からスタートする? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
平成26年3月の時点で、介護保険の第1号被保険者数は3202万人。そのうち要介護または要支援の認定を受けている人は584万人です(『平成25年度 介護保険事業状況報告』より)。65歳以上の約5人に1人が要介護または要支援ということですね。 さて、あなたの身近に ...
2015年08月05日()
「認知症見守り」40歳以上に引き下げます… 和歌山市 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の人を介護する家族の負担軽減を目的に和歌山市が実施している「見守り支援員派遣事業」について、対象年齢が40歳以上にまで引き下げられた。若年性認知症の場合も家族が支援を受けられることになり、市は積極的な活用を呼びかけている。 同事業では、認知症の ...
心通う介護ケアを - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
また、利用者の満足度を高める「介護保険対象外サービス」にも対応。「細やかなケアでサポートします。小さなことでも遠慮なくご相談下さい」と所長の秋山真道さん。急な依頼にも出来る限り対応してくれるため、ケアマネージャーから信頼を得ている。 「一緒に働きませんか?」
第3者が認知症の疑いをチェックできるアプリ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体的には、大田区3医師会のメンバーにより15項目の「認知症が疑われる行動」を特定。その上で、検診の場で疑い行動の有無と認知機能評価に汎用的に用いられるスケールである「改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」との関係を評価し、判定アルゴリズムを開発 ...
認知症映画語り合う - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の母の2年半を描いたドキュメンタリー長編動画「毎日がアルツハイマー」を見て語り合うイベントが8月29日(土)、大倉山おへそ(大倉山2の5の11)で行われる。主催は街カフェ大倉山ミエルと大倉山おへそ。協力は小規模多機能居宅介護なの花と大豆戸地域包括ケア ...
グループホーム、終のすみかにできるかな? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホームは“生活の場”であり、認知症の症状が安定していて共同生活をできることが入所条件になるため、認知症以外の大きな病気を抱えていない人が対象となります。そのため、施設内に医師や看護師を配置する義務はありません。しかし、高齢者施設なので、入所者の ...
ボランティアで貯めた点数、遠距離介護に利用 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護を必要とする高齢者が増える2025年には、介護保険や行政のサービスだけでは対応できない部分を市民が助け合う「共助」がより重要になるとみられている。大阪市に本部を置く「ニッポン・アクティブライフ・クラブ」(通称ナルク)では、自分が住む地域でボランティアに励んで ...
和歌山市が認知症「見守り支援員派遣」対象拡大 若年性も利用可能に - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の人を介護する家族の負担軽減を目的に和歌山市が実施している「見守り支援員派遣事業」について、対象年齢が40歳以上にまで引き下げられた。若年性認知症の場合も家族が支援を受けられることになり、市は積極的な活用を呼びかけている。 同事業では、認知症の ...
介護予防に役立てようと、松山市の松山東雲短大で介護福祉を専攻している学生らが、オリジナルの介護予防体操を考案した。いすに座ったまま手足を無理なく使ったり、足のつま先を動かすなどのプログラム。松山市内の老人ホームで初めて披露され、体験した高齢者の評判は ...
高齢化の進展にともない運動器症候群(ロコモティブシンドローム)への関心が高まっている。ロコモティブシンドロームは、骨や関節を支える筋力の衰えなどにより、身体の移動機能が低下した状態を指す。快適に歩行できなくなって転倒、それによって骨折もしやすくなる。基本的 ...
認知症など院外事故防止へ 顔認証カメラ設置 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
羽咋市の公立羽咋病院は、認知症などの入院患者が知らないうちに院外に出歩き、事故に遭うのを防ぐシステムを導入した。事前に顔の映像を登録した患者が院外に出ようとすると、出入り口に設置したカメラで患者の顔を認識。二十四時間体制でスタッフに瞬時にメールで ...
一方で高齢者の後鼻漏は、嚥下性肺炎を引き起こし寝たきりになるリスクが高まるといわれているので深刻です。実際に、肺炎で入院した60歳以上の患者を対象に調査したところ、夜間の睡眠中に唾液の気管への流れ込みがあった人は7割以上にのぼったとの報告もあります。
認知症でないのに認知症と診断 3000人余 NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が急増するなか、実際には認知症でないのに認知症と診断されていた人が去年1年間に全国で少なくとも3500人余りに上ることが、NHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で初めて明らかになりました。中には認知症の治療薬を服用し、深刻な副作用が出ていたケースがあることも分かり、厚生労働省は「こうした実態があるとすれば問題で診断が適切に行われるよう対策を急ぎたい」と話しています。 NHKは、こ...
「育児」「介護」の壁を超える“スローダウン”のワザ - 日経ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
一方、「平成22年国民生活基礎調査」(厚生労働省)で、主な介護者を性別に見ると、男30.6%、女69.4%で女が多くなっています。年代別で見ると、リタイアをしているであろう60代の女性が占める割合が多いのですが、性別だけで見ると、女性が介護を担っているケースが多いの ...
