介護関連ニュース バックナンバー

> 親ケア ニュースの森 トップへ戻る
2010年09月20日()
最高齢ラクダ「ツガルさん」の世話体験 野毛山動物園 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
関節炎のためほとんど寝たきりだが、エサは後ろ脚は立ち上がり、前脚はひざを曲げた状態で食べる。飼育担当の櫻堂由希子さん(25)が「ツガルさん、ご飯だよ」と声をかけるが、この日はなかなか立ち上がらず、来園者から「頑張れ」と声援が飛んだ。 ...
長寿祝い県内各地でイベント - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
増加傾向にある認知症について学ぶイベントもあった。県によると、県内では本年度、201人(男27、女174)が100歳を迎える。 ○…認知症に対する啓発活動を行う上野原市のNPO法人「もっと・らくっと」は、上野原市もみじホールで敬老の日記念公演を開いた。 ...
「マッサージルーム ゆりの木」開設 視覚障害者を優先的に採用 - SankeiBiz (媒体での記事掲載終了)
同社では、寝たきりの人や通院が困難な人たちを対象に、利用者の自宅を訪れるマッサージ事業を展開。治療院でも、同事業で培ったノウハウを生かして訪問サービスも行っていく計画だ。 サービス価格は、30分2625円、60分5250円、90分7875円。 ...
介護施設の奉仕活動でポイント付与 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
対象は要介護認定を受けていない市在住の65歳以上の高齢者。登録すると、参加者に専用のスタンプ手帳が配られ、市が指定したグループホームや特別養護老人ホームなどで、清掃や施設利用者との交流といったボランティア活動を行う。 1時間の活動につき、スタンプ1個(1 ...
オランダのアルツハイマー協会によれば、認知症患者を介護する看護師の5人に4人が過労気味だといい、ストレスから開放されるためにプロの援助が必要だとしている。「介護人のほとんどが重労働を強いられている。しかし物理的かつ精神的な援助が得られればかなり負担が軽減 ...
敬老の日祝って歌って 我ら「金色」100歳超 大阪・豊中 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
「敬老の日」の20日、府内の各地でも高齢者の長寿を祝うさまざまなイベントが催された。また、高齢社会に向けて、生き生きとした生活を過ごす人を対象にした賞の授賞式も行われた。 豊中市上新田の高齢者福祉施設「豊泉家桃山台」では、入居者や介護サービスを受けて ...
認知症患者数、世界最多の600万人=受診率は2割未満―中国 - Record China (媒体での記事掲載終了)
2010年9月19日、中国の認知症患者は世界最多の600万人以上に上るが、うち適切な治療を受けている人は2割にも満たないことが分かった。上海紙・新聞晩報が伝えた。 9月21日は世界アルツハイマーデー。国際アルツハイマー病協会中国委員会(ADI-CHINA)の統計によると、 ...
認知症への理解求める 山形・世界アルツハイマーデーに合わせ - 山形新聞 (媒体での記事掲載終了)
世界アルツハイマーデー(9月21日)に合わせ、認知症の人と家族の会県支部(山名康子世話人代表)のメンバーらが20日、山形市内でリーフレットを配り、認知症への理解を求めた。 アズ七日町前で行われた街頭活動には、メンバーや大学生ら約20人が参加。 ...
113歳長谷川さんを祝福 国内の最高齢 佐賀知事訪問 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
「敬老の日」の20日、国内最高齢(113歳10カ月)の長谷川チヨノさん=佐賀県基山町=が入所する介護老人保健施設「あおぞら」で古川康知事の訪問を受け、祝い状などを受け取った。 古川知事が「ますますのご長寿をみんなでお祝いに来ました」と声を掛けると、 ...
成年後見制度とは、認知症などで判断能力が充分でないお年寄りが財産管理をしたり、不利な契約をするのを防ぐことが出来るよう司法書士などが後見人となり支援するものです。敬老の日のきょう、新宿区の司法書士会館には今年で8回目となる相談コーナーが設けられました。 ...
高齢者施設に別府温泉プレゼント - 大分放送 (媒体での記事掲載終了)
佐伯市では疲れを癒してもらおうと老人ホームのお年寄りに温泉が贈られました。 このイベントは別府市のボランティアグループが佐伯市長良の特別養護老人ホーム長良苑などの利用者に温泉に入ってリフレッシュしてもらおうと毎年「敬老の日」に行っているものです。 ...
【河合雅司の「ちょっと待った!」】 介護財政ピンチ 消費税議論を急げ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
年金、医療、介護をはじめとする社会保障制度の財源をどう捻出(ねんしゅつ)し、持続可能な制度へと改めていくのか。いま求められているのは具体的な解決策と実現に向けた実行力なのである。 例えば、現在、厚生労働相の諮問機関・社会保障審議会で見直し議論が進められ ...
国内最高齢長谷川さんを古川知事が訪問 敬老の日 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
入所する介護老人保健施設「あおぞら」で、帽子とちりめんの上着を羽織って車いすで姿を見せた長谷川さん。牛乳に浸すパンがゆをよく食べる長谷川さんのため、古川知事が有田焼の皿や佐賀農高生が育てたブドウなどをプレゼントすると表情を緩ませた。 ...
最高齢の長谷川さんお祝い 敬老の日、佐賀知事が訪問 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
国内最高齢の長谷川チヨノさん(113)=佐賀県基山町=が敬老の日の20日、入所している介護老人保健施設「あおぞら」で古川康県知事の訪問を受け、祝い状や有田焼のカレー皿など記念の品を受け取った。 古川知事が「ますますのご長寿をお祈りいたします」と ...
お年寄り、対象年齢引き上げ 敬老行事で府北部自治体 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
バリアフリー設備が整っている町の集会施設は280人程度が限界といい、「対象を絞らなければ、体育館などに敬老会を分散させなければならなかった」(住民生活課)。 与謝野町も合併後、旧町の名残で野田川町域だけが対象を70歳以上としていたが、「同じ町なのに一 ...
敬老の日 高齢者見守る仕組みを(9月20日) - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
所在不明問題を受け、菅直人首相は介護保険の目標に「孤立化するおそれのある高齢単身者や夫婦のみ世帯の生活支援」を加える考えを示した。実現を急いでもらいたい。 家族のつながりが薄れた理由はさまざまだろう。だが、背景に経済的事情を指摘する専門家もいる。 ...
人生のつまずき、どう乗り越えた 超先輩たちの体験は… - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「このまま寝たきりになりたいの」。看護師に言われて、はっとした。リハビリは涙を流すほど厳しかったが出場を果たせた。もうすぐ100歳だが、上を目指す気持ちは変わらない。 女性の最高齢は熊本県八代市の守田満さん(87)。人生で一番つらかったのは、20年前に ...
2010年09月19日()
100歳以上1435人、全員の所在確認 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉課によると、年度内に100歳になる771人のうち309人と直接面会できた。県内の高齢者男女上位5人ずつの計10人とも面会が出来たという。それ以外の100歳以上高齢者も、入居施設や医療機関への確認などをしたといい、面会を拒否した家族もいなかっ ...
100歳以上は551人、最高齢は108歳 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県内で暮らす100歳以上の高齢者が過去最多の551人にのぼることが、県高齢者福祉課の今月15日現在のまとめでわかった。その数は年々増え続け、この10年で2倍以上になった。 551人の内訳は男性78人、女性473人。2001年は男性43人、女性157人 ...
都老人研が成果 幹細胞で認知症を抑制 海馬に投与“掃除”促す - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし、今のところ治療法は薬物(ドネペジル塩酸塩、商品名・アリセプト)などで認知機能の低下を遅らせるぐらいしかない。 アルツハイマー病の患者は、脳にβアミロイドというタンパク質がたまった「老人斑(はん)」が見られるのが特徴だ。遠藤部長らは、アルツハイマー ...
施設慰問年200回、踊りや三味線披露 桜島の74歳川部さん - 南日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
鹿児島市桜島横山町の川部富子さん(74)は、三味線や踊りを披露するボランティアグループ「桜紅寿(さくらこうじゅ)会」をつくり、老人ホームなどの慰問活動を長年行っている。公演回数は県内外で年間約200回。自身も高齢ながら「一緒に元気に過ごしましょう」と、 ...
第2896号 - 週刊医学界新聞 (媒体での記事掲載終了)
ですから,当院では多くの場合,かかりつけの開業医や入所施設の担当者,ケアマネジャーなどに連絡し,内服薬やADLの情報を得るようにしています。 岩田 介護者が一緒に来てくれる患者さんはよいですが,独居の方も増えているので,有用な情報を短時間で得るのに苦心する ...
男40歳の不摂生、命もお金も損 高血圧などの影響調査 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
女性は傾向がばらつき、一貫した結果は出なかった。 研究代表者の東北大大学院の辻一郎教授(公衆衛生学)は「高血圧や高血糖などから起きる病気で要介護者になる例も多い。介護保険の費用も合わせれば、生涯にかかる費用の差はいっそう開くだろう」とみている。 ...
