介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2011年01月31日()
<'11 予算案 文京区>高齢者の見守り着手 23区初 担当者80人新たに雇用 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
「みまもりサポーター」は、民生・児童委員などから推薦を受けた人や、区社会福祉協議会に登録しているボランティアなど、見守り活動に理解のある人に区が依頼、有償で委託する。 区高齢福祉課は「成功のカギは一人一人の対象者に合うサポーターを見つけること。 ...
介護施設で胃腸炎集団発生、入所者2人が死亡/横須賀 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
横須賀市走水2丁目の介護老人保健施設「しんわ走水荘」で感染性胃腸炎が集団発生したことが31日、神奈川新聞社の取材で分かった。入所者、職員合わせて46人が下痢や吐き気の症状を訴え、このうち入所者2人は吐物が肺に流れ込んだことによる肺炎で死亡した。 ...
即日宅配、訪問販売、バスツアーも 「買い物弱者」地域でサポート 茨城 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
常陸太田市では平成18年から市内の商店の協力で「買い物宅配代行サービス」を展開。65歳以上からの注文を配達した店には1回100円が支払われる仕組みで、「食料品や日用品のお店の利用が多い」(市高齢福祉課)という。
第44回神奈川新聞歳末助け合い、11団体に配分決定 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
県共同募金会は、31日開いた配分委員会で、昨年12月に実施した「第44回神奈川新聞歳末助け合い募金」の配分先を審査し、「神奈川県本人の会希望」をはじめ障害者団体、グループホームなど11団体に配分金を贈ることを決めた。 今回寄せられた募金の件数・金額は、県民の ...
少子高齢化社会になるにつれて、高齢者が高齢者を介護しないといけない状況、いわゆる老老介護が増え、社会問題化しています。老老介護をなくすことはできなくても、負担を軽減すること、その為に今何が必要なのか、何が一番問題なのかについて一緒に考えましょう。 ...
高齢者76人 碁盤で火花 日田市で大会 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「第30回新春囲碁大会」(大分県日田市老人クラブ主催)が26日、同市中ノ島町の市老人福祉センターであり、市内に住む64―90歳の76人が真剣勝負に臨んだ。 段位別に4パートに分かれ、5回の対局で勝ち負けを競った。勝ち数が同じ場合は、誕生日が先の方が上位に ...
「地域で支える」高松市が認知症対策を強化 - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
市の高齢化率は、現在の約22%が40年後には40%を超える見込みで、寝たきりや認知症などで介護が必要な高齢者はさらに増える見通しだ。 ガイド本はA4判で約30ページ。認知症を特別視せず、患者と家族を地域社会で支えるための「処方箋」が狙い。 ...
ピジョン、介護用食具のハビナース「やわらかい介助スプーン」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
ピジョン株式会社(本社:東京、社長:大越 昭夫)は、食事の介助をする方、介助される方のことを考えて開発した介護用食具、ハビナース「やわらかい介助スプーン」を、2011月2月14日(月)より、全国で新発売いたします。 本商品は、高齢者の食事を介助する方の ...
インフルエンザやノロウイルス、認知症疾患医療センターが注目―『専門医.info』週間アクセスランキング(2011/01/23~2011/01/29)― - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
今週も1位がインフルエンザの全国的な流行、2位がノロイルス流行と、先週と同じ順位となりました。巷では鳥インフルエンザの話題が盛り上がっていますが、まだまだ注意が必要です。3位に統合失調症新薬の話題、6位・7位・10位に認知症疾患医療センター指定の話題がランク ...
日清紡ペーパープロダクツ、「介護ケアのためにつくったトイレに流せる大きなサイズのおしりふき」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
日清紡ペーパー プロダクツ株式会社(所在地:東京都中央区、社長:萩原伸幸)は、介護用新商品『介護ケアのためにつくったトイレに流せる大きなサイズのおしりふき』を、2月1日より全国のスーパー、ホームセンター、ドラッグストアなどで販売を開始します。 ...
外国人介護士広がり期待 宇都宮のNPO法人、2級研修11人が修了 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
受講した外国人11人全員がホームヘルパー2級資格を取得、県内施設にとって外国人介護員受け入れのきっかけになると期待される。 11人の出身地はブラジル、中国、フィリピン、タイ、ペルー、エストニアで全員女性。 このうち中国出身の内匠鶴恵さん(48)=野木町=は、 ...
候補者に聞く(5) - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護と子育ての施設の充実に向け、市単独でも助成していく。介護が必要な高齢者の預け先をつくり、待機児童もなくすことで、介護や子育てに負担が多い女性を解放し、社会進出を促して、労働力になってもらう。 まず、国民健康保険料を年1万円引き下げて市民負担を軽減 ...
47NEWS > 共同ニュース > 難病ヤコブ病を髄液使い生前診断 長崎大が世界初開発 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
認知症などが急速に進み死に至る神経難病「クロイツフェルト・ヤコブ病」(CJD)について、患者から採取した髄液を使い生前に確定診断する方法を、長崎大大学院医歯薬学総合研究科の西田教行教授(感染分子解析学)らの研究グループが世界で初めて開発した。30日付の ...
高野山大学卒業後、立江寺、新野高校椿分校の助教諭を経て、社会福祉法人常楽園、徳島県青少年協会などに勤務した。徳島市内の老人福祉施設で長年、高齢者福祉に携わり、現在も社会福祉法人白寿会の本部長を務める。 執筆活動も積極的で、吉田兼好の随筆「徒然草」の現代 ...
医療難民深刻化の恐れ 広南病院院長・藤原悟氏に聞く - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
国は介護療養病床の削減を打ち出し、現在は実施を凍結している。今回の調査では6割が病院に入院しており、削減に踏み切れば、医療難民が続出するとの危機感が一層強くなった」 「宮城県だけで約1000人という人数をみると、遷延性意識障害者の専用病院を新設するに ...
近所の人と「親しく付き合っている」人は2割に届かず、高齢社会に必要な「支え合い」や「見守り」の基盤が弱いことが浮き彫りになった。県高齢者福祉課は「住みなれたまちで暮らし続けるために、助け合える地域づくりが課題」としている。 調査は昨年8月、千葉市花見川 ...
難病ヤコブ病を髄液使い生前診断 長崎大研究グループが世界初開発 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などが急速に進み死に至る神経難病「クロイツフェルト・ヤコブ病」(CJD)について、患者から採取した髄液を使い生前に確定診断する方法を、長崎大大学院医歯薬学総合研究科の西田教行教授(感染分子解析学)らの研究グループが世界で初めて開発した。30日付の ...
病院・施設46%に患者 遷延性意識障害調査 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
病院を病床別でみると、療養病床のある病院が29病院と6割弱を占めたが、一般病床しかない病院でも22カ所が受け入れていた。療養病床のある病院の8カ所で療養病床の過半数を重度の意識障害者が占めていた。療養病床数を上回り、一般病床にまで及んでいる病院も1カ所 ...
2011年01月30日()
意識不明の認知症の妻が死亡、殺人容疑で夫送検/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
横浜市栄区公田町の民家で29日午前、夫(85)が認知症の妻(81)を絞殺しようとした事件で、意識不明だった妻が30日朝、搬送先の病院で死亡した。 栄署は、殺人未遂の疑いで、夫を現行犯逮捕しており、容疑を殺人に切り替え、30日に横浜地検に送検した。 ...
