介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年10月31日()
在宅介護、「60歳以上が担当」半数 県調査、「ストレス感じる」も5割 - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
在宅介護世帯の5割以上で60歳以上が介護を担当していることが、県が行った家族介護実態調査で分かった。介護でストレスを感じている人も5割に達し、2割近くが地域で孤立感を感じていた。県は調査結果を各市町村にフィードバックし、介護関係事業の在り方の参考にして ...
桐生市が『仕分け』 5事業に『不要』判定 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
終了後、市介護高齢福祉課の武井績課長は「民間感覚の厳しい指摘。意見はもっともだ」と述べた。 他の事業でも、仕分け人から具体的な効果や利用者の満足度などの質問があったが、市側が「把握していない」「データはとっていない」と答える場面が目立った。 ...
今改定で入院・外来の財源を配分、重点分野を評価 - m3.com (登録) (媒体での記事掲載終了)
療養病床、介護老人保健施設をどう扱うかという話も出てくる。この辺りの議論は、同時改定の時しかできない。これが第二段階です。 その際に重要なのが、「情報」と「人」のネットワークの構築。通るかどうか分かりませんが、その関連の予算を今年度の補正予算に入れてい ...
高齢者が結ぶ契約 周囲も注意 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症などで判断力が低下した高齢者が結んだ契約をめぐるトラブルの相談件数が、この10年間でおよそ3倍に増えていることがわかり、国民生活センターは、必要のない商品を大量に購入するといったおかしな点がないか、周りの人が注意を払うよう呼びかけています。
【主張】高齢者医療 強引な見直しは混乱招く - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
年金や介護保険の負担も大きい。健保組合も8割以上が赤字だ。 消費税の議論を棚上げして制度設計を行おうということにも無理がある。現役世代の保険料引き上げは限界に近づいている。消費税で、どこまで高齢者医療の財源が確保できるかで制度の形は大きく変わる。 ...
家族、社会、みんなで「介護」を支えよう 11月11日は「介護の日」 - 政府広報 (媒体での記事掲載終了)
「介護」について、皆さんは考えたことがありますか。高齢化が進み、生活習慣病などの病気も増えている中、親や配偶者など家族の介護をする人が増えています。今、介護をしていない人も、いつか、家族の介護をする立場になったり、介護を受ける立場になったりするかもしれ ...
日本調剤が、情報サイト「有料老人ホーム・高齢者住宅検索探しっくす」に関する事業を譲り受けたのはなぜか?(その3) - 業務提携ニュース (媒体での記事掲載終了)
日本調剤グループは、老人介護施設に対して、薬を届ける事業や、看護師を紹介する事業を手掛けており、老人介護施設とのネットワークを持っている。 このネットワークを活用すれば、「探しっくす」事業を有利に展開することができるだろう。 「探しっくす」事業は、既存の ...
日本調剤が、情報サイト「有料老人ホーム・高齢者住宅検索探しっくす」に関する事業を譲り受けたのはなぜか?(その2) - 業務提携ニュース (媒体での記事掲載終了)
すると、同社は、医師や看護師の紹介事業を手掛けており、その過程で、高齢施設との取引があるということが見えてくる。 介護施設向け事業を展開している点で接点が! つまり、日本調剤グループは、介護施設向け事業を展開しているという点で、「探しっくす」事業を接点が ...
2氏が届け出=新潟市長選 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
石口氏は、高齢者・福祉制度の充実や中小企業支援の強化などを訴える。民主、自民両党の実質的な支援を受ける篠田氏は、政令市移行など2期8年の実績を強調。新潟港の拠点港湾化や少子高齢化社会に対応したインフラ整備などを主張する。
介護に関心を持ってもらおうと、県介護福祉士会南部ブロック(斉藤ひとみ会長)は30日、茂原市のショッピングプラザ「アスモ」センターコートで、介護イベント「楽らく介護術」を実施した。今年は初めて、茂原高校の生徒もボランティアとして参加した。 ...
発病すると治癒が困難とされ、また予防も難しいとされている「認知症」の常識がくつがえろうとしている!31日(日)夜9時から放送の「NHKスペシャル」では、そんな認知症を取り上げた「認知症を治せ!」を放送する。番組サイトでは予告動画が公開されている。 ...
配食で認知症高齢者支え、見守りのコツを冊子に/横浜 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
市民団体が独居高齢者や高齢者のみ世帯向けに展開している配食サービスの利用者に、認知症の高齢者が増えてきた。横浜市内の配食サービス団体などによる連絡会では、「認知症の方への見守り支援ハンドブック」を作成、配食担当者に症状や的確な対処法を知ってもらい、認知 ...
思いやりの心 広げよう 浜松で国際UD会議開幕 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
ユニバーサルデザイン(UD) すべての人のためのデザインという意味。能力や年齢、国籍、性別などの違いを超え、誰もが暮らしやすい社会づくりを進める考え。1980年代半ば、車いすを使う米国建築家が提唱した。障害者や高齢者の障壁をなくすバリアフリーをさらに ...
2010年10月30日()
介護送迎車が川に転落 運転手死亡 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
吉川署の調べでは、鈴木さんは介護を受ける高齢者を迎えに行くために施設を出たところ、市道を突っ切って転落した。同署では、鈴木さんが病気などで運転中にアクセルを踏んだまま意識を失った可能性もあるとみて詳しく調べている。
普通にいますけど何か問題でも?」 近年は芝居もバリアフリー化が進んでいる。特に歌舞伎などにおいては、高齢者への配慮という点からも音声ガイドや字幕を施す劇場も徐々に増えてきた。が、ついに聴覚障害、言語障害を共に克服してしまう脅威のエンターテイメントが登場 ...
2010年度上半期、福祉車両の販売台数が2年ぶりプラス - レスポンス (媒体での記事掲載終了)
日本自動車工業会が発表した2010年度上半期(4〜9月)の福祉車両の販売台数は、前年同期比14.6%増の1万7330台となり、2年ぶりに前年を上回った。 高齢化社会による福祉車両に対する関心が高まってきたのに加え、福祉車両も制度途中からエコカー補助金・エコカー減税の ...
新潟市長選あす告示 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
石口氏は「高齢者福祉、雇用の拡大、保健・医療体制の充実」を挙げた。 事業の仕分けについては、篠田氏が「行政は自ら始めた事業を見直す能力はかなり低い。外部の評価を大切にし、職員の意識改革のためにも重要」と主張したのに対し、石口氏は「組織内部で自己検証は ...
来夏着工の浜松市リハビリ病院 段階的に270床目指す - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、機能回復を担うリハビリ医療は寝たきり予防や生活習慣病対策などの役割も高まっている。だが、浜松市内の回復期リハビリ病床数は全国平均を下回る。このため、市はリハビリ病院の建て替えで体制強化を図る。近隣医療機関との連携を強め、土日や祝日を含めた継続的 ...
2010年10月29日()
進めバリアフリー 11月に福島で初ツアー、参加者募集 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害のある人や高齢者が観光を楽しめるよう、NPO法人「ふくしまバリアフリーツアーセンター」と福島市観光物産協会は来月10日、市内の観光を楽しむモニターツアーの実施を企画し、ツアーに参加するモニターを同月2日まで募集している。モニターの声を基に、地域全体 ...
介護保険見直し提言 首都圏の9都県市 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京や神奈川など首都圏の四都県と横浜市などの五政令市は二十九日、二〇一二年度の制度改正に向け「介護保険制度の見直しに関する提言」を厚生労働省に提出した。高齢化は、過疎化が進む地方では底打ちが予想される一方、都市部では今後、急速に進むとみられ、来年一月 ...
認知症の人 地域で見守り 松戸で『一声運動』 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や高齢者を地域で見守る「松戸市あんしん一声運動」のオープニングイベントが松戸市民会館で開かれ、市民ボランティア「オレンジ声かけ隊」による活動がスタートした。 イベントでは、NPO法人「認知症ケア研究所」代表理事の六角僚子さんが「愛と知恵で ...
狂言で生きる力を 和泉流の三宅藤九郎さん 認知症介護施設で教室 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
川崎市宮前区菅生の認知症高齢者介護施設「バナナ園 生田の泉」(十一月一日オープン)で二十九日、狂言師和泉流の十世三宅藤九郎さんによる狂言教室が開かれた。ストレス解消やのどを鍛えることで、食べ物を飲み込む力の強化を期待したが、覚えることが苦手なお年寄りが ...
佐賀市に総合福祉ビル完成 ジャンル違うサービス入居 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
ビジネスホテルを改装、高齢者専用賃貸住宅と知的障害者向けグループホーム、多機能ホームなどが同じビルに“同居”する。障害者と高齢者が相互扶助できることも目指す。1日から事業を始める。 ハーモニーは6階建て2540平方メートル。4~6階は以前はビジネスホテル ...