ワタミが介護事業売却を検討、200億円以上か、財務再建で-関係者 - Bloomberg (媒体での記事掲載終了)
(ブルームバーグ):業績不振の居酒屋チェーン、ワタミ が主力事業の一つである介護事業の売却を検討していることが明らかになった。売却額は200億円以上とみられる。本業の外食事業が顧客減少に苦しむなか、介護事業の売却で財務の建て直しを図るのが狙い。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。 業績不振の背景として、消費増税の影響のほか、関係者の一人は従業員の過重労働問題などで評判が落ち、顧客離れが起きてい...
スマホアプリで認知症を判定、民間団体が開発 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
季節に合った服を選べない」「同じ物を何度も買ってくる」といった認知症が疑われる行動について、7つの質問に該当するかどうかを答える形式で、アプリを開発したNPO法人はおよそ94パーセントの確率で認知症の疑いを判定できるとしています。認知症の疑いありと判定された ...
認知症の疑い、スマホで判定 NPOが無料アプリ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
お金の計算ができない」「季節に合った服が選べない」など、認知症に関する症状について、7つの質問に答えると、年齢や性別の情報と組み合わせて、認知症の疑いがあるかどうかを判定する。正確性は90%以上としている。疑いがある場合、医療機関の情報を提供する。
70代認知症の疑い、免許を「暫定停止」 事故後に診断、新潟県内初適用 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
五泉署は4日、交通事故を起こした下越地方の70代男性に認知症の可能性があるとして、車の運転免許を「暫定停止」する処分にしたと発表した。処分は7月23日付。暫定停止は、昨年6月施行の改正道路交通法で新設され、県内での適用は初めて。 男性は7月14日午後1時 ...
認知症でないのに認知症と診断 3500人余 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が急増するなか、実際には認知症でないのに認知症と診断されていた人が去年1年間に全国で少なくとも3500人余りに上ることが、NHKが専門医を対象に行ったアンケート調査で初めて明らかになりました。中には認知症の治療薬を服用し、深刻な副作用が出 ...
ワタミが介護事業売却検討、200億円以上か、財務再建で-関係者 (1) - ブルームバーグ (媒体での記事掲載終了)
ブルームバーグ):業績不振の居酒屋チェーン、ワタミ が主力事業の一つである介護事業の売却を検討していることが明らかになった。実現すれば200億円以上の案件になる可能性がある。本業の外食事業が顧客減少に苦しむなか、介護事業の売却で財務の建て直しを図るのが ...
同居する寝たきりの母親(79)を自宅で死なせ、遺体をキャリーケースに詰めて大津市の琵琶湖に捨てたとして、保護責任者遺棄致死と死体遺棄の罪に問われた次女で薬剤師の松生(まついき)多恵子被告(50)=三重県伊賀市=の裁判員裁判。弁護側は被告が深く反省している点などを挙げ情状酌量を求め ...
第3者が認知症の疑いをチェックするアプリ - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了)
NPO法人のオレンジアクトは2015年8月5日、厚生労働省内で記者会見を実施し、「客観式認知症疑いチェックアプリ」の無料配信を同6日に開始すると発表した。認知症の疑いの有無を、第3者が4つの質問に答えるだけでチェックできるアプリである。 今回のアプリは、オレンジ ...
話題株ピックアップ【夕刊】(2):ツムラ、ダイキン、福島工業、ローム - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
病院・老健施設向け業務用冷蔵庫やセントラルキッチン向け大型冷蔵設備などの販売が伸びたことが寄与。生産効率の向上や原価低減も増益に貢献した。上期計画の26.5億円に対する進捗率が63.9%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。 □ローム <6963> ...
【後悔しない介護施設選び】アクセス方法の確認不足にご用心 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
広島県尾道市のグループホーム「長江」は、まだまだ新築同様の綺麗な施設。新鮮な魚料理やパーティ形式のお食事は、利用者さんの楽しみの ... 手足口病、ヘルパンギーナ・・・子どもの病気、高齢者にもうつる? 記事画像. 3. いいね! 0. 【2025年問題】増える高齢者、不足する ...
セミナーは1日に3回開催されるが、全て無料で受講することが出来る。また企業の商品展示会では最新情報を確認することが出来る。 カイポケ学会フェスタ2015とは? 介護関係者やケアマネージャーなど介護に関わる職業の人が集まるセミナーと展示会。介護について未経験の ...
車いすでも行ける 「慰霊の旅 グアム 4日間」 販売開始 - 戦後70年、クラブツーリズムが 「慰霊の旅」 にご案内します - - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢の方でも旅を楽しんでいただけるよう、70歳以上の方にも安心の長い距離を歩かない「ゆったり旅」のほか、バリアフリーの旅「杖・車いすで楽しむ旅」をこれまで18年にわたりご案内し続けており、2010年にも「慰霊の旅 グアム」を実施しています。 近年は多くの戦地慰霊団が ...
