介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2014年10月20日()
「災害時要援護者登録制度」とは(前) - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
あの激しい揺れのなか、家族以外の障害者や高齢者たちの“救援”を考える人がいただろうか。まず、自分の身の安全を確保し、家族の安否を確認し、これから先の不安に心が揺れる。私が妻と確認していることは、「どちらかが歩行困難、寝たきりの場合は家に置いたまま逃げる」 ...
ベッド数は183床で、このうち46床は震災などに備え、長期入院も可能な療養病床とした。 事業費は約69億9千万円で、国の地域医療再生臨時特例交付金などを活用。開院に合わせてこの日、隣接する山林には県道里根神岡上線バイパスも開通した。 開院式で豊田稔市長 ...
北茨城市民病院完成祝う 総事業費69億円、来月4日診療開始 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
北茨城市が同市関南町に移転新築を進めてきた「北茨城市民病院」の完成を祝う開所式が20日、豊田稔市長や植草義史院長、清水建設の岩川千行関東支店長ら約200人が出席し、現地で開かれた。療養病床46床を新設し、一般病床137床とのケアミックス病院としたほか、 ...
人手や備蓄…課題山積 名古屋、福祉避難所92カ所指定 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市は高齢者施設などに協力を呼びかけ、今年3月末までに92カ所を福祉避難所に指定した。最大で3825人の受け入れができる。当初は国のガイドラインに沿って約260ある小学校区ごとに1カ所を目指してきたが、指定は難航。2018年度までに110カ所と、今年、目標 ...
医療・介護・救助…人工筋肉、活躍の場広がる - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
人工筋肉はここ2~3年で世界中が研究に乗り出している。背景にあるのは医療や介護、災害現場などでロボットを使いたいとの思いだ。繊細な動きや安全性を極めるにはモーターに代わる動力源が必要になっている。 従来のロボットは主に工場で活躍した。パワーや速度、精度 ...
高齢化が進むとともに増えている認知症患者。厚生労働省の調査によると、平成24年の時点で推計462万人、認知症になる可能性がある軽度認知障害の65歳以上の高齢者も約400万人いると推計され、高齢者では4人に1人が認知症の予備軍だという。今や誰にとっても他人事 ...
高齢化が進むとともに増えている認知症患者。厚生労働省の調査によると、平成24年の時点で推計462万人、認知症になる可能性がある軽度認知障害の65歳以上の高齢者も約400万人いると推計され、高齢者では4人に1人が認知症の予備軍だという。今や誰にとっても他人事 ...
高齢化が進むとともに増えている認知症患者。厚生労働省の調査によると、平成24年の時点で推計462万人、認知症になる可能性がある軽度認知障害の65歳以上の高齢者も約400万人いると推計され、高齢者では4人に1人が認知症の予備軍だという。今や誰にとっても他人事 ...
シンポジウムの流れでは、日本の社会保障制度をこれまでの医療、介護、年金など高齢者福祉重点から、少子化対策強化へ転換することを訴えているように思われたが、ここでひとつ留意点がある。それは、日本の高齢者に対する社会支出は、高齢化率の高さを勘案すると、 ...
【2020年 認知症800万人 時代に備える!】須坂エクササイズ 長野県“長寿国日本一”を支える 保健補導員 とは!? - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
国立長寿医療研究センターが認知症予防に効果があるとした「有酸素運動+頭を使う=“デュアルタスク”」。脳内のより広い範囲を活性化させると言います。 この「デュアルタスク」を取り入れているのが「須坂エクササイズ」。誰もが知っている曲に合わせ、歌いながら体操することで ...
10月8日、財務省の財政制度等審議会が開催され、社会保障予算についての議論が行われました。そこで提示された資料によれば、次の介護報酬改定に際してマイナス6%程度の適正化(引き下げ)が必要と明言されています。これがそのまま実現されれば、平成15年度の ...
地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会(第2回 10/17)《厚生労働省》 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10月17日に、「平成26年度 地域医療介護総合確保基金」の交付額を各都道府県に宛てて内示した(p1参照)。 この基金は、今年(平成26年)6月に成立した医療介護総合確保推進法のなかに、病床機能の分化や連携などを推進することを目的として盛込まれた ...
矢巾町地域包括支援センター(吉田均所長)は21日、同町白沢の喫茶店ログキャビンに認知症の人や介護者、支援関係者が集う認知症カフェ「ひなたカフェ」を開設する。誰でも気軽に集まれる場を目指し、癒やしの雰囲気に包まれるログハウスで毎月1回開催。認知症になっても ...
自身の体のことだけでなく、病院勤務時代に、病院嫌いや高齢による寝たきりなど動物側の事情に加え、妊娠中や小さい子どもがいる母親や高齢者ら、飼い主によっても通院が困難なケースを数多く見てきたのも決断の理由となった。 2年前に開院。往診先への運転、診療の ...
同法人では、ホームヘルプサービス太陽の園、吉田訪問看護ステーションが連携して、「ホームヘルプサービスひまわりの園」として介護・看護サービス提供している。利用はそのつど申し込み、所要時間に対応した利用料がかかり、たくさん使うとどんどん料金がかさんでいくのに ...
岐阜の社福理事長が私的流用 職員使って自宅修繕 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
理事長やこの職員によると、理事長は11年10月、豊寿会の高齢者福祉施設「サンライフ彦坂」(岐阜市)の職員に、県内の自宅の塀の修繕を頼んだ。職員は元大工で施設の補修担当。本業のかたわら、木製の塀(高さ2メートル弱、幅約20メートル)をほぼ1人で建て替えた。
トイレ・キッチン・廊下・アプローチ...車いす走行... - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
車いす対応の設計は、高齢者よりも障害をもつ人からの依頼が多いです。ですからリフォームの営業の方にとって ... その施設にいた車いすを必要とする女性がアパートで一人暮らしをすることになり、井上さんはバリアフリーリフォームの設計・施工を見学。そこで、障害を持つ人の ...
高齢者の困難な動作は一人一人異なる、多方面か...(ノウハウ) - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
ケアマネージャーや訪問看護師、介護ヘルパー、理学療法士など利用者に関わる専門家と密に連携し、客観的な意見を聞くことも必要不可欠です」と話すのは、介護保険住宅改修の専門店としてつくば市、土浦市を中心に事業を展開している小川バリアフリープランの小川仙月 ...
認知症と向き合い20年 荒木さん介護体験語る - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命福祉文化財団・佐賀新聞社主催、住友生命保険佐賀支社協賛)が18日、佐賀市の佐賀新聞社と県在宅生活サポートセンターで始まった。佐賀県出身のタレント荒木由美子さんが、アルツハイマー型認知症の義母を20年間介護した体験 ...
2014年10月19日()
(災害大国 あすへの備え)避難弱者、地域で守る 福祉避難所設置、各地の模索 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
お年寄りや持病のある人、障害者や妊産婦――。災害は弱い人たちを直撃する。人口の2割が75歳以上という超高齢化社会が現実になろうとしている時、ケアが必要な人を災害時にどう守るか。福祉避難所の確保に向けて、各地で地道な活動が続く。▽1面参照. □中越の教訓 ...
草津市でも20年12月に認知症の高齢男性が行方不明になり、遺体で見つかるケースがあった。訓練は、この事例があった同市駒井沢町で行った。 昨年度、初めて訓練を実施した際には、認知症の人への「声かけ」が中心だったが、参加者が「より現実味のある訓練をしたい」と ...
(災害大国 あすへの備え)福祉避難所、指定進まず 朝日新聞社調査 - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者らケアの必要な人たちが災害時に避難する「福祉避難所」について、1カ所も指定していない市区町村が3割近くあることが分かった。劣悪な避難生活で体調を崩し死亡する災害関連死をなくそうと国が指定を呼びかけるが、施設やケアにあたる人が不足している ...
人材難背景 介護職PR 金沢で福祉事業所などフェア - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
特設ステージでは、寝たきりの母を一人で介護した経験を基に映画「かあちゃんに贈る歌」を制作した葉七(はな)はなこ監督のトークショーも行われた。葉七さんは「超高齢化が進む中、介護はみんなの問題。小さなころから、学校で介護の大事さを取り上げる必要がある」と指摘 ...
