介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年05月10日()
東建コーポ、マンション商品を発売 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー設計と外観・間取りともに機能性を追求した商品で、単身者のニーズに対応することで長期に渡って安定した経営を図る。 居室内をはじめ、外構、エントランス、共用廊下、玄関などすべての階でバリアフリー設計とした。また「高齢者等配慮対策等級3」に対応する ...
北九州舞台に新作映画 高齢者介護の現実描く - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
政令指定都市で最も高齢化率が高い北九州市を舞台に、高齢者介護の現実を描いた映画「命のタンゴ(仮題)」が製作される。14-27日に市内一円で行われるロケを前に10日、主演女優の秋吉久美子さんや映画関係者が北九州市役所を訪問。「少子高齢化社会の中、介護をし ...
二宮・介護の父絞殺事件初公判、被告が起訴内容認める/横浜地裁小田原支部 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護していた78歳の父親を絞殺したとして、殺人罪に問われている二宮町二宮、会社員廣瀬克己被告(48)の裁判員裁判初公判が10日、横浜地裁小田原支部(松原里美裁判長)で開かれた。廣瀬被告は起訴内容を認め、争点は情状に絞られた。 冒頭陳述で検察側は「父の三男さん ...
健康や介護の相談を、「看護の日」に合わせ市民病院がサービス実施へ/平塚 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
ナイチンゲールの誕生日に制定された「看護の日」に合わせて、平塚市民病院(同市南原、石山直巳病院長)は12日、市民向けのアロマセラピー(ハンドマッサージなど)や在宅介護相談などを専門スタッフが無料で受け付けるサービスを実施する。 今年で17回目を迎えた恒例 ...
有限会社アクア・オーパ(本社:神奈川県/代表:上村理)は、 2011年4月26日より、ウェブサイト~全国介護事業者検索サービス「かいごのガイド」~を開始致しました。 全国介護事業者検索サービス「かいごのガイド」は、介護サービスを利用される方、探している方に対し、 ...
認知症で前後不覚のまま町をさまよい、姿を消してしまう沢山のお年寄りたち。台湾では人通りの多い繁華街や駅の近くに大抵、失踪老人を探すポスターが貼ってある。ポスターには最新失踪者の無修正顔写真と、名前・身長・特徴・口癖・持病などのデータが細かく記されている ...
地域(市町村や県など)の病院や診療所、介護施設などの医療機関全体で、患者情報をネットワーク経由で共有できるという。 同サービスは、診察結果や医用画像、レポート、プロファイルなど、各医療機関が電子カルテシステムに個別登録している患者の情報を、中核となる ...
富士通、地域医療ネットワークシステム「HumanBridge」 - クラウド Watch (媒体での記事掲載終了)
同サービスは、中核病院、診療所、介護施設など地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などを、インターネットを介してどの医療機関からも確認できるようにするもの。 地域の医療機関では、地域住民に対する医療サービスの拡充 ...
大成建設、4床病室向け簡易型パーソナル空調システムを開発 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
全国の急性期病床や療養病床、老健施設等約230万床の内80?90%が4床病室と考えると、大きな市場規模が想定されます。 本システムの採用によって、イニシャルコストを抑えつつ病院の付加価値を向上させることが可能となり、競争が激化する病院経営の一助となると ...
介護施設に避難で高額の請求 - NHK (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災したお年寄りには介護サービス料の支払いの減免措置が取られることになっていますが、宮城県内で介護施設に避難した高齢者が減免の対象とならない高額の介護サービス料を請求されるケースが相次いでいることが分かりました。厚生労働省も「今の介護保険 ...
複数の医療機関の患者診療情報を安全に連携させ、地域医療のサービス拡充に貢献 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
本サービスは、中核病院や診療所、介護施設など、地域の複数の医療機関が個別に保持する診療情報、検査結果、医用画像、レポート情報などの患者の情報を、データセンターを中継し、ネットワーク経由でどの医療機関からも確認できるようにするものです。 ...
2011年05月09日()
三重発、ご当地アイドルは孫のよう 福祉施設でライブ中 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
3月26日、三重県四日市市尾平町の認知症対応型デイケア施設「みたきの家」。深緑色の衣装の3人が自己紹介すると、10人のお年寄りが目を細めて拍手した。 ドリーミーは、リーダーの豊田珠南(じゅな)さん(13)=四日市市=、中川穂乃佳(ほのか)さん(11)= ...
被災地で高齢者肺炎急増 体力・栄養状態の低下影響 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
「震災前まで歩いていた高齢者が避難生活の中で寝たきりになり、肺炎を引き起こすケースも多い。きちんとマスクをする、できるだけ体を動かすといった予防策とともに、高齢者が被災地をいったん離れて避難し、震災前の生活を思い出すことも重要だ」と矢内医師は話した。 ...
