介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年12月31日()
バリアフリー化で商機拡大-旅行業界、成長のカギ - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー化―。これから高齢化が急速に進む日本社会において、ビジネスの世界でも重要なキーワードだ。2011年11月時点の65歳以上の人口は約2990万人で総人口の約23%。これが15年には約3400万人に増え、割合も約27%と人口の4分の1を超えると ...
みかん・こケアグループを運営する医療法人社団北條会と社会福祉法人輝星会は、入所・通所・グループホーム、小規模多機能、ケアハウスを併せもつ総合老人福祉グループ。 居住系施設として、介護老人保健施設の「秦野老人保健施設みかん」「グループホームそば」、「特別 ...
また、寝たきりの患者さんをはじめ、歩行障がいなど特別な理由で通院が困難な患者さんに対しては「在宅支援診療所」として対応。渡辺院長が直接自宅などへ出向き診療を行っている。 今後も通院できる患者さんも、そうでない患者さんに対しても平等に、そして丁寧に、質の ...
オールバリアフリーの明るい院内には、充実したキッズルームを完備。子どもが病院嫌いにならないような配慮がされている。また日曜日の午前中にも診療枠を設け、働くお母さんも子どもと一緒に通院することができる。通常の健康診断に加え、動脈硬化・呼吸機能・骨密度など ...
県内を中心に、介護保険制度導入の2000年から昨年12月までに65棟の介護・福祉施設を企画・設計・施工した瀬戸建設。高齢社会のニーズにいち早く応え、地域に貢献していこうとする姿勢は、一戸の家づくりの枠を超え、まちづくりをも担っている。県西を代表する建設会社 ...
グループ病院の湘南東部総合病院の医療が24時間体制で受けられる介護付有料老人ホーム「湘南ふれあいの園 湘南東部」。新年の幕開けと同時に、家族向けの介護セミナーや1月7日〜1月22日までの間に、粗品がもらえる「新春特別見学会」「入居相談会」を実施する。 ...
冬至のゆず湯で高齢者に季節を感じてもらおうと先月21日、鎌倉中央ロータリークラブ(山田嗣会長)は市内5つの老人福祉センターにそれぞれみかん箱1箱分相当のゆずを寄贈した。菖蒲湯に続く同クラブの恒例行事。 当日、玉縄すこやかセンターでは授与式が行われ、クラブ ...
認知症サポーターには「オレンジリング」が渡される 厚労省委託の高齢者介護研究会が2003年にまとめた報告書によれば、65歳以上のうち、認知症該当者は約7%を占める。 鎌倉市の人口は17万7290人(10月1日現在)。うち65歳以上は、27・30%と3割に迫り、団塊の ...
町田市森野に校舎を構える「学校法人西田学園 アルファ医療福祉専門学校(西田忠和理事長)」は、介護・福祉人材を育成する職業訓練校として町田に根付いて26年。社会福祉士・精神保健福祉士通信過程の合格率は例年全国トップクラスを誇っている。また資格取得に留まらず ...
相模原市で最初の地域作業所となる(58年法人認可)。以後、『虹の家』『柴胡苑』など、様々な障害者、高齢者、そして子どもたちのための施設を展開。現在、事業所数は62、総スタッフ数は720名以上。合計の利用者は1,200名を超える、市を代表する福祉グループである.
「『このセンターがなければ在宅介護は難しい』と言っていただけるような施設でありたい」――。 そんな想いで設立5年目を迎えたハートセラピーセンターでは、入所者との「絆」を大切にした施設運営が進められている。 早朝から夜間までの「デイサービス」、急な申込みでも ...
NPO法人FPネットワーク神奈川が主催して1月27日(金)午前10時〜11時30分、くらしのお金講座「介護と仕事の両立や介護費用、介護技術について考えよう」を神奈川区民文化センター・かなっくホールで行う。参加無料の先着150人。 講師を務めるファイナンシャル ...
進む少子高齢化による年金・医療・介護・福祉、経済政策といった従来の問題に加え、今や災害対策待った無しの状況で、横浜市も課題が山積しています。 その中でこの8ヵ月、「非常時にふさわしい市政が行われてきたか?」といえば、大変残念ながら、私の答えは「NO」 ...
「小規模多機能型居宅介護サービス」を知っていますか?これは、在宅介護を支えるために市が進める新しい施設の形。「通い」「宿泊」「訪問」の3つのサービスを組み合わせて受けられる。阿部ゆみ子社長は、「新しいシステムだから認知度がまだ低いけれど、知ってもらえれ ...
2009年にオープンした介護老人保健施設「ほほえみの郷 横浜」。「困っている方に手を差し伸べる」を最も大切な理念に、重度の認知症患者など本当に介護を必要としている人々に、安心して楽しく生活できる環境を提供しようと、さまざまな支援に取り組む。 ...
理事長の西山宏二郎さんに、高齢化が進む旭区との関わりなどについて聞いた。 「当施設は要介護度1以上の要介護認定を受け、寝たきりや認知症などで常時介護を必要とし、ご自宅では介護を受けることが難しい方を対象とした施設です。近年では医療依存度が高い方も増え ...
2012年の年頭にあたり横浜市が目指す高齢者福祉の将来像を皆さまにイメージして頂きたく、ご報告します。 平成22年度高齢者実態調査から「在宅介護サービスを使い自宅で暮らし続けたい」との思いが72・3%という高い結果であらわれました。栄区でもよく聞かれる声 ...
今年4月、栄区桂町に認知症高齢者グループホーム「ちいさな手癒しの里横浜さかえ」がオープンする。裏手にはいたち川の遊歩道が続く閑静な立地。現在入居相談を受け付けている。 同施設は、県内外で数多くの福祉施設を手がける(株)メディカルケアシステムの運営。 ...
高齢化に伴う年金、医療、介護、そして子育て、教育と、社会保障全体を考えての取り組みと、子や孫たちが安心して暮らせる街づくりを実現していきます。 【1】、新たな区役所建設の着工によって区民サービスの向上が図られます。駅周辺の開発が進み、戸塚駅大踏切り工事 ...
1人暮らし高齢者におせち配送 土浦、子どもら盛り付け - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
1人暮らしの高齢者に良い年を迎えてもらおうと、土浦市内の小中学生やボランティアが30日、おせち料理を作り、はし袋や弁当カバーに「いつまでもお元気で」などと書いたメッセージを添え、市内の約120世帯に届けた。 サービスは、土浦市社会福祉協議会(会長・中川清市長) ...
