介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2013年03月20日()
JALUXトラストサービス付き高齢者向け住宅「ソルシアス佐倉」運営開始 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
同住宅は、「介護が必要になっても自分らしいシニアライフを楽しみたい」という高齢者の要望に応えたもの。プライバシーが確保され入居者の豊かな暮らしを維持する。建物内はバリアフリー化され身体の状態に応じた良質な介護サービスが提供できる環境を整えているとのこと。
ウチヤマHD 連結子会社が介護施設を譲渡 - NET-IB NEWS (媒体での記事掲載終了)
また、譲渡する介護施設の運営については、これまで通りさわやか倶楽部が20年間の建物賃貸借契約を締結し、継続して行なう。 今回の固定資産の譲渡により、発生する固定資産売却益約2億1,600万円については、2013年3月期において特別利益に計上する見込みとして ...
改修後は高齢者に配慮し、2階にある図書館を1階に移すほか、館内バリアフリー化を実現する。さらに敷地内の倉庫を取り壊し、コミュニティ室を配置した別棟を建設。地域の街づくり会議などに使用できるスペースとなる。ダンスや子育てなど、各種サークルに開放する多目的室 ...
同院では特に、障害者や高齢者、子どもの気持ちに寄り添うバリアフリーな診療を心がけている。齋藤院長は社会福祉士の資格取得者で、今月5周年を迎えた地域活動支援センター「さくらんぼ(東山田町)」の理事長という顔ももつ。どんな人にも対応できる理解力を深めようと、 ...
中心商店街にぎわい創出 青森市内の大学生が提案 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
青森中央学院大の学生は、ニコニコ通り商店街でバリアフリー化や休憩所の設置など進め、「笑顔あふれる高齢者が集う街」として整備するアイデアを披露。このほか「6商店街が個別に取り組んでいたのでは客は来ない」と、連携の重要性を説く声もあった。 青森公立大の橋本 ...
認知症のおふくろをただいま介護中 / ぼだい樹の会公開講座 - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
ぼだい樹の会公開講座「家族の認知症介護を語る集い」を地域活動支援センターで開催しました。 語り手に旭川サポートセンター会員の北村洋一さんをお迎えして認知症になられたお母様を自宅で9年、在宅介護し続けられ、認知症を受け入れるまでの試行錯誤の数々、失敗や ...
臨床経験ゼロから介護施設の勤務医に転身 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
定年退職後、大学時代の同期に誘われ、介護老人保健施設(老健施設)の勤務医に。臨床経験ゼロから再出発し、認知症サポート医を取得した。認知症患者との触れ合いから、学びの多い日々を送っている。(記事全文を読む). 初めてご利用の方は新規会員登録へ既に「日経 ...
住宅に高齢夫婦の遺体、無理心中か - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
県警によると、19日午後7時40分ごろ、妻から「夫が死んだ」との連絡を受けた近くに住む次女が、1階寝室のベッドで佐藤さんを、ベッド脇の床で妻がそれぞれぐったりしているのを発見、110番した。 近所の男性によると、佐藤さんは約10年前から寝たきりの状態だったという。
急増するサービス付き高齢者向け住宅、課題も - TBS News (媒体での記事掲載終了)
そういった点も含めて、どういった対応が必要か、今後、検討していきたいと考えている」(厚生労働省老健局 深澤典宏 高齢者支援課長) 地方から反発もあがる中、2020年までに今の6倍の60万戸を目標に掲げ、建設を急ぐ国。「数」だけではなく、高齢者が安心して暮らせる ...
災害時要援護者の情報を一元化、所在マップ作製へ/小田原市 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
災害時要援護者は1人暮らしや寝たきりの高齢者、障害者ら自力での避難行動が難しい住民。同市の場合、主に地域の民生委員が詳しい現状を把握しているという。 市福祉政策課によると、民生委員が市内277地区で担当を決め、該当する住宅を定期的に回っている。マップへ ...
《1067》 ミニ看護師みたいな介護職員 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
いつから介護職がバイタルサインに振り回されるようになたのか。 私は「お願いだから、皆さんバイタルサインなど測らないで!」とよく言ってしまいます。 しかし、測ってしまうのが「バイタルサイン」です。 いつから、介護職員がミニ看護師になったのでしょうか? 入所者と同様、職員 ...
平均85歳、お年寄り一座復活 阿蘇市一の宮町 - 熊本日日新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
この日は、認知症サポーター養成講座の中で、認知症のおばあちゃんを主人公にした劇を披露。地域住民に見守られながら症状が好転したおばあちゃんと息子夫婦が仲直りする場面では盛んな拍手が送られた。 江藤座長(91)は「年はとったが、皆で続けたい」と話した。(今村浩 ...
お年寄り演劇復活 認知症テーマに熱演 阿蘇市. 認知症をテーマにした劇を熱演する平均年齢85歳の一座メンバー=阿蘇市 阿蘇市一の宮町の老人会役員でつくる「一の宮シルバーふれあい一座」(江藤晃座長、10人)が19日、約2年ぶりに復活。市内のホテルで認知症と家族 ...
男性介護者、悩み語ろう 近江八幡市が毎月集い - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨春に妻が認知症と分かり、介護している80代男性は「家内が感情的になると、こっちも『一生懸命介護してるのに』と怒ってしまって」と自分を責める。ほかの参加者も心当たりがあるのか、じっと耳を傾けている。しばらくして、向かいの席にいた同世代の男性が「私もしょっちゅう。
徘徊者捜索へ情報発信 南丹市SOSネット - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
南丹市は認知症高齢者が行方不明になった時に情報を配信する徘徊(はいかい)SOSネットワーク「つながろう南丹ネット」を新年度に立ち上げる。顔写真などさまざまな情報を広く提供することで、早期の保護を目指す。すでに運用に向けて模擬訓練も行い、関係機関の連携や ...
地域で守る、高齢者徘徊模擬訓練 中津市 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
中津市は17日、上如水団地で高齢者徘徊(はいかい)模擬訓練をした。市内の認知症の人は2371人(昨年10月現在)で今後も増加が見込まれることから、認知症の人が地域で共に暮らせるように―と初めて実施した。 市内の介護事業所職員と地元住民ら計約70人が参加。
《86》 アルツハイマー病制圧3原則 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
欧州での研究によると、「既婚で家族と同居、子どもと毎週会い、友人が多い人では、年間1000人当たりの認知症発症数が19人だったのに対して、独身で一人暮らし、子どもや友人がいない人では156.9人で8倍以上の開きがあった」ことが報告されているのです。 「8倍以上の ...