著作権が切れた映画に吹き替えや字幕、情景を伝える音声ガイド、効果音などを付け、障害者や高齢者らにも楽しんでもらおうと、同法人が県の「しまね協働実践事業」の助成を受け、半年がかりで取り組んできた。 映画の中身だけでなく、制作過程でもバリアフリーを実践。 ...
医療・介護分野が下支え、9月の完全失業率5.0%に改善 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
詳細を見ると、都道府県、職種により依然として隔たりがあるのものの、医療、介護などの福祉分野は前月同様に堅調な動きを見せた。 セキュア・テクノロジー・パートナーズ株式会社の先月調査でも医療・介護分野、特に介護分野における雇用は順調に伸びている。 ...
強盗未遂容疑で自称訪問介護ヘルパーの女を逮捕 旭川中央署 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【旭川】旭川中央署は29日、強盗未遂の疑いで旭川市曙1の6、自称訪問介護ヘルパー小早川由美子容疑者(51)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は同日午前9時ごろ、旭川市内の男性(64)宅に宅配業者を装って押し入り、応対に出た男性の妻にスプレーを吹き付けた上、 ...
介護保険制度改革、負担増に相次ぐ反対意見 厚労省部会 - SecureTPニュース (媒体での記事掲載終了)
28日、厚生労働省は2012年度の介護保険制度の改正案について、社会保障審議会介護保険部会で、利用者の負担増、保険料の徴収増について説明を行った。 改正案では、現役の保険料負担の増加や、軽度者の自己負担の引き上げ、若年層からの徴収など幅広く議論された ...
『絶対に失敗しない有料老人ホームの選び方』 上岡榮信 著 (河出書房新社・1680円) - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
25年間で国内外800カ所以上の高齢者用住宅を見てきた著者が、賢い老人ホームの選び方を分かりやすく解説。海外の事情も紹介され、高齢者福祉に対するお国柄の違いも興味深い。 有料老人ホームは、入居一時金が億単位の超高級タイプから、千数百万―数百万円の中・低級 ...
県立医科大学へ交換学生として訪れている中国山東省、山東大学の3、4回生の女子学生5人が28日、研修の一環で、和歌山市田野の高齢者介護施設、社会福祉法人わかうら会、わかうら園(土山憲一郎理事長)を見学した。 土山理事長は、同施設のある田野地区が高齢者が占める割合 ...
「ニュースにだまされるな!」児童虐待、不明老人…家族は崩壊しているのか? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護の現場で社会福祉士・介護福祉士・ケアマネージャーとして勤務後、現職。著書に『福祉社会における医療と政治』『介護―現場からの検証』『医療の値段―診療報酬と政治』『介護の値段―老後生き抜くコスト』『介護入門 親の老後にいくらかかるか?』『福祉という名の「お ...
マザアス、グループホーム「マザアスホームだんらん杉並・松庵」を開設 - 日刊工業新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
杉並区は、介護を必要とする高齢者が住み慣れた地域で生活を継続していくこと を目的に、介護保険サービス基盤の整備を行っています。グループホームや小規 模多機能型居宅介護など地域密着型サービスを提供する優良な事業者を選定し、 施設の建設に係る費用に対して補助 ...
高所得者の負担増など提示=介護保険見直しで、異論相次ぐ―厚労省 - とれまがニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は28日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)介護保険部会で、次期制度改正の焦点である財源問題に関する論点を提示した。高所得者や軽度の要支援・介護者の利用者負担拡大などが柱だが、各委員からは反対意見が相次いだ。 2012年度の次期制度改正では、 ...
日本調剤(3341)高齢者向け住宅情報サイトを買収 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
同インターネット・コンテンツは、有料老人ホーム等の高齢者住宅入居情報の提供サイトで、親会社の調剤業務を通じて全国の高齢者向け施設との接点も多く、今後の成長性とグループとしてのシナジーが見込めると判断したため。 メディカルリソースは、薬剤師の派遣・紹介 ...
介護の悩み 話して楽に - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
そんな認知症の家族の介護に疲れ、思い詰めた人たちを支える活動が徐々に広がっている。介護経験者の「先輩」に悩みを聴いてもらうことで気持ちが和らぎ、現実に向き合う気力を取り戻す場となっている。 「本当に穏やかな妻で、40年連れ添って、怒ったところなんて見た ...
高齢者の生活を体験 岐阜・城西小児童ら - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
腕や脚が重くなるギプスなどを装着して高齢者の生活を疑似体験する授業が28日、岐阜市則武西1の城西小学校であり、児童らは高齢者への思いやりの大切さを学んだ。 5年生81人が参加。2学期の総合学習では高齢者と児童福祉について学んでおり、これまで周りの高齢者 ...
認知症高齢者 家族からも被害 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症で判断力が衰えた高齢者のうち10人に1人が、家族から年金を使い込まれるなどの財産被害を受けていたことがNHKなどが行ったアンケートで明らかになりました。こうした被害は「経済的虐待」と呼ばれ、高齢者を見守るべき家族が財産を奪うという深刻な事態が ...
2010年10月28日()
総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が20%を超える超高齢社会の進行とともに、生活支援サービスが付いた住宅型有料老人ホームの開設が県内で急増している。都道府県から指定を受けて介護サービスを提供する特定施設と異なり、開設が比較的容易なことから、異 ...
介護保険 軽度者は負担増 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は二十八日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会で、二〇一二年度の介護保険制度改正に向け、要介護度の低い軽度者や高所得者がサービスを利用した際の自己負担引き上げなど、給付と負担の見直し項目を提示した。 制度改正では、二十四時間地域巡回型 ...
【続・息子とふたり 妻を介護してみたら】(下)「明日の記憶」の謙さん - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護をしていると現実に圧倒されて、作りもののドラマを見る気がなかなかしない。だが、テレビ出身の勘が介護家族の勘と相まって、「これは見たい」と思う映画もある。 先日、俳優の渡辺謙さんふんする夫が認知症になり、樋口可南子さん演じる妻と壮絶な生活を送る ...
認知症パス「私のアルバム」活用を 霧島市で披露会 - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の暮らしぶりや好きなものなどを記し、介護や生活支援に生かす「認知症連携パス 私のアルバム~やがてのために」の披露会が22日、霧島市の市民会館であった。医療や介護保険事業所の関係者など約300人が参加した。 霧島市では昨年7月、同パス「私のアルバム」 ...
近畿の介護周辺需要を取り込み 異業種含め事業展開増加 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化進展で急拡大が見込まれる近畿の介護需要を取り込もうとする動きが、幅広い業種に広がっている。ロングライフホールディング子会社のエルケア(大阪市)は、デイサービスとフィットネスを組み合わせた複合施設を展開。グンゼスポーツ(兵庫県尼崎市)や日本新薬など ...
厚労省、介護保険の予算確保に選択肢を示す - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
厚労省は28日、介護保険の予算を確保する方法について、所得が高い高齢者の自己負担を増やすなどの選択肢を示した。 介護保険の予算は、税金や国民からの保険料、利用者の直接負担で構成されている。今後、高齢者が増えることから、毎年約3000億円増加すると予測 ...
高齢姉妹、3300万円賠償請求 ケアマネ流用問題 兵庫 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
明石市の「明舞中央病院」の男性元ケアマネジャー(62)=懲戒解雇=が高齢姉妹の口座から現金を引き出したとされる問題で、精神的苦痛を受けたとして、姉妹が28日、男性と同病院を相手取り、慰謝料など約3300万円の損害賠償を求める訴えを地裁明石支部に起こした ...
医療・介護連携型の高齢者賃貸住宅 都のモデル物件、日野に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
東京都は医療・介護連携型住宅のモデル物件に選んだ高齢者専用賃貸住宅(高専賃)「風のガーデンひの」が11月に日野市で開業すると発表した。都は今回の物件を第1号に、今後同様の施設を都内の他の地域でも選定し、普及を促す計画だ。 医療法人社団の康明会(日野市) ...
介護保険、負担増に反対相次ぐ 厚労省審議会 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は28日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会に介護保険の給付と負担について論点を提示した。高所得者の利用料の引き上げや保険料の徴収対象の拡大について考え方を示したが、多くの委員から反対の声があった。11月にも介護保険制度改革の報告書を ...
奄美豪雨 被害額24億円超 住民らが復旧作業 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
集落の大崎忠通区長(75)は「気が張って、いつもより力が出ているが、高齢者が多い。長期化すると健康面に影響が出る」と心配する。 奄美市は28日、台風が接近したため、豪雨災害でグループホーム入所者2人が死亡した同市住用(すみよう)町の地区の警戒を強化。 ...
神奈川県介護賞に芝田さんと服部さん - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
神奈川県は14日、第18回(平成22年度)神奈川県介護賞の受賞者を発表、藤沢市からは特別養護老人ホーム「鵠生園」の芝田ヤイ子さんと養護老人ホーム「藤沢養護老人ホーム」の服部初枝さんが受賞した。 介護員の芝田さんは「福祉の道に進み20年、多くの経験が自信となって ...