老人の9割で在宅養老を目指す、「9073」計画始動―中国天津 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
このため同市では、各コミュニティーごとにデイケア・ステーションを設置し、ヘルパーの技能訓練などを進めている。その上で2015年には、高齢者の90%がそれぞれの自宅、7%がコミュニティー内の老人アパート、3%は滞在型の老人ホームでそれぞれ養老する「9073」目標の ...
京都市、震災対策に重点 5月補正案で最大の309億円計上 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
市内の介護施設で東日本大震災の被災者に働いてもらうなど震災対策に重点を置いた。一般会計の予算総額は309億9800万円で、5月補正では過去最大となる。うち303億9800万円は震災への対策費用にあてる。 被災者の雇用対策事業には2億円を計上し、100人の枠を確保する。 ...
高齢者介護施設の1つ、デイサービス事業所に対して東京都は宿泊サービスを提供するときの基準を設け、届け出を義務付ける新しい制度を国に先駆けて今月から始めました。 デイサービスは通常、日中の6時間から8時間滞在する施設で、都内におよそ2000ヵ所ありますが、都が ...
育休取得、男性3.4% 鹿児島労働局調べ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
鹿児島労働局はこのほど、管内企業の「育児・介護休業」アンケート結果をまとめた。育休導入企業は90%を超え、94.4%の女性が取得・申請したのに対し、男性は3.4%にとどまった。鹿児島でも制度導入は進んでいるものの、「育休は女性のもの」との意識が強い実態 ...
「女性でない」と指摘の男性を傷害容疑で逮捕/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は、同日午前4時ごろ、同市西区のホテルで、藤沢市の介護士男性(31)を殴ったり、はさみで右ももを刺したりし、左眼窩(がんか)底骨折などのけがを負わせた、としている。 同署によると、2人は、同容疑者が女性を名乗っていた出会い系サイトを通じて知り合っ ...
認知症男性から現金詐取容疑 会社員を逮捕 札幌西署 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は2月21日、同市西区の認知症の男性(85)宅を訪れ、「灯油代を支払ってほしい」などとして現金約1万7千円をだまし取った疑い。 同署によると、男性は一人暮らし。佐々木容疑者は「男性とは顔見知りで、以前から認知症だと知っていた。 ...
育児世帯などに家改修補助金 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島県は本年度、子育て世帯や高齢者、障害者がいる世帯を対象に住宅リフォーム費用の一部を補助する制度を始める。子ども部屋の改修やバリアフリー化などで、10万円を上限に改修経費の10分の1を交付する。 県内に持ち家の住宅かマンションがあり、(1)18歳未満の子 ...
「介護に疲れ母親を殺害」 無職の長男を殺人未遂容疑で逮捕 警視庁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同署によると、初男容疑者は「寝たきりの母親の介護に疲れ、母親を殺して自分も死のうと思った」と供述。犯行後に自ら通報したといい、殺人容疑に切り替えて捜査する。 逮捕容疑は、9日午前2時半ごろ、自宅内で、タカさんの首を電気コードで締めて殺害しようとした ...
高齢者施設 96歳水死 職員を書類送検 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市南区の介護老人保健施設で昨年9月、入所者の女性(96)が入浴中に溺れて水死した事故で、福岡南署は9日、業務上過失致死の疑いで、施設の男性介護職員(24)を書類送検した。 送検容疑は昨年9月10日午前9時50分ごろ、女性を入浴用のリフト式の椅子に ...
日立製作所は9日、被保険者資格の管理や保険料の納付管理といった自治体の介護保険業務の事務システムをマルチテナント型のSaaSで提供する「ライフパートナー/P」を販売すると発表した。 日立では従来から「ライフパートナー/P」を個別導入型(オンプレミス型)やシングル ...
女性死亡、息子「介護に疲れ殺した」 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
女性の息子が「介護に疲れて殺した」などと話していて、警視庁は息子を逮捕する方針です。 午前3時すぎ、江東区大島の都営住宅で「母親を殺した」と63歳の息子から110番通報がありました。 警視庁で調べたところ、84歳の母親が首に電気コードを巻きつけられた状態 ...
女性死亡、息子「介護に疲れ殺した」 - TBS News-i (媒体での記事掲載終了)
9日未明、東京・江東区の都営住宅で84歳の女性が首を絞められ倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。女性の息子が「介護に疲れて殺した」などと話していて、警視庁は息子を逮捕する方針です。
認知症の男性から詐取、逮捕の決め手はビデオ映像 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者から灯油代金の支払いなどを装って現金をだまし取ったとして、30歳の男が逮捕されました。家族が撮影していたビデオが逮捕の決め手になったということです。 逮捕されたのは、札幌・豊平区の佐々木祐樹容疑者です。佐々木容疑者は、ことし2月、札幌・ ...
高齢者が9割の避難所、医療専門に転じ要介護者を積極受け入れ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地で、高齢者比率が約9割という避難所がある。震災直後に寝たきり、認知症などで介護が必要な高齢者が集まり、当初は体制が整わず“災害関連死”も相次いだ。しかし、医療・福祉の専門家が集結して手厚い態勢を敷いた結果、現在は要介護者を専門的に ...