2013年03月19日()
<壮春グラフィティ>高齢者の悩み解決の手助け シニアライフアドバイザー 中島衣代さん(78) - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉関係で長年働いてきた人や、行政経験者、看護師など、それまでの人生で出会わなかった人たちと知り合い、その前向きな姿勢に触発された。視野も広がった。同じころ、地元の民生委員から「高齢者の集うサロンを開くのに協力して」と言われていた。ためらっていたが、協会 ...
「出張商店街」初開催、高齢者の買い物サポート/逗子 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
1960年代に分譲された大規模団地などがある同地域では高齢化が進む一方、コンビニなど3店が相次ぎ閉店。「徒歩圏に店がない」「重い物を持ち帰れない」といった声が市社会福祉協議会に寄せられ始めた。市社協は宅配サービスを引き受ける福祉協力店の登録も進めて ...
田原の65歳芝崎さんが豊橋創造大卒業 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
健康で力を持て余す高齢者に向けて「年寄りは芝居の脇役みたいなもの。若者が活躍できるよう能力や知識を生かせばいい」と、自ら手本になるつもりだ。 ... 寝たきりの人もいれば活発なお年寄りも。高齢化社会の縮図を見て、高齢者の意欲や能力を、どう社会で生かすべきか ...
在宅で親の介護に当たっている家族同士が支え合う交流会が増えている。心身の疲労を抱えて孤立しがちな介護者が、同じ立場で悩みを語り合える貴重な場。追い詰められて虐待してしまうといった深刻な事態になる前にSOSを発信する外部との接点にもなる。介護に加えて ...
認知症母の預金着服、元後見人に懲役2年6月/横浜地裁 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
成年後見人として管理していた認知症の母親(90)の預金を着服したとして、業務上横領罪に問われた横浜市青葉区、元タクシー運転手朝倉恒夫被告(61)に対し、横浜地裁(奥山豪裁判官)は19日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。 奥山裁判官は「母親 ...
イオン/イオン新潟青山ショッピングセンター、4月23日開業 - 流通ニュース (媒体での記事掲載終了)
SC内表示やPOPなどは、年齢やハンディキャップの有無に関わらず、全ての人が快適に利用できる文字や色として、ユニバーサルデザインを取り入れた。 高齢者や体の不自由な人に対応するため、サービス介助士2級の有資格者を10人、配置。5月中旬から、毎月20日、30日のお客さま感謝デーと火曜市開催の毎週 ...
農林水産省は医療機関や食品、流通企業と連携し、在宅介護を受ける高齢者向け食品の普及に乗り出す。現在は企業ごとに異なる規格を統一し、消費者が店頭などで商品を選びやすくする。介護をうける高齢者の栄養不足を防ぐとともに、介護する家族の負担を軽減する。
認知症を注射で治療へ アルツハイマー病症状緩和に世界初の成功 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
長崎大と自治医科大、理化学研究所の共同研究チームが、中高年での発症が多く、記憶障害を伴う認知症「アルツハイマー病」について、治療遺伝子をマウスの血管から注射器で投与して症状を緩和させる実験に世界で初めて成功した。今後、アルツハイマー病の予防、治療法 ...
福祉施設で作品披露 ウルスラ高演劇部 - デーリー東北新聞社 Online Service (媒体での記事掲載終了)
八戸聖ウルスラ学院高校(中村敬子校長)の演劇部が16日、八戸市の高齢者福祉施設「ニチイケアセンター八戸」でボランティア公演を行い、利用者を楽しませた。 毎年、施設などを定期的に訪れ、公演を続けている。この日は、1年猪股梨紗さん(16)原作の「ほどほど」を初上演 ...
4月9日「介護者のつどい」開催のお知らせ - 川崎ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護への思いを共有する「介護者のつどい」は偶数月の第2火曜日に開催されているが、地域包括支援センター ビオラ宮崎共催で行われる今回は、つどいの他に介護に役立つセミナー「体に負担の少ない介護のしかた」も行われる予定となっているので、ぜひ参加して介護 ...
認知症を注射で治療へ - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎大と自治医科大、理化学研究所の共同研究チームが、中高年での発症が多く、記憶障害を伴う認知症「アルツハイマー病」について、治療遺伝子をマウスの血管から注射器で投与して症状を緩和させる実験に世界で初めて成功した。今後、アルツハイマー病の予防、治療法 ...
「ミュウシード」 河合德治社長に聞く - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
その中には24時間介護が必要な認知症高齢者もいるが、特別養護老人ホームは待機者が多く、他の高齢者施設は月に約12万の生活保護受給額では入所が難しいという実情がある。そこで、生活 ... ヘルパーが介護以外のサービスも行うと、介護保険料が必要になる。そのため ...
伊達西小5年生4人が福祉の学習体験生かし校歌点訳 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
同校の5年生は、総合的な学習の時間で福祉について調べ、施設を訪問したり、市社会福祉協議会の協力で手話や点字ボランティア、装具を着用しての高齢者疑似体験などを行った。 グループごとに体験や調べたことを新聞にまとめたり、車椅子の人が遊べるゲームを考える班 ...
2013年03月18日()
50歳から“ロコモ”に用心! 筋肉&関節を鍛えよう - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
ロコモへの注意を喚起するのは、「いまから対策をとって、将来の“寝たきり”を防ぐ」という予防的な警鐘を鳴らす意味がある。 したがって中年以降の人 ... バランス感覚が悪いと転倒・骨折しやすく、高齢になってどんどん活動量が減ってしまいます」(同) 対策は、基本的に運動習慣 ...
同委員会が発表した「震災の課題と提案・提言(5月25日現在)」では、「避難所になり得る老人福祉施設の損壊、災害対応施設の整備が不十分な事例が見られた」と指摘している。 岐阜県は自治体やケアマネジャーとの連携・協力を促進する「災害時要援護者マップ」を作成し、要 ...
若年性認知症で意見交換 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
64歳以下で発症する若年性認知症の患者らと厚生労働省の担当者との意見交換会が都内で開かれ、患者側からは働き盛りで仕事を失ったことへの不安や、相談場所や治療法の情報不足などが報告された。広島県呉市に住む患者、斎本輝美さん(52)は「仕事ができず、収入 ...
在宅復帰率向上へ連携 上伊那介護老人保健施設協会が発足 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
介護老人保健施設の利用者の在宅復帰率向上を目指して連携を深めようと、上伊那地方の10施設が18日、「上伊那介護老人保健施設協会」を発足させた。国が在宅復帰重視に方針転換したのに沿う形。常態化した“入所の長期化問題”の解消に施設の枠を超えて取り組み、 ...