夫に首絞められた認知症の妻死亡 横浜 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
横浜市栄区公田町の無職、鈴木昇次容疑者(85)が29日、自宅で認知症の妻、貞子さん(81)の首を絞めて殺害しようとした殺人未遂事件で、栄署は30日、貞子さんが死亡したと発表した。 栄署は遺体を司法解剖して死因を特定するとともに、殺人容疑に切り替えて捜査 ...
高齢福祉全4事業「見直し」常陸大宮市議会特別委仕分け - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
常陸大宮市が実施している各種事業の必要性や妥当性などの検証を目的に、同市議会行財政改革推進特別委員会(内田勝広委員長)は27日、同市役所内で高齢者福祉対策の3事業と敬老事業について初めての「事業仕分け」を実施した。結果は4事業すべて「見直し」と判断。 ...
被災者に心のケアを いのちの電話、広島で講演会 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
川畑教授は、阪神大震災で被災した寝たきりの高齢男性が、ボランティアスタッフに号泣しながら被災体験を吐露して後、元気を取り戻したエピソードを紹介。「人間は大切なものを失い別れのつらさを感じるが、(ボランティアたちとの)出会いにより耐える力をもらえる」と ...
被災者ケア 経験など語る - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
川畑教授は、阪神大震災で被災した寝たきりの高齢男性が、ボランティアスタッフに号泣しながら被災体験を吐露して後、元気を取り戻したエピソードを紹介。「人間は大切なものを失い別れのつらさを感じるが、(ボランティアたちとの)出会いにより耐える力をもらえる」と ...
85歳夫、認知症の妻の首締める 横浜 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
神奈川県警栄署は30日までに、認知症の妻の首を絞めたとして、殺人未遂の疑いで、横浜市栄区公田町、無職鈴木昇次容疑者(85)を現行犯逮捕した。妻は搬送先の病院で死亡、容疑を殺人に切り替えて調べている。 同署によると、鈴木容疑者は容疑を認めており、「妻は ...
豆まきや菓子作りで交流 山科の施設で幼老統合ケア - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
子どもと高齢者が福祉施設などで日常的に交流する「幼老統合ケア」の節分イベントが29日、京都市山科区の洛和グループホーム山科小山であった。入所者と近くの学童保育園の子どもたちが、豆まきや菓子作りを楽しんだ。 洛和会ヘルスケアシステムが昨年6月、同じ敷地内 ...
2011年01月29日()
認知症、優しさこそが遠ざける 鳥取でフォーラム - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の理解を深めてもらう「認知症フォーラム2011」(鳥取市主催)が29日、鳥取市富安2丁目のさざんか会館で開かれた。認知症を引き起こすメカニズムや予防法が紹介され、参加者は熱心にメモを取っていた。 「認知症にやさしい地域づくり」と題して広島国際大学 ...
「幼老統合ケア」 高齢者と児童、世代間交流 京都 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
ふさぎ込みがちな高齢者に自信を持ってもらえるほか、子供の成長に良い影響を与えるケアとして、近年注目されている。 イベントには、同施設のグループホームや学童保育園などに入所、通園する認知症の高齢者や児童ら約30人が参加。高齢者が児童らに生まれ育った町での ...
24時間訪問介護サービス事業者の選定、市町村に権限 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は2012年度に導入する24時間訪問介護サービスの概要を固めた。市町村がサービス事業者を指定し、利用者は原則その市町村の住民に限定する。地域に合ったサービスを提供し、単身者などの在宅生活を支援する狙い。すべての要介護者を対象とする。 ...
若手介護職員の悩みを聞く会 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護施設などで働く若い職員が仕事の大変さなどに悩み、辞めていくケースが多いことから、経験豊富なベテラン職員に悩みを聞いてもらい、アドバイスを受けることで引き続き活躍してもらおうという相談会が東京で開かれました。 この相談会は、介護の現場で働く経験の浅い ...
殺人未遂容疑で85歳の夫逮捕、認知症の「妻の将来を悲観」/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は同日午前8時40分ごろ、自宅で妻(81)の首をタオルで絞め、殺害しようとしたとされる。妻は意識不明の重体。 同署によると、同容疑者は妻と2人暮らし。妻は認知症を患っており、同容疑者は「妻の将来を悲観してやった」と供述しているという。 ...
認知症の妻の将来悲観 殺人未遂で逮捕 神奈川県警 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同署によると、「今年に入って妻の認知症が進み、将来を悲観して首を絞めてしまった」と容疑を認めている。 同署の調べによると、鈴木容疑者は同日午前8時40分ごろ、自宅で妻の貞子さん(81)の首をタオルで絞めて殺害しようとした。110番通報を受けた同署員が ...
モンテディオ山形2011リボンマグネット募金 取扱窓口増設のお知らせ - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
この活動は、社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会が運営するプロサッカーチーム「モンテディオ山形」や「女子駅伝事業」・「介護予防事業」・「育成普及事業」等の活動を支援するため、1000円以上の募金にご協力頂いた方にリボンマグネットを進呈するものです。 ...
認知症の妻殺害未遂容疑で85歳夫逮捕 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
横浜市で、85歳の夫が81歳の認知症の妻を殺害しようとしたとして逮捕されました。 殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、横浜市の鈴木昇次容疑者(85)で、29日朝、自宅で妻の貞子さん(81)の首をタオルで絞めて殺害しようとした疑いがもたれています。 ...
高齢者や障害者に心やさしく 京都市、店に認証ステッカー - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
京都市は2月から、市バリアフリー条例の基準に合致した建築物や、高齢者や障害のある人に配慮した接客に取り組む店舗に対し、市の「みやこユニバーサルデザインハートマーク」が入った認証ステッカーを交付する。市内にステッカーを広げ、人にやさしいまちづくりを目指す ...
正森氏が出馬表明 吹田市長選 共産党が推薦へ - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
任期満了に伴う4月24日投開票の吹田市長選で、社会福祉法人「こばと会」理事の正森克也氏(44)が28日、吹田市民会館で記者会見し、「明るい革新吹田市政をすすめる会」から無所属で立候補すると表明した。共産党の推薦を受ける予定。 正森氏はこばと会が運営する高齢者 ...
2011年01月28日()
電子黒板の活用学ぶ - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
6年生の総合的な活動の時間では、グループごとに少子高齢化社会やバリアフリーなどのテーマに応じて、プレゼンテーションを実施。資料や写真を電子黒板を使って掲示し、分かりやすく発表した。 同校は2009年12月、文部科学省の調査研究事業の指定を受け、21の ...
マイクロソフトやセコム、ITで介護サービス支援事業 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの現場をIT(情報技術)を使い支援する仕組みが相次ぎ開発される。 米マイクロソフトは2011年からスマートフォン(高機能携帯電話)を使い、必要なサービスを提供できたかの確認のほか、被介護者や家族からの要望、サービス提供時の細かな注意点などを担当 ...
社会保障・税の番号制、2015年から 政府が基本方針 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
菅政権は28日、一人ひとりに番号を割り当てる「社会保障・税の番号制度」(共通番号)の基本方針を決めた。年金や医療、介護などの社会保障サービスと納税や減税などの手続きに利用する。2014年6月をめどに番号を付与し、15年1月からの利用開始を目指している。 ...
