介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年12月31日()
定期健診でいつまでも笑顔に - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
『アピタファミリー歯科クリニック』(近藤善彦院長)は、バリアフリー設計になっているので高齢者や車椅子の利用者も診療が可能となっている。また、キッズスペースを完備しているので小さな子ども連れでも来院しやすい。 キッズスペースの上には、同院の定期健診で虫歯 ...
今こそ、具体的で わかりやすい市政を! - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
未来ある子どもたちが将来にわたり『住んでよかった』と思える街、高齢者が安心して暮らせる街をつくるために、子育て支援や高齢者福祉の充実を実現しなければなりません。また市内経済活性化に向けて、私は「ラーメングランプリ」や「スイーツフェスティバル」など具体的に ...
子どもも大人も 夢みるまち茅ヶ崎 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
子どもが明るく元気に生活できる社会は、大人にとっても活気に満ちた生活が送れる、と考えられるからです。 さらに、安心して子育てできる環境づくりをめざしたいと考えています。また、障害を持った人や高齢者がいきいきと生活できるバリアフリーのまちづくりをすすめ、 ...
これからのコミュニティのあり方について - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
このケースは高度成長時代に建設された公営団地の建て替え時期をとらえ、到来する高齢化社会に対応する国の方針に基づいて行われました。福祉支援関連施設とは高齢者のグループホーム、デイサービスセンター、小規模多機能型介護事業所などであり、公営団地に設置すること ...
「職員の笑顔が患者さんの笑顔を引き出す」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む日本は既に超高齢社会に突入し、医療や介護の役割がますます重要なものになってきている。 市内鶴巻北の「鶴巻温泉病院」(鈴木龍太院長)は、昭和54年11月に、老人専門病院として出発した。以降、30年以上にわたって地域密着で医療や介護に貢献し、現在 ...
自立から要介護5まで 介護サービスを提供 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
一方、介護度が高い方を中心とした特別養護老人ホームのほかに、年齢相応な軽度の認知症のある元気な方の為の「グループホーム」も設けている。1月にオープンするグループホームこ・みかんは、渋沢駅前の交通便利な場所。「いつまでも住み慣れた秦野に住み続けられるよう ...
毎日の暮らしの中のいろいろな不安や疑問に対して、判断に迷ってしまうという人をサポートする「日常生活自立支援事業」というサービスをご存知ですか。このサービスは各地域の社会福祉協議会が県から受託し行っているもので、福祉サービスの利用手続きや、金銭管理の ...
日時、場所は▽2月8日(火)、午前10時から正午、老人福祉センター湘南なぎさ荘(申し込みは1月5日から)、▽3月8日(火)、午後2時から4時、村岡公民館(申し込みは2月1日から)。 各日定員30人になり次第締め切りとなります。申し込みは午前8時半から電話で ...
高齢者施設で隣人男性刺す 77歳の男を逮捕 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
31日午後7時40分ごろ、東京都立川市富士見町の高齢者福祉施設から「人を殺しました」と110番通報があった。警視庁立川署員が駆け付けたところ、施設の一室で男性が血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。出血性ショック死とみられる。 ...
「医療の安心を推進」 トータルで挑む川崎の安心医療 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
また、本市医療のアキレス腱ともいえる療養病床の不足解消への挑戦も始まりました。人口十万人あたりの療養病床数が政令市でも最も少ない川崎市は、三次救急まで体制が揃っているにもかかわらず、救急対応病院のベッドが塞がってしまい新たな患者さんの受け入れが物理的に ...
磯子消防署(坂野満署長)で12月14日、自治会とグループホームによる消防応援協力に関する覚書の調印式が行われた。 今回、協定を結んだのは、杉田町西部町内会(田中耕多会長)と、認知症高齢者グループホーム・みなみ杉田(江刺家三枝子管理者)。 ...
3つの顔で都筑区の医療・福祉に尽力 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
昭和56年に開院した水野クリニックを始め、現在は医療法人活人会として、介護老人保健施設『都筑ハートフルステーション』、高齢者グループホーム『横浜はつらつ』『横浜ゆうゆう』、居宅介護支援事業所『かけはし』、『おひさま病児保育室』、『訪問リハビリテーション』 ...
少女のような目の母と 「孤族の国」男たち―6 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険で、最重度より一つだけ軽い「要介護4」。週1の訪問入浴を済ませ、おぼつかない手つきでコップを口元へ。「あっ、こぼすよ」と慌てて近づく長男を、少女のように澄んだ目で見つめる。 森谷康裕さん(66)は父が逝った10年前から、母里津子さんと2人きりで ...
寝たきりの母、刺され死亡=54歳次男を逮捕-群馬 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
県警伊勢崎署員が駆け付けたところ、寝室の介護用ベッドで、松本ゐのさん(87)が腹部を刺された状態で倒れていた。同居する次男の無職貢一容疑者(54)が刺したことを認めたため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。 ゐのさんは病院に運ばれたが、死亡した。 ...
団地住環境の満足度を調査 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
家族構成、住宅の間取り、手すりなどバリアフリー設備の有無を質問。公共交通機関や商業施設、病院などの利便性について入居時に重視した項目と現状での満足度を尋ねる。近所付き合いの頻度や今後も住み続ける意思があるかも確認する。 路線バスの便数や坂道など道路の ...
不動産と連携で住み良い街づくりの提案~(有)ジパング不動産情報・志岐代表 - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
不動産業者は不動産の情報を提供しつつ、高齢者専用の建物として再生し、点在する病院と通信などで繋ぐ。そうすると高齢者の有事に即対応することが出来るとともに看護師、ホームヘルパーなどの雇用も生まれ、空室も改善されて不動産業者と医療関連のコラボレーションが ...
群馬、母刺した疑いで次男逮捕 搬送先の病院で死亡 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
伊勢崎署員が駆け付けたところ、この家に住む松本いのさん(87)が介護用ベッドの上で腹部を刺されており、同署は殺人未遂の疑いで現場にいた次男で無職の貢一容疑者(54)を現行犯逮捕した。いのさんは搬送先の病院で間もなく死亡、同署は容疑を殺人に切り替えて ...
介護施設利用者と家族つなぐ 「写撮るメール」 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
県中部を中心に活動するNPO法人未来はITを介護に活用する「Touch(タッチ)で介護事業」を始めた。第一段として取り組むのが「写撮るメール」事業。介護施設の利用者と遠方の家族が写真などを送り合う年賀メールで、施設利用者と家族をつなぐ新しいサービス ...
気仙この1年 悲喜こもごも2010年閉幕 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
住田町社協が下有住に高齢者福祉複合施設(デイサービスセンター「とだて」、グループホーム「かっこう」)を開所。 ◇陸前高田市にコウノトリ飛来。気仙で2例目。 ◇大船渡魚市場21年度実績は、水揚げ金額58億円台となり、当初計画を上回る。 ...
2010年12月30日()
留置場まるで介護施設 高齢者の万引増加 宮城県警 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
県警によると、留置人は健康保険が適用されず、診察代や薬代は県予算で賄われる。本年度、県警が確保している医療費は約4000万円。県警は「病気や障害のある人が留置されると、医療費がかさむ」と懸念する一方、「高齢社会に備え、警察署のバリアフリー化も考えなくて ...
光触媒で感染症防げ 高岡の企業、富山大など連携 来月にも効果検証 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
空気中の病原菌や汚れを除去する作用がある「光触媒」を介護施設に活用するため、髙 岡市内の企業を中心とする産学連携のプロジェクトチームが30日までに発足した。介護 施設での施工例が少ないため、インフルエンザなど空気感染の恐れがある病気や花粉症な どから、 ...