介護食のヒント満載 金沢 社団法人が情報誌創刊 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護食の市民への普及に取り組む金沢市大豆田本町の社団法人「ワールドトラストメディカル」が、食を中心とした介護のヒントや、介護に関わる人たちの思いをまとめた情報誌「ケアバリアフリーライフ」を創刊した。(日下部弘太). 介護食は、高齢者ら、かむ力や飲み込む力が低下した人向けの食事。元の食材と同じように ...
70代以上にも運動量の目安 厚労省、介護予防で示す - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
介護予防の重要性が増しているのを受け、厚生労働省は18日、70代以上の利用も想定し、運動指針や運動基準を改定した。運動だけでなく庭の草むしりや農作業など日常生活上の活動についても運動量の目安を例示、お年寄りも気軽に取り組めるようにした。 従来の指針 ...
70代以上にも運動量の目安 厚労省、介護予防で基準改定 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護予防の重要性が増しているのを受け、厚生労働省は18日、70代以上の利用も想定し、運動指針や運動基準を改定した。運動だけでなく庭の草むしりや農作業など日常生活上の活動についても運動量の目安を例示、お年寄りも気軽に取り組めるようにした。 従来の指針 ...
70代以上にも運動量の目安 厚労省、介護予防で示す - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
介護予防の重要性が増しているのを受け、厚生労働省は18日、70代以上の利用も想定し、運動指針や運動基準を改定した。運動だけでなく庭の草むしりや農作業など日常生活上の活動についても運動量の目安を例示、お年寄りも気軽に取り組めるようにした。 従来の指針 ...
認知症予防、将来は注射で?=遺伝子治療、マウスで成功-理研・長崎大など - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
認知症予防、将来は注射で?=遺伝子治療、マウスで成功-理研・長崎大など. 理化学研究所と長崎大などの研究チームは、アルツハイマー病のマウスの血管内に、遺伝子の運び屋ウイルス(ベクター)を投与し、アルツハイマー病の原因となるアミロイドβたんぱく(Aβ)を分解 ...
タク・チェフンは「シン・ヒョンジュンが彼女を「ジェフン、この人俺の介護者」と紹介した。見れば(シン・ヒョンジュンが具合が悪そうで、相手が)介護人のようだった」と冗談を交えて話し、場内を沸かせた。彼は「シン・ヒョンジュンの結婚について徳談をしなかった」とし「メッセージで『俺 ...
厚生労働省、「高齢者介護施設の感染対策マニュアル」を改訂! - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
公表されたマニュアルは、平成17年3月に作成された「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」をもとに、平成19年3月「特別養護老人ホームにおける感染対策ガイドライン」の内容を統合したもので、近年の感染症の動向などを踏まえて実際に現場で参考となるように具体 ...
《1065》 託老所って知っていますか? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨夜は、松山市にある託老所「あんき」主催の講演会でした。 託老所って、御存知ですか? 老人や認知症の方を預かるところ。 「あんき」は、宮大工さんが造ったとても落ち着く家でした。 つどい場さくらちゃん代表の丸尾多重子さんとのダブル講演。 託老所や特養の職員や看護師 ...
当事者が望む支援を 福祉研修会で事例紹介 佐野 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
青田代表は、ボランティアで宅老所を始めた1996年当時、多くの福祉施設が利用者より職員や施設の都合を優先させたサービスを展開していたと指摘。「誰もこんな老後を望んでいない」と話し、自らの施設では、利用者の思いを大切にして、地域の中学校などとも積極的に交流 ...
週刊 お年寄り - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢になると、転んだだけで足のつけ根の骨が折れ、寝たきりになってしまう人がいます。骨折の治療法や予防法と、転ばないための工夫を紹介します。 □骨密度低く 寝たきりの原因に. 山口県萩市に住む宇田川文子さん(89)は昨年11月、一人暮らしの自宅敷地内で転倒した。
《84》 週3回30分以上のウオーキングが有効 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症予防の運動習慣としては、週3回30分以上のウオーキングが有効との報告が多いことをご紹介しました。それでは、運動と認知症予防の関係についてもう少し掘り下げて考えてみましょう。 「中年期から、少し汗をかく程度の運動を週2回以上、20~30分間行うことで高齢 ...
介護ロボットの未来 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護業界では今、慢性化する人材不足を解消する切り札として、介護ロボットが注目されています。介護に従事する人材が少なくなり、これ以上(マン・パワー)に頼るのも限界があるから、そのすき間をロボットに埋めてもらおうというわけです。介護ロボットビジネスは1兆円規模の ...
JALUXトラスト、サービス付き高齢者向け住宅「ソルシアス佐倉」の運営を開始 千葉県佐倉市 - 遊都総研.com (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
建物はバリアフリー化により高い安全性を確保。身体の状態に応じた良質な介護サービスを提供できる環境を整え、医療機関との連携など、安心して住めるよう充実したサポート体制を敷いたとしている。 また、入居者がコミュニケーションの場として活用できるダイニングやラウンジ ...
ハンセン病療養所 介護職員削減に反発 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
全国13カ所の国立ハンセン病療養所に暮らす入所者たちが、介護職員の相次ぐ削減に抗議し、増員を求めている。強制隔離政策で甚大な被害を受けた入所者に対し、国が違憲国賠訴訟を経て約束した「安心して過ごせる余生の保障」が揺らいでいるからだ。ハンガーストライキも ...
2013年03月10日21:20 カテゴリ介護職中の話 介護士辞職を決断する。 しんどい!! 気づいたら今月ほとんど地獄階での勤務やんかよ。 楽な階と地獄階と交互に入るとまだマシなのに。 ずっと地獄だぜ。地獄めぐりだよ。 今日も淡谷のばあさんの頻コールがうざかった。 30分に一回くらいなってるやん。 魚人ババーもなってたけど無視したった。 私はあんなん知らないし。 今朝、夜勤明けの人と早出の人と話...
2013年03月17日()
認知症の母親との生活描く記録映画 鎌倉であす上映会 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
記憶障害の認知症になった母親との生活を描いた関口祐加監督のドキュメンタリー映画「毎日がアルツハイマー」の上映会が十九日、鎌倉市小町一の鎌倉生涯学習センターで開かれる。 オーストラリアで映画監督を続けていた関口さんが、認知症になった母の介護で帰国。
第28回日本静脈経腸栄養学会開催 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
パネルディスカッション「日本の胃ろうを問う――高齢化,QOL,そして倫理・経済的視点から」(司会=国際医療福祉大病院・鈴木裕氏,東大大学院・会田薫子氏)の冒頭で鈴木氏は,1995年に参加した米国DDWでは既に同様の議論があったことを述懐し,「米国に遅れること20年,今こそ国民的な議論が必要」と本プログ ...
