介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2013年02月28日()
認知症の人のケア さまざまな介護の工夫 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症ケアの良い事例を集め、本人も家族も少しでも楽になれる方法を探ろうと、介護の「エキスパート」らが2月、都内でケアの工夫を話し合った。認知症はちょっとした工夫や声の掛け方で穏やかに暮らせる面もある。画期的な解決方法はないが、ケアのヒントをお伝えする。
高齢者福祉を考える - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
市民公開講座「高齢者福祉の今・地域で支える『安心な老後』」が3月11日(月)、市教養センター(市内笛田)で開かれる。主催は鎌倉市。午後1時30分から3時30分までで、参加無料。 高齢化が進む現代社会では、一人暮らしや認知症などで日常生活を送ることが困難な人を、 ...
痴呆から認知症へ呼称が変更された2005年度から厚生労働省ではサポーターの養成を全国的に進めている。当初10年間で100万人を目標としていたが、すでに300万人が登録しているという。高齢化が加速する海老名市でもサポーター養成に力を入れ、講座を6年前から開催 ...
代表の小川さんは家族を介護した経験者。その経験を活かし、「できるだけご家族に寄り添ったサービスを提供していきたい」と話す。例えば通常より早い「お迎え」や遅い「送り」、ショートステイの当日受付、連泊制限もなく土曜日・日曜日も対応など、柔軟に対応してくれるのだ。
大阪市の福祉事業 NPO法人水増し 775万円返還請求 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪市が民間に委託している高齢者福祉事業で、書類を改竄(かいざん)する手口で同市から受け取る委託料を水増ししたなどとして、同市は28日、大阪市城東区のNPO法人「こころ・タイフーン」に約775万円の返還請求を行ったと発表した。 同市では要介護者になる可能性が ...
特別査察で過半数に消防法違反 グループホーム火災受け調査 横浜 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
横浜市は28日、長崎県で4人が犠牲となった認知症高齢者グループホーム火災を機に市内の類似施設で行った特別査察の結果を公表した。対象は市内全374施設のうち、前回の立ち入り検査で改善指導を受けるなどした283施設。そのうち半分以上の147施設で設備や消防 ...
47NEWS > 共同ニュース > 介護大手運営の認知症施設で骨折事故が多発 市平均の2倍 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護サービス大手「ウイズネット」(さいたま市大宮区)が横浜市内で運営する認知症高齢者グループホーム(GH)で、2010、11年度に入所者の骨折事故が多発していたことが27日、神奈川新聞社の調べで分かった。市平均の2倍に上り、市が介護事業者としての指定更新を ...
平成24年度茨城県介護予防フォーラム - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
県では、県民の方々がいつまでもできる限り元気で生き生きと暮らせるよう、介護予防について知っていただき、日常生活に役立てていただけることを目的にフォーラムを行います。 今回は、認知症をテーマとし、その予防や介護の秘訣、また介護者自身の健康維持の方法について ...
「男性介護者と支援者の全国ネット」北陸ブロック結成-金沢で初フォーラム - 金沢経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
富山県高岡市在住で「男性介護者の会 みやび」を立ち上げ、精力的に活動を続ける平尾隆さんが、同ブロックの立ち上げにも協力。結成の経緯や今後の方向性について「自分の経験からも、男性介護者が社会から孤立しないための交流の場は地域ごとに必要」とし、「今後は年2 ...
中国、高齢化問題改善に尽力 - 中国国際放送 (媒体での記事掲載終了)
次は、高齢化社会の需要に応じて都市と住宅の改造を推進することだ。ここ数年、北京や上海などではこのような改造プロジェクトがすでに始まっている。去年、上海では最低生活保障を受ける高齢者1000世帯を対象にバリアフリー改修工事を実施し、いい成果をあげている。
「介護中」示すベストと小物 室蘭市が貸し出し始める - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【室蘭】室蘭市は、認知症患者らを介護する人を対象に、介護していることを示すベストやプレートの貸し出しを始めた。外出先のトイレでの介助などで周囲に誤解されるのを防ぎ、介護者の心理的な負担を和らげる狙い。胆振管内の自治体では初めての取り組みだ。 認知症患者ら ...
認知症の予防を学ぶ島根大医学部(出雲市塩冶町)の公開講座がこのほど、津和野町後田の町民センターであり、同医学部の橋本道男准教授と、津和野共存病院(津和野町森村)の須山信夫院長が、食生活習慣の大切さを説いた。 橋本准教授は、認知症の約7割を占める「 ...
東急不動産『サービス付き高齢者向け住宅「グランクレール青葉台二丁目」入居者募集開始』 - SUUMO ジャーナル (媒体での記事掲載終了)
2012年には「グランクレールセンター南」において、地域の多世代交流拠点を目指した、ユニバーサルデザインインテリアとカフェの融合店舗「&comodia(アンドコモディア)」と、シニアの方の住替え全般の悩みに応える「住替えコンシェルジュサロン」を相次いでオープンさせた。
江西德安:城镇化浪潮中迷茫的农村青年 - 每日经济新闻 (媒体での記事掲載終了)
2011年,作为六年工龄的老员工,他的级别从一级普工升到二级,但工资仍在2000元徘徊,去年,他离开了广东,回到老家和哥哥办起了养殖场,但养殖耗费了他的大部分积蓄,而且他还要承担着鸡蛋的市场风险,乡村的生活让他感 ...
主婦ら介護技術学ぶ 「福祉ネット」が教室 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【高根沢】住民に介護技術を学んでもらう「家族のための腰ラク介護教室」が23日、町社会福祉協議会で開かれた。 教室は町内の福祉関連団体が情報共有化を目的に設立した「町在宅福祉ネット」が主催。無理のない介護技術を学んでもらおうと開いた。 教室では町内の介護施設 ...
《67》 「居酒屋に連れてって」をサポート - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
さて、宅老所「鴇嶺(ときがね)の家」およびグループホーム・小規模多機能ホーム「五根(ごこん)の家」の増田知子代表は、「通い慣れた居酒屋に行きたいという要望に対し、夜、実際に職員が利用者を居酒屋に連れて行ったこともあります。普通だったら『時間外だから家族に連れ ...
これらの通知書の、高齢者や色覚障がい者などにも見やすい配色や文字の大きさなどを考慮したデザインが認められ、自治体では初めて、ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会のUCDA認証「伝わるデザイン」を取得。2013年度より、これらの通知書が発信される。
要介護者17.9%は正解? ケアマネ試験めぐり波紋 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年度の「第15回介護支援専門員実務研修受講試験」で、要介護者を取り巻く状況について正しい記述を選ぶ設問があり、「要支援・要介護認定を受けた者は高齢者人口の17・9%である」は正しいとされた。 ただし、この数字は40歳以上の要支援・要介護認定を受けた人数を、 ...
