介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年01月20日()
1) 医療・介護、態勢作り急務 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
調査を担当した佐藤由美・奈良県立大学地域創造学部准教授は「住民組織や地域ケアプラザなどによる見守りや生活支援は充実しているが、要介護認定を受けた後を支える医療・介護の専門的サービスは不足している。今後、認知症高齢者らが増えていく中で、その充実は急務 ...
車社会と認知症 高齢者の“足”の確保を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
七十五歳以上のドライバーの交通事故を防ごうと、警察庁は認知症検査を強める道路交通法の改正案をまとめた。自他の命を守るにはやむを得まい。車に代わる暮らしの“足”の確保が急務になる。 二〇一四年の交通事故による死者数は全国で四千百人余りで、十四年連続で ...
1) 医療・介護、態勢作り急務 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
調査を担当した佐藤由美・奈良県立大学地域創造学部准教授は「住民組織や地域ケアプラザなどによる見守りや生活支援は充実しているが、要介護認定を受けた後を支える医療・介護の専門的サービスは不足している。今後、認知症高齢者らが増えていく中で、その充実は急務 ...
児童数が減っているにもかかわらず、自宅やその敷地まで社会福祉法人の基本財産(自宅は園長宿舎、土地は園庭)としてしまっている保育所経営の社会福祉法人がその事業をやめるにやめられないという現実や、高齢者数が減少し始めた地方で特養ホームを経営する社会 ...
《経済》 認知症予防で共同研究契約 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
浜松光医学財団(浜松市浜北区)と脳リハビリネットワーク(西区)、ウェルネスパートナー(北区)は二十日、認知症の予防や進行を抑える脳活性化プログラムの共同研究をするため、連携基本契約を結んだ。 財団は浜松ホトニクスが設立し、陽電子放射断層撮影装置(PET)など ...
来年度の予算編成の一環として介護報酬が改定された。介護報酬は3年ごとに見直され、この4月が第6期目にあたる。1月11日の麻生財務相と塩崎厚労相の会談で正式に決着したもので、前期より2.27%のマイナスとなった。9年ぶりのマイナス改定で事業者団体は一斉に反発 ...
悩みを相談、共有へ「安来認知症の人と家族・支援者の会」発足 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
島根県安来市内の認知症の人や家族、福祉関係者で構成する「安来認知症の人と家族・支援者の会」が18日、発足した。家族らが気軽に集まって情報交換する「認知症カフェ」を2月から月1回開くほか、認知症への市民理解を深める講演会なども行っていく。 全国組織の公益 ...
老健检,义诊服务23人次,失智筛检AD-8≧2的有7位,忧郁症筛检GDS5-9分得有6位;GDS10分得有3位,现场心理师提供心理支持外,并建议接受门诊治疗。 苗医表示,日常生活功能量表筛检IADL≧1的有11位,已接受居家服务的有 ...
老健檢,義診服務23人次,失智篩檢AD-8≧2的有7位,憂鬱症篩檢GDS5-9分得有6位;GDS10分得有3位,現場心理師提供心理支持外,並建議接受門診治療。 苗醫表示,日常生活功能量表篩檢IADL≧1的有11位,已接受居家服務的有3位,社工人員提供社會福利 ...
介護関連メディア事業を手がけるインターネットインフィニティーは、介護現場におけるケアマネージャーのデジタルデバイス使用状況の調査を実施。調査は同社の運営サイト「ケアマネジメント・オンライン」を通じて会員のケアマネージャーに対して実施された。回答者数は615人。
「無届け介護ハウス」かどうかを見分けるには? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
老人ホームはそれよりもっと複雑! 急に介護度が上がりバタバタしながら施設を探していたら、それらしい説明をされたし大丈夫かな、と思ってしまう人がいてもおかしくないでしょう。また、こうした届出制度や施設区分があるということを教えてもらえる機会のない人もたくさんいる ...
理研がアルツハイマー型認知症を進行させるバイセクト糖鎖発見。治療薬に期待. 2015年1月20日. アルツハイマー病治療薬の候補に. 理化学研究所は15日、「バイセクト糖鎖」と呼ばれるタンパク質と糖が鎖状に結合した修飾が、アルツハイマー病の進行に重大な役割を果たして ...
佐藤 “真にオリンピックとパラリンピックが一つになること”が最大の目標です.そのためにも,パラリンピックもオリンピックのように満員の会場で迎えることが大切で,ハード面だけではなく,ソフト面,つまり“心のバリアフリー”も行っていくべきだと思います. 横倉 まだ社会的にある心 ...
介護報酬引き下げで現場に危機感 離職、サービス低下、倒産も - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービス提供事業者に支払われる報酬が2015年度から、引き下げられることになり、福井県内の事業所からはサービス低下を懸念する声が上がっている。国は介護職員の処遇改善に充てる報酬は増やす方針だが、事業者にとっては大幅な減収が見込まれるため、実現を ...
《739》 見捨てられると思い、後を追う - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一般にアルツハイマー病、レビー小体型認知症、血管性認知症の方は夕暮れ時から夜にかけて一番不安感が強まるようです。だいたいの時間がわかれば、その時はほかの仕事は後回しにして、まずはゆっくり二人でお茶を飲むなどして、心の安定を図ってみてはいかがでしょ ...
無届け介護ハウス 「実情に応じ指導を」 - NHK (媒体での記事掲載終了)
法律で義務づけられた届け出を行わないまま空き家やマンションなどで高齢者に介護サービスを提供する有料老人ホーム=「無届け介護ハウス」が、自治体が把握している以上に東京都内にあることがNHKの取材で明らかになったことについて、塩崎厚生労働大臣は実態の把握 ...
愛西市 高齢者福祉計画素案まとめる - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
【愛西】愛西市は、第6期介護保険事業計画・高齢者福祉計画の素案をとりまとめた。計画期間は2015年度から17年度まで。 25年度をめどに地域の包括的な支援・サービス提供体制の構築を推進していくため、現行計画の達成状況や課題を分析し、高齢者福祉施策を見直した。
これは団塊の世代が75歳以上となる25年を目途に、重度の要介護状態となっても住み慣れた自宅や地域で暮らせるような、医療・介護・予防・生活支援・住まいの5つのサービスをおおむね30分以内の日常生活圏域に置き、これを「単位」として一体的に提供する枠組み。30年 ...
人間で言うと70代半ば、16歳になる雄の「ケイゾウ」はほぼ寝たきり。自力での排尿が困難なため、1日3回、スタッフが尿道にカテーテルを入れて注射器で吸い出す。自力では立てず、ハーネスを胴部2カ所にかけて持ち上げるように散歩させる。人間同様、介護の現場は体力 ...
ともに 災害弱者の20年② 高齢者守る広域連携 介護士ら、民間でチーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本認知症グループホーム協会に助けを求めた。 震災1週間後、石川県の看護師や介護士ら6人が到着。約3カ月間、全国から1週間交代で応援が来た。高齢者にゆっくり話しかける応援スタッフの様子に、職員も少しずつ落ち着きを取り戻した。 2カ月後、ひまわりは震災当日に ...
認知症と運転 検査の厳格化は必要だが - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
現行法でも、75歳以上には3年ごとの免許更新時に認知機能検査がある。ところが検査で認知症の疑いが指摘されても、その後に信号無視などの違反がなければ医師の診断は必要とされない。認知症が疑われる場合でも、実際に免許の停止や取り消しになる人はかなり限られ ...
テレビユー福島、データ放送を活用した「お買いもの支援サービス」を実証実験 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
インターネットでの買い物は高齢者にとってハードルが高いのに対して、使い慣れたテレビを介したデータ放送がその代用になると期待されます。ちなみに、今回の実証実験における注文画面と専用リモコンは、バリアフリーデザインの専門家のアドバイスにより開発したもので、直観 ...
開催中は多くの人や車の来訪が予想され、すでに環境への配慮と全ての人に優しいまちづくりに向けた整備を進めている。2015年度予算では、会場周辺道路のバリアフリーや無電柱化などの環境整備工事を実施する。また、国家戦略特区の指定を受け、旅館業法の規制緩和を受けることに ... 新たな施設では ...
とくに認知症の初期症状などは離れていると分かりづらいこともあり、早期治療のためにも早めの配慮が必要だ。 高齢者生活福祉研究所 所長の加島守氏も、前回の帰省の際と状況を比較し、親の暮らしぶりに改めて目を配る必要性を述べている。 物忘れや味付けの変化などの ...
遺言で、相続人の認知症に備える相続が起きた際、万が一、相続人が認知症等で意思能力のない状態になってしまっていたら、発症以前に遺産分割方針(例えば、「子に多く相続させる」等)への同意が取れていたとしても、遺言がない場合、原則として意思能力のない相続人へ、 ...
ハートステーション、介護リフォームに特化 創...(専門工事店) - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
ハートステーションは東京都練馬区、清瀬市などをエリアとする介護リフォーム専門店。2001年7月の創業以来、2000件以上の実績を持つ。高田修社長は福祉住環境コーディネーター1級の資格を取得。高齢者の暮らしに寄り添ったバリアフリーリフォームを手掛けている。
認知症と運転 「加害者にしない」急務 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
車で高速道路を逆走する。ブレーキとアクセルを踏み間違えて衝突する―。認知症の高齢者による悲惨な交通事故が全国で相次いでいる。事故後、病気と判明するケースも少なくない。 運転免許保有率が7割という車社会だ。高齢化は今後さらに進み、10年後は認知症の人 ...
2015年01月19日()
こちらはビッグイシュー・オンラインにも転載した内容なのですが、ぜひとも多くの方に読んでもらいたいので転載します。 先日、「山友会」の油井和徳さんにご案内いただき、山谷地域をご案内いただきました。 山谷(さんや)とは? 1024px Budget hotels in San ya district in Tokyo ...
社説[介護職員不足]待遇改善 確かなものに - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
専門職である介護職員の賃金増の道筋が示されたことは評価したい。ただし「仕事のわりに賃金が低い」という声を払拭(ふっしょく)できるほどの額ではない。さらには同じ介護施設で働く看護師や調理師などは加算の対象外で、労働環境を含め待遇改善がどこまで進むかは見え ...
認知症が犯罪行為につながることも、タイプにより犯罪の種類に相違点、有力医学誌で報告 - Medエッジ (媒体での記事掲載終了)
545人は日本でも認知症の大部分を占める「アルツハイマー病」、171人は若い人で多く、人格的な障害が現れる「前頭側頭型認知症」、89人は前頭側頭型認知症の1つの方で物の意味が理解できなくなる「意味性認知症」、30人は遺伝性の病気で動きに異常の起きる「 ...
認知症女性から164万円詐取容疑 名古屋・南署が男を再逮捕 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
再逮捕容疑では、詐欺目的で岐阜県大垣市の無職女性(80)宅に電話をかけたところ、女性が認知症だと気付き、昨年11月4日ごろ、女性に金融機関の預金口座から100万円を引き出させた上、女性宅近くでだまし取った。さらに同月6日ごろ、再び女性宅を訪れ、家にあった64 ...
