介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2012年01月31日()
コレステロール薬で認知症発症率が低下 福井大・濱野講師が論文発表 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
福井大医学部の濱野忠則講師が、高コレステロール血症治療剤「ピタバスタチン」にアルツハイマー型認知症の発症率低下や進行を遅らせる効果があるとする論文をまとめ、オランダの医学誌「ニューロバイオロジー・オブ・エイジング」オンライン版に掲載した。
屋根雪下ろし助成 新発田で43件申請 新潟 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
このため、同市は市民税非課税などの条件を設けた上、1回1万5千円、1世帯2回までで助成を始めた。 助成の申請は1月25日現在、高齢者世帯で41件、障害者世帯で2件。市高齢福祉課は「屋根の雪の量が心配な人は助成制度を利用してほしい」と呼びかけている。
介護していた父親、死なせた容疑 息子を逮捕 群馬 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護していた父に暴力をふるって死なせたとして、群馬県警は1月31日、高崎市竜見町、無職倉林亮二容疑者(38)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。 県警によると、倉林容疑者は1月29日昼ごろ、自宅で介護していた父の秀次さん(76)の腹を殴ったり踏みつけ ...
終末期医療、胃ろう中止も選択肢に―日本老年医学会が見解公表 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
超高齢化が進む近年、医療の現場では口から食事を摂れない高齢者には胃に管をつないで栄養を送る胃ろうが普及している。認知症末期や寝たきり患者などにも広く装着されていることから、その是非については議論が重ねられている。 立場表明では、高齢者の終末期 ...
47NEWS > 共同ニュース > 高脂血症の治療薬、認知症にも効果 福井大講師が発表 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高脂血症など脂質異常症の治療薬がアルツハイマー型認知症の予防や抑制にも有効であるとする研究成果を、福井大医学部の濱野忠則講師(46)が31日、同大松岡キャンパス(永平寺町)で会見し発表した。論文はオランダの国際科学誌「ニューロバイオロジー・オブ・ ...
高齢者、障害者ら向けの初の雪下ろし助成に43件申請 新潟県新発田市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
助成の申請は25日現在、高齢者世帯で41件、障害者世帯で2件。例年、2月上旬まで雪が多く、今後も降雪量が増えるとみられている。また、市内の屋根の雪下ろし中の転落事故は今冬既に2件発生しており、市高齢福祉課は「屋根の雪の量が心配な人は助成制度を利用して ...
コレステロール低下薬にアルツハイマー進行抑制か 福井大講師が発表 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
血液中のコレステロール値を下げる薬剤に、アルツハイマー病などの認知症を進行させるタンパク質を減らす効果があることを、福井大の浜野忠則講師(神経内科学)が突き止め、31日発表した。発症を防いだり、遅らせたりする可能性があるという。
スズケンと日立システムズ、介護・福祉向け業務管理システムの販売で協業 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
スズケン(太田裕史社長)と日立システムズ(高橋直也社長)は、日立システムズが開発した介護・福祉事業者向けの業務管理システム「介護ASP」の販売で協業する。 「介護ASP」は、日立システムズが販売しているサーバー導入型の介護・福祉事業者向け業務管理 ...
個人情報入りUSBメモリ紛失 松山・ベテル病院 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
同施設によると、12日昼ごろ、50代の女性ケアマネージャーが、利用者の症状や病歴、保険証番号のデータを、事務所の専用パソコンから個人所有のUSBメモリーに移し、机で保管した。13日朝、机を確認し紛失に気付いたという。 同施設では、2010年6月に ...
鉄筋コンクリート造り5階建ての集合住宅が2棟計80戸あり、当面、市は老朽化などで廃止を予定している市営青柳住宅と黒瀬住宅の代替住宅としてちわら宿舎を利用するほか、一部を高齢者向けにバリアフリー化する構想も描いている。 全国各地に設置されている雇用促進住宅 ...
施設での高齢者虐待をなくす研修会(高知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
高知市朝倉のふくし交流プラザで開かれた研修会には、県内の老人ホームやグループホームなどから管理者や介護職員などおよそ230人が参加した。会では埼玉県立大学講師の小川孔美さんが講演し、オムツを取替える時に入所者を乱暴に扱い、ベッドの柵で顔に怪我をさせてい ...
障害福祉サービス 報酬2%増へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
障害者福祉の現場では人手不足が深刻となっていることから、厚生労働省は、福祉サービスを提供した事業者に支払われる報酬を2%引き上げ、処遇の改善を図ることになりました。 障害者福祉の現場では、高齢者介護と同様に過酷な仕事のわりに賃金が低いことなどから、人手 ...
介護保険料増、月額5209円 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
笠岡市の介護保険運営協議会と福祉施策審議会、保健協議会が30日、次期計画や見直し案などをそれぞれ高木直矢市長に答申した。介護保険料基準額を65歳以上で現行より1067円上回る月額5209円と見直し、健康診査料金で個別と集団の一本化を提言。
短歌集「老いて歌おう」を今年も社会福祉法人宮崎県社会福祉協議会から… - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
▼介護や支援を受ける高齢者らによるこの短歌集は小欄でも何度か紹介してきた。最初に紹介したのは、九州内で作品を募っていたころのことだった。対象が宮崎県内に限られていた時期もあった ▼それからだと15年になる。応募者は10倍以上に増え、4千首を超える歌が ...
この日は、香川県高松市番町1丁目の県社会福祉総合センターで寄贈式があり、同社高松支店の池田啓支店長が滝本関雄県社会福祉協議会常務理事に目録を贈呈。池田支店長は「子どもたちや高齢者のために役立ててほしい」と話し、滝本常務理事は「有効に活用させていただき ...
負担ない介護法って? 富山の施設 体験学習会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
講師で、施設の介護福祉士尾崎佳さんが、ベッドに寝ている人の寝返りのさせ方に関し「手を組ませ、膝を立たせて動かすと楽です」とアドバイス。 「力を入れて介護されると、される方もつらい」と可動式ベッドなど福祉用具の利用も呼びかけた。 尾崎さんは「身近な介護の ...
広島駅前に福祉の拠点整備へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市社会福祉センター(中区千田町)を移転・拡充し、福祉分野の拠点とする。 総合福祉プラザは51階建てビルの5、6階に入居する。市社会福祉協議会の事務局やボランティア研修室、400人規模のホールなどを備える。高齢者向けの職業相談コーナー設置も検討する。
福島の高齢者や子ら200人招待へ - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
沖縄の医療・福祉団体が支援体制を組んだ上で、沖縄に避難している福島県人との交流会なども予定している。 事業費はそれぞれ約1400万円と1千万円。県や県ユースホステル協会などに寄せられた寄付金を充てる。 被災者支援カードの「ニライ・カナイカード」を提示した ...
劇で伝える認知症 介護施設職員、幼稚園で上演中 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームなどを運営するJAあいおい福祉会の職員有志が、相生市内で幼稚園児に認知症への理解を深めてもらう活動を続けている。アンパンマンのキャラクターが登場する独自の劇で、症状や対処法を分かりやすく伝えている。 実施するのは、2010年4月、介護 ...
2012年01月30日()
要介護者8割「食事中むせた」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
要介護者の8割が食事中にむせた経験がある-。 日清オイリオ(東京都中央区)が高齢者を在宅介護している人に行った介護食に関する調査で、こんな結果が出た。 調査は昨年12月、飲み込む機能が低下している60歳以上の要介護者(要介護度1~3)を在宅で介護し、介護 ...
青梅市 4福祉施設が災害時協定 合同訓練や職員派遣も - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
各施設は地元自治会とも協定を結んでおり、青梅消防署によると、地域と合わせて複数の福祉施設が連携する災害時協定は、全国的にも珍しいという。 (大平樹) 協定を結んだのは、精神障害者生活訓練施設「ほたるの里」▽知的障害者支援施設「花の里」▽特別養護老人 ...
