介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年03月31日()
津波がなかったら…内定取り消しの18歳 悔しさ消えず一人で泣いた - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
池田さんは中学の課外授業で高齢者福祉施設を訪れ、自分の知らない昔の出来事を方言で優しく語ってくれる高齢者と接する楽しさを知った。「お年寄りの力になりたい」。いつしかそう思うようになり、昨年10月、市内の特別養護老人ホームで念願の内定を得た。 ...
道内へ転院 3千人分確保 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
このうち内科、外科、産婦人科などの「一般病床」が2129人分。主に高齢者が長期間入院する「療養病床」が380人分、精神疾患の患者向けの「精神病床」が507人分だった。 実際の受け入れは、被災地の病院が、患者の意向を確認して道などと調整する。 ...
避難所の寝たきり男性 ベテラン看護師の魔法で歩き始める - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
ある日の回診では、避難所で寝たきりになった高齢の男性に「立ち上がれるおまじないをしてあげる」と宣言。足を揉んでからツボ押しすると、男性はゆっくりと立ち上がって歩き始めた。家族は「じいちゃんが歩いた」とびっくり。さらに、不眠に苦しむ73才女性に「眠れるおまじないを ...
川崎市高齢社会福祉総合センター(川崎市多摩区長沢)では、訪問介護員(ホームヘルパー)養成研修2級課程の受講希望者を募集している。この研修ではホームヘルパー業務に必要な基本的知識や技術を講義や実技などで学べる。 5月から10月までの原則火曜と金曜に開催。 ...
毎年4月から12月までの第1日曜日に綾瀬市文化会館駐車場で開かれる朝市の実行委員会会長、青柳愼さんが福島県内からの避難者61人が滞在する高齢者福祉会館を訪れ、3日(日)に催される朝市への来場を呼びかけた。青柳さんは「綾瀬の朝市にお越しいただき、元気を出して ...
介護ケア付き仮設住宅を 医療再建も、民主が提言 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
いすでスペースを仕切り、棚の代わりにするなど工夫しながら生活している=27日、宮城県石巻市 民主党の厚生労働部門会議は31日、東日本大震災の復旧・復興に関する特別立法の整備に向け、仮設住宅で暮らしながら介護サービスを受けられる「ケア付き仮設住宅」の建設 ...
東日本大震災、家族を案じるスイスの日本人 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
東京でケアマネージャーをしている妹は「計画停電でヘルパーさんたちが高齢者の世話に神経をとがらせ、夜中でも電話してくる。疲れていてニュースを観る暇もない」と言う。 中村さんはスイスで日本の情報を見ていて「実際日本政府は、問題はないと今の状況を発表はするが ...
「災害弱者」になかなか届かぬ支援 てんてこまいで疲労困憊の介護職員 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
仙台市は、市内30の施設を「福祉避難所」に指定、避難所での生活が難しい障害者や認知症の高齢者を受け入れてきた。約230人。どこも満員状態だ。(河北新報3月31日) その一つ、宮城野区の障害者生活支援センター「ハンズ宮城野」では3月25日現在、認知症の高齢者や心身 ...
1.介護保険制度の仕組みと介護事業者情報 - 週刊福祉新聞 (媒体での記事掲載終了)
WAM NETでは介護保険制度の円滑な実施を支援することを目的として、 介護事業者情報を提供しています。 介護事業者情報では、全国の介護サービス事業者を検索することができます(図1)。 介護事業者情報は各都道府県から提供された情報と会員登録している各指定 ...
避難者で定員超、損壊も 特養ホーム運営難航 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の影響で、県内の特別養護老人ホームなど高齢者福祉施設が厳しい運営を迫られている。一部施設では建物が損壊し、入所者が一時避難するケースもあるほか、福島第1原発事故で避難してきた福島県の特養ホーム入所者は、定員を超えても受け入れを進めている。 ...
佐賀知事選アンケート 候補者にここが聞きたい<下> - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
これからは施設と併せて地域で暮らすことの支援がより求められていくと考えます。宅老所、地域共生ステーションや障碍者のためのグループホーム設置など、県が進めるオリジナルの地域福祉をこれからも進めていきます。また介護予防対策をより充実させていきます。
「神戸布引ハーブ園/ロープウェイ」グランドオープン-「ハーブの足湯」も新設 - 神戸経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
全55台車いす対応で乗降時の段差もなく、高齢者、障害者にも優しいバリアフリー対応になっている。 約200種7万5000株の四季折々のハーブと花を栽培する同園は、市街地に隣接しロープウエーを備えたハーブ園としては国内最大級を誇る。グラスハウス(温室)では、1年 ...
(3/25)ヤンセンと武田、認知症薬を10年ぶり発売 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループの製薬会社、ヤンセンファーマ(東京・千代田)と武田薬品工業は国内では10年ぶりのアルツハイマー型認知症治療薬となる「レミニール」を発売した。神経伝達物質であるアセチルコリンの濃度を高めるとともに神経伝達 ...
介護疲れ母親切りつける 殺人未遂疑いで長男逮捕 福島 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は、16日午前5時ごろ、自宅で介護していた認知症の母親(80)を殺害しようと、カッターナイフのような刃物で首を切りつけた疑い。母親は全治1週間の軽いけがをした。 同署の調べによると、半沢容疑者は母親を切りつけた後、包丁で自分の腹部を刺してけがを ...
福島から避難の100歳女性2人死亡 笛吹の老人ホーム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
施設によると、2人は福島県南相馬市の特別養護老人ホームに入所していたが、原発事故を受けて横浜市の老健施設に集団で避難。2、3日過ごしたが想定以上の人が集まったため十分なケアが受けられず、要請を受けた笛吹市の施設に23日、移動した。 ...
2011年03月30日()
仕事・介護・食事・衣服も- 自立険しい道のり - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
長期の共同生活にプライバシーの問題や要介護者の受け入れ先の課題もある。この日も車いすの男女約十人の部屋が二階になっていたため、急きょ一階の別の部屋を手配するハプニングも。 衣食住の「住」以外についても、今後の見通しは立たない。 ...
高齢者施設の被災者受け入れ 定員1割超を要請 宮城県 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災でデイサービス事業所など在宅介護の拠点施設が多数被災したことを受け、宮城県は県内の高齢者福祉施設に対し、最低でも定員の1割以上の高齢者を受け入れるよう要請した。最大1000人規模の受け入れ先確保を目指す。 要請は29日付。 ...
要援護者 届かぬ手 知的・精神障害者や高齢者 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市は、指定避難所での生活が難しい障害者や認知症の高齢者らを、市内の福祉施設で受け入れているが、施設は満員状態だ。自宅や家族を失った障害者も多く、市は、今後の受け入れ態勢の整備を急いでいる。 市は、福祉施設や特別養護老人ホームを、ケアが必要な高齢者ら ...
清水建設、バリアフリー条例に対応した建物評価手法を開発 - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
BF条例は新法以上に詳細なユニバーサルデザイン(UD)対策を義務づける上、新法で適用除外のマンションといった施設に対象が拡大する。同社は今後、規制対応や建物の競争力強化のため、オフィスビルなどで改修ニーズが顕在化すると見ている。 ...
JTVN、バリアフリー情報整備に着手-車いすの外出サポート - 日刊工業新聞 (媒体での記事掲載終了)
NPO法人ジャパン・トラベルボランティア・ネットワーク(JTVN、東京都多摩市、五島マサ子代表、042・372・8501)は、障害者や高齢者の外出支援サイト「ほほほネット」を立ち上げた。車いす利用者によるバリアフリートイレの調査情報など障害者が旅行を ...
避難者で定員超、損壊も 県内特養ホーム運営難航 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の影響で、県内の特別養護老人ホームなど高齢者福祉施設が厳しい運営を迫られている。一部施設では建物が損壊し、入所者が一時避難するケースもあるほか、福島第1原発事故で避難してきた福島県の特養ホーム入所者は、定員を超えても受け入れを進めている。 ...
市民の助け合いで災害にも強い福祉都市横浜を! - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
この仕組みを整備すれば、すでに区内で実践している小規模多機能の高齢者福祉サービス、小規模保育室、学童クラブなど多様なサービスを拡充することができます。 地域福祉・地域防災の充実は広域ではできません。町別に必要な高齢者福祉サービスをつくる、町別に地域防災 ...
未来をひらく 新鮮力!安心・安全・安定の港南区 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢社会に対応した地域見守りネットワークを推進し、高齢者にやさしい公共交通の整備も重要です。 増加しているうつ病の総合対策の推進や、ドクターカーを始めとする緊急医療体制の構築を目指します。また、3人に1人が発症するがんの対策としては身体の負荷の少ない ...
