介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年08月31日()
男性介護者、3割に 周囲の理解、支援必要 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の家族がいる世帯で、男性介護者の割合が急増している-。認知症の人と介護家族でつくる「認知症の人と家族の会」(本部京都市)の調査で、こんな傾向が浮き彫りになった。介護者の高齢化も進んでいる。変化に応じたきめ細かい介護者支援が必要だ。 ...
富士大和温泉病院、移転後初の単年度黒字 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、延べ入院患者は2万6549人、病床利用率(全体)は74・2%で、一般病床、療養病床ともに計画を下回った。同院は「景気低迷で受診抑制、入院期間短縮の傾向があるため」とみている。 同病院は「減価償却費が10年度に底を打ち、耐用年数を超えた医療機器の ...
母を「楽にさせたくて」 92歳介護殺人 被告人質問 秋田 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
裁判員の一人は「長年母親を介護して、これ以上自分も苦しみたくないという気持ちがなかったか」と問いただした。 柳田被告は「苦しい、やりたくないという気持ちがあったら、介護できない。ただ、本当にそうなのかと問われれば、疲れるときもあった。 ...
「増税」と対立するのは「反増税」ではない - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
ただし、筆者は「年金・医療・介護といった社会保障を“大幅に削減”するのが望ましい」と考えているわけではない。 政治の世界では「増税」vs「反増税」という対立軸が話題になることが多い。だが、これは本当の対立軸ではない。歳出の約半分に及ぶ財政赤字や、公的債務( ...
DHAの認知症予防効果実証 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根大医学部の橋本道男准教授や島根県立大短期大学部の山下一也教授たちのグループは31日、青魚などに含まれる油脂ドコサヘキサエン酸(DHA)を取り続けると、認知症の予防効果があるとの実証試験結果をまとめた。認知機能を判定するテストで、DHA入りの食品を食べ ...
ワタミ、大阪市で初の介護付き有料老人ホーム 屋上に回遊型庭園・農園 1日オープン - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
飲食店チェーンを展開するワタミグループで、介護事業を担当する「ワタミの介護」(東京都大田区)は1日、同社の介護付き有料老人ホームでは大阪市で初めてとなる「レストヴィラ弁天町」(大阪市港区)をオープンする。同社初の環境配慮型老人ホームで、屋上に回遊型 ...
【速報】DHAに認知症予防効果 島大グループなど実証 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
島根大医学部の橋本道男准教授や島根県立大短期大学部の山下一也教授たちのグループは31日、青魚などに含まれる油脂ドコサヘキサエン酸(DHA)を摂り続けると、認知症の予防効果があるとの実証試験結果をまとめた。認知機能を判定するテストで、DHA入りの食品を食べ ...
マルハニチロHD、DHA(ドコサヘキサエン酸)の認知症予防に対する効果を確認 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
研究の結果、高齢者の認知症予防に関する有益な知見が得られました。食品を利用したDHA摂取に関する被験者100名規模での臨床試験は、我が国では初の試みであり、健常在宅高齢者での効果が検証できたのは初めてとなります。 被験者を2つのグループに分け、DHAを ...
役に立たないバリアフリー住宅(3)介護保険改修への不満 (媒体での記事掲載終了)

日経ホームビルダー9月号では高齢者の自立を支える住宅の在り方を特集にした。その抜粋を3回シリーズで伝える。第3回は高齢者の自立を支える住宅を普及するための課題だ。

宇部市内の最高齢者は女性が106歳の伊藤シノブさん(船木校区)で、男性は103歳の渡邉源三さん(恩田校区)。1日には久保田后子市長と市健康福祉部の職員が、今年度中に100歳を迎えるお年寄りを訪ね、祝い状と記念品を贈る。 市高齢福祉課によると29日現在、 ...
日本興亜福祉財団、10月6日に創立20周年記念シンポジウム開催 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
日本興亜損保は、高齢者福祉に関わる様々な活動を通じて社会に貢献することを目的に、1991年7月に日本興亜福祉財団を設立したが、今年度は創立20周年にあたり、これを記念して広く一般の人を対象としたシンポジウムを10月6日に東京・千駄ヶ谷の津田ホールで開催する(入場 ...
azbilグループの緊急通報の安全センターと介護の山武ケアネットが経営統合 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
azbilグループにおいて、緊急通報事業を展開する安全センター株式会社(本社:大田区山王1-3-5 社長:曽禰寛純)と介護支援事業を展開する山武ケアネット株式会社(本社:大田区山王1-3-5 社長:曽禰寛純)は、2012 年4月1日をもって経営統合し、新 ...
ニチイ学館が年初来高値更新、52週線、200日線クリアで弾み - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
医療事務受託最大手で介護事業も展開するニチイ学館 <9792> が17円高の902円と続急伸した。前場寄り付き直後に27円高の912円まで上げ幅を拡大し連日で年初来高値を更新、200日移動平均線をクリアした。前日は52週線を回復したものの、200日線はわずか届かなかったが、この ...
高齢者虐待は閉ざされたドアの向こう側で - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
平均寿命が長くなるにつれ、日常の介護を必要とする高齢者が増加し、認知症になる可能性も高くなる。これが高齢者に対する家庭内暴力が増加している原因だと専門家は語る。 高齢者虐待は看護不足や介護放棄といった行為から、乱暴な対応、殴る、揺さぶるといった身体的な ...
2011年08月30日()
石巻の医療再生支援 東京の法人、在宅専門診療所開設 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
長引く避難生活で悪化が懸念される要介護者の診療ニーズに対応しながら、高齢者の孤立防止にも目を配り、被災地の医療再生のため助力する。 診療所は「祐ホームクリニック石巻」で、医療法人社団鉄祐会(東京)が石巻市水明北2丁目に開設する。診療科目は一般内科と循環 ...
㈱サン・メディカ(東京都港区、03-5447-5221)では、認知症などの脳神経系疾患の予防に、ヤマブシタケ抽出原料のアミセノンを推奨、啓発を強化する。 アミセノン中にも含まれる神経細胞保護作用を持つリン脂質、ホスファチジルエタノールアミン(DLPE)が、 ...
92歳実母、介護殺人裁判 被告、起訴内容認める 秋田 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
検察側は冒頭陳述で「生きようとしている人の生命を奪った事実は重大で、介護の際もさまざまな支援を受けており、社会に与えた影響も大きい」と指摘した。 弁護側は被告が長年、献身的な介護をしていたことや自首した心情などを挙げて、執行猶予が相当と訴えた。 ...
ワタミ、環境配慮型の有料老人ホーム 大阪市内に開設 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
ワタミは30日、大阪市内に9月1日開く介護付き有料老人ホームを報道陣に公開した。同社初の環境配慮型老人ホームで、太陽光パネルを設置したほか、電気自動車(EV)を導入するなどで、二酸化炭素(CO2)排出量を削減する。記者会見したワタミの渡辺美樹会長は「施設 ...
高齢者孤立防ごう - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の所在不明問題が昨年相次いだことから、密接な情報交換で孤立防止に努めることを確認した。 参加したのは県市長会、県町村会、県民生委員児童委員協議会、中国電力岡山支社、山陽新聞山陽会など22団体。美作市高齢者福祉課の藤原英幸課長が先進事例を報告し、郵便 ...
小田原城の天守閣耐震化問題、課題検討へ専門家委員会設置/小田原 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
各委員からは「内部の展示を続けるか、否かで工事費が違ってくる」「入館者は高齢化しており、この機会にバリアフリー対策もしてほしい」など、さまざまな意見が出された。 会合後、委員会による天守閣の視察も行われた。 市観光課によると、検討結果を受けて2012年度 ...
