介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2012年02月10日()
有料老人ホーム等を手掛けるふれあいグループと各種専門家とのコラボセミナーが、2月25日(土)に「湘南ふれあいの園 小田原」(小田原駅徒歩8分)で開催される(午前10時〜正午)。 同セミナーでは講師を招き、1部は「高齢者を狙った悪徳商法とその防衛策」、2部 ...
認知症ケアにも対応した、地元で話題の介護付有料老人ホーム「レジデンスタウン小田原」で2月18日(土)、認知症セミナーと内覧会が行われる。午後2時から4時まで。参加無料で要予約。車来場OK。螢田駅より送迎あり。 テーマは「認知症とうまく付き合う方法〜すぐに ...
[映画.com ニュース] 台湾全土でロングランヒットを記録した「父の初七日」(ワン・ユーリン、エッセイ・リウ監督)の公開を記念し2月10日、女流講談師の田辺鶴瑛(かくえい)が都内で自らの介護体験を交えた講演を行った。 台湾中部の田舎町を舞台に、突然の父の訃報を ...
認知症は早めに相談を 新潟・三条市がガイドブック配布へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症になっても住み慣れた地域で暮らしませんか-と、新潟県三条市は役立つ情報を満載した「認知症暮らしのガイドブック」を作成した。 認知症が徐々に進行していくという40~50歳代以降をターゲットに、認知症とは何か、早期発見方法、今からできる認知症への備え ...
介護と連携し自宅療養 診療報酬改定案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
中央社会保険医療協議会(中医協)が10日、小宮山洋子厚生労働相に2012年度の診療報酬改定案を答申し、6年に1度の介護報酬との同時改定の全容が出そろった。診療報酬では緊急の場合の往診料を2000円引き上げ、医療機関が積極的に在宅医療に取り組むように促す。
ノロウイルス21人感染 本島中部の高齢者施設 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県健康増進課は10日、中部福祉保健所管内の高齢者福祉施設で、70〜90代の入・通所者と職員ら計21人がノロウイルスによる感染性胃腸炎を発症したと発表した。うち6人が入院したが、同日現在、全員回復している。 同課によると、1〜6日にかけて入・通所者らが ...
避難で認知症悪化=入浴困難きっかけも―介護認定の増加懸念・大震災11カ月 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
民子さんも認知症が大幅に悪化。人の名前や自分の部屋が分からなくなり、被災したことも忘れるように。要介護3と認定され、週2回デイサービスを利用するが、宿泊サービスは今年3月まで空きがないという。 夫妻と同居していた孫娘の理栄子さん(37)は「以前は車を ...
福山の介護保険料引き上げ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市は9日、2012年度から3カ年の介護保険料について、65歳以上の基準額を月額5500円とし、現行から1242円引き上げる方針を示した。00年の制度開始以来、最大の引き上げ幅となる。サービス利用増に加え、財源不足を補う市介護給付費準備基金が底をつい ...
【日本ハム】大嶋、休日に老人介護施設訪問 - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
早大ソフトボール部出身の日本ハム・ドラフト7位の大嶋匠捕手ら新人6選手が名護キャンプ休日の10日、沖縄・国頭村の老人介護施設を訪問。ゲームなどで交流した。 大嶋は「応援して下さる方がいてうれしかった。明日から、また頑張ろうと思います」と、11日の練習試合・ ...
在宅医療充実に1500億円 12年度診療報酬改定案 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会保障と税の一体改革大綱素案で、地域での医療・介護の提供体制を充実することを打ち出したのを踏まえて、医療・介護の連携や在宅医療の充実に約1500億円を充てる。4月から実施する。同日の厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)に示した。
診療報酬こう変わる 手術料最大5割上げ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が住み慣れた自宅で療養できる体制を整える一方、疲弊が目立つ病院勤務医の負担軽減につなげる。 今年4月以降、同じ日に同じ病院で、2つの診療科を受診した場合、2科目でも340円の再診料がかかるようになる。自己負担3割の現役世代では100円程度、負担1割の ...
職員が入所者虐待の疑い 顔たたいたり介護放棄 有料老人ホーム - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
神戸市西区の介護付き有料老人ホーム「はぴね神戸学園都市」で今年1月、20~40代の職員男女3人が入所者の70代の女性に対し、顔をたたいたり介護放棄をしたりするなどの虐待を繰り返していたことが9日、同市などへの取材で分かった。3人は女性への行為を認めて ...
在宅医療充実へ往診料増額 がん、認知症治療を充実 24年度診療報酬改定 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医師不足で過重労働を強いられている救急、産科、小児科など病院勤務医の負担を減らすとともに、がん、認知症治療の充実に財源を重点投入した。 診療報酬は2年に1回見直され、民主党政権下では平成22年度に続き2回目の改定。昨年末に全体で0・004%の増額改定が ...
香川県の高齢者施策の指針となる今後3カ年の第5期高齢者保健福祉計画案(2012~14年度)がまとまった。高齢者の孤立化を防ぐ体制づくりや、東日本大震災を受け、大規模災害を想定した防災対策の推進に重点を置いた八つの施策を設定。高齢者が地域で安心して ...
「しきなガーデン」グランドオープン - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人ゆうなの会(神谷幸夫理事長)は8日、那覇市識名に高齢者複合福祉施設「しきなガーデン」をグランドオープンした=写真。住宅型有料老人ホーム、2ユニット型の認知症対応型グループホーム、地域交流スペース、デイサービス、認知症デイサービス、訪問介護 ...
同社の販路を生かし、医療機関や介護施設向けに販売する。 転倒予防靴下はパールスターが広島大と共同開発した。独自の編み方により爪先が14度上がり、つまずいて転倒するのを防ぐ。パールスターが2007年から販売している。 テルモは、高齢者の転倒や骨折が寝たきり ...
2012年02月09日()
厚労省が意見募集 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同ページからのネット応募のほか、〒100-8916 厚生労働省老健局老人保健課企画法令係、FAX(電)03・3595・4010で。個人の場合は氏名、住所などの連絡先、法人の場合は法人名、所在地を明記。24日必着。
医療・介護 24年度報酬改定 訪問看護ステーション - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険では訪問看護の緊急加算などが利用限度額から外れ、使えるサービス枠が広がる。医療保険でも、自己負担が必要だった早朝や深夜の時間外加算が保険適用になる見通しだ。(佐藤好美) 横浜市港北医療センター・訪問看護ステーションの管理者、乙坂(おとさか)佳代 ...
藤沢御所見病院の健康セミナー「笑顔で楽しくらくらく介護」が2月21日(火)に御所見市民センターで行われます。午後2時半から3時半。入場は無料で、事前申し込み不要。同病院と御所見市民センターが共催。 これからの社会で切り離せないキーワードとなる「介護」。
津嶋譲治院長は「これまでの経験を生かし、地域医療に貢献出来るよう即応体勢で努力していく」と話す。 同院では高齢者の「認知症」や「せん妄」、うつ、躁鬱病、統合失調症、人格障害、神経症、パニック障害、アルコール依存、その他薬物依存、拒食・過食症などに対応 ...
「利用者に満足してもらえるサービスを提供するためには、それを支えるスタッフの心に何か不安があったのでは成り立たない」と考え、【1】担当数にゆとりをもたせる【2】困難事例は4人のケアマネージャーで対応【3】365日24時間の連絡体制-を採っている。
49人が修了し登録 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者と家族を支援し、早期発見にも努める「認知症サポーター」の養成講座が6日、市内で開かれ49人が受講した。 「痴呆」から「認知症」へ呼称が変更された2005年度から厚生労働省ではサポーターの養成を全国的に進めている。当初、10年間で100万人の養成 ...
現在宮前区内には7つの地域包括支援センターがあり、高齢者やその家族の皆さんが、住みなれた地域で元気に暮らし続けることができるよう幅広い相談に対応しています。 各センターでは社会福祉士、保健師、主任介護支援専門員等を中心に、それぞれの専門性を活かしながら ...
東京海上グループの主に介護が必要な人向け介護付有料老人ホーム「ヒルデモアたまプラーザ・ビレッジI」(区内犬蔵)がリニューアルオープンした。個別相談付きリニューアル内覧会を2月19日(日)・22日(水)、開催する。14時〜15時30分。無料・要予約。
介護4社の4~12月、軒並み増収増益 3社が純利益最高に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
訪問介護や有料老人ホームの利用者数が増え、セントケア・ホールディング、ツクイ、メッセージの3社の純利益は4~12月期としては過去最高だった。 在宅での介護を主力とするニチイ学館、セントケア、ツクイは訪問介護の利用者増が収益拡大の原動力。
防災・医療・福祉に重点 神奈川県予算案、1.7兆円 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災を受けて防災対策に重点を置いたほか、高齢化に伴い医療・福祉事業にも手厚く配分した。県税など歳入面の厳しさが続くなか大型事業は少なく、電気自動車(EV)の導入補助金など縮小する事業も目立った。 黒岩祐治知事は同日、記者会見し「震災への対応を最 ...