厚労省検討会、医療・介護の総合確保方針を了承 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の「医療介護総合確保促進会議」は2014年9月8日、「地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針(案)」(総合確保方針案)を了承した。今年度904億円の予算が計上されている「新たな財政支援制度(新基金)」は、同方針に基づき各都 ...
働き盛りの認知症 過酷な現実 (媒体での記事掲載終了)
公益社団法人全国老人福祉施設協議会が主催する、『第7回介護作文・フォト・ムービーコンテスト~ありがとう、と言いたいのはわたしのほうでした。~』の入賞作品が決定した。 (画像はプレスリリースより). 応募総数は1162点. このコンテストは、日本社会が直面する「高齢化 ...
教育費、ローン…働き盛りの認知症 過酷な現実 - dot. (媒体での記事掲載終了)
千葉県に住む藤田忠さん(仮名、50)も若くして認知症を患った一人だ。大企業に勤める成績のいい営業マンで、2人の男の子の父でもある忠さんに異変が現れたのは、2年前のこと。会議や顧客とのアポイントメントを忘れる、見積書の数字を間違えるといったミスが続き、だんだん ...
ケアマネ事業所と集合住宅の併設、サービスの種類が多い傾向 - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
ハイリスクの介護がわかる!厚労省が腰痛チェックリスト公表 老健の団体、介護報酬6%引き下げは「とんでもない話」 支給限度額を超える利用者が増加傾向、要介護5で5.9% 介護職員の労働組合が財務省に反発、「引き下げは横暴」 定期巡回の収支差率は0.9%と低水準、 ...
福祉先進国と言われるスウェーデンとデンマークを訪れそれぞれの国の、それぞれの都市における高齢者福祉政策のレクチャーを聴き、高齢者の住まいを直接訪問。 視察に加え、現地の人と交流する機会として正装をしてのオフィシャルパーティーや夕食会も企画されており、様々 ...
福井県は、10月15日、介護「まるかじり!」フェスタ2014開催中に実施される「認知症サポーター養成講座」および「映画上映会」について、参加者を募集することを発表した。 なお、このイベントは、11月11日の「介護の日」にあわせ、県内の介護事業関連団体等の連携により開催 ...
負担少ない介護法学ぶ 四国大でセミナー - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
負担少ない介護法学ぶ 四国大でセミナー スミセイさわやか介護セミナー(住友生命福祉文化財団、徳島新聞社主催)の介護実習が18日、徳島市応神町の四国大学であり、約40人が体への負担が少ない介護法を学んだ。 同大短期大学部の上田房子教授が、ベッドで寝ている ...
アピタルトップ > ニュース > 介護リハビリ後の自宅復帰希望、高齢者3割 家族は1割 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象の老健のうち、自宅復帰支援を強化して介護報酬の加算を受ける施設についてみると、退所後の行き先として自宅を希望する入所者は29・5%。対して、家族で自宅を望むのは9・0%にとどまった。通常型の老健では、自宅希望の入所者は22・5%、家族は4・3%だった。
認知症を自分で簡単“診断” 京都・和束町、タブレット端末導入 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府和束町はこのほど、テストでアルツハイマー型認知症の進行度合いを自分で調べられるタブレット端末を府内で初めて導入した。タッチパネルの対話形式で簡単にチェックでき、「機械を使った客観的なデータで、早期治療につなげてもらいたい」(町福祉課)としている。
農業、介護にロボット導入 加西の伊東電機、植物工場に出資 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
機器製造のマッスル(大阪市)は、積水ハウスと共同で在宅介護の負担を軽くする装置を備えた住宅の普及に力を入れる。マッスルはモーターの制御技術に定評があり、ベッドに寝た人を無理なく起き上がらせることができる技術を開発した。11月に積水の研究所で実証実験を ...
トマトマン 職質しとけよwww 月夢(●´ω`●)ゞ これは怖すぎる 中目黒 やめろよ!こういうの一番コワイから!!!! SkyJunky 怖すぎだろこれ AKINA MIKA こんなん夜中に見かけたらダッシュで逃げるしかない イワちゃんP チボデー・クロケット「やっぱり、ピエロはイカれた奴ばかりだぜ…。」 SIZE そういや洒落怖で海外で夜中にピエロに遭遇したって話があったな Robcat とい...
2014年10月18日()
できる限り住み慣れた家で暮らし、穏やかに家で逝きたい-。多くの人の願いだが、住まいのある街に、どんな医療や介護の資源があるかによって高齢期の暮らし方は変わる。診療所と介護老人保健施設(老健)が在宅看取(みと)りを支える滋賀県米原市を訪ねた。(佐藤好美).
離れて暮らす親の認知症対策 ゴミ出しや財産守るサービス等 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者とその予備軍はあわせて862万人ともいわれる。この病は当事者だけでなく家族にも大きな負担を強いるため「自分も当事者になる」という意識はすべての国民に必要だろう。とはいえ、同居していない親が認知症になったときはどうしたらよいのか。来るべき日に ...
介護リハビリ後の自宅復帰希望、高齢者3割 家族は1割 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象の老健のうち、自宅復帰支援を強化して介護報酬の加算を受ける施設についてみると、退所後の行き先として自宅を希望する入所者は29・5%。対して、家族で自宅を望むのは9・0%にとどまった。通常型の老健では、自宅希望の入所者は22・5%、家族は4・3%だった。
認知症を「触れる」「嗅ぐ」でケアする方法 - dot. (媒体での記事掲載終了)
動物実験では、脳の血流が増えると、記憶力や学習力が高まることがわかっています。この研究結果がそのまま人間にあてはまるかわかりませんが、少なくとも脳の血流が増えることで、認知症の進行が抑えられたり、症状が改善したりする可能性は高いと思います」(遠藤医師)
認知症の親が加害者となり約360万円の支払い命じられた例も - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
いまや国民の最大関心事といってよい「認知症」。65歳以上の高齢者約3200万人のうち、認知症患者数は約462万人に達するとされる(厚生労働省調べ)。予備軍も合わせると862万人になるという。認知症になると家事が崩壊し、性格が豹変、ご近所や家族とのトラブルに発展し ...
本県からの同賞受賞は初。義肢装具士としては史上最年少となる。 論文は盛岡市の岩手医大整形外科学講座の古町克郎講師、北上市の北上済生会病院の嶋村正院長と共同でまとめた。高齢者が車いすに座ると頻発する「仙骨(せんこつ)座り」の圧力や、前方にずれる力が尻に及ぼす影響を調べたほか、座 ...
園児と高齢者が運動会で交流 京都・城陽の保育園 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都府城陽市平川の久津川保育園で17日、運動会が開かれ、隣接する市立北部老人福祉センター「陽和苑」の利用者も参加した。合同チームで玉入れや大玉転がしに出場し、楽しんだ。 園児約120人と利用者約30人が参加。まずは園児がかわいい踊りを披露し、利用者らは ...
賃貸住宅の改修補助金、建設会社など2.6億円不正受給 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー工事や省エネルギー化を図る工事にかかった費用の3分の1について、100万円を上限に国が補助する。高齢者や障害者、子育て世帯など住宅確保が困難な世帯を入居させることなどが条件で、国交省選定の業者が審査する。 検査院の調べでは、福岡県の建設 ...
認知症への理解を呼び掛ける「世界アルツハイマーデー(9月21日)」を記念した講演会(認知症の人と家族の会県支部主催、千葉日報社ほか後援)が17日、千葉市中央区の同市文化センターで行われ、認知症治療に詳しい東京都立松沢病院の斎藤正彦院長が「認知症の患者 ...
郡山の復興住宅公開 11月入居、全室バリアフリー化 - 福島民友 (媒体での記事掲載終了)
建物は鉄筋4階建て。1階は高齢者向けの2LDK5戸が入り、2~4階に3LDK15戸を整備する。玄関から居室まで全室をバリアフリー化し、1階は玄関の扉を引き戸として車椅子でも利用しやすくした。トイレの扉は二つ設け、介護しやすいよう2方向から出入りを可能にしたほか、 ...