介護フェアで日頃の悩み解決 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢者福祉への理解を深めようと来月10日(水)、川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で「介護いきいきフェア」が開催される。午前10時から午後4時まで。主催は川崎市、社会福祉法人川崎市社会福祉協議会、川崎市認知症ネットワーク。 ”高齢社会はみんなで支える ...
介護保険、軽度者の負担増も視野 12年度改正で厚労省 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
2012年度の介護保険制度改正に向け、厚生労働省は28日、介護の必要度が軽いサービス利用者の負担引き上げや家事など生活援助サービスの縮小などを検討項目として、社会保障審議会介護保険部会に示した。 必要な財源確保のめどが立たず、保険料の大幅な上昇を招く ...
厚労省が介護保険で財源確保策を提示 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は28日、社会保障審議会介護保険部会に介護保険の財源確保に関する検討項目を提示した。高額所得者や介護の必要度が低い人の利用料(現行1割)を引き上げる案や、介護サービス計画(ケアプラン)作成に自己負担を求める案など9項目を盛り込んだ。 ...
社会福祉功労者に対する厚生労働大臣表彰の本年度受賞者が決まり、 県内では民生・児童委員ら5人、 日高地方からは美浜町の養護老人ホームときわ寮総括主任介護員、 玉井通子さん(58)=日高町池田=が選ばれた。 11月5日に東京で開かれる全国社会福祉大会で表彰される ...
高額療養費制度について、診療報酬の支払早期化の検討状況について、新たな高齢者医療制度における医療費適正化計画の在り方について(特定健診・保健指導)、国民健康保険組合に対する補助の見直しについて等を議題とした会議の資料が掲載されています。
中年期のタバコ吸い過ぎで認知症リスク2倍以上に - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
(c)AFP/PATRIK STOLLARZ 【10月27日 AFP】中年期にタバコを多く吸った場合、20年後にアルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが吸わなかった場合の2倍以上になるとの調査結果を、フィンランドの研究チームが25日、米医師会の内科専門誌「アーカイブス・オブ・インター ...
他人の世話になりたくない、認知症で自分が要介護だと認識できない、経済的な問題――などがその理由として挙げられるという。 「クローズアップ現代」では、レ・ミゼラブルを地でいくようなケースが取り上げられていた。写真店を営んでいた夫婦。約3年前、20歳年上の夫が脳 ...
介護就職デイ、県内6会場で面接会開催へ - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
介護事業所が施設介護職やホームヘルパー、ケアマネジャー希望者に面接。 福祉人材センターや介護労働安定センターなどの相談ブースも設ける。 問い合わせは福島労働局職業対策課電話024(528)0259へ。 日程と開催場所は次の通り。
末期がん患者、介護保険でベッド貸与 厚労省が通知 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
25日付の通知によると、福祉用具の貸与では、主治医の意見書と、福祉用具が必要とするケアマネジャーの意向を書類で確認し、要否を判断するよう自治体に求めた。 同省は4月、末期がん患者が介護保険の利用を申請した場合、要介護認定前でもケアマネジャーが暫定的にケア ...
認知症の症状など学ぶ サポーター講座始まる 宇都宮で小中学生 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市は本年度、小中学生を対象に「認知症サポーター養成講座」を始めた。26日には地域包括支援センターの職員が今泉小を訪問。小学生向け副読本を使うなどし、認知症の症状や患者への接し方を紹介した。 「認知症って知ってる?」。同校の音楽室に集まった6年生 ...
元気に交流の輪 有小がアンルス訪問 住田町 - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
住田町の有住小学校(佐々木郁男校長、児童97人)の1年生20人は27日、上有住の高齢者生活福祉センター・アンルス(柘植孝子所長)を訪問。お年寄りとにぎやかに交流を深め合った。 1年生のアンルス訪問は生活科の授業の一環。お年寄りとの交流を図りながら福祉の心を ...
2010年10月27日()
介護保険、負担増も視野 40歳未満から徴収も - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は負担増と給付の縮小を中心に介護保険制度の見直しを進める。28日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)部会に、論点整理を提示する。追加的な税金投入が難しいことから、高所得者の利用者負担の引き上げや、40歳未満からの保険料の徴収などの考え方を明記する ...
【ゆうゆうLife】介護事業所など併設 整備進む「高専賃」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
以後、寝たきりになってしまって…」(原さん)。 しばらくは自宅で訪問看護などを使い、近くに住む娘が勤め帰りに夕食を作る生活をした。しかし、「娘が倒れたら困る。どちらからともなく『そろそろいいね』と。子供と同居するつもりはないし、娘と息子がここを見学し ...
認知症、子どもにも理解を 小中学生サポーターを「養成」 宇都宮市 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市は本年度、小中学生を対象に「認知症サポーター養成講座」を始めた。26日には地域包括支援センターの職員が今泉小を訪問。小学生向け副読本を使うなどし、認知症の症状や患者への接し方を紹介した。 「認知症って知ってる?」。同校の音楽室に集まった6年生 ...
介護保険、負担増も視野 厚労省がきょう論点提示 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は負担増と給付の縮小を中心に介護保険制度の見直しを進める。28日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)部会に、論点整理を提示する。追加的な税金投入が難しいことから、高所得者の利用者負担の引き上げや、40歳未満からの保険料の徴収などの考え方を明記する ...
パソナソーシング、訪問介護を首都圏で拡大 10拠点設置へ - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
今月から東京23区を中心にホームヘルパーの派遣を始めたのに続き、2012年3月までに東京・千葉・埼玉・神奈川の1都3県で10カ所の拠点設置を目指す。これまで他県で手掛けてきた訪問介護の実績を生かし、高齢化が進む首都圏で事業を拡大する。 東京・大手町に事務所を ...
あなたに合った老後の住まいが見つかります - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
同社の経験を集約した複合施設で1階にクリニックと調剤薬局、2階にケアマネージャーや訪問看護オフィスの入った、充実の物件だ。7日(日)は認知症改善センターも併設の「シニアメゾン四之宮」。認知症に力を入れた施設を見られる。 要支援1〜要介護5の介護付有料 ...
尊厳死、認知症・ 介護予防を学ぶ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
第1回は11月8日(月)午後1時半~4時、西門商店街「西門プラザ」前の同サロンで▼(1)“明るい尊厳死”の話(講師/日本尊厳死協会の小原芳郎氏)(2)“認知症予防・介護予防”の話(講師/訪問介護士の松本紀子氏)を開催。講座後には懇親会を兼ねた質疑応答もある。 ...
認知症予防の講座 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
増えつつある認知症を防ぐ講座「広げよう!認知症予防のわ」が11月4日から12月2日までの毎週木曜日に開催される(全5回)。午後1時から3時、消費生活総合センターで。参加費1000円、定員30人。 主催は「こうなん介護予防研究会」で、傾聴法や実践的な認知症の予防法を学ぶ ...
介護の体験学ぶ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
講演とパネルディスカッション形式で進められた会には、訪問看護師、ケアマネジャー、行政などから担当者が出演。6年間にわたり介護を続け、昨年妻を亡くした安藤正人さん(区内在住)も経験者としてその“思い”を話した。 「人間誰しも死ぬ。でも、その覚悟ができてなかっ ...
「介護する男」の支援拠点 宝塚市のNPOが開設へ - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護疲れによる無理心中などが後を絶たない中、親や配偶者を介護する男性たちの集いの場が11月1日、宝塚市にオープンする。介護について、親類や近所の人には話しづらい愚痴や悩みを打ち明け、心身を癒やしながら情報交換も図る。名付けて「ほっこり庵」。 ...
高所得の介護保険利用者負担上げ 厚労省検討 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護サービスの内容を決めるケアプランをめぐっては「ケアマネジャーに作成を任せきりで利用者本人がサービス内容を把握していない」と弊害が指摘されてきた。負担導入で、利用者にサービス内容を自覚的に点検してもらう狙いもある。
パナソニック、エレベーターにも「ナノイー」技術を搭載 - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
今回発表されたENシリーズは、高齢者向けの老健施設の増加などに伴う、小型エレベーターの需要の高まりを背景に開発されたもの。不特定多数の人が使用する施設では、エレベーター内においては特に清潔で快適な空間が求められることから、微粒子イオン「ナノイー」技術を ...
シグナルトーク、麻雀ゲームと認知症予防の関係について調査・研究スタート - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
シグナルトークは、麻雀ゲームと認知症の関係について、2010年10月26日から調査・研究を始める。 同研究は、全国の介護予防事業などで、麻雀による認知症予防効果が注目されているのを受け、実際のところ、麻雀ゲームには、どの程度の認知機能維持・改善効果があるか検証 ...