「介護に疲れた」母親の首を絞めた疑いで63歳男を逮捕 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
同署によると、同容疑者は「寝たきりの母の介護に疲れてやった」と容疑を認めている。母親は病院に搬送後に死亡が確認されたため、同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。 逮捕容疑は9日午前2時半ごろ、自宅で母親のタカさん(84)の首を電気コードで絞めて殺害 ...
日立、SaaS型対応の自治体向け介護保険事務支援システム「ライフパートナー/P」を販売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、このたび、被保険者の資格の管理や保険料の納付管理といった自治体の介護保険業務の事務システムを、個別導入型(オンプレミス型)やシングルテナント方式(*1)のSaaS型で提供する介護保険事務支援 ...
母親の首絞める 長男を殺人未遂で逮捕へ - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
長男は「介護に疲れた」などと話しているという。 警視庁などによると、9日午前3時頃、「母親を殺した」と110番通報があった。警察官が駆けつけ、江東区大島の都営住宅の一室で、女性が首に電気コードが巻き付いた状態で布団の上に倒れているのを発見した。 ...
認知症治療7拠点 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
各病院の精神保健福祉士などの専門家が相談に応じ、診断や治療方針を決めるほか、介護サービス利用の調整、合併症や幻覚、徘徊(はい・かい)などの症状に対する入院治療などを支援する。 県によると、現在、県内の認知症高齢者は約3万6千人と推定される。 ...
入浴中 96歳溺れ死亡 福岡の老健施設 職員を書類送検へ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
福岡市南区の介護老人保健施設で昨年9月、入所していた女性(96)が入浴中に溺れて水死する事故が起きていたことが福岡県警の捜査関係者への取材で分かった。福岡南署は、介護職員が入浴用のリフト式の椅子に女性を十分に固定せず、目を離したために事故を招いた ...
2011年05月08日()
要介護申請2960件滞る/大震災で行政機能まひ - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は認定ができない場合、ケアマネジャーが独自に要介護度を判定する暫定ケアプランでの対応を通知しているが、専門家は「暫定プランではケアマネジャーが要介護度を低く見積もりがちで、十分なケアを受けられない懸念がある」と指摘する。 ...
要介護申請2960件滞る 大震災で行政機能まひ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は認定ができない場合、ケアマネジャーが独自に要介護度を判定する暫定ケアプランでの対応を通知しているが、専門家は「暫定プランではケアマネジャーが要介護度を低く見積もりがちで、十分なケアを受けられない懸念がある」と指摘する。 ...
要介護申請2960件滞る 大震災で行政機能まひ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は認定ができない場合、ケアマネジャーが独自に要介護度を判定する暫定ケアプランでの対応を通知しているが、専門家は「暫定プランではケアマネジャーが要介護度を低く見積もりがちで、十分なケアを受けられない懸念がある」と指摘する。 ...
全国公募で提案競技/新病院整備基本設計/魚沼市 - 日刊建設通信新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
新潟県立病院の再編により同市に移管されることとなった県立小出病院を活用し、計134床(一般病床90床、療養病床44床)、総延べ床面積約1万4800㎡規模の新市立病院として整備する。 事業概要によると、延べ約8800㎡の外来棟新築工事と5階建て延べ約6000㎡の既存西病棟改修 ...
避難所には「心のバリアフリー」があった - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
津波で鉄筋コンクリート製の建屋が全壊した仙台市内の高齢者福祉施設。職員の的確な避難誘導で、人的被害はなかったという(撮影:高嶋健夫) 震災当日、働く障害者と企業の経営者・管理者はどのように行動したのか。事業再開を目指したその後の数週間、動揺する障害のある ...
第2927号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
【症例】 パーキンソン病などで高度虚弱状態の高齢男性Aさんが,肺炎の入院加療を終えて居住している老人ホームへ退院してきた。数週間の入院加療で老衰はかなり進み,入院前は手引きで歩行していたAさんが,退院後は寝たきりで意思疎通が困難な状態になっていた。 ...
... 高齢世代は端境期と産業化のために老後に対応できなかったとし、現在の月9万ウォン程度の基礎老齢年金を18万ウォンに引き上げるべきだと主張した。また敬老堂と老人大学に対する支援を拡大して、入れ歯を健康保険適用対象に含むなど、政府が積極的に老人福祉に努める ...
要介護者、症状悪化の恐れ=避難所移動、多い拒否―医師グループ調査・東日本大震災 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災から2カ月近くになり、避難所で介護が必要とされる被災者の症状悪化が懸念されている。石巻赤十字病院(宮城県石巻市)の医師グループが避難所を調査した結果、社会福祉施設への移動を拒む要介護者が多い実態が明らかになった。調査に当たった石井正医師 ...
