介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年10月10日()
設計・監理 石本に委託/老保施設と合築し2万平米/浴風会病院改築 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
病床数は一般病床が150床で、療養病床と介護老人保健施設が各100床となる。 工事は病院と老健施設の各補助金交付の内示を待って発注する。入札方式は指名競争入札ではなく、一般競争入札の採用を想定しており、交付条件となる10社程度の参加が可能となるように、公告の際 ...
世陸リレー代表に勝った!/国体 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
「福祉大学ですから被災された方の話し相手になったり、高齢者の方にマッサージをしたりしました」。ロンドン五輪に向けては「大きな夢も掲げたいところですが、地に足をつけて少しずつ力をつけていくことを考えています」と控えめだ。だが、大学2年まで走り幅跳びが専門 ...
こんにちは、代表のmatsuiです。 プログラマは長時間労働はもちろんのこと、休日出勤も当たり前、その上座りっぱなしで腰痛気味、というようなケースも多く、この記事をご覧になっている皆さんも、かなり疲労を溜めていることだと思います。 「疲れを癒すには休息」 誰もが当たり前に分かっていることですが、日々の忙しさに追われ、なかなか実践は出来ないものです。 今回は、そんな限られた時間を使って、最大限の疲労...
元保育所、触れ合いの場に 福山の鞆、園児減で3月末閉園 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
一人暮らしの高齢者が増える中、住民がいつでも集える場所として活用する。22日は子ども向けに「忍者ごっこ」の催しを開く。 敷地約1840平方メートルに残る木造平屋の園舎は、一部の通路やトイレをバリアフリー化した。屋内は午前10時~午後4時、園庭は日没まで ...
高齢者の学習 / BSテレビで放送大学の授業放送が開始されました - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
定年直後、突然やってきた、寝たきりの義母と失明した義父の在宅介護でした。 工場で、物作りや開発をして来た会社人間の私には、福祉とか介護とか健康など 全く知識が有りませんでした。 そんな時に助けてくれたのが放送大学で、61歳の時「生活と福祉専攻課程」の 学習 ...
初の市指定認知症センター - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市西区の草津病院が、認知症の相談や早期治療を担う「認知症疾患医療センター」に市から指定され、3日に業務を開始した。同市の指定は初で、広島県内では3カ所目。 スタッフは精神科の認知症専門医3人と臨床心理士、相談員2人の計6人。患者や家族、かかりつけ ...
介護保険の認知症患者向けサービス不足をジャーナリスト指摘 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
医療ジャーナリストの熊田梨恵さんは、在宅医療の現場を取材していると、認知症の患者さんが多いと実感すると話す。 取材していると、認知症患者の増加に現場の医療・介護サービスが追いついていないと感じるんです。最近のニュースでも、認知症の母の介護に疲れた息子 ...
【福岡】認知症のお年寄りに思いやりを 児童ら特養見学 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
北九州市門司区の松ケ江北小学校(川原基文校長)の6年生17人が6日、認知症の人たちが入所している近くの日本赤十字社県支部特別養護老人ホーム豊寿園(100人)を訪れ、福祉用具を使った実習をした。 17人は職員の案内で、車いすのまま入浴する特殊な浴槽を見学 ...
即売会や医療相談も 日田で健康福祉まつり - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
初日は、市内の福祉施設の利用者が手作りしたコースターやキーホルダーなどの即売会、皮下脂肪をチェックする健診啓発コーナーなどがあり、多くの来場者でにぎわった。デイサービス利用者や高齢者が出品した手芸品、書道作品などの展示会の他、保健師、薬剤師らが認知症や ...
名古屋シティハンディマラソン開催 被災地から参加も - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
仮設住宅のバリアフリー問題などに取り組む被災地障がい者センターみやぎの井上朝子さん(26)は「被災状況を多くの人に伝えるのが被災した者の責任。障害者も外に出て、経験を発信していきたい」と話した。 (神保美希) 写真.
名古屋シティハンディマラソン開催 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
仮設住宅のバリアフリー問題などに取り組む被災地障がい者センターみやぎの井上朝子さん(26)は「被災状況を多くの人に伝えるのが被災した者の責任。障害者も外に出て、経験を発信していきたい」と話した。 (神保美希) 写真.
2011年10月09日()
第2948号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
志津川病院には寝たきりや歩行に介助が必要な高齢の入院患者が多く,ほとんどの方は自力で階段を上がれません。エレベータは停止していましたし,病院スタッフが患者さん一人ひとりを階段で運びました。 齋藤 津波はどれくらいで来ましたか。 菅野 最初の地震後,40分ほど ...
第3回日本病院総合診療医学会開催 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
氏は,医療依存度の高い高齢者らを集めた"福祉的避難所"化をめざし,簡易ベッドを導入,寝たきり状態を防いだことなどを紹介。非選択的な診療能力やチーム医療への適応力など総合診療医の強みが災害時に際立つと話し「被災者が求めることを実践する」「感謝の気持ちを言葉 ...
高齢者らに的確情報を 「音訳ボランティア」 能美で講座 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や視覚障害者に必要な情報を伝えようと、能美市社会福祉協議会主催の「音訳ボランティア養成入門講座」が八日、同市寺井町の市寺井地区公民館で始まった。(布施谷航) 講座には、約三十人が登録しており、十月中の土曜日に四回、金沢市を中心に活動する音訳 ...
障害者らの安否確認を訓練(徳島県) - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
地震や津波などの災害の時に、障害者や寝たきりの高齢者などの安否を地域の人の手で確認する訓練が、きょう小松島市でおこなわれました。訓練では、小松島高校の防災クラブのメンバー11人が、 民生委員の案内で小松島町の、障害のある人や介護の必要なお年寄りの家13 ...
社会福祉法人・理事不在問題、理事会機能について認識甘く/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
自身も社会福祉法人の理事を務める常磐大学コミュニティ振興学部の中村英三准教授(高齢者福祉)は「福祉事業は本来、使命感を持った人材が行うもの」とする一方、「担い手を増やした以上、指導するのは行政の責任。監査を厳しくするとともに、認可後も法人役員を教育する ...