【認知症と事故】高齢者の命を守るために - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了)
ただし、認知症の疑いがあると判断された場合でも、その後違反をしない限りは医師の診断を受ける必要はなかった。警察庁によると、2013年中に疑いがあるとされた約3万5千人のうち、診断を受けたのは1・5%程度にとどまる。ほとんどはそのまま運転を続けている可能性が ...
三重県は、若年性認知症に特化したカフェ「平成26年度若年性認知症カフェ」を、1月から、鈴鹿市や津市など三重県内にて開催する。 若年性認知症の人とその家族、専門職など誰もが参加できるカフェ。三重県内で初の取り組みとなる。 「若年性認知症カフェ」について. 1回目の ...
介護大手メッセージ、従業員の時給一定額保証 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
メッセージ 要介護者の自宅を訪問し、介護サービスなどにあたるスタッフの時給を稼働時間や移動時間にかかわらず一定額保証する取り組みを始める。日によって訪問件数が異なり収入が安定しない課題に対応し、採用をしやすくする狙い。すでに新たな働き方での採用活動を ...
介護職 25年度には30万人不足 (媒体での記事掲載終了)
綜合警備保障、アズビルの介護子会社を買収 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
首都圏に訪問介護サービスなど約30カ所の事業所を持つ。ALSOKは介護サービス会社の買収で、家庭向け警備サービスの契約者やその家族が介護が必要になった場合でも、自社でサービスを提供する体制を整える。 「アズビルあんしんケアサポート」(東京・大田)の全株式を ...
15) お別れ、それぞれの道 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護老人保健施設(老健)「うらら」(戸塚区)だ。老健は、病院から自宅へ橋渡しする「中間施設」。報酬面でも、看取るより在宅復帰させた方が、メリットが大きい。担当者は「また看取りをしたい、という気持ちもあるのだが、経験した職員も少なくなり、一歩を踏み出せないでいる」と ...
軽量で折りたためるペットカート ベビー用品製造のノウハウ生かし開発 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
ワクチン接種前の子犬の時の夏場の外出、高齢となり足腰の弱くなってからの散歩などまで長期間に渡って使える。ベビー用品メーカーとして培ってきた技術とノウハウで押しやすい構造になっている。さらにキャリーごと三つ折りに出来るため、外出先の置き場所や収納スペースに ...
TOCOLがオフィシャルWebサイトにUD(ユニバーサルデザイン)フォントを採用 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザインを標榜するTOCOLが、Webサイトに採用したUDフォントはUCDAとイワタ、電通が共同開発した「みんなの文字」。 その特徴は・小さくても見やすい・長文時の可読性が高い・英数字の見分けがつきやすい・老眼・白内障・高齢の方も読みやすいなどだ。
14) 介護と看護、探る連携 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
利用者に最も近い介護職員がケアしやすい環境をつくることが、看護師の役割と考えたからだ。まっさきに取り組んだのが、介護職員への ... 施設サービスマネジャーの塚本真波さん(49)は「介護と看護の連携は良くなった」と話す。ただ、一方でいまだに葛藤があるという。
全国で総菜宅配サービスを展開するヨシケイグループの本部、ヨシケイ開発株式会社(本社:静岡県静岡市、代表:林 雅広)は、同社で販売しているグループホームやケアハウス等の高齢者施設向けサービス「ヨシケイキッチン」において、2015年2月より新たな商品『超簡単おかず』 ...
今を生きる 寄り添う介護 誓い努力 利用者の声励みに 准看護師資格取得目指す - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
病気の専門知識があれば、利用者に親身になって不安に寄り添う介護ができるのではないかと考えた。「自分を育ててくれた利用者が穏やかな毎日を送れるよう、一から福祉の知識を学び直したい」。震災時のあの一言に背中を押され、職場の応援もあって進学を決意した。
介護の現場の一部で、「老健わたり」と呼ばれる高齢者がいる。自宅で暮らすのは難しく、特別養護老人ホーム(特養)にも入れない。仕方なく介護老人保健施設(老健)を渡り歩く人たちだ。 東京23区内に住む女性(91)は2008年に背中を痛め、歩けなくなった。それから3カ所の ...
その内訳は、医療保険等給付分18兆3360億円、後期高齢者医療給付分12兆2533億円、患者等負担分5兆85億円、感染症や難病などに適用される公費負担医療給付分2兆7931億円、70歳以上の自己負担割合の軽減特例措置1941億円で、患者等負担分がわずかに減った以外はすべての項目で前年度を ...
《738》 少しずつ離れる対応 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そして、介護者の姿が見えなくなると不安になって徘徊(はいかい)に至ってしまうこともあるため、介護者の方からの「近所へ外出すらしにくい」といった訴えをしばしば耳にします。 こういった「つきまとい」に対しては、いったいどのような対応をすれば良いのでしょうか。 つきまといに ...
昨年度から新たに、一人暮らしや寝たきりの高齢者宅を訪問し、交流を深める体験活動も始めた。昨年12月には、児童46人がグループに分かれ、民生児童委員、社協の担当者らとともに、高齢者宅35軒を訪問した。 訪問は、見守り活動も兼ねている。児童が地域の高齢者の ...
「笑顔を支えるプロになろう!」介護の仕事を伝える訪問講座から見えた「今」伝えるべきこととは? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
【高橋】「福祉の仕事をぜひやってください!」でなはく、選択肢を広げることのお手伝いなんですね。知らないことは選べないですから。それと“身近に感じること”を大切にしているので、特に思うのですが、福祉や介護の言葉や制度は難し過ぎませんか?「特養」「老健」は私たちには ...
アルツハイマー病は「アミロイドベータ」が脳に凝集し、そののち過剰リン酸化されたタウが蓄積、神経細胞が徐々に死に至ることで認知症を発症することが知られている。 今までアミロイドベータの除去を促す薬の開発が進められてきたが、アルツハイマー病病理の出現は早く、 ...
テーマは「医療・介護政策の方向性と事業展開について」で、医療や介護分野の経営者や病院関係者ら約100人が参加。3部構成の1部では、川原経営総合センター(東京都中央区)病院コンサルティング部門統括の斎藤新吉さんが、医療法人に贈与税が課される仕組みなどを ...
2015年01月18日()
「老健わたり」特養に入れず転々 退所判断3カ月ごと - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
それから3カ所の老健を転々としてきた。 ふりだしは病院の紹介で入った埼玉県の老健だった。「特養とちがい、終身いられる施設ではありません。医師が3カ月ごとに退所の判断をします」。入る前にそう言われた。 車いすから立つ訓練などを受け、半年たったときに退所を求め ...
厚労省で「外国人介護人材受入れのあり方に関する検討会」が開かれています。この検討会は、6月に閣議決定された「日本再興戦略」の具体化を図るために設けられたものです。外国人介護人材については、すでにEPA(経済連携協定)などに基づいた受入れが行われています ...
「老健わたり」特養に入れず転々 退所判断3カ月ごと - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
介護の現場の一部で、「老健わたり」と呼ばれる高齢者がいる。自宅で暮らすのは難しく、特別養護老人ホーム(特養)にも入れない。仕方なく介護老人保健施設(老健)を渡り歩く人たちだ。 東京23区内に住む女性(91)は2008年に背中を痛め、歩けなくなった。それから3カ所の ...
ともに 災害弱者の20年① 試行錯誤の福祉避難所 迅速な誘導へ「事前ルールを」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市の保健師らが地域の避難所を回ると、狭いスペースで寝起きするうち立ち上がるのも難しくなったり、認知症が進んだりした高齢者がいた。福祉避難所に誘導し、13人が最長約2カ月、過ごした。 ただ、開設は1カ所。自宅から遠いなどで入らなかった人もいた。現在は特別養護 ...
要介護度「高い方が得」に潜む落とし穴 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
枝葉の節約もいいが、男なら太い幹の「構造」を知り、改善を考えるべし――。労働組合シンクタンクの生活経済研究所長野の事務局長を務める塚原哲氏が、アッパーミドル層の男性を対象に「骨太」の家計改善法を伝授…
《1734》 東洋医学は右脳の医学? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
私は駆け出しの開業医ですが在宅医療も行っており、現在10人ほどがんの末期であるとか、寝たきりであるとか、そういう患者さんを受け持ち、訪問診療しています。その中で感じた ... このような例は、高齢であるからかもしれませんけれども、現実にはあります。末期状態とは ...
《737》 遠距離、地域に委ねる決意 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松本診療所ものわすれクリニックの松本一生院長(元大阪人間科学大学教授)は、遠距離にも関わらずケアがうまく続けられた事例のポイントについて以下のように言及しております(朝田 隆編集:認知症診療の実践テクニック─患者・家族にどう向き合うか 医学書院, 東京, 2011 ...
為末 はい,超高齢社会の進行や,医療費の膨張など,社会の問題をどうやって解決するか,スポーツを手段として社会に貢献したいという思いを強く持っています。 小林 私が,スポーツを切り口 .... 寝たきりや要介護の予防に,大変効果的と思います。 為末 さらに運動の後は茶話 ...
回復期リハへの転院できる期間【研修最前線】 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
次に療養病床への転院。ただしこれらの施設は多いものの、待機時間の問題もあり、緩和ケア病棟や施設へ、直接当院から退院される方は非常に少なくなっています。目的の施設や病院に転院できるまでの間、別の病院でワンクッション転院となることもあります。こうした点は ...
御坊市議選に審判下る 松屋氏(新人)トップ当選で雪辱果たす - 紀州新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後の抱負として(1)高齢者の安全、安心を守り、障害者のバリアフリー化を推進(2)自主防災組織の強化と避難訓練の充実(3)周辺町と連携した新たな観光ルートの発掘(4)地元特産品のブランド化を推進(5)企業誘致-を挙げ「常に市民目線に立ち、活気あるまちづくりに ...
積水化学工業が千葉県のヘルシーサービスを買収 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
積水化学工業(大阪市北区)は2014年12月5日、千葉県を中心に神奈川県、埼玉県、宮城県でグループホーム14カ所、小規模多機能型居宅介護事業所9カ所などを展開するヘルシーサービス(千葉市美浜区)の全株式を取得したと発表した。買収額は非公表。 「セキスイハイム」などを展開する同社の住宅カンパ ...
2013年の免許更新時の検査において、「認知症のおそれがある」1分類と診断されたのは約3万5,000人。そのうち、検査後に医師の診断書を提出したのは524人で全体のわずか1.5%。診察により認知症と診断され、運転免許が取り消しや停止処分となったのは118人だった。
介護現場「賃金に不満」が7割 (媒体での記事掲載終了)
どう防ぐ、高齢運転者の事故 警察庁は認知症検査を強化 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
記憶力や判断力が低下し、交通事故を起こす恐れのあるお年寄りに車から降りてもらうにはどうしたらいいか。警察庁が導いた答えは認知症検査(認知機能検査)の強化だった。だが、車がくらしの「足」になっている地域もある。模索は始まったばかりだ。 7日未明、東京都板橋区 ...