小規模特別養護老人ホーム(ミニ特養) - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
定員29人以下の小規模な介護老人福祉施設。自宅での介護が困難な高齢者が入所し、食事や入浴などの介助を受ける。介護保険法改正により、地域密着型サービスとして2006年度に始まった。平戸市長寿保険課によると、同市内でこうした居住系施設への入所を希望する待機 ...
京成グループが建設を進めていた住宅型有料老人ホーム「アビタシオン京成千葉中央」が10日、千葉市中央区の京成線千葉中央駅近くに開業する。所有する遊休地を有効活用し、収益向上と京成線沿線の魅力アップにつなげる取り組みの一環。同駅周辺では高齢化が進んでおり、 ...
地域で守れ「寿湯」の火 なくせぬ伝統、交流の場 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
中でも「湯船までバリアフリー」をうたっている点が、内風呂を利用するのが困難な高齢者にとっては大きな要素だった。 オープン以降、入湯料は府で定める上限よりも110円安い300円(小学生100円、幼児無料)に設定。ボイラーを稼働させるために必要な重油は1 ...
介護福祉士目指し猛勉強中 インドネシア男性3人 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本とインドネシアの経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士候補生として、2009年からたつの市揖西町の特別養護老人ホーム「桑の実園」で働き始めたインドネシア国籍の男性3人が、猛勉強に励んでいる。受験まで残り1年を切り、外国の人たちにとって難しい漢字や ...
2011年05月07日()
7病院を認知症治療拠点に指定 11日から相談受け付け - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県によると、現在、県内の認知症高齢者は約3万6千人と推定される。高齢化が進み、2020年には約4万7千人に増える見込みだという。 県高齢福祉課の担当者は「早期診断や治療により、認知症の進行を遅らせることができる。初期治療が重要だ」と話している。 ...
<舞踊>日舞の所作と目線でお年寄りと心を通わす 高齢者福祉施設職員に好評 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本舞踊家の西川瑞扇が高齢者福祉施設の職員らに日本舞踊の所作を指導、マナー向上に貢献している。日舞の丁寧なしぐさで相手を思いやる心が伝わり、施設のお年寄りから「ありがとう」と感謝されるという。瑞扇は東日本大震災の被災者にも目を向ける。 ...
「盗られ妄想」 「夕方症状群」… 高齢者の精神症状学ぶ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者に多く見られる精神症状について学ぶ講演会が七日、宇都宮市若草の「とちぎ福祉プラザ」であり、県内のケアマネジャーやソーシャルワーカー計二百十人が参加した。 東京都の精神科医、竹中星郎さん(69)が「高齢者の脳と心-老年精神科の臨床から」の演題で話 ...
【被災地を駆けた無名戦士たち】 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
震災から4日後の3月15日、福島県災害対策本部に避難者の受け入れを申し出た。 数日後、ホーシェンさんの元に対策本部から連絡ががあった。「ホーシェンさん、お願いがあるんですが…」。職員はこう切り出すと、重い口を開いた。「介護が必要で、寝たきりの高齢避難者を ...
台湾出身の歌手・謝さん 15日に被災地支援公演 久留米市で - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
久留米市内の高齢者福祉施設で慰問活動を行うなど音楽活動を続け、CD「追分おんな節」「幸せ夢みて」(キングレコード)を発売し、全国デビューした。 東日本大震災について「大勢の人が家族や友人、家、田畑などを失い心が痛む。日本のみなさんの温かさと応援で歌手を ...
被災地支援で車両提供へ 釧路 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【釧路】釧路市内の介護・福祉関係者有志が、東日本大震災の被災地に無償提供する自動車を探している。現地では訪問介護の送迎用の車などが津波で大量に流され、不足しているためで、関係者は「サービスを受けられずに困っている高齢者らを側面から支援したい」と車の提供 ...
大洋作業所木工部にレーザー加工機 - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
美浜町和田にある社会福祉法人太陽福祉会の太陽作業所は、今年度から生活介護と就労継続支援B型の多機能事業所として新たなスタートを切った。昨年度の施設増改築により、障害の重い利用者らの作業環境は向上したが、仕事量は以前と変わらず、利用者に支払われる工賃も県 ...
多機能介護事業所、普及進まず - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
デイサービスの「通い」、ショートステイの「泊まり」、ホームヘルパーの「訪問」という三つの機能を兼ね備えた新タイプの介護事業所「小規模多機能ホーム」が県内で20カ所を超えた。24時間365日、地域密着型のケアを受けられる「介護のコンビニ」として普及が期待されて ...
宇都宮市と旧大平町、認知症の理解広がる モデル事業で成果 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者支援体制構築のモデル地域に指定された宇都宮市と栃木市大平町(旧大平町)が3月末で、それぞれ2年間の事業を終えた。宇都宮市は介護関係者を中心に認識が深まり、旧大平町は理解者の広がりに成果が見られた。 宇都宮市は地域特性の異なる3地区を選定 ...