土佐犬「チャ太郎」 お陰さまで元気に 栃木 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
知らせを聞いた山谷さんは、徘徊(はいかい)しないように餌を与え、様子を見に行ったが、取り押さえるのはさすがに無理だった。 連絡を受けた佐藤さんが約30分かけて捕獲。 ... 散歩は高齢の山谷さん夫妻に代わり、同会が担当。車で那須塩原市の公園に連れて行き、1、2時間 ...
子どもが定職に就けず頭を悩ませているという親は、いまの世の中、少なくないかもしれない。米カリフォルニア州に住む61歳の女性も、そんな母親の1人だ。彼女は昨年6月から失業中という36歳の娘のことが気になって仕方がないという。なぜなら、大好きな娘が仕事を失ったの ...
トマト銀行は全62店舗に、聴覚に不安を持つ来店客に筆談での接客が可能であることを知らせる「耳マーク表示板」を設置した。バリアフリー対策強化の一環で、聴覚障害を持つ利用者や高齢者に対するサービスを向上させる。同行は障害者への応対について専門的な研修を受け ...
脳を活性化させる「脳トレ」が人気を集めているが、実はセックスこそが最強の脳トレになるかもしれない。 海外の研究結果によると、セックスは神経細胞の成長を促すことが分かったそうだ。さらに「日常的にセックスをしている高齢者は認知症になりにくい」との専門家による報告も ...
程度の差はあるが、男の子を育てている母親はみんなお姫様だ。「ママかわいい」「ママと結婚する」なんて言われた日には、「息子を産んでよかったー」と思う。もちろん、その息子はそんなことはすぐに忘れてしまうのだが、母親はいつまでも息子に一番愛されていると思っている。
認知症生活支援の最新機器を紹介 - NHK (媒体での記事掲載終了)
増え続ける認知症のお年寄りの生活を支援するために開発された最新の機器の活用方法を紹介する催しが17日、埼玉県所沢市で開かれました。 この催しは認知症などの研究を行っている「国立障害者リハビリテーションセンター研究所」が開きました。 会場にはお年寄りを介護 ...
「愛娘に仕事を」街頭に立つ母、16年介護してくれた娘のため行動に。 - livedoor (媒体での記事掲載終了)
子どもが定職に就けず頭を悩ませているという親は、いまの世の中、少なくないかもしれない。米カリフォルニア州に住む61歳の女性も、そんな母親の1人だ。彼女は昨年6月から失業中という36歳の娘のことが気になって仕方がないという。なぜなら、大好きな娘が仕事を失ったの ...
《83》 中年と老年で違う危険因子がある - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
体重減少は認知症発症の2~4年前から始まり、進行とともに速まる。スウェーデンのKungsholmen研究では75歳以上に関してはBMIが25以上の方が防御因子になっており、やはり痩せの方が危険因子であった。同様に米国の報告でも76歳以上では高体重の方がADになり ...
2013年03月16日()
長崎の施設火災ひとごとでは… - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市の認知症グループホームで先月、5人が死亡する火災が起きたことを受け、甲府市古上条町のグループホーム「ふるかみの家」は16日、近隣住民に参加してもらい、地域と連携した避難訓練を行った。 同ホームには9人の認知症高齢者が入居している。これまでは職員と ...
二本松の福島介護福祉専門学校で卒業式 - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
二本松市の福島介護福祉専門学校の卒業式は16日、同市の県男女共生センターで行われ、16期生70人が介護福祉の道での活躍を誓った。 石橋光一校長が卒業証書と専門士称号を授与し「東日本大震災の発生により1カ月遅れの入学だったが、2年間、努力を重ねたことに ...
震災介護の教訓、地域連携が不可欠 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
災害時、介護職に何ができるか―。東日本大震災での課題を共有しようと福井県介護福祉士会は16日、岩手県の介護福祉士を招いた講演会を永平寺町の県立大福井キャンパスで開いた。県内の介護職ら約200人が参加。長期化するケアには事業所の連携強化、地域 ...
【江田島8人殺傷】「もう外国人雇えぬ」カキ産地苦悩(1/2ページ) - MSN産経west (媒体での記事掲載終了)
広島県江田島市は国内有数のカキ産地として知られる。近年は人口の4割近くを高齢者が占め、カキ生産の後継者不足が深刻化。中国や東南アジアから来日する研修・技能実習生らが労働力を担って生産量を維持してきただけに、事件は現地に深い影を落とした。地元関係者からは「今後は外国人を雇うのも難しくなる」と不安の声が上がる。 「日本人で担い手がいないなら、働きに来てくれる中国人に頼るしかない」 江田島市内でカキの養...
待望のエレベーター完成 津駅・地下連絡通路 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで駅の反対側へ行くには地下通路の階段を通らなければならず、バリアフリー化を望んできた地元住民にとって念願の設置となった。 エレベーターは、 ... 地元の南立誠地区自治会連合会会長の青木悟さん(63)は「高齢化が進んでいるのでありがたい。大事に使います」と ...
富士宮の3介護事業所処分 静岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県は介護報酬を不正に受給していたなどとして、富士宮市上条の「ジャパンケアサービス」(小坂博之社長)が同所で運営する通所介護事業所「デイサービスセンター千寿」▽介護予防通所介護事業所「同」▽「居宅介護支援事業所千寿」の3事業所を介護保険法に基づき、4月1日 ...
津駅東西出入り口 エレベーター完成 住民ら「便利」喜ぶ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
しかし、高齢化を背景としてバリアフリー化を求める声が強まり、地元の6自治会が平成18年にエレベーターの設置を市に要望していた。 23年2月から工事にかかり、11人乗りエレベーターを東西両出入り口に1基ずつ設置。同時に老朽化していた地下通路を改装した。総事業費 ...
患者・家族の居場所に 富山で若年性認知症向けカフェ - 北日本新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
65歳未満で発症する若年性認知症の患者や家族らを支援する「認知症の人と家族の会県支部」(村井和恵代表世話人)は4月から、若年性認知症の人を対象にしたカフェ「ぽーれ ぽーれ」を週2回、富山市で開く。若年性認知症の人は、高齢者の多い施設になじめないなどの ...
高齢者の買い物支援、市社協が19日に「出張商店街」/逗子 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
高齢者の大きな負担となっている買い物を支援しようと、逗子市社会福祉協議会は19日、アザリエ望洋公園(逗子市池子2丁目)で「出張商店街」を実施する。高齢化の進展に伴って聞かれ始めた「買い物SOS」に応えようという初めての試みだ。 市社協は、買い物に窮する高齢 ...