トヨタ関連会社が運営するリゾート感覚の住まいは、日々が楽しくなる設備も充実 - SUUMO介護ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
愛知県豊田市の水源町という風光明媚(めいび)な土地に、トヨタ自動車関連会社のトヨタすまいるライフ株式会社が事業主となるサービス付き高齢者向け住宅「T-グランシア水源」がある。もともとトヨタ自動車の保養所があったというだけに、矢作川沿いの桜並木が望める1100坪 ...
障害者が働く北海道のバリアフリーホテル 車いすでも露天風呂に - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人江差福祉会(樋口英俊理事長)が北海道南部の乙部町に、障害者や高齢者の利用を優先する「バリアフリーホテルあすなろ」を4月にオープンさせた。 スタッフとして知的障害者20人を採用し、雇用契約を結ぶ就労継続支援A型事業所。仕事はヘルパー資格者による ...
福島工業が急反騰、4-6月期(1Q)経常は25%増益 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
4日、福島工業 <6420> が決算を発表。16年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比25.1%増の16.9億円に伸びて着地したことが買い材料。 病院・老健施設向け業務用冷蔵庫やセントラルキッチン向け大型冷蔵設備などの販売が伸びたことが寄与。生産効率の ...
マイナンバー導入で「介護」はどう変わる? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
赤ちゃんから高齢者まで、国民一人一人に割り振られる12桁の番号「マイナンバー」。いよいよ10月から ... 養護老人ホーム利用負担額の決定手続き、高額療養費等の決定や高額医療・高額介護合算制度に関する手続きでの所得証明書等の添付が省略可能に。また、関係機関 ...
2015年08月04日()
要介護者をベッドから車いすや簡易トイレに移す移乗作業をめぐり、中小企業やベンチャーによる支援機器の製品化事例が増えてきた。アートプラン(滋賀県彦根市)は、上半身をもたれさせることで、1人で移乗できる「愛移乗(あいじょう)くん」を投入。北海道大学発ベンチャーの ...
日本製粉、認知症予防で注目高まるアマニ油関連商品を拡充−パスタソースなど追加投入 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本製粉は家庭用食品で、アマニ油を使った商品(写真)を大幅に増やす。パスタソース「オーマイPLUS」に対応商品を3品、アマニそのものをローストした「ローストアマニ粒」を20日に発売するのをはじめ、健康食品でもアマニ油を使ったグルコサミンやルテインの商品を9月1日 ...
介護保険の利用者の中で、この8月から負担が増える人が出て来る。一定以上の所得や資産があると、現在使っている在宅サービスや施設利用料が引き上げられる。軽度者については、すでに4月から訪問介護と通所介護(デイサービス)で国から自治体に制度の仕組みが移行 ...
これまで、アルツハイマー型認知症(AD)に関する研究は、長期的な大規模研究が非常に少なく、既存試験は通常、対象者数わずか数百例程度で実施されている。そのため、認知症機能評価別病期分類(FAST)により評… [続きを読む]. (ケアネット 鷹野 敦夫). 原著論文はこちら.
情報量が乏しい難病…正しく有益な情報を得るには? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
訪問看護に関わってくるケアマネージャーや医療ソーシャルワーカーは、仕事上、情報共有がとても重要です。ケアマネージャー同士や異職種間で情報交換を行って豊富な情報を共有していることも多いので、相談してみるのもよいかもしれません。(看護師)』. 『難病に関する情報 ...
次に、老後の生活について、不安を感じることを聞いたところ、「体の不自由(寝たきりなど)」(60.9%)や「大きな病気・怪我」(60.3%)、「認知症」(59.4%)といった健康面の不安が6割となり、次いで、「老老介護(高齢者の介護を、同居する高齢者が行うこと)」(36.0%)と「医療費の ...
税金・就労・介護・子育て…困りごと解決支援 生活相談センター 福岡県行橋市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
相談内容は「生活苦」「税金、家賃を滞納中」「仕事が見つからない」「介護に疲れた」「子育てと仕事の両立が難しい」「病院の診察を受けたいが、健康保険証がない」「ギャンブルや酒がやめられない」など、幅広く想定している。 相談員は3人。相談者の困りごとを聞き取り、内容に ...
今さら聞けない、暑中見舞いの書き方 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
シニア世代や高齢者もメールやSNSを使いこなす時代ですが、そんなときこそ、お便りで日頃の気持ちを伝える意義があるのかもしれません。ふと思い浮かんだ .... 有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの費用や立地、評判などを紹介しています。
介護施設で働けば家賃補助、中古車、引っ越し代も 島根県浜田市が始めたひとり親家庭の定住促進策 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
島根県浜田市では2015年度、市外のひとり親家庭を対象に、市内の介護施設で親が働くことを条件に支援する事業(シングルペアレント受け入れ事業)を始めた。全国から希望者を募り、6人が7月に受け入れ先の七つの介護施設を見学して回った。定住促進策として、ひとり親 ...