県東部の自治体病院を再編 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
赤磐医師会病院(同市下市)に病床を移し、回復期のリハビリテーション病棟として増築整備する。同市民病院は建て替えて在宅療養支援診療所とし、訪問診療や訪問介護を担う。 瀬戸内市民病院(同市邑久町山田庄)も耐震化に合わせて回復期リハビリ病棟を新たに設ける。 ...
ネットで在庫・顧客管理 「e-商店街システム」開発 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
徳島市のNPO法人「どりーまぁサービス」と連携し、高齢者や要介護者など外出が困難な「買い物弱者」への宅配サービスにも取り組む。 携帯電話で会員登録をすると、商品を電子メールで簡単に注文でき、同NPOのホームヘルパーらが配達を担当。郊外型大型量販店の台頭 ...
認知症医療センター、11日に業務開始 県指定の7病院 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は6日、認知症の診断・治療に当たる「認知症疾患医療センター」に指定した岐阜病院(岐阜市)など7病院で11日から業務を始める、と発表した。 同センターは2月時点で31道府県の98病院が指定されている。2010年時点の県内の認知症患者は推計3万6000人 ...
家族を守る 震災 乗り越える工夫<7> 地域の連携 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
多くの建物が倒壊するなど被害は大きかったが、避難はスムーズだった。 地震前に同市と合併した旧門前町は、独り暮らしや寝たきりのお年寄りの所在を示す「高齢者マップ」を作り、民生委員に渡していた。民生委員とそれを支える福祉推進員は高齢者宅を月一回訪問。 ...
2011年05月06日()
家族を守る 震災 乗り越える工夫<7> 地域の連携 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
多くの建物が倒壊するなど被害は大きかったが、避難はスムーズだった。 地震前に同市と合併した旧門前町は、独り暮らしや寝たきりのお年寄りの所在を示す「高齢者マップ」を作り、民生委員に渡していた。民生委員とそれを支える福祉推進員は高齢者宅を月一回訪問。 ...
中国で薬物防止CM出演の酒井法子 芸能界復帰予定ないと明かす - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
薬物対策施設・高齢者福祉施設の慰問や薬物乱用防止の公共CM撮影などの公益活動を行ったが、その際、地元日本語情報誌のインタビューに応えていたことがわかった。 酒井法子さんのインタビューを報じたのは、中国で発行されている日本語雑誌「City bros」(北京版)。 ...
惨事ストレス、認知症にどう対応 震災と病(5) - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
被災地や事故現場には消防士や警察官、自衛官らが直ちに駆けつける。こうした職業的救援者は活動を通じて大きなストレスを受ける。「惨事ストレス」と呼ばれ、きちんと対応することが重要だ。 惨事ストレスは、現場に赴き悲惨でグロテスクな状況を目の当たりにした救援者 ...
1人で母と姉を介護 母を殺害、姉を殺害未遂 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
県警姶良署によると、北原容疑者は母と姉の2人を1人で介護。母は介護がないと生活できず、姉は寝たきりで意識もほぼない状態。母の介護をしながら毎日姉の施設にも通っていた。警察関係者は「本人は介護疲れとは言っていないが、つらい部分があったと思う」としている。
■本セミナーは特に、病院・介護施設の経営者の方々を対象と致しております。 今回の原発事故で電力の供給制限や大停電の可能性が今後2-3年は継続する恐れがあります。このような状況において病院・介護施設では室温を上げないで電力を確保し夏の暑さを乗り切るために ...
高齢者だけの世帯、30年で2倍に 都調査 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が介護する「老老介護」も目立っている。 調査は10年10~11月に都内の高齢者6000人を対象に実施。約4800人から回答を得た。 1人暮らしをしている高齢者の割合は18.9%。80年度調査の11.1%から大幅に増えた。昨年、都内で高齢者の所在不明問題が相次いだが、自治体 ...
自治体病院の再編素案示す - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
赤磐医師会病院(同市下市)に病床を移し、回復期のリハビリテーション病棟として増築整備する。同市民病院は建て替えて在宅療養支援診療所とし、訪問診療や訪問介護を担う。 瀬戸内市民病院(同市邑久町山田庄)も耐震化に合わせて回復期リハビリ病棟を新たに設ける。 ...
岩国高広瀬分校で茶摘み交流 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
生徒のほか、地元の小中学生、高齢者福祉施設の入所者たち計約170人が参加。校内にある全長約500メートルの茶垣から、黄緑色の新芽計20・5キロを摘んだ。 茶摘みは毎年、八十八夜の前後に企画。今年も錦清流小の児童と錦中の生徒、近隣の4施設で暮らすお年寄りを ...
「一日中介護」が半数 京の「家族の会」アンケート - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
「認知症の人と家族の会」(京都市上京区)は、介護生活の実態把握のため、会員らに実施したアンケートの結果をまとめた。在宅介護で、「一日中介護」と答えた人は半数に上り、気の休まらない介護の現状が浮かんだ。8割以上の人は、自分や家族が認知症になった場合の ...