2011年10月08日()
東北みらいプロジェクト 医学と工学の連携探りセミナー - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「医学と工学をむすぶ―超高齢化時代に向けて」をテーマに、保健福祉や地域医療の未来を探る「仙台セミナー」が8日、仙台市青葉区の東北大百周年記念会館・川内萩ホールで開かれた。東北大と河北新報社が連携する地域貢献事業「東北みらいプロジェクト」の一環で、両者と ...
“脳トレ”の川島教授が「バイクに乗ると脳が活性化する」と発表 - @niftyビジネス (媒体での記事掲載終了)
高齢者が原因となる交通事故は年々増加傾向を示しており、認知症ドライバーの運転についても社会的な問題として捉えられている。先日も認知症ドライバーが原因の重大な事故の報道があり、今後増加する免許保有高齢者の中の認知症ドライバーへの対策が叫ばれている。 ...
“脳トレ”の川島教授が「バイクに乗ると脳が活性化する」と発表 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者が原因となる交通事故は年々増加傾向を示しており、認知症ドライバーの運転についても社会的な問題として捉えられている。先日も認知症ドライバーが原因の重大な事故の報道があり、今後増加する免許保有高齢者の中の認知症ドライバーへの対策が叫ばれている。 ...
【CEATEC】村田製作所、フォトフレーム型の高齢者見守りシステムを展示 (媒体での記事掲載終了)

村田製作所は、「CEATEC JAPAN 2011」(2011年10月4〜8日、千葉県・幕張メッセで開催)において、同社のセンサや無線技術など組み合わせた高齢者見守りシステムを参考出展した。ブースでは、同システムをフォトフレームに組み込ん…

インテルブースで先端のロボットスーツが見られる (媒体での記事掲載終了)

2011年10月4日〜7日に千葉市の幕張メッセで開催されているIT・エレクトロニクス関連の展示会「CEATEC JAPAN 2011」。展示ホール1のインテルブースでは、福祉用のロボットスーツインテルが考える、ITと情報化社会の将来像に関…

介護経験語り交流会 小山と那須塩原の会 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【小山】神鳥谷の市社会福祉協議会で6日、那須塩原市在宅老人介護者の会(那須塩原の会)と小山市老人介護家族の会(小山の会)が交流会を開いた。両会会員が認知症や難病の家族を介護した経験を語り、会の運営方法などについても意見交換した。 ...
鳥取県西部地震から11年(下) 江府町の自主防災組織 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
指導に当たった同消防署の救急救命士の生田尚也さん(40)は「高齢者の方だけの組織ということを感じさせないぐらい頼もしい」と感心する。 このほか、どの部屋に寝たきりの高齢者がいるかを把握するため、方眼紙に家の見取り図を家族にお願いしたり、町内5カ所に放送 ...
「買い物難民」へツアー - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「買い物難民」になっている一人暮らしの高齢者を支援しようと、つくばみらい市社会福祉協議会は7日、「買い物ツアー」を初めて実施した。50人の高齢者が参加し、野菜などの食料品を買い求めた。 協議会では年に5回、75歳以上の一人暮らしの高齢者を対象に送迎付き ...
柿本さん「青少年社会活動」でデンマークへ - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
柿本さんはその中の高齢者分野で、海外留学経験や豊富な高齢者福祉活動の実績が買われ、全国社会福祉協議会(東京都)からの推薦で団長に任命された。 今回派遣される団員は、全国各地から集まった20~30代までの8人の青年コアリーダー。柿本さんはそのまとめ役を ...
2011年10月07日()
高額医療・介護合算療養費を過大支給 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
県後期高齢者医療広域連合(連合長・野志克仁松山市長)は7日、後期高齢者医療制度が始まった2008年度以降、県内25世帯で計約178万9千円の「高額医療・高額介護合算療養費」の過大支給があったと発表した。詳細を確認次第、該当世帯に説明し、返還を要請する。 ...
横浜・港北の介護士遺体発見から1週間、足取りは依然不明 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
横浜市港北区の畑で介護士加藤和子さん(49)が遺体で見つかり、8日で1週間が経過した。県警は死体遺棄事件の可能性が高いとみているが、自宅を出た9月29日朝からの足取りは依然不明という。現場周辺に不審な人物がいなかったか聞き込み捜査などを続けている。 ...
サービス付き高齢者向け賃貸 大手住宅 建設・運営の両面戦略 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
介護訪問事業「やさしい手」(東京都目黒区)と業務提携し、24時間巡回型訪問介護事業所の併設や、生活相談サービスなどを行う計画だ。 ミサワホームも、すでに複数のサービス付き高齢者向け住宅について、国の建設費補助を申請している。同社は「医療福祉法人や介護 ...
かんぴょうを介護食に活用 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【壬生】北小林の社会福祉法人「栃の木会」(関佳代子理事長)は、施設に入所する高介護度高齢者向けに町特産のかんぴょうを使用した介護ソフト食の本格的な提供に取り組んでいる。地元産食材の有効活用とともに、寝たきりの状態などで心身の機能が低下する廃用症候群の ...
死亡ひき逃げ事故、容疑の介護士逮捕 茨城 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで7日、笠間市泉、介護士、真家隆浩容疑者(24)を逮捕。真家容疑者は3日午後6時5分ごろ、自宅近くの県道で乗用車を運転中、横断していた同市吉岡、無職、飯田博さん(69)をはねて死亡させ、そのまま逃走した ...
介護情報、クラウドで管理 アートソフト - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
システム開発のアートソフトウェア(福井市、光川幹夫社長)は介護サービス事業者向けにインターネット経由で情報をやり取りできるクラウド型システムを開発した。訪問先でタブレット(多機能携帯端末)に介護記録を入力することでヘルパーの負担を減らすことが可能で、 ...