スズケン 介護事業の子会社が業務開始へ - Nk Jiho.Jp (媒体での記事掲載終了)
スズケンは30日、子会社の介護事業会社「エスケアメイト」(本社=東京都台東区)が2月1日から業務を開始すると発表した。当初は首都圏を中心に展開し、中部や近畿圏に事業を拡大させる。介護事業を展開することで、地域医療連携への支援体制を強化することが狙い。5年 ...
田主丸総合支所建て替え 福祉拠点機能も - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
従来の支所機能のほか、集団検診などを行う「地域保健センター」や、介護問題など高齢者の相談を受け付ける「地域包括支援センター」も入居する。当初、保健センターの一部として設ける予定だったリハビリ用の訓練室と歩行用プールは、周辺施設にすでに整備されていること ...
介護職員数を水増し 事業者指定取り消し 静岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
訪問介護職員が基準に満たないにもかかわらず、基準を満たしているように偽った書類を提出し、介護保険事業者の指定を受けたとして、県介護指導課は30日、伊東市松原の「ネット介護」(前田晋社長)が運営する3事業所について、指定を取り消すと発表した。
【将来人口推計】 街は高齢者仕様に 「未来の縮図」長野・小海町を歩く - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
その一つ、社会福祉センター「やすらぎ園」には、1人暮らしの高齢者が格安の家賃で暮らせる集合住宅が整備されている。 認知症予防のため、定期的にお年寄りを集めて子供との交流会などを行うという。高齢化に伴い、町は高齢者が生活しやすいよう整備が進んでいる。
街は高齢者仕様に 「50年後の日本」長野県小海町を歩く - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
その一つ、社会福祉センター「やすらぎ園」には、1人暮らしの高齢者が格安の家賃で暮らせる集合住宅が整備されている。 認知症予防のため、定期的にお年寄りを集めて子供との交流会などを行うという。高齢化に伴い、町は高齢者が生活しやすいよう整備が進んでいる。
介護職に解禁される医療行為について - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
テーマは、①介護職に解禁される医療行為、②認知症ケア、③新設される24時間定期巡回サービス、に絞ってもらった。遥矢当さんは、定期執筆者。津田頼子さんは、在宅のケアマネージャー。(編集部) 2012年の介護保険法改正では、介護職による医療行為が一部解禁され ...
信託銀各行、後見制度支援の新商品発売 2月から - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
後見制度は認知症などで判断能力が十分でない高齢者などに代わり後見人が財産を管理する制度だが、後見人による使い込みが問題になっていた。信託銀行が財産を管理・運用することで不正を防ぐ狙いだ。 信託各行が取り扱いを始めるのは「後見制度支援信託」という新商品。
高齢者宅の雪かき任せて 関市で登録ボランティア活躍 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
市自治会連合会板取支部の長屋賢治支部長は「地域のお年寄りが毎年除雪に苦労しており、本当にありがたい」と話している。 市と市社会福祉協議会は、旧市部と板取地域の交流や同地域の高齢者世帯の除雪支援を目的に、昨年12月から高校生以上のボランティアを広く募集。
フランスベッド、腹部への圧迫感を軽減する介護用「SM-90αマットレス」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
「SM-90αマットレス」は、当社が販売する「介護軽減 背上げらくベッド」対応の専用商品です。ベッド本体と「SM-90αマットレス」を組み合わせることで、背上げ時の動きに連動してマットレスを引き上げるしくみで、身体のずれを防ぎ、腹部への圧迫感や違和感の ...
日立システムズとスズケン、介護・福祉事業者向けASPサービスで協業 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
日立システムズは2012年1月30日、医薬品卸売業大手のスズケンと介護・福祉事業者向けシステムの販売で協業することを発表した。日立システムズが開発した業務管理サービスを、スズケンが「介護ASP」の商標で、全国の介護事業所併設型の医療機関や保険薬局へ提供する。
高齢者宅の雪かき任せて 関市板取、登録ボランティア活躍 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
市と市社会福祉協議会は、旧市部と板取地域の交流や同地域の高齢者世帯の除雪支援を目的に、昨年12月から高校生以上のボランティアを広く募集。現在、市民を中心に79人が登録している。 この日は、27日の降雪を受けて実施され、登録者のうち市内外から集まった20 ...
仕事・家計 課題も表面化 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
65歳未満で発症する若年性認知症について、患者の抱える課題や必要な支援を把握するため、県が初めて実施した実態調査の結果がまとまった。2月1日、医師らでつくる若年認知症実態調査委員会で報告される。この場で議論される政策提言を受けて、県は支援策を検討し、新 ...
介護報酬改定 抑制ありきでない在宅推進を - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
公的な「介護サービスの値段」である介護報酬の、3年ぶりの改定案が固まった。 報酬全体を1・2%引き上げ、在宅や重度要介護者向けの給付に重点配分。定額料金で、自宅で必要な介護が何度でも受けられる「24時間地域巡回型訪問サービス」を創設するなど「施設から ...
施設の利便性を車いすで点検 鳴門市、高校生ら60人参加 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者らにとっての施設の使いやすさをチェックする「ユニバーサルデザイン点検会」(徳島県建築士会鳴門支部主催)が29日、鳴門市立図書館(撫養町大桑島)で開かれ、高校生ら約60人が参加した。 参加者は3班に分かれ、トイレや駐車場、図書閲覧室などを ...
福島 県立高で復興人材育成へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
さらに、課外活動でも「進路研究部」という部活動を新たに設け、復興に関わる職業を探るほか、高齢化が進むなか、福祉の担い手となるホームヘルパーの資格を取得できるカリキュラムも提供する計画です。浪江高校の高梨洋史校長は「生徒たちが、学んだ知識を武器にして、 ...
2012年01月29日()
バリアフリー化75%に 県が住宅マスタープラン改定案 10年間の目標設定 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県県土整備部は29日までに、高齢者住宅のバリアフリー化促進や既存住宅の有効活用などを盛り込んだ県住宅マスタープラン(県住生活基本計画)の改定案をまとめた。現プランは2006~15年度だが、11年3月に国の住生活基本計画(全国計画)が見直されたため、11~20年度 ...
在宅介護―理想像を実現するには - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日中・夜間を問わず、オムツ交換などでヘルパーや看護師が定期的に訪問し、利用者が呼び出せば駆けつける。そんなサービスを、毎月いくらの定額で提供する。 国土交通省と厚生労働省は高齢者向けマンションの建設を促進しており、その1階に事業者が入り、新サービスを ...
「山間部の高齢者の外出助けます」 氷見・久目社福協、送迎開始 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
このため、久目地区では、17世帯の大半が65歳以上の高齢者世帯で、近くにバス停がない老谷集落を対象に今月から毎月1回、市社会福祉協議会のワゴン車を借りて外出支援を試験的に始めた。 27日は午前9時半に老谷を出発し、郵便局、ショッピングセンター、市役所 ...
第2963号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
そんな高齢者が本当に多くて,「医療でできることには限界がある」というのが最初の実感でした。 堀川 ちょうど,当時は朝日新聞論説委員だった大熊由紀子さんらが,北欧には日本のような「寝たきり老人」はいないことを紹介し始めたころです。「それなら,とにかく起こし ...
「いきいき百歳体操」の健康戦略 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
高知市にあるこの宅老所では,2004年度にこの体操を始め,今も週2回の活動を継続している。近所の高齢者の通所手段は,徒歩・自転車・家族の送迎などさまざま。毎日来る人もいれば,週1回の人もいる。そして,普段そこに行政職員の姿はない。「サポーター」(後述)を中心 ...
EPA外国人第1陣、介護福祉士試験臨む 95人受験 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)で来日し、介護施設で働いているインドネシア人とフィリピン人計95人が29日、介護福祉士国家試験に臨んだ。介護福祉士国家試験は3年の実務経験が必要なため協定下で来日した人たちの受験は今回が初めて。大阪府の試験会場となった東大阪大学( ...