認知症になっても自分らしく - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症になっても自分らしく暮らせる地域づくりをテーマに、新潟日報みらい大学が18日、新潟市中央区の新潟ユニゾンプラザで開かれた。本紙生活面で掲載中の漫画「続・ペコロスの母に会いに行く」の作者岡野雄一さん(65)=長崎市在住=によるトークショーなどがあり、 ...
行政未把握 「無届け介護ハウス」急増 - NHK (媒体での記事掲載終了)
事業者の8割近くは自治体や医療機関から高齢者を紹介されていて、特別養護老人ホームなどの介護施設が不足するなか、届け出を出していないいわば「違法状態」となっている施設が、1人暮らしや所得が低く行き場をなくした高齢者の受け皿になっている実態が浮き彫りになり ...
介護現場「賃金に不満」7割 労組調査、待遇改善が課題 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の現場で働く人の賃金は上がる傾向にあるものの、約7割はなお金額に不満を持っている。そんな調査結果を、労働組合「日本介護クラフトユニオン」(組合員約6万7千人)がまとめた。他業種に比べて水準が低く、同ユニオンは今年の春闘で月1万円以上の引き上げを求める ...
高齢者、障がい者への対応力や、ホスピタリティに関するシンポジウム開催 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
ベストセラー作家である高野 登氏、ユニバーサルデザイン化活動に力を入れる、京王プラザホテルの城所 明未氏、また全国で障がい者や高齢者への接客研修を行う垣内 俊哉氏の3名を迎え、セミナーを行う。 【シンポジウム開催概要】 日時 : 2015年1月28日(水) 13:00~15: ...
認知症予防に効果あり?その「ときめき」、大切にしてください - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
病は気からと言いますが、「笑い」が健康に一定の効果があるという説は有名ですね。医学的にも「笑う事でがん細胞やウイルスを攻撃する免疫力型が高まり、さらに血行促進や自律神経が整う」というデータが得られています(参考:神奈川県予防医学協会より)。また、大阪府では ...
穴吹工務店は、中心市街地に同社のマンションが多い一方、住宅型有料老人ホームが少なく、今後、入居者や周辺住民の住み替え需要が高まっていくと判断。グループ会社が高齢者向けマンションの設計や建設を受注したノウハウも生かせるとして参入を決めた。
認知症高齢者への接し方、寸劇に 京都・丹後の民生委員ら - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
徘徊(はいかい)による事故を防ぐ地域の見守りに役立ててもらおうと企画。メンバーたちが実例を基に、認知症高齢者に多い言動と適切な対応例を脚本にまとめ、昨年11月、京都府宮津市で行われた認知症がテーマのシンポジウム会場で初めて演じた。 寸劇は、「道が分から ...
2015年01月17日()
認知症患者のケアについて考える公開講演会が17日、愛媛県松山市湊町5丁目のいよてつ高島屋であり、県内外の医師2人が認知症の基礎知識や周囲の向き合い方を解説した。 在宅医療に力を入れる同市の医療法人ゆうの森が主催し、市民ら約300人が参加した。在宅医 ...
三田・富士小で児童受講 認知症サポーターに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【伊藤武】 認知症の人との接し方などを学ぶ養成講座が13日、三田市立富士小学校であった。5年生ら約60人が受講し、「認知症サポーター」の証しになるオレンジ色のリングを受け取った。 厚生労働省が2005年度から始めた「認知症サポーターキャラバン」の一環。養成講座を ...
[認知症対策] 検査拡大で事故抑止を - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者による交通事故を防止するため、警察庁は75歳以上のドライバーが対象となっている認知機能検査の厳格化を柱とした道交法改正案をまとめた。今月召集される通常国会に提出する。 改正案では、免許更新時の認知機能検査で認知症の疑いがあると判断された場合、 ...
在宅医療・介護、連携進む 自治体や医師会、県内15拠点 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
住み慣れた場所で医療や介護サービスを受けられるよう、自治体や地域の医師会が中心となって在宅医療・介護の連携拠点づくりが県内15カ所で進められている。高齢化がピークを迎える「2025年問題」に備え、情報通信技術(ICT)を活用して患者情報を共有する動きや業種を ...
73歳息子、母親を殺害容疑 「介護で将来不安に」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大垣署によると、実松容疑者は17日午前7時10分ごろ、自宅で同居する母の美代子さん(98)の首を手で絞め、殺した疑いがある。午前8時ごろ、介護ヘルパーの女性(46)が訪問。実松容疑者が「母親の首を絞めてしまった」と話し、女性に促されて自ら110番通報したという。
さらに大きな波紋を呼びそうなのが、4月に予定されている「特別養護老人ホーム」通称特養の入居条件の改定だ。現在、特養は全国に7752カ所あり、入居している高齢者は全国で約47万人、入居 ... 中でも、住宅大手のパナホームは、サ高住をはじめ、高齢者住宅・施設に力をいれているメーカーとして、これまで ...
認知症?の82歳男性乗用車が東北道「逆走」11キロ 「理髪店に行く途中…」 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県警高速隊によると、通報を受けた同隊のパトカーが車を停止させ、同区間を一時通行止めにして羽生ICまで先導。巻き込まれた車はなく、けが人もなかった。男性には認知症の疑いがあり「理髪店に行く途中だった」と話しているといい、同隊が詳しい経緯を調べている。
大幅に変わる日本の「介護」。安心して暮らせる未来はどこに? - エコノミックニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
さらに大きな波紋を呼びそうなのが、4月に予定されている「特別養護老人ホーム」通称特養の入居条件の改定だ。現在、特養は全国に7752カ所あり、入居している高齢者は全国で約47万人、入居 ... 中でも、住宅大手のパナホームは、サ高住をはじめ、高齢者住宅・施設に力をいれているメーカーとして、これまで ...
ペットの高齢化も進行中 老犬ホームや終身介護施設が増える - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
そして注目されるのが、ペットの介護事業だ。高齢になったペットの介護をする老人ホームならぬ老犬ホームが増えている。東京都江戸川区の「ペットケアサービスLet's 」では高齢犬を1日預かるデイケア(小型犬の場合、4320円~)や認知症を防ぐための脳トレなどを行っている。
《736》 思いに寄り添う言葉を - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
五島シズさんは、「認知症介護相談」を続けられており、「私の経験が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです」と述べておられます(五島シズ:愛をこめて─認知症のケア 看護の科学社, 東京, 2008, 著者プロフィール)。 この著書の付録として「認知症介護相談」に寄せられた質問・ ...
いわきの仮設でスタート 楢葉町の高齢者介 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
いわき市の仮設住宅に避難している楢葉町民の心と体を癒やす「介護美容ケア」は13日、いわき市中央台飯野の飯野仮設住宅を振り出しに始まった。 楢葉町が、エステ事業を展開する耐南商事(本社、会津若松市)と契約を結んで高齢の住民を対象に実施する。 同商事介護 ...
「生きにくさに気づけ」 弁護士と社会福祉士が罪に問われた障害者を支援 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
神奈川県内のグループホーム(GH)で暮らす、知的障害のある太郎さん(仮名・29)はこう振り返る。 親とのいさかい ... 法務省の有識者検討会は14年6月、高齢者や障害者の司法アクセス権強化を提言し、公明党は同12月の衆院選公約に同様の記述を盛り込んだ。 神奈川県 ...
いわきの仮設でスタート 楢葉町の高齢者介護美容ケア - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
いわき市の仮設住宅に避難している楢葉町民の心と体を癒やす「介護美容ケア」は13日、いわき市中央台飯野の飯野仮設住宅を振り出しに始まった。 楢葉町が、エステ事業を展開する耐南商事(本社、会津若松市)と契約を結んで高齢の住民を対象に実施する。同商事介護美容 ...
清峰高生と高齢者が交流会 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
北松佐々町の清峰高(井上龍二校長、589人)で福祉を学ぶ生徒が高齢者と触れ合う「佐々町生きがい教室in清峰」が16日、同町総合福祉センターであり、3年生7人と地域住民約30人が体操や音楽、ゲームを通じて交流した。 同校では卒業後の進路目標に応じ、2年次から「 ...
2015年01月16日()
認知症の公開講座 問題と解決策探る - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
矢板市矢板の市文化会館で十七日、公開講座「地域で支え合う-認知症に優しい社会を目指して」が開かれる。 在宅医療や高齢者の居場所づくりを目指し、講演会や勉強会を開いている市民団体「やいた医療・福祉ネットワーク」の主催。 認知症の人を家族に持つ人などが運営 ...
保育士・介護職員の処遇改善 都が人材確保支援 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都は保育事業者による保育士の処遇改善を支援するため、二〇一五年度予算案に、国の制度に上乗せする形で保育士の月給が平均三万円上がるようにする新たな補助制度を盛り込んだ。保育士を辞めた四人に一人が給料の安さを理由に挙げており、給料の改善で離職 ...
介護職不足 特養急増、薄い人手 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
原因は介護職員の不足だ。 70人ほどの職員が必要だったが、50人ほどしか集まっていない。若い人のなり手が少なく、新卒採用ができなかった。 50歳以上の中高年の応募は多かったため、施設長は「60歳以上でも採用した」という。だが、介護職の経験者が3割ほどしかおら ...
東北福祉大の全学生が認知症サポーターに - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人を地域で支えようと東北福祉大(仙台市青葉区)は新年度、全学部生を「認知症サポーター」として育成する取り組みを始める。全国の大学でも珍しい試み。将来、予想される認知症を患った高齢者の増加に備え、介護施設だけでなく、見守りなどで地域社会にも貢献 ...
脳卒中、がん、認知症を防ぐコツ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
1日15分で健康や医療情報がよくわかる人気番組で長年キャスターを務める久田さん。この講演会では、これまで番組で出会った第一線で活躍する専門医たちの話や取材経験をもとに、「病気の予防につながる生活とは」というテーマで語る。脳卒中やがん、認知症を遠ざけるため ...
最近のケアマネージャー事情 終活相談もお仕事の1つ? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
利用者が介護生活をスタートした時から、ケアプランの作成や定期的なケアプランの見直し、家族へのサポート、場合によっては終活相談まで行っていたケアマネージャー。担当する利用者が最期を迎えた時、それは自分の役割が終わる時、とも言えます。ですが、実に7割のケア ...
ユニバーサルデザインの「スマイルパートナー」. 同社は、2001年から高齢者施設や病院などに向けて、車いすでの使い勝手に配慮した「車いす対応洗面」を展開している。近年の高齢化社会がすすむなか、さまざまな高齢者施設や病院で支持を得て「車いす対応洗面」の採用が ...
