介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年11月30日()
「プロレス見て元気になって」 武藤選手 横浜の高齢者ら招待 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
横浜市内で開催されるプロレスの大会に、市内の児童養護施設の子どもや福祉施設の高齢者ら五百人を招待しようと、プロレスラーの武藤敬司選手(48)が三十日、市役所を訪問し、林文子市長に目録を手渡した。 市によると、招待される大会は、武藤選手が社長を務める ...
預金・投信で社会貢献 被災地や福祉活動に寄付 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
震災を契機に社会貢献への意識が高まり、環境保護や高齢者福祉などを切り口にした商品の利用がさらに広がりそうだ。金融機関は企業イメージの向上を図る狙いもある。 震災復興支援預金は預金残高に応じて金融機関負担で義援金を被災地へ寄付する仕組み。 ...
アサヒタクシー(株)(藤井嘉一郎代表取締役社長=本社・中区山元町)はこのほど、市内で初めてUD(ユニバーサルデザイン)タクシーを導入した。これは高齢者や障がい者などの介護が必要な人や、子育て中の人など様々な人が利用しやすいようにと開発されたもの。 ...
10人に1人は75歳以上という高齢社会。2030年には5人に1人が75歳以上になるといわれる中、土地活用の有効な方策として、介護・福祉施設の建設が注目を集めている。このほど愛川町田代に完成した特別養護老人ホーム「愛和の里」を参考に、地域に望まれる土地活用を ...
独居老人見守り強化 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
民生委員とは、自治会町内会の推薦と厚生労働大臣の委嘱を受けた地域住民が担い、地域福祉増進のために活動するもの。高齢者の見守りについては従来、個人情報保護の観点から民生委員が地域とのつながりを頼りに自力で探すのが現状だった。そのため限界があり、市には以前 ...
横浜市は65歳以上の介護保険料月額基準を現行の4500円から5200円程度に引き上げる案などを盛り込んだ、平成24年度から26年度までの「第5期市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」素案を公表した。現在、各区で説明会を実施しており、12月6日には港南区内でも ...
旭区から1人、1団体 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
旭区からは32年、高齢者向けの給食会を開いている在宅福祉奉仕団体「万騎が原おたのしみ会」が緑綬褒章を、約30年にわたり自衛官募集相談員を続ける齋藤善孝さん(62)が藍綬褒章を受章した。 緑綬褒章は、自ら進んで社会に奉仕する活動に携わる個人、団体、藍綬褒章は ...
見学会」を実施 〈参加無料・体験も可能〉 全国で170カ所以上の有料老人ホームを展開している(株)ベネッセスタイルケア(本社・東京都渋谷区)が運営する介護付有料老人ホーム「くらら青葉台」では、12月1日から「介護度進行予防運動」を導入する。 ...
市内でもまだ数少ない、認知症専門のデイサービス施設『ささゆり』が10月1日にオープン。同施設は、認知症の方のケアおよびリハビリを行う通所施設。認知症ケア専門士でもある、松村ひかる施設長は「定員12名、一軒家という特徴を生かし固定のプログラムはつくらず利用者 ...
A 介護の仕事は他の職種と違い、年齢制限も比較的ゆるやかです。人手不足であると同時に、精神面での成熟や社会の中での人間関係のノウハウを求められる職種なので、40代・50代で再就職したいという方も、多く就職に成功しています。事業所によっては、70代の方が働いて ...
プロレスラーの武藤敬司選手が林市長を訪問、福祉施設入所者ら約500人を試合に招待/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
市内の福祉施設に入所、通所している障害者や高齢者、子ども約500人が招待される。 武藤選手は「市長にもぜひ試合を生で見てほしい。元気をプレゼントします」とあいさつ。林市長は「ありがたいお話をいただいた。イベントでお客さんを引き込み、横浜を元気にして ...
宇宙でも骨減少防ぐ効果=古川さんら服用の薬剤−「高齢者もっと利用を」日米チーム - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
松本教授は「寝たきりの高齢者はおむつ交換で体を動かしただけで骨盤や大腿(だいたい)骨が折れることがある。宇宙飛行士にも効果があったということで利用が促進されれば」と期待。宇宙では「2年ぐらいまでなら運動とビスフォスフォネートで骨粗しょう症を防げるめどが ...
宇宙でも骨減少防ぐ効果=古川さんら服用の薬剤―「高齢者もっと利用を」日米チーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
松本教授は「寝たきりの高齢者はおむつ交換で体を動かしただけで骨盤や大腿(だいたい)骨が折れることがある。宇宙飛行士にも効果があったということで利用が促進されれば」と期待。宇宙では「2年ぐらいまでなら運動とビスフォスフォネートで骨粗しょう症を防げるめどが ...
宇宙でも骨減少防ぐ効果=古川さんら服用の薬剤-「高齢者もっと利用を」日米チーム - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
松本教授は「寝たきりの高齢者はおむつ交換で体を動かしただけで骨盤や大腿(だいたい)骨が折れることがある。宇宙飛行士にも効果があったということで利用が促進されれば」と期待。宇宙では「2年ぐらいまでなら運動とビスフォスフォネートで骨粗しょう症を防げるめどが ...
都福祉保健局 第7号は(仮称)福寿はちおうじ美山 着工は1月予定 医療・介護連携型高専賃モデル事業 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都福祉保健局は、医療・介護連携型高齢者専用賃貸住宅モデル事業の第7号事業として「(仮称)福寿はちおうじ美山」を選定した。八王子市美山町に、オーナー型の整備手法で通所介護事業所と診療所を併設させた高齢者住宅を建設するもの。 このコンテンツの続きをお ...
受験一度きり、追い込み懸命 県内のインドネシア介護士候補 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
2008年に来日し、介護福祉士を目指して徳島県内で働きながら学ぶインドネシア人研修生7人が、来年1月29日の国家試験に向けて追い込みに入っている。日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づく介護福祉士候補の1期生。介護職場の人手不足解消の切り札 ...
地域の模範これからも 大分合同新聞福祉賞 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
足立昭一さん(62)、由美子さん(52)・大分市=「認知症の人と家族の会」県支部会員 昭一さんは2006年9月、若年性アルツハイマー型認知症と診断された。翌年から実名を公表して夫婦二人三脚で始めた講演は約100回に上り、認知症の啓発に貢献。 ...
団体・連合会・官公庁・自治体 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
みんなでつくるUDトイレマップ「Check A Toilet」大学生を対象とした多機能トイレに関する意識調査を発表 みんなでつくるユニバーサルデザイントイレマップ「Check A Toilet」を運営する特定非営利活動法人Check(代表理事 金子健二、以下 NPO法人Check)の学生 ...
【栃木市議会一般質問】バリアフリーへ基本構想 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在、市には同構想はないが、鈴木俊美市長は「栃木駅や新栃木駅の周辺については重点的にバリアフリーに取り組むため基本構想を策定する必要がある」と強調。 公共交通事業者や道路・建物の施設管理者、高齢者、障害者の関係団体などと連携を図りながら具体的な協議を ...
長谷工グループ/12月1日、千葉市にサービス付き高齢者向け住宅オープン - 週刊住宅新聞 (媒体での記事掲載終了)
長谷工グループは首都圏で介護付き有料老人ホームを4カ所、近畿圏で旧・適合高齢者専用賃貸住宅1カ所を展開しているが、急速に進む高齢化を受け、今回やさしい手の居宅介護支援事務所や24時間巡回する訪問介護所を併設してサービス付き高齢者住宅事業を本格始動する。 ...
キャバレー改修、介護施設に 余市 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし、高齢者や介護する家族の需要は多様化しているといい、よいち福祉会は「要介護認定を受けたお年寄りでも、夜に楽しめる施設を」と4月に開業した。 利用時間は午後2時半から同8時半まで。現在、要支援1~要介護3の26人が登録し、週に1、2回の利用が多い。 ...
2011年11月29日()
受診時の定額負担 導入困難の見方 - NHK (媒体での記事掲載終了)
社会保障と税の一体改革案で、民主党の作業チームが医療・介護の分野でまとめた見解では、医療機関を受診した際に患者に一定額の負担を求める制度について、「反対意見が多数だった」としており、厚生労働省では、この制度の導入は困難になったという見方が広がっています ...