《82》 米研究所が提唱する認知症予防法 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病(AD)の危険因子に関しては、「Plassmanらのレビューでは、ほぼ危険因子としてよいものとして、喫煙、アポリポタンパクE4遺伝子が挙げられている。さらに糖尿病、メタボリック症候群、そしてうつ病についても危険因子として評価されている。」(朝田 隆:認知症 ...
にぎやかごはんで介護予防 - 高知新聞 (媒体での記事掲載終了)
お年寄りがみんなで集まって料理を作り、楽しく食べることで、介護予防につなげる取り組みを高知県内のNPOが実践している。名付けて「リハビリキッチン」。参加者の健康状態が改善するなど効果が見え始め、今後は実践マニュアルなどを整えて、全国に広げたい考えだ。
2013年03月15日()
常総市、介護予防体操が完成 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市は高齢者の医療、福祉対策の一環で、独自の介護体操の普及を目的に、安梅勅江筑波大大学院教授や河口英夫東洋大教授、河西敏幸宮城大准教授、市介護予防推進員(226人)、市立幼稚園、保育所職員らのプロジェクトチームを発足。昨年4月から作業を進めていた。
代替の福祉施設整備へ 今月末閉鎖の「ほうらい荘」 - わかやま新報オンラインニュース (媒体での記事掲載終了)
ほうらい荘は、昭和36年建築の元旅館を市が増改築して50年12月にオープン。大浴場や食堂、カラオケなどを備えた施設で、65歳以上の高齢者や障害者手帳を交付されている人などの利用は無料。平成23年度の利用者3万473人のうち、2万9403人(96・5%)を高齢者が ...
... 社協の特性を生かした初期措置もしっかりとやっていきたい」としている。 緊急通報システムの設置数は800台弱で、順次見守り事業に機器を切り替えていく。新規の申し込みは地区の民生児童委員を通じて市が受ける。問い合わせは市高齢者福祉課=電話(24)7073=へ。
要介護者らの運賃補助継続 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県世羅町は、町内の要介護認定者と障害者を対象にタクシー運賃を1人当たり年1万2千円まで補助する制度を2013年度も継続する。昨年4月から始め、約320人が利用した。引き続き、自宅にこもりがちな人たちの外出支援を図る。 町に申請すると、1枚250円分の運賃 ...
久慈に県内初の介護予防通所介護施設 - デーリー東北新聞社 Online Service (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度の要支援認定者を対象にした岩手県初の介護予防通所介護施設「悠悠いきいき倶楽部・森の風」が4月1日、久慈市中央3丁目にオープンする。軽度者対象の施設は全国でも珍しく、地域の介護予防の拠点としてトレーニングマシンを完備し、体を動かす介護予防 ...
認知症でも「前向き」、茅ケ崎市元職員の中村さんが旭区で講演/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
診断後は自宅に引きこもった時期もあったが、中村さんは「家族の支えもあり、現在は趣味のソフトボールや写真などを楽しんでいる」と強調。「認知症でも、できることはたくさんある。前向きになれば、病気の進行を食い止めることができるといわれる」と話し、「周りの家族は(認知症 ...
医療体験にひとこと - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
転倒・骨折から寝たきりになる老人も多い。今年の冬は寒いし、風も強かった。都心に雪が積もった日は何日もあった。 正座の姿勢から急に立ち上がろうとして転倒、 ... 首を吊る器具があり3人の患者が椅子に座って静かに首を吊っている。又若い介護師の号令に合わせて数台のベッドで年寄りが足を上げ下げしている ...
JALUXトラスト サービス付き高齢者向け住宅「ソルシアス佐倉」運営開始 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
ソルシアス佐倉」は、「介護が必要になっても自分らしいシニアライフを楽しみたい」という高齢者の皆さまのご要望にお応えし、プライバシーが確保された入居者の豊かな暮らしを維持いたします。建物内はバリアフリー化による高い安全性と、お身体の状態に応じた良質な介護 ...
JALUXトラスト サービス付き高齢者向け住宅「ソルシアス佐倉」運営開始 - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ソルシアス佐倉」は、「介護が必要になっても自分らしいシニアライフを楽しみたい」という高齢者の皆さまのご要望にお応えし、プライバシーが確保された入居者の豊かな暮らしを維持いたします。建物内はバリアフリー化による高い安全性と、お身体の状態に応じた良質な介護 ...
主に慢性疾患を抱えた高齢者が入院する「西2」病棟。吉村とめさん(79)=当時・仮名=は、この日も心待ちにしていました。高血圧症や骨粗しょう症による骨折などで2年 ... 若年性認知症の「えいちゃん」は、病棟看護師の間で悩みの種でした。トイレの場所が覚えられず、廊下で失禁。夜は暗い病室が怖くて院内を ...
《81》 DHAが効く人もいるけど、別の問題も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そのため、DHAがn-3PUFAの主要な脳機能を司っていると考えられている」(橋本道男:生活習慣病と認知症─食生活による認知症と生活習慣病の予防. MEDICINAL Vol.2 No.9 101-111 2012)と述べ、アルツハイマー病(AD)の予防にはn-3PUFAのなかでも、とくにDHAの ...
被災者の医療・介護費負担 宮城県、減免継続を検討 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
保健福祉分科会で県は、東日本大震災の被災者を対象とした医療費窓口負担や介護サービス利用料の減免措置をめぐり、対象を絞り込むなどして減免継続を検討する考えを示した。 岡部敦保健福祉部長は、「国の支援がなければ厳しい」とする従来の答弁から「被災市町と協議 ...
2013年03月14日()
高齢者へ食事宅配 渋川市内全域に拡大 10月から - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢福祉課によると、対象となる世帯数は把握していないが、夫婦や家族のいる世帯で一人暮らしでなくても、調理ができる人がいない場合は全員がサービスを利用できる。 二〇一一年度の利用者は四十九人で、安否については、すべて無事が確認できたという。同課では「 ...
川崎社会保険病院が11年に整備した療養病床も拡大し、114床を目指す。一般病棟、緩和ケア病棟、回復リハビリテーション病棟とあわせ2年以内に計308床オープンの実現に向けて取り組む。このほか、心臓カテーテル室のリニューアル、人工透析室の拡充、呼吸器科の充実 ...