共通番号制度・基本方針案固まる 秋に法案提出 - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
基本方針案では、2014年6月に全国民に対して年金手帳や健康保険証、介護保険証を一元化したICカードを配布します。これにより、確定申告で領収書がなくても医療費控除が申告できたり、高額医療・高額介護合算制度で自己負担額以上の立替払いが不要になります。 ...
14年に国民へ共通番号 社会保障・税で政府案 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
政府の社会保障と税の共通番号制度の実務検討会は28日、基本方針案をまとめた。2014年6月に国民一人一人に番号を割り当て、15年1月の利用開始を目指す。健康保険証や年金手帳、介護保険証の機能をまとめたICカードを新たに国民に配布し、1枚のカードで ...
双日、介護支援制度を拡充~ 介護と仕事が... - 日本の人事部 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
双日株式会社は、急速に高齢化が進展する社会環境の中で、より安心して介護と仕事が両立できる働きやすい環境を整えるよう、介護休暇の取得可能日数の拡充、介護用短時間勤務制度、介護による退職者の再雇用制度、介護休職の複数回の取得の4つの制度を新設します。 ...
トピックス インフルエンザ、院内感染予防に太鼓判「環境消毒施工ビジネスを推進 染めQテクノロジィ - ペイント&コーティングジャーナル CoatingMedia Online (媒体での記事掲載終了)
これを受け、病院や老健施設、学校、幼稚園など各施設の室内環境を対象に、同社が構想していた環境消毒施工ビジネスを推進する。 同社の「ウィルス増殖環境消滅」(スプレーボトルタイプ及びシートタイプ)は昨年、全国のドラッグストアなどで発売され、新型 ...
介護事業所新聞を発刊 重度障がいの安慶名さん編集 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
【浦添】就労が難しい重度障がい者に社会参加してほしいと、介護事業所などを運営するフィーチャー企画(喜納正博会長)が開設した「はんこみかん」(宜野湾市)。そこで働く安慶名徹さん(33)=浦添市西原=がパソコンを使って編集した事業所新聞「みかん・おれんじ ...
アイドルグループのスカウトを装い女子高生にわいせつ、介護士の男を逮捕 - スポットライト (媒体での記事掲載終了)
27日、福岡県警中央署は、人気アイドルグループ「AKB48」のスカウトを装って女子高生に声をかけ、わいせつな行為をしたとして、福岡市南区の介護士、松尾幸一容疑者(28)を強制わいせつの疑いで逮捕した。 逮捕容疑は、昨年12月20日午後6時15分ごろ、 ...
<下呂・金山>医師は増、病床は減 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
金山病院は建物の老朽化が進み、09年度の病床利用率は一般、療養とも6割前後にとどまり、年間約7400万円の赤字が出ていた。 新病院は、一般病床で90%、療養病床で85%まで利用率を上げることを目指す。現在は常勤医が8人いるが、さらに外科と内科で1人ずつ ...
【静岡】三島市 光ケ丘住宅A棟改修を8月に発注(1/28) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
整備の概要は、最上階にある6戸の住宅の間仕切りを変更し、4戸の3DKに改修する。1階から4階は階段室を居室に改良し、一部を新たに2DKに改修するほか、高齢者向けとして1DKに変更する。また、エレベーターの設置やバリアフリー対応の改修も実施する。 ...
2011年01月27日()
「君AKBに」スカウト装いわいせつ強要 - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
「あなたもAKBになりませんか」などとスカウトのように振る舞い、女子高生にわいせつな行為をしたとして、福岡県警中央署は27日、強制わいせつの疑いで、介護士松尾幸一容疑者(28)を逮捕した。 調べによると、昨年12月20日午後6時15分ごろ、松尾容疑者が ...
<'11 予算案 練馬区>2病院誘致を検討 200床以上 人口増、高齢化に対応 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
具体的には、回復リハビリテーション病床や療養病床を持つ病院二施設の誘致を目指す。公募区民や学識経験者、医療関係者でつくる「区地域医療計画策定委員会」(仮称)で、十月までに整備や運営方法などの計画を策定。二〇一一年度内に、民有地や公有地も含め、土地の選定 ...
綾瀬市吉岡の介護老人保健施設メイプル(矢崎浩理事長)で2月19日(土)午後1時30分から3時まで、介護者のための腰痛予防をテーマにした家族介護教室を開催する。 当日は、同施設で理学療法士を務める田中一広さんが講師となり、講義のほか、体への負担の少ない介護術 ...
高齢者用賃貸を狭小地に建築 アーバンアーキテック、地主に提案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
大手の高専賃の3分の1以下の面積だが、建物内部はバリアフリー構造で、共用の食堂や浴室、エレベーターなどを設置する。建築前の市場調査や介護事業者の選定、行政手続きは同社が一貫して引き受ける。 例えば、800~1000平方メートルの土地に20室の2階建て高専賃を ...
消費税4.5%分不足 医療・介護・年金で経財相 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
与謝野馨経済財政相は27日のBSフジ番組で、税と社会保障の一体改革での消費税上げの水準に関して、高齢者向けの医療・介護・年金の3つの経費の不足分の穴埋めには消費税4.5%分が必要との見解を示した。 経財相は「消費税1%の本当の実力は2.2兆円程度」と分析。 ...
地域連携で高齢者を支援 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
同グループはアリーノを拠点に、1カ月に1回の交流事業やワークショップなどの啓発活動を行っていく予定。4月には始めてとなるワークショップを開催。「高齢者のひとり暮らしを考える」をテーマに高齢者の健康管理や近隣住民との付き合い方、認知症予防策などについて ...
「安心カード」来月交付 認知症高齢者徘徊対策 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
八戸市地域包括支援センター(長谷川恭子所長)は2月、徘徊(はいかい)する認知症高齢者を対象に「安心カード」の交付事業を始める。登録番号と関係機関の連絡先を記載したカードを持たせることで、認知症高齢者の早期保護を図るのが狙いで、同センター独自の取り組み。 ...
千葉県は26日、我孫子市内の高齢者福祉施設でノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団発生を確認したと発表した。同日までに入所者と職員の男女46人がおう吐や下痢の症状を訴え、松戸保健所の検査でノロウイルスが検出された。いずれも快方に向かっている。 ...
0歳児にも介護保険アンケート 瑞浪市が誤送付 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
瑞浪市は26日、65歳以上を対象にした介護保険事業などに関する市民アンケートを、誤って65歳未満の市民772人に郵送してしまった、と発表した。無作為抽出の際の作業ミスで、0歳児宛てに送ったものもあった。 市高齢介護課によると、アンケートは老人保健福祉 ...
脊椎骨折診断MRI有効 骨粗しょう症患者、正確に部位特定 - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
ひどい場合には脊髄まひなどを引き起こし、寝たきりになるケースもみられた。 井形教授らは、2008年から2年間、脊椎を骨折した49~92歳の患者64人を調査。CTやレントゲンに加えて、MRI検査で骨折の詳細な確定診断を行った。 専用の装具を付け、薬物治療や ...
とても近しい高齢者が、病を機にした長期の入院中、記憶があいまいになり、認知症と診断された。それまでは、家事もこなしていた人が、場所の認識も定かでない。当方は、おろおろするばかりだった。もちろん、初体験の動揺もある。と共に、自身の問題として、長い経験で ...