一般会計19億円 増額補正案提出 岡山市議会開会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、県の補助を受け、グループホームなどの高齢者施設の改修支援を実施。防災や老朽化に伴う改修に対し、650万円を上限に補助を行う。 岡山城天守閣条例の改正案は、現在「おかやま備前焼工房」(同市北区)で実施している備前焼体験を岡山城天守閣で行うことで、 ...
東京都福祉保健財団は、介護支援専門員の研修会場において、研修受講者の個人情報含む資料を紛失したと発表した。 所在不明となっているのは、11月18日に実施された都の介護支援専門員更新研修の受講者名簿。研修を実施した同日の12時45分から15分ほどの間に、受付の ...
大塚商会、「ケアたのめーるVol.6」発行、650点以上の商品を値下げ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「介護に携わるすべての方をバックアップ」をコンセプトに、介護の必需品や生活日用品を掲載している「ケアたのめーる」は、介護施設などの法人向けだけでなく、在宅介護の個人やケアマネージャも利用できる介護用品カタログ。「ケアたのめーるVol.6」では、前号 ...
福祉高める会に車いす寄贈 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福山市の春日学区まちづくり推進委員会などは28日、地元の福祉を高める会に車いす4台を寄贈した。高める会は自費で購入した1台を合わせ計5台を高齢者たちに貸し出すサービスを始めた。 推進委は6日、春日小で文化祭を開いた。会場で地元の自治会連合会と明るい ...
商店街浮揚 カギは健康 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
病院や福祉施設などと協力して商店街のにぎわいを取り戻そうという「医商連携」が県内でも進んでいる。少子高齢化が進む中、健康に着目し、お年寄りらを新たな客層として商店街に取り込もうというもの。これまで接点の少なかった両者がうまく手を携えていくには課題も多い ...
民家火災で5人死傷 死亡は高齢夫婦か 東京・江戸川 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
石田さんは1階にあるベッドで寝たきりだった。千恵子さんら他の家族は出火当時、2階で就寝中だった。 近所の住人が1階の台所付近から火が出ているのを目撃しており、同署で出火原因を調べている。 共同住宅は1階部分の一部がつながった建物が2つ並ぶ構造で、一方の ...
障害福祉サービス事業者「プリン・ハウス」(香川県高松市御坊町)の太田登美子社長らが介護給付金を不正受給したとして、高松市が太田社長らに約4258万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、高松地裁であった。 横溝邦彦裁判長は、「調査を行った従業員17人の ...
失語症への理解深める 松本で介護施設職員らが実践練習 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
言語聴覚士のほか、病院や介護施設の職員ら約20人が失語症への理解を深め、コミュニケーション方法を身に付ける実践練習をした。 失語症は脳卒中や脳損傷により起こる言葉の障害。講師を務めた言語聴覚士の平林孝恵さん(一之瀬脳神経外科病院)と鷲尾智子さん(城西 ...
高齢者が声でスマホ操作 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
普及したパソコンやスマートフォン(多機能携帯電話)などの電子通信機器を高齢者が音声で使いこなせる新技術を確立させ、医療・福祉分野での事業展開を目指す。12月1日に個人創業、来年2月には法人化を予定している。 県iプラザに入居するのは、大分市の宮崎健( ...
進むマンション住民高齢化、管理組合支援へNPO法人設立/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
「小規模マンションほど10年間で住民の高齢化が進み、管理組合の理事長の負担が大きくなっている」と説明し、高齢者対策の必要性を訴える。 小規模マンションの管理組合は資金的な余裕がない上に、高齢者の増加とともにバリアフリー工事が必要なケースが出ている。 ...
2011年11月28日()
ワタミ、有利子負債3割減 12年3月期末 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者向け介護、弁当宅配などの事業が好調で、改善したキャッシュフロー(現金収支)を借入金の返済に充てる。13年3月期中には有利子負債から手元預金を差し引いた金額をゼロとし、実質無借金とする計画を立てている。 ワタミの営業キャッシュフローを改善させているの ...
ジェネリック医薬品相次ぎ発売 認知症薬は一挙30社 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症薬や高脂血症薬の特許期限切れに伴うもので、エーザイの認知症薬は30社が後発薬を売り出した。患者は新薬の7割程度の価格で購入できるため、医療費の抑制や後発薬市場の活性化が期待される。 沢井製薬や日医工、田辺三菱製薬、東和薬品などはエーザイの ...
太陽光発電普及へ神奈川県が共同住宅への発電パネル設置補助、28日から受付開始 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
主に賃貸住宅のオーナーを想定しているほか分譲マンションの管理組合、社宅に設置する企業、高齢者や障害者のグループホームを運営する法人も申し込める。 発電した電力を共同住宅内の各戸に供給することもできるが、「1戸当たりの発電量が限られ、配線コストも ...
診療報酬の引き上げ明記=中間報告案で-民主医療・介護チーム - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
民主党厚生労働部門会議の医療・介護ワーキングチーム(座長・柚木道義衆院議員)は28日、2012年度に改定する診療報酬全体の水準について、引き上げを求める提言を中間報告案に明記する方針を固めた。29日の同チームの会合で提示する。 12年度の診療報酬全体の ...
2×4協会 研究助成の重点テーマに高齢者施設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
重点テーマは2つあり、1つ目は、「ツーバイフォー高齢者施設における木材利用効果に関する調査・研究」。例えば、同工法で建てられた老人ホームなどで、そこに入所する高齢者の心理面や健康面での木材利用効果(転倒骨折事故の木造床による軽減効果など)を実例調査で明らか ...
高齢者が憩える場をつくろうと、 介護や高齢者の仕事づくりなどの福祉事業を展開している和歌山高齢者生活協同組合 (中西優理事長) は26日、 和歌山市中之島に 「いっぷく亭・紀和庵」 を開設した。 週に2回 (火・木曜日) さまざまな催しを行い、 必要な時にいつでも ...
重点テーマは2つあり、1つ目は、「ツーバイフォー高齢者施設における木材利用効果に関する調査・研究」。例えば、同工法で建てられた老人ホームなどで、そこに入所する高齢者の心理面や健康面での木材利用効果(転倒骨折事故の木造床による軽減効果など)を実例調査で明らか ...
特別養護老人ホームにおける胃ろう等による経管栄養に関する実態調査 報告書サマリ(11/22)《老施協》 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉施設におけるQOLと『食の意義』を再考するとともに、利用者の尊厳をまもる自立支援介護の実践を目指すため・・・ ダウンロードしていただく資料は、PDFファイル形式でご提供しております。 ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader( ...
日本を牽引する新産業「街ビジネス」を興そう - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
例えば、高齢化問題がある。この問題が日本で深刻なのは、高齢化の速度が速いことだけではない。日本の高齢者が、欧米社会の高齢者のように精神的に自立していないことである。欧米の高齢者は個人主義に慣れているので、たとえ一人になっても本を読み、音楽を聴き、花の ...
楽しみながら運動 高齢者の「青春塾」好評 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
町では高齢化率の上昇に伴って介護保険の給付費が伸びてきており、センターは寝たきり予防につながっていくことを期待している。 青春塾は10月下旬から週1回、センター職員が講師となって開催している。1回の教室は約2時間。夏に参加者を募集し、町内に住む60~80代の ...
認知症の後発医薬品販売へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー型認知症の治療薬として圧倒的なシェアを持つ薬の特許切れに伴い、同じ有効成分を持つ101種類の後発医薬品が販売されることになり、価格が従来の3分の2と決まりました。 認知症の治療薬「アリセプト」は、年間およそ85万人の患者が服用していて、 ...
(11/28)旭化成ファーマ、骨粗しょう症に新型の治療薬 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ピーク時に年間100億円以上の売り上げを目指す。 骨粗しょう症患者は高齢化の進展に伴い増えており、潜在患者を含めると1100万人と推定されている。脊椎や大腿骨を骨折すると寝たきりにつながるため、効果の高い治療薬が求められている。
高齢者の5人に1人が要介護 深刻な「長寿不健康」社会に―中国 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
地域別では、遼寧、吉林、黒竜江の「東北三省」で介護の必要な高齢者が最も多く、西部地域、中部地域がこれに続いた。一方、最も少なかったのは東部の沿岸地域で、経済成長や季節による生活習慣の差が高齢者の健康に大きく影響することが浮き彫りとなった。 ...