日本でも広がる「SIB」、特別養子縁組や介護予防など「社会問題を解決する投資」 - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
社会問題を解決するために政府・行政が取り組む事業に民間の企業・団体が資金を投資、事業成果に応じてリターンを受け取る「SIB」が注目されている。これは「Social Impact Bond(ソーシャル・インパクト・ボンド)」の略。行政にとっての利点は、税金などで資金を調達する必要 ...
宅老所で交通安全講習会(高知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
県内では今年に入って8月3日までに17件の死亡事故が発生し、そのうち11件が65歳以上のお年寄りが絡んでいる。このため県警は4日、高知市の宅老所「たんぽぽ介良」で講習会を開き、高知東警察署の署員が実際の事故を例に挙げながら、道路を横断中に車に跳ねられる ...
搬送者を年代別でみると、65歳以上の高齢者が5689人(48.7%)で、全体の半数近くを占めた。18~64歳は4470人(38.3%)、7~17歳は1411人(12.1%)、6歳までは102人(0.9%)。また、都 ... ①不眠症②うつ③時差ボケ④登校拒否症⑤夜間徘徊⑥肥満 →答えはミニッツへ.
認知症にならない秘訣はコミュニティー? - dot. (媒体での記事掲載終了)
そして、たくさんの認知症の人や、ただ座っているだけ、寝ているだけの人を見てきた。 一方、わたしの周囲には、80歳になっても90歳になっても元気にイキイキと動いている人もたくさんいる。 亡くなるギリギリまで楽しく生きている人もたくさんいる。 「あっというまだったね」と、言 ...
キヤノンは2018年をめどに国内のデジタルカメラ生産を完全自動化する。約130億円を投じ、基幹工場にロボット生産などを研究・開発する拠点を新設。熟練技術者の高度な技能を自動ラインに置き換えてコストを最大2割削減する。国内の製造業は少子高齢化で労働力の減少が進む。人工知能(AI)やロボットによる生産性向上は航空機や食品製造でも始まった。人手に頼らないモノづくり技術で国際競争力を高める試みが広がりそ…
車いす「ハネト」支え20年 平内の「じょっぱり隊」 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
青森菱友会の運行に加わった障害者や高齢者29人が浴衣に花がさ姿で車いすに乗り、沿道に手を振りながらハネトを楽しんだ。 29人の参加 ... 同隊は第1次安倍内閣時にバリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰を受けた縁で今年、安倍晋三首相から祝電が届いた。
「世界アルツハイマーデー」に合わせ、東京都が認知症シンポジウムを開催 - 認知症ねっと (媒体での記事掲載終了)
世界アルツハイマーデー」に合わせ、東京都が認知症シンポジウムを開催. 2015年8月4日. 認知症にやさしいまちづくりを考える. 9月21日は「世界アルツハイマーデー」。国際アルツハイマー病協会が1994年に記念日として宣言して以来、世界中で疾病に関連する支援イベントなど ...
山田洋次監督、夜間中学にエール=東京・東銀座〔地域〕[時事] - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
夜間中学には、戦時中や戦後に学校に通えなかった高齢者や、不登校経験者、在日外国人ら多様な人々が在籍。 ... 山田監督は、12月公開の新作「母と暮せば」も同様の上映会を開く予定だとした上で、「心を込めてバリアフリーを推進する国であってほしい」と期待を語った。
空き家活用し認知症カフェ 患者と住民、気軽に交流 NPO法人「空き家バンクで福祉のまちづくりを考える会」(鳴門市)は、同市撫養町岡崎の空き家を活用して「認知症カフェ」を開設した。月1回開いており、認知症患者とその家族、住民が気軽に集まって交流し、認知症患者を ...
山田洋次監督、夜間中学にエール=東京・東銀座〔地域〕 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
夜間中学には、戦時中や戦後に学校に通えなかった高齢者や、不登校経験者、在日外国人ら多様な人々が在籍。 ... 山田監督は、12月公開の新作「母と暮せば」も同様の上映会を開く予定だとした上で、「心を込めてバリアフリーを推進する国であってほしい」と期待を語った。
バリアフリーへ意見 伝建群保存審 会長に坂田さん互選 - 岩手日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
委員からは厠について「官庁の公衆トイレはバリアフリー法に基づき、高齢者や身障者に考慮して造らねばならない。介助者が動きやすく、車いすの十分回転できるスペースが必要ではないか」や「多くの観光客が訪れることは避けられないだろうが、伝建群は『観光地化しない』が ...
合同会社まほろば会は、認知症早期対策を実施するサービスとして「想い出ノート制作倶楽部」を7月1日から開始した。内容としては、高齢者が「自分史・生活歴年表」をスタッフと共に制作していくというものだ。 認知症ケアに効果. 「想い出ノート制作倶楽部」の特徴は、実際に ...