2013年02月27日()
認知症施設に自動散水装置設置義務 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症施設に自動散水装置設置義務 敦賀市が条例案、指定介護施設で初. (2013年2月28日午前7時02分). 福井県敦賀市は、27日開会した定例市会で、グループホームなど宿泊を伴う介護施設について、スプリンクラーの設置義務化を盛り込んだ条例案を上程した。同市は「 ...
フィリップス、「緊急通報サービス」に関して在宅介護を手掛けるケアサービスとの提携を発表 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
フィリップス・レスピロニクスは、同社の「フィリップス緊急通報サービス」に関して、在宅介護事業を手掛けるケアサービスとの提携を発表した。介護現場に密着したサービスを展開するケアサービスとの協業によって、フィリップス緊急通報サービスという技術を介護現場に着実に ...
介護大手運営の認知症施設で骨折事故が多発/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護サービス大手「ウイズネット」(さいたま市大宮区)が横浜市内で運営する認知症高齢者グループホーム(GH)で、2010、11年度に入所者の骨折事故が多発していたことが27日、神奈川新聞社の調べで分かった。市平均の2倍に上り、市が介護事業者としての指定更新を ...
国土交通省と厚生労働省が所管となる「サービス付き高齢者向け住宅」とは、高齢の単身者やシニア世代の夫婦が安心して住むことができる賃貸などの総称。 区内・天王町に完成間近の「たちばな館」も、こうした高齢者が安心・快適に暮らせる充実したサービスを実現。介護ヘルパー資格を持つ専門スタッフが「お世 ...
プロムナードの段差をなくし、バリアフリー化をしてベンチを設置したほか、「人が集まってくるような花を植えて、地域活性化を」と河津桜150本を07年から3年かけて植樹。これらは同愛護会に賛同する行政や企業から支援を受けて実現してきた。また、菜の花やコスモスなど季節 ...
認知症の講義と運動 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
福祉クラブ生協港南家事介護サービスぴいす事務所は3月9日(土)に、港南スポーツセンターで認知症予防に関する講義と運動の無料講座を開催する。 認知症への理解を深め、地域での支え合いや何が大切になるかを学ぶ同講座。認知症予防のための生活習慣をテーマにした ...
ふたえ交通株式会社(篠崎智雄社長)=本村町=が2月21日からユニバーサルデザイン(UD)タクシーの運行を開始した。 ... スロープが装備されているため、電動車椅子もそのまま乗車できるほか、スライドステップがついているため高齢者にもやさしい設計になっている。
【キラリ!わが社の商品・サービス】サンケイビル 自立支援介護に力 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
【キラリ!わが社の商品・サービス】サンケイビル 自立支援介護に力 (1/2ページ). 2013.2.28 05:00. Tweet. Check. ウェルケアガーデン馬事公苑でも、自立支援介護に力を入れる=東京都世田谷区【拡大】. □シニア向け住宅、首都圏で強化. サンケイビルグループが、シニア向け ...
介護保険について基礎から学ぶ学習会が3月9日午後0時30分から2時30分まで、蒔田コミュニティハウスで行われる。主催は井土ヶ谷下町の福祉クラブ生活協同組合 南家事介護ワーカーズコレクティブ「さざん」。 ケアマネジャーで屏風ヶ浦地域ケアプラザ地域包括支援 ...
日馬富士関囲み笑顔 沖縄・豊見城の老健施設に力士たち - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大相撲の横綱日馬富士関ら伊勢ケ浜部屋の力士たちが21日、市高嶺の介護老人保健施設・桜山荘を訪れた。日馬富士関は握手や色紙へのサインを求める高齢者らに笑顔で応じ、交流を深めた。 大きな拍手で歓迎された日馬富士関は「皆さんとお会いするのを楽しみにしていた ...
認知症、地域の体制整備 センター指定、4月から業務 愛媛県 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県は、県下全域の認知症医療水準の向上を担う中核センターに、愛媛大学医学部付属病院を指定。早期受診の促進や専門医療相談などを行う地域拠点センターには、砥部病院▽正光会今治病院▽十全第二病院▽四国中央病院▽真網代くじらリハビリテーション病院▽正光会 ...
路上で公然わいせつ 容疑の介護士を逮捕 広島・海田署など - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
女性に対し下腹部を露出したとして、海田署などは27日、公然わいせつ容疑で、広島市安芸区中野東、介護士、上松昌平容疑者(35)を逮捕した。 容疑は25日午前8時20分ごろ、海田町内の路上で、通行していた高校女子生徒(16)に対し、下半身を露出したとしている。
朝日新聞デジタル:生活保護の人がパチンコ→市民に通報義務 小野市条例案 - 社会 (媒体での記事掲載終了)
【広川始】生活保護や児童扶養手当の受給者がパチンコやギャンブルで浪費しているのを見つけた市民に通報を義務づける条例案を、兵庫県小野市が27日、市議会に提案した。市は「不正受給防止のための、全国的にも例のない取り組み」という。市には「全国に広げるべきだ」「相互監視社会になる」と、賛否の声が寄せられている。  名称は「市福祉給付制度適正化条例案」。受給者が給付されたお金を「遊技、遊興、賭博などに費消」...
忽那諸島(松山市)では体験滞在型交流施設を整備する計画で、船賃の助成制度も拡充して観光客を増やす。 また、離島地域では住民の高齢化も進んでいる。バリアフリー化した定期船に更新するほか、医師の確保に取り組む。介護予防教室も定期的に開催していく。 記事保存 ...
農水省、介護食品の課題や問題点を検討する有識者会議を設置 - FNN (媒体での記事掲載終了)
農水省、介護食品の課題や問題点を検討する有識者会議を設置. 農林水産省は、高齢化で需要の拡大が見込まれる介護食品の課題や問題点を検討する有識者会議を設置した。 この会議は、高齢化で需要の高まりが見込まれる介護食品について、現状や問題点を探るために、 ...
いつまで働くの、みんな・・・? - Chikirinの日記 (媒体での記事掲載終了)
去年の8月に成立して、今年の4月1日からいよいよ施行される「改正・高齢者等の雇用の安定等に関する法律」(既存の法律の一部改正)。 成立した時も話題になってたけど、これってほんとにエグイよね。週刊 東洋経済 2013年 1/26号 [雑誌]出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2013/01/21メディア: 雑誌クリック: 8回この商品を含むブログ (2件) を見る 簡単に言えば、これからは正...