【厚労省】後発品521品目を薬価収載‐「アリセプト」に30社が参入 - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
初の後発品収載となったアルツハイマー型認知症治療薬「塩酸ドネペジル」(先発品:アリセプト=エーザイ)には、30社101品目が参入したほか、規格揃えに対応する企業が増え、医療安全等の観点から名称変更した代替新規の品目数も増えたため、「1998年以降、最も多い収載 ...
在宅支援ハウスの複合化と地域連携による展開―多世代の住まいのあり方を追求― - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体的には、▽見守りサービス▽内科医院・デイサービスの複合▽昼間いつでも入浴できる個浴・大風呂▽ヘルパー支援▽掃除洗濯・買い物代行―などの日常生活の支援機能を組み込み、高齢者の安全・安心を守る。一般の賃貸住宅並みの価格でこうしたサービスを提供すること ...
介護が必要な認知症の高齢者5~9人が集まり、常駐スタッフの介護を受けながら共同生活を送る施設。認知症の進行を遅らせる、自立を促すなどを目的として、簡単な家事や趣味を行い、地域の人々との交流をはかる。精神疾患の患者さんを対象とした施設もある。 ...
最新の介護器具を紹介 津で福祉展、セミナーも - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉や介護について学ぶ福祉展みえ2011が、津市の県総合文化センターで開かれた。県社会福祉協議会福祉人材センターが主催し、3回目。 体験コーナーでは、福祉器具の販売・レンタルを手掛ける会社が最新の車いすや介護用ベッドを紹介。体の大きさに合わせて座席の幅 ...
一人暮らしの高齢者5万3384人 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者がいる「夫婦だけの世帯」もここ10年で2割近く増えており、こうした世帯で一方が亡くなれば、一人暮らし世帯に移行する可能性が高いとみられる。 県高齢者福祉課は「働き口を探して親元を離れるなど独居老人世帯が増える要因はさまざま。今後も人口の多い団塊の ...
中国 リバース・モーゲージは新たな老後保障になるか(3) - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
一方、高齢社会の急速な進行にともない、現役世代の減少、年金財政の不足、老人扶養比率の上昇などが深刻な問題となり、個人の自助努力が強調されるようになった。そのなかで、国民の老後生活保障は、社会保障・福祉のみならず、資産の有効活用などを含めた豊かな老後生活 ...
2011年11月27日()
目指せ介護資格 岩手・宮城沿岸部の外国出身女性が猛勉強 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
岩手県住田町の気仙地方森林組合の事務所で今月上旬、フィリピンとチリ出身の女性9人が、ホームヘルパー2級の資格取得の勉強をした。 血圧計や車いすなど介護現場の器具の使い方など実技のほか、福祉現場の用語を学んだ。「けつあつとは、しんぞうからけつえきが… ...
高齢者生活手助け 秋田市で支援事業開始 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
事業は、NPO法人秋田バリアフリーネットワーク、秋田市、市シルバー人材センターなど8団体・個人が主体となり、巡回員2人、コールセンター員1人、事務員1人の計4人で運営している。内閣府の「新しい公共支援事業」の助成金500万円が県を通して交付され、今年度 ...
「介護甲子園」でやりがいPR - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護の仕事を通じて得たやりがいを発表し仕事の魅力をPRする「介護甲子園」と題した催しが、東京都内で開かれました。 この催しは、慢性的な人手不足で職場を辞める人も多いとされる介護業界を盛り上げようと初めて開かれ、東京・千代田区の会場では、全国135の事業 ...
家政婦対象に介護セミナー/青森 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
日本看護家政紹介事業協会は26日、青森市文化会館で介護家政サービス向上セミナーを行った。全国訪問ボランティアナースの会「キャンナス」の中里藤枝・キャンナス八戸代表が「在宅生活を支える~感染症への対応について」をテーマに講演し、在宅介護に携わる家政婦ら約50 ...
高齢者支援へNPO設立 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者同士のコミュニティーづくり、趣味や目標を生かした新しい活動を後押しする。28日、中区で設立総会を開き、会員を募る。 司法書士や税理士、社会福祉士たちが役員となり設立した。当面、ホームヘルパー養成講座を開催。成年後見制度のほか、シニア層の関心が高い ...
桜島2集落で島内避難訓練 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 袋を背負った高齢者や、車いすで運ばれた要援護者を誘導した。 65歳以上が6割を占める同地区は住民39人の3分の1が要援護者。宮下恵美子さん(76)は「人の手を借りないと避難は無理。訓練でいざというときに備えたい」と話した。 市消防局は「寝たきりの人を ...
高齢者の孤立化防げ 民間と行政の「ネット会議」初会合 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
参加したのは、配達員らを抱える新聞社、検針員らを統括するガス会社や電力会社などの民間事業者、市町村行政、県社会福祉協議会などの約30人。 自治会などで実施している見守りネットワーク活動と併せて、民間事業者の協力でネットワークの重層化を図るのが目的。 ...
地域単位で福祉充実を 全国校区・小地域サミットin宇治 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域がまとまり、絆を大切にしなければならない」と述べた。 分科会は、市生涯学習センターなどで10のテーマを掲げて行われた。子どもを地域とどう結びつけるのかや、高齢者の買い物支援、障害者施設と学校、ボランティアの交流など、宇治市や亀岡市の自治会などが事例 ...
盲老人ホーム 必要性訴え - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県視覚障害者福祉協会の山田親幸会長とフリージャーナリストの山城紀子さんが26日、那覇市総合福祉センターで、盲老人ホームの現状と課題について講演した。山城さんは「高齢になってからの失明はショックが大きく専門的ケアが必要。誰もが失明する可能性がある中で、盲 ...
高齢者の孤独死、釧路でも数件 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
釧路市福祉部の生活福祉事務所によると、65歳以上で独り暮らしの生活保護受給者は約2100人で、そのうち自宅で亡くなる孤独死は年に10人ほどだという。同事務所は「家族関係が希薄化する中、民生委員や町内会と連携した支援を強化したい」と話し、地域でお年寄りを ...
2011年11月26日()
認知症の高齢者や知的障害者ら意思能力がなかったり判断能力が不十分だったりする成年者を保護するため、地域の一般市民が本人に代わって介護保険契約の締結や財産の管理などを行う「市民後見人」制度が広がりを見せている。 今年6月の老人福祉法改正を受け、厚生労働省が ...
大型後発薬が続々 認知症・生活習慣病薬一斉に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイの認知症薬は33社、米ファイザーの高脂血症薬は5社がそれぞれ後発薬を発売する。分野も患者数が多い生活習慣病に加えて、神経疾患にも広がる。利用者の拡大が見込めるため、医療費の抑制や後発薬市場の活性化につながりそうだ。
再犯者率上昇 どう防ぐ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀地裁でも、刑務所から出所した直後に再び罪を犯した高齢者の判決が28日にある。「県地域生活定着支援センター」(佐賀市)は出所する高齢者らに福祉サービスを紹介して再犯防止に取り組むが、増える相談に限られた人手で対応せざるをえない課題を抱えている。 ...
春木町ボランティア会&北自校が厚労大臣表彰 - 須坂新聞 (媒体での記事掲載終了)
男性28人が参加する春木町ボランティア会(田中章司会長)は平成6年、地域の中での一人暮らし高齢者らの孤立化を防ぐことを目的に設立。以来、男性グループの機動力を生かして高齢者宅の雪かき、福祉施設の清掃、地域のイベント協力などのボランティアを継続実施。 ...
抑制廃止で医療従事者にも笑顔戻る 上川病院理事長・吉岡充さん(3) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者医療が専門の上川病院で患者に対する身体拘束(抑制)の廃止に取り組み始めてから4年後の1990年、高齢者病院の人手を増やして寝たきりをなくそうと「介護力強化」という定額の高齢者病院制度が導入されました。それに伴い、高齢者医療とは何かが問われはじめると、 ...
増税の前に年金・医療費の膨張防げ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
そのとき年金や医療、介護などにかかる公的な社会保障給付費は今の1.3倍、140兆円を上回ると政府はみる。 社会保険料や税金で賄いきれない社会保障給付費は、赤字国債で工面しているのが現状だ。こんな状態を長続きさせられるはずはない。保険料と税の収入を上げるため、 ...