介護施設、入居者の重度化進む - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
特養では最も重い「要介護5」の入居者の割合が最新の2010年で35.1%と、前の年より1.6ポイント上昇した。長期入居の利用者の症状が悪化していることが原因とみられる。 一方で、特養でも要介護度が1や2と低い入居者が計11.9%いることが判明した。
47NEWS > 共同ニュース > 介護施設でノロウイルス集団感染 入所者と職員、滋賀県多賀町 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
滋賀県多賀町佐目の高齢者介護施設「多賀清流の里」(湯本佳代子施設長)は9日、入所者と職員計19人がおう吐や下痢などを訴え、うち5人からはノロウイルスが検出されたと発表した。また、8日に入所者の90歳代女性が肺炎で死亡したが、感染との因果関係は不明として ...
「転びにくい靴下」全国発売 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
テルモは、高齢者の転倒や骨折が寝たきりにつながる可能性があることや、医療現場での事故に転倒が多いことなどから着目。テルモの商品「アップウォーク」として、1足1980円で販売することになった。 テルモは全国の医療機関や介護施設に幅広い販路を持つ。
滋賀・多賀町の介護施設でノロウイルス 19人症状 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
滋賀県多賀町佐目の高齢者介護施設「多賀清流の里」(湯本佳代子施設長)は9日、入所者と職員計19人がおう吐や下痢などを訴え、うち5人からはノロウイルスが検出されたと発表した。また、8日に入所者の90歳代女性が肺炎で死亡したが、感染との因果関係は不明として ...
震災時の医療について講演 三重大産学官連携セミナー 伊賀市で - YOU (媒体での記事掲載終了)
高齢者が多かった陸前高田市(岩手)や南三陸町(宮城)での活動経験を踏まえ、「日頃から高齢者にやさしい街は災害時でもやさしいはず」と話し、ユニバーサルデザインによる街づくりが大切だと説いた。 セミナー後半は、菜の花プロジェクトやバイオマス事業、獣害対策など三 ...
[介護保険] 介護報酬0.8%マイナス改定、経営苦しい事業所へ配慮を 日医 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
日本医師会は2月8日の定例記者会見で、平成24年度介護報酬改定に係る諮問・答申に対する見解を公表した。 1月25日の社会保障審議会・介護給付費分科会で、平成24年度介護報酬改定の諮問・答申が行われた。日医は、(1)改定率・処遇改善加算(2)その他のサービス等―に ...
バリアフリー化を推進 泉南市の高齢者計画 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
泉南市は、第5期高齢者保健福祉計画素案をまとめた。公共施設などのバリアフリー化の推進や地域密着サービスの施設整備(3カ所)を盛り込んでいる。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
第5期高齢保福計画素案まとまる 河南町 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
河南町は、2012年度から3年間を目標とする第5期河南町高齢者保健福祉計画と介護保険事業計画の素案をまとめた。 第5期計画では、特に高齢者の尊厳の確保に努めることとし、認知症高齢者グループホームや地域密着型介護老人福祉施設など地域密着型サービスの整備を積極 ...
土に触れて「福祉の庭」 千歳のアイスクリーム店6月開園 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【千歳】市内泉郷の農家が営むアイスクリーム店「花茶(かちゃ)」が、高齢者や障害者に土いじりを楽しんでほしいと、車いすで入れる「福祉の庭」を造成している。6月開園予定だが、春の花壇造りに向け、11日に園芸講座「サイエンス カフェ」を開く。
パート年収65万円以上=厚生年金、健保の適用拡大-民主 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
民主党は9日、厚生労働部門会議の医療介護・年金合同作業チームを開き、パートなど短時間労働者への厚生年金と企業健保の適用拡大策について大枠を固めた。現行で労働時間が「週30時間以上」となっている適用基準を「週20時間以上」に緩和した上、全ての事業所で6 ...
スズケン、「介護事業分野に参入」で4日続伸 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
日経産業新聞が9日付で「医薬品卸大手のスズケンは介護事業分野に参入した」と報じたことが買い材料視された。 報道によると、「『介護付き有料老人ホーム』と『グループホーム』『通所介護(デイサービス)や訪問看護などを備えた複合施設』の3つを首都圏で展開し、2017年3 ...
少子・高齢化が急速にすすむなか、明るく活力ある社会の継続・QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上に向け、新モビリティ・介護医療分野などでパートナーロボット技術の活躍できるシーンは多い。しかし、各社からも様々なロボットが提案・販売されているが、本格的な展開 ...
(3)可能性/若年者の受け皿示す - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
三才山病院は2011年度、医療療養病床92床のうち、16床を18~64歳の若年脳損傷患者向けの専用病床と位置づけ、運用を始めた。一人一人に日々、症状に応じたリハビリを施している。 遷延性意識障害の患者の受け皿となる療養病床の不足、リハビリの日数制限.
ノロウイルス感染、新たに9人 各務原、県が2度目の立ち入り - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
各務原市の介護老人保健施設「菜の花」でノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の集団感染が発生し、入居者3人が死亡した問題で、県は8日、新たに入居者6人と職員3人の感染が確認されたと発表した。入居者は全員8日に発症。施設では県の指導で消毒や感染者の隔離 ...
2012年02月08日()
2012年は自分の中で、これからの30年を生きる最初の年としています。 尊敬する中島明さんも新年のブログでそのようなことを書かれていたので、ここで一度30年後の世界がどのようになるのかまとめてみたい。 これから30年の7つのメガトレンド 1.加速する人口増加-2050年に人口90億人に- 2.枯渇する自然資源 -現在の生活スタイルを続けるには地球2個分の資源が必要- 3.高齢化する社会 4.リアル...
草なぎ、50人と乱闘! - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
極道に身を置く主人公が、研修で老人介護施設のヘルパーとして働くことになり、悪戦苦闘する姿を描いたコメディーとして人気を呼んだ。ドラマは、極道から身を引き旅に出るシーンで幕を閉じた。映画はその続編で、主人公が元極道が堅気として生きる難しさに悩みながらも、 ...
草なぎ、任侠ヘルパー映画化で「暴れた」 - サンケイスポーツ (媒体での記事掲載終了)
高齢者介護施設のヘルパーを通して生き方を変えた元暴力団組長のその後を描く。黒木メイサ(23)以外のキャストを一新、アクションは満載で、草なぎは「思い切り暴れたので楽しみ」と完成を待ちわびている。 09年7月期放送の「任侠ヘルパー」は、草なぎ演じる暴力団 ...
日本糖尿病学会 ビグアナイド薬の適正使用を勧告 - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
また、経口摂取が困難な患者や寝たきりなど全身状態が悪い患者には「投与すべきではない」とも記載した。 高齢者については、メトグルコ以外は禁忌。メトグルコについては、「慎重投与である」とし、「特に75歳以上の高齢者ではより慎重な判断が必要であり、原則として ...
高齢者宅へ「除雪隊」出動 敦賀市職員とボランティアら 福井 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
この日、市職員らは、山下さん宅の玄関先に降り積もった雪をスコップなどを使って取り除き、通路を作っていった。山下さんは「とても助かりました」と笑顔を見せていた。 市地域福祉課によると、一人暮らしの高齢者世帯は約1600軒にのぼる。同課担当者は「今後も希望 ...
今年4月、保土ケ谷区仏向町に認知症高齢者グループホーム「ちいさな手陽だまりの丘横浜保土ケ谷」がオープンする。その名の通り、高台から豊かな自然を見下ろせる眺望と日当たりの良さが魅力。入居相談にはすでに問い合わせが殺到し、人気を集めている。
今年4月、栄区桂町に認知症高齢者グループホーム「ちいさな手癒しの里横浜さかえ」がオープンする。裏手にはいたち川の遊歩道が続く閑静な立地。年明けから行っている入居相談にはすでに問い合わせが殺到し、人気を集めている。 同施設は、県内外で数多くの福祉施設を ...
子育て支援、高齢者の健康づくり。取り組むべきことはたくさんある。 ○…所長の傍ら、堀之内自治会で副会長を務める。今もなお農家の多い恩田町。自治会活動では、夏冬に行う農産物即売会や自治会館で振る舞う豚汁が好評だ。「地元で採れた美味しい野菜を通じた交流の場 ...
障害福祉課から提案された「本県の観光ユニバーサルデザインの現状と展望」について研究したグループは、本県観光地が障害者や高齢者に十分配慮しているかを調査。車いすで宮崎市の平和台公園や高千穂町の高千穂峡などを訪れ、「障害者用の設備があっても管理不十分な場所 ...
恐怖…なんとジャンクフードが認知症の原因になると判明 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
実は、認知症のリスクを高めているってご存知でしたか? しかも認知症だけでなく、心臓病や動脈硬化など生活習慣病の発症率が高まる危険性があるのです! 2011年12月28日付の米国神経学会の学会誌『Neurology』は、米オレゴン州ポートランドのオレゴン健康科学大学と ...
24時間テレビ、福島の2市に福祉車両贈呈(東京都) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
日本テレビの「24時間テレビ」は8日、全国へ贈る福祉車両のうちの16台を、東日本大震災で大きな被害を受けた福島・南相馬市や、福島第一原子力発電所の周辺地域からの避難者を受け入れている福島・会津若松市の団体などに贈った。 福祉車両は、高齢者や障害者、仮設 ...