ソニー、初の首位 「働きやすい会社2010」本社調査 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
グローバル人材の育成など時代に即した社員教育を充実させた企業や、育児・介護に配慮し多様な働き方の実現に取り組む企業が高い評価を得た。 "プラス"付きは会員限定です。続きをお読みいただくには、電子版の登録が必要です。 ※ すでに電子版利用登録がお済みの方は、 ...
社員全員が認知症サポーター 地域でボランティア、日本財託 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
東京都内の中古ワンルームマンションの投資家向け販売や賃貸管理を手がける日本財託(東京都新宿区)は、グループを含む社員全員を認知症のサポーターとした。80代の4人に1人が認知症といわれる中、同社は「新しい形の社会貢献を行いたい」(重吉勉社長)と判断。 ...
漱石の子孫、夏目ひみかさんがライブ 松山 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
夏目漱石の子孫であるシンガー・ソングライター、夏目ひみかさん(25)=東京都=が18日来県し、松山市一番町3丁目の坂の上の雲ミュージアムでライブを開き、認知症問題をテーマにした歌「今から起きるキセキ」を初披露した。 夏目さんは漱石の次男伸六氏のひ孫。 ...
介護職員が無資格インスリン注射 入所者自分で打てず - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府箕面市が出資する社会福祉法人「あかつき福祉会」のケアホームで、介護職員が7年間にわたって、糖尿病の男性入所者に、無資格でインスリンを注射する医療行為をしていたことが府の調査でわかった。医師法などに違反する可能性があるとして、府は近く施設の立ち入り ...
介護施設で最期 5万人近くに - NHK (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームなど介護施設で亡くなった人は、去年1年間で5万人近くに上り、終末期の入所者に施設で最期を迎えてもらおうとする取り組みの広がりを受けて、この10年で2倍以上に増えていることがわかりました。 厚生労働省によりますと、去年1年間に死亡した人 ...
20日の「敬老の日」を前に、県は100歳以上の県内高齢者は1435人(9月1日現在)と発表した。昨年より122人多く、過去最多を更新した。県内最高齢者は八千代市の女性で111歳。男性最高齢者は106歳の森千代吉(流山市)さん。 県高齢者福祉課によると、 ...
認知症の理解求め県内5カ所で啓発活動 - 陸奥新報 (媒体での記事掲載終了)
9月21日の世界アルツハイマーデーにちなんで、認知症の人と家族の会県支部(石戸育子世話人代表)は18日、弘前市など県内5カ所でチラシ配布などの啓発活動を行った。 世界アルツハイマーデーはイギリスに本部を置く国際アルツハイマー病協会が認知症の人や介護者の ...
高齢者に寄り添い奉仕活動 佐世保の森田さん78歳 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
誰もが充実した老後を送る権利があるが、病や貧困、孤独などを抱える高齢者も少なくない。佐世保市桜木町の森田君子さん(78)は、地元で長年高齢者福祉のボランティアに従事。問題を抱える人に寄り添い今も現役で活動を続けている。高齢者と将来老いを迎えるすべての人 ...
2010年09月18日()
自分にできることを 佐賀市に「訪問介護事業所」誕生 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
全身の筋肉がまひする難病の筋委縮性側索硬化症(ALS)の中野玄三さん(55)=佐賀市大和町=が、介護事業所を立ち上げた。県内多くの介護事業所が二の足を踏む「たんの吸引」に取り組むなど、患者の側からの視点で必要だと気づいたことを手掛けていく。 ...
ツイッターで直訴なら「やりましょう」はおかしい - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
母親が認知症を患ってしまった、中部地方に住む自営業のAさん。同居はしていないものの、クルマを使えば20~30分ほどの距離に住んでいるので、何かあった時のためにと、母親にケータイを持たせることにしました。 「仕事柄、日中は週末も含めてクルマで移動していること ...
認知症 理解と支援を 水戸とつくば 家族の会など街頭活動 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二十一日の「世界アルツハイマーデー」を前に、「認知症の人と家族の会県支部」(宮本武憲代表)は十八日、JR水戸駅前とつくば市のデパート筑波西武前で、認知症への理解と支援を呼び掛ける街頭活動をした。 世界アルツハイマーデーとは、国際アルツハイマー病協会が一 ...
「仕事との両立も難しい」認知症の男性介護者が全道集会 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者らを介護する男性(男性介護者)が語り合う初の全道的な集会「男が介護するということ」が18日、札幌市内で開かれた。全道から介護を体験した男性や介護関係者など50人が参加、「苦労を語り、支え合おう」と訴えた。 「北海道男性介護者と支援者の ...
男性が介護するということin北海道 / 講演とリレートーク - 北海道新聞 (ブログ) (媒体での記事掲載終了)
主催は「北海道男性介護者と支援者のつどい」であります。 大都会札幌、人・人・人 目が回りそうでした。 主催者の挨拶で集いが開催されました。 来賓の方々は、介護への思いをお話しされました。 リレートークは私も含めて4名の方から、介護体験や思いが語られました。 ...
「生涯成長」支える福祉を 北國健康生きがい支援事業 - 富山新聞 (媒体での記事掲載終了)
松浦教授は高齢化、核家族化が進む現代社会では、家族の絆(きずな)で介護を支える には限界があると指摘した。その上で家族が後ろめたさを感じずに高齢者を福祉施設に入 所させたり、サービスを受けさせたりできる社会であるべきと主張した。 老年期は退職や配偶者との ...
無資格でインスリン注射 ケアホームの介護職員 大阪 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大阪府箕面市が出資する社会福祉法人「あかつき福祉会」のケアホームで、介護職員が7年間にわたって、糖尿病の男性入所者に、無資格でインスリンを注射する医療行為をしていたことが府の調査でわかった。医師法などに違反する可能性があるとして、府は近く施設の立ち入り ...
介護者支援へ初の全国調査 - NHK (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者を介護している家族が、どのような負担を抱え何に悩んでいるかを聞き取り調査し、具体的な支援につなげようという、初めての全国規模の調査が東京などで始まりました。 この調査は、高齢者や障害者を介護している人を支援するために設立された「ケアラー ...
認知症について語る催し - NHK (媒体での記事掲載終了)
認知症への理解を深めてもらおうと、認知症の人や介護にあたる人が認知症について語る催しが東京で開かれました。 この催しは今月21日の世界アルツハイマーデーを前に東京・品川区が開いたもので、およそ400人が参加しました。はじめに札幌で認知症の介護施設を運営 ...
重度障害者を直接訪問して入浴や介護サービスなどを提供している障害者の活動支援制度が、来年10月に導入される。 障害者の活動支援制度は、障害者の家事活動や外出など、日常生活の支援は、現行の障害者活動支援事業を拡大し、訪問看護や訪問入浴および昼間の保護などの ...
新宿という立地から近隣デパートの初売りや明治神宮への初詣に行ったり、また、館内での講座やライブラリーを利用になったり、孫とゲームをしたりとそれぞれの楽しみ方ができるほか、高齢の消費者が多いなか、バリアフリーの施設とサービスが整っている点が、好評を得て ...
高齢者所在確認 「敬老の日」前に県内自治体強化 - 神戸新聞 (媒体での記事掲載終了)
一連の高齢者所在不明問題では、福祉と住民登録部門などで高齢者情報が共有されず、「縦割り行政の弊害」が指摘された。神戸市高齢福祉課の担当者は「各区役所で、情報の取り扱いや対応にばらつきがあった。今後統一的なマニュアルも作成し、所在不明の情報を庁内で共有 ...
認知症への理解深める 19日福山で講演 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者の支援の在り方を学ぶ「オレンジリングイベントふくやま」が19日午後1時から、福山市東桜町の県民文化センターふくやまである。無料。 医師で「認知症の人と家族の会」顧問の早川一光さん(京都市)が、地域で支える大切さについて講演する。 ...
老老介護 半数に認知症 ともに「要介護」2割 道が支援検討へ - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者が高齢者を介護する「老老介護」について、道は介護者と被介護者がいずれも65歳以上の世帯を対象とした初の実態調査の結果をまとめた。介護者、被介護者ともに、介護保険制度で介護を要する状態である「要介護」と判定された世帯は2割以上に上り、介護者の半数 ...
「妻の介護続け罪償って」 殺人未遂の夫に猶予付き判決 静岡地裁 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
原田裁判長は「妻が介護施設を出なくてはならない切羽詰まった状況にはなく、犯行の動機は短絡的」と指摘。一方で、自ら犯行を踏みとどまったことや、妻がいる施設にほぼ毎日通って介護を続けたことなどの情状を挙げ、「妻に寄り添い、介護を続ける中で罪を償うのが相当」 ...
進む老人クラブ離れ 「まだまだ若い」と敬遠傾向 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
老人クラブについて、国は老人福祉法で高齢者の福祉増進や自立生活のための組織と位置づけ、今年度は27億6千万円の予算をつけるなど支援してきた。だが、相次ぐ解散や休会といった現実を前に、厚生労働省は昨年、補助対象となるクラブの規模を「30人以上」に引き下げ ...
ケアマネらと連携 高齢者の防火対策 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
豊後高田市消防本部は、全国的に増加傾向にある高齢者が被害に遭う火災を防ぐため、ケアマネジャーやホームヘルパーと連携した火災予防の学習会を開くなど対策を進めている。介護福祉士から転職した消防士の提案による取り組みに加え、住宅用火災警報器の設置啓発を ...