外国人、介護福祉士にチャレンジ EPAで来日 95人が国家試験 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
経済連携協定(EPA)に基づき来日した、インドネシア人とフィリピン人の外国人介護福祉士候補者95人が29日、介護福祉士の国家試験を初めて受験した。この日は、筆記試験が行われ、実技試験を経て3月28日に合格発表が行われる。 看護師候補者と介護福祉士候補者 ...
終末期医療、胃ろう中止も 日本老年医学会 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
近年、口から食べられない高齢者に胃に管をつないで栄養を摂る胃ろうが普及しているが、欧米では一般的でなく、また認知症末期の寝たきり患者などにも広く装着されていることから、その是非が議論になっている。 改訂版では、高齢者の終末期における「最善の医療および ...
高齢化社会の到来で、介護関連業界は今の日本では数少ない成長産業と認識されている。それゆえに異業種からの参入など競争が激化し、業界内の明暗もはっきり分かれつつある。そうした中、同社は主力の在宅介護事業が伸長したほか、有料老人ホーム事業や人材開発事業も経常 ...
非喫煙者に朗報! ニコチンパッチが深刻な病気を解決する? - アラサーマン (媒体での記事掲載終了)
喫煙者の禁煙補助に使用されるニコチンパッチに、非喫煙者の認知症を改善する働きがある。今月10日号のNeurology誌にこんな論文が発表された。 研究を行ったのは、米テキサス州にあるバンダービルト大学のポール・ニューハウス博士ら。 軽度の認知症を持つ非喫煙者74人を2 ...
介護福祉士 来日外国人が初受験 - NHK (媒体での記事掲載終了)
高齢者などの介護を専門的に行う「介護福祉士」の国家試験が29日、全国で行われ、EPA=経済連携協定に基づいて来日した外国人が初めて試験に臨みました。 EPAに基づいて介護福祉士を目指して来日したインドネシア人とフィリピン人は、この4年間で合わせて780 ...
社説:介護報酬改定 待遇改善し人材確保を - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の2012年度介護報酬改定案が固まった。施設での介護より在宅介護サービスに報酬を手厚く配分したのが特徴で、増え続ける介護給付費の抑制を狙ったのは明らかだ。しかし、介護の分野で最も深刻なのは人手不足の問題。制度が充実しても、人手が足りなければ ...
2012年01月28日()
逆境超え 夢は福祉特区 都城市吉之元町 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ゲリラ豪雨や新燃岳の噴火災害に見舞われたが、逆境を乗り越えた先に見据えているのは、高齢化が進む地域に密着した「福祉コンビニ」づくりの実現だ。 地域は相次ぐ災害に遭遇した。一昨年6月に同市で口蹄疫(こう・てい・えき)が発生した直後の7月、一帯をゲリラ豪雨 ...
介護と地域の問題を考える集い 長野 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
須坂市のシルキーホールで2月4日午後1時15分から、ミニドラマをもとに介護と地域の問題を考える「あなたならどうする? あんな本音(こと) こんな本音」が開かれる。 須坂市男女共同参画推進市民会議のメンバーがミニドラマを制作。自ら出演して身近な人が介護を ...
厳しい介護ビジネスの実態倒産業者の7割強が創業10年未満 - MONEYzine (媒体での記事掲載終了)
介護保険法施行で介護事業に進出する事業者が急増した。しかし、競争の激化や改正介護保険法で、経営環境は厳しさを増している。 帝国データバンクが19日に発表した調査結果によると、2001年~2011年の医療機関の倒産は381件で、その内、老人福祉事業者の倒産は134件だっ ...
路地裏オトナ塾 西日本工大・竜口教授が講演 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
竜口教授は元TOTO社員として、トイレや水回り設備で、高齢者や障害者らが利用しやすい「ユニバーサルデザイン」を研究。室内での転倒防止のため、「まず段差をなくし、手すりを取り付けるのがリフォームの基本だ」と語った。 手すりなどを設置する際、さりげない装飾 ...
[国際]【米大統領選】フロリダ州31日予備選 流れ左右する大票田、6人に1人高齢者+(1/2ページ)(2012.1.28 21:53) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同州は全米で最も高齢者の割合が高い(柿内公輔撮影) 【ジャクソンビル(米フロリダ州)=柿内公輔】米大統領選の共和党候補指名争いで、31日に予備選が行われるフロリダ州は全米で最も高齢者の割合が高い州だ。年金や福祉に頼る高齢者は社会保障政策の動向に敏感で、 ...
都福保局 高齢者保健福祉計画中間まとめ公表 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健局は、2012~14年度を計画期間とする「高齢者保健福祉計画」の中間まとめを公表した。期間中の重点的な取り組みとして「介護サービス基盤の整備」や「高齢者の住まいの確保」など6項目を設定。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員 ...
施設訪問400回 「笑顔に支えられた」 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
大分市の「大志生木ひょっとこ同好会」(後藤良生会長)は25日、高齢化のため、15年間の活動に幕を引いた。県内各地の老人福祉施設をボランティアで訪問すること約400回。ユーモラスな踊りで多くの人の笑顔を引き出し、元気づけてきた。 この日は大志生木地区の ...
さらに、高齢者の歯の状態と日常生活の状況も調べました。すると、自分の歯でしっかり噛める人は自立した生活を送っていましたが、歯がない人や義歯を装着していない人の60~70%が「近所までしか外出できない」か「寝たきり」だったそうです。 ご質問の方の場合、まず歯を ...
独女の憧れ?「終の住処は老人ホーム」 - livedoor (媒体での記事掲載終了)
一口に老人ホームといっても、その種類はさまざま。介護専用の老人ホームもあれば、高齢者限定のサービス付きアパートのような「健康型有料老人ホーム」もある。施設ごとに入居条件も異なれば、介護などのサービス内容や料金にも違いがある。 公恵さんがテレビで見たの ...
一人暮らし高齢者らの見守り 磐田市が“輪”拡大へ市民会議 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
磐田市と市内の地域・福祉団体、民間事業者などが連携し、一人暮らしの高齢者らを見守るネットワークづくりを目的とした「安心地域支え合い体制づくり市民会議」が27日、同市総合健康福祉会館「iプラザ」で開かれた。 (土屋祐二) 市は2010年11月、市内の新聞 ...
認知症の母がモデル - 二次元新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市のシンガー・ソングライターで漫画家の岡野雄一さん(62)が、認知症の母(88)をモデルにした漫画を出版した。タイトルは「ペコロスの母に会いに行く」。 西日本新聞の報道によると、岡野さんの母は12年前から認知症の症状が出始め、6年前からグループホームに入居 ...
2012年01月27日()
介護保険料、5270円へ 過去最大の上げ幅 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀中部広域連合(佐賀市など4市1町)の介護保険事業計画策定委員会は27日、第5期(2012~14年度)の65歳以上の介護保険料について、基準額を22・8%、978円増の月額5270円とする素案をまとめた。2000年の制度導入以降、最大の上げ幅。2月 ...
失われゆく王の記憶と命を賭した王妃の反撃!イ・サン」37話見どころと予告動画-NHK - navicon [ナビコン] (媒体での記事掲載終了)
前回、ソンヨンを献身的に看病したサンは自らのソンヨンに対する想いが愛だと気付いた…37話では、認知症の症状が進行する英祖の前に命を賭けた貞純王妃の作戦が始まり、サンがピンチに立たされてしまう!「イ・サン」第37話の予告と前2回のダイジェスト映像は、番組サイト ...