安心・安全な故郷住み続けられる港南区に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者が安心して暮らし続けられるように、特養ホームや認知症高齢者グループホーム等の施設整備と在宅サービスの充実が必要です。加えて介護従事者の人材不足を解消する施策も重要です。さらに、歩道整備など、まちのバリアフリー化を進め、すべての人が外出できる環境を ...
防災について - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
また、災害弱者と言われる高齢者・要介護者・寝たきりの方々・乳幼児の避難対策についても再検討する必要があります。 県立高校など、避難場所となる公的建物の耐震化対策も遅れています。安心して避難するためにも、耐震化対策を早急に進めるべきです。
横浜の女性市民184万人の声を市政へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
横浜市民は4人に1人が65歳以上の高齢者、さらに子供は減少しており、高齢者福祉、子育て支援対策は喫緊の課題です。 課題解決には、主婦、母親の体験に基づく母親・主婦の目線による施策の立案・実践が必要です。私、高橋のりみは42歳、サラリーマンの夫と大学・高校・ ...
内容は、今年から承認された新認知症治療薬の副作用や選択についてなど、質問も受け付ける。関心や興味のある人は誰でも参加可能。申し込みは不要。問合せは、青葉区社会福祉協議会【電話】045・972・8836(担当・桑田さん)まで。 ケータイで左のQRコードを ...
定員130床に228人―。3月19日、被災した福島県南相馬市の高齢者施設利用者を独自に受け入れた、区内の介護老人保健施設「老健リハビリよこはま」(都直人理事長=金が谷)。同施設内では、職員やボランティアが数日間にわたり奮闘した。 同施設と南相馬市福祉会の ...
1、鶴見をより活気のある街に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化は鶴見でも同様です。今後は定年後に活躍できる環境づくりや、介護・医療年金制度の充実、障害者とともに生きる街づくりなど、高齢者福祉に関する取り組みが必要になる一方、少子化に歯止めをかけるための子育て支援も急務。これを両輪として、バランスよく対策 ...
ホームヘルパー2級特別受講料に!! - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
受講料は開校記念で通常79000円→70000円に。同学院提携機関に就業すれば、受講料全額キャッシュバック制度も。希望者はまずは説明会へ。また、長津田及び上大岡教室では、介護福祉士・ケアマネージャー無料受験対策講座申込み受付中。 ...
東日本大震災、家族を案じるスイスの日本人 - swissinfo.ch (媒体での記事掲載終了)
東京でケアマネージャーをしている妹は「計画停電でヘルパーさんたちが高齢者の世話に神経をとがらせ、夜中でも電話してくる。疲れていてニュースを観る暇もない」と言う。 ダンス教師として働く、ベルンのヴィッガー斉藤靖子さん ( 40代 ) も日本とのギャップを感じた。 ...
認知症を地域で支えよう 肝付町で徘徊模擬訓練 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
訓練はいい取り組みだと思う」と話した。 町福祉課によると、同町の高齢化率は約36%と、県内自治体で4番目に高い。前野博課長(57)は「今後も認知症を意識付けるために訓練を継続し、認知症も含めた要援護者を支える体制づくりを進めたい」と話した。
突然の介護。それは芸能人にとっても例外ではない。タレントで画家の城戸真亜子(49)は、壊れゆく義母の記憶と生活を“独自の方法”で守りながら、絵画も続けている。 城戸の介護は、2004年7月に始まった。義父が倒れ入院したことがきっかけ。 ...
介護予防の指導者 2千人に 釧路 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【釧路】釧路発祥で全国に広がる介護予防運動「ふまねっと」の活動で、指導を行うインストラクターとサポーターが合計2千人を超えた。関係者は「活動は持続的な地域福祉やまちづくりまで視野に入れている」として、さらなる拡大に期待を込めている。 ...
保育所と老人ホーム併設 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
保育所と介護付き有料老人ホームを併設した施設が4月1日、山口市朝田で開所する。お年寄りが日常生活の中で乳幼児と触れ合えるようにするのが特徴。山口県などによると、保育所と老人ホームの併設は県内で初めて。 社会福祉法人同朋福祉会(美祢市)が運営する認可保育 ...
明治安田生命、利率変動型一時払逓増終身保険の最低保障予定利率を引き下げ - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
明治安田生命は3月24日、提携金融機関で取り扱う5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険、5年ごと利差配当付利率変動型一時払逓増終身保険(介護保障型)の最低保証予定利率について、4月1日新契約分から現行の1.5%を0.3%引き下げ、1.2%に改定すると発表 ...
介護の際に自治体のサービスを利用した人は3割強・保険制度活用も3割近く - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
マイボイスコムは2011年2月25日、介護に関する調査結果を発表した。それによると調査母体のうち介護経験がある人において、「市区町村の介護サービスを利用した」人は3割強に達していることが分かった。「介護保険制度の利用・手続き」をした人も3割近くに登っている。 ...
バリアフリー - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大地震だけでなく、自然災害や火災に際しても、逃げ遅れて命を落としたり大けがに巻き込まれるケースが少なくない。 ハンディのある人もスムーズに避難できてこそ、本当の意味のバリアフリーと言える。地域の防災計画や避難訓練などを見直す必要がある。
認知症対策に着手 岡山市 医療センター委託へ 県と合同でコールセンター - 岡山日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
急速な高齢化で患者の増加が見込まれることを受け、岡山市は新年度から総合的な認知症対策に乗り出す。医療センターやコールセンターを新設し、連携担当者を配置。介護保険サービス従事者向け研修事業を継続し、早期の発見・支援体制づくりを推進する。
東日本大震災:窮状「人ごとと思えず」、ネットのSOS見て食料を被災地の老人施設に/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
福島県内の老人介護施設からインターネット上に発信されたSOSが目に留まった。男性の脳裏をよぎったのは、老人ホームで親身に世話を受けた生前の父の姿。「僕には時間も車もある。何かしたい」。これまでボランティアの経験はない。食べ物と水をトランクいっぱい ...
ボランティア、介護分野足りず 第4陣確保難航 - 福井新聞 (媒体での記事掲載終了)
県民の登録は既に1500人以上となったが、現地のニーズが高い介護分野の人が少なく、2日に出発が予定される第4陣のメンバーが確保できない状況。県は「継続的な派遣ができなくなる可能性もある」(男女参画・県民活動課)と危機感を強めている。 ...
2011年03月29日()
初挑戦で代表もぎとる スペシャルオリンピックスへ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今は介護老人福祉施設で月2回、ボランティアで高齢者のコーラスの伴奏を務める。 最近、友人に誘われ新たにダンスも始めた。「大阪の大会が終わってから、色々なことに目標を持つようになった」と咲子さんは言う。 アテネに向けて「頑張る力をつけたい」と週1、2回練習 ...
介護施設の利用料公表 県初調査、HPで発信 - アットエス (媒体での記事掲載終了)
県は29日、特別養護老人ホーム(特養)など県内介護保険施設の利用者負担額を発表した。施設ごとの料金体系などを調査し、一括して県のホームページで公表した。これから入所を希望する高齢者や家族に施設選びの参考にしてもらう。 居住費や食費に加え、タオル、 ...
知事選 候補者の考え(中) - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所、地域共生ステーションなど佐賀県が進めているオリジナルの地域福祉の姿をこれからも進めていきます。また、介護予防対策をより充実させていきます。 平林氏)政府に後期高齢者医療制度の廃止を求めます。介護保険料・利用料の負担軽減を図ります。1300人の ...
東日本大震災 ウチヤマグループ、被災者50人雇用へ 福岡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地で従業員の解雇や内定取り消しが相次いでいることを受け、不動産、飲食、介護事業を展開するウチヤマグループ(北九州市)は、自社の介護施設や店舗で、被災者約50人を住居付きで雇用することを決めた。今後、新規オープンする予定の介護施設10 ...
介護職場から営業担当への配置転換は「組合介入」、県労委が救済命令/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
県労働委員会は29日、横浜市泉区の社会福祉法人「誠幸会」(鈴木一誠理事長)が介護福祉士の男性(58)=座間市=に対して行った配置転換は「労働組合への支配介入」として、同会に対し、男性を元の職場に復帰させるよう求める救済命令を出した。 救済を申し立てていたの ...
【むかわ】4月に新しいグループホーム 愛誠会が「かっぷりんぐ」 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
新しいグループホームは、鉄骨と木造2階建てで555平方メートル。売りに出ていた旧旅館を買って改修した。1、2階とも定員7人。1階に、共有の大きな広間があり、浴室やトイレは身障者用対応にした。「高齢になっても住み続けられることを意識した」と上野喜博事務 ...