介護保険の利用者負担上げを検討 高額所得者を対象 厚労省 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は27日、介護保険の自己負担割合(現行1割)を、高額所得者については引き上げる方向で検討に入った。「高額所得」の線引きや引き上げ幅など詳細は今後調整する。介護保険は高齢化の進行でサービス利用者が増えていることから、支払い能力のある高所得者に ...
業界初(※1)カビ菌(3)や花粉(3)を抑制し脱臭効果もある「ナノイー」技術を搭載 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
近年、高齢者向けの老健施設の増加などに伴い、小型エレベーターの需要が高まっています(※2)。こうした施設では不特定多数の人が使用するため、エレベーター内においては特に清潔で快適な空間が求められています。 そこで当社では、業界で初めてカビ菌や ...
【神奈川】県が高齢者居住安定確保計画素案骨子(10/27) - 建通新聞 (媒体での記事掲載終了)
... の素案骨子をまとめた。2011~14年度を計画期間とし、介護保険3施設などの計画的な整備や、公的賃貸住宅の建て替えなどに合わせた高齢者世帯向け住宅の供給拡大と居住生活支援施設の併設の促進、バリアフリーリフォームへの助成制度の拡大などの方向を示した。 ...
解体2日前「待った」 江戸末期の建物、高齢者施設に再生 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
老朽化による取り壊しを工事直前に免れ、高齢者福祉施設として再出発する。町並み保存に取り組む地域住民が声をあげ、行政や民間業者も連携、寄付金を集めた手法は注目を集めそうだ。 「こんなに立派になって本当にうれしい」。保存運動に取り組んだ「有松まちづくりの ...
iPadを用いて、介護用施設や介護用マンションのお年寄りが、簡単注文!! - 共同通信PRワイヤー (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
iPadを用いて、介護用施設や介護用マンションのお年寄りが、簡単注文!! ファインフーズ(所在地:大阪市中央区、代表取締役:川瀬哲也)は、米アップル社のiPadを用いて、インターネットでの直接の注文を、いったん施設スタッフが確認し、スタッフが住居者に代わり、各 ...
認知症の理解と予防(横浜) - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
軽度認知障害の検査や生活習慣セルフチェック、グループワークなどを通して、認知症について正しく理解し、日常生活で予防していく方法を学ぶ。 講師は介護福祉士・健康管理士一般指導員の江渕昌代さん(あるくらぶ代表)。 「11/11・11/25の認知症の理解と ...
保健文化賞に府社協老人施設部会 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
さまざまな理由で生活が立ちゆかなくなった人たちへの相談援助活動に取り組む府社会福祉協議会老人施設部会が、保健衛生の向上に貢献した団体や個人に贈られる「第62回保健文化賞」(第一生命保険主催、朝日新聞厚生文化事業団など後援)に選ばれた。26日、東京都内の ...
人気FPが語る 生命保険研究 2 「医療保険」は一生涯保障を継続させるのが基本!! - マイコミジャーナル (媒体での記事掲載終了)
入院中の諸費用の実費を100万円まで補償するタイプや、ホームヘルパーの雇入補償が得られるものなど、その内容も幅広いです。ただ、実費補償型は保険期間が10年などの定期型が多いので、ライフステージに合わせて加入を検討するような利用の仕方がいいでしょう。
70歳以上の医療費が引き上げに? - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
なぜなら、健康保険制度では、医療費が一定金額以上になっても、超えた額を請求すれば、上回った医療費を返してくれる「高額療養費制度」があるからです。 70歳から74歳までの人の場合、1か月入院した場合の医療費自己負担の上限は収入によって変わります。 ...
新戸部会頭インタビュー 4期12年を振り返る - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
「弘前が好き」というだけあって、「土手町の一角をモデルに、高齢者に優しいバリアフリーブロックを作りたい」などとまちおこしのアイデアも尽きず、「声を掛けてもらえたらやりたい」と意欲を示す。 在任中はほぼ毎日会議所に顔を出す“常勤会頭”だった。 ...
芋煮会開き会員交流 県高齢者福祉生活協 陸前高田で - 東海新報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉生活協同組合(上野孝雄理事長、会員1600人)の生きがい文化部による「芋煮会」は23日、陸前高田市広田町の産直グループ有限会社で開かれた。盛岡と気仙の会員らが参加して、手作りの芋の子汁や焼きサンマなどを囲んで会食。交流を深め合った。 ...
解体2日前「待った」 高齢者施設に再生 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
老朽化による取り壊しを工事直前に免れ、高齢者福祉施設として再出発する。町並み保存に取り組む地域住民が声をあげ、行政や民間業者も連携、寄付金を集めた手法は注目を集めそうだ。(寺西哲生) 「こんなに立派になって本当にうれしい」。保存運動に取り組んだ「有松 ...
実践的な介護学ぶ、30日に体験イベント/鎌倉 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
また、折り紙などのデイサービス体験や、介護ベッドや車いすといった福祉用具の展示体験コーナー、ケアマネジャーらによる福祉相談コーナーなども設置。介護保険の仕組みなどを解説する展示もあり、介護や保険制度を幅広く知ることができる。 午前10時~午後4時。 ...
古川町長が無投票3選/川俣町長選 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「誰もが安心して年をとることのできる町づくり」と、若者の雇用の確保や高齢者福祉の充実などにも力を入れるとしている。 中島村議補選(被選挙数2)は26日告示され、いずれも無所属で新顔の、鉄工所経営小室辰雄氏(58)と自動車整備業木村秋夫氏(57)の2氏 ...
2010年10月26日()
「Maru-Jan」麻雀ゲームによる認知症予防研究に着手 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
オンライン麻雀ゲームを提供している「Maru-Jan」(シグナルトーク 栢孝文代表取締役)が麻雀ゲームを使った認知症予防研究に着手、このほど研究者たちが集まり都内で会見を行った。 「Maru-Jan」ではかねてから「麻雀がボケ防止に良いらしい」いう声を ...
定額でいつでも訪問介護 12年度導入目指す - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は二十六日、二〇一二年度の介護保険制度改正で新たに導入を目指す「二十四時間地域巡回型訪問サービス」に関する有識者検討会の中間まとめを公表した。利用者が定額料金を支払えば、昼夜を問わず一日数回の訪問サービスを受けられることが柱で、重度の要介護者 ...
介護報酬を不正請求か?県が許可取り消し予告 - 熊本日日新聞 (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
県高齢者支援課によると、老健施設の許可取り消し処分が確定すれば県内初で、全国で3例目。入所者の受け入れ先が決まれば、正式に処分する方針。 県が監査した結果、2004年12月から07年2月までのうち、2年間で約2億6600万円が不正請求されたことが分かっ ...
暮らし「悪くなった」56% 県政への要望「高齢者福祉」が1位 2010年度県政世論調査 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
県政に対する要望では2年ぶりに「高齢者福祉対策」が最多となった。 福田富一知事は同日の定例会見で、「悪くなった」が前年度より減少したことを受け、「リーマン・ショック後の景気の落ち込みが一段落したのではないか」と分析した上で、「県としては来年度から次期 ...
認知症高齢者5人に1人財産被害 - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症などで判断力の衰えた高齢者が老後の蓄えをだまし取られる被害が相次ぎ、5人に1人が何らかの財産被害を受けていることがNHKなどのアンケートで明らかになりました。悪質業者から高額な商品を購入させられたり、家族や近所の人に年金を使い込まれたりするなど、 ...
介護施設に440万円支払い判決 岡山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
判決で工藤裁判官は「男性が自ら浴室に入ったことで事故は起きたが、徘徊傾向は以前からあり、危険性を予測できた。浴室の扉などを施錠すれば事故は起きなかった」として、施設側の過失を認めた。 判決では、男性は平成17年4月、同所の天神介護老人保健施設に入所。 ...
福祉用具の貸与を保険適用 自宅療養の末期がん患者に - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は26日までに、自宅療養している末期がん患者の介護保険サービスに関し、要介護度にかかわりなく、介護用ベッドや床ずれ防止マットなどの福祉用具の貸与を保険適用するよう都道府県や市町村に通知した。 27日に全国の都道府県向けの介護担当者会議で説明 ...
24時間巡回、定額制の介護訪問サービス 厚労省が提唱 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
2012年度の介護保険制度改正の目玉となる24時間巡回型の訪問サービスについて、厚生労働省の有識者会議は26日、素案をまとめた。介護が必要な人の在宅生活を支える狙いで、1日複数回の定期訪問と緊急時に30分以内に対応することが柱。料金は定額制とすることを ...
奄美豪雨、緊迫の119番通報を公開 - TBS News (媒体での記事掲載終了)
あのですね、西仲間の後ろに、グループホームわだつみ苑があるが、雨で1階部分がつかって、中から人がなんとか出てきた」(通報者) 女性2人が亡くなった住用町のグループホーム「わだつみ苑」。電話の主は、わだつみ苑の職員から助けを求められた近所の女性です。 ...