老健施設の集団感染、新たに入所者6人発症(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
ノロウイルスが原因とみられる集団感染で3人が死亡した岐阜県各務原市の介護老人保健施設「菜の花」で8日、新たに6人の入所者の発症が確認された。いずれも重篤な状態ではないという。この施設では職員が患者の嘔吐(おうと)物などを処理した後、うがいや部屋の換気、 ...
エス・エム・エス 全国の介護サービス施設無料検索サービスをスタート。 - 医療人材ニュース (媒体での記事掲載終了)
『安心介護』は、家族の介護をする人が、介護にまつわる不安や疑問点を解決できる無料サイト。会員登録をするとケアマネ・看護師・管理栄養士などの有資格者に24時間いつでも相談ができる。会員登録者数は約28000人。同じ立場の会員同士がコミュニケーションを ...
岐阜県が老健施設立ち入り調査、集団感染で(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市の老人保健施設でノロウイルスが原因とみられる集団感染で3人が死亡した問題で、岐阜県は8日、この施設の立ち入り調査を行った。各務原市の介護老人保健施設「菜の花」では、先月29日から6日までにノロウイルスが原因とみられる集団感染で、入所者と ...
普通建設費24.4%の大幅増 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
このほか、植竹会が計画している夜間保育所の新設について補助金を充て、つくし保育園大規模修繕には1575万円、認知症高齢者グループホーム整備事業の交付金に3000万円を助成する。これらの事業の積極的な積み重ねにより当初予算の一般会計総額は、698億円で前 ...
老健施設「田辺すみれ苑」が3月1日開所 田辺市城山台 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
和歌山県田辺市城山台に定員100人の介護老人保健施設「田辺すみれ苑」が完成した。3月1日に開所する。 経営は病院や老人施設などを運営する医療法人社団「菫(すみれ)会」(神戸市)。田辺市南新町の田辺中央病院は関連病院。 昨春に着工し、1月上旬に完成した。
20日から医療と福祉の悩み電話相談 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
医療ソーシャルワーカーでつくる東京都医療社会事業協会は20日から25日まで、「医療と福祉110番」を開く。 医療ソーシャルワーカーは、病院や高齢者施設などで患者らから医療費や介護費、入院や転院先など相談を受ける社会福祉の専門職。 同協会は年に数回、都内 ...
介護保険料の引き上げ諮問 鳥取市、月額5347円 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
鳥取市は7日、2012年度から65歳以上の第1号被保険者が負担する介護保険料(基準額)を月額1007円引き上げ、5347円とすることなどを盛り込んだ介護保険事業計画・高齢者福祉計画案を市社会福祉審議会(会長・板倉和資県東部医師会長)に諮問した。
スウェーデン首相、「75歳まで働いてほしい」 高齢化で年金ピンチ - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
中道右派連合政権を率いるラインフェルト首相は、高福祉国家として知られるスウェーデンでも高齢化が進んだ結果、退職年齢の引き上げなしには年金制度が立ち行かなくなると述べ、50歳以上の雇用の考え方を改め始める必要があると訴えた。 スウェーデンは柔軟な定年制度を ...
県内ほとんどの福祉施設 災害時に助け合い - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
大規模災害に備え、県内のほとんどの社会福祉施設が「相互応援協定」で結ばれることになった。高齢者、障害者、児童など利用対象の違いを超え、広域的に連携することで、災害時に手助けが必要な人のサポートを目指す全国に先駆けた取り組み。関係者は「災害で助かった命を ...
タブレットを福祉に活用する岐阜県白川町 - BCN Bizline (媒体での記事掲載終了)
名古屋から特急でおよそ1時間の山合いの町、白川町では、高齢者の独居世帯にNECのタブレット端末「LifeTouch」を配り、安否確認や見守りを行っています。 保健福祉課のスタッフが、毎朝「今日もお元気ですか」とお年寄りのタブレットに「アンケート」を送信。
スウェーデンの介護システム大手を買収へ=英社〔BW〕 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
【ビジネスワイヤ】遠隔医療ソリューション大手の英タンストール・ヘルスケアは、スウェーデンの介護システム大手STT Condigiを買収する契約を締結したと発表した。両社は北欧事業を統合し、STT Condigiの現最高経営責任者(CEO)が事業を統括する ...
実はこれ、2010年に開催された「第4回 メディア・ユニバーサルデザインコンペティション」(全日本印刷工業組合連合会主催のコンペ)で、飛田誠氏が最優秀賞を受賞したものだそう。「封筒のあて名書きの際、どうしても曲がってしまう」という小さいながらも多くの人が困っ ...
工業高校生が福祉家具25点贈る - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
同科の木工班は4年前から福祉家具の制作をテーマとし、福祉施設と連動し授業を実施。本年度は桜山荘を対象にした。 作品は利用者の高齢者を考えた歩行運動器具・平行手すり台や介護器具・可動式ひじ掛けいす、リハビリ器具の積み木パズル、車いす専用談話テーブルなど。
観音寺市の豊浜地区福祉委員会は同市豊浜町の独り暮らしの高齢者に手作りの防災頭巾を贈る。東南海・南海地震などの災害時に、安全に避難できるよう身近に置いてもらう。今月中に75歳以上を対象に217人を訪問して手渡す。 豊浜地区では民生委員や福祉委員を中心に ...
防災計画対応、自治体が報告/県再検討委 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
会合では、由布市が独自に14の特養施設や老健施設を福祉避難所に指定しようとしていることや、佐伯市が被災後に業務を速やかに再開・継続する計画を検討していることなどが報告された。 県は素案を基に年度内に地域防災計画を完成させる方針。完成後は市町村の計画との ...
介護疲れから“うつ”に…高齢化社会に潜む“共倒れ” - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
「超高齢社会」の到来で、高齢者介護は誰にとっても“わがこと”になってきた。しかし、口でいうほど介護は簡単ではない。介護する側はもちろん、される側にとっても、深刻なストレスがのしかかる。 東京近郊に住むYさん(55)は父親(82)との2人暮らし。
2012年02月07日()
ご近所の無事見守る 携帯の開閉・歩数をキャッチ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
実験は同市社会福祉協議会が実施。NTTドコモの携帯と見守りシステムを使い、昨年末から今月十四日まで行われている。六十~八十代の男女四十六人が参加。単身者を複数で見守ったり、高齢者同士が互いに見守り合うなどしている。同社協の小林孝行主事(33)は「緊急 ...
「75歳定年」首相発言が波紋 高福祉のスウェーデンで - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
同首相は7日付の地元紙のインタビューで「70歳、75歳の人がもっと働くように心理的な変化が必要だ」などと指摘。高齢化の進行で年金受給者が増え、財政を圧迫するとの問題意識から、福祉の水準を維持するため、75歳まで働き続けるよう国民に促した。
荒川区'12予算案 「区民総幸福度」を充実 子どもの貧困対策など - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
新年度予算案では、子どもの貧困対策や高齢者の健康対策、障害者の自立生活支援など、「区民の不幸を減らす」(西川太一郎区長)ための支援事業を新設、充実させたという。 昨年、幸福度について研究する区のシンクタンクが「子どもの貧困と基礎学力不足には相関関係が ...
デイサービス強化相次ぐ 神奈川県の介護各社 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
神奈川県内の介護各社がデイサービス(通所介護)事業を強化する。ツクイは2012年度中に神奈川、東京を中心に30拠点を新設し、ゆうあい(横浜市、成田克弘社長)は100人以上を受け入れられる大型施設を横須賀市内に建設する。リハビリへの対応を充実させた拠点としている ...
空室賃貸、高齢者仕様に 政府が改修費補助へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者世帯の入居を受け入れることなどを条件に、手すりをつけるバリアフリー化や耐震化といった改修工事費の3分の1を補助する。国内の少子・高齢化が急速に進むなか、高齢者がより住みやすい環境を整えるとともに、増え続けるマンションなどの空き家を有効に活用する ...
超高齢社会の基礎知識 鈴木隆雄著 - 12/02/08 | - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
20年以上にわたり老年医学の研究に携わり、現国立長寿医療研究センター研究所長を務める著者が、長年の研究成果から高齢者の寿命と健康水準の変化、病気予防と介護予防といった長寿社会の諸問題について科学的に検証。高齢者の保健・医療・福祉の現状を概観し、科学的 ...
安心して暮らせる地域づくり - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県内の認知症高齢者の数は、 10年で約11万人とされ、 10年後には約16万人と、 大幅な増加が見込まれる。 認知症高齢者の徘徊(はいかい) を原因とする交通事故が急増する中、 地域ぐるみの支え合いが見直されている。 フォーラムは2部構成で行い、 1部は、 ...
たんの吸引 医療と介護の連携を - NHK (媒体での記事掲載終了)
ことし4月から、一定の研修を受けた介護職員が、たんの吸引などができるようになるのを前に、課題を話し合うシンポジウムが開かれ、研修が間に合わない懸念や医師や看護師との連携を進めるべきだという意見が出されました。 飲み込む力に障害がある人のたんの吸引や胃 ...