体調考え個々の弁当 高齢者向け配食サービス - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
同社の藤田晃弘代表(34)は「個別宅配に向け配送員を増員したが、介護経験など高齢者への気配りのある人を重視した。高齢者福祉に貢献し、地域のニーズに応えていきたい」という。 配食サービスは、宅配料を含めて1食500円。1週間単位の申し込みを予定しているが、 ...
福知山学園は、障害者施設と、長田上松で高齢者福祉センター「ほほえみの里」を運営していて、特別養護老人ホームの開設は初めてとなる。 26日の地鎮祭には松本理事長や工事関係者ら28人が出席し、工事の安全などを祈願した。
被災地の老親を呼び寄せるには - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
新たに暮らす地域のケアマネジャーに相談すればケアプランを立ててくれ、訪問介護や通所介護などが呼び寄せ先でも受けられる。 被災で被保険者証を紛失したり自宅に取りにいけなかったりする場合は、住民票を移す方法が有効だ。呼び寄せ先で住民登録し、新たに被保険者証 ...
高齢者の横断事故防止へ道路選定 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の横断中の事故防止へ、岡山県警は29日、県内の道路40区間を「シルバー・セーフティ・ロード」に選定したと発表した。看板を設けてドライバーや歩行者に注意を促す。県内では初の試みで、31日から2日間で設置を完了する。 同ロードは、高齢者福祉施設やスーパー ...
〈104〉よくある質問 肥満に有効薬なし - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
よくある質問について説明します。 認知症の予防―動脈硬化も発症原因になります。動脈硬化の原因になるリスク(高血圧、糖尿病、脂質異常症、慢性腎臓病、肥満、禁煙等)を良好にコントロールしましょう。 脳梗塞―「心臓の不整脈でも脳梗塞の予防薬を飲むの? ...
ボランティアの被災地活動報告 県対策・支援会議 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は災害ボランティアの第1班で看護師や介護士ら7人を、25日から3日間派遣。在宅介護の補助や避難所での看護支援などをした。看護師の山下まゆみさん(52)=福井市=ら7人が28日に県庁で会見し「避難所に行けない独居老人らには食料が回らない」「断水で不衛生 ...
介護の施設も色彩豊かに 静岡福祉大が「生活の中の色彩と色覚展」 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルカラー研究会のコーナーでは、白を基調とする一般的な介護施設の部屋の写真と、オレンジや水色、薄緑を用いた部屋の写真を比較展示。会場を訪れた同研究会理事長の南涼子さんは「白色の部屋はまぶしくて、目が疲れやすい。身近な色を用いることで、生活がより ...
平戸の中央商店街に地域交流拠点 市ボランティア協「和める場に」 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
平戸市ボランティア協議会(浦部知之会長)は、子どもから高齢者まで集える地域交流拠点「ひらどほっとステーション」(仮称)を中央商店街内の「按針の館」でこのほど、初めて試行的に開いた。 同協議会は市内の観光ガイドや高齢者福祉など計18のボランティア団体で ...
国が全国展開/釧路発祥「SOSネット」 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などで徘徊(はいかい)する高齢者を警察やタクシー会社、地域のラジオ局など官民が連携して探し出す「SOSネットワーク」について、国は4月以降に全国展開を後押しする。同ネットワークは1994年に全国に先駆けて釧路で誕生。独居老人の増加、住民同士の ...
「私たちはここに残る」 外国人介護士・看護師 被災地で奮闘続く - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
外国人女性の介護士や看護師の中にも、わが身の危険を顧みず、震災と立ち向かっている人たちがいる(ロイター) 東日本大震災の被災地では、多くの医療関係者が昼夜を違わず活動を続けている。その中には、日本との経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護士候補者の ...
2011年03月28日()
「被災高齢者の孤立化進む」 被災地で活動の看護師ら - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
女性は「寝たきりの姉を置いて、自分一人が逃げた」と思い悩む。女性自身も肩まで水につかりながら、何とか生き延びた。「今は命をつなぐことの次の段階。心のケアが必要」と長田さんは話す。 8人は25~27日に陸前高田市広田地区を巡回し、高齢者宅を中心に訪問介護 ...
県、手数料を廃止へ 介護サービス情報公表制 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険の事業所がインターネットでサービス内容などの情報を公表する制度で県は28日までに、2011年度に1事業所当たり3万8500円の調査・公表手数料を廃止し、調査も中止することを決めた。国による12年度の制度見直しを控えた経過措置。 ...
北九州の企業が被災者50人雇用 介護施設やカラオケ店で - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
不動産管理と介護施設運営のウチヤマホールディングス(ウチヤマHD、北九州市、内山文治社長)は、東日本大震災の被災者への支援として、全国で運営する介護施設やカラオケ店などで被災者50人を雇用する。 九州や近畿地区、秋田県、北海道に保有する77の高齢者介護施設 ...
被災者50人雇用 住宅割安入居も 北九州市の企業 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護施設や飲食店を全国展開する「ウチヤマホールディングス」(北九州市)は28日、東日本大震災で住宅や仕事を失ったり、内定取り消しとなった被災者約50人をグループ2社で雇用し、併せて住宅支援も行うと発表した。 グループ会社で介護施設や事業所を運営する ...
セントスタッフ、中国人の介護職員や看護師を育成 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護分野の人材派遣中堅のセントスタッフ(東京・中央、片山直樹社長)は中国人の介護職員や看護師の育成を始める。中国の介護会社と提携し、2012年から現地で看護学校の学生に日本文化や介護技術を指導する。研修後は日本で医療機関や介護施設に派遣し、経験を積み ...
福島から避難の認知症女性が新潟で凍死 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同署によると、女性は認知症で、家族7人で27日午後4時ごろ、4カ所目の避難先となる田上町の「YOU・遊ランド」宿泊棟に福島県南相馬市から移ってきた。入所手続きを終えた後、1人でその場を離れて行方不明になったため、家族が同署に届けていた。 ...
東日本大震災で被災した在宅要介護者の支援が課題となる中、大槌町吉里吉里の特別養護老人ホーム三陸園(芳賀チネ園長、入所者50人)は、デイサービスやショートステイ利用者の中長期的受け入れを始めた。利用者に数日間宿泊してもらい介護サービスを提供。 ...
高額介護合算療養費 1730人に過払い - 保険市場タイムズ (媒体での記事掲載終了)
3月24日、熊本県熊本市は医療保険と介護保険の両方を利用する75歳以上の後期高齢者世帯に対し、年間の自己負担額が一定額を超えた場合に超過額を払い戻す「高額介護合算療養費」に過払いがあったことを発表した。 過払いの件数は1730人で、過払い額は約1950万円である ...
市内で認知症患者への対応訓練 - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
市初の認知症安心声かけ訓練は26日に藤田コミュニティセンターなどで行われ、藤田地区や周辺の住民、行政・民間福祉事業所の職員ら70人が参加した。認知症患者が行方不明となり、地域住民が捜索する想定。捜索側は決められたエリア内をはいかいしている患者役を探すところ ...
福島から避難の62歳女性凍死 要介護・道に迷って? - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
田上町羽生田の避難所「YOU・遊ランド」に、東日本大震災のため避難してきた福島県富岡町の人から27日午後5時半ごろ、家族の無職の女性(62)がいなくなったと加茂署に届け出があった。28日午前8時半ごろ、田上町鳶ケ沢の林道で倒れている女性を捜索していた同町の ...
フィリピン女性、白河で献身介護 「私たちここに残る」 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
福島第1原発事故を受けて在日外国人の「日本脱出」の動きが続く中、死者12人が出た福島県白河市にある特別養護老人ホーム「小峰苑」では、4人のフィリピン人介護士候補が「お年寄りを見捨てて去れない」と働き続けている。フィリピンの地元メディアも「介護の ...
【東日本大震災】 旅館借り上げで受け入れ 山形、長期避難に備え - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
旅館やホテルの客室を借り上げて、介護が必要な高齢者や障害者らを無料で受け入れる」と表明した。 県によると、現在避難所としている体育館のほか、全市町村で計約1万7千人の生活が可能。旅館の借り上げでさらに約1万2千人を受け入れるという。 ...
孤軍奮闘の地元診療医 「顔見知り 住民安心」 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
自らも避難生活を送り、壊れた診療所から医療品を持ち出して診療を続けている。 「避難所はバリアフリーになっていない。高齢者が生活するためのつえや車いすなど、安全に暮らす道具が足りない」。三人に一人が高齢者というこの地区。長期化が予想される避難所生活の ...