介護報酬を不正請求許可取り消しへ - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
宇城市の介護老人保健施設などが定員の超過や架空の入所や退所により不正に介護報酬を受け取っていたとして、県は関係施設の許可取り消しを予告しました。不正受給額は2億6000万円に上るということです。介護老人保健施設の許可取り消し処分は県内では初めて、全国 ...
要介護でもサービス利用せず - NHK (媒体での記事掲載終了)
介護が必要な状態にもかかわらず、介護保険のサービスを利用していない1人暮らしの高齢者が少なくとも3万8500人に上ることが、NHKが行ったアンケート調査で初めてわかりました。厚生労働省は「介護サービスにつなげる対策を探りたい」と話しています。 ...
24時間訪問介護、医療との連携体制求める 厚労省検討会 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省の検討会は26日、24時間必要なときに使える訪問介護サービスの骨格を盛り込んだ中間報告をまとめた。事業所に介護職員と看護職員を配置するなど、介護と医療が連携できる体制の検討を求めた。利用者の負担を軽減するため、定額で一定量のサービスを使える仕組み ...
“減築”自治体関係者が視察 - NHK (媒体での記事掲載終了)
また、隣の棟では2つの空き部屋の間の壁を取り除いて1つの広い住居にし、高齢者に配慮したバリアフリーの改修も行われています。さらに、空き部屋を利用してつくった入居者が集まる共用のテラスなどもあり、視察に訪れた人たちに紹介されていました。 ...
24時間訪問介護を定額で提供 厚労省が新制度の骨格案発表 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
厚労省は26日、平成24年度からの導入を目指す介護保険の「24時間地域巡回型訪問サービス」について、制度の骨格案を発表した。ヘルパーが定期的に自宅などを訪問するとともに、必要に応じて夜間でも30分以内に駆けつけるサービスを定額制の利用料で提供する。28 ...
奄美豪雨災害 2人が死亡した高齢者施設からの119番通報公開 「患者が浮いた状態」 - FNN (媒体での記事掲載終了)
奄美大島の豪雨の中で交わされた緊急通報の切迫したやり取りが26日に公開された。2人が命を落とした高齢者施設をめぐるSOSだった。 消防本部に入った119番の声は「西仲間の後ろにグループホームわだつみさんがあるんですけど、今、ちょっと雨で1階部分が漬かって、職員の ...
老人福祉施設協議会と防災協定 和歌山県 - 紀伊民報 (媒体での記事掲載終了)
災害時に高齢者や障害者など要援護者の安否把握や受け入れをしてもらおうと和歌山県は25日、県老人福祉施設協議会と防災協定を結んだ。全国初の試みという。協定には平常時の要援護者や子どもの見守り活動も盛り込んだ。 協議会には特別養護老人ホームやケアハウスなど ...
シグナルトークは10月26日、麻雀ゲームと認知症の関係について調査研究を開始することを発表した。 シグナルトークは10月26日、麻雀ゲームと認知症の関係について調査研究を開始したと報告した。これは、全国の介護予防事業などで、麻雀による認知症予防効果が注目され、 ...
今日の高齢者は昔よりも頭がよい、そのため認知症のリスク特定が困難 - スラッシュドット・ジャパン (媒体での記事掲載終了)
研究チームのSimoa Sacuiu博士曰く、「1901~1902年生まれの70歳では、知能テストの結果から認知症のリスクの高い人を特定することが出来たが、1930年生まれの70歳では全くそのリスクを特定することができなかった」とのこと。 研究者らによると、1930年生まれの70歳は昔 ...
施設に入所する高齢者に木やりやはしご乗りを楽しんでもらおうと、県鳶(とび)工業会は24日、東金市家徳の特別養護老人ホーム、ゆりの木苑(浅井邦彦理事長)など同市内の高齢者福祉施設を慰問した。 同会は毎年、建設業のイメージアップと高齢者に楽しんでもらう ...
麻雀ゲームと認知症の関係について、調査研究を開始 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢孝文、東京都大田区)は、10月26日(火)、麻雀ゲームと認知症の関係について、調査研究を開始します。 本研究は、全国の介護予防事業等で、麻雀による認知症予防効果が注目されて、多くの自治体で実施され、効果をあげている ...
認知症につながる危険な物忘れとは!? - テレビドガッチ (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
今回は「認知症につながる危険な物忘れタイプ診断スペシャル」と題してお送りする。 覚えていたはずの言葉を忘れてしまう、やろうとしていたことを忘れてしまう...などなど誰にでも経験がある物忘れ。しかし、あなたは知っていますか?物忘れの中には「心配ない物忘れ」 ...
市長とランチ 「認知症理解を」市民ら意見交換 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
本年度3回目の開催となった今回は、鐺山町の公益社団法人「認知症の人と家族の会」県支部(金沢林子代表世話人)のメンバー10人が参加。「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」をテーマに、意見交換した。 参加者は「介護とは何かを家族が理解していないケース ...
2010年10月25日()
慢性的な看護・介護職不足 ハローワーク川崎で来月に面接会 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
慢性的な看護・介護職不足を打開しようと、ハローワーク川崎(川崎市川崎区)で11月12、24、25日に面接会がある。育児や介護などで離職を余儀なくされた看護師らに復職の機会を提供するのが主な狙いで、市内の主な病院などが相談に応じる。 ...
老人ホームを避難所に 県、施設協議会と協定締結 和歌山 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県老人福祉施設協議会と県は25日、地震や津波などの災害発生時に、老人福祉施設などが地域住民の避難所となる防災協定を締結した。また、ふだんも近隣のお年寄りや子供の見守りを実施していくとしており、県によると災害時以外にこうした活動を行う協定は全国的にも ...
人にやさしいガイドブック - 東海日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
田原市は、車いす対応のトイレなど市内のバリアフリー施設を案内する「たはらお出かけガイドブック」の改訂版を作製した。 同市「人にやさしい街づくり推進計画」の一環で、高齢者や障害者が安心して外出できるように、公共施設などのバリアフリー情報を地図形式で紹介 ...
在宅診療やバーチャルオフィスに活用、サイボウズが「サイボウズLive」の事例を紹介 - ITpro (媒体での記事掲載終了)
そのため、医師、訪問看護スタッフ、ケアマネージャー、介護ヘルパー、訪問入浴スタッフなどが密に連携する必要がある」(同クリニック 院長の朝比奈完氏、写真1)。 朝比奈院長は、クリニック、訪問看護ステーション、ケアマネージャーオフィス、訪問介護ステーション、 ...
高齢者の介護において食べる機能が低下した人の食事は、食材を「やわらかく調理」「細かく刻む」「トロミ調整食品などを使用」するなど様々な対応が必要だとか。しかしこうした調理方法では、「手間がかかる」「外観を損なう」「特有の風味がする」うえ、加水することなど ...
介護分野で県内初の特例子会社 MCSハートフル - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大宮公共職業安定所(ハローワーク大宮)は、グループホームの巡回清掃などを行うMCSハートフル(本社・さいたま市、今野雅彦社長)を、介護事業を手掛けるメディカル・ケア・サービス(同、山崎千里社長)の障害者雇用にかかわる特例子会社に認定した。 ...
介護中の母殺害図った疑い、50歳息子を逮捕 愛知 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護していた母親の口をふさぎ、窒息死させようとしたとして、愛知県警半田署は25日、殺人未遂の疑いで同県半田市美原町、無職、大迫太郎容疑者(50)を逮捕した。母親は病院に運ばれた後に死亡。同署は詳しい死因を調べている。 半田署によると、大迫容疑者は「母親 ...
社会福祉法人に賠償命令 認知症男性浴室で死亡 岡山地裁 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
社会福祉法人「天神会」(岡山県笠岡市)が経営する老人保健施設に入所していた認知症の男性(81)が施設内の浴室で死亡したのは職員の注意義務違反だとして、男性の遺族が約3500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁は25日、天神会に約440万円の ...
ルノン(株)は、11月10日(水)~12日(金)にホテルグランヴィア岡山にて開催される「第21回全国介護老人保健施設大会」の併設展示会に、「空気を洗う壁紙」を出展する。 「空気を洗う壁紙」の消臭機能を中心に同施設のオーナーや責任者らに訴求する。
ロコモを知っていますか? - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
筋肉、関節、骨などの運動機能が衰え、将来、寝たきりになるリスクの高い状態になることをロコモと呼ぶ。 たとえば腰が痛いとどうしても動かなくなる。身体を動かさなければ肥満になる。肥満になれば膝が痛くなる。膝が痛いとさらに動かなくなる。これがロコモ連鎖という ...
個人が住宅を建てる際、地球環境を意識し、少子高齢化社会を前提として、「省エネ性能」「バリアフリー」「ロングライフ」を追求することが当たり前になってきた。その背景には、日本の住宅政策が「フロー型」から「ストック型」へと、大きく舵を切ったことが大きい。 ...