反響編 負担や不安、それでもともに - asahi.com (媒体での記事掲載終了)
8~9月に連載した「大介護時代 家で暮らす」にたくさんの手紙やメールをいただきました。親の元へ移住する子ども、住み慣れた家にとどまる夫婦。様々な思いを抱えつつ、ともに暮らす選択をした家族がいます。
反響編 負担や不安、それでもともに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
8~9月に連載した「大介護時代 家で暮らす」にたくさんの手紙やメールをいただきました。親の元へ移住する子ども、住み慣れた家にとどまる夫婦。様々な思いを抱えつつ、ともに暮らす選択をした家族がいます。
たとえば、100万円の医療費がかかり、窓口負担が3割だと30万円支払わなくてはなりませんが、高額療養費制度を使うと支払いの上限額があるので、かかった費用は100万円でも、自己負担は8万7430円でいいということになります。 高齢者の場合には、このハードルが ...
県営災害公営住宅を公開 - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
鉄筋コンクリート造り4階建ての1棟で、今月中に完成する予定。3LDKが15戸、高齢者向けの2LDKが5戸の計20戸分ある。いずれも段差のないバリアフリーで、高齢者向けの部屋には緊急通報装置が付いている。集会所が設けてある。 県は東京電力福島第一原発事故の ...
2014年10月17日()
保険ありきではない がんや三大疾病への備え方 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
なかでも高齢者が多いです。2010年に新たにがんと診断された人の割合を年代別にみると、男女とも年齢が高くなるほど数値が大きくなります。高齢者に比べ20~30代はわずかです。藤志郎さん ... 例えば治療費です。抗がん剤の中には薬代が月10万円を超えるものもあります。医療費の自己負担額は高額療 ...
認知症徘徊対応、市民が訓練 あす由布市で - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症が原因で行方が分からなくなる高齢者が相次いでいる問題に対応しようと、由布市は19日、市内挾間地域で徘徊(はいかい)模擬訓練を実施する。捜索願が出された認知症の人への声掛け、接し方などを実践形式で地域の人らに学んでもらう目的。同市が進めている早期 ...
矢板市、健診に認知症検査 栃木県内初、65歳以上対象 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
矢板市の遠藤忠市長は17日の定例記者会見で、2015年度から市の健康診断に認知症検査を導入することを明らかにした。 65歳以上の市内在住者のうち希望者を対象とし費用は市が負担。利用者の同意を得て検査結果をかかりつけ医や介護サービス事業者に提供し、治療 ...
<快護目指して> 同い年の妻(下) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年八月上旬、名古屋市内の青木幸夫さん(79)宅。「うちのふろは気持ちいいだろ」。向かい合って一緒にお湯につかる認知症の妻(79)に、青木さんは話し掛けた。妻が普段生活するグループホームから、家に帰ってくるのは二週間に三日。一緒に入浴する若いころからの習慣を ...
息子の遺体か 両親・行政気付かず NHKニュース (媒体での記事掲載終了)
東京・稲城市の住宅で、16日、この住宅に住む58歳の息子とみられる白骨化した遺体が見つかりました。 住宅には足の不自由な82歳の父親と認知症の78歳の母親が同居していましたが、息子の死には気付いておらず、行政も先月末から夫婦の介護認定の手続きを進めていましたが、息子の死を把握できていませんでした。 16日夕方、東京・稲城市の住宅で、「この家に住む息子の行方が分からなくなっている」と、訪ねてきた市の...
ウオッチ!2015介護報酬改定 集合住宅では介護サービスの利用過多? - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームといった集合住宅の入居者の介護保険サービスの利用状況は、戸建てなどの一般住宅に住む利用者に比べて、利用サービスの数が多く、集合住宅と居宅介護支援事業所が併設している場合は、その数がさらに多くなるという傾向 ...
認知症でも安心して出歩ける町に - 新潟日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が徘徊(はいかい)して行方不明になったと想定し、地元住民らも加わって捜す「SOS探索訓練」が17日、湯沢町神立地区で行われた。県内でも認知症の高齢者が事故に巻き込まれたり、行方不明になったりするケースが相次いでいることから、非常時の ...
千葉県は10月15日、新たに認知症による男性1人の身元が判明したことを発表した。 5月1日現在、県内で保護されている認知症によると思われる身元不明の高齢者は4市で5名、その他の理由による身元不明の高齢者は1名、計6名で、今回2人目の身元が判明したとされる。
息子の遺体か 両親・行政気付かず - NHK (媒体での記事掲載終了)
稲城市高齢福祉課の秋和広子課長は「こうした結果となり、残念に思っています。関係する担当者それぞれが手を差し伸べたほうがいいと思うことがあれば、声を寄せ合うことが大切で、こうしたことを繰り返さないためにも、地域の見守りと行政が連携することが重要だと改めて ...
高齢期の社会的孤立 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
筆者もその実現に向けた「高齢者の社会参加」を促す研究及び活動を進めているが、常にこの取組みの表裏一体の部分には、高齢期の「孤立」(*1)の問題が存在する。 本稿では、どの .... *3 斉藤雅茂(日本福祉大学 社会福祉学部 准教授)。2013年5月に当社で講義を受けた。
平成26年度病床機能報告 Q&A集(平成26年10月16日版)(10/16)《厚生労働省》 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は10月16日に、「平成26年度病床機能報告Q&A集」(平成26年10月16日版)を公表した。 今年(平成26年)10月から病床機能報告制度がスタートした。 これは、一般病床・療養病床を有するすべての病院・有床診療所が、(1)自院の一般病棟・療養病棟が持つ( ...
76歳認知症患者の運転事故 家族含め3億円超の損害賠償提訴 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
2012年に宮崎県えびの市で下校中の小学2年生の男児3人が車にはねられた事故では、男児の両親が車を運転していた男性(当時76)とその家族に約3億6000万円の損害賠償を求めて提訴した。原告側は男性には認知症の疑いがあり、医師から運転を控えるよう指導されてい ...
後期高齢者の保険料軽減特例、廃止提案 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
既に70歳から74歳までについては、今年4月以降、70歳になる人から従来の1割負担から2割負担に引き上げられている。70歳以上の高齢者の高額療養費の自己負担の限度額についても、70歳未満と比べ、「一般」「低所得者」では軽減されている。 特に後期高齢者医療 ...
76歳認知症患者の運転事故 家族含め3億円超の損害賠償提訴 - ガジェット通信 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者は、予想もしないトラブルに巻き込まれることがある。近所を徘徊中に電車にはねられた認知症患者男性の場合は、遺族らに対し見守りを怠ったと約360万円の支払いが命じられた。 交通事故も怖い。高知大学などの2008年の調査では、認知症患者約7300人の ...
“ベッド型”介護ロボットも登場 安全基準整備で、日本市場活性化に海外紙期待 - ニュースフィア (媒体での記事掲載終了)
超高齢化社会に向けて需要増が見込まれる介護ロボットや、御嶽山の噴火でますます実用化が期待される火山観測ロボットなどが紹介されている。 ◇ロボット ... 寝たきりの人をベッドから車いすに移す介護ロボットで、試作機の「人型」を捨て、より通常のベッドに近い形になった。
介護支援で連携呼び掛け 8都道府県団体連合会 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者や認知症の人を介護する人を支える8都道府県の団体が集まった「全国介護者支援団体連合会」が各地の団体に入会を呼び掛けている。 地域で活動する団体の多くは資金や人材が不足しているため、団体間で連携を深めカフェの運営や電話相談などの支援内容の充実 ...
茨城県認知症普及啓発企業連携事業協定締結式の開催結果 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
本県では,認知症に対する正しい理解の普及・啓発を推進するために,下記のとおり16企業・団体と茨城県認知症普及啓発企業連携事業協定を締結いたしましたので,お知らせいたします。 協定締結式の様子. 記念撮影. 山口副知事あいさつ. 出席者代表挨拶(茨城県農業 協同 ...
旭川で認知症サポーター イオンモール、従業員1000人養成 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
イオン北海道、イオンモールは複合商業施設のイオンモールJR旭川(仮称)で、来春の開業予定前に専門店を含む全従業員約1000人に認知症サポーター養成講座の受講を義務付ける。中心市街地への回帰を見込む高齢者を意識したサービス向上策の一環だ。イオングループ ...