アルツハイマー治療薬市場 2900億円市場に - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
シードプランニングはアルツハイマー型認知症治療薬の市場規模が2020年には2010年(1090億円)の2.7倍に膨れ、2900億円にまで拡大する可能性がある、と発表した。 アルツハイマー型認知症は認知症全体の6割を超えるといわれており、高齢化に伴い、2020年には167万人が発症し ...
地域包括ケア、推進へ本腰 府がプラン策定 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
... ながら利用できる」(岩佐淑子サブマネージャー)のも特徴だ。 十四軒町の家のように、通所介護と短期宿泊、訪問介護を地域で一体的に提供する施設は「小規模多機能型居宅介護事業所」と呼ばれ、府が策定した地域包括ケアの推進プランも中核的な施設に位置づける。 ...
47NEWS > 共同ニュース > 逆転無罪の元看護課長が補償請求 北九州・つめ切り事件 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
高齢の認知症患者のつめ切りをめぐり傷害罪に問われ、福岡高裁で逆転無罪判決が確定した北九州八幡東病院(北九州市)の元看護課長上田里美さん(44)が、身柄を拘束された102日間の刑事補償として127万5千円を同高裁に請求したことが30日、弁護団への取材で ...
「介護に疲れ」夫殺害、67歳妻逮捕 愛媛 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
妻は「介護に疲れていた」などと供述しているという。 松山市の住宅で29日午後4時過ぎ、田那辺悦宏さんが死亡しているのを帰宅した長女が見つけた。警察が家族から事情を聴いていたところ、妻・加美江容疑者が「ネクタイで首を絞めた」と供述したため、30日未明、 ...
今年の県内交通死者146人 高齢者が半数超 10万人当たり全国ワーストも - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
目立つのは高齢者の死者の増加だ。県警は今年、高齢者対策を重点に掲げて事故抑止策を展開。しかし死者数は75人になり、前年同期比で15人増えている。徘徊していた高齢者が事故に遭うケースもあったという。 死亡事故の形態別では車同士の事故の死者数が76人で、二輪車を ...
介護保険の給付制限急増 保険料滞納で09年度 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、保険料の滞納により、通常1割の自己負担額が3割になるなど「給付制限」を受ける高齢者が増加している。神戸市では2009年度の未納額が約6億7300万円に達し、給付制限の対象者は292人で7年前の約50倍と激増。12年度の制度改正では保険料 ...
47NEWS > 共同ニュース > 夫殺害容疑で女を逮捕、松山 「介護で疲れた」と供述 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
逮捕容疑は29日午後4時ごろ、1階寝室のベッドで、夫の悦宏さん(72)の首をネクタイのようなもので絞めて窒息させ、殺害した疑い。 松山西署によると、田那辺容疑者は「夫を数年前から介護していたが、疲れた」と供述しており、寝室にはネクタイが落ちていた。 ...
介護の悩み打ち明けて 東山で経験者らが相談の場 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護のストレスをおしゃべりで発散してもらおうと、京都市東山区の介護者の会「つくし」が月に1度、同区内で介護家族向けの相談会「ふれあいタイム」を開いている。介護の苦労を知るメンバーが悩みを聞き、アドバイスも送る。同会は「心のリフレッシュをしてほしい」と ...
2010年12月29日()
社保審論議、4月に前倒し=12年度介護報酬改定-厚労省 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は29日、2012年度の次期介護報酬改定に向けた社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護給付費分科会での検討について、従来の改定時より前倒しし、来年4月にも着手する方針を固めた。12年度は診療報酬との同時改定に当たることなどを踏まえ、十分な審議 ...
苫小牧駅近くに賃貸マンション 大東開発 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
駅に近く、病院が近いことや徒歩で買い物ができるなどの立地条件から、バリアフリーにして高齢者の需要にも対応するという。 まちなか居住促進を進める岩倉博文苫小牧市長は「CAPを展開する中で民間活力、民間投資を誘発するのが大きな狙いであり、中心市街地活性化に ...
アルツハイマー治療薬市場 2900億円市場に - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
シードプランニングはアルツハイマー型認知症治療薬の市場規模が2020年には2010年(1090億円)の2.7倍に膨れ、2900億円にまで拡大する可能性がある、と発表した。 アルツハイマー型認知症は認知症全体の6割を超えるといわれており、高齢化に伴い、2020年には167万人が ...
子と同居しない要介護者 増加 - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護が必要な高齢者のうち、4割は子どもなどと同居せず、1人か夫婦で生活していることが国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かりました。介護保険が始まる10年前と比べ大幅に増えており、専門家は「介護保険のサービスを使って子どもに介護をさせたくないと考える ...
弘前の「長慶会」に改善指導 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課によると、同法人本部長を務める弘前市議の三上直樹氏から、11月11日付で県に調査依頼があり同22日に特別指導監査を実施。その結果、同法人は任期満了に伴い理事らを選任する評議員会(2009年3月)、評議員を選任する理事会(同年8月)を開い ...
(回顧2010)白寿に咲いた大輪 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
母への孝行に、自分が老人ホームなどを売り歩こうと考えていたそうだ。 ところが、1カ月もたたないうちに増刷がかかる。あっという間に10万部を超えた。99歳の詩人誕生。高齢化社会を象徴するような「シンデレラストーリー」に、新聞、テレビ、雑誌の取材が30社 ...
2010年12月28日()
認知症患者を支えたい、信金職員のサポーター資格取得広がる/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者の増加が予測されるなか、認知症患者とその家族を支える「認知症サポーター」の資格を職員に取得させる動きが、県内の信用金庫で広がりをみせている。窓口で適切な対応をすることで、顧客サービスの向上につなげるのが狙いだ。 平塚市が平塚商工会議所の大 ...
【茨城】 生活支援ロボ 安全性を認証 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護、福祉、家事などで活躍するロボットの国際的な安全基準を整備し、安全性の認証を目指す「生活支援ロボット安全検証センター」が二十七日、つくば市研究学園に開所した。生活支援ロボットの認証機関としては世界初という。 人の生活を支えるロボットは、少子高齢化の ...
北海道社会福祉事業団が札幌市東区にグループホームを開設 - BNN プラス北海道365 (媒体での記事掲載終了)
札幌市あかしあ学園園長で、さっぽろ地域生活支援センター「あーねすと」の青山恵子所長は、「通所施設に通う知的障がい者は、親が高齢になったり亡くなったりしているため、障がい者を受け入れる仕組みとしてグループホームが必要になってくる。趣旨を理解していただいて ...
タッチ操作で認知症予防 長崎市のベンチャーが脳トレソフト - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
パソコンのタッチパネルで操作できる認知症予防のゲームソフト「タッチで脳体操」を、長崎市のベンチャー企業「デジタルメディア企画」(小松喜房社長)が開発した。蓄積したデータは回復の指標になるため、リハビリに当たる医療従事者にも活用が見込まれる。 ...
介護、再び人手不足に 求人倍率1年8カ月ぶり高水準 11月 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護を担う人材の不足が深刻になってきた。11月の介護職種の有効求人倍率は1.53倍と、2009年3月以来の高水準になった。介護サービスの従事者は処遇への不満が根強く、求人が回復してきた製造業などに介護から人材が移り始めている。介護需要は長期的に拡大する見通しで、 ...
