介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2015年01月10日()
前橋・夫婦殺傷事件 高齢世帯の防犯急務 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年、高齢者が相次いで自宅で殺害された前橋市の殺傷事件。六十五歳以上の人口が年々増える中、行政は主に一人暮らしのお年寄りが地域で孤立するのを防ぐ対策を取ってきた。犯罪に巻き込まれるのをどう防ぐのか。市の担当者は「高齢者の多い地区を抱えており、今後 ...
インフル院内感染で93人=81歳女性が死亡―広島・竹原[時事] - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
広島県竹原市の医療法人社団仁慈会安田病院(安田克樹理事長)と敷地内に併設する介護老人保健施設で、昨年末〜今月にインフルエンザの院内感染があり、患者ら93人が発症、女性患者(81)が死亡していたことが10日、分かった。病院と県が記者会見して明らかにした。
東京)柔道の動きで高齢者の体力アップ 武蔵野 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
柔道の動きを取り入れた体操で、男女26人が参加。前方や後方への受け身などを習った。 講師役は、市内で整骨院や接骨院を開く公益社団法人「東京都柔道整復師会」に所属する先生たちだ。筋力や体力を強化し、寝たきりや引きこもりを防ごうと、2006年から始まった。
アピタルトップ > ニュース > 栃木)15年度から認知症検査 矢板市、65歳以上対象 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
急速に進む高齢化対策として、矢板市は新年度から認知症の検査を実施する。認知症の症状を早めに発見し、楽しい老後の実現に役立ててもらう。市民対象の健康診断の一部として自治体が実施するのは県内で初めてという。 検査は65歳以上の市民約9千人が対象。
介護予防講演会「糖尿病と認知症」神奈川県藤沢氏で1月15日(木)開催。 2015年1月10日. 糖尿病予防からの介護予防の取り組み. 介護予防講演会「糖尿病と認知症」が神奈川県藤沢市で開催される。開催日時は2015年1月15日(木)13時30分(受付は13時より)、参加費は ...
インフル院内感染で93人=81歳女性が死亡―広島・竹原 - ニコニコニュース (媒体での記事掲載終了)
最初の発症者は徘徊(はいかい)癖があり、病院は直ちに個室に移すなどの措置を取ったが、身体拘束と受け取られかねないため鍵は掛けず、院内を歩き回るのを止められなかったという。 死亡した女性 ... 高齢者のインフルは死亡率高いから、やはり拘束は必要だったと思う。
地域密着で在宅支援 小規模多機能型居宅介護 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... の高齢者や老老介護、認知症の人にも向いています。グループホームとともに、認知症の人を地域で支える仕組みです。 ... A 高齢者が日中にレクリエーションや入浴、食事をするデイサービスは、これまでもありました。でも、施設が決めた時間内で過ごすのが一般的でした。
1) 認知症の母も安心 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
車いすや寝たきりの人も受け入れている。胃に穴を開けて、チューブで栄養を ... 食べる喜び」「介護施設での看取(みと)り」「介護・看護職員の悩み」「団地で進む高齢化」についての情報や、この企画で採り上げてほしいテーマを募集します。朝日新聞横浜総局「2025年問題取材 ...
インフル院内感染で93人=81歳女性が死亡−広島・竹原 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
広島県竹原市の医療法人社団仁慈会安田病院(安田克樹理事長)と敷地内に併設する介護老人保健施設で、昨年末~今月にインフルエンザの院内感染があり、患者ら93人が発症、女性患者(81)が死亡していたことが10日、分かった。病院と県が記者会見して明らかにした。
インフル院内感染で93人=81歳女性が死亡—広島・竹原 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
広島県竹原市の医療法人社団仁慈会安田病院(安田克樹理事長)と敷地内に併設する介護老人保健施設で、昨年末〜今月にインフルエンザの院内感染があり、患者ら93人が発症、女性患者(81)が死亡していたことが10日、分かった。病院と県が記者会見して明らかにした。
介護報酬 2.27%引き下げへ (媒体での記事掲載終了)
介護報酬2・27%減 15年度、事業者は大幅減収 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅の高齢者が通所を中心に宿泊も組み合わせる「小規模多機能型居宅介護」は、訪問サービス充実や終末期の「みとり」ケアに報酬を上乗せする。ホームヘルパーらが高齢者宅を訪問する「24時間地域巡回型サービス」は報酬を加算し、事業者が参入しやすくする。
2015年01月09日()
介護報酬2.27%引き下げへ 職員月給1万2000円増 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は九日、介護保険事業者に支払われるサービスの対価である介護報酬の総額について、二〇一五年度から2・27%引き下げる方針を固めた。介護職員の月給を一万二千円程度上げるなど待遇改善に向けた対策は進めるが、事業者の利益は減るため、職員削減やサービス ...
介護の悩み、笑い飛ばせた - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
うるさい!」と乱暴な言葉をぶつけられた。気持ちを静めるためにその場を離れると、「行かないで」「どこにいるの」。あまりの大声に、近所から虐待を疑われないかと心配になった。さっぱりして前向きな性格だった義母の変化に戸惑い、余裕を失っていた。「私の介護が悪いのでは」 ...
介護の悩み、笑い飛ばせた - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
うるさい!」と乱暴な言葉をぶつけられた。気持ちを静めるためにその場を離れると、「行かないで」「どこにいるの」。あまりの大声に、近所から虐待を疑われないかと心配になった。さっぱりして前向きな性格だった義母の変化に戸惑い、余裕を失っていた。「私の介護が悪いのでは」 ...
県内の外国人を雇用する介護施設と外国人の介護職員数が調査開始以来初めて前年度より減少していたことが、県が発表した平成26年度の外国人介護職員就業状況調査結果で分かった。 調査は県独自で21年度から実施。26年度は昨年10月に行われ、県内の介護保険 ...
介護報酬 引き下げへ最終調整 - NHK (媒体での記事掲載終了)
政府は、ことし春の介護報酬改定を巡り、介護保険制度を維持するためには費用の抑制策が必要だとして、介護報酬を2.2%余り引き下げる方向で最終調整に入りました。 介護サービスを提供した事業者に支払われる介護報酬は、ことし春に3年ぶりに改定されることになってい ...
東急、全駅にホームドア設置へ 2020年目標 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
同社は1998年3月に池上線全駅にセンサー付きの固定式ホーム柵を設置して以降、昨年12月末までに多摩川線や目黒線の全駅、東横線や大井町線の一部の計39駅にホームドアやホーム柵を整備してきた。平均で年1、2駅程度の整備だったが、「バリアフリーが進んで高齢 ...
介護報酬2.27%下げで決着 15年度予算案、大枠固まる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は9日、介護報酬を来年度から2.27%下げる方針を固めた。引き下げは9年ぶりで、利用者や財政の負担を抑える狙いがある。2015年度予算の最大の焦点だった介護報酬の改定率が決着したことで予算案の大枠が固まった。一般会計の歳出総額は96兆円台半ばで、14 ...
高齢者の介護サービスごとに施設に支払われる介護報酬について、3年に一度の見直しを行っている厚生労働省の審議会は、特別養護老人ホームへの配分を減らし、訪問介護を充実させる方針をまとめた。 審議会のとりまとめによると、収益率が高い特別養護老人ホームやデイ ...
2015-01-09 マザコンとバカにされても構わない。 日記 一匹狼といえば聞こえがいいが、ただの部下無しのひとり営業課長なので比較的自由に行動が出来る。その自由を活かして営業活動中、時間が空いたとき、折を見て実家の様子を覗きに行っている。僕のマンションから車で30分もかからないところにある実家で70才になる母親はひとり暮らしをしている。超高齢化社会を迎えているせいか、最近、一人暮らしのお年寄り...
地域にボランティア活動を広め、お互いに支え合える環境をつくりたい」。抱負を語るのは2013年9月、野田市でNPO法人「ささえ愛」を立ち上げた佐藤秀樹さん(65)。高齢者の日常生活を支えるボランティアの他、認知症高齢者の徘徊(はいかい)対策事業にも取り組み始めた。
介護報酬見直しへ 報告書まとまる - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護サービスを提供した事業者に支払われる介護報酬の見直しについて、厚生労働省の分科会は、深刻な人手不足を解消するため、一定の条件を満たした事業者を対象に報酬を上乗せすることなどを盛り込んだ報告書をまとめました。 3年ごとに行われることし春の介護報酬の ...
厚生労働省は9日、2015年度に改正する介護サービスの運営基準をとりまとめた。在宅介護への新規参入や事業拡大を促す規制緩和が柱だ。訪問介護や通所介護、宿泊を合わせて提供する複合サービスでは、定員の上限を現行の25人から29人へと引き上げる。利用者をより ...
厚生労働省は7日、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表した。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となる。 認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に約462万人と推計されており、約10年で1.5倍にも増える ...
7) 会社員が介護を始める時 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
【宮嶋加菜子】 仕事と介護を両立させることで、介護現場での虐待をなくそうと、会社員向けのセミナーを続ける介護施設職員の川内潤さん(33)。会社員が介護を始める場合として、三つの典型的なパターンがあるという。
社会保障審議会介護給付費分科会(第118回 1/9)《厚生労働省》 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
... 向けた、「医療保険制度骨子案」(p4~p7参照)を示した。主な事項としては、(1)国民健康保険の安定化、(2)高齢者医療における後期高齢者支援金の全面総報酬割の導入、(3)紹介状なしで大病院を受診する場合などの定額負担の導入、(4)患者申出療養(仮称)の創設―などがあげられる。 (1)では ...
アピタルトップ > 各地から > 認知症ケア、9769人の力 基礎知識、小5にも講座 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
この場所で毎月1回、「認知症カフェ」が開かれている。 12月中旬のカフェに集まったお年寄りは約20人。多くは口コミでカフェの存在を知ったという。ボランティアとして参加する若い「認知症サポーター」たちが、優しい笑顔でお年寄りと接していた。 ゲームや会話を楽しみ、お ...