寝たきりの実母殺害した66歳の息子、起訴事実を認める - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
検察側は冒頭陳述で「生きようとしている人の生命を奪った事実は重大で、介護の際も様々な支援を受けており、社会に与えた影響も大きい」と指摘した。 弁護側は被告が長年、献身的な介護をしていたことや自首した心情などを挙げて、執行猶予が相当と訴えた。 ...
殺人事件 2例目の裁判員裁判 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
起訴状によりますと柳田被告は去年12月、秋田市新屋栗田町の県営住宅で寝たきりの状態だった母親のいさださん当時92歳の口や鼻をクッキングペーパーでふさいで殺害したとして殺人の罪に問われています。罪状認否で柳田被告は「その通りです」と述べ、起訴内容を全面的 ...
「国民全員でのチーム医療」 (媒体での記事掲載終了)

今年は国民皆保険の達成からちょうど半世紀。医学雑誌「Lancet」は、9月に「日本特集号」を刊行するという。そんな節目の年に東日本大震災が起きた。被災地での医療が、DMATチームによる緊急対応段階から、慢性期対応、介護と連携したケア、原発…

「認知症の人と家族の会」で、30年間にわたって代表を務める著者。自らの介護体験を振り返り、家族がつながることの希望を語った一冊だ。 養母に認知症の症状が出始めたのは、まだ20代後半のころ。認知症の人を部屋に押し込める「座敷牢」が当然のように行われていた ...
役に立たないバリアフリー住宅(2)作業療法士からの提案 (媒体での記事掲載終了)

日経ホームビルダー9月号では高齢者の自立を支える住宅の在り方を特集にした。その抜粋を3回シリーズで伝える。第2回は3世帯で暮らす作業療法士の住宅の工夫だ。

勝央町長選告示 新人2人届け出 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐藤氏は「お年寄りから、きょう生まれた子まで町の隅々に温かな風を吹かせる」、水嶋氏は「子育てや高齢者福祉、教育、医療など残された課題を解決したい」と訴えた後、選挙カーで町内を巡った。 現在3期目の西田孝町長が3月に今期限りでの引退を表明し、2氏が立候補 ...
一方で、山野井氏は本書の取材にあたり、希望も見出している。 少数派ではあるが、「認知症という病気を本気で理解しようと努力して、患者さんのため、介護者家族のために真剣に取り組んでいる医師がいます。また、ケアマネージャー、理学療法士、看護師など、さまざまな ...
認知症理解へ 県全職員3300人がサポーターに 【佐賀新聞】 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県は29日、全職員3300人を対象に、認知症を正しく理解し、本人や家族を支援する「認知症サポーター」養成の研修をスタートさせた。初回は知事をはじめ、幹部職員110人が約1時間、症状の特徴や接し方を学び、サポーターの証明となる「オレンジリング」を ...
田原総一朗氏らを招き、創立20周年記念シンポジウム--日本興亜福祉財団 - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
日本興亜損害保険はこのほど、財団法人日本興亜福祉財団創立20周年記念シンポジウムを、10月6日に開催すると発表した。場所は津田ホール(東京・渋谷)で、入場料は無料。 日本興亜福祉財団は、高齢者福祉に関る活動を通じて社会に貢献することを目的に、1991年7月に ...
認知症の理解深めて 大山崎で講演会や講座 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深める講演会や講座がこのほど、京都府大山崎町で相次いで開かれた。医師や介護福祉士が発症の仕組みや予防法、患者への接し方を分かりやすく説明した。参加した患者の家族や住民たちは熱心に聞き、質問したり思いを語ったりした。 ...
第60回四国老人福祉施設関係者研究大会(四国老人福祉施設協議会など主催)が29日、香川県高松市のサンポートホール高松で始まり、利用者の視点に立った質の高い介護サービスの実現などに向けた大会宣言を採択した。大会は30日まで。 初日は大ホールで開会式典など ...
[介護関連] (三菱UFJモルガンスタンレー証券) - NSJ日本証券新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設数の増加と高い入居率が収益貢献しており、有料老人ホームは前期末に61棟だが、今期は過去最大となる20棟を開設予定と紹介。 その他、メッセージ(2400)は高齢者専用賃貸住宅「Cアミーユ」の展開加速を計画し、ニチイ学館(9792)はグループホームと有料老人ホームの展開 ...
2011年08月29日()
バリアフリー映画は、吹き替えや字幕内容の変更により、高齢者や目、耳が不自由な人たちに名画を鑑賞する機会を提供する取り組み。 渡辺君一家は3月末、松江市に避難。現在、市営住宅で母親と妹、弟2人の5人で暮らしている。「バリアフリー・シネマ&ライフ・ ...
ピー・アール、建設業向け工数管理システムなど販売 - CNET Japan (媒体での記事掲載終了)
ピー・アールは、建設業向けのリアルタイム工数管理システム「匠マネージャー」と介護業務支援システム「ヘルパーマネージャー」の販売を開始した。いずれも数十名から数百名程度の規模を想定したシステムだ。 匠マネージャーは、建設業の管理者が従業員の動きや工数を ...
独自の介護士認定制度開始 神戸市、給与の優遇指導も - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
神戸市と市老人福祉施設連盟は、高齢者福祉施設の介護職員の能力を独自に認定する「市高齢者施設介護士認定制度」をスタート、7月の第1回試験で36人が認定された。介護福祉士やホームヘルパーなどの資格を取得していない介護職員も対象で、認定者には給与の優遇を指導 ...
介護保険料53人還付漏れ 北九州市 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
北九州市は29日、65歳以上の年金受給者から徴収する介護保険料について、2009-10年度に市内の4区で53人分計約54万円の還付漏れがあったと発表した。担当職員の事務処理ミスが原因という。 市介護保険課によると、漏れがあったのは2カ月に1回、年金から ...
水俣病患者入所施設に長期滞在住宅 高齢化に対応 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
患者を介護する家族も高齢化し、安心して暮らせる施設の必要性が指摘されていた。9月から使用できる。 住宅は平屋で約170平方メートル。1度に3家族の入居が可能で、それぞれの居室のほか共同の居間、台所、トイレ、浴室を備えている。バリアフリー構造で夜間も支援 ...
役に立たないバリアフリー住宅(1)失敗と教訓 (媒体での記事掲載終了)

顧客の高齢化が進んでいる。しかも、単身と夫婦のみの高齢者世帯が増えている。身体機能の衰えた高齢者だけで自立した生活が送れるバリアフリー住宅を提供することは、住宅会社の社会的使命だ。だが、バリアフリーの設計は案外難しく、失敗が少なくない。そ…

建築現場や介護ヘルパー向けモバイル作業日報システム、福岡から - インターネットコム (媒体での記事掲載終了)
また同日、介護業務支援システム「ヘルパーマネージャー」も発表した。 介護事業者向けの業務支援システムで、携帯電話やスマートフォンでスケジュールを確認、実績を入力できる。メールでのスケジュール通知機能、家族とのコミュニケーション機能もある。 ...
「イエン・チリト被告は認知症」 訴訟能力争う ポル・ポト裁判 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
出廷した医師は、元社会問題相のイエン・チリト被告(79)が認知症であると証言。特別法廷は同被告らの精神鑑定などに年内を費やし、本格的な審理は来年に持ち越される可能性が出てきた。 第2回公判は、両被告が公判に耐えうる健康状態にあるか、訴訟能力に焦点が絞 ...
認知症患者を介護する家族でつくる新富町介護者の会(宮武キミ子会長、14人)は毎月1回、町老人福祉センターで勉強会を開いている。近況を報告し合って悩みを共有し、患者への対応方法を学ぶのが目的で、同会は「悩みを打ち明けられず一人で抱えてしまう家族はまだ多い。 ...