両手足まひのはずが…「普通に歩いている」介護給付詐取で内縁夫婦逮捕 大阪 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
結託して障害者と介助者を演じ、居宅介護給付費をだまし取ったとして、大阪府警寝屋川署は27日、詐欺容疑で、大阪府寝屋川市八坂町の自称不動産業、円山秀和容疑者(62)と、内縁の妻で介護ヘルパー、榊マキ子容疑者(53)を逮捕した。2人は「介護は必要」「内縁関係 ...
わいせつ行為「中2少女の供述に疑問」 男性介護士に無罪判決 神戸地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
柔道の指導のために自宅に下宿させていた当時中学2年の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、兵庫県青少年愛護条例違反の罪に問われた神戸市北区の男性介護士(54)の判決公判が27日、神戸地裁で開かれた。三宅康弘裁判官は「被害者の供述は変遷しており信用 ...
富士市内17の高齢者福祉施設は27日、大規模災害時における相互応援協定を締結した。 県老人福祉施設協議会(以下、老施協)の方針に応じ、被災施設から他施設への避難、職員派遣、在宅介護者に対する安全確保対策などの確立を目指す。 同日、各施設の施設長ら ...
介護の人材を継続的に教育 「ヒューマンライフケアカレッジ」開校!2月21日より受講生募集中 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
ヒューマンライフケアが全国149事業所で10余年にわたって各種介護サービス事業を展開してきた経験とグループ内でつちかってきた教育事業のノウハウを生かし、まずは2013年4月より、これまでの「ホームヘルパー2級」に変わる「介護職員初任者」の養成コースを東京・新宿に ...
認知症と診断された男性薬服用するも治らず てんかんだった - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
高齢者に多い側頭葉てんかんは、短期記憶の障害を伴うため認知症と間違いやすい。記憶力が低下しているだけか、認知機能(日常生活での判断力)にも障害が見られるかの診断が重要になりますが、記憶力の低下だけで認知症と思い込んでしまうことがある。症状と脳波検査 ...
高齢者が安心して暮らせる町づくりを目指した新規事業も/平塚市 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
予算案には、高齢者生活支援事業が新規に盛り込まれ、65歳以上のひとり暮らしの高齢者などを対象に、一定時間、活動がない場合にオペレーションセンターから連絡を入れ、確認をする見守りシステムを導入する他、徘徊の恐れがある人の居場所を確認できるGPS、全地球 ...
ランドスケイプ、全国規模で構築した「社会福祉施設データベース」を提供開始 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ランドスケイプが、長年に渡り構築してきた「老人ホームなどの高齢者関係施設」や「保育所などの児童福祉施設」、「障害者福祉センター」など社会福祉施設のデータベースです。エリアでセグメントするだけでなく、施設区分や定員数、施設開設年月などでもセグメントすることで ...
警察官が「認知症講座」で学ぶ 豊川署(愛知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
認知症サポーター制度」はそれぞれの地域の人が認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を支援するもので、豊川市では市の職員が資格を取得、地元を中心に講座を開いてこれまでに約620人の「認知症サポーター」を養成してきた。今回は豊川署で認知症の徘徊高齢 ...
介護食品の統一基準、農水省が検討会 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
... の介護食品の統一基準作りなどを話し合う農林水産省の検討会が開かれました。 食べやすいように加工された介護食品はメーカーごとに「固さ」や「とろみ具合」などの基準が違うため、検討会では統一基準を作ることや価格を割安に抑える方策などを話し合うことにしています。
富士通、高松市に住民情報ソリューション「MICJET 税務情報」を導入 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
これらの通知書の、高齢者や色覚障がい者などにも見やすい配色や文字の大きさなどを考慮したデザインが認められ、自治体では初めて、ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会のUCDA認証(注1)「伝わるデザイン」を取得しました。2013年度より、これらの通知書が ...
人に優しい街へ貢献 NPOスクエア表彰 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
みなとみらい21地区で約10年、バリアフリーの街づくりに貢献したとして「NPOスクエア連絡会」(横浜市中区)が県から表彰された。福祉に無縁だった人と車いすの利用者が話し合いながら、人に優しい街を目指している。 NPOスクエアは大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」 ...
ランドスケイプ、老人ホームなどの高齢者関係施設や介護施設を収録した「社会福祉施設データベース」を提供開始 - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ランドスケイプが、長年に渡り構築してきた「老人ホームなどの高齢者関係施設」や「保育所などの児童福祉施設」、「障害者福祉センター」など社会福祉施設のデータベースです。エリアでセグメントするだけでなく、施設区分や定員数、施設開設年月などでもセグメントすることで ...
韓国は経済規模に比べて高齢者福祉費用が極めて少なく、老後所得保障システムの改善が急がれる、という指摘が出ている。 韓国保健社会研究院の報告書「高齢者貧困率緩和のための高齢者福祉支出と政策課題」によると、OECD加盟30カ国の公共社会福祉支出(SOCX) ...
《66》 「感情労働」という言葉に疑問 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ニュース・コラム · アピタルなび · 患者を生きる · 健康相談 · 夜間学校 · 特集 · 病気・薬 · 健康・予防 · 出産・育児 · 制度・課題 · 介護・高齢者 · 終末期 · 判断法を学ぶ · アピタルトップ > ひょっとして認知症? > 《66》 「感情労働」という言葉に疑問. 記事一覧へ. ひょっとして認知症?
「ユニバーサルデザイン賞2013」と「コンシューマーフェイバリット賞2013」をシンクロ調色LED照明など3件が同時受賞 - JBpress (媒体での記事掲載終了)
リリース発行企業:パナソニック. パナソニックのシンクロ調色LED照明、LED防犯灯「明光色(アカルミナ)」、UK向け音声読み上げ機能付「ビエラ」(※1)の3件が、優れたユニバーサルデザイン商品やサービスに贈られる国際的なデザイン賞である「ユニバーサルデザイン賞2013」(主催:ドイツユニバーサルデザイン協会)と ...
認知症? でも静観7割 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、認知症の初期から中期に現れる症状のうち、「正しい時間や用量で薬を飲めない」「買い物に出かけて目的の品物を買って来ることができない」「季節や配色を考えて服を選べない」などの「生活障害」について、認知症と疑うと回答したのは、それぞれ2~4割台にとどまった。
47NEWS > 共同ニュース > 16グループホームで防火不備 設備点検未報告・防炎品不使用… - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
札幌市消防局は26日、同市内238の認知症高齢者グループホームへの立ち入り検査で、16施設から消防法違反などの不備を確認したと発表した。 不備の内容は、消防用設備の点検結果の未報告が6施設、カーテンやじゅうたんなどで防炎対象物品を使用していなかったの ...