広がる「すずめの学校」認知症防ぐ学習療法 - 大分合同新聞 (媒体での記事掲載終了)
簡単な読み、書き、計算で脳を刺激して認知症を防ぐ、日田市三花公民館の「すずめの学校」の学習療法が、市内のほかの公民館にも広まっている。同学校の指導員は専門知識のない普通の主婦や福祉委員ら。樋口吉典館長は「専門の外部講師ではなく、町内の顔なじみが指導員に ...
2010年09月17日()
成長分野向けに700億円低利融資 来月 北洋銀がファンド - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
北洋銀行は17日、今後成長が見込まれる医療・介護や環境・エネルギー、事業承継など19分野の企業活動を支援するため、総額700億円のファンドを設立し、10月から取り扱いを始めると発表した。日銀が導入した新貸出制度を活用する方針。 ファンド名は「ほくよう ...
世界アルツハイマーデー前に 認知症 理解と支援を 県支部、天神で街頭活動 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
21日の世界アルツハイマーデーを前に、認知症の人と家族の会県支部が福岡市・天神で、認知症への正しい理解や支援を求める街頭活動をした。 アルツハイマーデーは、国際アルツハイマー病協会が1994年に制定。記念日に合わせ、世界各地で、認知症の人や介護者への ...
無資格でインスリン注射 箕面の社会福祉法人 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
大阪府箕面市の社会福祉法人「あかつき福祉会」が運営するケアホーム(共同生活介護施設)で、介護職員が糖尿病の入所者に対するインスリン注射などの医療行為を7年間にわたり無資格で行ってことが17日、分かった。大阪府は、無資格の医療行為を禁じた医師法や保健師 ...
線引きの明確化急務 無資格インスリン注射 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
原則として医師や看護師にしか認められていない医療行為をめぐり、有料老人ホームや障害者施設の介護職員らにも拡大させる動きが広がっている。ただ、インスリン注射など比較的危険性が低いとされる一部の行為については、容認の対象になっておらず、現場からは「さらなる ...
ユニバーサルデザインの視点で 玉名市の観光戦略を討論 車いす対応など課題指摘 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
障害の有無や年齢にかかわらず誰もが暮らしやすい社会を目指す「ユニバーサルデザイン(UD)」の考えから、玉名市の観光戦略を考える「おもてなし講演会」(県主催)が17日、同市文化センターであった。 会では柿添克也・玉名観光協会事務局長が「九州新幹線の新玉名 ...
敬老金を長女拒否、署員訪ねたら廊下に白骨死体 愛知 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
市介護高齢課によると、17日午後1時ごろ、市職員2人が訪問すると娘が「敬老金は辞退します」と拒否したため、同署に連絡。同課職員が佐野さん宅を訪れたのは初めてで、介護保険の利用歴もないという。 すゑさんのいとこの農業男性(76)は朝日新聞の取材に「長女は ...
介護の現状と課題 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
急激に進む高齢化の中で、介護は高齢者にとっても家族にとっても切実な問題。意外にも、介護の必要な高齢者に対するどのような施設があるのかは網羅的に知られていない。 「待機高齢者」ともいわれる問題が起きる中で、高齢者やその家族に向けて施設のあり方をきちんと ...
緑小5年生が認知症サポーターに - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
千歳緑小学校(伊藤祐二校長)の5年生56人が認知症サポーターになった。病気になった人や家族を温かい目で見守り、応援する。 16日の養成講座に参加し、修了証のリストバンドを受け取った。講座は、認知症サポーター100万人キャラバンとして全国で開かれ、千歳市 ...
平成23年度の「医療に関する税制に対する意見」まとまる - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
(所得税・法人税) 八 医療法の構造設備基準に適合する病院用建物への建替え及び有床診療所の療養病床の建替えに係る特別償却制度の適用期限延長.(所得税・法人税) 九 健康保険法・医療法改正に伴う療養病床の特定施設等への転換時及び経過措置期間中における改修に ...
社会保障審議会介護保険部会(8月23・30日) - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
社会保障審議会介護保険部会が八月二十三,三十の両日,都内において開催された. 二十三日は,「給付の在り方(在宅,地域密着)等について」を議題として,(一)在宅サービスの在り方(在宅サービス全般,医療系サービス),(二)要支援者等に対する生活援助等の ...
第54回社会保険指導者講習会 「在宅医療午後から地域へ」をテーマに講演 - 日医ニュース (媒体での記事掲載終了)
医師会の事業として,訪問看護ステーション,老健施設,在宅介護支援センター,二十四時間対応のヘルパーステーション等をつくり,チームで高齢者医療とケアを一体的に提供しているとし,十数名の関係職種によるケアカンファレンスの様子などを披露した. ...
【製薬協】新理事長に伍藤忠春氏 - 薬事日報 (媒体での記事掲載終了)
伍藤氏は、1972年に九州大学法学部卒業。73年に厚生省に入省し、薬務局経済課長などを経て、2001年に厚労省大臣官房審議官(老健・健康担当)。02年に社会保険庁次長、03年に厚労省雇用均等・児童家庭局長。05年に退職し、同年から財団法人長寿社会開発センター ...
高齢者専用賃貸住宅の需要増 仙台では20棟以上に - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
老人ホームとマンションの中間的な存在として、お年寄りが賃貸で暮らす高齢者専用賃貸住宅(高専賃)が仙台市内で増えている。バリアフリー化され、生活支援サービスもある施設に、通常の賃貸物件と同程度の費用負担で住めるのが特徴。自立した生活を送る高齢者の「ついの ...
日本経営協会、10月27日から「関西ホスピタルショウ2010」開催 - 日刊工業新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
(カンファレンス・プログラム参照) 特別講演としては、厚生労働省老健局老人保健課 大竹輝臣課長補佐が「超高齢社会における地域ケアと今後の政策(仮題)」をテーマに行われます。看護シンポジウムは大分県立看護科学大学 草間朋子学長の基調講演と、(社)大阪府看護 ...
高齢者支援 サポーター養成 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
尾道市は市民を対象に高齢者の日々の暮らしを支える生活・介護支援サポーターを養成する。16日の市議会民生委員会で説明した。 サポーターは高齢者の話し相手や悩み相談、ごみ出し、日用品買い出しなどを手伝う。市高齢者福祉課は「主に介護保険を使うほどではない高齢者 ...
長寿祈り老人ホームに魚寄贈 県魚類養殖協 - 愛媛新聞 (媒体での記事掲載終了)
敬老の日を前に、県魚類養殖協議会(竹田英則会長)は17日、松山市内の高齢者福祉施設など14施設に、県産の養殖カンパチとマダイ144匹を贈り、健康と長寿を祈った。 1984年度から毎年実施しており、今回は宇和島市と愛南町で同日水揚げされたばかりの新鮮な ...
首相、補正予算編成指示へ 円高受け数兆円規模 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
補正予算で打ち出す追加対策は数兆円規模に上る見通し。急激な円高を受けた経済対策の第2弾の財源を確保し、景気の失速回避に向けた対応を促す。 補正予算では、介護や医療、環境など11年度予算の概算要求に計上された成長分野の事業を前倒しで盛り込む。 ...
エーザイ、FDAが「アリセプト」パッチ製剤の新薬承認申請を受領 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
エーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫、以下 エーザイ)は、このたび、米国食品医薬品局(FDA)が、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト(R)」の1週間持続型経皮吸収パッチ製剤(週1回投与製剤)に関する新薬承認申請を受領した、と発表しました ...
「ALS介護は24時間」 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
24時間介護が必要なのに和歌山市が決めた重度訪問介護サービスの時間は短すぎるとして、難病の「筋萎縮(きんいしゅく)性側索硬化症(ALS)」の男性患者2人が市を相手取り、決定の取り消しと慰謝料計200万円の支払いを求め裁判を起こした。16日午後、和歌山 ...
介護資格の取得支援/川崎市など - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今回は、ヘルパー2級の資格がとれる福祉サービスコースのほか、持っている介護資格をいかすためのコースなど3種類。福祉サービスコースでは、民間なら「8万円から10万円かかる」(市健康福祉局)というヘルパー2級が無料で取得できる。市経済労働局によると「資格 ...
敬老祝い 手渡し悩まし - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
「自宅にいても寝たきりなどで、玄関先まで出て来られない人が多い。家族が快く受けてくれない場合、無理に上がり込むわけにもいかない」と頭を悩ます。 下関市は、満100歳の対象者が県内最多の83人。中核市のため、国の記念品贈呈も委託されている。 ...
ミニ特養事業者を規定違反選定 佐世保市議会文教委で指摘、紛糾 - 長崎新聞 (媒体での記事掲載終了)
市保健福祉部によると、事業者選定委は市が設置。委員は、高齢者医療、福祉の専門家ら計18人で、昨年12月に市長が任命。選定委の要項では、委員について「(選定対象となる)事業の応募に関与してはならない」と規定している。 委員長が監事を務める同法人は、 ...