ノロウイルス集団感染 対応めぐり施設謝罪(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市の福祉施設でノロウイルスが原因とみられる集団感染によって3人が死亡した問題で、「職員のうがい」や「部屋の換気」など施設が行うべき「拡大防止」への対応が不十分だったことが分かった。集団感染があったのは各務原市の介護老人保健施設「菜の花」。
ノロウイルス感染 対応めぐり責任者謝罪(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市の福祉施設でノロウイルスが原因とみられる集団感染によって3人が死亡した問題で、「職員のうがい」や「部屋の換気」など施設が行うべき「拡大防止」への対応が不十分だったことが分かった。集団感染があったのは各務原市の介護老人保健施設「菜の花」。
認知症 早期発見に必要な「ウソ」 - 新刊JPニュース (媒体での記事掲載終了)
年齢を重ねるごとにさまざまな病気になるリスクが上がっていくものですが、その中でも怖いものの一つに「認知症」があります。認知症にかかった人のケアや介護は家族に大きな負担を強いるものですし、種類によっては治療が困難なものもあります。
(英ドンカスター)- (ビジネスワイヤ)-- 北欧の高齢者在宅介護・介護施設市場で技術・サービスを提供する一流企業のSTT Condigiは本日、英国を拠点とする遠隔医療・遠隔ケア大手のタンストール・ヘルスケア・グループによる買収の契約を締結したと発表しました。
除雪奉仕チーム結成 11日始動 高齢者宅など対象 札幌 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地で昨年、ボランティア活動に汗を流した札幌市民有志と札幌市社会福祉協議会(市社協)が、市内の高齢者宅などで除雪を無料で行うボランティアチーム「札幌スノーバスターズ」を結成、11日に始動する。被災地支援に注いだ奉仕のエネルギーを地元に ...
車いすで乗れるタクシー 函館 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【函館】函館市日乃出町の函館タクシー(岩塚晃一社長)は、年齢や障害の有無にかかわらず誰でも使いやすい、ユニバーサルデザインの新型車両を1台導入した。大型料金になる同社の福祉車両と違い、小型料金で誰でも利用できる。一般のタクシー同様、市内を走らせる。
看護学校2カ所福祉避難所に 苫小牧市が市医師会と協定締結 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
締結式で岩倉市長は、高齢化に伴って福祉避難所の必要性が高まっていることを挙げ、「協定締結は有意義なものであり、心強く感じる」と感謝の言葉を述べた。沖会長は、「看護学校に実習設備を備えており、いつでも病院のように活用できる」とし、福祉避難所の指定を受けた ...
長崎の漫画家の自費出版本、ベストセラー上位に-認知症の母との日常描く - 秋田経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
同書は、岡野さんと認知症の岡野さんの母親との日常生活を軸にしたストーリー漫画で、普段の何気ない生活の一シーンをユーモアと温かみにあふれる長崎弁で展開している。岡野さんが自宅で母親を介護していたころと、グループホームに入所した後の交流などを題材に展開。
高齢者対策 - 防府日報 (媒体での記事掲載終了)
現在でさえ、高齢者を抱えた家族は大変、特に認知症や寝たきり高齢者を持つ家族は時間的、費用的に大きな負担。老々介護も行き詰まり、どこかに預けようと思っても、どこの老人施設も順番待ちなのである。早くわけのわからない堂々巡りの政争に終止符、中央も地方も、少子 ...
埼玉県 育児・介護支援の新融資制度 - NHK (媒体での記事掲載終了)
育児や介護をしている女性などが働きやすい職場作りを進めようと、埼玉県は、短時間の勤務制度などを導入し活用した中小企業を対象に金利を優遇する新たな融資制度を、新年度=平成24年度から設ける方針を固めました。 埼玉県によりますと、県内の企業およそ600社を ...
老健施設でノロウイルス集団感染か、3人死亡(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市の老人保健施設で、ノロウイルスが原因とみられる集団感染があり、3人が死亡していたことが分かった。集団感染があったのは、各務原市の介護老人保健施設「菜の花」で、先月29日から今月6日までに入所者23人と職員6人に嘔吐(おうと)や下痢の症状が ...
特集/「遷延性意識障害」4人に聞く/患者、家族へのまなざし - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
脳卒中は単一臓器の疾患としては最も罹患(りかん)率が高く、寝たきりの高齢者の4割を占める。連載を通じて、誰もが重度の意識障害の患者、介護者になりうると伝わったのではないか」 「1年前に発生した東日本大震災は、社会が失いかけていた支え合いの心の大切さを ...
画面タッチ「楽で便利」 佐世保の高齢者がiPad学ぶ - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者向けのイベントなどを企画、実施している市民グループ、長崎学舎(宮崎桂史代表)は4日、佐世保市稲荷町の市労働福祉センターで、多機能端末iPad(アイパッド)の使い方などを説明する教室を開き、高齢者が画面のタッチ操作を楽しみながら学んだ。
インフル死亡 県非公表 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
中濃地域と飛騨地域にある2カ所の老人福祉施設で計34人がインフルエンザに集団感染し、入所していた80代と90代の男性計2人が1月に死亡していた。 県高齢福祉課は、厚生労働省の通知に基づき、患者が10人以上の場合などに施設から報告を求めている。
認知症患者に尊厳を 石垣市で講演 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
【石垣】石垣市福祉部の市民講演会「認知症の方と共に」が5日、市健康福祉センターで開かれた。NPO「その人を中心に認知症を考える会」の村田康子代表と、東京医療学院作業療法学科の内田達二さんが講演。市民約150人を前に、認知症であってもその人の個性や人生を ...
大雪、家計にずしり 北秋田市 除雪費、助成限度超え世帯も - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
今冬の大雪で、高齢者世帯などの除雪費を助成する北秋田市の「福祉の雪事業」は、助成件数が昨年12月だけで一昨年同月の約2・5倍に上り、市支出額は約4・5倍に達している。 既に助成対象限度額の5万円を超える世帯が出始めており、自身で除排雪できない高齢者世帯 ...
2012年02月06日()
老健施設でノロウィル集団感染か、3人死亡(岐阜県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県各務原市の老人保健施設で、ノロウィルスが原因とみられる集団感染があり、3人が死亡していたことが分かった。集団感染があったのは、各務原市の介護老人保健施設「菜の花」で、先月29日から6日までに入所者23人と職員6人に嘔吐(おうと)や下痢の症状がみ ...
父の介護認定がでました。ケアプランをつくるためのケアマネを決めたいのですが、... – とれまが知恵袋 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
父の介護認定がでました。ケアプランをつくるためのケアマネを決めたいのですが、どうしてよいのかわかりません。アドバイスをお願いいます。 市役所から送られた封書には、介護事業所の一覧が同封されていました。ケアマネの人数と、受け入れられる人数が電話住所 ...
17市町が引き上げ 新年度介護保険料 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
新年度の介護保険料改定で、石川県内19市町のうち、17市町が65歳以上の月額保険料引き上げを見込んでいることが、6日までに分かった。6市町が約1千円程度値上げする方向で、11市町は上昇幅未定。珠洲市は据え置き、金沢市は引き上げるかどうか未定としている。
買い物弱者対策に苦悩する商工業者 公的機関の助成必要 長野 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の進行や既存商店街の衰退などで日常の買い物に支障をきたす「買い物弱者」が社会問題化し、県内各地の商工業者らも買い物弱者対策に危機感を強めている。しかし、消費者が郊外型大型店に流れて商店の経営環境が悪化する中で、宅配事業や買い物客の送迎などを ...
岐阜の介護施設で3人死亡 ノロウイルス検出 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
岐阜県は6日、同県各務原市の介護老人保健施設「菜の花」で、入所者と職員の計29人が嘔吐や下痢の症状を訴え、入所女性3人が死亡したと発表した。6人からノロウイルスが検出され、県が感染原因を詳しく調べている。 県によると、3人は70~90代で感染性胃腸炎を ...
転倒や骨折は、患者が寝たきりになる原因の一つに挙げられ、医療や介護の現場で大きな課題となっている。また転倒は、医療機関から最も多く報告されている医療事故だ(医療事故情報収集等事業年次報告書 平成21年から)。 テルモは、高齢者がいきいきとした生活を送ること ...
難しい「買い物弱者」対策 商店街では限界も… - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の進行や既存商店街の衰退などで日常の買い物に支障を来す「買い物弱者」が社会問題化し、長野県内各地の商工業者らも買い物弱者対策に危機感を強めている。しかし、消費者が郊外型大型店に流れて商店の経営環境が悪化する中で、宅配事業や買い物客の送迎などを ...
[意見募集] 介護予防や見守り・配食など地域支援事業の規模拡大を認める - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2月6日に、介護保険法施行令の一部を改正する政令(案)に関する意見募集を開始した。 これは、市町村が行う地域支援事業の上限額を見直すもの。 地域支援事業とは、大雑把に言えば「高齢者が要介護状態に陥らないように、介護予防を含めて高齢者の健康・生活 ...
高島礼子 父を自宅介護したいと希望し夫・高知東生賛成した - インフォシーク (媒体での記事掲載終了)
パーキンソン病に侵された86才の父を、この8年間さまざまな思いのなかで介護してきたのだ。その苦しい胸の内を赤裸々に告白してくれた。 そもそもパーキンソン病とは、中脳の黒質でドーパミンが作れなくなるという原因不明の病気で、難病にも指定されている。
千種会 新井組でSV付高齢者住宅を整備 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
【西宮】社会福祉法人千種会(神戸市東灘区北青木1-1-3)は、民間会社の元社員寮を改修・増築して、サービス付き高齢者向け住宅を整備するため、施工者を新井組(西宮市)に決めた。4月上旬に着工する。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録か ...