(いま伝えたい)出直しへの一歩、着実に 誓う再訪 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ビニールテントの喫茶所では、コーヒーや緑茶を片手に十数人の高齢者が語らっていた。千葉さんはおかわりを運んだり、コップを片付けたり。毎日顔を ... 震災の5カ月前に夫を亡くし、寝たきりの義母と2人暮らしに。その義母も、津波にさらわれた。 昨年1月、千葉さんは独りきり ...
認知症の予防法学ぶ 水戸で介護フォーラム - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
県介護予防フォーラムが14日、水戸市笠原町の県立健康プラザで認知症をメーンテーマに開かれ、市町村の担当者や介護家族・一般参加者ら計約90人が認知症の予防や介護者の健康などを学んだ。県、同プラザ主催。 お多福もの忘れクリニック(水戸市)の本間昭院長が基調 ...
和歌山県民文化会館 来月1日リニューアルオープン - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
柱の間に鉄骨の筋交いを入れて耐震性能を高めたほか、トイレの改修やスロープの新設などでバリアフリー化を図った。 同館は昭和45年の建設で、老朽化や耐震不足が指摘されていた。高齢の利用者が増える中で、利用者の安全性や利便性を高めるための工事を実施した。
実は忙しい「老健のお医者さん」 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者へのケアに注力する、ある介護老人保健施設を訪ねた。施設長を務める医師に施設での取り組みについて取材をしていく中でふと、「このあと外来があるんですよ」という話に。聞くと、施設長職にとどまらず、併設診療所での外来、地域の学校医、自治体の認知症 ...
熟年いきいきセミナー ~介護保険の仕組みと介護に頼らない健康のヒケツ~ [3/22] - 伊吹山テレビOnline (媒体での記事掲載終了)
満65歳となり、介護保険証の交付を受けた方や介護保険について学びたい方を対象に「熟年いきいきセミナー」を開催しています。 今月は、2013年3月22日金曜日午前9時30分から、ルッチプラザで、午後1時30分から伊吹健康プラザ愛らんどで開催します。 セミナーでは、介護 ...
楽におしゃれに手作り介護服 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
山口県周防大島町椋野の田原美代子さん(73)が、約50年間服飾業界で働いた洋裁の技術を生かし、介護服の手作りを始めた。家族の介護体験から、着脱しやすくおしゃれで、肌に優しい商品のオーダーメードが基本。起業を目指し、ニーズを探るため、試作を重ねている。
今年1月26日に発生した、東京上野の介護タクシー会社社長・金子竜也さん(48歳)の拉致事件。金子さんと付き合いのあった元暴力団員Hが容疑者として浮上しているが、金子さんとHは十数年前に貸金業を共同経営していたという。 「その後、2人は別々の仕事をすることになっ ...
睡眠薬を飲むと記憶力がアップ!!認知症等の治療にも期待:米大学研究 - IRORIO(イロリオ) (媒体での記事掲載終了)
睡眠不足がいかに体に悪いか散々お伝えしてきたが、だったら睡眠薬を飲んででも眠った方が良いのだろうか?!どうやらそうらしい。最近の研究で一部の向精神薬、睡眠薬に使われているゾルピデムには、記憶力をアップさせる作用があると判明した。 これまでは睡眠薬は健康に悪いというイメージが強かった。認知症の原因にもなるとまで言われてきたが一転、米カリフォルニア大学リバーサイド校のサラ・メドニック医師によると、今回...
認知症施策推進5カ年計画 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
要介護の中では6割に上ります」。厚生労働省の原勝則老健局長は会議の席上、日本の状況を説明した。2012年に約305万人だった認知症の人は、25年には約470万人に。認知症を含む介護給付費の総額は、25年に19兆7千億円と、11年の約2・5倍に達する見通しだ。
看護・介護、外国人雇用に壁 資格とれず、帰国相次ぐ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【岩崎生之助】インドネシア、フィリピンから来日し、看護師や介護福祉士になる人たちがいる。経済連携協定(EPA)によって可能になったが、来日する人の数は伸び悩んでいる。なぜか。 響灘を望む丘にたつ昭和病院(山口県下関市)。インドネシア人看護師のエリサベッ・ ...
「アクティブシニア応援ポイント事業」開始へ、高齢者のボランティア活動応援/小田原市 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
同市高齢福祉課によると、同事業は市内在住の60歳以上の市民を対象に4月から登録を呼びかけ、市内の介護保険施設などでの福祉ボランティアを紹介する。併せて受け入れ施設も募集、10月からスタートする予定。 同事業は、退職後の団塊世代を中心に社会参加の促進や ...
EPAによってフィリピンから来た介護福祉士候補者たち=福岡県朝倉市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
【岩崎生之助】インドネシア、フィリピンから来日し、看護師や介護福祉士になる人たちがいる。経済連携協定(EPA)によって可能になったが、来日する人の数は伸び悩んでいる。なぜか。 響灘を望む丘にたつ昭和病院(山口県下関市)。インドネシア人看護師のエリサベッ・ ...
災害時福祉避難所に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
施設がバリアフリー構造となっており、福祉に精通した職員が勤務している同校では、2011年8月から市に福祉避難所としての施設利用を働きかけていた。 同校では「災害時に確実に施設を利用できる。地域に信頼される学校づくりを目指しており、使命を果たすことができる」 ...
一人暮らし高齢者は昨年3月末で5983人。市社会福祉協議会が民生児童委員協議会の協力を得て実施している実態調査によるものだ。市ではこの調査を基に、緊急通報装置の設置、配食サービスの実施、保健師による訪問活動などに取り組んでいる。民生児童委員や福祉 ...
【健康博覧会2013 vol.7】ロコモ対策で、老後を元気に過ごす! - ダイエットクラブNEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢者の場合は転倒による骨折でそのまま寝たきりになってしまうことも少なくない。イノアックのブースでは、その名も「ロコモマット」を展示。これは、50cm四方で厚さ6cmの特殊ポリウレタン製マット。一回5~10分程度、ゆっくり足踏みするだけでも歩いている状態に近い筋力や ...
障がい者避難で手引書 バリアフリーネット会議 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
親川さんは「スロープや障がい者用トイレの設置など『入り口のバリアフリー化』は進んだが、いざ災害時にどのように誘導するか『逃げるバリアフリー』が今後、高齢社会だけに、観光立県の沖縄ではますます必要になる」と指摘した。 さらに親川さんが重視しているのは「安心と安全 ...