2013年02月26日()
札幌16のグループホームで防火不備 市消防局、早期是正を指導 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
札幌市消防局は26日、同市内238の認知症高齢者グループホームへの立ち入り検査で、16施設から消防法違反などの不備を確認したと発表した。 不備の内容は、消防用設備の点検結果の未報告が6施設、カーテンやじゅうたんなどで防炎対象物品を使用していなかったの ...
介護報酬を不正受給、事業者指定取り消し 静岡・島田の3事業所 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
虚偽の介護サービスで介護報酬を不正に受給していたなどとして、静岡県は26日、藤枝市下青島の「株式会社シーブロケイド」(錦見英一社長)が運営する島田市湯日の通所介護事業所「デイサービス初倉湯日」▽介護予防通所介護事業所「同」▽居宅介護支援事業所「在宅 ...
認知症高齢者に高額サプリ=業者に業務停止命令-消費者庁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
認知症などの高齢者に高額なサプリメント(栄養補助食品)を送りつけ、覚えのない契約を迫ったとして、消費者庁は26日、特定商取引法違反(不実告知など)で、東京都豊島区の販売業者「かなめ堂」に一部業務停止6カ月を命じた。 問題となったのは「グルコサミン」「要骨」(各1 ...
大学校舎を福祉避難所に 苫小牧 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【苫小牧】苫小牧市と学校法人駒沢大(東京)は25日、同法人が所有する苫小牧駒沢大(苫小牧市錦岡)の校舎の一部を、災害発生時に高齢者や障害者を受け入れる福祉避難所とする協定を締結した。市内の西部地区では初めて。 避難所とするのは、研究講義棟の3階にある ...
高齢者のスポーツジム利用が増加 - デーリー東北新聞社 Online Service (媒体での記事掲載終了)
八戸市内のスポーツジムなどの運動施設で高齢者の利用が増加している。背景には体力の低下により、寝たきりなど要介護になる危険性が高い状態「ロコモティブシンドローム」(ロコモ)の認知度の高まりがあるとみられ、寒さで外での活動を控えがちな冬場もにぎわっている。
特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で働く人が腰痛に悩んでいる。厚生労働省によると、4日以上の休業が必要な腰痛は10年間で2.7倍に増加。高齢化で利用希望者が増えたことに加え、要介護度が高い高齢者が多くなっているため、介護士らの負担は増す一方だ。
高齢者福祉施設が直営カフェ開店 南丹「はぎの里」 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉の複合施設「はぎの里オアシス」(京都府南丹市園部町横田)は26日、直営のカフェレストラン「なごみ」をオープンする。施設を常時開放して地域に根ざす狙いで、府内でも珍しい試みだ。 オアシスは、社会福祉法人「日吉たには会」(日吉町)が昨年12月に開設した。3 ...
《65》 介護のために離職する人は5年で57万人 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
《65》 介護のために離職する人は5年で57万人. 幼老統合ケア · 笠間睦 (かさま・あつし). 2013年2月26日. Tweet. mixiチェック. このエントリーをはてなブックマークに追加. 厚生労働省は、認知症患者が住み慣れた環境で暮らし続けられる社会の実現を今後の認知症施策の ...
山本譲二 独占告白!実母が認知症で介護施設に入所していた - livedoor (媒体での記事掲載終了)
山本譲二 独占告白!実母が認知症で介護施設に入所してい. 山本譲二(63)の実母・ハルヱさん(88)が認知症を患い、12年1月から郷里・山口県下関市にある介護施設に入所していたことが、山本本人への取材で明らかになった。 '09年には右耳の耳小骨に腫瘍が見つかり右 ...
憎まれっ子世に憚る?!その人らしさを取り戻す看護介護 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
神経が昂ぶっていたのかなかなか寝付けず朝を迎えてしまったアクラスタウン2日目。たった2日の滞在にもかかわらず多くの気付きと出会いがあり、書きたいことは既にてんこ盛りです(笑). 今日はアクラスタウンにテレビ局の取材が入り、「ひとりで家で死ねますか?」の回でご ...
2013年02月25日()
認知症グループホーム 約6割法令違反 さいたま市が調査 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
四人が死亡した長崎市の認知症高齢者グループホームの火災を受け、さいたま市は市内の認知症高齢者グループホーム三十七施設を調査した結果、消防法などの法令違反が計二十二施設で見つかったと発表した。 市によると、約半数の二十施設で、スプリンクラーなど消防用 ...
懐かしの繭糸取り 岡谷蚕糸博物館が宅老所で講座 - 長野日報 (媒体での記事掲載終了)
岡谷蚕糸博物館は25日、下諏訪町西赤砂の宅老所「ほがら家(ほがらか)」で、デイサービス利用のお年寄りに繭の糸取りを体験してもらう出前講座を開いた。製糸業の隆盛期に従業員として腕を振るった90代の利用者が、周囲も驚く熟練の手さばきを披露するなど盛り上がり、昔 ...
認知症になっても住み慣れた地域で 佐野「風の詩」10周年 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
テーマは「認知症ケアを通して気づいた地域を育む大切さ」。介護現場をモチーフに創作する漫画家くさか里樹さん(54)らが登壇し、高齢になっても認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続ける大切さを訴えた。 風の詩は2003年2月に設立された。「ソーシャルワーカー」と呼ば ...
在宅で寝たきりという悲惨な状況はかなり改善されてきたというが、超高齢社会になって多くの人が障害を持って“長い”老後を生きる可能性があるいま、普通の人が最後まで安心して、尊厳を持って暮らせるようなっているとはとても言えない。 ではどうしたらいいのか。実行すべき ...
茨城の介護職員を逮捕 児童ポルノ違反容疑 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
宮城県警は25日、児童買春・ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、茨城県下妻市鎌庭、介護施設職員、秋葉徹容疑者(31)を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は、平成23年3月20日、さいたま市西区の男性会社員(62)のパソコンに、男児の裸の写真1枚をメールに ...
若年性認知症で患者らと意見交換 経済的援助や情報を要望 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
64歳以下で発症する若年性認知症の患者らと厚生労働省の担当者との意見交換会が25日、都内で開かれ、患者側からは働き盛りで仕事を失ったことへの不安や、相談場所や治療法の情報不足などが報告された。 広島県呉市に住む患者斎本輝美さん(52)は「仕事ができず、 ...