ピー・アール、建設業向け工数管理システム「匠マネージャー」と介護業務支援システム「ヘルパーマネージャー」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ピー・アールは、建設業向けに携帯電話から作業日報を入力することで、管理者がリアルタイムに従業員の動きや工数を把握できる「匠マネージャー」と、介護事業者向けに携帯電話でのスケジュール確認と実績入力、メールでのスケジュール通知機能、家族との ...
職員の子預かります 福祉施設に保育所設置 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームとグループホームなどを併設し、職員計約70人が働いている。 ことし1月、施設の増設工事に着工。以前から構想のあった保育所整備も計画に盛り込んだ。総事業費は3億3300万円。うち、保育所の整備費として国から1千万円の補助を受けている。 ...
認知症理解へ 県全職員3300人がサポーターに - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
佐賀県は29日、全職員3300人を対象に、認知症を正しく理解し、本人や家族を支援する「認知症サポーター」養成の研修をスタートさせた。初回は知事をはじめ、幹部職員110人が約1時間、症状の特徴や接し方を学び、サポーターの証明となる「オレンジリング」を ...
銘柄速報:介護関連の材料浮上 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
Yahoo!ファイナンス VIP倶楽部(月額2079円)に入会してあり、且つYahoo!IDでログインしている場合、下記のリンクから記事を閲覧可能です。 サーチナでは、中国株情報の一部(銘柄ヘッドライン、市況ダイジェスト)を有料配信とさせていただいております。 Yahoo! ...
役に立たないバリアフリー住宅(1)失敗と教訓 - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
顧客の高齢化が進んでいる。しかも、単身と夫婦のみの高齢者世帯が増えている。身体機能の衰えた高齢者だけで自立した生活が送れるバリアフリー住宅を提供することは、住宅会社の社会的使命だ。だが、バリアフリーの設計は案外難しく、失敗が少なくない。 ...
認知症予防セミナー~自分のため家族のために知っていてほしいこと(横浜) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士・認知症ケア指導管理士の江渕昌代さんによる認知症の定義や症状、予防について。 往復はがきに、「認知症予防セミナー」と受講希望日・〒・住所・名前(ふりがな)・年齢・電話番号・ファクス番号を明記し(返信面の〒・住所・名前も)、〒221-0863、 ...
相談できる医療機関を紹介 「おたすけマップ」発行 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府の豊中市中央地域包括支援センター(豊中市社会福祉協議会)は、認知症の相談ができる同市内の診療所や専門病院を紹介する「認知症医療・福祉連携おたすけマップ」を発行した。マップを通じて認知症の疑いがある人にかかりつけ医をまず受診してもらい、そこから専門 ...
女性の視点で避難所生活の課題を紹介 浜松で震災パネル討論会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、避難所生活が長く続き「先が見えない生活に不安が広がっていた」と話した。 浜松市南区青屋町自治会長の吉田和子さんは「震災時には寝たきりや一人暮らしの高齢者を地域で把握しておくのが大事」と指摘。自治会で自主防災台帳づくりを進めていることを紹介した。 ...
日本では、育児や介護の必要に迫られた社員を前提に、在宅勤務制度を導入する企業が多かった。保育園や介護施設への送り迎えだけでなく、役所や金融機関への諸手続きなどは、会社へ定時に通勤することとの両立が難しいからである。今後は特に、高齢化社会の進展により、 ...
2011年08月28日()
楽しみながら取り組む 認知症の早期発見・予防ツール続々登場 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化の進行で、年々増加する認知症。厚生労働省によると、「日常生活に支障をきたす」と要介護認定された、認知症とみられる高齢者は推定208万人以上にのぼっている。それに伴い、予防や早期発見に対する意識も高まっており、従来の運動やレクリエーションのほか、 ...
認知症予防に「思い出箱」 氷見市博物館が貸し出し - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
思い出を語り合うこ とで脳を活性化させ、認知症などの予防につなげるのが狙いで、担当する小谷超(すすむ )主査は「高齢者が生き生きと過ごせるよう、手助けになれば幸い」と話している。 小谷主査は、認知症の予防に効果があるとされる「回想法」をもとに、 ...
地域の核で団地再生、相模原で試み/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
医療・介護と子育て支援機能を備えた複合施設を新設し、地域の核となる拠点を創出。高齢者の安心確保と若者世帯の流入を促す考えで、第1弾は高齢化率が30%を超す相武台団地(相模原市南区)でモデル事業を展開する。県も効果を検証した上で県営住宅など他の団地に広げる ...
老後の安心を共有 グループリビング - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
独居の高齢者が個室に入居して共同生活をする「グループリビング」が、新座市に新たにオープンする。バリアフリーの住宅で、広間で夕食を共にし、助け合って住み慣れた地元で暮らしていく。独居高齢世帯が急増しているのを背景に、老後の安心を共有する“現代版長屋”のよう ...
神川町のゆるキャラ おいしいナシをPR - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉と生涯学習に力を入れる同町を象徴する神じいは、全国でも珍しい高齢キャラ。町内の山に住む仙人だが、白く長いあごひげは、早くも地元の子どもたちの注目を集めているという。なっちゃんは名産のナシをイメージしている。 主力品種の幸水は、今年は例年より ...
グループハウス建設を提案 神戸で被災地支援シンポ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内の介護施設の関係者らを中心につくる「兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会」が企画した。 まず、宮城県気仙沼市の特別養護老人ホーム「春圃苑」の菅原賀弥子事務長が、被災地の現状を報告。沿岸部の施設は津波被害を受けなかったもののライフライン ...
2011年08月27日()
被災地に「グループハウス」建設を 神戸でシンポ - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内の介護施設の関係者らを中心につくる「兵庫県宅老所・グループホーム・グループハウス連絡会」が企画した。 まず、宮城県気仙沼市の特別養護老人ホーム「春圃苑」の菅原賀弥子事務長が、被災地の現状を報告。沿岸部の施設は津波被害を受けなかったもののライフライン ...
石田衣良氏 40~50代でも日本女性は韓国女性より若く見える - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
子供の反抗期、年老いた親の介護、夫の関係にも気を配らなければならない。そのうえ、ホルモンバランスの乱れが始まって更年期障害に悩む人もいる。そんな波乱の時期を乗り越えて充実した40代を心豊かに生きるためのヒントを、『池袋ウエストゲートパーク』(文藝春秋) ...
厚労省、仮設住宅の高齢者支援 訪問介護や配食 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は東日本大震災の被災地に、高齢者の生活を総合的に支援する拠点を設置する。3次補正で100億円弱を確保し、仮設住宅地に訪問介護や配食サービスを提供する拠点を併設する。中長期的には医療との連携などの役割を加え、厚労省が全国で導入を目指している包括的 ...
アースサポート、施設介護に参入 まず埼玉に開設 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
訪問入浴最大手のアースサポート(東京・渋谷)は施設介護に参入する。介護職員が常駐する介護付き有料老人ホームを来年3月にさいたま市に開く。訪問入浴や日帰り介護施設などの在宅介護サービスのノウハウを施設介護にも生かせると判断した。幅広い需要に対応し、2011 ...
【鉄道ファン必見】 魅惑のLRT(3)土佐電気鉄道「ハートラム」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
角張った造りの車体はアルナ車両製で、全長17・5メートル、乗降口の高さは高齢者や身障者、妊婦の乗り降りに配慮して33センチと低くなっている。 ハートラムの導入は平成14年4月。公共交通を通じてバリアフリーや環境問題をアピールしようと、国や高知県、高知 ...