介護報酬、都市部に重点配分 厚労省が見直し案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は7日、介護事業者に支払う介護報酬に人件費の地域格差を反映させるため、市町村ごとの報酬水準を定めた地域区分を見直す案を社会保障審議会に示した。現在全国で5つに分かれた報酬区分を7つに細分化し、都市部を中心に重点配分する。2012年度の介護報酬改定 ...
清水建設、介護見守りシステム 測量技術を応用 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
清水建設は介護を必要とする高齢者がベッドから転落したことなどを自動検知できるシステムを開発した。距離センサーで建築物の高さや奥行きなどの3次元座標データを測量する技術を応用し、高齢者の位置情報や動きを検知。ナースコールと連動させて、転倒事故を防止する。 ...
介護報酬 都市部に重点配分へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
急速な高齢化が進むなか、都市部では介護職員の人材不足が深刻になっていることから、厚生労働省は事業者に支払われる介護報酬を都市部に重点的に配分する方針を決めました。 これは7日開かれた厚生労働省の審議会で決まったものです。介護報酬について、厚生労働省は ...
第24回全国健康福祉祭くまもと大会(ねんりんピック2011熊本)茨城県選手団結団式を開催 - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
結団式では、鈴木保健福祉部次長から齋田団長(県社会福祉協議会常務理事)への県旗授与が行われたほか、今年度の男性最高齢出場者である木村 徳之助選手(86歳、種目:ゲートボール)が選手宣誓を行い、大会での健闘を誓いました。 全国健康福祉祭(愛称:ねんりん ...
6法人へ補助内示 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
本年度の当初予算に計上した大規模修繕費補助について、このほど県介護高齢課が各社会福祉法人へ内示したことがわかった。内示先は計6法人(施設)で、各法人とも今後入札手続きへと入っていく。入札については、県が定める会計指導指針(契約金額および調達金額250万 ...
安田講堂で公開フォーラム 「医療介護と連携した住まいの整備と資金調達」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京大学公共政策大学院は10月21日、同大学本郷キャンパス大講堂(安田講堂)でERES公開フォーラム2011年「医療介護と連携した住まいの整備と資金調達」を開く。三井不動産の寄付講座「不動産証券化の明日を拓く」の研究・交流活動の一環として行われるもの。 ...
東京大学公共政策大学院は10月21日、同大学本郷キャンパス大講堂(安田講堂)でERES公開フォーラム2011年「医療介護と連携した住まいの整備と資金調達」を開く。三井不動産の寄付講座「不動産証券化の明日を拓く」の研究・交流活動の一環として行われるもの。 ...
日本は“課題先進国”、未来を切り開く種は「内」にあり (媒体での記事掲載終了)

大震災から7カ月を経て、なお復旧・復興の道筋が不透明な中、日本はどちらを向いて国づくりを進めるべきなのか——。三菱総合研究所理事長(前・東京大学総長)の小宮山宏氏は、「少子高齢化、環境問題、地域間格差といった様々な課題を解決できる力を持つ…

4回目を除いて月曜の午後1時半から3時45分まで燕市社会福祉協議会吉田支所で開講。第1回は24日に開き、高齢者の居場所づくりに取り組む新潟市・うちの実家を主宰する河田珪子さんから活動を聞き、第2回は31日に開き、行政などが用意する介護関連の制度やサービスについて ...
宅老所が被災地の宅老所を支援 「仮設なくなるまで」 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県内108の宅老所でつくる県宅老所連絡会(西田京子代表)が、東日本大震災被災地の復興支援に取り組んでいる。現地の宅老所や仮設住宅で必要な介護車両や衣類、寄付金などを送り、毎月2人の職員をボランティアとして派遣。「助け合い」の精神を生かした息の長い ...
高齢者の介護放棄などの傾向・チェックリスト - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
そしてアメリカでも高齢化社会の到来と共に、高齢者に対する意図的な介護放棄などの社会問題が発生しつつある。アメリカの【高齢化対策局(AOA、theU.S.AdministrationonAging)】は【HealthDay】を介して、身体を思う通りに ...
日本経済新聞 関連サイト - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
安心・安心・快適な住まい・サービスを提供) ■訪問介護事業者として豊富な実績を持つ「株式会社やさしい手」が運営・サービスを提供。24時間巡回型訪問介護事業所を併設し(予定)、24時間365日有人管理、館内見回りと安否確認、ケアコール、各種取次ぎ ...
お年寄りや障害者にやさしいバリアフリーのまちづくりを目指す大和郡山市バリアフリー基本構想策定協議会の第1回会合が6日、同市北郡山町やまと郡山城ホールで開かれ、高齢者や障害者の団体、交通事業者などの代表者ら35人で構成する委員のうち29人が出席した。 ...
虐待死事件で特命チーム派遣 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県社会福祉協議会は11月から、子どもや高齢者の虐待死事件が県内で発生した場合、現地に特命チームを派遣し、背景を調査、分析する活動を始める。昨年8月に福山市であった女児虐待死事件を受けた取り組みで、市町社協と結果を共有し、再発防止につなげる。 ...
受講者は2年間の受講機関内に修了試験を受験し、合格されますとリスクマネジメント協会入会によりエルダーケアサービスリスクマネジャーESRM資格が授与されます。資格取得講座の資料ご請求をお待ちしております。 上記講座受講者が、修了試験受験後、合格をもって修了認定 ...
2011年10月06日()
デジタルインクルージョンは、高齢者などITが不得手の人をどのように取り込むかという活動です。社会システムのバリアフリー化を進めるわけですから、多額の投資が必要です。 ――BCPを実現するために、ワークスタイル改革を進める動きがありますが、これについてはどのよう ...
湯河原町の介護課などが散歩のマップ作りを通した認知症予防に取り組んでいる。今年始まった試みで、介護予防対象者が自ら散歩コースを企画し、歩くことが効果的だという。先月29日には町職員などが距離計測器を手に千歳川河岸など3・4キロを歩いた。 ...
区内の高齢者への表彰や祝い品贈呈を行う「高津区敬老会」が先月16日、高津市民館大ホールで開かれた。高津区社会福祉協議会が主催したもので今年39回目となった。 この日は、区内の高齢者をはじめ、関係団体など約500人が来場。船橋兵悟高津区長や市議会議員らが来賓 ...