認知症の疑い、運転免許を暫定停止 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
五泉署と県警運転免許センターは4日、乗用車を運転して交通事故を起こした下越地方の70代男性に認知症の疑いがあるとして、県公安委員会が7月23日から60日間の免許停止処分を出したと発表し... 【社会】. 2015/08/04 17:45 ...
2015年08月03日()
認知症は早期発見が大事だといわれるが、実際、早期発見・早期治療で治るものなのだろうか?また早期治療以外にも、早期発見のメリットはあるのだろうか。実は、認知症を早期発見することは、本人にとっても家族にとっても、その後の生活の質を大きく変えるメリットがある。
佐賀県と県介護老人保健施設協会(藤岡康彦会長、33施設)は3日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の事故時の入所者避難に関する支援協定を締結した。原発から30キロ圏内の8施設(定員600人)は既に具体的な避難先を明記した個別の避難計画を策定している。協定では ...
ダブルケア、介護をしながら思春期の子どもと向き合うには - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進むなか、子どもの思春期と重なる人の悩みも深いです。専門家は「社会的なサポートが必要だ」と訴えています。 ... 徘徊(はいかい)で警察に保護されたり、長男を名指しして「テレビのリモコンを隠された」と訴えたり……。そうしたことが日常になった。 長男が反抗的に ...
遠距離介護 知らぬ間に高額契約 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の母親を守るのに、離れて暮らす遠距離介護ではより難しい。北見さんは「成年後見制度」を利用することにした。認知症や知的障害で判断能力が十分ではない人のために、家庭裁判所が弁護士らのサポート役をつけてくれる。財産管理や契約行為の支援が仕事だ。
古民家の改造に打ち込むこの匠は、天井近くの梁の位置を上げる一方で、1階、2階とも床の位置を下げバリアフリーにする。2階から採り入れた光が下の階まで差し込む工夫も。構造問題を ... エネルギーのベストミックス、インフラ老朽化、財政再建、そして超高齢化社会。問題は ...
介護向け移乗支援機器、中小・ベンチャーの製品が続々登場−腰痛防止が重点に - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護者をベッドから車いすや簡易トイレに移す移乗作業をめぐり、中小企業やベンチャーによる支援機器の製品化事例が増えてきた。アートプラン(滋賀県彦根市)は、上半身をもたれさせることで、1人で移乗できる「愛移乗(あいじょう)くん」を投入。北海道大学発ベンチャーの ...
「介護ローソン」2号店、さいたま市にオープン - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ローソンは、薬局に関する国内初の総合展示会「第1回 全国ファーマシーフェア2015」(2015年7月31日~8月2日、パシフィコ横浜)に出展し、ヘルスケア事業への取り組みを紹介した。この中で、介護拠点併設型店舗「介護(ケア)ローソン」の2号店を、2015年8月5日に埼玉県 ...
《茶況》 講座で認知症の予防効果説明 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
《茶況》 講座で認知症の予防効果説明. 「お茶って良いね」をテーマに、静岡市駿河区丸子地域の長田西地区社会福祉推進協議会の健康講座が、同市長田西小学校であり、県立大薬学部の山田浩教授(58)がお茶のインフルエンザと認知症に対する予防効果を説明した。
脳卒中後、認知機能は急速に低下/JAMA(2015/07/24掲載). REGARDS(Reasons for Geographic and Racial Differences in Stroke)に登録された米国住民から、認知障害のない45歳以上の2万3,572例を抽出し、平均6年間追跡調査したところ、515例が脳卒中を発症 ...
病院ベッド削減、介護職員の確保が課題 社保推進会議 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は3日、社会保障制度改革推進会議(議長・清家篤慶応義塾長)を開いて、病院ベッド(病床)の削減に向けた課題を議論した。入院患者が病院から自宅に戻っても家族の負担が増えすぎないよう、元気な高齢者にも担い手になってもらって介護職員を十分に確保する必要が ...
遠距離介護 自宅いても束縛感 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
横浜市の女性(47)は、両親の介護のために、自宅と岩手との往復生活を続けていた。 2013年6月、闘病中だった母親(当時76)が入院し、寝たきりになった。父親(83)には、自宅近くの介護施設で暮らしてもらうことにした。 自宅での一人暮らしは無理だろうと思っても、父親は ...
車いすの人が利用できないお店は違法になるの? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
大学や専門学校で福祉や介護を考える学問には、ここで取り上げた障害者に対する問題や、高齢者の介護、健康でいつまでも長生きするために何が必要かを考えるものがあります。現代社会の大きな問題の一つである高齢社会、バリアフリー社会を考えることは、社会にとって ...