大型後発薬が相次ぎ登場、認知症や生活習慣病など - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
エーザイの認知症薬は33社、米ファイザーの高脂血症薬は5社がそれぞれ後発薬を発売する。分野も患者数が多い生活習慣病に加えて、神経疾患にも広がる。利用者の拡大が見込めるため、医療費の抑制や後発薬市場の活性化につながりそうだ。
「特別視せず対応を」 エイズ患者への介護考える 神戸でシンポ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
世界保健機関(WHO)が定めた12月1日の世界エイズデーを前に、エイズウイルス(HIV)に感染した人への介護者の対応などを学ぶシンポジウム「介護とエイズ」が26日、神戸市中央区の市立生田文化会館で開かれ、エイズ患者の介護経験のある介護士や大学、行政の ...
窓口100円負担、見送りで調整 前期高齢者2割負担も 一体改革で政府・民主党 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
一体改革案では、これを医療費の窓口負担が一定を超えると払い戻される「高額療養費制度」の拡充に充てることが明記されていた。政府はがん治療などの医療費の高額負担が指摘される中、高額療養費制度の拡充は実現したい方針。別途財源を確保し、一部でも実施に移す方向で ...
社会資源を再分配しセーフティネットの再編を - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
そして、稼働年齢層が急増したと言っても、実質高齢者世帯と、傷病者・障害者世帯で8割以上を超えています(図3)。 稼働年齢層が増えたと言っても、そもそも本当に働ける人がどれだけいるのか?を実態に即して検討すべきなのです。 生活保護受給者の世帯を「高齢者 ...
大分市歳末チャリティーショー - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
ステージで太鼓やダンス、それに演劇など多彩な出し物を披露し、会場を訪れたおよそ2000人の観客を魅了しました。 チケットの販売などで得られた収益金は、在宅で寝たきりの高齢者を介護する人たちや県内の社会福祉団体に贈られるということです。
不発気味のストライカーに規律の無さ、監督交代、チームの高齢化。チェルシーは下降期に直面していて、ここ7試合で4敗を喫している。 チェルシーは高齢化している。言い方を変えるなら、依然としてチームの核を30歳を超えるベテランに依存していて、その中には急速な衰え ...
国道37号沿いにある聖ヶ丘サテライトクリニックの隣接地に建てられた。 規模は木造平屋570平方メートル。定員は18人。個室の広さは約13平方メートル。介護保険制度の適用を受け、認知症高齢者が専門の介護スタッフら16人で運営し、家庭的な雰囲気の中で入居者 ...
生活活動を体操で 通所介護事業所 長野・JA佐久浅間 - 日本農業新聞 (媒体での記事掲載終了)
通所介護事業所の利用者に自立した日常生活を続けてもらおうと、JA佐久浅間は今秋から生活行為向上プログラムを導入した。これまで行っていた筋力向上体操に加えて、日常生活動作(ADL動作)に重点を置いた生活行為向上体操を行うことを通じて、通退院後の機能回復期 ...
津久見市長選、27日告示/山積する課題 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
区長の西尾義美さん(72)は「寝たきりの高齢者など足が不自由な人を緊急時にどう避難させるかは(行政などと)話し合わないと」と話す。市の高齢化率は33%で10年以内に40%を突破する見通しだ。 台所事情も悪い。約24億円かけて造ったごみ処理施設や約12億 ...
洞爺湖に認知症高齢者グループH「雅の郷」が完成 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
医療法人譲仁会(本部洞爺湖町)が経営する認知症高齢者グループホーム「雅の郷」が完成した。来月1日オープンする。 所在地は洞爺湖町高砂町31・8。国道37号沿いにある聖ヶ丘サテライトクリニックの隣接地に建てられた。 規模は木造平屋570平方メートル。 ...
佐賀県、支援施設を10増へ 重症障害者介護 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県は、たん吸引など医療的ケアが必要な在宅の重症心身障害児・者の介護者が一時的に介護できなくなった際に日帰り利用などを受け入れる施設の拡充を進める。現在は5施設で事業を実施しているが、2014年度までに新たに10施設を増設。介護者の負担を軽減し、障害 ...
【女性編】『サザエさん』で気になっていることランキング - マイナビニュース (媒体での記事掲載終了)
あんなに小さい子なのに、1人で出掛けて大丈夫なのか心配になる」(23歳/医療・福祉/専門職) ■フネさんの高齢出産エピソードが気になる!! ■番外編:こんなことも気になる!! ・伊佐坂先生の本の印税額:「どれくらいすごい作家なのか、ずっと見ていても分からない。 ...
全国家族調査から(中)谷間/在宅介護に制度の壁 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
胃ろうを設けたが、09年春に在宅介護を始めたのを機に外し、口から少しずつ食べさせ始めた。 「何度ものどに詰まらせたり、嘔吐(おうと)物まみれになったり、まさに格闘でした」。そのかいあって、在宅移行時に50キロだった正篤さんの体重は15キロ増え、発症前と ...
介護基礎科1期生 現場へ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
国の求職者支援制度に基づく職業訓練を展開する「スパーテル金沢中央校」の介護職員基礎研修科第一期生の修了式が二十五日、金沢市南町の同校(金沢中日ビル内)であり、修了生たちは介護職への一歩を踏み出した。(酒井ゆり) 六月から六カ月間、介護の基礎知識や技術を ...
2011年11月25日()
男性の女性介護周知へマーク - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護していることを周囲に知らせる「介護マーク」を広げようと、広島市安佐南区などが12月にも普及啓発活動を始める。男性介護者も増える中、外出中のトイレ介助や女性の下着を購入する際に誤解されるのを防ぐ目的。公的機関の取り組みは広島県内で初めて。 ...
身寄りのない高齢者支援 金銭管理や介護状況確認 足立区 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
その上で、伴走舎のメンバーが各ホームを定期的に訪問して、金銭の管理や介護サービスの提供が適正に行われているかなどをチェックする。成年後見制度活用の可能性も模索する。 区は「対象者が必要なサービスを受けているかについて透明性が高まる。状況をみて、グループ ...
認知症の人見守ろう 紀美野で初の「声掛け訓練」 - わかやま新報オンラインニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む同地域でも避けられない問題の一つとなっており、 認知症の人が地域で安全安心に暮らせるようにと実施した。 50~80代の地域住民ら22人が参加。 訓練は同集会所周辺で、 実際に徘徊 (はいかい) する役と声掛け役に分かれて行った。 ...
ピーナッツの渋皮に認知症抑制効果か、岐阜薬大チーム~G・JoeⅡはかく語りき~ 日刊テラフォー - 日刊テラフォー (媒体での記事掲載終了)
米コミック『Peanuts(ピーナッツ)』は、チャールズ・M・シュルツによって1950年10月2日から連載が始まった。日本でもお馴染み、チャーリーブラウンやスヌーピーら、愉快な仲間が織り成す短編方式の温かな、かつシュールなギャグ物語である。そんな英単語「peanuts」 ...
全国に72の介護付有料老人ホームを展開するワタミの介護(株)が運営する「レストヴィラ湘南平塚弐番館」では見学会を開催中。 6月にオープンした同ホーム。居室は自宅のようにくつろぎの時間を過ごせる全室個室。居室を一歩出ると24時間介護スタッフが常駐する快適な ...
インタビュー:財政破たん回避に消費税20%など明示を=清家・慶応大教授 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
そこで、高齢化が進む中で社会保障給付はどんどん増えていくため、社会保障給付の増加を抑えない限り、財政悪化は止められない」 ──財政再建の視点を踏まえると、今回の税と社会保障改革では、給付の増加抑制に加え、どのような点がポイントになるか。 ...
インタビュー:財政破たん回避に消費税20%と年金給付削減を明示すべき=清家・慶応大教授 - ロイター (媒体での記事掲載終了)
そこで、高齢化が進む中で社会保障給付はどんどん増えていくため、社会保障給付の増加を抑えない限り、財政悪化は止められない」 ──財政再建の視点を踏まえると、今回の税と社会保障改革では、給付の増加抑制に加え、どのような点がポイントになるか。 ...
多摩ニュータウン初の建て替えが本格始動 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「諏訪2丁目住宅」は、1971(昭和46)年に分譲された23棟640戸の団地で、建物の老朽化や住民の高齢化が進む中でバリアフリー化などが課題となっていた。事業参画した東京建物は、余剰容積を活用することで現況の640戸から7棟1249戸(うち分譲684 ...