高齢世帯に緊急時連絡カード - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
ケースはプラスチック製の円筒形で直径7センチ、高さ17・5センチ。65歳以上の独居か、ともに75歳以上の2人暮らしの計約2700世帯と、寝たきりの人や障害がある人がいるなどの理由で民生委員が必要と判断した約300世帯に配る。カードを入れたケースは地震など災害 ...
入所者の生活資金を職員が着服 宝塚市老人ホーム - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
宝塚市は26日、同市安倉西3、市立養護老人ホーム福寿荘の介護福祉士の女性職員(51)が入所者の生活資金442万円を着服していた、と発表した。市は業務上横領容疑で刑事告発するとともに、懲戒処分する方針。 市によると女性職員は2004年から勤務し、入居者の ...
高齢者虐待過去最多に 加害者は息子と夫で6割超 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
息子や夫による虐待が過半数を占め、仕事と介護の両立が困難な実態が鮮明化。県は企業などに対し認知症介護への理解と支援を働きかけていく方針を示している。 県高齢福祉課によると、高齢者に対する家族からの虐待の認定件数は、ここ2年ほど横ば… [記事全文]
高齢者虐待過去最多に、加害者は息子と夫で6割超/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉課によると、高齢者に対する家族からの虐待の認定件数は、ここ2年ほど横ばいだったが、10年度に急増。65歳以上の男女650人が虐待を受け、このうち女性が65%を占めた。通報件数も昨年度比121件増の1083件となり、高齢者を取り巻く環境の悪化が懸念 ...
2011年08月26日()
爪剥がし事件 ストレスきっかけか 仕事こなせず2人態勢に 28日にも病院捜索 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
履歴書にホームヘルパー2級の資格が記入されていたことなどから、病院側に看護助手のキャリアが長いと判断され、当初は単独で高齢患者のおむつ・シーツ替えなどの作業を任されていたという。 しかし、次第に能率の悪さが目立ち、病院側は原則2人態勢で働くよう指示。 ...
NEC、介護施設向け「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始、顔認証技術と行動検知技術を活用 (媒体での記事掲載終了)

NECは、介護最大手のニチイ学館の協力のもと、介護施設の入退場を自動的に検知し、事故を未然に防止する「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始したと発表した。NECの顔認証技術と行動検知技術を組み合わせた映像監視システムを活用したソリ…

士気向上へ、介護職員の認定制度創設 神戸市 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
神戸市と市老人福祉施設連盟は、連盟に加盟する施設で3年働いた職員を対象に、技能や知識を評価する「高齢者施設介護士認定制度」を創設した。介護現場では就職後3年程度で離職するヘルパーらが続出、人材確保が大きな課題となっており、技能レベルの評価を通じて現場の ...
寝たきり高齢者ばかりの施設、少なくとも10カ所 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚労省が都道府県を通じて調べたところ、岐阜県で7カ所、秋田、神奈川、福岡の各県で1カ所ずつ、寝たきりの高齢者を集めた有料老人ホームがあった。このうち、岐阜県の施設では、重要事項説明書の内容を入居者に説明していなかったり、苦情処理の体制が整っていなかっ ...
爪切り「虐待」を撤回 北九州市 上田さん名誉回復 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者への爪切りケアで傷害罪に問われ、福岡高裁で逆転無罪が確定した北九州八幡東病院(北九州市)の元看護課長上田里美さん(45)の行為を同市が2007年に「虐待」と認定していた問題で、同市の垣迫裕俊保健福祉局長は26日記者会見し、認定を取り消すと発表 ...
「虐待」認定を撤回 無罪確定で北九州市 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢の認知症患者のつめ切りをめぐって傷害罪に問われ、無罪が確定した看護師、上田里美さん(45)の行為を高齢者虐待防止法に基づき「虐待」と認定していた北九州市は26日、「虐待とはいえない」として認定を撤回すると発表した。 市は平成19年、上田さんの行為 ...
NEC、介護施設における「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始 - RBB Today (媒体での記事掲載終了)
日本電気(NEC)は26日、ニチイ学館の協力のもと介護施設のさらなる安全確保を目的に、施設の入退場を自動的に検知し事故を未然に防止する「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始した。 今回の実証実験は、NECの最新の映像解析技術を駆使した入居者の安全確保を ...
ニチイ学館と「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始(NEC) - ペイメントナビ(payment navi) (媒体での記事掲載終了)
日本電気(NEC)は、2011年8月26日、ニチイ学館の協力のもと、介護施設のさらなる安全確保を目的に施設の入退場を自動的に検知し、事故を未然に防止する「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始すると発表した。 ニチイ学館は、介護事業を行っており、入居者の ...
高齢者福祉と介護保険事業、第5期計画の策定始まる - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
平成24年度から3ヵ年の高齢者福祉計画と介護保険事業計画を策定する、紋別市第5期介護保険事業計画等策定委員会の第1回会議が24日、市役所内で開かれた。委員は学識経験者や保健医療関係者ら18人で、委員長に紋別医師会の小林正司会長、副委員長に紋別市民生委員児童委員 ...
NEC、介護施設における安全確保を目的に「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
NECは、株式会社ニチイ学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤正俊、以下ニチイ学館)の協力のもと、介護施設のさらなる安全確保を目的に施設の入退場を自動的に検知し、事故を未然に防止する「施設入退検知ソリューション」の実証実験を開始いたしました。 ...
県内初の障害者受け入れ開始 富士の高齢者福祉施設 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
富士市伝法の高齢者向け福祉施設「永遠(とわ)の家」が、同1施設に障害者も受け入れる事業に県内で初めて乗り出した。障害者には、利用可能な施設が増える利点がある。 永遠の家は、これまで近くに住む通所者を中心に、高齢者に食事や入浴などの介護サービスを提供。 ...
全国の看護師らが参加し、地域医療の質の向上に向けて、看護や介護などが連携を図る重要性について理解を深めた。 病院や訪問看護ステーションなどに勤務する約1100人が参加し、26日まで講演会や研究発表などを行う。初日は「地域の中のチーム医療」と題した ...
簡単テスト 「手の形」で記憶試し 認知症診断 初期でも的確 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の早期診断につながる画期的な簡易テストを金沢大の菊知充特任准教授や三辺(みなべ)義雄教授、浜松医科大の尾内康臣教授ら「ほくりく健康創造クラスター」の研究グループが開発した。認知機能のわずかな低下も確認できるほか、手の形を使った視覚的なテストのため ...
宇都宮市が認知症啓発月間を創設 9月19日から - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市は、認知症の啓発を集中的に展開する「宇都宮市みんなで考える認知症月間」を来月、独自に創設する。予防講演会や認知症サポーター養成講座などを実施し、認知症を自分や地域の問題として考える市民意識の醸成を促す。佐藤栄一市長が、25日の定例記者会見で ...
「丸亀ひまわり文庫」作品展 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
体の不自由な子どもたちの機能訓練や知育に役立つ絵本や遊具を布で作り、県内の養護学校、高齢者福祉施設、子育てサークルなどにプレゼントしたり、貸し出している。 会場には、30年間で製作した作品の一部約150点を展示。30周年記念のタペストリー(縦1・3 ...
2011年08月25日()
道内、介護報酬減額へ 東京・大阪は引き上げ 厚労省方針 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は25日、介護事業者に支払う介護報酬の人件費部分について、2012年度から東京都など都市部への加算措置を拡充する方針を固めた。民間賃金の地域差を反映させるためで、北海道など地方の報酬基準を引き下げ、都市部の加算の財源を捻出する。 ...