フィリップス・レスピロニクス、「フィリップス緊急通報サービス」について在宅介護事業で都内大手のケアサービスと提携を発表 - RadFan ONLINE (媒体での記事掲載終了)
在宅医療機器メーカーであるフィリップスと、利用者・家族から信頼される在宅介護サービスをきめ細かく提供しているケアサービスが協業をすることで、転倒検知ペンダントといった最新の技術を介護の現場で活用し、より高度な安心を身近な形で利用者・家族に届けることを目指す ...
愛知県建設部は2013年度、千年住宅など5住宅の建て替えに着手する予定だ。また高齢化対策として860戸のバリアフリー化を行い、長寿命化改善は小本西住宅など3住宅で実施する。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
京都市内で2013年度、民間の介護老人保健施設が着工する計画だ。市が設置・運営事業者を公募して決める。 募集定員は84人分で、整備区分は新設または増設。13年度中に施設を開設または着工することなどが条件となる。 このコンテンツの続きをお読みいただくために ...
若年性認知症で患者らと意見交換 経済的援助や情報を要望 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
64歳以下で発症する若年性認知症の患者らと厚生労働省の担当者との意見交換会が25日、都内で開かれ、患者側からは働き盛りで仕事を失ったことへの不安や、相談場所や治療法の情報不足などが報告された。 広島県呉市に住む患者斎本輝美さん(52)は「仕事ができず、 ...
荻野アンナ、がん闘病と母の介護を語る - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
慶応大学で教鞭を取りながら、画家の母を介護する日々を送っていた荻野さんは昨年5月、大腸がんの摘出手術を受けた。自身のがんは前向きな気持ちで闘うことができたが、問題は実家で一人暮らしをしている母。病気がちで腰の持病のため介護が必要なのだが「家に他人が ...
和光堂、高齢者向け食品「食事は楽し」からレトルトパウチの<やわらかお魚料理>シリーズなど発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
近年、要介護高齢者の増加に伴い、ユニバーサルデザインフード(以下UDF)の2011年の市場規模は、前年比112%、2008年比で149%と拡大しています(日本介護食品協議会生産統計より)。 「食事は楽し」は、日本介護食品協議会の規格に適合するUDFで、2011年には ...
和光堂、高齢者向け食品「食事は楽し」シリーズから「こしひかりのごはん」など2品発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
日本介護食品協議会が制定した規格に適合するユニバーサルデザインフード(以下UDF)認定商品で、「かむ力」や「飲み込む力」を目安に4つの区分に分類されています。 近年、要介護高齢者の増加に伴い、UDFの2011年の市場規模は、前年比112%、2008年比で149%と ...
社会で役立つコミュニケーション能力を重視する、社会福祉学科での学び - Benesse 教育情報サイト (媒体での記事掲載終了)
高齢化社会を迎えた今、福祉という視点は、介護などの現場に限らず、多くの企業や団体で求められています。卒業生は社会福祉系の法人や団体、企業のみならず、金融・保険や製造業など多岐にわたります。これからますます増えてくる高齢者向けの商品やサービスの開発、 ...
飯田市で認知症講演会~人形の寸劇などで啓発~ - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了)
同NPOで「グループホームすみか」を運営する江森さんと、同ホームに勤める今村さんは、認知症や患者への接し方について理解を深めてもらおうと、2009年から人形劇による啓発活動を実施。この日は、同ホームで生活する利用者をモデルとした人形3体を用意し、認知症患者 ...
年老いた親を故郷に残したまま働くビジネスパーソンにとって切実な問題である遠距離介護。仕事を辞めて実家に戻り、親の面倒を見たいと思っても、現実的には難しいものだ。せめて離れていても、親が元気でいるかどうかをしっかり見守り、十分なケアを与えられるようにして ...
人とペットの高齢化テーマに討論、介護士らと連携する必要性も/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
専門家や獣医師らによる講演や討論が行われ、介護士らと連携する必要性が強調された。 日本生物科学研究所理事の佐々木伸雄さんが「いつまでも動物たちと幸せにくらせる社会をめざして」をテーマに講演。 ペットやパートナーとして動物を飼う高齢者が増えている現状 ...
贈呈されたリハビリ器具と製作した生徒ら=8日、名護市の「桃源の郷」 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【名護】県立名護商工高校電建システム科建築技術コースの3年生7人が、課題研究として介護老人保健施設「桃源の郷」(名護市)の依頼を受け、リハビリ器具などを製作した。8日に生徒らが桃源の郷を訪れ、贈呈式が催された。 製作したのは、歩行リハビリ運動器具と肋木(ろく ...
《64》 認知症300万人時代 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症施策検討プロジェクトチームが、2012年6月18日にとりまとめた「今後の認知症施策の方向性について」や、同年8月24日に公表した認知症高齢者数の将来推計などに基づいて、「認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)」が2012年9月に発表されました。 オレンジ ...
47NEWS > 共同ニュース > リコールの加湿器は190台販売 グループホーム火災でTDK - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
4人が死亡した長崎市東山手町の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」の火災で、火元とみられる加湿器を製造、販売した電子部品大手のTDK(東京)は24日、リコール対象の加湿器4機種のうち2機種が県内で190台販売されていたことを明らかにした。 機種別 ...
立命館土曜講座「『介護退職ゼロ作戦!』という社会運動」. 3月16日(土)14時~16時、立命館大学末川記念会館講義室(京都市北区等持院北町56-1。市バス「立命館大学前」下車。Pなし)TEL075・465・8234。※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください ...
2013年02月24日()
北海道・近畿・首都圏・東北・関東の順番で省エネ対策を重視した家が多く、バリアフリーは、九州・北陸・四国・中国の順で力を入れている傾向にあります。 ... この不満要素として多くあげられている理由が、「高齢者への配慮不足」、「省エネ対応」、「災害時の安全不足」です。
朝日新聞デジタル:一人っ子政策もう限界 若者減の中国、緩和を検討 - 国際 (媒体での記事掲載終了)
【北京=吉岡桂子、香取啓介】中国共産党・政府は、30年あまり続けてきた人口抑制の「一人っ子」政策を緩和するよう検討している。中国では、急速に増える高齢者の社会保障が整わないまま、若い働き手が減り始め、体制を支える経済成長や社会の安定を揺るがしかねないと判断したためだ。第2子の出産まで認める「二人っ子」政策へ、2015年前後までに転換する案が有力視されている。  豊かになる前に老いてしまう「未富先老...
職員向けメルマガ配信 県、介護事業所の不正受け 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県内の介護保険サービス事業所などで不正が相次ぐ状況を受け、県は事業所で働く介護職員向けのメールマガジンの配信を始めた。介護保険制度の改正に関する情報や介護報酬請求の際の注意事項のほか感染症予防の情報なども盛り込む。 県によると、今年度は今年1 ...