最新炊飯器の開発者 原点回帰で釜炊き修業し「釜仙人」に - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
炊飯器も少子高齢化を反映して“高額・高機能・小容量”が、ここ10年ほどのトレンドとなっています。小さなお子さんのいる家庭などでは、ごはん ... 大ヒットとなりました」(東芝ホームテクノ・家電事業統括部・家電商品企画部・川元順子さん)。 その後も同社は、ごはんがこびりつかない「 ... このかまどで炊いたご ...
緩和ケア病棟新設へ - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
病床数は180床を維持する。高度専門医療を担う県央基幹病院を退院した患者を受け入れる後方病院と位置付け、150ある一般病床を100床に減らした分、療養病床を30床から50床に増やし、緩和ケア病床も新たに30床設ける。 県病院局の三林康弘業務課長は「地域に ...
国際医療福祉大・武藤教授「在宅高齢者の薬使用評価を」‐後発品使用、20年度80%に - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
国際医療福祉大学大学院の武藤正樹教授は12日、横浜市内で講演し、薬局薬剤師の課題に言及。在宅高齢者における薬剤使用評価(MUE)を行っていくことが必要と強調。在宅で高齢者向け不適切医薬品リスト「ビアーズ基準」を用いた評価を先行して実施すべきとの考えを ...
《735》 できるだけ同じ立場で - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本大学文理学部心理学科の長嶋紀一教授の著書『認知症介護の基本』の第四章「認知症の人とのコミュニケーション」(中央法規, 東京, 2008, pp95-115)において、認知症ケアアドバイザーの五島シズさん(全国高齢者ケア協会監事、認知症介護研究・研修東京センター客員 ...
国際医療福祉大・武藤教授「在宅高齢者の薬使用評価を」―後発品使用、20年度80%に - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本病院薬剤師会会長の北田光一氏は1日、京都市内で開かれた近畿ブロック会議に出席し、病棟薬剤業務実施加算の療養病床・精神病棟における4週間制限の緩和が、今春の診療報酬改定案に盛り込まれたことを評価した。中央社会保険医療協議会で具体的な数値が示さ ...
健康状態を分類するための世界共通の基準として、世界保健機関が活用を呼びかけているICF。 基本的な要素と、それに影響を及ぼす要因によって健康状態を客観的に分類し、どうすればよりよい生活が送れるようになるのかを当人やその家族、介護、医療分野などの専門職を ...
介護報酬カット許さん 全老健、緊急全国集会 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
2015年度介護報酬改定の引き下げ阻止に向け、介護団体の動きが年末から加速している。全国老人保健施設協会(全老健、東憲太郎会長)は12月24日、介護従事者の処遇改善が可能な改定を求める要望書を142万筆の署名とともに安倍晋三首相や関係大臣に提出。1月8 ...
アピタルトップ > ニュース > 運転者の認知症検査強化 75歳以上、疑い例は診断義務 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
警察庁は15日、75歳以上の運転免許保有者に対する「認知機能検査」で認知症の恐れがわかった全ての人に、医師の診断を義務づける方針を固めた。これまでは特定の交通違反をした人に限っていた。検査も3年に一度の免許更新時だけでなく、特定の違反をした時も課す ...
2015年01月15日()
2014年10月、日本で初めて、全国規模の認知症の人によって構成された組織「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がった。共同代表を務める佐藤雅彦さん、中村成信さん、藤田和子さんは、いずれも認知症の当事者としての経験を全国で講演されている方々で、その後、 ...
65歳以上の高齢者人口は3186万人、総人口に占める割合は過去最高の25%で4人に1人が高齢者となった(2013年9月25日現在・総務省統計局調べ)。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると2035年には33.4%となり、3人に1人が高齢者になると見込まれている ...
介護報酬下げ 現場が崩壊しかねない - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職員の人手不足は深刻化している。最大の要因は賃金の低さだ。常勤のホームヘルパー、施設職員の平均月収は全産業平均よりも約十万円低い。人手が足りないため過酷な勤務状況にならざるを得ず、離職率も高い。昨年十一月時点で介護関係職種の有効求人倍率は ...
逆走など75歳以上運転者 認知症チェック強化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
逆走事故では、事後に認知症と分かったケースが一割以上を占めており、急激に認知機能が低下することもある高齢者の状況把握が課題となっていた。警察庁の担当者は「リスクが高い運転者の存在をタイムリーにつかみ、増加傾向が深刻な高齢者の事故を防ぎたい」としている ...
NTT、ダイバシティ・ナビゲーションの実現に向け東京駅周辺での実証実験に参画 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
NTTは、車椅子に付けた加速度センサなどから、段差や移動軌跡などの情報を取得・解析し、車椅子やベビーカー、歩行者などの移動を支援する「ソーシャル・バリアフリーマップ」を作成。また、画像認識技術を用いて、スマートフォンで看板など周辺を撮影することで、現在地を ...
2014年10月、日本で初めて、全国規模の認知症の人によって構成された組織「日本認知症ワーキンググループ」が立ち上がった。共同代表を務める佐藤雅彦さん、中村成信さん、藤田和子さんは、いずれも認知症の当事者としての経験を全国で講演されている方々で、その後、 ...
家族の「最期」どう看取る? 24日に糸島、在宅ホスピスを語る会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
あなたは家族の「最期」をどう看取(みと)りますか――。こんなテーマで「在宅ホスピスを語る会in糸島」が24日、糸島市浦志の糸島医師会病院で開かれる。団塊世代の高齢化に伴う「2025年問題」が言われる中、親の「最期の時間」を家で迎えることを選んだ二つの家族とそれを ...
認知症専門医 17市町でゼロ 栃木県、要件緩和し独自対応へ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の早期診断と早期対応に向けて、2018年度までに全市町村に設置しなければならない「認知症初期集中支援チーム」に必要な専門医が県内全25市町中、足利、小山など17市町で不在であることが15日、県の14年11月末時点の調査で分かった。多くの市町が支援 ...
音声つぶやきによる介護サービスの可視化と改善 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
看護・介護における行動型サービスを支援するシステムを「問題解決型サービス科学研究開発」プログラムにおける産学連携プロジェクトで開発した.本論文では,プロジェクトの概要と成果の1つである介護サービス可視化・評価システムを説明し,実際の介護施設で試行評価した ...
高齢者の事故防止急ぐ 運転、認知機能を厳格審査へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症対策が注目されるなか、高齢者の交通事故防止は急務だ。徘徊(はいかい)する高齢者が事故に遭うのに加え、車を運転して事故を起こすケースも増えている。75歳以上のドライバーを厳格に審査する今回の道交法改正案は「高齢者が被害者にも加害者にもなる事態」( ...
都知事 “介護”待遇改善へ独自手当の方針 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
舛添知事はBS日テレの番組に出演し、このように述べ、介護職員の待遇の改善を図るため、東京都独自の制度を設ける方針を明らかにした。 具体的には、東京都の施設に勤務する介護職員に対して、介護スキルのレベル評価を行う「キャリア段位制度」に応じ手当を支給する ...
介護職員「25年度に30万人不足」 厚労省調べ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護に携わる職員の数は、高齢化がピークを迎える2025年度時点で30万人程度不足する見通しであることが、厚生労働省の調べでわかった。各都道府県の推計によるもので、25年度には約250万人の職員が必要だが、現状のままでは供給が追いつかない。厚労省は15年度 ...
セントラルスポーツが東京・港区の介護予防拠点を運営 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
全国で約200カ所のスポーツクラブを運営するセントラルスポーツ(東京都中央区)は、東京都港区から「介護予防総合センター『ラクっちゃ』」の管理者としての指定を受け、2014年12月22日に運営を始めた。同社は地域支援事業を積極的に展開しており、2015年度から始まる ...
地域とつながる介護の可能性は 「小規模多機能型」藤沢で16日シンポ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が自宅で生活しながら介護サービスを継続して受けられる「小規模多機能型居宅介護」をめぐり、「湘南発!若手が実践する新しい介護のカタチ。」と題する市民向けシンポジウムが十六日、藤沢市の藤沢市民会館で開かれる。地域のつながりの中で、その人らしく生きる ...
高齢者のうつ病と認知症の違いとは? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の調査によると、近年、うつ病などの精神障害の患者数が増加傾向にあるようです。うつ病とは、落ち込んだり、食欲がわかなかったり、何もやる気が起きなかったりする状態が長く続く症状のことです。日本では、100人中3~7人という割合でうつ病になった経験がある ...
認知症、連携し捜索 今治市や警察が模擬訓練 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が安心して暮らせる地域づくりを目指し、愛媛県今治市は14日、市中心部で関係機関が連携して徘徊(はいかい)者を捜索する模擬訓練を初めて実施した。 市によると、65歳以上の市民の12%に当たる約6500人が認知症という。訓練は1月から開始した「市 ...
僕が大学教授を辞めた本当の理由 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
平成26年11月末日に8年間勤務した名古屋近郊の藤田保健衛生大学病院を辞めて、12月1日から八ヶ岳の麓にある諏訪中央病院で働き始めた。大学病院は1500床を有する大病院であったが、この病院は療養病床を含めて360床である。もちろん全ての科の専門医はいない。
新たな地図技術で移動を快適に〜東京駅周辺での実証実験にNTTが参画 - クラウド Watch (媒体での記事掲載終了)
NTTは15日、車いすやベビーカーで移動する人や高齢者、訪日外国人などの身近な移動を安心・便利にする「ダイバシティ・ナビゲーション」の実現に向けた研究開発を推進すると発表した。国土交通省「東京駅周辺高精度社会プロジェクト検討会」に参画し、東京駅周辺における ...
認知症疑いで診断義務化へ 75歳以上のドライバー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
逆走事故では、事後に認知症と分かったケースが一割以上を占めており、急激に認知機能が低下することもある高齢者の状況把握が課題となっていた。警察庁の担当者は「リスクが高い運転者の存在をタイムリーにつかみ、増加傾向が深刻な高齢者の事故を防ぎたい」としている ...
国内でもいち早くユニバーサルデザイン化に取り組み活動を続ける京王プラザホテルの城所 明未氏。新たな概念であるユニバーサルマナーを提唱し、全国にて障害者や高齢者への接客研修を展開する垣内 俊哉。ソフト面のユニバーサルデザイン化の象徴とも言える3名が登壇し ...
認知症による交通事故が相次いでいることを受け、警察庁は認知症の疑いが強いと判断された75歳以上の運転者に医師の診断を義務づけることを決めた。 これまでは、75歳以上の運転者が免許更新時に受ける検査で認知症の疑いが強いと判断された場合でも、一定の交通 ...