新潟、認知症の避難住民凍死 4カ所目の避難先、道に迷う? - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
新潟県警加茂署によると、女性は認知症の症状があり、道に迷ったとみている。凍死だった。 加茂署によると、女性は27日夕に福島県南相馬市から田上町の避難所に着いたばかりで、到着直後に家族が目を離したすきにいなくなった。田上町は4カ所目の避難先だったという。 ...
新潟、認知症の避難住民凍死 4カ所目の避難先、道に迷う? - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
28日午前8時半ごろ、新潟県田上町の林道で、東日本大震災で被災し、家族とともに田上町に避難していた福島県富岡町の女性(62)が死亡しているのが見つかった。新潟県警加茂署によると、女性は認知症の症状があり、道に迷ったとみている。凍死だった。 ...
若年性認知症、正しい理解を 城陽で体験語る講演会 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
65歳以前に発症する若年性認知症の本人と家族が体験を語る講演会が27日、京都府城陽市のプラムイン城陽で開かれ、市民15人が若年性認知症への理解を深めた。 城陽市で認知症サポーター養成講座を月1回開催しているグループ「縁~ゆかり~」が、本年度最後の講座 ...
【デジタルヘルス・インタビュー】高齢者が本当に求めるものを実現してほしい - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
今後,ますます増えることになる高齢者をターゲットとした領域に,非常に大きなエレクトロニクス技術へのニーズがあるのではないでしょうか。階段にスロープを設置したり,室内に手すりを付けたり,あるいは施設にエレベーターを設置したり,いわゆるバリア・フリーは ...
2011年03月27日()
被災地で介護経験者不足 県ボランティア連絡会が報告 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護経験のあるボランティアが不足していることが報告されたほか、連絡会として岩手県陸前高田市を重点的に支援することを決めた。 会議は震災の発生後2度目。14日から募集を始めたボランティアは27日までに1438人が集まったが、現地で人手が足りない介護士と ...
3割は家族が要介護者の経験あり、自分の親が過半数 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
マイボイスコムは2011年2月25日、介護に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、介護が必要な家族がいる・いた人は全体の3割強に達していることが分かった。また現在進行形も含めて介護経験者にとって、半数以上は介護の対象が「自分の親」であり、 ...
東日本大震災 被災者の受け入れ 各自治体準備進む - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人福祉センター二カ所を活用、大広間と和室に畳があり、入浴施設も完備。食事は日に三回、提供する。受け入れは四月末までだが、小中学生が市内の学校に通学できるよう対応し、市民によるボランティアセンターを設け、避難者の生活の世話をする予定。 ...
相模原市長選:現職と2新人が出馬、新政令市の運営争点に/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化の時代に対応し、子育て支援と高齢者福祉の充実を最優先と強調。保育所の待機児童解消や特別養護老人ホームの整備促進、地域経済の活性化などを打ち出した。 榎本氏は「信頼される市政を実現するため、為政者が身を削らなければ改革は進まない」と決意を示した ...
高齢者移送 職員が奔走 気仙沼の介護施設 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の津波で、気仙沼市の介護老人保健施設「リバーサイド春圃(しゅんぽ)」は、利用者の半数近い44人の高齢者が死亡、1人が行方不明になった。助かった55人は近くの市鹿折中に身を寄せたが、寒さで命を落とす人もあった。職員は他の施設に協力を求めて ...
薬食審・薬事分科会 13剤の承認了承 国内初の経口抗Xa薬や貼る認知症薬も - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
この中には経口の抗Xa薬や貼る認知症薬があり、いずれも国内初登場となる。 了承された医薬品は次の通り。 ▽フィニバックス点滴用0.25g、同キット点滴用0.25g(一般名:ドリペネム水和物、塩野義):高用量(1g×3回/日)での使用を可能とする新用量医薬品。 ...
「技能役立てたい」 医師、介護福祉士、異色の即応予備自衛官 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
主に生活支援活動を行うが、医師や介護福祉士などの資格を持った“異色”の即応予備隊員もおり、専門分野での活躍が期待される。普段は民間の仕事を持つ即応予備自衛官だけに、志の高さが目立つ。 高知市の小南博資さん(44)は防衛大卒で幹部候補として任官したが、医学 ...
高齢者ら150人が自力避難困難 原発20~30キロ圏 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
政府が屋内退避指示から一転して自主避難を促した福島県南相馬市の福島第1原発から半径20~30キロ圏内に、自力で避難することが難しい寝たきりのお年寄りらが約150人いることが27日、分かった。市は自衛隊などと協力し、今後避難指示に切り替わった場合などに ...
自宅で避難生活を続ける要介護者の中には、専用介護食や必要なケアが十分に受けられず、不安を募らせている人が少なくない。物流が滞りがちな中、医療福祉系物資の入手が難しく、福祉施設やヘルパーらも被災したためだ。在宅の災害弱者への対応が急がれる。 ...
利便性の向上確認 JR鳥取駅構内バリアフリー化整備 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
鳥取市のJR鳥取駅構内で進められていたバリアフリー化整備の完了を受け26日、鳥取市などの関係者が新設備を視察し、高齢者や障害者などの利便性の向上を確認した。 整備は国や市の協力でJR西日本が、高齢者や障害者などの移動円滑化の促進を目的とした「バリア ...
2011年03月26日()
<詳報>女性のための乳がんセミナー - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
最近は私たちも長期間しびれを感じたりしないような薬の投与方法を考えて実践しています。 橋本 高額療養費制度をご存知でしょうか。医療費の月額自己負担額限度額を超えると、お金が返ってくる制度です。一度、加入しておられる健康保険をご確認ください。 ...
障害者にも支援の手 住民の理解で孤立防ぐ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
重度障害者が地域住民に支えられて避難所生活を送り、認知症の高齢者らを対象にした避難所設置も進む。災害弱者の命をどう守るのか。試行錯誤が続く。 宮城県石巻市の湊小学校に設けられた避難所。震災で自宅が半壊状態となった市内の主婦伊勢理加さん(43)は重い脳 ...
64才の西川ヘレン 91才の西川きよしの母を「老々介護」 - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
西川きよしの妻でタレントの西川ヘレンさん(64)は、みずからの更年期障害に苦しみながら、実母と義父母3人の介護に追われた。更年期障害のつらい時期を脱するのと前後して、2001年に実母を、2004年に義父を亡くし、多重介護も数字の上だけでは3分の1になった。 ...
県議用の議員会館に初の避難者 要介護者らへの提供開始 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
この日は、福島県から那須町に避難していた家族で、介護が必要な高齢者を含む3人が入所した。 議員会館は4階建て。1家族1部屋とし、和、洋、休憩室など計13部屋を準備した。県内の専門学校の寮からベッド20台を譲り受け、各部屋に追加した。避難者が滞在中は、緊急 ...
介護の新拠点完成祝う 富山に城川原タウンみのり竣工 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人相幸福祉会の小規模多機能型施設「城川原タウンみのり」竣工式は26日 、富山市城川原1丁目の同所で行われ、関係者が高齢者介護を支援する新たな拠点の完成 を祝った。 同施設は昨年8月に着工し、今月初旬に完成した。鉄筋コンクリート3階建てで、延べ 床 ...
介護事業所や医療機関掲載 「冊子」をつくり配布 名張市など 三重 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
名張市などは市内(一部周辺を含む)の介護保険事業所や医療機関を掲載した平成23年版の冊子つくった。A4判、70ページで内容は今年1月1日現在としている。 同事業所については「かいごほけん事業所ガイドブック」(40ページ)のタイトルで収録。 ...
老人介護の複合福祉施設「第3はなの里」完成報告会 名張市のこもはら福祉会 - YOU (媒体での記事掲載終了)
お年寄りの介護や生活介護などを行う複合福祉施設「第3はなの里」が、名張市西田原の「第1はなの里」東側に完成。3月26日、地元住民や県、市関係者約300人が出席し、完成報告会が開かれた。社会福祉法人「こもはら福祉会」(福本房生理事長)が運営するもので、3施設目。 ...
屋内退避の在宅介護者を搬送へ 政府の自主避難呼びかけ受け 東京消防庁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東京電力福島第1原発の20~30キロ圏内で屋内退避を続けている在宅介護者を30キロ圏外へ自主避難させるため、東京消防庁は26日、緊急消防援助隊38人と救急車10台、マイクロバスなどを福島県本宮市に派遣した。 枝野幸男官房長官が25日に同圏内で屋内退避し ...