フランスベッドが一段安、通期営業益半減で売り先行 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
一時東証1部の下落率4位に顔を出している。22日に2011年3月期通期の連結業績予想を下方修正し嫌気された。 営業利益は従来予想の18億円から9億7000万円にほぼ半減する。介護福祉関連向けのメディカルサービス事業は順調に推移しているが、インテリア健康事業で円高に伴う ...
【中国時報】台北に高齢者専用住宅 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
プールやサウナなどホテル並みの施設を利用できるほか、専属の医師が住民の健康管理をする。 同生活館のほかにも、潤泰グループが建設した台湾初の五つ星クラスの老人ホームは、2006年の開業以来、入居率は95%を維持する人気。通院の送迎や付き添いなどのサービス ...
登米版事業仕分け 「廃止」判断は3件 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
「廃止」と判断されたのはほかに、一人暮らしの高齢者らの布団などを洗う寝具等洗濯乾燥消毒サービス事業と、高齢者の住宅の改修に助成金を出すバリアフリー住宅普及促進事業。外部委員は「事業の中身は評価するが、類似の事業と統合すべきだ」などと評価の理由を説明した ...
2010年10月24日()
ロボットが、次の行動優しく助言 認知症高齢者用に開発 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
軽い認知症がある高齢者のサポートを目指し、国立障害者リハビリテーションセンターを中心とした研究グループが開発した。 薬を飲む時間や玄関の呼び鈴が鳴ったとき、外出予定があって準備が必要なときなどに、NEC製のコミュニケーション ...
第2901号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
中村 ロコモは,骨や関節,筋肉,神経などが衰えて運動器に障害が生じ,要介護や寝たきりになってしまうこと,またはそのリスクが高い状態のことを指します。全身の状態から要介護のリスクを見つけ,早めに対策を始めることを目的として提案しました。 ...
認知症への意識向上を 大牟田市で徘徊模擬訓練 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化が進む大牟田市で24日、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)して行方不明になった場合を想定した徘徊模擬訓練が市内14校区で実施された。 同市の高齢化率は29・7%で、地域の見守り活動の意識向上や緊急連絡網の確認が狙い。 白川校区の訓練には、徘徊者役 ...
可児市長に冨田氏初当選 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
岐阜県可児市長選は24日投開票され、無所属新人で元県総務部長の冨田成輝氏(57)=民主推薦=が、元県ぎふ清流国体推進局長の近藤登氏(56)を破り、初当選した。 4期務めた現職の山田豊市長(78)が引退し、16年ぶりに新市長が誕生。冨田氏は高齢者福祉の ...
鹿児島・奄美豪雨災害 グループホームに大量の濁流が流れ込んだ際の様子が撮影される - FNN (媒体での記事掲載終了)
映像は、奄美市で大雨に見舞われた際、グループホーム「住用の園」の山田事務部長が撮影したもの。 山田さんによると、10月20日昼すぎ、当時、園内にいたおよそ120人の高齢者の避難を済ませたあと、撮ったものだという。 「住用の園」の内部には、濁流が流れ込んでいる ...
「うつ病、卒業できる」 尾道俳優・小山明子さん講演 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
映画監督大島渚さんの妻で俳優の小山明子さん(75)が「介護うつを越えて~夫を支えた15年」と題して講演した。約600人が熱心に耳を傾けた。 大島さんは1996年に脳出血を発症。小山さんは介護による疲れや不安からうつ病を患い、一時は15キロもやせた経験 ...
市区町村など自治体が提供する、子育てや介護、住まいや就職など多岐に渡る行政サービスは、様々な利用者にとって身近なサービスであるにもかかわらず、今までは情報をわかりやすく提供するサービスがあまりなかった。特にインターネット上での情報提供は、まだごく限られ ...
2010年10月23日()
セコムグループの介護付有料老人ホーム「アライブかながわ」が入居者を募集 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
鶴巻温泉病院で介護主任を務めたのち、就任。 介護付有料老人ホーム「アライブかながわ」が入居者を募集している。 同ホームを運営するのはセコムグループの(株)アライブメディケア(本社・渋谷区)。都内世田谷や杉並、目白などの高級住宅街を中心に施設を展開。 ...
県は20日、須坂市役所で社会福祉(高齢者福祉)に功績のある須坂市水道工事協同組合(大井教雄理事長、13社)に「知事表彰」を贈った。平成7年から毎年、市水道局と共催で市内の独り暮らし高齢者宅を訪問して給水装置の点検や軽微な修理を無料で実施し、平成18年からは ...
高齢者施設コンサルティングの株式会社エイジプラス、高齢者住宅博2010in神戸を開催 - ベンチャープレス (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームや、高齢者施設の紹介を行っている株式会社エイジプラス(本社:大阪市中央区、代表取締役 植田秀一)が(http://65110.jp/ http://www.ageplus.jp/)グループ企業の株式会社メディアマックスhttp://www.mediamax.jp/(本社:大阪市中央区、代表取締役 安藤憲一) ...
横須賀市の事業仕分けスタート、高齢者福祉サービスでも厳しい評価目立つ/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
市民生活に直結する高齢者福祉サービスでも「不要」や「要改善」という厳しい評価が目立ち、仕分け人が「現行通り」としたのは20事業のうち1事業だけだった。 仕分け作業は2会場ともコーディネーターの仕切りで5人の仕分け人が説明者の市職員と議論。 ...
室内で硫化水素発生 堺の2男性死因判明 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
堺市中区小阪の市営住宅で男性2人が死亡した火災で、西堺署は23日、司法解剖の結果、死因について、火元の部屋に住む無職、浜田武さん(69)が一酸化炭素中毒、隣の6畳間で倒れていた介護会社経営の豊田康弘さん(80)=堺市南区原山台=が硫化水素中毒だったと ...
文化記録映画大賞に「ただいま」 都内で贈呈式 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
文化庁は、優れた文化記録映画などを表彰する2010年度文化庁映画賞の文化記録映画大賞に、介護の現場で働く人々に密着した大宮浩一監督の「ただいま それぞれの居場所」を選び、23日に都内で贈呈式を行った。 「ただいま」は、理想の介護をしようと施設を開設した人 ...
文化記録映画大賞に「ただいま」 都内で贈呈式 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
文化庁は、優れた文化記録映画などを表彰する2010年度文化庁映画賞の文化記録映画大賞に、介護の現場で働く人々に密着した大宮浩一監督の「ただいま それぞれの居場所」を選び、23日に都内で贈呈式を行った。 「ただいま」は、理想の介護をしようと施設を開設した人 ...
さわやか介護セミナー 介護のこつなど学ぶ - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
「スミセイさわやか介護セミナー」(住友生命社会福祉事業団・佐賀新聞社主催、住友生命保険佐賀支社協賛)が23日、佐賀市の佐賀新聞社などで始まった。約150人が参加。初日はフリーアナウンサー小谷あゆみさんの講演や介護実習を通して、つらい介護を乗り切るこつ ...
認知症介護、ひとりで悩まないで 「家族の会」が電話相談 - 埼玉新聞 (媒体での記事掲載終了)
お年寄りの人数が増えるとともに、認知症を患う人の数も年々増加している。県内の認知症高齢者は2005年で推計6万8千人、10年は9万人。25年には約13万人に達すると見込まれる。認知症介護に向き合う家族を支えるのが、介護経験者でつくる「認知症の人と家族の ...
介護事業者、緊急連絡端末を廃棄 16億円分が無駄に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で要介護者が夜間の緊急時に連絡すれば訪問介護サービスを受けられる事業について、利用率が低いとして、全国58自治体の49事業者が要介護者に配る連絡用の「ケアコール端末」を放置または廃棄していたことが23日までに会計検査院の調査で分かった。 ...
奄美豪雨被害ルポ ごう音、家中に土砂「思い出ぐちゃぐちゃに」2010年10月23日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
グループホームの入所者2人が亡くなった奄美市住用(すみよう)町。奄美体験交流館には被災した多くの住民が避難している。 帰宅のめどが立たず、避難生活を続ける住民らには疲労の色がにじむ。高齢者は健康状態の悪化が懸念され、陸上自衛隊が島内の医療施設に搬送した ...
介護に疲れ名古屋城で娘殺害 82歳男に懲役6年判決、名地裁 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、長女を主に介護していた妻=当時(83)=が犯行10日前に急死し、石黒被告が「これ以上介護を続けるのは無理」と思い込んだ点を「同情できる」と評価、刑を減軽した。 公判で検察側は「妻の死後数日で介護を放棄した短絡的犯行で同情の余地は乏しい」と主張。 ...