人口減少社会 九州も今から対策に動け - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉に偏りがちな社会保障だが、給付の自然増を抑制する一方で、子育て策や若者の雇用対策は強化したい。政治の強いリーダーシップが要る。 「高齢者」の定義も見直す時期かもしれない。世界最高水準にある日本人の平均寿命が、50年後には男女ともさらに4歳余り ...
一樂直子さん(介護施設運営会社「ナオ」社長) - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県瀬戸市で、認知症のお年寄りを対象にしたグループホーム、小規模多機能型居宅介護施設のほか、施設利用者や家族をケアするカフェを運営している。 「お年寄りや家族の笑顔を取り戻せるように、介護のお手伝いをしています。人と人が生き生きと交流する姿を見つめる ...
サービス付き高齢者用住宅、5年で3000戸 栃木県 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
県の「高齢者居住安定確保計画」の中で計画数が明記された。サービス付き住宅は民間業者らが整備する際に政府の補助金が受けられ、一般の賃貸住宅よりも家賃が割安なことが特徴。広さが原則25平方メートル以上で、段差のない床や浴室などへの手すりの設置などバリアフリー ...
“雪かき奉仕隊”初出動 ナナオ従業員9人 白山の高齢者宅で奮闘 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
モニター製造のナナオ(白山市下柏野町)の従業員が五日、同市河合町の一人暮らし高齢者宅二軒で、雪かきのボランティアをした。市社会福祉協議会が二〇一一年度から始めた除雪ボランティア制度の初めての出動。従業員らは吐く息が白くなる寒さの中、お年寄りの生活を守る ...
「医師育成の場へ期待」 浜松・天竜病院の新病棟完成を祝う - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
新病棟は免震工法を採用した6階建てで、総病床数は338床。児童の精神疾患を専門に治療する児童精神病床(50床)を新設したのが特色。県内の児童精神病床は、県立こども病院(静岡市)に次いで2カ所目となる。 式典には医療や福祉関係者ら約60人が出席した。
2012年02月05日()
成年後見―地域の工夫で支えたい - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症のお年寄りや、精神障害で判断の力が衰えた大人のために、財産や生活を保護するのが成年後見制度だ。全国で14万5千人が使っている。 この制度の信頼を揺るがしかねない事態が続いている。本人に代わり、財産の管理や介護保険などの契約をする後見人が、その立場 ...
介護相談員を募集 長野市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
長野市は介護保険施設などを訪問し、利用者の相談対応や施設職員と意見交換をする相談員を募集している。 活動期間は11月から3年間で、応募資格は市内在住の40歳以上で相談員として活動する期間中は介護保険業務に従事する予定がなく、自分の車で訪問活動ができる人 ...
サービス付き高齢者向け住宅は、従来の高齢者専用賃貸住宅(高専賃)など、3つの高齢者住宅を制度的に一本化したもの。その名の通り、安否確認や生活相談などのサービスが付いているのが最大の特徴だ。 24時間定期巡回・随時対応型サービスは、ヘルパーや看護師が定期的に ...
最近は心血管系に与える影響だけでなく、アルツハイマー型認知症(AD)や脳血管型認知症を発症するリスクが高いことも知られるようになってきた。 もともと脳はブドウ糖の一大消費地帯。糖質消費にはインスリンが必須であり、糖尿病の背景にある「インスリン抵抗性」 ...
高齢者宅で雪かき、阪神間からボランティア 新温泉町 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
同地区では現在も2・5メートルを超える雪が残る。65歳以上の高齢化率は5割を超え、自力での雪かきが困難な家も多いという。 兵庫県社会福祉協議会が運営する「ひょうごボランタリープラザ」(神戸市中央区)が派遣。この日は、高齢者宅を中心に8軒で活動した。
出所後に自立困難な高齢、知的障害者支援へ研修会 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
刑務所を出所後も自立が困難な高齢、知的障害者を支える「地域生活定着支援センター」について、課題を考える研修会が5日、神戸市中央区の県福祉センターであった。兵庫、大阪のセンター職員らが取り組みを報告しながら、出所者一人一人に合わせた支援の在り方や、周囲の ...
新鮮ウマヅラハギ 調理 刺し身、恵方巻き、みそ汁 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
富山湾の冬の味覚ウマヅラハギを使った男の料理教室が、魚津市福祉センター百楽荘で開かれ、男性高齢者六人が刺し身と恵方巻き、みそ汁を調理した。(武田寛史) 市社会福祉協議会が、市から受託している介護予防教室として企画。朝、魚津港に水揚げされた十五匹を使った ...
【久慈】介護支援「自分らしく」 映画監督の大宮さん講演 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了)
介護現場を描いたドキュメンタリー映画を制作した久慈市出身の映画監督大宮浩一さん(53)=東京都在住=は4日、久慈市内の催事場で講演し「利用者だけでなく、介護に携わる人こそその人らしく生きてほしい」と呼び掛けた。 久慈地域雇用創造協議会(会長・外舘正敏 ...
医人たちの挑戦 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本では老後を過ごしたくない」。これは、日本に介護の勉強に来た海外の研修生が、ある療養病院で寝たきりの患者ばかりの大部屋を見て漏らした一言です。 「高齢入居者の容体が急変した」と特別養護老人ホームから連絡を受け、大雪のなか夜中に駆けつけた。
鳥取県内の介護保険料 18市町村引き上げ検討 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
今年4月の介護保険事業計画の見直しに伴い、鳥取県内19市町村のうち18市町村が65歳以上の介護保険料の引き上げを検討しており、3割以上の引き上げとなる市町があることが、本紙の調査で分かった。75歳以上の要介護者が増加し介護保険を利用する人が増えていることや制度 ...
介護者休養の施設 「利用できない実態、把握して」 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
人工呼吸器などを装着し、自宅で生活する乳幼児の保護者が一時的に介護できなくなった際、短期間受け入れる「レスパイト施設」。佐賀県は2014年度までに10カ所増設する方針を示しているが、症状が重い子どもを育てる保護者からは期待の一方で、不安の声も上がって ...
65歳以上の高齢者が支払う介護保険料について、県内では山田町を除く32市町村が2012年度からの引き上げを検討している。岩手日報社の調べでは、半数以上の自治体が月額800~1600円程度の引き上げを検討。増え続ける要介護認定者への対応や老人ホームの入所 ...
瀬戸内で認知症講演会 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の約1割を占めるという認知症への理解を深める講演会(瀬戸内市主催)が3日、同市牛窓町牛窓の牛窓町公民館で開かれた。「認知症の人と家族の会」県支部の妻井令三代表が「認知症になっても安心して暮らせるまちをつくる」と題し、症状や援助方法などを紹介した。
ツクイ:有料老人ホーム・人材開発事業が共に黒字転換 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
介護事業を全国で展開しているツクイ <2398> (東2)は3日、今12年3月期第3四半期業績を発表した。 売上高366億59百万円(前年同期比10.4%増)、営業利益28億円(同72.8%増)、経常利益33億50百万円(同57.9%増)、純利益17億77百万円(同65.8%増)と2ケタ増収 ...
2012年02月04日()
真島さんは「高齢期にハーモニカ演奏を身に付け、健康でボランティア活動する姿は高齢者の見本」として評価された。 真島さんは69歳から市公民館の生涯学習講座でハーモニカを習い始めた。猛練習を重ね、現在は市内の6グループ約60人に教えている。その傍ら、福祉施設 ...
「たたかう医療」から「支える医療」へ 夕張市立診療所医師・森田洋之さん(3) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本では老後を過ごしたくない」。これは、日本に介護の勉強に来た海外の研修生が、ある療養病院で寝たきりの患者ばかりの大部屋を見て漏らした一言です。 「高齢入居者の容体が急変した」と特別養護老人ホームから連絡を受け、大雪のなか夜中に駆けつけた。
児童が高齢者らと交流会 宇都宮 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
宇都宮市自治会連合会や市社会福祉協議会などで組織する、市やさしさをはぐくむ福祉のまちづくり推進協議会は4日、宇都宮市内で「高齢者や障害者と一緒に学ぶ“心のバリアフリー体験”」を開催し、市内の小学生と高齢者や障害者が交流した。 日常生活で高齢者や障害者の ...
介護現場の人材育成を 鹿児島市でセミナー - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団、南日本新聞社主催、住友生命保険相互会社鹿児島支社協賛)が4日、鹿児島市の南日本新聞会館であった。約130人が介護福祉の将来について考えた。 鹿児島女子短大の久永繁夫教授は、団塊の世代の高齢化など ...
高齢者世帯の除雪 自治体は支援を - NHK (媒体での記事掲載終了)
このため国土交通省は、大雪の降る地域の自治体に対して、高齢者の除雪作業を支援するよう要請しました。この中では、高齢者だけの世帯などを消防や福祉関係機関が連携して見回り、自力で屋根の雪下ろしや雪かきが難しいと判断される世帯を把握したうえで、消防団や自主 ...