2013年03月13日()
介護に困っていて、老健がどんな施設か一度見てみたい」「介護の仕事に興味はあるが、いきなり面接はちょっと…」という人は、実際に施設内を見学し、職員の生の声を聞けるチャンス。当日は施設見学のほか、オリエンテーションや勤務条件の説明、個別相談も実施する。
講談らしい軽妙な語りで、自身の介護経験を説明。認知症となった義父の介護では、一晩の間に何度も助けを求めて大声をあげる義父に最初はストレスと疲労が溜まっていたという。そんな中、ある日ふと思い立ち、呼ばれた際に馬の被り物をして駆け付けて、義父を驚かせた ...
認知症の認定を受けている高齢者が家庭の雰囲気の中、専門の介護スタッフと一緒に共同生活を送りながら自立した日々を過ごすグループホーム。同社では少人数(9人まで)をグループに、一人ひとりのライフスタイルを尊重したケアを提供しながら、心身や行動の安定を目指し ...
メッセージなど介護大手は24時間体制で高齢者の自宅を訪問し、介護と看護のサービスを定額で提供する拠点を全国で増やす。定額制を介護保険の対象に加える自治体が増えているため。入浴や衣服の着脱に手助けが必要な高齢者は、これまでより低い価格で自宅で暮らし ...
豊橋市長寿介護課は13日、同市前田南町のバロー豊橋店(内木広次店長)で認知症サポーター養成講座を開いた。 認知症になっても、安心して暮らせる町を目指そうとする取り組みで、同市では05(平成17)年から同講座を開催。高齢者と接する機会が多い... この記事は有料 ...
... からの補助金が建設を後押しする。北海道旅客鉄道(JR北海道)やほくやく・竹山ホールディングスなど、異業種からの参入も目立つ。 サービス付き高齢者向け住宅は高齢者住まい法の改正に伴い始まった賃貸住宅。バリアフリー設備や、専門家が安否確認・生活相談に応…
「寝姿検出シーツ」開発=床ずれ予防に活用も-導電繊維使う・愛知 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
導電性繊維を使って、横たわると体のどの部分に圧力がかかるのか検出できるシーツを開発したと、あいち産業科学技術総合センターなどが13日、発表した。病院や介護施設で寝たきりの患者や高齢者の床ずれ防止に役立つと期待されている。(2013/03/13-20:24) ...
本年度の特養整備で県補助分は3施設創設へ配分 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
2012年度の老人福祉施設整備費補助で、このほど県介護高齢課が特別養護老人ホームが創設される3施設へ内示したことが分かった。3施設はいずれも東毛地域で、このうち1施設については運営する社会福祉法人自体が創設となる。3施設とは◇敬友会の(仮称)さくら( ...
また、民主党の中村都議からは空き家の有効利用として期待されている高齢者向けグループホームに限定した補助事業の成果について質問がありましたが、飯尾都市整備局長は「対象物件が見つからないなどの理由で今年度は応募がなかった」と答弁し、全国初として注目を ...
協定で商品の配達担当者は組合員宅の玄関で新聞や郵便物がたまっていたり、不在時に届けた商品が受け取られずに放置されたりしているといった理由で、住民の危険が予見されると判断したら、市町村の福祉課や住民生活課に通報する。 緊急を要する場合は、最寄りの警察 ...
有識者でつくる社会保障制度改革国民会議は13日、医療や介護制度の将来像を議論した。高齢化が進む現状を踏まえ、大島伸一・国立長寿医療研究センター総長が「公費をどう使うか、我慢する範囲を決めなければならない」と給付抑制の必要性を訴えた。他の委員からも高齢 ...
「日本人は長生きするほど苦しむ」危ぶまれる長寿大国の座 - kenko 100 (媒体での記事掲載終了)
過去20年間にわたり世界一の長寿国を維持している日本だが,東京大学や米ワシントン大学などの共同プロジェクト「世界の疾病負担研究(GBD)」の2010年調査により,偏った食習慣,精神面の健康,喫煙,高齢化の各課題に取り組まなければ,その座は維持できない可能性があること分かった。東京大学大学院医 ...
47NEWS > 共同ニュース > 川に介護用おむつ不法投棄相次ぐ 住民「清流汚され悔しい」 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
兵庫県新温泉町浜坂の市街地を流れる味原川周辺で、介護用おむつの不法投棄が相次ぎ、地域住民がやり場のない怒りに震えている。3月に入ってから計4回発見され、いずれも使用済み。同川の環境保全活動に取り組む味原川清流会(岡部良一会長)は「住民の力で ...
福祉製品に市独自の「かわさき基準」、介護テーブルなど認証/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
利用しやすさや安全性など、川崎市独自の福祉製品の基準「かわさき基準」(KIS)を満たした製品の発表式が12日、同市幸区の市産業振興会館で開かれた。2012年度は全国から39製品の応募があり、専門家やモニターの審査などを経て、電動車いすや介護用テーブルなど ...
医療、介護の費用抑制検討も 社会保障国民会議で議論 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
有識者でつくる政府の社会保障制度改革国民会議は13日、将来必要になる医療や介護の費用について議論し、委員から給付抑制策を検討すべきだとの意見が出た。社会保障と税の一体改革で示された将来推計も取り上げた。 事務局は今後の日程案も提示。4月下旬までに4 ...
福岡地所、介護・医療サービス付き高齢者向け住宅事業参入へ - 博多経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
フロア構成は、4階~6階=サービス付き高齢者向け住宅32室、3階=認知症対応型共同生活介護2ユニット18室、2階=訪問介護事業所や地域交流室、小規模多機能型居宅介護、1階=クリニック、調剤薬局などを予定。投資額は約10億円。 月額の利用料は、サービス付き ...
《79》 浅い眠りは夢見が悪い - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病モデルマウスでは、睡眠中に脳内のアミロイドが減少して覚醒中に増加し、睡眠時間の短いマウスでは脳内にアミロイド沈着が増加することがわかりました。したがって、睡眠不足は認知症の原因になることが推察されますので、睡眠を十分にとる必要があります。
【浜通りの介護】人材育成、確保が急務(3月13日) - 福島民報 (媒体での記事掲載終了)
特養ホームは20施設合わせて定員約1300人、老健施設は12カ所で約1200人。いずれも満員だ。さらに定員を上回る入所待機者がいる。今後、町外コミュニティー「仮の町」の議論や介護保険財政を見極めながら、施設や在宅介護の在り方を見直す必要があろう。 需要が多い ...
2013年03月12日()
社会福祉法人の不当労働行為に県労委が救済命令/川崎 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
同法人は川崎市の土地無償貸与などの支援を得て麻生区内などに4カ所の高齢者福祉施設を運営。男性は10年6月に新理事体制になってから解任されたホーム長や懲戒解雇された看護職員を支援。男性はビラ配布や団体交渉など組合活動をしたことに関連して11年2月に ...