AKB48のスカウトを装う わいせつ容疑で介護士逮捕 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
人気女性アイドルグループ「AKB48」のスカウトを装い、女子高生にわいせつな行為をしたとして、福岡県警中央署は27日、強制わいせつの疑いで、介護士松尾幸一容疑者(28)=福岡市南区屋形原=を逮捕した。 逮捕容疑は昨年12月20日午後6時15分 ...
ゲームセンターに中高年層増加 県内SC併設店、認知症予防や交流の場 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
手先を動かすことで認知症の予防やリハビリ効果も期待されるほか、交流の場としての役割も果たしており、若者の集まる場だったゲームセンターが、様変わりしつつある。 「ここに来れば友だちも増えるし、母親とも一緒に遊べる」と話すのは、越前町織田の女性(59)。 ...
警察官の懲戒処分6割増 50代倍増に「親の介護が背景」警察庁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
事案別では窃盗詐欺横領等76人、業務不適切57人、飲酒上信用失墜・異性関係55人、特別法犯等54人、交通事故違反40人-と続いた。 警察庁は「警察改革と逆行する状況で非常に危機感を抱いている。中高年の不祥事の増加は、親の介護や子供の教育問題など世代特有 ...
ゲームセンターに中高年層増加 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
参加した施設の一つ、デイサービスセンターわかたけ(越前市本多2)の職員、岩崎静恵さんは「認知症があり、普段はほとんど表情が変わらない80代の女性が満面の笑みを見せたり、寝たきりになることが多い70代女性が背筋を伸ばして熱中したりする姿も見られた」と話す ...
要介護者に24時間対応 中津でモデル事業 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
中津市は26日、「24時間地域巡回型・随時訪問サービスモデル事業」を2月から試験的に実施すると発表した。2012年度介護保険制度の改正に向けて、国が募集したモデル事業に選ばれたもので、県内では同市のみ。 事業内容は要介護者からの通報に、オペレーション ...
全国の懲戒処分者6割増=目立つ50歳以上-警察庁 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
警察庁は27日、昨年1年間に懲戒処分を受けた全国の警察官と警察職員は、前年比59.1%増の385人だったと発表した。50歳以上の処分者が急増しており、同庁は「親の介護や単身赴任などがストレスになって不適切な行為につながる可能性があり、ベテラン世代に特有 ...
急患拒否急増175件 県まとめ 「ベッド満床」で - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
島尻消防は19件で、このうち要請が7回にわたったケースもあった。 宜野湾市消防が16件、東部消防12件、豊見城市消防10件だった。搬送されたのは60~90代の高齢者が多かった。 搬送要請元には老健施設も多かったことから、関係機関からみとり医療の体制の ...
0歳児にも介護保険アンケート 瑞浪市が誤送付 - 岐阜新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢介護課によると、アンケートは老人保健福祉計画と介護保険事業計画の策定に当たり、高齢者の生活や意識調査を行うのが目的。住民基本台帳から65歳以上の対象者を抽出する際、一部で年齢条件の設定を誤り、年齢に関係なく抽出してしまったという。 ...
2011年01月26日()
がん判明後、何すれば… 市民団体が行動マップ作成中 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
治療、入院、通院、再発、自宅療養、緩和ケア病棟、自宅療養、永眠といった流れに沿い、病院の選び方、税金の医療控除、介護保険の認定申請、24時間対応が可能な訪問看護ステーションの一覧などを盛り込む。 「正確な最新情報を集め、分からない点は専門家に相談する。 ...
介護士の受験資格を緩和 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、平成27年度の介護福祉士国家試験から実務経験者の受験資格として600時間の教育課程受講を義務付けることについて、時間を450時間に短縮して条件を緩和することを決めた。 介護人材養成の在り方を検討している厚労省の有識者検討会が、これらの方針 ...
厚労省 有料老人ホーム 一時金返還を義務化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は二十六日までに、高齢者が有料老人ホームに入居する際に支払った一時金について、九十日以内に退去する人には原則的に全額返還するよう事業者に義務付けることを決めた。返還をめぐるトラブルを防ぎ、高齢者の保護を強化する狙い。通常国会に老人福祉法の改正 ...
消費税と社会保障/大局的見地で与野党協議を - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
年金、医療、介護の財源が見込めなくなったここ数年、制度をパッチワークのように手直しし、現役世代など余裕のありそうなところに負担を求め、それでも穴があいた場合は「埋蔵金」でしのいできた。 このまま若年層が減ると、高齢者を支える財政的な仕組みも持たなくなる ...
高齢者の拘束2.6% 介護施設「人手不足」も理由 群馬 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県内の高齢者向け介護施設で平成22年、入所者に対する身体拘束が行われた割合は2・6%で、19年の前回調査より0・7ポイント減少したことが26日、県の実態調査で分かった。 県によると、22年10月1~7日の調査期間中、県内516施設の入所者のうち、 ...
みんなで支える認知症 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
パートナーせやで2月17日(木)、「みんなで支える認知症ケア」の講演会が開催される。 講師は、横浜市立大学大学院医学研究科の准教授・青木由美恵氏。周囲の人々が認知症の人をどう理解し、支えていくかを考える、人間関係中心の「リレーションシップ・センタード・ ...
尾道大生が使いよい文具提案 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
尾道大美術学科デザインコース3年生10人が、障害者や高齢者も使いやすいユニバーサルデザインの文房具を考案し、26日に尾道市東御所町のしまなみ交流館で発表会を開いた。2月7日まで展示する。無料。 発表会は、文房具製造販売コクヨグループ(大阪市)で開発や販売を ...
ノロウイルス集団感染 我孫子市の高齢者施設で46人 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
千葉県疾病対策課は26日、我孫子市内の高齢者向け社会福祉施設で60~100歳代の施設利用者38人と、20~30歳代の職員8人の計46人がノロウイルスによる感染性胃腸炎にかかったと発表した。全員症状は軽いという。 同課などによると、今月19日から24日 ...
有料老人ホームに返金義務 トラブル防止で厚労省 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日までに、高齢者が有料老人ホームに入居する際に支払った一時金について、90日以内に退去する人には原則的に全額返還するよう事業者に義務付けることを決めた。返還をめぐるトラブルを防ぎ、高齢者の保護を強化する狙い。通常国会に老人福祉法の改正法案を ...
メデカジャパン、ユニマット系介護子会社を吸収合併 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護サービス事業を手掛けるメデカジャパンは26日、ユニマットライフ(東京・港)の介護子会社ユニマットケアサポート(同)を3月1日付で吸収合併すると発表した。同社の運営する介護事業所13拠点のほか、従業員295人も引き継ぐ。メデカジャパンは直営拠点を増やし、 ...
新規アルツハイマー型認知症治療薬2剤が認可 - 医療人材ニュース (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー型認知症治療薬として期待されていた2種類の薬剤が、1月21日付で、共に本邦の製造販売承認を取得した。 承認されたのは、メマリー錠(一般名:メマンチン塩酸塩。第一三共株式会社)とレミニール(一般名:ガランタミン臭化水素酸塩ヤンセンファーマ株式 ...
有料老人ホームに返金義務 トラブル防止で厚労省 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日までに、高齢者が有料老人ホームに入居する際に支払った一時金の返還をめぐるトラブルを防ぐため、短期間で退去する人には一時金を原則的に全額返還するよう、法改正で事業者に義務付けることを決めた。 老人福祉法改正案を通常国会に提出、2012 ...