入所中の姉を殺人未遂疑い 介護の妹逮捕、同居母も死亡 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
同署は粘着テープを凶器と断定し、姉に対する殺人未遂容疑で逮捕した。姉の命に別条はない。 姉は意識や皮膚の感覚がない状態で入所している。母は自分で歩くことができず、北原容疑者は1人で母と姉の介護をしていたという。 逮捕容疑は、5日午後6時ごろ、姶良市の老人 ...
寝たきりの姉に粘着テープ…65歳女、介護していた母も殺害か - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
母親は布団で倒れていた。遺体に目立った外傷はない。 逮捕容疑は5日午後6時ごろ、姶良市の老人保健施設で姉を殺害しようとした疑い。県警によると「死なせてあげたかった」と供述している。 県警によると、女は同居の母の介護をしながら、姉が入所する施設に通ってい ...
厚労省、介護保険料の納付年齢引き下げ検討へ - 保険市場タイムズ (媒体での記事掲載終了)
政府が進める「税と社会保障の一体改革」で厚生労働省は、介護保険料の納付年齢を現行の40歳以上から引き下げ、40歳未満にも拡大する検討に入った。 高齢化により介護給付費が増え続けているため、負担する年齢を拡大することで、介護保険の財政基盤を強化したいため ...
2011年05月05日()
節電とバリアフリー - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、そのころは「バリアフリー」という言葉がまだ一般に知られていない時代でもありました。駅の構内や地下通路などでは、照明が消され、エスカレーターも止まっているところが多いのですが、障害者や高齢者のことは十分考えられているのでしょうか。 ...
筋力補助スーツで復旧作業支援 北大発のベンチャー開発 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
農場や介護現場など中腰姿勢が続く労働者の腰の負担を和らげる装置で、がれき除去など中腰が多い復旧作業の負担軽減につながっている。 この筋力補助装置は、北大大学院情報科学研究科の田中孝之准教授と同社が2008年に開発。動力措置はなく、1着400グラ… ...
社会保障改革 原案基に策定を - NHK (媒体での記事掲載終了)
社会保障と税の一体改革を巡って、菅総理大臣は、総理大臣公邸で、細川厚生労働大臣、与謝野経済財政担当大臣と会談し、世帯の年収に応じて医療や介護などにかかる自己負担額の合計に上限を設けるなどとした厚生労働省の原案を基に、来月、政府の改革案を取りまとめる方針 ...
介護保険制度 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の社会化を目的に2000年度にスタート。40歳以上が保険料を払い、要介護認定を受けた原則65歳以上が介護サービスを利用できる。利用者負担は介護費用の原則1割で、介護費用から利用者負担を除いたものが給付費。この50%を国、都道府県、市町村が負担、残り ...
2011年05月04日()
日本のタブー、増税せずに地震から復興する方法=為替王 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
A: 復興予算として最低10兆円必要などと言われていますが、現在、日本は高齢者を支えるために、毎年約30兆円も使っています。しかも、高齢化に伴い年々1兆円ずつ増えています。 Q: 復興予算よりも、高齢者福祉予算のほうが莫大なんですね。 ...
特別養護老人ホーム芦花ホーム医師の石飛幸三氏を講師に招き、寝たきりになった高齢者の食事法などについて学んだ。 石坂氏は「口から食べ物が食べられなくなると、胃ろうという方法をとってきた。しかし、お腹が空けば、その人たちも自然と口を空けて、口から食べ物を ...
同資格を取得すると、特別養護老人ホーム、通所サービス施設、訪問看護ステーション、訪問入浴サービス会社、居宅介護サービスを行う事業所等で働くことが可能です。仕事内容は、身体介護、食事・排泄・入浴のサポート、家事援助など。ヘルパー登録すれば短時間勤務も。 ...
「40歳未満も負担」提案へ 介護保険料、一体改革で - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は4日までに、社会保障と税の一体改革で、介護保険サービスの費用増大に対応するため、保険料負担の対象年齢を現行の40歳以上から引き下げることを提案する検討に入った。 保険料支払い対象を「40歳未満」に拡大し、介護保険財政を安定させて、サービスの ...
ケータイでドア解錠 鹿児島寺岡オートドア - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
多数の部屋の一括管理に向いており、4月から鹿児島市の老健施設などで導入を始めた。 おサイフケータイ機能を使った解錠は、扉付近に設置した読み取り機に、登録した携帯電話をかざして鍵を開ける。携帯電話には1000件を登録できるので、管理者は、複数の鍵を ...
「40歳未満も負担」提案へ 介護保険料、一体改革で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は4日までに、社会保障と税の一体改革で、介護保険サービスの費用増大に対応するため、保険料負担の対象年齢を現行の40歳以上から引き下げることを提案する検討に入った。 保険料支払い対象を「40歳未満」に拡大し、介護保険財政を安定させて、サービスの ...