県内39施設で未設置 スプリンクラー 消防法違反なし - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
四人が死亡した長崎市の認知症高齢者グループホーム火災を受け、県はスプリンクラーの設置状況について、三百九十七カ所の施設調査を行い、結果を発表した。消防法違反の施設はなかったものの、三十九カ所はスプリンクラーを設けていなかった。 認知症高齢者グループ ...
京都府、放射線量新基準 防災計画に盛り込む 国の指針見直し受け - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
避難計画の作成などが義務づけられる緊急防護措置区域(UPZ)の住民が避難先の市町村に到着するまでの移動時間を推計する。寝たきりの高齢者や入院患者なども想定に入れる。 シミュレーションは2回目で、今年2月に公表した初回よりも詳細に条件を設定して行い、4月に ...
第3回豊橋市介護保険関係事業者等連絡会全大会(同会、愛知県居宅介護支援事業者連絡協議会・東三河ブロック主催)は12日、豊橋市公会堂で開かれ、ケアマネージャーやデイサービス、訪問介護の事業者などおよそ300人が参加した。 近藤洋二運営委員長... この記事は ...
2013/3/12 中部. 名古屋市は、高齢期の住まい方についての市民へのアンケートの結果を公表した。高齢期の住まいとして、4割以上がバリアフリー化が必要だと考えていることが明らかになった。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
医療・介護の専門家 避難者を個別に支援 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
延べ8千回の訪問で、避難世帯の約3割は、医療や介護の専門家がサポートする必要があることがわかった。そこで新年度は、国が設けた臨時特例基金から3千万円の交付を受け、こうした世帯に対し、専門職による個別の支援計画を立てることになった。 実務は公募した民間 ...
福祉避難所の指定2・3倍に - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
中国地方5県で、地震や水害などの災害時に高齢者や障害者を受け入れる福祉避難所が急速に増えている。これまでに530施設が市町村の指定を受け、東日本大震災直後の2011年3月末時点に比べて2・3倍に。福祉避難所が不足した大震災を教訓に、災害弱者を孤立 ...
在宅介護にうれしいお助け食 食べやすさ、栄養、味を工夫 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
かむ力や飲み込む力が落ちた高齢者には、食べ物を軟らかくしたり小さく切ったり、とろみを付けたりしないと、のどにつかえたり気管に入って肺炎を起こしたりする恐れがある。また栄養が足りないと体力が落ち、一段と介護が必要になる。 食品大手各社は在宅介護の増加を見越し、舌や歯茎 ... 日本介護食品協議会に ...
【除染現場で黙とう】目張りの窓、放置された車いす、荒れ果てた田畑… 避難区域の福島県大熊町 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
震災直後、高齢者を受け入れた町保健センターでは、避難の際の混乱を物語るように、玄関前に車いす約30台が無造作に放置され、駐車場には靴が落ちていた。 ... 救助が遅れ、寝たきりの患者ら50人が命を落とした双葉病院では、1階のフロアに布団が敷かれたまま。救援を ...
ものづくりの総合力が問われるロボット。中部ではデンソーや三菱電機(名古屋製作所)が生産現場で使われる産業用ロボットで存在感を発揮しているが、介護や医療、防災といった製造以外の分野でも開発が活発になってきた。大学や研究機関との連携も進み、ユニークな ...
近年、介護保険請求事務をこなせる人の需要が高まっていて、活躍の場が広がっています。 Nアカデミーの『介護保険請求事務講座』を受講し、全5回の添削課題が合格レベルに達すると、「介護事務士」を取得できます。万一不合格の場合でも、再提出制度があるので安心です。
元スウェーデン福祉研究所所長に学べ!!3K【介護/強化/キャンプ】開催!! - プレスリリース ゼロ (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
そんな間違ったイメージを吹き飛ばすために、私たちは介護強化キャンプを決行します。ビリーズブートキャンプのような激しいものではありません。介護や福祉の見解を深めるためのプログラムが盛りだくさんです。キャンプを率いるのは元スウェーデン福祉研究所所長グスタフ・ ...
2013年03月11日()
54.6億で大成建設/病院改築・老健施設合築/浴風会 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
浴風会(東京都杉並区・京極高宣理事長)は、浴風会病院改築・介護老人保健施設新築(合築工事)の施工者を、54億6000万円(税込み)で大成建設に決めた。予定価格は非公表。今月中にも契約する見込みだ。工期は本体工事が2014年7月31日、解体・外構工事は15年3 ...
3月14日(木) / ぼだい樹の会公開講座「家族の認知症介護を語る集い」 - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
... になられたご家族の介護は待った無しです。 ぼだい樹の会(東川町家族介護者支援の会)では、認知症になられたご家族を長年 介護されている方の体験をお話して頂き認知症を共有する公開講座を開催します。 ぼだい樹の会公開講座案内. log1103-13-03-11-%281%29.jpg ...
スプリンクラー義務づけ視野に検討開始 - NHK (媒体での記事掲載終了)
先月、長崎市のグループホームで5人が死亡した火災を受けて、総務省消防庁は、高齢者が入居するすべての福祉施設に、スプリンクラーの設置を義務づけることも視野に、再発防止対策を検討することになり、11日、1回目の会議が開かれました。 この会議は、先月、長崎市の ...
『認知症フォーラム.com』被災地からのレポート~東日本大震災 認知症の人は今~VOL.8 - MSN産経ニュース - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
ミッションステートメント株式会社地域全体で仮設住宅での「閉じこもり」問題解決に取り組んでいます。 ミッションステートメント株式会社(東京都品川区、代表取締役朝田篤)が制作・運営する『認知症フォーラム.com』(http://www.ninchisho-forum.com/ 協賛:株式会社ツムラ) ...
『認知症フォーラム.com』被災地からのレポート~東日本大震災 認知症の人は今~VOL.8 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
認知症フォーラム.com』では、今後も長期に渡って被災地の取材を継続し、一人ひとりの生活の再建、そして地域の復興へのさまざまな動きとともに、認知症に関わるすべての人々の穏やかな暮らしや「笑顔」に出会うために、本人、家族とケアする人々を見つめていきます。
福岡県で災害時に電気自動車から介護施設に給電する体制づくり - 環境ビジネスオンライン (媒体での記事掲載終了)
LIXILで介護付有料老人ホーム、シニアマンション(高齢者向け住宅)の運営を展開しているシニアライフカンパニーは、ラッキー自動車と「災害時における電気自動車による電力の供給に関する協定書」を3月8日に締結した。今回、両社は、東日本大震災の経験を踏まえ、福岡市 ...