2010年09月16日()
厚労省が介護予防の意見募集 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
電子メールは「介護予防事業への意見募集」と題し、kaigoyobo-iken@mhlw.go.jpまで。郵送は封筒に「介護予防事業への意見募集」と朱書きし、〒100-8916 東京都千代田区霞が関1の2の2 厚生労働省老健局老人保健課まで。 ...
【はつらつ!元気へ一歩】日本柔道整復師会(25)いきいき生活で介護知らず - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
これは介護保険法に基づき指定された介護老人福祉施設や通所介護施設で、要介護者や要支援者となった高齢者の機能訓練の指導が業務です。 日本柔道整復師会は、介護予防が介護保険制度の根幹を成すと考えています。この理念実現のため、高度な技術と知識を持った機能訓練 ...
【ゆうゆうLife】読者から 介護施設を積極的に利用 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
私は妻の言うことを聞いて、介護施設を積極的に利用しています。 妻が用事や旅行で家を空けるときは心おきなく行って帰ってこられるように、私から『またショートステイするから』と言って、市内の施設に入所。妻が迎えに来てくれるまで、介護士のお世話になっています。 ...
岡山家裁が「市民後見人」選任 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症や知的・精神障害などで判断能力が不十分な人の財産管理や福祉サービス契約を代行する成年後見制度をめぐり、岡山家裁は16日までに、和気町の60代男性の「市民後見人」として、町が養成、推薦した町民男性を選任した。県社会福祉協議会(県社協)によると、自治体の ...
難病患者 介護時間拡大求め提訴 - NHK (媒体での記事掲載終了)
筋肉が動かなくなる難病のALS=筋萎縮性側索硬化症に苦しむ和歌山市の患者が、市に24時間体制の訪問介護サービスを求める訴えを裁判所に起こしました。自治体の裁量で決められる介護サービスの時間の拡大を求めてALSの患者が提訴したのは全国で初めてだということ ...
高齢・障害者施設スプリンクラー 6割が未設置 - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
7人が死亡した3月の札幌市の認知症グループホーム火災を受け、道は高齢者や障害者などが入所する道内2179施設のスプリンクラーの設置状況などに関する調査結果をまとめた。スプリンクラーの設置では法令違反はなかったものの、未設置の施設は61%に上った。 ...
市全町内・自治会で披露 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
今回報告された活動内容は、過去に鷺沼町会で取り組んだ「認知症高齢者の徘徊発見訓練」と「鷺沼町会の防災に関する取り組み」。町が一体となり認知症高齢者への声かけなどを行い、NHK放送「ご近所の底力」でも取り上げられた活動や約500人が参加した防災訓練の話などに ...
第6回:医師に聞くポケット・ドクター(その2) - Tech On! (会員登録) (媒体での記事掲載終了)
例えば,寝たきりの高齢者が増えている。日本では医療費の半分を高齢者に使っているが,背景にはこうした事態がある。誰もが80歳まで元気に働ける“健康長寿社会”を実現すれば,国家財政にもプラスとなるはずだ。 高齢者が寝たきりになる要因の約半分は,脳卒中などの脳 ...
在宅介護の応援団 「ハートセラピーセンター」 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
地域密着型の小規模多機能型居宅介護を実践する「ハートセラピーセンター」は、「通い(デイサービス)」を基本として、「訪問介護」「宿泊(ショートステイ)」をライフスタイルに合わせ、効率よく組み合わせて利用する自由度の高さが利用者に評価されている。 ...
介護ロボット普及へ アザラシ、サイボーグ型…神奈川県が無償貸与 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
神奈川県は介護ロボットの普及を目指す「介護・医療分野ロボット普及推進事業」を開始し、今月末から認知症予防用など4種計24台を県内の介護施設など7カ所に無償貸与する。人手不足から需要が見込まれる介護分野で市場拡大を図り、県内のロボット産業育成につなげる ...
落語で「成年後見制」学ぼう 横浜弁護士会がイベント - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
成年後見制度とは、認知症など、物事を判断する能力が十分でない人のため、成年後見人を選んで、本人の権利を法律的に支援する制度。落語に絡めて制度を解説する「成年後見落語」を積極的に行っている、桂ひな太郎師匠が「後見じいさん」などの演目を上演する。 ...
敬老会22地区ごと開催へ、相模原市が在り方見直し/神奈川 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
市高齢者福祉課によると、77歳と80歳以上の約3万人が対象となっている敬老会について、参加率は年々減少しているという。旧津久井郡を除く相模原市内では、2000年度が約30%だったのに対し、09年度は約15%に半減。特に、会場の市民会館から遠い場所に住んでいる人の ...
福祉に活躍期待 千葉工大新型ロボ - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
バリアフリーとはいっても、階段の上り下りはできなかったし、野山などは行けなかった。あのときに『車いすがロボットの足だったらいいな』と思ったのがプロジェクトの原点。ようやくここまでたどり着いた」と話した。 未来ロボット技術研究センターは、千葉工大の学校 ...
60歳の息子死亡、90歳の母衰弱 - テレビ熊本 (媒体での記事掲載終了)
男性は認知症の母親と2人暮らしで、ここ数日ポストに新聞が溜まっていたため 不審に思った近所の人が部屋を確認したということです。警察によりますと男性は病死で死後数日が経っているとみられ、認知症の母親が男性の死亡に気付かなかったおそれが高いとみています。
パナソニック電工子会社、移乗がしやすいポータブルトイレなど排泄介護用品を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
パナソニック電工株式会社の全額出資子会社である、パナソニック電工ライフテック株式会社(本社:大阪府門真市 社長:池内 稔)では、高齢者の排泄をサポートする「パナソニック排泄介護用品」として、「家具調トイレ 座楽 KUD型(移乗サポートタイプ、4品番)」 ...
体の自由がきかない寝たきりのALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の70代男性2人が和歌山市を相手取り、一日24時間の介護などを求め16日、和歌山地裁へ提訴した。ALS患者が原告となって、介護サービスの支給増などを求める訴訟は全国で初めて。提訴では、市が決定した月268時間の ...
「看護師を続けられる」涙と笑み、上告断念訴え つめ切り逆転無罪 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
高齢の認知症患者のつめを深く切って出血させたことが傷害罪に当たるかが争点になり、福岡高裁で逆転無罪とされた看護師の上田里美被告(44)は16日午後、福岡市内で記者会見し「看護師を続けられると思うと本当にうれしい」と涙を浮かべつつ笑みを見せ「検察側は上告 ...
「パナソニック排泄介護用品」ラインアップ拡充 - PR TIMES (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
パナソニック電工株式会社の全額出資子会社である、パナソニック電工ライフテック株式会社(本社:大阪府門真市 社長:池内 稔)では、高齢者の排泄をサポートする「パナソニック排泄介護用品」として、「家具調トイレ 座楽 KUD型(移乗サポートタイプ、4品番)」 ...
石狩産食材で介護予防 市が料理コンテスト - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【石狩】市健康推進室は介護予防につなげるユニークな「いきいき健康料理コンテスト」を企画した。抗酸化作用などがあるとされるサケ、トマト、ブロッコリーを使い、健康的なオリジナルメニューを考えてもらう。優秀作のレシピはカードにして市民に配る。 ...
24時間介護求め、市を提訴=全国初、ALS患者ら2人-和歌山 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
重い障害で24時間介護が必要なのに、公的な介護時間の上限を設けているのは問題があるなどとして、筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の患者ら2人が16日、和歌山市に対し、24時間の介護と慰謝料各100万円などを求める訴訟を和歌山地裁に起こした。 ...
長寿祝い、達者な芸 千歳で敬老会と老人福祉大会 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
福祉大会は市老人クラブ連合会が主催した。歌や踊り、楽器演奏など芸達者のお年寄りの発表に、約800人の客席から盛んな拍手が送られていた。連合会婦人部は、座ったままできる体操を紹介し、客席も一緒になって体を動かしていた。 このほか、「高齢者の健康とその食 ...
「難病訪問介護短い」提訴 和歌山の患者、市に撤回求め - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
全身の筋肉が衰えて身体が動かなくなる難病「筋萎縮(きんいしゅく)性側索硬化症(ALS)」の患者2人が、和歌山市が決めたヘルパーによる重度訪問介護サービスの時間は不当に短すぎるとして、市を相手に決定の取り消しと計200万円の慰謝料の支払いを求める訴訟 ...
「患者にとっても安心」 無罪に喜び、看護の現場 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
北九州市で訪問看護を行っている在宅ナースセンター「はんずあい」(同市門司区)の代表で看護師の 高橋貴子 たかはし・たかこ さん(46)は「寝たきりの高齢者に多い変形したつめを切るのは、素人では無理」と断言する。 分厚く変形してもろくなったり、浮き上がって ...
24時間介護求めALS患者が初提訴 和歌山「一律8時間は違法」 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
訴状によると、2人は寝たきりの状態で、たんの吸引や人工呼吸器の管理などのため24時間体制の介護が必要だが、市は障害者自立支援法に基づき月268時間分しか支給していない。サービスが受けられない時間帯は、いずれも持病のある高齢の妻が介護をしているという。 ...
ALS患者2人、初の提訴 「24時間体制で介護を」 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
筋肉を動かす神経が徐々に侵されていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に苦しむ和歌山市の70代の男性患者2人が16日、1日に介護サービスを8時間しか受けられないのは不十分だとして、市に24時間体制の介護を求める訴訟を和歌山地裁に起こした。 ...