2010年10月22日()
堺市営住宅で火災 2人死亡 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
焼け跡から浜田さんが遺体で発見され、別の部屋から堺市南区原山台の介護会社経営、豊田康弘さん(80)も倒れているのが見つかったが、まもなく死亡した。 西堺署によると、浜田さんは1人暮らし。浜田さんが倒れていたベッド脇から液体入りのポリタンクが見つかったと ...
【飛躍カンパニー】iPhoneで介護記録 現場の負担軽減 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
システム開発のユニバーサルソリューションシステムズは、高機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」で介護記録を入力できるシステムを業界で初めて開発、年内にも販売を始める。同社は携帯情報端末などによる介護記録システムをすでに実用化し、400施設以上の ...
接客向上へ認知症の特徴学ぶ、郵便局長ら35人/横須賀 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
横須賀市内の郵便局職員を対象にした認知症サポーター養成講座が22日、同市日の出町のヴェルクよこすかで開かれ、局長ら35人が参加した。 横須賀三春郵便局(同市三春町)が、認知症に対する理解を深め、適切な接客方法などを学ぼうと企画。同郵便局近くの本庁第2地域 ...
会計検査院調べ、介護通報端末で16億円無駄 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、要介護者が夜間の緊急時に通報すればホームヘルパーの介護が受けられる夜間対応型訪問介護事業をめぐり、全国58自治体の49事業者が、要介護者に配るケアコール端末を、低調な需要を理由に廃棄したり、倉庫に放置したりしていたことが22日、会計検査院の ...
高齢者施設コンサルティングの株式会社エイジプラス 『高齢者住宅博2010in神戸』開催のご案内 - ValuePress! (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
有料老人ホームや、高齢者施設の紹介を行っている株式会社エイジプラス(本社:大阪市中央区、代表取締役 植田秀一)が(http://65110.jp/ http://www.ageplus.jp/)グループ企業の株式会社メディアマックスhttp://www.mediamax.jp/(本社:大阪市中央区、代表取締役 安藤 ...
介護緊急通報端末で16億円無駄 夜間需要伸びず、49事業者 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度で、要介護者が夜間の緊急時に通報すればホームヘルパーの介護が受けられる夜間対応型訪問介護事業をめぐり、全国58自治体の49事業者が、要介護者に配るケアコール端末を、低調な需要を理由に廃棄したり、倉庫に放置したりしていたことが22日、会計検査 ...
大和ハウス工業 セラピー用アザラシ型ロボット発売 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・介護施設や個人向けに販売する。アニマル・セラピー効果の代用として、ストレス軽減や元気づけといったロボット・セラピー効果を広めていく。 1993年に産業技術総合研究所がロボット・セラピーを提唱して研究開発を開始。知能システムにライセンスを与えて2005年 ...
重複する介護事業があるのに… 利用者低調で16億円が無駄 会計検査院 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
夜間に訪問介護を行う事業者に厚労省が市町村を通じてケアコール端末機の購入、リース料などを交付する「地域介護・福祉空間整備推進交付金」で実施された介護事業の実績が低調で、会計検査院が調査した73市区の65事業者101事業所に交付された補助金計約16 ...
リフォーム訪問販売、トラブル再び増加 悪質業者参入か - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症の高齢者や知的障害のある人などを狙って不必要な工事を契約させるなど、住宅リフォーム工事を巡る訪問販売トラブルが今年度、再び増加傾向にある。住宅エコポイント制度を活用したリフォーム市場の拡大を背景に、悪質業者が参入している状況がみられ、国民生活 ...
求人・転職サイト「ジョブナス介護」終了のお知らせ - インターネットコム (媒体での記事掲載終了)
株式会社PR TIMES(代表取締役:山口拓己、以下PR TIMES)が運営する成果報酬型求人・転職サイト「ジョブナス介護」を、2010年10月29日をもって終了することとなりましたのでお知らせいたします。 PR TIMESは本サービスを、介護に特化した求人・転職サイトとして運営して ...
高齢者大学OB「富の会」 老人施設訪問50回目 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
各地の老人福祉施設を訪問している平均年齢75歳のパフォーマンスグループ「富の会」(傍示悟会長)が20日、50回目の公演を迎えた。一から始めた芸の数々は足かけ5年ですっかり板につき、入所者に笑顔を届けている。 メンバーは県高齢者大学の13期生 ...
ホーム勝利で車いす 施設にブレックス安斎選手 宇都宮 - 下野新聞 (媒体での記事掲載終了)
【宇都宮】市を拠点にするプロバスケットボールチーム、リンク栃木ブレックスの安斎竜三選手(29)は20日、市内の高齢者福祉施設3カ所を訪問し、車いすを1台ずつ寄贈した。 車いす寄贈は安斎選手が進める福祉プロジェクト。チームスポンサーで福祉用品を ...
鹿児島・奄美豪雨 土砂崩れにより、避難や救援活動が妨げられる - FNN (媒体での記事掲載終了)
高齢者2人が死亡した住用町(すみようちょう)にあるグループホーム「わだつみの苑」では、机の上に食べかけの食事が残されていて、当時、一気に泥が押し寄せてきたことがわかる。 住用町は午前11時半現在、天気は曇りで、時折、小雨がぱらつく状態。 ...
奄美豪雨 離島の防災に大きな教訓 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
奄美市ではグループホーム入所者の女性2人、龍郷(たつごう)町でも裏山が崩壊して女性1人の死亡が確認された。さらに、学校で児童生徒が下校できなくなるなど、各地で避難した住民が孤立した。 NTT西日本によると、奄美市と瀬戸内町で約1万2千回線が不通となり、 ...
介護予防通所介護施設「悠悠(ゆうゆう)いきいき倶楽部(くらぶ) 丸屋家具」を長野県に開設 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
フランスベッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:池田茂)は、要支援者を対象とした介護予防通所介護施設(デイサービスセンター)「悠悠いきいき倶楽部 丸屋家具」を長野県塩尻市に2010年11月1日(月)オープンします。今回はフランスベッドとして ...
「若年性認知症」介護をサポート 本年度から県コーディネーターを認定 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は本年度から、65歳未満に発症する「若年性認知症」の支援に取り組んでいる。働き盛りの人に発症し、付き添う家族にも大きな負担がかかるが、介護現場での認識は十分とはいえない。同症の介護に実績のある鈴鹿市の民間事業者を「支援コーディネーター」に認定し、介護 ...
老人クラブの会員増に“長年の知恵” 浜松・中区で代表者らが研究会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市高齢者福祉課によると、市内の老人クラブ数は435、会員は2万5918人(6月1日現在)。2006年に比べ、クラブは32、会員は3027人減った。老人扱いされるのを敬遠する高齢者心理が背景にあるという。 研究会ではJRKクラブ寿楽会(東区)の須藤烝男 ...
赤色をオレンジ色に/色覚障がい者が見やすいカレンダー - 日刊!目のニュース (媒体での記事掲載終了)
こういった色覚障がいにより見えにくいとされている、赤色をオレンジ色に変えるなどの工夫を取り入れたユニバーサルデザイン(UD)対応カレンダーを佐賀県鹿島市にある松浦印刷が制作しました。 佐賀新聞によると、カレンダーは色覚障害者には黒く見える赤色→オレンジ色で ...
2010年10月21日()
「就職に有利」専門学校の人気再燃 6年ぶり学生数増加 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護福祉士や作業療法士などの国家資格が取れる学科を持つ東京福祉専門学校(東京都江戸川区)では、今春の入学者(通信学科を除く)が前年より3割増えた。 介護福祉士科(3年制)の石澤恵子さん(19)=東京都江東区=は都立高からストレートで進学した。 ...
【続・息子とふたり 妻を介護してみたら】(中)落語を聞きに行ったが - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
介護生活では楽しいと思ったり、おかしいと笑えるようなことはめったにないが、介護の試行錯誤をする中で、妻の免疫を上げたくて、先日、某上方落語家の落語を一緒に聞きにいった。笑うと免疫力が上がるというのを実地に試してみたいと思った。 車いすの席の確保など、 ...
奄美豪雨2000人以上孤立 高齢女性死者3人に 記録的雨量977ミリ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
グループホーム「わだつみ苑」(奄美市住用町)に取り残された入所者九人のうち、施設内に流れ込んだ濁流に浮いているのが見つかり、死亡が確認された女性二人の身元は県警の調べで池ヒサさん(90)、永スエさん(87)と判明。死因はいずれも水死だった。 ...
都の11年度予算要求、一般会計は6兆2000億円 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険関連など福祉分野で要求額が増えたが、羽田空港の新滑走路完成などに伴って減額した公共事業があり、一般会計の要求額は10年度当初予算並みの6兆2660億円となった。低所得者や雇用対策を拡充する新規事業を盛り込む一方、築地市場(東京・中央)の移転予定地の ...