第12部 (5)指針/結論急がず何度も議論 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
医療療養病床184床、一般病床61床の松江生協リハビリテーション病院。入院患者の平均年齢は80歳を超し、認知症だったり、脳梗塞後遺症で認知機能が低下していたりして、意思表示のできない患者が7割に上る。 昨年6月、3年に及ぶ院内議論を経て、ターミナルケア ...
“四黄粥”暖身保健抗老健脾补气血 - 光明网 (媒体での記事掲載終了)
导读:全国各地都在降温,很多人一下子不适应起来。如何在日常生活中通过饮食来保障自己的健康呢?不妨听听中医专家是怎么说的。 随着近期全国大范围的降温,不少读者朋友越来越感觉到了冬天的威力。南京市中西医结合 ...
岩手へ「希望の灯り」 三宮・東遊園地から分灯 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
藤原さんは寝たきりの高齢者を車で高台へ運ぶなど住民に避難を呼び掛けたが、3人が亡くなった。半島は津波で道路が寸断され、約1週間、陸の孤島に。住民約50人が公民館に避難し、残った家から食料をかき集めて命をつないだ。 報道で現地の惨状を知った阪神・淡路 ...
全国家族調査から(上)孤立/受け入れ先なく疲弊 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
介護・福祉サービスの不足、障害者支援と介護保険の制度の谷間、災害時の支援態勢の不備...。河北新報社が「全国遷延性意識障害者・家族の会」などを対象に行ったアンケートでは、家族からさまざまな苦労や悩み、不満が寄せられた。全国から届いた241通の回答を基に ...
絵画やちぎり絵 認知症の男性が個展 神戸 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を患う神戸市東灘区の丸本正章さん(69)が、甲南大学内(同区)のカウンセリングルームが開く「アートセラピー相談室」に通って取り組んだ作品を紹介する展示会が、同区住吉東町5のビュータワー住吉館ギャラリーで開かれている。 丸本さんは60歳のころ若年性 ...
滋賀県、在宅医療の体制を強化 IT整備や人材育成 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
滋賀県は2012年度から、超高齢化社会に対応する地域の医療・福祉体制整備に乗りだす。守山市の県立成人病センターがまとめた「健康生活未来都市構想」を軸に、在宅医療を支える情報基盤整備や人材育成に取り組む。 国の交付金を活用する県地域医療再生計画の一環。 ...
2011年11月24日()
敦賀認知症徘徊ネット 知識を広め見守る体制へ - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
運営に参加する11団体の実務者レベルでケース・バイ・ケースの細目を熟慮したい。 また、来春にも模擬訓練を計画。迅速な連絡、行動が可能な団体から輪を広げる手法が実際の運用にかなう。徘徊は高齢化社会が進むほど浮上する課題だ。病気の早期発見も重要となる。 ...
入居者財産 老人ホームの管理状況 区側がチェック試行 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
試験事業は、区内の特養老人ホームに入所し、成年後見制度を使っていない高齢者が対象。施設を通じて希望を募り、福祉業務の経験がある区職員OBでつくるNPOが二カ月に一回ほど訪れ、買い物の記録や通帳などを確認。異常な点があれば区が施設に改善を求める。 ...
高齢者見守りシステム開発 鈍渡技研電子工業 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
価格は4万9875円、通信費は月額2940円。 個人宅のほか、各地の社会福祉協議会や警備会社などへの売り込みを図り、初年度1000台の受注を目指す。 同社では「近年増加している高齢者の孤独死を一件でも減らしたい」(鈍渡喜一郎社長)として製品化した。 ...
認知症の母暴行死 被告に猶予判決 京都地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症だった79歳の母親に暴行を加えて死なせたとして、傷害致死罪に問われた宇治市大久保町平盛、無職、桂初美被告(61)の裁判員裁判の判決公判が24日、京都地裁で開かれ、小倉哲浩裁判長は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。 ...
介護予防ころばん塾 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
二宮町では介護予防事業「ころばん塾」を開講中。つぐみの丘コモンズ(富士見が丘2丁目)で12月27日(火)までの毎週火曜日午前10時〜昼12時。要支援・要介護に認定されていない65歳以上が対象。内容はストレッチ体操、ウォーキング、踏み台ステップ運動など。定員20名。 ...
家事援助や身体介護を行うNPO法人「ワーカーズコレクティブ想」(西鶴間)が11月26日(土)と27日(日)に介護教室「介護って何だろう?」を開催する。 この教室は、介護にまつわる心配事を気軽に相談できる場を作ろうと企画。現在活躍中のホームヘルパーが、介護への ...
川崎市高齢社会福祉総合センターでは12月21日(水)「家庭で役立つ!!アロマテラピー教室」を開く。会場は同センター。講師はアロマテラピストの得田道子さん。 心身のリラックス効果や病気症状の緩和効果などで注目を集めているアロマテラピー。基礎的な知識や家庭での ...
介護利用料増、一部見送り 大企業に負担集中も - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働相の諮問機関である社会保障審議会の介護保険部会は24日、利用者負担拡大の一部見送りを盛り込んだ意見書案をまとめた。介護の必要が比較的低い軽度者(要支援者)の負担増や介護計画(ケアプラン)作成の有料化は反対意見が多く、実施は困難と判断した。 ...
全国194ヵ所に広がるアミーユグループの一つで入居一時金0円の介護付き有料老人ホーム「アミーユレジデンス野川」(宮前区野川524)が今月27日(日)、館内を見学できる入居説明会を行う。当日は施設選びのポイントや費用など気になる疑問に丁寧に答えてくれる。 ...
介護利用料増、一部見送り 大企業に負担集中 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働相の諮問機関である社会保障審議会の介護保険部会は24日、利用者負担拡大の一部見送りを盛り込んだ意見書案をまとめた。介護の必要が比較的低い軽度者(要支援者)の負担増や介護計画(ケアプラン)作成の有料化は反対意見が多く、実施は困難と判断した。 ...
大企業従業員の保険料増 来年の国会に法案提出へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
社会保障審議会介護保険部会は24日、社会保障と税の一体改革の一環として、主に大企業の従業員が加入する健康保険組合の40~64歳の介護保険料を段階的に引き上げることなどを柱とする意見書をまとめた。 公費を投入して65歳以上の低所得者の保険料軽減を強化する ...
「環境に優しい商品、高額でも買う」61% (媒体での記事掲載終了)

少子高齢化に代表される急速な人口動態の変化は、社会構造の変化を通じて新たなビジネスモデルの出現を促します。どのような変化が起きつつあるのか、格好の“実験場”である日本でお尋ねしました。

介護保険 負担見直しなど意見書 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度の見直しについて議論している厚生労働省の部会は、人手不足が深刻な介護職員の賃金を介護報酬で補うことや、収入の高い大企業のサラリーマンの介護保険料の負担を重くすることなどを盛り込んだ意見書をまとめました。 これは24日に開かれた社会保障審議会 ...
[介護保険] 特養ホームの多床室、平成24年4月以降新設では報酬減額 - Wic-Net.com (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省が11月24日に開催した、社会保障審議会の介護給付費分科会で配付された資料。この日は、24年度報酬改定に関する審議報告について議論を行った。 この日は、厚労省当局から審議報告案が示され、報告とりまとめに向けた議論が行われている。 ...
第12部 (4)多様化/終の住処希望に寄り添う - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
介護保険の指定サービス事業者 2000年度の制度導入後、島根県内で「特定施設入所者生活介護」は2カ所から35カ所(11年4月現在)、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)は11カ所から115カ所(同)と、それぞれ大幅に増加。 ...
高齢化時代を迎えたニッポンの、新しい旅行の幕開けを追う! - テレビドガッチ (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
SPIは介護と旅行のプロを育て、そうした高齢者でも旅行ができるよう、新たな旅行ビジネスを展開している。実際、介護が必要な高齢者の旅行には様々なハードルがある。移動から食事、入浴、バリアフリーの宿泊場所の手配など...。そんな「不可能をも可能にする」SPI独自の ...
来年4月の改正介護保険法施行を控え、「第12回ホームヘルパーのつどい」(実行委員会主催)が20日、キャンパスプラザ(京都市下京区)で行われ、介護の現場で働くホームヘルパーや利用者など200人以上が参加しました。認知症の人と家族の会副代表の勝田登志子さん、大阪 ...