「生涯現役」を条例化 高萩市、高齢者の社会参画推進 茨城 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
同市は、部局を横断するプロジェクトチームが中心となり、高齢者がイベントに参加することに特典を設けるなど「生涯現役」を市政の柱に掲げてきた。 今回の条例成立で、「執行部と議会が一体になり、市を挙げて生涯現役の推進に取り組む姿勢を示した」(市高齢福祉課) ...
政治主導など政権交代なければ成し得なかった - IBTimes (媒体での記事掲載終了)
岡田克也民主党幹事長は27日、本年最後の定例記者会見を行い、民主党政権の15カ月の成果について触れ「政治主導、経済財政、医療・介護、雇用、外交安全保障など、政権交代がなければありえなかったことだ」と一定の成果があったことを国民にアピールした。 菅直人首相。 ...
介護高齢者も就業意欲 内閣府が報告書 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
同報告書では、家族の介護を担っている高齢者は、職に就いていない傾向が強い一方、就業意欲は強いことが明らかになった。内閣府は、介護の担い手の負担を軽減する施策を打ち出すことで、高齢者の社会参加を促すことができる、と分析している。 同報告書は2007年に厚生 ...
「赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会で発表へ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
赤ワインに含まれるポリフェノールに、脳の認知機能を向上させる働きがあることが、名古屋市立大大学院医学研究科の岡嶋研二教授らのマウス実験で明らかになった。認知症の予防や改善につながる成果で、来年7月にパリで開かれる認知症関連学会で発表する。 ...
介護施設経営者ら起訴猶予 車内女性置き去り死亡事件 千葉・木更津 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
千葉県木更津市の介護施設で7月、利用者の女性=当時(81)=が送迎車内に取り残されて死亡した事故で、千葉地検木更津支部は28日、業務上過失致死容疑で書類送検された、いずれも木更津市に住む同施設経営の女性(63)と元運転手の男性(71)を、不起訴 ...
和歌山地裁、障がい者男性に介護サービスの提供期間増を指示 - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
2010年12月17日、和歌山地方裁判所は、和歌山県在住の重度障がい者の男性が、介護時間を短縮されたことにより日常生活が困難になったと、市を相手取り24時間いつでも訪問介護が受けられるようにしてほしいと訴えた訴訟で、男性の訴えを一部認め、介護時間を増加するように ...
特養と老健施設着工へ 田辺市 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
城山台には100床の老人保健施設(老健)が4月に着工予定、芳養松原には50床の特別養護老人ホーム(特養)が県の認可を受け次第、7月にも着工する予定。 市によると、城山台に老健を建設するのは医療法人社団「菫(すみれ)会」(神戸市)。09年秋に県から老健施設 ...
【厚真】寝泊まりボランティア呼び掛け グループホーム「えがおの家」 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
道内のグループホームと地域連携の実践例をホームページで公表している、道高齢者保健福祉課は「町内会などと事前に協定を結んで万が一の協力体制を求めたり、避難訓練に参加してもらう取り組みは各地であるが、こうして施設に泊まってもらう安全対策は珍しい」と話して ...
介護、福祉、生活支援ロボットすぐそこまで - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
27日、介護、福祉や家事など日常生活を支援するロボットの安全性をテスト、認証する施設「生活支援ロボット安全検証センター」が、つくば市研究学園に完成、稼動した。 製品テストは、走行試験、対人試験、強度試験など4つの区分に分かれ、18種類を試験する設備が ...
腹八分の思想(その2) - 東洋経済オンライン (媒体での記事掲載終了)
原因は睡眠薬だった。高齢者にふらつきは危険以外の何物でもない。新聞紙1枚すら、"段差"と感じてつまずき転倒するのが高齢者。ふらつき、転倒、骨折は、寝たきりに陥る3点セットといえる。 父親は睡眠薬のため、翌日の夕方過ぎまで半睡状態で意欲も低下した。 ...
シード・プランニング、アルツハイマー型認知症・軽度認知障害の治療・診断に関する調査結果を発表 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性」調査結果がまとまりました。 ◆アルツハイマー型認知症患者数は高齢化とともに年々増加し、2020年には167万人に達する。 ◆診断技術、治療薬の開発の進展にともない、より早期 ...
アウトソーシング(2427)介護事業をIC社に譲渡 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
アウトソーシング <2427> は、28日、連結子会社で介護事業運営のミストラルサービス(京都府福知山市)の保有全株式をアイ・コーポレーション(大阪府枚方市)及びミストラル社代表の小林勝氏に譲渡する。グループ事業の選択と集中の一環で、株式の売却によって得られた ...
高齢者安否など映像で確認 町内全域にテレビ電話 - 日本海新聞 (媒体での記事掲載終了)
行政情報の連絡のほか、高齢者や寝たきりで電話が取れない人でも、端末の電話番号を民生委員宅などの端末に登録しておけば自動的に着信し、映像と音声でお年寄りの様子が確認できる。 急病などの緊急時には、患者の映像を消防署のテレビ電話に送り、患者の状態を正確に ...
生活支援ロボットの安全性検証施設、学園都市で世界初 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や家事など日常生活を支援するロボット製品の安全性を試験・認証する施設「生活支援ロボット安全検証センター」が、つくば市研究学園に完成し、27日稼働した。製品の走行性能など18種類を試験する設備を導入し、メーカーの製品開発を後押しする。 ...
2010年12月27日()
生活支援ロボ 安全性を認証 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護、福祉、家事などで活躍するロボットの国際的な安全基準を整備し、安全性の認証を目指す「生活支援ロボット安全検証センター」が二十七日、つくば市研究学園に開所した。生活支援ロボットの認証機関としては世界初という。 人の生活を支えるロボットは、少子高齢化の ...
鴨居氏が出馬表明 来年の知事選で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
共産党が推薦を決定している。鴨居氏は前回知事選にも同党推薦で出馬し、五十六万票を獲得。票の上積みを期待され、再出馬となった。 鴨居氏は重視する政策として、地域雇用の確保や、学校教育と高齢者福祉の充実、米軍基地強化に反対する取り組みなどを挙げた。 ...
介護・家事支援ロボの安全性試験 茨城に検証センター - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護や家事など生活を支援するロボットの安全性を試験する安全検証センターが27日、茨城県つくば市に完成した。産業技術総合研究所や日本自動車研究所などが運営する。国は生活支援ロボットの市場規模は2020年には1兆円になると見込んでおり、国際的な安全基準を ...
厚労省、社会保障改革で検討本部 4月までに具体案 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
政府が14日に閣議決定した基本方針を踏まえ、医療・介護、子育て支援、就労促進など分野ごとの改革案を2011年4月をメドにとりまとめる方針。 政府は(1)社会保障の拡充と財政健全化を同時に達成し、国民生活の安定や雇用・消費の拡大につなげる(2)税制改革と一体的に検討 ...
果物食べて新年迎えて、卸売市場が高齢者福祉施設などにプレゼント/大和 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
果物は、同日中に高齢者福祉施設や、障害者の地域作業所などに配られた。利用者のおやつや食事後のデザートとして振る舞われるという。 同日に市役所前で行われた式典で、大木哲市長から感謝状を受け取った同市場の山崎光社長(38)は「暗い話題が多い中、おいしい果物を ...
生活支援ロボの安全確保=検証センターがオープン - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者の歩行や家事、介護を助けるロボットの安全性の検査・認証を行う「生活支援ロボット安全検証センター」が27日、茨城県つくば市にオープンした。生活支援ロボは、高齢化の進展や人手不足で急速な普及が見込まれており、安全性を確保する仕組みの整備が ...