《643》 「みないので分からない」という反応 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
という質問に対して、アルツハイマー病の患者さんは、46%が「分かりません」と回答し、42%が「あまりニュースをみないので分かりません」というような回答をし、10%が「不正確」な回答や「古いニュース」を回答するそうです。しかし、認知症患者さんでも2%の方は正確に回答 ...
県内で介護保険サービスの対象となる要支援・要介護認定を受ける高齢者は、2020年には10万人を超え、約10万2千人となる見込みであることが16日、分かった。県保健福祉部が初めて明らかにした将来推計で、本年度の約7万9千人から、およそ2万3千人増える。すべての ...
2014年10月16日()
地域で育む「見守る目」 広がる認知症徘徊の模擬訓練 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
徘徊する高齢者役(左)に声をかける参加者=大阪府高槻市【拡大】. 認知症で行方不明になる人が相次ぎ、事故に巻き込ま ... 近年注目を集める徘徊(はいかい)模擬訓練(声かけ訓練)はその一例で、各地に広がる。どんな訓練なのか。大阪府高槻市の訓練に参加してみた。
地域の高齢者に健康管理への関心を高めてもらおうと、川崎区社会福祉協議会(冨田順人会長)は「いこいの家」で10月6日から、血圧や体重の測定などを無料で行う事業を始めた。 「健康の日」と銘打ったこの事業は、区内の「いこいの家」10館で、毎週月曜の午前9時から ...
未経験可 看護補助・介護のお仕事 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
介護・福祉から看護師、一般事務まで幅広く仕事を紹介している(株)シグマスタッフ横浜支店(横浜市神奈川区)。同社では、未経験でも仕事が始められる、看護助手・介護職に興味がある登録スタッフを募集中。勤務地は相模原市内で、自宅から通いやすい病院や高齢者施設を ...
<快護目指して>同い年の妻(下) 夫婦は運命共同体 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年八月上旬、名古屋市内の青木幸夫さん(79)宅。「うちのふろは気持ちいいだろ」。向かい合って一緒にお湯につかる認知症の妻(79)に、青木さんは話し掛けた。妻が普段生活するグループホームから、家に帰ってくるのは二週間に三日。一緒に入浴する若いころからの習慣を ...
自立支援をいちばんの柱に在宅で介護を支える。そのことを最大の基本としてきたはずのわが国初の介護保険制度だったが、制定後15年が経過し、利用者も事業所も、またそのまわりを取り巻く家族や、地域も、改めて見てみるとすごく変化していると感じる昨今・・。事例を挙げ ...
認知症予防の一役を担う身体活性化体操は、リズム体操をベースとして運動強度を確保。非対称動作を取り入れ、脳を活性化することで、認知症予防にもつながる。 また、丈夫な身体、健康づくりに貢献する体操で、加齢により低下する運動機能(呼吸循環機能、下肢筋力、平衡 ...
メリハリをつけた介護報酬の改定を - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば高齢者宅にヘルパーを派遣し、30分以上1時間未満の身体介護をした場合は約4千円。この1割を利用 ... 来年度の改定に向けて厚生労働省がまとめた事業者の経営実態調査によると、特別養護老人ホームなどで高い利益をあげていることが明らかになった。 この結果を ...
おいしい介護食提案 大学生らレシピ展示/茅ケ崎 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
さまざまな世代に介護食について考えてもらい、レシピの幅を広げようと、湘南地域で活動している「福祉・介護農園普及推進会」が企画。高齢者が手軽に栄養を取ることができる、野菜などを使ったスイーツを、文教大学の健康栄養学部管理栄養学科(茅ケ崎市)の学生らが考え ...
着実に増加していく認知症患者~家族の介護負担を軽くするには? - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
介護費用の多寡は、要介護度と介護をどこで受けるかで決まる 無論、介護費用が一様に高額なわけではなく、介護費用の多寡は被介護者の要介護度と介護をどこで受けるかで決まると言えます。 要介護度に関しては、公的介護サービス費は1割負担とはいえ、要介護度(要 ...
愛知県は、介護の日関連イベントとして「介護の日フェア2014」を開催することを発表した。 なお、予約不要、随時入場可能なイベントで、参加費も無料だ。 (画像はホームページより). 開催概要. 「介護の日フェア2014」は、11月9日(日)正午から午後4時まで、ナディアパーク2F ...
この他、ユニバーサルデザインとエコデザインが融合したシステムとなっており、搭乗者の身体保護と、圧迫感・閉所恐怖の防止を両立する透明板ガード、および可動部やエッジ部位を露出させないよう配慮されたカバー類などを備えているのに加え、光や音を複合的に使用した ...
【翻訳編集】AFPBB News - MSN エンターテイメント (媒体での記事掲載終了)
介護・医療用など、サービスロボット集結 東京で展示会. AFPBB News. 12 時間前. 東京・有明の東京ビッグサイト(Tokyo Big Sight)で開催されて © AFPBB News 提供 東京・有明の東京ビッグサイト(Tokyo Big Sight)で開催されているロボットの展示会「Japan Robot Week」 ...
超高齢社会を迎えた日本において、今、企業は「介護離職」という問題に直面しています。40~50代の管理職をはじめとした企業の中核を担う人材が、親など家族の介護と仕事の両立が困難なために離職を選択するに至っており、深刻な経営リスクとして捉えられるようになりまし ...
愛犬にいつまでも元気で長生きしてほしい。飼い主さんの願いから生まれた、犬の寝たきり予防クッション「王様のらくすや」発売開始 - DMMニュース (媒体での記事掲載終了)
犬の専門家や飼い主の皆さんからの意見を取り入れ、老後ケア商品を開発する「ペピイひなたぼっこプロジェクト」が新しい製品を発表しました。ペットの高齢化が進む中、愛犬の寝たきりを防ぐために、体重を分散させ優しく体を包み込む「王様のらくすや」を10月16日より発売し ...
サンシステム 国内初となる歯科訪問診療支援ソリューションの提供を開始 - QLifePro医療ニュース (媒体での記事掲載終了)
同ソリューションはタブレット端末を活用することで、移動中にレセプトコンピューター上にある診察履歴を閲覧し、ケアマネージャーや薬剤師などと共有する歯科診療情報提供書や各種報告書も簡単に作成することができるという。これにより歯科医は、診察の合間に取ったメモを帰 ...
認知症の増加について - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
認知症は、初期の診断が必要である事は確かですが、それは、高齢者本人や家族が、人格の変化や、約束した事を忘れることに対して、その事が、倫理的に問題があること(責められるべき事)なのか、あるいは、自分ではいかんともし難いこと(病気の為に起こっていること)な ...
介護報酬大幅減に審議会で異論続出、経団連は財務省を支持 - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
老健の団体、介護報酬6%引き下げは「とんでもない話」 支給限度額を超える利用者が増加傾向、要介護5で5.9% 介護職員の労働組合が財務省に反発、「引き下げは横暴」 定期巡回の収支差率は0.9%と低水準、介護経営実態調査 ハイリスクの介護がわかる!厚労省が ...
日本式介護、東南アに 厚労省が国内で「商談会」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は東南アジア諸国で日本の介護関連サービスの普及に乗り出す。まず第1弾として、21~23日に東南アジア諸国連合(ASEAN)との政府間会合を日本で開き、参加者を国内の介護施設に案内し、介護向けの機器や食品を紹介する。介護事業者の進出のきっかけと ...
ロコモティブシンドローム予防につながる“歩くこと”、シニアはどう取り入れてる? - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
ロコモティブシンドロームは、メタボリックシンドローム・認知症と並び、寝たきりや要介護状態の3大要因とされていて、厚生労働省は、健康寿命を延ばすことを目的にロコモティブシンドロームの予防啓発活動を行っている。 まだまだ低い、ロコモティブシンドロームの認知度.