教科「情報」の非常勤教員とし県立高校で教鞭を執っている先生が、通信教育による「福祉」の教員免許取得を目指し、生徒の夏季休業期間を利用して、10日間の介護実習体験を緑園都市睦愛園で行いました。実習終了後、次のような感想を寄せてくれました。 ...
職員処遇改善は介護報酬で 24年度改定で原案 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は24日、平成24年度の介護報酬改定に関する審議報告原案を社会保障審議会介護給付費分科会に示した。介護職員一人当たり平均で1万5千円を支給する「処遇改善交付金」は廃止し、処遇改善加算により給与改善を進めることを盛り込んだ。 ...
遷延性意識障害 全国アンケート(下)制度に不備、漂流続く - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「持病の手術を勧められているが、夫の介護が不安で踏み切れない」(香川)「ほかに寝たきりの父と認知症の母も介護が必要」(大阪)など介護者の高齢化や健康問題は、多くの家族に共通する課題だ。 「私たち(両親)が亡くなった後が心配。子と3人で一緒に天国に行け ...
現場の声聞き介護考えよう 27日、介護者の会が講演 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】介護者や専門職らでつくる「宇都宮介護者の会」(三條安子会長)は27日、中岡本町の同市河内生涯学習センターで、在宅介護について考える講演会を開く。 相談や情報交換、専門職らとの交流など、介護生活をサポートしてきた同会の設立20周年記念事業。 ...
国目標の低床バス7割化促進 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
現在は1割強にとどまっており、バリアフリー化を進めて高齢者や身体障害者の利便性向上につなげる。 市によると、市交通局のバス153台のうち、国が定めるバリアフリー基準を満たすノンステップバスは21台で約14%。国は20年度末までに約70%とすることをバリアフリー ...
日田・三花公民館活動 文科省の「優良賞」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症予防に、体操や「読み・書き・計算」を取り入れた「すずめの学校」を開いている日田市三花公民館が文部科学省の今年度優良公民館賞を受賞した。東京での授賞式に出席した高田耕一・同館運営委員会長(80)と樋口吉典館長(65)が21日、原田啓介市長に受賞を ...
12時間超介護4割 遷延性意識障害・全国アンケート - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
病気や交通事故などで脳に重い障害を負った遷延性意識障害の患者を主に介護する家族の約4割は、1日に12時間を超えて介護にかかわっていることが、「全国遷延性意識障害者・家族の会」などを対象に、河北新報社が実施したアンケートで分かった。震災後に行った追加調査 ...
<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>54.ひがしの建設(上) 少人数でも、ITで仕事を効率よく - BCN Bizline (媒体での記事掲載終了)
佐倉地区は、高齢化が進んでおり、最近は、とくにバリアフリーにするための介護リフォームの仕事が増えているそうだ。介護リフォームのニーズに対応すべく、手すりの設置や段差の解消などを行い、高齢者が住みやすい住宅づくりに取り組んでいる。 従業員数は、代表取締役 ...
2011年11月23日()
診療報酬引き上げ反対 医療・介護効率化促す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府の行政刷新会議(議長・野田佳彦首相)は22日の「提言型政策仕分け」で、高齢化で給付が膨らむ医療・介護の制度のあり方を取り上げた。医療の公定価格である診療報酬については医師の人件費など本体部分の引き上げに反対し、開業医と勤務医の報酬配分を大胆に見直す ...
区の高齢化率 20%台に - タウンニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
区役所統計選挙係の伊藤智啓係長は「戸塚区では現在、現役世代3人で1人の高齢者を支えている。今後、団塊世代の大量退職により高齢化率はさらに高まるだろう。医療や福祉の面で高齢者をどう支えるかがさらに問われてくる」。 そんな中、区ではひとり暮らし高齢者の ...
民生委員は、自治会町内会の推薦と厚生労働大臣の委嘱を受けた地域住民が担い、地域福祉増進のために活動する。高齢者の見守りに関しては、民生委員が地域とのつながりの中で、自力で見守りが必要な人を探しているのが現状だ。そのため市には、以前から情報提供の要望が出 ...
介護のコツを伝授 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
瀬谷区役所で12月6日(火)、理学療法士と看護師による講演会「介護者のからだを守るケアのコツ」が行われる。午後1時30分から3時30分。定員50人。 介護現場の第一線で活躍する講師が直接、高齢者の身体の特徴や移動介助、立ち上がり介助の方法などを説明。 ...
児童と高齢者との「ふれあい給食」は、今回で3回目。富士見地区社会福祉協議会(大町功会長)が主催した。 学校を訪問した高齢者は、1・2年生8クラスの教室に分かれ、児童と一緒に給食を囲んだ。児童は、初対面のおじいちゃん、おばあちゃんに興味津々の様子。 ...
介護保険と医療保険は同じ日に請求できる? – とれまが知恵袋 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険と医療保険は同じ日に請求できる? グループホーム入所中の父が入院することになりました。 金曜日の分をホームは介護保険に請求できますか? 入院が1ヶ月過ぎると、退所しなければならないと言われました。 補足への返信ですが介護報酬が国から支払われないと ...
介護講談師、苦楽語る - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
小山地区自治会連合会らによる「小山の介護を考えるつどい」が来月17日(土)、小山公民館で行われる。 小山地区の7団体が協同して初めて開催するこの企画。当日はテレビでもおなじみの介護講談師・田辺鶴瑛さんが登場。笑いあり・涙ありの講演を聞きに行ってみては。13 ...
講座では認知症の現状や薬の選び方などを話す予定。「最近は見た目は普通でも認知症を患う人が多い」という。市内でも高齢化率が高い南区では切実な問題だけに、落ち着いた語り口から、何とかしたいという強い思いを感じる。 〇…開業医の家に生まれたが、子どものころは ...
地方公営企業、54事業が民営化など検討 介護や病院 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの20が最も多く、以下病院(6)、ガス(5)などが続く。公営企業の事業譲渡は自治体の財政健全化につながるが、もともと財務体質が悪いケースも多い。民間の受け皿探しが課題だ。 総務省は2010年4月時点で調査。54事業の中にはすでに事業譲渡を終えた ...
目指せ介護甲子園日本一 鹿児島市のクリニック出場へ - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
“日本一元気な介護事業所”を決める「第1回介護甲子園」(日本介護協会主催)の決勝大会が27日、東京都の日比谷公会堂で開かれる。決勝に進む5チームの中に、鹿児島市のいいだクリニックから2チーム・30人が決まった。「介護の仕事のやりがいや楽しさを伝えたい」と ...
地域まとめ緑化尽力 岸本さんにエイジレス章 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
【うるま】過去に培った知識と経験を生かし、自由で生き生きと地域活動する高齢者に贈られる内閣府の「エイジレス章」にこのほど、市石川東山区の岸本百合子さん(68)が選ばれた。市役所で21日、伝達式が行われ、県福祉保健部高齢者福祉介護課の稲嶺ミユキ課長から ...
介護保険「高所得者負担引き上げを」仕分け(東京都) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
国の重要政策について議論し、方向性を提言する「政策仕分け」は3日目の22日、社会保障をテーマに議論が行われ、介護保険料の見直しが話し合われた。 22日の議論では、介護保険について「所得の高い高齢者が介護サービスを受ける際の自己負担率を現在の1割から ...
2011年11月22日()
消費増税分の使い道 財政赤字の穴埋めも - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
A 高額療養費の負担軽減など社会保障の充実に1%分を使うほか、(1)基礎年金の財源(2)高齢化による社会保障費の自然増(3)財政赤字の穴埋め(4)国・地方の支出増(消費税率を上げた場合、国・地方の各種経費にかかる消費税の増加分)-に充てられる。 ...
70~74歳 窓口負担「1割を維持」 高齢者医療で民主WT - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
提言素案では、医療機関の外来受診時の患者負担に百円を上乗せする受診時定額負担制度の導入についても「病院に行く必要があるのに行かない人が増える」と反対意見が多かったと報告。ただ、この制度の導入を見送ると、自己負担が上限額を超えた分を払い戻す高額療養費制度 ...
理・美容室 生き残りへ「福祉」に活路 派遣サービスに力 教育も充実 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
平成16年8月に新規事業として立ち上げ、老人ホームや高齢者向けマンションなど、首都圏、関西圏の26施設に週1~3回、派遣している。 山崎幸男社長は「超高齢化社会に貢献できるサービスを出したいと考えていた。低価格店が存在感を増しており、付加価値を持つこと ...