運営する生活科学運営は、高齢者のニーズに応える住まいづくりを続けて約30年の実績を持つ。横浜市の介護付有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス港北」をはじめ、地域の風を感じながらの生き生きとした暮らしに定評がある。 『宮崎台つどいの家』は、グループホームと小 ...
「いつもの暮らし」を体感しよう - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
実際、地域のケアマネージャーや相談員からは生活上のリハビリを行って在宅復帰を目指す人の紹介も多いという。 医療面でも地域と連携した医療サポートを行っており、「川崎幸クリニック」等から往診を受けられる。24時間安心だ。 現地特別見学会ではホームケアに対する ...
認知症女性から87万準詐欺容疑で男2人逮捕 群馬・太田署 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同署の調べでは、2人は平成19年11月上旬から20年1月中旬にかけ、認知症の太田市内の無職女性=当時(83)=宅を訪問。女性に十分な判断能力がないと知りながら、庭工事などを契約し、工事代金計約87万円をだまし取った疑いが持たれている。
かつては良い治療薬がなく、発病すると数年で寝たきりになってしまう可能性が高い病気でした。しかしながら近年では、症状を緩和する薬が多数開発されております。これらの薬を上手に用いることによって生活への支障を減らし、より良い生活スタイルを長く維持することも ...
医療・介護分野は10年間で270万人の雇用を生み出す力がある - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
つまり高齢者の増加に合わせて、医療・介護サービスを充実させる産業政策を行えば、満たされていない需要を埋め、雇用を増やして国民経済を拡大させることができる。 これまでの財政政策のようなダム・道路・空港のようなインフラ投資では波及効果は小さく、その効果は ...
目の愛護デー前に無料検診 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
目の愛護デー(10日)を前に、岡山市内の眼科医でつくる市眼科専門医会は6日、同市北区撫川のグループホーム「心から撫川」で、ボランティアで入居者17人の検診を行った。 眼科医3人が訪問。「目のかすみはありませんか」「最近、痛みや異常を感じることは」などと ...
“仕分け”3事業、方向性「維持」 福井市外部評価初日 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護者支援事業には▽認知症サポーター育成講座(2010年度決算12万7千円)▽介護者のつどい(同104万2千円)▽徘徊高齢者家族支援サービス(10年度予算8万5千円、同決算4千円)―があり、長寿福祉課は総論として「維持」と説明。ただ、契約経費の2分の1 ...
NTT東西、高齢者向けユニバーサルデザインの電話機「ハウディ 優V」など発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
NTT東西は、今後も高齢者やお身体の不自由なお客様向けの電話機などを提供し、安心なコミュニケーションの実現に向けた取り組みを進めて参ります。 (※1)「ハウディ 優V」は平成11年11月より提供開始している「ハウディ 優III」、平成17年3月より提供開始 ...
元保育所活用し触れ合いの場 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
一人暮らしの高齢者が増える中、住民がいつでも集える場所として活用する。22日は子ども向けに「忍者ごっこ」の催しを開く。 敷地約1840平方メートルに残る木造平屋の園舎は、一部の通路やトイレをバリアフリー化した。屋内は午前10時~午後4時、園庭は日没まで ...
[CEATEC]「PaPeRo」と「Life Touch」を使ったリモート見守りシステム、NECが参考出展 (媒体での記事掲載終了)

NECは、2011年10月4〜8日に幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2011」において、高齢者とその家族などに向けた「リモート見守りシステム」を参考出展した。同社のコミュニケーション・ロボット「PaPeRo」とタブレット端…

おんぶひもに注目 東京で国際福祉機器展 - Agrinews (媒体での記事掲載終了)
高齢者と障害者の自立のための「第38回国際福祉機器展」が5日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会が主催。今年は東日本大震災を受けて、福祉施設向けの防災用品や被災地で役立つ福祉機器を紹介する「ふくしの防災・避難 ...
交通弱者の足確保へ、県が福祉運送車の特区申請 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者など“交通弱者”と呼ばれる人たちの移動手段を確保するため、タクシーやNPO法人などが運営する福祉運送車の規制緩和を求めている。 県の申請では、乗客が相乗りする「乗り合いタクシー」の運行時間を自由にすることや、NPO法人や社協などが取り組む ...
住宅金融支援機構は、19日で2つの賃貸住宅融資を廃止し、新たに省エネ賃貸住宅とサービス付き高齢者向け賃貸住宅に対する直接融資制度を開始する。 廃止するのは、「子育てファミリー向け賃貸住宅融資」と「バリアフリー対応高円賃登録賃貸住宅融資」で、今年度2回目の ...
県内9社が10台導入「誰でも乗りやすく」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
車いすやベビーカーの使用者、高齢者など、どんな人でも乗りやすい「ユニバーサルデザインタクシー」を県内のタクシー会社9社が計10台導入することになり、4日に金沢市入江3丁目の石川運輸支局で試乗会があった。 導入したのは日産自動車の「NV200バネット ...
「どうする?大分の認知症」 あす夜放送 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
大分の認知症」の収録=NHK大分放送局 NHK大分放送局は7日午後7時半から、大分合同新聞との共同企画「ししまるTV10月号~どうする?大分の認知症」(73分)を総合テレビで放送する。 認知症の人は県内で約2万9千人、15年後には3万6千人を超えると推計 ...
県、不適切契約謝罪 識名トンネル工事 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
宮里達也福祉保健部長は「地域から要望も挙がっているので、特例病床、特に救急医療に関して検討する。県内で議論の総意ができたら、厚労省と協議していく」と述べ、増床に向け取り組む考えを示した。 同部は、現在の県内の一般および療養病床について、9861床の基準 ...
2011年10月05日()
サンワ、津波避難用の防災機器開発 障害者への避難支援 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
埼玉県狭山市に本社機能を置き福祉関連機器などを手掛けるサンワ(東京・渋谷、美沢麟太郎社長)は高齢者や障害者が津波などから避難するための防災機器を開発する。同社は階段昇降機などを製造するが、東日本大震災による津波被害を教訓に、高齢者らが建物の上層階に ...