認知症のおじいさんが駐車した場所を忘れ、3年ぶりに車が戻ってくる - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
イギリスで認知症の80歳のおじいさんが車で出かけたところ、どこに駐車したかをすっかり忘却してしまったそうです。 家族も一緒に探したものの出てくることは無く、もう無いものだとあきらめていたところ、3年経った今頃になって戻ってきたそうです。 ...
イギリスで認知症の80歳のおじいさんが車で出かけたところ、どこに駐車したかをすっかり忘却してしまったそうです。 家族も一緒に探したものの出てくることは無く、もう無いものだとあきらめていたところ、3年経った今頃になって戻ってきたそうです。 ...
病院「患者を廊下に」 軽症受診、救急車“タクシー” - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
医療機関は緊急性が高く症状が安定しない「急性期」、状態の安定した「慢性期」で機能を分担しているが、近年は国の療養病床の削減もあり、慢性期を担う病床が不足している。急性期病院が状態の落ち着いた患者を慢性期病院に転院させようにもできない事態が発生している。 ...
元気な老後を地域で築く 掛川に介護予防推進「健康クラブ」が発足 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりや認知症にならない生活を目指す介護予防は、2006年度の介護保険法改正に併せてスタート。市高齢者支援課によると、市内の要介護認定者(昨年末現在)は4048人いて、うち65歳以上のお年寄りは3919人と増加しており、同課は地域で介護予防を推進する ...
介護福祉士側の控訴を高裁棄却 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
2009年7月、喜多方市の老人介護施設で入居者の男性(当時69)に暴行し、死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた会津若松市、介護福祉士丹藤雅志被告(42)の控訴審判決が25日、仙台高裁で開かれた。飯渕進裁判長は「一審で確定した犯罪事実は合理的疑いの ...
「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010」を販売開始 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
本資料は、現在アルツハイマー型認知症(以下、AD)治療薬の開発を進められている企業の方々や、世界的に高齢化が進みますます関心が高まるに関連したビジネスをお考えの企業の方々に、お役にたてば幸いです。 ・2010年春、AD治療薬の新規3剤となるリバスチグミン・ ...
クリエイトSD(3148)介護事業のココチケアと業務提携 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
クリエイトSDホールディングス <3148> 子会社のクリエイトエス・ディーは、東京都東部地区を中心に地域密着型の看護及び介護サービスを提供しているココチケア(東京都葛飾区)との間で、業務協定書の締結した。 ココチケアは、医療法人明正会のグループ企業として、 ...
新・ビザなし交流船の名前募集 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の多い元島民が利用することを考慮し、船内はバリアフリーになっている。現在の渡航船は老朽化が著しく、船内も手狭だった。 北方領土問題は、昨年11月にロシアのメドベージェフ大統領が国後島を訪問したことなどを受け、国民的な関心が高まっている。 ...
2011年01月25日()
善意0.85カラット 「ゲゲゲの女房」から指輪 高石 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
25日午前10時40分ごろ、高石市役所の高齢介護・障害福祉課を訪れた女性が「養護施設に寄付したい」とダイヤの指輪(0.85カラット、約20万円相当)と現金5万円などが入った手提げ袋を職員に手渡し、立ち去った。「指輪は現金に換えて子どもたちに使って ...
高齢化集落のビジネス支援 秋田県、新年度5千万円超計上 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
県は高齢者が元気に暮らせる社会を目指した行動計画を策定中で、高齢化集落の支援はその一環。 県の推計によると、高齢化率は10年10月時点で29.5%に達した。集落(高齢者福祉施設などを含む)約4300のうち、高齢化率が50%を超えるのは、15年に1000 ...
若年性認知症への支援要望 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
64歳以下で発症する若年性認知症の患者本人や家族らが、必要な支援について厚生労働省などの行政担当者と話し合う意見交換会が東京都内で開かれ、「経済的な支援を充実して家族の負担を減らしてほしい」などの要望が寄せられた。 厚労省の推計では、若年性認知症の患者 ...
管理職員全員に認知症の理解を 茂原市がきょう講座 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
茂原市は二十六日、市の管理職員全員を対象に、認知症サポーターの養成講座を開く。高齢化の進展に伴い、高齢者政策を進めるには認知症への正しい理解がすべての管理職員に必要と判断した。 認知症サポーターは、認知症の人やその家族を見守り支援する人で、厚生労働省が ...
「ユーパロの湯」 指定管理者公募 4月再開目指す - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
市の財政破綻後の2007年から指定管理者制度が導入され、これまで2社が運営に当たったが、いずれも経営に行き詰まり、昨年末に指定管理者だった札幌の業者が撤退、営業停止となった。 市は施設廃止も検討したが、隣接する老健施設に温泉を供給していることや、年間7 ...
ユニバーサルソリューションシステムズ iPhoneで介護記録システム - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
システム開発のユニバーサルソリューションシステムズは、米アップル製のスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を入力端末に使った介護記録システムを業界で初めて発売した。 新システムは「ケアオンライン2.0 リリース1」で、携帯情報 ...
練馬区、西部に民間病院誘致 2カ所で500床確保へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
自ら病院を建設するところには、整備費を支援する方針だ。 同区の人口は増加傾向にあり、中でも高齢者の数は急増が見込まれる。このため、高度医療や救急医療に加え、新病院では療養病床やリハビリテーション病床の拡充も重点課題にする。
「天下る介護」から「地に萌ゆる介護」へ - 人民新聞 (媒体での記事掲載終了)
2010年は、介護の世界にとって、後年振り返るべき転回点になりました。一言でいうなら、「介護保険制度の理念を忠実に掲げてきた事業者」が姿を消して、「高齢者の求めるサービスを、違法スレスレでも提供していく事業者」が、介護の世界を引っ張っていく、そんな新しい ...
クリエイトSDが薬剤師訪問事業を強化へ、介護施設と業務提携 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
都内でグループホームなどを運営するココチケア(東京都葛飾区)と25日に業務提携。ココチケアの介護施設にも訪問先を拡大し、医療と介護サービスの連携を進める。 ココチケアが運営するグループホームや高齢者専用賃貸住宅など都内8カ所に薬剤師を派遣する。 ...
増える「高齢者あんしん協力店」 板橋区 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東京都板橋区では、認知症になっても地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、「高齢者あんしん協力店」制度を進めている。区内全域での協力店登録は都内23区では初めてで、その数も日に日に増えている。認知症の人を温かく見守り対応する態勢が広がる一方、地域の ...
クリエイトエス・ディー/介護サービスのココチケアと業務提携 - 流通ニュース (媒体での記事掲載終了)
クリエイトSDホールディングスは1月25日、事業会社のクリエイトエス・ディーと介護サービスを提供するココチケアが業務提携したと発表した。 業務協定書の締結により、ココチケアが現在運営しているグループホーム等の全施設及び訪問診療や訪問看護・訪問介護の全事業所の ...
90の春-歴史学者キム・ギヒョプの介護日記 - innolife.net (媒体での記事掲載終了)
歴史学者だった父、故キム・ソンチル先生と、母である梨花女子大・国文科教授、イ・ナムドク先生の三男、キム・ギヒョプは、2年余りの間母を介護し、細かい観察と省察で人間と人生について、思惟する。 母が倒れ、母の様子を気にかける人々に容態をメールで知らせていたの ...