お年寄りの買い物支援 西和賀町に学ぶ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
町社会福祉協議会が地元スーパー、宅配業者の協力を得て始めた「西和賀方式」。仮設住宅の高齢者を見守り、支えている。 同町は65歳以上の高齢化率が43・0%で県内で最も高い。奥羽山脈の山懐に集落が点在し、お年寄りは買い物弱者となっている。
横手の介護施設で節分 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
節分の日の3日、横手市清川町のデイサービスセンター清川の里で幼児とお年寄りが一緒に豆まきなどを楽しんだ。センターのお年寄り30人とセンター内の託児所の幼児11人がホールに集合、幼児たちが「まめまき」の歌などを披露したあと、鬼に扮した男性職員に袋に入った ...
これが避難所なら…想定訓練 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
災害時の避難所生活について考える交流会が3日、広島県海田町の町福祉センターであった。お年寄りや親子連れなど約110人が参加。高齢者、妊婦、避難所の責任者などさまざまな立場に立ち、自分ならどうするか考える防災ゲームに挑戦した。 参加者は、他人が持参した ...
転ばぬ先の専門チーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ひとつ間違えば、寝たきりになったり命を落としたりと、重大な事故になりかねないお年寄りの転倒。高齢化に伴い増えているといい、命を預かる医療現場でも頭の痛い問題だ。鳥取大学医学部付属病院(米子市)では専門のチームを立ち上げ、院内での事故防止に乗り出している ...
インフル、県内過去最悪 患者、1医療機関当たり49人 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉課によると、1月下旬に80代の男性が死亡した中濃地域の施設では15人、同月上旬に90代の男性が死亡した飛騨地域の施設では19人が、それぞれインフルエンザに感染した。現在は両施設とも感染者はいない。 1施設で10人以上が感染した際に、施設は県に ...
2012年02月03日()
寂しさ癒すカウンセリングで自殺者激減、注目集める蘆原区の高齢者対策 - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
しかし、周囲に誰もいない高齢者は、耐え切れずに極端な方法を選択をするケースがある」と嘆いた。 ペク氏は、蘆原区が指定した保健福祉員だ。蘆原区にはペク氏のような統長が677人いる。蘆原区は、福祉員を通じて、2010年に満65歳以上の一人暮らしの高齢者1 ...
川崎社会保険病院 「機能の現状維持を」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
引き継ぐ病院には「現在三百八床ある許可病床」「現在の診療科など」「市民や中小企業従業員の健康診断」などを継続するよう求めた。 さらに回復期や症状が固定したケースで使う療養病床(現在五十床)を百床に拡充するよう求めた。 今後、RFOは市の意見を採り入れ ...
仮設老健施設を5月開設 被災業者、気仙沼に50床規模 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災した気仙沼市の介護老人保健施設「リバーサイド春圃」は5月、同市内に50床規模の仮設老健施設を開設する。仮設の介護施設の建設は宮城県内で初めて。介護関連施設は被災地を中心に定員超過状態が続いており、早期に整備することで介護環境の改善を ...
防災・環境に力点 さいたま市、6年ぶり減額予算案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
予算案は大規模な建設投資を控え、防災や環境政策、高齢者・子育て福祉に力点を絞った。 歳出の性質別にみると、生活保護費や老人福祉費などの扶助費は945億円で21.9%を占めた。旧岩槻市と合併した05年以降、金額、比率ともに最大。市債の返済に充てる公債費と人件費を ...
ワタミの介護付有料老人ホームレストヴィラ南鴨宮弐番館がオープン! 全国に79の介護付有料老人ホームを展開するワタミの介護(株)が、鴨宮駅そばに介護付有料老人ホーム「レストヴィラ南鴨宮弐番館」を今月オープン。現在オープンしたばかりのホームをいち早く見られる ...
社会保険病院の民間譲渡で川崎市、病床数維持など意見書提出 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
意見書では、同病院を引き続き医療、介護の連携拠点と位置づけ、(1)許可病床308床の保全(2)差額病室ではない病室(部屋代が不要)を病床種別ごとに確保(3)市民、事業所を対象とした健康診断の継続(4)2年以内に100床以上の療養病床を整備(5)介護老人保健施設100 ...
インフルで2人死亡 岐阜の老人福祉施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県内の老人福祉施設2カ所で、1月にインフルエンザの集団感染があり、利用者の90代と80代の男性2人が死亡した。県は「公表基準がない」として公表していなかった。 県高齢福祉課によると、90代男性は1月上旬に死亡し、男性がいた施設では計19人が ...
インフル猛威、患者急増 介護施設など厳戒態勢 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
インフルエンザが全国で猛威を振るっている。流行は中部・関西から首都圏にも波及し、1月中旬以降、患者数は軒並み急増している。空気の乾燥するこの時期は患者数がピークを迎えることが多く、各地の介護施設や病院はお年寄りの感染・発症を避けようと厳戒態勢を敷く。
ミサワG 札幌にサービス付き高齢者住宅 自立と介護の複合型 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同グループのミサワホーム北海道が自立型住戸(60戸)、同じくグループ会社のマザアスが介護型住戸(54戸)として、それぞれ賃借して運営する。サービス付き高齢者向け住宅として登録する予定だ。 同物件は、JR札幌駅から徒歩7分、JR札幌病院に隣接する。
父を介護する高島礼子 「介護のプロ」戸田恵子から救われた - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
パーキンソン病に侵された86才の父を、8年間にわたって介護している女優・高島礼子(47)。彼女が、これまで明かすことのなかった介護に関する苦悩を初めて語った。 「最初は“何でもかんでも自分たちで”と必死に頑張っていました。でも、結局、父も私たちもみんな疲れ ...
静岡県内の認知症サポーター 10万人を突破 - 静岡新聞社 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者と家族を支援し、早期発見にも努める「認知症サポーター」の県内養成講座修了者が、県の想定を上回る早さで10万人を突破した。高齢化に伴う認知症患者の急増が主因だが、県が全国に先駆けて始めた「介護マーク」の普及事業に賛同する企業の増加など、患者と ...
年金、医療、介護、子育て支援、生活保護の中で、年金以外はほとんど地方が関わっている。現場の事務は市町村がやっている。国の社会保障制度を補完する意味で、地方が保険料を若干軽減するなどの事業をやって、社会保障制度が成り立っている。社会保障を充実していこうと ...
介護事業会社「(株)エスケアメイト」の事業を開始 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)、グループホーム(認知症対応型共同生活介護)、在宅複合事業所(ショートステイ・デイサービス・訪問介護・居宅介護支援の複合施設)を、今後5年間で30施設程度開設しながら基盤を築いていきたいと考えております。
スマホの操作、振るだけでOK 徳島のIT企業が新技術 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
スマホの操作としては、音声アシスタント機能「Siri(シリ)」があるが、公共の場でスマホに話しかけるのは抵抗があるという声もある。ITジャーナリストの大河原克行氏は「世界中の人が使用できるバリアフリー操作は広がっていくだろう」と指摘している。
テルモ、転倒しにくい靴下を医療機関・介護施設向けに発売 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
テルモは、転倒予防靴下「アップウォーク」を2012年2月8日に全国の医療機関や介護施設向けに発売する。伸縮性を利用した独自の編み方を適用しており、これを履くことで使用者のつま先が上向きになる。これによって、つまずきにくく歩きやすくなり、転倒しにくい。
災害時に要援護者支援へ 糸満市、地域と連携 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障がい者らの居場所と支援できる住民の位置を把握し、地図に落とし込んだ。15日には実践訓練を予定。3月をめどに支援モデルを構築し、市全域に広げたい考えだ。(新垣玲央) NPO法人地理情報システム協議会と協働で進める県の事業を活用した「地域と行政の ...
2012年02月02日()
介助付きで石川観光楽しんで - 秋田経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
店舗マネジャーでホームヘルパー1級の資格を持つ長谷川幸子さんは「両親が高齢になってできないことが多くなり、我慢しているうちに意欲が落ちていく姿を見て来た。ちょっとお手伝いをすることで、我慢していたことができるようになる。『また旅に行きたいからリハビリを ...
外国人介護士 若者の挑戦に応えたい - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士を目指し日本の介護現場で学ぶインドネシア人ら九十五人が、国家試験に挑んだ。今月には看護師試験もある。専門職として働きたいとの思いに応えるために、制度の見直しが必要だ。 なんといってもインドネシアやフィリピンの若者たちは人懐っこくて優しい。
高齢化影響、雪かき要員不足 ボランティア募集へ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
強い寒気による大雪の影響で、全国各地で高齢者世帯を中心に、除雪の人手不足が深刻化している。兵庫県内も但馬地域が同様の事態に陥り、県社会福祉協議会が運営する「ひょうごボランタリープラザ」(神戸市中央区)は2日、新温泉町での雪かきボランティアの募集を決めた ...
スズケン、介護業の利用者情報を共有できる業務管理システム発売 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
スズケンは、日立システムズが開発した介護・福祉事業者向け業務管理システム「介護ASP」を発売する。異なる事業者間で、介護サービス利用者のケアプランやサービス利用実績をインターネット上で共有できる。介護事業所を併設する医療機関や保険薬局を主な利用者に想定 ...