高齢者のサポート拠点が開所 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大声で歌い、気分もすっきりです」 県高齢福祉課によると、サポートセンターは被災した12市町村が仮設住宅の敷地を中心に、県内16カ所に設置している。双葉町は仮設の整備が進まず、サポートセンターの設置が遅れていた。(須藤龍也)
社会福祉法人東洋会が運営する特別養護老人ホーム「たちばなの里(崎村俊裕理事長)」で今月19日、フィリピン人介護福祉士候補生2人に対し、辞令交付式が催された。 この日辞令を受けたのはディッキー カンサナ トーレンティラさんとラピド ディヤン ビジル ポラスさん。
除雪請け負います くろべ工房、利用者の就労支援と収入増 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
黒部市の社会福祉法人くろべ福祉会が運営する障害福祉サービス事業所「くろべ工房」 は、障害者就労支援事業の一環として除雪作業の請け負いを始めた。県内が大雪に見舞われる中、高齢者世帯などの需要を見込み、施設利用者の就労機会拡大と収入の増加を図る。
ホームヘルパーなどが高齢者の家を定期的に訪問する「24時間地域巡回型サービス」を創設し、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう後押しする。こうした新施策などで施設から在宅介護への移行を促すとともに生活援助を効率化し、増え続ける給付費の抑制を狙う。
認知症予防セミナー「認知症 自分のため家族のためについてほしいこと」(横浜) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
講師は「あるくらぶ」主宰の江渕昌代さん(介護福祉士・認知症ケア指導管理士ほか)。 家族や自分の状態を知るため、「なぜ認知症が増えるのか」「その物忘れは大丈夫?」「認知症で本当につらいことは…」「今できる簡単予防法」など、認知症を正しく理解し予防する生活の ...
高知市の若草養護学校が福祉避難所に(高知県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
地震などの災害が起きたときに体の不自由な人や高齢者の避難施設として活用してもらおうと27日、高知市春野町の若草養護学校が福祉避難所の指定を受けた。福祉避難所は災害が起きた際、体の不自由な人や高齢者らのために専門の介助員を配置する避難所。
ユニマットそよ風:今期12年3月期第2四半期連結業績は増収増益で着地 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
また、その他にも同時期にケアマネージ業務向上プロジェクトを立ち上げ、ケアマネージメントの標準化、相互研修による業務の適正化を図り、介護事業の要であるケアマネージャーの業務向上に努めています。また、他社との差別化を図り、そよ風ならではの付加価値のある ...
また、その他にも同時期にケアマネージ業務向上プロジェクトを立ち上げ、ケアマネージメントの標準化、相互研修による業務の適正化を図り、介護事業の要であるケアマネージャーの業務向上に努めています。また、他社との差別化を図り、そよ風ならではの付加価値のある ...
早めに老化対策! 衰えやすい筋肉は!? - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
階段を上るのに息切れして太ももがプルプルしたときには、若い方でも「このまま年をとったら、動けなくなって寝たきりになりそうで心配」、「もう老化している?」と思うようです。体を動かした時に感じやすい老化現象のような感覚は、健康面への不安にもつながるため、 ...
介護職員、心と体の健康学ぶ研修会 - 北日本放送 (媒体での記事掲載終了)
介護給付費を不正受給 八千代の事業所、指定取り消し - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護給付費を不正請求したなどとして、県は26日、有限会社「介護サービス八千代」(八千代町菅谷、飯村ふさ取締役)が運営する通所介護事業所「デイサービス八千代」(同所、飯村昇管理者)について、介護保険法に基づき、同施設の通所介護と介護予防通所介護の指定を取り消す ...
高齢者の防犯情報網拡大 滋賀県警と介護事業者連携 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
ひったくり被害でも47件(同)のうち25件が高齢者で、お年寄りに防犯意識を高めてもらうことが課題となっている。 こうした中、昨年10月に県内の介護サービス事業者(約800事業者)や老人福祉施設(66施設)、有料老人ホーム(12施設)、県警などで ...
母子家庭就学児にランドセル - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢で一人暮らしの会員向けに登録制の日常生活支援も始めた。 由本さんは62歳のとき、夫に先立たれた。階段から落ちて寝たきりになった夫を7年余り介護した経験から「もっと若く、子どもが小さかったら精神的、経済的にどんなに苦しかっただろう」と母子家庭に共感を ...
白寿の「名人」なお現役棋士 妻の介護の合間に対局 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
妻とみさん(94)の介護の合間を縫って対局に臨み、クラブのリーグ戦では上位に顔を出す腕前。田中さんは「妻の世話を続けるためにも、碁会所まで歩く運動と脳が活発になる囲碁はやめられん」と元気に話す。 初めて囲碁を打ったのは税務署に勤めていた50年前。
県、計画案の意見募集 「障害福祉」と「高齢者健康福祉」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は、新年度から3年間の「障害福祉計画」案と「高齢者健康福祉計画」案に対し、パブリックコメント制度で県民の意見を募集する。2月23日締め切り。 障害福祉計画案は、福祉施設入所者の地域生活への移行を積極的に進めることをうたい、グループホームやケアホームの ...
介護保険料 月額5208円に - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
笠岡市介護保険運営協議会(会長・武田恒雄笠岡医師会長)が26日、同市十一番町のサンライフ笠岡であり、2012年度から3年間の介護保険料基準月額を5208円とする事業計画案をまとめた。30日に高木直矢市長に答申する。 現行保険料基準額は4142円 ...
2012年01月26日()
医療・介護 24年度報酬改定 介護保険の新サービス - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
テーブル上にあるのがコールボタン=東京都品川区 平成24年度からの介護保険の新サービスの内容や費用が25日、決まった。財源不足の中、施設よりも在宅を重視し、軽度の人より重度の人へサービスを重点化した。目玉は「24時間定期巡回・随時対応型サービス」の ...
診療報酬改定/医療、介護の環境より強く - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
今回は2年おきに見直される診療報酬と、3年おきの介護報酬が同時に改定される6年に1度の年に当たる。 介護報酬の改定率は1.2%引き上げで決着した。診療報酬と同様に2回連続のプラスとなり、高齢社会で増え続ける介護ニーズに対応した。 これによって介護事業に ...
【主張】 介護報酬改定 「処遇改善」にはなお遠い - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
民主党政権で初めてまとめた介護報酬の改定からは、こうした懸念がぬぐえない。 4月から実施される今回の改定の目玉は、報酬全体を1・2%引き上げて、職員給与を月額で1万5千円底上げする「処遇改善加算」を新設したことだ。 仕事がきつい割に賃金が低く、志を抱いて ...
介護支援にポイント 佐賀市で県モデル事業 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
ボランティアで高齢者の介護支援をした65歳以上の人を対象に換金可能なポイントを付与する制度構築に向け、県は2月から、佐賀市でモデル事業を実施する。高齢者の社会参加を通じた介護予防や生きがいづくりにつなげるのが狙い。課題や問題点を整理した上で、2013 ...
広がれ"オレンジの輪" - タウンニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
「認知症」を理解し、支援する「認知症サポーター」を養成する試みが全国的に進んでいる。海老名市でも今年度から本格的にこのサポーターを養成する講座を展開。来年度末までに200人の養成を目標に据えている。 厚生労働省の調査報告によると85歳以上になると4人の ...
「住み慣れた地で、なじみのスタッフとの安心の毎日」を目的としたグループホーム・小規模多機能型居宅介護『花物語 たま東』(多摩区宿河原)が、2月1日(水)にオープンする。 同ホームは経験豊富なスタッフが利用者の安心な暮らしを真心込めて支えるほか、併設の小 ...
会場ではAED(自動体外除細動器)を組み合わせた心肺蘇生法の体験ほか、寝たきりや足腰の弱い高齢者など避難困難者を安全に避難させるための車椅子の使用体験などに多くの参加者が集まった。また豚汁や餅の炊き出しも行われ、参加者同士が隣り合って食べる姿が多くみ ...
ボランティアグループ「十人会」(区内水沢)が今月15日、麻生区王禅寺にある特別養護老人ホーム「潮見台みどりの丘」を慰問した。 入所者らは、メンバーによる歌や踊りなど華やかなステージを堪能していた。同会は市内や横浜、都内を中心に高齢者施設を毎月慰問している ...