リコージャパン、ショールームとして初めてMUD認証を取得 - PJ web news (媒体での記事掲載終了)
さらに同センターは、「メディア・ユニバーサル・デザイン(MUD)認証」をショールームとして日本で初めて取得。一般の来場者はもちろん、高齢者や障がい者、色覚の多様性を持つ方など、誰にでも情報をわかりやすく伝えるためにデザインや文字、色の使い方に配慮している。
[今週の話題]日本人の骨の脆弱化を危惧少ないCa摂取量とビタミンD不足 - Medical Tribune (登録) (媒体での記事掲載終了)
人口の急速な高齢化の進行に伴い,大腿骨近位端骨折の患者総数も増え続けている。大腿骨近位端骨折は,ほとんどの症例でなんらかの手術が行われ,術後のリハビリテーションも含めると数千億円の医療費がかかるだけでなく,この受傷とともに寝たきり状態や施設入所を ...
認知症チェック強化=75歳以上ドライバーに—道交法改正へ意見募集・警察庁 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
認知症に起因する交通事故を減らすため、警察庁は15日、75歳以上のドライバーに対するチェック体制を強化することを決めた。現在は運転免許の更新時のみ義務付けている認知機能検査を、信号無視や逆走など一定の違反をした際も臨時に実施。「認知症の恐れ」と判定され ...
東京都内の介護付き有料老人ホーム。介護職員の処遇は改善される ... 一方、高齢化による医療や介護の給付金などの「自然増」(8300億円)を抑える歳出改革は介護報酬改定で介護施設に対する4.48%の報酬減(1100億円減)や、全国健康保険協会(協会けんぽ)への補助金減額(460億円)など、削減 ...
認知症疑いの運転者に診断義務化 75歳以上、道交法改正へ - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高齢者による交通事故を減らすため、警察庁は15日、75歳以上のドライバーが対象の認知機能検査で、認知症の疑いがある1分類と判断された場合は速やかに医師の診断書の提出を義務付ける方針を固めた。道交法改正案を次期通常国会に提出する。 検査は3年ごとの ...
<後場の注目銘柄>=ロングライフHD、ホーム介護と在宅介護で成長 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
同社は、介護付き有料老人ホームと在宅介護を中心に介護事業を幅広く展開する企業。ホーム介護事業は既に入居している顧客からの紹介を中心に着実に入居者を増やし、入居室数は13年10月末564から14年10月末には591に拡大。また、在宅介護事業も既存拠点の ...
無料講演会「住宅と健康~自宅で健康的にくらすために~」開催 - 検定コム (媒体での記事掲載終了)
福祉住環境コーディネーター協会は、NPO法人 ひろしまユニバーサルデザイン推進協会が、広島県で主催する無料講演会「住宅と健康~自宅で健康的にくらすために~」の案内を公開した。 福祉住環境コーディネーター協会. 長く健康にくらせる住環境とは. 世界一の高齢化社会となる日本では、将来の医療、介 ...
東急電鉄、東横線・田園都市線・大井町線全駅にホームドア設置へ-2020年めど - シブヤ経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東急電鉄は2020年をめどに、東横線・田園都市線・大井町線の全64駅にホームドアを設置することを決定した。 高齢化などからバリアフリー整備が進む社会情勢の変化に合わせ、ホームの安全対策を「重要な課題」と位置付け、内方線付点字ブロックや非常停止ボタン、ホーム ...
認知症疑いに診断義務化 75歳以上、臨時検査も 道交法改正へ、警察庁 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者による交通事故を減らすため、警察庁は15日、75歳以上のドライバーが対象となっている認知機能検査で、認知症の疑いがある1分類と判断された場合は速やかに医師の診断書の提出を義務付ける方針を固めた。道交法改正案を次期通常国会に提出する。 検査は3年 ...
運転免許の更新時、認知症疑いあれば診断義務付けへ - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
これまでも、75歳以上の人は免許の更新の際に認知症の検査を受けていますが、ここで「疑いあり」と判定されても、信号無視などの違反がなければ医師の診断は必要ありませんでした。しかし、高齢者による逆走などの事故が相次いでいることから、警察庁は、検査で認知症の ...
警察庁は15日、75歳以上の運転免許保有者に対する「認知機能検査」で認知症の恐れがわかった全ての人に、医師の診断を義務づける方針を固めた。これまでは特定の交通違反をした人に限っていた。検査も3年に一度の免許更新時だけでなく、特定の違反をした時も課す ...
認知症疑いの運転者に診断義務化 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
高齢者による交通事故を減らすため、警察庁は15日、75歳以上のドライバーが対象の認知機能検査で、認知症の疑いがある1分類と判断された場合は速やかに医師の診断書の提出を義務付ける方針を固めた。道交法改正案を次期通常国会に提出する。 検査は3年ごとの ...
【生きる 働く 第1部】私がハタラク理由<6>認知症 社会とつながり - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
に通う認知症の人とスタッフだ。 「有償ボランティア」という形で、洗車業務を請け負う。 この日、作業を担当した青山仁さん(54)は、かつて営業で全国を飛び回り、建設作業にも携わった。3年ほど前。職場でミスが続くようになって病院を受診したところ、若年性アルツハイマー型 ...
介護疲れで病気の妻 殺害しようとした疑い - NHK (媒体での記事掲載終了)
14日に東京・町田市で、自宅で寝ている妻の布団に灯油をまいて火をつけ殺害しようとしたとして、43歳の会社員の夫が殺人未遂などの疑いで警視庁に逮捕されました。 夫は父親の介護疲れで病気になった妻の看病をしていて、「自分も一緒に死のうと思った」と供述している ...
増える特養での看取り 介護報酬の加算、後押し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【佐藤陽】 超高齢化が進み「多死社会」が迫る中、利用者の最期を看取(みと)る特別養護老人ホーム(特養)が増えている。看取りに介護報酬の加算がつくようになったことや、「自然死」や「平穏死」という概念が一般に広がってきたことなども、その動きを後押ししている。
マーケティング本部オーラルケアグループの寺西正和グループブランドマネジャーは、「2000人規模の調査で、アルコール入りの方が効きそうという人は30~50代で多いが、若者層や高齢者は刺激が強いという人が多かった」と指摘。 別の調査でも、1カ月に1回でも使用した ...
ただ政府はつぶれていくかもしれない優良な企業がないか(ブラックな所は構いませんが。(制度外ホームで「拘束介護」:ビジネスは医療をおかしくする))、そして地域の介護がどのようになるか注視して欲しいです。(とはいえ、その計画を今後全部地方自治体に委譲する予定です ...
地方創生団地を福祉の拠点に 2015年01月12日 福祉新聞編集部 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
政府は12月27日の臨時閣議で、地方創生に向けた長期ビジョンと、今後5年間の総合戦略を決定した。総合戦略には大都市圏の大規模団地を福祉拠点化する構想や、子育て世代を支えるワンストップの相談支援機関を全国展開する構想を盛り込んだ。これを受けて、地方 ...
認知症の父が要介護4になり、やっと施設に入ったときフルタイムに戻ることを考えた。だが、母は目が不自由で週3回、人工透析に通う。山田さんは介護から解放されたわけではない。「医療や介護の手続きで役所に行ったり、専門医に通う母に付き添ったり。平日に1日休みが ...
2015年01月14日()
高齢者とペット 「世話できなくなったら…」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の暮らしに張り合いや癒やしを与えてくれるペット。七十歳以上のおよそ四人に一人がペットを飼っているが、その人たちが要介護状態になった場合、動物と一緒に受け入れる施設はごくわずかだ。最期まで互いが幸せに暮らすためには、どのような支援や準備が必要な ...
国債発行額が前年度当初予算から4兆円以上減少し、6年ぶりに40兆円の大台を割り込んだことは一定の評価ができる。ただ、景気の好循環による税収増が寄与した部分が大きく、その景気循環もアベノミクスによって生み出されたのかは不明だ。 消費税増税を除いて、どれ ...
「世話できなくなったら…」 高齢者とペット - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の暮らしに張り合いや癒やしを与えてくれるペット。七十歳以上のおよそ四人に一人がペットを飼っているが、その人たちが要介護状態になった場合、動物と一緒に受け入れる施設はごくわずかだ。最期まで互いが幸せに暮らすためには、どのような支援や準備が必要な ...
「キムチ残した」保育士が女児殴る、韓国・保育園の映像に衝撃(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース (媒体での記事掲載終了)
「キムチ残した」保育士が女児殴る、韓国・保育園の映像に衝撃 TBS系(JNN) 1月14日(水)14時2分配信 韓国・仁川(インチョン)市の保育園で撮影された監視カメラの映像です。突然給食を食べていた女の子が、保育士に殴られ、床にたたきつけられました。 殴ったのは33歳の保育士で、「女の子が給食のキムチを残したことに腹をたてた」と供述。警察は、「児童虐待福祉法」違反の疑いで捜査を始めました。 韓国...
【認知症対策】当事者の視点を忘れずに - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は認知症対策を強化する新たな国家戦略案をまとめた。近く正式決定する。 案には認知症の高齢者が2025年に約700万人に達するとの推計が盛り込まれている。12年時点では約462万人いるとされており、今後も増え続けることになる。誰もが認知症と無関係ではない ...
介護サービス、収入により負担増 政府予算案【高齢者】 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
4月から変わるのは、介護保険料だ。65歳以上の全国平均はいまの月4972円から1割上がり、月5550円ほどになる見込みだ。本人の年金収入が年80万円以下で、保険料が50%軽減されて半額になっている約650万人に限り、45%の支払い(55%の軽減)となる。
アピタルトップ > ニュース > 静岡)地域支援の担い手育成へ 介護保険転換でNPO - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームの入居は原則として要介護3以上、訪問介護と通所介護(デイサービス)は市町村の事業へ――。介護保険制度が昨年6月に大きく見直され、地域が担う役割は大きくなった。しかし、肝心の地域の受け皿はほとんど準備できていない。こうした環境を変えよう ...
介護支援ロボ16年度にも発売・アイザック - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
ロボット開発「アイザック」(会津若松市)は14日、医療介護分野向けに製造中の移動・移乗ロボットの試作機を公表、2016年度の発売を目指すと発表した。同社は12年から福島県の補助金を得て、前向きに乗り込むことでベッドの乗り降りと移動が楽になるロボットを開発する。
介護費用、どうやって用意する?もしもの時の備え方 - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者1人当たりの平均介護期間は170カ月、平均介護費用は月額20万円らしい! つまり、介護にかかる費用は総額3000万円以上ということです。 ... これらの初期費用はグループホームでは数十万円~100万円。有料老人ホームでは100~300万円と言ったところでしょうか。
獣医師が答える! 犬の介護施設、老犬ホームって? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
ペットの高齢化や、ペットを飼う高齢者が増加し、飼い主の都合によりどうしても手放さなければならない場合が増えているようです。 そういった事情や ... お散歩の時間を取り入れている所もあり、寝たきりの犬でも寝たまま外に連れ出してくれる所もあります。お散歩の時間がなくて ...