厚生労働省が21日付で承認した新医薬品では、注目を集めていた新規アルツハイマー型認知症治療薬の「メマリー」「レミニール」、大型化が期待される直接トロンビン阻害剤「プラザキサ」、世界初の非プリン型選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤「フェブリク」など、話題 ...
... 必要)が、サイト内で投稿した健康相談は、みんなの応援投票によってポイントが付与され、その日一番ポイント獲得数の多かった相談が専門相談員によって回答されます(専門相談員:保健師・助産師・看護師・栄養管理士・臨床心理士・ケアマネージャーなどの有資格者)。 ...
【千葉】 運動器症候群「ロコモ」、健診と体操で防げ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
骨や関節などの運動を担う機能が衰え、要介護や寝たきりになったり、そのおそれがある状態を指す言葉で、日本人の3人に1人以上が発症しているともいわれる。松戸市でこのほど、ロコモの予防と対策を訴える講演会があり、250人の市民が熱心に耳を傾けた。 ...
介護職員、不満はあるが、、7割が今の仕事に満足 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が介護職員6289人に対し、仕事満足度調査を実施した結果、約7割の方が満足していると回答した。 調査では、今の仕事に満足しているか尋ねたところ、「はい」が69.5%、「いいえ」が30.5%となった。 ...
開業や経営を支援 琉銀が医療・介護コンサルチーム - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国内の成長産業に位置付けられる医療、介護関連分野の支援を強化しようと、琉球銀行(大城勇夫頭取)はこのほど、コンサルティング営業部内に新たに「医療コンサルティングチーム」を立ち上げた。24日、全国の医療・介護分野の支援事業で実績のある三菱UFJリース( ...
訪問介護事業者 県指定取り消し - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山市の訪問介護事業者が勤務人員についてうその報告をしていたとして、県は24日、介護保険事業者としての指定を取り消したと発表した。今後、事業者が受け取った約1800万円とみられる介護給付費を返還させる予定。 県長寿社会課によると、事業者は、北区清輝橋4 ...
みんなの健康相談サイト『などるほ』リリース! - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... 必要)が、サイト内で投稿した健康相談は、みんなの応援投票によってポイントが付与され、その日一番ポイント獲得数の多かった相談が専門相談員によって回答されます(専門相談員:保健師・助産師・看護師・栄養管理士・臨床心理士・ケアマネージャーなどの有資格者)。 ...
琉銀、医療・介護コンサル 開業や経営を支援 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
国内の成長産業に位置付けられる医療、介護関連分野の支援を強化しようと、琉球銀行(大城勇夫頭取)はこのほど、コンサルティング営業部内に新たに「医療コンサルティングチーム」を立ち上げた。24日、全国の医療・介護分野の支援事業で実績のある三菱UFJリース( ...
2011年01月24日()
フィリピンで増える「出稼ぎ母&子育て父」 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
中東諸国の建設現場での仕事が多かったが、リーマンショック後は求人がめっきり減り、女性による介護や家事の出稼ぎが増えている。 番組はマニラ近郊の町、サント・トーマスに暮らす溶接工のダニエル一家を取材。この家庭では2年前から奥さんがレバノンへ出稼ぎに出て ...
県が介護保険施設の指定取り消し 岡山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県は24日、実際に勤務していない介護ヘルパーを従業員として登録し、虚偽の報告をしたなどとして、介護施設運営会社「PMR」(岡山市北区清輝橋、藤井景冬社長)の介護保険事業者指定の取り消し処分を同日付で行ったと発表した。 県によると、PMRは雇用していない ...
琉球銀、三菱UFJリースなどが医療・介護分野で提携 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
琉球銀行、三菱UFJリース、琉球リース(那覇市、比嘉朝松社長)は24日、医療や介護事業者向け事業で業務提携したと発表した。病院・介護施設の建設費や運転資金の融資、医療機器のリース、診療報酬の早期資金化など各社の得意分野を提供し合い、サービス向上を図る。 ...
館山市、石油協同組合と高齢者見守り連携 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
千葉県館山市と県石油協同組合館山鋸南支部は24日、「高齢者見守り事業協力に関する協定」を結んだ。これは、同支部の事業者が灯油配達などを通じて、徘徊(はいかい)する高齢者を発見したり、一人暮らしの高齢者の異変などを察知した場合、直ちに市などに通報するもの ...
診療計画表、介護にも拡大 県内に来月研究会 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
地域の医療機関が連携し、脳卒中や急性心筋梗塞などの患者を入院から回復まで切れ目なくサポートする仕組み「地域連携クリティカルパス」を、介護分野にまで広げようとの動きが県内で出始めている。医療と介護の現場が患者情報を共有し、在宅復帰まで円滑に支援するのが ...
働きながら介護福祉士に 和歌山県が資格取得支援 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
和歌山県は失業者が介護現場で働きながら介護福祉士の資格が取得できるよう支援する。人手不足の介護分野で人材を育成するのが狙い。国の円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策補正予算を活用する。 募集は30人程度。介護福祉士養成学校に今春入学する人が対象。 ...
「JAゴー号」が愛媛のJA訪問 JAグループが情報発信を活発化 - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
JAの地域貢献は高齢者福祉などにわたって幅広いが、その活動は地元にもあまり知られていないため「JAゴー号」と名付けた特別仕様のキャラバンカーを繰り出して、地域の悩み解決に取り組むJAの姿をPRする。 乗り込むのは若手お笑いコンビだいなお。2人が取材して ...
生活支援ロボに安全規格を 世界初の検証センター - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や家事など暮らしを手助けするロボットの安全性を試験する施設「生活支援ロボット安全検証センター」が茨城県つくば市に昨年末、オープンした。人の生活の中で活躍するロボットが将来巨大市場を生み出すには、標準規格に基づく安全認証が欠かせない。 ...
介護認定めぐり初弁論 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
足が不自由だと偽り介護費を騙し取ったとして逮捕された元道職員の男が札幌市に対し、介護認定取消しの処分を取り消すよう求めた一回目の裁判が札幌地裁で開かれました。 札幌市手稲区に住む元道職員・小杉田光雄容疑者は札幌市に対し自らの介護認定の取消し処分を ...
医療・介護職員、ストレス過多の実態 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が医療、介護職員3982人に業務に関するストレスについて実態調査を実施した。 調査では、業務中にストレスを感じることがあるか尋ねたところ、「はい」が91.0%、「いいえ」が9.0%となり、9割以上の方が業務中にストレスを ...
虚偽申請で介護事業所の指定取得 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山県は24日、虚偽の申請で訪問介護事業所の指定を取得したなどとして、介護保険法に基づき、岡山市北区清輝橋の「はろーヘルパーステーション」を運営する株式会社PMR(同所、藤井景冬社長)の介護保険事業者の指定を同日付で取り消したと発表した。 ...
「認知症」全国初の相談センター開設 - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
国内では推計患者数200万人以上といわれる「認知症」。その半数以上は、アルツハイマー型認知症だが、幻覚や運動障害が特徴的なレビー小体型認知症、若年性認知症に多いピック病、さらには、動脈硬化に伴い血流が悪くなる脳血管性認知症など、原因はさまざまだ。 ...