厚労省が年金改革の費用推計 社会保障検討本部が初会合 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は27日、社会保障と税の一体的な改革について、省内で具体的な制度設計を議論する社会保障検討本部の初会合を開いた。6月に取りまとめた「制度の一元化」など年金改革の7項目の基本原則に沿い、費用推計を実施。2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定 ...
和束町議会は21日、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に反対する意見書と介護保険制度の見直しに関する意見書を可決しました。 全会一致で可決された「TPPへの参加に反対する意見書」では、TPPに参加した場合、「我が国の農業と農山村は壊滅的な打撃を受けるだけでなく、 ...
「ロコモティブシンドローム」コラーゲン摂取で膝の痛み改善!? - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
膝の痛みや足の筋肉の衰え、腰痛などで歩行機能が低下し、将来的に寝たきりなどの要介護状態になるリスクが高まる「ロコモティブシンドローム」。高齢化が進むわが国では、何と3人に1人の4700万人が該当するといわれている。その予防や改善には運動療法があるが、 ...
帝国データバンク、介護サービス・有料老人ホーム業の経営実態調査結果を発表 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は24日、2012年度の介護保険制度改正における方針を発表、検討されていた高所得者の自己負担割合の引き上げなど、利用者の負担増は見送られた。介護保険制度に関しては、財源の確保など問題は山積している。 一方6月には、医療や介護などを「成長けん引 ...
由良町議選 新人中村氏が出馬表明 - 日高新報 (媒体での記事掲載終了)
住民福祉課長を経て退職後、 平成17年7月から21年6月まで4年間収入役を務めた。 現在は社会福祉法人博愛会の顧問。 「皆さんに健康で楽しい生活を送ってもらいたい。 これまでの経験を生かして恩返しができればと思っています」 と出馬への動機を話し、 特に高齢者福祉 ...
中国、80歳以上の高齢者1900万人に - 新華社通信ネットジャパン (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
陸局長によれば同国では1999年以降、高齢者人口の増加が加速しており、総人口に占める高齢者の割合は12.5%となった。寝たきりの人の数は1036万人に上る。 こうした状況を受け、当局は高齢者向けの介護サービスや経済的支援を強化。支援策を通じて民間資本 ...
療養病床数、2年後15万床へに削減 「在宅型」に舵切られた 厚生労働省 - 食の情報源 (登録) (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、病床を平成15年までに「一般病床=急性期医療」でゆくのか「療養病床=長期療養」でゆくのかを決めるよう期限をつけたため、13年から16年にかけて期限前に駆け込みで療養病床が増えた。しかし、18年の削減方針への同省の転換以後は漸減に転じ、24年には15万 ...
NHK朝ドラ“てっぱん体操”が認知症予防に効果アリと話題 - インフォシーク (媒体での記事掲載終了)
「体のさまざまなパーツを使うことができる全身運動なので、健康維持に適している。何より動きがユニークなので笑顔が増えるのがいいですね。覚えるときのチャレンジ精神と、うまくできたときの達成感が脳への刺激となり、認知症の予防としても期待してます」
ミニデイ施設が地域交流の場 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化する地域の介護予防にと、現代表の細美昌信さん(71)たち住民7人が集まって始めた。施設は住民から提供を受けた木造平屋の民家を改装。手すりを付け、段差をなくしてバリアフリー化し、入浴もできるようにした。現在は14人で対応する。定員30人で、町内のお年寄り21 ...
2010年12月26日()
英智「地域密着濃縮型に」 - 中日スポーツ (媒体での記事掲載終了)
中日の英智外野手(34)と山井大介投手(32)が26日、愛知県瀬戸市の高齢者福祉施設・グループホーム町屋で行われたイベントに参加。入所者や地元住民との触れ合いを通じ、草の根活動によるシーズンオフのファンサービス向上を呼びかけた。 ...
菅政権が「強い社会保障」を掲げて取り組む介護保険制度の見直しと、後期高齢者医療制度に代わる新制度の創設。いずれも厚生労働省の負担増案に対し、民主党が先送りを決め、大幅修正を余儀なくされている。新たな財源もなく、制度の見直しが進まない悪循環に陥っている ...
成田市長選 小泉氏が再選 投票率は40・96% - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
事務所前で小泉氏は「住んでよし、働いてよし、訪れてよしの空の港町、豊かな成田市づくりを全力で進めていきたい」と喜びを語った。 小泉氏は選挙戦で、高齢者福祉の充実や子育て支援などを公約し、国などとの協議で成田空港の容量拡大に合意した実績もアピールした。 ...
薬食審・薬事分科会 抗凝固薬ダビガトラン、抗認知症薬2剤が承認へ - ミクスOnline (媒体での記事掲載終了)
その中で11年登場予定の注目の新薬で、直接トロンビン阻害という新規作用を持つ抗凝固薬プラザキサ(一般名:ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩、日本ベーリンガーインゲルハイム)、新たな抗認知症として2剤についても承認することになった。 ...
アルツハイマー病、もうひとつの原因物質 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の原因の1つであるアルツハイマー病で、原因解明につながる新しい物質に注目が集まっている。「タウたんぱく質」という神経細胞(ニューロン)の骨格となる物質で、これが壊れてたまると神経細胞が死んでしまい、病気を発症することが分かってきた。 ...
介護事業者、業績改善傾向が鮮明 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
介護事業者693法人に対し、セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社が業績調査を行った。調査は10月から12月の売り上げ、及び利益について前年同期比で尋ねたもので、全体的に増収増益の傾向が見られた。 調査は実施開始日が12月19日だった為、12月 ...
非正規から「介護のプロ」へ 失業者対策で資格取得 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
製造業などの非正規労働者から「介護のプロ」になろうと、県内大学や専門学校で学んでいる人がいる。宇都宮短大では20、30代の男女4人が来春、2年の就学期間を終え、介護福祉士の資格を取得する見込み。4人とも福祉施設への就職が決まり、新たな人生を歩み始めよう ...
2010年12月25日()
美しなったら、気持ちいい…和歌山に「草ひきおじさん」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
堀江さんはもともと畳職人で、親戚が経営するパン粉製造の会社にも勤めていた。60歳を過ぎても現役で働いていたが、8年ほど前、脳梗塞(のうこうそく)で倒れ、後遺症で左半身に力が入らなくなった。1年ほど寝たきりだったが、リハビリに励み、ヘルパーの助けを借りて ...
人それぞれ、ビジネス人生の結末は(1)~11年度予算組みで一目瞭然、「日本丸沈没」 - データ・マックス (媒体での記事掲載終了)
また、高齢の親が寝たきりになるとしよう。介護費の問題は、家族にとって頭痛の種になる。しかし、社会福祉の充実している日本国は最低の保証制度がある。日本国民はどこの国と比較しても高度な水準で医療・福祉・教育の各方面で守られてきた。結果として日本国家財政の ...
非正規から「介護のプロ」へ 県の失業者対策で資格取得 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
製造業などの非正規労働者から「介護のプロ」になろうと、県内大学や専門学校で学んでいる人がいる。宇都宮短大では20、30代の男女4人が来春、2年の就学期間を終え、介護福祉士の資格を取得する見込み。4人とも福祉施設への就職が決まり、新たな人生を歩み始めよう ...