7) 会社員が介護を始める時 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宮嶋加菜子】 仕事と介護を両立させることで、介護現場での虐待をなくそうと、会社員向けのセミナーを続ける介護施設職員の川内潤さん(33)。会社員が介護を始める場合として、三つの典型的なパターンがあるという。
なお、病院内に開設している強みを生かし、管理栄養士、運動療法士、医療ソーシャルワーカーなどが連携して相談業務を行う他、コミュニティの場である「ふれあいサロン」、病院内で行われている講演会での介護保険説明会、詐欺被害防止のための寸劇なども開催している ...
名張毒ぶどう酒、再審認めず 名古屋高裁、弁護団は特別抗告へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
事実上の門前払いで、高齢で寝たきりの奥西死刑囚にとって、再審の実現は一段と厳しくなった。 弁護団が、無罪を言い渡すべき新証拠として提出した農薬化学の専門家ら3人の意見書に、新規性などがあるかが争点だった。昨年5月の棄却決定は「第7次請求で審査済みの ...
名張毒ぶどう酒、再審認めず 名古屋高裁、弁護団は特別抗告へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
... は9日、奥西勝死刑囚(88)=東京・八王子医療刑務所収監=が昨年5月の刑事1部の請求棄却を不服として申し立てた異議を棄却し、再審開始を認めない決定をした。弁護団は14日、最高裁に特別抗告する。 事実上の門前払いで、高齢で寝たきりの奥西死刑… [記事全文].
厚生労働省による第117回社会保障審議会介護給付費分科会が先月19日に開かれ、「平成27年度介護報酬改定に関する審議報告(案)」が示された。 同報告では、団塊世代が75歳を迎える2025年(平成37年)を目途に、医療・介護・予防・住まい・生活支援などを総合的に実施 ...
2013年12月にロンドンで開催された「G8認知症サミット」に続き、昨年11月5日~6日、「認知症サミット日本後継イベント」が都内で開催された。冒頭、安倍首相による挨拶では、「我が国の認知症施策を加速するための新たな戦略を策定する」ことを明言。現在進められている ...
介護報酬引き下げ、厚労相が財務相と直接協議も調整難航 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
東京 9日 ロイター] - 塩崎恭久厚生労働相は9日の閣議後会見で、政府が検討している介護報酬の引き下げについて、具体的な内容を述べる段階にはないとした。塩崎厚労相は8日に麻生太郎財務相と直接協議したが、結論には至らなかった。 2015年度に改定される介護報酬 ...
(福)創生会、介護業界の優良企業 - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護老人福祉施設M.T奈多ケア院 福岡市東区に本社に置き、介護老人福祉施設などの事業所を運営する創生会。1972年の設立以来、様々な介護事業を手掛け、その事業規模は2014年3月期で55億円を超える。貸借対照表を見ると、現金預金約20億4,196万円を確保して ...
和歌山県は、平成27年1月5日から羽田・南紀白浜線にて、「介護帰省割引」利用キャンペーンが南紀白浜空港利用促進実行委員会により実施されることを、平成26年12月26日に発表した。 キャンペーン期間に、羽田・南紀白浜線を「介護帰省割引運賃」で利用した人が対象。
首相動静―1月8日 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【午前】9時57分、官邸。10時9分、国土交通省の本田勝事務次官、藤田耕三鉄道局長。35分、塩崎恭久厚生労働相、三浦公嗣厚生労働省老健局長。11時7分、国際経済交流協会代表理事の米田建三元衆院議員。32分、ジャーナリストの田原総一朗氏。 【午後】0時9分、伊藤 ...
ケアマネージャーのシゴト - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
先月下旬、寒川町で一人暮らしをしている中島米雄さん(73)宅を訪れたケアマネジャーの木藤剛さん(35)は「よねさん、施設への入所はどうする?」と聞いた。中島さんは「まだ、もう少し。みんなで一緒に生活しないといけないというのがねえ」と打ち明けた。この日、2人は訪問 ...
小阪氏は「レビー小体型認知症」を明らかにした第一人者。CMを展開するエーザイ株式会社が販売する抗認知症薬「アリセプト」は、世界で初めて「レビー小体型認知症」への効果・効能が承認されたばかり。 また同CMではレビー小体型認知症の兆候として、急にボーッとして ...
2015年01月08日()
認知症ケア、9769人の力 基礎知識、小5にも講座 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
この場所で毎月1回、「認知症カフェ」が開かれている。 12月中旬のカフェに集まったお年寄りは約20人。多くは口コミでカフェの存在を知ったという。ボランティアとして参加する若い「認知症サポーター」たちが、優しい笑顔でお年寄りと接していた。 ゲームや会話を楽しみ、お ...
【午前】9時39分、東京・富ケ谷の私邸発。57分、官邸着。10時9分から34分、国土交通省の本田勝事務次官、藤田耕三鉄道局長。35分から11時6分、塩崎恭久厚生労働相、三浦公嗣厚生労働省老健局長。7分から31分、国際経済交流協会代表理事の米田建三元衆院 ...
また、今年4月から特別養護老人ホームの新規入居者を要介護3以上の高齢者に限定する。制度見直し前の入所基準は要介護度1。重度の要介護状態で特養への入所を希望しながら、在宅での生活を余儀なくされている高齢者が多く存在していることなどから、在宅での生活が ...
淑徳大学が1~2月に「認知症サポーター養成講座」を開催――千葉、埼玉、東京キャンパスで全3回 - 大学プレスセンター (媒体での記事掲載終了)
淑徳大学地域支援ボランティアセンターは1月から2月にかけて、「認知症サポーター養成講座」(全3回)を開催する。これは、認知症についての正しい知識と理解を持つ「認知症サポーター」を養成する学生と市民のための勉強会。高齢者福祉の仕事に携わっている人や認知症の ...
厚生労働省は会社員が家族を介護するために取る介護休業制度(総合2面きょうのことば)を拡充する。現在は家族1人につき原則1回に限っている休みを、分割して複数回取得できるようにする。仕事と介護を両立しやすい環境を整え、企業の中核となる40~50歳代の人材が親 ...
アピタルトップ > 医療連載 > 介護職離れ、負の連鎖 低待遇や負担敬遠―職員減りしわ寄せ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都心にある特別養護老人ホーム(特養)は、昨年9月から新たな入居者の受け入れをやめた。11月からは在宅で介護を受ける高齢者を一時的に預かるショートステイもやめた。施設長は「介護職員の相次ぐ退職と採用難のダブルパンチ。入居希望者は大勢いるのに申し訳 ...
長い間、日本において大きな課題だと言われ続けている高齢化社会。厚生労働省のデータによれば、65歳以上の高齢者数は、2025年には3657万人、2042年には3878万人とピークを迎える。また、2025年には団塊世代が75歳以上となるため要介護者が急増し、介護士が100 ...
ニッセイ小山支社の500人、認知症サポーターに - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本生命小山支社は8日、小山市内で、同支社の全従業員約500人を対象に認知症サポーター養成講座を開いた。 同市高齢生きがい課の職員が講師を務め、クイズを交えながら高齢化の推移や認知症の症状について解説。「認知症の人と接するときは驚かせない、急がせ ...
平成27年度の介護報酬改定で、政府が過去最大となる2・4%超の引き下げを検討している。 これに対し、自民党や業界団体などは「経営難に陥る事業所が出る」「サービス低下を招く」と強く反対している。 今年度予算で10兆円にまで膨らんだ介護総費用は、今後10年で倍増 ...
インターネットによる患者様への診療情報閲覧サービス (PLANETシステム)の構築と運用 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
今後,医療連携だけでは拡大する患者様をケアすることは不可能であり,一般床,療養病床,介護施設での受け入れが困難を極めることが予測される. そこで,当院では「質の高い正確な診療情報を患者様に提供する環境整備」を行うこととし,具体的にはインターネットを活用し, ...
介護休業 分割で取りやすく 厚労省、17年にも拡充 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は会社員が家族を介護するために取る介護休業制度を拡充する。現在は家族1人につき原則1回に限っている休みを、分割して複数回取得できるようにする。仕事と介護を両立しやすい環境を整え、企業の中核となる40~50歳代の人材が親の介護のために離職する ...
特養で暴行の元介護職員を追送検 - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
新潟市中央区の特別養護老人ホームで入所する90代の女性を殴り、けがを負わせたとして逮捕された同市西区大野町、元介護職員の無職山際翔太容疑者(20)=傷害罪で起訴済み=について、新潟東署は8日、同じ女性に対する別の傷害容疑で追送検した。 追送検容疑は ...
「生きにくさ」に気づけ - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
罪に問われた知的障害者らを、裁判で判決が確定する前の段階から支援しようという動きが広がっている。被疑者あるいは被告人の担当弁護士が社会福祉士に協力を求め、本人が福祉施設などで暮らせることを「更生支援計画」にまとめる。検察や裁判所がそれを判断材料と ...
善仁会の老健施設を改修 河端建設で. 2015/1/8 東京. 【練馬】医療法人社団善仁会(練馬区)は、「平和台介護老人保健施設アバンセ」の増築・改修工事を実施する。施工は河端建設(練馬区)で、6月に着工する予定。2016年2月末の完成を目指す。 このコンテンツの続きをお ...
連れ添う 介護、指の先に家族 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
午前2時。隣のベッドから、鈴の音が聞こえる。目を覚ました奥田美智子さん(76)は布団にくるまる夫の哲史さん(79)をゆっくり、のぞきこんだ。 霜が降りた鹿児島県曽於(そお)市。暗闇に明かりがともった民家がぽつり。築50年の寝室は冷気が足元からまとわりつく。「お父さん、 ...