高齢ファンをアシスト/第3部 次の一歩(4)生涯の楽しみ/エールの風景(18) - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
体力が落ちてきた高齢サポーターへの対応だ。竹鼻純取締役(66)は「近年『スタジアムに行くのがきつくなった』と年間チケットの購入をやめるサポーターが出始めている」と言い、危機感を抱く。 バリアフリーを考慮し建設されたユアテックスタジアム仙台(泉区、ユアスタ仙台)は外 ...
年金給付、物価下落でも減額 抑制策15年度導入へ  :日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は15日、公的年金の給付水準を毎年度、確実に抑える仕組みを2015年度から導入する方針を固めた。物価が下落した時も、少子化に合わせて年金額を減らす。高齢者への年金給付を抑え、若年世代が将来、受け取る年金が減りすぎないようにする。 厚労省が同日開いた社会保障審議会年金部会(厚労相の諮問機関)に、毎年の年金給付額を抑えるマクロ経済スライドと呼ぶ制度の見直し案を示し、社保審が大筋で了承した。厚...
千葉県は15日、情報提供を呼び掛けていた県内の認知症などの身元不明高齢者のうち1人が「島根県出身の70代男性」と判明したと発表した。 県高齢者福祉課によると、この男性は2012年11月、野田市内で保護されたが、認知症とみられる症状があり、現在は同市内の養護 ...
<地下鉄東西線>工夫さまざま2000系 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー設備の充実も図った。車いすスペースを車両ごとに設けたほか、乗降口上部に扉の開閉動作を知らせるランプとチャイムを設置、視覚・聴覚障害者が認識しやすいようにした。高齢者らの立ったり座ったりの動作を助ける縦型の手すりも設けた。 車両デザインは、仙台 ...
菅井きん「認知症報道には腹が立ちました。弱い者いじめだと思った」…今週の芸能人発言ニュース - インフォシーク (媒体での記事掲載終了)
2年ほど前に認知症で『要介護3』の認定を受けた」「夜中に外に出て、閉まっている建物のシャッターを叩いて“配給米をください”と叫んでいる」など具体的な記述も見られる報道だったが、それらを本人は完全否定。「腹が立ちました。弱い者いじめだと思った」と、怒りを露わにして ...
医薬品の参照価格制度「無理」、日医 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
その他にも、入院時食事療養費について「入院医療と在宅医療の公平を図る観点から、見直すことが必要」として、一般病床などで給付見直しを求めている点についても、横倉会長は「入院時の食事は治療の一環」とした上で、入院患者と介護施設の入所者らを食事の観点で、 ...
見守りねっとに存在感 徳島市と事業所、高齢者の安否確認 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
見守りねっとに存在感 徳島市と事業所、高齢者の安否確認 徳島市が事業所などと連携して高齢者や障害者の見守り活動をする「とくしま見守りねっと」(市高齢者・障害者等見守りネットワーク)の発足から1年余りが過ぎた。配達や検針で各戸を回る事業所からの情報を高齢者ら ...
資金的な準備として民間の医療保険や介護保険を考える場合、認知症を含む介護状態になるかならないかではなく、介護負担を軽くするための一助として、自分がヘッジしたいリスクの範囲での活用を考えれば、保険料負担を抑えることは可能だと思います。(執筆者:青沼 英明).
群馬銀行は、10月10日、医療機関・介護事業者とものづくり企業のマッチングを目的とする医工連携の取り組みの一環として、「介護施設の現場見学会」を開催することを発表した。 なお、今回は、現場見学会に備え、介護事業者から介護用品等に関する課題・ニーズを事前に調査 ...
2014年10月15日()
若松の佐藤ステさん112歳に - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
県内最高齢の会津若松市の佐藤ステさんが15日、112歳の誕生日を迎え、入居している同市門田町の有料老人ホーム門田の家で慰問合唱などが催された。地元のコーラスグループ「カッコウ」が「夕焼け小焼け」などを合唱すると、ステさんはメロディーに合わせて体を動かし ...
南図書館で10月9日、区が主催する「認知症基礎講座」が行われた。 南区認知症サポート医で、別所にある北浜医院の北浜正院長が講師となり、集まった約50人の住民に認知症の原因となる病気や症状、治療法などを説明。脳のMRI画像を用いた解説や、認知症の進行を ...
誰にも等しく老いはやってくる。元気なうちは意識が向かないが、年齢を重ねるとともに健康へのリスクは高まり、身体機能も衰えていく。突然介護が必要になることも考えられる。家族も、自分も「老後への備え」は早い段階から行動に移すことが得策。いざという時にあわてないよう ...
<快護目指して>同い年の妻(上) 進む認知症に戸惑い - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市内の老人保健施設。「目覚めたかな。口の中をきれいにしようね」。青木幸夫さん(79)=同市=は今月三日、ベッドに寝ている認知症の妻(79)の背を起こし、口に電動歯ブラシを当てた。素直に口を開け、青木さんを遠い目で見つめ返す妻。物音ひとつしない四人部屋 ...
過去には愛知県で認知症の高齢男性が徘徊(はいかい)中に電車にはねられ死亡し、鉄道会社が遺族に遅延損害を求めて訴訟に発展したケースもあった。同課の担当者は「認知症患者が安心して暮らせる町づくりには地域の目が欠かせない」と強調する。 11月19日には、 ...
三嶋電子、水電池使いセンサー−高齢者などの尿漏れ通知 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
三嶋電子(東京都千代田区、檀浦逸克社長、03・3293・4791)は、寝たきりの高齢者などの尿漏れを通知する水電池を使ったセンサーを開発し、10月下旬から発売する。 水電池の発電で発光ダイオード(LED)電球を点灯したり、電波の送・受信機を活用した通知が可能になっ ...
日本法規情報が7月、30~50代の男女1263人に聞いたアンケートでは、親の介護について「親子で話し合ったことがない」人は58%。「話し合ったことがある」はわずか12%で、5%は「考えたくない」という思考停止状態だった。怖いから考えない。考えないから怖い、という ...
認知症見守りへ連携 県と16団体・企業が協定 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の徘徊(はいかい)見守りなどの認知症対策で、民間企業が協力する動きが広がっている。徘徊で行方不明になったり事故に巻き込まれたりするケースが相次ぐ中、住民と接する機会の多い生活協同組合や金融機関の従業員らが目を配り、自治体などと連携して安全を ...
この連載で論じているように、若年者人口の減少に伴って、労働力人口は減少する。他方で、医療介護に必要な労働力は増加する。これは、日本経済に極めて大きな影響を与える。 日本経済の問題として総人口の減少がしばしば取り上げられるのだが、本当に問題となるのは、 ...
介護の技能実習制度、具体像を議論する新会議が近く発足へ - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
一方、介護関係者の間では、技能実習制度を通じた外国人の受け入れに慎重な声が根強い。介護職員の処遇に悪影響が及ぶことや、サービスのレベルが下がっていくことを懸念したもので、声高に「断固阻止」などと訴える声も出ている。新たな有識者会議では、反対意見が噴出 ...
最重要課題は人材確保、厚労省が介護報酬改定の基本的視点 - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
また、平成26年度の診療報酬改定や今後の地域医療構想に基づく病床機能の分化・連携の推進による医療機関から在宅復帰促進の流れにより、在宅医療・介護のニーズが高まり、在宅要介護者の中重度化が見込まれることからも、在宅生活の限界点を更に高めるための対応 ...
アピタルトップ > ニュース > 青森)高齢者虐待、4年連続ゼロですが…学会「調査を」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課によると、対象となる職員は、県内に約1万6千人(2012年現在)おり、特別養護老人ホームなど施設だけでも400カ所を超える。だが、13年度は40市町村から報告が1件もなかった。06年度以降でも07年度2件、09年度1件で、8年間で計3件のみの報告 ...
要望は、各駅ごとに高齢化に対応した駅舎のバリアフリー化や駐輪場の増設など、16項目にまとめられています。 中でも優先事項として、県立中央病院へのアクセスを向上させるため、稲荷町駅から不二越駅の間に新駅を整備することなどを提案しています。 富山市の京田都市 ...
介護報酬見直しで職員確保策など議論本格化 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護サービスを提供した事業者に支払われる介護報酬の見直しに向けて、認知症の高齢者への支援や人手不足が深刻な介護職員の確保策を巡って、厚生労働省の分科会で本格的な議論が始まりました。 3年ごとに行われる来年春の介護報酬の見直しに向けて、15日は厚生 ...