アルツハイマー 大学以上出た人の発症危険度は一般比47% - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病は、高齢期における脳の変性疾患で、次第に学習機能や認知機能が低下し、最終的には寝たきり状態に陥り介護が必要となる。「ボケ」をもたらす代表的疾患だ。 アルツハイマー病の早期発見は難しく、脳の変性病変は進行性で未だに治療法が確立されていない ...
認知症の母暴行死 女に懲役5年求刑 京都地裁、即日結審 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症にかかっていた79歳の母親に暴行を加えて死なせたとして、傷害致死罪に問われた宇治市大久保町平盛、無職、桂初美被告(61)の裁判員裁判の初公判が22日、京都地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれ、桂被告は起訴内容をおおむね認めた。 検察側は論告で、桂被告が ...
ベネッセHD、シニア・介護の営業益最高 12年3月期 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ベネッセホールディングスの2012年3月期は、シニア・介護事業の営業利益が前期比30%増の50億円強と過去最高になりそうだ。介護施設の品ぞろえを増やした効果が出る。 同事業の売上高は14%増の670億円程度になりそう。入居一時金を既存の30分の1~8分の1に…
【デジタルヘルスの未来】350人超が参加、新産業創出への期待集まる (媒体での記事掲載終了)

日経エレクトロニクスとデジタルヘルスOnlineは2011年11月22日、イベント「デジタルヘルスの未来2012 〜いざ新産業創出へ 医療・健康・介護が変わる〜」を目黒雅叙園(東京都目黒区)で開催した。350人を超える来場者が詰め掛けるな…

診療報酬引き上げ反対 政策仕分けで行刷会議 医療効率化促す - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府の行政刷新会議(議長・野田佳彦首相)は22日の「提言型政策仕分け」で、高齢化で給付が膨らむ医療・介護の制度のあり方を取り上げた。医療の公定価格である診療報酬については医師の人件費など本体部分の引き上げに反対し、開業医と勤務医の報酬配分を大胆に見直す ...
高所得者は負担引き上げを=介護保険で提言―政策仕分け - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度については、保険財政を安定的に維持する観点から、現行1割となっている利用者の負担割合を高所得者に限り引き上げるよう提言。東日本大震災を教訓とした災害に強い国土づくりでは、国から自治体への技術支援などを通じ、ハード面だけでなく、ハザードマップ ...
20時間介護の決定取り消し=ALS訴訟仮義務付け命令―大阪高裁 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の男性患者が、1日24時間介護が必要なのに公的介護時間に上限があるのは違法として和歌山市を相手に24時間介護を求めた訴訟で、大阪高裁(八木良一裁判長)は21日付で、20時間分の介護サービスを提供するよう市に命じた和歌山地裁の ...
ソニーが新ビジネスユニットで開発中の「次世代テレビ」とは? - Phile-web (媒体での記事掲載終了)
さらに三菱は高齢者にも使いやすい機能を取りそろえるなどして、ユニバーサルデザインを中心に差別化を図っている。 さて、本稿で注目したいのはソニーのテレビ事業だ。かつてテレビの盟主の座に君臨していたソニーは、今後どのような戦略でテレビ事業を運営し、収益力を ...
20時間介護の決定取り消し=ALS訴訟仮義務付け命令-大阪高裁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)の男性患者が、1日24時間介護が必要なのに公的介護時間に上限があるのは違法として和歌山市を相手に24時間介護を求めた訴訟で、大阪高裁(八木良一裁判長)は21日付で、20時間分の介護サービスを提供するよう市に命じた和歌山地裁の ...
大企業社員の介護保険料、引き上げへ 民主チームが了承 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
40~64歳の会社員の介護保険料について、民主党厚生労働部門会議の作業チームは22日、加入者の年収に応じた「総報酬割り」方式を導入し、大企業の社員の負担を増やす方針を決めた。これを受けて、厚生労働省は来年の通常国会に関連法案を提出し、早ければ来年4月 ...
医療法人社団野村病院 昭和の杜病院新築 奥野設計で設計中 - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
【昭島】医療法人社団野村病院(昭島市昭和町4ノ7ノ13)は、周辺地域からの療養病床のニーズに応えるため「昭和の杜病院」を新築する。現在、奥野設計(中野区)が設計を進めており、2012年3月初旬の着工に合せて施工者を選定する予定だ。 このコンテンツの続きを ...
東急電鉄、東急田園都市線・池尻大橋にデイサービス事業の第1号店舗を開業 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
デイサービスをご利用いただくことで、自ら活動しようとする気持ちを引き出すサポートと仕組みをご用意するとともに、トレーニングマシンや運動用具などを用いた個人別の訓練プログラムを実施することにより、効果的な心身機能の向上(介護度の維持・改善)を図ります。 ...
超音波踵骨測定装置「A-1000 EXPⅡ」 - RadFan ONLINE (媒体での記事掲載終了)
続いて、折茂 肇氏(東京都健康長寿医療センター名誉院長、財団法人骨粗鬆症財団理事長)が「高齢化社会における骨ケアの重要性~ロコモティブシンドロームと骨粗鬆症を中心に~」をテーマに講演。運動器の働きが衰えることにより、介護が必要となったり寝たきりになる可能 ...
「運動しない30~40代の認知症発症リスクは2倍強」と専門家 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
30代、40代のときに、週に2回以上運動していた人は、週2回未満しか運動しなかった人に比べて、後年にアルツハイマー型の認知症を発症する確率が半分以下になるという。 運動がアルツハイマー病の予防に効く理由は、大きくふたつ挙げられる。 そして、もうひとつは、脳内 ...
ヒートショックから住人を守る、「温度のバリアフリー」を実現! 『風呂の残り湯利用暖房システム』を発表 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ヒートショック(住まいの温度差)から起こる死亡事故を防ぐ、風呂の残り湯を利用して暖房する家を開発床の段差解消や手摺の設置などハード面でのバリアフリー住宅は高齢化社会の進展とともに年々増えていますが、温度差のない住まい「温度のバリアフリー」についてはあまり ...
第12部 (2)葛藤/迫られる「緩和ケア」 - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
病態が安定し、慢性期に移った患者は療養型の医療機関に転院したり、自宅療養に入る。高齢者は福祉施設に入所するケースが多い。 それぞれの医療機関や福祉施設があうんの呼吸で役割分担し、患者を受け入れてきた。 だが、療養病床再編など猫の目のように変わる医療政策や ...
患者負担、「1割」継続を=70~74歳医療費―民主作業チーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
民主党厚生労働部門会議の医療・介護ワーキングチーム(柚木道義座長)は22日、医療・介護分野の制度改正について中間報告案をまとめた。高齢者医療に関して現在、70~74歳が医療機関の窓口で支払う患者負担を本来の2割から1割に引き下げている特例措置の継続 ...
政策仕分け3日目、社会保障を議論(東京都) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
国の重要政策について議論し、方向性を提言する「政策仕分け」は22日、3日目を迎え、医療や介護、年金などの社会保障をテーマにした議論が始まった。 今回の仕分けで最も多くの時間を割いて論議するのが社会保障で、22日はまず、イラストや図表を使って、この20年 ...
〈138〉骨粗鬆症 治療に飛躍的進歩 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
ところが、高齢化社会を迎え、骨粗鬆症に起因する骨折が、寝たきりの原因の第3位であること、腰が曲がるといった姿勢変化が心理的負担や逆流性食道炎の原因となることなどが分かるにつれ、骨粗鬆症は治さなければいけない疾患として考えられるようになりました。 ...
自治体のリフォーム支援、3分の1は耐震改修 - 復興ニッポン (媒体での記事掲載終了)
2位以下は、「バリアフリー改修」(高齢者対応、障害者対応)の1350件、「エコリフォーム促進」の1173件、「災害予防」(アスベスト対策、火災報知器設置、雪対策など)の319件、「リフォーム促進」(地域材利用促進、地場工務店振興など)の534件。 ...
天理市の生活・介護支援サポーター養成講座が21日、同市富堂町のハヤシ奈良ホームヘルパー養成研修センターで開講した。 地域の高齢者を対象とした介護保険外での福祉サービスの担い手養成を目的に、市から委託を受けた社会福祉法人天寿会(林芳繁理事長)が実施。 ...