「老人の日」玉突きなどで交流 長岡京で高齢者ら - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
同市粟生の市立老人福祉センター竹寿苑では「第34回市長杯玉突き大会」が行われた。60歳以上の市民を対象にしたオープン大会で、市が毎年9月に開催している。 竹寿苑の玉突き同好会のメンバーや一般の愛好家ら24人が参加し、実力差に合わせてハンディを設定し、 ...
エーザイ、不眠症治療薬を年度内に申請 - 化学工業日報 (媒体での記事掲載終了)
エーザイは15日、不眠症治療薬「エスゾピクロン(一般名)」の有効性と安全性を確認し、国内で今年度中に承認申請するめどをつけたと発表した。同社では主力のアルツハイマー型認知症薬「アリセプト」に次ぐ神経領域の新薬と位置付けている。精神疾患が原因でない不眠症 ...
地域福祉の交流拠点 船橋市にオープン - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
... の家賃、敷金と礼金、バリアフリー改修費で計約100万円の補助を受ける。テーブルやイス、冷蔵庫など備品は住民からの寄付。さらに延べ60人が掃除や部屋の飾り付けに携わり、3カ月かけて開設にこぎつけた。 同地区は65歳以上が3割を超す市内一の高齢化地域。 ...
2010年09月15日()
「孫のように接します」 高浜高生がデイサービス事業 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
独自の高齢者福祉事業で知られる高浜市の県立高浜高校(村松利之校長)で「敬老の日」の20日、福祉科の3年生が担当する有料デイサービス事業「まごのて」(代表の社長役・深井優樹君)を初めて開く。弁当やお菓子を食べられるレストランも営業。36人の生徒たちは全員 ...
医療、介護従事者に恩返し 美容、飲食60社で割引 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
石川県の美容室や飲食店で医療や介護に携わる人を対象に、割引サービスなどをする「エンジェル・スマイル」という活動が広がっている。金沢市でネイルサロンを経営する平口実希さん(42)が自らの看護体験をきっかけに始めた。 平口さんは幼少期、母が統合失調症で ...
音楽療法 - 西日本新聞 (媒体での記事掲載終了)
そうした施設の一つで、認知症の人に対するデイサービス事業を行っている「天神オアシスクラブ」(中島七海施設長)を訪ね、音楽療法の果たす役割を考えた。 福岡市・天神の福岡ビル7階にある同クラブ。9月上旬の午後、60―90代のお年寄り約20人が、音楽療法士の ...
高齢者220人 養護者らから虐待 栃木 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県高齢対策課が15日発表した昨年度の県内の高齢者虐待に関する調査状況で、高齢者220人が養介護施設従事者や養護者らから虐待を受けていたことが分かった。 調査は平成18年に施行された高齢者虐待防止法に基づき公表。21年4月から22年3月の間、65歳以上の ...
キシ・エンジ、踏み台付き手すりなど介護機器発売 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
医療・福祉機器メーカーのキシ・エンジニアリング(島根県出雲市、岸征男社長)は介護機器の新製品を相次ぎ投入する。このほど玄関などで使う踏み台付きの手すりを発売、来月には室内の移動を補助する小型歩行器を売り出す。高齢者が多い地域の特性を生かし、ニーズを反映 ...
100歳以上 過去最多 - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
市内に住む100歳以上の長寿者の数は、今年8月1日現在で65人にのぼり、昨年の57人を上回る過去最多を記録したことが市高齢福祉課の調べで分かった。 うち男性は9人、女性は56人で、最高齢は109歳の女性。88歳の米寿を迎えた人は672人(男性208人/女性464人)、99 ...
負担(本人・家族・費用)を考える施設づくり - タウンニュース (媒体での記事掲載終了)
入院は「ふれあい東戸塚ホスピタル」、ショートステイなどは「ヒルズ東戸塚」(老健)、「シニアホテル東戸塚」(有料老人)への紹介等を優先的に行っている。 外来透析とともに在宅生活に必要なリハビリを行うデイケア(通リハ)を利用する人も多い。
訪問介護・看護、同じ事業所で可能に 厚労省方針 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
厚生労働省は訪問介護と訪問看護のサービスを一括して提供できる仕組みを創設する方針だ。介護と医療の連携を促すため、2つのサービスを1つの事業所で提供できるようにする。利用者一人ひとりのニーズにも柔軟に対応できるとみている。来年の法改正を目指す。 ...
パナソニック電工子会社、高齢者の入浴をサポートする「シャワーチェアーミドルサポートタイプ」を発売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
なおこの製品は、第37回 老人と障がい者の自立のための国際福祉機器展 「H.C.R.2010」(会期:9月29日(水)~10月1日(金)、会場:東京国際展示場「東京ビッグサイト」)に先行出品します。
知っているようで知らない…老人の日?敬老の日? (15日) - 北陸朝日放送 (媒体での記事掲載終了)
しかし敬老の日が19日だったり、20日だったり、21日だったりその年によって移動することに高齢者団体が猛反発。そこで、9月15日が「老人の日」に、「敬老の日」は、9月の第3月曜日になりました。ちなみに老人の日は、老人の福祉への関心と理解を深め、老人が ...
患者の目をペンで突く 元看護師「出血するのをみてイライラ解消」 - スポーツニッポン (媒体での記事掲載終了)
(肋骨を折られた1人を含む)計6人の寝たきりの患者に同じことをした」と話している。 追送検の容疑は2008年9月、肺炎で入院中の男性患者=当時(80)=の右目をボールペンで突き、手で殴ってけがをさせた疑い。羽室被告は患者4人の肋骨を折ったとして傷害罪で ...
5種類の介護事業集約 岩国 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
訪問介護などのサンキ・ウエルビィ(広島市西区)が10月1日、グループホームなど5種類の介護事業を1カ所に集約した総合介護センターを岩国市牛野谷町に開設する。一体化することで、連携して多様なサービスを提供できるという。 同社は、同市元町で午後10時~午前6時 ...
芦屋の民家 白骨化遺体 同居の息子を聴取 - 産経関西 (媒体での記事掲載終了)
介護ヘルパーが訪問していた時期もあったといい、県警は女性が死亡した時期の特定などを進めている。 また近所の住民によると、女性の姿は今年5月ごろから見られなくなったといい、この住民が14日に母親の状況を聞いたところ、息子は「寝たきりで、水もご飯もあげられ ...
デイサービス施設続々、負担軽減で需要高く差別化図る中小事業者も - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
介護事業者が通所型のデイサービス事業を強化している。介護者の負担軽減という観点からも需要が高く、大手などが新たな拠点の開設を加速させている。施設の供給過多に伴って人材の確保が難しくなる懸念もあるが、独自性の高いサービスで差別化を図る中小事業者も出てきた ...
認知症サポーターの輪、拡大中 伊根町が講座 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化率が41%にのぼる京都府伊根町で、認知症の人を支える「認知症サポーター」の輪が広がっている。今年から大人だけでなく、小中学生を対象にしたサポーター養成講座も開き、「町民全員でお年寄りを支える仕組みをつくりたい」と意気込んでいる。 ...
パートナーロボットによるトランペット演奏 - 松本大学 (媒体での記事掲載終了)
今年は9月9日~10日、東京都江東区にある『トヨタ ユニバーサルデザインショウケース』に行ってきました。 廣瀬ゼミでは、ユニバーサルデザイン(Universal Design 以下「UD」とする)を学んでいます。3月にはUDを取り入れたスプーンを制作している企業((株)青芳 ...
寝たきりの患者の目をボールペンで突く - 日刊スポーツ (媒体での記事掲載終了)
兵庫県佐用町の佐用共立病院で高齢患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を折られた事件で、県警捜査1課は15日、別の男性患者の目をボールペンで突いてけがをさせたとして、傷害の疑いで元看護師羽室沙百理被告(26=傷害罪で起訴)を追送検した。 ...
県内100歳に燕鎚起銅器の菓子皿など - ケンオー・ドットコム (媒体での記事掲載終了)
高齢者を敬愛し、長寿を祝い、高齢者福祉についての関心と理解を深めようと毎年、行っている敬老事業。今年度中に100歳になる男68人、女476人の計544人を表敬訪問し、記念品などを贈る。 贈呈するもののうち巾着袋は、県内の障害者福祉作業所で寄付された着物の生地などを ...
100歳以上 沖縄、38年ぶり2位転落2010年9月15日 - 琉球新報 (媒体での記事掲載終了)
県福祉保健部は14日、県内の100歳以上の高齢者数、長寿者番付などを発表した。1979年以降31年連続で過去最多を更新していた100歳以上高齢者は2010年9月15日時点で922人となり前年より6人少なく、32年ぶりに減少に転じた。1973年以降37年 ...