菊池寛賞にNHKの認知症キャンペーン報道 - NHK (媒体での記事掲載終了)
優れた文化活動に携わった個人や団体に贈られることしの「菊池寛賞」に、認知症のはいかいによって多くの人が行方不明になっている問題を取り上げたNHKスペシャル「認知症行方不明者1万人」など一連のキャンペーン報道が選ばれました。 「菊池寛賞」は文学や放送などで ...
今のマンションはバリアフリーが一般的だし、セキュリティーも戸建てよりしっかりしているので、高齢者を狙う犯罪が増加している中、子供たちも安心するという面がある。 移転先は、基本的には今より便利なところ。「住み慣れた街から離れたくない」という人、「同じ沿線がいい」 ...
「餃子の王将」方式を介護施設で? 異色ベンチャー - dot. (媒体での記事掲載終了)
介護施設にありがちなまっすぐな廊下、均質的な部屋はない。中央は吹き抜けで、その周囲を廊下が囲む。廊下には、つるしの裸電球。等間隔に並べたのは、「通りの街灯」をイメージしてのことだ。入居一時金は約30万円。月額利用料は15万円台だ。決して「富裕層向け施設」 ...
介護 ハードル低い資格創設へ (媒体での記事掲載終了)
介護用などの最新ロボット展示会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
人口減少や高齢化でさまざまな分野での活用が期待されている最新のロボットの展示会が始まり、介護現場で使われるロボットなどが紹介されました。 東京都内で開かれているこの展示会は、医療や介護、サービス業などの分野での最新のロボット技術を紹介するもので、144 ...
認知症で行方不明になる人が相次ぎ、事故に巻き込まれるケースも後を絶たない。家族の介護には限界があり、認知症の人が住み慣れた地域で暮らし続けるには地域ぐるみでの見守りが大切だ。近年注目を集める徘徊(はいかい)模擬訓練(声かけ訓練)はその一例で、各地に ...
「介護うつ」共倒れ防げ 早期発見に簡易判定法 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族を介護する人が、介護疲れなどが原因でうつ状態になっていないか簡単な質問で判定する方法を、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の荒井由美子・長寿政策科学研究部長らが開発した。だれでも同一の基準で判定することができ、介護者のうつを早期発見し支援 ...
床(とこ)ずれと予防 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
床ずれ」になりやすい人とは、自分で寝返りができず長期間寝たきりで、栄養状態が悪く、皮膚が弱っている人(高齢者、便や尿などの排泄物や汗により皮膚のふやけがある、むくみが強い、抗がん剤やステロイド [炎症を抑えたり,免疫の働きを弱めたりする薬で,もとは人間の ...
LIXIL、介護のストレスを軽減 国際福祉機...(メーカー) - リフォーム産業新聞 (媒体での記事掲載終了)
LIXIL(東京都千代田区)は、10月1~3日に東京ビッグサイトで行われた「国際福祉機器展」に展示ブースを出展、高齢社会におけるユニバーサルデザイン(UD)に配慮した商品展示を行った。 今回は「ストレスフリー」をテーマに、介護する人、介護される人の双方が感じる介護の ...
《642》 水上の白鳥のように - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の当事者となられたクリスティーン・ブライデンさんはこの努力について、「私はまるで白鳥のようだ。白鳥は水上を優雅にすべっているが、水面下では必死で水を掻いている。私は表面上は機能しているように見えるが、その下では浮かび続けるために懸命に足を掻いている ...
老老介護で妻殺害、88歳に猶予付き判決 福岡地裁支部 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護していた妻(当時79)の首を絞めて殺したとして殺人の罪に問われた無職福田満被告(88)=北九州市八幡西区=の裁判員裁判による判決公判(柴田寿宏裁判長)が14日、福岡地裁小倉支部であり、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。 判決によると、福田 ...
2014年10月14日()
地域で育む「見守る目」 広がる認知症徘徊の模擬訓練 - 産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症で行方不明になる人が相次ぎ、事故に巻き込まれるケースも後を絶たない。家族の介護には限界があり、認知症の人が住み慣れた地域で暮らし続けるには地域ぐるみでの見守りが大切だ。近年注目を集める徘徊(はいかい)模擬訓練(声かけ訓練)はその一例で、各地に ...
新たに90代女性1人死亡 感染症疑いの老健施設 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
秋田県由利本荘市西目町の介護老人保健施設「グランドファミリー西目」で感染症が疑われる呼吸器症状や発熱を訴える患者が集団発生し、男性2人が死亡した問題で、県は14日、新たに90代女性の入院患者1人が死亡したと発表した。県は施設名を非公表としてきたが、14 ...
うつ抱える介護者 「精神的に限界」…周囲で支えを - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で家族を介護していると、主な介護者が問題を一人で抱え込んでしまい、周囲が気付かないうちにうつの症状が進むケースが少なくない。国立長寿医療研究センターと富山市が、同市内で実施した調査では、介護者の3割以上がうつ状態と判明。専門家は、介護が必要な高齢 ...
未来の看護師を潰さないで!乖離する看護師のイメージと現実 - ハフィントンポスト (媒体での記事掲載終了)
看護師は、人々の健康的な生活を支え、高齢化社会を迎える上でも大きな役割を果たす重要な職業である。どの職業にもイメージと現実のギャップ .... そして、要介護度5でありほぼベッド上で寝たきり、両腕だけが動かせるような状態だった。入院生活でのストレスや暴力的になっ ...
「精神的に限界」 うつ抱える介護者 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
自宅で家族を介護していると、主な介護者が問題を一人で抱え込んでしまい、周囲が気付かないうちにうつの症状が進むケースが少なくない。国立長寿医療研究センターと富山市が、同市内で実施した調査では、介護者の3割以上がうつ状態と判明。専門家は、介護が必要な高齢 ...
<快護目指して> 介護うつ、早期に発見 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族を介護する人が、介護疲れなどが原因でうつ状態になっていないか簡単な質問で判定する方法を、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の荒井由美子・長寿政策科学研究部長らが開発した。だれでも同一の基準で判定することができ、介護者のうつを早期発見し支援 ...
高齢者虐待、4年連続ゼロですが…学会「調査を」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課によると、対象となる職員は、県内に約1万6千人(2012年現在)おり、特別養護老人ホームなど施設だけでも400カ所を超える。だが、13年度は40市町村から報告が1件もなかった。06年度以降でも07年度2件、09年度1件で、8年間で計3件のみの報告 ...
医療と介護の実践の場で最も重要な課題は、「死に時」の見極めだろう。死に場所の選択でもある。医療と介護の最終着地点は死であり、そのイメージを事前に把握しておかないと、医療も介護もスタートできないはず。ところが、日本人は死についての自己決定を躊躇し避け、家族 ...
千葉県の介護型で1位は、ベイエリアにある「新浦安フォーラム」。グスタフ・ストランデル社長は、日本スウェーデン福祉研究所を立ち上げ、スウェーデン発祥の緩和ケア「タクティールケア」など北欧の進んだ福祉技術や理論を日本に紹介してきた人物。ここは彼のこだわりを実践 ...
医療・介護、健康産業への投資で地域を活性化 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
政府系投資会社の地域経済活性化支援機構(東京都千代田区)は2014年9月1日、地方銀行5行などと共同出資し、医療・介護や健康産業に投資する「地域ヘルスケア産業支援ファンド」を設立した。地域におけるヘルスケア産業の促進を目的に、全国の医療機関や介護事業者 ...
三菱東京UFJ、介護事業者の資金繰り支援 電子債権を活用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
三菱東京UFJ銀行は通所介護事業者(デイサービス)の資金繰りを支援する枠組みをつくった。事業者が介護報酬を受け取るまでの運転資金を、電子債権を現金化するかたちで融通する。事業者は決算書の提出など面倒な手続きをせずに資金を調達できる。 デイサービスは高齢 ...