2011年12月30日()
<国の未来像のヒント探る>幸福度日本一・福井県 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
震災からの復興や、高齢化による社会保障給付の拡大、経済の停滞と世代間格差…。数々の難題に直面する日本に抜本改革の先送りは許されない。一人一人が幸せを感じられる社会にするにはどうすればいいのか-。法政大大学院の「幸福度調査」で一位になった福井県や、国民総 ...
独居高齢者におせち弁当配る つくばみらい市社協 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
つくばみらい市社会福祉協議会は三十日、市内の一人暮らしのお年寄り約二百人におせち弁当を届けた。 例年、安否確認を兼ねて七十五歳以上の希望者に配っている。職員とボランティア計二十人が十班に分かれ、車でお年寄り宅を一軒ずつ回り、市内の業者が作ったおせち弁当 ...
徘徊見回りへ上市町がSOSネット - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
上市町地域包括支援センターは、認知症などで徘(はい)徊(かい)して行方不明になる高齢者を地域挙げて捜索、保護する「認知症高齢者等はいかいSOSネットワーク」を整備する。ファクスで不明者情報を共有し、遠方に行ってしまう前に早期解決を図り、高齢者やその家族が安 ...
独居高齢者に手作り「おせち」、伊豆大島 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
これは大島の社会福祉協議会が、毎年行っているもので、ボランティアの人たちによる手作りの煮染めや豆きんとんなど15品にお餅を添えて、1人暮らしのお年寄り265人に届けられました。 大島では年々、高齢化が進み、今年の最高齢者は100歳ですが、このおせち料理 ...
独居高齢者に「おせち料理」、伊豆大島 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
これは大島の社会福祉協議会が、毎年行っているもので、ボランティアの人たちによる手作りの煮染めや豆きんとんなど15品にお餅を添えて、1人暮らしのお年寄り265人に届けられました。 大島では年々、高齢化が進み、今年の最高齢者は100歳ですが、このおせち料理 ...
石巻 年末も仮設住宅の見回り続く - NHK (媒体での記事掲載終了)
宮城県石巻市では、社会福祉協議会の訪問支援員が、暮れも押し詰まった30日も、仮設住宅を回って1人暮らしの高齢者などの見守りをしています。 このうち石巻市開成の仮設住宅の団地では、社会福祉協議会の訪問支援員3人が、1軒1軒を回り、健康状態や年末年始の ...
技術者社長、次々と介護製品 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉機器製造販売のミハマ(東広島市)が高齢者用の介護製品を次々と開発している。設備製作会社や家具メーカーを渡り歩いた宮野直樹社長が4年前に起業した。部下は1人だけ。高齢者の自立支援、介助者の負担軽減を願い、社長自らが工具を握る。 ...
30日介護関連が新高値、ニチイ学館やパラベッドなど [銘柄情報] - ラジオNIKKEI (媒体での記事掲載終了)
介護事業大手のニチイ学館 <9792> 、医療・介護用ベッドを手がけるパラマウントベッドホールディングス <7817> やフランスベッドホールディングス <7840> など介護関連に年初来高値を更新するものが目立つ。 財務省と厚生労働省が先週までの協議で2012年度の介護報酬 ...
93歳ボランティア現役 舞鶴の大石さん、施設で28年間洗濯手伝い - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
私は幸せ者」と話す=舞鶴市安岡 京都府舞鶴市吉野の大石小梅さん(93)が、市内の高齢者福祉施設で28年間、職員の洗濯を手伝うボランティア活動を続けている。11月には厚生労働大臣のボランティア功労者表彰を受け、「家族や職員などみんなのおかげ。 ...
2011年12月29日()
高齢者の集い「しらかば学級」今年最後の講座は認知について - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
東川町の高齢者の集い「しらかば学級」の今年最後の活動は認知症に ついての講座でした。 私は、日々もの忘れの生活、「もしかすると認知症・・・」と思う事も たびたび、講座をお聞きして、今は加齢による物忘れの様でした。 道路は雪道の午後、講座が有りました。 ...
介護利用料の引き上げ見送り 高所得者、来年度も1割負担 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は現役並みの所得がある高齢者の介護利用料について、2012年度も従来の1割負担に据え置くことを決めた。2割に引き上げることを検討していたが、高齢者の負担増には民主党などの反発が強く、実施は難しいと判断した。介護保険の給付抑制策はほとんどが見送 ...
会計責任者は死亡 小諸の老健施設不明金問題 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
小諸市の県厚生連小諸厚生総合病院が運営する老人保健施設「こまくさ」(小諸市南町)で970万円余りの不明金が出た問題で28日、同病院の小泉陽一院長らが記者会見し、こまくさの会計責任者を務めていた50代男性の行方が11月下旬に分からなくなり、今月10日に ...
掛川市総合病院を認知症疾患医療センターに指定 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は28日、掛川市立総合病院(名倉英一院長)を、認知症疾患医療センターに指定したと発表した。 同センターは認知症疾患に対する地域の保健医療水準を高めるために、2009年から全国に150カ所を目標に整備されている。県内での指定は昨年のNTT東日本伊豆 ...
フランスベッド(7840)のその後 - ストックステーション (媒体での記事掲載終了)
介護福祉の分野を強化し、主力の介護ベッドレンタル件数が好調。全方向に移動できる横移動車いすを2012年1月下旬より発売する。 来春から24時間訪問介護サービスなどが介護保険の対象となるなど、高齢者は自宅で手厚い介護サービスを受けやすくなる。 ...
「高齢者福祉」に融資拡大せよ、中国政府が各銀行に指示 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
リスクコントロールが可能なことを前提に、金融機関が新たな金融商品やサービスモデルを開発するなどして、高齢者福祉向けの金融サービスを改良、改善することを支持する。 また民間による高齢者福祉の建設を奨励するほか、公立福祉施設の経営を民間に委託する方式を採用 ...
「やまなし体操」で気軽に介護予防 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県や県言語聴覚士会は、高齢者が気軽に介護予防に取り組むため「ニコニコ長生き やまなし体操」をつくった。高齢者が音楽に合わせて楽しみながら取り組める体操として普及を図っていく。 県の介護予防自主グループ構築事業として県言語聴覚士会などが手掛けた。 ...
2011年12月28日()
ワタミの介護、中国で介護付き有料老人ホーム事業に進出 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
ワタミの介護(東京都大田区、清水邦晃社長、03・5735・4165)は、中国で介護付き有料老人ホーム事業に進出する。第1弾として上海市を有力候補にしており、親会社のワタミの渡辺美樹会長が2012年4月に上海を視察し、具体的な計画を詰める。 ...
中学生が高齢者におせち 活動20年、教科書で紹介へ 鹿沼 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
南押原地区福祉活動推進協議会が1992年にスタートした事業。現在、料理は「ボランティアみなみ」と、南押原中生が毎年担当している。 初日に大半を料理し、翌日に盛りつけと配布を行う2日掛かりの活動で、28日は同校生徒会の2年生7人、みなみの16人が参加した。 ...