「ストレス解消で一番痛そうな目を突いた」…佐用病院・元看護師を追送検 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県警によると、患者は寝たきりで意思疎通のできない状態だったという。同病院では、20年12月以降肋骨が折られた高齢の入院患者が相次ぎ、捜査員がカルテを調べたところ、眼球を負傷した患者も6人いることが発覚、うち1件を立件した。
梁川病院を公募型方式で民間移譲へ/伊達市 - 福島放送 (媒体での記事掲載終了)
同病院は、厚生労働省が平成23年度末までに廃止する方針を示している「介護療養型病床」のため、今後の経営方針を検討してきた。 検討委から、併設する梁川訪問看護ステーションとともに廃止はやむを得ないとの提言を受け、既存の50床は民間譲渡も視野に入れてきた。 ...
セコムグループ、セキュリティーや医療体制を強化した高齢者施設「アライブ世田谷中町」を開設 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
特にセキュリティ体制においては、介護付有料老人ホームの中で最高クラスの防犯体制を実現しました。 高齢者人口が増加する現在、介護・福祉施設といった高齢者が安心して生活できる施設の需要が高まっています。多くの高齢者のご入居者を、限られたスタッフでサポート ...
介護ロボットを貸与/県が試行、7施設へ - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県は14日、今後人手不足が予想される介護福祉分野で活躍が見込まれる介護ロボットの普及を目指し、県内7施設に試験的にロボットを無償貸与する、と発表した。貸与期間は9月末から12月末までで、ロボット導入効果に関するデータも集める。 県産業技術課によると、 ...
100歳以上は483人 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
県高齢者福祉課が1910(明治43)年9月15日以前に生まれた人を集計した。今年度は前年度に比べて8人増え、女性419人、男性64人。県内最高齢は7月1日に112歳になった越知町の小田八尾衛さん。男性の最高齢は106歳。 市町村別では高知市が163 ...
駿河区の妻殺人未遂被告 起訴内容認める - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
検察側は冒頭陳述で、脳梗塞(こうそく)で半身不随となった妻が昨年1月から施設に入所し、石川被告はほぼ毎日施設に通って介護していたことを明かし、犯行動機を「悪化する妻の病状や生活費の不安から、妻を殺害して自分も死のうと考えた」と指摘した。 ...
100歳超 県内32年ぶり減 922人 10万人比 全国2位 - 沖縄タイムス (媒体での記事掲載終了)
20日の「敬老の日」を前に、県高齢者福祉介護課は14日、2010年の県内100歳長寿者の状況を発表した。9月15日時点の100歳以上長寿者は922人で前年比6人減となり、1978年以来、32年ぶりに減少した。 また、73年以降全国1位を維持していた ...
介護保険料誤徴収 461人分、計193万円過大に - 北海道新聞 (媒体での記事掲載終了)
【遠別】留萌管内遠別町は14日、第1号被保険者(65歳以上)の年金から介護保険料を天引きする特別徴収で、町のミスにより、8月に461人から計193万8700円を過大徴収していたと発表した。 過大徴収額は1人当たり300~1万6400円。 ...
50兆円市場、284万人雇用目指す――経済対策、医療・介護を重要課題に - モーニングスター (媒体での記事掲載終了)
具体的には(1)日本発の革新的な医薬品、医療・介護技術の研究開発推進(2)アジアなどの海外市場への展開促進(3)バリアフリー住宅の供給促進(4)不安の解消、生涯を楽しむための医療・介護サービスの基盤強化(5)地域における高齢者の安心な暮らしの実現に ...
2010年09月14日()
朝倉に「もの忘れ外来」 認知症診察、家族も支援 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
朝倉市立朝倉診療所(大坪正明所長)で今月から、高齢者の認知症に対応する「もの忘れ外来」が開設された。市によると、県内の公的医療機関では、規模の大きい病院などに開設の例はあるが、小規模(20病床未満)の診療所としては初の取り組みだという。 ...
長崎街道、マップで「踏破」 直方の介護予防教室 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
直方市が、介護予防教室「トライ」に通うお年寄りの毎日の歩数を、長崎街道を描いたルート図「ウオーキングマップ」に記録して踏破を目指す取り組みを進めている。同街道は坂本龍馬も行き交ったとされ、担当者は「龍馬になりきって健康作りを」と呼びかけている。 ...
100歳以上、最多2017人 最高齢は111歳女性 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
敬老の日を前に、道は14日、道内の100歳以上の高齢者数を発表した。1日現在、2017人で前年比249人増の過去最多となった。 道保健福祉課によると、2017人の男女別は男性319人、女性は1698人。 道内の最高齢者は小清水町の小野ハツエさんで111歳 ...
食事・介護・巡回…24時間支援の高齢者住宅賃貸開始 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同社は今後展開していく高齢者向け集合住宅でも、全室を段差のないバリアフリー構造にし、系列のホテルが提供する食事を楽しんでもらったり在宅介護を受けられたりするなど、お年寄りの暮らしを支援するサービスを充実させたいという。 同社の担当者は「高齢化や核家族化 ...
福祉ショップ「こころん」がオープン1年 - 山梨日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
甲府・朝日通りの空き店舗で障害者授産施設の商品を販売する福祉合同ショップ「こころん」が11日でオープン1年を迎えた。近隣の高齢者を中心に顔なじみのリピーターを増やしつつある一方、補助金終了後の事業のあり方はまだ見えていない。 県内の授産施設のパンや ...
近所のつながりを地図に 『気になる高齢者』のセーフティーネット - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
今月初旬、支え合いマップを提唱する民間団体「住民流福祉総合研究所」(埼玉県毛呂山町)の木原孝久さんが、高野広市自治会長(66)らに次々と質問する。 自治会主催で毎朝行うラジオ体操の参加者、近くの公園での井戸端会議メンバー、お茶会を開く家… ...
100歳以上 県内は1435人 全員の存命確認 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
二十日の「敬老の日」を前に、県高齢者福祉課は十四日、県内で百歳以上の高齢者が千四百三十五人(十五日現在)いて、全員の存命が確認できていると発表した。 同課によると、県内の最高齢は八千代市の女性(氏名非公表)で百十一歳。男性の最高齢は流山市の森千代吉さん ...
等々力陸上競技場 本年度中に改修具体化 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
また、市川氏は「療養病床が大幅に減らされてきている」、尾作氏は「人口あたりの療養病床数が全国ワーストだ。療養病床の確保策をうかがいたい」と、行政の対応をただした。 これに対し、菊地義雄健康福祉局長は「医療機関に対し、稼働していない一般病床を療養病床に ...
足立区『不現住』訪問調査 65歳以上、19人不明 - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
こうした調査は日ごろから行っているが、高齢者所在不明問題を受け、六十五歳以上を優先して八月から実施した。 訪問対象は、いずれも一人暮らしの二十一人。このうち二人は福祉施設に入所していた。ほかの十九人は所在が分からず、六十五~六十八歳の男性三人について ...
今年度100歳は221人 所在確認 青森 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課は14日、100歳以上高齢者の状況を発表した。県内で今年度中に100歳になる高齢者数(9月1日現在)は221人で、前年度に比べ13人増えた。男性は26人、女性は195人で女性が約88.2%を占めている。同課によると、市町村職員による面談 ...
県内最高齢は110歳 岸さん/平川 - 東奥日報 (媒体での記事掲載終了)
県高齢福祉保険課は14日、県内に住む100歳以上の高齢者の調査結果を発表した。1899(明治32)年9月28日生まれで110歳11カ月の岸さくらさん=平川市=が4年連続で本県の最高齢者となり、現在、県の長寿記録も更新している。
緊急連絡カード、理解して使って 周防大島で講習会 - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
山口県周防大島町屋代の地区社会福祉協議会と民生委員児童委員連絡協議会は12日、高齢者世帯に配布を進めている冷蔵庫保管用の緊急連絡カードについての講習会を西屋代のふれあいの館で開いた。 屋代地区の民生委員、友愛訪問員、町消防団大島支部屋代分団員ら計30人 ...
【JA介護保険事業】JA全中・伊藤澄一常務理事インタビュー 【インタビュー】JA全中・伊藤澄一常務理事 JA介護保険事業の10年と組合員の健康づくり - 農業協同組合新聞 (媒体での記事掲載終了)
介護保険制度は国の社会保障制度として平成12年にスタートしたわけですが、JAグループはそれより10年前の平成2年からJA女性組織や助けあい組織を中心にしてホームヘルパーの養成に取り組みました。当時、農村はすでに高齢化社会を迎え、要支援・要介護の状態になって ...
第52回日本老年医学会学術集会 ランチョンセミナー - nikkei BPnet (媒体での記事掲載終了)
藤澤氏はまず、2型糖尿病患者を対象に、移動性低下およびADL低下の予知マーカーを検討したThe Fremantle Diabetes Studyを紹介し、細小血管障害、大血管障害を含む糖尿病合併症が、寝たきりおよびADL低下の大きな要因になることを示唆した。一方、糖尿病患者と認知症との ...
なんとアキバ式介護! 上海万博日本館面白イベント - 社長のための経済ニュース (媒体での記事掲載終了)
そんな期待に応えるように、9月15日には日本館で「アキバ式介護講座:実践編」が開催される。 主催は中日ワークライフバランス推進協議委員会で、内容は、中国でも大人気のアキバ系ギャルたちが、来場者と一緒に次世代介護を体験しながら考えるという、体験型演劇。 ...