By Garry Knight 多くの人が夢見るミリオネア(億万長者)には誰もがなれるわけではありませんが、人はどれくらいの確率でミリオネアになれるのでしょうか。それは年齢によって異なり、例えば2015年時点で62歳のアメリカ人なら100万ドル(約1億2400万円)を得られる割合は7人に1人になりますが、40歳以下になればその割合は55人に1人という険しい道になるとのこと。過去25年間で高齢者が億...
行政審・アセットマネジメントにより高齢者福祉施設などの方向性審議. 2015/8/3 静岡. 静岡市は、7月31日の行財政審議会で「公共建築物施設群マネジメント」について協議した。当日は、高齢者施設など3群が審議対象となった。 市では、アセットマネジメント手法を適用して ...
株式会社インターネットインフィニティーが、介護保険を利用している人に対して、服薬管理に関するアンケート調査を行い、その結果を7月23日に発表した。 今回の調査は、自社運営のウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」の会員ケアマネージャーを対象に行い、4つの質問 ...
監視カメラ・物理セキュリティの側面から見るIoTの今 - BIGLOBEニュース (媒体での記事掲載終了)
カメラ内での画像処理というのは、カメラの画角内に検知エリアを設定し、そこに人が侵入したり、モノが置かれたら通知する機能を指しており、警備やセキュリティ用途、高齢者の徘徊防止、人数や滞在時間のカウントといったマーケティング用途に活かすことができる。 カメラ同士 ...
認知症対策「大人の塗り絵」が売れ行き好調、テレ東「主治医が見つかる診療所」で注目 - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
テレビの医療番組をきっかけに、大人が塗り絵を楽しむ本が、改めて注目されていることが分かった。 書籍の情報サイト新文化オンラインによると、テレビ東京「主治医が見つかる診療所」がきっかけでとなり、河出書房新社発行の「大人の塗り絵」シリーズの売上が伸びているとの ...
石川県小松市の荒れ果てた寺が、天然温泉の銭湯を備えた福祉施設に生まれ変わり、地域のにぎわいづくりに一役買っている。サービスを受ける高齢者や障害者に加え、一般の利用客も含めると、多い時で250人近くの人が訪れるという。 施設は三草二木西圓(えん)寺。2008 ...
総務省の全国消費実態調査をもとに2人以上の世帯について、若年層、壮年層(30~59歳)、高齢者層(夫65歳以上、妻60歳以上)の3区分で変化を調べたところ、若年層は年収300万~400万円の世帯が占める割合が、20.5%から26.7%へと増加。半数近くの世帯が400万円 ...
「介護ローソン」2号店、さいたま市にオープン - 日経テクノロジーオンライン (媒体での記事掲載終了)
ローソンは、薬局に関する国内初の総合展示会「第1回 全国ファーマシーフェア2015」(2015年7月31日~8月2日、パシフィコ横浜)に出展し、ヘルスケア事業への取り組みを紹介した。この中で、介護拠点併設型店舗「介護(ケア)ローソン」の2号店を、2015年8月5日に埼玉県 ...
5~10歳くらいまでの子どもを対象に、特養やデイケアを運営する介護施設での職業体験を通じて、介護現場や高齢者と触れ合う機会を提供する同プログラム。高齢者の生活一般を手助けする「介護士」、体調管理や体温・血圧測定を担う「看護師」、食事の栄養バランスを考える「 ...
貸し切りバスで移動した - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
島根県浜田市では2015年度、市外のひとり親家庭を対象に、市内の介護施設で親が働くことを条件に支援する事業(シングルペアレント受け入れ事業)を始めた。全国から希望者を募り、6人が7月に受け入れ先の七つの介護施設を見学して回った。定住促進策として、ひとり親 ...
NPO法人Ubdobe 代表の岡勇樹氏は、祖父が認知症になったのをきっかけに医療福祉の業界に入り、2008年にUbdobeの活動を開始。障がい児施設や小児病棟、高齢者施設、作業所をまわる中で、音楽やアートなどのエンターテインメントによって医療福祉の世界に関わっ ...
認知症、地域で見守り FMコザと社協が協定 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【沖縄】認知症行方不明者の捜索をラジオ放送で呼び掛ける地域見守り活動に関する協定を、沖縄市社会福祉協議会とFMコザが7月31日締結した。迅速な伝達により、行方不明になって間もない初動対応が可能となる。市社協によると、地域見守り活動で放送局と協定を締結 ...
認知症と診断され、1年半ほど前から同病院に通っているさくら市の男性(66)は「認知証になると口を閉ざしがちになる。同じ境遇の人と話すことで何かプラスになるのでは」と今後の活動に期待。星野医師は「介護者がふさぎこんでしまうケースもあり、薬だけの治療では限界が ...