介護冊子を無料配布 ジャパンプリント福岡支店 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
ジャパンプリント福岡支店(福岡市)は、県内の市町・区用に介護料金や介護業者などの連絡先一覧を記した冊子「やさしい介護と予防」づくりを進めている。これまでに福岡市中央区、博多区、南区、東区と春日市、那珂川町で発行。部数は、それぞれの人口に合わせて8千-2 ...
高齢者介護サービス 中国政府、ベッド増床など推進へ - 新華社通信ネットジャパン (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
対象期間中に介護施設のベッド数を高齢者1000人当たり30床まで増やし、在宅介... ご覧頂いている記事は、有料購読記事となります。 日本未公開の業界別情報を中心に、以下コンセプト沿った記事をピックアップして配信します。 有料購読記事のお申込み無料メンバー ...
介護に特化した求人サイト「介護Q-JiN」オープン! - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
2011年12月28日、求人情報Q-JiNを運営する株式会社アンティークは、介護元気化プロジェクト株式会社と業務提携し、介護に関する業種に絞った「介護Q-JIN」をオープンいたしました。 介護業界に基盤を持つ企業との提携により、より介護業界に密着した求人情報の収集する ...
松山東雲短大生らが介護実習体験マンガ化 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職を目指す松山東雲短大(松山市桑原3丁目)の学生らが、自らの実習体験を基にしたマンガテキストの第1弾「感謝編」をこのほど完成させた。お年寄りとの交流の中で感じた「ありがとう」の思いをまとめた内容で、年度内の製本化を計画。続編の作成にも力を入れている ...
福祉NPO法人への融資急増 震災契機に活動拡大 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
特に社会福祉分野について、同支店は「高齢化を背景にこれから伸びる領域。世間の期待も高く、公庫としても積極的にサポートしていきたい」としている。 ■全国ワースト本県は比較的災害が少なかったことに加え、他県と比べ行政との協働体制も十分ではなかったことも ...
2011年12月27日()
杉並区、24時間介護サービス付きの高齢者住宅整備 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都杉並区は2012年度から24時間体制で訪問介護や看護サービスが受けられる高齢者向け賃貸住宅を整備する。体調不良や転倒時など緊急時に通報を受けると、ヘルパーを派遣する。家賃などの費用は民間の同様の住宅に比べ半分以下に抑える。まず、既存の区営住宅に通報設備 ...
高齢者に正月用餅配布 江津 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
江津市社会福祉協議会は27日、80歳以上のお年寄りがいる市内の889世帯に年越しそばと正月用の餅を配った。高齢者の安否確認を兼ね、ボランティア約110人が家々を巡った。 同市波子町の黒川フクエさん(90)方では、民生委員や市社協職員たち6人が訪問。 ...
規制値超のコメ買い上げ - テレビ東京 (媒体での記事掲載終了)
親や配偶者などを介護をする男性。今、「ケアメン」と呼ぶそうです。核家族化などを背景に男性介護者の割合は増えていて、去年30%を突破しました。しかし、仕事と介護の両立が出来ず、離職してしまうケースも少なくありません。男性介護の実態と、離職を防ぐ企業の ...
「スキップ」が移動支援スタート 福祉車両3台で対応 - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了)
同団体は超高齢社会に備え、高齢者を中心にさまざまな支援活動を目的として、ことし2月に発足。これまでに「ホームヘルパー2級講座」を開講し、来年3月には21人の第一期修了生を輩出する。現在、理事13人、協力会員17人で約30人が利用登録している。 ...
県自動車整備振興会が福祉用車両寄贈 西条 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の介護などで車両を必要とする社会福祉協議会のため、会費や収益など約100万円を充てた。 この日は同会東予支部の日野利一支部長(66)ら3人が塩出皓司・市社会福祉協議会長に車両を贈呈。12カ月の法定点検の重要性を訴えようと、車両には点検促進 ...
2011年12月26日()
ヒトと共存するロボット技術 介護や盲導犬で実用化へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護ロボットや盲導犬ロボットといった、人の手助けをするサービスロボットの実用化が近づいている。最近目立つのはロボットメーカーに加えて、トヨタ自動車など自動車や部品を造っている機械メーカーによる新技術だ。これまで蓄積してきた産業用ロボットの知見、あるいは ...
長野県内自治体、介護保険料5000円超続出へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
長野県内の自治体で来年4月に向けた介護保険料の改定作業が大詰めを迎えている。高齢化により大幅な値上げが避けられず、65歳以上が支払う保険料の基準額が月5000円を超える自治体が相次ぐ見通し。県は値上げ幅を抑えるために保険財政安定化のための基金を一部取り崩す ...
「第5期いばらき高齢者プラン21(案)」に関する意見募集 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
県では、老人福祉法(第20条の9第1項)及び介護保険法(第118条第1項)の規定に基づき、平成24年度から平成26年度までの3年間を計画期間とする「第5期いばらき高齢者プラン21」の策定を進めています。 この度、学識経験者・保健福祉関係団体の代表者等で構成する「いばらき ...
共同募金で老人ホームに介護浴槽を設置 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀市金立町の養護老人ホーム佐賀整肢学園・佐賀向陽園に25日、県共同募金会の助成で介護浴槽が完成した。利用者は「さっぱりしてお正月を迎えられる」と喜んでいる。 同園には大浴場があり、これまで集団浴を行ってきた。ただ利用者の要介護度が高くなり、車いす利用 ...
介護施設等見学会(伊勢原、秦野、横浜、大和) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護老人保健施設都筑シニアセンター/介護老人福祉施設特別養護老人ホームハートフルガーデン川和。 ◇1月29日=横浜駅集合。介護老人福祉施設太陽の國ほどがや/特定施設有料老人ホームメルシー東戸塚。 ◇1月31日=二俣川駅集合。介護老人保健施設老健リハビリ ...
高齢者施設へ馬と訪問 サンタ姿の那賀高生 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
那賀高校(那賀町小仁宇)の生徒や教職員ら10人が、町内にある乗馬クラブ「クラブコルツ」の馬2頭とともに、同町平野のグループホーム「のどかの里」を訪れた。 サンタクロースに扮(ふん)した生徒が、馬にまたがってのどかの里の前にあるグラウンドを周回。 ...
高齢者に賀状送り続け表彰 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
三次市吉舎町の吉舎中が、日本善行会(東京)の青少年善行表彰を受けた。福祉施設の訪問や、高齢者に年賀状を送る活動を10年以上続けている点が評価された。 同校は地域との交流を深める一環で、社会福祉活動を続けている。吹奏楽部や茶道部などが町内を中心に福祉施設 ...