高齢者5人に1人が認知症に (媒体での記事掲載終了)
今後のわが国の医療を「地域完結型」の方向に変えていくためには、病床の機能分化を進め、急性期から長期にわたり療養が必要な患者まで、それぞれの患者に適した医療を提供すると共に、受け皿となるリハビリ機能や、在宅医療・在宅介護を充実させることが必要です。
介護報酬引き下げ反対訴え都内で集会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
ことし春の介護報酬の改定で引き下げが検討されていることを受けて、全国の介護施設で作る団体などが都内で集会を開き、「介護現場では人手不足が深刻で職員の待遇改善やサービスの質を確保するためには報酬の引き上げが必要だ」と訴えました。 東京・千代田区で開 ...
奈良県は、平成27年2月に奈良県磯城郡にて、介護講座「介護技術基礎2(ベッド・車いす)力のいらない介護方法」を開催する。 高齢者を介護する人向けの講座で、参加には資料代として300円が必要。なお、介護講座「介護技術基礎1(ベッド・車いす)力のいらない介護方法」 ...
大阪市立弘済院附属病院(大阪府吹田市古江台6-2-1)は、認知症をテーマにした市民公開講座を開催する。 「認知症について学ぼう」と題した特別講演と、同院認知症疾患医療センターの専門医らによる講義を無料で聴講することができる貴重な機会だ。 日時は1月24日 ...
介護職離れ、負の連鎖 低待遇や負担敬遠―職員減りしわ寄せ - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
東京都心にある特別養護老人ホーム(特養)は、昨年9月から新たな入居者の受け入れをやめた。11月からは在宅で介護を受ける高齢者を一時的に預かるショートステイもやめた。施設長は「介護職員の相次ぐ退職と採用難のダブルパンチ。入居希望者は大勢いるのに申し訳 ...
厚生労働省は、10年後の2025年に認知症の人が約700万人に達するとの新たな推計を、2015年1月7日に明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人にあたる。この推計を盛り込んだ、認知症対策の新たな国家戦略案「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)を ...
《727》 特性を自立心につなげる - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
この本の中には、認知症の人の「相手の言葉に乗っかるような形で反射的に返答してしまう」という行動特性を認知症ケアに活用する手法が記述されております。 「『最後の言葉』を、多くのケアパートナーたちは上手に利用しているのです。このテクニックを使って、アルツハイマー ...
介護報酬引き下げ反対集会、老人ホーム職員ら2000人が訴え - TBS News (媒体での記事掲載終了)
政府が検討している介護報酬の引き下げについて介護の質の低下を招くとして、老人ホームの職員などおよそ2000人が集まって反対を訴えました。 「(介護の)現場では人も少なく、歯を食いしばって働いている現状があることは確かです」(全国老人保健施設協会 東憲太郎会長 ...
介護報酬引き下げで影響を受けるのは? - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの公定価格と言われる介護報酬。今回の改定では、どうやら9年ぶりに引き下げの方向が決まったようです。 介護サービスを提供する施設が受け取るお金のうち、利用者が実際に負担するのはその1割。残りは税金と保険で賄われています。そして今回予想されて ...
厚生労働省は、10年後の2025年に認知症の人が約700万人に達するとの新たな推計を、2015年1月7日に明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人にあたる。この推計を盛り込んだ、認知症対策の新たな国家戦略案「認知症施策推進総合戦略」(新オレンジプラン)を ...
認知症の主要な要因が加齢であることから、高齢化社会においては避けて通れないものであるとしても、改めて私たちが抱える将来課題の大きさを実感します。1,000万人というオーダーになると、もはや介護施設や介護療養病床だけで受け入れられるキャパシティを遥かに ...
早期発見がカギ 認知症初期の6つの症状 - ITmedia eBook USER (媒体での記事掲載終了)
社会脳からみた認知症 徴候を見抜き、重症化をくい止める』(伊古田俊夫/著、講談社ブルーバックス/刊)によると、日本の認知症患者の数は460万人、予備軍とされる人を入れると860万人にのぼり、1000万人を突破するのも時間の問題だとされています。まして、認知症は ...
地域密着型介護老人福祉施設1施設を整備 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域密着型介護老人福祉施設1施設を整備. 2015/1/7 四国. 【三豊】三豊市は、地域密着型介護老人福祉施設1施設の整備などを盛り込んだ高齢者福祉計画・介護保険事業計画案を1月6日に公表した。 同計画案の対象期間は2015~17年度の3年間。 このコンテンツの続き ...
《726》 意外だった即答 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
多賀洋子さんのご主人は、63歳頃からアルツハイマー型認知症の症状が出現し始めました。ご自身が病気を患い入院することになり、在宅介護が不可能な状況となるまで一生懸命に自宅で介護されました。洋子さんの入院期間中、ご主人は「三重県立こころの医療センター」にて ...
「多死時代」社会全体で支えて/「在宅医療と看取り」アンケート:下 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... べきだが、独り暮らしの高齢者の場合は、それぞれの自宅ではなく、サービス付き高齢者住宅などに集まってもらった方が、本人にとっても、ケアする側にとってもメリットが大きい。また、医療的ケアが必要な人の中には、医師が常駐する「療養病床」に入った方がいい人もいる。
東北福祉大学と仙台市は「認知症対策の推進に関する協定」を締結することで合意。昨年12月24日には仙台市役所にて締結式が行われ、東北福祉大学の渡辺信英学長補佐、草間吉夫特任教授、仙台市の藤本章副市長、高橋宮人健康福祉局長らが出席した。 藤本副市長は同 ...
高齢者の数が増える半面、支え手は少なくなっている。仕事をしながら親の介護に直面するケースも珍しくない。両立は難しく、介護・看護を理由に仕事を辞める人は年間10万人に上る。人口減少社会が迫るなか、労働力確保の点からも問題があることから、厚生労働省は昨年、 ...
手足が震えるなど高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。健康保険が適用されず、 ... 症状が徐々に進行し、かつては寝たきりになると思われていた。根本的な治療法は ...
2015年01月07日()
愛媛県内の「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」登録数が7日時点で118件3084戸に上っている。県が高齢者居住安定確保計画で2020年の整備目標とする3千戸を既に超過。県内の約6割が集中する松山市は市区町村別(政令市の区も含む)で全国トップの林立状態だ ...
コンテックは2014年12月12日、音声認識を応用した看護・介護用の「見守り呼びかけシステム」技術を開発したと発表した。音声認識などのICT技術を駆使した「声かけ効果」で、患者・要介護者の転倒防止などの安全・安心を図り、看護・介護従事者の負担も軽減する。 現在、65 ...
特養定員、17年度3295人増 道の計画素案、高齢化率30%に - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
道は、2015年度から3年間の高齢者政策の指針となる「第6期道高齢者保健福祉計画・介護保険事業支援計画」の素案をまとめた。高齢者の増加に伴い、計画最終年度の17年度までに、特別養護老人ホーム(特養)の定員を15年度当初から3295人増やすことを達成可能な ...
認知症の高齢者 10年後には730万人と推計 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者は、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上となる10年後の2025年には、多い場合で730万人に達し、高齢者のおよそ5人に1人に上るとする新たな推計を厚生労働省の研究班がまとめました。 国は、認知症への対策を急ぐ必要があるとして、近く新たな戦略を ...
1年の計も一生の計も「歯磨き」から - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきり高齢者が誤嚥(ごえん)して肺に歯周病菌が入ると肺炎を引き起こすおそれがあるし、歯周ポケットから血流に乗って歯周病菌が運ばれると血管や心臓にダメージを与える。そして歯周病で奥歯を失うと、食事をすりつぶすことができなくなるので食生活の質自体が維持でき ...
介護報酬引下げ 〜 「介護の質・量」の低下は許容すべし - 夕刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
今月7日付け日本経済新聞ネット記事によると、政府は「介護報酬」を2.5~3%引き下げる調整に入ったとのこと。介護報酬とは、介護事業者が利用者(要介護者又は要支援者)に介護サービスを提供した場合に、その対価として介護事業者に支払われるサービス費用のこと。
チョコレートに認知症予防の効果はない? - スラッシュドット・ジャパン (媒体での記事掲載終了)
チョコレートに含まれるカカオフラバノールには、血管をリラックスさせて血液の循環を良くし、記憶低下を抑制する働きがある。そのため、チョコレートを食べれば認知症を予防できるといわれている。しかし、コロンビア大学のアルツハイマー病研究センターの研究によれば、 ...
介護報酬引下げ巡る調整 きょうにも大臣会談 - NHK (媒体での記事掲載終了)
新年度・平成27年度予算案の編成作業で焦点の1つとなっている、ことし春の介護報酬の改定を巡り、財務省は過去最大の3%台の引き下げを求めているのに対し、厚生労働省は引き下げ幅を2%未満に抑えたい考えで、8日にも、麻生副総理兼財務大臣と塩崎厚生労働大臣 ...
認知症、25年に700万人 厚労省が国家戦略案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、10年後の2025年には認知症の高齢者が700万人になるとする推計値を示し、省庁を超えて取り組む国家戦略案を明らかにした。目指すのは、住み慣れた地域で暮らし続けられる社会の実現。早期の診断・診療の体制を整備し、本人や家族が必要とする支援 ...
認知症、10年後700万人 高齢者の5人に1人 早期診断を強化へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、団塊の世代が75歳以上になる平成37年に、認知症の人が約700万人に達するとの推計を明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人に当たる。 政府はこの推計を盛り込んだ認知症対策の新たな国家戦略案をまとめた。早期診断に必要な研修を29年度 ...
自民、介護報酬引き下げ反対を要望 財務省の3%減に反発 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
自民党は7日、社会保障関係合同会議を開き、平成27年度改定で介護や障害福祉サービスを提供する事業者に支払われる報酬の引き下げに反対する要望書をまとめた。8日に田村憲久前厚生労働相らが麻生太郎財務相に申し入れる。与党や業界団体を巻き込んだ報酬改定 ...