高齢者の生活を演出する介護施設の「餃子の王将」方式 - livedoor (媒体での記事掲載終了)
介護施設にありがちなまっすぐな廊下、均質的な部屋はない。中央は吹き抜けで、その周囲を廊下が囲む。廊下には、つるしの裸電球。等間隔に並べたのは、「通りの街灯」をイメージしてのことだ。入居一時金は約30万円。月額利用料は15万円台だ。決して「富裕層向け施設」 ...
後期高齢者医療費13億円過払い=二重請求、都道府県も被害か−会計検査院 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
75歳以上の高齢者が加入する後期高齢者医療制度で、国が4分の1を負担している「高額療養費」が、医療機関への支払い事務などを担う「広域連合」に計約13億4千万円過大に支出されていたことが14日、会計検査院の調査で分かった。都道府県も同額を負担しており、同様 ...
認知症などの影響で高齢者が徘徊し、長い間、行方不明になる事例が全国で相次いでいます。認知症高齢者の行方がわからなくなり、警察に通報があったケースは、県内で去年1年間、197件にのぼります。 こうした徘徊するお年寄りを地域で守ろうと、住民ネットワークを活用 ...
イラク:クルド系少数宗派ヤジディ教徒が結婚・改宗を強要される - ヒューマンライツウオッチ (媒体での記事掲載終了)
はじめの数日間は男女と子どもが一緒に拘禁されていたが、その後3つのグループに分けられたという。1つ目は比較的高齢の女性と幼い子連れの母親たち(一部は比較的高齢の男性あるいは夫も一緒)、2つ目は20代前半の女性と10代の少女たち、最後は比較的若い男性と少年のグループだ。 イスラム国は ...
介護職員の労働組合が財務省に反発、「引き下げは横暴」 - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
介護職員の労働組合「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン(NCCU)」は、財務省などが来年度から介護報酬を大きく下げるよう求めていることを受け、現場を支える人の処遇がさらに悪化すると危機感を強めている。インタビューに応じた陶山浩三会長は、「納得できない。
これからの社会保障をどうまかなうか - 介護・地域包括ケアの情報サイト Joint (媒体での記事掲載終了)
介護 3.3 8.4 19.8 其他 7.7 12.2 14.7 2012年度から団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年度までに社会保障の給付費は1.36倍。 この間に年金の給付費は1.1倍にしか増えない。これはマクロ経済スライドという年金の伸びを抑える仕組みが発動されるからだ。
地域で暮らす高齢者を支えるため、医療や介護、保健などさまざまな分野の連携が重要になる中、愛媛県西予市は2014年度、複数人がインターネット端末を使って情報共有できるクラウド・サービスの活用に着手した。厚生労働省が提唱する「地域包括ケアシステム」の構築に ...
後期高齢者医療費13億円過払い=二重請求、都道府県も被害か-会計検査院 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
75歳以上の高齢者が加入する後期高齢者医療制度で、国が4分の1を負担している「高額療養費」が、医療機関への支払い事務などを担う「広域連合」に計約13億4千万円過大に支出されていたことが14日、会計検査院の調査で分かった。都道府県も同額を負担しており、同様 ...
認知症発覚 冷蔵庫からスリッパと靴が出てきたのがきっかけ - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
認知症はもはや超高齢化社会・日本の「新たな国民病」である。65歳の認知症高齢者とその予備軍は合わせて826万人ともいわれる。発覚の端緒になりやすいのが料理、洗濯などの家事だ。実例を見ていこう。 都内で働くA氏(5. 認知症はもはや超高齢化社会・日本の「新たな ...
人気のチャック袋にWチャック品を追加 - 健康メディア.com (媒体での記事掲載終了)
出足は好調で、別注品に加え、13種類の規格品も取りそろえた。開閉しやすくするため、袋開閉口にリブとチャック部にガイドラインを装着。指がリブと溝にかかるため、簡単に開封できる。ユニバーサルデザインをテーマに、高齢者にも使いやすくした。同社では「健食業界での採用 ...
給与費は維持・増加の傾向 介護事業経営実態調査の結果 - 福祉新聞WEB (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は3日、2015年度介護報酬改定に向けて、今年3月の介護保険事業の収支状況などを調べた「介護事業経営実態調査」の結果を明らかにした。3年前に比べ、定員29人以下の地域密着型特別養護老人ホームの収支が大きく改善した。全般的に職員の給与費は ...
認知症への理解を訴えながら列島を縦断して走る「RUN伴(とも)2014」(NPO法人認知症フレンドシップクラブなど主催)が12日、県内でも各地で行われた。桜井市では松井正剛市長をはじめ、同市商工会や桜井ライオンズクラブ、グループホームの関係者らが交代で走り、思いを ...
高額療養費制度(限度額を超えた分の医療費が払い戻される、公的医療保険における制度)も適用されるので、最終的な負担はさらに軽減されます。手術を受ける医療 ... A.高齢者でも、開腹手術や腹腔鏡下手術を受けられる人であれば、受けることが可能です。ダヴィンチ手術 ...
2014年10月13日()
65歳以上4人に1人が認知症 アルツハイマー型や脳血管性など - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
認知症」はいまや国民の最大関心事といってもいい。厚労省研究班の調査(2012年)では65歳以上の高齢者約3200万人のうち、認知症の患者数は推計15%、約462万人に達するとされる。さらに認知症の「前駆段階」とされる軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると ...
延ばせ健康寿命 平均寿命との大きな差をどうする? - エコノミックニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
この差が大きくなればなるほど医療費や介護にかかる費用は増加することになり、高齢者の生活レベルは低下するおそれが強まる。厚生労働省もいかに健康寿命を延ばすかを重要な政策課題と位置づけている。 また、各自治体も高齢者の健康推進には積極的だ。寝たきりや要 ...
また、移動中でもタブレットからレセプトコンピューター上にある診察履歴を閲覧したり、ケアマネージャーや薬剤師などと共有する歯科診療情報提供書や各種報告書も簡単に作成できるため、診察の合間に取ったメモを帰院後に報告書としてまとめる作業の負荷が大幅に軽減 ...
第5章 寄り添うまちに[8] 意識付け - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
道路脇で女性がうずくまっている。「大丈夫ですか?」。同じ目線に体をかがめながら、住民がゆっくりと声をかけた…。 徘徊(はいかい)する認知症の高齢者を想定した住民による捜索訓練。もともと福岡県大牟田市で始まった試みだが、近年、地域での見守りを強化しようと、佐賀 ...
2014年10月12日()
介護報酬改定 まずは職員の待遇改善だ - Sankei News (媒体での記事掲載終了)
介護の担い手が不足したのでは、これからの高齢社会を乗り切ることなどできない。安倍晋三政権は来年度の介護報酬改定で、思い切った介護 ... 訪問介護に携わるホームヘルパーに限れば21万8千円にとどまる。政府は「医療から介護」「施設から在宅」へのシフトを目指し、 ...
認知症の人と支援者が県内をリレー - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族、支援者らがたすきをつないでゴールを目指す「RUN TOMO―RROW2014(略称・RUN〈ラン〉伴〈とも〉)」が11日、御坊市役所―大阪府岬町役場間であった。曇り空のもと、そろいのTシャツを着た参加者らは、沿道からの声援を受けながら心地よい汗を流 ...
島根)若年性認知症の研究者に学ぶ研修会 出雲 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
若年性認知症の人たちが抱える問題を学ぶ研修会が12日、出雲文化伝承館であった。患者の家族や福祉施設職員ら約70人が参加。厚生労働省の運営費で若年性認知症の研究を進める認知症介護研究・研修大府センター(愛知県)の研究部長で神経内科医の小長谷(こなが ...
塀の中の運動会 見える高齢化 (媒体での記事掲載終了)
同社では、ホーム常駐の栄養士や管理栄養士がカンファレンス等を通じ、居住者個々人にあった栄養ケアを行っているという。 (画像はプレスリリースより). 取り組み事例. 今回、入居者の希望者に、1日1回、筋肉トレーニング後、ネスレ日本の「リソース ヘルパムアクティブ」という ...