明治安田生命社長「介護事業者の買収検討」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
明治安田生命保険の松尾憲治社長は日本経済新聞とのインタビューで年内に介護事業者を買収する方向で検討していることを明らかにした。明治安田は介護保障を死亡、年金、医療保障に次ぐ「第4の柱」と位置づけており、介護保障保険の開発と併せてサービス提供を急ぐ。
「24時間テレビ」被災地へ福祉車両を贈呈(岩手県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
日本テレビの「24時間テレビ」は、全国各地へ福祉車両176台を贈ることを決定し、うち26台の車両を26日、岩手県の25団体に贈呈した。 これらの中には、東日本大震災の津波により車両を失った団体も含まれ、入浴車やリフト付きバスなどの福祉車両は、地域の高齢 ...
「24時間テレビ」被災地へ福祉車両を贈呈 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
日本テレビの「24時間テレビ」は、全国各地へ福祉車両176台を贈ることを決定し、うち26台の車両を26日、岩手県の25団体に贈呈した。 これらの中には、東日本大震災の津波により車両を失った団体も含まれ、入浴車やリフト付きバスなどの福祉車両は、地域の高齢 ...
超高齢社会における生涯学習の在り方に関する検討会(第3回)議事要旨 - 文部科学省 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の社会参画を促すためには、生涯学習と福祉の密接な連携が必要であり、今後はとりわけ公民館と地域包括センターとの連携が有効だと考えられる。また、放課後子ども教室などでは地域住民が放課後の学校活動に参加しており、高齢者は様々な技術や技能を教員とは違う ...
[意見募集] 24年度からの介護報酬新単位数等について、パブコメ募集開始 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は1月26日に、平成24年度介護報酬改定に伴う、関係省令・告示の改正に向けて、意見募集を開始した。介護報酬改定に、広く国民の意見を反映させる狙いがある。 介護報酬は、介護保険から給付される訪問介護やデイケア、特養ホームなどの公定価格である。
科学技術振興機構(JST)、京都大学、学習院大学の3者は1月26日、認知症や心機能の抑制に関係するヒトの「ムスカリン受容体」の立体構造をX線結晶構造解析によって解明したと共同で発表した。研究は京都大学大学院医学研究科の小林拓也講師、学習院大学の芳賀達也前教授、米 ...
渡邊高記念会の老健施設新築は清水建設で - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
【西宮】社会医療法人渡邊高記念会(西宮市室川町10-22)は、介護老人保健施設を新築するため、清水建設の設計・施工で4月上旬に着手する。 規模は鉄骨造4階建て延べ5305㎡。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
元ヘルパーの女に有罪 介護給付金詐欺 札幌地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
重度の身体障害を装った男とともに札幌市から介護給付金約543万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元ヘルパー、佐藤美佐子被告(58)に札幌地裁(渡辺康裁判長)は26日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。
京都市長選2・511区を歩く(2) - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
超高齢社会の到来により、市は介護基盤の整備に力を入れてきた。施設整備に助成する特別養護老人ホームは約5千人分を確保できるめどが立ったものの、「待機老人」の解消にはほど遠いのが実情だ。 そんな中で、高齢者福祉は「施設から在宅へ」の流れにある。
股関節の痛み 大腰筋、生活の中で鍛えて予防 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
歩くときに最も働くのが大腰筋でもあるので、この筋肉を鍛えて、少しでも減少を食い止めておくことは、将来の寝たきりを防ぐ対策にもなる。 ◇ 筋トレは、何歳で始めても一定の効果が上がるといわれる。久野さんらが、70歳以上の高齢者12人に、週5日の軽い ...
独居高齢者の日常生活サポート 日本ライフ協会 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジャーや高齢者施設の職員ら約40人が参加し、支援の仕組みや料金体系などについて説明を受けた。参加した社会福祉士の河本健二さん(46)=尼崎市武庫之荘=は「独居高齢者の生活をどう支えるかは、ヘルパーやケアマネジャーが最も頭を悩ませている問題。
阿南医師会中央病院、新病棟が完成 2月6日から業務 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
北側病棟と南側病棟を結ぶ渡り通路を取り壊したスペースに建てた。1階は外来診察室や検査室、2階は手術室、3階は50床の療養病床、4階は管理部門や厨房(ちゅうぼう)などが入る。 北側病棟のうち、東側部分は旧耐震基準だった1977年に建設。
JST 課題達成型基礎研究の一環として、京都大学 大学院医学研究科の小林 拓也 講師らは、認知症や心機能の抑制に関係するヒトのムスカリン受容体の立体構造をX線結晶構造解析 注1) によって解明しました。 パーキンソン病やアルツハイマー病は、神経伝達物質の1つ ...
認知症、寸劇で理解深める 下鴨小 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市左京区の下鴨学区社会福祉協議会と市原地域包括支援センターによる出張授業「認知症ってなあに」が25日、同区の下鴨小で行われた。児童が即興の寸劇に挑戦し、認知症のお年寄りへの接し方を学んだ。 誰もが暮らしやすいまちづくりのため、3年前から続けている。
介護職の転職就業を支援する『ヘルパー求人ナビ』のコンサルティング対応を強化【合同会社アクロビジョン】 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
合同会社アクロビジョン(代表者社長:末光正志)は、転職や現役復帰をご希望される介護職の方を対象に転職就業案件を紹介する『ヘルパー求人ナビ』において、求職者へのコンサルティング業務を強化・一新しました。 合同会社アクロビジョン(代表者社長:末光正志)は、転職 ...
2012年01月25日()
東京基督教大学オープンキャンパス開催 - クリスチャントゥデイ (媒体での記事掲載終了)
また高齢化で年配の方々が増えている中で、その人たちの必要に応えるような働きを、クリスチャンでなければできない分野で提供していきたいということが、キリスト教福祉学を私たちの大学でスタートさせた当初の目的です。キリスト教福祉学を通して、人の必要に共に ...
[オピニオン]国の認知症への対応 - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症を患っていた母は、1日の半分以上を正常な精神状態でないまま過ごし、たまに朴さんと顔を合わせると数十年前の記憶を思い出してはひそひそと呟くように言葉を発した。しかし、一人で用を足すことができないほど症状が悪化すると、70代の老人である朴さん夫婦は、 ...
高齢者の割合が高い南瀬谷地区。災害対策訓練以外に南瀬谷地区社会福祉協議会(林茂会長)を中心に福祉活動に力を入れる。 昨年はここ数年続けてきた福祉まつりを中止。その代わりに「地域住民に地域で行っている福祉活動を知ってもらおう」と11月を福祉月間として ...
国交省は昨年、介護、医療と連携して高齢者を支援するバリアフリー構造の住宅を「サービス付き高齢者向け住宅」として認定する制度を定めた。 昨年12月に神奈川県内で初めて、同認定を受けたのが「りりあマンション綱島樽町」(港北区樽町3-6-38)だ。全室バリアフリー ...
8館目の福祉拠点 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
同施設の常勤スタッフは社会福祉士、保健師、主任ケアマネージャーなどの資格を有する8人。養安理恵所長(今号人物風土記)は「家庭には様々な問題があるが、生活や福祉などの身近な相談窓口として利用してほしい」と話す。 また、「ここに来れば誰かに会える、何かが ...
[前編]震災で見えた足らざるもの 総合力で新サービス創る - ITpro (媒体での記事掲載終了)
例えば七つの事業セグメントのなかにメディカル事業があり、介護付有料老人ホームなどの施設を展開しています。一方、不動産事業では、セキュリティなどが完備したマンションを開発しています。今後の高齢化社会や震災などへの備えを考えると、こうした施設を一緒にした ...
介護報酬改定、訪問看護と施設併用を新設 入居を重度者に絞る - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は25日まとめた2012年度の介護報酬改定で、家族らによる自宅での介護を支援するメニューを増やした。24時間対応の定額訪問サービスや、訪問看護と短期の施設利用を併用する複合サービスを新設する。施設の利用料は要介護度の重度者と軽度者で差をつけ、入居を ...