認知症、25年に730万人=65歳以上の5人に1人-厚労省推計 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、全国の認知症の高齢者数が2025年に最大で730万人に達するとの推計をまとめた。65歳以上の5人に1人に相当する。 推計は、九州大学が福岡県久山町で1961年から調査している住民の健康診断データなどを基に、同省の研究班が算出した。
障害者福祉事業 報酬を減額へ (媒体での記事掲載終了)
盛岡市の城南地区福祉推進会(下田啓太郎会長)は7日、同市山王町の山王老人福祉センターと第二山王保育園で三世代交流会を開き、地元の小中学生や高齢者ら約300人が餅つき大会や伝承遊びを楽しんだ。 子どもたちは白い息を吐きながら「よいしょ、はい」の掛け声で餅 ...
認知症の高齢者 25年には700万人、厚労省推計 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が10年後の2025年にはおよそ700万人に上り、65歳以上の5人に1人が認知症になるという推計を厚生労働省が明らかにしました。 認知症の高齢者は2012年の時点でおよそ462万人いると推計されていますが、10年あまりで1.5倍に増える見通しです。
1) 介護一辺倒はリスク 仕事辞めれば社会から孤立も - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
この日は、従業員支援プログラムを提供するコンサルタント会社の約20人が参加し、聴き入っていた。この会社ではここ数年、クライアント先の社員から家族の介護に関する相談が多く寄せられるようになったという。ニーズに応えるため、介護の現状を学ぼうと、川内さんに講師を ...
皆でお出かけ!人気娯楽施設のバリアフリー化情報 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルガイドというものを用意しており、高齢者の方でもお子様連れの方でも誰もが楽しめるように、施設全体にバリアフリーが整えられています。例えば、車いすの方が施設全体をスムーズに移動でき、屋上まで行くことが出来ます。窓口のカウンターでは車いすの方が ...
1) 介護一辺倒はリスク 仕事辞めれば社会から孤立も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
この日は、従業員支援プログラムを提供するコンサルタント会社の約20人が参加し、聴き入っていた。この会社ではここ数年、クライアント先の社員から家族の介護に関する相談が多く寄せられるようになったという。ニーズに応えるため、介護の現状を学ぼうと、川内さんに講師を ...
NECなど、スマホから留守宅の様子を確認できるセンサー機能付きネットワークカメラを発売 - dot. (媒体での記事掲載終了)
また、1990年代から続くペットブームにより家庭内で飼われる犬、猫等のペット数の増加、ならびに高齢化が進んでいます(注3)。新商品は、これらの背景をもと ... スマートフォンから簡単操作で留守宅の様子を確認スマートフォン用の無償アプリ「Atermホームコントローラー」(注4)を利用することで、外出先からネットワークカ ...
パナソニックとパナホームは介護関連事業の連携を強化し、さらなる事業の拡大を目指す。 このため1月1日より事業名称を「エイジフリー」に統一し、プロモーション活動を開始した。プロモーションでは、パナソニックの「エイジフリー」の認知度を上げるためにTVコマーシャルを放映 ...
膵臓がん編(14)「重粒子線治療の手順」 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
先進医療の重粒子線治療は普通の放射線治療に比べて2~3倍の効果が期待できるが、治療費が300万円以上かかる。治療は、どの ... 先進医療の自己負担分は高額療養費制度の対象にならないが、民間の医療保険では特約などでカバーしている場合がある。では、重粒子 ...
「10年後には認知症が700万人に」厚生労働省の推計に、不安の声が殺到! - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
また、九州大学の調査では「糖尿病があるとアルツハイマー型認知症になる危険性が約2倍に上昇する」という結果が出ている。 糖尿病患者が増加した場合、団塊の世代が75歳以上となる2025年には認知症の人数は最大で730万人、2060年には、最大で1154万人にも達する ...
認知症 25年に700万人 65歳以上の5人に1人 厚労省推計 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、認知症の人が10年後の2025年に700万人に達するとの推計値を明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人に当たる計算になるという。 厚労省は同日、推計値を盛り込んだ認知症対策拡充のための国家戦略案を自民党の厚労部会などの合同会議に示し ...
認知症、2025年に700万人 高齢者5人に1人、厚労省推計 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、2025年に認知症の人が約700万人に達するとの新たな推計を明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人に当たる。 厚労省は同日、この推計を盛り込んだ認知症対策拡充のための国家戦略案を、自民党の厚労部会などの合同会議に提示。政府は近く ...
2007年12月、愛知県内で、徘徊症状がある認知症の男性(当時91歳)が電車にはねられて死亡した事件について、JR東海が起こした裁判の結果、男性の妻に360万円もの賠償金支払いが命じられた件を覚えている人は多いはずです。 この一件は、当時85歳で要介護1と認定されていた妻に「監督責任あり ...
昨今,スマートフォン,タブレット端末等のスマートデバイスの普及率が向上し,家庭内におけるWi-Fiホームルータの普及も拡大しています(注2)。また,1990年代から続くペットブームにより家庭内で飼われる犬,猫等のペット数の増加,ならびに高齢化が進んでいます(注3)。
介護報酬引き下げ口実 特養「内部留保3億円」は真実なのか - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了)
安倍政権は今春にも介護事業者に支払われる「介護報酬」を全体で2~3%引き下げる方針だ。その根拠になっているのが、特別養護老人ホームの「内部留保」。財務省の試算では、1施設あたり平均3億円を超えるという。これだけ巨額のカネを貯め込んでいれば介護報酬を絞っ ...
さらに「認知症早期発見スケール」を用いて、会話のなかから認知症の傾向を把握、必要に応じて受診を提案するサービスも行っている。 都市部に住む働き盛りの世代を応援. 株式会社こころみは株式会社ディグアウトとの業務提携を発表。マンション管理組合向けコミュニティ ...
認知症25年に700万人 厚労省推計、高齢者5人に1人 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、2025年に認知症の人が約700万人に達するとの新たな推計を明らかにした。65歳以上の高齢者の5人に1人に当たる。 厚労省は同日、この推計を盛り込んだ認知症対策拡充のための国家戦略案を、自民党の厚労部会などの合同会議に提示。政府は近く ...
厚生労働省は昨年12月25日、地域医療構想を作るに当たって、2025年の医療需要を推計するための医療資源投入量の考え方を、「地域医療構想策定ガイドラインに関する検討会」に示した。特に慢性期と在宅医療等の需要を推計するため、療養病床の入院受療率の地域差を ...
厚生労働省検討会、在宅移行へ需要推計案―退院できない患者に懸念も - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は昨年12月25日、地域医療構想を作るに当たって、2025年の医療需要を推計するための医療資源投入量の考え方を、「地域医療構想策定ガイドラインに関する検討会」に示した。特に慢性期と在宅医療等の需要を推計するため、療養病床の入院受療率の地域差を ...
月刊介護情報誌「あいらいふ」の新春総力特集で、歌手の山本譲二氏が、認知症と診断を受け介護施設で暮らしている母親について語っている。 母親が認知症と診断を受けた時、介護施設入居時の様子、母親への説明や説得など、山本氏が体験したことを思い出しながら ...
高齢者、障害児支援団体に助成 ふれあい基金が募集 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県地域福祉振興基金(吉野健二代表理事)は、「平成27年度地域いきいき さが・ふれあい基金」の助成事業を募集している。高齢者や障害児、子育て中の親を支援するまちづくり事業などに力を入れる団体に助成する。30日必着。 営利を目的としない団体が対象で、助成額 ...
介護に欠かせないアイテム、車椅子の基礎知識 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢になると筋力が低下し、これまでできていた何気ない日常動作も、スムーズにはいかなくなります。介護ということになれば、家族など身近な人がそれらのサポートをすることになりますが、場合によっては結構な重労働だったりもします。 そういった介護を行う家族の負担も軽減 ...
2015年01月06日()
《725》 方言でトイレに誘い - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本大学文理学部心理学科の長嶋紀一教授の著書『認知症介護の基本』の第四章「認知症の人とのコミュニケーション」(中央法規, 東京, 2008, pp95-115)において、認知症ケアアドバイザーの五島シズさん(全国高齢者ケア協会監事、認知症介護研究・研修東京センター客員 ...
Cadetto通信 医師の妻がレビー小体型認知症になったら - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
明けましておめでとうございます。いつもの管理人と異なり、Cadetto.jp後見人(?)が年男だからというわけでもないですが、新年最初のCadetto通信を送らせてもらいます。その最初の話題は、認知症の比較的新しい分類として注目度が高まっているレビー小体型認知症。
介護報酬引き下げ、2.5~3%軸に調整 政府 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府は、介護サービスの公定価格である「介護報酬」を、2.5~3%引き下げる調整に入った。2015年度から実施する。介護報酬の引き下げは9年ぶり。介護保険制度が発足した00年度以降で最大の下げ幅となる。利益率が高い特別養護老人ホームへの報酬を大幅に下げる。
介護保険制度がこの4月から大きく方向転換する内情について、前回まで検討してきた。そこで今回は、その中でも厚労省自らが天に唾するような転換策に着目したい。介護サービスと住まいの関係について、すなわち「住まい」の切り札として推奨してきたサービス付き高齢者 ...
2015年は介護保険制度見直しの年!変更点まとめのまとめ - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
私営の有料老人ホームに比べると安価な点が魅力的な特別養護老人ホームですが、改正後は入所の基準が要介護3以上へと見直されます。要介護3のおよその目安は、自力で歩行できるかどうか(必ずしもそうとは限りませんので医師の診断および要介護認定の判断内容 ...
「ぼったくりバーのマダムに挑む」舛添知事、五輪運営費削減に知恵絞る - DMMニュース (媒体での記事掲載終了)
老健をつくれば、お年寄りも公園で散歩できるでしょ。さらに三つ星レストランが入れば、公園を行き交う人の雰囲気もよくなる。都庁内には反対する声も多いのですが、私は絶対やろうと思うんです」. 舛添さんの理念は、大金をかけずに状況を改善することだ。JR東京駅から皇居に ...