高齢者ら見守りへ にこにこ香美ネット発足 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
協力する事業所や団体が日頃の業務や活動を通じて高齢者らに気を配り、異変があれば通報する仕組みで、代表者らが出席し協定書を交わした。 同町では高齢者のみの世帯が4分の1を占めており、安心して暮らせる地域づくりが狙い。民生委員や福祉委員、愛育班などが以前 ...
室蘭の胆振支庁跡地に介護大手・老人ホーム建設を計画 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホーム27施設、グループホーム5施設(3月現在)などを運営。道内には21年に進出、東神楽町で有料老人ホームを運営している。 市は当初、土地交換により道から支庁跡地を取得し、高齢者の住み替えに対応した住宅整備などを検討してきたが、ウチヤマHD側の ...
認知症かも・・・淡路の支え - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症が疑われるお年寄りがいる世帯などに相談窓口などの支援情報を届けようと、淡路市などが中心となって「認知症支援マップ」を作成した。市内にある相談窓口が一目で分かる地図を掲載しているほか、認知症の初期症状などを分かりやすく説明している。 ...
高等支援学校祭にぎわう 小樽 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
病院や老健施設での介護補助などを学んでいる福祉サービス科の生徒は、ハッカオイルの入ったお湯の中で、指や手のひらをマッサージした後、ハーブティーを飲んでリラックスしてもらう「手浴カフェ」を開いた。 同科1年の佐々木大樹さん(16)は、約2時間で10人の手 ...
県、介護報酬不正請求で3事業所処分 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉介護課は21日、介護報酬を不正に請求したとして、名護市の高齢者在宅複合型施設「羽地苑」(社会福祉法人翠泉会、玉城幸雄理事長)の短期入所生活介護(ショートステイ)事業所など同法人が運営する3事業所の指定効力を、来年1月から最長3カ月にわたり一 ...
国勢調査 県内の独居高齢者急増、既婚20代は少数派 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
県長寿福祉課は「孤独死は一層増えるだろう。市町村などと協力し、配食サービスなど1日一度は誰かと顔を合わせる仕組みづくりが重要」と受け止めている。 ■20代男性7割未婚未婚率の上昇も高齢化率と同様、止まらない。本県の25〜29歳の未婚率は、1975年で男性46・4%、 ...
2011年11月21日()
県内最高齢111歳 胡摩ケ野さん死去 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市福祉課などによると、胡摩ケ野さんは1900(明治33)年4月に旧山田町で生まれた。1男1女をもうけ、孫5人とひ孫12人、玄孫(やしゃご)20人以上がいた。9月1日に長峯誠市長らから長寿の祝いを受けた際は、三味線や手踊りを披露して応え、元気いっぱいの ...
サノフィ 日医工の認知症薬ドネペジル後発品をコ・プロへ 今後も順次拡大 - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
これまでに両社間で合意したコ・プロ製品は、脳保護薬エダラボン(先発品名:ラジカット)の後発品と、11月中の発売を予定しているアルツハイマー型認知症用薬ドネペジル塩酸塩(先発品名:アリセプト)の後発品。今後、順次拡大していく。 サノフィ本体が後発品の情報 ...
100円上乗せ負担、先送り案=高額療養費見直しで調整―民主 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (媒体での記事掲載終了)
政府・民主党が年内に消費税率引き上げの決着を目指す中、患者に新たな負担を求める制度は、低所得者や年金のみで暮らす高齢者らの理解が得られないと判断した。 本サービスが提供する記事及びその他保護可能な知的財産(以下、「本コンテンツ」とする)は、弊社もしくは ...
竹内健:女子力が日本のエレクトロニクスを救う?! (媒体での記事掲載終了)

先ごろ海外メディアなどに掲載されたように、日本社会では女性は生かしきれていない。少子高齢化が進み、日本全体で労働人口が減っているにもかかわらず、もったいないことです。

日本の人口減少とエネルギー需給 (媒体での記事掲載終了)

これから日本の人口は急減する。高齢化も進む。したがって日本のエネルギー需要も減る。少なくとも中長期的には、日本のエネルギー需給に大きな心配はない。「FUKUSHIMAプロジェクト」(http://f-pj.org/)の調査結果の一つである…

100円上乗せ負担、先送り案=高額療養費見直しで調整-民主 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
民主党は21日、外来患者に医療費の自己負担に上乗せして窓口で毎回100円程度の支払いを求める「受診時定額負担制度」について、将来的な課題として導入を先送りする方向で調整に入った。政府・民主党が年内に消費税率引き上げの決着を目指す中、患者に新たな負担を ...
「サリン」で後遺症、被害者家族の苦しみ - TBS News (媒体での記事掲載終了)
兄の一雄さんは事件から16年間、幸子さんの介護を続けてきました。 「裁判が終わるからといって、妹がよくなるわけではない。僕らの生活にとっての区切りではない。通過点でしかない」(浅川一雄さん) 事件の前日、小学校の入学を控え、幸子さんからランドセルを ...
認知症の99歳男性、線路でひかれ死亡 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
21日午前5時50分頃、茨城県常陸大宮市でJR水郡線の線路の上にうずくまっていた市内の無職・杉山秀雄さん(99)が上り電車にはねられ、死亡しました。電車の乗客にけがはありませんでした。 警察の調べによりますと、杉山さんは認知症を患っていて、20日午後3 ...
第12部 (1)生と死/しっかり生きて最期を - 山陰中央新報 (媒体での記事掲載終了)
谷田さんのケースでは、姑の具合が悪いと、すぐにホームヘルパーが気付き、往診につないだ。介護で眠れぬ日々が続くと、主治医が「休めますから」と姑の入院を勧め、看護師は「夜でも電話して」と力づけた。 院内では、患者が「終末期は自宅で」と希望すると、24時間 ...
介護事業で新たな地域貢献を―地域の高齢化への対応― - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
同時にグループホームの開設に向けて中核職員の研修を始めた。 03年11月には、最初の施設となるグループホーム「さくら」を開所する。その後、09年にはデイサービスセンターと居宅介護支援センターも設置。10年までに、グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業 ...
高血圧治療薬でアルツハイマー病リスクが低下?―英研究 - kenko 100 (媒体での記事掲載終了)
Davies氏らは、降圧薬の処方データを記録した英国の一般診療研究データベースを用いて、ARBや降圧薬のアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、その他の降圧薬とアルツハイマー病、血管性認知症、その他の認知症との関係を検討する研究を行った。 症例は1997~08年に認知 ...
『介護職員が辞めない4つの秘訣 -人件費7割の老人ホームに見る定着の手立て-』 - Gihyo Jp (媒体での記事掲載終了)
一般に,介護職員の離職率は2010年度で19.1%で,およそ5人に1人の割合で辞めている状況だ。さらに,離職者のうち1年未満で辞めた人は43.5%に上る(※)。その中で,増戸ホームの介護職員は平均勤続年数が約7年,勤続10~20年のベテランも複数いるほど,非常に定着率が良い ...
中国1人っ子政策を緩めよ、高齢化速過ぎ問題噴出の恐れ - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
... していくだろうが、人が老いていく過程での生理的、心理的な変化を考えれば、知識型労働力の生産性も高齢化とともに低下していく可能性がある。 さらに年金問題。現在、債務危機に陥っている欧州の国々は、長期にわたって手厚い年金・医療・福祉制度を実施してきた。 ...
中国 リバース・モーゲージは新たな老後保障になるか(1) - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
第一に、高齢者は自分の住宅を政府認可の公益機関や銀行に譲渡し、毎月、老後生活の資金を公益機関や銀行からもらう。 第二に、高齢者は自分の住宅を福祉施設に譲渡し、福祉施設からサービスを受ける。住宅は福祉施設が貸し出し、高齢者が亡くなったら、住宅を売却する。 ...
日中友好協会が帰国者支援シンポ - ミナミシンシュウ.jp (媒体での記事掲載終了)
中国帰国者の高齢化が進むなか、支援に対する理解を一層深め、安心・安定して生活できる地域づくりを目指して飯田日中友好協会(河原進会長)が同市東栄町の市勤労者福祉センターで開催。講演会とパネルディスカッションの2部制で考えを深めた。 第1部では残留孤児訴訟 ...