介護の家「戻れない」 原発避難の施設、解体危機に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所の事故で、認知症高齢者が入る「グループホーム」が解体の危機に直面している。20キロ圏内の避難指示区域にある施設は、入居者を県外の施設に移したり、家族の元へ帰したりするなど苦渋の選択を迫られた。24時間の介護を続けてきた ...
小さな介護施設「支援の手を」 相馬市 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
誰か助けてくれる人はいませんか?」 相馬市沖ノ内にある介護施設「グループホームえくせる」(高橋桂子施設長)の管理者、荒寛文さん(33)は23日、物資や人手を求め、自転車に乗って市役所や避難所を回っていた。 施設では、認知症の高齢者9人が待っている。 ...
2011年03月25日()
相模原市長選あす27日告示、3氏が立候補を予定/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
「市民の安心・安全な暮らしを守る」を訴え、福祉、医療、教育、環境の施策推進を表明。高齢者福祉の充実と子育て支援を最優先とし、保育所の待機児童解消や、特別養護老人ホームの整備促進などを打ち出している。 榎本氏は「脱官僚市政」を掲げる。 ...
本『基礎から学ぶ介護シリーズ 改訂 介護に使えるワンポイント医学知識』 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護に欠かせない医療的知識と技術を紹介。人間の体の仕組みや疾患に関する基礎知識、医行為でない行為を行う際のポイントなどを網羅している。改訂版では、たんの吸引や経管栄養法など、近年議論の的となっている介護職が行う実務を加え、加筆、再編集した。 ...
闘病中の大島渚 小康状態保ち、妻とビールで乾杯することも - NEWSポストセブン (媒体での記事掲載終了)
以来、妻である女優・小山明子さん(76)の生活はほぼ介護一色となる。この介護生活について小山さんはこう話す。 「大島が2度目に倒れて要介護5の在宅療養になったときに、死というものを実感しました。でも、死と真正面から向き合いながらも、どうやったら大島が今日一 ...
小山さんが介護を語る - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
「二人三脚で乗り越えた介護の日々・今日も二人で」をテーマに、脳出血で倒れた夫で映画監督の大島渚さんとのリハビリの日々を語る。小山さんは現在、うつや介護をテーマに全国各地で講演活動を行う。苦難を乗り越え夫と向き合ってきた体験談は、勇気と感動を与えてくれる ...
木下工務店、介護施設入居者の受け入れと住宅復興支援を開始 - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
同時に、同社グループ企業である木下の介護が、行政ならびに被災地域の介護施設運営会社からの要請によって、被災地域における介護施設入居者の同社運営介護施設への受け入れを開始したことも発表している。受け入れ対象となっている地域は岩手、宮城、福島、茨城の4県 ...
... たらみんなで寝たきりを防げる。家に閉じこもらんでもいい」と話している。 シニアエクササイズの会は、宮北地区公民館、宮北民生児童委員協議会の2団体のほか、 共催として同地区連合自治会、宮北ときわクラブ連合会、同地区婦人会の3団体が加わり運営。高齢者が生活 ...
出るに出られない=夫不明、介護、つてなし-お裾分け「格差」埋める-宮城・女川 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
要介護度4の母(92)がおり、移動や行動に制約が伴う。それでも2人は「手の掛かる年寄りがいたからすぐに逃げた。母に助けられた」と話す。 「来てくれと言われましたが、行きません」。神奈川県に住む娘の申し出を断ったという主婦(63)は表情を曇らせた。 ...
東日本大震災に関する提言(第六次) ~第7回各党・政府震災対策合同会議実務者会合への提案~ - 社会民主党 (媒体での記事掲載終了)
○避難所での障がい者対応を強化すること(聴覚障がい者への情報伝達、バリアフリー化など)。 ○高齢者、病弱者など要援護者をはじめ一般の被災者へのケアも行えるよう「福祉避難所」を速やかに拡充すること。 ○人工呼吸器利用者への優先的な電機の確保、発電機の支給を ...
【静岡】静岡市の11年度特養整備は県済生会に決定(3/25) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
■ 静岡市高齢者福祉課は、2011年度に特別養護老人ホームを整備する事業者を「社会福祉法人恩賜財団済生会支部静岡県済生会」(静岡市駿河区小鹿1ノ1ノ1)に決めた。市は4億0837万5000円を助成する。12年4月の開設を予定している。 ...
2011年03月24日()
東日本大震災 被災地で身体機能低下や認知症悪化も - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地では、従来の生活ができなくなった高齢者の身体機能が落ちて要介護になったり、認知症の人の症状が悪化したりする危険性が指摘されている。ストレスの強い避難所生活で、問題行動が悪化した認知症の人が「迷惑だから出て行ってほしい」などと言われる ...
看護職、介護職のボランティア募集 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
募集職種は、(1)被災地の施設や事業所などで働く介護職や看護職(2)社会福祉士やケアマネジャーなど、避難所や高齢者住宅に訪問する生活支援コーディネーター(3)ニーズとボランティア調整などを行う事務局コーディネーター-など。現地への移動費、数日分の食料、 ...
【はつらつ!元気へ一歩】日本柔道整復師会(52) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
機能訓練の指導をすることで、高齢者の介護状態になる確率が少なくなれば、地域支援事業の所期の目的である介護保険給付費の抑制の一助にもつながるものと思われます。 寝たきりや介護状態になる原因の一つとして、転倒による大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)(太ももの ...
原発・景気…2氏論戦 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災や東京電力福島第一原発の事故を受け、九州電力玄海原発を抱える県内の「安全・安心」への注目が集まり、景気・雇用対策や高齢者福祉、教育・子育てなどを巡り、論戦を繰り広げる。投開票は4月10日。 選挙に際してのメッセージを「今日より明日を。 ...
介護人になって9年。よい介護人だ」。そう話す彼女の前には、これから手術が行われるのか、1人の患者らしき人が横たわっている。 ※ こちらから、エンタチャンネルのコンテンツをご覧いただけます。 日々掲載する記事のなかから編集部のイチオシ記事をまとめてご紹介! ...
有事に備える「地域コミュニティ」を - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
さて、私は震災の翌日、福島第一原発の最前線の避難所から福祉関係者不足の報をうけ、介護福祉士として、現地で寝たきりや車いすの方々の生活支援に入りました。そこで皆さんが口々に「放射能から逃げたいが1人では逃げられない」「逃げるにも財産をなくしたから交通費が ...
高齢者と子育て世代に優しい街づくりを - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
少子高齢化社会の到来を踏まえ、都市構造の転換、地域経済の活力維持、環境と共生した住環境の向上が求められております。 高齢者福祉を充実させるために、地域包括支援センターの拡充が必要になると考えます。現在地域包括支援センターは一カ所ですが、綾瀬市北部と南部 ...
福祉・介護、エンジニアの仕事を目指す方をサポートする研修会 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
川崎商工会議所や川崎市などで構成する「川崎市地域雇用創造推進協議会」は、求職者を対象に福祉・介護やものづくり分野への就職を後押しする無料研修会を実施する。これにあわせ4月4日(月)から5月11日(水)まで説明会・選考会を開催し、受講生を募集する。 ...
県老協と自治体が災害協定締結へ - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
災害発生時などに施設と自治体が互いに協力要請できる協定で、高齢者や障害者ら支援を必要とする地域住民の安全確保が目的。日高地方では10施設が賛同することになっており、社会的弱者の大きな味方となりそうだ。 県老人福祉協議会は昨年10月に市町村に先立ち県と協定を ...
群馬から宮城の避難所に介護職員 90人派遣 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災で被災し、避難先にいる高齢者への介護活動を支援するため、群馬県は24日、県内の施設で働く介護職員90人を宮城県に派遣することを決めた。 90人は25日から4月10日まで、9日間ずつ2班に分かれて宮城県気仙沼市、南三陸町など5市町の避難所32 ...
避難所でも“老々介護” 「助かった命」支え合う高齢夫婦 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
“老老介護”の光景も見られ、高齢化社会の縮図が浮かび上がる。 全国でも有数の漁港を持ち、水産加工業が盛んな同町は、少子高齢化や過疎化などの社会問題も指摘されてきた。震災で宮城県石巻市に通じるJR石巻線が津波をかぶって運休。移動手段を持たない高齢の被災者は ...
最後の入院患者を搬送 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
来月から診療所になる北秋田市の米内沢総合病院で、最後の入院患者が病院から搬送されました。患者の多くは北秋田市民病院の受け入れ態勢が整わず、特別養護老人ホームへの一時的な入所を余儀なくされています。北秋田市民病院では、5月までには療養病床の態勢を整え、 ...