結核の薬が若くして起こる認知症に効く?!「前頭側頭型」の治療手段に浮上 - Medエッジ (媒体での記事掲載終了)
結核の薬、あるいはこれに近い薬剤が認知症の治療に使えるのかもしれない。 米国のアラバマ大学を中心とした研究グループが、ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス誌で2014年12月3日に報告している。 アルツハイマー型とは異なるタイプ. 「前頭側頭型認知症(FTD)」はピック ...
介護施設で35人ノロ感染か 北海道 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
北海道は6日、渡島保健所(函館市)管内の介護施設で、入所者と職員計35人が嘔吐や下痢の症状を訴え、うち6人からノロウイルスを検出したと発表した。全員症状は軽く、快方に向かっているという。 道によると、35人は20~90代の男女で、昨年12月19日から24日 ...
都内特養ホームの約半数で人手不足、4月の介護報酬引き下げは大丈夫? - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
東京都高齢者福祉施設協議会が介護職員に関する調査結果を発表している。 調査は、同会に加入する特別養護老人ホーム445施設を対象に、昨年12月にファックスを利用して配布・回収したもので、回収できた305件を集計している。 回答した特養ホームの内、47.2%で職員数 ...
昼夜関係なく徘徊(はいかい)する。失禁し、汚物を床にぞうきんでなすりつける。 大手運輸会社を55歳で早期退職し、ガードマンの仕事をしていたころだった。妻だけに介護をさせるわけにはいかない。仕事を辞めざるを得なかった。スプーンで口元にごはんを運ぶと、「隣のおじちゃん、ありがとね」。切なくて、涙が止まらなか ...
東京都医学総合研究所は来年の2月4日に「第8回都民講座」を開催する。テーマは「認知症高齢者への対応のコツ~症状と心を理解する~」。 認知症を患う高齢者との関わり方は、介護する家族にとっても難しいもの。誤りを指摘したり問題行動を制止したりする行為が、結果 ...
ウクライナのテレビ局、大みそかの番組で免許取り消しの危機か - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
... された連続ホームコメディーか、あるいはウクライナの社会主義時代に少なからず良い思い出を持つ高齢者向けに、旧ソ連時代につくられた映画を割り当てることを要求している。そのためインテルは、極右グループや欧米寄りの指導者たちからの批判の矢面に立たされてきた。
東国原英夫氏、"親の介護を妻に任せっぱなし"批判に反論 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
元衆議院議員の東国原英夫氏(57)が、親の介護を妻に任せっぱなしのうえ、亭主関白すぎると非難されている。1月5日にTBS系で放送された「私の何がイケないの?」のなかで、2014年9月に結婚したばかりの妻・春香さん(37)が東国原氏の実親の介護を行う一方、東国原氏 ...
住民の大半が40歳で認知症になる村がコロンビアに実在、血族結婚が原因か - IRORIO(イロリオ) - 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議 (媒体での記事掲載終了)
南米コロンビアにある村、ヤルマルはアンデスの山々に囲まれた風光明媚な所だそう。しかしこの村が人々の注目を集めるのは、その美しい風景などが理由ではない。 例えばこの村で暮らすCuartasさん(82)だが、とうの昔に成人した3人の子どもにおむつをはかせ、その世話に ...
空の介護帰省割引 あすから羽田―白浜線 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【高井和道】 介護目的で羽田―南紀白浜空港線を利用した人を対象にした航空運賃の割引が5日から始まる。県や周辺自治体などでつくる南紀白浜空港利用促進実行委員会が企画した。期間中の割引運賃は片道2万1090円で、通常運賃の36%割引となる。また、割引運賃の ...
長年、マニフェストに掲げて、選挙の度に、高額療養費制度の自己負担限度額引き下げを訴えながら、なかなか実現できませんでした。 それは、国費を投入するだけでなく、保険者(健康保険組合など)の財政負担が増大するため、ずっと反対され続けてきたのです。 前期高齢者 ...
工場夜景、障害者や高齢者でも 川崎で事業化進む - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者も安心して利用できる「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」を使った工場夜景ツアーの事業化に向けた動きが、川崎市内で進んでいる。人気観光スポットをより多くの人に満喫してもらおうと、川崎タクシー(川崎区)と市観光協会がタッグを組んでコースや料金など ...
健康長寿社会の実現に向け、3つの国立高度専門医療研究センターとは、がん、循環器疾患、認知症などの予防と克服の分野において、また東京医科歯科大学とは医療分野におけるビッグデータの解析手法の開発についてと、各機関の特色に合わせて共同研究を行う。
「認知症が治る日」は来る? 最先端の現場は - dot. (媒体での記事掲載終了)
「20世紀における偉大な発見」と評される抗生薬ペニシリンの発見から80年あまり。人類はさまざまな治療法を考え出し、私たちの健康や長寿に貢献してきた。そしていま、世界各国の最大の関心事となっているのが、認知症に対する治療だ。果たして「認知症が治る日」は来るのか ...
弱者観光で大臣表彰 バリアフリーネット会議 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【沖縄】那覇空港で障がい者や高齢者向けの観光案内所などを運営する特定非営利活動法人「バリアフリーネットワーク会議」(親川修理事長、沖縄市)が12月25日、第8回国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰を受けた。県内団体の受賞は2例目。親川理事長は「これ ...
義母、テープで縛られ死亡 暴行容疑で介護士逮捕 高知 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
義母を粘着テープで縛ったとして、高知県警は5日、同県いの町枝川、介護士前原美和子容疑者(49)を暴行容疑で逮捕し、発表した。前原容疑者は「おむつを換えていたら暴れたので縛った」と容疑を認めているという。義母は死亡が確認された。 土佐署によると、前原容疑者 ...
パナソニックとパナホーム、介護関連事業の名称『エイジフリー』に統一 - SUUMO ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
強化策の一環として、2015年1月より、介護関連市場における『エイジフリー』の認知度向上を図るため、パナソニックとパナホームの共同プロモーションを積極的に展開。また、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)事業においては、両社のノウハウを融合し、事業連携を進める。
命を支えた70年 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者施設は寝たきりの人であふれた。福祉施策の貧しさを感じ、市議を経て78年に特養ホームを立ち上げた。 施設の理念に「人は人として存在するだけで尊い」と掲げた。戦争で命の尊さを知ったからだった。 「施設で暮らすことを望む人はいない」と言う。施設介護が中心の ...
手足が震えるなど高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。健康保険が適用されず、 ... 症状が徐々に進行し、かつては寝たきりになると思われていた。根本的な治療法は ...
2015年01月05日()
介護と向き合った日々 連載の一部を紹介 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
急激に進む高齢化の中で、介護や在宅医療に向き合う人たちを描いた神奈川版の連載「迫る2025ショック」の1部(11月6日~23日付)と2部(11月25日~12月12日付)には、読者の方から手紙やメールを多数いただきました。ご自身の体験や、現状への課題が切々とつづ ... 9年にわたり夫、長男、前夫、母と計4人 ...
福岡の介護法人が破産へ - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
帝国データバンク福岡支店は5日、介護施設のコンサルタント業務などを手がける一般社団法人「医療介護施設助成事業団」(福岡市)が自己破産を申請すると発表した。負債総額は約3億9800万円。同法人は「あすなろ宗像」など7カ所の老人ホームを運営していたが、別会社に ...
介護と向き合った日々 連載の一部を紹介 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
急激に進む高齢化の中で、介護や在宅医療に向き合う人たちを描いた神奈川版の連載「迫る2025ショック」の1部(11月6日~23日付)と2部(11月25日~12月12日付)には、読者の方から手紙やメールを多数いただきました。ご自身の体験や、現状への課題が切々とつづ ... 9年にわたり夫、長男、前夫、母と計4人 ...
《724》 事例から学べるサイト - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
前厚生労働省老健局高齢者支援課認知症虐待・防止対策推進室の井内雅明室長は、ケアの質の施設・事業所間格差に触れて次のように述べています(井内雅明:認知症の人と家族をめぐる状況. 現代のエスプリ通巻507号 ぎょうせい発行, 東京, 2009, pp35-36)。 「適切な ...
高齢者、低血圧に注意 腹八分目で転倒防止 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
体力の低下した高齢者で起こると、骨折やそれによる寝たきりなどをもたらしかねない。 自宅で仏壇の前に座って読経していた70代男性は30分後に立ち上がった瞬間、立ちくらみが起き、そのまま失神してしまった。夜寝ていてトイレのために起きる際などでも起こりやすい。
「日本の認知症ケアに世界中が注目しています」 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
社会の高齢化で先頭を走る日本が、認知症ケアをどのように推進していくのか、世界中の注目を集めている。医療期間や施設だけでなく、地域と一体となった認知症ケアを進めるためには、「社会から偏見をなくし、家族や医療者が一体となってケアに当たることが大切」と ...
死亡しても会社の責任は問わない-。大阪府東大阪市の介護施設で働いていたフィリピン人女性は、採用時にこんな誓約書を提出させられた。「子供の日本国籍取得を援助する」と誘われて来日したが、待っていたのは逃げ出したくなるほどの過剰労働だった。連日夜勤を任され、休むことも許されなかった。退職した女性は昨年11月、「奴隷のような扱いを受けた」として施設の運営会社に未払い賃金や慰謝料など約580万円の損害賠償を...
ユマニチュード(Humanitude)とは、認知症により攻撃的、徘徊(はいかい)などの問題を抱える高齢者などに対するコミュニケーションを軸とした新しいケア技法。フランスで1979年、イブ・ジネスト、ロゼット・マレスコッティ両氏によって開発された。「見る」「話しかける」「触れる」「 ...