介護報酬改定 厚労省、4月から24時間対応訪問サービス導入など在宅介護サービス強化へ - FNN (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの対価として支払われる介護報酬の改定で、厚生労働省は、2012年4月から、24時間対応の訪問サービスを新たに導入するなど、在宅での介護サービスを強化することを決めた。 介護報酬は、3年に一度見直され、2012年4月からは、全体で1.2%引き上げられる。
【動画】 ユニバーサルサービスを学ぶ - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は25日、甲府・県自治会館でユニバーサルサービスを学ぶセミナーを開いた。年齢や性別、国籍、障害の有無に関係なく、誰もが利用できるユニバーサルデザイン(UD)の考えを取り入れた接客サービスの普及を目的に初めて企画。市町村の窓口担当者や事業者ら約50人が ...
4月からの24時間訪問介護 定額制に(東京都) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
厚労省が4月から全国で実施する24時間対応の訪問介護サービスをめぐり、25日、サービスを提供する側の収入や自己負担の金額が決まった。 介護施設や事業所の収入を決める介護報酬は2年に1度、4月に改定される。今回の改定の目玉は、介護が必要な高齢者が希望すれ ...
キャンドルで幻想的な夜 江別 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【江別】東野幌396の介護老人保健施設「老健のっぽろ」(松橋徳弥施設長)は25日夕から、職員手づくりのアイスキャンドル約170個を中庭に並べる「キャンドルナイト」を開く。氷が崩れるまで連続3、4日間、幻想的な夜を過ごそうという企画で、一般市民の観覧も ...
第13部 (3)療法士の苦悩/1人職場多く孤立感 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
指示書にある高齢者は脳卒中の後遺症で手足の一部にまひがある。普通なら、医師の所見とともに具体的なリハの内容や時間、量、注意事項などが詳しく記されている。 ところが、手にした書類のどこを見ても「指示」が読み取れない。歩行の改善なのか、関節の動く幅を広げる ...
介護施設の宿舎で火事 1部屋全焼(石川県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
25日未明、加賀市内にある介護施設の職員宿舎で1部屋を全焼する火事があり、この部屋に住む女性1人が煙を吸って病院に運ばれた。 火事があったのは、加賀市山田町にある社会福祉法人「篤豊会」の職員宿舎で、25日午前3時半頃、3階の部屋から出火した。
介護報酬見直し 在宅に重点 - NHK (媒体での記事掲載終了)
ことし4月からの介護報酬の見直しで、厚生労働省は、介護士と看護師が24時間、必要なときに高齢者の自宅を訪問する新たなサービスを設けるなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるよう在宅での介護サービスに報酬を重点的に配分することになりました。
「助け合いの心で地域福祉の向上を」をスローガンに、年間を通じて協力を呼びかけ、年明けに前年分を分配しています。 分配先は、障害者、高齢者らの福祉分野で活動する団体や施設運営母体組織で、法人は運営施設数などに準じた金額にしています。
介護「24時間訪問」創設 定額制で在宅促す 厚労省 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーなどが高齢者の家を定期的に訪問する「二十四時間地域巡回型サービス」を創設し、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう後押しする。こうした新施策などで施設から在宅介護への移行を促すとともに生活援助を効率化し、増え続ける給付費の抑制を狙う。
24時間定額の訪問介護を導入 12年度報酬改定 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は25日、2012年度の介護報酬の具体的な改定内容を決めた。介護の必要度が高い重度者でも自宅で療養できるように、定額で24時間対応の訪問介護サービスを新設する。介護の中心を住み慣れた自宅に移し、施設依存からの脱却を進める。特別養護老人ホームの個室の ...
在宅介護に重点配分 24時間サービスを創設 平成24年度介護報酬改定 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働相の諮問機関、社会保障審議会は25日、平成24年度の介護報酬(介護サービスの公定価格)改定案を小宮山洋子厚労相に答申した。報酬全体を1・2%増やし、在宅や重度の要介護者向けサービスに重点配分する。ホームヘルパーなどが高齢者の家を日中、夜間 ...
県高齢者健康福祉計画(案)にでパブコメ - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
愛知県健康福祉部は、高齢者の保健福祉の推進や介護保険制度の円滑な運営を図るため、2012~14年度を計画期間とする「第5期愛知県高齢者健康福祉計画」の策定を進めており、パブリック・コメント制度に基づき、2月23日まで県民の意見を募集している。
ベネッセHD、「傘下の介護2社合併」で反発 - 株探ニュース (媒体での記事掲載終了)
日経産業新聞が25日付で「ベネッセホールディングス(HD)は子会社で介護事業を手掛けるベネッセスタイルケア(東京・渋谷)とボンセジュール(同)を4月1日付で合併する」と報じたことが買い材料視された。 報道によると「両社は料金帯の異なる有料老人ホームを手掛けている ...
介護オムツのコツDVDに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護用オムツの選び方や、あて方をまとめたDVDを「かながわ排泄(はいせつ)ケア研究会」が作った。お互いにオムツ交換をしあうなど1年がかりで快適さを追求した。 研究会メンバーで、横浜市青葉区で排泄情報館「むつき・諒」を開設している田中明子さん(59)ら5 ...
介護保険、24時間訪問サービスを新設 12年度の報酬改定 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は25日、2012年度の介護報酬改定の全容を発表した。介護の必要度が高い重度者でも自宅で療養できるように、定額で24時間対応の訪問介護サービスを新設する。介護の中心を住み慣れた自宅に移し、施設依存からの脱却を進める。特別養護老人ホームの個室の利用料( ...
「認知症見守って」みどり市職員に支援講座 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の患者と家族を支えようと24日、みどり市の笠懸庁舎で、市職員を対象にしたサポーター養成講座が開かれた。19日にも大間々庁舎で同じ講座を開いており、あわせて212人が受講した。 市民と接触する機会が多い職員が率先して認知症を知り、適切な対応や支援を ...
介護保険に24時間サービス創設 施設、生活援助は効率化 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーなどが高齢者の家を日中、夜間を通じて定期的に訪問する「24時間地域巡回型サービス」を創設して施設から在宅介護への移行を促し、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう後押しする。一方で、施設介護や生活援助を効率化し、増え続ける給付費の抑制を狙う ...
47NEWS > 共同ニュース > 介護保険に24時間サービス創設 施設、生活援助は効率化 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーなどが高齢者の家を日中、夜間を通じて定期的に訪問する「24時間地域巡回型サービス」を創設して施設から在宅介護への移行を促し、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう後押しする。一方で、施設介護や生活援助を効率化し、増え続ける給付費の抑制を狙う ...
重度の要介護者向けに配分=職員月給、1万5千円加算-介護報酬改定で諮問・厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は25日、介護保険からサービス事業者へ支払う介護報酬の2012年度改定案を社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護給付費分科会に諮問した。全体で1.2%引き上げ、在宅サービスを中心に重度の要介護者向け給付に重点配分。給与水準が全産業平均の7 ...
2012年01月24日()
県内介護職のたん吸引 4月実施へ研修「順調」 在宅ケア環境が進展 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
これまで医師、看護師、家族しか認められなかったたんの吸引が、県内でも4月からヘルパーなど介護職員も行える見通しが立った。国の研修方法をめぐる方針が決まり、研修体制が整ったためだ。たん吸引は吐き出す力の衰えた高齢者らに適切に行わないと、呼吸困難に陥り生命 ...
認知症の母をマンガに - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
長崎市のシンガー・ソングライターで漫画家の岡野雄一さん(62)が、認知症を患う母(88)をテーマにした漫画冊子「ペコロスの母に会いに行く」を出版した。おばあちゃんキャラを中心に、介護のなかで起こる出来事を面白おかしく、ときに感動的に描いた短編集だ。
豪雨被災のホーム再開 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
2010年10月の奄美豪雨災害で、高齢の入所者2人が濁流にのまれて犠牲になった鹿児島県奄美市住用町のグループホーム「わだつみ苑」の移転新築施設の落成式が24日、同町和瀬地区であった。2月からグループホーム「わせ」の新名称で災害から約1年3カ月ぶりに運営 ...