高齢者見守りネット県内17市町で発足 7市町は年度内発足目指す 17日にフォーラム - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
市町と住民、福祉などの関係機関が連携し、一人暮らしの高齢者らを見守る「高齢者見守りネットワーク」が、ことし5月末時点で県内17市町で発足したことが県のまとめで分かった。他の7市町も年度内をめどに準備を進めており、大半の市町で整いそうだ。 ...
商圏広げ広域活性化 変わる静岡中心街(下) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
新静岡駅のバリアフリー化やバスターミナルの再配置など、敷地内の公共交通部分にも前身の「新静岡センター」から変更を加えた。セノバ開業にからむ戦略や「商業の街」としての静岡の将来について酒井公夫社長に聞いた。 1978年(昭和53年)慶大商卒、静岡鉄道入社。2005 ...
未経験から福祉の仕事 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人「横浜市社会福祉協議会」は10月22日(土)、福祉保健研修交流センター「ウィリング横浜」12階(京急・市営地下鉄「上大岡駅」直結3分)で福祉施設就職説明会を開催する。 説明会は福祉職に関心がある、または就職を希望する人が対象。高齢者や障害者を ...
クラウド活用、多様な就業体系に対応 南陽の企業が介護事業者向けに勤務管理システム開発 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
医療福祉情報サービスの日本ケアコミュニケーションズ(南陽市、小林清光社長)は、三菱総研DCS(東京都)と共同で、介護事業者向け勤務管理システムを開発した。クラウドコンピューティングを活用し、職員の勤務時間や給与などについて、介護サービスの実績を基に自動 ...
同商品の開発にあたっては、平成22年度独立行政法人福祉医療機構「先進的・独創的活動支援事業」による助成を受けて東京大学大学院 工学系研究科 機械工学専攻、国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 作業療法学科、国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器 ...
大分刑務所の施設完成 - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
大分刑務所は最大1400人を収容することが可能で、現在は初犯の受刑者1200人が収監されています。受刑者は年々増加傾向にあり、2007年には1550人を超えるなど定員をオーバーしていました。完成した施設には全国でも珍しいバリアフリーの部屋もあり高齢者の ...
中医協 包括的サービス検討へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
中医協=中央社会保険医療協議会の総会が開かれ、来年度は診療報酬と介護報酬が6年に1度、同時に改定されることから、介護報酬の改定を検討する審議会とも連携を取りながら、住み慣れた地域で包括的なサービスを受けることができる方策を検討していくことになりました。 ...
東京 最新の福祉機器展示会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
このほか、災害時に活用できる製品を紹介するコーナーも設けられ、高齢者などを乗せたまま階段で避難できるタイヤにゴムベルトのついたいすや、特殊なタイヤが使われ、がれきが散乱する中でもパンクしない車いすなどが紹介されていました。会場では、視覚障害者が文字を ...
【CEATEC】「PaPeRo」と「Life Touch」を使ったリモート見守りシステム、NECが参考出展 (媒体での記事掲載終了)

NECは、2011年10月4〜8日に幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2011」において、高齢者とその家族などに向けた「リモート見守りシステム」を参考出展した。同社のコミュニケーション・ロボット「PaPeRo」とタブレット端…

【CEATEC】村田が「電動歩行アシストカー」を参考出展、ムラタセイサク君/ムラタセイコちゃんの技術を転用 (媒体での記事掲載終了)

村田製作所は、2011年10月4〜8日に幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2011」において、高齢者などに向けた「電動歩行アシストカー」を参考出展した。転倒防止やパワー・アシストなどの機能を盛り込むことで、高齢者の歩行を補助…

シチズン・システムズ、高齢者の生活を支援する「安否見守りセンサーユニット」を開発 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
本システムは、本日10月5日からビックサイトにて開催される「第38回 国際福祉機器展」の豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:加留部 淳)ブース内にて、デモンストレーションをご覧いただけます。 近年、少子高齢化と核家族化が進み、独居高齢者のケアが ...
【厚労省】病院薬剤師は常勤換算4.3万人‐2010年医療施設(動態)調査・病院報告 - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
病院の病床数は1992年をピークに減少を続けており、10年は159万3354床で8122床減少した。内訳は一般病床が2780床減の90万3621床、精神病床が1406床減の34万6715床、療養病床が3287床減の33万2986床となった。 人口10万対病院病床数は全国平均1244.3床で、都道府県別に見る ...
【大船渡】津波に負けずゴルフで交歓 高齢者大会 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了)
福祉の里センター杯高齢者グラウンドゴルフ県大会(県立福祉の里センター主催)は4日、大船渡市日頃市町の鷹生ダム交流広場で開かれた。 例年会場としていた同市の盛川河川敷公園が津波で被災したため会場を変更。県内15市町村から約670人が出場した。 ...
「福祉アパート」2億円所得隠し あいりん地区の20業者 国税指摘 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
労働者の高齢化が進むにつれて生活保護受給者が急増した。 経営難に陥る簡易宿泊所業者が相次いだことから簡易宿泊所を廃業し、生活保護受給者に支払われる住宅扶助費の上限4万2千円に家賃を設定した「福祉マンション」などに転用する業者が最近10年ほどで増加。 ...
科学的介護の実践を 岡山で「全国老人福祉施設研究会議」 - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「科学的介護」を目指し、高齢者福祉・介護現場での実践成果を発表する全国規模のコンベンション「全国老人福祉施設研究会議」(全国老人福祉施設協議会など主催)が4、5日、岡山市内で開催され、関係者約3200人(主催者発表)が集まった。
介護施設定員135人増 国の緊急計画に基づき - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
全国では特別養護老人ホーム(特養)、老健施設などで7万1613人の増加となった。 厚生労働省のまとめによると、県内では小規模多機能型居宅介護施設5カ所45人分、グループホーム10カ所90人分が増えた。県長寿社会課によると、整備計画では小規模多機能型居宅 ...