... された連続ホームコメディーか、あるいはウクライナの社会主義時代に少なからず良い思い出を持つ高齢者向けに、旧ソ連時代につくられた映画を割り当てることを要求している。そのためインテルは、極右グループや欧米寄りの指導者たちからの批判の矢面に立たされてきた。
つちやかおり 母の認知症明かす 要介護2 - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
タレント・つちやかおり(50)が5日、TBS系で放送された「私の何がイケないの?」(月曜、後7・00)に出演。母親(83)が認知症で要介護2であることを明かした。つちやの父は2013年に死去。兄が両親と同居していたが、父は寝たきりで、認知症の母とのW介護で、介護うつに ...
厚生労働省は、介護給付費実態調査月報(平成26年10月審査分)を明らかにした。 なお集計対象は、各都道府県国民健康保険団体連合会が審査した介護給付費明細書、給付管理票等とし、福祉用具購入費、住宅改修費など市町村が直接支払う費用(償還払い)は含まないと ...
つちやかおりさん、東国原氏母は認知症。本日19時の『私の何がイケないの?』で放送。 2015年1月5日. つちやかおりさんの母親が認知症と告白. 本日19時より放送の人気番組『私の何がイケないの?』では、芸能人の介護スペシャルと称し、介護に向き合う芸能人の姿について ...
一番身近な介護職、ホームヘルパーのお仕事 - 介護のほんねニュース (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーとは別名、訪問介護員と言われています。その名の通り、介護を必要としている方の自宅に訪問し、食事・排泄・入浴の介助などの介護サービスを提供する人のことを指します。また、介護を受ける人は一人暮らしの方などが多く孤独になりがちなため、その人の話を ...
【提言委員座談会】戦後70年 アジアと共に 日本創生 九州が旗振れ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本IBMに入社後、ユニバーサルデザインの重要性を感じ、98年にユーディットを設立。2012年より現職。著書に「ユニバーサルデザインの .... 関根 最近訪れたイタリアの農村では高い高齢化率にもかかわらず市長は全く心配していなかった。スローフードが人気となり都市で ...
特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の職員不足が大都市を中心に深刻になっている。東京では職員が定数に満たない特養が続出し、新たな入居者の受け入れをやめたり部屋を一部閉鎖したりするところが出始めた。介護職員の有効求人倍率は全国平均で2倍を超えており、東京都が4・34倍、愛知県が3・96倍、大阪府が2・77倍など大都市を中心に高い。施設が職員を募ってもなり手が少ないという状況が広がりつつある。 東...
パナソニックとパナホームは、介護関連事業の名称を「エイジフリー」に統一 - WORK MASTER (媒体での記事掲載終了)
パナソニックとパナホームは、介護関連事業の名称を1月1日より「エイジフリー」に統一し、新たな連携により事業拡大を目指す。 パナソニックが介護事業として展開している名称「エイジフリー」に変更し、グループとしてのシナジーを最大限発揮するよう、連携強化を図る。強化策の ...
大阪府東大阪市の介護施設で働いていたフィリピン人女性は、採用時にこんな誓約書を提出させられた。「子供の日本国籍取得を援助する」と誘われて来日したが、待っていたのは逃げ出したくなるほどの過剰労働だった。連日夜勤を任され、休むことも許されなかった。退職した ...
介護職離れ、負の連鎖 低待遇・負担敬遠で職員減り… - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設長は「介護職員の相次ぐ退職と採用難のダブルパンチ。入居希望者は大勢いるのに申し訳ない」と話す。 「心も体も疲れ切り、もう続けられません」。一昨年秋、30~40代の職員3人が相次いで退職したのが職員不足の始まりだった。 この特養では入居者の定員約60人に ...
【観音寺】観音寺市は、介護老人福祉施設1カ所の新設などを盛り込んだ高齢者福祉計画・第6期介護保険事業計画案を5日に公表した。 同計画の事業期間は2015~17年度で、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を進める ...
パナソニックとパナホーム 介護関連事業の名称を「エイジフリー」に統一 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
従来、パナホームでは、高齢者・介護関連事業の名称として「エイジングライフ」を採用していましたが、このたび、パナソニックが介護事業として展開している名称「エイジフリー」に変更し、グループとしてのシナジーを最大限発揮するよう、連携強化を図ります。強化策の一環 ...
断熱の魅力「健康」軸で伝える、血圧変動や睡眠...(ビルダー・工務店) - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者にとって最も関心の高いものの1つが「健康」だろう。病気になって、長期にわたり寝たきりになって亡くなるネンネンコロリ(NNK)ではなく、いつまでも健康に、長生きするピンピンコロリ(PPK)な家への改修が求められる。既存住宅を健康に配慮された家へとリフォームするこの ...
国土交通省としては20年をめざし、(1)災害に強い国土の構築(2)訪日外国人2000万人の達成(3)高齢者や障がい者が移動しやすいバリアフリー化―などを掲げています。特に観光は、日本を訪れる外国人旅行者が、昨年末に1300万人を突破。この2年間で500万人も増える ...
介護度が高い人でも安心して入居可 看護師が開設したサ高住 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
高齢者住宅経営者連絡協議会(高経協)」主催、高齢者施設事業者など「高齢者ホームのプロ」21人が選考した「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」に選ばれた、優良施設を実際に訪問してみよう。ここで紹介 ... この施設では、看護師もヘルパーも同じ制服を着用している。それには ...
大都市の介護施設、求人難深刻 職員定数割れで閉鎖も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の職員不足が大都市を中心に深刻になっている。東京では職員が定数に満たない特養が続出し、新たな入居者の受け入れをやめたり部屋を一部閉鎖したりするところが出始めた。介護職員の有効求人倍率は全国平均で2倍を超えて ...
東京都心にある特別養護老人ホーム(特養)は、昨年9月から新たな入居者の受け入れをやめた。11月からは在宅で介護を受ける高齢者を一時的に預かるショートステイもやめた。施設長は「介護職員の相次ぐ退職と採用難のダブルパンチ。入居希望者は大勢い… 続きを読む ...
増やせ保育所・特養 都が50億円出資しファンド設立へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
乳幼児や高齢者の受け皿となる福祉施設が不足する東京都は2015年度、保育所や特別養護老人ホーム(特養)などの施設整備を促すため、「福祉貢献インフラファンド」を設立する方針を固めた。都が50億円を出資し、民間にも出資を募って総額100億円規模のファンドを ...
医療費・介護については、1月から「高額療養費制度」の区分が増え、低所得者は自己負担が減り、高額所得者は増えるようになります。負担が増える目安は年収770万円以上で、自己負担額が1万円以上高くなります(高額療養費制度については来週、詳しく説明します)。
2015年01月04日()
大都市の介護施設、求人難深刻 職員定数割れで閉鎖も - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホーム(特養)などの介護施設の職員不足が大都市を中心に深刻になっている。東京では職員が定数に満たない特養が続出し、新たな入居者の受け入れをやめたり部屋を一部閉鎖したりするところが出始めた。介護職員の有効求人倍率は全国平均で2倍を超えて ...
地方の特養、東京進出 新設計画の半数、都外の法人 高齢化早く、ノウハウ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【重政紀元】 地方から東京に進出する社会福祉法人が増えている。多大な初期投資が必要な特別養護老人ホーム(特養)では新設計画の半数が都外の法人によるものだ。人口減で高齢者すら増えにくくなる地方に対し、今後高齢化が深刻化する都内の自治体が積極的に新設を ...
「日本の介護、支えます」 米国人の特養施設長 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本に暮らす外国人は約200万人。人口の2%弱を占める。旅行などで訪日する外国人も年間1300万人を超え、存在感は増すばかりだ。少子高齢化が進む日本にとって共に暮らす外国人は強力な助っ人にもなる。2回にわたり支え手として奮闘する外国人の姿を追う。
認知症高齢者の見守り事業スタート 神戸・西区社協 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
行方不明になった認知症の高齢者を早期発見する「西区徘徊SOSネット『みまもん』」を、神戸市西区社会福祉協議会が5日から始める。靴など高齢者の持ち物に番号シールを貼り、住民や警察と連携して発見する仕組み。導入後、効果を検証する予定で、同社協は「地域の ...
不機嫌な妻、無気力な子、頑迷な老親……家族をめぐる苦悩の克服には、“今日より悪い明日”を直視する徹底したリアリズムが必要だ。 家族関係の基本は「ギブ&ギブ」. 聖書は10人読めば感じることは10人とも違います。難しく考えずに直接テキストに当たって、直観と感情で ...
手のひらに茶の間 LINEで娘が介護を応援 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
午前2時。隣のベッドから、鈴の音が聞こえる。目を覚ました奥田美智子さん(76)は布団にくるまる夫の哲史さん(79)をゆっくり、のぞきこんだ。 霜が降りた鹿児島県曽於(そお)市。暗闇に明かりがともった民家がぽつり。築50年の寝室は冷気が足元からまとわりつく。「お父さん、 ...
全国の自治体で、次期(2015~17年度)高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定作業が進んでいる。各自治体の高齢者施策の基となるもので、同計画の中で設定された目標に沿う形で、各自治体が民間事業者の参入を促し、高齢者福祉施設の整備が行われる。
KEY PERSON INTERVIEW 「日本の認知症ケアに世界中が注目しています」 世界保健機関(WHO)精神保健・薬物乱用部長 シェイカー・サクセナ氏 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
社会の高齢化で先頭を走る日本が、認知症ケアをどのように推進していくのか、世界中の注目を集めている。医療期間や施設だけでなく、地域と一体となった認知症ケアを進めるためには、「社会から偏見をなくし、家族や医療者が一体となってケアに当たることが大切」と ...
特別養護老人ホーム和泉サナホーム施設長など5名の講師が、「認知症ケアの現場におけるリスクマネジメント」「対応の難しい認知症の方へのケアの工夫」「認知症の方の生活機能全般を向上させるための自立支援法」「認知症の方への口腔ケア・口腔リハ」に焦点を当てて説明 ...