増える特養での看取り 介護報酬の加算、後押し - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
【佐藤陽】 超高齢化が進み「多死社会」が迫る中、利用者の最期を看取(みと)る特別養護老人ホーム(特養)が増えている。看取りに介護報酬の加算がつくようになったことや、「自然死」や「平穏死」という概念が一般に広がってきたことなども、その動きを後押ししている。
メタボより怖いロコモ!!新春から始めたい「100歳まで元気!寝たきりにならない簡単体操と食事法」 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
日本人の「平均寿命」はいまや世界一で男女とも80歳を超えています。この超高齢社会に向けて、100歳まで自立した生活を送っていただきたく、アクティブシニア「食と栄養」研究会が監修した「100歳まで元気!寝たきりにならない簡単体操と食事法」新刊本が(株)池田書店(新宿 ...
高齢者の転倒骨折を防ぐ腰巻きエアバッグ、ベルギーの会社が開発 - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
高齢者にとって、転倒による骨折や怪我は大きな問題だ。転倒の際に脚や腰の骨を傷めると、その後歩行が困難になり、「寝たきり」に繋がっていくケースが多いからだ。 その問題を、エアバッグの技術で解決しようとしている会社がある。
サンキ・ウエルビィは、介護スタッフのありのままの姿を見てもらうことで介護職のイメージを変えたいとし、求職者向けに「ウエルビィ女子」を発行した。 なお、作成にあたっては、社内の希望者を募り、プロジェクトチームを結成して編集会議を行った。また、社内公募によりモデル ...
地域で共生支えたい 石巻「夢みの里」 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
法人は2010年から、グループホームや障害児を受け入れる保育園などを運営。共生型施設は、小 ... 共生型施設は、子どもと触れ合うことで高齢者の日常動作が改善したり、健常者との会話で認知症患者の症状進行が抑制されたりする効用があるとされる。現状の施設規模 ...
宮古市山口5丁目の宮古山口病院(及川暁院長、405床)は13日、県地域型認知症疾患医療センターの開設式を行った。県の指定を受け、沿岸地域の中核施設として他の医療機関などと連携しながら認知症の包括的なケアを行う。 宮古地域の行政、医療関係者や同病院 ...
著者のスタンスはシンプルで、経済がグローバル化する以上、企業活動を一国の都合で縛るのは不可能であり、相対的に国家の存在感は低下することになる。その中でも「想像を絶する高齢社会」であり、累積債務の積みあがってしまった日本はもはや最低限の社会保障すら維持 ...
江東区は、2015年度と16年度に完成できる地域密着型サービスの整備・運営事業者を3月13日まで公募する。 募集するのは認知症高齢者グループホーム(2ユニット定員18人)と、小規模多機能型居宅介護か複合型サービス(登録定員25人、通い定員15人、宿泊定員5人)を ...
介護施設、口腔ケア着々 横浜の特養ホーム「若竹苑」 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
険しかった顔は明るくなり、徘徊もおさまったそうだ。 スタッフによる歯や口内の ... 県高齢社会課によると、口腔ケア実施率は県内の介護施設でも年々上がり、12年度に初めて過半数の54・2%となったが、歯科衛生士による定期ケアの実施率は4%ほど。担当してきた小島誉寿( ...
介護施設、口腔ケア着々 横浜の特養ホーム「若竹苑」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一昨年9月の入居当初は食後すぐでも「食べてない」などと言い、徘徊(はいかい)もひんぱんでスタッフを困らせていた。それが「口腔ケアを気にいって下さったようで、拒んでいた入れ歯も作り、食後のケアが習慣づいたら表情もがらりと変わりました」と泓さん。険しかった顔は ...
早期の段階から実際にICTを利用する地域市民を巻き込んで、「バリアフリー」や「ユニバーサルデザイン」を反映させたシステムのアーキテクチャを設計していく手法は、高い国際競争力の源泉となっている。このような市民参加型の電子政府で培われたICT基盤上で、健康医療、 ...
大京グループのサ高住第1号物件「かがやきの季(とき)・中野南台」竣工 - SUUMO ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
同物件は、同社と個人が共同で所有する社員寮(1991年竣工)をバリアフリー対応など、サ高住の登録基準に適合した建物にコンバージョン(改修)したもので、同社の「都市部の高齢者に新しい暮らしを提供したい」という思いと、共同所有者(個人)の「地域に貢献できる資産として ...
温泉地のバリアフリー化推進 嬉野ツアーセンター大臣表彰 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者、外国人旅行者などに、宿泊施設や商店街のバリアフリー情報を紹介したり、介助器具をレンタルしたりする。障害の有無を超えて楽しめるスポーツや音楽のイベントも企画している。本年度からは、旅行者と市内の介護事業者を仲介し、1人では入浴が難しい観光 ...
愛知県 第6期高齢者福祉計画を年度内策定 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県 第6期高齢者福祉計画を年度内策定. 2015/1/14 中部. 愛知県健康福祉部は、2014年度中に第6期高齢者健康福祉計画を策定する。介護老人福祉施設などの施設系サービスの整備目標などを盛り込む。 高齢者健康福祉計画は、老人福祉法に基づく老人福祉計画と、 ...
介護費用、どうやって用意する?もしもの時の備え方 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者1人当たりの平均介護期間は170カ月、平均介護費用は月額20万円らしい! つまり、介護にかかる費用は総額3000万円以上ということです。 ... これらの初期費用はグループホームでは数十万円~100万円。有料老人ホームでは100~300万円と言ったところでしょうか。
リリムジカインタビュー第二弾! マネジメントの秘訣 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
短期的にはそれこそ「お年寄り一人に喜んでもらう」とか、「事業所職員さんに何か一つ気づきを」とか、あとは「音楽療法士をやろうと思って食えなかった人が食えるように」とか小さな目標あるけれども、究極的に目指していることって、介護業界の事業で言えば介護業界全体を良く ...
政府は1月11日、麻生太郎財務相と塩崎恭久厚生労働相の閣僚折衝において、介護サービスの価格の基準となる介護報酬を、2015年度から2.27%引き下げることを正式に決定した。 介護報酬は9年ぶりのマイナスとなるが、介護業界や自民党の一部議員からのサービスの ...
高齢者津波から守れ 老人福祉施設協が記録誌 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災した高齢者施設の歩みをまとめた記録誌を、宮城県老人福祉施設協議会(仙台市)がまとめた。利用者が津波の犠牲になった状況や防災対応を盛り込むなど、教訓が伝わるよう工夫した。500部作製し、関係機関などに配布した。 避難の遅れもあり、県内 ...
介護保険制度施行から15年を迎え、介護人材は高齢化率に比例して順調に増加してきたが、2000年を境に、離職率が高まる傾向を見せ、高齢者人口がピークに達する2025年に向けて大きな不安を残している。人材育成と教育の現場に携わる筆者から見た「介護人材とは?
おトイレ、力んだ後が…高齢者の転倒防止、京都の医師が標語 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
寒い時期、高齢の女性が転んで足を骨折しやすいことから、京都府亀岡市の市立病院の整形外科医が転倒予防の標語を考案した。「転びにくい生活環境づくりに役立ててほしい」と期待している。 同病院の運動器疾患センター長の辻吉郎医師。市が取り組むセーフコミュニティー ...
介護現場の充実 職員確保に力を入れよ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービス事業者に支払う公定価格の介護報酬が2・27%引き下げられることが決まった。9年ぶりのマイナス改定である。 その一方で、事業者には報酬の中から介護職員1人あたりの給与を月1万2千円程度引き上げることを求める仕組みを設けた。 その結果、事業者の ...
2015年01月13日()
社会課題の解決にビッグデータを活用するデンマークの取り組み - ITmedia (媒体での記事掲載終了)
社会のICT普及率が高いデンマークでは高齢者、障がい者など様々な地域のステークホルダーが気軽に参加して一体的に活動できる場を提供する「インクルージョン」の考え方を電子政府に適用している点が特徴だ。 早期の段階から実際にICTを利用する地域市民を巻き込んで、「バリアフリー」や「ユニバーサルデ ...
介護報酬引き下げ - 宮崎日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険サービスの対価として事業者に支払われる介護報酬の2015年度改定で、2・27%の引き下げとすることが決まった。深刻な財政事情から9年ぶりのマイナス改定。しかし政府がやろうとする介護職員の「賃上げ」と、報酬引き下げの両立は難しい。国はサービスの質が ...
地域でも見守り 幸せな「別れ」に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
センター職員が高齢者宅を訪問する際、ペットの状況も把握。困った場合の相談窓口を紹介する一方、入院などに備えてペットを世話する人を事前に決めることなどを勧めている。生活衛生課の松浦和子課長は「動物も家族と考えるお年寄りは多い。関係部局が連携し、地域で ...
「かっこいい福祉」で未来は変わる? NPO法人ピープルデザイン研究所代表理事・須藤シンジさんに聞く - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者の人たちが使う車いすなどの福祉機器にまつわるイメージを一気に塗り替えるできごとが2014年11月にあった。東京・渋谷のヒカリエ ... もちろん、次男が生まれた当時から、バリアフリーやユニバーサルデザインという言葉は存在しました。しかし、莫大なコストを ...
宮内秀樹議員、アベノミクスを語る(4) - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
子どもたちは出て行って、高齢の夫婦しか住んでいない。あるいは、ご夫婦のお一人は亡くなっていたり、車いすで生活しなければいけない。生活の仕方と住居の環境がもうあわなくなってきています。もう少し駅前の利便性がいい、近くに病院や介護施設があるバリアフリー環境の ...
日本の医療制度 病院から患者を引き離そうとする動き強まる - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
2013年に成立した社会保障プログラム法で決まった通り、2014年4月から70~74歳の高齢者の窓口負担が1割から2割に引き上げられました。2015年1月には限度額を超えた医療費を補助する「高額療養費制度」の所得区分が見直され、それまで年収770万円以上の高所得者 ...
10) 「寄り添う」を大切に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者施設や特別養護老人ホームなどの勤務を経て、社会福祉協議会で地域の高齢者とかかわっていた。認知症の母井坂綾子さん(2010年 ... 寝たきりなど重度の人も受け入れたいと、08年10月に「ふれんどりぃの郷(さと)」を新たに作った。リフト付きの浴槽を備えるなど、 ...
《732》 行動のヒントで穏やかに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
文献的にも、中等度から重度のアルツハイマー型認知症患者さんを対象とした3つのランダム化二重盲検プラセボ対照試験をメタ解析した結果、メマンチンにより焦燥性興奮が改善した(認知症疾患治療ガイドライン2010 医学書院発行, 日本神経学会監修, 東京, 2010, p101)こと ...
産後、全然仕事ができなくなってしまったクリエイターの与太話 (媒体での記事掲載終了)
私は自分が手で作るものを世の中に販売して生計を立てているクリエイターである。 会社に属しているわけでもなく、クライアントから仕事をもらうわけでもないので、作り出すものを売りださなければ一銭のお金も入らない仕事である。 約4年の妊活(不妊治療)を経て、4年前に第一子、2年前に第二子を高齢出産した。初めての妊娠時、お腹の中でわりと順調に育ってくれたため、産む前日まで仕事をした。活動場所を自宅にすること...