木下工務店、被災地の住宅復興支援に住宅建築職人を派遣 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
同時に、同社グループ企業である木下の介護が、行政ならびに被災地域の介護施設運営会社からの要請によって、被災地域における介護施設入居者の同社運営介護施設への受け入れを開始したことも発表している。受け入れ対象となっている地域は岩手、宮城、福島、茨城の4県 ...
地域づくりのJA活動 JA京都 - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
JAグループ京都では、おととし開かれたJA京都府大会での決議もふまえ、地域貢献活動の一環として「認知症サポーター」の養成活動に力を入れている。 京都府の農業就業者の高齢化は全国的に見ても深刻であることから、組合員の訪問時や日々の渉外活動をするうえで役 ...
高血圧が高齢者の歩行速度の低下に関連 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
さらに認知症や身体障害の発症を予測することにもなる」と研究グループは述べている。 今回の研究では、高齢者643人の歩行速度を14年間追跡。被験者は研究開始時76歳で、350人は高血圧がなく、293人は診断未確定の高血圧がみられるか、降圧薬を服用していた。 ...
(3/24)米国では約1500万人がアルツハイマー病患者を介護 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
米国では現在、約1500万人がアルツハイマー病あるいは他の形態の認知症患者の介護をしており、その数は増え続けていることが報告された。医学誌「Alzheimer's & Dementia(アルツハイマー病と認知症)」3月号で今回の報告を行った米国アルツハイマー病協会(AA) ...
東京都知事選告示 街頭で支持訴え - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
国民が安心して年を取り、安心して介護を受け、安心して医療を受けられる国にしたい」 石原慎太郎氏「東京がガタガタになったら、この国が終わる。東京は日本の心臓であり、頭でダイナモだ。東京がガタガタにするわけにはいかない。みんなで頑張りましょう! ...
熊本市の療養費算定ミスで1950万円過払い - 熊本日日新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
熊本市は24日、医療保険と介護保険の両方のサービスを利用し、自己負担が限度額を超えた75歳以上の後期高齢者に払い戻される高額介護合算療養費について算定ミスがあり、1730人に計約1950万円の過払いがあったと発表した。 同日会見した市高齢介護福祉課 ...
エーザイ、軽度アルツハイマー型認知症に関する英国NICEの新ガイダンスが発効 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、英国国立医療技術評価機構(National Institute for Health and Clinical Excellence:NICE)のアルツハイマー型認知症(AD)に関する新治療ガイダンス ...
通院先変更は約2割 外来縮小・廃止の舞鶴市民病院 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
2月に就任した多々見良三市長は「選挙の得票数からこの方向性は譲れない」として、議会や市民の意見を聞く場を設けずに外来診療の縮小・廃止や療養病床への機能特化方針を打ち出した。 市民病院労組が3月上旬、患者に行ったアンケート調査では、201人の回収者の ...
JR米子駅バリアフリー設備 24日供用開始 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
JR米子駅(鳥取県米子市弥生町)構内のバリアフリー化工事が終了し、エレベーター、上り専用エスカレーター、多機能トイレや陸橋が24日から供用開始される。新施設は改札の近くに整備され、高齢者や障害者の利便性向上が期待される。 陸橋は1~3番ホームをまたいで ...
自分らしく生きたい 【医のかたち】 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ケアマネジャーらと話し合い、家での暮らしを支える訪問ヘルパーら、介護の受け皿を整えて送り出した。女性は一時帰宅中、夫と一緒に恩師のコンサートを楽しみ、入院前のように、家の台所で料理もした。 一時帰宅して4日後に容体が急変。再入院後に亡くなった。 ...
障害者マイスター認定 山城振興局 計9人に - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
笑顔を絶やさずに認知症のお年寄りたちに話しかける様子は、ほかの介護職の人たちの見本になっているという。 浜田さんは養護学校卒業後、スーパーで働いていたが、2年前、介護職を目指し、京都府立京都障害者高等技術専門校に入学、ヘルパーの資格を取った。 ...
34 多言語能力がアルツハイマーの発症を遅らせる!? - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
そしてこの言語能力が誰もが人生の後年にかかりうる「Alzheimer、アルツハイマー(老年性認知症)」の発症を左右する(遅らせる)と言うのが今回の話。 今回行われた研究に参加したのは欠陥の程度的に見て同等とみなされる450人のアルツハイマー患者。 ...
2011年03月23日()
アリーナ避難の高齢者 要介護者、入浴できず - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災者や福島第一原発の周辺住民が避難しているさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で、要介護のお年寄りたちがほとんど入浴できていないことが分かった。県とさいたま市は二十三日、近くの介護施設などと調整を進め、デイサービス施設での入浴が ...
高齢者、障害者の受け入れ 2414人分 道が施設を確保 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
被災地では高齢者や障害者らの入所施設が建物損壊などの被害を受け、受け入れ施設や介護職員の確保が大きな課題になっている。道は厚生労働省から高齢者と障害者の受け入れを求められたことから、老人ホームやグループホームなどの運営団体に、受け入れ可能な人数の報告を ...
日本のバリアフリーツアー観光の基礎を作った鳥羽のNPO、伊勢のまちをチェック - 伊勢志摩経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
中村さんは講演の中で「『ユニバーサルデザイン』は、いろいろな人が使えるようにする『もの(工業製品)』を基準としていること。われわれが日本で初めて作った『パーソナルバリアフリー基準』は、まちのすべてのバリアーを調べ尽くし『人』を基準にしたこと」と説明。 ...
生活情報/支援 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
連絡先は0224(56)1826、090(2796)9440、080(1847)3593。 ●東北関東大震災・共同支援ネットワーク(事務局仙台市)は被災地の避難所や宅老所で1週間以上活動できるボランティアを募っている。高齢者の介助や洗濯など。 ...
【陸前高田】内陸の避難所、もてなし温か - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了)
一関市大東町の大原公民館(門馬功館長)は、避難所生活を送る住民に併設する大東老人福祉センターの浴室で入浴のサービスをしている。食事も提供し、避難者の心と体を温める。 22日は陸前高田市のサンビレッジ高田と広田小に避難する81人が、一関市の用意したバス3 ...
【大船渡】「助かった分、しっかり生きる」 特養入所者 - 岩手日報 (媒体での記事掲載終了)
奇跡的に助かった入所者のうち13人は、一関市滝沢の高齢者総合福祉施設「明生園」(熊谷茂園長)に身を寄せた。 お年寄りたちは、夕飯にサバのみそ煮やご飯、みそ汁など温かい食事が並ぶと「おわんでご飯が食べられるなんてうれしい」「サバは古里の味だ」と笑顔を ...
屋内退避区域 深刻な状況に - NHK (媒体での記事掲載終了)
特に、独り暮らしのお年寄りなどには食料や薬が十分届かず、介護サービスも提供できないなど深刻な状況になっています。 福島第一原発の半径20キロから30キロの地域には8つの市町村があり、およそ14万人が住んでいましたが、「屋内待避」の指示が出て以降、住民の ...
東日本大震災 ボランティア第1陣、被災地へ 福井 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
看護師や介護士ら4、5人の医療福祉関係チームで、避難所での看護や高齢者の在宅介護などに当たる。 同市の社会福祉協議会からの要請で、4泊5日を予定。県によると、同市は津波で壊滅的な被害のあった地域と倒壊を免れた住宅地があるという。宿泊は永平寺に縁を持つ ...
「バリアフリーによる福祉のまちづくりの推進」を掲げている相模原市では昨年度、橋本駅周辺を重点地区に選定。高齢者や障害者らの移動や施設利用の利便性、安全性の向上を図る「橋本駅周辺地区バリアフリー基本構想」を今年8月に策定するための素案をこのほど、まとめた ...
高齢者が住みやすい街づくりを - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
同県では「ピンピンコロリ:健康で長生きして、死ぬ時はあっさり」という「寝たきりにならない」「寝たきりにさせない」「心身ともに健康でいられる期間をのばす」運動が行われていました。 こうした人生を送るには、まず当人が自由に行動できなければいけません。 ...
自民党の清水富雄氏(4期・55歳)は、「暮らしに身近な市政」を掲げ、街の防犯や治安対策、災害に強い街づくり、高齢者福祉の推進、福祉医療のネットワーク作りなどを訴える。 民主党の荻原隆宏氏(1期・41歳)は、議会改革や市域を越えた広域経済圏の確立、若者の就労 ...
県知事選:神奈川ネットとネット横浜が露木氏を推薦 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
ネット共同代表の山本裕子県議は「介護や子育てなどの面で考え方が近く、最大限応援したい。災害対策でも、神奈川の現場をよく知っている方になっていただくのがよい」などと説明した。 露木氏に対しては、みんなの党も推薦を決めている。 ネットワーク横浜は23日、県知事 ...