日本初の国際博覧会として開催された大阪万博から今年で45年になる。「人類の進歩と調和」をテーマに、当時最先端のテクノロジーが詰め込まれたパビリオンの展示物には、後に実用化されたものが少なくない。自動で体を洗える「人間洗濯機」もその1つ。介護用の浴槽に ...
コープみらいと八千代市生活協同組合コープみらい(さいたま市、田井修司理事長)と八千代市は、高齢者見守りの協定を結んだ。市内で同組合の配達員が、徘徊(はいかい)しているなど高齢者の異変を感じた際 ・・・ 【残り 317文字、写真 1 枚】 全文を読むには、会員登録が ...
日本で進む高齢化問題は、誰にとっても他人事ではない。今後、様々なかたちで我々の人生を蝕んでくる。「隠れ介護1300万人の激震」。これは、日経ビジネス2014年9月22日号の特集見出しだ。東レ経営研究所の渥美由喜氏によると、隠れ介護(本人や配偶者の親が要介護 ...
元気な60代の移住促進=「共同体」構想本格化-政府 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
人口減少と高齢化が急速に進む日本。今後、地方では高齢者人口すら頭打ちになり、介護関連を中心に雇用が縮小に向かう一方、高齢化が加速する大都市では特別養護老人ホームなどの不足が深刻さを増す。政府は、大都市の60代のシニアが健康なうちに地方に移住するの ...
しこちゅ~オフィシャルサイト (媒体での記事掲載終了)
四国中央市マスコットキャラクター「しこちゅ〜」オフィシャルサイト2014/10/29 しこちゅ~体操、誕生しました! 平成26年4月、オリジナル介護予防体操「しこちゅ~体操」が誕生しました! しこちゅ~体操は、四国中央市イメージソング『未来へ続くまち』に合わせ、四国中央医療福祉総合学院の理学療法学科の皆さんが考案してくれた介護予防のため… 続きを読む 2014/10/28 夏のビックイベント、「書...
复古发型的她容光焕发,撑着七色遮阳伞,穿梭于小街,徘徊于老宅之时,画面都有一种吗明黄色的油画般质感。来自HKSC的香港摄影师林志坚真正抓住了杨子珊的美。很多影迷都知道,大部分我们熟悉的港式商业片都来自这个 ...
古田貴之さん「少子高齢化はロボットが解決する」 ロボット博士が語る未来像【動画・画像】 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
これから団塊の世代が、どんどん高齢化を迎えます。本当の高齢化社会は、高齢者が活動的な「アクティブシニア」として、世の中の主役となって動かす社会です。高齢者は「寝たきりでどうケアしようか」という社会のお荷物ではありません。これからどんどん増える高齢者が経済 ...
2015年01月03日()
仲間を集めて開設したのがこの施設だ。1階の専用居室では、介護度が高い人のほか障害者、難病患者などを受け入れている。他施設では受け入れてもらえないことが多い、胃ろうや人工呼吸器などの処置が必要なケースでも対応可能。居室にバッテリーを設置し、突然の停電 ...
株式会社ポジティブイットは、日本初となる「介護・福祉タクシー予約・配車」パッケージサービスを来春開始することを、2014年12月17日に発表した。 「介護・福祉タクシー予約・配車」パッケージサービスは、IP無線機とコールセンター、予約・配車システムを複合させた。特定非営利 ...
「踏切 転倒見逃さぬ」 足立の企業 検知システム開発へ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
開発中の装置は両社の技術を生かしている。何かが動くのではなく、「人間」が「動かない」「動きがおかしい」のを検知できるのがラムロックの技術の特色だという。高齢者のトイレ内での気絶や転倒、徘徊(はいかい)のような特異な動きも見分けることができるといい、介護施設など ...
介護目的で羽田―南紀白浜空港線を利用した人を対象にした航空運賃の割引が5日から始まる。県や周辺自治体などでつくる南紀白浜空港利用促進実行委員会が企画した。期間中の割引運賃は片道2万1090円で、通常運賃の36%割引となる。また、割引運賃の利用者が ...
2015-01-03 日本がすごい桃太郎 昔々あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。ふたりとも百歳を超える高齢でしたがまだまだ元気。日本は世界でも屈指の長寿大国だからです。 おばあさんが世界的にも屈指の性能を持つ国内メーカー産の全自動洗濯機を使うための水を川へと汲みに行き、その際ついでに川の水を飲みました。水道水が飲めない国も多い中、日本の水の衛生管理は徹底されていました。 すると、川上...
=候補者に聞く=(1) 質問 どんな佐賀県にしたいか - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
生まれてよかった、住んでよかった、お嫁に来てよかった」という体感・実感ナンバーワンの県にしたい。具体的には、子育てや高齢者福祉、教育などのほか、農業や中小企業まで、いろんな立場の人たちが、生活の満足度や所得増を感じてもらえるよう、きめ細かな政策を実行して ...
レクリエーション介護士は、介護や高齢者に対する基礎知識を持ち、さらにそこから自分の趣味や特技を生かして介護レクリエーションを企画・提案・実行する資格で、現在介護職の人のレベルアップや、今後介護業界での就業を目指す人、ボランティア活動に興味のある人なども ...
差別 わかりあえたら:不寛容時代に/1 住民、漠たる不安 住宅街の障害者ホーム建設 「暮らし壊される」、過熱した反対運動 - 毎日新聞という障害者差別について考えさせられる記事があった。【関連エントリー]スティグマの社会学(2014年4月14日)  集会所の置き時計がむなしく時を刻んでいた。2014年3月30日、川崎市北部の住宅街に移転を計画する精神障害者のグループホームと、約20人の地区住民の話...
ベネッセ運営の高齢者ホーム 近隣住民参加イベントで賑わう - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
よい高齢者ホームとは、どんな施設なのか。「高齢者住宅経営者連絡協議会(高経協)」主催、高齢者施設事業者など「高齢者ホームのプロ」21人が選考した「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」に選ばれた、優良施設を実際に訪問してみよう。ここで紹介するのは、同賞の優秀賞に ...
介護保険制度15年 負担増と重点化へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護にかかる費用が増え続けるなか、制度が見直され、一定以上の所得がある高齢者を対象に自己負担の割合が引き上げられるほか、特別養護老人ホームの入所が原則、介護の必要性が高い人に限られるなど、負担の増加と重点化が進められることになります。 平成12年4 ...
地方の特養、東京進出 新設計画の半数、都外の法人 高齢化早く、ノウハウ - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
【重政紀元】 地方から東京に進出する社会福祉法人が増えている。多大な初期投資が必要な特別養護老人ホーム(特養)では新設計画の半数が都外の法人によるものだ。人口減で高齢者すら増えにくくなる地方に対し、今後高齢化が深刻化する都内の自治体が積極的に新設を ...
神戸市は、平成27年1月5日(月曜)より、西区徘徊高齢者早期発見検証事業・西区徘徊SOSネット「みまもん」の登録を開始することを発表した。 なお、この検証事業では、赤い羽根共同募金運動の地域助成金を活用し、「じぶんの町を良くするしくみ」を構築していく。 事業概要.
認知症の改善に陶器人形色づけ 地場産業の記憶生かす試み 瀬戸の施設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【川村真貴子】 昔とったきねづかで脳を活性化させよう――。瀬戸市陶原町3丁目の介護老人保健施設「すざく」で、入所している高齢者が陶磁器人形の色付けに取り組んでいる。かつて、地元の陶磁器産業で働いた高齢者が昔を思い出し、表情が豊かになるという。認知症の改善 ...
イギリスの60代と70代を対象に行われた研究により、食事療法に加え、パズルで遊ぶことが脳を刺激するため、8万人の認知症を防ぐことができると分かったそうです。 そして次に挙げる5つのポイントを守ることで、認知症のリスクを随分減らすことができるといいます。 1、定期的 ...
介護民俗学」という名著があるのですが、高齢者の支援において「聞き書き」というのはすごく効果がある、という考え方があります。 「聞き書き」はもともと民俗学の言葉で、昔を知る老人の言葉を文字通り「聞き書き」して残すことです。で、実はこれは介護のひとつのあり方になる ...
プラチナファクトリーが運営する、口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」がデザインリニューアルを行った。 「介護のほんね」は2014年8月12日よりサービス開始。利用料金は無料だ。 主な改良点. 今回のリニューアルでは、トップページからさまざまな情報への ...
県、年度内に開設 重症心身障害児者の支援センター - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
重症心身障害児者には介護保険制度のケアマネージャーのような支援者がおらず、現状では家族が自ら医療や福祉サービスを探している。県は同センターを家族を支える中核施設と位置付け、相談に乗ったり医療機関と調整したりする。 重症心身障害児者は重度の知的、身体 ...
2015年01月02日()
豊かな経験を生かした専門のスタッフによる24時間体制の介護はもちろん、周辺の医療機関との連携も万全。2週に1度、医師が訪れるほか、毎日の食事をより美味しく食べられるよう、食前に”お口の体操”も取り入れている。ホーム内は24時間セキュリティ完備で、安全・安心・ ...
《721》 まなざしがもつメッセージ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
2012年2月4日に開催された「朝日 健康・医療フォーラム」において、認知症の母親を介護した藤川幸之助さん(詩人・児童文学作家)が、ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)という視点においてとっても印象深い話をされています(2012年2月21日付朝日 ...
<快護目指して> 科学の力「鉄腕介護」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度の開始から十五年が過ぎようとしている。対象となる要介護、要支援認定を受けているのは現在、約六百万人。「する」「される」によらず、介護にかかわる生活はもはや特別なものではない。しかし、心と体にかかる負担は、どちらにとっても依然重い。その負担を少し ...