「陳皮」に認知症予防効果か - NHK (媒体での記事掲載終了)
ミカンの皮を乾燥させた漢方薬「陳皮(ちんぴ)」にアルツハイマー病の発症を抑える可能性があることを東北大学の研究チームがマウスを使った実験で明らかにしました。 東北大学薬学研究科の山國徹准教授の研究チームは、ミカンの皮を乾燥させた漢方薬、「陳皮」には神経 ...
リフォーム“トラブル注意” - NHK (媒体での記事掲載終了)
悪質な住宅リフォーム工事のトラブルが最近になって再び増え始め、中でも認知症のお年寄りが被害にあうケースが目立つとして国民生活センターが注意を呼びかけています。 国民生活センターによりますと、ことし4月から9月までに全国の消費生活センターなどに寄せられた ...
思わぬ医療の繋がり... 救急搬送の改善には... - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
実は、その背景には軽度な患者の救急車利用だけでなく、病院の療養病床不足と大きな関係があります。大都市部では、長期入院治療を要する患者のための療養病床が決定的に不足しており、救急車の現場滞在時間が30分もかかるという現況に繋がっています。 ...
いきいき介護フェア - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
介護保険の仕組みやサービス内容、介護予防について知ることのできる「鎌倉市いきいき介護フェア2010〜健やかに生きる鎌倉びと 食・体(からだ)心〜」が10月30日(土)に開催される。会場は市福祉センター(御成町)。 午前10時から午後4時。入場無料、入退場自由。 ...
認知症の人が安心できる町へ - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の人への理解を深める介護家族交流会と講演会が11月7日(日)、寒川町健康管理センターで開かれる。「公益社団法人認知症の人と家族の会神奈川県支部」と寒川町の共催。 同催しは11月11日の「介護の日」に合わせて企画されたもの。認知症の人が安心して暮らせる町 ...
神奈川県が総額379万円を誤徴収、逗子市の3医療法人から不動 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
県は21日、逗子市内の3医療法人がグループホームなどの介護施設を取得した際、地方税法上は非課税の不動産取得税を誤って課税し、総額379万円を徴収していたと発表した。逗子市が同施設の固定資産税を誤徴収していた問題を受けて判明。県は計約100万円の還付加算金 ...
特養介護職も医療的ケア 看護師対象に実技研修 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームの介護職員も医療的ケアができるようにするため、京都府は21日、府内の特養ホームに勤務する看護師を対象に、介護職員への指導のための実技研修を京都市上京区の府庁など府内5施設で始めた。 たん吸引などの医療的ケアは、以前は医師や看護師しかでき ...
奄美豪雨、死者3人に 道路・通信網寸断、2千人孤立か - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
秋雨前線の影響で、鹿児島県奄美地方は20日に1時間に130ミリを超える局地的な豪雨が降り、グループホームの入所者ら高齢の女性3人が死亡した。避難指示・勧告の対象は奄美市や同県竜郷町などで計約2800人に上り、道路の寸断で集落などの孤立が21日も続いた。 ...
学校統合に伴う跡地利用については、八潮南中跡を改修して特別養護老人ホームとグループホームを来年5月に、平塚小学校跡地を活用し、文化芸術・スポーツ活動施設を2013年3月に、それぞれオープンする予定。 品川経済新聞は、品川カブの今後の可能性について質問。 ...
37話では、自分が認知症を患っていることを知った英祖の苦しみが、38話では、思悼世子への誤解が解けたあとの悔恨の念に涙する英祖の姿が一番の見どころとなっている。 英祖は最近の物忘れのひどさに自ら認知症を疑っていた。主治医を問い詰めても言葉をにごすばかり。 ...
神奈川県が総額379万円を誤徴収、逗子市の3医療法人から不動産取得税/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
県は21日、逗子市内の3医療法人がグループホームなどの介護施設を取得した際、地方税法上は非課税の不動産取得税を誤って課税し、総額379万円を徴収していたと発表した。逗子市が同施設の固定資産税を誤徴収していた問題を受けて判明。県は計約100万円の還付加算金 ...
高齢者向け賃貸の改修助成 国交省、補正予算案に計上 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は21日、高齢者や子育て世帯、障害者らが入居する民間の賃貸住宅の所有者に対し、耐震改修や省エネ、バリアフリー化などのリフォームに掛かった費用の一定割合を国が直接助成する仕組みを本年度の補正予算案に盛り込む方針を決めた。来年3月末までの措置と ...
高齢者向け賃貸の改修助成 国交省、補正予算案に計上 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は21日、高齢者や子育て世帯、障害者らが入居する民間の賃貸住宅の所有者に対し、耐震改修や省エネ、バリアフリー化などのリフォームに掛かった費用の一定割合を国が直接助成する仕組みを本年度の補正予算案に盛り込む方針を決めた。来年3月末までの措置と ...
高齢者向け賃貸の改修助成 国交省、補正予算案に計上 - 47NEWS (プレスリリース) (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
国土交通省は21日、高齢者や子育て世帯、障害者らが入居する民間の賃貸住宅の所有者に対し、耐震改修や省エネ、バリアフリー化などのリフォームに掛かった費用の一定割合を国が直接助成する仕組みを本年度の補正予算案に盛り込む方針を決めた。来年3月末までの措置と ...
行刷会議、規制・制度改革論議4カ月ぶり再開 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
従来の医療・介護、環境、農林・地域活性化の各分野に加え、新たにインサイダー取引規制など経済・金融分野の規制見直しも検討していくことを決めた。今回から分科会の民間委員のトップに住友商事の岡素之会長が就いた。 今後は分科会の下に設置したワーキンググループ ...
理化学研究所、脳血管内皮細胞特異的なアミロイドβ前駆体タンパク質を発見 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病は、最も代表的な老人性認知症疾患で、脳実質にAβが蓄積することが原因で発症すると考えられています。一方で、実に9割近いアルツハイマー病患者で、脳血管壁にもAβが蓄積することが確認されています。Aβは、APPが2種類のプロテアーゼで切断され ...
奄美豪雨 屋上から「助けて」 2人死亡の高齢者施設 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
濁流が押し寄せ、高齢の入所者9人のうち女性2人が犠牲になったグループホーム「わだつみ苑」(奄美市住用町)。地元消防への取材で、ホーム職員が濁流に流されながらも消防に急を知らせた避難時の緊迫した状況が分かった。 「施設が浸水してきた。9人を避難させたい」 ...
四年生は、総合学習で福祉について学習中。最近は高齢者の生活について調べており、講座を申し込んだ。講師を務めた市高齢福祉課高齢保健係の中村繁美係長ら四人は、パワーポイントや寸劇で、病気の症状や認知症の人の気持ちを分かりやすく説明した。 ...
脳血管内皮細胞特異的なアミロイドβ前駆体タンパク質を発見 - 理化学研究所 (媒体での記事掲載終了)
アルツハイマー病は、最も代表的な老人性認知症疾患で、脳実質にAβが蓄積することが原因で発症すると考えられています。一方で、実に9割近いアルツハイマー病患者で、脳血管壁にもAβが蓄積することが確認されています。Aβは、APPが2種類のプロテアーゼで切断されて生じる ...
奄美大雨災害 がれきで復旧作業難航 住用町地区の孤立状態続く - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
一方、床上浸水で入所者が近くの居酒屋に避難したが、2人の死亡が確認された住用町の「グループホームわだつみ苑」。大島地区消防組合によると、無事が確認された高齢の入所者7人のうち2人は水に長時間浸かっていたことで衰弱、酸素吸入の応急処置を取った。 ...
成年後見制度導入から10年、不正やまず求められる監督機能の強化 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
認知症や知的障害などで判断能力が十分でない成人を支援する成年後見制度。導入から10年が経過し、高齢化の進展もあって後見開始の申し立ては県内でも年々増えているが、成年後見人による財産の不正使用も相次いでいる。 横浜家庭裁判所によると、後見人に関する告発 ...
桑折町民生委員協で128万円の使途不明金 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
町によると職員は当時、福祉介護課に所属し町民生委員34人らでつくる同協議会の会計事務を担当。 現金や銀行の通帳を1人で管理していたが、17年12月ごろから20年4月の間に十数回にわたり現金を引き出すなどしていた。 1回当たり1万円から12万円程度で、19 ...
ほとんど山で成り立っていて平地が少ない。これだけの量が降ると一気に流れてくる。グループホームには高齢、認知症の人が住まれている。介助する間もなく冠水し溺死されたのが現実だと思う」 正木の話だと、雨は週末まで続きそうで、しばらく警戒が必要とのこと。 ...
障がい者アスリート 永易 雄(ながやす ゆう)選手の 雇用と活動支援について - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
永易選手にはロンドンパラリンピックを目指して競技生活を優先していただきながら、フジ住宅株式会社の一員として、車椅子使用者の目線で当社の分譲戸建住宅や土地有効活用事業の高齢者専用賃貸住宅“フジパレスシニア”のバリアフリーの商品企画等に参画していただきます。 ...