宇都宮市が認知症啓発月間を創設 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市は、認知症の啓発を集中的に展開する「宇都宮市みんなで考える認知症月間」を来月、独自に創設する。予防講演会や認知症サポーター養成講座などを実施し、認知症を自分や地域の問題として考える市民意識の醸成を促す。佐藤栄一市長が、25日の定例記者会見で ...
宇都宮市が「認知症啓発月間」制定 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
市高齢福祉課によると、宇都宮市の認知症患者数は平成17年度は約6500人だったが、増加傾向にあるため、27年度に1万人に達すると推計される。市は認知症患者を地域で支えるため、市民への啓発が必要と判断。県内初となる「認知症啓発月間」を設けることを決めた。 ...
メディック太陽、医療と介護を常時提供 住宅型老人ホーム - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
近隣の開業医とも協力して入居者を往診し、宅配サービスの薬局も備えて、医療と介護のサービスを常時提供できる体制を目指す。 18日にオープンした「ナーシングホームメッツ川崎」は3階建てで、延べ床面積は約2070平方メートル。敷地面積1980平方メートル弱の借地に総 ...
「混合型」は10月選定 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
伊勢崎市は、総合計画実施計画の後期基本計画に掲げている民間福祉施設整備事業について本年度、特定養護老人ホームの対象施設は、「社会福祉法人おおぎだ」で20床の増床、認知症高齢者グループホームは、ケアサプライシステムズを選定し、グループホームの新設を行う。 ...
【Googleトレンド】入院患者の爪を剥がしストレスを発散していた看護助手の佐藤あけみ容疑者が逮捕 - 日刊テラフォー (媒体での記事掲載終了)
認知症患者などが入院している病院というのはかなり奥まった場所に位置している場合もあり、界隈ではゆったりとした時間の流れを感じ取ることが出来るほど喉かだ。 京都府に位置するという「毛利病院」はいったいどのような環境化に軒を構えているのだろうか。 ...
高齢者の寝返り補助器具開発 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
てこ作用の応用で寝たきりの高齢者たちを介助する労力が大幅に軽減できるとし、特許を申請している。 理学療法学科長の大塚彰教授(62)が2009年から2年がかりで開発した。厚さ約1センチの木板を緩やかなS字型に湾曲させた。長さ約50センチ。 ...
嬉野高、準グランプリを獲得 観光甲子園 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザイン(UD)を念頭に、高齢者、障害者ら誰もが嬉野温泉や茶・陶磁器、干潟の魅力を満喫できる心づくしの旅を提案。生徒たちは「プランを実際に商品化してまちに活気を与え、若者が地元に残ることができるようにしたい」と次の展開を見据えている。 ...
看護助手の女逮捕 患者爪はがし、傷害容疑で五条署 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
同病院によると今月以降、ほかに高齢患者3人の足の爪が剝がされたようなあとがあり、同署は関連を調べる。 佐藤容疑者は2004年9~10月に当時勤務していた南区の病院でも寝たきり患者6人の爪計49枚を剝がし、一審京都地裁で懲役3年8月の実刑判決を受けた。 ...
山梨 身延山の宿坊で“プチ修行” 朝のお勤め・写経・ゆばを堪能 - @Press (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
全館バリアフリーになっており、車椅子の方もストレスを感じず移動が可能。料理は精進料理をベースとした和食で、ゆばや季節の野菜を使ったものを用意。 日伝上人が開いた寺院で、身延山奥の院の麓の坊であるのが由来。料理はゆばや季節の野菜をつかったものを用意。 ...
27日はアカペラサークル「Street Corner Symphony」が、午後2時から国保藤沢町民病院、同2時半から老健ふじさわ、同3時から光栄荘で開催。 9月5日は、創立から100年余りの伝統を誇る男声合唱団「早稲田大グリークラブ」が、午後7時から町 ...
知的障害ある和太鼓プロ、記録映画に 横浜で上映へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... に回り得るというのは、高齢化と経済の悪化に悩む日本社会にとっても大きな希望でしょう」 27日は午後1時50分からの回の上映後と同4時5分からの回の上映前に、小栗監督らの舞台あいさつがある。28日午後2時からの回は、日本語字幕付きのバリアフリー上映。 ...
高齢者向け悪質商法等被害防止キャンペーンを実施します - 茨城県 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の周りの方々(ご近所、民生委員、ホームヘルパーの方など)に高齢者の様子を気にかけていただくことが大切です。 本年9月を「高齢者向け悪質商法等被害防止キャンペーン」期間と定め、市町村、県警本部と連携して啓発活動を実施します。
7年前も患者の爪計49枚はがし実刑 逮捕の看護助手の女 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状がある入院患者の女性(80)の指のつめをはがしたとして、京都府警五条署は25日、傷害容疑で毛利病院(京都市中京区)の看護助手、佐藤あけみ容疑者(37)=同市西京区川島六ノ坪町=を逮捕した。同署によると、「仕事のことでストレスがたまっていた。 ...
バリアフリー型開発 証明書自動発行機 グローリー - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー設計が特徴で、少子化で競争が激化する大学のサービス向上や省人化のニーズを取り込む。9月1日から発売する。 同社は自動発行機を1995年に発売し、現在、シェアは25%。新シリーズ「FAVS」は色使いや操作部の位置などを変え、車いすや色覚障害の ...
県キャラバン隊 ボリビアで交流 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
オキナワ日本ボリビア協会で高齢者福祉を担当する県系2世の比嘉(旧姓大城)シズエさん(53)はウチナーンチュ大会への参加を決め「デイサービスでお年寄りが喜ぶ民謡や踊りを習い、ボランティアを育てたい」と意気込む。 1世の高齢化が進む同協会は数年前から配食や ...
介護賃金改善へ、全国調査 宇治の市民グループ - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護職の低賃金問題に焦点を絞り、ケアマネジャーやホームヘルパーらに聞き取りしてケアワーカー専用の職務評価票を完成させた。 質問を精神的負担や労働時間、対人責任など14項目に細分化した。項目ごとに3~4段階のレベルを設け、高度なレベルになるほど点数が高く ...
2011年08月24日()
医療保険、40代は要チェック 保険料1.7倍も - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進み、医療費負担が大きくなったため、一生涯の保障のニーズが高まったことが理由として考えられます。 高額療養費制度(※)などの公的な保障や、勤め先に医療費補助制度などがある場合はその内容を把握した上で、その上乗せとして準備したい保障額を保険で用意 ...
介護保険を活用、家族の負担を軽減 認知症を知る(下) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
人口の高齢化に伴って増え続ける認知症。そうなった人たちをどう支えていけばよいのだろうか。家族が疲弊してしまわないためには何が必要なのだろうか。介護保険の活用は大きな柱。住民の意識を高め、地域で見守る姿勢も必要とされる。今回は介護保険のサービスや地域での ...
高齢患者の爪はがした疑い 看護助手の女逮捕 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
認知症の症状がある入院患者の女性(80)の爪をはがしたとして、京都府警五条署は25日、傷害容疑で毛利病院(京都市中京区)の看護助手、佐藤あけみ容疑者(37)=同市西京区=を逮捕した。 同署によると、佐藤容疑者は「仕事のことでイライラしていた。 ...
B地区 本体工事へ - タウンニュース (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
また、エレベーターの設置で、バリアフリーとなる予定だ。行幸道路や市道南台30号の幅員を拡げ、歩道や、サウザンロード入口交差点の右折車線を設けることで、渋滞の改善を図る。 完成後の建物は地上29階・地下1階の構造で、地上1階〜3階が店舗に。4階が分譲住宅用の ...