安心で安全な食事を 介護施設運営会社 農業に参入 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢になり仕事量を減らしている周辺農家から指導を受け、準備を進めている。将来は近くで採れた農作物を買い取ったり、販売場所を作って恩返しすることも計画している。 あんしんグループは茂原や勝浦両市などで、特別養護老人ホームと認知症対応のグループホームを計六 ...
国土交通省では、平成18年12月に「バリアフリー法」(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)が施行されたことを受けて、平成19年度に「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰制度」を設け、毎年表彰式を行っている。 このたび、平成23年度の国土 ...
高齢者プランを作成 矢板市が第5期 パブリックコメントへ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険料については、利用者、給付金とも増加していることや、次年度から国が被保険者の負担率を1%アップすることから、現在の基準額3600円から、今後は4500円前後になる見込み。 パブリックコメントは、市のホームページや福祉高齢課窓口などで、26日から1 ...
焦点/東電の損害賠償請求書/「多い、難解」被害者悲鳴 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
事故前、勝幸さんは飲料工場に勤め、妻(41)は介護士として働いていた。2人の平均月収を計算し、事故後の収入との差額を算出する。細かい作業だ。 計算中に子どもたちが幼稚園から帰って来た。2人とも遊び盛り。「つまんない」「トランプしようよ」と親の袖を ...
脳活性にお役立ち - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉施設の入所者を対象に「金沢くらしの博物館」(金沢市飛梅町)が、収蔵品の古い日用品を無料で貸し出すサービスを始めた。昔の生活道具や写真などを使って高齢者の記憶をよみがえらせ、脳や心を活性化させる療法「回想法」に役立ててもらう狙いもある。 ...
2011年12月25日()
記憶の除去 - 東亜日報 (媒体での記事掲載終了)
認知症にかかった人は、関係の遠い人から記憶を消し始める。嫁よりも息子を長く記憶する。テレビドラマ「天日の約束」で認知症にかかった主人公は、症状がひどくなり、夫を「おじさん」と呼ぶ。記憶力が良ければ、あらゆる試験ですぐれた成績を上げられていいだろう。 ...
介護施設など運営「あんしんグループ」農業参入 安心で安全な食事の提供を - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢になり仕事量を減らしている周辺農家から指導を受け、準備を進めている。将来は近くで採れた農作物を買い取ったり、販売場所を作って恩返しすることも計画している。 あんしんグループは茂原や勝浦両市などで、特別養護老人ホームと認知症対応のグループホームを計六 ...
李大浩、日本でも“寄付天使”セヨ~ - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
李大浩は06年から冬季はサンタクロースのように、釜山市内の一人暮らしの高齢者らに直接練炭を配達。日本移籍で多忙な今年の12月も「1日だけ空けてあった」と活動を続けた。また、特別養護老人施設に足を運び、入浴サービスを手伝うなど福祉活動に参加。 ...
スポーツジャーナリスト・増田明美 障害者に優しい国の形 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
会場はバリアフリーが整備され、ボランティアも多く、競技に集中できる環境だったが、会場を離れると、宿泊は普通のビジネスホテルで、一人では風呂もトイレも利用できない。すっかり疲れてしまい、競技どころではなかったという人もいる。それは山口県で行われた今年の ...
仮設と復興―日本の将来のヒントに - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大手介護事業者が運営を任され、お年寄りへのデイサービス提供のほか、買い物の手伝いや、戸別の見回りを引き受ける。看護師や介護福祉士ら職員の多くが、地元の被災者でもある。 体が弱った人が住む一画は、玄関が向かい合わせに配され、高低差のない木製デッキで結ば ...
クリスマス、楽しいひととき 豊中の介護老人保健施設 大阪 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
豊中市の介護老人保健施設「東雄苑豊南」で25日、クリスマス会が開かれ、入所するお年寄りたちがクリスマスソングを歌うなどして楽しんだ。 同施設では、介護が必要な高齢者ら約100人が生活。クリスマス会では、入所者も赤いサンタクロースの帽子をかぶって参加。 ...
1に資金繰り、2も3も資金繰り - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
例えばワタミグループでは介護付き有料老人ホームを75棟(2011年12月)運営しているのですが、1棟10億円の投資として計算すると合計750億円となります。このほかにも高齢者向け宅配など様々な事業を展開しており、27年間の経営で総額2000億円くらい投資しています。 ...
地域の中で子ども・子育てを支援する 児童委員・主任児童委員 - 政府広報 (媒体での記事掲載終了)
民生委員は、厚生労働大臣から委嘱され、それぞれの地域において、住民の立場に立って、住民との信頼関係の中で、様々な相談に応じ、必要な援助を行う方々です。児童福祉のほか、生活保護や障害者福祉、高齢者福祉などに関する活動を行っています。
初開催「介護技術コンテスト」で嬉野高生が日本一に - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国産業教育フェア「高校生介護技術コンテスト」(17日・鹿児島市)で、嬉野高(坂本兼吾校長)の福祉系列3年の松尾多恵さんと松尾早也香さんペアが最優秀賞の文部科学大臣賞を受賞した。2人は「仲間と頑張ってきたので本当に良かった」と喜ぶ。 ...
音楽ボランティアの功績たたえ感謝状 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
元鮫川村教育長の矢部元良さん(95)は平成17年から毎月2回、塙町の塙厚生病院併設介護老人保健施設「久慈の郷」を訪れ音楽ボランティア活動を続けている。 同施設は22日、長年の功績をたたえ矢部さんに感謝状を贈った。 贈呈式は同施設で行われ、星竹敏施設長が ...
サロンは元看護師をはじめ管理栄養士やホームヘルパー、介護経験者ら50~70代の女性11人が自主運営する。主に一人暮らし高齢者や75歳以上の人を招き、血圧測定や食事のアドバイスをしながら、お茶飲みを楽しむ。サロンが始まる前には安否確認を兼ねてスタッフが ...
いびき・睡眠時無呼吸症候群 7/31 10:49. パニック障害 7/24 11:02. 腰椎椎間板ヘルニア 7/17 11:44 Photo. 自然気胸 7/10 11:17. 熱中症 7/3 10:56. ヘリコバクター感染症 6/26 11:06. 膣壁のう胞・腎盂拡張 6/19 10:27. 白内障 6/12 10:43. 胃がん 6/5 11:08. 高齢者の蛋白 ...