奄美豪雨災害の被災施設が移転・開所(鹿児島県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
2010年に奄美大島で起きた集中豪雨で、入所していた高齢者2人が犠牲となり浸水被害で利用できなくなった奄美市住用町の「わだつみ苑」が、奄美市住用町の和瀬集落に「グループホームわせ」と名前を変え新たなスタートを切った。24日の開所式には、施設を運営する陵 ...
児童が空き缶集め車いす購入 西条 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者や高齢者の福祉に役立ちたいと、西条市の徳田小学校6年生16人が3年前から取り組んできた活動が結実した。アルミ缶などを回収してリサイクルし、少しずつためたお金で車いすを購入。24日、市社会福祉協議会に寄贈した。 16人は4年生の時、福祉体験学習で ...
フランスベッド(7840)が頑強、「介護関連」の一角として脚光 - ストックステーション (媒体での記事掲載終了)
「介護関連」銘柄の一角。福祉の分野を強化し、主力の介護ベッドレンタル件数が好調。改正介護保険法が4月から施行され、24時間訪問介護看護が追加される。高齢者は自宅で手厚い介護サービスを受けやすくなるため、今年は「介護関連銘柄」には追い風に働くとの見方がある ...
高額な一時金が不要の“サ高住” 介護度が重くなると退去も - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
老いた両親の介護に、あるいは自分の老後の安心に、「老人ホーム」の利用を考えたことのある人は少なくないはず。でも、数百万円、場合によっては1000万円を超す「入居一時金」の額を見て、“入居は無理”と決めつけている人も多いのではないだろうか。
千歳のファームレストラン花茶に、ユニバーサルガーデン「コロンポロン」誕生 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
段差を無くし、車いすでも利用できるようバリアフリー化。形は「ここからいろいろな物が生まれるように」との願いを込め種をイメージした。木の実が落ちる音のかわいらしいイメージから、「コロンポロン」と名付けた。 入り口には木製アーチを設置。
千種会がSV付高齢者向住宅を整備 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
【西宮】社会福祉法人千種会(神戸市東灘区北青木1-1-3)は、民間会社の元社員寮を改修・増築して、サービス付き高齢者向け住宅を整備する。2月上旬に施工者を決め、3月初旬に着工する。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要 ...
室蘭・地球岬小で高齢者疑似体験、「階段下りるの大変」 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
室蘭市社会福祉協議会の福祉ボランティア出張教室が23日、地球岬小学校(冨樫生志校長、205人)で開かれた。6年生35人が高齢者擬似体験などを通してお年寄りや体の不自由な人たちの暮らしに理解を深めた。 子供たちは1~2キロの重りを入れたベスト、関節を固定 ...
「介護職慣れ、やりがい」 浜松で外国人ワーカーが討論に参加 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
外国人の介護職就労についてのシンポジウム「多文化共生と介護~外国人ワーカーの雇用を考える」が23日、浜松市中区のえんてつホールで開かれた。介護現場で働く外国人らが、やりがいや今後の課題について意見を述べ合った。 (並木智子) 外国人を対象に「介護のための ...
「ドコネ」全面運用 低床型路面電車の乗車予約や観光情報 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
スマートフォン(多機能携帯電話)で利用できるアプリには、カメラで取り込んだ風景に観光地やバリアフリー情報を追加して表示させる機能がある。パソコンからも走行位置を知ることができる。無料で利用できるが、通信料は必要。 ランフェス各会場までのルート案内や ...
2012年01月23日()
介護保険料 23%アップ 千葉市、新年度からの計画案 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
千葉市は、新年度からの介護保険に関わる市高齢者保健福祉推進計画(介護保険事業計画)案をまとめた。六十五歳以上(第一号被保険者)の一人当たり月額の介護保険料(基準額)は、現行の三千九百七十五円から四千八百八十七円になる見込みで、実施されれば約23%の ...
サービス付き高齢者住宅 県内認定増も家賃に課題 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
四階建てで三十四戸あり、寝たきりの高齢者を含め約三十人が暮らす。 一階の受け付けカウンターには、介護士らが二十四時間常駐。安否確認のため一日、部屋で水道が使用されないと、通報される仕組みもある。 ワンルームの部屋(約三十平方メートル)は、段差が少ない ...
メトロと都営共同でバリアフリー便利帳 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者、ベビーカー利用者に役立ててもらおうと、東京メトロと都交通局が都内のすべての地下鉄駅のバリアフリー情報を網羅した冊子「バリアフリー便利帳」を作った。同様の冊子はこれまで個別に作っていたが、サービス一元化の一環として初めて共同発行した。
津波避難ビル8カ所指定 街なかの困難地区 和歌山・田辺市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
このうち寝たきりの高齢者や障害者、妊婦、乳幼児ら災害時の要援護者は約390人いる。 一方、市は付近に高台のある地域については、高台に通じる津波避難路の整備を急いでおり、来年度中に計30カ所の整備を完了する。同室は「今後も避難路整備と避難ビル指定を進めて ...
対策として12年度からは、新しい高齢者住宅「サービス付き高齢者向け住宅」の誕生に伴い、老人福祉法などが改正され、90日ルールの義務化をはじめ、敷金や家賃、サービスの対価以外のおカネは徴収できなくなるなど、利用者保護の姿勢が強く打ち出された。
「子育て・観光に力」 越次期大津市長会見 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大津市長選で当選した越直美氏は23日、記者会見し「子育て支援、高齢者福祉、観光の3分野の政策を真っ先に進めたい」と抱負を語った。観光客誘致のため大津の観光案内所を京都駅に開設したいとした。すでに編成が進んでいる2012年度予算案は「マニフェスト(選挙公約)に ...
【新春・直球緩球】明治安田生命保険・松尾憲治社長 「増益維持。介護保険を第4の柱に」 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
資産運用の環境は厳しく、予定利率を高めて保険販売を拡大する状況ではない」 「介護分野の開拓だ。平成24年の上期には介護保険の新商品が出せると思う。これまでのような死亡保障保険などの主契約に特約として介護保障を上乗せする形ではなく、介護保険を単独商品 ...
若年性認知症の中村さんが写真展「若年性認知症のイメージ払拭を」/茅ケ崎 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
元茅ケ崎市職員で若年性認知症のピック病と診断された中村成信さん(62)=寒川町在住=の写真展が24日まで、長谷川書店ネスパ店6階ギャラリーで開かれている。 中村さんは2006年、万引の疑いで逮捕され、市から懲戒免職処分を受けた。退職後、専門医に若年性認知症 ...
東京メトロと東京都交通局は25日より、「バリアフリー便利帳」を発行する。これまでバリアフリー設備の案内冊子は両社局が個別に発行してきたが、今回初めて共同で発行することになった。 「バリアフリー便利帳」は、高齢者や障害者、ベビーカーを使う利用者など、便利で ...
求職者131人が面談 福祉・介護の就職相談会 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨで22日、「福祉・介護のしごとフェア」が開かれた。131人の求職者が訪れ、施設・事業所の担当者と面談した。仕事内容だけでなく、職場の環境にも注目している人が多かった。 フェアは市社会福祉協議会紀南福祉人材 ...
第13部 (1)急性期リハ/広い守備範囲こなす - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
そのころ院内では、肺炎で入院し病床で寝たきり状態に置かれた高齢者が、退院時に歩けなくなっていた―という衝撃が駆け巡っていた。 原因は「廃用症候群」。安静状態が長く続くことによって起こる機能障害のことで、筋肉や関節、臓器の働きが著しく低下する。
すいません。回答リクエストしました。易占い?いただきましたが、貴方は占い師で... – とれまが知恵袋 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
でも、若い人は苦手ですが、介護の仕事に転職してからは、高齢者と楽しく接してます。 貴方も、もしかしたら、もし対人相手のお仕事をされるのであれば、若い人相手のお仕事ではなく、高齢者相手の仕事の方が、向いてるかもしれません。 試しに、ホームヘルパー2級の資格 ...