介護事業所 半数“人手不足” - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護サービスを提供している事業所の半数が「人手が不足している」と感じていて、従業員の離職率は3年ぶりに悪化したことが、介護現場の実態調査で分かりました。 この調査は、厚生労働省所管の財団法人「介護労働安定センター」が、全国のおよそ1万7000の介護事業 ...
安いお給料ではなかなか働き手が確保できないこともあり、横浜市内でもヘルパー2級資格を持っていれば時給1000円以上の職場はたくさんあります。訪問入浴など仕事内容によっては時給が更に高額な場合もあります。ケアマネージャー等の資格を取得すればお給料に反映 ...
同工事は、横浜市が進める「長津田駅南口バリアフリー事業」で、平成22年度に設置が決まっていた。完成すれば、駅南北の完全バリアフリー化が実現することになる。 長津田駅はJR横浜線と東急田園都市線、こどもの国線の乗換駅として1日の乗客が約12万人を数える。 ...
女子高生に準強姦未遂…卑劣、女子大生装い“兄”紹介 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
愛知県警南署は24日、岐阜県の女子高生(16)を自宅で乱暴しようとしたとして、準強姦未遂の疑いで、名古屋市の介護士(25)を逮捕した。 同署によると、介護士は、女子大生を装って書き込んだブログを通じ女子高生と知り合った。その後「兄は医師で、生理痛に効く ...
にらがわの里で改築 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
ただ、なかなか補助先が決定しなかったため、同課は、来年度からの次期高齢保健福祉計画に位置付ける予定だった聴覚障害者向けの特別養護老人ホームの整備を前倒しし、この20床分に振り替えることとした。 同課によると、聴覚障害者向けの特別養護老人ホームは、県内では ...
女子高生に成り済まし少女呼ぶ=暴行未遂容疑で介護士逮捕-愛知県警 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
女子高生に成り済ましてメールをやりとりしていた少女を自宅に呼び、暴行しようとしたとして、愛知県警南署は24日、準強姦(ごうかん)未遂容疑で名古屋市南区三吉町、介護士奥村文雄容疑者(25)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。 ...
このため8月中旬、病院は収益増に直結する空きベッド対策として、一部の一般病床を療養病床へ転換する方針を打ち出した。 全国自治体病院協議会の常務理事で、公立陶生病院(愛知県)の酒井和好院長(61)は、こう指摘する。 「一部では有能な事務職員を独自採用する ...
“元気で長生きするコツ”が分かる本が大人気! - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
しかし一方で、100歳以上の8割は認知症が疑われ、過半数が「寝たきり」との報告も。父や母が高齢になってきた中高年層には「親にいつまでも元気でいてほしい」と願う一方、「寝たきりになられたら大変」と感じている人が増えているのも事実。親の健康は、子ども世代に ...
アイアル少額短期保険、要支援者・要介護者向け「介護サービス受給保障保険」を発売 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
アイアル少額短期保険は、要支援者・要介護者向けに「介護サービス受給保障保険」を9月1日から発売する。従来の保険商品では担保されてこなかった、要支援者・要介護者のための保険商品であり、国内の保険商品として初めて、被保険者の要介護状態が悪化した場合に、公的 ...
認知症 学んで予防 名護で講演 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
名護市介護予防普及啓発事業「認知症予防講演会」が17日、市仲尾次の羽地地区センターで開かれた。宮里病院の古謝淳院長が「今日からできる認知症予防と早期受診の大切さ」をテーマに講演。認知症に対する知識を深めるとともに、どうすれば予防でき、症状の進行を抑制 ...
スミセイさわやか介護セミナー ~今、家族の絆を信じて~ 受講者募集 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
山口美江さん(タレント)のトークショー形式による講演「父親の介護体験から学んだ親子の絆」、忠政啓文さん(タレント・健康運動指導士)の健康体操「コツコツ貯筋!転ばぬ先の体力づくり」。定員200人 【2回目】11月5日(土)午後1時半、愛媛新聞社1階 ...
2011年08月23日()
<セカンドらいふ>見守りキーホルダーで身元すぐ判明! 東京・大田区で常時携帯推進 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
外出先で倒れた高齢者の身元が不明-。そんな事態に対応するため、高齢者の緊急連絡先などを地域包括支援センターで登録し、照合のための登録番号を記したキーホルダーを常時携帯してもらう取り組みが、東京都大田区内で行われている。 (杉戸祐子) 「もし、私の身元が ...
<セカンドらいふ>見守りキーホルダーで身元すぐ判明! 東京・大田区で常時携帯推進 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
外出先で倒れた高齢者の身元が不明-。そんな事態に対応するため、高齢者の緊急連絡先などを地域包括支援センターで登録し、照合のための登録番号を記したキーホルダーを常時携帯してもらう取り組みが、東京都大田区内で行われている。 (杉戸祐子) 「もし、私の身元が ...
たま日吉台病院 療養病床137床を新設 患者搬送円滑化に期待 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
一因に人口当たりの療養病床が少ない点もあり、そのため救急告示医療機関の病床が埋まり、救急患者の受け入れに支障をきたしてきている仕組み。百床を超す療養病床の新設に市地域医療課は「救急患者搬送の円滑化にもつながる」と期待を寄せている。 ...
介護曲1位!認知症実母との日々を楽曲に - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
シンガー・ソングライター、濱野裕生(61)が、認知症の実母を在宅介護する日々を楽曲にしたメジャーデビュー曲「蝉しぐれ」で、24日付USEN総合チャートで1位を獲得したことが23日、分かった。7月20日の発売以降、文化放送の推薦曲に選ばれるなど全国の ...
利用者の満足度を第一に スウェーデンの高齢者福祉施設 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
高福祉社会として知られるスウェーデン。先日,フィールドワークの一環としてベクショー市内にある市営と民間委託の高齢者福祉施設を訪ねた。どのような人でも,ともに協力しながら生活できる社会を目指す「ノーマライゼーション」。北欧発祥というこの基本理念に即した2 ...
介護施設職員の男、業過致死罪で起訴 熱湯シャワー死事件 静岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護施設で入所者の男性=当時(93)=が熱湯を浴びて死亡した事件で、静岡地検は23日、業務上過失致死罪で静岡市清水区折戸、介護施設職員、藤沼佑介容疑者(26)を起訴した。 起訴状によると、藤沼被告は昨年4月24日午前4時半ごろ、シャワーの温度が適温か ...
介護施設半数「人手不足」 離職率3年ぶり悪化 昨年度 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護現場の人手不足感が再び強まっている。23日に公表された2010年度の介護労働実態調査によると、「職員が不足している」とする介護事業所は50.3%と過半数に上り、前年度より3.5ポイント増加。1年間に辞めた人の割合を示す離職率は17.8%で、3年ぶり ...
サンジュニア、介護施設に初期費用なしで太陽熱給湯システム - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人介護施設からは給湯料金を受け取る代わりに、初期費用なしで導入できる販売システムをつくった。灯油などよりも給湯に必要な費用が割安で環境負荷が低いことをアピールする。 始めるのは「太陽熱給湯0円設置事業」で、10月30日まで設置を希望する介護施設を募る。 ...
介護人材、なお不足感5割 処遇改善が課題 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービス人材の不足が続いている。厚生労働省所管の団体が実施した2010年度の調査によると、「職員不足」と感じている施設が半数に及ぶことがわかった。 同調査は介護労働安定センターの「介護労働実態調査」で、7345施設から回答を得た。職員不足を感じている施設 ...
高齢者でも簡単に操作 ワンプッシュ不凍栓を開発 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
給水・水環境装置製造の竹村製作所(長野市)は、屋外に設置された水道栓の凍結を防ぐための操作を高齢者でも簡単にできるようにユニバーサルデザイン化した「ワンプッシュ不凍栓」を開発した。甲信越地域をはじめ東北など寒冷地向けに9月に発売する。 ...