認知症正しく知って 苫小牧の認知症連携担当者の桃井さんが啓発に尽力 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
桃井さんは今春、市内の小学校が高齢者グループホームで行った総合学習で講師を担い、子供たちに認知症について分かりやすく伝えた。 また、グループホームでの高校生ボランティア体験行事のアドバイザーも務め、認知症の人々を支える大切さを呼び掛けた。 ...
ネット削除、動く警察 「みる・きく・はなす」はいま - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
重度認知症などで入院する94人を付属の体育館に避難させた。1回の食事はおにぎり1個。患者は空腹と寒さで悲鳴を上げた。 電話は断たれ、町役場は機能不全に陥っていた。「どうやってSOSを出せばいいのか」。食料がほぼ尽きた14日、鈴木健院長(37)は携帯電話 ...
認知症被災者の対応マニュアル - NHK (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災による避難生活が長期化する中で、環境の変化に弱い認知症の人の症状が悪化するおそれがあるとして、日本認知症学会が、対応の方法をまとめたマニュアルを作りました。 マニュアルは、認知症の人の家族や介護職向けの「介護用」と、被災地で診療に当たって ...
2011年05月03日()
介護保険料の納付、40歳未満に拡大検討 厚労省 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、政府が進めている「税と社会保障の一体改革」で、介護保険料を納付する対象者を40歳未満に広げる案を提示する方針だ。高齢化で介護の給付費は増え続ける見通しで、保険料を負担する人の裾野を広げ、介護保険の財政基盤を強化する狙い。 ...
介護職員、新規採用で目立つ30歳未満と50歳以上 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
介護事業者を対象にセキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が毎月行っている介護職採用実態調査の3月結果が発表された。 調査は、介護事業者1009に対し、3月に新規雇用を行なったか尋ねたところ、「はい」が65.7%、「いいえ」が34.3%となった。 ...
鹿児島市の認知症介護相談所がスタート - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島市の「認知症介護の相談所」事業が2日始まり、同市伊敷台1丁目の伊敷台福祉館で開所式が行われた。毎月1回、市内の地域福祉館など33カ所に窓口を設け、介護経験のある相談員が話を聞く。 認知症に関する相談や情報提供を行い、認知症の人や家族の精神的負担 ...
心の支援 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
セラピー犬とともに四月、被災者の心を癒やすために仙台市の高齢者福祉施設などを訪れたNPO法人理事長は話す。 東日本大震災の発生からもうすぐ二カ月。がれきの撤去など少しずつ復興に向けて作業が進められている。だが、建物やインフラが整えば復興というわけでは ...
厚労省、小規模多多機能型居宅介護で障がい者の宿泊を可能にする - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2011年4月27日に、介護保険法で定められている「小規模多機能型居宅介護」の事業所で、障がい児や障がい者への宿泊サービスを提供するように省令を改正する方針を定めた。現時点では構造改革特区以外では認められていないが、これを全国で認められるように ...
青山室蘭市長初の記者会見、可能性伸ばせるマチへ - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
コミュニティーバス事業は「高齢者保健福祉計画見直しのタイミングでもあり、室蘭の交通体系全体の中で高齢者、移動困難者のための重要なテーマ。実施に向け関係者を集めた協議会を立ち上げ道筋を付けたい」考え。協議会は「運行形態や車の配置、路線などを検討する」と ...
2011年05月02日()
「県内最高齢男性」106歳の住民票削除 所在つかめず - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢者福祉課は「普段は伊豆市の知人宅にいて4~6カ月に1度しか戻らないとの説明だった。女性とは40年ほど内縁関係にあるといい、同年7月に数日、女性宅に泊まったと女性の次女からも聞き、事実だと信じた」としている。 今年1月末に焼津市の水田誠一さん ...
全国民が同額負担の「共通年金」を 大商、社会保障制度改革で提言 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
提言では、税金は医療・介護制度に優先投入し、公的年金制度については社会保険方式の枠組みを維持するべきだと強調した。 医療・介護制度については、制度の効率化や適正化に引き続き取り組み、症状に合わせて適切な対応が図られるように医療と介護を一体的に見直すべき ...
NPO法人ねこやなぎ、指定相談支援事業所を開設 - 北海民友新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度のケアマネージャーに相当する。市内では紋別市社会福祉協議会と紋別市百年記念福祉会が設置しているが、身体と知的が主な対象で、精神を柱とする相談支援事業所は初めて。 管理者の高橋さんは紋別市社会福祉協議会で5年以上の実務経験があり、相談支援専門員 ...
認知症について考える - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「痴呆(ちほう)」の呼び名が「認知症」に変わってしばらくたちました。痴呆を日本で最初に社会的問題として取り上げたのは、1972年に出版された作家有吉佐和子の小説「恍惚(こうこつ)の人」でした。 日本人の認知症の割合は、65歳以上ではまだ低いのです ...