TDK社長が献花 認知症高齢者グループホーム火災 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
TDK社長が献花 認知症高齢者グループホーム火災. 長崎市東山手町の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」の火災で、火元とみられるリコール対象の加湿器を製造、販売した電子部品大手TDK(東京)の上釜健宏社長など幹部3人が23日、火災現場に献花した。
病気と運転の問題について、軽度認知障害の男性を取材しました。 - FNN (媒体での記事掲載終了)
順天堂大学医学部の一宮洋介教授は「軽度認知障害というのは、まず、物忘れがあります。ただし、その物忘れを起こす、認知症という病気があるんですけれども、認知症には至っていないという状態を、軽度認知障害というわけで。軽度認知障害というのは、認知症の前段階で ...
三朝小唄に合わせ介護予防体操 三朝町が考案 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護予防や健康づくりに役立ててもらおうと、鳥取県三朝町は「三朝小唄」に合わせて体を動かす「湯けむり体操ラ・ドン!」を考案した。普及員を養成して町内全域に浸透させ、子どもからお年寄りまで誰もが元気な町を目指す。
TDK社長が現場で献花 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市東山手町の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」の火災で、火元とみられるリコール対象の加湿器を製造、販売した電子部品大手TDK(東京)の上釜健宏社長など幹部3人が23日、火災現場に献花した。上釜社長は遺族や被害者への補償について「お会い ...
《63》 認知症初期集中支援チームへの期待 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省老健局高齢者支援課認知症・虐待防止対策推進室の勝又浜子氏は、医学雑誌社のインタビューの中で、「認知症初期集中支援チーム」における医師・ケアマネジャーの位置づけについて次のように述べております(一部改変)。 「認知症初期集中支援チームはイギリス ...
北日本動物福祉協会 すずらん白書・・・: 2010年10月27日 江の島の猫と男性 (媒体での記事掲載終了)
私が江の島で出会った一人の男性と猫・・・2010年10月27日、鎌倉へ車で旅行した帰り道、江の島に寄りたいと言ったのは私でした。その時は、単なる旅行の寄り道に一度も訪れた事のない江の島を見てみたいという単純な気持ちからでした。驚いたのは、江の島が猫の捨て場だったという事です。そして、さらに驚いたのは、捨て猫の防止と、捨てられた猫たちを守るための江の島の人たちと、行政の連携による素晴らしい取り組みで...
2013年02月23日()
大阪の114歳 女性最高齢か (媒体での記事掲載終了)
認知症サポーター養成 小学生向け講座を開催 京都・精華町 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
子供たちが認知症についての理解を深め、認知症のお年寄りを思いやる心を育てることを目的にした「認知症サポーターキッズ養成講座」が精華町立東光小学校で開かれた。 国は認知症高齢者を温かく見守るため、認知症サポーターを養成する取り組みを進めており、小学生も ...
ヤマタン進化、探索力アップ 県立大・岡田教授ら、今春にも実用化 - 北日本新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岡田教授は「ヤマタンという富山発の優れたアイデアを発展させ、機能を高めることができた。迅速な探索によって、救助隊の二次遭難の危険性や捜索費用の軽減につながる」と説明。徘徊(はいかい)する認知症高齢者の捜索などに幅広く応用されることも期待している。
竹島 漁業の再開願う高齢者 (媒体での記事掲載終了)
患者支える在宅医療 飯塚の頴田病院を拠点に協議会 広がる「福祉との連携」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
ノートには大杉医師ほか、食事を介助するホームヘルパー、薬を届ける薬剤師など、男性の生活を支える関係者がそれぞれの記録を書き込む。「医療と福祉の情報共有化」が ... 本田院長は「地域の高齢化などを背景に、今後も在宅医療のニーズは高まるはず。頴田病院で培った ...
38人修了 介護の道へ 高校生対象の 江別市ホームヘルパー2級講座 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【江別】市が高校生の就職支援策として、本年度に初めて開講した「ホームヘルパー2級講座」の修了式が21日に行われ、38人の受講生が資格を手にした。資格は高齢者の介護に必要とされることが多く、講座は専用の実習室を備えた北翔大などの協力で通常の半額ほどの受講 ...
公開セミナー「認知症の人にとっての臨床美術 医学者の視点より」 - 介護ニュース (媒体での記事掲載終了)
国立精神・神経センター武蔵病院の元副院長で、早くから「もの忘れ外来」を立ち上げ、認知症の診断・治療に奔走してきた認知症治療の第一人者とも言える宇野 正威氏。宇野氏が、武蔵病院勤務時代から関わってきた心理社会的治療法が「臨床美術」。― 薬だけに頼らず、認知 ...
高齢者施設で車いす修理17年、相模原の市民団体「グループ ベンリー」/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
緑区小倉の老人福祉施設「ライフホーム城山」。昼下がり、施設の一角に広げたビニールシートの上で代表の出山公己さん(72)らがパンクした車椅子を修理していた。タイヤ内の粉じんをエアコンプレッサーで取り除き、チューブを取り換える。作業を見守り、点検を待っていた人が ...
TDK社長、現場訪れ献花 長崎・グループホーム火災 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で4人が死亡した火災で、火元となった可能性が高い加湿器を製造した電子部品大手TDK(本社・東京都)の上釜健宏(かみがまたけひろ)社長らが23日、火災現場の施設を訪れ献花した。上釜社長は「痛恨の極み。
長崎グループホーム火災、火元はリコール加湿器か - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
長崎市の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で4人が死亡した火災で、電機部品大手のTDK(東京)は2013年2月22日、長崎市内で会見し同社の加湿器が「火元だった可能性が極めて高い」と発表した。 問題の機種は1998年発売の「KS-500H」。内部ヒーターの ...
なぜ日本人の3人に1人は「自力で生活できない人を政府が助ける責任はない」と考えるのか - 斜め上から目線 (媒体での記事掲載終了)
統計, 価値観, 福祉, 生活保護去年の話になりますが、ある統計を元にした2つの記事が注目されたことがありました。日本の貧困対策がどれほど貧困かよく分かる数字 | Afternoon Cafe(BLOGOS版)自力で生きていけない人たちを国や政府は助けるべきだとは思わないと言う人が日本では三人に一人以上もいることがアンケートでわかりました。日本 38%アメリカ 28%イギリス 8%フランス 8%ド...
《62》 期待される小規模多機能型居宅介護 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
小規模多機能型居宅介護は、かつては『宅老所』といわれた仕組みを2006年度から制度化したものだ。通所事業所に通い、食事や入浴、機能訓練などを受ける『デイサービス(通所介護)』、施設に短期間宿泊して、食事や入浴などの生活介護を受ける『ショートステイ(短期 ...