全国に79の介護付有料老人ホームを展開するワタミの介護(株)が、鴨宮駅そばに介護付有料老人ホーム「レストヴィラ南鴨宮弐番館」を今月オープン。現在オープンしたばかりのホームをいち早く見られる現地見学会を開催している。 富士山を望む絶好の眺望と温暖な気候が ...
川崎市高齢社会福祉総合センター(長沢2の11の1)では3月13日(火)、講座「福祉用具の基礎知識」を同センター研修室で開く。時間は午前10時から正午まで。 同センターでは「身近な人に介護が必要になったときに福祉用具を使用して少しでも心の余裕を持てるように」と ...
津久見市に長寿支援課 4月開設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
津久見市は2012年度から、高齢者の福祉対策を強化するため、長寿支援課を新設する。市役所本庁のほか、4月に同市中心部に開設する「津久見港出張所」にも常勤職員を配置、高齢者を対象にした窓口業務だけでなく、住民票や印鑑証明の発行なども行い利便性を高める。2 ...
慶大や認知症高齢者研、在宅医療の情報共有化 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
慶応義塾大学と社団法人の認知症高齢者研究所(横浜市)がそれぞれ、医師や介護士などが高齢者の情報を共有できるシステムを開発し、2月以降に試験運用を始める。高齢化による病院の病床不足などで在宅医療の必要性が増しており、担い手が活動しやすい環境を整える。
ABC新潟、介護予防施設を増設 商店街の空き店舗活用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
人材派遣などを手掛けるアルプスビジネスクリエーション新潟(ABC新潟、新潟県長岡市、福田武雄社長)は介護予防型デイサービス(通所介護)施設を増設する。中心商店街の空き店舗を使った施設を、現在の2店舗から5年後に10店舗程度まで増やす計画だ。
野球部員が高齢者宅で除雪作業 塩沢商工ナインら - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
南魚沼市社会福祉協議会は1日、豪雪救援ボランティアセンターを発足させ、自力で除雪できない高齢者や障害者宅の除雪を始めた。この日はボランティア登録をしている塩沢商工高野球部員や市民ら合わせて19人が参加し、市内3カ所で屋根の雪下ろしなどをした。2日には埼玉 ...
多死社会の在宅医療―医師・看護師・ボランティアで支える「自宅で迎える最期」 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化が急速に進み、「多死社会」(番組より)を迎えたニッポン。番組でクローズアップされるのも若者の問題よりは、どちらかと言えば老人の問題のほうであるようだ。 そして今回は、人生の終末をどこでどう迎えるかについてである。現在は約8割の人が病院でなくなる ...
京都のヘルパーやケアマネージャー、施設職員らでつくる「京都ヘルパー連絡会」は2日、今年4月からの介護報酬改悪で生活援助が切り捨てされることに抗議し、中京区の四条大宮で白紙撤回を求める宣伝を行いました。 介護報酬改悪で一番問題とされているのは、ヘルパーの ...
スポーツの推進に関する特別委員会(第10回) 議事録 - 文部科学省 (媒体での記事掲載終了)
簡単に申し上げますと、少子高齢化、情報化、地域社会の空洞化、あるいは国際的な協力・交流の活発化といった背景、あるいは、本年3月11日の東日本大震災の発生に伴いまして、現在、復旧復興の課題が生じていると。 そのような中で、社会のきずなの重要性も認識されている ...
テルモ、転倒しにくい靴下を医療機関・介護施設向けに発売 - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
医療や介護の現場では転倒や骨折が、患者が寝たきりになる原因の1つとして大きな課題となっている。また、「医療事故情報収集等事業年次報告書 平成21年」によれば、転倒は医療機関から最も多く報告されている医療事故だという。特に高齢者は、加齢にともなう運動機能の ...
ミサワホーム北海道、生活サポート付きの高齢者向け賃貸住宅「BLAN JR 札幌」が完成 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
当社グループでは近年、高齢者人口の急激な増加が予測される大都市圏において積極的に介護・福祉事業を展開しています。札幌市の高齢者人口は今後も増加傾向にあると見込まれるほか、多雪地域という特性から、元気なうちから利便性が高いエリアへの住み替えが必要であり、 ...
北秋田市元職員ら、高齢者を支援 「ハッピーデリバリー」開始 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
代表を務める同市米内沢の佐藤信子さん(60)は昨年9月、定年退職まで半年を残して市森吉総合窓口センター長を辞し、介護福祉士の資格を持つ友人らと準備を進めてきた。現在、メンバーは40〜60代の12人で、NPO法人設立を申請中。 国の2011年度地域支え ...
どこまで生きるんだよ...「地球最高齢の生物たち」が想像を絶していた件 (22種) | DDN JAPAN / (DIGITAL DJ Network) (媒体での記事掲載終了)
ごみ出し支援の輪広がる - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市御幸学区の住民が、一人暮らしの高齢者や障害者のごみ出しを手伝うボランティア活動を始める。一部の住民が自発的に始めた助け合いを広げる。 学区内の地域福祉推進委員会、福祉を高める会、ボランティアの会の3団体が取り組む。高齢者たちが近所のボランティアに ...
高島礼子 パーキンソン病の父を8年間介護、その思いを語る - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
パーキンソン病に侵された86才の父を、この8年間さまざまな思いのなかで介護してきたのだ。高島が、これまで語ることのなかった胸の内を明かしてくれた── 「父はいま車いすで、もう自力で歩くことはできません。要介護認定の階級でいうと、4と5を行ったり来たりという ...
国家試験の委員 解説書執筆で辞任 - NHK (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者などの支援を行う社会福祉士の国家試験の試験問題を作成する委員会の副委員長を務める大学教授が、過去問題の解説書を執筆していたことが分かり、試験の公平性に疑念を招くおそれがあるとして、大学教授は委員を辞任しました。 辞任したのは、日本社会事業 ...
ゆいま~る聖ヶ丘だより(9)「最期まで自宅で」を支えるケアサポート - 多摩ニュータウンタイムズ (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホーム「ゆいま~る聖ヶ丘」1階に4月、「小規模多機能型居宅介護(泊まり・訪問・通いのケア)」「グループホーム」が開設予定。同事業を運営するのは高齢者医療とケアで多くの実績がある医療法人財団天翁会。「住みなれた地域の中で高齢者とご家族の生活を支援 ...
テルモ、医療機関・介護施設向け「テルモ転倒予防くつ下『アップウォーク』」など2品を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
転倒や骨折は、患者さんが寝たきりになる原因の一つに挙げられ(※1)、医療や介護の現場で大きな課題となっています。また転倒は、医療機関から最も多く報告されている医療事故です(医療事故情報収集等事業年次報告書 平成21年より)。 テルモは、高齢者がいきいきと ...
介護保険料値上げへ、基準月額3700円に - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別市第5期介護保険事業計画等策定委員会(小林正司委員長)は1月31日、第4回会議を紋別市総合福祉センターで開き、平成24年度から3ヵ年に適用される第5期の介護保険料(第1号被保険者=65歳以上、基準月額)について、現行の2600円から1100円値上げし、3700円とする案を ...
個人と文化尊重する終末期医療・ケアを 日本老年医学会が見解 - Science Portal (媒体での記事掲載終了)
自律性を重視する欧米文化を背景にした高齢者福祉政策の模倣ではなく、日本人の人生観、死生観さらに家庭環境にも配慮した高齢者の終末期医療とケアの実現を目指している。 「個と文化を尊重する」「本人の満足を物差しに」「家族もケアの対象に」など基本的考え方を ...
特集(上)読者の声/生への問い、重く深く - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
介護する家族がいない、家にスペースがない、在宅療養を続ける収入がないといった理由です。 国は、そうした患者さんの受け皿になってきた療養型病床を削減する方針を打ち出しています。施策が実施に移されたら、患者は行き場を失い、地域医療は崩壊するのではないかと ...
【過疎はいま】高齢化 都市に潜む - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
朝に地区のボランティアが公民館で作り、民生委員が届けてくれた。 月に1度、地区の社会福祉協議会が見守りを兼ねて200円で弁当を配る「ふれあい型食事サービス」。同地区には独居の高齢の住民が300人以上おり、約100人がサービスを利用している。
高齢者や幼児と交流 養父中ボランティア部に栄誉 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
生命保険会社などが主催し、中学校と高校を対象に個人や複数校のグループなども表彰している。 養父中ボランティア部は、社会や地域を明るくする多彩な活動が評価された。がん治療などのために頭髪が抜けた患者が使うタオル帽子を作ったり、近くにある二つの老人ホームを ...
「複合型」で高齢者支援 小規模多機能型+訪問看護 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
デイサービスとショートステイ、訪問介護を組み合わせた「小規模多機能型居宅介護」に、看護の役割も加えた新タイプの介護サービスだ。別料金だった訪問看護料は新サービスの定額料金に含まれ、費用面の心配も減りそうだ。 (佐橋大) 横浜市金沢区の「小規模多機能型 ...