高校再編に反対、疑問 那覇・南部意見交換会 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
統合する理由がない」などの声が挙がった。ほかにも那覇工業高校で全日制がなくなることへの反対意見や、陽明高校の介護福祉科を廃し、真和志高校の介護福祉コースを学科に改編することについて、介護福祉分野の充実を重視した編成の検討を求める意見があった。
湯煙の街に冬の電飾輝く/川湯温泉街 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
同園地内は、今冬から木道が広範囲にユニバーサルデザイン化され、高齢者や車椅子利用者らも手軽に散策できるようになった。温泉川から立ち込める湯けむりや雪の白さの中で現出される幻想的な光景を広く楽しめる舞台装置も整った。点灯は来年3月20日までの毎日午後4時 ...
笠岡市高齢、福祉次期計画素案 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
笠岡市は22日、来年度からの健康、福祉などの施策指針・第5期市高齢者福祉推進計画および市介護保険事業計画(ゲンキプラン21―V)の素案をまとめた。特別養護老人ホームなど居住系介護保険サービスを3年間で計147床増やし、待機者解消を目指す。 ...
認知症サポーター増加中 丹波の小中生 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域で暮らす認知症患者やその家族を応援する認知症サポーター。ここ数年、兵庫・丹波地域の小中学校でサポーターになる児童、生徒が増えている。授業や福祉施設での体験学習を通して正しい知識を身に付けると、サポーターに認定される仕組みで、腕にはめるオレンジリング ...
2011年12月24日()
介護報酬の加算で抑制廃止を 上川病院理事長・吉岡充さん(5) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症で徘徊(はいかい)してしまう高齢者らをベッドに縛る身体拘束を禁止する規定が、2000年施行の介護保険法に盛り込まれました。 その禁止規定を巡る審議会の様子を新聞報道から想像することができました。医師は治療中は身体拘束(いわゆる抑制)が例外的に認められ ...
【平成24年度予算案】 経済界、総論評価も各論不満 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
ただ、社会保障について「診療報酬や介護報酬の適正化、子供に対する手当の見直しへの踏み込み不足」(米倉会長)、「給付と負担のバランスが不十分」(岡村会頭)など各論での不満は大きい。 成長戦略についても、「科学技術予算が対GDP比1%の目標に届く見通しに ...
経済界、歳出削減不足に厳しい声 12年度予算案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
経団連の米倉弘昌会長は社会保障分野で「診療報酬や介護報酬の適正化、子どもに対する手当の見直しへの踏み込みが不十分」と言及。経済同友会の長谷川閑史代表幹事も、「財政再建を見通した予算案とは言い難い」と批判した。 日本商工会議所の岡村正会頭も社会保障分野 ...
橋下市長の救急車有料化という着想は帝國陸軍的には素晴らしい考えといわざるを得ないお。 - Togetter (媒体での記事掲載終了)
【激動!橋下維新】救急車「有料化」検討を 橋下市長が指示 大阪市の出動数突出 - MSN産経west http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111223/waf11122308240004-n1.htm “ 大阪市の橋下徹市長が、救急車の利用を有料化することの是非について市消防局に検討を指示したことが22日、分かった。高齢化などを背景に救急...
要援護者の孤立防げ 防災計画に反映を - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
下は講演する大分大学教育福祉科学部の山崎栄一准教授=23日、大分市のソレイユ 災害時に支援が必要な高齢者や障害者が孤立しない態勢づくりを目指した「『いのち』をつなぐ防災ネットワーク事業」。取り組みを進めるNPO法人チャレンジおおいた福祉共同事業協議会( ...
【平成24年度予算案】 「踏み込み不足」 総論評価も各論で不満 経済界 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
だが社会保障分野では、「診療報酬や介護報酬の適正化、子どもに対する手当の見直しへの踏み込み不足」(米倉会長)、「給付と負担のバランスが不十分」(岡村会頭)といった指摘があるなど、各論に対する不満は大きい。 震災からの復興と日本経済再生への取り組みは ...
高校生視点で市長と防災談議 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高校生は「近所には幼児が多く、迅速に避難誘導したい」「家に寝たきりの高齢者がいて、どう避難させるか考えないと」など居住環境に適した対策を発表。「古城山を避難所にし、高齢者も上がれるようバリアフリー化した方がいい」などの提言があった。 ...
高齢者向け住宅寄付 故上原清善さん遺族 おきなか福祉会に2011年12月24日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
おきなか福祉会は、高齢者福祉にも一層力を入れて頑張ってほしい」と希望した。 建物は、地上10階建ての鉄筋コンクリート造りで高齢者向けの優良賃貸住宅「あけぼの園」。以前は清善さんが所有し、信之介さんが代表として運営していた。おきなか福祉会は医療法人徳洲会 ...
2011年12月23日()
県社協、被災者にギフトセット 独居高齢者の安否確認と併せ - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
岩手県社会福祉協議会と県共同募金会は、東日本大震災により仮設住宅で生活する要援護者を抱える世帯や、民間アパートなどのみなし仮設で暮らす被災者向けに、ギフトセットを配布する。 生活支援相談員と民生委員らが26日から、要援護者が同居する世帯や一人暮らしの ...
ツリーに感謝のカード 岩手・宮古 - NHK (媒体での記事掲載終了)
岩手県宮古市で、仮設住宅で暮らす子どもたちや高齢者などおよそ100人が、ボランティアなど被災地を支援してくれた人たちに感謝の気持ちをつづったメッセージカードをクリスマスツリーに飾りつけました。 クリスマスツリーは、岩手県宮古市の社会福祉協議会が、市内の ...
独居高齢者に新そば差し入れ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者に声を掛け、元気に過ごせているかを確認する毎年の恒例行事になっており、今年で24回目。振興区の東登美夫生活福祉部長(62)は「ささやかなクリスマスプレゼント。笑顔を直に見られるのがうれしい」と話す。 そばを受け取った東哲子さん(85)=板橋町=は「皆さんに ...
大企業の介護保険料引き上げ、来年度は見送り 厚労省 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
会社員の介護保険料を年収に応じた負担にする見直し案について、厚生労働省は、来年度からの導入を見送ることを決めた。負担が増える大企業側の反発が強く、早期実施を断念した。来年の通常国会への法案提出を目指すものの、実施は2013年度以降になる。 ...
【オトナ女子のリアルな悩み】母の介護、高齢の父親…独身の自分の人生が心配です - livedoor (媒体での記事掲載終了)
今回の相談者・ミミさん(女性/38歳)は母親が介護が必要になったことを機に働き方を変えたのだが、以降、仕事や人間関係がうまく築けずに悩み続けている。同時に、現在結婚していないことで将来に大きな不安も抱いている。この先、希望を見出すことは出来るのだろうか? ...