高齢者や体の不自由な人などの入浴や排泄(はいせつ)、食事、日常生活を支援しながら機能訓練も行い、長期入居のグループホーム形式でサービスを提供する。 利用料は月額20万円と、ケアハウスを既に展開している欧州系企業の30万円よりも割安に設定。運営はタイの ...
高齢者住宅、サービス競う 大手デベロッパー本格参入 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
大京と個人が共同で所有する社員寮をバリアフリー化し、廊下の幅を広げるなどの改修工事を施した。80歳代の女性を主なターゲットとしており、2月1日から入居を開始する。 提携先のウイズネット(さいたま市大宮区)が併設する訪問介護事業所を運営。生活相談、安否確認や ...
地域支援の担い手育成へ 介護保険転換でNPO - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームの入居は原則として要介護3以上、訪問介護と通所介護(デイサービス)は市町村の事業へ――。介護保険制度が昨年6月に大きく見直され、地域が担う役割は大きくなった。しかし、肝心の地域の受け皿はほとんど準備できていない。こうした環境を変えよう ...
老年医学の「3D」 「せん妄、認知症、うつ病」の3つを鑑別する - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
77歳の男性があなたの外来に初診で来られました。家族と一緒に来たとはいうものの、診察室には患者さんだけで、「どうされましたか?」と尋ねても「娘が、『お父さんは、最近元気がないから先生に診てもらって』と言うから来た。自分では特にどこが悪いということはない」というの ...
サービス付き高齢者住宅、自治体の半数が問題視 厚労省調査 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーの住まいでスタッフが安否確認などを行う各地の「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」などを巡り、運営事業者が不要な介護保険サービスを提供したり、自社の介護サービス利用を入居の条件にしたりする事例が横行している疑いの強いことが、13日までの厚生 ...
フランスパリ近郊の都市、ボワスリー・ル・ロワにある高齢者介護福祉施設、「Village」に入居中の28人の高齢者とその家族が、フランス厚生大臣あてに、施設内で1年前から横行している虐待や、ネグレクトなどの悪待遇の様子を手紙で訴えた。 この手紙によると、2013年9月の ...
親が介護施設や有料老人ホームなど居住系サービスへ住み替えた場合に親の自宅をどうすればいいのか。住み替えのための費用や毎月の介護費用捻出のために、まず思いつくのが売却する方法である。しかし、長年住み慣れた家を手放すのには抵抗があったり、その家を子供 ...
生放送中に行方不明者を探すフジテレビの人気番組「緊急SOS なぜ あなたは消えた!?行方不明者 テレビ大捜索SP」では、1月18日(日)の放送内で、散歩中に行方不明となった82歳の認知症高齢者を探す内容で放送を行うと発表した。番組内で行方不明者の紹介などを行い ...
足腰弱い高齢者に運動は薦めづらいけど…3カ月のエクササイズで体力維持に成功 - Medエッジ (媒体での記事掲載終了)
しかし、HOPEプログラムのエクササイズを行っていたグループは、通常のケアだけを受けていたグループに比べ、足腰が弱くなって動きづらくなる人の割合が減っており、高齢者の身体に良い影響を与えている傾向が見られた。 今回の結果を基に、高齢者の生活の質向上を目指した、さらに効果的な運動プログラム ...
「認知症の時代に」 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
政府は国家戦略案を策定、全市町村に医療・介護職員による「認知症初期集中支援チーム」を設置し、看護職員を対象にした「認知症対応力向上研修」や800万人の「認知症サポーター」養成などの施策を進めるそうだ。学校でも高齢者への理解を進める教育に取り組むという。
高齢化社会が進むなか、市場拡大が期待されてきた医療・介護関連業界だが、近時は少子化や労働条件等の問題から深刻な人手不足に陥る事業者が相次ぎ、将来的な需給バランスが危ぶまれるなど課題は尽きない。利用者そして現場で働く人の両面の立場に立った政策が ...
医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査=帝国データバンク - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会が進むなか、市場拡大が期待されてきた医療・介護関連業界だが、近時は少子化や労働条件等の問題から深刻な人手不足に陥る事業者が相次ぎ、将来的な需給バランスが危ぶまれるなど課題は尽きない。利用者そして現場で働く人の両面の立場に立った政策が ...
大京グループのサービス付き高齢者向け住宅第1号 「かがやきの季 中野南台」が竣工 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
かがやきの季(とき) 中野南台」は、大京と個人が共同で所有する社員寮(1991年竣工)をバリアフリー対応など、サービス付き高齢者向け住宅の登録基準に適合した建物にコンバージョン(改修)したもので、大京の「都市部の高齢者に新しい暮らしを提供したい」という思いと、共同 ...
相続 親を介護しても多くもらえない等トラブルになる例頻発 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
父はすでに他界し、同居していた母親をほぼ1人で介護していた。妹たちは年に実家に数回来る程度。B子さんは、仕事を辞めて母の面倒を見ていた。母の死後、残った一戸建てとわずかな預貯金を3姉妹で分ける話し合いで、妹たちから「家を売って財産を3等分してほしい」と言 ...
去年の上場企業倒産件数ゼロ、介護関連は過去最悪 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
一方で、在宅介護サービスやデイサービスなどを運営する「老人福祉事業者」の倒産は45件に達し、おととしの46件に続き、2年連続で過去最悪の水準となりました。2000年の介護保険法施行をきっかけに、介護サービス関連への参入が相次ぎましたが、競争が激しくなり、経営 ...
大京グループのサービス付き高齢者向け住宅第1号 「かがやきの季 中野南台」が竣工 - デジタルPRプラットフォーム (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
かがやきの季(とき) 中野南台」は、大京と個人が共同で所有する社員寮(1991年竣工)をバリアフリー対応など、サービス付き高齢者向け住宅の登録基準に適合した建物にコンバージョン(改修)したもので、大京の「都市部の高齢者に新しい暮らしを提供したい」という思いと、共同 ...
大京グループのサービス付き高齢者向け住宅第1号 「かがやきの季 中野南台」が竣工 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
かがやきの季(とき) 中野南台」は、大京と個人が共同で所有する社員寮(1991年竣工)をバリアフリー対応など、サービス付き高齢者向け住宅の登録基準に適合した建物にコンバージョン(改修)したもので、大京の「都市部の高齢者に新しい暮らしを提供したい」という思いと、共同 ...
高齢運転者の免許更新時、認知症で18人取り消し 該当者は増加の見込み - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢運転者の免許更新時、認知症で18人取り消し 該当者 75歳以上の高齢者が運転免許を更新する際に義務付けられている講習予備検査(認知機能検査)で、認知症と診断されて免許取り消しとなった人が、2009年以降に徳島県内で18人いたことが分かった。今後も免許 ...
老々介護の親”を、遠く離れた地で暮らす娘の私は、思うように助けることができません。ミセスパンプキンが私の立場なら、これから進む道をどのように決めますか。是非お聞かせください。 夫(日本人)は研究者で、恵まれた環境を求めて私たち家族は米国に移住し10年目です。
医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査 - 帝国データバンク (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会が進むなか、市場拡大が期待されてきた医療・介護関連業界だが、近時は少子化や労働条件等の問題から深刻な人手不足に陥る事業者が相次ぎ、将来的な需給バランスが危ぶまれるなど課題は尽きない。利用者そして現場で働く人の両面の立場に立った政策が ...
仮設の高齢者癒やす 楢葉町が介護美容ケア - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
楢葉町は13日から、仮設住宅で避難生活を送る高齢の町民を対象に、手や足のマッサージを行う介護美容ケアのサービスを開始する。 12日までにエステ事業を展開する耐南商事(本社・会津若松市)と契約を結んだ。 介護美容ケアの住民サービス実施は県内自治体で初めて ...
ちゅうごくライフ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者らが自宅で介護を受けたり、医師の診察を受けたりするのは今や珍しくない。そんななか、虫歯の治療や口内の清掃といった歯科の訪問診療も広がっています。全身の機能を保つうえでも重要視される歯や口の健康。2002年から訪問診療を続ける広島県の歯科医院を ...
4階建ての特別養護老人ホーム(特養)は、真新しいホテルのような外観がひときわ目立つ。昨年、東京23区内にオープンしたばかりだ。 ところが、個室100室のうち40室がいまも使われていない。空き部屋のベッドにはマットが包装されたまま置かれていた。 一度に入居すると ...
しかし、地元工芸作家の高齢化に加え、事業主体が決まらずに白紙となった経緯がある。 土地の利活用が課題となる中、大篠津地区自治連合会が10年、健康促進施設の建設を市に提案していた。 新設する老人福祉センターは、鉄筋平屋建て、延べ床面積561平方メートル。
アピタルトップ > 各地から > 歯科診療、在宅でも 車いす・寝たきり…通えない人を対象に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【南宏美】 高齢者らが自宅で介護を受けたり、医師の診察を受けたりするのは今や珍しくない。そんななか、虫歯の治療や口内の清掃といった歯科の訪問診療も広がっています。全身の機能を保つうえでも重要視される歯や口の健康。2002年から訪問診療を続ける広島県の歯科 ...
NPO法人若年認知症サポートセンター主催で「認知症ケアに関する基礎研修」が開催される。認知症患者が地域とともに暮らして行くためにいろんな角度から理解を深める研修会となっている。 開催日は2015年3月7日、参加費は5000円(事前に申し込みが必要)。 NPO法人若年 ...
これらを地域社会という漠然としたものではなく、また、育成し得ない人材の登場を待つのではなく、せめてどこでも運用可能な仕組みにするとすれば、高齢者福祉全般にかかる施策などを担当する基礎自治体の高齢福祉課(名称はこれに限りません)に「子育て相談支援」の ...
2015年01月12日()
介護報酬2.27%下げ 社会保障抑制 生活保護も縮小 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は十一日、二〇一五年度予算案の社会保障費の内容を決めた。介護報酬の2・27%引き下げや入院患者の食事代負担の段階的な引き上げ、生活保護で家賃に当たる住宅扶助の引き下げなどの負担増が盛り込まれた。麻生太郎財務相と塩崎恭久厚生労働相による閣僚 ...
安藤和津 母の介護支えた奥田瑛二の印象的なエピソード語る - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
介護に下の世話はつきもので、排泄するのは生きている証でもつらいものです。ある日のことです。私の友達が家に遊びに来たときに、母が下半身裸のままでヨチヨチ歩き、部屋から出てきて、おむつを片手に私に媚びへつらうような目をして、「ねえ、あんた、これ当てて」と言うん ...