2013年02月22日()
家族介護受けられぬ高齢者増加 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
内田イト子さん(82)は、高齢になったら自分が育てたおいが世話をしてくれるのではないかと考えていた。だが、それはかなわず、有料の身元保証人代行サービスに申し込み、介護施設の空きを待たざるを得なくなった。日本で内田さんのような介護施設に入居待ちの高齢者は42 ...
【人生相談 あすへのヒント】 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
自宅から約1キロ先の実家に、認知症の母と精神を病む妹が2人で暮らしています。2人は、よく死を口にするので心配でなりません。 妹は40年間精神疾患を患い、入退院を繰り返し、過去に自殺未遂を2度起こしました。96歳になる母は要介護2で、昨秋から週2回デイサービス ...
自分らしさを語れない人々/これからの「大人論」(1) - デマこいてんじゃねえ! (媒体での記事掲載終了)
冗語 | 18:29 | 日本には、大人が少ない。「自分らしさ」や「モテ」を何歳になっても求めつづけ、思春期のメンタリティを捨てらない人ばかりだ。少子高齢化の時代とは裏腹に、精神的には未成熟な人が多い。では、大人の条件とは何だろう。どんなことができれば「大人」と見なされるだろう。条件の1つは、「自分を語れること」ではないだろうか。    ◆ 人気ブロガーで精神科医のシロクマ先生は、思春期のメンタリ...
TDK製加湿器「KS―500H」=同社提供 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市の認知症高齢者グループホーム「ベルハウス東山手」で4人が死亡した火災で、電子部品大手TDK(本社・東京都)の上釜健宏(かみがまたけひろ)社長は22日、長崎市で記者会見し、同社の加湿器が火元の可能性が高いことが判明したと発表した。1999年にリコールを ...
総務省中国総合通信局、中国情報通信懇談会 - J-Net21 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護分野のICT利活用の取り組みを支援することを目的にセミナーを開催します。地域の病院、診療所や介護施設が保有する患者の診療情報等を安全かつ円滑に流通させるための取り組みなどについて事例紹介しながら、これらの情報を関係者間で電子的に共有・活用を ...
ホリエモンが介護で「優しくワイルド」に? 獄中記録「刑務所なう」続編 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
介護作業を経験して優しくなった――刑務所に収監されているホリエモンこと堀江貴文・元社長が、こんなことを語っている。ホリエモンは高齢受刑者を世話する係で、排泄物の処理をしたり、入浴させたりといった仕事をしているという。 刑務所生活を記録した書籍『刑務所なう。
農林水産省は、平成25年2月27日(水曜日)に農林水産省講堂において「第1回 これからの介護食品をめぐる論点整理の会」を開催いたします。本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。 1.概要介護食品に係る現状や課題及び対応方向等について論点整理を ...
やまぐちユニバーサルデザイン大賞」は、高齢者や障害者など誰もが利用しやすいよう、施設や製品、サービスなどに配慮をするというユニバーサルデザインの考え方の普及啓発を目的に、県が2008年に創設。同校生徒が大賞を受賞するのは一昨年に続いて2回目。
UD対応を点検 旅館などで意見交換会 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
市内の宅老所経営者らが、各旅館のユニバーサルデザイン(UD)仕様の客室や大浴場をチェック。受け入れ体制の充実や価格設定など実現への課題を話し合った。 旅館や観光関係者らでつくる市地域力開発プロジェクトの「UD・バリアフリーチーム」が主催。宅老所の介護士ら ...
長崎市の認知症グループホーム火災を受け、厚生労働省は22日、スプリンクラーを設置していない認知症グループホームなどを対象に未設置の理由などを調査するよう、都道府県を通して市町村に通知した。4月19日までに調査結果を報告するよう求めており、取りまとめ次第 ...
アピタルトップ > ファイル > 東電の責任、白日の下に じいちゃんなぜ…事故なければ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
原発から約8キロ。安倍ノリ子さん(71)と夫の正義さん(76)は同県浪江町の自宅を津波で流され、同県相馬市に避難している。避難先の家の居間の仏壇には、99歳で亡くなった正義さんの父、正さんの遺影が飾られている。 正さんは2004年、双葉病院系列の老健施設に入所 ...
厚労省、認知症グループホームなど調査開始 スプリンクラー設置状況 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
田村憲久厚生労働相は22日の閣議後会見で、全国の認知症グループホームなどでのスプリンクラー設置状況を把握するため、総務省消防庁などと合同で実態調査を開始したと発表した。4月19日までに各自治体に調査結果の報告を求める。 長崎市の認知症グループホーム「 ...
高齢者福祉センター開設へ 浴場、カラオケなど有料に 流山市 - 千葉日報 (媒体での記事掲載終了)
流山市は同市東深井にある高齢者福祉施設を現地で建て替え、4月1日から新施設としてオープンする。名称を現在の「老人福祉センター」から「高齢者福祉センター森の倶楽部」に変更し、浴場の使用料を一人当たり1日100円にするなど一部有料化する方針。関連議案を21日 ...
脳を活性化するフィットネス登場 認知症予防に繋がる「シナプソロジー」 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
しかし、最近ではジムで“脳”のトレーニングを行うプログラムが登場し、話題を集めている。 スポーツクラブ ルネサンスが開発した「シナプソロジー」は、体を鍛えるだけでなく、脳の活性化に主眼を置いたプログラム。高齢者の認知症予防や子どもの知育・発育への活用とあわせて、 ...
連絡帳、薬手帳の活用確認 矢板市介護サービス事業者連絡協 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
市の介護連絡帳には医師のコメント欄がある。連絡帳を活用し医療と介護の連携ができないか」との会員の提案には、「連絡帳を持参する患者は少ないが、持ってくれば患者の普段の様子が分かるので有効的に使える」との意見が医師から出され、連絡帳の活用を進めていくこと ...
2013年02月21日()
長崎グループホーム火災 問題点は 命守るコスト論議を 地域との連携構築も大切 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
4人の高齢者が亡くなった長崎市の認知症対応型グループホーム「ベルハウス東山手」の火災は、施設の防火態勢の不備に加え、長崎市の指導が不十分だったことなど、複合的な要因が明らかになってきた。高齢者福祉に詳しい西南学院大学の賀戸(かど)一郎教授(65)= ...
東日本大震災 災害弱者/情報を共有し孤立を防げ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
民間の団体などが被災地に駆け付けても、要支援の高齢者は誰で、どこに身を寄せているのか分からない。 所在確認の手掛かりになるのが住民情報を束ねた名簿だが、 ... バリアフリーの視点から制度を改めたい。 災害弱者が孤立しかねない要因は二つある。第一に、所在を ...