2011年10月04日()
医療介護向けに参入 南砺のスズニット - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
ニット製造業のスズニット(南砺市)は医療、介護向けの事業に参入する。近く、保温や抗菌防臭機能を高めた膝掛けを販売するほか、来年1月にもがん患者用に無縫製で仕上げた帽子などのニット製品を市場投入する。新たな事業の柱に育て、業容拡大を図りたい考えだ。 ...
市独自認証の福祉製品販売、さいか屋川崎店/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
KISは、高齢者や障害者が住み慣れた街で自立し、楽しく安心に暮らせることを目指して福祉製品の在り方を示した市独自の基準。2008年度から始まり、現在50製品が認証されている。 同店6階リビング用品売り場で、片側にまひのある人などが片手で着用 ...
介護予防で地域貢献を、「お年寄りが一役」の新事業がスタート/平塚市 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
特定の介護保険施設など26施設で指定された活動を行った場合、実績に応じて手帳にスタンプ(1個で1ポイント)が押される。 会員は各施設の求めに応じ、レクリエーションの指導、食堂内の配膳、散歩・外出・管内移動・行事の補助、話し相手などを担当する。 ...
参加者:医療従事者(看護師、保健師、療法士、ケアマネージャー等)を中心に約30名内 容:別紙をご参照下さい。 本講座は、NECの社会貢献活動の一つで、すべての人に優しい情報社会の実現を目的としたプログラム“NEC IT CONNECTION”(注2)の一環 ...
室蘭の野々村さん、6社目の福祉タクシー“発車” - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
東京在住だった昨年、申請に必要な普通自動車第2種免許のほか、ホームヘルパー2級を取得。四輪駆動の福祉車両も中古で購入した。室蘭市消防本部の患者搬送事業の認定も受けるなど準備を整え、営業開始に至った。社名は母・京子さんから一字をもらった。 ...
医療用品通販のフィードは10月1日、介護用品通販サイト「ココカラフル」をオープンした。 「ココカラフル」では、要支援から軽・中度の要介護度の人を対象とした介護用品1万5000点を販売。車いす、杖、介護靴、シルバーカー・歩行器、介護ベッド・床ずれ防止、介護 ...
ALS介護訴訟で和歌山市が即時抗告 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者に対する公的介護サービスの提供時間をめぐる訴訟で、和歌山市は、1日あたり20時間の介護を提供するよう仮の義務づけをした和歌山地裁決定を不服として、3日付で大阪高裁に即時抗告した。 同市に住むALSの男性患者(75) ...
在宅医療支援の拠点開所 掛川に南部大須賀ふくしあ - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅医療や在宅介護などの総合支援拠点として、掛川市が整備を進めている地域健康医療支援センターの2カ所目となる「南部大須賀ふくしあ」が3日、同市西大渕の市役所大須賀支所1階に開所した。医療と保健、福祉、介護の各分野の専門職が計9人常駐し、1年半後に開院 ...
古里に望む - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
思いがけず、半年間も寝たきりの生活を続けたので、久しぶりに書くと、余計に達成感がある」と力を込めた。 寂聴さんの超人的な活躍は、同じ世代の高齢者を大いに勇気づけることだろう。しかし、その一方で、未来は子どものためにこそ在らねばならぬと力説する。 ...
在宅高齢者の相談室開設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
相談室から高齢者に、事業者に関する客観的な情報を提供することで、悪徳業者や詐欺などの被害から守るという。 3日現在で登録しているのは、住宅関連や福祉タクシーなど5業者。登録と相談は無料。相談先は同協会のフリーダイヤル(0120・033・180)へ。
2011年10月03日()
中国の社会福祉はどこへ向かうのか(5)―福祉施設の市場原理浸透 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
介護の必要な人はその程度に応じて、自立高齢者より2倍から3倍以上の料金を支払わなければならない。もちろん、その料金はすべて自己負担である。 中国の施設は、寝たきりの高齢者を受け入れたがらないのが一般的である。受け入れのできる施設は完全に売り手市場になって ...
介護旅行、ヘルパー相互利用 穴吹トラベルと佐川アドバンス - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
穴吹興産子会社で旅行事業を手掛ける穴吹トラベル(高松市)は、SGホールディングス傘下の佐川アドバンス(大阪市)と介護旅行の分野で業務提携した。専門教育を受けたトラベルヘルパーが介護の必要な高齢者らに同行するサービスで、両社の共同キャンペーンなどを実施 ...
県内男性最高齢106歳の福井さん死亡 滋賀 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、米国の社会福祉事業家、ヘレン・ケラーが約70年前に滋賀県を訪れた際には、自動車で琵琶湖を案内したという。 一方、東近江市の西澤久夫市長は先月、福井さんの長寿祝いをしたといい、「ほのぼのとした人柄で、会った人全員から尊敬を集めるようなすばらしい人 ...
センターでは、専任の社会福祉士が出所を控えた受刑者と面会し、高齢や障害のため社会復帰が困難な場合には、生活保護や障害者手帳の申請手続きをサポートしたり、就職や福祉施設の入所の相談に応じます。 「仮釈放率は50%。満期釈放のさらに半分は、適当な帰留先が ...
日本が世界の未来を変える (媒体での記事掲載終了)

2011年、世界は「ジャパナイゼーション(日本化)」の危機におびえている。日本は急速に少子高齢化が進み、人口減少の時代に突入した。バブル経済の崩壊から続くデフレは失われた20年をもたらしている。世界最大の借金国である日本の財政は、金融危機…

このサービスでは、同社の認定基準に合格したセラピー犬と、ホームヘルパーの有資格者で、かつ研修を行ったハンドラーが、犬と遊んだり、散歩などの簡単な世話をするといった動物介在活動を行うことを通じて、ユーザーに「安らぎ」や「生きる喜び」を提供する。 ...