大人の社会見学「ランチ付シニア住宅バス見学ツアー」9月26日(日)10時半~16時 - Dream News (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
22棟の高齢者ホームを湘南エリアで手掛ける(株)ユーミーケア(藤沢市藤沢223の2)が9月26日(日曜日)、シニア住宅バス見学ツアーを開催します。 「地域と共に 湘南・活性」をスローガンとしている株式会社丸山工務所を中核とするユーミーらいふグループ。 ...
高齢者の住まい計画策定検討委員会 - RKK熊本放送 (媒体での記事掲載終了)
きょうは、県側から高齢者の意思および尊厳の尊重、ユニバーサルデザインの整備促進などを理念としたたたき台を示しました。 今後、たたき台をもとに意見交換をして、今年度中に計画を策定する方針です。 県内の高齢者のみの世帯は、一人世帯を中心に増加し、10年後に ...
両陛下、シルバー人材センター訪問 - 時事通信 (媒体での記事掲載終了)
「せきぜんそくの可能性が高い」と診断された皇后さまは、高齢者に「暑い夏は元気に過ごされましたか」などとにこやかに声を掛けていた。 両陛下は毎年、敬老の日の前後に高齢者の福祉施設や作業所などを訪れている。(2010/09/14-11:46)
今年度の満100歳、2万3269人 厚労省、面会確認 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者の所在不明が相次いで発覚した今年は、本人面会などで生存を確認。全国で10人の満100歳が所在不明だった。 同省は、老人福祉法で「老人の日」と定められた毎年9月15日にあわせ、自治体を通じて満100歳の高齢者を集計し、記念品などを贈っている。 ...
療養病床として整備される予定の病室=川崎社会保険病院で - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
川崎市の人口当たりの療養病床数が全国平均を大きく下回る中、川崎社会保険病院(川崎区田町二)は、医師不足の余波で使われていない一般病床を、慢性期の疾患で長期的に入院する患者の療養病床として整備し、十二月にも患者の受け入れを始めることを決めた。 ...
確認どこまで? 「100歳以上」最多の4万4449人 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
最も少ないのは埼玉の18.75人。 沖縄県は「全国1位の出生率や他地域からの転入で人口が増加していることが大きな理由の一つでは」と説明する。 100歳以上の高齢者は老人福祉法制定の63年には153人だったが、98年に1万人を超え、昨年4万人を突破。急速に高齢化が進んで ...
「一致団結頑張ります」 ねんりんピック結団式 - 大阪日日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者のスポーツの祭典「第23回全国健康福祉祭いしかわ大会(ねんりんピック石川2010)」(10月9~12日)に出場する大阪府選手団の結団式が13日、大阪市中央区の府社会福祉会館で開かれ、選手たちが大会での活躍を誓った。 府地域福祉推進財団の主催。 ...
(8/4)和光堂、口腔ケア商品で要介護者向け新ブランド - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
和光堂(東京・千代田)は要介護者向けの口腔(こうくう)ケア商品の新ブランドを立ち上げ、9月7日に発売すると発表した。既存商品を「オーラルプラス」ブランドに統一、口内専用のスポンジブラシなどの新商品を加え、計11商品で展開する。全国のドラッグストア、 ...
15日から認知症コールセンター開設 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症高齢者の増加が見込まれることから、県は15日から、前橋市亀泉町の県介護研修センターに「県認知症コールセンター」(027・269・4432)を設ける。 介護経験が豊富な看護師や介護士職員が、高齢者本人や家族らが抱える悩みを電話で受け、助言する。 ...
認知症拠点に7病院を認定 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢化に伴い認知症患者も増える見込みのため、国は2008年度から認知症疾患医療センターの設置事業を始めた。専門医や臨床心理士を常駐させ早期診断に努める。入院が必要なければ、精神保健福祉士らがかかりつけ医院や地域包括支援センターと連絡を取り合う。 ...
2010年09月13日()
あす認知症コールセンター開設 全国初の県直営、前橋に - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
認知症患者を介護する家族や関係者の不安軽減などを目的に、県は直営方式の「認知症コールセンター」を十五日から、前橋市の県介護研修センターに開設する。県によると、同様のコールセンターは、昨年度末現在で全国二十二府県に設けられているが、いずれも外部団体への ...
川崎社会保険病院 療養病床年末にも導入 長期入院患者を受け入れ - 東京新聞 (媒体での記事掲載終了)
川崎市の人口当たりの療養病床数が全国平均を大きく下回る中、川崎社会保険病院(川崎区田町二)は、医師不足の余波で使われていない一般病床を、慢性期の疾患で長期的に入院する患者の療養病床として整備し、十二月にも患者の受け入れを始めることを決めた。 ...
認知症グループホーム、公有地へ誘致広がる 都や調布市 - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
特別養護老人ホームなど他の介護施設も不足しているが、グループホームは比較的狭い敷地でも建設が可能で、公有地の活用がしやすいという。 都は09年度末時点で約4800人だった認知症高齢者グループホームの定員を、11年度末に7200人まで引き上げる目標を設定した。 ...
お年寄りにお店出前 沼田の商店街 “買い物難民”解消へ代行サービスも 群馬 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
中心市街地の高齢化と空洞化が進む沼田市で、「中の会商店街振興組合」(同市中町、中島庸一理事長)が、老人福祉施設などに出向いて商品を販売する有志団体「おなかま屋」を立ち上げ、好評を得ている。今月からは、買い物に行くのが困難な人たちへの「買い物代行 ...
クラツー、「ユニバーサルデザインツアー」の販売開始-国内外32コース - トラベルビジョン (媒体での記事掲載終了)
クラブツーリズム・バリアフリー旅行センターはこのほど、障がい者や高齢者でも参加可能な「ユニバーサルデザインツアー」の下期商品の販売を開始した。同センターは「旅をあきらめない 夢をあきらめない」をテーマに、15年にわたって旅行を提供してきており、今回は、 ...
名古屋市、子宮頸がんワクチン全額助成 中1、2年対象に - 日本経済新聞 (媒体での記事掲載終了)
市はこのほか、乳幼児の細菌性髄膜炎を予防するヒブワクチンと高齢者の肺炎の重症化を防ぐ肺炎球菌ワクチンの接種費用も約半額を助成する(市民税非課税世帯は無料)。 ヒブワクチンは0、1歳児、肺炎球菌ワクチンは65歳以上が対象で、自己負担額はそれぞれ13200円(計4 ...
名古屋の死亡男性、殴られたあと50カ所 長男が日常的に暴力か - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市緑区で12日、認知症の男性が長男に殴られて死亡した事件で、司法解剖の結果、男性の全身から殴られたあとが、約50カ所見つかったことが分かった。緑署は、傷害容疑で逮捕した光岡茂和容疑者(59)が日常的に激しい暴力をふるっていたとみて調べている。 ...
市長が市内最高齢者らの長寿祝う/三浦 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
20日の敬老の日を前に、三浦市の吉田英男市長と市社会福祉協議会の川崎喜正会長が13日、市内の高齢者施設などを訪ね、最高齢者らの長寿を祝った。 この日最初に訪れたのは、105歳で市内最高齢者の森艶子さんが生活する同市三崎町諸磯の老人ホーム「油壺エデンの園」。 ...
福祉優良従事者10人を表彰 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
山陽新聞社会事業団(越宗孝昌理事長)は13日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で、県内の福祉施設で長年活躍している介護職員ら10人を「社会福祉優良従事者」として表彰した。 越宗理事長が「少子高齢化などで福祉施設への要求が高度化する中、皆さんの活躍が求められる。 ...
緊急カードは冷蔵庫に保管を - 中国新聞 (媒体での記事掲載終了)
山口県周防大島町屋代の地区社会福祉協議会と民生委員児童委員連絡協議会は12日、高齢者世帯に配布を進めている冷蔵庫保管用の緊急連絡カードについての講習会を西屋代のふれあいの館で開いた。 屋代地区の民生委員、友愛訪問員、町消防団大島支部屋代分団員ら計30人が ...
【法廷から】30年以上介護を続けた夫に懇願され、殺害した妻の思いとは… - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
さいたま市岩槻区の自宅で3月、寝たきりの夫=当時(78)=に依頼されて殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた無職、溝根久美子被告(69)。30年以上も介護を続けた夫を、自らの手で殺害した妻の思いとは-。 検察側の冒頭陳述によると、夫は昭和49年ごろに脚立 ...
介護施設で個人情報入りUSBメモリー紛失/秦野 - カナロコ(神奈川新聞) (媒体での記事掲載終了)
秦野市は13日、秦野市鶴巻北の介護老人保健施設「ライフプラザ鶴巻」の女性介護職員(34)が、入所者6人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。6人の家族には謝罪し、不審な場合には施設に連絡するよう依頼した。 紛失したのは7日午後8時半ごろ。 ...
京王プラザホテル、「2011年 京王プラザホテルのお正月宿泊プラン」を販売 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
新宿という立地から近隣デパートの初売りや明治神宮への初詣に行かれたり、また、館内での講座やライブラリーをご利用になったり、お孫様とゲームをなさったりとそれぞれの楽しみ方ができるほか、ご高齢のお客様が多いなか、バリアフリーの施設とサービスが整っている点 ...