認知症の高齢者を地域で支援 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者やその家族を地域ぐるみで支援しようと福井県永平寺町山王区民が23日、「山王認知症を考える会」を設立した。区内の上志比農業構造改善センターで専門家を招いた勉強会を開き、会員の女性ら20人が症状や予防法、対処の仕方などを学んだ。 ...
高3次男を殺人容疑などで家裁送致 妹死亡の自宅放火事件 函館地検 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
北海道八雲町の介護施設職員の男性(52)方で高校2年の次女(16)が死亡した放火事件で、函館地検は23日、殺人と殺人未遂、現住建造物等放火の疑いで、高校3年の次男(17)を函館家裁に送致した。刑事処分相当の意見を付けたとみられる。家裁は同日、最大2週間 ...
熱湯シャワー事件 介護施設職員の男を業過致死罪で起訴 静岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護施設で入所者の男性=当時(93)=が熱湯を浴びて死亡した事件で、静岡地検は23日、業務上過失致死罪で静岡市清水区折戸、介護職員、藤沼佑介容疑者(26)を起訴した。 起訴状によると、藤沼被告は昨年4月24日午前4時半ごろ、シャワーの温度が適温かどうか ...
スーパー銭湯に地場産振興施設を併設 名張市 - YOU (媒体での記事掲載終了)
亀井利克市長は「名張市にはない『道の駅』の機能を持たしたものにするため、大型観光バスも優先して入れるようにしていく。また、産業振興のみならず障害者福祉、高齢者福祉を起点に事業、整備を進める」と述べた。 市は8月下旬に晃商と事業契約を締結し、11月に ...
須高ケーブルらが「地域医療連携」の実証実験、CATVユニバーサルポータル採用 (媒体での記事掲載終了)

須高ケーブルテレビは2011年8月22日、経済産業省の「医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出実証事業」を開始すると発表する。

東日本大震災 医療福祉施設が展開するボランティアの今後 - ウオーカープラス (媒体での記事掲載終了)
医療福祉施設事業で、21法人・130サービス拠点・313事業所を抱える(2011年6月1日現在)湖山医療福祉グループは、この度の東日本大震災において、宮城県(気仙沼市)、福島県(郡山市)、新潟県(津南町)の高齢者施設で、施設建物の損壊被害を受けた。 ...
来春、介護食事業に参入 横手のアスカフーズ - 秋田魁新報 (媒体での記事掲載終了)
冷凍食品製造・販売のアスカフーズ(横手市、遠藤芳徳社長)は来春、介護食事業に参入する。通常より軟らかめに加工するなどし、介護を受けている人にも食べやすくした冷凍食品を、マルハニチロ食品(東京)と共同開発する。高齢化が進む中、介護食の需要が拡大すると判断 ...
高齢者の熱中症防げ 介護現場での冷房使用など呼び掛け - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大津市社会福祉事業団の中すこやかヘルパーステーションのホームヘルパー山本しげ子さん(62)は、1人暮らしのお年寄り宅で必ず声をかける。同行取材した女性(99)宅でも、にこやかに清涼飲料水を勧めていた。 女性が居住する3畳間はエアコンの設定温度が28度。 ...
伊達・舟岡町に市内初の介護型施設ケアハウスを建設 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
「特定施設入居者生活介護」付き施設を目指している。 「ケアハウス セイントヒルズ」は、国道37号沿いの市内舟岡町212・13に建設。鉄筋コンクリート3階、延べ2656平方メートル。冷暖房用エアコンを完備した全室個室で、定員は50人。 ...
社会保障給付、6割が「現状維持できず」 11年厚労白書 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
財政難などを背景に現行の年金、介護、医療制度に国民が不安を募らせていることが、改めて浮き彫りになった。 アンケート調査は細川律夫厚生労働相が23日の閣議で報告した2011年版厚生労働白書に合わせて実施した。対象は20歳代から70歳代までの男女2300人。 ...
育児・介護支援の取り組み紹介 日本イーライリリー - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
社員のダイバーシティー(多様性)を経営に生かす製薬会社の日本イーライリリー(神戸市中央区)が、仕事と生活の両立を支援するため、ここ数年で充実させた育児、介護支援などの取り組みを冊子にまとめた。 同社は社員の柔軟な発想で市場の変化に即応しようと ...
緊急時避難準備区域 来月にも解除 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
緊急時避難準備区域には南相馬市に特養3施設と老健2施設、田村市と広野町に特養がそれぞれ1施設あった。老健1施設は津波で全壊したが、ほかは大きな損壊はなかった。特に南相馬市は住民が多く生活し、都市機能が戻りつつある。 菅政権が8月9日、9月上旬にも避難 ...
神戸町・里村さん 写真家に終止符 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
自閉症の子どもや認知症の妻を抱えながら、会社経営の傍ら約40年間にわたって写真を撮り続けてきた神戸町の里村良一さん(81)が、アマチュア写真家としての終止符を打った。大垣市内で7月に最後の個展を開いた里村さんは「今後は妻の介護に専念したい」という。 ...
敦賀駅バリアフリー化 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同駅は改札からホームまで地下道と階段しかなく、車いす利用者や高齢者は利用しにくかった。市はバリアフリー化を目指してJR西日本などと協議し、エレベーター4基とエスカレーター5基を備えた幅4メートルの陸橋で改札やホームを結ぶ計画を作った。 ...
ALS医療と患者つなぐサイト開設 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
利用登録などで情報セキュリティーを確保した上で、患者自身が書き込んだカルテを医師やケアマネージャーらが共有できるほか、テレビ会議システムで、離島や遠隔地の患者が在宅のまま医師の診断を受けることが可能になる。 総務省の「地域ICT利活用広域連携事業」を ...
うつ病、認知症などに対応、「総合医療保険」販売開始グローバルカンパニーであるRGA再保険会社と業務提携 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
本商品は、入院や手術に伴う医療費保障だけでなく、うつ病、認知症、統合失調症など精神行動障害による休職時における所得の一部も保障するのが特徴です。 当社は、「こころの保険」を商品開発戦略の重要な柱と位置づけ、その第一弾として、この新商品の販売に漕ぎ着け ...
2011年08月22日()
「ワタミの介護」が新業態デイサービス、第1号店を相模原市にオープン/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
「ワタミの介護」(東京都大田区)が、新業態のデイサービス事業を始める。居酒屋などを展開するグループの強みを生かし、レストランのような雰囲気の中で食事を楽しめるようにしたのが特徴。第1号となる施設を9月1日、相模原市中央区にオープンする。 ...
国道で大型2輪「曲乗り」 県警摘発 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
宇都宮市内の国道で走行中のオートバイに逆立ちするなど「曲乗り」と呼ばれる危険な行為をしたとして、県警交通指導課と宇都宮南署は22日、道交法違反(安全運転義務違反)の疑いで小山市、介護施設職員男性(24)を摘発した。男性は撮影した違反行為をインターネットの ...
那須南病院療養病棟再開へ - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
今後も段階的に病床を増やしていきたい」としている。 同院はこれまで緊急患者に対応する一般病床100床と、主に高齢者などの慢性疾患患者向けの療養病床50床の計150床で運営してきた。常勤換算で看護師84人、看護助手25人が必要となるが、昨年11月に今後の看護師 ...
バイク曲乗り、投稿動画で特定 容疑の24歳男摘発 栃木 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県警交通指導課と宇都宮南署は22日、バイクで逆立ちなどをする「曲乗り」をしたとして、道路交通法違反(安全運転義務違反)の疑いで、小山市の介護施設職員の男(24)を摘発した。調べによると、男は7月9日午前、宇都宮市西刑部町の新国道4号で、バイクで走行中、 ...