介護付き個室の有料老人ホーム/高松にオープン - 四国新聞 (媒体での記事掲載終了)
建築・土木工事の小竹興業(香川県高松市)のグループ会社が手掛ける介護付き有料老人ホーム「ロイヤルケア高松アネックス」が24日、香川県高松市福岡町4丁目にオープンする。入居者のライフスタイルを尊重して全室個室とし、専門の介護スタッフが24時間体制で ...
第3位:最期は福祉施設で闘病…和田勉さん死去に名優たちがコメント - MSN エンターテイメント (媒体での記事掲載終了)
... 年にNHKを定年退職した後は、映画・舞台・タレントと活動の幅を広げ、ダジャレを連発し「ガハハ」と豪快に笑うキャラクターが愛され、数々のバラエティー番組で人気を集めた。3年前にがんと診断されたが手術はせず、高齢者福祉施設で闘病生活を送っていたそうだ。 ...
介護施設職員ら課題を討議 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
「医師やケアマネジャーと連携し、チームワークで介護を進めるべきだ」などと訴えた。 会場には、市内の事業所を紹介するコーナーもあった。協議会の梅田晶会長(35)は「介護の現場を支えるには若い力が必要。多くの人に関心を持ってもらえれば」と期待していた。
認知症克服へ挑戦 足立夫妻講話 200人エール - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
57歳の時アルツハイマー型認知症と診断された大分県の足立昭一さん(61)と、妻の由美子さん(51)夫妻を招いた市民公開講座が22日、那覇市内であった。ぶつかりあった日々や、挑戦する姿勢を持ちデイケアセンターで働く昭一さんの姿を紹介。「認知症を絶対克服 ...
2011年01月23日()
第一三共、70カ国で使用中のアルツハイマー型認知症治療剤が国内製造販売へ - モーニングスター (媒体での記事掲載終了)
第一三共 <4568> が21日引け後、NMDA受容体拮抗アルツハイマー型認知症治療剤「メマリー」の製造販売承認を取得したと発表。 同剤は、ドイツのメルツファーマシューティカルズが創製し、02年にEMA(欧州医薬品庁)、03年にFDA(米食品医薬品局)から製造 ...
介護にも「医療連携パス」 県内に来月研究会 情報共有し在宅復帰支援 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
地域の医療機関が連携し、脳卒中や急性心筋梗塞などの患者を入院から回復まで切れ目なくサポートする仕組み「地域連携クリティカルパス」を、介護分野にまで広げようとの動きが県内で出始めている。医療と介護の現場が患者情報を共有し、在宅復帰まで円滑に支援するのが ...
新薬など14成分33品目承認 抗凝固薬プラザキサ、新規抗認知症薬も - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
この中には11年登場予定の注目の新薬で、直接トロンビン阻害という新規作用を持つ抗凝固薬プラザキサ(一般名:ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩、日本ベーリンガーインゲルハイム)、新たな抗認知症として2剤もある。今回の承認が見込まれていた緊急避妊薬 ...
第2913号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
腰椎転移部に照射目的で入院してきたが,入院中に麻痺が出現し,寝たきり状態になった。 A氏には,歯科医として診療を続けたいという思いがあった。しかし診療所は2階にあり,階段昇降ができない状況では診療も不可能。何もできない,生きている意味がないと言う。 ...
現職と新人の一騎打ち 北九州市長選告示 高齢化、景気対策で論戦 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
北橋氏は厳しい財政運営の中、福祉の充実や景気雇用対策に力を入れた1期4年の実績を強調。行財政改革や低炭素・省エネルギーを柱とする環境産業の拠点化で財源を捻出し、「景気対策や高齢者福祉、子育て支援などに回して元気な北九州をつくっていきたい」とアピールした ...
京のビル陰対応、最下位 地デジ完全移行あと半年 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
デジサポ京都は民生委員やケアマネジャーなどの統括団体に協力を依頼。近く、高齢者宅を訪問時にチラシを配布してもらう。また、電話相談で解決しなければ、戸別訪問もするとしている。 「いくらPRしても、高齢者が理解できるよう働きかけなければ意味はない」。 ...
日本認知症グループホーム協会 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
日本認知症グループホーム協会山梨県支部が22日、設立された。同協会はグループホーム事業の健全な発展などを目的に昨年4月に公益社団法人化され、山梨県支部は28番目の支部発足となった。 県支部は会員26事業者でスタートし、認知症ケアの基盤整備を目指す。 ...
2011年01月22日()
高速バスのバリアフリー化を 明石海峡越え難しく - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
兵庫県内の障害者団体や作業所などでつくる「障害者問題を考える兵庫県連絡会議」が高速バスのバリアフリー化を強く求めている。 高速バスとして使用されている観光バス型の車両は車いすでは乗れず、同連絡会議は明石海峡大橋の開通直後から高速バスのバリアフリー化を県 ...
グローウェルHD/デイサービスなど新業態・新規事業開発を推進 - 流通ニュース (媒体での記事掲載終了)
5月には高齢者を対象としたグループホーム事業に参入する。茨城県内に開店予定のメディウェルタウン内に設置する予定で、1階にウエルシア関東茨城堺町店、2階に寺島薬局が運営するグループホームを開設する計画だ。 2010年10月には、同社と調剤薬局のクオールとメディパル ...
動物園でも介護が課題 - 遊びに行こうぜ! (媒体での記事掲載終了)
介護問題がこんな所にまで押し寄せているとは。こんな所というのは動物園。飼料が良くなり、飼育環境も自然に近くなって、飼育動物が長寿になっている。飼育員の方々は、人間さながらに、長寿動物を世話しているのだ。今後、動物園でも介護は、人間界同様、重要なテーマに ...
地デジ 高齢者対策20万人動員 (媒体での記事掲載終了)
【厚真】グループホーム「えがおの家」24日オープン - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者を受け入れ、共同生活を送るグループホーム「えがおの家」が24日、厚真町京町にオープンする。NPO法人ゆうあいネットあつま(清水俊宣理事長)が運営する。21日には会員対象の見学会が開かれた。 グループホームは町内2カ所目。 ...
介護福祉士の資格要件見直し、3年先送り 現場に不信感 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士の質を向上させるための資格要件の見直しが、2012年度の実施を前に3年間先送りされる。人手不足にあえぐ介護現場からの反発を受け、政権交代後に厚生労働省の政務三役が「政治主導」で決断。朝令暮改の方針転換に、教育現場には不信感が広がる。 ...
失業の日系人、介護に活路 鈴鹿と四日市で35人研修 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
以前は工場などに勤めていた35人が参加し、ホームヘルパー(訪問介護員)2級の資格取得を目指している。 研修は、高齢化で需要の高まる福祉分野への転身を図る日系人を支援しようと、鈴鹿市のNPO法人「愛伝舎」と四日市市の学校法人「大橋学園」に県が委託し、 ...
出雲・なごみ会、介護事業所 抹消 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
終末期の高齢者を看取(みと)る活動をしている出雲市のNPO法人「なごみ会」(柴田久美子理事長)に対し、県は21日、訪問介護をしていないのに虚偽の記録で介護報酬を請求したなどとして訪問介護事業所の指定を取り消した。系列で江津市のNPO法人「なごみの ...