岩手の老健施設で20人死亡 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
岩手県大船渡市の介護老人保健施設「気仙苑」で、震災後に計20人が死亡していたことが23日、大船渡保健福祉環境センターなどへの取材で分かった。20人の中には壊滅的な被害を受けた陸前高田市の「松原苑」から搬送された高齢者も含まれているという。 ...
岩手の老健施設で20人死亡 震災後、避難の高齢者も - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
岩手県大船渡市の介護老人保健施設「気仙苑」で、震災後に計20人が死亡していたことが23日、大船渡保健福祉環境センターなどへの取材で分かった。20人の中には壊滅的な被害を受けた陸前高田市の「松原苑」から搬送された高齢者も含まれているという。 ...
福祉機器や介護食など一堂に - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
福祉機器や介護食などを一堂に集めた「福祉機器展」が、岩国市室の木町の市医療センター医師会病院東館であった。全国の福祉・医療機器メーカー56社が出展し、市民ら約350人が訪れた。 同病院の主催で5回目。会場には介護機能を備えたベッドや浴槽などの機器、介護食 ...
岩手の老健施設で20人死亡 震災後、避難の高齢者も - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岩手県大船渡市の介護老人保健施設「気仙苑」で、震災後に計20人が死亡していたことが23日、大船渡保健福祉環境センターなどへの取材で分かった。20人の中には壊滅的な被害を受けた陸前高田市の「松原苑」から搬送された高齢者も含まれているという。 ...
県は22日、東日本大震災で、特別養護老人ホームなど県内の老人福祉関係施設394施設のうち、108施設に人的・物的被害があり、少なくとも沿岸部の9施設が津波で全壊したことを明らかにした。被災施設の入所者を内陸部に移送する必要があるが、施設はほぼ満床状態 ...
年金支給開始70歳で国民に提示をと岩淵公述人 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
23日開かれた参議院予算委員会公聴会で公述人として出席した岩淵勝好東北福祉大学教授は高齢化をストップさせる唯一の方法として、国連人口部が2000年に出したレポートをとりあげ、先進国は退職年齢を75歳に引き上げる、特に日本においては77歳に引き上げれば高齢化を ...
福島県から千葉県にバスで避難中、車内で女性2人が死亡 - スポットライト (媒体での記事掲載終了)
21日、東日本大震災で被災した福島県いわき市の介護老人保健施設「小名浜ときわ苑」の入所者の80歳と94歳の女性が、大型バスで千葉鴨川市に集団避難する際、移動中の車内で心配停止状態となり死亡した。 関係者などによると、同施設は東京電力福島第1原発から50 ...
高齢者の外出を支援する別府市のNPO法人たすけあい組織鼓楼のスタッフら - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所などを運営し、移送ボランティアにも取り組む市内のNPO法人たすけあい組織鼓楼代表の田原京子・同協議会大分支部長は「気軽に外出し買い物などを楽しむことは、自信回復や生きる意欲につながる。高齢化が進む中、地域で支援の基盤づくりに取り組む必要がある」と ...
“買い物難民”なくすには 25日に研修会 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
宅老所などを運営し、移送ボランティアにも取り組む市内のNPO法人たすけあい組織鼓楼代表の田原京子・同協議会大分支部長は「気軽に外出し買い物などを楽しむことは、自信回復や生きる意欲につながる。高齢化が進む中、地域で支援の基盤づくりに取り組む必要がある」と ...
2011年03月22日()
介護施設 丸ごと避難「ホッ」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
震災で被災したいわき市の介護老人保健施設「小名浜ときわ苑(えん)」の患者120人と職員ら73人、セラピー犬2匹が21日夕、千葉県鴨川市の「かんぽの宿鴨川」に到着した=写真。 ときわ苑の一行を乗せた大型バス6台とマイクロバス4台、ワゴン車3台を鴨川市や市 ...
47NEWS > 各地のニュース > 都道府県 > 栃木 > 避難者に部屋を無料開放 奥日光の外国人ホテル経営者 要介護のお年寄り26人到着 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
【日光】中宮祠のホテル「アジアンガーデン」が、東北関東大震災の被災者に部屋を無料で開放した。21日夕には、寝たきりの高齢者ら災害弱者を中心に、福島第1原発事故で避難を余儀なくされた福島県南相馬市の住民26人が到着。ホテルを経営するバングラデシュ人の ...
避難者に部屋を無料開放 奥日光の外国人ホテル経営者 要介護のお年寄り26人到着 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【日光】中宮祠のホテル「アジアンガーデン」が、東北関東大震災の被災者に部屋を無料で開放した。21日夕には、寝たきりの高齢者ら災害弱者を中心に、福島第1原発事故で避難を余儀なくされた福島県南相馬市の住民26人が到着。ホテルを経営するバングラデシュ人の ...
ヤンセン・武田薬品 抗認知症薬レミニールを新発売 同一製品名でコ・マーケティング - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
ヤンセンファーマと武田薬品は3月22日、アルツハイマー型認知症治療薬「レミニール」(一般名:ガランタミン臭化水素酸塩)を同日に新発売したとそれぞれ発表した。同一商品名でそれぞれ販売(コ・マーケティング)する。同剤の効能・効果は、軽度~中等度の ...
筑豊から届け善意 高額救援金相次ぐ - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
同住宅は、バリアフリー構造で、県の補助金を受けた高齢者向け優良賃貸住宅。家賃と管理費は無料で、光熱費や食事代は自己負担となる。60歳以上を対象に既に受け付けを始めており、先着順。問い合わせは芳寿会=0948(29)4040。
南相馬市から新潟県への特養ホームや老健施設入所者受け入れ完了 - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
新潟県は22日、福島県南相馬市の老人保健施設の入所者など133人を新潟県長岡市内の特別養護老人ホームと老人保健施設等への受け入れが完了した。 前日21日に続き、南相馬市で被災した老人保健施設の入所者など35人の受け入れを行い、受け入れを完了した。
東日本大震災:南相馬から避難のお年寄り、別施設への振り分け進む/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
福島県南相馬市内で孤立していた介護施設の入所者約230人を受け入れた横浜市旭区の介護老人保健施設「老健リハビリよこはま」で22日、避難者の別施設への振り分けが進んだ。23日にも全員の受け入れ先のめどが立つ見通しとなり、施設職員からは安堵(あんど)の声が漏れ ...
厚労省、原発避難住民も介護利用料を猶予 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は22日、東日本大震災の被災者に適用する介護保険サービスの利用料の支払い猶予の対象を、福島第1原発の事故に伴う避難住民や、被災地外の市町村に避難した人まで広げることを決め、都道府県に伝えた。原発事故の影響が広範囲に及び、避難住民が増加している ...
福島県外への搬送、ほぼ終了=屋内退避の入院患者ら-防衛省、医師の同行要請 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
福島第1原発から20~30キロ圏内にあり、屋内退避が指示されている病院や介護施設の患者や高齢者について、厚生労働省は22日、ほぼ全員の県外施設への搬送を終えたと発表した。 同省によると、搬送対象となった入院患者は6病院の計約700人。 ...
ヤンセンファーマ、軽度・中等度のアルツハイマー型認知症治療剤「レミニール」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
米国ジョンソン・エンド・ジョンソンのグループ企業の日本法人、ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トゥーン・オーヴェルステンズ、以下「ヤンセンファーマ」)は、本日、軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症における認知症症状の進行抑制を適応 ...
【放射能漏れ】「いっそ避難指示に…」20~30キロ圏内 医師まで退避、機能停止 (1/2ページ) - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
現在残っているのは、寝たきりの高齢者を抱える家庭など、何らかの理由で動けない人が多いという。 市役所では毎日放射線量を計測しているが、21日夕の数値は2マイクロシーベルト。「福島市や他の自治体とさほど変わる数字ではない。風評被害の一種です」と市関係者は ...
屋内退避地域の高齢者、22日中に搬送終了 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
細川厚労相は22日、福島第一原子力発電所周辺で屋内退避の指示が出ている地域の介護施設の高齢者について、地域外への搬送が22日中に終わると述べた。 福島第一原発から半径20キロ以内にある避難指示が出ている地域の病院や介護施設の高齢者は、すでに地域外への ...
生活情報/伝言板 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市青葉区 家族が働いている太白区の老人介護福祉施設が深刻な状態だ。山の上にあって断水中なのに、ガソリン不足で水も食料も運べない。脱水症状の入所者が増え、職員も飲まず食わずだという。こうした施設に、せめて最低限の水と食料は届けてもらえないだろうか。 ...