さいたま市、グループホーム査察 22施設に問題 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
さいたま市は21日、市内にある認知症高齢者グループホーム37施設のうち、22施設に消防法や建築基準法上の問題があったと発表した。両法で計7件の問題を指摘された施設も二つあった。長崎市の認知症高齢者グループホームで起きた4人が死亡する火災を受け、一斉 ...
地検、高齢被告に刑の猶予求める 知的障害理由、千葉 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
検察側は「受け入れ先の養護老人ホームが決まり、福祉や行政の協力が得られる」と理由を説明。専門家は「前例にとらわれない柔軟な対応」と評価している。 2013年02月22日金曜日. Ads by Google. 主要. 地検、高齢被告に刑の猶予求める 知的障害理由、千葉(2/22 02:00) ...
講師は「介護老人保健施設みはらし(静岡県)」の施設長を務める八森淳さん。八森さんは医師として認知症の診療にあたるほか、地域ネットワークづくりの活動なども行っている。 申込み、問合せは藤沢市高齢福祉課【電話】0466・50・3571、または【FAX】0466・50・8415へ。
同講座は、老後の備えを体が動く元気なうちから準備しておくことをすすめるもので、サードライフアドバイザー1級の臼井謙介さんと介護ヘルパー2級の仲畑孝子さんから役立つ話が聞ける。個別の相談も可能。会場は京急汐入駅前の横須賀産業交流プラザ第2研修室(ベイ ...
長崎グループホーム火災 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉に詳しい西南学院大学の賀戸(かど)一郎教授(65)=社会福祉学=に、火災の背景に浮かび上がる高齢者介護施設をめぐる問題点を聞いた。 ‐高齢者施設では、2009年 ... バリアフリーの導入が不十分な所もあり、避難に支障が出る恐れがある」 ‐そうしたグループ ...
福井を高齢者在宅ケアの先進地に - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後の課題としては「若い医師の在宅医療に対する意識を高める」「医師とケアマネージャー、歯科医師、薬剤師などとの他職種連携を活性化させる」などを上げた。 ジェロントロジーは高齢化社会の課題を医療や工学、経済学などから総合的にとらえる学問。共同研究により県は ...
9月25日〜27日に学校給食や介護食関連の専門展 - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
学校給食、病院・福祉・介護食に関わる設備や食品などの専門展「フードシステムソリューション(F-SYS)2013」が9月25日〜27日の3日間、東京ビックサイトで開かれる。 今回で9回目を迎えるF-SYSは給食専門の展示会だが、高齢化により需要が高まりつつある病院・福祉食 ...
石巻の地域福祉サロンで震災ドキュメンタリー映画-介護やケアテーマに - 秋田経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
作中には同サロンも登場。介護やケアと呼ばれる営みの中で利用者と介護スタッフたちが共につくり上げた「それぞれの居場所」を見つめ、老いや死に向き合うことで培われた信頼関係に迫る。人生最期の時間を共に過ごし、その最期の瞬間を共にこの地でみとりたいと葛藤する ...
ヒューマンライフケア、介護人材の研修・教育機関「ヒューマンライフケアカレッジ」を開校 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、介護業界の動向や最新情報を伝える各種セミナーや、高齢者への理解を深めるために歩行困難や視野の狭い状態を体験するセミナーなども随時開催します。 まずは2013年4月より、これまでの「ホームヘルパー2級」に変わる「介護職員初任者」の養成コースを東京・新宿にて開講いたします。出来るだけ ...
65歳以上の高齢者の一人暮らしは2020年に全国で500万人以上、認知症患者は400万人を超えると国は推定する。彼らが地域で暮らしていくには、医療と介護、さらに民生委員などの、多職種のきめ細かな連携が欠かせない。滋賀県の守山野洲医師会と、両市の地域包括 ...
自由に支え合い「老い」前向きに 高齢者住宅「ゆいま~る那須」開設1年 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊かな自然に囲まれた那須町豊原乙のサービス付き高齢者向け住宅「ゆいま~る那須」が、全戸開設1年を迎えた。バリアフリー化や安否確認などのサービスを提供する高齢者向け住宅は県内でも増えている。入居者が精力的にいきいきと暮らす「ゆいま~る」には海外メディアも ...
過去2年の返還額687万円 訪問介護事業所不正受給 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
介護報酬の不正受給が判明し、昨年7月に県が指定を取り消した訪問介護事業所「いきいきケアセンター」(サイトー商会)の不正実態を調査している大曲仙北広域市町村圏組合は20日、過去2年間で不正・過誤請求件数は2185件あり、最終的な返還額は687万円に上ったと同 ...
大王製紙、「アテント消臭効果付きテープ式背モレ・横モレも防ぐ」のLLサイズを発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢化に伴い、伸長が著しい大人用紙おむつ市場では、今後、要介護度の高い寝たきりの方の増加が予想されます。そんな中、肥満化傾向にある体型の変化からご自分の体型に合うゆったり大きめサイズのニーズが高まっています。今迄の商品ではサイズが小さいと感じられ ...
復興住宅契約を延長 西宮市、要介護者らに - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県西宮市は21日までに、阪神大震災の被災者向けに都市再生機構(UR)から借り上げている復興住宅の契約期限を、重度の障害者と要介護者に限り最大5年間延長することを決めた。 阪神大震災の復興住宅をめぐっては、高齢で退去を迫られる入居者らの負担が問題と ...
《60》 子どもとの交流で変わる - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
さて、グループホーム「ふぁみりえ」ホーム長の大谷るみ子さんは、運営推進会議(メモ2参照)の場で、認知症の人と子どもたちを交流させてみてはどうかという意見が出された経緯を以下のように紹介しています(大谷るみ子:人生の舞台は今、グループホームから地域へ─豊かな ...
2級取得大仁田「猪木さんの介護したい」 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
昨年11月にホームヘルパー2級の資格を取得したプロレスラー大仁田厚(55)が20日、自らが運営する東京・目黒リハビリホームで会見を行った。エプロン姿で登場し、「おやじが介護を受けていたので」と取得のきっかけを説明。約3カ月間の勉強と実習を振り返り、「介護の現場 ...
日本政府、タイ中部の高齢者福祉事業に350万バーツ無償援助 - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
タイの総人口に占める60歳以上の割合は2000年9・2%、2010年11・9%で、2020年には15・3%になると予測されている。タイ政府は高齢化の進展に対応し、「2003年高齢者法」「高齢者に関する第二次国家計画(2002―2021年)」に基づき、高齢者の保健医療・福祉の ...