歯医者さんがわかる5つの病気「糖尿病、心臓病、認知症など」 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
胃食道逆流症胃酸が逆流することによる症状は、胸やけだけでなく口の中にも見られます。歯の表面にあるエナメル質が薄くなってしまうのですが、特に下の前歯に顕著にみられるそう。2008年の研究では、歯牙侵食の見られる大人の3分の1が、胃食道逆流症も患っています。
回復のカギは?コンビニ・スーパー業界展望 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
店舗には高齢者などへ生活支援の助言などをするケアマネージャーを常駐させる。将来的には自宅訪問を行い、ローソンの商品を自宅に届けるサービスなども検討している。 ファミリーマートは、異業種とのいわゆる「コラボ店舗」を強化している。2014年にはカラオケなどと一体型 ...
限界集落維持のコストは 国土交通省が検証へ NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
人口減少が深刻な過疎地で持続可能な集落の在り方を探ろうと、国土交通省は東北の4地区をモデルに集落を中心部に移した場合に維持する場合と比べてコストがどれだけ節約できるかを具体的に検証することになりました。 住民の半数以上を高齢者が占め、存続が危ぶまれているいわゆる「限界集落」は国の調査で全国400か所以上に上り、中でも東北地方は50か所と中国・四国地方に次いで人口減少が深刻な過疎地が多く、集落維持の...
ドイツの合計特殊出生率は1.32で、日本の1.27と同じくらい低いです。ドイツは東西ドイツの統合以来、最も低い失業率を記録しており、ミュンヘンやシュツットガルトなどの工業が盛んな都市では熟練工が不足気味です。 ドイツはこの状況を克服するため、積極的な移民受け入れ策を講じてきました。その結果、2013年には123万人の移民がドイツに入国しました。 出国者を差し引いた純流入数は43万人です。2010年...
認知症 1年半、8カ所転々 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
リハビリをする介護老人保健施設(老健)や長く入れる療養型病院などもまわったが、「その症状では、うちではみきれません」などと断られた。 介護施設に短期間入るショートステイを使った後、知人の紹介でようやく老健に入った。安心したのもつかの間、わずか1週間ほどで電話 ...
訪問診療、介護に注力 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
... 「宮崎クリニック」(内科・岡野光志医院長)は、南区古淵に診療所を構えるペイン(痛み)の専門外来だ。医療法人「泉心会」理事長で麻酔科医師である宮崎雄一郎氏(67)が1996年に開院。麻酔を用い、疼痛疾患を緩和するための治療を行うという。診療方針は「『治療をする』 ...
最近、物忘れがひどい、ひょっとして認知症ではないか? こんな不安を持つ人の受診が増えているのが脳萎縮検査だ。ここで注目されているのが「脳ドック」である。 脳ドックとは、MRIやMRAなど画像診断機器を使い、脳内の血管の状況を観察、脳梗塞. 最近、物忘れがひどい、 ...
地方が、民間が、いや政府も積極的に動きだすことに期待したい2015年 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
高齢者の消費を掘り起こすマーケティングは、まだまだチャンスがありそうですが、やはり家庭を形成する若い世代の消費が活発にならないと経済も元気を失ってしまいます。 いくら高齢者の福祉を考えても、日本の経済が沈んでいけば、もともこもないので、ここは日本の長期的な ...
介護報酬引き下げに見る社会福祉法人の隘路 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
社会保障と税の一体改革で三党合意した介護職員の給与の月額平均1万円程度の増加は維持され、認知症対策や在宅介護の推進費もカットしない一方で、特別養護老人ホームは利益率が高いという理由で大幅に削減する考えです。このことから、今年の改定が社会福祉法人 ...
5) 母娘、折り合いながら介護 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
【佐藤陽】 末期の前立腺がんを患う川嶋登喜雄さん(享年71)を在宅でみていた妻徳子さん(71)と次女幸恵さん(33)は、介護の仕方について時々ぶつかり合った。 退院し在宅に移ってすぐの9月上旬。徳子さんが、登喜雄さんのおむつを替えようとしていたときのことだ。幸恵さん ...
早期の発見で認知症を予防する 脳ドックでの「脳萎縮検査」 - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
最近、物忘れがひどい、ひょっとして認知症ではないか? こんな不安を持つ人の受診が増えているのが脳萎縮検査だ。ここで注目されているのが「脳ドック」である。 脳ドックとは、MRIやMRAなど画像診断機器を使い、脳内の血管の状況を観察、脳梗塞や脳動脈瘤の有無、血管 ...
《720》 一緒にいることで軽く - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
夕暮れ症候群から徘徊に結びついてしまうケースも散見されます。そんな時に認知症患者さんは、考えられないほど遠くまで歩いていってしまう場合もあります。夏であれば、脱水症状も起こしかねませんので、安全確保も大きな課題となります。 徘徊に備えての安全対策として ...
2015年01月01日()
第五期介護報酬改定のわかりにくさ - 地域再生のきっかけになれるか - けあNews (媒体での記事掲載終了)
12月6日東京都千代田区内幸町のプレスセンターで開いた「どうなる・どうする介護保険改正と介護報酬」緊急セミナー(福祉フォーラムジャパン主催)で、基調講演をした厚生労働省老健局の榎本健太郎・介護保険計画課長もその必要性は認めた。 厚生労働省介護給付分科会 ...
> > > > 草食化・セックスレスで日本の少子化加速!? 海外紙が真剣に心配 2015年1月1日 11時0分  昨年、日本のカップルにとっての一大イベント、クリスマス・イブに合わせ、複数の海外メディアが、日本の少子高齢化問題にスポットを当てた特集記事を掲載した。そのいずれもが、少子高齢化を「日本の危機の震源地は国会や生産現場ではなく、ベッドルームにある」(フォーブス誌)、「そう遠くない時期に爆発...
医療・介護課題 キーワード「あと10年」 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
医療や介護分野の課題、キーワードは「あと10年」だ。10年後の2025年には「団塊の世代」が75歳以上となり、日本の人口の3人に1人が65歳以上となる。今後10年で高齢者の医療や介護の費用が急増することが確実な中、少子化で減り続けている若い世代が税金や保険料 ...
【走り出す日本力】中国で日本流「介護サービス」始動…シニア向け“心配り”事業、アジアへ広がり - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
国内で有料老人ホームなどを手がける介護サービス中堅のリエイ(千葉県浦安市)は1月、中国で現地法人へのコンサルティング業務を本格的に開始する。平成24年から北京、25年から上海で入居施設を運営して培った自社ブランド「礼愛中国」の看板を生かし、施設候補地の ...
社会脳からみた認知症 徴候を見抜き、重症化をくい止める』(伊古田俊夫/著、講談社ブルーバックス/刊)によると、日本の認知症患者の数は460万人、予備軍とされる人を入れると860万人にのぼり、1000万人を突破するのも時間の問題だとされています。まして、認知症は ...
早期発見がカギ 認知症初期の6つの症状 - 新刊JPニュース (媒体での記事掲載終了)
社会脳からみた認知症 徴候を見抜き、重症化をくい止める』(伊古田俊夫/著、講談社ブルーバックス/刊)によると、日本の認知症患者の数は460万人、予備軍とされる人を入れると860万人にのぼり、1000万人を突破するのも時間の問題だとされています。まして、認知症は ...
鋭い追い込みを武器にGI戦線で活躍している勝瀬卓也は“認知動作型トレーニング”の「十坪(とつぼ)ジム 川崎」を経営している。寝たきり予防、認知症予防にも効果があるとされるトレーニングを広め、社会の健康増進の一翼を担っている。 地元密着型の競輪だけに、活躍して得た ...
認知症 1年半、8カ所転々 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
リハビリをする介護老人保健施設(老健)や長く入れる療養型病院などもまわったが、「その症状では、うちではみきれません」などと断られた。 介護施設に短期間入るショートステイを使った後、知人の紹介でようやく老健に入った。安心したのもつかの間、わずか1週間ほどで電話 ...
患者と家族に寄り添う診療 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
地域の見守り他機関と連携 本人・家族が、在宅での診療(往診)を希望しても、どのような手続きをすればよいのか分からない、という場合もあるのでは。あおぞらクリニックでは、そんな時の相談役・ケアマネージャーや地域包括支援センター、訪問看護ステーション等とも密に連携 ...
住み慣れた自宅で顔馴染みのスタッフによる継続的な介護を―。通所、宿泊、訪問介護/看護、ケアマネジメントの5つのサービスを行う複合型サービス「ウイル六会ステーション」が2月1日(日)に開所する。 利用者の体調や予定などに合わせ、サービスを自由に選択。
愛着と誇りあるまちに - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
東京五輪・パラリンピックの開催が決まり、市民協働組織として「未来(あした)をつかむ東京オリンピック・パラリンピック藤沢市誘致・支援委員会」が立ち上がった。2020年に向けて、産業、観光、国際交流、教育文化、バリアフリー、安全・安心を含め、一つの好機ととらえ、 ...
藤沢市民病院での臨床経験もある友田岳志院長は、「トイレが近い、尿漏れ、おねしょ、更年期(ED含む)」といった専門の泌尿器科はもちろん、婦人科疾患やがん治療、不妊、アレルギーなど子どもから高齢者までの健康を支えている。 必要に応じて「漢方診療」を取り入れているのが特徴で、わざわざ遠方から相談に ...
まずは認知症にならないよう、バランスの良い食事や適度な運動、良質な睡眠を心掛けることが大切です。また、血流を良くする『田三七人参(でんさんしちにんじん)』『大蒜(たいさん)製剤』や『開豊瓊玉膏(かいほうけいぎょくこう)』『ノビレチン高含有陳皮』で予防に努め、健康寿命 ...
この補助金を活用し、チラシや看板、ノベルティ商品を作成し、新規顧客獲得による売上・利益の増加、店舗をバリアフリーに改装し、高齢者にもやさしい店舗づくりなど、個々の小規模事業者のニーズに合ったキメ細かな対応を行いました。今後も、地域の商工会として事業者に ...