厚労省、医療と介護の連携強化 合同検討組織を立ち上げ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、従来別々に開催していた医療と介護の合同検討組織を立ち上げる。2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定に向けて、医療の必要性が高い要介護者への対応などで、医療と介護の連携について検討する。 在宅の要介護者への訪問看護や医療機関から退院した後の ...
敦賀市負担、1億7800万円減 敦賀駅バリアフリー - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同駅は改札からホームまで地下道と階段しかなく、車いす利用者や高齢者は利用しにくかった。市はバリアフリー化を目指してJR西日本などと協議し、エレベーター4基とエスカレーター5基を備えた幅4メートルの陸橋で改札やホームを結ぶ計画を作った。 ...
バイク曲乗り容疑で摘発 ユーチューブ投稿で警察捜査 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
栃木県警宇都宮南署は22日、走行中のオートバイで逆立ちするなどの「曲乗り」をしたとして道交法(安全運転義務)違反の疑いで、同県小山市の男性介護員(24)を摘発した。 同署によると、介護員は曲乗りの様子をインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に ...
認知症への訪問診療充実を - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症になっても精神病院などに入院せず、地域で暮らし続けるために必要なことを考えるシンポジウムが都内で開かれ、認知症の人を多く診ている医師が、訪問診療の充実を訴えました。 シンポジウムは大学の教授や医師などでつくる市民団体が開き、認知症の人を多く診療し ...
二輪「曲乗り」容疑で男を摘発 撮影動画をネットに投稿 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
オートバイで逆立ち乗りなどの「曲乗り」をしたとして、宇都宮南署は22日、道交法違反(安全義務違反)の疑いで小山市、介護員の男(24)を摘発した。同署によると、男は自身の「曲乗り」を撮影し、インターネットの動画サイトに投稿していたという。 ...
高齢うつ病患者への抗うつ薬は死亡や転倒のリスクを高める可能性 (媒体での記事掲載終了)

高齢のうつ病患者が抗うつ薬を使用する場合の有害な転帰を調べたコホート研究で、主に三環系抗うつ薬以外の薬剤は、自殺企図/自傷行為、てんかん/痙攣にとどまらず、全死因死亡や転倒、骨折などの有害な転帰を増やす可能性があることが分かった。英Not…

認知症を支える - 企業法務ナビ (媒体での記事掲載終了)
認知症が悪化し、介護が必要となれば市町村から要介護認定を受ける必要がある。現在、認定の後の支援の程度は段階が設けられており、要支援1~5までがある。認定を受けた支援の段階によって、利用できる介護保険の額が変わる。 認知症の場合、悪化させないために不安や ...
「自分で逃げられなかった…」 寝たきり介護の高齢者多く アパート火災4人死傷 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者4人が死傷した大阪府羽曳野市古市のアパート火災。22日午前、まだ周囲に焦げ臭さが残る中、警察と消防の合同の実況見分が行われ、付近の住民たちが不安な表情で見守った。入居者には寝たきりの人も多かったといい、近隣の住民は「自分では逃げることができなかっ ...
シニア・高齢者の介護に関する意識調査 ―自分の介護は誰にしてほしい?配偶者でも子でもなく、トップは「施設や病院」― - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
家族や親族の介護経験 4.介護の際に辛いと感じた事柄 6.被介護者になることへの不安感 7.介護される際に不安に感じる事柄 「あなたは、家族や親族の介護を経験したことがありますか?」と質問したところ、「現在している」(18.5%)と「現在はしていないが、過去にし ...
福祉現場の今、切り取る 映画「Peace」 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
「暮らしの安心を支える医療、介護分野に力を入れ‐」。カーラジオから流れる鳩山由紀夫首相(当時)の演説に、運転する介護職の女性は気付かず、待遇の悪さを口にする。ドキュメンタリー映画「Peace」は、福祉や介護の今を切り取りながら、政治との埋めがたい溝を ...
介護施設の傷害致死事件 弁護士が釈放申し入れ「県警が自白強要」 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
静岡市清水区の介護施設に入所していた男性=当時(93)=にシャワーで熱湯をかけ死亡させたとして、傷害致死容疑で介護士藤沼佑介容疑者(26)が逮捕された事件で、同容疑者の弁護士が22日「静岡県警が自白を強要するような取り調べをした」として静岡地検に即時 ...
火元1階か、78歳女性が意識回復 高齢者4人死傷アパート火災 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
付近の住民によると、アパートの入居者は高齢者が多く、中には寝たきりのためにアパートの大家が経営する隣接のデイサービス施設を利用する人もいた。 一方、羽曳野市によると、火災があったアパートに隣接のデイサービス施設を運営する介護サービス事業会社は、大阪府の ...
室蘭市が機構改革へ―来年度、高齢者対策など強化 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
青山市長は7月人事で、23年度に見直す高齢者福祉計画策定を進める担当主幹を配置した。機構改革では総合的な高齢者施策推進に向けて「中核となる機構を考えたい」と述べた。 高齢者対策は、生きがいづくりや交通手段確保、介護や福祉分野など複数の部署の連携が不可欠 ...
HOYAとオリックス・レンテック、ポータブル内視鏡「ペンタックス ポータブルマルチスコープ」のレンタルサービスを開始 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
寝たきりや認知症の方を中心に、日本国内に26万人(社団法人全日本病院協会推計)の患者さんがおり、高齢化に伴いその数は増加しています。胃瘻に使用されるカテーテルは、数週間から数ヶ月に一度定期交換が必要ですが、留置位置の確認はこれまでレントゲンなどの検査を ...
高齢者の避難 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
住民同士が地図上に、独り暮らしの高齢者宅に印を付け、避難経路の安全や建物が倒壊する危険性のある道などの情報交換をした。 地区では全住民の所在と緊急連絡先の把握に努めている。校区の自主防災会長は「高齢者によって歩行できるか、寝たきりかなどの詳細な把握が、 ...
2011年08月21日()
「寝たきりの人 助けて」高齢の入居者多く 大阪・羽曳野火災 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「隣の人は寝たきりだから助けて」。21日夜、大阪府羽曳野市で4人が死傷した火災。出火した木造2階建てアパートは高齢の入居者も多く、被害を拡大させたとみられる。住宅密集地は静かな日曜の夜から一転、消防車のサイレンが鳴り響き、避難する住民らで騒然となった。 ...
大阪・羽曳野のアパート全焼、1人死亡2人意識不明 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
消防によると、アパート1階に5世帯6人、2階に3世帯4人が入居。付近住民によると住人は高齢者が多く、寝たきり状態の人もいたという。 現場は近鉄南大阪線古市駅の南約1キロの住宅街。住人男性から「煙が出ている」と119番があり約1時間20分後に鎮火。 ...
「ロボットスーツ」欧州で臨床試験へ 筑波大発VB - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
病気や事故で動かなくなった手足の動作の回復や症状進行の抑制を目指す。これまでロボットは介護やリハビリ用が中心だったが、医療応用で新市場の開拓を狙う。 サイバーダインの歩行補助用ロボットスーツHALを医療用に改良して使う。人が手足を動かそうとした時に体…
高齢者向けにベンチ設置 北広島 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【北広島】高齢者の割合が高い北広島団地の福祉関係者でつくる「北広島団地地区地域ケア会議」が、高齢者向けに木製ベンチの設置に取り組んでいる。昨年の15カ所に続き、今月上旬もバス停そばの11カ所に設置し、「買い物途中に一休みできる」と団地の高齢者に好評だ。 ...