病床の詩 味わおう 今年2月他界「筋ジス詩人」四方さん - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
難病の進行性筋ジストロフィー症を患い、病院で寝たきりで療養しながら詩作を続け、今年2月に47歳で他界した詩人・四方(よも)健二さん=石川県能登町出身=の功績をしのぶ追悼朗読交流会が9月5日、金沢市大和町の金沢市民芸術村で開かれる。病床で生きる意味を問う ...
2015年08月02日()
親の介護、仕事どうする? 女性向けに体験談冊子 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事を持つ女性が親の介護が必要になった時にどうしたのか、百二十五人にインタビューした冊子「介護は『女の仕事』? 聞いてください生の声」が発行された。とりまとめたのは、男女の賃金格差解消などに取り組む団体「均等待遇アクション21」(東京)。両立できずに離職した人 ...
高齢者施設廃業、東京電力と国を提訴 浪江 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京電力福島第一原発事故で避難指示区域に指定され、浪江町の高齢者福祉施設を廃業せざるを得なくなったとして、医療法人「伸裕会」(南相馬市)が1日までに、東電と国を相手取り、営業損害など約7億8590万円の賠償を求める訴訟を福島地裁へ起こした。 県によると、 ...
遠距離介護 自宅いても束縛感 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
横浜市の女性(47)は、両親の介護のために、自宅と岩手との往復生活を続けていた。 2013年6月、闘病中だった母親(当時76)が入院し、寝たきりになった。父親(83)には、自宅近くの介護施設で暮らしてもらうことにした。 自宅での一人暮らしは無理だろうと思っても、父親は ...
GPS靴で徘徊者の居場所を特定 前橋工科大教授が開発 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が徘徊(はいかい)しても、履いていれば、どこにいるか特定できるGPS(全地球測位システム)シューズ。ただ、電池が切れていることに気付かなかったり、徘徊しているかどうか見極めるため、検索を繰り返したりする必要があるなど課題もある。そんな課題を克服しようと、 ...
親の介護、仕事どうする? 女性向けに体験談冊子 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
仕事を持つ女性が親の介護が必要になった時にどうしたのか、百二十五人にインタビューした冊子「介護は『女の仕事』? 聞いてください生の声」が発行された。とりまとめたのは、男女の賃金格差解消などに取り組む団体「均等待遇アクション21」(東京)。両立できずに離職した人 ...
人事院は国家公務員が勤務時間を柔軟に設定できる「フレックスタイム制」の拡大を勧告する方針だ。対象を全職員に広げた上で、育児・介護中の職員はさらに柔軟な勤務ができるようにする。子どもの送迎や通院などやむを得ない事情に円滑に対応できるようにするため、1日の ...
遠距離介護 片道500km行き来 (媒体での記事掲載終了)
《認知症:1》 年齢とともに増え、国内では推計500万人超す - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
今回から8回にわたって認知症を取り上げます。認知症とは、一度は正常に発達した認知機能が脳の病気のために持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を指します。かつては「痴呆(ちほう)」という名称でした。正しくは認知機能障害とすべきなの ...
認知症サポーター活躍、北海道内24万人突破 役割拡大、熱意に地域差 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族を地域で支えようと、国が10年前から養成を進めてきた「認知症サポーター」が増えている。道内では6月末現在で24万人を突破。認知症への正しい知識を深めてもらうことが当初の狙いだったが、「身に付けた知識を生かしたい」と、サポーターが中心となって ...
遠距離介護、頼る身内がいない 片道500キロ行き来 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
団塊の世代が75歳以上になる2025年には、介護が必要な高齢者が爆発的に増え、介護施設の供給が追いつかなくなるとみられている。遠方にいる親やきょうだいを、 ... 昨年3月に77歳で死去した母も、ホームヘルパーによる家事の補助を必要とした。 両親から電話が来ると、 ...
おじいちゃんおばあちゃんにも孫の晴れ姿を見てほしい 結婚式向け介護サービス3つ - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
以前、「介護のほんねニュース」でもご紹介した「老人ホームで結婚式」。こちらの記事でご紹介したように、「孫の結婚式に出たい」というのは祖父母の心からの願いのようですね。老人ホームでの結婚式も心温まるものですが、両家の都合で実現が難しいことも。そんな時、ぜひ ...
企画AV女優のインタビュー集『名前のない女たち』シリーズ(宝島社)や『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』 (コア新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)などの著書を持つノンフィクション作家の中村淳彦。この度、新刊『AVビジネスの衝撃』(小学館新書)を7 ...
がばい幸せ、介護は笑ってなんぼ 島田洋七さん体験語る - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
お笑い芸人の島田洋七さん(65)は、義母の介護のため、東京と佐賀を往復する生活を3年にわたって続け、その後、妻の負担を減らそうと、ふるさとに家を建てた。遠距離介護の経験を『洋七・おかんのがばい介護日記』にまとめた島田さんは、「介護は笑ってなんぼ」と語る。
介護保険見直し 周知と相談態勢の充実を - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
実施直前まで、問い合わせや苦情が相次いだという。それだけ仕組みが分かりにくいということだろう。周知不足は否めない。 今月から大幅に見直された介護保険制度のことである。 具体的には、どのように変わるのか。まず介護保険サービス利用時の自己負担が、一定以上の ...