【埼玉】 生活弱者向け住居を提供へ 羽生 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象は、産後の妊婦や障害者、要介護の高齢者など、避難所での生活が難しい人とその家族。新しい住居を見つけるまでの一時的な生活の場として、羽生市内にある介護施設や空き家を利用してもらう。 介護施設では個室などを間借りし、負担は毎日の食事代七百円のみ。 ...
3県被災地を福祉モデル地区に/政府検討へ - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人福祉施設や病院などを中核に、地域の在宅医療・介護の充実を図る。高齢者比率の高い被災地の復興の新たな街づくりには医療・福祉機能の充実が不可欠と判断した。 宮城、岩手両県の沿岸部では津波により老人福祉施設53施設が壊滅的被害を受け使用不能となっている。 ...
3県被災地を福祉モデル地区に 政府検討へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
政府は2日、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県沿岸部を「医療・福祉モデル地区」として優先整備する方向で検討に入った。老人福祉施設や病院などを中核に、地域の在宅医療・介護の充実を図る。高齢者比率の高い被災地の復興の新たな街づくり ...
2011年05月01日()
石巻の障害者施設支援へ 東松山の福祉団体、職員ら派遣 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
避難所での生活が困難な障害者らのために、介護やレクリエーションを通じた心のケア、炊き出しといった支援を続ける方針だ。 支援協議会は4月23、24日に仙台市と石巻市の福祉施設を現地調査し、石巻市の「ひたかみ園」を支援することにした。 ...
3県被災地を福祉モデル地区に 政府検討へ - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
老人福祉施設や病院などを中核に、地域の在宅医療・介護の充実を図る。高齢者比率の高い被災地の復興の新たな街づくりには医療・福祉機能の充実が不可欠と判断した。 宮城、岩手両県の沿岸部では津波により老人福祉施設53施設が壊滅的被害を受け使用不能となっている。 ...
3県被災地を福祉モデル地区に 政府検討へ - デイリースポーツ (媒体での記事掲載終了)
老人福祉施設や病院などを中核に、地域の在宅医療・介護の充実を図る。高齢者比率の高い被災地の復興の新たな街づくりには医療・福祉機能の充実が不可欠と判断した。 宮城、岩手両県の沿岸部では津波により老人福祉施設53施設が壊滅的被害を受け使用不能となっている。 ...
生活弱者向け住居を提供へ 羽生 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象は、産後の妊婦や障害者、要介護の高齢者など、避難所での生活が難しい人とその家族。新しい住居を見つけるまでの一時的な生活の場として、羽生市内にある介護施設や空き家を利用してもらう。 介護施設では個室などを間借りし、負担は毎日の食事代七百円のみ。 ...
東日本大震災:「待っていても仕方ない」GW迎え避難所を離れる家族も/川崎 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
障害などで介護を必要としている高齢者が4人おり、一同が近くで住める場所を希望していた。 だが、当選した住宅は幸区と中原区に1軒ずつ離れており、助け合うには遠すぎる。介護サービスを利用したとしても、食事や入浴の世話などは家族の助けがないと、回らない。 ...
30日午前11時40分ごろ、流山市向小金3の介護施設駐車場で、塾講師、伊藤泰代さん(53)=松戸市上本郷2777の1=が運転する乗用車が外壁など3カ所に衝突した。伊藤さんは胸などを強く打ち重体で、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。 ...
介護職員の3月退職、減少傾向 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が毎月実施している介護職員の退職実態調査の3月結果が発表された。 調査では、介護事業者1003法人に対し、3月の従業員の退職について実施。調査では初めに退職者がいたか尋ねたところ、「はい」が68.9%、「いいえ」 ...
40歳未満の発症者13人 県が若年性認知症調査 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
40歳未満の若年性認知症発症者が県内に少なくとも13人いることが、30日までに分かった。65歳未満で発症する若年性認知症について、県が昨年度初めて実態調査を行い、詳細な結果を公表した。40歳以上も含めた発症者は、少なくとも456人。このうち障害者手帳を持たない人 ...
被災地で高齢者介護、県内施設職員が気仙沼入り/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災し避難生活を続けている高齢の要援護者を介護するため、県内6法人10施設の介護職員10人が30日、宮城県気仙沼市に入った。定員超過の状況が続く高齢者施設などで支援活動に当たる。 10人は、横浜、川崎、横須賀、厚木、海老名の各市内にある特別養護 ...
「成年後見」支援に課題 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
身寄りのない認知症の高齢者が介護サービスや施設入所の契約、預貯金などの財産管理をすることが難しいというケースがある。不利益な契約を結んだり、悪徳商法の被害に遭ったりすることを避けるためにあるのが成年後見制度だ。だが、こうした高齢者と後見制度をつなぐ ...
成年後見の市町村長申し立て増加 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
身寄りがない認知症高齢者らを支援するため、市町村長が親族に代わって成年後見制度の適用を家庭裁判所に申し立てる「市町村長申し立て」が県内でも増えている。青森市が2010年度に行った申し立ては9件と、前年度の2件から大きく伸びている。背景に頼れる血縁者がおらず ...