武田薬品、アルツハイマー型認知症治療剤「レミニール」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
当社の取締役 医薬営業本部長 山中康彦は、「レミニールというアルツハイマー型認知症に対する新たな治療選択肢を、ヤンセンファーマとともに日本国内の患者さんのもとへお届けできることになりました。本剤は医療上必要性の高い未承認薬として開発要請され、申請から ...
福島第1原発の30km圏内にある南相馬市の介護老人保健施設から入所者88人を救助 - FNN (媒体での記事掲載終了)
福島第1原発の30km圏内にある福島・南相馬市の介護施設から、入所者88人が救助された。 車いすに乗せられ、次々に運ばれていく入所者たち。 入所者たちは、憔悴(しょうすい)しきった様子でバスに乗せられた。 南相馬市のこの介護老人保健施設は、福島第1原発の30km圏内に ...
介護食士3級養成講座(横須賀) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
修了者には全国調理職業訓練協会から「介護食士3級」認定証を交付。 申し込み受け付けは4月1日(金)午前9時~9日(土)正午、所定の用紙に必要事項を記入してヨコスカ調理師専門学校へ持参。郵送可。 ※日程は、5月21・28日/6月11・18・25日/7 ...
東京電力福島第一原発の事故を受け、屋内退避要請が出ている半径20~30キロ圏内の介護施設の入所者らについて、圏外への搬送が22日中に終わる見通しとなった。厚生労働省が明らかにした。病院の入院患者は21日までに搬送完了。周辺自治体への移送は、患者・入所者 ...
福島の介護老人施設 丸ごと鴨川到着 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
震災で被災した福島県いわき市の介護老人保健施設「小名浜ときわ苑(えん)」の患者120人と職員ら73人、セラピー犬2匹が21日夕、鴨川市の「かんぽの宿鴨川」に到着した=写真。介護施設丸ごとの避難は画期的で「鴨川方式」と呼ばれ始めている。 ...
原発20~30キロの入院患者らの搬送きょう終了 厚労相明かす - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
細川律夫厚生労働相は22日午前の記者会見で、福島第1原子力発電所事故を受け屋内退避指示が出ている20~30キロ圏内の入院患者と介護施設入所者について、現地残留希望者を除く全員の圏外への搬送が同日中に終了する見込みであることを明らかにした。 ...
東日本大震災 県内の動き - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
草加市は20日、東電福島原発事故による避難者のための一時宿泊所を高齢者福祉施設「ふれあいの里」(新里町)で開設する、と発表した。56畳の畳の和室がある。収容能力は30人。17日から開設している吉町集会所(吉町、収容人員40人)に次いで2カ所目。 ...
2011年03月21日()
妊婦や要介護者ら優先避難 長岡市に2カ所開設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
長岡市は、妊娠中の女性や介護が必要なお年寄り、人工透析患者らに優先的に入ってもらう臨時福祉避難所2カ所を開設した。2004年の中越地震の際、「人目があって介護がしにくい」「妊婦のストレスなどが心配」といった声が寄せられた経験を生かし、保健師を常駐させ、 ...
【きのうきょう】 老母への思い - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
久しぶりに帰省し、介護施設に入所する母を見舞った。母は介護職員の押す車いすに乗り、散歩をしていた。母は目をつむったままだった。「最近、食事がすすみません」と介護職員の方がぽつりと言った。 私とともに見舞った姉が、流動食の入ったおわんを口元へ持ち、「食べ ...
燃料不足看護に支障 高齢者・障害者の訪問支援 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
震災後、在宅の高齢者や障害者に対する看護や介護の支援に大きな支障が生じている。燃料不足で車が動かせなかったり、遠出できなかったりするからだ。優先的に給油できる緊急車両に指定されず、指定されても被災地の救援車両ではないため給油を断られることがあるという。 ...
福島の介護施設が集団退避 移動後2人死亡 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災に被災した福島県いわき市の介護老人保健施設「小名浜ときわ苑」から、入所者約120人と職員ら計約190人が21日、千葉県鴨川市の「かんぽの宿鴨川」に集団避難した。 断水と食料不足に加え、福島第1原発事故への不安もあり、施設丸ごとの避難に ...
南相馬市の老健施設など入所者88人を受け入れ - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
県は21日、福島県の南相馬市の老人保健施設の入所者88人を長岡市の社会福祉法人長岡三古老人福祉会、特定医療法人楽山会の特別養護老人ホーム、老人保健施設など9施設へ受け入れた。 東日本大震災で施設維持が困難となり、福島県内の施設で収容も難しいため、厚生労働省と ...
47NEWS > 共同ニュース > 福島の介護施設、丸ごと避難 190人が千葉へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災に被災した福島県いわき市の介護老人保健施設「小名浜ときわ苑」から、入所者約120人と職員ら計約190人が21日、千葉県鴨川市の「かんぽの宿鴨川」に集団避難した。 鴨川市の亀田総合病院が被災地の窮状を知って医療面の支援を申し出て、かんぽの宿と ...
震災派遣でAMDAが活動報告 「今後は介護を支援」 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
東日本大震災の被災地に医師らを派遣している国際医療援助団体「AMDA」(本部・岡山市)の代表で、一時帰還した菅波茂医師が21日、岡山市内で現地での活動を報告した。 岩手、宮城両県で避難所の巡回診療などをしたという菅波医師は「子どもはインフルエンザや ...
震災派遣でAMDAが活動報告 「今後は介護を支援」 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
岩手、宮城両県で避難所の巡回診療などをしたという菅波医師は「子どもはインフルエンザやノロウイルスといった感染症が広がっている。高齢者は普段通っている病院がなくなってしまったので、必要な薬の情報がない」などと現状を語った。今後については「介護支援という形 ...
東日本大震災 歌で被災者応援 栃木 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士として働く大田原市内の介護施設でも、地震のあと高齢者らの様子が変わった。施設に1人で電話をかけられなくなったり、ベッドから起き上がれなくなったり。 「地震が怖いのはみんな同じ。とにかく声を掛け合うことが大切と感じる」 思いを込めた“応援歌”を ...
震災で障害者らの在宅介護が難しい状況に - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
震災の影響により、在宅の重度障がい者らの介護が困難となりつつある。仙台市内にある食料品店には市民が殺到して数時間待ちとなるケースもあるほか、介護に追われる家庭では長時間の外出、買出しなどが十分に出来ないケースもあるという。 「ほぼ一人で介護しており、 ...
災害弱者どう守る - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
20日までに寝たきりの高齢者や下半身にむくみやだるさを感じている人ら約100人が受診。医師が足の状態を診察し、看護師が「水分をこまめにとり、循環をよくするように」などと助言した。軽度の血栓が確認された人には医療用ストッキングを配る。 ...
音楽家やダンサーによる小・中・高校での出前授業、 一般とプロによる老健施設や支援学校でのワークショップ、 本公演共演も好評。 演劇大学では受講生がチケット販売や舞台道具製作にも挑戦した。 同館企画員の中山博之さん(47)は、 「こんな時代ですから、 ワーク ...
「元気ですかー!!」アントキの猪木さん、かすみがうら市の老人施設訪問 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
合併前の旧千代田町で福祉課高齢係職員として勤め、同ホームを訪れたこともあるという。 同市のふるさと大使も務めるアントキの猪木さんは「お年寄りに災害前の笑顔を取り戻してもらおう」と急遽(きゅうきょ)、駆けつけた。 約80人のお年寄りを前にアントキの猪木さん ...
医療支援 力集め救える命を救おう 東日本大震災 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療や介護に携わる医師や看護師、保健師、介護スタッフらも足りない。行政機能の回復がままならないなか、医療などの支援活動に従事する人たちは悪戦苦闘している。 しかし、やっとのことで難を逃れた人たちが避難所生活で命を落とすような事態は、何としても避けねば ...
東日本大震災:県の危機意識低く憤り、福島から高齢者避難の横浜の施設/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
福島県内の老人ホームなどから220人を超す高齢者が緊急避難した横浜市旭区の介護老人保健施設。受け入れから一夜明けた20日、施設職員は夜を徹しての看病に疲労の色を浮かべながらも、懸命に介護に当たった。当初受け入れ予定の倍近い人数。看護師は「不安にさいなまれ ...
「保育や介護充実を」男女共同参画の意識調査 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
共同社会実現の条件を問う項目には、男女ともすべての年代で「保育や介護サービスの充実」(男性41・7%、女性59・6%)との回答が最多だった。 調査は2010年9月から10月にかけ、市内在住の成人男女600人ずつを対象に実施。男性247人、女性322人、 ...