太宰府で7人死亡 井手綾美さん、介護職の夢絶たれ 級友ら悲しみ暮れる - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
亡くなった県立八女農業高校3年、井手綾美さん(17)は介護関係の仕事への就職を決め、将来への夢を膨らませていたところだった。無言の帰宅に、知人らも悲しみに沈んだ。 井手さんは、幼いころから同居する祖父母思いの子だった。保育園から中学校までの同級生、井手 ...
認知症治療に新薬承認、来年から使用可能 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
24日、厚生労働省、薬事・食品衛生審議会分科会はアルツハイマー型認知症の治療薬として、軽度、中等度の患者向けの「レミニール」と、中等度以上の患者向けの「メマリー」を製造販売を承認してよいとの意見を取りまとめた。順調に手続きが進めば、来春には使えるように ...
妖怪ダンサー人気 平均年齢88歳、公演依頼殺到 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
水木しげるさんの人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪に扮(ふん)し、アニメのテーマ曲に合わせて踊る高齢者グループが人気を集めている。尼崎市西長洲町3のケアハウス「ふれ愛花みずき」の入居者がつくるグループで、平均年齢は88歳。結成わずか2カ月ながら、 ...
ノロウイルス猛威、介護施設に続き中華料理店でも - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
客は17日夜に忘年会などで前菜や春巻きなどを食べており、神戸市保健所は集団食中毒と判断、27日まで3日間の営業停止処分にした。同店は24日夕から営業を自粛している。 ノロウイルスについては、先月、介護施設でも死者3人を出す事態となっており、引き続き警戒 ...
クリスマスイブにはねられ 19歳の女性介護士重傷 君津 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
24日午後8時15分ごろ、千葉県君津市郡の国道127号で、道路を横断中の市内の介護士、若味(わかみ)真琴さん(19)が軽乗用車にはねられ、頭蓋骨(ずがいこつ)亀裂などで重傷を負った。 君津署は軽乗用車を運転していた同市湊の自営業、小安和洋容疑者(42) ...
音信普通!? 周囲が心配する高齢妊婦 野田聖子の近況 - livedoor (媒体での記事掲載終了)
「普通は産む直前から入院ですから、妊娠7カ月の段階から病院にいると聞いて心配しましたが、今のところ安定しているようです。病院生活は原則寝たきりで、早産予防の薬を24時間点滴している。体中がかゆくなったりする薬の副作用と闘いながら、頑張っているよう ...
【平成23年度予算のポイント】(上)社会保障・公共事業・外交・防衛 (1/4ページ) - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
年金や医療、介護などの社会保障関係費は、過去最大の28兆7079億円を計上した。高齢化に伴う自然増に加え、子ども手当の上積みや生活保護費の伸びが重なり、前年度比5・3%(1兆4393億円)増。一般歳出に占める社会保障関係費の割合は53・1%を占めた。 ...
2010年12月24日()
敬老パスの利用者負担「小さい」44%、横浜市が市民アンケート結果発表 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
一方、市民団体からは10月、今回のアンケートについて「制度継続の困難さや低料金・高サービスであることが強調され、高齢社会での意義などが説明されていない」などとする抗議声明が林文子市長に提出されていた。健康福祉局高齢健康福祉課の宮口廣隆課長は「(アンケート ...
協会けんぽ保険料率、2年連続アップ 11年度全国平均 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
このほか、介護保険分でも月約30円(同)の負担が増える。 同協会によると、今年度だけの収支は2063億円の黒字。ただ、2009年度の財政悪化で生じた借金を12年度までに返済する必要があるため、来年度も料率引き上げを迫られた。12年度は約9.9%になる ...
アルツハイマーの新薬、1月にも使用可能 審議会が承認 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の薬事・食品衛生審議会分科会は24日、アルツハイマー型認知症の症状の進行を抑える治療薬で、第一三共(東京都)の「メマンチン」(商品名・メマリー)の製造販売を承認してもよいという意見をまとめた。早ければ来年1月末にも使えるようになるという。 ...
過去最高の28兆円=「税制改革は不可避」の声-社会保障費 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
高齢化の進展に伴う年金・介護給付費などの自然増だけで増加分の9割近い1兆2500億円に上り、財源確保に向けて「消費税増税を含む税制抜本改革は避けて通れない」(厚生労働省幹部)との声が上がっている。 2年目を迎える子ども手当の国庫負担は、2兆2077億円 ...
地デジカ 高齢者福祉施設にテレビを寄贈 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
地上デジタル放送推進キャラクター「地デジカ」と、地デジの普及活動に協力しているお笑いコンビ「テツandトモ」が、クリスマスイブの24日、東京・墨田区の高齢者福祉施設「みどり高齢者在宅サービスセンター」を訪れ、地デジ対応テレビをプレゼントした。 ...
介護保険の利用者負担の引き上げ見送りへ - テレビ朝日 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は、介護保険の利用者負担の引き上げを見送る方針を固めました。 細川厚生労働大臣は当初、引き上げを検討していた利用者負担の増加について「ない方向で検討している」と明らかにしました。一方、介護の必要な人向けの24時間定期巡回サービスの創設などは介護 ...
緊急避妊薬 国内で初承認 アルツハイマー型認知症にも2新薬 厚労省分科会 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
また、この日の分科会では、アルツハイマー型認知症治療薬2種類の承認を決めた。国内には1種類しか治療薬がなかった。ヤンセンファーマの「レミニール」は軽度と中等程度、第一三共の「メマリー」は中程度と高度の症状の進行を抑制するとされる。
耐震、長寿命化が中心 - 群馬建設新聞 (媒体での記事掲載終了)
さらには、耐震対策の実施、防犯設備の強化、ユニバーサルデザイン化の推進を盛り込んだ。数値目標としては、生徒増に伴う教室整備数を21年度の5教室から26年度には15教室へ、耐震補強の棟数については、4棟から32棟にしている。 さらに文化財の保護と活用 ...
今の喫煙が将来の認知症に!? - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
さらに近年、タバコに含まれるニコチンが、認知症の原因になることが分かってきている。認知症とは、知能が低下したり、記憶力に障害を持ってしまう症状のこと。喫煙と認知症の関係についても、米山氏は著書の中でこう語っていた。 「ある研究では、喫煙していた人は、元 ...
認知症の治療薬 新たに承認へ - NHK (媒体での記事掲載終了)
これまで1種類しか承認されていなかった認知症の治療薬が、新たに2種類承認されることが決まり、早ければ来年2月ごろから販売される見通しになりました。 厚生労働省によりますと、介護や支援が必要な認知症の高齢者は、現在全国でおよそ208万人と推計され、20年 ...
消えゆくイタコ 修行を敬遠・高齢で廃業…今や十数人(1/3ページ) - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
この半世紀、海難事故と隣り合わせの漁師町で、「口寄せ」や行方不明者捜しの相談に乗ってきた。多い時には1日に十数人の訪問者があったが、最近は体調を崩し寝たきりになった。 戦後の一時期まで20~30代の若い女性も珍しくなかった巫女は今、高齢化が進み平均年齢 ...
認知症サポーターがいます-。佐倉市は27日、市民向けの認知症サポーター養成講座を市役所社会福祉センター3階で開く。受講した商店や事業所には、公募で決定したシンボルマーク入りステッカー(直径15センチ)を配る。店舗入り口への掲示用で、認知症の人やその家族 ...
さらに近年、タバコに含まれるニコチンが、認知症の原因になることが分かってきている。認知症とは、知能が低下したり、記憶力に障害を持ってしまう症状のこと。喫煙と認知症の関係についても、米山氏は著書の中でこう語っていた。 「ある研究では、喫煙していた人は、元 ...