JR大竹駅は橋上駅舎整備へ - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
素案では人口の減少と少子高齢化が進む市の現状や、住民アンケートの結果も踏まえて課題を分析。目標に(1)まちの一体化、回遊性の向上(2)バリアフリー化(3)にぎわいづくり(4)交通拠点機能の向上(5)交流空間の創出―を掲げ、具体策として、自由通路の整備▽橋上駅舎の整備▽ ...
同施設は、社会福祉法人みとし会(大西千津子理事長)が1982年に開設して以来、高齢者福祉の増進に貢献。施設運営に当たり健全な維持管理に努め、今後も社会福祉事業に対する熱意ある取り組みが期待できることなどが評価された。 御下賜金は天皇誕生日に合わせて都 ...
協定を結んだのは、社会福祉法人「若竹会」(河崎春海理事長)と医療法人社団「五色会」(佐藤仁理事長)、市福祉老健施設連絡協議会(渡辺基彦会長)で、災害時に開放される施設は計17カ所。 各施設は二次避難所として位置づけ。運用は、公民館や学校など一般の指定 ...
ユネスコ協会奨励賞を受賞 人形劇団「ハートフルかかみの」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
劇団は、福祉科で児童福祉を学ぶ生徒の発案で2008年に発足。1~3年の38人が所属。市内の高齢者福祉施設や幼稚園などを訪れ、手作りの人形で自作の劇を上演している。 生徒たちは放課後、交通安全や防犯、地域の民話を題材にした劇の脚本づくりや練習に取り組んで ...
2011年12月22日()
介護保険加入は2012年まで待てば保険料の控除額拡充でお得 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
サラリーマンが給与から天引きされている社会保険料には、厚生年金保険、健康保険、雇用保険、介護保険などがある。個人や法人の財政状態を保険を中心に改善するコンサルタント、財務支援研究所代表の小島宏之氏が、介護保険について解説する。 「介護保険」は、40歳に ...
早期発見による薬物治療でアルツハイマー病の進行を抑制 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族に高齢者がいる人にとって、将来の不安材料となるのが認知症。病気の進行を遅らせるには早期発見し、治療することだが、従来、日本で使える治療薬は1種類だった。しかし今年三つの新薬が登場。患者に合った薬剤を選べるようになった。 脳の認知機能が損なわれ、記憶 ...
認知症サポーター養成講座が12月24日(土)に行われる。時間は午前10時から昼12時。会場は六会市民センターで、参加費は無料。希望者は当日直接会場へ。 認知症サポーターは、認知症を正しく理解して地域で支える応援者のこと。この講座は厚生労働省の「認知症を知り地域 ...
大企業の介護保険負担増、12年度の導入見送り 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は加入者の平均年収が高い健康保険ほど介護保険料(介護納付金)の負担が重くなる「総報酬割」制度について、来年度の導入見送りを決めた。負担が増える大企業の反発が強いため、早期実施は困難と判断した。再来年度以降の実施を視野に、来年の通常国会への法案 ...
年忘れかくし芸大会 - まちの情報箱みのおどっとネット (媒体での記事掲載終了)
12月22日(木)、高齢者のみなさんの憩いの場、老人福祉センター松寿荘では、年末恒例の『年忘れかくし芸大会』が開催されました。 趣向を凝らした衣装を身にまとい、民謡、舞踊、カラオケ、合奏、民舞、コーラス、ハーモニカ演奏、フラダンス、詩吟と多彩な出し物のオン ...
認知症の女性から5千万円詐取の疑い 知人男を逮捕 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の知人女性から現金5千万円をだまし取ったとして、警視庁田園調布署は22日までに東京都練馬区小竹町2、会社社長、出津勝平容疑者(71)を準詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の隠匿)の疑いで逮捕した。同署によると「金をもらっただけ」などと容疑を否認して ...
認知症の女性から5000万だまし取る 社長夫婦逮捕 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
84歳の認知症の女性から5000万円をだまし取ったなどとして、エレベーター管理会社の社長の男と妻が逮捕されました。 東京の「世界エレベーター」の社長・出津勝平容疑者(71)と妻の美重子容疑者(69)は6月上旬、知人で認知症の女性を銀行に同行させ、女性の口座から5000 ...
母親を承諾殺人の女に実刑判決(鹿児島県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
姶良市で今年5月、承諾を得た上で介護の必要だった高齢の母親を殺害し、さらに寝たきりの姉も殺害しようとしたとして、承諾殺人などの罪に問われた北原眞佐子被告に対する裁判員裁判。22日の判決で、鹿児島地裁の中牟田博章裁判長は、「『楽にしてやろう』という独自の ...
県内施設で感染性胃腸炎(秋田県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
秋田市の高齢者福祉施設と大仙市の幼稚園で、感染性胃腸炎が集団発生しました。県感染症情報センターの発表によりますと、秋田市の高齢者福祉施設、「きららアーバンパレス」では、今月14日から19日までに、利用者88人のうち11人、職員60人のうち5人の合わせ ...
老人ホームで…認知症患者バーベルで拘束 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
香川県は22日、同県三豊市の有料老人ホーム「和楽の郷」で、認知症の症状のある90代の女性入所者を、職員がペット用の鉄製の柵で閉じ込めて拘束していた疑いがあるなどとして、運営会社「和楽」に改善命令を出したと発表した。 県によると2008年11月から09 ...
「同居より気兼ねない」が6割 近居介護の実態調査 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
積水化学工業の調査研究機関・住環境研究所(東京都千代田区)は、2010年から行っている「介護と住まいの調査」の第三弾として、電車・車で30分以内に行ける距離での親の近居介護のきっかけや生活支援などについて聞く「近居介護の実態調査」をまとめた。 ...
ミサワホームG、高齢者住宅の紹介・相談センター業務を開始 - 新建ハウジング (媒体での記事掲載終了)
同館館長の中村寿美子氏は25年の介護業界歴をもち、2 万件以上の高齢者の住宅相談を手がけてきたエキスパート。こうした実務経験を活かして引き続き、相談員が直接運営事業者や有料老人ホーム・高齢者住宅を訪問して運営内容や経営理念を第三者的な立場から確認した ...
認知症女性から5000万円詐取=亡夫の知人夫婦を逮捕―警視庁 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の東京都大田区に住む無職女性(84)に現金5000万円を引き出させ、だまし取ったなどとして、警視庁田園調布署は22日までに、準詐欺や組織犯罪処罰法違反容疑で、会社社長出津勝平(71)=練馬区小竹町=、妻の会社役員美重子(69)=同=両容疑者を逮捕 ...