区民らの提案で小田急線・経堂駅前の商店街に「どうぞのいす」 世田谷 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
区民らでつくる「せたがや福祉100人委員会・みんな生き生き暮らせるまちづくり部会」が、高齢者や障害者らの外出が容易になるようにと区に提案し実現した。部会では今後、効果や課題などを検証し、区内の別の商店街にも広げていきたい意向だ。 ...
【白老】地域ぐるみで災害に備え 炊き出し訓練に120人 - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
石山新生町内会の柴田一夫会長(70)は「われわれの町内会は住民の7割近くが高齢者(65歳以上)。災害時は住民同士の協力がとても重要になるからこそ、こうした訓練は貴重な機会」と話した。 炊き出し訓練を指導した災害救援ネットワーク北海道の山口幸雄代表は、 ...
男性介護者の支援組織結成 - 山陽新聞 (媒体での記事掲載終了)
交流会には岡山、倉敷市の男性介護者やホームヘルパー、ケアマネジャーらが参加予定。ホームヘルパー全国連絡会(同・東京)の三輪道子副代表の講演後、意見交換する。 交流会は午後1時から。申し込みは、ファクス(086―201―1744)か ...
本文書体をユニバーサルデザイン文字に - 苫小牧民報 (媒体での記事掲載終了)
より読みやすく、と開発されたユニバーサルデザイン(UD)文字。地域紙では、全国初の採用です。 漢字の横線を太くして、縦線に近づけることで、文字のちらつき感が少なくなりました。これがUD文字の特徴です。書体メーカーのイワタ(東京)が開発しました。 ...
ニチイケアパレス、「ニチイホーム」で高齢者向き音楽療法「若返りリトミック」を本格展開 - 日本経済新聞 (プレスリリース) (媒体での記事掲載終了)
株式会社ニチイケアパレス(東京都千代田区 代表取締役社長 建部 悠)は、当社運営の介護付有料老人ホーム「ニチイホーム」にて、介護予防の一環であり、レクリエーションのひとつでもある高齢者向きの音楽療法「若返りリトミック」(※)を本格展開します。 ...
運動器 大腿骨転子部骨折:6 情報編 骨粗鬆症の治療も - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
大腿(だいたい)骨頸(けい)部・転子部骨折は高齢者に多く、介護が必要になる代表的な原因の一つだ。 2009年の厚生労働省研究班(研究者代表=萩野浩・鳥取大教授)の報告書によると、05~07年に大腿骨頸部・転子部骨折の治療を受けた人は約15万3800 ...
認知症の父親を殴る、長男逮捕 父親は死亡 - 日テレNEWS24 (媒体での記事掲載終了)
名古屋市緑区で12日午後、腹などに殴られた跡のある認知症の87歳の男性が死亡した。警察は、同居している59歳の長男を傷害の疑いで逮捕した。 12日午後1時ごろ、名古屋市緑区の無職・光岡十郎さんの家から「父親が息をしない」と119番通報があった。 ...
「笑い庵」をリニューアル - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
しかし近年は店員の高齢化などで閉店し、加茂川・中海遊覧船を運営するまちづくり会社「笑い庵」(住田済三郎社長)が約3700万円をかけて改装。延べ床面積は約400平方メートルに広がり、福祉関係のNPOが運営するカフェや地元野菜の直売所、レストラン、ショット ...
2010年09月12日()
認知症が劇的に改善する介護 - J-CASTニュース (媒体での記事掲載終了)
「ためしてガッテン」で今年3月に発表されたばかりの「認知症患者の介護術」を紹介する。 200万人以上と言われる認知症患者。その介護が大変なのは、徘徊、妄想、暴力などが家族を追い詰めるからだ。 しかし最新の研究で、認知症患者の脳に意外な特徴があることが判明した ...
「合理的配慮」と「公平な評価」で、障害者が「人財」になる - 日経ビジネス オンライン (媒体での記事掲載終了)
私たちはこれを、ノーマライゼーション(共生社会)、ジェンダーフリー(男女平等社会)、バリアフリー(障壁のない社会)、エコロジー(循環型社会)の4つの要素を企業経営の中に取り込むことで、多様性を受け入れるダイバーシティの社会を実現しよう、というほどの意味 ...
みんなで奏でる音楽祭 20日、嬉野市で開催 - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
高齢者や障害者の快適な旅を支援する「佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター」(小原健史会長)が主催(佐賀新聞社など後援)。12月21、22日に同市である「第5回UD全国大会」のプレイベントとして開く。 コンサートには16団体が出演。 ...
認知症の父殴られ?死亡 名古屋、59歳息子を聴取 - 47NEWS (媒体での記事掲載終了)
愛知県警緑署によると、同居の新聞配達員の息子(59)が「認知症の父が言うことを聞かないので、胸や背中を素手で殴った」と話しており、同署が傷害容疑で調べている。 光岡さんは息子と2人暮らし。息子が119番した。 … [記事全文]
【韓国ブログ】日本をはるかに上回る多さ…「韓国は自殺共和国だ!」 - サーチナニュース (媒体での記事掲載終了)
さらに筆者は「年齢が高くなるほど急増している」として高齢者の自殺率に注目し、超高齢社会と言われる日本よりも、女性が2倍、男性が3倍以上に上ることから、高齢者による自殺が国の自殺率の数値を大きく押し上げていると分析。高齢者福祉について韓国政府は対応が遅れて ...
2010年09月11日()
「サポーター」養成講座 認知症の人に安心を 京都 - MSN産経ニュース (媒体での記事掲載終了)
認知症の人や高齢者が安心して生活できる地域の実現を目指し、京都生活協同組合(京都市南区)は、京都テルサ(同区)で職員を対象にした「認知症あんしんサポーター」の養成講座を開催した。 同サポーター制度は、認知症の高齢者をサポートする厚生労働省のプロジェクト ...
米寿祝いの受領確認強化 所在不明、府対策 - 京都新聞 (媒体での記事掲載終了)
「米寿」に当たる88歳の高齢者約4千人に対し、祝い品の受け取りの確認を厳格化し、所在確認の一助とする。 府によると、米寿の祝いをしていない京都市を除き、府内の対象者は4009人。例年、老人福祉法が定める「老人の日」(9月15日)を中心に府保健所の職員が ...
米・ニュージャージー州の介護施設で、ポニーの入居者ケアが評判に - FNN (媒体での記事掲載終了)
ニュージャージー州で毎週、介護施設をトレーナーと巡回して、入居者たちの心のケアをしている。 その方法は簡単で、入居者にキスをして相手を笑顔にすること。 「笑顔」は健康の一番の薬とも言われているが、サンプソンのキスは効果抜群。 お年寄りたちは「心身ともに ...
運動器 大腿骨転子部骨折:5 帰宅めざし、準備着々 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
同月24日、石井さんは、リハビリを見守っていた長女の田上弘子さん(67)と、次男の妻芦澤文子(ふみこ)さん(55)に介護保険の要介護度と利用状況を尋ねた。要支援2で、ポータブルトイレを購入していた。 「介護ベッドも借りたほうがいいですか」と文子さんが ...
宮城・女川町病院、介護と一体化 公設民営化、病床削減 - 河北新報 (媒体での記事掲載終了)
方針では、98病床のうち療養48床を老人保健施設に転換。併設する老健施設の50床を病院に移し100床規模の老健施設を設置する。一般50床は19床に縮小し、有床診療所として保健指導も含めた包括的医療を行う。 指定管理者制度は来年4月から導入。 ...
高齢化のスピードと「経済への負担」は誇張されている、研究結果 - AFPBB News (媒体での記事掲載終了)
これは、長寿命化と要介護者の割合の低下を考慮に入れたものだ。 現行の尺度は、大部分が、65歳以上の人口の割合に基づいた国連(UN)の高齢化予測や高齢者依存率(生産年齢人口に対する65歳以上人口の比率)に拠っている。 だが、「固定された実年齢を尺度に用いると誤っ ...
笑顔満開 長寿お祝い 湖西市内の2特養ホームで敬老会 - 中日新聞 (媒体での記事掲載終了)
敬老の日(20日)を前に、湖西市内の老人福祉施設で10日、敬老行事が相次いで開かれ、入所者の長寿を祝った。 (堀内孝義) 湖西市新居町新居の特別養護老人ホーム「燦光(さんこう)」には、近くの新居保育園の5歳児19人が訪れた。輪になって集まったデイサービス ...
おばあちゃんさらに元気で/淡路 - 朝日新聞 (媒体での記事掲載終了)
20日の敬老の日を前に淡路市の門康彦市長が10日、同市久留麻の介護老人保健施設「ケアホーム東浦」を訪れ、同施設で暮らす市内最高齢者の安富まさへさん(106)に記念品を贈った。 安富さんは1904(明治37)年9月10日生まれで、この日が誕生日。 ...
民生委員活動 重みます地域での役割(9月11日付) - 佐賀新聞 (媒体での記事掲載終了)
今夏、東京都内で111歳となる男性最高齢?の遺体が発見されたのを機に、国内のあちこちで100歳以上高齢者の所在不明や家族による年金不正受給が明らかになり、社会問題となった。家族崩壊、家族の絆(きずな)といった人としての根源的なものが問われる一方で、地域 ...