介護保険 負担増見送り決める - NHK (媒体での記事掲載終了)
再来年に向けて介護保険制度の見直しを検討している厚生労働省は、所得が高い高齢者などの自己負担の引き上げについて、反対意見が強いことなどから見送ることを決めました。 これは、24日の閣議のあとの記者会見で細川厚生労働大臣が明らかにしたものです。 ...
総合科技会議、基本計画案を答申 25兆円投入 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象分野も温暖化をはじめとする環境問題や医療・介護などの健康問題の解決につながる研究を最重視した。政府は来年3月末までに閣議決定する。 計画案の対象は2011年度から15年度。科学技術を経済成長の源泉と位置付け、3期計画と同等の数値目標を堅持した。 ...
厚労相 負担増見送りを正式表明 介護保険改正で - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
細川律夫厚生労働相は24日午前の記者会見で、2012年度の介護保険制度改正に関し、高所得者の自己負担引き上げなど利用者負担増を見送る方針を正式に表明した。65歳以上の1人当たりの月額平均保険料(現在4160円)は「5千円を超えないよう検討したい」と述べ ...
総合科技会議、基本計画案を答申 25兆円投入を明記 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象分野も温暖化をはじめとする環境問題や医療・介護などの健康問題の解決につながる研究を最重視した。政府は来年3月末までに閣議決定する。 計画案の対象は2011年度から15年度。科学技術を経済成長の源泉と位置付け、3期計画と同等の数値目標を堅持した。 ...
利用者負担増見送りを表明=12年度介護制度改正-厚労相 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
細川律夫厚生労働相は24日の閣議後会見で、2012年度の介護保険制度改正について「利用者負担は上げない」と述べ、高所得者の自己負担引き上げやケアプラン有料化など利用者負担増を見送る方針を正式に表明した。来年春の統一地方選を控えた民主党内の強い反対論に ...
厚労省、介護保険の利用者負担増見送り 民主に配慮 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は24日、2012年度の介護保険制度改革で焦点だった利用者からの負担増について、大半を見送ることを決めた。年収320万円以上の高齢者の利用負担を2割(現行1割)に引き上げることや介護を受けるために必要な介護計画(ケアプラン)の有料化などを断念した。 ...
高齢患者の肋骨折った看護師に求刑 神戸地裁姫路支部 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
寝たきりの高齢入院患者の肋骨(ろっこつ)を折ったり目を突いたりしたとして傷害の罪に問われた、佐用共立病院(兵庫県佐用町)の元看護師、羽室沙百理(さおり)被告(27)の論告求刑公判が24日、神戸地裁姫路支部であり、検察側は懲役12年を求刑した。 ...
介護負担増見送り、厚労相が正式表明 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
細川律夫厚生労働相は24日午前の記者会見で、平成24年度からの介護保険制度の見直しに関し、利用者の負担増につながる改革を見送る考えを正式表明した。民主党の厚労部門会議ワーキングチームが負担増に反対する提言を出したことなどから、「まずは合意できる範囲で法 ...
2010年12月23日()
認知症への理解、オペラで深めて 横浜で24日に初公演 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症を題材にした「醒(さ)めない夢のオペラ」の初公演が24日、横浜市青葉区で開かれる。患者や介護者の思いを広く知ってもらおうと企画された。「17歳」などの作詞で知られる有馬三恵子さんの17編の詩に曲を付け、認知症の人が6年間書き記した90冊の日記から ...
高齢者虐待、最多376件 対策の遅れ課題 09年度 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
次いで、言葉で罵倒するなどの「心理的虐待」147件、勝手に財産を使うなど「経済的虐待」132件、おむつを替えないなど「介護放棄」129件などと続く(重複あり)。被害者のうち、要介護認定者が6割以上を占め、女性が8割近い。子どもと同居している世帯が7割 ...
【ゆうゆうLife】読者から 忍耐と愛と労力いる認知症介護 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
手術が必要になり、他人が留守に来るようになって認知症が一気に進み、「お金を盗まれた」とか、テレビに向かって返事をしたり、お辞儀をするようになりました。 私にも「盗人」とか「ぼけにされるので、死にに行く」と夜中に出歩くのです。昼間の仕事で疲れているのに、 ...
バリアフリー改修を呼び掛け、寸劇で様子も紹介/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
住宅のバリアフリー改修の普及を呼び掛けるイベントが23日、横浜駅東口のそごう横浜店正面入り口前で開かれた。医師や理学療法士らが建築士と連携して高齢者や障害者に優しい住まいに改修する様子を寸劇で紹介した。 建築士でつくるNPO法人横浜市まちづくりセンター ...
介護保険制度改革−高所得者の負担増を見送り、厚労省 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
22日、厚生労働省は2012年度の介護保険制度改革で、高所得者の自己負担割合の引き上げなど、利用者の負担増を見送る方針を決めた。 今回の厚生労働省案には、高所得者の自己負担割合の引き上げなど、利用者負担の割合が増える事が盛り込まれていたが、来年の統一 ...
ホタル形の光る癒やしグッズ 大塚電機、来月発売 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
音の出る機器と組み合わせた商品も開発して品目を増やし、「癒やし商品」として高齢者福祉施設などへも普及させたい考えだ。 「癒やしの和みほたる」は高さ、長さ、幅ともに約2センチのプラスチック製で、マイクロコンピューターを内蔵し、充電式の小型電池で発光する。 ...
宇都宮の「うりずん」に「新しい医療のかたち賞」 障害児一時預 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
人工呼吸器などが必要な重度障害児らを介護する家族の負担を軽減させようと、2008年6月から日中の一時預かりサービスを始めた宇都宮市新里町丙の重症障がい児者レスパイト(休息)ケア施設「うりずん」。介護を支援する地道な活動が評価され、11月に本県で ...
宇都宮の「うりずん」に「新しい医療のかたち賞」 障害児一時預かりに評価 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
人工呼吸器などが必要な重度障害児らを介護する家族の負担を軽減させようと、2008年6月から日中の一時預かりサービスを始めた宇都宮市新里町丙の重症障がい児者レスパイト(休息)ケア施設「うりずん」。介護を支援する地道な活動が評価され、11月に本県で ...
介護DVDとCDを作製/釧路市 - 釧路新聞 (媒体での記事掲載終了)
釧路市は、市民が自宅や地域の集まりで介護予防体操などを楽しめるオリジナルDVDとCDを作製した。1月下旬から市老人クラブ連合会と市連合町内会に無料配布し、介護予防活動を促す。市は2007年から独自で考案した介護予防プログラム「わかがえりレッスン」を老人 ...
「みんなで協力、いい映画に」 舞台は円頓寺、「WAYA!」クランクイン - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
頑固おやじの孫で東京育ちの小学生和也が、商店街内の高齢者向けグループホームに暮らす老人と散歩するシーンを収録した。 古波津(こはつ)陽監督(37)は役者やスタッフの間を動き回って演技指導をするなど気合が入った様子。和也役の近くの小学4年三輪泉 ...
2010年12月22日()
家族らによる65歳以上への虐待 09年度は135件 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉課は、2009年度(09年4月~今年3月)中に家族らから虐待を受けた県内の65歳以上の高齢者の状況をまとめた。 同課によると、市町村を通して届け出があった同居家族らによる虐待は135件(前年度は154件)だった。 虐待を受けた人のうち女性 ...