認知症女性から5000万円詐取=亡夫の知人夫婦を逮捕-警視庁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
認知症の東京都大田区に住む無職女性(84)に現金5000万円を引き出させ、だまし取ったなどとして、警視庁田園調布署は22日までに、準詐欺や組織犯罪処罰法違反容疑で、会社社長出津勝平(71)=練馬区小竹町=、妻の会社役員美重子(69)=同=両容疑者を逮捕 ...
[診療報酬] 24年度改定率、診療報酬プラス0.004%、介護報酬プラス1.2% - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
政府は12月21日に、平成24年度の診療報酬と介護報酬の改定率を決定した。 診療報酬については、全体(ネット)でプラス0.004%と、ごく僅かながらプラス改定。介護報酬についても1.2%のプラス改定となる(p1~p4参照)。 診療報酬については、薬価等マイナス1.38%(厚労省 ...
電通、可読性高い書体開発に着手 - AdverTimes(アドタイ) (媒体での記事掲載終了)
電通は22日、高齢者や老眼、白内障を患う人など、年齢や障害の有無に影響されずに読みやすい書体の開発に取り組むと発表した。 同社内の横断プロジェクト「電通ダイバーシティ・ラボ」が一般社団法人ユニバーサルコミュニケーション デザイン協会(理事長=福田泰弘 ...
【白老】高齢者の〝御用聞き〟 民間レベルで事業化へ - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
ホームヘルパーや役場職員などさまざまな経歴を地域福祉に生かそうと集まった。 4人は内閣府の「地域社会雇用創造事業 北海道社会的企業・起業支援金」の採択を受け、準備組織「御用聞き わらび」を11月に設立。大町に1DKのアパートを事務所として間借りし、各町内 ...
老健施設欠陥で公募やり直し - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市は21日、西区高須台で開業予定の介護老人保健施設に構造上の欠陥が見つかり建築確認を取り消していた問題で、この老健施設を介護保険事業計画の選定施設から除外した。市は事業主の医療法人ワカサ会(東区)に計画からの除外を伝えた。近く事業者の公募をやり直す ...
... 階部分を別々に改装し、2階部分を賃貸住宅やシェアハウスとして貸し出せるようにする。 1階部分を将来、居住者が高齢化することを見越してバリアフリーなどに改装し、2階に暮らす世帯が1階に移り住むなどの利用が可能になる。リフォーム価格は広さなどに応じて変わる。
サガン鳥栖選手も一肌 認知症サポーターの養成講座PR - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
家庭や街中で認知症の高齢者の支えになる「認知症サポーター」の養成講座が来年1月19日、佐賀県鳥栖市藤木町の鳥栖商工センター会館である。佐賀大やサガン・ドリームスなどの主催で、サガン鳥栖の選手たちも受講し、制度をPRする。 当日は佐賀大医学部の堀川悦夫 ...
葉山町・高齢福祉計画 14年度まで新規整備なし - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
葉山町は2012~14年度の高齢者福祉施設整備方針などを定めた「高齢者福祉計画」の素案を策定した。14年度までに新規整備の計画はなく、有料老人ホーム30床の増床のみ予定している。 このコンテンツの続きをお読みいただくためには、会員登録かログインが必要です。
【126】理の通らない話に悠々と相槌を打ちなさい - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
お世話になったと心から思っています。1年ほど前から祖母が認知症になりました。同じ質問を繰り返し、何を言っても聞かず母を困らせる祖母をだんだん嫌いになりました。認知症はそういうものだとわかってはいても、許せなくて、憎くて、関わりたくないと思えてなりません ...
介護保険現行の2600円から値上げへ、基準月額案は1月に示す - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
紋別市の平成24年度から26年度までの介護保険事業計画を策定する、紋別市第5期介護保険事業計画等策定委員会(小林正司委員長)は20日、第3回委員会を市役所内で開き、介護保険事業と地域支援事業、介護保険外サービスの様々なサービスについて介護サービス見込量の推計値 ...
遺志を継ぐ 年の瀬の「贈り物」 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉のため、闘病中の子どもたちを励ますため、故人となった篤志家や女性の遺志を継いで、心温まる「贈り物」が届けられた。企業も施設に「お年玉」や歳末助け合いの義援金を寄せた。 那覇市出身の篤志家、故上原清善さん(享年92歳)が那覇市曙に所有していた ...
県内の介護保険、1000円超上げ見通し - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
2012年度以降、65歳以上が支払う第5期(~14年度)介護保険料基準額(月額)について、県内14保険者(13市町村、1広域連合)全てが1000~1200円程度の値上げを見込んでいることが21日、沖縄タイムスの調べで分かった。65歳以上の高齢人口の増加 ...
「そんなに」介護負担増に恐々 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
来年度から県内全域で引き上げが見込まれる介護保険料について、負担している65歳以上の高齢者からは、負担増への不安やあきらめの声が交錯した。 4期(2009~11年度)は県内最高の保険料だった与那国町。安里幸恵さん(65)は、昨年から国民健康保険料と別に ...
山梨なでしこ 私の3・11 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
町役場では福祉支援課にいて、高齢者の生活支援全般を担当しています。これから寒さが本格化すると、被災地の仮設住宅で暮らしているお年寄りにはこたえるのを心配しています。 3月11日は六郷庁舎におり、資料をまとめていました。大きな揺れに、震源は山梨だと思い ...
大きな実の香り 体と心ポカポカ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
富山市でも、大山老人福祉センターなど市内4カ所の高齢者福祉施設で、午前10時~午後3時にゆず湯の催しがあった。22日にも呉羽山老人福祉センターなど3施設で同じ時間にゆず湯が実施される。 富山地方気象台によると、富山市では21日未明に今季最も寒い ...
2011年12月21日()
社会保障改革 先行き不安が拭えない - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
全世代に関わる充実策は見えにくい。高額療養費制度の抜本的な拡充を先送りしたのが象徴だ。 誰でも外来受診のたびに100円を上乗せする受診時定額負担の導入を見送り、財源のめどが立たなくなった。とはいえ医療費の高額化は進んでいる。引き続き財源確保を模索すべき ...
サガン選手も参加 認知症サポーター講座、参加者募集 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
サッカー・J1に昇格したサガン鳥栖の選手やスタッフが参加する「認知症サポーター」の養成講座が1月19日午後3時から、鳥栖市の鳥栖商工センター会館で開かれる。選手らと一緒に学ぶ一般受講生を募集している。 サポーター制度は認知症の正しい理解を促進し、患者や ...
短時間ケア 日に何度も 介護保険一部改正で来年4月から新サービス - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
来年四月、介護保険制度の一部改正に伴い、二十四時間対応で短時間のケアを繰り返し提供する「定期巡回・随時対応サービス」が始まる。「要介護度が重くなっても、地域で暮らし続けるのを可能にするシステム」と国は説明。その可能性をモデル事業の現場で探った。 ...