介護報酬引き下げ 不安広がる (媒体での記事掲載終了)
「革新」と「きずな」に込めた意味 - 井村裕夫・第29回日本医学会総会会頭に聞くVol.2 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
これは医学の課題です。脳梗塞、女性の場合は骨折で寝たきりになることなどを、いかに防いでいくのか。リハビリをいかに効率よくやるか。最近では、ロボットを使って、いったん麻痺した手足を動かすことができるようにする技術も出ています。 高齢者の医学をもっと進めていくこと ...
認知症高齢者と向き合う郵便局 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
認知症という病気が社会で注目を浴びていないころから、同じ人が一日に何度も、通帳がない、印鑑がない、現金自動預払機(ATM)の暗証番号が分からない、と言って郵便局を訪れた」と振り返る。なぜ何度も同じことを聞くのか理由が分からず「イライラし、冷たくきつく当たった ...
認知症研究の正常化を急げ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者は国内だけでも約460万人にのぼり、3分の2はアルツハイマー病とされる。 だが有効な治療薬がいまだなく、世界の製薬会社が開発を急いでいる。薬の効果を客観的に測る診断基準の確立が大きな課題となっている。 このため日米欧の大学などが協力して、脳の ...
例年なら年末に決着している、来年度予算案の大臣折衝が、総選挙で遅れていましたが、ようやく決着しました。 焦点のひとつだった、介護報酬は、2.27%の引き下げと決定されました。 マイナス改定は9年ぶりですが、過去最大になることは、官邸が、反発が強くなると止めた、 ...
介護報酬引き下げ決定、「人手不足に」と不安の声 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
来年度予算の最大の焦点だった介護報酬について、政府は4月から引き下げることを決めました。高齢化で増え続ける介護費用を抑えるためですが、人手不足にあえぐ現場からは不安の声があがっています。 都内の介護老人保健施設で働く山崎遼平さん、30歳。まだ夜が明け ...
介護報酬2.27%引き下げで決着 (媒体での記事掲載終了)
《731》 食事中は照明を暗く - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
スタッフの報告によれば、暗めの照明を使った時には食が進み、食事にかかる時間が半分になり、騒音のレベルも減りました。この報告によれば、スタッフ自身も静かな気持ちになったということです。」(マルコム・ゴールドスミス:私の声が聞こえますか─認知症がある人との ...
日本の医療制度 病院から患者を引き離そうとする動き強まる - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
2013年に成立した社会保障プログラム法で決まった通り、2014年4月から70~74歳の高齢者の窓口負担が1割から2割に引き上げられました。2015年1月には限度額を超えた医療費を補助する「高額療養費制度」の所得区分が見直され、それまで年収770万円以上の高所得者 ...
県は宮古市山口5丁目の宮古山口病院(及川暁院長、405床)を認知症疾患医療センターに指定し、13日に開設式を行う。同病院は認知症に力を入れてきており、指定によって地域の治療拠点として患者に対し明確化するのが狙い。新たに相談窓口を設け、別の医療機関との ...
大阪市立弘済院附属病院は1月24日、認知症について学ぶ市民公開講座を開催する。 この公開講座は今回で50回目の節目となる。50回を記念して大阪市立大学大学院医学研究科と、弘済院附属病院の高齢者医療に従事する専門家らが、認知症をめぐる現状や課題などを ...
政府は2015年度の介護報酬全体をマイナス改定とする中、職員の賃金アップに充てる報酬は手当てする。不足する介護人材を確保する狙いだが、思惑通りに運ぶかは見通せない。 政府は当初、賃金アップに充てる「処遇改善加算」を拡充して1人当たり平均で月額1万円増を ...
介護報酬引き下げの次は利用者負担増 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
政府は、介護報酬の引下げ幅を2.27%で最終調整に入ったとのことです。過去最大の下げ幅になった2006年度より下げ幅は小さいものの、事業者にとっては厳しい数字であることに違いはありません。実際事業の運営側だけでなく、介護事業に従事している職員の方も今後の ...
3国立高度専門医療研究センターの共同研究では、それぞれの機関の特色である「日本人の死因上位を占めるがん」、「循環器疾患」、「認知症などの予防と克服」を目的に研究をおこなう。東京医科歯科大学では、疾患の重症化予防分野のデータ解析や手法についての開発を ...
2015年01月11日()
介護報酬2.27%引き下げで決着 予算案最終折衝 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府の2015年度当初予算案で、麻生太郎財務相と各閣僚による最終折衝が11日、行われた。介護サービスの公定価格である介護報酬は2・27%引き下げるが、介護や障害者福祉の現場で働く人の賃金は月1万2千円上がるようにする。生活保護の引き下げや幼児教育の一 ...
SPS若年認知症サポートセンターきずなや(以下、きずなや)では、認知症の人と働く場所を一緒に創る活動をしている。介護保険制度外で、「大和橘(やまとたちばな)」の再生プロジェクトを立ち上げ、地域とともに、「仕事」としてビジネスとして成り立たせていきたいとう大きな ...
「なぜ政府は動けないのか: アメリカの失敗と次世代型政府の構想」ドナルド・ケトル 著 | Kousyoublog (媒体での記事掲載終了)
米国の行政機構が機能不全に陥っているのはなぜか。著者の母ミルドレッドが亡くなるまでの終末期に活用し十分すぎるほど機能した福祉制度と2006年に米国を襲い甚大な被害を出したハリケーン・カトリーナの対応という一見かけ離れたふたつの事例をとっかかりにして、その両者に共通する行政機構のミスマッチ、すなわち『直面している重要な課題が、多くの場合、これまでその対応のためにつくりだしてきた制度に合っていない』(...
患者望む暮らし 手伝い 有償介護支援 キャンナス高岡設立 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高岡市の介護支援専門員、江畑美由紀さん(49)が十一日、看護師が在宅介護を有償ボランティアで支える「キャンナス高岡」を立ち上げた。県内の「キャンナス」は南砺市に次ぎ二カ所目。同日、高岡市のウイング・ウイング高岡であった発会式で江畑さんは「いろいろな人の『 ...
介護報酬2・27%下げ 財務相と厚労相が合意 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は十一日、二〇一五年度予算案の社会保障費の内容を決めた。介護報酬の2・27%引き下げや入院患者の食事代負担の段階的な引き上げ、生活保護で家賃に当たる住宅扶助の引き下げなどの負担増が盛り込まれた。麻生太郎財務相と塩崎恭久厚生労働相による閣僚 ...
介護報酬、9年ぶり下げ 2.27%減額決定 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は11日の閣僚折衝で、介護サービスの価格の基準となる介護報酬を2015年度から2.27%下げることを正式に決めた。9年ぶりのマイナス改定だが、03年度の2.3%下げを上回る過去最大の下げには踏み込まなかった。介護業界や自民党の一部議員の抵抗を受けて後退 ...
介護報酬、2.27%下げで決着 来年度予算案、大枠固まる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は9日、介護報酬を来年度から2.27%下げる方針を固めた。引き下げは9年ぶりで、利用者や財政の負担を抑える狙いがある。2015年度予算の最大の焦点だった介護報酬の改定率が決着したことで予算案の大枠が固まった。一般会計の歳出総額は96兆円台半ばで、14 ...
閣僚折衝で介護報酬など決定 - NHK (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人「福祉楽団」の飯田大輔常務理事は「処遇改善のための加算を使って職員の給与を上げるといっても、そもそも給与の大半は加算ではなく介護報酬本体から出ているので報酬が引き下げられてしまうと影響は避けられない。高齢者の暮らしを守るサービスが十分に ...
来年度予算 大臣折衝始まる、介護報酬2.27%下げで決着 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
来年度予算の大臣折衝が始まり、最大の焦点となっていた介護報酬について、2.27%引き下げることで決着しました。 介護サービスを提供した事業者に支払われる介護報酬は、3年に1度の見直しが行われています。11日、 麻生財務大臣と塩崎厚生労働大臣が交渉を行い、 ...
4) 日常生活崩さず介護 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【及川綾子】 座間市の小規模多機能型居宅介護「ふれんどりぃの郷(さと)」。利用者の家族には、仕事をしながら介護を続ける人もいる。佐藤マサ子さん(69)もその一人だった。 2008年11月、法事の支度をしようとした夫弘晴さん(09年に71歳で死去)は、ネクタイを締められ ...
ケアマネジャーのシゴト 介護サービスまとめる「キャプテン」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームの介護職員やデイサービスの責任者、特養のケアマネを経験後、2012年10月から在宅のケアマネになった。書類作成などの事務仕事に加え、多い日には利用者8人を訪問する。ケアマネには知識と経験、説明力が必要といい「良いプランは無限で正解は ...
先日の新聞やテレビの報道において、介護施設の部屋はあるものの、働く介護職員が不足し、入居希望者を受け入れることができない現状が伝えられていました。高齢社会を迎え、介護施設の拡充が求められている今、介護施設の現状は予想以上に厳しい状態にあります。
山口県は、1月8日、「やまぐち介護・福祉機器研究会」の設立を広く周知し、介護・福祉関連産業に関する情報提供や、会員相互の交流・連携の場を創出するため、キックオフセミナーを開催することを発表した。 研究会の活動. 「やまぐち介護・福祉機器研究会」は、平成26年11 ...
メタボより怖いといわれる サルコペニア肥満って何? - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
それが原因で怪我などすれば、寝たきりの状態にもつながりかねない。筋肉が衰えてくると、脂肪は燃焼しにくくなり、肥満は進行し、生活習慣病(糖尿病や脂質異常症、高血圧など)のリスクは高まるから厄介だ。実際に、つくばウエルネスリサーチで中高齢者5,197人を対象に ...
政府は、介護報酬の引下げ幅を2.27%で最終調整に入ったとのことです。過去最大の下げ幅になった2006年度より下げ幅は小さいものの、事業者にとっては厳しい数字であることに違いはありません。実際事業の運営側だけでなく、介護事業に従事している職員の方も今後の ...
広江研・社会福祉法人こうほうえん理事長を座長に「超高齢化社会をいちはやく目の当たりにする鳥取県の準備」をテーマに討議。65歳以上の人口割合が46・4%と高齢化が進む日南町の増原聡町長は「町の中心部に商業施設や福祉施設を整備し、女性や障害者らが働いて ...
7日の午前0時25分ごろ、東京都板橋区の首都高速道路5号池袋線上り線で軽乗用車が逆走。大型トラックとトレーラーに次々と衝突する事故を起こし、軽乗用車を運転していた茨城県稲敷市江戸崎甲の無職、徳田順良さん83歳が全身を強く打ち死亡した。 事故に遭遇した ...
《730》 交流で自身も活発に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症がある人のコミュニケーション能力は、場所、時間帯、背後の騒音、色、照明の強さ、全身疲労といった多くの環境的要因にかなり影響を受けます(マルコム・ゴールドスミス:私の声が聞こえますか─認知症がある人とのコミュニケーションの可能性を探る 高橋誠一/監訳 ...