2012年02月01日()
事業放棄・国庫支援求める自治体続出、中央政府の福祉政策乱発で早くも財源不足 - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
しかしソウル市の中でも自治区別に財政自主度の格差が大きい上、社会福祉事業の需給対象者数が異なり、きちんと現状を反映していないという指摘も多い。 基礎老齢年金が代表的な例だ。満65歳以上の高齢者の中で、受給率は全羅南道莞島郡(チョルラナムド・ワンドグン) ...
介護中の父を暴行死 容疑の38歳男を逮捕 群馬 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護中の父親に暴行を加え死亡させたとして、県警捜査1課と高崎署は1月31日、傷害致死の疑いで高崎市竜見町、無職、倉林亮二容疑者(38)を逮捕した。 同署の調べでは、倉林容疑者は同月29日午後0時半ごろ、自宅で介護している父、秀次さん(76)の腹を蹴り、 ...
保健福祉センターに郵便局 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
秦野市では、2012年度に市保健福祉センター(緑町16の3)内へ郵便局を誘致する計画について、郵便局株式会社と協議を行っている。住民票の写しなど証明書等の発行業務も予定されており、利便性向上が期待される。 同センターへの郵便局誘致は、人口減少と高齢化が ...
アニマルセラピー お年寄りに「笑顔」 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
県獣医師会日田支部(末松弘彰支部長)が、福祉施設で暮らす高齢者にペットの犬や猫とふれあってもらう「アニマルセラピー」のボランティアに取り組んでいる。認知症で普段はほとんど会話をしない人が笑顔が浮かべるなど確実に効果があるといい、今後も積極的に続けていく ...
福祉相談会や独居老人を招いた昼食会など、様々な福祉活動を行う港南台社会福祉協議会。なかでも交互に毎年開催しているチャリティバザーと蚤の市は地域の恒例行事として定着し、来場者は毎回1000人を超える。「自治会やPTA、企業、商店、福祉団体も当然のように ...
全国に79の介護付有料老人ホームを展開するワタミの介護(株)が運営する「レストヴィラ金沢八景」では現地見学会を開催している。京浜急行「六浦」駅から徒歩4分、昔ながらの自然を残し、伝統を受け継ぐ街に溶け込む由緒ある迎賓館をモチーフにした同ホーム。
今年4月、栄区桂町に認知症高齢者グループホーム「ちいさな手癒しの里横浜さかえ」がオープンする。裏手にはいたち川の遊歩道が続く閑静な立地。年明けから行っている入居相談にはすでに問い合わせが殺到し、人気を集めている。 同施設は、県内外で数多くの福祉施設を ...
介護を学ぼう - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
介護サービスや保険について学ぶ「特別一日介護講座」が2月25日(土)、青葉台コミュニティハウスで行われる。主催は福祉クラブ生協青葉家事介護W.Coここあ(柏木美知代表)。 当日は民間、行政が提供する介護サービス、介護保険について学び、『上手な利用法』の ...
保護までの手順確認 - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊橋市が、徘徊する高齢者の捜索のために立ち上げた「徘徊・見守りSOSネットワーク」が効果的に運用されるかを検証する訓練が1日、牛川校区で行われた。情報の伝達から高齢者を保護するまでの手順を、実際の流れに沿って確認した。 近年、認知症の高齢者が行方不明に ...
「看護師1人」の介護拠点、福島で開業 全国初 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険法では訪問看護ステーションは開業するために「看護師2.5人以上」(常勤換算)が必要で、特例措置を利用して1人のみで開業したのは全国で初めて。 開業したのは福島市の特定非営利活動法人(NPO法人)が「まごころサービス福島センター」(須田弘子理事長)。
「在宅医推進へ遠隔医療共同実証トライアル」亀田総合病院やNTTグループら - ITpro (媒体での記事掲載終了)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院と、地域の介護を担う介護サービス施設を多数運営している亀田産業、NTT(持ち株会社)、NTT東日本、NTTドコモは2012年2月1日、在宅医療の推進を支える遠隔医療について共同実証トライアルを同日に開始したと発表した。
介護保険料 大幅引き上げへ(秋田県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
秋田市は、ことし4月から65歳以上の介護保険料の基準額をこれまでよりも17パーセント引き上げて月額5314円とする方針を 明らかにしました。これは1日の秋田市議会厚生委員会で示されたものです。それによりますと、秋田市では65歳以上の介護保険料の基準額を ...
雪かきレンジャー大活躍、室蘭の高齢者宅大助かり - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
30日からの雪で、室蘭市社会福祉協議会(大久保昇会長)が仲介役となった雪かき支援のお助け隊「雪かきレンジャー」が31日、大活躍。お困りさん宅で汗を流し、大いに喜ばれた。 2シーズン目の今冬はエリアが拡大、スタートも昨季より20日ほど早い対応となった。
無症状の脳梗塞で、記憶障害・認知機能障害が大幅増 - 税金と保険の情報サイト (媒体での記事掲載終了)
こういった脳梗塞があると、認知症を発症するリスクが大幅に高まることがわかった。 研究について発表したのは、米コロンビア大学医学部のアダム・ブリックマン博士ら。1月3日付けのNeurologyに報告された。 研究では認知機能の低下が少ない高齢者658人を対象に、記憶 ...
福祉・介護アプリケーションをクラウドに移行し、 - コンピュータワールド (媒体での記事掲載終了)
ワイズマンの福祉施設・事業者向けASPサービスを、Hyper-Vを活用したクラウド・サービス上に構築する取り組みを主導した、同社福祉事業本部 福祉サポート部 部長、磯浩行氏。 もはや日本社会における高齢化の進行は既定路線となっており、国も各種法整備をはじめ、来る ...
親の介護が心配な30代 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
数年前から、20~30代向けの雑誌の取材で「親が介護状態になったときのアドバイス」を求められることが増えてきた。「親の介護に備える」というテーマで1ページないし2ページの企画で、仕事を辞めて面倒を見なくてはいけないのだろうか、介護費用を貯める目安はいくらか ...
安心も提供するドア・ツー・ドアの福祉事業 JA熊本うき - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
JA熊本うき(熊本県)の福祉センターでは事業のさらなる充実をめざし、昨年6月から「福祉有償運送」をスタートした。事業開始から半年、同センターの利用者を中心に地域に定着しつつある。 「福祉有償運送」とは身体に障がいのある人や要介護者など、一人で公共交通 ...
有料老人ホームアミーユの新規開設、サービス付き高齢者向け住宅のCアミーユの入居率が高水準で推移しているため、今2012年3月期は営業利益63億円(前期56億5200万円)と好調な収益が見込まれている。 また、現在、訪問介護事業のジャパンケアサービス ...
医療と福祉の一体型施設整備 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
新施設は、既設の川西診療所とともに、和知町の社会福祉法人章仁会が4月から指定管理を請け負う。 市高齢者福祉課の森本純課長は「医療と介護の両施設の連携が取りやすくなり、相乗効果が期待できる」と利点を示す。川西診療所は2010年度に約940万円の赤字を計上 ...
在宅・施設・病院向け介護食「すむーす食つるりん」に新メニュー登場! 2月1日よりプレゼントキャンペーン実施 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
(@Press) - 高齢者向け介護食「すむーす食つるりん」の販売総代理店である株式会社セネクス(本社:大阪市淀川区、代表取締役:田中 正孝)は、咀嚼や嚥下が困難な方や、歯がない高齢者の方でも舌でつぶしていただくことのできる介護食、「すむーす食つるりん」の新メニュー ...
軽四移動商店街「ぎょうれつ本舗」-共に支え合う新しい仕組み - びわ湖大津経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者を雇用する福祉事業所や就労支援に関わる企業などが連携し、高齢化の進む地域へ食料品や日用品を数台の軽四トラックを連ねて移動販売する取り組みが進んでいる。名付けて「ぎょうれつ本舗」。滋賀県社会就労事業振興センター(草津市)が企画し、大津市、高島市など ...
高齢者共同住宅 県が新年度から試験導入へ - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域コミュニティーホームは、民家や公共施設などを改修した地域の共同住宅に軽度の要介護の高齢者など5~6人が入所。グループリビングや共用スペースで地元の仲間と交流でき、介護保険を利用した訪問介護なども可能。掃除や食事の準備などの生活支援は事業者ではなく ...
雪かきレンジャー大活躍、室蘭の高齢者宅大助かり - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
30日からの雪で、室蘭市社会福祉協議会(大久保昇会長)が仲介役となった雪かき支援のお助け隊「雪かきレンジャー」が31日、大活躍。お困りさん宅で汗を流し、大いに喜ばれた。 2シーズン目の今冬はエリアが拡大、スタートも昨季より20日ほど早い対応となった。
もの忘れ「気軽に相談を」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「街ぐるみ認知症相談センター」。5年間で2700人以上が訪れ、認知症の早期発見に貢献してきた。その取り組みが11日、同区内である公開講座で報告される。 センターは2007年、文部科学省の支援を受け、日本医大武蔵小杉病院の敷地内に開設した。 利用は無料。
認知症の予防に期待 高脂血症の治療薬 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高脂血症治療薬の一種「ピタバスタチン」が、アルツハイマー型認知症の治療に効果を発揮する仕組みを解明したと31日、福井大医学部の浜野忠則講師(46)が発表した。認知症の予防や治療につながると期待され、浜野講師は「100人程度で効果を検証し、できれば3~5 ...