診療報酬は実質据え置き 12年度、介護は1.2%増 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
診療報酬と介護報酬について、野田政権は21日、来年度の改定率を決めた。診療報酬は0.004%のわずかなプラス。医師の人件費や技術料に当たる「本体部分」を1.38%引き上げる一方、「薬価部分」を市場実勢に合わせ、ほぼ同じ幅で引き下げる。 ...
73施設3団体に助成 北國新聞厚生文化事業団 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
北國新聞厚生文化事業団は、1995(平成7)年に知事認可を受けて設立されてから毎年、高齢者や児童、心身障害者らのための民間社会福祉施設とボランティア団体を支援している。選考に当たっては施設や団体の活動内容、地域性などが考慮された。 ...
24時間介護訴訟、和歌山市上告せず - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
重い障害のある和歌山市の石田雅俊さん(43)が市に24時間介護を求めた訴訟で、介護サービスを1日約18時間以上と義務付けた大阪高裁の控訴審判決を受け、同市は21日、上告しないと発表した。 市は介護サービスの時間拡大について、控訴審判決に基づく支給決定を ...
静岡発「介護マーク」全国へ 厚労省“お墨付き”で採用 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
妻を介護中の夫が女性トイレに入る場合などに誤解されることを避けるため、今年2月に本県が国に先駆けて作成した「介護マーク」が、じわじわと全国に浸透している。すでに1万2千個を県内外に配布し、今月中旬には厚生労働省が各都道府県に、「静岡県の取り組みを市町村 ...
牧島署長は「高齢者施設や社会福祉施設は市内各地で非常に増えている。地域の人の協力は大きな力」と話した。 消防応援協力とは、災害時などに地域の人と施設が協力し対応することを約束するもの。同施設には22人の利用者が住んでいるが、自力で歩くことができない人も ...
診療報酬0・004%プラス 24年度改定 介護報酬も1・2%増 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、介護報酬の24年度改定についても、1・2%プラスとすることをあわせて決定した。 診療報酬の改定は原則2年おき。プラス改定は22年度の前回に続き、2期連続となる。本体部分の診療科別の引き上げ幅は、医科1・55%、歯科1・70%、調剤0・46%とした ...
診療報酬、全体で0.004%増=来年度、介護は1.2%アップ―政府 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
同時に行われる12年度介護報酬改定について、1.2%プラスとすることも併せて決定した。 同日夜、首相官邸で藤村修官房長官、小宮山洋子厚生労働相、安住淳財務相が会談し、最終合意した。 本サービスが提供する記事及びその他保護可能な知的財産(以下、「本 ...
診療報酬、全体で0.004%増=介護は1.2%アップ―政府 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、同年度介護報酬改定について、1.2%プラスとすることも併せて決定した。 医療機関に支払われる診療報酬は、2年に1度見直され、来年4月が改定期。前回改定(10年度)は、10年ぶりに全体で0.19%のプラス改定となった。
介護支給量拡大で上告断念=「原告の生活実態考慮」―和歌山市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
和歌山市が訪問介護サービスの支給量を減らしたのは不当として、重度障害を持つ同市の石田雅俊さん(43)が24時間介護を求めた訴訟で、同市は21日、支給量を現状の1日約13時間から1日約18時間以上に拡大するよう義務付けた大阪高裁判決を受け入れ、上告を断念 ...
介護支給量拡大で上告断念=「原告の生活実態考慮」-和歌山市 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
和歌山市が訪問介護サービスの支給量を減らしたのは不当として、重度障害を持つ同市の石田雅俊さん(43)が24時間介護を求めた訴訟で、同市は21日、支給量を現状の1日約13時間から1日約18時間以上に拡大するよう義務付けた大阪高裁判決を受け入れ、上告を断念 ...
在宅希望者の生活支援や、切れ目のない医療・介護の提供に向け、主治医とケアマネージャ、介護事業所などの連携強化をはかります。弁護士、司法書士、行政書士など法曹関係者と連携を強めます。 ○高齢者・介護者を孤立させず、地域ぐるみでささえるため、介護困難者の ...
組合員ニーズに応え福祉事業拡大へ JAえんゆう - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
JAえんゆう(北海道)はこのたび、サービス付き高齢者向け住宅の建設に乗り出す。12月16日、地元建設会社と契約を結び、国土交通省からの事業採択を受けたことで、今後の着工に向けた準備を進めていく。 サービス付き高齢者向け住宅とは今年4月、国の新たな制度として ...
メールで消費者トラブル情報 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市消費生活センターが相談を受けた事例や市内で目立つ被害の傾向なども知らせる。 配信サービスの登録方法は、市広報12月号と市消費生活センターのHPに掲載する。同課の岩崎光博課長は「緊急情報を迅速に知らせる。高齢者の周りにいる家族やホームヘルパーなどに活用し ...
通天閣 水口栄一 53 介護士 大阪府茨木市 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
失業中にヘルパーの資格を取って、私は介護士になった。最初は苦労の連続だったが、半年近く経つと仕事にも慣れた。今は充実した日々を送っている。 それでも時々、通天閣の時代を思い出すと、心が熱くなる。「我が人生に悔いなし」と言えるほど、エネルギッシュで輝い ...
グループホームの「要介護認定」違反代行申請、港北区が受理常態化/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護保険の「要介護認定」申請手続きで、横浜市港北区役所が、法令上「提出代行者」になれないグループホームからの申請を日常的に受理していたことが20日、神奈川新聞社の調べで分かった。市は「形式的な問題」として実態調査はしないものの、「不適切だった」として、 ...
高齢者虐待 家族孤立させぬ支援を(12月21日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人を中心に、高齢者が日常の生活に近い暮らしができるよう自宅から近い地域にグループホームや個室の特養の整備が進んでいる。国が後押ししてはどうか。 ただ、このような取り組みは定着するまでに時間がかかろう。 注目されるのは、町内会や社会福祉協議会など ...
優しいまち 一緒に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松阪市や多気、明和、大台、大紀各町の事業所や店舗などを対象に、バリアフリーの活動をしているユニバーサルデザイン「夢現」(事務局・多気町)の活動が10年目に入り、今年もチェックを希望する民間施設を募集している。 このグループは障害者や高齢者などだれもが ...
天龍村で独居高齢者らにそば届ける - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了)
そばづくりは一昨年から続けていて、ことしも「クリスマス前に高齢者たちに届けよう」と企画した。 平岡の老人福祉センターでそば打ちを行い、豊田市の名人から手法を学びながら作業を進めた。 粉をだんご状に練ったり、めん棒でしっかり伸ばしたり。 ...