12才女子が結婚!福祉国家ノルウェーでなにが? | 鐙麻樹 (媒体での記事掲載終了)
12才の女の子の結婚ブログが、ノルウェー市民の逆鱗に触れる Photo: Asaki Abumiノルウェーの一組の結婚式が、市民の逆鱗に触れ、その衝撃のニュースは世界中へ広まることとなりました。花嫁は、なんと12才のテアちゃん。花婿は37歳の男性ゲイル。まだ小学生のテアちゃんはお母さんに言いくるめられ、無理矢理結婚させられることになったのです。これはノルウェーを舞台にした児童婚のお話です。テアちゃ...
目指せ介護技術日本一・伊勢崎興陽高が全国大会へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉を学ぶ高校生を対象にした「第3回全国高校生介護技術コンテスト」が来月9日、宮城県名取市内で開かれる。関東ブロック代表として出場権を得た県立伊勢崎興陽高校の3人は今、学びの集大成をぶつけようと、周囲のサポートを得て奮闘する日々だ。 出場するのは同校 ...
(株)学研ホールディングス【9470】の子会社で、訪問介護等居宅介護サービスなどを手がける(株)学研ココファンホールディングスは、平成26年10月1日付で、高齢者福祉施設および住宅の企画・設計・コンサルティングを行うシスケアグループ((株)シスケア、(株)エス・ピー・エー)の ...
高潮のおそれで高齢者が高台避難 - NHK (媒体での記事掲載終了)
台風19号の接近で高潮による被害が出るおそれがあるとして、宮崎市日南市の海岸沿いにある特別養護老人ホームでは、入居している人たちが近くの高台にある別の施設に避難しました。 日南市の特別養護老人ホーム「昭寿園」は、施設が建っている場所が海岸まで100 ...
家族が認知症になったら…考えたことある? - 日刊アメーバニュース (媒体での記事掲載終了)
施設にいれたりヘルパーさんにきてもらうと「見捨てた」「手抜き」だのいう人もいるけど、自分がその立場じゃないからいえるんだろな。家族が家族じゃ ... でも、少子高齢化で施設やホームが足りない地域もあるから、料金が高い施設じゃないとはいれなそう。』 『私もそれが理想 ...
那覇市の制作会社、うちなーぐちの福祉アプリを開発 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
高校生らが老健施設での実習を終えた後の感想で「お年寄りの言葉を理解してあげられず残念だ」と話していたことがきっかけ。屋宜さんは「介護スタッフにうちなーぐちを理解できる人がいると笑顔が違ってくるそうだ。日常使い慣れた言葉で話すことで、相手への信頼感が増して ...
社説:地域包括ケア体制 構築へ大学との連携を - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
医療、介護、福祉が一体となって高齢者の生活を支える「地域包括ケアシステム」の構築を支援しようと、秋田大が独自に人材育成機関を新設した。システムづくりの主体となる市町村は、医学部を持つ秋大のノウハウを積極的に活用し、地域の実情に即した高齢者本位の仕組み ...
高齢者施設を検索「介護クラウド」 - わかやま新報オンラインニュース (媒体での記事掲載終了)
和歌山市のIT企業「オンアンドオフ㈱」は、老人ホームやその他高齢者施設を簡単に検索できるポータルサイト「介護クラウド」を開設しました。 現状では介護施設に入所を希望する場合は役所やケアマネジャーからの紹介で入所先を決定している例が多いですが「介護クラウド」 ...
第5章 寄り添うまちに[6] 苦闘する現場 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
昼間と勘違いして部屋を出てしまい、戻ろうにも自分の部屋がわからず、施設内を徘徊(はいかい)していた。 気持ちを落ち着かせながら、ゆっくりと部屋に誘導した後、騒ぎに驚いて目を覚ましたほかの高齢者を寝かしつける。気がつけば、夜が明け始めていた。 この施設で働き ...
2014年10月11日()
和歌山)認知症の人と支援者が県内をリレー - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や家族、支援者らがたすきをつないでゴールを目指す「RUN TOMO―RROW2014(略称・RUN〈ラン〉伴〈とも〉)」が11日、御坊市役所―大阪府岬町役場間であった。曇り空のもと、そろいのTシャツを着た参加者らは、沿道からの声援を受けながら心地よい汗を流 ...
群馬)目指せ介護技術日本一・伊勢崎興陽高が全国大会へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉を学ぶ高校生を対象にした「第3回全国高校生介護技術コンテスト」が来月9日、宮城県名取市内で開かれる。関東ブロック代表として出場権を得た県立伊勢崎興陽高校の3人は今、学びの集大成をぶつけようと、周囲のサポートを得て奮闘する日々だ。 出場するのは同校 ...
厚生労働省は、10月9日、平成26年度「介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣表彰」の受賞者として、37名を決定し、発表した。 なお、表彰式は、平成26年10月16日(木) 9時30分より盛岡市民文化ホール(マリオス)にて開催される、「第25回全国介護老人保健施設大会」 ...
大阪市は10月9日、大阪市福祉局で介護保険料の収納消し込み事務の処理漏れがあり、二重納付となっていたことを発表した。 保険料を徴収していたにも関わらず、3名に催告書を送付してしまったのだという。 (画像はホームページより). 事件のあらまし. 平成26年10月2日( ...
津波の避難訓練、サーファーらと連携 豊橋(愛知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
訓練が行われたのは、特別養護老人ホーム前の表浜で、海から避難してきたサーファーらが老人ホームの職員と連携。入居する高齢者を2階から3階に避難させた。この海岸は、休日の多い時には1000人以上がサーフィンや釣りなどを楽しんでいるといわれ、職員は「寝たきりの ...
膨大な高齢者向け住宅の医療・介護体制データベースを収集・管理し、個別ニーズに最適な高齢者向け住宅を紹介する。その際には、ケアマネジャーや介護施設での相談員経験者などの専門家が担当者となり、入居希望者のニーズを丁寧にヒアリングし、最適な住まいを提案 ...
高齢者虐待176件判明 県北、県南の施設 13年度栃木県まとめ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設は県南の特別養護老人ホームと、県北のグループホームで、それぞれ1人の職員が1人の利用者に対し、暴言や頭をたたくなどの暴力を与えたが、被害者にけがはなかったという。県と市が再発防止を指導した。施設名は非公表。 施設での虐待が判明したのは、06年の ...
これは65歳以上の高齢者の、実に4人に1人にあたる数字だ。それに伴い、認知症に対する周囲の人の無理解や偏見により生じるトラブルや事故も急増。認知症が原因で行方不明になる徘徊高齢者の対応も社会的な問題となっている。そんな社会背景を受け、現在、厚生労働省 ...
認知症患者への理解を深める、日本調剤の試みが評判に - Nicheee! (ニッチー!) (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の調査によると、65歳以上で認知症とされる人は、2012年時点で約462万人に達し、その予備軍を含めると約800万人以上に上るとしている。これは65歳以上の高齢者の、実に4人に1人にあたる数字だ。それに伴い、認知症に対する周囲の人の無理解や偏見により ...
《637》 アルミニウムの影響 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルミニウムが脳内に侵入した場合に神経系に悪影響を与え、最終的には認知症症状を引き起こすことはすでに明らかであり、アルミニウムとアルツハイマー病との関連については否定的な見解を示している研究者ですら、アルミニウムは『dementing ion』であると述べている。
要介護度が重くなったり認知症が加わったりすれば、その負担は増すばかりです。ホームヘルパーなどの介護サービスに頼っていられる状況ではなくなり、つきっきりの介護が必要になります。そのため仕事を辞めざるを得なくなる人も少なくありません。仕事を辞めればつきっきり ...
綜合警備保障は、平成24年秋に「HOME ALSOK」ブランドとして、介護事業に参入し、「ALSOKケア」、平成26年9月に子会社化した「あんていけあ」を通じた介護サービスを提供している。また、平成26年8月には、損保ジャパン日本興亜グループとの高齢者向け事業の共同展開 ...
9月定例県議会は10日、本会議を続開。5氏が一般質問に立ち、高齢者の生きがいづくり推進事業の取り組み状況や、運転免許証を自主返納した高齢者への支援事業の推進状況などについて、理事者側の見解をただした。浜田恵造香川県知事は、高齢者の生きがいづくり推進 ...