第24回全国医師会共同利用施設総会を主催して - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
テーマは「地域社会に貢献する医師会共同利用施設」とし,医師会病院・検査健診センター・介護保険関連施設関係の三分科会に分かれて,発表討議が行われた. 医師会病院関係では,山形県鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院が,急性期・慢性期・回復期リハ三病院で ...
<Jリーグ介護予防事業>2011モンテディオ山形さわやかいきいきフィットネス教室 モンテディオ山形所属選手参加のお知らせ [ 山形 ](11.10.02) - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
2007年より取り組んでいるJリーグ介護予防事業として、社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会とやまがたスポーツパーク株式会社との共同企画で、シニア年代を対象とした「2011モンテディオ山形さわやかいきいきフィットネス教室」へ指導者補助としてモンテディオ山形所属 ...
記憶の一部を司る脳の部位・海馬は特にコルチコイドに敏感な性質を持っているため、長期間にわたるストレスは海馬の脳細胞を破壊し、認知症を発症させる可能性もあるとされています。 今回の発見のきっかけとなったのは、2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件 ...
すばる舎より刊行の書籍『朝夕15分 死ぬまで寝たきりにならない体をつくる!』のご案内~発売後約1ヶ月半で5万部を達成!~ - @Press (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社すばる舎(本社:東京都豊島区、代表取締役:徳留 慶太郎)より本年8月に発売された『朝夕15分 死ぬまで寝たきりにならない体をつくる!』(宮田重樹・著)が、発売後約1ヶ月半で5万部の大量重版を達成する大ヒットとなっております。 ■50~60代の高齢女性に「介護 ...
第11回京都高齢者大会が1日、京都市中京区で開かれ、約630人が参加しました。主催は、年金者組合京都府本部、京都高齢者退職者協議会、京都高齢者運動連絡会、京都高齢者福祉事業団などでつくる実行委員会。 広原盛明・元府立大学学長が「東日本大震災は日本再生の歴史的 ...
全校児童で認知症理解深める 葛生南小でサポーター講座 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【佐野】認知症を理解し認知症の人や家族を温かく見守る「認知症サポーター」の養成講座が、葛生南小で開かれた。児童らは認知症の症状や接し方などを学び、全児童93人がサポーターであることを示すオレンジリングを受け取った。 「地域包括支援センターくずう」の藤井 ...
アンケートは、市の次期高齢者保健福祉計画(2012~14年度)策定の基礎資料にしようと調査。居宅サービスや施設サービスの利用者、要介護状態になる可能性が高い「二次予防事業対象者」、一般などの対象別に計2832人から回収した。 現在の介護保険制度に対する ...
あいおいニッセイ同和損保 「病気・介護への備え」に関するアンケート調査を実施! - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
エキスポ2011」(※1)において、AD全国プロ会(※2)の協力のもと来場者を対象とした「病気・介護への備え」に関するアンケート調査を実施しましたので、その調査結果をご報告します。 今回の「オヤノコト.エキスポ2011」の調査結果を踏まえ、当社はお客さまに安心をお届けす ...
復興願う、太鼓響く 牧之原で社協イベント - 静岡新聞社 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者、地域住民の交流促進を図るイベント「さざんかふれあい広場」(牧之原市社会福祉協議会主催)が2日、同市静波の市総合健康福祉センターで開かれた。今年は職員が岩手県宮古市に派遣されたのが縁で、同市社会福祉協議会がブースを設けた。 ...
2011年10月02日()
障害者と高齢者ら 模擬店など楽しむ 秩父、であいの広場 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害者と高齢者、健常者の触れ合いの場として歴史がある秩父市社会福祉協議会主催の「であいの広場」が二日、同市大宮の羊山公園・緑と太陽の丘で開かれ、家族連れなど一万人余りが訪れて楽しいひとときを過ごした。 今年で三十一回目で、三十三団体の六百人余りが ...
認知症の情報 手帳で共有 - NHK (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地では、生活環境が大きく変わることで認知症の症状が重くなるケースが相次いでいることから、認知症の高齢者に元の生活に近い環境で過ごしてもらおうと、以前の生活環境などの情報を介護に携わる人で共有できる手帳を、東京にある認知症の研究機関が ...
仮設で在宅介護困難、施設に殺到 岩手沿岸部 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災した岩手県沿岸部で、介護施設の入所希望者が増加している。在宅介護をしていた家庭が被災して仮設住宅に移らざるを得なくなるなどし、在宅介護の環境が悪化しているため。定員を超過して受け入れている施設もあるが、急増する入所希望に対応しきれない ...
精神疾患加え「5大疾病」に まぎれもなく“国民病”だ - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会状況の激変によるうつ病や高齢化に伴う認知症患者は年々増加の一途をたどり、国民病といえる疾患と判断したためだ。ようやく国が重い腰を上げた。年内をめどにガイドラインが示され、都道府県が5年に1度見直す「医療計画」に盛ることが義務付けられる。 ...
医療系サービス 経営改善進まず - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの事業者の経営は、2年前の介護報酬の引き上げで多くのサービスで黒字になったものの、普及が進んでいない訪問看護などの医療系サービスは大きな改善にはつながっていないことが分かりました。 この調査は、厚生労働省が介護事業者の経営状態を調べようと3 ...
第1回日本認知症予防学会開催 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
人口の高齢化に伴い認知症の患者数が増加の一途をたどり,予防・早期発見への関心が高まる中,「発症や進行の予防」という観点から認知症診療を考える日本認知症予防学会がこのたび発足。その第1回学術集会が9月9-11日,米子コンベンションセンター(米子市)にて浦上 ...
死因は頭蓋内出血 畑で死亡の女性介護士 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
横浜市で遺体で見つかった介護士の女性の死因は、頭蓋(ずがい)内出血だったことが分かりました。女性は先月29日の朝、自宅を出たきり行方が分からなくなり、3.5キロ離れた場所で、1日の午前6時に発見されました。解剖の結果、死亡推定時刻は女性が姿を消した日の午後9時 ...