躍動の獅子舞、高齢者癒やす つるぎ町の蔭山さん - 徳島新聞 (媒体での記事掲載終了)
つるぎ町半田田井の音楽講師蔭山智穂さん(39)が、ほぼ独学で動かし方をマスターした獅子舞を町内外の病院や高齢者福祉施設で披露している。「1年間元気に過ごせるように」との願いが込められた舞は高齢者に喜ばれ、次々依頼が舞い込んでいる。 ...
失業の日系人、介護に活路 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
以前は工場などに勤めていた35人が参加し、ホームヘルパー(訪問介護員)2級の資格取得を目指している。 研修は、高齢化で需要の高まる福祉分野への転身を図る日系人を支援しようと、鈴鹿市のNPO法人「愛伝舎」と四日市市の学校法人「大橋学園」に県が委託し、 ...
セラピー犬に頬緩む 那覇で認知症デイケア - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
心を癒やす“セラピー犬”として活躍中の動物介在活動犬6頭が21日、那覇市天久の天久台病院「認知症デイケアでいご苑」で、利用者約30人を和ませた。セラピー犬が患者の元を訪れるのは県内初。 利用者の情緒の安定を図ろうと、同病院が企画。NPO法人沖縄災害救助犬 ...
大雪で除雪疲れ、高校生が奉仕活動も 村岡など - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
村岡高校(香美町村岡区)の生徒たちによる「村高除雪隊」が21日、同区の老人福祉施設などで除雪奉仕をした。今年は但馬各地の山間部で積雪が1メートルを超えるなど「平成18年豪雪」以来の本格的な冬で、既に屋根の雪下ろしを2度行い、疲労を訴える住民もいる。高齢 ...
価格は無料だ。 その情報はきわめて詳細で使いやすい。介護師やヘルパー、また高齢の親を持つ子どもたちの間で、アプリはクチコミを広げている。いま社会の関心を集めているユニバーサルデザインプロジェクト。これをたった一人で始めたのが、金子さんだ。 ...
2011年01月21日()
出雲なごみ会、訪問介護事業所の指定取り消し 島根県、不正請求で - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
島根県は21日、NPO法人「なごみ会」(柴田久美子理事長)などが運営する「出雲なごみ会」(出雲市)の訪問介護事業所としての指定を取り消し、「江津なごみの里」(江津市)の指定を3カ月停止とする行政処分を行った。県内で訪問介護事業所の指定が取り消されるのは ...
第一三共とヤンセン、アルツハイマー症治療薬承認取得=選択肢広がる - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
第一三共と米ジョンソン・エンド・ジョンソンの国内医薬品子会社、ヤンセンファーマ(東京)は21日、それぞれ厚生労働省からアルツハイマー型認知症治療薬の製造販売承認を受けたと発表した。両社とも今春の発売を見込む。これにより、国内で唯一の「アリセプト」( ...
歯失うと認知症高リスクに 高齢者調査、かむ力も重要 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
歯がほとんどなく入れ歯も使っていない高齢者が4年間で認知症になるリスクは、20本の歯がある人の1・9倍になるとの研究結果を、厚生労働省研究班(班長・近藤克則日本福祉大教授)が21日発表した。 あまりかめない人のリスクは、何でもかめる人の1・5倍、 ...
【注目銘柄】中外製薬と大正製薬が高齢社会待望の「骨粗しょう症」新薬 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
国内での骨粗しょう症患者数は推定で約1200万人とみられ、これに起因する骨折は、寝たきりなどにつながり死亡リスクも高めることから、新薬の登場が待たれていた。 中外製薬の株価は21日、急反発となり、後場1501円(34円高)まで上げて終値は1496円(29円高)。 ...
嬉野市全職員で「認知症サポーター」養成講座を受講 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
超高齢社会に備えようと、嬉野市の全職員約300人が、「認知症サポーター」の養成講座を受講している。記憶障害や判断力が鈍るなどの認知症の代表的な症例や、高齢者の尊厳を損なわない正しい応対などを学ぶ。21日まで。 認知症の人や家族に温かいまちづくりを目指す ...
和歌山が全国1位 音出る信号機の設置率 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
2006年12月には「バリアフリー新法」が施行された。県警交通規制課は福祉対策事業として、音の出る信号機のほか、障害者や高齢者のために押しボタンで青信号の時間を延長できる高齢者等感応信号(通称、思いやり信号)などの設置に力を入れている。 ...
由美かおるさんが講演、中原区で介護予防イベント開催へ/川崎 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
川崎市が進めている「介護予防いきいき大作戦」の啓発イベントが2月3日、同市中原区のエポック中原で行われる。女優の由美かおるさんが「心とからだの健康~西野流呼吸法」と題して記念講演も行う。 大作戦は、地域全体でいきがいや健康づくり、介護予防など高齢者に ...
第一三共、アルツハイマー型認知症治療剤「メマリー錠5/10/20mg」の製造販売承認を取得 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
第一三共株式会社(本社:東京都中央区、以下「当社」)は、本日、NMDA受容体拮抗 アルツハイマー型認知症治療剤「メマリー錠(R)5mg、10mg、20mg」(一般名:メマンチン塩酸塩)の製造販売承認を取得いたしましたのでお知らせします。 ...
高齢者住宅などバリアフリー化支援 介護と建築のプロ連携 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
仙台市内のリハビリテーション施設と建築業者らがタッグを組み、住宅のバリアフリー改修事業に乗り出す。介護と建築のプロが協力する試みで、事業を通じて的確な改修のノウハウをまとめ、普及させることも狙う。改修費の半額を国が負担する補助事業で、改修希望者を募って ...
動物園も長寿で“介護”に悩む 関節痛や肝臓病…コエンザイムも投与 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
軟らかい食事、アンチエイジング剤の投与、排泄(はいせつ)のチェックなど、担当者は「介護」さながらの気配りで対応している。 冬至の昨年12月22日、大阪市の天王寺動物園。アジアゾウの春子(雌、推定62歳)の長寿を願って、2つのカボチャが贈られた。 ...
本書では、一人暮らしの認知症の人がグループホームに、精神科病院に入院していた人が有料老人ホームに入所するまでの事例など、経験を踏まえた12の例に沿って、後見人の仕事を示している。 著者の一人、池田恵利子さんは、身寄りのない認知症高齢者らの後見人を数多く ...
介護を通し 社会考えて 大宮浩一監督に聞く2011年1月21日 Tweet - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
2000年から始まった介護保険制度。介護サービスの数は増えたが、制度の枠組みからはじき出される人も多い。画一的なサービスの在り方に疑問を感じ、理想の介護を実現させるために施設を立ち上げた人々の姿を追い、文化庁「文化記録映画大賞」を受賞した ...
児童にも認知症理解を 佐久山小でサポーター講座 大田原 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
昨年11月に同校4年生が佐久山のグループホーム「あすなろ」(小河原貞一施設長)を訪れ、認知症の高齢者と交流を深めたことをきっかけに養成講座が企画された。この日は施設職員のほか市西部地域包括支援センター、市の職員らが講師を担当した。 ...
地域の子どもやお年寄りのために「あい・ねっと佐山」設立 - サンデー山口 (媒体での記事掲載終了)
このほど、佐山地区の社会福祉協議会、連合自治会、民生児童委員が共同で「あい・ねっと佐山」(中村浩美理事長、役員9人)を新たに設立。地域の高齢者福祉・児童福祉の継続的な支援活動に取り組み始めた。 少子高齢化が進む同地区では、社協が中心となり、ボランティア ...