男性介護 / ぼだい樹会の活動をテレビで紹介してくれました。 - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)の活動をNHKが紹介してくれました。 会員さん同士の交流定例会です。 支援者のみなさんです。会員さんの毎月の訪問結果を報告、問題点などを 皆で考え支援、いろいろな企画を話しあいます。 運営委員会は、有る意味で、福祉の専門集団 ...
認知症軽度なら退院促進 厚労省、精神科の病床不足で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は二十二日、軽度の認知症患者が病院ではなく地域で生活できるよう促すため、市区町村や医療機関、ケアマネジャーが連携して退院後の治療計画をつくり、支援策を拡充することを決めた。来年度から一部地域で試験的に導入し、順次拡大する。 認知症患者の急増に ...
学校現場で認知症学ぶ 川西でサポーター養成講座 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者が全国で約208万人に上り、大幅な増加が想定される中、「認知症サポーター」の養成講座が22日、川西市の県立川西北陵高校で開かれた。認知症サポーターは厚生労働省が養成を進めており、教育現場でも講座を取り入れる試みが始まっている。 ...
高齢者と子育て世帯、併設住宅で交流 都が整備へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都は高齢者向けと子育て世帯向けの住居を併設した賃貸集合住宅の整備に乗り出す。入居者同士が交流できるスペースの設置やバリアフリー設計が特徴で、子育てで孤立しがちな若い親を支える環境を整える。第1弾として2011年3月、中野区内の区有地に11階建ての物件が ...
本や雑誌を宅配貸し出し 小松市立図書館 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
小松市立図書館は来月から、高齢者や障害者、育児や介護に携わるなど来館が難しい市 民に宅配サービスを使って本や雑誌を貸し出す。 利用者が電話や電子メールで市立図書館または南部図書館に借りたい図書を連絡すると 、職員が宅配便「ゆうパック」で利用者の自宅へ発送 ...
介護保険、利用者負担引き上げ断念 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
2012年度の介護保険制度の改正に盛り込む予定だった利用者の自己負担の一部引き上げについて、厚生労働省は民主党の強い反発を受け断念する方針を固めました。 民主党の介護保険ワーキングチームは、細川厚労大臣に対し、介護度の低い利用者や所得の高い人の自己負担 ...
介護保険の高齢者負担増、民主党が反対提言 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
再来年度に予定されている介護保険制度の改正について、民主党は22日、高齢者の負担増に反対する提言をまとめた。これを受けて、厚労省は、来年の通常国会に提出する予定の改正法案に、高齢者の負担増を盛り込むことを事実上断念した。 22日に細川厚労相に提出された ...
軽度の認知症患者の退院促す 厚労省、来年度から試行 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は22日、軽度の認知症患者が病院ではなく地域で生活できるよう促すため、市区町村や医療機関、ケアマネジャーが連携して退院後の治療計画をつくり、支援策を拡充することを決めた。来年度から一部地域で試験的に導入し、実施地域を順次拡大する。 ...
介護職員に「マグミットを割りたくない」と打ち明けられて - nikkei BPnet (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
高齢者人口の増加、療養病床の減少などの社会的背景の中、「薬剤師も在宅訪問を!」と言われて久しいですね。とはいえ、さまざまな事情で在宅訪問に踏み切れない薬剤師も多いようです。私としては、在宅は薬局内での調剤とはまた一味違った経験ができる場ですので「結構 ...
介護保険、負担増先送り 統一地方選への影響を配慮 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
政府は22日、平成24年度からの介護保険制度の見直しに関し、介護サービス計画(ケアプラン)作成費の自己負担化など負担増につながる改革を見送る方針を固めた。来年の通常国会に提出する関連法案には介護職員にたんの吸引を認めることなど最小限の内容にとどめる。 ...
[富山:富山市民時計に登場!] - J's GOAL (媒体での記事掲載終了)
医療・介護・福祉・防災・防犯など公共分野において、ICT人材として育成・活用しながら、ICTを導入・利活用することにより、地域雇用の創出・拡大とともに、地域の公共サービスの充実を図る取り組みを総務省が総合的に支援するもの。 携帯端末、PC端末を使い防災、防犯、 ...
赤ワインで頭がよくなる?お父さんに朗報、認知症予防にも - ZAKZAK (媒体での記事掲載終了)
認知症予防や記憶力アップに効果が期待できるといい、市川海老蔵(33)はじめ「酔って覚えてない」という酒癖の人にはオススメかも…。 認知症予防に赤ワインの効果があることは、すでに仏・ボルドー大の研究で判明している。同大が高齢者を追跡調査したところ、赤ワイン ...
日産 NV200バネットタクシー 発売…みんなのタクシー - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
NV200バネットタクシーは、子どもや高齢者、車いすの人など、性別・年齢を問わず、幅広い乗客が快適に移動できることを追究した新コンセプト「みんなのタクシー」を採用した。公共交通インフラのバリアフリー化の推進に貢献することを目指している。 ...
音信普通!? 周囲が心配する高齢妊婦 野田聖子の近況 - 日刊ゲンダイ (媒体での記事掲載終了)
「普通は産む直前から入院ですから、妊娠7カ月の段階から病院にいると聞いて心配しましたが、今のところ安定しているようです。病院生活は原則寝たきりで、早産予防の薬を24時間点滴している。体中がかゆくなったりする薬の副作用と闘いながら、頑張っているよう ...
介護予防事業に統一評価票 県作成、市町村の比較可能に - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
県は、高齢者が要介護状態にならないために実施している介護予防事業について、県内統一の評価票を作成し、来年度から調査を開始する。第一線で働く職員がインターネット上で事業の過程、量、成果を各項目に沿って評価。それを県がまとめ、現場にフィードバックする。 ...
日産自、幅広い乗客を快適に移動できる「NV200バネットタクシー」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
「NV200バネットタクシー」は、お子さまや高齢者の方、車いすをお使いの方など、性別年齢を問わず、幅広い乗客の方々が快適に移動できることを追究したまったく新しいコンセプトのタクシーであり、公共交通インフラのバリアフリー化の推進に貢献することを目指し ...
認知症予防セミナー「自分のため家族のために知ってほしいこと」(横浜) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
早期診断と治療の重要性・軽度認知症状とは・生活習慣セルフチェックなどを通して、認知症の正しい知識と認知症にならないための日常生活について学ぶ。 講師は「あるくらぶ」代表の江渕昌代さん(介護福祉士)。 「認知症予防セミナー」と希望日時、〒住所、氏名、年齢、 ...
介護利用者の負担増、先送りで最終調整 政府・民主 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
2012年度の介護保険制度改革での利用者負担増の先送りをめぐる政府与党の調整が大詰めに入った。22日午後、細川律夫厚生労働相は民主党から改革案への提言を受け取る。これを受け厚労省は年内にも新サービスを導入する財源として利用者に負担増を求めるかどうかなど具体的 ...
高齢者へ医療キット配布拡大 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
広島市安佐北区で、各地区の社会福祉協議会が高齢者や健康に不安のある人に「救急医療情報キット」を配る取り組みが広まっている。具合が悪くなった時に、救急隊員や医師が的確に対応できるようにするのが目的。区内の28地区社協のうち1地区社協が既に導入し、14地区社協 ...
沖縄大学、福祉のまちづくり推進で県知事賞を受賞 - 障がい者の働く場ニュース (媒体での記事掲載終了)
同大学には、1999年にバリアフリー化を達成した3号館が竣工されたのをきっかけに、「障がい学生支援委員会」や「ユニバーサルデザイン小委員会」が設置された。 その後は障がい者のある学生など意見を反映させた施設作り、学生による要約筆記活動などを行っており、今回は ...