往復1000キロの遠距離介護、孤立無援 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
団塊の世代が75歳以上になる2025年には、介護が必要な高齢者が爆発的に増え、介護施設の供給が追いつかなくなるとみられている。遠方にいる親やきょうだいを、 ... 昨年3月に77歳で死去した母も、ホームヘルパーによる家事の補助を必要とした。 両親から電話が来ると、 ...
不動産会社、住宅メーカーが次々進出する「介護サービス」 - ZUU online (媒体での記事掲載終了)
不動産会社にとっての介護サービスの魅力とは、老健施設は不動産賃貸業として安定的に賃料が稼げる点にある。ディベロッパーが賃貸事業を成功させるためには、土地の仕入れが重要なポイントとなる。良い土地は売りに出ることは少なく、市場に出ても高くなってしまうため、 ...
2015年08月01日()
往復1000キロの遠距離介護、孤立無援 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
団塊の世代が75歳以上になる2025年には、介護が必要な高齢者が爆発的に増え、介護施設の供給が追いつかなくなるとみられている。遠方にいる親やきょうだいを、身内で介護する「遠距離介護」も大きな課題だ。都市部からふるさとの家族の介護に通う人たちが県内にもいる ...
若手起業家が高齢化時代に役立つパーソナルEVを開発! - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
... をスタートしており、今年3月にはNTTドコモとモビリティシェア事業で提携。 商業施設等の公共スペースでのパーソナルモビリティ活用事業を通じて、全ての人の移動に対して新たな価値・サービスを創造、よりバリアフリーでユニバーサルな街作りに貢献していく考えのようです。
かながわ福祉サービス振興会は8月25日、かなふくセミナー「困難事例から学ぶ!認知症ケアと対応技術」を開催する。 講師に認知症ケア研究所 代表理事の六角僚子氏を迎え、認知症高齢者へのケアと具体的な対応技術を学ぶ。 カリキュラムは(1)原因疾患別の症状および ...
《認知症:1》 年齢とともに増え、国内では推計500万人超す - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回から8回にわたって認知症を取り上げます。認知症とは、一度は正常に発達した認知機能が脳の病気のために持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を指します。かつては「痴呆(ちほう)」という名称でした。正しくは認知機能障害とすべきなの ...
アピタルトップ > ファイル > 栗原美穂子さん 横浜で訪問看護・ケアマネ 住民と医療・介護結ぶ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
横浜市鶴見区医師会の栗原美穂子さん(49)は、訪問看護師でケアマネジャーです。「かかりつけ医を紹介してほしい」「医師の説明が難しくてよくわからない」といった電話相談に応じて地域を回り、住民たちと医療・介護をつなげています。 7月下旬、栗原さんが区内の矢野和子 ...
同研究会は、ケアマネージャーへ対する、両立支援の知識付与についても触れている。介護サービスの利用について、労働者はケアマネージャーを最も頼りにする。ケアプランを作成し、介護サービスの利用に関するアドバイスは行っているが、両立支援に関しての理解は浅いこと ...
介護利用者負担2割に引き上げ、一定所得者対象 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
8月1日から、一定の所得がある高齢者を対象に介護サービスにかかる自己負担の割合が1割から2割に引き上げられます。 介護サービスを利用した際の自己負担の割合が1割から2割に引き上げられるのは、年金収入が280万円以上の高齢者などおよそ60万人です。
介護保険制度で8月から新たな利用者負担が始まります。一定額以上の所得がある高齢者のサービス利用料負担が1割から2割に倍増するほか、特別養護老人ホームなどの利用者の負担軽減措置が大幅に縮小されます。いずれも利用者と家族に大きな打撃です。経済的負担 ...
企画AV女優のインタビュー集『名前のない女たち』シリーズ(宝島社)や『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』(コア新書)、『崩壊する介護現場』(ベスト新書)などの著書を持つノンフィクション作家の中村淳彦。この度、新刊『AVビジネスの衝撃』(小学館新書)が7 ...
高知県立大学生が災害時の調整役や、高齢化の課題解決探る - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了)
素案段階ながら「要配慮者への支援を考える」「女性と子どもに配慮した避難所運営」や、段ボールベッドなどの「避難所での便利グッズ作り」と多彩な内容が並ぶ。特に要配慮者については、障害者や高齢者の症状に応じて、避難時の配慮と日常から必要な支援を合わせて考える ...
北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合は、夏期セミナーで、99名の認知症サポーターが誕生したことを7月27日に発表した。 さっぽろ慈啓会慈啓会特別養護老人ホームの在宅福祉課課長である、干場有理子氏が講師を務め「札幌市認知症サポーター養成講座」を行い、受講者に ...