次に精神症状ですが、パーキンソン病患者の約40%の人に抑うつがみられるという報告のほか、昔は認知症にならないと言われていたのが、むしろ80歳を過ぎると何らかの認知症を伴うことが多いと言われるようになりました。 その認知症の特徴は、アルツハイマー病とは ...
2011年10月2日(日) - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
「何なら、ホームヘルパーさんに貼ってもらえばいい」。他人は、事もなげにそう言うに違いない。でも、ヘルパーたちは長く迷ってきた。湿布貼りはヘルパーに禁じられている医療行為なのだろうか、そうではないのか、と。介護現場の悩みは、なかなかお役所には届きにくい。 ...
2011年10月01日()
「ねんりんピック」県選手団 静岡で結団式 - 静岡新聞社 (媒体での記事掲載終了)
熊本県で10月15〜18日に開かれる高齢者の健康や文化の祭典「ねんりんピック2011熊本」の静岡県選手団の結団式が30日、静岡市葵区の県総合社会福祉会館で行われた。県内から21種目の選手や監督など152人が集い、健闘を誓った。 選手団の神代醇一団長( ...
医学・工学連携の未来、東北大探る 8日に仙台セミナー - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「医学と工学をむすぶ―超高齢化時代に向けて」をテーマに、保健福祉や地域医療の未来を探る「仙台セミナー」が8日、仙台市青葉区の東北大百周年記念会館・川内萩ホールで開かれる。 東北大と河北新報社が連携する地域貢献事業、東北みらいプロジェクトの一環で、両者と ...
22日から介護資格ヘルパー2級講座 長野 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県高齢者生活協同組合(長野市)は22日から「介護資格ヘルパー2級講座」を開催する。この講座は学生や社会人を対象に毎週土曜日に開く予定で、来春の進路の選択にあたってヘルパー2級の資格取得を目指す機会とするのが狙いだ。 対象は15歳以上で定員は20人。 ...
女性介護士が畑で倒れて死亡、事件の可能性も/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
女性は同区新吉田町、介護士加藤和子さん(49)。死因は外因性の頭がい内出血で、死亡推定時刻は9月29日午後9時ごろ。 港北署などによると、着衣に乱れはなかったが靴を履いていなかった。目立った外傷はないという。同日朝、自宅から勤め先に出てから行方が分から ...
女川町地域医療センター開所 - 三陸河北新報 (媒体での記事掲載終了)
震災前の病院と老健施設合わせて148床(一般病床50)は、再編により119床(同19)となった。内科、外科、整形外科は月-金曜(土曜は午前中)、小児科は水曜午前に診療する。 11月から眼科(木曜午後)と、皮膚科(金曜午前)の診療が始まる。 ...
横浜の畑で女性介護士の遺体 所持品なし、事件の可能性 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
1日午前6時半ごろ、横浜市港北区烏山町の畑で、同区新吉田町の介護士、加藤和子さん(49)がうつ伏せに倒れて死亡しているのを通りかかった男性(76)が発見し、近くにいた別の男性を通じて110番通報した。 神奈川県警港北署によると、遺体には目立った外傷や ...
横浜の畑に女性の遺体 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
横浜市港北区の畑で女性介護士(49)の遺体発見。神奈川県警は事件の可能性があるとみて捜査。 ・ニュースの詳細は徳島新聞でどうぞ。 ・ニュース・情報提供とご意見・問い合わせはE-mail:jouhou@topics.or.jpへ。 ・掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 ...
赤い羽根共同募金がスタート - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉協議会の中村宏次会長も「少子高齢化が進むなか思いやり、助け合い、支え合いの身近な活動が求められています」と激励した。 市民福祉部の池口勝巳部長が小宮山洋子厚生労働大臣のメッセージを伝達し、参加者たちは市内のオークワロマンシティやスーパー、 ...
医療用品通販のフィード、国内最大級の介護用品通販サイト"ココカラフル"を10/1オープン! - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
医療用品通販のフィード株式会社(本社:神奈川県横浜市)は、取扱い商品数15,000点以上、国内最大級の介護用品通販サイト「ココカラフル」を2011年10月1日にオープンします。 年々新たな要介護認定者が増加していく中で、ココカラフルでは、はじめて介護が必要になっ ...
医療用品通販のフィード、国内最大級の介護用品通販サイト"ココカラフル"を10/1オープン! - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
医療用品通販のフィード株式会社(本社:神奈川県横浜市)は、取扱い商品数15,000点以上、国内最大級の介護用品通販サイト「ココカラフル」を2011年10月1日にオープンします。 年々新たな要介護認定者が増加していく中で、ココカラフルでは、はじめて介護が必要になっ ...
骨粗しょう症 きょう勉強会 佐野厚生総合病院 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
骨粗しょう症は、国内で高齢者を中心に1千万人以上が罹患していると推定され、骨折を引き起こして寝たきりや要介護状態の原因となるケースも少なくないとされる。勉強会では予防や治療法を詳しく解説する。 参加無料。予約不要。午後1時30分~同3時。 ...
1日から法人が運営 伊達の梁川病院 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
さらに国が平成23年度末までに介護療養型病床病院を廃止する方針であることから、市が移譲先を公募した。 常勤医師は1人だったが、1日からは2人に増やす。 非常勤医師も加わり常時3人以上となる。 入院患者43人はそのまま治療を続ける。 診療科目を総合的にして、 ...
共生型福祉特区を申請 国に県 地域の障害、高齢者支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
法に基づく根拠が異なるため、認知症グループホームと障害者グループホームの相互利用ができないといった規制の緩和のほか、病児・病後児保育に専任だけでなく兼務の看護師も配置できるようにする補助制度の見直しなどを求めた。 県厚生企画課によると、三十日まで第一回 ...
世代集う高齢者施設 大津の琵琶湖沿い、4日開園式 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジャーやホームヘルパーが常駐し、施設外の周辺地域も含めて介護サービスを展開する。 一戸建て住宅には子や孫ら家族で住むことができ、土地・建物の所有権を得られるので相続も可能。入居者で建築協定を結んで建物の外観に統一感を出す一方、介護や給食などの ...