登別・三愛病院が認知症疾患医療センターに指定 - 室蘭民報 (媒体での記事掲載終了)
登別市中登別町の三愛病院(千葉泰二院長)は、道から「認知症疾患医療センター」の指定を受けた。西胆振管内では、同院と恵愛病院(登別市鷲別町)、伊達赤十字病院(伊達市末永町)の3病院が病院群として指定された。来年2月に3病院などで構成する「西胆振認知症疾患 ...
(5完)長引く介護/親なき後、娘はどこに - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「長く寝たきりになっている自分の状態が分かっているんだと思うんです」。仙台市太白区の元看護師樋渡きみ子さん(70)は、遷延(せんえん)性意識障害の状態が続く長女清美さん(41)の涙の意味を受け止める。 清美さんが倒れたのは1993年、23歳だった。 ...
また、70~74歳の医療費窓口負担は、現行の1割から2割に引き上げる。 がん患者の抗がん剤治療など、高額な医療費負担ができず、治療を中断して死期を早めていることが社会問題となっている。これにかかわって、高額療養費制度の患者負担限度額(現行、一般で月約8 ...
働きながら「介護福祉士」資格取得を応援 来月から県が給料と学費を負担 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は来月から、介護施設に働きながら介護福祉士の資格取得を目指す高校卒業予定者らを支援する介護人材育成事業を始める。国の緊急経済対策の補正予算を受けた事業で、100人の2年間の給料と専門学校の学費を県が負担する。(広瀬和実) 1人当たりの支援額は、給与、 ...
【記者リポート】夜間対応型訪問介護、事業所が相次ぎ休廃止 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内で唯一、宇都宮市内に設置された夜間対応型訪問介護。「夜間も介護を受けられ、在宅の高齢者が安心できる」との期待を背負い、2008年から市内2事業所がサービスを始めた。しかし開始から2年が経過し、1事業所は11月末で廃止、もう1事業所は5月から休止して ...
児童相談所員倍増を 社会福祉審議会、県へ提言 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
社会福祉審議会(合津文雄委員長)は20日、高齢者福祉や子ども・子育て支援などの拡充や見直しの提言をまとめ、阿部守一知事に提出した。県側は来年度当初予算編成に反映させる考えだ。 提言は「福祉人材の確保・定着」や「子育て支援」など5分野の施策。 ...
日本介護福祉グループ、投資抑え事業拡大 一般住宅活用、通所拠点4倍に - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
普通の民家を活用して事業を展開している【拡大】 日本介護福祉グループ(東京都墨田区)は、通所介護のデイサービスの拠点数を大幅に増やす。現在の約300カ所から、2013年3月期には約4倍の1200カ所、長期的には20倍の6000カ所を目指す。 ...
2010年12月21日()
夜間対応訪問介護、相次ぎ休止 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内で唯一、宇都宮市内に設置された夜間対応型訪問介護。「夜間も介護を受けられ、在宅の高齢者が安心できる」との期待を背負い、2008年から市内2事業所がサービスを始めた。しかし開始から2年が経過し、1事業所は11月末で廃止、もう1事業所は5月から休止して ...
介護保険見直し 負担増見送り - NHK (媒体での記事掲載終了)
再来年に向けて介護保険制度の見直しを検討している厚生労働省は、所得が高い高齢者などの自己負担の引き上げを検討していましたが、反対意見が強いことなどから引き上げを見送る方針を固めました。 介護保険制度が見直しを巡って厚生労働省は先月、高齢化に伴って再来年 ...
介護予防事業に統一評価票 県作成、市町村の比較可 - 茨城新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は、高齢者が要介護状態にならないために実施している介護予防事業について、県内統一の評価票を作成し、来年度から調査を開始する。第一線で働く職員がインターネット上で事業の過程、量、成果を各項目に沿って評価。それを県がまとめ、現場にフィードバックする。 ...
心中図り3人殺害 男に懲役30年判決 秋田 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
量刑理由で馬場裁判長は妻のがん罹患(りかん)や高齢の父親の介護、自身の病気などに触れ「困難な現実を突きつけられたが、解放される手段として無理心中を図ることは許されない。浅はかな考えから3人を殺害した刑事責任は重い」と断じた。 被告は犯行時、心神耗弱の ...
先日、TOKYO MX NEWSでは高齢者の認知症の支援策についてリポートでお伝えしましたが(⇒11月30日放送『認知症高齢者を地域で見守る 板橋区・認知症サポーター』、12月8日放送『新しいデイサービス “学校”で認知症ケア』)、きょうは65歳未満で発症する若年性認知症 ...
介護始めて「健康悪化」 厚労省の中高年調査 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
過去5年間で親などの介護をするようになった人の8・9%が「健康状態が悪化した」と答えたことが21日、厚生労働省が2009年に中高年を対象に実施した調査で分かった。 厚労省は05年、50~59歳の男女に調査を開始。毎年同じ人を追跡する形で続け、5回目 ...
家族の認知症をアロマと頼る気持ちが助けてくれるかも? - エキサイト: ニュース (媒体での記事掲載終了)
もし大切なご家族が認知症になったら、アロマと頼る気持ちが助けてくれるかも? アロマセラピーは、今や専門家だけではなく一般家庭でも利用されるようになりましたね。 わが家には、未だに内科のお世話になったことのない子供がいて、本当によく驚かれるのですが、何も ...
利用者負担増見送り=介護改正、基金崩し保険料軽減-政府 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
政府は21日、2012年度の介護保険制度改正で、保険財源の確保策として厚生労働省が求めていた高所得者の自己負担引き上げなど利用者負担増を見送る方針を固めた。民主党内で強い反対論に配慮せざるを得ないと判断した。財源確保のため都道府県の財政安定化基金などを ...
井原の介護施設でノロ感染 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
岡山県は20日、井原市高屋町の介護保険施設、西部いこいの里で昼食を食べた入所者13人と職員2人の計15人が下痢や嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴え、ノロウイルス(小型球形ウイルス)に感染したと発表した。現在、90歳代女性が市内の病院に入院中。 ...
高齢者向け食品の購入のきっかけは、「家族」に次いで「ケアマネ」らのすすめが寄与【電通調査】 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
電通シニアプロジェクトは、今年の9月から10月にかけて、ケアマネージャーを通じた介護者本人への訪問アンケート調査を実施。全国の要支援1~2までの介護保険受給者から366件の回答を得た。 毎日の食生活に関しては、介護度の低い人は7割が自分で調理・購入をしている ...
こうしたグループホームと同様に、近年、人気をみせている施設に、老人が暮らしやすいように設計されている「高齢者専用賃貸住宅」がある。 これは特養などに類した福祉施設ではなく、高齢者専用の住宅であることから、見た見は普通のマンションと同じ。 ...
高齢者安否確認の条例制定 大阪・池田市議会が可決 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
対象は介護保険、国民健康保険、後期高齢者医療制度のいずれかを1年間利用していない65歳以上の高齢者。施行は来年1月の予定。 市長が作成した該当者名簿に基づき、民生委員と市の委託を受けた社会福祉協議会の福祉委員が直接訪問して調査する。 ...
「市民後見人」神戸市も養成へ 1月に支援センター開設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症などで十分な判断能力がない人の財産管理や契約を代行する成年後見制度。これまで親族や弁護士らが務めていた「後見人」を普通の市民がボランティアで担う「市民後見人」の養成に、神戸市が乗り出す。来年1月4日にオープンする「神戸市成年後見支援センター」が ...