高齢者のミネラル不足注意 東京農大客員教授が講演 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
例えば、食欲不振から拒食症になり、寝たきりで床擦れもひどかった89歳の女性患者に、亜鉛を含む胃薬を処方したところ、約3週間で食欲を回復。数カ月後には床擦れも改善したという。 倉澤医師らは2005年、地元住民1431人を対象にした血清中の亜鉛含有率調査の ...
越氏、湖都初の女性市長 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
だが、市政を取り巻く環境は厳しさを増しており、財政再建や市街地の活性化、少子高齢化対策など、特効薬のない難しい課題が待ち受ける。 1970年代の大津市は革新系市長の下、「大津方式」と呼ばれる乳幼児検診システムを全国に先駆けて導入するなど、「高福祉」を ...
長谷工が買い人気化、訪問介護付き高齢者向け賃貸マンション投入で - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
一部で、訪問介護サービス付き高齢者向け賃貸マンションを相次ぎ投入すると伝えられたことが買い材料となった。 千葉市の物件を手始めに年間3~5棟を開発する予定としている。高齢者に対応した住宅形態の一つとして育成する方針ともしている。(編集担当:山田一)
同友会代表幹事、社保「どうするか構想が必要」 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療、介護などの社会保障や年金制度は維持できないため、どうするかという構想を出してもらうことが必要だ」との考えを示した。5%の消費税の引き上げは「毎年1兆円以上増える社会保障費用を含まないことなど、国民への理解は浸透しておらず、次に改革するときに話が ...
2012年01月22日()
バリア「有り」デイサービス、浦安に誕生 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
「高齢者にはバリアフリーを」という介護の世界の半ば常識に、あえて逆行する施設が千葉県浦安市に誕生した。バリアを設けることで高齢者の自立を目指す。施設の様子をレポートする。(ケンプラッツ) 千葉県の地下鉄浦安駅から徒歩10分ほど。当代島公民館の正面に、高齢 ...
福山にも若年認知症支える会 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人と家族の会広島県支部は4月、若年期認知症についての情報を交換して、支え合う「陽溜(ひだ)まりの会」を福山市に結成する。 会は、若年期認知症の患者と家族、医療・介護関係者たちでつくる。計画では月1回のペースで、集いを同市で開く。
前原氏 消費税率引き上げ理解を - NHK (媒体での記事掲載終了)
民主党の前原政策調査会長は山梨県都留市で講演し、財政が危機的な状況のなかで、年金や医療、介護の水準を維持していくためには消費税率の引き上げが避けられないとして、重ねて国民の理解を求めました。 この中で前原政策調査会長は、新年度予算案について税収よりも ...
老人ホームで認知症の老人がうっかり外に出てしまうと、自力で帰ることが出来ないためトラブルに繋がってしまいがちです。 そこで簡単に抜け出してしまうことのないよう、施設ごとに工夫されているわけですが、ある老人ホームではドアにボタンが用意されているそうです。 ...
高齢者宅で雪かきボランティア 横手の中学生ら40人が汗 - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
自治労横手市職員労働組合と横手市社会福祉協議会は21日、同市山内地区の高齢者宅で雪かきボランティアを行った。組合員や同協議会職員のほか、山内中学校の生徒有志らでつくる「スノー暖歩隊(だんぷたい)」など計約40人が参加。5グループに分かれ、三又地区や筏 ...
社説:市民後見人 市町村は人材育成急げ - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
地域の人たちが協力して社会的弱者をサポートする仕組みは契約や財産管理にとどまらず、高齢者の見守り活動やコミュニティーのつながりを一層強化する効果も期待できる。 国も市民後見人育成に乗り出した。昨年6月に老人福祉法を改正し、人材育成を市町村の努力義務と ...
尾根幹線に公共交通を - たまプレ! (媒体での記事掲載終了)
アメリカはオレゴン州のポートランドで現代の路面電車の仕様に魅せられ、ハードソフトの完璧さに感銘したのを手始めにストラスブールでも終点まで乗ってみて市街地中心部の扱いと郊外へのアクセスの方法と意味、そしてバリアフリーという考え方も学んで、やはり多摩ニュー ...
東日本大震災で被災した沿岸12市町村の特別養護老人ホームなど34の介護保険施設のうち、7施設が再開できずにいる。再開時期のめどが立たない施設も多く、1施設は再建を断念する方向だ。自治体の具体的な土地利用が決まらず、建設地のめどがつけられないことが背景に ...
2012年01月21日()
外国人介護士を帰国させていいのか - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
外国人介護福祉士候補が、29日に初めて国家試験に挑戦する。日本で働き続けるためだが、ハードルは高い。不合格なら帰国しなければならない。 高齢化で介護分野の人手不足は深刻だ。せっかく来日した人材を追い返すような試験をしては、国際社会の信頼も失う。
訪問介護や食事サービス付き、高齢者向け賃貸相次ぐ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
不動産開発・施工大手が訪問介護などのサービスが付いた高齢者向け賃貸マンションを相次ぎ投入する。長谷工コーポレーションは千葉市の物件を手始めに年間3~5棟を開発。東京建物も首都圏で大型開発を検討する。昨年秋に「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度が ...
高齢者を狙った介護サービス詐欺も国民生活センターが注意喚起 - MONEYzine (媒体での記事掲載終了)
民間の介護サービスがますます充実してきている。しかし、高齢者の不安につけこんだ詐欺も起きており、注意が必要だ。 国民生活センターは13日、「公的介護保険を補ってくれる介護サービス?」と題し、60歳代の女性から寄せられた相談を公表し、注意喚起を行った。
独居高齢者に救急情報キット 八千代町、無料配布へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
1人で暮らす高齢者の救急医療に役立てようと、八千代町福祉保健課は2月初めから、かかりつけの医療機関などを書き込める救急医療情報キットを高齢の独居世帯を対象に無料配布する。町は、同キットのシールを玄関など2カ所に表示することで救急対応の迅速化を図り、独居の ...
増える男性介護者、見守って 誤解防止マーク普及の動き - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そんな男性介護者の声を受け、静岡県が作成した「介護マーク」が全国に広がっている。男性介護者に首から提げてもらい、あらぬ誤解を避けようという知恵だ。 マークは名刺よりひと回り大きめ。「介護中」の文字を人の手が支える図柄で、「介」の字もよく見ると人が人を ...
閉所保育所、障害者施設に 南丹市が美山で再活用 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
市議会の契約議決を経て、2013年度の開設を見込む。市が施設改修費を助成する。 市社会福祉課は、「保護者が高齢化すれば、在宅支援が難しくなる。地域の中で暮らしていけるように、グループホームを活用したい」としている。 少子化が進む美山町では、06年度末に ...
介護報酬2030万円不正 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は20日、和歌山市井戸の訪問介護事業所「介護サービスなごみ」が介護報酬約2030万円を不正に受給していたとして、事業所の知事指定を2月3日に取り消すと発表した。 県長寿社会課によると、事業所は2009年11月~10年10月、虚偽のサービスをしたとする ...
高齢者の生活お手伝い 東近江の住民有志が「絆」設立 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む東近江市永源寺地区で、住民有志が支え合いを目的にした「生活支援サポーター“絆”」を設立した。メンバーは1年ほど前に市社会福祉協議会主催の生活支援サポーター養成講座を受講した34人で、行政の手が届かない“隙間”を、支え合いの精神でカバーしようと ...
米R&B歌手のエタ・ジェームズさんが死去 - CNN Japan (媒体での記事掲載終了)
ジェームズさんは2010年に白血病と診断され、さらに認知症とC型肝炎も患っていた。 ジェームズさんは1938年、カリフォルニア州ロサンゼルスで10代の母親のもとに生まれる。1950年に母親とともにサンフランシスコに移住し、そこで「Peaches」という ...
認知症理解に紙芝居 お年寄りの思い 絵に込めて - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
金沢市薬師堂町の「グループホームあさひ」で暮らす認知症のお年寄りと職員が、手づくりの紙芝居を完成させた。入所する前は食欲がなかったり、笑うことが少なかったりしたお年寄りも、職員の接し方一つで、明るく元気に暮らせるようになった日常が描かれている。